ありがたいことに節分に合わせられそうなネタを教えていただいたのに、管理人がインフルエンザでぐだぐだになり忘れてしまったネタがありますので今回はそれについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「うる星やつらのリメイク版アニメの評価」
などといったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


うる星やつらのリメイク版アニメの評価がイマイチなのは何故だろう?
近年のリメイクの中では間違いなく上位に来るような、予算があって誠実に作られた作品だと思うんだが……

さすがに元ネタが古過ぎたのかね
クオリティ的には間違いなく良いしリメイクアニメの中でも運の良い方だと思うんだが

ウチの国のオタクに関しては「うる星やつら」は知識として知っていても実感のある人間がいないという問題が
アニメが始まったのって1981年、原作は更にその前だからウチの国のオタクの一番上の世代がようやく生まれたかどうかだぞ?

いないわけじゃないけど、オタクとしての認識、知識があるのって概ね80後以降の世代だからね
昔々だと香港のTVでやっているのを見た人がいるかも?くらいかな

時代を考えていくと「うる星やつら」を見て影響を受けた日本のクリエイターの作品とかをオタクになる際に見ているとかで、直接的な体験や感情移入は無いと思う
あまりにも有名な作品とキャラだから知らない人はないだろうけどね。うろ覚えだが、そもそも露出度高過ぎて海賊版マンガもあまり売られてなかったような気がする(同じ作者の作品なら「らんま1/2」の方が人気高かったというのもありそうだけど)

高橋留美子作品の場合、こっちだと「作品を追いかけた経験がある」大人気作品は「犬夜叉」からなのであまり盛り上がらないのは理解できるけど、日本でもそんなに盛り上がってない或いは好意的な意見を見かけないのは正直意外だった

作品評価はともかく、今の時代に「うる星やつら」の主人公を気に入る人は少ないだろうし新作枠として目立つような人気と盛り上がりを期待するのは無理だと思う

中国国内で人気にならない方が良い
諸星あたるのようなキャラは社会的な批判でつるし上げになりかねん
「無職転生」のパウロの大炎上は皆まだ覚えているだろう?

日本はまだマシだよ
中国は本当に深刻な熱量不足だ……「封神演義」のアニメ化を待ち望んでいる俺からしてみればなんて贅沢なんだと文句言いたくなる!

日本のネットだとそれなりに話題になっているし、新聞に大きな広告を出すなど公式の動きも活発だからね。なんだかんだで日本の国民的なIPとして扱われているのは見て取れる。

こっちだと女性作者でハーレム系作品というだけで見る人間いなくなるからね。

おーい……高橋留美子先生の作品は「らんま1/2」も「犬夜叉」も大人気になっているんだが?ただ「うる星やつら」は昔過ぎてネタやキャラが古いと感じてしまう所はあるかも……

日本では公式の宣伝は目立つんだけど評価は微妙。
リメイク版「うる星やつら」に関してはむしろウチの国の方が評価は高い気がするな……「理想的な高品質のリメイク」とか言われているし。

ウチの国だと正規配信結局無しだったから話題の多さに関してはどうにもならんが、マニア層でわざわざ見に行っている連中の評価は高いと思うよ。
リメイクってわけじゃないが「半妖の夜叉姫」と比べると「うる星やつら」を羨ましく感じることもある

しかし正規ルートで配信した場合は批判によってヒドイことになりそうだしなあ
知名度は間違いなく高いし一般向けという意味ではこっちでも強そうだったのに……

満ち足りた経費で作られた画面に豪華な声優陣、リメイクアニメとしてはある種の理想形だよね
昔の作品なのに現代の審美眼でも普通に見れる

しかし新作版は綺麗過ぎるというか、原作にあった混沌さが消えているような……悪い部分は無いけど現代向けとして尖った部分が無いし盛り上がりに欠けるのも何となく理解できてしまう

俺も知り合いの濃いオタから「ビューティフル・ドリーマー」からのイメージを期待していると肩透かしを食らうという評価は聞いたが……

リメイク版は声優を一新しちゃったせいで印象が薄くなったのでは。旧作のアニメは声優の特徴や暴走によるパワーもあったわけだし。

声優の評価自体はリメイク版も悪くないし、かなり旧作の演技に寄せている。恐らく昔の声優そのまま継続した方が失敗していたと思う。

同意。例えば旧作の方では田中真弓が男装ヒロインの藤波竜之介演じてたりするけど、たぶん私が今の感覚で聴いたらルフィと混ざって萌えられない可能性が高い……

アニメの出来は良いし原作を尊重した作りになっているし悪い作品ではないはず
しかしなんだか乗り切れない感じはあるんだよな……うーむ

「盛り上がりに欠ける」という点に関してはやはり話題性の不足、続きが分からないことによる考察や討論の余地がないのは厳しいと思う
それに加えて原作の古さというマイナスも加わるわけだからね。

新作版「うる星やつら」に関しては極端な言い方をしてしまえば現代のアニメ視聴者にとっては「退屈」な作品なんだと思う
これは「うる星やつら」に限った話ではなく、後世に大きな影響を与えた作品は多かれ少なかれフォロワー的な作品や表現の増加によってその後の時代の作品と比べて洗練されていないありふれた物になってしまうわけだからな

しかし昔の名作のリメイクでも現代で普通に高評価を獲得することはあるんだよね。例えば「寄生獣」とかがそうだったし、私は運というか巡り合わせによる所もかなりあると思う。

寄生獣は中国では評価高いけど日本ではパッとしない感じだったね。実写版も中国国内画上映されていたし当時の扱いはかなり良かった気がする。
「うる星やつら」も「寄生獣」のような展開のされ方だったなら……?

どうだろう?
「寄生獣」のアニメも10年近くの話になる。当時と今ではアニメ視聴者の方向性もネット環境もかなり変わっているから何とも言えない。

「うる星やつら」のようなドタバタラブコメ作品が現代ではあまり需要が無いというのはあるかな?
日常系とは違うしツッコミ系でも無い。個人的には嫌いじゃないけど需要が見えない。

リメイク作品の人気や評価に関して新規ファンを獲得できるかと、古参ファンからの評価が良いかという二つの要素がある。「うる星やつら」は古参ファンからの評価がパッとしないのが問題
これは恐らく思い出補正が強過ぎるのと、昔過ぎてIPの支持者がオタクとしての元気がないというのが原因ではないかと

「ダイの大冒険」でも旧作ファン世代はかなり歳をとっていたし「うる星やつら」だと更に前、80年代だからな。正直に言えば俺も具体的には想像できないくらいの年代だ。

例えとしては庵野秀明がアニメーターの活動を始めたくらいの時期だね
庵野秀明は大学生時代に初代マクロスのアニメから現場に参加していたらしい
確か「うる星」のアニメの作画にも参加していたはず

以前リメイク版は原作重視し過ぎて守りに入っているという評価を見たが、何となく俺はそれに納得してしまった
原作の評価が高い上にアニメの魔改造が許容されないというのも元気の無さにつながっているのでは
ただ旧作版の押井守みたいなことを今の時代にやるわけにもいかないだろうし、もし現在の押井守にやらせたとしても成功しそうにないからなあ……

テンプレ展開、萌え属性の原典みたいなキャラはいるんだけど現代だとそれが更に複雑化して、感情を揺さぶる追加要素が入っているからね
現代の感覚で見ると萌えの薄さを感じるのは仕方がない

ラムのビキニも昔は衝撃的だったんだろうけど、今の感覚で見るとそこまでの衝撃は無いし、落ち物系美少女としての歴史的価値は分かっても感情的な萌えの衝動はそんなでもない
言っては何だが自分にとっては「勉強のために見る」アニメになっているかもしれない



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈における見方も含めてイロイロな話が出ていました。

ちなみに今回のネタを教えてくれた方からは
「うる星やつらは中国でも非常に有名な作品ですし、露出度が高過ぎるヒロインが分かりやすく出てきますし、主人公のあたるの好色な性格も現代中国では何かと価値観の問題に引っかかります」

「実際に見たらそうでもないというのは理解できるのですが、批判する人は作品をきちんと見て理解しようとはせずに動画などで誇張された話題に乗っかるので作品が理解してもらえるのは期待できません……言ってみればうる星やつらは中国国内では批判されるリスクだけはとても高い作品になってしまうと思います」

などといった話もありました。
やはりと言うかなんというか、「うる星やつら」に関して現在の中国では何かと難しくなってしまうのでしょうね……

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。