ありがたいことに以前いただいた質問に関する答えも混じってそうなネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

原作のある作品のアニメ化に関しては原作と違う部分が良くも悪くも注目されますが、中国オタク界隈でも原作付きのアニメに関しては原作との違い、オリジナル要素やアニメ独自の解釈などが大きな話題になっています。またそれが作品の評価にもかなり影響しているそうです。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「原作に忠実ではないが面白い、認められているアニメは」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


原作に忠実じゃないけど面白い、認められているアニメを教えてくれないか?
最近原作に忠実じゃないアニメによってダメージを受けているのでつらいんだ

気持ちは分かる。この所、ちょっと厳し過ぎる作品が続いているからな……
とりあえず京アニ作品は原作無視でアニメ作って成功している作品ばかりだ

「チェンソーマン」のアニメがダメでガッカリしたが、真の絶望はそれではなく近年の国産アニメ最大の期待作だった「三体」のアニメの方だった……
ああ、そうだ。ジブリアニメというか宮崎駿は原作無視して勝手に話を作って原作を超える評価を獲得してしまうから原作が好きな人からすれば結構困った存在らしい。

自分が思い付いたのは「るろうに剣心」の追憶編だけど、あれは原作者も関わっているからちょっと違うか?
「三体」に関しては……原作が一流の小説だと映像化は逆に難しい、原作が二流三流の小説の方が一流の映像作品が生まれるというネタを実感してしまった

宮崎駿ほどじゃないが新房昭之も監督作品で原作に忠実じゃないけど評価される作品を結構作っている
もちろんダメだった作品もある

監督個人の作風が原作ファンの好みやその時代の視聴者の好みと合っている場合、或いは監督の方が原作よりも圧倒的に有名で評価も高い場合は原作に忠実でなくても面白い、良い作品だという評価になるんじゃないかな

監督にも向き不向きがあるからね
過去にアニメオリジナル展開や設定解釈の魔改造アリで成功した作品がある監督でも、そのセンスと手法が別ジャンルで評価される、ファンに歓迎されるとは限らない
例えば恋愛モノに限っても文芸方向なのか恋愛関係が流動的なのか甘さと萌えが欲しいのかで全然違うし原作に無いオリジナル要素や改変を入れて喜ばれる箇所が異なる

このテーマで監督関連といえば「攻殻機動隊」や「劇場版機動警察パトレイバー」などをはじめとする押井守作品
10年くらい前のオタク界隈では原作破壊といえば押井守だった

「パトレイバー」は原作の扱いが特殊だからこのテーマに入れるのはちょっと違うのでは
どちらも原作と言えるアニメ、マンガとも違う押井守作品にしてしまったという意味ではそうなのかもしれないが

「攻殻機動隊」はTVアニメも劇場版も原作マンガと違うけど原作含めてどれも評価高いよね

作品でなら「銀魂」とか?
原作通りにやるとアニメでは尺が足りなくなるから各種ネタ、悪ふざけを放り込んだり声優のアドリブで話を持たせたりしていたが作品としてはそれでも大人気になった

最近のリメイクに付いては何とも言えないが「中華一番!」はアニメ版の方が良いと思っている人の方が多い気がする
私はアニメを見た後に原作を読んだのでちょっと微妙な気分になった

あまり目立たなかったけど「中華一番!」はリメイク版のアニメも悪くは無いよ
原作は今の時代の感覚、大人になってからの知識で見ても少々厳しいし

ゲッターロボやマジンガーZはどれが「忠実にやるべき原作」なのかがよく分からないのでファンは原作とか気にしなくなっています。重要なのはマジンガーZやゲッターとしてカッコイイかどうかです。

原作に忠実だから面白くなるわけではない、原作に忠実にやり過ぎて実写やアニメとしては微妙になることもあるからね。例えば「ジョジョの奇妙な冒険」の第四部の映画は忠実にやり過ぎて失敗した例。

「恋は雨上がりのように」はアニメ版のオリジナル要素で上手く原作を再構成していた
原作に忠実ではないが、原作よりも綺麗に終わっていて原作のラストに感じたモヤモヤも消えてくれた

「ゆるゆり」は原作に忠実ではない所の方が面白い
確か第三期からだったと思うが、原作に忠実にやるようになって盛り上がらなくなっていった……

あくまで個人的な意見だが、ラノベ原作で評価の高いアニメは程度の違いはあるがほぼ「原作に忠実ではないアニメ化」で成功した作品になっているように思う
原作そのままでやると無駄なエピソードがあって面白い部分に至るまでの話が長過ぎたり、挿絵に関してもサービス部分中心だから物語的には微妙だったりすることも多いから

ラノベじゃないが「四畳半神話大系」のアニメ化は原作に忠実じゃないけど成功した例だと思う。私は曖昧模糊とした原作がアニメでは分かりやすく面白い構成、演出になっていると感じたし、アニメによって作品の支持者は増えた。

こういう話題では必ず出てくると思うが、原作魔改造の成功作品ならばやはり「喰霊-零-」だろう。
第一話どころか、公式のプロモーションも含めて非常に攻めた作り方になっていて、それが人気になった

ふと思いついたが「血界戦線」のアニメはどうなんだっけ?
最初の頃はアニメ版の改変に関する評判は悪くなかったと記憶しているが、その後アニメオリジナル部分が良くないという話を聞くようにもなった

「血界戦線」のアニメ版の問題として、元々分かり難かった原作をアニメでは原作にある説明やエピソードを削ってしまったせいで更に分かり難くなってしまったというのがある。初心者も見に来てくれるアニメが原作より分かり難くなるのはちょっと……

まじめに答えるなら「鋼の錬金術師」だな
オリジナル展開の03年版も原作に忠実な09年版もどっちも評価は高い
私の周りでも03年版の方が好きだという人は多い

「WHITE ALBUM1」のアニメは原作とは違うが商業作品でありながら文芸的なアニメとして上手くまとまった作品になっている。原作ゲームも良作ではあるらしいが、さすがに古過ぎる上に当時のファンも散逸しているので原作ゲームに忠実にアニメ化しても成功しなかったと思う。

ネット小説のコミカライズではたまに漫画家の方が上手く行間を補完したり改変したりして成功するケースがある
アニメになった「解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ」は原作小説の雑な展開の所をコミカライズの際に絵の勢いとエロ要素による説得力を追加するなどして成功した
恐らく原作に忠実にやっていたら絶対にアニメまで行けなかった

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」も、量産型ネット小説をどうやって面白くするかをマンガで学べる作品になっている。この作品もマンガ版で強化されなければアニメまではいかなかっただろうね。あと1月新作の「冰剣の魔術師が世界を統べる」もマンガ版の出来の良さでアニメ化レースに勝ち残れた作品ではないかと。

最近のだと「ぼっち・ざ・ろっく!」はどうなの?「けいおん!」のようにアニメでかなり化けたと聞くが

「原作に忠実か」という意味ならとても忠実だからこのテーマに「ぼっち・ざ・ろっく!」は該当しないよ。あれは原作に忠実にアニメ化した上にアニメ独自の要素も加わって更に良い作品になったケースだよ。

「クロノクルセイド」は原作通りではないオリジナル展開でバッドエンドにしたアニメ版の方を評価する人もいる。私もまとまりが良くて凄みのあるアニメの方が好きだが、原作ファンが認められないのも理解はできる。
しかし「三体」はなあ……同じ原作者の短編小説原作の映画「流浪地球」が大成功しているからまた何とも言えない気分になる。

そう言えば「流浪地球」も別に原作に忠実なわけではない、原作はせいぜいアイデアの元ネタくらいだな。原作ファンからの反発もいまだに強い。
あと二次元じゃないけど西遊記や三国演義の映像化は原著に忠実にやっていないと見て良いだろう。どのバージョンでも現代向けのアレンジや監督の独自解釈はあるし、それに対する批判もあれば評価されて人気になっていることもある。

結局、原作に忠実じゃなくてもオリジナルや魔改造があってもその作品のファンが求めている方向と合っていれば、或いは既存のファンよりも多くの新規のファンを獲得できれば大きな問題にはならないんだろうね
この話題で挙がっている作品の中には今の感覚で見たら、それから今の環境で配信されたら不評がたくさん出そうなのもある

ここしばらくの間の原作付きアニメで上手くいかなかった作品は序盤で原作ファンから不満が多発していることが少なくない印象だ
あと国産作品に関しては原作に忠実でない場合、映画館で上映されるならともかくネットでは一般層の獲得よりも先にファン層からの不評によりスコアが下がってしまうので、初動でファン以外に話題になるとかでもなければ厳しいことになるかと



とまぁ、こんな感じで。
微妙な空気も漂う中でイロイロな作品の名前が出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「中国では『三体』のアニメのクオリティにガッカリしている、制作サイドに対する不満を爆発させている人がかなりいます。私も正直に言えば残念な出来だと感じています」

「『三体』のアニメに関しては監督が悪い、予算が少な過ぎたなどという批判も出ています。しかし個人的にはファンの脳内にある『三体の理想的なアニメ化』が強くなり過ぎている部分もあるのではないかと考えています。中国には『三体』の熱心なファンがとても多いですし、世界に誇れる作品だという認識の人も少なくありませんから」

などといった話もありました。
中国では「原作に忠実である」ことを求める傾向が日本と比べて更に強いという話もあるので、原作付き作品のアニメやドラマには何かと難しい部分が意識されるようになってきているのだとか。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。