中国の方ではいわゆる「共同富裕」からの方針転換でIT大手やエンタメ分野に対する締付けの見直しという話が出ているそうですが、二次元業界に対してはどの程度の影響があるんでしょうかね。何かと関係のある分野ではあるのですが。

それはさておき、ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。
中国オタク界隈でもオタクは様々なコンテンツを追いかける忙しい日々を送っているそうですが、新しく入ってきた人は見たい作品見ておいた方が良さそうな作品などが多くて時間が足りなくなりがちなのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「オタクになりたての人は新作アニメと過去の名作アニメのどちらを優先すればいいのか」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


私はオタクになったばかりなんだが新作アニメと過去の名作アニメ、どっちを優先すればいいのかな?時間が足りない……黄金周に入っても全然足りない

結局はどっちも見ろ、好きなものを見ろという話になってしまう気もするが、時間というリソースが限定されている中で優先的にという話か。悩んでも仕方ない話に思えるが。

積んでるマンガやリストに入っているだけのアニメをどうするかみたいな話は新人だろうが古参だろうが共通する話だからな。
私はあえて順位をつけるなら古い方だろうか?既にある程度評価の定まっている作品になるから、好みは別として知識としては外れが無い。

好み次第な所もあるが……爽快感重視なら新作の方が良いし、重い作品が良いなら古い作品の方が良いみたいな傾向はある

別に新作追いかけなければいけないわけでもないし、一年位は過去の名作アニメや今も人気の長編アニメを最初の方から見たら?
私はそんな感じでオタクになっていった。

過去の名作はなんだかんだで入りやすいからね。
新作アニメはかなり人を選ぶ所があるので選別するための知識や経験が無いと時間を無駄にする割合も高い。

俺は古い作品というか新作ではない作品を見ていて、その続編から新作に手を出していったけど今の環境ならどうなんだろう……

個人的には古い方から入った方が良いと思う。
古い作品なら好みのタイプにあったオススメ作品、品質が保証された作品がある。新作は当たり外れは運次第な部分がかなりある。

新作は最初は良くても中盤でコケるとか、最後にヒドイ方向に転がって終わり!というのを体験させられることもあるしな。

新作にしろ過去の名作にしろちょっと見て好みだったらしっかり見る、くらいでいいんじゃないか。
既に選抜されている過去の名作の方が当たりは多いだろうけど、新作は討論して楽しめるという強みもある。

私は新作の方から入ったし、新作から見るのをおススメするかな。過去の名作は見たいものが無くなってから探すくらいで良い。新作の「体験」と違って古い作品はいつ見ても良いのだから。

めんどくさいこと考えずに好きな作品見れば良いだろうに。

それができれば苦労しないだろう……周りとの付き合いやオタク同士の話もある。そしてそれは昔よりも更に重要になっている。
楽しむにしても、作品の評価を把握する上でも周りとの交流を無視することはできない。今の時代の人気作品はネット上のファンの交流や考察活動が楽しむために重要な要素になっているのも多いしね。

私も昔はこの質問みたいなことを悩んでいたよ。「好きな作品を見れば良い」になるまで、それなりの時間はかかる。

新番を追いかけないとオタクのホットな話題に追いつけないからそっち優先で良いだろう。
それで新作追いかけているうちに自分の中に形成された基準や好みで過去の名作良作を探せばいい。娯楽は勉強と違って誰もが納得する作品ってのは無いし自分の好みに正直に行く方が良い。

自分はここ数年でオタクになった人間だけどbilibiliとかのプラットフォーム側が推す新作はどうも楽しめなくて古い作品中心に見ている。
新作は前のシーズンの評価が定まったのを2〜3作品見るくらいかな……

オタクになったばかりの頃は好みの方向で過去の名作を見るのが良いよ。
新作はその後で良い。

私もまずは古い名作を見たな。ふるい分けは済んでいる作品だから品質の保証もあったから。

古い作品の方がハズレをひかないというのは確かだけど好みに合うかは別の話だと思う。
例えば古い作品は基本的にストーリー展開が遅いから今の感覚で見ると退屈で厳しい所がある。好みがハッキリしているなら古い名作に拘らず新作で自分にとって「見れる」作品を探すのも悪くないよ。

昔の作品の知識はあって損はないけどすぐに役に立つものでもないし、楽しめるならともかくオタクの知識目的なら後回しで問題無い。早送りで見るとかになるのは本末転倒。

俺もそんな感じで新作の方をメインで見ているな。合間合間で気分転換に旧作を見るといったスタイル。

個人的には旧作から見る方が良いと思うんだけどね……作画の精度も画質も違うから新作の方の画に慣れてしまうと昔の荒い画質のアニメを見るのはきつくなる。

それで古い方に慣れてしまったら、一気に時代を超えた新作を見てまた同じような問題になるんじゃないか?
それだったら新作から見ていった方が良いと思うけど。

とりあえずこの1〜2年の新番枠のアニメで評価が高いのを見ていけばいいんじゃないか。あとは4月新作で言えば「SPY×FAMILY」みたいに現在進行形で話題が盛り上がっているのも追いかけておくと良い。「体験」という意味では今しか味わえないものだ。

好みは別にしても、新作にも古い名作にも良い所はあるからね。
例えば古い名作は評価が定まっていることに加えて次の話を待つ必要が無い、新作は討論が熱く手楽しめるとか。

自分のアドバイスとしては「新作アニメを全て追いかけようとするな」くらいかな。私は昔それやって潰れそうになったし義務感が先に来て作品楽しめなくなった。
言っては何だが新作アニメは覇権候補的な評価の出ている作品を中盤から追いかけるくらいで良いと思う。元気の良い先輩達にフィルター作業は任せてしまえ!あいつらそういうのやりたくてやってるから。

古い名作も時間がかかるの多い。「ONE PIECE」とか1000話超えてるから簡単に「古い方を見ろ」とは言えない。

そこに更に劇場版も加わるよ!過去の名作に関してはハズレに遭遇する可能性は低いけど、時間に関するコスパは悪いという見方もできる。

新作アニメは基本的に週一ペースだから追いかける作品を絞れば空きの時間が発生するのでその間に古い作品を見ればいい
……と言おうとしたが今は審査のせいで遅れたのがまとめて更新とかもあるな。まぁ明確な正解は無い話だし、古いの新しいので悩み過ぎずに好きなモノ見る価値のあるモノを選ぶ方で頑張るのが良いのでは。

今見たいものを並べて順番つけて上から見ていくとかでも良いぞ。
時間が足りなくなったらそこでやめる。

それにしても、これは正直気の毒な問題だと思う。
現在は市場環境の拡大、加速のせいで今は作品の入れ替わりが激しいし1シーズンに出てくる作品の数も増えている。そこに更に昔からの蓄積も加わるんだから……

同意だ。
今の新人の方が良いものをたくさん見れて幸せだと思うけど、同時にオタクとして真面目にやろうとすると新旧どちらも追いかけないといけないから大変だろうなとも思うね。

私がオタクになった時なんて新作アニメを追いかけるという概念すら知らなかったよ。
毎日テレビで放映されるこっちと違って日本では週に一話のペースで進むとかも知らなかったし。

自分も新作アニメという概念を把握したのは一通り周りで流行っている作品を見終わってからだった。オタクになってからだと……2年くらいしてからだったような?
当時は「NARUTO」「BLEACH」とかの大人気作品を見ていればオタクとしての活動は問題なかった。

昔からの人気シリーズに関してはアニメやゲームなどでリメイク、まとめになっている作品で評価の高いのがあるだろうから、そこから気になるのを追いかければ良いと思う。
その過程はあまり表立って言わない方が良いだろうけどね。

どういうこと?

昔からファンをやっているとかファン界隈を支えていたと認識している人達は、新人が人気の所、有名ネタだけ見ているという話に対してとめんどくさいことになるから……
まぁ私もその気持ちは分かるんだが新人にぶつけてもしょうがないわけで。

評価の高い昔の作品も全部が面白いわけじゃないからな。長編の中にはネタにもならない普通につまらない話も混じっている。

結局は自分が楽しめる物、負担にならない物からで良いと思うよ。
楽しくなければ趣味は続けられないし、途中で全部やめてしまったら重視していた「時間的なリソース」が全て無駄になる。無理しないで続けていれば段々と自分の中に取捨選択の基準も形成されていくから悩みも少なくなる……はず。



とまぁ、こんな感じで。
アドバイスに関してもそれぞれのオタクとしての経歴や作品視聴のこだわりがイロイロと出ているようでした。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「真面目に凄いオタクになろうとする場合、私が新人だった頃よりも今の新人の方が難しくなっていると思います」

「昔はネットに流れている中国語の作品情報やオタク関連知識は少なく、皆そんなに作品に詳しくない上に知識も不正確な所がありました。私は日本語ができて日本の新しいオタク情報に触れることができて、それだけでかなり評価されました。しかし今では日本語ができるだけではダメです。中国語化された作品も情報も増えているので一般的なオタク知識のレベルがとても高くなっています。」

「現代のオタク界隈ではオタクとして評価されるために視聴しなければならない作品や把握しなければならない知識は昔と比べて非常に多くなっています。新人が周囲からの評価が高い凄いオタクになろうとしたらどれだけ時間的なリソースが必要になるのか……」

といった話もありました。

どのジャンルでも後から趣味の世界に入って、楽しむのとは別に意識して上の方を目指すとなると何かと大変ですよね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。