年末年始〜春節の時期は毎年ネタ不足になりがちなのですが、ありがたいことに手頃なネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本の作品の定番要素、テンプレ的に見える部分に関する考察で盛り上がることも多いそうですが、中でもキャラクター設定やメンバー構成などは注目されがちな要素の一つなのだとか。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「日本の作品のメインキャラとしてよく出てくる金持ちキャラの役割」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の学生キャラグループには大体金持ちが混ざるが、あれは萌えではなく舞台装置としての役割が主な理由と見ていいのだろうか?

日本の学園モノでメインキャラのグループには金持ちがいるというアレか
金持ち系属性による人気狙いのケースもあるとは思うけど、自分の経験では舞台装置としての役割の方がずっと多い印象がある

金持ちキャラに関してはキャラクターの区別をつけやすい、話を動かしやすいというのが主な役割だろうね
制作側は「もし人気が出たらそれで良い」くらいじゃないか?制作側も別に不人気キャラを出したいわけでもないだろうが、特殊な設定でもなければ中心に配置する属性ではない

舞台装置的な金持ちキャラの役割は「ドラえもん」の時点で既に成立している日本の二次元の伝統だ

だが金持ちキャラは主人公にはなれないのが日本の作品の特徴でもある……

そうそう。日本の二次元は金持ち主人公、特に最初から金持ちで資本力を使って活躍するようなキャラは珍しいんだよね。
探せばいないわけではないが、探さないと見つからないくらいのレベルだ

金持ちキャラを作品の中心に置くとしたらヒロイン、いわゆる高嶺の花属性の一種という意味もあると思う。これは女性主人公の場合に出てくるイケメン王子様キャラについてもそうだろう。
あと二次元だと金持ちキャラも単純に膨大な資産を持っているだけなのから伝統的背景がある名家の地位をもったのまでいるから人気の傾向もイロイロとある

私がすぐに思いついたのは「けいおん!」「バカとテストと召喚獣」「氷菓」といった辺りだが自分の視聴傾向的にやはりヒロインが多い
でも舞台装置的なキャラというのも分かる

金があるキャラは色んなシチュエーションを財力によって作れるからな
未成年の少年少女中心になる日本の作品だと特に重要だ

日本の二次元特有の金持ちキャラの扱いの緩さ、ファンタジー的な空気もあるけど、それは舞台装置的な役割が求められることによるものでもあるのかね

自分の中では二次元に限らず日本の作品はドラマとかでも男が貧乏で女が金持ちのパターンが多くて、韓国の作品は逆に女が貧乏で男が金持ちといった印象になっている。
まぁこれは人気になっている作品に男性向けが多いか女性向けが多いかというのもありそうだが……あとこういう恋愛対象としてのキャラの場合は舞台装置的な役割はそこまで無いような気もする。

日本の作品だと学生キャラが多いから金持ちキャラの重要性も増すんだよ
夏休みや冬休みにずっと宿題していて外出する所もいつもと変わらない近所なんてストーリーをやっても意味がない
そこに金持ちキャラがいれば予算を気にせず特殊な場所に旅行へ行ける

金持ちキャラは日本だと「便利キャラ」とも言われているタイプだね
スネ夫が三人用の何かを自慢してのび太をのけ者にしないと話が始まらない回がどれだけあったか……!

作品によっては出ないこともある
例えば趣味要素の強い日常系では非現実的な金持ちキャラは邪魔になるし、不良系の作品でも金持ちキャラは扱いにくいのでかあまり出てこない

莫大な金の力で解決できてしまう、資金力による解決が読者の共感を得られないようなテーマの作品だと金持ちキャラは出さない方が良いんだろうね
ストーリーの都合を優先して困った状況で金を持っているのに使わない矛盾したキャラになってしまうこともあるだろうし

スポーツ系作品もトンデモ方向にいかないと金持ちキャラは出てこない
いたとしても親が裕福で部活の装備に困らないといった現実的なレベル

同意する。
スポーツ、特に部活系だと金持っているのはキャラじゃなくて学校になることが多い。ある意味ではチームというキャラ付けの一種とも言える。

二次元で普通の家の子供が普通に学校に通ってたまにカードゲームかネカフェかスマホのソシャゲで遊ぶ日々を送って工場に就職してこき使われるような一生を描写して何が面白いのかということだよ

「普通」「金持ちがいない」状態でも面白くする、評価される作品を作ることができないわけじゃないだろう
例えば「CLANNAD」のアニメは分かりやすく高校を出たら貧乏でこき使われる労働者になったというストーリーだった

「月刊少女野崎くん」も金持ち無しで少女漫画家を中心に下グダグダな学校生活を描写しているから面白くならないわけでは無いかと
金持ちキャラを投入した方が話を作りやすい、面白くしやすいケースも多いとは思うが

しかし金持ちが全部出すというのは不健康な考え方だと思う
金がある人間がおごればいいといった話を子供も見るアニメでやるのはどうなんだ?社会的にも批判されるだろ

日常的な消費で金持ちキャラが全部おごるという展開はあまりやっていないはず
金を出すのは別荘とかの金額が曖昧、想像できないようなことに関してだから大した問題ではないという考えなのでは
日本の二次元に出てくる金持ちってトンデモな規模な家も多いから金銭に関する生々しさが消えていることも多い

金持ちキャラがいないと海辺の別荘にいって水着回とかできない
主人公含むメイングループにはぜひ欲しいところだ!

上でも言われているけど趣味系作品に金持ちキャラを出すのは考えものだ
例えば「ゆるキャン△」のキャラはバイトしてキャンプの装備をそろえたが、もしそこに金持ちキャラで全部最高級のものを何もせずに揃えたとかになると台無しになってしまう
もちろん主人公達との対比で最高級装備で固める嫌味な金持ちキャラが出るような展開は珍しくないが「ゆるキャン△」でそれをやっても喜ばれない

趣味系は金持ちキャラは出ないけど趣味に金と時間を突っ込んでも許される、経済的にも教育方針的にもかなり余裕のあるキャラが多い気がする
二次元的なトンデモレベルの金持ちではなくても、主人公達は普段の生活や学費などは何も問題無い裕福な家、現実的なレベルで「金がある」と感じられるような家庭のキャラがね

親が長期出張により不在で一人暮らしなギャルゲー主人公とかもその類だろうな
そういう作品が多い中で「ヤマノススメ」はみんな金のある家の子供なのに一人だけ貧乏なのがいて不安になる

趣味のためのバイトということで話を作れるし人間関係も広げられるから、これもまた便利な展開の一つなのだろう

金が必要になる展開自体は普通に話のネタにできるからね
それに舞台を固定するなら別に学園モノでも金持ちキャラは入れなくてもいい

金持ちキャラは主人公、学校以外の世界から資源やキャラクターを持ち込む際の口実にできる
学校という閉じた世界が舞台になることの多い日本では何かと便利なのよ

逆に学生が金持ちばかりの貴族学校、名門校というパターンもある
こういう舞台では「S・A」や「かぐや様は告らせたい」のように主人公だけ一般人或いは貧乏人なことが多い

貧乏でキャラを立てるというのも一つの手段だから、使い方次第だ
もっとも金持ちキャラと違って貧乏キャラだと舞台装置的な役割はあまり期待できない

舞台装置的な役割だと金持ちじゃなければ何らかの権力者や特殊能力持ち(=資産家なことも多いが)になるかな
「涼宮ハルヒ」の古泉のように組織が背景というのも独特な説得力が出せて面白い

金持ちキャラはやはり話を動かす上での便利キャラなんだろう
作品によってはドラえもんや博士的な役割も兼ねていることがある

既に言及されているが金持ちキャラがいないと季節系のイベントを発生させにくい
海や山に学生だけで遊びに行くのは資金面でも安全管理面でも説得力を持たせるのが難しい

いくら日本はバイトができると言っても、高校生が「二次元でよくあるレベル」の豪華な旅行に行くのは現実的ではないからな
親の金やコネで行くというならいっそ超金持ちキャラにしてしまった方が逆に良いというわけだな

確か「名探偵コナン」の園子に関して、作者の方からとても便利なキャラだと評価する発言があったはず
実際彼女がいなければ米花町以外を舞台にするロジックに苦労しただろうね

推理系作品だと金持ちキャラは舞台を整える以外に社交的なコネの面でも使いやすそうだ
金持ちなので交友関係が広い、恨まれやすいということで被害者役或いはその関係者にしても良い

そう言えば金持ちなキャラを出してもそんなにヒドイ扱いではないのも日本の二次元における金持ちキャラの特徴では。もちろん傲慢で主人公に嫌がらせをしてくるキャラなこともあるが、スネ夫レベルだったりギャグも混じったり、やり返されたりするので本気で嫌われるようなのは少ない。
推理系作品だとさすがにヒドイ金持ちも多いが

言われてみれば俺も日本の悪役キャラは資本力よりも地位と権力による悪行が多い印象があるかな……この辺については日本社会における悪人のイメージの方向性も出ているのだろうか?ウチの国ほど金持ちや商売人が悪だと見做されていないようだし

作品次第ではあるが昔から「攻略対象」として金持ちキャラは人気があったわけだし、人気になるのを期待されている面はあるはず
しかしそれとは別に、攻略対象ではあっても金持ちキャラである以上舞台装置的な役割、夏の水着回や冬の温泉回のサービスシーンを成立させる際の役割はまわってくる。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈におけるイメージも含めてイロイロな話が出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「日本の金持ちキャラは存在がファンタジー的でネタ扱いになっているのもあってか、二次元のネタとして割り切って受け止められるキャラも多いですね」

「現実的な金持ちで現実的な消費活動をやるキャラの場合、見ている側からはツッコミや批判が出そうに思えますから非現実的に極端な設定の方が逆に安全そうなのは理解できます」

などといった話もありました。
金持ちキャラの扱い、テンプレの方向性などに関する日中の違いについては私もあまり意識したことは無かったので、この記事をまとめているうちにイロイロと気になってきました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。