今回はありがたいことにネタのタレコミをいただいていたものの、年末のゴタゴタで力尽きていて取り上げられなかったネタで。

過去の記事
中国オタク「子供のゲームは1週間に3時間、別に悪いことではないと思う」
でも紹介させていただきましたが、昨年の9月から中国では
「未成年のオンラインゲームプレイ時間が週末のみ一日一時間で合計三時間」
になっているそうです。

そんな中、この年末年始は中国のネットのコチラ(中国語)のニュースにもある通り、テンセントなどから元旦休みの12/31〜1/3の期間は毎日20時〜21時の間ゲームをプレイすることができたそうです。

この件について中国オタクの面々も何かと考えてしまうものがあったようです。
そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国で未成年は年末年始に1日1時間ゲームが遊べる」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


我が国では元旦期間に1日1時間「も」ゲームを遊ばせてもらえる!スゴイな!!

そう言えば今の学校は基本的に3日休みだっけか。今年は終末と重なったしあまり連休という実感はなさそうだけど。
それにしても少し前ならネタにしか思えなかったような話だな。

なんだかんだでウチの国は春節にならないと休めないからね。この時期は試験期間と重なってるし、自分の学生時代も休日という実感はなかったな。そもそも元旦1日だけの休みだったからあまりゲームをやるような余裕はなかった気はするが……

仕事を始めるようになると週末はゲームを遊ぶよりも休め、と思ってしまう。
未成年のゲームは……こんなことするくらいならもう禁止でいいんじゃないの?

分かる。これはある意味では社会適応訓練の一環か?いや、やっぱそれはないな。

国慶節の時もそんな感じのお達しがあったよな

確かそう。俺がやってるゲーム内でも通知があった。
今後も休みのたびに通知が出てネタになるのだろうか?

いよいよ現実の方が創作っぽい事態になってきているように思うのですが……

ずっと疑問に思っているんだが、本当にこんなのでガキがゲーム遊びたい衝動をコントロールできるのか?ガキはオンラインがだめだったらオフラインの単純なゲームで遊びだすぞ?俺も俺の周りもそうだった。

本当に何とかしたいなら親が本気でやるしかないんだよね。国にやってもらおうとするのは親が責任逃れしているようにしか見えない。

実際どれだけ効果あるのかね。俺の周りでも未成年の連中普通に毎日ゲームやっている感じだが。

一手間かかって遊ぶ人間が減るのは間違いないしウチの国のゲーム産業に打撃が発生しているのも間違いない
ただ本当にまずい所は親が何とかしないとダメだろうな

問題なのは子供の場合は時間はあって金はないので一手間のめんどくささを超えようとして頑張ってしまうことだろう
自分の過去を振り返ると余計なことしそうな気がしてならない

もういっそ全部禁止にしてしまえばいいと思うが、それをやると問題が大きくなり過ぎるし余計な反発も生まれるからなー

なぜか未成年は全部禁止で遊びたいなら親の許可が必要とかにはしない。
今のお偉いさんがやりたいようにコントロールしたいという所も間違いなくあるんだろうけど。

そういう意味では次の規制対象のオンラインはなんだ、どのリソースを潰したいのかなどと気になって来るよ

開発や運営のコストを考えるとテンセントなんかはもうゲーム作らないで良いのではという気がしなくもない

ここ最近は親にゲーム機とソフトを買ってもらっている子供を結構見かけるようになっているのは良いのか悪いのか
自分もゲームやってた世代だから子供にゲームするなとは言わんし、遊ぶならソーシャル要素や課金要素が比較的健全な家庭用ゲームで遊ばせたいとは思うが

未成年を完全に切り離すと今度は過激化しかねないというか自重させる口実が無くなるので「未成年への悪影響」を唱えられるくらいには未成年向け要素残すはずだ
それで未成年が楽しいかは知らんがな

今は急にスマホを禁止すると暴れ出す子供もいるから親にどうこうというのは難しい気もする。そこまでの子育て失敗しているだろうというのはともかく、現実的な対応としてね……

よい子のみんなはログボだけもらって高校卒業してからじっくり遊ぼう!それまでゲームが残っているかは知らないけどね!

今は未成年は週末しか遊べないので、ソシャゲだとデイリーのミッションボーナスのモデルが崩壊し始めているなんて話もある。影響はそこかしこに見受けられる。

二次元系ソシャゲだと週末1日1時間のうち30分でウィークリーミッションやって残りでイベントみたいな話が出たがそれやって楽しいのかとげんなりする。

ウチの国のゲームは「原神」が当たったのもあってか海外志向になってるけど、ああいうのは後追いだと難しいからどうなるやら……国産二次元系は日本のソシャゲランキングでも存在感が落ちているのは気になる。

現在の時点でユーザーを掴んでいる所は外さないと思うけど、これから始める所は厳しいだろうね。「アークナイツ」とかはわりと好調っぽいけど他は……
日本市場は2Dはウマ娘で市場が変わってしまったし、原神路線は開発コストが何かと厳しいから欧米狙いになるのか?でも欧米も独自の規制リスクはある。どっちにしろ国内向けはもう厳し過ぎる。

これに関しては1日1時間も遊ばせるのか!?と怒る人はいるんだろうな……

一時間は多過ぎる、普通に禁止にしてしまおう!

スマホゲーの次は家庭用ゲーム機やsteamとかゲームプラットフォームだろうな!とネタにしていたらsteamがやられたぜ!!

外に出てサッカーやろうぜ!

それは現状を理解していない。コロナで何かと移動制限かかっている中で子供を外に出して不特定多数と遊ばせたい親はいない。

オンラインゲームが問題視されているけど、家庭用ゲーム機だってハマると危険なんだが。ソースは小覇王(FCのコピー機)をずっと遊びまくっていたガキの頃の俺。

FCがウチの国に入った頃って大の大人が1日中遊んでいたし、子供も休みに入ると十数時間ぶっ続けで遊んでたよね
その後もネットカフェで同じようなハマり具合が発生して死人や体壊すのが出る
やはり中国人ってゲーム耽溺の耐性無さ過ぎ?

日本では80年代に子供だった世代は大体「ゲームは1日1時間」という言葉に縛られているらしい。
当時のゲーム系の有名人だったハドソンの高橋名人の言葉で、日本社会におけるゲームのプレイ時間の目安の一つとなっていたという話。今の我が国はそれよりもちょっと厳しいぞ!

しかしこの禁止のおかげでウチの国の子供の素行が良くなったとか子供の教育が楽になったという話が宣伝的なものでさえ聞こえてこないのは……

子供の成績が上がらないのはゲームのせいという口実が使えなくなっただけ、或いは元々子供の方は精一杯頑張っていただけという可能性が。

社交的じゃない人間は休みの時のゲームが無ければ何やればいいんだろうな
動画を見るのもそれはそれで良くない方向に行く時間の浪費だろうし

お父さんやお母さん、御爺さんやお婆さんと一緒にテレビを見ながらお話しましょう!
親になって見るとむしろ親の方が厳しそうに感じる。子供の相手をずっとするのは親だって疲れる。

未成年がゲーム禁止するのは良いとして、我が国の環境を考えた場合はゲームを禁止するならゲームを禁止して何をやらせるのかまで決めるべきだったのかもしれない!
塾も最近では厳しいから親の方が子供の成績アップのために暴走しているような話も聞こえてくる。

実際ゲームをやらなくなった子供になにをやらせるか、何を楽しみにするのか提示できていないのは厄介な問題だと感じる。勉強するにしても先が見えないから無気力になってしまうのが今の環境だからね。

そして誰も子供を産んで育てたくなくなる下がっていく出生率については結局子供の養育費や将来のリターンに希望が持てないからだし。



とまぁ、こんな感じで。
現実の状況に対して、なんとも言えない気分になってしまう人が少なくないようでした。

ちなみにこのネタを教えてくれた人からは
「私自身は今の子供に対して、自分が子供の頃に遊んでいたようにゲームを遊ばせるのは問題があるとか自分が子供の頃に見ていたアニメを見せるのは問題があるなどと考えるような、未成年を安全に管理したがる人間です。しかしさすがにこの国によるゲーム禁止に対してはバカらしい話だと感じてしまいます」
といった話もありました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。