恥ずかしながらエイプリルフールネタを追いかけていてアップの予約を忘れていました。
今日は各所のエイプリルフールネタを追いかけるので忙しい方も多いでしょうし、簡単なネタで一つやらせていただきます。

一昔前と比べて、現在では日中のオタク分野で人気になる作品やジャンルに違いがどんどん縮小しているという話があります。
実際毎シーズンの新作アニメの人気動向などを追いかけていると納得できる話ではあるのですが、全部が全部そうではなく日本と中国で人気の違いがハッキリ出る作品やジャンルもあるようです。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本では流行っているのに中国では流行らないジャンル、作品」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


近頃感じる日本では流行っているのにこっちでは流行らないものって何があるだろう?作品でもジャンルでも構わないし、主観的な意見でも構わないので皆の感じるままに話して見てくれ。

とりあえず思い付くのはアイドル系や萌え擬人化系?

萌え擬人化はジャンル次第じゃないかな。動物系はやはり日本や欧米が活発だけどミリタリーに関してはウチの国の市場規模がソシャゲなどによって非常に大きくなっている。

日常系は結局定着しなかったなあ……今でも需要が皆無というわけではないし、概念だけは残ったが。

カード系とかホビー系。「遊戯王」は昔大人気になって今も根強い人気があるけど、他はやはり販促対象になる物が無いから厳しいのかね。
遊戯王は田舎でさえも海賊版カードが乱舞していた時代があるから別枠として考えたくなる。

物が無くても大丈夫そうな作品でもダメだと思うぞ。「シャドウバース」とかさっぱりだし。

そういう方向で考えるとゲーム原作も全般的に微妙な気がするな……

ゲーム原作は最近「ウマ娘」が人気だし「プリコネR」とかも人気になったから、アニメ作品の質次第じゃないか?ゲーム原作系は雑なのも多いから。

芳文社系作品は一時期それなりに存在感はあったんだけどね。

百合系や耽美系……・

いや待て。ウチの国で耽美系とかBLとかむしろ流行り過ぎだろ……!定期的に規制や取締りしている。

でも耽美系コンテンツは稼げるからいつの間にか復活して過激化して取り締まられての繰り返しの結果、近頃はついに制作企画通らなくなったらしいが……今度はどうなるのかね。

百合系はむしろ現在拡大中じゃないか?
ジャンルは今が中国オタク史上最も熱い。

「ゆるゆり」のように一昔前の定番百合作品はネタだけ有名になって作品はほぼ語られていない印象だし日本との違いは大きいかと。

アイマスやラブライブみたいなアイドル系作品は日本で大人気なのに中国国内だと冷え冷えなんだよね……ごく一部に狂ったようなレベルのファンはいるけど規模を考えるとお世辞にも盛り上がっているとは言えないし、国産作品にもアイドルが題材の作品は見かけない。

女性向けだとアイドルに転生する作品はちょこちょこ見かけるな。ただ国内ではアイドルに負のイメージが付き過ぎているのが難しいかも。

女性向けソシャゲだとイケメンたっぷりなのはあるけど、アイドルはそこまで多くないかも。アイドル系キャラがいないわけじゃないが、テーマがアイドルというのだとすぐには思いつかない。

ネット小説だと乙女系なんかもあるし、アイドルテーマもあるような。
ただアニメまでいくのは珍しい。

ラブライブは最初のμ'sが国内で一時期本当に大人気になったから判断に迷うな。続編がパッとしないだけとも言えそうだし。

野球や野球をテーマにした作品
あれは本当に日本人限定の浪漫のあるテーマなんだろうね。甲子園とかよくわからないし。

日本のネット小説原作の作品に関してはよく分からんな
日本で大人気だとなんか派手な数字と一緒に宣伝されるがこっちで不発になることが多い。でも日本の反応を見ると界隈を飛び出すような人気作品だと感じられるような規模の反応や感想ではないことも少なくない。

これは「キングダム」だろう。日本では原作も売れてアニメもシリーズが続いて実写映画も大人気になっているけどこっちではさっぱり。

私も思い付いたのは「キングダム」だ。三国系はまだこっちでも人気になるが、戦国系は人気にならないね。

名前だけは聞いたことがあるけど、どの辺りの時代なの?

戦国末期。ただ時代考証は重視されていないし武将の解釈も日本の二次元的だから、見ていて引っかかる人も少なくない。それがこっちで人気にならない理由の一つではないかと。
題材無しに考えればつまらない作品ではないと思うんだが。

百合とアイドルの人気の差は中国と日本の文化的な違いを強く感じる部分かな。
日本のオタクは百合を非常に好むから百合が大きな石上になっている。それに対してウチの国では百合やアイドルは人気に対する足かせ状態になっているような状況だ……

日本はアイドル産業が昔からあって現実社会で形を変えながら続いているし、二次元では理想のアイドル界というまさに偶像を投影したジャンルが成立しているからね。それに対してウチの国ではアイドル産業がきちんと成立したことは無い。
あとウチの国では百合とアイドルの二つをセットで認識する人が多くなっているのも人気が縮小するというか、新人の参加を難しくしているように思えたり。

ウチの国の方の百合とアイドルについては概ね同意だが、日本で百合人気ってどうなんだ?大人気と聞くが、実際どうなんだ?二次創作でも薄い本でもそこまで多くは無いぞ?発言力や発信力はあるようだが、これはウチの国でも変わらないような……

日本で百合市場があるのは間違いない。
とりあえず百合がウチの国ではガチ百合に関しては市場の需要も小さいが確実にあるが、ライトな百合の方の需要は見えてこない。日本はこの辺りのライトな百合の市場も結構大きいのがウチの国とのハッキリした違いだろう。

結局は男性主人公がいないと見てもらえないのがちょっと悲しい。
あと主人公では熱血系はどうも微妙だね。日本の作品だと常に一定の割合で存在していて高い人気を獲得するのも出るという印象があるのだが。

一応それでも「マリア様がみてる」が日本で大人気……な頃よりも語れる人は増えてはいるんだけどね……

このテーマならばロボだろう。
日本ではいまだに根強い人気ジャンルだし、ガンダムもエヴァもIPとして強力。
こっちだと上の世代のおっさんが見るジャンル扱い。

ロボ、スパロボ系は国内だと扱い微妙になっているよね。人気にならない。
逆にギャグ系はたまに「坂本ですが?」や「斉木楠雄のΨ難」のように日本でも人気が無いわけじゃないが、こっちでは人気爆発の覇権クラスになるみたいなこともある。

オタク向け魔法少女作品は日本の二次元独自というか、他の国ではなかなか出てこない、商業として成立し難いジャンルではないかと。

子供向けなら国内でも変身モノはそこそこあるんだけどね。オタク向けだと……

上の方で野球が出ているけど、そもそもスポーツ系作品が無いよ!!

あー……そう言えばそうだ。スポーツ系は国内だと見る人が少なくて成立しないよな。
武侠系や中華ファンタジーでないとダメだ。

学園モノ、特に学生の恋愛モノかなあ
無いわけじゃないがアニメで見る機会はあきらかに少ない

そういうのだと中高生の恋愛かな。日本がそういう作品多過ぎるのと、ウチの国では子供の恋愛が全般的に悪い物扱いされる社会的な事情があるといったことから非常に大きな差になっている。

押井守作品のアレとかコレとか。
敏感な問題に関わるのでウチの国では現在人気になりようが無い……!



とまぁ、こんな感じで。
実際にどうなのかはさておき、現在の中国オタク界隈の感覚による「中国では流行らない、人気にならない」作品やジャンルがイロイロと出ていました。

ただ今回出ているジャンルや作品の中には一昔前には流行っていた、現在も世代によっては一定のファンがいるようなものも混じっているので、新作や過去の名作の人気などについて考える際には少々気を付けて扱った方が良さそうな気もしますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。