ありがたいことに中国版FGOに関するネタのタレコミや質問をいただきましたので今回はそれについてを。

日本版から約1年遅れで実装が行われている中国版FGOでは10/8から
「超古代新選組列伝 ぐだぐだ邪馬台国2021」
(日本版の「2020」から「2021」になっています)
が開催中だそうです。
中国版告知ページ(中国語)

このイベントでは山場となる全プレイヤー参加型レイドバトルの撃退戦が行われ日本版でもあわや失敗かという事態になりましたが、近頃は規制などによるゴタゴタ続きで意気消沈なプレイヤーも多いという中国版では
「二日目の昼になった時点で一体も凶つ神を倒せていない」
という状態で邪馬台国滅亡待ったなしだったそうです。

しかしその後
「謎の力で討伐スピードが超加速したことにより夕方、村の囲いに各凶つ神が到達する辺りで全部討伐完了」
ということになったとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ぐだぐだ邪馬台国不思議なことが起こって滅亡回避」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


もう滅亡だと思っていたのに不思議な力で邪馬台国が救われた!

気が付いたら陰兵がたくさん!
(訳注:「陰兵」はゲームの運営が裏でこっそり数字をいじったり運営のアカウントを一般と見せかけて自作自演したりするなどの暗躍を指すネットスラングの意味もあるそうです)

昼頃だと完全に包囲されている状態で滅亡確定な空気だったのに、いつのまにか倒されていた。村の周囲にキレイに倒れていたハニョッブ

二日目になっても全然ゲージ減ってないとか言ってたのにな。

苦労して材料集めて植えた田んぼがノッブに踏みつぶされるのは残念だったが、これはこれで微妙な気持ちになるな

そうか……超古代文明の滅亡とはこういうことだったのか……などと思っていたんだが。

昼頃から不思議な勢力によって加速しだしたらしいな。
仕事から帰ってきたら全部倒されていて、倒された瞬間も見ることができなかった。

裏の加速が入って16時くらいにはほぼ終わりが見えていた模様。まさか晩飯前に余裕で終わるとは。我が国のカルデアは日本のカルデアより強かったとでもいうのか……?

別に調整しても構わんけどやるならもっと上手く調整してくれよ。
俺みたいな社畜は遊べるのが夜だけなんだからそこまで続くようにはできただろ……

日本版は滅亡寸前だったが、こっちは余裕で滅亡回避だったな!昼頃は明らかに滅亡確定だった気もするが。

これが歴史の復元力だか修正力だかの発動というやつか

日本版の時は各ノブが倒れる位置はバラバラだったけど、こっちだと村の壁付近でキレイに倒れていたな……

そもそもこっちの方が人少ないだろうに必要討伐数が日本と一緒になっていたのがおかしい
日本版はカルデアを最も追い詰めたとさえ言われるレベルだぞ!?

このイベントに関しては失敗した時のストーリーが準備されていないから必ず成功扱いにするという話も見かけたんだが、実際どうなんだろう?
あと他にこんな事態になったイベントってあるの?

コレが日本版で唯一倒しきれなかったレイドボスだったような……

危なかったのはこのぐたぐだ邪馬台国だけで他はきちんと倒されているよ。
ぐだぐだ邪馬台国は土壇場で重くなって撃破に失敗したという画面が表示されたユーザーも出たことから疑惑は残っているが、公式では倒された扱い。

やるなら今回のウチの国みたいにやるだろうから、処理の問題はあっても日本版では倒すことはできていたんじゃないかと個人的には思っている。終盤の加速も嵐ノブ撃破時よりは遅く感じたしね。
あと当時の日本版では新素材ドロップの所があっさり殺されて需要の少ない所が残ってピンチになったから今回のウチの国とは状況が異なる。

日本版の嵐ノブは群がるマスターのせいで出現地点の近くで倒されてしまった……惨い。
こっちは防壁到達が見えてきた頃でも嵐ノブはまだ50万くらい残ってたはず。一番不人気の地ノブは210万で他は150万〜180万台くらいだったかな。

中国では長生きできたんだね、嵐ノブ……

嵐ノブ一体だけ山の中に倒れている画像は笑える。
そしてあんまりにも速く倒されたせいで今年の夏イベでネタにされていた。しかしこっちでは全部村の周囲に倒れているから回収忘れはありえない。どうするんだ?

日本版では当時卵が無茶苦茶求められていたという事情がある。
しかしウチの国では先の予定が分かる千里眼だからキャストリア以降の卵の需要がそこまで多くないのが判明している。次に来る大きな需要はコヤンスカヤだからかなり先。
もちろん現時点の需要自体はあるがドロップ率もそれほどよくないから回す人は日本と比べて更に少なくなった

ドロップ率が良いわけじゃないからね。今後のために集めておく必要もないから、そりゃ回らないよ。更に直前が影の国のボックスイベントだからリンゴに余裕があるわけでもない。しかもレイドは平日開催だ。

普通のドロップ率だからね……俺は一晩で卵5個しか落ちなかった。

いや、以前のレイドと比べてQPは同じだが素材のドロップ率は明らかに悪い。日本版でも素材の種類に加えてドロップの渋さがカルデアを危機に陥れた。
今回のドロップの内容、ドロップ率だとショップの交換分終わっちゃったら休みに入ってしまうのも無理はない……

日本版でさえ倒せなかったんだ、中国版で倒せるわけが無い。
この後にサンタカルナのボックスイベントも控えているから今は節約したい人が多いはず。卵だって今年のクリスマスまでのイベントで交換できるしドロップする所もあるからね。

今日中の時間帯に戦えるのは大学生か自営業か無職でもないと……それに報酬も良くないから討伐速度が遅くなるのも当然。

大学生だって国慶節の連休明けだからそんなに余裕無いよ!更に一連の規制でテンションが落ちているから周回する気力も厳しいよ!
クリスマスのボックスが控えているのが分かっているし、リンゴの補給も怪しいから私の周りでも今回は控えめな人が多い。

数字の設定的に明らかに無理だった
このイベントの頃って日本版もユーザーの熱が冷めていった時期だしこっちは更にゴタゴタと規制で冷えている
それに加えて未成年のプレイ時間制限施行で遊ぶ人間も更に減っている

俺も台風で休みにならなければ超古代文明滅亡を眺めるか……とはいかなかったな。滅亡しなかったけど。

あと邪馬台国、ぐだぐだネタがあんまり需要無いのもありそう……新選組もさすがに飽きてきたし、注目されるのは卑弥呼の性能くらいじゃないか?
こっちでは新選組は女性ファンが中心だけどFGOまで手を出すレベルのはどれだけいるのか分からないし、FGOの新選組は分かりやすいイケメンキャラデザじゃないからね。

FGOの新選組って戦闘力補正はあるけど、設定やキャラ付けに関してはどちらかといえば正統派、昭和に司馬遼太郎によってつくられたイメージに近いんだよね。しかしそれが二次元における需要にどれだけ結びつくかとなると……

経験値の担当サーヴァントって元ネタからのアレンジはそんなに大きくないので良くも悪くも意外性が無いからね。
個人的に今回の芹沢さんは面白いキャラしていたとは思うがやはりトンデモな逸脱ではなかった。そもそも彼は二次元だと金髪女体化で一部では昔から有名な人物だった。



とまぁ、こんな感じで。
なんとも言えない微妙な空気も漂っていたそうです。

ちなみにこのネタを教えてくれた方曰く
「今回はプレイヤー達の士気はかなり低かったですね。私も邪馬台国より日本版のハロウィンの方が気になっていました。今週ではなく10月下旬開始だと判明した時は、ある程度予想してはいたものの結構がっかりしました……」
とのことでした。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。