ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではアニメと原作の違い、アニメ化の際の表現の良し悪しなどに関して日本以上に議論が熱くなりやすいといった話もあります。そして近年の中国では中国産外国産問わずいわゆる二次元系のソシャゲの存在感が増していることもあってか、ソシャゲ原作系のアニメに関する話題も増えているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「二次元ソシャゲのアニメ化で原作主人公はどう扱えばいいのか」
などといったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


二次元ソシャゲ原作アニメの主人公キャラはどうすればいいのか
アニメ化した際にマイナス要素になる主人公は珍しくない

ソシャゲの主人公の扱いに関しては「艦これ」のアニメから続く伝統的な問題だよね
それが原因で作品の構成が変になってアニメの印象が悪くなったりする

ゲームの主人公に関しては恐らくその前のギャルゲー原作アニメの時代から問題としては存在する
ギャルゲーは基本的にヒロインの魅力で勝負する作品で主人公はプレイヤーが自己投影する無個性というか平凡なキャラになりがちだった
しかし主人公の一人称視点で進むゲームならともかく、三人称視点の主人公キャラとして画面に出すと扱いに困る、感情移入できないダメなキャラになるなど問題が頻発した

ギャルゲー原作だと更にルート分岐によるヒロイン選択の説得力まで必要だから大変だったな
「アマガミ」なんかはそこを割り切って全ヒロイン個別ルートでアニメ化したが、二次元ソシャゲ原作アニメはまだそういう割切りが出来ないのだろうか?

ソシャゲアニメの主人公については「神撃のバハムート」が世界観同じでアニメのオリジナル主人公、ゲームの方からキャラだけ持ってきて独自のストーリー展開という割切り方でやっている。もっとも第一期は良かったが第二期は迷走してしまったが。
この作品に限らずcygames系のアニメを見ると主人公問題を解決してもアニメとして成功するかはまた別の問題だということが分かる。

ある程度は世界観の説明もしないと新規は分からないけど、ソシャゲでは主人公がその世界の入り口として有用ではないのがな……
原作にチュートリアルがあってもそれは概ねシステムの説明だから特に面白い部分では無いし、そのチュートリアル通りにやったらアニメの尺が足りなくなる

結局はアニメ制作スタッフの問題だろ
俺の「ラブライブ!」は全く問題無かったのだから

「ラブライブ!」は最初からキャラ特化で主人公無しでいけたからな
アイドル系はソシャゲの主人公ではなくアイドルキャラを中心というか主人公にして話を作れる世界観なのがアニメにする上では有利なのだろう

ソシャゲの主人公に関しては「アイマス」がプロデューサーをアニオリキャラでやってファンに受け入れられているし、絶対に無理ではないと思っていたが言われてみればアイドル系作品は設定的にアニメ化に強そうだなあ

「アイマス」はアニメの主人公の扱いが上手いよな。
原作ゲームの「プロデューサー」のふわっとした業務範囲をプロデューサーとマネージャーを組み合わせたような所に上手く落とし込んで、メインのアイドルの活躍をうばうような出しゃばり方もしない。

アイドル以外にもたぶんスポーツ要素というかキャラ同士の競争がある作品でもいけると思う。「ウマ娘」もアニメやマンガの当たり外れはあるけど原作主人公問題については発生していない
問題は戦闘系だ

戦闘で主人公が役立たずに見える、ヒロインだけ戦わせているように見えるのが……これはギャルゲー時代とは違う、キャラカード収集して戦いがちな二次元ソシャゲにありがちな問題だろうか

その辺に関してアニメオリジナルで上手くやれないのだろうか?

ソシャゲの戦闘ってなんかよく分からん派手なエフェクトや光線が飛び交って顔面アップのカットインが入るとかだから……完全に0ではないが参考にできる「画」が少ないので「オリジナル」でやらないといけない部分が多過ぎる
だから脚本も絵コンテも主人公のカッコイイ戦い方まで考える余裕は無いんだと思う

アニメで視聴者の反応が出るまで主人公問題を意識していなかったと思われる作品も結構あるしな

そもそもアニメで描写されるような小規模作戦の指揮を上手く描くのは難しい

戦闘力がないくせに前線にいるのがおかしい
指揮所や指揮車両にいてスクリーンとヘッドセット装備、ファンタジー系なら魔法通信能力とかじゃダメなのか?

そこは原作だと大体現場にいる
そうでなければストーリーに主人公が参加し難いんだよ

最初から主人公出さないとかじゃダメなの?
原作はキャラに課金しているんだからキャラの方を出せばファンの要求は満たせると思うのだが

主人公出さなくてもそれはそれで失敗の理由になる
主人公がいないとソシャゲのキャラの感情表現ネタがかなり減るし、主人公の存在感が目立つ作品も少なくないので下手に削ると世界観が崩壊する

部下が超人ばかりの一般能力指揮官って難しいよな……

ソシャゲ原作アニメ主人公問題は「ブルーアーカイブ」でまた再燃したが、「FGO」の時も何かとツッコミの対象になっていたように記憶している
ゲームを遊んでいる分には主人公が一般人で部下に超人キャラがたくさんという設定でも気にならないけどアニメの視点で提示されると違和感が出てくるし、たぶん公式側も第三者の視点でどう表現すればいいのか分かってない所ばかりだと思う

「マギレコ」みたいに主人公の存在感が無いゲームなら主人公の存在感削ってメインキャラを主人公扱いでも良いんだけど、アニメ化まで行く二次元ソシャゲって主人公人気が高いことも多いから難しい

だから俺は主人公が最強な作品が好きなのさ!

主人公が最強だとソシャゲの商売が成立しないんだよ!
強い美少女キャラ売って稼ぐんだから!

今の二次元ソシャゲユーザーの間ではカッコイイ主人公が好まれるけど、アニメ視聴者や運営側にとってはそうではない

戦場で士気を向上させる統率力、戦術で強敵に勝利する智謀……どっちも「アニメの演出のためだけ」で作るのは難しい
原作の戦闘ではスキル名と攻撃力やバフデバフの設定と光が飛び交うエフェクトしか分からない
「グランブルーファンタジー」みたいに主人公も戦える作品もあるので原作のアニメ化向き不向きな問題でもあるけどアニメ化は当たった二次元作品のステップとしてある意味必須なわけで

主人公を戦える設定にするとゲーム内の戦闘に出さないといけなくなるし、編成枠を常に取られるようなものだからバランス調整が難しくなる
弱いキャラにしたらストレスになるし強過ぎると今度はキャラが売れなくなるのでグラブルとかはかなり苦労していると思う
だから指揮官やバッファー的な役割にして仲間や部下を出撃させる設定が何かと楽なんだがアニメ化まで行くと途端にデバフになるという……

戦闘力の無い指揮官型主人公というのは画面の外側にいるプレイヤーと重ねる分には都合が良いけどアニメのキャラとして動かすのは難しい
「FGO」主人公が「女に戦わせて後ろで叫んでいるだけ」「イキリ鯖太郎」とバカにされる原因もそれだった

主人公は後ろで叫ぶだけの戦闘スタイル……「ポケモン」なら問題無いのに……!

サトシの身体能力、耐久力を上回る二次元ソシャゲ主人公ってほぼいないぞ?
というネタはともかく、サトシは子供向けアニメ主人公だけあってポケモンバトル以外で本人がかなり動くからね
あと「FGOの」アニメにおけるぐだの後方役立たずぶりを他作品の主人公問題の弁護材料にする人もいるが、「FGO」の場合は後発作品で問題をある程度解決していてコミカライズはどれも上手く表現している。

同意する。個人的に亜種特異点3のマンガ版のぐだは特に良かった。
「FGO」はその後のアニメや、コミカライズ版も主人公の性格や戦闘参加を描写するようになってきているなど失敗の「次」がある、原作側が設定の解釈をいじって柔軟に対応しているのはちょっと感心する

「FGO」は原作ゲームも新しい方のシナリオだと主人公は特殊な魔術師としてわりと戦闘力のある存在になっているし主人公の脆さはありながらも普通に戦闘参加できるくらいの強さの描写になっている。
昔の主人公やアニメ版主人公のイメージでいると逆に驚くし、微妙だったアニメからも収穫を得ているのは長寿IPなだけはあると感じる。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈の見方などイロイロな話が出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「中国ではアニメ化の際にストーリー面で不満がある場合は脚本が悪い、映像表現に不満がある場合は予算が不足しているという批判が多くなります。ゲームの映像化に関しては求められる映像の豪華さが他の原作メディアより高いのか予算不足の批判が多くなる傾向があるのですが、二次元ソシャゲ原作アニメの場合はストーリーやキャラの扱いに関する不満からの脚本批判が目立つ傾向がありますね」
などといった話もありました。

中国のソシャゲユーザーがアニメ化に求める物に関しても独自の部分がありそうですし、機会があればその辺りについても調べてみたいですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。