ありがたいことに
「12月の終わり頃から中国で細目のキャラクターや欧米のアジア人に対する定番イメージの細目で吊り目的な顔立ちの人物を起用した広告が炎上しているようですが、どういう事情があるのでしょうか?」
という質問やその件に関する詳しいネタのタレコミなどをいただいておりますので今回はそれについてを

中国語には切れ長の吊り上がった目、細目や吊り目などを指す
「眯眯眼」
という言葉があり、その扱いが
「中国人に対するステレオタイプな蔑視」
というのに引っかかって批判につながる事件も度々発生していました。

そんな中で昨年末に中国で公開された中国国産CGアニメ映画
「雄獅少年」
のキャラクターデザインが
「眯眯眼(細目、吊り目)なのは中国人蔑視」
といわれていわゆる「侮華」案件入りしてしまい大炎上、それをきっかけにして中国では広告や作品などそこら中の「眯眯眼」に対する批判が拡散して結構な大事になっているそうです。

作品については人民日報日本語版にも紹介記事がありましたのでご参照ください。
アニメーション映画「雄獅少年」が封切り 熱い思いを秘めた少年の成長物語が話題に(人民網日本語版)

教えていただいた情報によると、この大炎上の大まかな流れとしては
まず年末大作的な扱いもあったというこの「雄獅少年」のキャラクターデザインに対して
「眯眯眼は現実の中国人の顔じゃない、欧米側の凝り固まったイメージでしかない!」
「制作側はわざとこんなキャラクターデザインにした!これは辱華だ!!」

とばかりに炎上したのが発端だったそうです。

そしてもう一つこの件に関する特殊な事情として「雄獅少年」が
「世界狙いで上の方が後押している作品(?)なこともあってか、中国のメディアの評価やネット上の口コミなども肯定的で高評価ばかり」
だとされ疑念や反発が加速していく流れがあったそうです。

中国のネット上の工作活動の有無や是非についてはさておき、この辺りの事情が中国のネットユーザーの不信感を煽ることになり、作品関連以外の場所にまで飛び火する大炎上となってしまったとのことです。
またこの炎上が「眯眯眼狩り」的な動きにもつながり、各所で細目や吊り目のキャラや広告がやり玉に挙がって批判される状況になっている模様です。

例えば日本で報道されている

ベンツ広告動画も批判殺到 細目女性は「中国人蔑視」(共同通信)Yahoo!ニュース

などもこの大炎上の中の一つなのではないかという話です。
また今回の大炎上は外国企業だけでなく「三只松鼠」などの中国企業の広告も「発見」されてターゲットになっているので収拾がつかなくなっている面もあるのだとか。

この炎上は昨年末から延焼も含めて続いているそうで、二次元系作品に関しても過去に「眯眯眼」と見做されていた、いわゆる細目や糸目のキャラに対する扱いがちょっと危なくなっているといった話も聞こえてきます。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「眯眯眼だとされていた二次元の人気キャラは?」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


某所どころか国内各所で絶賛大炎上中な「眯眯眼」問題だけど、「眯眯眼」判定された二次元の人気キャラって昔から普通にいたよね?
そんなキャラについてちょっと知りたいんだが。

ポケモンのタケシとかは普通に受け入れてたよな。

中国人差別のデザイン扱いという見方はなかったからね
日本の作品のキャラクターというくらいで

俺が思い出せる中で一番古いのは乙女座のシャカだな
二次元では目を閉じたキャラや笑顔状態の表現でもあるから、3Dのキャラデザとはちょっと違うんだが「眯眯眼」という言葉自体に負のイメージがついて「敏感」な扱いになりそうなのが厄介だ。

ああいう目のキャラは何かしら隠しているものがあるパターンと、キャラの顔の描き分けで楽に1種類作れるからというパターンがあるという印象

「血界戦線」なんかは主人公がそういう目だったよ。重要な意味があるデザインで!

昔の二次元では笑顔になれば目が極細になるとういのはありがちな表現だったな。
考えてみたら、今はそういうのをあまり見ないかも。

今でも無いわけでは無いが減っている
あれも流行りの誇張表現の一種ではあったのだろう

突然頭身が低くなってギャグ描写とか、煙の中で殴り合いとかの古いテンプレ表現だったのだろう。キャラで言えばツンデレみたいな古典的属性とかも似たようなものだ。
昔の人気作品には目が線になっているキャラが大体いた。

昔の作品……私は「まほらば」の茶ノ畑珠実をなぜか思い出した!

「鋼の錬金術師」のリン・ヤオとかいまだしたら炎上しそうに感じる。作者が炎上ネタばらまいているしね。リアルタイムではどうだったの?

「鋼の錬金術師」はシン国のキャラの顔がああいう目で固定というわけではないからキャラデザの1パターン扱いだったような?リン・ヤオにしても目を開くときはあったし

「黒執事」の劉とかの方が今は難しい気がするね。キャラデザのバリエーションならスルーされるかもしれないが、中国人と結びつくとめんどくさくなりそう
分かりやすい炎上事例が出てしまった今後は特に。

私はCCさくらのクロウ・リードのデザインとか大好きだったんだけどな

「鬼灯の冷徹」の白澤は目の化粧的な所も含めて今の炎上に引っかかりそうで不安になってくるデザイン

言われてみれば不安になるのが理解できる。
あの作品は主人公の鬼灯からして「眯眯眼」寄りのデザインだし、私は昔そういう意識をしたこともなかったんだが……

まだ市丸ギンが出ていない
二次元では実は関西弁キャラにも多いデザインだと思う

一昔前の作品なら不二周助も。最近の作品なら「怪獣8号」の保科が私の好みの糸目キャラ。
でも死亡フラグが立ちまくっていそうな先輩キャラだから先行きが不安だ……

こういうタイプなら「銀魂」の神威もだね。

糸目キャラって女性向けの二次元ソシャゲだとほぼ確実に出てくるタイプのデザインな気がする。

そう言えばその手のキャラデザはFGOだとこの間の太公望が初めてか?
意外と言えば意外。

いや、サーヴァントじゃないけど最初に出てくるレフ・ライノールとかがいた
でもイケメン枠だと太公望が初めてだね。

しかし太公望実装は「眯眯眼」で炎上しているのと時期が重なっていたのによく炎上しなかったな

確かに。太公望は妲己に対する感情とストーリーの方でちょっと炎上していたが、デザインは問題視されていなかった気がする。むしろ高評価。
太公望は「我老婆」(俺の嫁)と言い出すヤツもそれなりに見た。

太公望のストーリーやFGOでの設定は難しい所だ。途中の失敗はあるが最後まで見た上で活躍、こなした仕事を見ると捨て身の自爆無しに能力発揮で問題解決して別れるというFGOの同行サーヴァントの中では最上位級の有能さだし……

「眯眯眼」判定のキャラは二次元だと国産でも普通にあるデザインだが、3DCGだとまた違ってくるからな
二次元だと線だが、3DCGだと細い吊り目になるので中国の好みからは明らかに外れるし「雄獅少年」は基本的なキャラデザがそれに寄せ過ぎていたから気になりだすと厳しい

国産の二次元なら「一人之下」の諸葛青とかもいるわけで。

国産だと「アークナイツ」にもいたような。

国産二次元でもそれなりにいるよね。
ただ「雄獅少年」の顔のデザインは二次元的なものではなく、CGで欧米の人気を意識し過ぎたのが問題を大きくしたのだと思う。国外向け宣伝アニメだしね。でもその費用は国内の観客から徴収!

私の中では二次元のああいう目のキャラって怪物的なものを秘めているとか、弱いふりをしている、本当の力を隠しているタイプだというイメージだったんだけど……
「HUNTER×HUNTER」のヒソカとか例えとして分かりやすいかな?

分かるぞ。俺は糸目キャラが開眼して実力を発揮して見せる展開が大好物だ。

最近「眯眯眼」という言葉につけられたレッテルは本当にめんどくさい。
眯眯眼キャラだというだけで、デザインも劇中の表情変化や扱いも見ずに罵倒されるようになってきた。

さすがに無辜過ぎるだろうというのも見かけるよね
今後はこの問題がどうキャラデザや広告に影響するのかは気になる
いや、自分も今の状況はやり過ぎだと思うが「雄獅少年」のキャラデザはヒドイと思うし欧米の広告も美人に思えないのが少なくないのでああいうのは減って欲しいと思わなくもないから……

根底には今炎上しているのはキャラデザが気に食わないというのもあるだろうからなあ……
作品批判が価値観や政治問題と結びついた、いや結び付けられてしまうともうダメだ。特に今のは侮華案件になったから

侮華案件になると何やっても良い、反対するヤツは漢奸だみたいになる
とても簡単に楽しめてしまうが止まるのは非常に難しい



とまぁ、こんな感じで。
現在もイロイロと難しい空気が漂っている模様です。

この炎上の発端になった「雄獅少年」に関しては世界での評価を狙ってのキャラクターデザインだった可能性もあるようですが、中国国内の好みの傾向から外れたデザインなのも確かなようです。

そのため中国の観客からすれば自分達の方を向いていない作品が大々的に宣伝されているように感じられて反発が出てくるのも無理はないのかもしれません。また差別的なことがハッキリと存在するならば抗議するべきなのも間違いありません。

ただそれとは別に現在の炎上の規模になってしまうと流石にやり過ぎとも感じられますし、近年の中国における炎上の制御不能ぶりや、自分が嫌いなものをなんでもかんでも徹底的に叩きのめそうとする動きはどうにかならないのかとも考えてしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。