ありがたいことに先日の記事
マシになったとはいえ古参のオタクの期待作は無い?中国の2024年4月新作アニメ公式配信状況
で言及した「デート・ア・ライブ」第五期の中国国内向け配信の有無に関してコメントやメールでの情報をいただきましたので今回はそれについてを。

以下、先日の記事にいただいたコメントになります

10. 初めて書き込みします 2024年04月21日 20:14
あちらの関係者の話によると、デート・ア・ライブVは、国内の審査に通らなかったそうです。
そのうえ、今月、出資者の大凉山制作組が資金難で版権部門の解体を発表し、製作委員会から離脱しました。
これらの話が立て続けに起こったため、中国のファンの間で大きな波紋が広がっていました。
この話、記事にされてもいいかと思います。


いただいたコメントにもある通り、
3月半ば頃に中国のネットでは「デート・ア・ライブ」の第五期が中国国内の審査を通過できず国内向け配信は不可能になったという情報が出ていたそうです。
更に第五期のアニメ開始直前の4月初めに「デート・ア・ライブ」のアニメ第四期に関わっていた大凉山のアニメ部門に所属していた版権管理会社の古徳秀(グッドショー)の解散が発表されたそうで、中国の「デート・ア・ライブ」ファンはかなり動揺しているとのことです。

実際、現在中国国内で配信されている4月の新作アニメの中に「デート・ア・ライブV」はありませんし今後の配信開始や中国国内の新展開に関しても期待できないといった空気になっている模様です。

とりあえず、以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「デート・ア・ライブVの中国国内向け配信は無し?」
などといったことに関するやり取りを、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「デート・ア・ライブ」の第五期、中国国内配信無さそうだな……関係者らしき所からの情報が出ているし、関わったアニメ会社も解散したから説得力もある

最近の国内配信は日本から1ヶ月以上遅れて始まって更新が不安定な作品も珍しくないが、そういうのだって配信あるだけマシと言える状況だしな

今は審査が厳しい
内容、お色気サービスのあるような作品に対しては特にね
そして「デート・ア・ライブ」はテーマ的にそこを避けては通れない

残念ではあるがそれほど意外な話ではないかな
シーズンごとに制作会社が変わって作品の質も勢いも……だったから

狂三の外伝くらいまではそこそこ人気あったけど最近はほぼ埋もれていた
だから新作がこっちで配信されても大人気というのは無かったと思う
だがそれでも残念で仕方がない

普通のファンだったらむしろ喜ぶ所かもしれない
規制入ってぐだぐだにならないから
でもずっとファンやっている身としてはいよいよダメかという気分になる

それは否定できないかも
第四期は規制対応で本当にぐだぐだになったし「メイドラゴン」などと比べて規制対応能力も無いのがハッキリと出てしまった

アニメ第五期発表辺りではまだアニメとソシャゲで連動して打ち上げようという空気はあったよね……

ソシャゲの方が「2」の開発停滞している所に規模縮小っぽいから本当にお先真っ暗だよ!

第四期が配信された時期も既に審査が厳しくなっている時期のはずだが……第四期も第五期も内容や表現はそこまで変わらないのになぜ今回はダメなんだ?

管理厳格化自体は2021年からだけどその時点ではまだ今ほど厳しくは無かった
bilibiliの配信作品数に本格的な影響が出たのは2022年7月からで第四期は2022年4月からの作品
そしてその後は規制強化と景気悪化でどんどん作品が減っていったから第五期が配信できないというのも予想の範疇ではある

だけど、こここまで急に中国側の関係企業が死んでいくのは第四期の頃は予想できなかったよ……今ではもう「デート・ア・ライブ」に関わった会社はヒドイ目に遭うとネタにする気にもならない

第一期の配信でさえbilibiliだと今は歯抜け状態だからな

あれは何が問題なんだ?半分しか見てなくなっているんだけど……
第一期のストーリーは特に規制されるようなものではないし、クオリティもそこそこ安定した良作扱いだったはずだけど

たぶんパンツと水着回だと言われている
サービスの多さが今の国内配信では大きな足かせになっているんだよ
修正を入れるにしても修正の技術とコストや権利の問題があるから「デート・ア・ライブ」くらいの規模と人気の作品では対応しきれない

修正に無理に対応した結果が第四期国内配信の惨状だからな!

私は第四期の国内向け配信が審査の関係なのか崩壊しかけのパイロット版みたいな状態で、更に独占だから香港台湾向けもそれで汚染されちゃったのをよく覚えている
だから「国内配信無し」というのが良いことなのか悪いことなのか判断に迷うよ

今は普通のラブコメ作品のキスシーンでさえ修正されると言われているんだから「デート・ア・ライブ」のストーリーではどうにもならないのだよ

しかしこっちのbilibiliで配信できないとなるとbilibiliの香港澳門版の方に行くことになるか?

今のbilibiliは香港澳門のサイトも作品少ないぞ
金が使えなくなっているのか香港台湾で配信できるから作品を買うというのもなくなっているようで、本体で配信できるアニメが少ない=香港台湾も少ないという状態だ

なら更に越えて台湾のサイトまでか……中国語字幕であてになる所が減っているのを感じるよ
かといってもうファンサブやダウンロード中心には戻れんしなあ

第四期はアジア圏をbilibiliが独占配信していたけど、今度は中国だけ配信できない状態になるとはね。そうなるんじゃないかと薄々感じてはいたが、実際にそうなってみると頭痛がしてくる。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈における受け止め方などイロイロな話が出ていました。

ちなみにこの件に関する情報を教えてくれた方からは
「第四期が中国で配信するために修正を強行して『中国語字幕配信だけ』悲惨なクオリティになったので、配信無しは悪くないことだと考えてしまう自分もいます」
などといった話もありました。

オタク関連でも中国市場関連の商売は難しい、長期的な計画が立てられないという話はよく聞きますが、中国での人気が続編制作の理由の一つだとも言われている「デート・ア・ライブ」でこういった事態が発生しているのを見ると何とも言えない気分になってしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。