ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも段々とジェネレーションギャップによる知識や感覚のズレが目立つようになってきているそうです。
また一昔前の知識に関しては当時の中国に広まっていた情報が偏っていたこともあり、今では定番になっている要素が一昔前はどういう扱いだったのかなどを調べる際に苦労することもあるのだとか。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「ハーレム系作品が盛り上がっていた頃の作品において、偽娘なキャラはハーレムに入るヒロインだったのか?」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


先輩方に聞きたいんだけどかつてハーレム系、ハーレム的要素のある作品が盛り上がっていた頃に偽娘なキャラってハーレム入りしていたの?
特化した作品ならともかく、一般的な嗜好の作品における攻略対象としては結構難しそうな気がするんだけど。

日本語での「男の娘」こっちで言う「偽娘」的な男の娘ヒロインのいる作品はあるけど、昔から主流ではなかったような?

当時の扱いだとそのキャラに関する何らかの逃げ道があった。ネタにするとか性別不明にするとか、攻略の際には女性になるルートがあるとかね。
「シュタインズゲート」の漆原るかは分かりやすい例だろう。

こういうのって探せば該当する作品やキャラは出て来るけど、その時代の感覚や全体における割合、影響とかについては後からだとわかりにくいよね。

そうなんだよ。だから当時の好まれ方や需要に関しても出来れば知りたい。

バイセクシュアルなキャラを真面目に描いた、メインに据える作品は二次元のハーレムだと少ない。歴史上の事例はそこそこあるけど創作では需要が無いんだろう。

エロゲーだと炎上案件に発展することもあるので投入は慎重だったという話を聞いたことがある。
たまに制作サイドのそういった考えがユーザーの嗜好と違って炎上したりとかね。これはNTR作品を不意打ちで見せられたという話に近いかもしれない。

こういうネタって話題としては盛り上がるし商業的な成功に関しても効果があるように見えるけど、実際に需要がどの程度あるかはハッキリしないジャンルだからね。

ゲームだと「ルミナスアーク」シリーズのどれかにいた。自分は事前に攻略情報があったからよかったものの、普通にやってたらそれなりのダメージを受けたかもしれない。

警戒しながら投入するか、雑に投入するかで分かれるし、作中の扱いで迷走することもあったね。サブキャラとしてはともかく、ハーレム要員としては主流では無かったと記憶している。

そっちの展開になる作品もあったな。「はがない」の幸村も結局男路線にはならなかったわけだし。

不意打ちでそういう作品に出会ったことによって「目覚める」みたいに言われるけど、大多数の人は目覚めるよりも嫌悪感の方が強く出るし、商業作品だと炎上の度合いが跳ね上がるので大変だったんだよ。

しかし主人公がホモにしか思えないようなハーレム系作品はあったが、攻略対象としてはどうだったかな……

友情やライバル関係を加熱し過ぎて男がヒロインみたいになることはあるが、そっちだと偽娘じゃないか。

「禁書目録」の一方通行は性別不明っぽいのと鈴科百合子の存在もあるがどうだろうか?

「ティアーズ・トゥ・ティアラ」のヒロインの兄であるキャラが作中の扱い的にかなりヒロイン度高いのとキャラデザからかなり男の娘度高いので、当時の自分はなんかモヤモヤした記憶がある!

そこのゲームなら「うたわれるもの」の初代に双子で男の娘がいたね。
ただサブキャラを慕う部下なので主人公のハーレムというわけではないしこのテーマには該当しないか。

ネタではなく人間のクズこと伊藤誠はそっちの方もカバーしている
ただファンは求めていなかったらしく、発売当時大不評だったらしい。

「Cross Days」か。あれは延期とバグも加わって当時の日本ではかなり炎上したらしい。
エロゲーと見せかけたBLゲーという評価もあるがシリーズのファン層からの需要は無くて、この作品以降daysシリーズは凋落していくことになる。

そういう事例があるからには普通のハーレム系と男の娘ハーレム、BLはやはり別なんだろうね。商業作品でそれをやるにはリスクが高そうだ。

いわゆる「男の娘」ジャンルがハッキリと意識されるようになったのはハーレム系ラノベやエロゲー全盛期よりも後になるはず。
だからそういうキャラはともかくハーレム要素のある作品のヒロイン、攻略対象として出てくるのは珍しいのではないかと。

なるほど。昔からBLジャンルは普通にあったが偽娘とは別ジャンルだし混ぜて得する人はほぼいなかったしな……

よかった、エヴァはこのテーマには入らないようだ。名前が出ていない。

あれはBL路線が一番マトモだったのでシンジはそれに走らざるを得なかっただけでハーレムじゃないだろ!

ハーレム系は伝統的に親友ポジションの男友達がいたわけだが、そのポジションに偽娘を配置するのはありそうなんだが、ちょっと思いつかないな。

「バカテス」の秀吉はハーレム要員じゃないけど、それに近い扱いはある。
こういうポジションのキャラならそれなりにいたような?

その方向だと「彼女がフラグをおられたら」にもいた気がする。

渚カヲルと合わせて昔の作品を遡っていくなかで「デビルマン」の飛鳥了とかを思いついたが、あれはハーレム系でも男の娘でもないよな。

その手のキャラとシチュに関しては幾つか思い付くけれど、攻略対象ってのはちょっと思いつかないかも。

二次元においては男の娘(昔は女性と見紛う美形の男など)、両性具有的なキャラがヒロイン、恋人ポジションというのは男性向けでもそれなりに出ていると思われる。
ただ男性向けのハーレム系作品で……となると珍しくなる。ターゲットも需要もハッキリしている作品なので、異物を入れても得をすることが少ない。

商業的な作品だと難しいし、同人系だと最初から特化した作品になるだろうからな……

ここまで出ていない昔の成功例としては「はぴねす!」の渡良瀬準というのがいる。
これはサブキャラとして出てメインヒロインよりも人気が出た偽娘で、なぜ攻略できないのかという声がファンから殺到した。そしてその後に攻略可能なファンディスクが出たとのこと。

こっちでも「安全なポジション」のキャラに関してネタにするのは皆大好きだけど、自分の好きな萌えキャラがそうなるのは好まれないし不意打ちされると激怒するよな。

そういうのは最初から住み分けて欲しいと思うよ。
男の娘メインで見る人からしてもサブキャラだと量が不足するだろうし。

日本の創作界隈を見ると現在はタグで明確に住み分けされている感があるね
過去にゴタゴタして、その結果として住み分けが進んだ面もあるのだろう。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈で知られている昔の知識がイロイロと出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「中国のオタクはNTRやゲイネタで盛り上がっていることが多いですが、恋愛アニメでNTR展開になりそうな雰囲気だけですぐに炎上しますし、ゲイネタを持ち込まれるとコメントが大荒れになることも多いです。表に出ないだけでそういうのが嫌いな人や、自分の好きな作品をそういうネタでいじられるのは嫌いな人も多いのだと思います」

「商業的な成功については何とも言えませんが、話題の多さのわりに再生数が伸びない作品というのは珍しくありません。近年では百合系、アイドル系にそういった作品が多い印象もあります。例えばウマ娘などは何かと話題になりますが、アニメの再生数はそれほどではないですね」

などといった話もありましたし、日頃ネットなどで目にする話題性と実際の需要の関係を正しく把握するのはどこの国でも難しいようですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。