ありがたいことに前の記事
中国オタク「ヴァイオレット・エヴァーガーデンの中国語タイトルは誤訳でカッコイイ方が良いのか正しいけど意味不明な方が良いのか……」
に関連してアニメやマンガの中国語タイトルに関する質問とネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国語タイトルやファンの間の通称のせいで損をしていると思う作品」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


中国語版タイトルで損をしていると感じる作品について語りたい。
ラノベ系の長文タイトルの直訳とか「魔法少女」がつく作品とかは内容を見る前に切り捨てられるようなことも少なくない。そんなタイトルの付いている作品を教えてくれ!

タイトルからは期待していなかった、タイトルのせいで後回しにしていたが実際に見たら予想外に面白かった作品ということでいいの?

そんな感じで頼む。
他にも他人に薦めてもタイトルで後回しにされてしまうような作品とか、正式な名前ではなく通称で広まっているような作品も。

最近のだと「奇巧計程車」(オッドタクシー)がもったいないと感じたが、絵柄も内容も独特だから人を選ぶタイトルで良かったのかもしれない。

「乒乓」(ピンポン)はマニアならともかく、一般人は見ないよね……直訳以外にどうすればいいのかは自分にも分からんけど。

「回転企鵝罐」(輪るピングドラム)は意味不明過ぎ。まぁこれは日本でも意味不明だったらしいが。
受け取り方のギャップというなら「魔法少女小圓」(魔法少女まどか☆マギカ)だろう。日本語だと外来語が入るけど中国語タイトルではそれが無くなっているから余計に普通の魔法少女作品に感じられる。

魔法少女系では「光之美少女」(プリキュア)も微妙だな。これって「美少女戦士」(セーラームーン)から来ているのだろうか……

二次元作品のクソ中国語タイトルなら「女僕珈琲厅」(それでも町は廻っている)を超えるのは難しいだろう。
中国語タイトルからは女僕珈琲厅(メイドカフェ)をネタにした雑な萌えアニメ二しか思えないが、実際に見てみると様々な要素が絡むファンタジー的な日常系作品だ。

日本語タイトルの「それでも町は廻っている」で結構凝っているんだよね。
ちょっと古い作品だし当時としてはタイトルが長過ぎるのを嫌ったのか、それとも原題の意味では通じないと思ったのか?

原題直訳では客の興味をひけないという考えは分からなくもないが、メイドカフェなんてタイトルにしたらさらに埋没するだろうに。放映当時はメイドカフェも特に新奇なものではなくなっていたし。

「平稳世代的韋駄天们」(平穏世代の章駄天達)は日本語直訳だけどこっちだと全く見たいと思えない感じに……
こっちで配信されなかったのは内容もだけどタイトルが微妙だったのではないかと考えたこともある。まぁその後やはり内容がこっちだと危ないからだろうなという結論になったが

日本人或いは日本のオタク界隈なら分かるのかもしれないが、こっちのライトなオタクや一般層からは良さが感じられないものもあるからね。
日本語タイトルの漢字がそのまま使われて意味は間違ってないが印象がズレるケースも少なくない。

「歌劇少女」(かげきしょうじょ!!)と「少女歌劇」(少女☆歌劇 レヴュースタァライト)の混乱は何とかしてほしいと思う。日本語だと別に混乱しないのに。

原題の漢字そのまま使って失敗するのもたまに見かける。例えば「俺物語」とか。「俺」が一般的な一人称なのは日本でだけだ。

「末日時在做什么?有没有空?可以来拯救嗎?」(終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?)はどうすればよかったのかね。こっちでは日本市場の感覚が通じないから長文タイトルの印象は良くない。

その作品、長過ぎて略称「末日三問」になったからな。
名前が長い作品って駄作ラノベ臭が感じられて印象が悪い。

さすがにそこまで長くはないが「問題児童都来自異世界」は長過ぎるタイトルで損していると思う。実際には世界観の大きさやキャラの活躍のさせ方が日本の量産型ラノベとは違うし、ウチの国の好みに合う部分も多いのに。

近年のラノベ系の長文タイトルは直訳になって印象が悪くなりがちだよね。

個人的には鴨志田一作品はどれも中国語タイトルで損しているように思う。
「櫻花庄的寵物女孩」(さくら荘のペットな彼女)や「青春猪頭少年不会夢到兔女郎学姐」(青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」とか、あと英語そのままな「Just Because!」とかも。
聞いた話では日本語では文学青年寄りのラノベ読みに刺さるような遊びのあるタイトルということなのだが……

「斬服少女」(キルラキル)は最初見た時は全く意味の分からないタイトルで困惑した。当時の私の周りの反応も似たような感じになっていた。

「キルラキル」は日本語の「斬る」と「切る」と「着る」、更に英語のkillをカタカナ表記にした際の音が全部「キル」というのを利用してるからね。翻訳で二つ意味を拾えているだけで十分頑張っているとは思うが……初見ではやはり意味不明だよな。

まだ出ていないのなら「白箱」(SHIROBAKO)も。ただ中身は日本のアニメ業界用語が飛び交うマニアックな内容だしタイトルで選別した方が良さそいうだと思わなくもない。

「舞動青春」(ボールルームへようこそ)は似たような名前の作品や似たような名前のラジオ体操があるせいで社交ダンスがテーマの作品だと全然伝わらないのが悲しい。

作品の通称で思い付くのは「銀河美少年」かな。
あのセンスは当時のこっちのオタクのごく一部にしか刺さらなかった。

「喬喬的奇妙冒険」(ジョジョの奇妙な冒険)は子供向けっぽい印象にもなるから最近のアニメで評価が上がるまでオタクの間でも微妙だったな。
一度広まり出してからは定番ネタレベルになったが。

うむ。私も10年くらい前に友達に薦められた時は児童文学みたいな作品、一部のオタクが評価する子供向けみたいな作品だろうと思って見もしなかった。

最初はてっきりジョナサンと犬の冒険物語だと思っていた。「タンタンの冒険」みたいに。
いきなり残酷に殺されたのには驚いた。

残念タイトルならば「科学小飛侠」(ガッチャマン)について語らないわけにはいかない。
昔訳された子供向けっぽいタイトルをそのまま使っているせいで……間違いではないけどそれが作品を成功させる上で正しいとは限らないという見本だ。

「科学小飛侠CROWDS」(ガッチャマンクラウズ)はこういう話題の時の定番だね。
面白いのに子供向けタイトルのせいで本当に気の毒なことになった……こっちには日本と違って「科学小飛侠」(ガッチャマン)の高評価も思い入れのある人も存在しない。

「日常」かな。当時は京アニファンの期待から外れていて批判も多かったと聞くが、タイトルからの印象も混じっていたのではないかと思う。

「王牌酒保」(バーテンダー)はダサかった。酒保で間違ってるわけじゃないんだが。
その後バーテンダーという職業に対する呼び方として「調酒師」というのも広まっているからこの作品のタイトルもそっちになっていたりはするようだが、アニメの時はまだ酒保が一般的だったからなー

「勇者闘悪龍」(ドラゴンクエスト)はウチの国のゲーマーの好みではないと感じる。

「老虎和兔子」(TIGER & BUNNY)も子供向けっぽい印象のタイトルはマイナスだったな。更に劇中に広告を出す手法から「広告侠」の別名もついて当時とてもバカにされた。中日で最もオタクの評価に違いが出た作品の一つだと思う。

「奇幻貴公子」(ゴーストハント)
私も「十二国記」と同じ原作者だと知らなければ見ようとしなかったかもしれない。

自分も「奇幻貴公子」のタイトルを知ってからしばらくの間は女性向けの恋愛モノだと思って自分が見る作品じゃないと思っていたよ。

タイトルで損をして埋もれていった作品というのも実は少なくないんだろうね。
「獣娘動物園」(けものフレンズ)や「煙草」(ケムリクサ)もタイトルだけしか情報がなければ私は見ることは無かったと思う。

中国語タイトルはこっちでの作品の第一印象になるので重要だよね。今はネットの新番情報まとめやPVもあるから埋もれるリスクは昔よりも下がっているけど。
私は「佐賀偶像是伝奇」(ゾンビランドサガ)を危うくタイトル切りするところをPV見たおかげで踏みとどまった。

タイトルで損しているわけではないが「星星公主」(なるたる)はタイトルとの違いが詐欺だ。星で公主(お姫様)なのに!知り合いに薦められて騙された!ギャップにより大ダメージだった!

それはヒドイな
雰囲気の良い作品だよ、タイトルのようにキレイな海を舞台にした作品だよと「碧藍之海」(ぐらんぶる)を新人に薦めて楽しむ俺くらいのレベルにしておかないと

それなら一緒に「地球防衛少年」(ぼくらの)も観るように言ってくべきだろう!



とまぁ、こんな感じで。
イロイロな作品の中国語タイトルが出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「中国のオタクの間ではラノベ作品に多いとても長いタイトルは嫌われます。良い作品ではないだろうという印象になります」

「長過ぎるタイトルはネットでの交流にも不便です。人気になった作品は使いやすくて覚えやすい略称が出来てから人気が急速に拡大することが多いように感じられます」

といった話もありました。

日本のネット小説系に多い長めの説明的なタイトルに関しては他の所でも微妙な評価になっているのを見かけますし、中国オタク界隈における好みや扱われ方も含めて時間のある時にでも調べてみたいですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。