中国における日本の新作アニメの配信が何かと不安定になっていて当ブログのネタ的にも何かと厳しくなっていますが、ありがたいことに「ぼっち・ざ・ろっく!」に関するネタのタレコミと質問をいただきましたので今回はそれについてを。

「ぼっち・ざ・ろっく!」

は配信開始後にどんどん人気が伸びていき現在中国で配信されている10月新作アニメの中では現在「SPY×FAMILY」に次ぐ人気になっているそうですが、中国オタク的に「期待していた内容と違った」「合う合わないが分かれる」作品だという話も出ているとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「『ぼっち・ざ・ろっく!』と『けいおん』はかなり違う作品なのでは?」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


もしかして「ぼっち・ざ・ろっく!」と「けいおん!」ってかなり違う作品なのか?俺は「けいおん!」の後継が来たという話を聞いて見始めたんだが、見ているうちにかなり違うと感じるようになっていく……

それは自分も感じている
「けいおん!」や「Don't say "lazy"」の精神的後継者とかなんとかいう評価を聞いていたのだが
楽しめているからこの作品に出会えたこと自体は良いんだけど……

「けいおん!」みたいなゆるい日常系、ソフト百合解釈できそうな展開もある作品を期待したら非社交キャラの独白ネタが続いて困惑している自分みたいなのもいるぞ!

大まかな所では同じカテゴリには入れられるんだが、芳文社の萌え作品くらいの括りまでだろうな

テーマがロックバンドで芳文社系の作品ではあるから同じように見えるけど、歌で世界を変える系のロボアニメの方がまだ近い気がしないでもない

全く違うと言ってしまうのもまた違うが「けいおん!」みたいな作品を見たい人に「ぼっち・ざ・ろっく!」を薦めるのも何か違う気がする

この話にはとても同意できる
「けいおん!」も悪い作品ではなく俺も普通に楽しめたけど、皆が「ぼっち・ざ・ろっく!」は「けいおん!」の精神的続編だとかなんとか言っているから見に行ったら全然違う!!と感じることになったよ

芳文社の作品でバンドがテーマだということで最初はネタ混じりの宣伝もあってそれがまだ残っているのがヤヤコシイ所だ

ちょっと前に盛んだった「けいおん!」と関連させてのアピールはネタじゃなく本気の方が多かった気がするぞ
しかし10月新作だと「Do It Yourself!!」の方がよほど「けいおん!」に近い……でもDIYの方は正規配信無いようだし、bilibiliが推してる「ぼっち・ざ・ろっく!」の方が目に入って混同されてヤヤコシイことになっている模様

「ぼっち・ざ・ろっく!」の作者は「けいおん!」を意識しているし、そこから外れるように意図的に作ってるらしいな

私は最初主人公のぼっちちゃんが学校の軽音部に入ると思ってたし、その後もずっとバンド組んだ4人が軽音楽部を作る話になるのだろうと思っていたよ!

私も「ぼっち・ざ・ろっく!」を過去の作品で例えるなら何か?というので「けいおん!」は無いと感じるようになった
あえて言うなら「ゆるキャン△」だろうか?

こういう話のネタが出てくるのも「ぼっち・ざ・ろっく!」のクオリティが高いからなんだろう。
しかし正直に言えば「けいおん!」的な作品だと紹介されて見始めたから複雑な気分にはなる。

結局、主な共通点って「高校生バンド」ということくらいだよな……

「けいおん!」は日本の学校の部活と学校生活がメインだけど「ぼっち・ざ・ろっく!」はライブハウスとバンドの活動がメインだ。
「ぼっち・ざ・ろっく!」も芳文社系作品のゆるい萌え系な空気はあるけど努力してバンドで成功する、プロになる(学校やめる)という目標があるので話が進むほど違う印象になってくる。

バンド活動もだけど、私は主人公の内向的で社交能力皆無なキャラクターと動機、承認欲求の強さが「けいおん!」と比べて結構な威力の毒になっているようにも感じるね。

理解できる。その部分がこっちで合わない人が出ている原因にもなっていると思う。
それに学校が舞台ではなくライブハウスが舞台という時点でかなり難しくなるというか、想像から外れるし楽器やりたくなるまではあっても、バンドやりたくなるになると一気に難しくなる。
あと日本語で言う所の「ぼっち」の思い出とか理解し難いネタがちょくちょく入るけどこれも共感し難い所がある。

ぼっちに関しては日本ではすごい「あるある」ネタらしいし、ウチの国にも理解できる人はいるようなんだが……うーむ

主人公のこじらせ方が「けいおん!」とは大きく違う部分でもあるよね
そこだけ切り取ると「エヴァ」に近いとか思えてきたり

日本だと軽音楽のバンドが一般的でアニメに散りばめられたネタも実感をもって受け止められているようだけどこっちの感覚では調べないと分からない所も少なくない
アニメも楽曲もライブシーンの質も高いから何となく楽しんで見てはいられるんだが

そもそも日本で二十世紀から続くバンド文化とロックネタがベースだから「けいおん!」的な方だけで考えていくとかなり見落としが出るのだろうね

ロックと言えば、この作品に関する話を見ていて疑問が出てきたんだが、もしかして「けいおん!」の歌ってロックではなかったりするの?
皆の話題や評価を追いかけているとそんな風に感じるんだが……俺は10年以上勘違いしていたのか?

ロックの定義はさておき、「ぼっち・ざ・ろっく!」はファンの話題で楽曲の評価関連で人気だけでなくロックとしてどうなのかとかでもゴタゴタしているのが結構珍しいな

この作品の歌に対するロック好きの評価を見ると自分の好きになった「ギターと孤独と蒼い惑星」よりも「あのバンド」の方が評価高いとされている。どうやら俺は良いロックの曲は好きじゃなかったようだ……

場所によってはどっちの曲が良いか、ロックなのかで荒れたりしているから気になるのかもしれないが、好みの違いくらいのもんじゃないかなあ
そういうのは話す時期や話す人とかでいくらでも変わるから気にしないでいい

俺の中のロックのイメージなんて長髪の男が大音量のメタルサウンドと共に叫んでいるというレベル、日本のロックと欧米のロックの違いも全く分からないけど普通に楽しめているから大丈夫だ!

私はロック好きだし個人的には「ギターと孤独と蒼い惑星」と「あのバンド」だと「あのバンド」の方が好みだったけど、明確な差があると感じたわけでは無く好みの差くらいだったからそんなに気にしないでも……それにロックの定義はかなり広いものだから好みに合わない曲=ロックが合わないと決めつけないでも良いと思うよ

そもそもロック要素に関しては音楽以外ではキャラや犬の名前の元ネタが数少ないロック要素に思えるレベルだから作品側もそんなにハッキリと狙っているわけでは無いかと

「ぼっち・ざ・ろっく!」の楽曲の歌詞を見てみるとわりとロックに思える
ただ日本ではネタとして傍若無人な行動、奇行を「ロックだ」と言ったりするのでかなり雑に扱って良い概念っぽいし、「摇滚」(ロック)の定義を重視するこっちの考え方とは何かと違う気がしないでもない

オタクは正統性や上下にこだわりたがるんだろうけど「ロック」の範囲は複雑で広いから決着をつけるのは難しいんじゃないか
そもそも「正しいロック」を求めるのってロックの精神に反すると思うんだが……

ロックについてはさておき、楽曲を「けいおん!」的に考える、「God knows」、「Don't say "lazy"」の流れとかで理解しようとするのも作品評価が混乱する原因になってるな
あと二次元的な題材として学校の部活はまだ良いんだが、ライブハウスになると知識と実感の間がかなり遠くなるように感じる

ウチの国では学校でバンドやる、それが大人気になると周りにチヤホヤされるというのが実感としてよく分からないからね
高校でそんなことやってる暇ないし、大学受験失敗したら人生ドロップアウトだから高校でクラスメートに人気になってもすぐに意味が無くなるというのが頭に浮かんでしまう

南方だと違うのかもしれないが、俺の地元だと学生のバンド活動に関しては全く縁がないし俺の中には雑知識によるイメージしかない

昔「我為歌狂」というバンドネタの国産アニメが作られたこともあったんだけどね……ウチの国だとそういう場所もだけどロック自体が規制受けて一度ほぼ消えてしまったから今の学生にとっては遠いものになっているのだろう

オタクにも世代交代が発生しているし知識が継承されているとは限らない。「けいおん!」はもう13年前で「涼宮ハルヒ」のアニメは15年以上前だ、あの当時ウチの国のオタクの間に広まった日本の学生とバンドに関する知識はかなり消えてしまった

そうなんだよ……だから「ぼっち・ざ・ろっく!」の受け止め方、ロックの受け止め方の違いがそこかしこで発生するのも当然なのかもしれない
それにしても二次元経由でこっちに入ってくる日本のロックは政治性が無いから安心して楽しめるのは良いんだが、しよく考えたら何とも言えない気分になる



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈の作品の受け止め方に関する話がイロイロと出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方とのやり取りでは
「バンドについては問題無いのですが主人公のぼっちネタが分かり難いです……」
などといった話もありましたしその後
「ぼっちネタに共感し難いのは中国のオタクは日本のオタクと比べて積極的な人の割合が高いからなのかもしれません。中国でも社交能力の欠如やリア充ではない自分を嘆く声は多いのですが」

「押しの強さ、積極性に関しては中国社会と日本社会の違いもあるかもしれません。他にも中国ではオタク文化が外国から来た若い世代の先進的なカルチャー的な扱いだった時期が長いので、中国のオタクは自信をもって積極的に動いてアピールする人の割合が高くなっている可能性も考えられます」

などといった話もありました。

人気になった作品は反応の数も多くなるので中国独自の反応も目立つようになったりするのですが、「ぼっち・ざ・ろっく!」に関しては他の人気作品と比べても独自の反応が出ている部分が多いように感じられます。作品と一緒にその辺りについても引き続き追いかけていきたいですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。