ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

いわゆる「擬人化」ネタに関しては中国でもミリタリー系を中心に国産作品が盛り上がっていることもあってか、中国オタク界隈でも擬人化が二次元における定番要素として認識されているそうですし、それに関する議論や考察が盛り上がることもあるのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで粉われていた
「擬人化ネタの流行りとその終わり」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


一時期流行った二次元の擬人化も、そろそろ終わりだろうか?
近頃はそういう話を聞かなくなってきたけどまだやってない有望なネタや近頃当たった擬人化ネタってある?

「ウマ娘」の大当たりが凄かったけど、考えてみればその後に続く擬人化ネタの当たりは無いかもしれない

ジャンルを創る、模倣が出るようなのはもう出ないんじゃないかな
「ウマ娘」に関しても結局大人気になったのは日本だけだし「艦これ」のようなジャンル形成、フォロワーは出ていないように見える

現在の環境で勝負するならキャラの量産ができるだけでなく、ストーリー性もあるネタの擬人化でなければ厳しい

擬人化の元ネタには数、歴史、ストーリー性が重要といった見方は以前からあったけどオタク向けにアレンジすることの上手下手もあるからなあ

珍しさ、前例が無いだけで選ぶと上手くいかない
それをソシャゲ向きに加工できるか、アニメやマンガ向けに加工できるかは別問題

アニメは当たった後の話になるし基本的に考慮しないでも良いのでは?
アニメに関しては「艦これ」も最初から失敗しているし、「ウマ娘」でさえ第三期でゲームネタと元ネタとアニメの構成を明らかに失敗していた

あとやってないのは電子製品とかハードウェアネタとか?家電擬人化がこけたのは知っている

PC関連ではOS擬人化とかもあったけど、ハードウェアに限らず企業が絡むネタで商業展開するのは無理だろう。
基本的に一般常識レベルの存在で、商標問題が発生しないネタじゃなければ扱えない。趣味でやっていてもイメージに影響が出るなら潰される。

日常的なのだと車とか、ミリタリー系だと戦車や戦闘機とか当たりにできるネタだと思うのだが

ミリタリー系はそう考えて始まったと思われる様々な企画が「艦これ」の後に出たけど……兵器系で続いているのって国産の「ドールズフロントライン」くらいじゃないか?

戦車関連は何か当たったのがあった気がするが思い出せない

日常的なもので擬人化できそうなのだと鉄道の擬人化がまだ無かった気がする
車両や路線の種類も多いし歴史も長いからエピソードも豊富だ

鉄道は中国に入ってきていないだけで日本では老舗の二次元ソシャゲとして「駅メモ」がかなり続いているはず

「駅メモ」を調べたら現実の駅と連動した位置情報ゲームなのか。これは商売としては手堅いけどジャンル外に飛び出すのも、日本国外でのサービスも難しそうだな
そして10年続いている……これは「艦これ」後の擬人化大爆発を生き延びた作品なのか?

二次元の擬人化に必要な量も元ネタも身近さも備えているはずの書籍の擬人化ネタとかどこかで爆発しないかと思っていたんだが、結局爆発しなかったな
ネタにされていないわけではないんだが

日本の二次元だけでなく韓国でも「Limbus_Company」とかがあったし失敗していない作品はあるんだろうけどね

その辺りのジャンルとしては作家ネタが「文豪とアルケミスト」で爆発している。作家をモチーフにしたキャラデザインだから厳密には擬人化ではないが、ある意味では書籍擬人化の上位互換
作者と制作物をセットにした方が強いということなのかもしれない

音楽なんかはどうなの?クラシック音楽は世界観的にも有利だし、昔の流行歌やロックの名曲なんかも良さそう

現代音楽の名曲は版権がガチガチに固まっているし、ミュージシャン自身やそのファンだっているメインカルチャーな音楽とサブカルでオタク向けの二次元ネタは相性が悪いなんてもんじゃない

そっちの方向だとボカロ曲を使ったり、人気の歌をアイドルキャラ(つまり声優に歌わせる)にカバーさせる形で活用されている
ポップスの擬人化ネタが無いわけではないだろうけど、商売として成立するのはこの辺だろう

音楽は擬人化するよりアイドル出した方が良いということになっているのかもね
過去にクラシックや作曲家ネタのソシャゲも出たけど長続きしなかった

そもそもクラシックは一般庶民にとっては遠い存在だし名前と演奏をセットで思い出せる曲は少ないし思い入れも無いから金を出す動機としては弱すぎる
結局は元ネタの支持層が二次元オタクと重なっている或いは相性がいい、ソシャゲユーザーと重なっているのが無ければ厳しいんじゃないかね

上で出ている書籍ネタもそれに近いのかもな……
「文豪とアルケミスト」に関しては元ネタの作家のキャラが濃い、現実での関係性や執筆活動における影響なども使えるのが強いと聞いたことがある

上でも言われているが、車の擬人化は行けると思うんだが……「カーズ」みたいなキャラ付けしたアニメだってある

車はソシャゲでレースものはできない、カード集めだけで人気になれるのか?と考えたが「ウマ娘」がレースやってるからデザイン次第ではいけるような気もしてきた。

でも車は実名出せるかが怪しいから無理じゃないか?
過去に無許可でやったのはあるようだが

車はそれが刺さる層相手にやるなら公式実名でやらないとダメだろうし、企業側が自分の所の看板車種でソシャゲに金を吸い上げさせるのを許容するとは思えん
馬の名前の使用に許可は必要ないという判例が出ているウマ娘でさえ馬主に許可を取っているくらいだから自動車メーカーに無許可で商業ゲームは無理筋だろう

そして調べたら「レーシング娘。」というのが既にDMMで制作されている
出ているイラストを見ても萌え擬人化に失敗しているしダメだったんだな……

擬人化萌えソシャゲに関してはDMM探せば使えそうなものは大体使われているのが分かるよ。確か音楽家、音楽ネタのもあったはず
またその多くが既にサービス終了というのも見て取れる

車の擬人化で企業公式で実在の車も登場する「車なご」というゲームは出ていたらしい
今調べてもほぼ情報が出てこないのはそういうことなんだろうけどね!

大当たりした「艦これ」や「ウマ娘」を見てもミリタリーオタク、競馬文化といった鉱脈、前提条件が存在したわけで……
上で出ている「駅メモ」もオタクと相性良かったのではないかと。日本には二次元系のオタクよりも歴史が古く根強い勢力のある鉄道オタクが存在すると聞く。

地域、地名、城などは観光地とのコラボもできて強いと聞く
「艦これ」の人気で始まったのが明らかな「城プロ」もリダイブ挟んでいるけどかなり長く続いている

ソシャゲではなく二次元全般になっているがずんだもんと東北ずん子のプロジェクトは日本の二次元系の地域振興ネタにおける代表的な成功例だね
日本のオタク界隈でもネタとして定着するレベルの成功を収めている模様

地名ならともかく、宇宙の星や星座ではダメかな……

擬人化が神話ネタになりそうだし、それだったらFGOのサーヴァントとかの方が良さそうだからねえ

擬人化が流行った理由の一つがキャラの量産が容易というのがあったけど、現代では二次元絵の量産にAIが入ってきたから擬人化はコスパが悪くなっているという見方もできる
元ネタが無いタイプはAIが苦手だし、それなら歴史人物など既に「娘化」の前例があるテーマの方が楽だ

なるほど、理解できる話だ
人気の作品やキャラからパクるというかテーマを決めて量産する、そこから更に派生パターンを量産する方が簡単だよね

艦これからの艦船擬人化は美少女に武器載せれば良いだけなので模倣しやすい、ソシャゲ業者が発注しやすい、美少女部分でバリエーションを出しやすいというのもあったからな
AIで美少女部分の下限が上がって量産可能ならそっちを強調した方が良い

環境の変化ということなら求められるゲームのレベルが上がって開発運営費用も急上昇しているという事情もある
「ウマ娘」はトゥーン系の3Dモデルとして世代交代をさせたソシャゲのAAA、ライブシーンとかまさに「以前」と「以後」だ

ソシャゲにも資本力が必要とされる時代になっているし現代の環境では「擬人化」頼りの企画、アイデア勝負はもう無理なのかもしれない
「艦これ」は当時の環境だから歓迎されたわけだし現代の環境では価値があるのは昔から続く「艦これ」だけで同レベルで模倣したゲームに価値は無い

ストーリー性が必要になった時点で世界観やキャラクター設定などの深さも求められるようになるので、元ネタ由来のキャラの数という物量で押す擬人化ジャンルを拡大するのは難しくなっている気がする
「ウマ娘」も人気が爆発はしたけど模倣する後発作品は出ていないわけだしね

古くはSFが一般化していったし、近年はハーレム要素が薄れるのと見せ方の変化でサブ属性になりつつある
今度アニメ化される「ブルーアーカイブ」も擬人化系作品っぽい所はあるが神話モチーフだから伝奇系、中二病系が近いし単純なハーレム系ではなくマスターラブ系の方向になっているなど昔の人気ジャンルの再アレンジが混じる人気作品も目に付く。
単純な擬人化はもう厳しいだろうけど、サブ属性として活用する人気作品は今後も出てくる可能性はあると思う。

他に考えられるのは元ネタのIPが強い作品だろうか。
ディズニーの「ツイステッドワンダーランド」は女性向けの改変も上手いが、元ネタの知名度も圧倒的に強い

今はキャラを長期的に売る、話題性で煽って売るにはキャラの性能と絵だけでなく、ソシャゲであってもストーリーと設定も欲しい。
しかし長編ストーリーを作る上での世界観が擬人化ネタだと難しくなるという問題が見えてきている。国産ソシャゲもミリタリー系擬人化キャラは量産できて当たりも出せたが、ストーリーや世界観ではイマイチなままで後発に抜かれて存在感が……



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈の認識も含めてイロイロな話が出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「中国でミリタリー系擬人化ゲームが大人気になりジャンルが形成された理由としては、日本市場で例えるならエロゲーと家庭用ゲームと同人ゲームの需要を満たす作品だったので稼げたという事情が有ります。当時は手軽に遊べる中国語のゲームが本当に不足していました」

「原神が大ヒットして以降、中国のゲーム業界では原神のような作品を作ろうとする動きがたくさん出ていますが開発費の上昇と景気の悪化、そこに規制が重なってとても難しい状況になっています。現在の環境では擬人化ネタのゲームで手軽に稼ぐというのはもう無理でしょう」

などといった話もありました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

それから管理人の艦これのイベント状況に関する質問をいただいておりますが、お陰様で今回は甲でクリアすることができました。オリョクル時代に鍛えた潜水艦組が特効で活躍してくれたのがありがたかったですね。
ただ今回は掘りの運に見放されているようで、伊36がまだ出ません。現在攻略以外の周回がE2で約50回、その後E1で約60回。E1ならドロップ率5%弱らしいのですが……