ありがたいことに
「閃光のハサウェイ」

関係の質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

「閃光のハサウェイ」は上海国際映画祭での上映があることから、中国国内で気合を入れて見に行こうとする人も出ているそうですし、評判も上々とのことです。
第24回上海国際映画祭で『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』ほかガンダムシリーズの映画8作品の一挙上映が決定!(GUNDAM.INFO)

また中国のソッチ系のサイトでは改めて「閃光のハサウェイ」関係で盛り上がっているそうで、そんな話題の一つ
「ハサウェイは宇宙世紀のパイロットとしてどのくらい強い方なのか」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ハサウェイってどのくらい強いの?宇宙世紀全体で見るとどうなのだろうか?
具体的な例えや比較対象があると助かるんだが。映像技術がどんどん進化しているから逆に分からなくなって来る。

映画の映像の通りのイメージで良いよ。トップクラスのエースなのは間違いない。
でも宇宙世紀のトップクラスのNT達と比べると劣る。

トップでは無いけど一流ってところじゃないかなあ
私は昔「閃光のハサウェイ」を知った時、過去に足引っ張っていた子供が急に強いという設定と一緒に出てきて戸惑ったっけな。

「閃光のハサウェイ」の戦闘シーンすごいらしいな。上海映画祭に見にいった人からの評価がかなり良い。
ハサウェイに関しては弱くはないけど宇宙世紀全体で見れば中の上くらいじゃないかな。

さすがに上位クラスではあるだろう。OVAの主人公では最上位クラス。
ただTVシリーズと比べると厳しい。

「閃光のハサウェイ」は全般的に豪華で金かかってるという感じでウチの国のマニアとかスゴイ好きそうだと思いました!
とりあえずハサウェイは映画の時点であれば同時代におけるトップクラスにはなるんじゃないか?あの時代は既に突出して有能なパイロットが出現する、育つ環境ではないからハサウェイの実戦経験が貴重なものになる。

そりゃアムロと比べると厳しいし見た目も地味だけど、あの親不孝者は連邦最新鋭量産機のグスタフカールの部隊をあっさり倒すことができる強キャラだよ。
なおクスィーの圧倒的性能

普通のエース相手なら普通に勝てる。
NTのエースだと分からなくなってくる。レーンはNTではあるがパイロットとしては未熟だから軽くあしらえる。

ファンネルミサイルは使えるけど良いNTとしての基本とも言える危険察知が微妙なのがね。

ハサウェイってストーリー上では最期までヒロイックな主人公或いはボスキャラとしての待遇ではなかったから強さが実感し難いんだよね。彼を引き立てる相手も仲間もいない。
実力的にはバナージ辺りより上だとも考えられるけど、バナージは巻き込まれた戦いが大きいからいざ比較する場合は印象的にハサウェイは不利にならざるを得ない。

クスィー強いけど、ハサウェイ自身は同程度の装備の場合、エース級がひしめくグリプス戦役では厳しそうな気が……

以前NTでありZの最終盤まで生きていたカツ・コバヤシと同程度という説も見たんだが、さすがにそれよりは上だと思いたい。

さすがにカツは無いというかネタだろう。
逆襲のシャアの時点でバルカンでギラドーガ落としているんだっけ。ハサウェイはパイロットとして育つ環境的にはとても良いように見えるがやらかしていることがアレ過ぎるから評価に困る。

UC105時点ではガンダムの最強談義で出てくる有名なエースはほぼ退場しているから、その時代では最強と言っても問題は無いだろう。

ハサウェイは作中の時代なら無双できる。敵のレベルも含めた相対的な強さで例えるなら「UC」のフル・フロンタルくらいじゃないかね。
宇宙世紀全体で見たら普通のエースくらい?

ハサウェイはクスィーが最強過ぎてちょっと難しい。。
私の中では技術だけならバナージよりは上、リディと同等クラス、NT能力込みだとバナージは分からない、リディよりは上みたいな印象なんだけど……

バナージもOVAの中ではかなり成長しているからハサウェイと比較する際に基準がハッキリしない。

ハサウェイに関しては逆シャア以降の大きな戦争が無い期間に成長してその世代最強クラスになったわけだが過程の描写がないから受け取り方が人それぞれになyってしまうのだろうね。
あとNTではあるんだろうけど、どの程度なのかも分からん。ゲームの描写は結局制作スタッフの解釈だからあてにならないし。

ゲームのデータだと全般的にやや高めの能力くらいで、逆シャア時のアムロやシャアと比べれば劣る、主人公クラスと比べると突出した能力で負けるみたいな感じだね。
フル・フロンタルはボス格だから戦闘能力自体はシャアと同等くらいになるしハサウェイよりは上になることが多い。

「閃光のハサウェイ」時点のハサウェイが、宇宙世紀における一線級の技量を持っているのは間違いないだろう。MSの技量に関しては同世代の中では頂点にあるガンダムでは珍しい完成されたタイプの主人公。

完成されたとは言っても成長の余地が無い、ダメな意味で固まっちゃった主人公でもあるけどね……

エースではあるけどアムロと比べたら落ちる、でも閃光のハサウェイの時代にはもうアムロのようなスーパーエースはいないからその時代では最強クラスで良いよな。
レーンへの対処もほぼ上から目線だし。

レーンもハサウェイの引き立て役的なポジションでありケネスの引き立て役でもある独特なキャラだから比較対象としてどう扱うべきか迷う。

直接負けるのではなく罠にかかってやられるというのをどう評価するかだな。
そこまでしないと倒せなかったのか、そんなのでやられてしまう程度だったのか。

比較対象が微妙なのもあってハサウェイはスパロボとかGジェネにくると最上位と並べられて微妙な印象になりがちなんだよね。クロスオーバーでパッとしないのが厳しい。
個人的にはシーブックくらいの印象なんだが。

シーブックよりは上じゃないか?
シーブックはクロスボーン時代にザビーネよりずっと弱いままだったという設定があるから。

クロスボーンの時は長い戦争のあとだから技術は全般的に上がっているし、劇中の逆主人公補正シチュエーションも多いからな。作者のせいで敵がトンデモナイことになっている。

シーブックはF91劇場版とキンケドゥ時代があるけどキンケドゥ時代だとハサウェイより上だろう。ハサウェイはMSが最強でライバルも弱いなかの同時代ではほぼ無敵だから絶対的な評価が難しい

キンケドゥはアムロ以外の数少ない経験を積んで成長した優秀なNTのパイロットだからここぞという実戦の時の強さと信頼感があるのよね。
ハサウェイって格上に勝てる補正なさそうなのが……個人的にはギュネイ・ガスくらいのイメージ。同格のMSでアムロが本気を出したらすぐ落とされるくらい?

ハサウェイの実質的なライバルはレーンではなくケネスだからな。
ハサウェイに関しては機体も込みでの実力を考えるとバナージという厄介なのがいるからどうしても評価が突き抜けたものにならない。

この時期になるとMSの性能はどんどん凄くなるけど、パイロットの能力はパッとしなくなって来るからね。英雄のいない時代になって来いく。

地球連邦が腐敗して反抗勢力もパッとしなくて雑魚ばかりになっていく流れだからな。そしてコスモ・バビロニア建国戦争が始まり、非連邦系が伸びてくるわけだ。
今後の展開で「閃光のハサウェイ」をきっかけとしてこのパッとしない時代に強キャラが投入されたりするのだろうか?



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈における宇宙世紀ネタのイメージも含めてイロイロな見方が出ていました。

ちなみに今回のネタを教えてくれた方からは
「以前はハサウェイ役の声優交代でファン界隈の空気がやや荒れていましたが劇場版のクオリティが高かったので作品に関する見方がかなり良い方向になってきていると感じます」
といった話もありました。


それからもう一つ、
先日発売された荒川弘先生の短編集
「RAIDEN−18」

における全方位にケンカを売るネタの中の「けざわひがしさん」が中国で炎上している件についての質問をいただいておりますが、現地の方に聞いてみても「現時点ではどこまで広がるのかは分からない」といった状況のようです。

炎上の震源地となった場所はややマイナーな所だったそうですが、現在の状況は当初の予想よりも随分と拡大してしまっているとのことです。また最近の中国のネットは風向きが変わり過ぎだという話もあり、今は中国語でネットに書き込むのが何かとおっかないということにもなっているのだとか。

この件については
「昔は中国でもけざわさんネタで皆はしゃいで遊んでいたこともあるのですが……」
という話や、最近の中国では不謹慎系の動画IDが消されているという話もあるそうなので本当にどう転がっていくのか判断し難い模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。