ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも昔の作品を振り返っての話題がイロイロと飛び交っているそうですが、その中には「昔の作品の方が質が高かった」というような話があるそうです。またその辺りに関して更に考察したりなんだりといったことも行われているのだとか。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「昔の作品、例えば前世紀90年代の作品の方がキャラのデザインもアニメの質も高かったという話はどうなのか」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


昔のアニメ、例えば前世紀90年代の作品の方がキャラのデザインもアニメの質も高かったという話を聞くし画像を見ると納得できるような気もしてくるが実際どうなんだろう?
当時の経験がある人からするとこういう意見ってどうなの?

確かにあの時代のキャラや作品には今の時代でも通じるものはあるし、今より上だというのもある。

今のアニメとか今のラノベはつまらなくなったというのは頻繁に聞こえてくる評価だけど、主観的な評価の部分も大きいからね。
ある意味では正しいし、ある意味では正しくない。

当時は日本の黄金時代でバブル景気真っ盛りだったから金があったんだよ
当時の会社で今残っている所はマトモなキャラやストーリーのアニメを作れなくなった
今の新しい所も金が足りないし人材も揃わない

オタクは萌える女キャラしか興味ないからね

今はむしろヒロインというか異性キャラの方が不作だと思うが。
男性向け女性向け問わず

ヒロインに関しては昔の方が良かったというのはあるかな。
今は俺TUEEEEE系で主人公を持ち上げることが多いから、ヒロインの扱いが付属オプションや舞台装置になっている。ハーレム系が流行っていた頃と比べてヒロインに割くリソースが減っている。

好みという点では、年上や女王系キャラは昔の方が良かったなー

キャラに関してはテンプレが活用され過ぎて特徴のあるキャラ、印象に残るキャラが減った。そういう意味では「昔の方が良かった」とは言えるかな。
劇中描写でグダグダやって爽快感無いキャラも多いから視聴体験的には別の話になりそうだけど。

昔のような現実感のある異性キャラは消えた
当時のキャラはオタクの男女向けではなかったし、一般社会の人間向けとして作られたキャラだったからな

昔はオタク向け特化、特定のジャンル特化というのは無かったかな。ただ内容に関して納得できるかどうかはまた別。昔のキャラは時代による価値観の違いや定番表現の違いも加わって引っかかるときはかなり引っかかる。
あとは今と違ってクリエイターの文化や含蓄アピールが鼻につくこともあるので、そこはやはりどの時代も当たり外れがあるということなのでは。

今はキャラの扱いや不快な表現、ツッコミ所に関して「すぐに」色んな方向から批判が来るからな。
クリエイター側が好き勝手にやって、そこから当たりが出るのを待つのは難しい。批判されるキャラのいる作品は生き残れない。

昔のアニメで動いているのを見たら昔の作品もそんなに良い物ではないのがすぐ分かるよ
キャラの顔さえ安定しないのも珍しくない

そう言えばこの手の話題はアニメのキャプ画像だけでなく版権絵を引き合いに出して語ることも多いな
これが良いと感じられるのは当時の版権絵はきちんとした作画の人が描いているというもあるかな?今の版権絵はスタッフの鍛錬の場みたいにもなっていると聞くしね。

昔の外れ作画の回を見たことがあるならそういうことは言えない。今は「最低」のレベルが昔と比べて段違いに高いし、作画崩壊判定がとても厳しい

外れ回とか意識されないか、忘却の彼方だしなあ
今の作品に納得できない、好きになれる作品が見つからないというのは分かるんだが、それで昔の方が良かったというのはなんか違うと思う

オタクの萌え文化の広まり方が昔と今では違うしビジネスモデルも違う。昔のはテレビアニメが前提だから一般向け要素でオタク向けの尖った作品は少ないし「一般向け」を評価するなら昔の方が良いと感じるかもね。

こういう話題で当時の劇場版と今のTV版を比べるのはどうかと思ったりもする

昔の作品を移りの悪いテレビや低画質海賊版で見るならともかく、PC画面で高画質で見ると微妙な作画が目に付く……

こういうのって言っては何だが生存者バイアスによる所が大きい
昔「子供向け」として嫌われていたアニメや、この作品はつまらないと切り捨てられた作品がたくさんあったのは意識されない。

90年代、00年代と言ってもかなり幅広いのだが。
90年代でウチの国のテレビでも放映された作品だけで考えても「サイバーフォーミュラ」「ライジンオー」「テッカマンブレード」辺りと「逮捕しちゃうぞ」「中華一番」「デジモン」「頭文字D」が同じ時代扱いになってしまう。

よく考えたら「ONE PIECE」もギリギリで90年代のアニメだよな

乱暴だが今でも素材込みで語られる、記憶に残っている作品の時点でいわゆる「昔の名作」と扱っても良いだろう。5年前の秋のシーズンの新番アニメに何があったか、何を語っていたかきちんと思い出せる人の方が珍しい。

劇場版もだけど、OVAや当時の上澄み、当たり回や当たり作画でその時代の質を語るのは不公平だ。どの時代でも一定以上の割合で外れ、ゴミな作品は存在するのだから語るならそれも含めないと。

あえて言うなら90年代は手描きメインの時代だから今の時代には無い表現やコストのかけ方があるのは確かだ。
あと00年代に入ると手描きとデジタルの過渡期になるから00年代の名作を今の時代の目で見ると「技術の未発達」という意味で厳しい所もあるし、90年代の「失われた名作」的な印象はより強くなるかもしれないね。

昔のアニメってたまにダメな方向に突出したトンデモナイ作画や雑にぶん投げた話やキャラがあったりするからね。そういう作品の割合含めて考えた場合、私は昔の方が上という判断はできないかな。
もちろん昔の作品の中には飛びぬけて凄い、手描きなので現代では再現が困難というのもあるけど。

ガンダムだと「0083」とかだな。
ただあれはよくキャプ画像で出回る所以外だと誇張が極端になり過ぎている所もあるんだよね……終盤のコウ・ウラキの顔とか。

ガンダムも良し悪しだね。例えば「UC」以降のMSの変形とかは昔の手描きでは困難だった。

こういうのって極端に言えば「AKIRA」や「王立宇宙軍」と比べてどうなのかという話になるからね。そりゃあその辺の量産TVアニメじゃ勝てないよ。

キャラデザは昔の方が良かったと思う。貞本義行のキャラとか時代が経っても色褪せない。

同感だ。私は昔のアニメのような写実的なキャラの方が良いと思う。現在のようなでかい目のキャラと比べると特にそう感じる。

目の大きさが恐竜的進化をした頂点は90年代だよ。その後は縮小してシンプルになってきている。近年複雑化しているのは瞳の描き方かな。ハイライトのパターンも流行り廃りがある。

それがね、貞本義行のキャラデザは私も大好きだけど最近はエヴァのキャラデザがダメだという人が出ている……好みってのは変わるもんなんだろう。
別のスレでは90年代のキャラデザを奇形だとネタにして盛り上がったりしていたけど、あれはあれで当時人気になっていたのも間違いないわけで。

その時代の主流となるファン層の好みの変化もあるから、昔の作品の方が良いと言う前に自分の好みが時代に合っていない、合わなくなった可能性も考えた方が良いよ
あまりそういうのを押し付けると嫌われるし理解されないことにショックを受けることにもつながる。

そういうのあるよね。以前桂正和の絵柄、顔の描き方が受け入れられない微妙な絵柄扱いする発言が出てそこそこ肯定されているのを見て何とも言えない気分になった。

一般アニメに関してはここまで言われている通りだと思う。しかしエロアニメに関してだけは昔の方が良かったと思う。普通に作画も声優も業界の一線級が参加しているのでクオリティが妙に高い。
今はエロ特化だから性癖にあえばいいんだけど、普通のエロ好きだと昔の方が……!

いや、エロアニメこそ生存者バイアスじゃないか?昔海賊版やネットで探してみたエロアニメ、ヒドイのは本当にヒドかった。若さに溢れた俺が反応しなかったレベルのも少なくなかった。
でもトップレベルの作品に関しては昔の方がトンデモナイことになっていたのは確かだろう!

あとは今の二次元の批判の連鎖みたいな環境も問題かな。現在は作品に関しては批判的な情報、問題として見るべき箇所についての情報が多い。

今のネット環境では批判的な情報が先或いはほぼ同時に入ってしまう、というのは微妙な作品、引っかかる部分の多い作品にとっては不利だし良い印象を獲得できなくなっているね。「今の目で見る昔の作品」はそういう環境の影響があまり無い。
「自分は好きな作品」「自分はここが好きだ」というのを意識するヒマが無いし、そういう発言をするとオタクとしてじゃなく普通のネットユーザーとして批判の集中砲火を受けて終わりかねない。

生存者バイアスもだけど昔の作品はそういう周囲の空気を気にせずに尖った部分、独特な部分「だけ」を評価できるというのもあるんじゃないかな。

それには同意。もっとも、それで作品全体として見れば微妙な作品の一部分だけ持ち出して全体を過大に評価してしまう、それを武器にして嫌いな作品や流行を叩くことにつながってしまう部分もあるのが難しい所だ。

今は自分の好みの作品が無いとか、ネットの話題と人気稼ぎで浅い作品が増えたという愚痴はでるけど平均的なクオリティは今の方が高いのは間違いないだろう。競争と淘汰のサイクルが昔と比べてかなり加速している。
それによって分かりやすく評価される作品でなければ厳しくなっている状況なのは何とも言えないが。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈でもイロイロと考えてしまう所があるようでした。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「今の作品は自分の好みに合ったものを見つけるのが難しいとは感じます。ただ後で見ようと思って積んでいた昔の作品を今になって見てもそんなに面白くはないんですよね……」
「今の時代の方が平均的なレベルは高いと思います。昔の作品を今の高画質で見るとやはり作画が崩れている所やバンクシーンの多さが気になったりします」
という話もありましたし、単純に白黒をつけられるものでもないのでしょうね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。