ありがたいことに
前回の記事
中国版FGOで大部分の中華系サーヴァントの名前やイラストなどに修正が入り大混乱中
に関してその後更にネタのタレコミや質問をいただいております。

そんな訳で今回は前回の補足ネタとして
中国版FGOの規制の背景になったとされる8月に発生した
「江南百景図岳飛事件」(?)
について紹介させていただこうかと思います。

この事件に関する中国でのニュースはコチラコチラ(どちらも中国語)などをご参照ください。

この事件について大雑把に説明すると
「江南百景図」という中国の歴史上の人物をモチーフにしたSDゆるキャラが出てくるソーシャルゲームで8月に実装された岳飛のキャラクタースキンのイラストが
「上半身裸で兜を抱えた岳飛と羊の組み合わせに『閑人』という文字」
の組み合わせだったことから、
・英雄である岳飛に「肉袒牽羊」(半身裸になって羊をひくこと。降伏して相手に服従する、臣僕となることを請うという意味に)をさせている
・英雄である岳飛を「閑人」(中国語の「閑人」にはヒマのある人以外に関係無い人と言う意味もあります)呼ばわり

の相乗効果の岳飛侮辱案件として大炎上になってしまった……というものだそうです。

ちなみにこの岳飛と羊は十二支シリーズの羊担当で、シリーズの他の実装済みキャラは范仲淹と牛、始皇帝と虎、周瑜と兎、丘処機と龍、孔融と蛇、宋慈と馬だったとか。

当時の中国のネットではかなりの規模の炎上となったそうで、ゲームに対する低評価が大量に押されたり国営メディアから名指しで批判されたりといった事態にもなっていたとのことですし、この炎上によってオンラインゲームに対する更なる規制強化の必要性についても改めて注目されるようになってしまった模様です。

その後この件が具体的にどの程度の影響を与えたのかは分かりませんが、9/14に上海の関連部門から上海を拠点とする二十数社のゲーム会社、プラットフォーム運営、出版単位などに対してオンラインゲーム管理の強化の通知が出たそうです。
中国でのニュースはコチラ(中国語)などをご参照ください。

中国版FGOを運営しているbilibiliも当然この通知の対象に入っていることから、中国版FGOで14日と16日にドタバタと行われた中華系サーヴァントの大規模修正についても何らかの関連はあるのだろうという見方をする人も多いとのことです。

それから日本のネットでも流れている
「中国版FGOの規制は江南百景側が責任転嫁としてFGOとテンセントの王者栄耀をあげたとばっちりによるもの」
という話については私の方ではきちんと確認できなかったので何とも言えません。
これに関しては教えていただいたネタに限っても直接の発言という説やSNS上での転載による匂わせという説、更には別のメディアでネタにされた際に言及された説もあるようなので正直どこを調べれば良いのやら……

ただ仮にこの江南百景図の件が無くても、現在の中国国内のゲーム産業に対する規制の強化の流れからはいずれ似たようなことになっていたのでは……という見方はかなりあるようです。
実際、中国では現在他のゲームでも自主規制的に中華歴史系キャラクターの名称変更やイラストの変更がおこなわれているそうで「三国殺」なども大変なことになっているとのことです。


現在の中国国内では文化系の市場が全面整頓といった流れになっているそうで、当ブログでも度々ネタにしているアニメやゲームの規制だけでなく、「流量明星」とも言われるネット上の有名人及びそのファン界隈に対する規制強化や、ネット動画のBL禁止に男性の女性化禁止などの動きがどんどん出ています。

そしてもちろん国の偉人や英傑、要人の侮辱案件に対する規制も強化されていますから
「中国版FGOが何事もなくやっていけた可能性はほぼ無かったのでは」
という話もかなり聞こえてきました。

とりあえず、こんな所で。
今回の件については私もよく分かっていない部分が多いので、いつも以上にツッコミ&情報提供お待ちしております。

ちなみに本題からはやや外れますが中国における岳飛の扱いについては非常に難しいものがあります。以前Fateの中華系サーヴァントネタについて調べた時に
「中国関係の英雄でFateに出したらマズイのは誰か」
という話の最有力候補も岳飛で、理由は
「Fateに岳飛をサーヴァントとして出してしまった場合、政治や愛国関係の話題になってFateファン以外が大量に流れ込んでくる上に、娯楽だとか作品への理解だとかいったものが全部吹っ飛んで話し合いにもならない状態になって爆発炎上する危険性のある、極めてリスクが高い案件になりかねない」
というものでした。

この辺りに関しては過去記事の後ろの方にありますので
中国オタク「皆はどんな中国の歴史上の人物なら悪役にされても納得できるんだ?」
よろしければご参照ください。