ありがたいことに以前
「中国ではいわゆるJRPG世界観の異世界転生作品が受け入れられているようですが、JRPGのキャラなどについてはどうなのでしょうか?」
といった質問をいただいておりましたが、先日この質問に関連しそうな話やネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「JRPG作品で好きな主人公は?」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


嫌いなJRPG主人公ネタは結構見かけるので逆に好きな主人公について知りたくなった。皆の好きなJRPG主人公を教えてくれ。個人の好み大歓迎だ!

ペルソナ3〜5の主人公はどれも大好き。
ストーリーに関して動かせる部分、性格の出る部分は少ないはずなのにキャラクター性をかなり感じるのはゲームデザインが良いということでもあるのだろうな。

私は「ペルソナ4」の番長が特に好き。1〜5でどの主人公も嫌いではないんだが。
改めて考えてみたが「3」と「5」はストーリー上の扱いで印象がちょっとマイナスになっている気がする

俺はP5のジョーカーが一番好き。中二病感が最も強いしね!

ジョーカーは外見のキャラデザインが優秀で、内面に関してはプレイヤーのスタイルがかなり投影されてテキストから受ける印象がほぼ無いというのが凄いよね。

ジョーカーはカッコ良くてセクシーな外見と狂気を感じられる内面、それに加えてさえない眼鏡の日常スタイルと各種ギャップがとても良い。

知り合いの話を聞いてもプレイヤーが遊んでいるとジョーカーの設定を脳内補完しているのを感じる。
ただ好き嫌いは別として、個人的にはジョーカーはプレイヤーの選択と脳内補完が強過ぎてあまり独立したキャラとして見れないんだよね……そういう意味では番長はアニメのイメージもあるからキャラとして見るのが楽かも。

ゲーム本編の外での補完なら劇場版での補完がある鬼太郎が良いな
(訳注:中国のゲーマーの間ではP3主人公の「キタロー」呼びはそのまま「鬼太郎」表記で使われているとのことです)

アトラスだと私は十四代目葛葉ライドウが良いな。あの外見と能力の高さで実は冷徹な護国の剣になるとかではなく、自分の周りを守るために戦うというスタンスがとても好み。

「閃の軌跡」シリーズはゲームとしてはちょっと所ではなく不満もあるが、主人公のリィンだけは好きでな……

軌跡シリーズのエステルはずっと自分の中で理想のキャラ。主人公としてはちょっと違うかもしれないが。

俺の遊んだ範囲で雑に語っていいなら「黎の軌跡」のヴァンがかなり好み。ヘンな例えだけどJRPG風にした冴羽リョウみたいな感じが良かった。

軌跡シリーズの主人公に関しては遊んだ時期とその時点のプレイヤー側の精神状態で結構好みが変わっているようなのが面白い。
私は「零の軌跡」のロイドが大好きだが、彼を好きじゃないという人の感覚も理解はできる。でも一時期かなりロイドにハマっていた、ゲームと彼が心の拠り所になっていた時期もあったので私の心の中のランキングではずっと一位だ。

昔からということなら私は「ラングリッサー」のエルウィンだな。
若い頃にやり込んだゲームだからといった部分が大きいのは認める。

SRPGもアリなら「スパロボ30」のエッジはかなり良い印象の主人公だったね。

JRPG主人公に限った話じゃないけどこういうのって初期にハマったキャラ、自分の好みに影響を与えたキャラの存在はとても大きくなるよね。
私も「FF」のザックスが大好きだし。

ザックスは人気高いよな。PSPが大人気だった当時、「クライシスコア」からJRPGに入った人も多かったはずだし外伝主人公ではあるが「FF7」関係では一番人気高いかもしれない。

私はクラウドの方が好き。確かに周りを見てもあまり一番好きなキャラに来ることは無いが、個人的には思い入れも込みで一番だ。

俺がクラウドを良いキャラだと感じるようになったのはリメイクからだけど、あの外見と迷いっぷりのギャップは昔の環境や好みでは厳しかったんだろうな……とも感じた。

クラウドはキャラデザは高評価だったけど、その後に来た「FF8」がウチの国では何かと注目されたという事情もあってな。
私もだけどスコールの方が印象強くて好きだという人は少なくない。

FFなら「FFT」のラムザが好き。ストーリー上のもどかしさ、大局的には利用されてばかり、敵の方が優秀でラムザのやれたことは少ないというのは否定できないけどね!

まだ出てないのだとファルコムの赤いスケベ野郎かな。個人的な理想のJRPG主人公。

私の中ではアドルから冒険家系主人公のイメージや好みが形成されていったよ。
あと彼は喋らない主人公で、そのおかげで逆にキャラが固まって来るのが面白い。

それで思い出したがエロゲーでも良ければランスは?

ランスも評価高いよね。ただ鬼畜系が前に出る時はスルーされがちで、内に秘めた純愛系な部分が前に出ると評価上がるのはジャンル的にちょっとどうなのかと思わなくもない。

喋らないと言えば「ドラクエ5」の主人公が好き。ドラクエシリーズの主人公も喋らないし遊んでいてキャラを意識することは無いが、5は人生体験的なイベントも多いのでキャラをかなり意識するし好きになった。

「テイルズオブヴェスペリア」のユーリがJRPGでは個人的に一番好きな主人公。
主人公補正強いし批判的に見ようとすればいくらでも可能だが、パーティの精神的支柱やれて殺す時は殺せるキャラってのはやはり不快感が無くて良い。

ユーリは自分の信念があって後輩や仲間の面倒見も良くて殺さねばならない時は自分が手を汚して殺す決断をできるのが良いよな。不快な敵はやはり主人公にバッサリやって欲しい。

私もテイルズではユーリが一番好き、というか他のテイルズの主人公は悪い意味で典型的なJRPG主人公みたいな所が目に付くことも多い……
あとは主人公かはちょっと微妙だがリオンとかも好き。

最近遊んだ「テイルズオブアライズ」は最後の方ちょっと引っかかったが全般的に良い漢字の主人公だったよ。

私は「テイルズオブジアビス」のルークとティアが好き
エンディングの解釈は認めていない

アトリエシリーズは印象の良い主人公が多いね。もちろん引っかかるキャラ描写やストーリーが無いわけではないが、遊んでいる時間の大部分で主人公に引っかからないでいられるというのは安心できる要素だ。

同意する。
このスレの流れで言うなら、「エスカ&ロジー」のロジーとか特に良かったな

自分の体験だと「ゼノブレイド2」のレックス。キャラクターとしての設定以外に、王道ストーリーとヒロインの補正が高いのは認める。

レックスはそのポジションでの妄想が捗るよな……

アドルが既に出ているけど私は「イース8」のアドルとダーナのダブル主人公が特に好きだったり。

ダーナは人気高いよね。
アドル関係の描写も良いし「8」の高評価にもつながっている。



とまぁ、こんな感じで。
好きなキャラとその理由がイロイロな方向で語られていました。

今回名前が出ているキャラが現在の中国のゲーマー層の間で人気が高い、印象に残っているJRPGの主人公キャラのようですね。これがもう少し古い世代になるとまた変わって来るらしいのですが、

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「やはり言葉が分からないと主人公に対する思い入れは強くなりません。最近のゲームは翻訳版やプレイ動画の字幕など中国語でそのまま理解できるようになっているので、大好きな主人公と大嫌いな主人公のどちらも増えているように感じられます」

「逆に言えば言葉が分からない、ストーリーやセリフは雑誌記事の翻訳紹介で知るしかなかったという当時の環境が、昔はJRPGのストーリーや主人公に対する批判がそれほど強くなかった理由の一つなのかもしれません」

といった話もありました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。