「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

オタクin中国

中国オタク「現実で料理の出来る男に萌えを感じるか?」「ウチの国だと料理を披露する機会を作るのがまず難しいんだが」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれに付いてを。

アニメや漫画のキャラクターに関しては
「料理」
がイロイロなキャラ付けになったりしているかと思いますが、中国では料理のできる男性が多く身近なスキル的な認識もあることから、料理スキルの扱いや萌えに対する効果についてちょっと気になる人も出ているとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「料理の出来る男と萌え」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


みんなは「料理の出来る男」に萌えを感じる?二次元では定番の要素の一つだけど、現実ではどうなんだろう。

構造的なギャップ萌えまでは分かる。しかし現実社会だとどうなのだろうか

飯なんて自分のために作るものだし、飯が作れるから評価されるとかは無いように思うんだが。
そもそも今の時代、仕事している男で料理出来ないヤツほとんどいないだろ。

女の場合、わりと飯が作れないのがいる。

確かに。ウチの国だと、男よりも女の方が料理のギャップ萌え来たりしないか?

そっちは一昔前のイメージになるし、作品内だとイロイロと扱いが……女権的に……

料理ができるというのが萌えになる、男の魅力扱いになるのってて日本だからじゃないの?
日本の男性は料理出来ないことが多いらしいし。

正直な話、ウチの国だと80年代以降に生まれた人間は男の方が料理できる人間が多いという印象だ。その前になるとみんな食堂で食ってたから料理スキル微妙、ただ地方によって男が料理する所と日本みたいに女が料理する所が分かれていたらしい。
(訳注:昔の中国は人民公社などの時代に、各家庭で料理せずに食堂で食事をするといった制度になっていました。ちなみに昔の中国の住宅の中には家庭で料理するのではなく「単位」の食堂で食事をするからと調理設備が無い所も普通にありました)

80後以前の世代も、男女平等や女性の社会進出的な面から女性の家事能力は相対的に低くなっているらしい。逆に男性は男女平等で家事料理もやるようになったから、解放後は料理に限らずウチの国の家事方面の技術やバランスはかなり変化した。
80後世代の特徴は環境や情報、嗜好の変化などにより料理スキルが高めになっていることじゃないかと。

萌えやアピールになるのはウチの国も変わらんだろう。料理はできて損は無いし、美味い食事は誰にだって喜ばれる。

料理ができて優しくて気配りができる主夫は普通に人気になりそうだが……

現実だと料理出来ても萌えにはならんぞ。証拠は俺。

ウチの国では料理スキルの価値って現実だとそれほどでも無いのでは……日本の二次元ならともかく。

日本だとどうなんだろう。男子厨房に入らずな人間が多いのだろうか?それに対するギャップが強調されてキャラ萌えのパターン、見せ方が構築されていったのだろうか?

女性に関しては日本の方が料理できるのは分かるけど、男性の扱いはちょっと分からなくなるな。

料理スキルでもてるかどうかではなく、萌えを感じるかどうかが気になるんだが。

女でも料理スキルあってもモテにはなれない。
あえて言おう、料理も出来て萌える男子を嫁にもらいたい……

自分は料理できるけど、全く需要が無い模様。

料理だけでなく家事も万能だが彼女おらんぞ。

料理スキル、家事能力と彼女ができるか、結婚できるかは別だよな。
萌えについては見せ方やキャラ次第だろう。

私は家事関係は全部問題無くできるけど、彼女できない。
知り合いの評価では「他人の考えを気にし過ぎているから条件とは別の問題」ということだ……

自分も家事料理はできる男なんだけど、彼女出来ないことに関して知り合いに愚痴ったら、性格の問題を指摘され、家事能力に関しては女性的過ぎる、保守的過ぎるという欠点の強調になると言われたこともあるなあ。

ウチの国だと料理を披露する機会を作るのがまず難しいんだが。
日本では弁当というシチュエーションがあるが、ウチの国では冷めた飯はほぼダメだし、そもそもみんなで弁当を食うという機会も無い。

それは納得だ。
現実の環境では料理できるという宣言だけで、実物が出ない。家に招待して料理をふるまうというのは色んな意味でハードルが高い。

二次元でも考えてみれば弁当のシチュエーションが多いね。あとは校外活動での料理(なぜかカレーばかり)とか?
屋外のバーベキューとかはちょっと違うかな。

日本では学校だけでなく、仕事をしていても弁当を持ってくる人が普通にいる。毎日料理スキルを発揮する機会があるという見方もできる。

確かに披露する機会が無い。日本の家庭料理と違ってウチの国ではそういうのに向いた料理や習慣があまり無い。それに外食に抵抗が無いから、料理ができる=家庭的という肯定的な評価にもあまりつながらない。

ウチの国の料理は冷めると味も食べる方の印象も何かと微妙になるからね。
もしやウチの国の場合、料理って萌えとか関係なくて、人付き合いの無い人間にとっての趣味と実益を兼ねたスキルでしかなかったり……?

自然に料理スキルをアピールできるのは、日本の社会というか日本のコンテンツ特有のものなのではないだろうか
ウチの国ではスマートにやる流れがすぐに思い付かん。

作品に出すにしてもシチュエーションをきっちり考えないといかんような。

突然火と鍋を持ち込んで料理を始めるイケメン!やだ……萌える!

カッコ良くも無くて金も無い男に対してはせいぜい「あなたは良い人」止まり。それか「あなたには男性としての興味がわかない」とか。

カッコ良くて料理も出来る男だから萌えられるんだぞ。
キモオタが料理するとなんかヘンなの混じってるんじゃないかという見方になるんだぞ。

私も結局は顔……と言おうと思ったけど、よく考えたらちょっと違うな。
料理スキル単独では評価にならないってことだろう。
二次元の場合は料理スキル特化になるレベルのキャラや料理に焦点を合わせたストーリーになるから萌えになるが、現実では料理だけを強調できる機会なんて無い。

就職の補助的な資格みたいなもんだよ。メインの職歴や学歴、主要な資格や点数とは違う。

社交的な人間が持ってれば役に立つスキル、或いは関係の維持に役立つスキルといった辺りなのでは。
二次元では役に立つシチュエーションがほぼ必ず成立しているわけだから、現実とは役立ち方や萌えアピール感は違うだろうね。

「とらドラ!」みたいに、家事能力料理能力が発揮されるのってヒロインと遭遇して生活部分が重なるようになってからだ。
現実ではそこに行く前の段階で脱落している……

言ってみればシンデレラで舞踏会に参加する前の段階さ!
ドレスと馬車が無ければ評価される場所にすら立てないのと同じで、料理を食べてもらえる関係にならなければ料理スキルは評価されない!
そして現実には童話のような魔法は無い!

その前の段階を、二次元のキャラは余裕でクリアできているわけだしね。
料理スキルに対して有利な設定と展開、更に「普通」なキャラデザのおかげでイケメンで清潔。

男性キャラに関しても自称平凡なだけで「何も特別なものは無い」というヒロインが、結局はキャラデザで美少女になっているようなもんか。

なんかどんどん萌えから離れている……
結局料理できる男性キャラの萌えって、ギャップ萌えというだけなのかね。

いや、女性の料理キャラと同じく萌えポイント扱いで問題無いと思うよ。
ギャップ演出を考慮せずとも、美味しい料理や菓子をふるまって相手を喜ばせる、笑顔にするってのは基本的なキャラ作り兼萌えポイントだしね。

ただし、料理ができれば彼女ができるというのは現実的ではないということだな。料理スキルが役に立つのは彼女が出来てからだろう。



とまぁ、こんな感じで。
料理できるけど萌えやモテには関係ないという声がポコポコと出ていました。

それから、「中国では料理を披露する機会を作るのがまず難しい」という指摘にはちょっと頷いてしまいましたね。中国の人付き合いの環境に加えて、中華料理の傾向から個人の料理スキルを発揮する機会というのは日本と比べてかなり少なくなるような……

あとこれは今回の話題に限らない話なのですが、
近年の中国オタク界隈では恋愛ネタになると
「結局は顔」「お前彼女いないだろ」
的なレスがかなり頻繁に飛び交うようになっており、恋愛関係における受け身の反応や愚痴が増えているような気もします。
近年の中国では草食系を飛び越えた「仏系」などの言葉も流行していますし、恋愛ネタに対する捉え方や感情移入についてもイロイロと変化しているのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「近頃カエルを見ると旅の途中に思えてしまう」 「旅かえる」がなぜか中国で大人気に
(中国の仏系ネタに関する話題も出た記事です)

中国オタク「DOA6がやわらかエンジンを廃止してリアル路線にするらしい……」「なぜ作品の特徴を無くしてしまうのだ!」

ありがたいことに
「DOA6ではセクシー路線をやめるという話が出ていますが、中国での反応はありますか?最近のDOAシリーズ、特にDOAXは中華圏向けもかなり意識した展開が行われているように感じられますが、中国のオタクな人達の反応が気になります」
と言う質問をいただいておりますので今回はそれに付いてを。

DOAシリーズは最近の中国オタク界隈でも本編シリーズやDOAXシリーズのキャラクター、更にはDLCの展開が話題になったりしていますし、先日発表されたDOAシリーズの新作「デッド オア アライブ 6」に関してもちょっとした話題になっているようです。
ただ新作に関しては「やわらかエンジンをやめる」などの路線変更があるという情報も同時に入っており、それに対して困惑する人も出ているのだとか。

『DOA』が、セクシーからクールに。システム、キャラクター、あのエンジンは? 『デッド オア アライブ 6』インタビュー(ファミ通)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで、
比較的ライトなゲーマーが多いと思われる所で行われていた
「DOA6の新路線」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


DOA6はかなりの路線変更があるようだ。特にキャラ関係。
やわらかエンジンを廃止してリアル路線にするらしい……

ニュース見たけど、ホントにリアル路線でこれまでのサービス路線はやめる、少なくとも強調はしないみたいだなあ

なぜ作品の特徴を無くしてしまうのだ!ユーザーがなぜ買っているのかを理解していないのか!

リアルよりで男女問わずダメージ描写をガッツリやるようだね。
かすみとかの女性キャラも顔面パンチを強調する描写になっているからヘンな方向の話題にもなってる模様。

モータルコンバットみたいな感じになるのか?フェイタリティとかはあんまり好みじゃないんだけど……

そこまではいかないみたいだけど、ブレイクブローの演出でボコられる表情シーンのクローズアップとかは出るみたいだ。そこもesportsの演出狙いなんじゃないかな。
近頃はどの格闘ゲームも観客を意識した演出を強化しているし、そこで露出した女の子や下着がアップとかは問題になるという判断もあるのでは。

まぁ過去にはバレーの方が女性の権利うんぬん的な所から批判を受けたし、それで欧米での販売が無くなったからな。
女の子をセールスポイントにするのはやめて、一般向けに走るという方針になったのだろうか。

でも男女平等を意識し過ぎてヘンなことになってないか?男女平等にボコボコにするのはなんか違わない?

描画エンジンは進歩しているようだし、やわらかエンジンの廃止はそこまで問題にはならない気もするけど、あまりリアルにすると別の問題が発生しそう。
ある程度のデフォルメ世界ならいいんだが、リアルだと色んな意味でマズイように感じる。

同感だ。
esportsでやるならリアル過ぎるのも問題になりそう。露出や下着のアップもアレだが、女の顔ボコボコにして勝利する画もなかなかにマズイような……

血腥い描写がなくても、暴力的だと取れる描写だと規制は受けるはずなんだよね。DOA6のビジュアルを見ると流血は無くても汗や傷や汚れは強調されているようだし、どうなるやら。

私は自然だとかリアルだとかはいらない……存在感があって納得できて、サービスがあればいいんだよ……

今の自分にとって格闘ゲームとしてやり込むのは正直苦痛だからDOA6の路線は不安だ……
DOA5LRもゲームとしてきちんと使えるキャラはかすみとマリー・ローズくらいで他は観賞用みたいなもんだ。DLCの衣装は結構買っちゃっているが。

私はDOAってやわらかエンジンというか3Dでの女性キャラが特色だと思っていたんだが、それを打ち消す方向に行くというのだろうか?

マリー・ローズもリアル路線で出すのか……?
なんか別の問題を生みそうな気もする。

無印では出さずに様子見じゃないの。
マリー・ローズはキャラ人気は高いが、キャラの強さとしてはリーチが短くて判定もそれほどではないからハッキリ言って弱い部類。しかもストーリー的には特に関係無い。

あのなんだかよく分からんストーリーはまた続くのだろうか……

ストーリー的にはリュウ・ハヤブサがどう関係するのかが相変わらず気になる。
あいつが出るならたぶんDOA6も遊んでしまう。

作品の良い所を無くしてしまうのか。あれがあるから格闘ゲーム得意じゃなくても買っていたのに。

自分にとっては着せ替えゲームでしたわ。こっちもなんか望み薄な気配だが。

やわらかエンジンを無くすなら、服が弾けるシステムを進化させよう!
どこぞのコラボ先を見習って命駆しようぜ!

でもSNKのアレよりはまだ期待が持てるよな。

SNKヒロインズはもう弁護のしようがないしアレと比較されても困る。

SNKのあれはまさに金を騙し取るゲームだからな……一部から求められている方向に特化しても、技術やデザインが追い付いていない。

リアルでハードコアな格闘になる。
でも結局、3DMODに素材提供しちゃうんでしょ?

そっちの問題も考慮しての展開かもね。PC展開が増えた結果MODでエロイメージが強化されちゃうし、格闘ゲームとしての扱いでは無くなっていったから。

エロ関連はDMMでエロバレーを切り離すんじゃないか?
あっちと住み分ける形にして、格闘ゲーム部分をDOA6で展開させるのでは。

それはありそうだ。かすみの衣装とか、明らかにエロ要素排除している感じだし。でもDMMで遊ぶのはなんか違う。

エロ関連の需要や同人的なのはどうなるんだろう。3Dモデルの方はあるけど、薄い本は最近あまり見かけない気がする。

いいか?DOAはコアな格闘ゲームだぞ!そっちを目指して何の問題があるんだ!サービスシーンしか話題になってない最近の方がおかしいんだよ!

制作者も格ゲー部分のファンもそっちを評価されないことにイイカゲン我慢できなくなったのかなー

DOAに関しては開発側でも方針や嗜好、こだわりなどで混乱している印象を受ける。
閃乱カグラのように開発側もユーザー側も明確に変態紳士な方向でもないし、かと言ってエロ関係を捨てるわけでもない、しかしエロと商売の連動に関しては露骨な集金に来て逆に反発を生むようなことになっている。

コンテンツ産業によくある、作者が文化的に評価されたいのと大衆の間で評価されて成功するのとが違うというヤツもあるのかも?

とりあえず衣装のDLCがどうなるかで6に関する方針が分かるのでは。

ハードコアなんてサブタイトルつけるくらいハードコアな格闘ゲームでもあるけど、出回っている動画は大体エロかリョナなんだよね。

DOAシリーズって格闘ゲームの中で格闘では無い所で食っていたゲームと言う印象だったが……格闘ゲームのesportsやってる連中の間での評価はどうなんだろう。

ネット対戦やってみるとかなり強いプレイヤーにぶつかるし、やり込んでいる人いるんだろうなーとは思う。

正直格闘ゲームとしてはハードルの高い部類に入ると思う。コンボもヤヤコシイし、駆け引きも正確さが必要とされるから

知識とやり込みが蓄積されると反撃が成功するようになるんだけど、初心者はそういうのに対応できないから入門レベルで挫折しがち。
DOA6はコンボとかを簡単にやれるシステムを導入するみたいなことが発表されているけど、根本的なジャンケン部分が難しいからなあ……ゲームとしては悪くは無いんだが……

一応、DLCに手を出さずに格闘ゲームやり込んでいる俺みたいなのもいるぞ。

ハードコアなゲームと言われているだけあって、自分も難しいという印象はあるな。

ストーリーをクリアするだけでも妙に苦戦した覚えがあるし、自分もDOAは難しいという印象が強い。KOFやストリートファイターのようにはいかない。

他人のプレイを見ているならいいんだけど、自分でやっていると反撃も出来ずに何が何だかわからないうちに負ける。

他の格闘ゲームと差し合いやカウンターの違いがある上にホールドの読み合いもあるから初心者はCPU戦でも苦戦するな。
ただそこを把握すればいいだけだから、他の格ゲーが上手ければそれなりに対応できるとは思うんだが……

格闘ゲーム部分が難しくても女の子目当てに買ってしまうのがDOAだったんだけど、6はどうなるんだろうな。
DOA5みたいに無料版と分割で展開するならまずは触ってみようという気にはなるけど。

ここで告白させてもらうが、DOA5の系統で一番良かったのはDLCの不知火舞です!あれは良かった!!!

まぁあれだ、元々制作会社的に高難度の方に行くゲームということだったんだろう。忍者龍剣伝とか本気で難しかったしな!



とまぁ、こんな感じで。
DOA6の変化はリアル路線と競技性重視っぽい展開だと受け止められているようで、それに付いていけるかどうかという不安を覚える人もいるようでした。

DOAシリーズに関して、中国ではPSやPS2、SSやDCなどの海賊版ゲームが流行っていた時期に家庭用ゲーム機を中心として人気が確立された面もあるそうで、KOFやストリートファイターほどではないものの、比較的広い範囲と年齢層でのファンがいるとのことです。

ただ中国オタク界隈におけるDOAの格闘ゲームとしての評価や人気となると、私もいまいちよく分からないのが正直な所です。
キャラの人気や知名度はかなりあると思われますし、近年のマリー・ローズの追加やDLCによるコラボキャラについても結構な話題になっていたのは確かなのですが。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「実はアニメや漫画のキャラの名前がなかなか覚えられないんだ……」

管理人の艦これの食べ物ミニイベントの成果についての質問をいただいておりますが、どうにかこうにか任務完了まではいけました。
最近のアップデートでは個人的には右も左もわからなかった最初のイベントの頃からの付き合いである陽炎や伊勢に改二が来てくれたのがかなり嬉しいですね。

さて、ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

私は翻訳小説などを読んでいると登場人物の名前が覚えきれず、最初やカバーのそでにあるキャラ紹介と首っ引きになってしまうこともあるのですが、同じようなことになってしまう方もいるのではないでしょうか。

中国オタク界隈でも、彼らにとって外国の作品になる日本のコンテンツに出てくるキャラの名前がなかなか覚えられないという人がいるそうです。
中国のソッチ系のサイトでは
「アニメや漫画に出てくるキャラの名前がなかなか覚えられない」
と言ったことなどに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


実はアニメや漫画など、二次元のキャラの名前がなかなか覚えられないんだ……みんなはどのくらい覚えていられる?作品を見ているだけでキャラ名を覚えられたりするのか?

私もそんなに覚えるのは得意じゃないわ。
三文字までならなんとか、それ以上になると覚えられない。

ウチの国の名前が四文字以上は珍しいのに、日本人系の名前は四文字以上が基本だしね。更に外国人系だと音訳になってもっと伸びる……

それは覚えようとする気が無いだけじゃないの。

いやウチの国の人間の名前と比べると、日本人の名前って色んな意味で覚え難いだろ。

日本人系の名前の場合は漢字の意味が分かるから、音だけの外人のパターンよりは楽。比較的としか言えない差だが。

海外ドラマも日本のアニメも見ているけど、欧米人の名前の方が覚えにくい。日本人の名前が覚え易いわけではないが!

サッカーやバスケファンでも、スター選手のフルネーム中文表記に自信ない人は案外いるはず。

成歩堂龍一とか、時々強烈にヘンな名前が出たりするし主役格は特徴のある名前も多いから意外に対応できるかも。

私は「逆転裁判」のキャラはどれもヘンな名前で記憶に残り難かった覚えがある。

俺の嫁的なキャラであれば名前も関連情報も簡単に覚えられる。
だがそこまで行かない場合はなかなか記憶に残らん。

アニメや漫画の日本人系の名前もヘンな名前であれば覚え易いよね。「遊戯」のような中国語でも意味が成立する名前なら特に。

そうそう。普通の日本の名前の方が覚え難かったりする。

漢字の羅列ではなく、中国語でも使われる単語になっていると覚えやすいんじゃないかな。

普通の日本の名前というか、中国系の名前じゃない漢字単語の並びの場合は記憶し難いように感じる。

私もだよ。
楽に覚えられるキャラ名って馴染みのある言葉かその組み合わせだ。他は意識して覚えないといけないし、それでもうろ覚えになってしまったりで。

分かり易い、把握し易い単語ならいいんだけど、中二病に走ったのとかは難しいように思う。
自分の場合、例えば「BLEACH」とかは段々厳しくなっていったな……

最近だと「ウマ娘 プリティーダービー」のキャラはどれもわりと簡単に覚えられたな。

あれは恐らく直訳になっているのも良いんだろうね。
「特別周」(スペシャルウィーク)とかをもし音訳されたらなかなか覚えられないはず。
ちなみに元ネタの馬の名前は全部カタカナなんだが、それだけを見るとかなり覚えにくいぞ!漢字表記にした方が分かる!

キャラじゃないけど、日本人クリエイターの名前も本名或いは普通の日本人系のペンネームみたいな名前は覚えにくいなあ……たまに妙に覚えやすい名前の人もいるけど。

虚淵玄はウチの国でも普通にありそうなペンネームだからすぐに覚えられた。
把握の仕方が日本だと「虚淵」「玄」で、こっちだと「虚」「淵玄」になることが多いみたいだけど。

アニメや漫画の中の日本人の名前はまだ良いんだよ。
問題は日本語化された外国人の名前や名詞だ。
自分は型月ファンをやってるけど、日本語では無いカタカナ表記の外来語や漢字をカタカナ表記の外国語で読まないといけない設定や単語に対しては正直頭痛がしてくる。

意味もそうだけど、日本の作品の日本人系以外の名前って日本の二次元特有の方向性になっているから、そっちに慣れるとわりと楽に把握できる気がする。
例えば以前どこかで、日本の作品だと「アリス」的な名前はほぼ「ふしぎの国のアリス」系のイメージが投影されているという話を見た覚えがある。

理解できる。日本のアニメの感覚で華僑の英語名を考えると二次元とのズレがなんとなく分かるよ。

お前達って「百年の孤独」を読んだあとでも日本の二次元の名前が覚えにくいとか言っちゃうの?

ロシア文学の登場人物なんかよりは余程マシだろう。

まぁそうなんだけどさ!ロシア系とか教科書でもややこしかったし、1冊分ストーリーとしてきっちり読むと何度も出てくる登場人物の名前で更にこんがらがるが!

「百年の孤独」は似たような名前がたくさん出てきての混乱だからアニメのキャラの名前が覚えられないとは微妙に違うような気もする。
まぁたくさん出てくるホセやアウレリャノのフルネーム覚えてキャラの区別をつけるとか自分には無理だったから覚えられるかという話でもあるけど。

あとは慣れの問題とかもあるかなあ

名前が覚えにくいから、結局はキャラの色と髪型で判断したり呼んだりする。

大体みんなそうじゃないか?
「あの作品の黄毛(金髪)いいよね」みたいな感じでリアルでもネットでも使う。

あの作品の「男主」「女主」みたいな言い方も多い。
主人公の名前をきっちり覚えて話題にすることって考えてみれば珍しいかも。

ロシア文学とかは読んだ後にストーリーは覚えているけどキャラ名が正確に出てこないなんてのも珍しくない。
アニメや漫画だとまだイラストや関係性で把握できるから楽……なのかな。

こういうのって歳をとったからかと思ったが、子供の頃でもあんまり変わらなかった。
単純に覚えにくい分野なのかもね。

勉強なんかと同じで、単純に暗記するよりも何かしらのフックや連想があった方が覚えやすいというようなものなんだろう。

中国語の日常的な感覚に引っかからなくても、中二病的なセンスに引っかかれば結構簡単に覚えられたりする!
自分が中二病を患っていた時にその手の作品を見まくっていたんだが、キャラの名前をあっさり憶えられた。でも中二病でなくなってしまった現在では、上でも出ているような主人公ヒロイン呼びや髪の色や髪形呼びに……

私もここしばらくはずっと赤や黄や青などの髪の色や、「主人公」や「ヒロイン」呼びだわ。

上手い具合に短縮系やネタ系のあだ名がついたら楽になるけど、そうでなければ髪の色や主人公とかの役割呼びになるよね。

ネタ系のあだ名になると、こっちの感覚で連想して覚えやすくなるからね。
人に伝えるのも話題のネタにするのも簡単になる。

連想と言えば、一度二次元系で把握した後はその系統の名前が覚えやすくなる気がする。
例えば最近の実体験だと、以前はロシア系の名前はすぐに頭から抜けていたはずなのに、「アナスタシア」だけはFGOの影響で妙に覚えやすくなった気がする!

でもそういうのって関連する脳内イメージは汚染されるよな、確実に……



とまぁ、こんな感じで。
日本のコンテンツに出てくるキャラクターの名前の記憶に関しては結構苦戦している人もいるようです。

実は中国オタク界隈でよく使われる略称やあだ名があるかどうかが、作品や登場人物の人気に関する分かり易い判断基準の一つとなっています。

特にキャラクター名に関するあだ名の有無は大きく、「主人公」や「ヒロイン」、髪の色や髪形で呼ばれているうちはまだ人気が高まっていない、そのままでは埋もれていくといった流れになり易いようです。

高い人気が出て広まったからあだ名が出来たのか、あだ名が出来て広まり易くなったから人気が出たのかはケースバイケースらしいですが、キャラクター名そのままでは中国オタクの面々の記憶には残り難い、口頭でもテキストでも扱い難く、人気や知名度の拡散の障害になるといった傾向は確かにあるのだとか。
(もちろん上のやり取りにもあるように「武藤遊戯」の「遊戯」のように中国の感覚でも記憶に残り易い例外もありますが)


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国版FGOCCCコラボイベント、日時表記を間違えてまたちょっとだけ炎上したりなんだり

この週末になってからぐだぐだ帝都を進めていますが、中国のソッチ系のサイトを巡回してネタバレを踏みたくないので、ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいている簡単なネタで。

中国版FGOの方でも6/18から
Fate/EXTRA CCC×Fate/Grand Order スペシャルイベント
「深海電脳楽土 SE.RA.PH」
が実装されるとのことです。
中国版イベント告知ページ(中国語)

ただこのイベント告知に関しては事前の開幕直前キャンペーンが長引いたり、やっと発表されたイベント開始日時が中国の連休である端午節の最終日だったりすることなどからストレスが溜まっていた所に、告知画像のミスがちょこちょこ出たのをきっかけとしてちょっと炎上気味になってしまったうです。
こんな感じで告知画像の日時などに細かいミスがあったのだとか。
2017ccc



ちなみに中国版FGOではメルトリリスとパッションリップは漢字表記ではなく英文表記で
「Melt Lilith」と「Passion Lip」
になっているようです。あと告知内のクラス名とかも英語ですが、これゲーム画面の方ではどうなっているんでしょうかね。

中国オタク界隈でこれまで使われていた中文表記は
メルトリリスが「溶解莉莉絲」「梅尔特莉莉絲」
パッションリップが「熱情迷唇」「帕森莉普」
などの直訳音訳イロイロある状態でしたし、Fate関係はファンの間でも翻訳に関してゴタゴタし易いので制度的に問題が無いなら英文表記にしてしまうのが無難な気もします。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国版FGO深海電脳楽土 SE.RA.PHの告知」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレっぽいものもあるので一応お気を付けください)


CCCイベントがついに来た、しかしグダグダだな……告知画像でミス連発、開催期間も連休最後の日とか……

なにやらまだいてはいけないキャラがいた画像がアップされていたが、いつの間にか修正されていたな……
(訳注:初期にアップされていたイベントの案内画像では特効キャラに殺生院キアラもいるバージョンだったそうです)

今回は画像のミス多いな。
開催期間が「2017年」6月18日からになってたりしたし。

2017に戻るぞおおおおお!祝!イベント終了1周年!

第一回をいつやったかは知らないが、BBちゃん復刻!
日本よりも先に復刻イベント実装おおおお!

公式のweiboは罵倒が飛び交っているし、どこもネタ扱いのスレが立ってるな。

それ以外は端午節の連休の最後に始めることに対する怒りのスレだな。
(訳注:中国の今年の端午節の連休は6/16〜18です)

育成期間長引かせた挙句に連休中には開催しませんだからね……

こういうのを日本語ではまさに「ぐだぐだ」と言うんだよ。
これはbilibiliの運営が身をもって示している、つまり神運営!

そういうのいいからはよ詫び石。

日本で今やってるぐだぐだイベントは中身が全然ぐだぐだしていないんじゃが。久々に普通の聖杯戦争みたいなことやっているんじゃが。

半月近くの育成期間、そこに来る画像加工ミス連発だもんな。何をやっていたのかと。

またかよ。日曜の夜にイベント開始した前科があるので警戒していなかったわけではないが、端午節も終わりという時期にイベント開始というアホなことをホントにやるとは。
金曜か土曜に始めるか、せめて週の真ん中とかにできんのかい。

休みの最終日に始めて重くてロクにプレイできず、次の日は仕事や学校とかになるからな。
今回はぐだぐだ明治維新が5/18から6/4でその後の開幕直前キャンペーンが2週間と日本より長かった上に連休最終日に開始とか……

公式認定の課金窓口開設の宣伝しておいてこういうミスするとか、運営の態度の問題があからさまだ。

まぁ高考(大学センター試験)とか学年末だからなあ……その辺も含めての調整もあったのでは。あとはヒマな時間を外しての負荷分散?

高考終わったからって、他の学生がヒマになるわけじゃないし何も考えてないんじゃないの。
あと負荷がどうこう言うなら設備増強すればいい。日本版と違ってイベントスケジュールも盛り上がる時期も見えているんだから。

連休の後も夏休みに入るまで試験やレポートがあるからな……自分はこれからテスト週間にぶつかるからしばらくは遊ぶ精神状態になれない。

一応好意的に解釈すればこっちの学校では今の時期受験や学年末もあるし、現在はキアラの登場まで含めたネタバレ情報と攻略情報が既に出回った千里眼状態、6/18から7/13までの4週間近くと延長が入った日本よりも長いイベント期間になっているから余裕があるとかいう理由もあるが。

それなら告知すればいいし、ユーザーの感覚では「早く遊びたい」以外には無いだろ。

今回のイベントはストーリーがとても良いと聞いているから早く遊びたいという以外にないよ!しかも最大規模の容量ということだからネタバレでは分からない体験だってあるはずだと!

きのこ執筆というだけで説明不要だ。

きのこの少女キャラ描写が炸裂するぞ!!きのこ的ボーイミーツガール!
メルトリリスは設定だけだと敵にしか見えないが、ストーリーを体験した後は俺の嫁と言いたくなる。ストーリーを体験する前後でガチャに対する熱意が明らかに変わる危険なイベントだと言っておこうか。

ストーリー自体はとても良かったけど、Fateに詳しくない自分には分からない設定も多かった。正直自分にとっては六章と七章に比べると少々劣るくらいだったかも。イベントのストーリーではトップクラスなのは間違いないけどね。

日本では原作ゲームの思い入れがある古参のファンからの支持が特に強かったんだと思う。
シナリオ自体の出来は確かに良いんだが、本編とも言えるPSPのCCCを遊んでいないと感情移入できない所があるのも確か。
このイベントの新サーヴァントに関してはどれも本編後の成長や変化が見れるというのが面白さにつながっているはずだしね。

正直、期末の準備で忙しくてイベント始まる実感が無い。気が付いたら告知が来ていたような状況。

学校や学年によっては本当に忙しい時期だからな。
さて、ウチの戦力だと殺生院を倒せるのか……高難度だしちょっと不安だ。

倒すよりもどれだけ石を砕くかだよ!300個ちょいしか貯蓄が無いから殺生院キアラを出せるかどうか不安だ。

殺生院は実装がまだ先のはずだし、まずはメルトリリスだな。
手持ちは100個程度だが、出なかったら課金するか迷う。

結局、メルトリリスと殺生院キアラってどっちが使えるの?実用的な方を狙うつもりなんだが。

実用?お前が巨乳派か貧乳派かで決まるんだから人に聞くなよ!

その二人だと乳か尻……と思ったが、乳は今回もっと上がいるか。

性能の方の実用性で語るならメルトリリスはquick宝具な上にかなり先になる強化がくるまでスキル3が極めて使い難いから殺生院の方がマシ。
ただアルターエゴで一番性能が良いのはこのイベントの時点だとパッションリップ。スキルの完成度が高い。

強さだけならメルトリリスじゃないの?
日本版のランキングではメルトリリスの方が殺生院より少し上。殺生院はコレクション的な扱い。

アルターエゴ自体が使い難いクラスだから、結局どっちもコレクションになるぞ……デザインや設定、ストーリーの好みで決める方が良い。
あと強さだけなら後で来るメカエリチャンが普通に強いからなあ。

今回のイベントに関しては、誰をひくかはストーリー終わらせてから考えると良いよ。
言っちゃなんだが強さで考えたらどれもいらない。

モデルは殺生院キアラが好みだし、そっちに突撃したい。イベント期間長いから特効礼装も最初から揃えないで良さそうだし。

人類悪という格なんだから、引かない理由は無いだろ!

設定的には殺生院キアラが圧倒的に上で、型月最強談義に名前が出るレベルなんだよな。メルトリリスも普通の聖杯戦争でなら強過ぎるレベルではあるんだが。

無課金だけどこの数か月星5が出ていない……水着イベがこの後にあるし今回は石貯蓄、呼符でちょっとチャレンジするくらいだ。BBちゃんだけで十分。

BB配布は良いよね。種火もスキル素材も準備万端。入手したら即全マックスにできる。

すげえな。そこまで準備してあるとは。

育成も千里眼だからな。
既に素材とかが分かってるから、本気で取りに行くキャラがいる場合は事前の準備ができる。

入手したのを全部を上げるとかでもなければ新しく追加されるのを除けば、スキル餌は案外揃うと思う。むしろ問題はQPと伝承。

メインストーリーが終わらない……ちょっとガチャ回して終わりかな……

育成はバッチリだし宝具LV上がったギルも師匠もジャックも頼光もいるから何の不安も無い。あえて言うならば素材だ。

このイベント、高難度だし制限のギミックあるからレベル最高でも考えずにやってたら意外に詰まるぞ。

CCCイベとか別に難しくないだろ。最後の殺生院戦がちょっとめんどくさいだけで、それも攻略を見ればいける範囲だ。

周回をいかに効率的にやるかだが……このイベントの敵の配置を見ると結構めんどくさい雰囲気が……

高難度系のチャレンジとかの難しさは無いが、日本版をやった時は周回とミッションクリアのややこしさが結構あった。
あと確かブレイクゲージのせいでちょこちょこと令呪切るタイミングの判断が必要になった覚えがあるわ。

このイベントはガチャや素材よりもBBが取れるのが大きい。
日本版のこのイベントの時、自分は始めたばかりで参加できなかったが、BBはキャラも良いし性能でもクラス的に替えがきかないしで非常に後悔した。
ようやく中国版でイベントが体験できる……!



とまぁ、こんな感じで。
ネタバレ的な解説も含む情報は既に出回っているようですが、ストーリーをきっちり体験しているわけでは無いのでキャラのイメージの深さはまだ人それぞれのようです。

それから中国のFGOユーザーの反応を見ていると長草期間(草を育てるということが転じて「育成期間」)とも言われている、日本では虚無期間などとも言われている特別なイベントの無い期間に対する反発は日本以上に強くなっているようです。

この辺については日本版の方でイベントやガチャピックアップのスケジュールが既に分かっていることによる、皮算用及びそれによって計画された自分内スケジュールが崩されることによるイライラもあるとかなんとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「本能寺の変が起こらなかったら織田信長はその後どうなったのだろうか?天下統一や支配体制はどうなったのだろうか」

「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」が始まりましたが、坂本龍馬の声が「東京魔人學園」の主人公とヒロインの組み合わせだったのでちょっとテンションが上がっております。

ちなみに管理人のガチャの結果についての質問もいただいておりますが、石150個と呼符数枚という中国オタク界隈で言う1単ほど回してみた所、イベント礼装一揃いに岡田以蔵と李書文各1というぼちぼちの結果でした。沖田オルタは知りません。
そしてそんなガチャ結果と共によく考えずに礼装と絆稼ぎ編成でイベントに飛び込んだら、マジな方のノッブに蜂の巣にされて気分はもう長篠状態に。


さてそんな訳で今回は、ありがたいことに以前教えていただいたものの後回しになっていたネタで。

中国オタク界隈ではゲームにマンガやラノベ、日本の歴史小説などを通じて日本の戦国時代ネタが蓄積されているそうですが、最近は日本のコンテンツ作品に出てくる日本の歴史ネタに関する解説や考察で盛り上がることも増えてきているそうで、中国オタク界隈独自のイメージも形成されるようになってきているのだとか。

中国のソッチ系のサイトではそんな日本の歴史ネタの話題として
「本能寺の変が起こらなかった、失敗したならどうなったのだろうか」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


本能寺の変が起こらなかったら、失敗したなら織田信長はその後どうなったのだろうか?天下統一や支配体制はどうなったのだろうか?

普通に考えれば天下統一までいったろう。
その後豊臣秀吉が織田家の遺産を相続してそのまま天下を取って関白になったんだから。

無理じゃないの。
周囲の強い大名が何もせずにいるとは思えない。接している所だけでも上杉武田北条に毛利がいるし、九州には島津だっているんだから東西で包囲されたら寿命の時間切れで織田家がグダグダになるんじゃないか。

それはかなり前の段階の話だぞ。本能寺の変の時点では織田家が一強で統一は時間の問題とも言える情勢だった。
だから本能寺の変の後は織田家の実質的な後継者が誰になるかという展開になったし、それがそのまま天下統一の流れにつながった。

本能寺の変が起こった頃って上杉も武田も毛利も織田家の各方面軍の武将にボコボコにされている段階だ。
毛利なんかはサルがあとちょっとで落とせる段階までにしていて、そこで信長にゴマすりしようと「信長のおかげで勝てました」的な形にしようと出陣を求めて本能寺になったわけだしな。

ゲームでも本能寺の変の時期になると織田が強過ぎてどうにもならないのがよく分かる。

あの時期になると大勢が決まっているから、本能寺の変でもなければ面白くないんだよね。あえて不利なプレイをするのもアリだが、有名武将がいなくなっているからあまりテンションが上がらない。

信長包囲網は足利義昭がやろうとして一時的に成功したかに見えたが、結局は他の有力な戦国大名がどんどん織田に押されていったんだが。
本能寺の変の頃は織田家の内部分裂でも期待しないといけない時期だし、だからこそ本能寺の変でまた戦国時代が大きく動いたんだよ。

本能寺の変の時期に信長包囲網を作るにしても、武田信玄も上杉謙信も死んでいるし、本願寺も既に崩壊しているんだよね。包囲する戦力がどこにあるんだという話になる。

信長が苦戦しそうな強い武将はだいたい死んでる時期だからな。

天皇が信長を朝敵指定すれば一発じゃないか?

朝敵に関しては大きな動きになる可能性もありそうだよね。
本能寺の変の黒幕が天皇で、理由は信長が天皇を廃止しようとしたからという説もある。

戦国時代に天皇かついで織田討伐までやれるのか……?
正直日本の天皇については統治への介入や影響力など、不思議な存在に思えるので何とも言えんが。

もし信長と天皇が対立しても、天皇を代替わりさせるとかだけじゃないかなあ。日本の政治って天皇制を廃止するよりも天皇の権威を活用してというのが多いはず。
幕末も佐幕派討幕派両方にとって扱いの難しい対外超強硬派の天皇がとても怪しいタイミングで死亡して代替わりしているし、政治的な影響力はあっても絶対的な権威とはまたちょっと違うはず。

「皇」の文字があるけど、ウチの国とはシステムがかなり違うよね。不思議な印象を受けるのも分かる。

日本の朝敵指定ってそこまで便利で万能なもんじゃないぞ。出した後に討伐失敗で取り消しとかも珍しくない。
そもそも織田が京都や堺など当時の日本の中央を押さえている状況だし。

本能寺の変が無ければ織田家による天下統一は間違いない。上杉は御館の乱で弱体化して武田も滅亡しかけで北条も織田の影響下になりつつあるし毛利も「まだ」死んでいないだけ。四国もほぼ終わりで東北と九州は中央が統一されれば問題にならない。
だから織田の統治体制がその後どうなるかを考えるくらいじゃないか。

織田信長って仮に織田政権を成立させた場合はどんな統治になったんだろうなあ。徳川幕府とはかなり異なるものになりそう。

暫定的な統一まではいくだろうけど、不安定な体制だったんじゃないかとは思うし、あっさり戦国時代に戻ったんじゃないかとも思う。

秀吉の天下統一も不安定で朝鮮に侵攻して国内の矛盾や蓄積する不満をそらしていたからね。

確かに。秀吉も結局は国内の問題から目を逸らすために朝鮮や明に戦争をしなければならなくなっていたからな。
秀吉が受け継いだのは織田家の戦力や経済力だけでなく、信長の方針もだろうから信長も天下はとっても次代で消滅なんてことになった可能性は否定できない。

信長は内外問わず対立する武家を大量に潰した上に征夷大将軍になるのも拒んだから全然違う体制になったんじゃないかね。
秀吉が織田家の遺産を相続して信長の方針を活用したという話もあるが、実際は全然違うから秀吉の統治は参考にならん。秀吉は武家と公家の両方のトップになって、外交と内政を駆使して支配していくやり方だった。

定番のネタかと思いきやなんか濃い人が集まってたのね。
ちょっと聞きたいんだが、本能寺の変の頃ってウチの国の戦国時代で例えたらなばどの辺?

秦だけが強大になっての終盤くらいじゃないか?
本能寺のあとに秀吉、家康と続くけど基本的にはトップ同士の戦いで群雄割拠しての時代ではなくなっている。

大勢が決まった後だからね。
秦で言えば政が出てくる前くらいな気がする。

とりあえず言えるのは、本能寺の変が無ければ数年のうちに日本は天下統一されていた。
更に言えば、信長は武力によって天下を統一することになるから秀吉のような形だけの統一とはかなり違ったものになっただろう。

信長でも結局は形だけの統一じゃないか?
日本は明治維新以前は統一されたことはないのだから。

信長は自分の名声や権力機構に兵力もあったからね。そこがサルとは異なる所だ。
サルは背景もないし結局は織田家の権力や武力、経済力を完全に掌握することもできなかったから対立する勢力を本当に倒すことはできなかった。

秀吉の時の統一って、結局地方軍閥を中央がかろうじて押さえていたようなものだったからな。
秀吉が死んだら脆さが浮き出て家康にあっさり取って代わられてしまった。そして家康の時も信長のような武力による統一はできないままになった。

信長でも日本の軍閥問題を解決できたとは思えない。そしてそれが結局は火種になるんじゃないかと。
本能寺のような形ではなくても様々な反乱が起こりそう。

秀吉は家康との直接対決で勝てなかったのが最後まで響いたし、家康は秀吉よりも更に戦力が劣っていたわけで、その結果中央集権的な体制を構築できなかった。
信長は秀吉や家康と違って武力で統一を進められたわけだから、江戸幕府とはかなり異なる支配体制になったはず。もちろんそれが長期的に続くかは分からないけどね。信長以外の織田の血統の人物を見ると世代交代に成功するか分からなくなるしね。

大名を廃止して中央集権的な統治機構を置くまでいっていないから統一じゃないと言いたいのかい?ウチの国とは制度が違うけど、日本の武家社会、特に徳川の江戸時代は中央の強制力がそれなり以上にはあった。
幕末の混乱とかから好き勝手やっている印象もあるかもしれないが、日本の大名ってウチの国の軍閥とかよりはよほど中央の制御下にあった存在だよ。

ウチの国でイメージされる統一って、皇帝による中央集権的な独裁体制だからな。日本に限らずどこの国でも近代になるまで無理では……
日本の天下統一はもっと緩くて、各地方の領主に一定の自治や権利権力が認められている。実際それで長期的な支配体制が成立したんだから日本では正解の一つだったんだろう。

統治システムはともかく、次代の問題は確かにあるかもね。
後継者は信長ほどの人物ではないし、徳川体制のような安定した基盤を作れるかについては疑問が残る。

秀吉や家康がやったのも武力による統一だろう。日本の社会ではゲームのように完全に攻め滅ぼす、消滅させるというのはそこまで多くない。

織田だけが武力で統一した、できたというわけではない。
織田家はゲームの感覚で色塗りしていったように考えている人が少なくないようだが、あれも現実では傘下に下った封建的な領主を配置していくようなもので、むしろ家康の時代の方が厳しい管理になっていた所もある。
織田家が当時としては先進的に金銭で武将や兵士を雇用していたとはいえ、大規模になると領国経営も含めての地方に一定の権利を与えた自治になっていたわけだしね。

大名の領地変更とも言える国替えは秀吉、家康の時代の方が活発だし日本の大名とウチの国の軍閥とはちょっと違う。
幕末は外国の圧力に加えて中央が弱くなったから地方の藩閥が蜂起して明治維新になったが、直前まで中央である徳川幕府の力はかなり強かったし、薩摩藩や長州藩もなんだかんだで体制のシステム内での闘争を行っていた。

それにしても上でウチの国の戦国時代で例えたら的な話が出ているが、本能寺の変ってウチの国の歴史で言うと、荊軻が始皇帝の暗殺に成功しちゃったようなもんか?

織田信長が暗殺されても天下統一の流れは変わらなかったわけだが、荊軻が暗殺成功したら秦の統一ができなくなるんじゃないか?

いや、あの時点でもう秦が単独で強過ぎるから統一までの流れは変わらんだろう。

始皇帝は二代目が愚かだからそのまま落っこちる可能性も否定できないような。

仮に荊軻が暗殺成功したとしても、その時点だと次代が胡亥にはならんだろう。扶蘇が継承する可能性が高いし、他の公子だっていたはず。
歴史的な影響はさておき、統一への影響はほとんど無いのでは。

嬴政が暗殺されたとしても権力の移行がスムーズに行くとは限らないし、そのまま統一できるとは限らないだろう。

その可能性が無いとは言わないが、普通に考えればあそこから戦国時代に逆戻りはないだろう。秦が強過ぎる。

仮に荊軻が暗殺に成功しても、信長の本能寺後のような展開にはならんだろうね。合従連衡の後だから秦による統一は動かない。仮に嬴政が死んでも次の秦王が統一するだけだろう。
それに秀吉のように直系の子供がいないことによる混乱や、晩年にできた子供による混乱も無いだろうから。

秀吉は形だけの統一だった上に朝鮮に攻め入ってグダグダになるなど晩年に失策を重ねて、更に競争相手の家康が強くてそこに後継者問題が直撃だからどうにもならんな。
もし信長が天下統一した場合、さすがにこれよりはマシだろう。

織田の統治体制が続くかどうかは後継者問題と、統治者にとって強力な敵になり得る存在(親族も含む!)がいるかどうかだ。
本能寺の変って信長だけでなく、あの時点で織田家当主になっていた息子の織田信忠まで自殺しちゃったのも非常に大きい。これがなければサルはあそこまでスムーズに権力を獲得できなかった。

天下統一はできても、織田体制が長く続くとは思えないんだよな……信長は身近な家臣の心さえ分からない統治者だったから、どこかで内乱が起こったんじゃないかと。本能寺の変みたいなのが起こること自体がその証明に思える。



とまぁ、こんな感じで。
詳しい人はかなり詳しくネタにできる模様です。

ただ今回のやり取りを見ていて、日本の封建社会の統治システムに関してはピンと来ない人もいるように感じられました。
この辺に関しては中華の当時世界最先端だった統治システムや官僚機構を知っていると逆に想像し難くなったりするのでしょうかね。

それからやはりというか、豊臣秀吉の評価に関しては日本の認識と異なる部分が少なくないようです。この辺に関しては文禄・慶長の役などがあるので分かり易い所ではありますが、織田信長や徳川家康に関して詳しかったり評価したりしている人がいるのとは対照的なのが興味深い所ですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「パンダだけは現実に二次元が勝てない存在だと思えるが、何故だろう?」

ありがたいことに手頃なネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

中国はパンダの本場ですしパンダが様々な所で引き合いに出されています。またご存知の通り外国に対しても中国のブランドイメージの展開やパンダ外交などで活用されてきました。
しかしそのパンダですが現実の動物はともかく、イラストやグッズでは
「カワイイのが無い」
といった印象もあるのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「パンダはイラストに現実が勝てない」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


パンダだけは現実に二次元が勝てない存在だと思えるが、何故だろう?イラストよりも現実のパンダの方が萌える。

確かにパンダに関しては現実ほどかわいいと感じないよね。

絵師のスキルの問題……ってだけではないか。どれも三次元に比べると微妙だし、それが昔からずっと続いている。

わりと大きいのは動作だろ。動いているパンダの愛らしさは強い。
みんなもそこら中に流れているgif動画のイメージが強いんじゃないか?

パンダの場合、絵にしてデフォルメすると逆に微妙になるの面白いよね。

あいつら、元が白黒でデフォルメ状態みたいなデザインだからな……

デフォルメの技術の問題なんじゃないかな。
日本のたれぱんだのような極端なものにしたら二次元独特の良さが加わる。

同意。
二次元の猫にしても極端なデフォルメと属性を抽出した結果みたいな所があるからね。

猫とか飼ってれば分かるが、たいていの動物は二次元より現実の方がカワイイと感じることが多い。手間はかかるが。

そもそも人間以外の動物は大体三次元の方がカワイイだろうに。

一部の肉食動物とか馬を除けば現実を超えてカワイイ動物を二次元で描くなんて無理に決まってるのさ!

肉食動物も子供の時は可愛いぞ。

おいおいおい……馬の可愛さを知らんとは……

パンダだけでなく猫や犬のような小動物系は二次元が現実を超えられないだろ。

猫や犬が好きだとか飼っているとかの人間の意見は全体にあてはめられんぞ。
自分も猫を飼っているけど、飼いはじめてからはカワイイと思える猫の範囲が広がったが、それは明らかに一般のカワイイと感じる範囲からズレている。

重要なのはその動物をよく知らない人間でも普通にカワイイ、萌えると感じられるかどうかといった辺りじゃないか。このスレの発言だけを見ても明らかに好みが分かれている。

猫や犬に限らず、動物は小さい時はカワイイというのは皆が認めることだろう。ただそこは好みによって変わるし、二次元的な可愛さや萌えと単純に比較できるものでもない。
そして二次元化で重要なのはそれとは別の可愛さ、汎用的な萌えをデザインできるかどうかではないかと。

現実の動物の可愛さは言ってみればぬいぐるみ的な可愛さかなあ……パンダは成長してもぬいぐるみ感が濃厚だからその分野で非常に「強い」のでは。

そう言えば、パンダのぬいぐるみってカワイイのが少ないというか、現実の方がカワイイといったことになってないか?
二次元との差よりも、こっちの方が大きな差があるような。

同意だ。。
ただそこに関しては単純な品質やデザインの問題もあるだろう。

パンダはデフォルメ、二次元の萌えに通じる記号化が上手くいっていないのかもしれない。あいつらは三次元の本物が既に極端な記号みたいなデザインになっているし、描く方もそこで止まってしまい現実の劣化版になるんじゃないか。

パンダはあのモコモコしているように見える毛並を描けていることがほとんどない。更に色が単純なのも加わって微妙になるのでは?

あれCGだとイマイチ再現しきれない感じもあるような……精密に描写している作品でもなんか違う。

毛並をリアルにすれば萌えにつながるとは限らないし、CGでの表現はちょっと不利なんじないか?

パンダは毛並みの表現に加えて動作の表現というハードルもある。

そういった現実のカワイイ部分をどうやってアレンジして二次元表現に落とし込むかなんだろう。例えばニャンコ先生みたいなのは明らかに現実の猫とは別路線だし。

二次元にするだけ、あざとい動作だけ、では現実の小動物には勝てないと思う。どうやって特徴を出すかというのが重要。

だからパンダは色が不利なんだよ。
白黒のマンガではあのパンダの可愛らしさが表現できない。

国産のカラーマンガが増えた今の時代でも、良いパンダキャラが出てないんだが……

むしろパンダって白黒に強いデザインじゃないか?

ウチの国ではこういう動物の萌え化に関する経験や流行りの把握が上手くいっていないんじゃないか?
パンダに限らずウチの国ってこの手の動物ベースの萌えキャラ、マスコット的なキャラ作りはお世辞にも上手では無い……

なんとなく分かる。目指す方向が微妙とでも言うか。
日本から入ってるものに関しても、こっちの国産への影響で目立つのは最近のオタク向けのエロ系やあざとい系ばかりだし、カワイイ系の萌えは案外少ない。

サンリオ系のは一昔前からイロイロと入っている気がするが、あんまりデザイン関係での影響は残ってないのかね。

その方向の商品もあるし、無いわけでは無いはずただディズニーの動物擬人化ともまた違う方向な所もあるし、案外難しい分野なのかね。

二次元でカワイイパンダを描くのは難しいが、ムカツクパンダを描くのは簡単だ。そこら中にいる!

意図せずムカツクのから、意図しないでそうなったのまであるよな……

ムカツクのはお前らがパンダの顔をいじりまくっているからだろ!
(訳注:中国のネットではパンダの顔部分にクセのある表情を当てはめたりするなど、コラ画像として活用されています)

二次元のパンダはコラ画像や煽りセリフ付きだからこっちにダメージを与えて来る。

パンダやクマはネタアイコン的な素材も多いし、そっちのイメージに汚染されているのは間違いない。
そこに三次元のパンダを見て、きちんとした萌えに気付くという流れなのかも。

パンダがムカツクのは、俺達に似ているからという説はどうだろう。
カラーリングと体形と体毛を理由にここまで評価が変わるのだから……!

ふーむ、皆は最近カワイイパンダを見ていないということなんだね。
じゃあお香を持ったパンダを送るよ!昔本当にすごい流行ったから見ておくと良いよ!

お香のパンダはやめろ……
(訳注:10年ほど前に中国のPCを中心に流行したFujacksウイルス、通称「お祈りパンダウイルス」は感染すると線香を持ったパンダのアイコンが出たそうです)

萌える二次元のパンダは探せば出てくるかもしれないが、探さないと出てこないレベルとも言えるのではないだろうか。
汎用性の高さというか、万人が萌えを感じるということに関してはパンダを二次元化するのは難しいのかもしれない。



とまぁ、こんな感じで。
最近の中国オタク界隈におけるパンダのイメージのようなものも出ていましたが、言われてみれば現在の中国のネットではパンダは煽り系のコラ画像としての活用が多いような……

ちなみに現在どうなっているのかは分かりませんが、以前の中国ではカワイイパンダのイラストやグッズがなかなか見つからなかったというのは確かではないかと。
私も昔中国のお土産でパンダグッズをリクエストされてイロイロと探しては見たものの、「これなら上野動物園で買った方が良いのでは」というようなレベルのものばかりで、結局消去法でパンダチョコにしたなんてことがありました。

この辺については商業的な環境の影響も考えられますし、それ以外にもパンダの本場なのでパンダをあえてデフォルメして活用する必要の無い環境だったのが影響していたりするのでしょうかね。

それからこの記事を書いていて思い出したのですが、昔(確か1970年代頃)中国に駐在していた方が日本帰国の際に、子供へのお土産に中国のパンダの大きなぬいぐるみを頑張ってかついで帰った所、そのぬいぐるみを見たお子さんが
「怖いいい!」
と大泣きしてしまった……なんて話を聞いたこともありますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「バンダイがまた意味不明な物を開発した。今度はダンゴムシだと……」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国には日本の変わったアイテムがネタ系トンデモニュースとしてちょくちょく輸入されているようですが、先日バンダイから発表されたダンゴムシのガシャポンが中国オタク界隈の方でもちょっとした話題になっているそうです。

だんごむし ガシャポン公式サイト

「まさかのダンゴムシです」 商品化を勝ち取った虫嫌いの開発者(ITmedia NEWS)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ダンゴムシのガシャポン」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


バンダイがまた意味不明な物を開発した。今度はダンゴムシだと……

へー、日本だと「団子虫」になるのか
こっちだと「西瓜虫」だよね

中文の学名だと「鼠婦」だっけか。
あと今調べたら「団子虫」呼びもこっちの百度百科に別称として載ってるから、団子虫呼びしている地方や人もいるのだろうか。

日本に行った時に見たカプセル玩具の自動販売機からそのまま出て来るとか……開発者も営業も頭の中どうなってるんだ!?

西瓜柄にペイントしてトラップをしかけたい。

日本人が何を考えているのか怖くなってくるシリーズの新作か!

ちょっと面白いことやってるな……明らかに売れ筋以外のネタなのに。

なんかこう、小さいころを思い出すアイテムではあるな

これも一種の子供の頃の思い出系グッズ……と言っても良いのか。うーむ。

石をひっくり返すとたくさんいたよね。

集中して勉強している時にこの虫が出てきて本当に物凄く驚いたから大嫌いだ。
周りには言えないが俺は虫が怖い。男でもダメなもんはダメなんだ……

日本のこの手のフィギュア?って時々意味不明なリアル造形の物体を出すよな。

これ、一体何に使えばいいのやら。

確か日本は虫のゲームがイロイロと無かったか?
そっちの方のジャンルの需要なのでは。

フィギュアだから飾るんだろ。ガンプラだって何に使うのかと言われたら飾るとしか言えんぞ。

「風の谷のナウシカ」の王蟲のグッズかと思ったら、普通の虫……?

ダイオウグソクムシかと思ったら普通のヤツの方か。

日本はダイオウグソクムシ大好きなのは知っていたが、ダンゴムシジャンル全体が好まれているのだろうか?

ダイオウグソクムシはスマホケースとかもあったよね。日本で不思議な人気を誇る虫?

自分はダイオウグソクムシの方が好みかな……

ダンゴムシってダイオウグソクムシに比べると見た目も名前も微妙というか可愛くないというか。

海辺にいるアレかと思ったら、そっちの虫か。変形ギミック搭載というのが意味不明な力の入れ具合だ。

正直に言って、この謎模型の断面図はなんかメカっぽくてカッコイイと思う。

日本にもこの虫がいるんだろうなとは思っていた。「借りぐらしのアリエッティ」にも出ていたし、身近なんだろうと。
でもバンダイが玩具作るレベルだとは思わんかった。

昔はウチの近くにもいたんだけど、いつの間にかいなくなっていた。

ガキの頃に残酷な遊びをしたが、今は無理。こんなの突然渡されたらヘンな声が出る!

高校の時に生物の授業でコレを捕まえて実験やらされた覚えがある。

とても苦手。肌がゾワゾワする。なんでこんな生物がいるんだと言いたい!

私も歳をとったらなんか虫がダメになった。なぜガキの頃は何も感じずに遊んでいたのか。

先生に病原菌を持っている可能性もある虫だから触らないようにと言われて、その後は触らなくなったっけな。

個人的にはカワイイと思うんだが、虫が嫌いな人も多いしグッズになるのは驚きだ。しかも巨大化させてとか。

巨大化、可動式、どこの会社が作ったんだ!?
と思ったらバンダイかよ!!

まーたあそこはヘンなものに技術を投入して……

実際ダンゴムシのあの構造を、丸まるギミック付きで立体化するとか技術あるよな。

さすがにZガンダムのようなレベルではないだろうが、変形ギミックの再現を限られたパーツ数で再現するのって難しそう。

ヘンなものばかり気合入れて作って……もっとガンプラの方に気合入れてくれよ!!

カワイイと思うヤツは田舎で暮らしたことがないんだろう。
農村のじめじめした所で、石やレンガを動かすとたくさん出てくるし普通に気持ち悪くて怖いぞ。

そういやウチの街にも昔そこら中にいたと思うが、最近は近所でも見かけなくなってる。農村ならまだたくさんいるのかな?

自分も農村的な場所にいたけど、ありふれていて特にカワイイとも怖いとも思わなかったわ。ムカデとか毛虫とかの方が厄介だったしな。

目に付かないのは子供の頃と違って虫に近い視点じゃなくなったというのもありそうだけどね。

虫の好き嫌いとか、虫を意識するかどうかといった辺りは子供の頃と大人になってからではかなり違ってくるからなあ
日本のこのダンゴムシもそういったものを意識した企画なのだろうか?

いや、それだけじゃ企画は通らないだろ。何らかの意図、技術の成果みたいなのはあるはず。
まぁ日本が虫大好きってのも否定はできんが。

こんなの誰が買うのかとも思うけど、案外売れるようにも思う。
個人的にネタグッズとしては面白いと思うが、自分の部屋に飾るのはちょっとキツイな。



とまぁ、こんな感じで。
困惑した空気が漂う中、ダンゴムシトークが繰り広げられたりもしていました。

こういった奇抜な商品に関して、中国の方にはトンデモ系のニュースとして紹介されることが多いので日本以上に意味不明な印象になることが多いのだとか。

ただ中国オタク界隈の反応を見ると、引いている人や困惑している人が多いものの、一部にかなり興味を持ったり肯定的に捉えている人も出ているようなので、定番にはならないでしょうけど日本のオタク系ネタグッズ、ネタ系お土産的なものとしては案外良いのではないかとも考えてしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「バンダイの技術が恐ろしいことになっている!なんであんなものが作れるんだ!」

中国オタク「FGOに出る坂本龍馬、岡田以蔵ってどんな人物なの?」

ありがたいことに
「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚の中国での反応は?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

【予告】期間限定イベント「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」開催!

中国国内版FGOでは先日までぐだぐだ本能寺が開催され好評だったようですし、ぐだぐだシリーズ出身のサーヴァントの沖田総司や織田信長の人気も高いということで、「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」についてもイロイロと話題になっているようです。

ちなみに管理人は、この間の復刻イベントのピックアップで沖田総司が引けました。
我ながら物凄い久々に当たりを引けたような気がしないでもないですが、結果的に特効サーヴァントの準備も万端、もうこれで本番のガチャで爆死しても大ダメージにはならない……はず!

さてそんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレっぽいのも混じっておりますので一応お気を付けください)


ぐだぐだ帝都聖杯奇譚極東魔神戦線1945が発表されたわけだが、新サーヴァントはどれも予想外のが来たな!

魔神セイバーじゃなくて沖田オルタとか、もう全部のサーヴァントがオルタ化できるということにならんか?

配布は坂本龍馬……今度は何に騎乗するかと思いきや、嫁さんに騎乗!!ランクはどれくらいだ!

しかし日本で最強格の織田信長、坂本龍馬が星4なんだ。
世界史的に見て低くするのは分からなくもないが、他の日本系星5サーヴァントを見ると不思議に感じる。

沖田総司が星5で土方歳三が星5だから、型月世界ではそういう位置づけなんだろう。配布だからというのが一番の理由かもしれんが!

坂本龍馬カッコイイじゃないの。
JK嫁と一緒に戦うキャラとか、意外な所で来たなあ。

アン・ボニー&メアリー・リードみたいな二人組はあったが、キャラ二人が通常でずっといるタイプは初めてか?

しかしこれ、国内に持って来れるの?炎上する可能性ないか?
内容は本当に大丈夫なの?

そりゃ当然あるよ。
FGOってウチの国でも売り上げとランキング、影響力が既に確立されているから衝突する所も多い。ちょうど「1945」という口実も出来たから燃やそうとするのが出る可能性は高い。

内容自体は特に問題無いはず。コハエースのネタがベースなら中国ネタは李書文くらい。
ただキーワードが敏感な方面に突っ込んでいるし、いくらでも炎上のネタにできる組み合わせだ……それにウチの国のFGOユーザー自体も燃え易いし……

経験値系のイベントならギャグもシリアスも良いし、内容に期待して間違い無いと思うんだけどねえ。

1945年という言葉がマズイ。
ウチの国の戦勝国としてのアレやコレやを満足させるイベントを改変していると見做された場合は炎上の火種になり得る。

極論かもしれんが、日本に原爆落ちて我が国が勝利とかやらんといちゃもんつく可能性が高い気がする。聖杯戦争で日本が敗戦を認めるとこじつけられそうなのもマズイ。
どうすんだよ……日本では原爆はウチの国で言う敏感なネタなんだぞ……

時期をぼかしてやるくらいじゃないかね。
でもFGOがこれだけ広まってるし、火を付けたがるのもそれに乗っかるのも出るだろうしなあ

出す人物自体は結構良いんだけどな。
昔坂本龍馬で中日合作の京劇とかやってたし。

私も万一のことを考えると「1945」という言葉は無くした方が良いのではと思ってしまう。

まぁ1年以上先のことを心配してもしょうがない。
その時その時でウチの国は風向きが変わるし、水着イベントなんかも事前に修正だなんだと大混乱した時と実装した時では空気が違った。
bilibiliも収益の柱にしているんだから問題のラインは認識しているはず。

財務報告で普通にソシャゲ、それもFGOが収益の中心だと出ていたし、FGOが消えたらbilibiliも倒れるみたいなことになりかねんだろうしな。対策は考えるだろう。

とりあえず、微課金としては魔神セイバーを獲得するのは難しいだろうから考えないでおく。
しかし配布の坂本龍馬が結構カッコイイので楽しみになってきたぞ!!

坂本龍馬良いよね。
ところで上の方で坂本龍馬が日本で最強クラスになり得るみたいな話が出ているけど、坂本龍馬、それから岡田以蔵ってどんな人物なの?元ネタもそうだが、型月でどんなアレンジになっているのか知りたい。今分かっている範囲でも良いから。

坂本龍馬は歴史ネタとしては明治維新の功労者で、薩長同盟の立役者、船中八策を考えたとかが有名。日本を救ったとか夜明けに導いたとか。あと暗殺された。FGOだと嫁連れて出てくるリア充。
岡田以蔵は幕末の有名な人斬りで、思想も無く道具として使い倒されたテロリストかな。
どっちも土佐藩出身だから史実でも知り合いで背景に重なる部分も少なくない。

FGOの坂本龍馬のあれは嫁のおりょうというわけでは……いや、それはともかく日本で初めてハネムーンをしたというリア充エピソードはあるな。あと万国公法で国内国外と裁判をやって勝ったとかのエピソードもあるし、幕末では何かと人気の高い人物。

坂本龍馬……剣術系英霊なんだろうけど、とてもテニスが強そうな名前だ……

日本のアニメや漫画に出てくる「リョーマ」的な名前は大体この人物が元ネタらしいぞ。
それくらいの人気の高さ。

船中八策が有名なのと私設の貿易集団と海軍とも言える海援隊を設立運用したのが有名、革新的な人物としての評価につながっている。
ただ坂本龍馬は人気高いけど、暗殺で若くして死んだのもあって実際にやったことはそんなに多くないし、この手の話でありがちだが彼の果たした役割の大きさに関しては疑問が呈されている物が少なく無かったりする。

船中八策も坂本龍馬が考えたんじゃない可能性が高いという研究が出ている。
坂本龍馬って死んだ後にどんどん有名になって人気が出て、エピソードも膨らんだ人物なのよ。ある意味ではかなり型月向き、サーヴァント向きな人物なのは確か。

坂本龍馬の功績は三菱の設立にかなり影響しているらしい。坂本龍馬が暗殺された後の海援隊などの組織を三菱創始者の岩崎弥太郎がかなり持っていったとか。

日本の幕末ドラマだと坂本龍馬はかなり人気キャラ的な扱いになっていると感じる。私が知っているのは「龍馬伝」や「仁」くらいだが。

私は坂本龍馬よりも岡田以蔵にひかれる物を感じた。
調べてみると、彼は何とも悲惨な人物だったように感じる。剣豪になりたくても身分の低さから正式に学べず、教養も知能も無いから土佐勤王党に入っても政治的なことは何も出来ず、やらせてもらえず、ただただ人斬りで自分をアピールして地位を向上させようとするしかなかった。
師と仰いだ武市瑞山からも殺人のための駒としてしか扱われず、最後には師に毒殺されかけ最後は切腹では無く打ち首とは……

別に悲惨とも思えない、出身に問題のある人間のありがちで自業自得な生涯に思えるが。

教養の無い人間の末路よね。幕末はこういう人間も少なくなかったはず。
それに岡田以蔵に関しては殺した相手がたくさんいるわけだし、単純に同情はできない気がする。

ただ殺しを生業にしていた連中で沖田総司との違いが大き過ぎるのは興味深い。

総司は新撰組枠だし、天才剣士枠だし、扱い違うよね。何よりFateでは性転換武内顔だし!

岡田以蔵は剣心の人斬りのモデルなんだっけか。

いや、剣心のモデルは河上彦斎だと明言されている。幕末には四大人斬りというのがいて、岡田以蔵もその一人。
ちなみに薫のモデルは坂本龍馬が剣術修業をした千葉道場の道場主の娘の千葉佐那。FGOには出てこないかもしれないが、坂本龍馬の物語ではおりょうに次いでヒロイン、恋人枠になることが多い人物。

千葉佐那は坂本龍馬と婚約していたという説もあるな。坂本龍馬に関してはおりょうとの結婚エピソードだけを見るのとはまた違った印象になってくる。

岡田以蔵に関しては小人という印象しか。激動の時代ではこういう悲惨な小人物は多い。

岡田以蔵みたいなのは乱世ではありふれていたろうし、言ってみれば典型的な悪人枠だろう。属性的には混沌悪。
日本の作品だと可哀そうな過去による同情評価や寝返りによる経歴ロンダリングなんかがありそうだが。

あの時代の日本では岡田以蔵みたいにのし上がろうという人間は多かったろうし、岡田以蔵は悪名ではあっても歴史と人々の記憶に名を残しているのは悪くないと思うんだがな。

岡田以蔵は悲惨だとかカワイソウだとかいう印象にはならんな。人斬りにしろ新撰組にしろ、所詮は利用される側、人殺しの道具的存在でしかない。しかも人殺しする側も結局は自分がのし上がるため、自分の利益のためなんだから。

そこは見せ方、感情移入のさせ方次第だろう。岡田以蔵に関しては「龍馬伝」の見せ方はかなり心に来るものがあった。
もちろん愚か者ではあるし、当然の報いも受けるわけだが、その過程は悲惨とも言える。

FGOのCMにもあったけど、岡田以蔵は坂本龍馬との関係で見ていくと結構複雑な印象になる。今度のイベントでどう描写するのか、私はかなり興味があるよ。

新撰組は武士であろうとした武士ではない若者達という見方もできるし、坂本龍馬や岡田以蔵は時代の流れでのし上がろうとした若者達という見方もできる。
言っちゃなんだが新撰組も坂本龍馬も岡田以蔵も史実の大局な視点で見たらそれほど重要な人物ではない、ただ面白い人物ではあるから物語においては作者のセンスで大きな勝負ができるキャラなのではないかと。

しかし坂本龍馬はともかく、なんで岡田以蔵がサーヴァントになれるんだ?

幕末で四大人斬りとして名を残すレベルだからアリな範囲なのでは。
日本だと知名度補正もかかるだろうし、人理修復ではなく局地的な聖杯戦争のサーヴァントとして見れば問題無いんじゃないか。

そこまで強いわけじゃないしな。しかもセイバーじゃなくてアサシン。
コハエースネタでの扱いだと、李書文に格の違いを見せつけられてたし、普通にサーヴァントの能力として見るとアサシンのクラススキルがかみ合っていて使えそうなくらいで強さはそれほどではない。

あんまり難しく考えるな。
人斬りサークルの天才キャラが女体化して最強クラスのキャラになるゲームなんだから!

それにしても日本刀使いがたくさん出るはずなのに総司以外にセイバーいないな……型月では剣豪でセイバーになるのは難しいのだろうか?



とまぁ、こんな感じで。
沖田オルタに関しては情報待ちといった所もあるそうで、話題に関しては予想外の配布サーヴァントの坂本龍馬や、これもまた予想外の実装となる岡田以蔵についてのものが多くなっているようです。

中国オタク界隈では日本の幕末ネタの人気が高いですし、「るろうに剣心」や「銀魂」などを通じてのイメージや、そこからさらに調べた知識などもあることから語ったり考察したりといったことができる人も少なくないのだとか。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

炎上して「二度目の人生を異世界で」がアニメ化中止になった件に対する中国の反応

以前の記事
「アニメ化も発表されたラノベ作品が中国で「日本軍の侵略行為を美化している」とされて炎上?」
に関して、
「その後の動きについての反応は?」
という質問を複数いただいておりますので今回はそれについてを。

アニメ「二度目の人生を異世界で」、主要の声優が一斉に降板 原作者がヘイトスピーチについて謝罪の直後(ねとらぼ)

人気ラノベ「二度目の人生を異世界で」、アニメ化中止 単行本計18巻も出荷見合わせ 原作者差別発言で(産経ニュース)

前の記事を書いた時点ではこれまでのオタク関係の炎上ではやや小規模(ただし中身は比較的過激)といった所だったのですが、その後日本での報道とアニメ関係の動きのニュースが再度輸入され、現地でも炎上の規模が拡大中のようで、結局はいつものレベルの炎上になってきたようにも感じられます。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトにおけるこの件に関するやり取りで、比較的落ち着いていて穏当な発言の多い所のものを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


あの作品のキャストの声優が辞退している!これは始まったな!

増田俊樹のニュースをさっき見たと思ったら、他のキャストも一斉に辞退になっているみたいだな。

これはざまあ案件?

やり過ぎたんだよ。この作者は業界的に死亡確定だろ。

スバラシイという言葉以外に無いね。

大事件になって事務所もヘタレたってことか?良いことだ。

圧力を受けてようやく辞退か。
歴史の改ざんは許されない。この件に限らず、日本人にはもっと痛い目を見せないといけないだろう。

褒めてやってもいいだろう。声優が自分の声で辞退を表明したんだから。

声優は事務所に逆らえないからしょうがないとかばっていたヤツもいたが、どうなの?

別におかしくない声優が事務所に逆らえないのは変わらん。公式のアカウントで発言しているんだから声優が自分で発言したわけじゃない。

どっちにしろ良いことなのは変わらんし、そこは気にするほどでもないんじゃないの?
これで声優叩きはやめても良いと思うが。

政治レベルの話になるから日本国内でも大問題になってるんだろう。ニュースも大きく取り上げられている。

とりあえず国内ではもうこの作品が出回ることは無いな。金出す連中も慌てているはず。

もう昔とは違う!
我が国の市場を無視できない!愚か者共に思い知らせてやれるわけだ!!

アニメもソシャゲも中国市場に依存しているからこういう事件をどんどん潰せるようになってきたのがスバラシイ。

もっときちんと管理しろよ……日本がしっかりとした態度を見せるなら今後の中国市場への展開や合作も考えてやらんわけではないのに。

中国市場がここまで強大になったんだし、こんな作品に金を出す所はもうないだろう。

しかし作者もあっさりと謝罪してくるとは。予想はしていたがやはりヘタレだったか。

アニメの公式サイトも死にたくないとばかりに謝罪をしまくりのようだ。

作者の謝罪?そんなもん、聞こえんな。聞く気もおきんが。

理知的な判断をするのが多いようだな。このクソアニメと作者はさっさと沈めろ。

小説も出荷停止になった模様。日本の書籍流通での扱いは分からんが、もう絶版みたいなもんだろ。作者に対する損害賠償にもなる案件か?

こんな大事になるラノベは日本の業界初だろ。
良い機会なんだから、日本人はバカな考えとバカな態度を捨てなければ多くの代価を支払わねばならないことを学べ。

もう社会的に死んだのだから作者はさっさと一度目の人生を終わらせて、二度目の人生に行けばいいと思うよ。

ここまで来たらアニメ企画の継続とか無理だと思うがどうすんだ。

アニメ制作関係者は今社会主義の力を思い知っていることだろう。

声優がみんな逃げたし全編口パクで字幕のサイレントムービーでいくの?

二線級三線級のを持ってきて無理矢理形にするんじゃないの?
ただ実名で出たらその後に大きな影響が出るだろうがな!

日本のネット小説はセリフばかりだから、いっそ動画も減らして声だけで適当に朗読させればいいよ。その程度だったらプロを使わなずにその辺のスタッフでできるだろ。

作者も声優も終わった。
次の攻撃はこのアニメ企画を作った会社、関係した編集部だ!

アニメ制作会社とOPとED歌っている歌手もだぞ。

アニメ化中止来たぞ!
これは嬉しい。

朗報だ。公式サイトの方でも発表があるしこれで終わりだな。

正直、中止自体は意外ではない。
ただ行動が速いのは評価できる。こんなゴミ作品はさっさと殺して浄化せねば。

正直大笑いだ。完全勝利過ぎる。

悪くないね。この速さだけは予想外だったかもしれん。

お前らどうすんの?制作会社は許してやるの?

仕事の依頼受けただけだろうし制作会社は良いんじゃないの。責任を負わなければならないのはその背後にいる企画を立ち上げた連中だし。

最初はここまで迅速にキレイに終わるとは思わんかった。素晴らしい!!

しかしこの作者もヘンなつぶやきをしてなければ……典型的な口は災いの元というヤツだ。あと企画も。なぜこれを通したのか。

HJに戦力のある作品が無かったのと編集が無能だったんだろう。
最近の日本のラノベはネット小説の商業化を乱発しているが、編集部と資本がきちんとしている所とそうでない所ではやはり戦力に違いが出ている。ああいう粗製濫造な転生ネタでもHJの中では売れている方だ。

HJは作品を守らないしきちんと宣伝もしない印象があるけど、それが結果的に今回の鎮火につながった気もするのはなんとも微妙な気分だ。
ほとんどの場合、商業化が上手くいかないとネットの連載も止まっちゃうんだよね……

そもそもきちんとやってたなら炎上しないだろ!

「手机侠」と似たような所を狙っていたんだろうけど、こんなことやったら死亡確定だわ。
(訳注:「手机侠」は「異世界はスマートフォンとともに」の中国でのあだ名です。「手机」がスマホで「侠」はヒーローの○○「マン」に相当する言葉なので、意味的には「スマホマン」といった所でしょうか)

ああいうのってオタク受けは悪いけど頭使わずに見れるから一般層からの再生数は結構稼げる。ただそういうのって炎上の影響がでかいから、そこにこのイメージは致命的。

露骨な政治ネタのある作品はウチの国の国産でも商業化難しいし、中国まで展開するような作品は今後減るんじゃないかな。

今回の件に限らずわりと売れている作品やその作者の中にもその手の「敏感」なネタ入りなのがあるけどそのリスクはどうすんだろ。今回のはあまりに直撃過ぎたからの大炎上だけど、他のもリスクが無いわけではない。

日本が現代社会ネタで俺TUEEEEEやると中国がまずボコる相手になるからな。
ベクトルは違うがネタの志向はウチの国のネット小説と変わらんというか、なんとなくそうなる事情も理解できるような気がしてしまうのがまた……

どっちにしろ、日本の処理はクレーバーだったと言える。
これで一定の落ち着きは出てくるんじゃないか。



とまぁ、こんな感じで。
祝勝会会場となって色んな発言が飛び交っていましたが、近頃の中国オタク界隈の方々のイメージやアピールしたいものなんかも出ているのも興味深い所ですかね。

昨年もイロイロな炎上案件が起こったように、近頃は中国の国外コンテンツに対する受け取り方や反発のアクションがイロイロと変化しています。
そんな中で日本のコンテンツが中国に入るスピードは上がっている上に、コンテンツの中身をチェックする態勢が整っていませんから、今回のような事件は起こるべくして起こったのかもという気がしてしまいます。

それにしても即座に謝罪して企画を止めたのは、中国における政治歴史ネタの炎上への対処としては正解の一つかと思われますが、これが今後どのように影響するかを考えるとイロイロと頭が痛いですね。
日本のコンテンツにおける中国ネタの扱いとか、どう考えても良い方向に行きそうにないですし、めんどくさいから出さない触れないみたいなことになってしまうのではないかという不安も。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。ただ今回も荒れそうな話題なので、どうかお手柔らかにお願いいたします。

中国オタク「日本の二次元に出てくる保健室はどこまで現実なのか。あんな居心地の良さそうな場所なのだろうか?」

ちょっと身の回りのゴタゴタが終わらないのでストックしてあるネタで……

中国オタク界隈では日本のアニメや漫画ラノベに出てくる定番要素についての話題がよく出ていますが、その中でも日本の学校生活関係の物は自分達の体験や知識と比較することもできるので、イロイロな感想や考察が出て来るとかなんとか。

中国のソッチ系のサイトではそんな学校ネタの一つ
「日本の学校の保健室」
などに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の二次元に出てくる保健室はどこまで現実なのか。あんな居心地の良さそうな場所なのだろうか?

ウチの国の学校にも保健室はあるけど横になって眠ったり、相談しに行ったりするような場所じゃないよね。

自分の中で日本の学校の保健室と言えばエッチな体験やラッキースケベに出会える場所かな!まぁイベント関係はさておき、あの居住性のありそうな空間については気になる。

保健室と体育倉庫と誰もいない教室、視聴覚室や音楽室はイベントが起こる。
どれもウチの国だと鍵がかかって入れねえよ!!

現実の日本の保健室だって二次元の保健室ほど良いもんじゃないだろ。

それは当然だろうけど、創作で出てくる描写は日本人に説得力を感じさせているわけだし、日本の学校生活における保健室というのは気になる。

ウチの国の医務室や保健室と呼ばれる場所はそこまで良い所では無いよな。
自分の学校も体調不良な人が横たわるベッドとかはあったが、もっと簡易的なものだった。

本当に保健室でずっと眠ってサボるとかできるのだろうか……

どの国の学校にも保健室的なものはあるだろうけど、日本のあの居住性は独特なのではないだろうか?

自分の通った学校の保健室には薬が並んでてベッドは堅くて漂う消毒液の匂いも加わって眠れそうなもんじゃなかったし、椅子も座り心地が良いとは言えないそっけない折りたたみ椅子だけだった。

自分の高校の医務室はベッドがあるくらいで、それも救急車を待つ重傷者を一時的に置いておくくらいだったな。体調不良で横になってる人間は見た記憶が無い。

病気の時はさっさと帰宅させるだろうからね。
そう言えば昔インフルエンザが大流行した時は熱があったらすぐに親呼んで帰宅させて自宅待機だったな。

私の学校ではインフルエンザの時は保健室で隔離するってことはあった。その時は珍しくいつもは人がいない硬いベッドに横になるのがたくさんいたから、よく覚えている。
ただ普通の風邪だったクラスメートなんかも混ぜられてたようで結構微妙な気分になったらしい。

そんな感じだよね。
熱があるくらいでは保健室で横になって休ませてもらうのは無理だ。休んで帰宅レベルか、特殊なインフルエンザが流行っているような時でもないと。

少なくとも居心地が良い場所では無かったよなあ……あんな所でサボって休みたいとも思わなかったし、ホントに病気で調子が悪い時も医務室なんかいかないで早く家に帰りたかった。

日本の学校ってどの程度のレベルまで生徒を保健室で休ませるんだろう?
調子悪いならさっさと病院に行かせた方が良いと思うんだけど。

保健室って休みの証明もらう所だろ。気分が悪くなったら先生に言って、保健室に行って証明もらって帰る。

いいなあ……私の学校はそういうのは余程じゃないと出してくれなかった。

日本の保健室の対処で休ませることが多いのは確かに疑問だ。
さすがに明らかな重傷や重体は救急車だろうけど……例えば風邪なんかはさっさと帰宅させた方が病人にも周囲にも良いだろうに。

風邪やインフルエンザだったら日本でも帰宅じゃないか?
日本の作品での描写は貧血みたいなのを休ませて回復を待つとかそんな印象だ。

私は昔日本の学校に通ってたことがあるんだけど、保健室は「気分の悪くなった人」のための場所だったよ。病気以外女生徒の生理での休むとか、障害持ちの人が休むとかの場所でもある。
もちろん仮病で保健室に行くのもいた!

日本の体験があるなら聞きたいんだが、そもそも保健室にいるのって教師であって医者では無いんだよね?

あれは養護教諭っていう特殊な教師の一種。教師ではあるけど、資格もちょっと違うみたい。
だから医療行為は法律的に許可されていない。怪我の応急処置とかは可能だけど薬を出すとかはダメ。例えば保健室に行って風邪薬もらうなんてのはできない。

薬出さないのか。それは意外だ。
自分の中では医務室って風邪薬やヨードチンキを出す所になってる。あそこで金払って買うなら普通に医者か自分の家で薬を買った方が良いと思ってたなあ。

日本の保健室って原則としては医者にいくまでの応急処置みたいな感じ?

そうそう。学校のスケジュールから一時的に外れて「休む」場所だから日本の保健室ってあんな感じになっているんだよ。
あと保健室で眠れるのは一科目の間くらいで、それ以上は授業に戻るか帰宅して病院かになった。あと当然だが本当に病気で調子が悪い場合は保健室で寝るとかではなく即病院だ。

なんとなく分かってきた。
でも設備はアニメや漫画のような感じで間違いないんだよね?

細かい所は違うだろうけど、大体あんな感じ。居心地はやはりウチの国の学校のより随分と良いと思う。

ちょっと羨ましい。私は貧血で倒れて学校の医務室で休んだことがあるけど、寝心地は最悪だった……

ウチの国は大きい所だと衛生関係の資格持ちを置かないといけなくなって、小さい所だと教師がやっても良いんだっけ?

必要な資格や許可証はあったはず。ただザルな所もあるから実際は怪しい。
たまに学校の医務室の取締りのニュースが出たりするしね。

そう言えば俺の大学、医務室が無許可営業だったらしく取締り受けて1年医務室無しな状態になったことがあるわ。

大学だと学校の病院がある所ならそれで済むんだけどね。
私が高校の時の医務室は常備薬を売っているほぼ薬局みたいな感じだったよ。当直やってる医者の先生(どういう資格だったのかは分からないけど)がいてちょっとした怪我や病気の処置をしていて、重い怪我や病気は帰宅させたりちゃんとした病院に行かせたりだった。

ウチの学校の保健室については制度的に作っておいただけみたいな所もあるからなあ……高校の時は存在は知っていたが扉が開いているのを見ないまま卒業したような。

私の所も一年中鍵がかかっていた。今にして思えば、中身が無いことをバレないようにするためだったのでは。

俺の通った中学と高校はそれっぽいもの無かったな。
予防接種とかの衛生保健関連のイベントはあったけど、保健室的なものは記憶に無い。

そもそも、あっても利用しないだろ。
小中高と医務室に行ったことが無い。高校の頃なんかどこにあるかも知らなかった。

私の学校にも保健室無かったわ。調子悪かったら先生に証明もらって帰宅。

日本の保健室も学校内での役割、生徒の応急治療や校内衛生や保健関係とかについてはウチの国とそこまで変わらないだろうけど、それ以外の役割や生徒に提供されるものが結構違うように感じられるよね。

ここで出た話や色んな作品の描写から考えると、色んな意味での学生の避難所という役割もあるようだし、分かり易い病人だけが利用者ではないんじゃないかな?
そういった面があの居心地の良さの整備につながっているのでは。



とまぁ、こんな感じで。
日本の保健室に対するイメージに加えて、中国オタクの面々の学校生活における保健室についての話も出ていました。

上のやり取りにもありますが、日本の学校の保健室に比べると中国の学校の保健室(医務室)はあんまり居心地の良い場所ではないようですね。

私も中国の現地校に通っている時、ストレスで胃をやられてしまい学校の医務室行きになったことがあるのですが、日本の保健室とは違う色んな意味での「硬さ」に驚いた覚えがあります。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「アズレンが日本で『艦娘』を広告で使ってDMMから本気で怒られたらしい」

艦これの食べ物ミニイベント、この週末で終わりにしたかったのですが梅干しドロップで運に見放されているようで苦戦中です。
あと個人的には一体いつ手に入れたのか分からない、温存しているうちに超古古米と化した多くのおにぎりを消費する機会になって装備欄がスッキリするのがスバラシイイベントかもしれません。


さて、ありがたいことに
「アズールレーンが『艦娘』を勝手に使っていることに対してDMMが声明を出した件」
に関して複数の質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

『艦これ』のDMMが商標「艦娘」について声明発表―『アズールレーン』公式が告知で使用(インサイド)

以前からアズールレーンが「艦娘」の呼称を勝手に使っているのはちょこちょこと目に付きましたし、中国のアズールレーン系のコミュニティでもずっと普通に「艦娘」が使われているのですが、さすがにDMMからの声明ということで今回の件を重く受け止める人も出ているようです。

また今日になってアズールレーン側からの謝罪も出たようですね。
アズールレーン運営、他社商標の使用を謝罪(ニコニコニュース)

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りで比較的落ち着いていた所のものを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(昨日の晩にまとめたものなので、アズールレーン側から謝罪声明が出る前のやり取りになっていますのでご注意を)


アズレンが日本で「艦娘」を広告で使ってDMMから本気で怒られたらしい。
どうすんだこれ……

今後は艦娘って言葉使えないの?
こっちではもうこの手のキャラは全部艦娘、アズレン系のスレでも基本的に艦娘呼びだが。

だから最初の頃に別のにしておけと言ったのに!
問題にされていない怒られていないからやったもん勝ちだと良い気になってたらこれだ!

これ、艦艇を萌え擬人化するという話じゃなくてそれをどういった名称で呼ぶか、商標の権利の問題だからアズールレーン側はどうしようもないだろ。

あえて言うなら、さっさと専用の呼称を確保しておくべきだったくらいか……

よし、ならば日本語のKanmusuではなく、中国語読みにしてJianNiang表記にするとかはどうだろうか?

英文ならともかく、漢字はダメだろ。簡体字と繁体字と日本の漢字でも区別した扱いにはならん。

マドリッド協定とかが影響するケースなのかとかは知らんが、少なくとも日本で艦娘という言葉を使うのはアウトだと明確に抗議されたわけだし、日本ではもうどうにもならない。
DMMがどの辺りまで商標押さえているかは分からないが、作品の規模的にかなり広い範囲で押さえているはず。

他の商標問題から考えると、ユーザー間で使う分には問題にならないけど公式関係で使ったらいけないという感じだろうね。

これってそんなにマズイ話なの?
DMMがアズレンの広告に艦娘という言葉を使ったからちょっと警告しただけで、騒ぐほどでもないように感じるんだが。

わりと大事だぞ。
次は訴訟で法廷コラボとかになりかねん。

なんで艦娘を使っちゃいけないんだ。
今は艦娘系のゲームなんてかなりあるだろ。みんな艦娘って呼んでいるんだから今更DMMが警告するとかおかしいだろ。

そうそう。
別にアズールレーンが似たような商標を登録して妨害しているわけでもないのに。

類似商標で妨害するより見方によっては悪質なのよ。単純にタダ乗り、盗用みたいなもんだから。
あとみんなが使っているから誰でも使っても良い、一般化した名称だから商標で独占できないってケースは、本当に余程のレベルじゃないと認められない。

いわゆる普通名称化しているから使わせろってことか?
「艦娘」が普通名称化したという判断は出て無いし、これって言ってみれば普通名称化防止のためのアクションだから、恐らくDMM側は譲らんぞ。

こういうのって商標権を持っている側が本格的な問題にしていないからだけというケースも多いからね。何も言われないから使っていいという話ではない。特に商業関係。
ユーザー同士で使うとか日常生活で個人が口にするならともかく、商業広告は明らかにアウト。

今回の件が最初じゃなくて、日本では過去に公式がクリスマスイベント告知とかでも使っていたから問題視はされていた。
DMMが本気で動き始めたようにも見える。

これ、アズールレーンがDMMの持つ商標を普通名称化しようとしての陰謀と見ることもできてしまうんだよなあ……

1周年を祝うとかやってる時に色んな問題が発生して気の毒だ。
しかしどんな名前にすればいいんだろう。商標登録されていなくて、中日どちらでも使えて、ユーザーも違和感が無いようなのはあるのか。

日本の広告では修正した後は「艦」呼びなんだっけか。当面はそっちでやることになるのか?
でも「艦」だと萌えを感じないし嫁にできる気も薄れてくるような。

騒ぎたい連中が騒いでいるだけで、時間が経てば落ち着くよ。
アズレン側も謝罪声明を出したし、このまま双方和解となっていくだろう。

アズールレーン側は現時点だとまだ謝罪していないぞ。
今出回っている謝罪文画像はユーザーに謝罪しているだけだし、公式声明でもないサポートの返信だろ。

俺は「アズールレーンとDMMの間での問題は既に平和的に解決した」と聞いたんだけど。

公式には映像の文字を修正しただけか?
そもそもDMMとアズールレーン運営の対話って行われたのだろうか。私が知っているのもユーザーへの謝罪だけなんだが……

もしや騒いでいる抗議の投稿だけに場当たり的な対応して肝心な対処をしない、組織としての対応を取ろうとしない……というよくある対応になってないか?
ウチの国のお偉いさんからの規制なら「察しろ」で済むが、今回の件はそうじゃないだろ……それに昔こっちで炎上が超特大炎上になって衰退した原因の一つがそれだったろ……

DMMは陰陽師の方はやってるが、アズールレーンはどうなんだろう。
ユーザー間の対立はこっちでも日本でもかなり不穏に見えるが

何はともあれ、双方があまりゴタゴタしないことを祈るよ。

ゴタゴタしないのは不可能だろ。
こっちでも既に罵り合いが始まっている。日本ではもっとマズイことになるんじゃないか?

アズールレーンについて日本では「敵を作り過ぎた」とも言われている。
ユーザー発のゴタゴタでは艦これどころか、FGOやグラブルに対してまで煽っていたからどのゲームでも万遍なく嫌われている。

艦これはその辺りを非常に上手くやってるように見えるから尚更だよね。
最近もSamuel B.Robertsのデザインに鋼鉄少女のZECOを連れてきたりとか。

アズールレーンはちょっと攻撃的過ぎたね。他と比較して優れているというアピールばかりだったから。
しかも神運営とか良心的とか、実際プレイしてみるとそれほどでもないのを実感するしもっと他のアピールあったろうに。

ほほう、これは艦これとアズールレーンと戦艦少女の戦いか!?

争え……もっと争え……!!

戦艦少女関係ないだろ!
いやまて、やっぱ関係あるのか?どこかで「戦艦少女」呼びも勝手に使っていたような気もする。

元々問題を指摘する声があったのに対応を取らなかった結果だし、
「関連書籍や関連作品、関係者の同人作品だって艦娘という名を勝手に使っているのに、なぜ俺達が使えないんだ」
と問題指摘する人間をバカにする空気があったからね……その反動も出ている。

間違いはさっさと認めて、問題を正せとしか言えない。
この問題って今まで使っていた宣伝ルートがそのまま炎上を加速させるルートになっている気がするよ。

今後はどんな名前にすればいいのやら。艦?船?

削るんじゃなくて「娘」の方を変えたらどうだ。
そもそも「艦娘」の「娘」の意味は中国語の漢字とは違う。こっちではもう「娘」の字には「女の子」とか「少女」的な意味はほとんどない。「娘」だけで使ったら母親を呼ぶような意味になるんだから。

艦娘……母親……そうか……最近日本の提督が叫んでいるスカイママとは!

しかしそうなると何が良いんだろう。こっちの漢字の使い方だと「妹」が近いのかね。

乙女とか少女とか姫とか、それに艦やら戦やらとかつければ……でもそういうのって既に使われているのばかり。

今まで放置していたツケだな。
戦艦少女の方はちゃんと変更している。

戦艦少女Rも当初は「艦娘たちを率いて敵艦隊を破れ」とかになってたんだっけ。

ウチの国ではミリタリー系艦船擬人化ネタは基本的に「艦娘」呼びになっちゃってたからなあ……
ただ使われている範囲が狭いし時間もそこまで長いわけじゃないから社会的に普及しているとは言えないし、商業でフリーに使うのは無理だろう。



とまぁ、こんな感じで。
ゴタゴタしたり困惑した空気が漂ったりしているようです。

中国ではソシャゲの運営に限らず、イロイロな所で、取り締まりを受けるのは運が悪い所で自分は違う、或いは取り締まりを受けるような空気になったら自粛すれば良い……といった方針でやっているように見えることが少なくありません。

この手のゴタゴタに関して、オタク系のコンテンツでは内容の過激さ暴力やお色気描写についての問題が比較的目に付き易いですが、権利関係のやらかしというのも珍しくはありません。

ここ数年で日本に展開される中国系のコンテンツが増えていますが、その中にはどこまで意図的なのかは分かりませんが「中国的な考え」でやろうとして危なっかしいことになっているコンテンツも目に付きます。
今回のアズールレーンによる「艦娘」の勝手な使用に関しては、その辺りがいよいよ問題視されだしてきたようにも感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

アニメ化も発表されたラノベ作品が中国で「日本軍の侵略行為を美化している」とされて炎上?

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

アニメ化も発表されているネット小説系ラノベ
「二度目の人生を異世界で」
ですが、現在中国で炎上してものすごいゴタゴタしているとのことです。

「二度目の人生を異世界で」アニメ化、1億8900万PV突破のなろう小説(コミックナタリー)

「二度目の人生を異世界で」はこちらの「軽文軽」というサイトで配信されていたそうで、その内容が中国で大問題とされているとのことです。

ただ検索では「正版」(正規版)と出てきたのですが、私の環境では現在サイトに飛んでもメンテ中と出るだけでどういったサイトなのか確認できません。
(記事をまとめている最中に教えていただいた追加情報によると、その後サイトから日本カテゴリが消えたそうです)

最近はテンセントなどで日本のラノベの中国語版の正規配信が行われたりしていたはずですし、このサイトでも日本のラノベの配信が行われていたのでしょうかね。

そして問題となった内容ですが、
「日本軍の侵略行為を美化している」
などといった点などが問題視されているのだとか。

コチラのニュース(中国語)などによると

「第二次世界大戦中に中国で3000人以上を虐殺した日本軍の中国侵略の兵士が主人公となり、異世界に転生して人生の勝ち組になる」
「恐ろしいことにこの日本のライトノベルが中国国内のあるサイトで配信されている上に、アニメ化までもされるということだ」

といった形で紹介されています。
またコチラコチラのニュース(どちらも中国語)では5/30に出たという配信中止を含む公式の声明が紹介されています。

声明で目を引くのは
「この作者が日本国内で発表した日本語原文における背景設定の部分には確かにネットユーザーからのフィードバックで指摘された一部不適切な内容のものがあった。また我々に渡された翻訳するコンテンツ素材においてはこの部分の内容が取り除かれていた」
という点や
「我々は即座に、永久に、徹底的この作者に関連する内容を削除し、この作者との一切の提携を終了させ、この作者に対してこの度の件によって生じた傷や影響に対する全中国人民への正式な、誠意ある謝罪を要求すると共に、賠償を要求する権利を保留する。」
といった部分でしょうか。

この件に関してはかなり慌てた対応が行われていたようですし、この声明の前後関係やアップされていた内容も今となってはよく分からないので、私も正直な所どういった状況なのかがイマイチ分からなかったりします。

教えていただいた情報によると、現在中国で問題とされキャプ画像などでも拡散されているのは、「小説家になろう」に掲載されている部分で言えば
「幕間その2らしい」
にある内容

「界渡り前は、功刀一刀流第14代当主。
 幼少より剣道を嗜み、13歳にして剣術へ移行し、その才能を開花させる。
 15歳より、武者修行と称し中国大陸へ渡り黒社会で活動。
 刀一本で大人数へ切り込み、生還する様から「剣鬼」の異名で呼ばれる。
 黒社会活動中の殺害人数は5年間で912名に及ぶ。
 その後、世界大戦に従軍。
 4年間の従軍期間中の殺害数は3712名、全て斬殺。」


という所らしいです。
また教えていただいた所によると
「大まかに見ただけではありますが、現在中国で批判されている中国で大虐殺したとか南京事件に参加したなどといった設定があるのか、日本語版の方では確認できていません」
とのことです。
実際の所、どうなんでしょうかね。私はこの作品については昔小説家になろうのランキング経由でちょっと読んだくらいで作品全体をきっちり把握しているわけではないので何ともかんとも。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんなんだアレは。
よくある日本人が異世界に転生して俺TUEEEEEして日本刀TUEEEEEする作品化と思ったら戦犯賛美作品だと!?

ヒド過ぎる。
使い古された異世界トリップのゴミ小説家と思いきや、無辜の人間を大量虐殺したことで主人公を賛美するとかゴミの中のゴミだ。

あれは創作や言論の自由で認められるようなもんじゃない。そんなもんを理由にファシズムが認められていないのは世界的に明らかだ。
あの作品を弁護するヤツは自分がファシズムを弁護しているということを理解しろ!

日本人が中国人を殺すというだけの話ではない。これはナチスがユダヤ人を殺したのと同じだ。それを賛美するような作品を我々は叩き潰さなければならない。

日本の連中が中国をどう思ってようが構わんが、虐殺を賛美するなら覚悟しておけ。

まだこの作品を擁護するようなのがいるけど、作者のtwitter見ろ。擁護する気が消滅するぞ。

この作者のtwitterでの発言がまた中国叩きヒドイからなあ……それに対して死ねとか絡んでるウチの国の連中も大概だが……

そんなの言われて当然だ。
みんなでこの作者に突撃だ!

まったく……なんであんな作者の作品を商業化するのか。

日本はネット小説後進国だし管理ができていないんだろう。
ウチの国のネット小説の商業システムの完成度を改めて実感するね。

管理規制が厳しくなり、その結果勢い無くなってwebマンガとかの方に流れがいっちゃったのもウチの国のネット小説だけどな。
だがこういう作品が出て炎上するのを見ると野放しも問題か……資本主義と言論の自由のダメな所がコラボしている。

うーむ……結局どんな危険なネタを書いたんだ?炎上し過ぎていて逆に分からん。

主人公が第二次世界大戦の時の日本軍にいて、南京を攻めて殺しまくり。

問題になったのはメインストーリーじゃなくて主人公の背景設定の方。
第二次世界大戦の時の日本軍の軍人で中国で数万人殺している。

そこまでじゃない、数千人だ。もっとも全部刀で切り殺したというトンデモ設定。
他の部分は間違いない。世界大戦に従軍しているとハッキリ書かれている。

確か日本語原作版かweb版だと南京大虐殺の都市に敵国の首都に攻め入って数百人殺したという話になっているはず。

こんなのが新番アニメかよ……ここまで炎上したからさすがに無いとは思うがもし買ったサイトがあったら通報だな。

全くだ。
あと心配なのはアニメのキャストだ。声優の発表はされたのか?
俺の好きな声優が起用されないことを祈る。

次は声優が発表されてからだな。きちんと思い知らせてやらねば。

このアニメが放映された時の欧米の評価を見たいね。
あいつら反華の傾向が強いけど、さすがにこんな風に第二次世界大戦ネタを扱う作品を評価はしないだろう。

どこのサイトがこんなものを持ってきた。そこもきちんとさせておけ。

その程度で終わらせてはならない。これは中国だけの問題では無い。国際的にきちんと話を広めて懲罰を与えねばならない。
日本はこの手の狂った妄想を書く人間もそれを喜ぶ人間も多過ぎる。

サイトがすぐに削除したのは評価するが、審査した人間は何やってたんだ。精日をこじらせたのか?

日本側が問題個所をごまかしたバージョンを提供したという話がある。
web版の翻訳自体はかなり前から流れていて問題箇所も指摘されていたが、読む人間少なくてもそんなに問題になってなかったようだ。

そもそも普通に考えて日本兵の転生はアカンだろ……百歩譲って海軍、或いは現代自衛隊辺りなら……いやそれでも炎上はするな。そして陸軍だともう大爆発だ。

そして中国侵略だともうどうにもならんわ。
ぼかして書こうがアウトもアウト。

本当にいつになったら日本軍国主義が亡くなるのか。

一応、軽文軽の反応はわりと速かったな。問題になったその日のうちに作品消して声明を出した。
たぶん抱き合わせセットで買って中身をチェックしてなかったんじゃないか?日本側がちゃんとチェックするわけないし、こっちのラノベの審査も厳格じゃないだろうし。

ホビージャパンに背中から刺されたようなものだ。
「異世界はスマートフォンとともに。」がちょっと当たったからこのジャンルの日本ラノベを買おうとしたんだろうし、アニメ化ということで買ったんだろうがホビージャパンは自分できちんと審査もせずにこんなもんを売りつけた。

こんな内容の本を商業的に出すなんて一体どういうことだ?かもアニメにして更に大衆に広めようとするなんて。
日本のアニメ業界はさっさと終わった方が良い、いや終わらせるべきだ。

我が国の宣伝部はちゃんと仕事しろ。ちゃんと金を使って西側メディアに伝えろ。

どっちにしろこの作品の作者に稼がせたらダメだ。絶対に許せないことだ。



とまぁ、こんな感じで。
規模的には過去の炎上と比べてやや小さいそうですが、その内容はかなり過激になっているとか。

作品の内容や周辺事情についてはさておき、
今回の件については恐らく
「世界大戦」
という言葉から受け取るものが日本と中国では違う、世界大戦や日中戦争の認識が違うというのが問題をヤヤコシイものにしている原因の一つなのではないかと。

第二次世界大戦に関して、恐らく日本では「アメリカに負けた戦争」という認識が強いかと思います。
ですが中国では第二次世界大戦というのが「日本に勝った戦争」という認識になっているのですよね。この辺りがまたイメージのズレになったり、怒りの燃料になる部分を発生させているのではないかという気もしてしまいます。

この辺りの認識の違いについては、私も中国の現地校に通っていた時に受けた中国の歴史の授業でも、内容や歴史の扱い方捉え方が日本とは違ってかなり驚きましたし、イロイロと議論したいこともあったのですが、同時に落ち着いて話のできる分野ではないというのも強く実感しました。

そんな訳でこの手のネタは本編にあまり関係ない設定であっても、中国では日常的に存在する日本関係の政治リスクが高まりますし、現在の環境では簡単に炎上して拡散することになるので、中国に展開するのはやめておいた方がいい……といったことになってしまいますかね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。ただ今回は荒れそうな話題なので、どうかお手柔らかにお願いいたします。

中国オタク「最近キャラを『我老婆』(俺の嫁)と言う人間が増えすぎてないか?」

ありがたいことに以前の記事
中国のギャルゲー制作チームの記事が今月のテックジャイアンに掲載
中国オタク「我が国の国産ギャルゲーがついに発売だ!」
で紹介させていただいた中国の国産ギャルゲー
「虹色旋律」
がDMMで日本語版対応で5月から配信されているというのを教えていただきました。
DMMの作品ページ

恋愛ADV『虹色旋律』がDMM.comで独占配信。スクリーンショットが公開(電撃オンライン)

まだほんの少し触ったばかりなので内容については分かりませんが、インターフェースはかなりサクサクですし、コンフィグで中国語と切り替えたりしながら進めるのもまた一興という感じですね。
虹色01虹色03虹色04
虹色06虹色05





ボイスに関しては中国語版のみで、テキストは中国語(簡体字と繁体字)と日本語のようです。
テキストのみ言語対応というのは、中国オタクの面々が過去に遊んできた「ときめきメモリアル」や「Memories Off 」などの中国語版もあるギャルゲーの環境(ボイスは日本語のみでテキストが中国語化)が反対になったような感じでちょっと面白いですね。


さて、ギャルゲーで思い付いた今回のネタを。

以前教えていただいたのですが、いわゆる日本のオタク用語としての「俺の嫁」ですが中国語では嫁のことを年齢に関係無く「老婆」ともいうので、中国オタク界隈では「嫁」「俺の嫁」という言い回しとして
「老婆」「我老婆」
といった言葉が使われているそうです。

ただこの「俺の嫁」的な言い回しが広い範囲で流行るようになったのは比較的最近だそうです。
確かに私の記憶でも、数年前はまだ中国オタク界隈のやり取りで
「日本のオタクの『俺の嫁』という言葉やそれに関するアピールが理解できない、キモチワルイ」
的な反応をちょくちょく見かけていた印象がありますね。

それが最近の中国オタク界隈では動画サイトのコメントやSNS上でのネタアピールなどが活発になると共に、いわゆる「俺の嫁」的な文脈で、
「老婆」「我老婆」
という発言が増えているとのことです。ただそれに対して戸惑いを覚える人もまだまだいるのだとか。

中国のソッチ系のサイトでは
「最近増えているキャラに対して『我老婆』(俺の嫁)というネタ」
などに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近キャラを「老婆」「我老婆」(俺の嫁)と言う人間が増えすぎてないか?
キャラに対するネタだとしても、正直あまり気分の良いもんじゃないだろ。

確かに老婆呼び、増えたよなあ
ちょっと前まではキモイということでネタにもならんかったのに

私はそんな言い方はしたことが無いしこれからもするつもりは無い。

日本のオタクの「俺の嫁」という言い回し自体はかなり前から入っていたけど、ちょっと前まではありえない叫び方だったような気もするんだ。

こういうネタを大っぴらに使ってもいいような空気が強くなったのは確かだろうね。

気軽に言っても大丈夫になったというのは分かる。
ちょっと前まではカッコ悪い、キモイというのを意識してしまったはず。

他にも、こんな言い方をするなんて作品を大事に扱っていないという風に見られる所もあったかな?

作品に対してもそうだし、キャラに対してもだよ。
私も老婆老婆と呼ぶやり方は好きじゃない。虚構のキャラが好きであっても、いやだからこそ尊重するべきではないか?

「老婆」呼ばわりする連中って、作中でそのヒロインが誰かとくっ付くことに関しても批判するからな。ネタ混じりではあっても好みでは無い。
本当にそのキャラが好きなら、好きな人と一緒になれることを祝福するべきだろうに。

自分も「我老婆」と呼びたいヒロインはいる……でも自分では釣り合わない……

スレ主の言いたいことも理解できるが、「老婆」と呼んでネタにしたい人間の気持ちやテンションも理解できるんだよなー

俺の好きになるヒロインは負け犬ばかりなので、せめてこっち側から我老婆と呼びたくなる!

「我老婆」をあんまりマジメに捉えすぎるのもどうかと思う。
叫んでいるキモオタ連中だって、ディスプレイの中に自分の声が届くなんて思ってないだろ。

でも「我老婆」とのクリスマスパーティの画像とかを見ると、次元の区別がついていない、或いは徐々につかなくなるんじゃないかと他人事ながら不安になる。

好きなキャラを好きだと叫ぶのはちょっと恥ずかしいというのもあるんだよ
ネタにするのは一種の自己防衛みたいなもんだからほっとけ

二次元に対して「老婆」と叫ぶことさえ管理しようとする、さすがは我が国の人間だ!

遊んでいるんだからいいんじゃないの。バカに見えるのは間違いないけど。

現実の女が好きじゃないから虚構の女に叫んで自らを慰めているんじゃないの。傍から見て気持ちの良いもんじゃないけど、二次元の楽しみ方の一つとしてはアリなのでは。

まあみんな「老婆」と言うわりには随分と速いペースで変わる「老婆」だけどな!だいたい3か月に1回程度のペースで!

気にするな。今叫んでいる連中もあとで後悔するから放っておけ!

いつか全てが黒歴史になって返ってくる……いつか自らによる精神的な罰を受けることになる。

私はスターを追っかける人間も、二次元のキャラに老婆と叫ぶ人間も正直理解できない。だからこういうのに対しては距離を置いてしまうね。

昔とは趣味の環境が変わったからしょうがない。
例えば動画のコメントではネタに走る方が「強い」からね。

動画コメントなんかは一番「老婆」が目立つ場所な気がする。キャラデザの良いヒロインが出てきたらもう「老婆」だ。

そこが気になるなら「老婆」を禁止コメントにするとかで対処するしかないんじゃないか?

うーむ……叫ぶ方も、それを鬱陶しく感じる方も色んな理由があるからなあ……

この件に対する批判については、あのヒロインは作中の主人公(或いはメインキャラの誰か)の嫁であって、お前みたいなキモオタの嫁じゃないだろ!というのもあったかな。
ただハーレム系作品や、主人公=プレイヤーな作品だと俺の嫁と叫ぶのも悪くは無い気もする。

ヒロインがくっつくのが嫌いなキャラ、アンチの多いキャラだったら?と言う問題もある。Fateなんかは常にその火種が……!

分かったよ。じゃあ「老婆」じゃなくて「妹」でどうだ!これなら構わないだろ!?

私は自分の好きなヒロインに対しては「老婆」と呼んだりしない。
しかし「我老婆」にならないでもいいから、ずっと独り身でいて欲しいと思ってたりする。我ながらヒドイことを考えていると思う。

キモオタは現実で結婚できる相手がいない、「老婆」と呼べる相手がいないから虚構の人間に対して叫ぶのさ。

彼女たちの、百合の関係にしゃしゃり出て来るな!と思う自分のようなのもいるぞ!

逆に言えば、虚構の中くらい叫んでも良いだろうということなんですが。

この呼び方、楽しみ方を批判する人間の方が逆に現実と虚構を分けて考えられないのではと思ってしまう。

これってネタであって本気にしているヤツはいないだろ……いないよな?
本気にしていたらさすがにネット断ちして病院に行った方が良い。

正直、ネットならともかくリアルで叫ぶのは恥ずかしい。
ただこの言い方って、あるキャラを大好きだとアピールする際のネタ混じりの言い方としてかなり使い勝手がいいんだよねー

私も現実だとさすがに叫べないよ。
叫ぶのは弾幕コメントとかネタスレとかだ。

慣れていない人が「老婆」「我老婆」というフレーズから受ける印象と、最近ネタで言っている人間の中の考えが結構ずれているんじゃないだろうか。
「老婆」って言っている人間は独占したいというより、自分がキャラが好きだというアピールな部分が多いように思うんだが。

今使われている「老婆」という言葉って、自分のキャラに対する愛をアピールすると同時に、それを自分自身を含めてネタにするっていう意味があると思う。
これは個人的な考えだが普通に直接「俺は誰々が好きだ」というのは逆に微妙な感じがしたり、軽過ぎるように思えたりもするんだよね。

変な話だが、ネタ扱いだから気軽に語れる好みってのもあるよな。
最近は「老婆」の字から受ける印象が、オタクの間でも世代や所属コミュニティによって異なるようになって来たのかもしれない。


とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈ではこの二次元における「老婆」(嫁)のネタとして扱える範囲やイメージが人それぞれな所もあるようで、いまだに混乱や反発のようなものもある模様です。

また上のやり取りにもあるようなキャラに対する態度、オタクとしての誠実さ的な方向に考えてしまう人もいるようで、この辺のマジメな考えになるのは伝統的な中国オタクのスタンスなようにも感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「実戦で実用される二刀流ってあるの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のコンテンツに出てくる定番の描写や設定がどの程度まで現実にあり得るのか、元ネタ的なものは何なのかといったことがちょくちょく話題になっています。
またそんな中で「戦闘描写」に関しては現実の知識ベースで考えて見たり、イロイロなネタの方向から考察したりといったことも行われているそうです。

中国のソッチ系のサイトではそういった話題の一つとして
「実戦的な二刀流はあるのか」
などと言ったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


実戦で実用される二刀流ってあるの?
私は創作でのお約束ネタだと思っていたが、実際に使われていたという話を聞いて疑問が出てきた。

カッコ良ければいい、ではなく現実にあるかどうかってやつか……武器二つ持つ、双なんとか的なスタイルは別に珍しくないが日本刀二本だと引っかかるのは確かだな。

宮本武蔵もずっと二刀流ではなく基本的には一刀を両手持ちで戦っていた

宮本武蔵は対多数の時に二刀流を使ったんだよな。通常の戦いでは一刀流。対佐々木小次郎戦でも一刀流だ。

二次元の作品だと「二刀流」と言っても本当に日本刀が日本と言うケースはそんなに多くないから気にしないでも良いんじゃないだろうか!

アニメや漫画、ゲームとかでは大体が長めの剣だよね。
双剣と言うと急になんだかアリな気になってくるのが不思議!

双剣、双刀なら現実にあるスタイルだし、二刀流もなんとかなりそうな気はする。
ただ現実の双剣や双刀はドラマの中のようにはいかないだろうし、現実的な二刀流というのもちょっと気になる。

普通に二刀流使ってる剣道の試合の動画あるぞ。

剣道の試合での二刀流って一時期禁止されていたけど、それが強過ぎて不公平だから、剣道の精神に合致しないからという話だったはず。

知り合いの武術やってるヤツから聞いた話では双刀やるのは上手い人間だし、刀一本でそれを相手にするのは厳し過ぎるということだった。

両手持ち用の武器を片手で持つのは重すぎるし、振り回す際に干渉してヘンなことになる。
やるとしたら長短一対だろう。
ウチの国の武侠モノでも大体その組み合わせなわけで。武士も確か二本持ってる刀は長いのと短いのだろ。

あれは二刀流用じゃなくてメインウェポン+切腹用のはずだが……

まぁ確かに二刀流ってどういう風にカッコ良く動かすのか、すぐには想像し難い所があるよね。実用的となると更に分からなくなる。

日本の二刀流も同じ刀を二本ってことはないぞ。
二刀流の写真はどれも短いのと長いので構えている。

あれって突き攻撃するから重さよりも長さだろう。
普通に考えて長いの二本の方が有用だしそっちのセットになるはずだが。

私が疑問なのは二刀流になるとき、どうやって抜刀するかだ。一本目は普通にやれるけど二本目はどうするんだ?
いざという時に使えるの?

日本刀って抜刀前に軽く鞘から押し出す動作が入るんだよ。それを二本ともやって両方抜刀するんじゃないの?

でもそれだと腰と腕の位置がおかしくなる。利き手と反対だからスムーズに抜刀できるわけだから。

そこは二刀流用の装備の仕方になってるんじゃないか?

日本刀なんかより、錘の方が戦場ではよほど強いし、あれなら双つ持ちでもなにもおかしくないのに。なぜ錘使いが増えないのか。

そうそう。最強なのは鈍器。装甲があってもダメージを与えられる。

鈍器って重さがそのまま威力だからあんまでかいの持って動けないし、当たればそりゃダメージ大だけど対重装甲で活用できる戦場以外では取り回しという問題がある。
あと日本刀は峰打ちすれば実質鈍器だよ。錘やメイスほど重さ重視ではないが、その分振り回せるから峰打ちでも致命傷になり得る。

そもそもなぜ両手に武器を持とうとするのか。
盾と武器が最も現実的で強い。武器双つ持ちなんて結局は雑技みたいなもんだ。

街中で盾持って歩くとか、それこそゲームと現実の区別が出来てない

剣とバックラーとかの小さい丸盾ならまあいけるんじゃないか?
ただ、こういう時に剣と盾でというヤツはだいたいデカイ盾イメージしているが!

武士が刀使うのって都市部とその周辺地域、それから屋内だからな。
戦場だったら普通に槍や弓、鉄砲を使う。
「実用的な二刀流」というのは、実は戦うシチュエーションが限られていると思う。

剣と盾はともかく、日本刀を長いのと短いので二本持つくらいなら片方をバックラーかマインゴーシュみたいなのにした方が良いと思うんだけどなー
それか両方とも短刀とか。日本刀だと小太刀?

日本は個人用の盾を使わない戦闘体系だし、防御面での二刀流という強さもあったのでは。片方で受け止めてもう片方で斬ればいいわけだし。

片手で日本刀、もう片方で手裏剣(短刀的に使ったり投げたり)という戦い方もあったはず。

盾でも無ければ片手持ちだと両手持ちの刀を受け止められないし、実用的な二刀流ってのは完全に攻撃全振りなスタイルなんだろう。逆に言えば両手持ちだと二刀流の手数と攻撃範囲に対応し難いだろうから。

アニメみたいに真っ向から受け止めないで、流したりそらしたりもするから方手持ちの刀が防御に使えないわけでもないと思うが。

実際、片手に盾では無い防御用の武器を持つスタイルは世界中にあるからなあ。

西洋のフェンシング系ではマントとかも片手の防御装備に使われたらしいね。

「現実的」というのがイロイロとおかしいんだよ。
宮本武蔵が二刀流をやれたのは日本の剣士の中で隔絶した筋力があったからで、普通の武士の筋力では二刀流が成立しない。前提がまず現実的には満たせない。

まぁ、日本刀を二刀流スタイルで持ってきちんと構えるだけで大変に思えるからね……

宮本武蔵以外の二刀流って小太刀の二刀流だろ?
宮本武蔵の二天一流と、他の流派の二刀流は分けて考えるべきだろう。

そうとは限らんぞ。
確かに二刀流と言えば宮本武蔵だが他にも普通の太刀による二刀流の使い手はいるし、二刀流を教える流派というのも普通にあるぞ。

柳生十兵衛とかも二刀流だったよね。

上で剣道の試合での二刀流禁止という話が出ているが、あれって防御で強過ぎるからというのが理由だったような。
技術体系的に同じではあるが、日本刀を持っての二刀流とはまたちょっと違うと思われる。

私の見た動画だと短い方を前に出して牽制して、長い方を上に構えて攻撃する感じだった。
防御用とも言えるが、恐らくみんながイメージしている防御用ではない。

ふーむ、そうなると実戦をどう見るかというのも出てくるなあ
竹刀だと重さも違うだろうし……

木刀持って二刀流なら十分いけそうな気がするんだがどうだろう。
都市部で鎧装備していない個人戦闘なら普通に刀の技術で使える取り回しの良い打撃武器みたいになるんじゃないか?

とりあえず創作の中の誇張された二刀流のようなものではなくても、武器を片手に1本ずつもった二刀流というのは珍しくないし、実践的な二刀流というのも存在したんだと思う。
もちろんゲームのように同じ武器を使うのではなく、重さや長さは一刀流のものとは違った調整になっていたとは思うが。

そんな感じの二刀流なのかね。双剣的な
ウチの国で二刀流というと誰だろ。

隋唐演義のキャラは李元覇をはじめとしてみんな双武器のイメージだね。
そういや、日本人からすると隋唐演義に出てくるような双錘での立ち回りはあんまりイメージできないらしいな。なんか重さと長さが想像から外れるとか。

隋唐演義系は確かに。私も秦叔宝の一対の金鐧とかが思い付く。
あと剣限定だと劉備かね。双剣のスピード系のイメージが根付いている。

確かに現実的なものはさておき、双剣だと劉備が有名かなあ。
呂布に打ちかかるシーンとかがすぐに思い付くし。



とまぁ、こんな感じで。
二刀流についての考察では現在の中国における武器の扱いについてのイメージのようなものも出ていました。

イロイロな作品に対する中国オタク界隈の反応を見ていると、二刀流による戦闘描写など、創作におけるこの手の設定や描写をカッコ良いと感じるかどうかについては日中にある程度共通した所があるように感じられます。

ですが日常的に接する武器系コンテンツ(?)が日本と中国では異なるので、何が強そうだと思うかや、何にリアリティを感じるかといった辺りに関してはやはりちょっとした違いがあるようにも思えますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「二刀流ってのがどうもイメージし難い。あれどうやってカッコよく戦うの?」

日本の「戦える曹操」が中国に与えた衝撃

中国オタク「カイジの次はヒカルの碁か……」ヒカルの碁が中国で実写化される件への反応

ありがたいことに
「中国でヒカルの碁が実写化される」
という件に関する質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

「ヒカルの碁」が中国で実写ドラマ化!「棋魂」のタイトルで2019年夏に配信(コミックナタリー)

この件については中国でもコチラコチラ(どちらも中国語)などでニュースになっているようです。
ヒカルの碁の実写化に関しては一年前にテレビドラマとして発表されていましたが、今回の告知ポスターにある出品方には以前の時のものにiqiyiが加わっていますし、ニュースにもiqiyiによる発表とあるので、仕切り直してiqiyi系で配信されるネットドラマになるんでしょうかね。

現在の中国ではネットドラマがテレビドラマより更に熱いようなことになっているそうですし、教えていただいた話によるとアニメをそのまま流すよりもかなり広い範囲での「当たり」を期待できるとかなんとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ヒカルの碁が中国のネットドラマで実写化」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今度はヒカルの碁が国内で実写化になる模様。
期待するべきか、嘆くべきか。

どういう設定にするんだろうな。
またキャラ全員中国化するのか、その場合は古装にするのか。

キャストはほぼ間違いなく若いイケメン使ってというやつだろう。

主人公組のキャラをどうするんだろうね。本因坊とかを除けば、碁がテーマだから時代設定的にウチの国の古代の棋聖を持ってきても問題無いし、中国の特色は出せるだろうけど。

iqiyiか。ホント、金があれば何でもできるんだな……

金があるからというのはあるだろうけど、最近は金儲け的な部分も多くなってきたからなあ。ちょっと前のように金の勢いだけでスゴイことをやるというのは薄れてきた気がする。

ヒカルの碁に関しては、IP買ってイケメンスターを呼んで金を稼ぐというヤツだな。

韓国系がアウトになってから日本のドラマや実写化IPを買い漁るような感じはあるが、ウチの国の業界は本当にオリジナルを作れない。

オリジナルの企画を通すのが難しいのはどこの国もどこの業界も一緒さ!なんの慰めにもならんが!!

何が標的になるかと戦々恐々としていたが「ヒカルの碁」だった。勘弁してくれ!

でも1年前に情報出ていた企画だよね、精神的な備えはあったろ。
本土化されるというね。

本土化枠だとある種の開き直りが出るし、ダメ元で期待してもいいかも?

国内だとキャストに予算持ってかれるだろうからな……どこまで映像の方に予算が残るのやら。

囲碁ならリアルに柯潔というトンデモがいるんだから、そっちを主人公にすればいいのに。

柯潔が出てから、創作の天才囲碁プレイヤーがちょっと気の毒に思えたりするよね。
「ヒカルの碁」が人気だった時代とは碁に関するイメージ、現実に存在する若くて強い棋士のイメージがかなり変わった。その辺りをどうするのだろうか。

原作を毀損し過ぎないでくれよ!本当に頼むから!!

これってあらすじや大まかな設定だけ持ってきて使うの?それとも原作通りにやるの?

恐らく大まかな設定とあらすじだけだろう。キャストも監督も中国人で中国向けのネットドラマにするわけだから、原作通り日本を舞台に日本人キャラのままやる意味はあまり無い。

演技力のあるキャストにしてくれ……ガワだけのイケメンはやめてくれ……

実写化の悲劇がまた一つ……!

日本での実写化とどっちがマシだろうか。

日本の実写化って原作より良いケースほとんど無いし、どっちが下か争っても意味ないぞ。

最近の「亜人」や「るろうに剣心」とかは悪くないと思うよ。好みは分かれるかもしれないが、個人的には「監獄学園」も良かった。
あと「孤独のグルメ」だって実写化枠だし、日本の実写化が全部ハズレというわけではない。

本土化な実写枠だと「テニスの王子様」があるわけだが、それなりに見れたぞ。自分にとっては最後まで追っかけることのできたレベル。

あの実写化テニスの王子様は名前を中国化したのが一番のツッコミ所だが、そのせいでネタ扱いされてしまうことに……

あのテニスの王子様は主人公達の名前が笑えるが、他の部分はわりと良い出来だった。

それにしても、「カイジ」の次は「ヒカルの碁」か……
日本のマンガをウチの国で映画化する流れが加速するのかね。

「ヒカルの碁」も「カイジ」もちょっと前に話題になっていたが、作品として形になってきたということか。

その辺りの時期の話題ってウチの国の映画界が映画化の権利をイロイロと買いあさっていた時期と重なっているし、今後この手の本土化で実写化な作品がもっと出てくるのかね。

過去の香港映画にはそういうのが結構あったらしいけど、当時は無許可が多かったらしい。しかし最近はIPとしての確保も含めて一応映画化の権利をとっているんだよな。
自分の国の話ながらちょっと不思議な気分になる。

今の環境だと無許可でやっても得にならんしね

ただ今の環境ではタイトルをそのまま使えるかどうかという問題があるみたいなのが……
「カイジ」は「賭博黙示録」ではなく、「動物世界」になったんだっけ。

社会的な理由に加えて商標的な理由があるようだし理解できなくもないが、少々と引っかかるのも確かだね。

「カイジ」はともかく、「ヒカルの碁」って実写向きの題材には思えないんだが……ストーリー改変による悲劇しか想像できん。

IPの知名度を利用して扇情的なストーリーにして炎上させてアニメファンの目を集めようとするのはやめてほしい。結局作品のを好きな人間にはダメージしか残らん。

言っちゃなんだが熱心な原作ファンってのはターゲットとしてあまり意識されていないんじゃないか?知名度が高くて話題性がそれなりにありストーリーが既に整っているIPの活用というくらいじゃないかと。

今の時代のネットドラマだからねえ……
ただ若いイケメンを揃えた女性向けでも、一般向けの方にするのか腐った方にするのかがちょっと気になる。原作は普通にやっても腐った需要のある話なわけで、脚本演出次第でかなりあっさり傾きそう。

しかしちょっと前の作品だからか、ここ最近の実写化ネタの中ではみんなわりと冷静だよね。
もちろん多少の不満やアニメをこんな扱いにすることに関しての憤りはあるだろうけど。

出て来た情報や煽り方からすると、期待もできないし今更文句言って変えられるというもんでもないし……

ファンはいるけど、今も現役で熱狂的なのが多数いるというわけではないから、よほどのやらかしでもない限り大きな問題にはならないと思うが……

公式の続編ではなく、中国国内向けアレンジの実写映画化だからね。
ここまでクッションが挟まると逆になんとか。

不安も不満も無いわけじゃないぞ。
日本の作品的な心を揺さぶる作品がウチの国の制作陣に作れるのかという不安や、出来の悪いヘンなコスプレの国産ドラマになったらどうしようという不安とか言い出せばきりがない。

変なコスプレそのまま使ってネタになるドラマとかもあるからな……
とりあえず、ヘンな髪型のままストーリーが進むとかじゃなきゃいいや。髪型、特に髪の色に関してだけは原作再現したらマズイ。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈ではやはり実写化に関してはあまり好意的に受け止められてはいないようです。

中国のネットドラマはここ数年の間、中国で最も熱い映像コンテンツのジャンルとなっていますが、人気と競争が一回りしてコンテンツ不足に加えてネタ切れ的な状況になっているという話も聞きます。

そういった背景から中国で知名度のある日本のアニメや漫画、或いは知名度のある作者の作品の実写化の動きについての話がイロイロと聞こえて来たりもしますし、今後もこの「ヒカルの碁」のような、中国本土での中国向けの実写化作品が出てくる可能性もありますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「西城秀樹って日本では本当に凄いスターだったんだね」初めて彼の名前を聞いたのはちびまる子ちゃんだ」

先日、西城秀樹さんの訃報が日本を駆け巡りましたがこの件に関して
「中国での反応は何かありますか?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

正直な所、私は香港経由での情報を追っかけている層がかなりいた一昔前と違って、現在の中国オタク層の間では西城秀樹さんについてはあまりピンと来ないのではないかとも思っていたのですが、現在の中国オタク界隈でも少々意外なルートで西城秀樹さんが意識されていた模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトなどで行われていた
「西城秀樹さんの訃報」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


西城秀樹って日本では本当に凄いスターだったんだね。
彼の訃報で日本のニュースが染まったし、私の知り合いの日本人もみんな話題にしている。

そうだね。
私も日本のニュースの取り上げ方を見てそれを強く意識した。

当然だろ。新御三家の一人なんだから。

そういう知識は自分にもあったけど、扱いの凄さに関しては実感わかないかも。

ウチの国でも上の世代は結構知っているはず。
こっちのニュースでも結構大きく取り上げられていたろ?

新御三家の他の二人に比べればみんなイメージはし易い人だったと思うよ。
アニソンの主題歌もやってる人だから、世代を超えて接する機会がある。

ガンダムの「ターンAターン」だね。
私はカラオケでよく歌う。

あとは「ちびまる子ちゃん」の「走れ正直者」とか。

あの歌の人か!
うわー……ショックを実感した……改めてご冥福をお祈りします。

「ちびまる子ちゃん」は普通にウチの国のテレビで放映されていたし、実は彼の歌を耳にしていたという人はかなり多いはず。

日本の一つの時代のシンボルだった人物だね。日本で大ニュースになるのも分かる。

香港との関係が強い人でもあった。
香港のアイドルを追っかけている時に知った人もいるんじゃないか。

そうそう。私は香港のスターを追っかけている時に知ったよ。
当時の印象では歌も踊りも上手くて、悪っぽい所とか外連味を見せるのではない、自由奔放なスターという感じだったかな。香港のスターとは空気が違った。

梅艷芳(アニタ・ムイ)が若い頃、あまりに西城秀樹をスターとして夢中になり過ぎて、婚約解消になってしまったなんて話もあったな。

張國榮(レスリー・チャン)や成龍(ジャッキー・チェン)とも仲が良かったらしい。

「西城秀樹」が良い響きの名前だったから、すぐに名前を覚えたっけな。
結構昔になるが、香港スター関係の小ネタでもよく聞く名前だった。

本当の意味での、日本歌謡界の大物だ。
惜しい方がお亡くなりになってしまった。

去年は元気だったはずなのに。
どうか安らかにお休みください……

歌謡祭でも病気とリハビリに関する言及があったそうだし、完全な快復とはいかなかったのかもしれない。

ニュースによると脳梗塞2回ということだったし、やはり厳しかったのでは……それでもショックだ。どうか安らかにお休みください。

ちょっと前のライブ映像で「Y.M.C.A.」を歌っている時に、観客がみんなおじさんおばさんで、それがみんな楽しそうにポーズ取っているのが印象的だった。

「YOUNG MAN」も有名だよね。カバー曲だけどあのYMCAの振り付けは西城秀樹の歌から始まったモノだし、カバーも西城秀樹経由で広まった。

「YOUNG MAN」は元気が出る曲で大好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。

西城秀樹の歌をカバーした中国語の歌も結構あるんだよね。
張國榮(レスリー・チャン)もそうだし、劉徳華(アンディ・ラウ)や麗君(テレサ・テン)とかが歌っていたはず。

改めて調べてみたら、西城秀樹関係の話題が出るこっちのスターで既にお亡くなりになった方が少なくない……何とも言えない気分になるよ。

西城秀樹に関しては「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃんが夢中になっていたという印象が強いが、そんな人がお亡くなりになったというのは、なんだかショックだ。
ご冥福をお祈りいたします。

そうだね、さくらさきこが大好きだったのがヒデキだ。
私が西城秀樹の日本の存在感を意識したのはちびまる子ちゃんからだね。日本社会で本当に有名なスターらしいと。

この空気で言うのはちょっと躊躇うが、実在する人物だったのか……お亡くなりになる前にもっとしっかり調べていればと後悔している……

実在する人だよ!
ただアニメの中の人のような印象はなんとなく理解できる。私も「ちびまる子ちゃん」経由で知った人だから。

自分も初めて彼の名前を聞いたのは「ちびまる子ちゃん」だね。
今の若い世代はたいていそうじゃないか?ウチの国のテレビでかなり長い間色んなチャンネルで放映されていたから。

ヒデキはとてもいい歌を歌う、カッコイイ人だった。
どうか安らかにおやすみください。



とまぁ、こんな感じで。
日本の文化芸能系の所を中心に、ショックを受けたという声やお悔やみの声があがっていました。

アニソン枠や日本歌謡枠の伝わり方や記憶への残り方、世代ごとの違いといったものが浮き出てくるのは非常に興味深いものがありますし、それと同時に改めて西城秀樹さんの存在感というものを意識させられますね。
西城秀樹さんのご冥福をお祈りさせていただきます。

中国オタク「こんなルートで釘宮病が再発するとは思わなかった」中国版FGOぐだぐだ明治維新への反応

ありがたいことに
「中国版FGOぐだぐだ明治維新への反応」
に関する質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

中国版の方では5/18から「ぐだぐだ明治維新」が開催されているそうで、日本の復刻ライト版とほぼ同じスケジュールで開催という状況になっている模様です(イベント終了に関しては復刻ライト版の日本の方が早いようですが)
中国版FGOイベント紹介ページ(中国語)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国版FGOぐだぐだ明治維新」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(現時点での話題なのでネタバレ的なモノはそれほど無いと思いますが一応お気を付けください)



今回の明治維新はネタ系イベントだが、FGOってこういうの多いよな……もう違和感を覚えなくなって久しい。

むしろ、真面目なストーリーの方がキツイというのまである。
日本版は第二部始まってから鬱展開や愉悦展開ばかりで正直やる気が失せていたからこっちのぐだぐだ明治維新はちょうど良かったかも。

大きなキャラ崩壊とか低俗過ぎるギャグとかでもないしね。
きのこ以外のライターが書くキャラについては不安も多かったけど、なんだかんだで受け入れられる範囲になっているのはさすがだ。

今回のイベントでは釘宮理恵が凄い声優だと改めて感じている。
まさかこういう演技をして、こういうキャラを作ってくるとは……ツンデレ系萌えのイメージだけだった過去の自分を叱りたい。

今の所、釘宮理恵がイロイロな物を持っていっているイベントだ!

ちびノブやメカノッブが可愛くて可愛くて。
こんなルートで釘宮病が再発するとは思わなかった。

うむ、良い感じではある。
でもこの後に噂のアガルタが待っているんだよな……

ネタの解釈に加えてキャラ崩壊やキャラの扱いがヒドイと批判が殺到していたんだっけか。

ネタに関しては何やっても怒るのいるし、キャラ崩壊の判断基準も人それぞれだけどね。
ぐだぐだシリーズに関してだって、歴史ネタを使うのはやめるべきだという批判の声が出ていたりもするし。

そう言えばちょっと前にFGOはストーリー上で悪役扱いするように見せかけながら、日本の歴史上の人物を「良い人」にしようとするのは許せんという声も出てたな。
他の国のユーザーが不愉快になったり激怒するようなことをやってはならないとも。

近頃は歴史ネタの炎上やキャラの扱いで揉めるのを意識してしまう。
例えば最近日本版でやった虚月館の推理シナリオ、フィンとランスロットの扱いがヒドイ。特にフィン。あれがガワだけだと強調してはいたが、あんなことをやってはダメだろう。

そこまで潔癖だと今のFateは遊ぶの厳しそうだが……極論すればどのサーヴァントも世界線ごとの使い捨てになるわけだから。

不快になる人が出るようなネタをやらなきゃいいのに、なんでやるのかね。

それは今の環境ではかなり難しくなっていると思うよ。どんなネタでも不快に感じる人は出るし、しかもそれを故意に拡散できる環境だから。

自分も今回は楽しめているが、このまま歴史ネタというか歴史を舞台にしたストーリーが展開されるのはちょっと不安かも。
キャラだけ使って聖杯戦争やるならともかく、歴史を舞台にした場合はどうしても受け入れられないネタが出てくる。

まあ……人理を修復するという歴史をどうのこうのするというのは考えてみれば危ない所に突っ込みかねない話ではあったんだよな。
私も最初はそんな問題全く意識していなかった。今後もこのぐだぐだ明治維新のように気楽にやれるネタが続いて欲しい。nobubububu……

今回のボイスは本当に良いよね。あの多種多様なノッブボイス!
私はノッブUFOが特に好み。初見ではツボに入って呼吸困難になるほどだったよ!

まさか釘宮ボイスで笑いを取ってくるとはなあ……

Fateってオタクの定番みたいな扱いだけど、ネタとしてはわりと定番から外してくるような気がする。
今回の声優もそうだ。釘宮理恵の起用とか、普通はツンデレという流れのはずがかなり違う萌えにしてきた。

セイバーの川澄綾子も今でこそ女戦士的なバトルキャラが印象に残るけど、昔は受け身な女神ヒロインとか、露骨な萌えキャラとかが多かったからな。
ちなみにノッブは一応ツンデレバージョンも収録したらしいが結局今の演技の方になったらしいね。ツンデレバージョンはきのこが脳内に独占してお蔵入り!

それにしても、ちびノブがどんどん可愛くなる。

経験値のデザインって異形にしか思えなかったのが、ボイスも相まってどんどん可愛く感じるように……!

イベント開始からずっとノブボイスが脳内に響き渡っている。久々の洗脳状態!

このボイス、イベント終了後にも聴けたりしない?サーヴァントのボイスのような感じでさ。

シナリオ内でのボイスであればシナリオ回想で聴けるはず。ただできれば戦闘のアクションと一緒に聴きたいよなー

ボイスまとめ動画とかもあるぞ!危険だから気を付けろよ!!

良いことを教えてやろう、あまり萌えない方のノッブも良いボイスあるんだぞ。ぐだぐだ本能寺の時の交換所ボイスとか、イベント終了後の交換所ボイスとか。

ちびノブは一人時給20文くらいで雇えるらしいぞ。

20文って現代の金だといくら?

前に日本のスレでは500円くらいだという話が出ていたから、人民元だと30元くらいじゃないかな。

ぬう……予想していたより良い給料もらってんだな……俺の時給換算より高いかも。しかも週休二日で福利厚生完備、上司もあの信長だし……なんか微妙な気分になって来たよ!!

でも自爆しないとイカンのだぞ、ちびノブになったら。
ギャグ補正で復活できるだろうけど。

ああ……一匹連れて帰りたい……なぜ日本の関係者はグッズを作らないのだ!!

しかし幕府方強いな……

そりゃ新撰組側キャラは沖田も土方も星5レアで、織田幕府は全員配布の星4宝具5だぞ。どっちに親しみを覚えるかはハッキリしている。

沖田さん大勝利を目指そうと思ったけど、よく考えたら300個くらい石を砕いても沖田さんは我がカルデアには来なかった。
だから私はノッブに付く。来てくれないキミが悪いのだよ。

単純な話さ。自分のカルデアに誰がいるかだよ!

俺は心臓が欲しいから幕府に加勢。

今回の数字の伸び方を見ると、このゲームにいったいどれだけの裏切り者がいたのかよく分かる!日頃は沖田をあんなに持ち上げていたのに!

まぁ落ち着け。
ちなみに俺は裏切り者だからどっちでも戦っている。しかもどっちにも頁あるしなあ!

俺も裏切り者やってるけど、ポイント貯まるの遅くてヤバイ。これだと礼装の交換すら怪しい、どうすりゃいいんだよ。

イベントまだ始まってそんなに経ってないし、焦るなって。
このイベントの陣営選択はネタ程度しかないし、とりあえず素材狙いで良いぞ。あとでステージの追加がある。

なんか勝敗ポイントでバグがあるみたいな話も出ているし、あまり焦らずに進めりゃいいよ。

ところで今回もネタ多いけど、みんなどれくらい理解できている?
普通に笑えてはいるんだけど、ネタの取りこぼしがあるんじゃないかと不安になる。なんか今回は以前よりネタが増加しているようだし!

歴史ネタに関してはスゴイ人がまとめてくれているけど、オタクネタまでとなると結構難しいよね。

大阪城の豊臣方にいた武将、真田や毛利とかの解説は、どこ調べればいいか分かるが、その後に来るシナリオタイトルが「今必殺の衛宮丸」とか最初これがスパロボネタだとは気付かなかった。

正確には「ダイターン3」だな。日輪城ともかけているのだろうし、日本のオタクネタでは「今必殺の」ときたら「サンアタック」が固定で来る。
あと茶々の宝具もそっちのパロディだから分からなくはない、分からなくはないんだが……

ロボネタも多いよね。戦車のノッブのボイスが一番好みだ。

あれ、どう見てもガンタンクだよな……



とまぁ、こんな感じで。
ストーリーの各種パロディに加えて、ちびノブバリエーションがかなり好評のようでした。
またそれと同時に近頃の中国のFGO界隈における難しい空気の話題もちょこちょこと出ていたりも。

上のやり取りにもありますが、劇中に出てくる各種ネタは毎回有志によるまとめ解説スレ的なモノが立っていますし、中国語翻訳に関してもかなり頑張ってネタを拾って翻訳しているそうなのですが、全部をカバーするのはなかなかに骨が折れるという話も聞きます。

例えば80〜90年代の人気漫画の中には中国では「名前だけしか知られていない」的な作品も少なくないので、そちらのネタに関しては思わぬ穴があったりもするのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本には黒い肌メイクの女の子が本当にいるのか。二次元ネタかコラだと思っていた……」

今回は以前教えていただいたネタで後回しになっていたものを。

中国では以前から日本の様々な流行や文化的なネタが伝わって話題になったりしてきましたが、そういった日本事情に関して常に情報が蓄積されるわけではないようで、時折日本の少し前の流行的なモノが再発見され話題になったりすることもあるのだとか。

そんなちょっとした再発見の一つとして中国のソッチ系のサイトでは
「日本のガングロの女の子」
などに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本には黒い肌メイクの女の子が本当にいるのか。二次元ネタかコラだと思っていた……

あれって何かのコスプレじゃなかったの?

いや、ファッションの方でコスプレとはまた違う……はず。

こっちで言う「太妹」、日本では「ギャル」のカテゴリだったような……

「辣妹」の方のカテゴリじゃないか?いや俺もそんなに詳しくないけど。

なんか混血とか人種的な方の皮膚か、人種的な憧れファッションみたいなもんかと……

混血とかじゃなかったのか。ブラジル移民の影響で日本人にも肌が濃いのが珍しくないという話をどっかで聞いたのでてっきりそれかと。

確かウチの国の殺馬特みたいなもんだろう。
(訳注:「殺馬特」というのは日本のビジュアル系の影響もあるとされる中国の若者のスタイルの一つです。若い世代の農民工のファッションというイメージもあることから、あまりカッコ良い意味では使われないとか)

あまり理解できる嗜好ではないが、AVではこの黒塗りメイクのギャルってかなり需要あるみたいだよと小声で言ってみる。

メイクじゃなくて日焼け、健康のスタイルじゃないか?
紫外線浴という、専門の機械で日焼けするスタイルというのがある。

こういうので見かける黒すぎる日本の女性?少女?はちょっと厳しいかな……

え?俺は日焼けした肌良いと思うんだけど。

それも程度によると思うぞ。お前が受け入れられる人工的な黒い肌はどの程度だ?人種的なモノじゃなくて。

アニメやマンガとかだと色っぽくて良いんだけど、現実の人間だとな。

あれは顔がそれなりでもボディやファッションでアピールできるということから発展したんじゃないの?日焼けした肌ってセクシーだから。

あれが渋谷系ギャルというヤツだよ。

そうそう。渋谷特産の人達。毎年進化しているはず。

進化ってどこが?黒くなるの?それとも装備が強くなるの?

メイク落とした方がまだカワイイと思うんだけど、なんであんな風に黒くしてネタに走るんだろうか。

あれって日本の少女が日本の伝統的な美形評価に対抗して黒くしたものだから、外部評価と仲間内の評価が違うはず。
少女達の間で流行して、その結果一種の流行ファッションになった。

渋谷風ファッションの一種。
確か黒い肌が健康的で元気だからということでアピールが過剰に極端な方向になった結果がああいう黒過ぎる顔になったんじゃなかったか?
どちらにしろ一般人の感性で判断するものではなく、彼女たちの間でセクシーか美しいかで判断されているのは間違いないが。

いや、今の渋谷にはこんなのいないぞ……

かつて渋谷系になっていたということでは。

日本の資料によると、かつては渋谷と池袋にいたらしい。「ガングロ」や「ヤマンバ」と言われる若者のファッション……とのこと。ただ「ガングロ」の語源は複数説があってハッキリしないとか。ヤマンバは日本の妖怪の「山姥」でいいようだが。

ファッションとしては安室奈美恵からの系譜だね。

このスレで「ギャル」カテゴリという話は出ているが、最近のギャル系ネタのアニメや漫画ではああいった黒いのを見かけないように思うんだが。
いや二次元と違うのは分かっているつもりだが、見かけないのはちょっと不思議。

最近の作品にもちょこちょこ出てきていないか?こういう変な化粧のキャラ。

それって化粧に失敗しているとか、濃くなり過ぎているとかであって真っ黒にするとかではないだろう。白黒だから中にはああいうのをイメージしているのもあるかもしれないけど……

「昔流行った」ものだからだろう。
私がオタクになったばかりの頃はヘンな日本文化として紹介されていた気がする。

少なくなったとはいえ、現在に日本にもこういったギャルは存在する。
日本のテレビや雑誌で見た覚えがあるし、ネタとしてコスプレ的な扱いで出てくることはまだある。

こういう非常に黒いのは渋谷の109付近に出現していた。
一昔前の現代日本を舞台にした作品だと学生で遊んでいるキャラはこのデザインになっている。

渋谷109において80年代から90年代にかけて流行していたスタイルだよ。
古いスタイルだから、今の日本では一種のパロディとして出てくる。

大阪の方のスタイルじゃなかったっけ?

昔はアニメや漫画ではわりと定番のキャラ付けだったんだが、今では意味不明になるのか……
こういうのは長期連載の作品を見ると証拠が出てくるよ。「名探偵コナン」とかにも出ていたはず。

正直、突然このデザインのキャラに出て来られても困惑してしまうな。
社会的な立ち位置や、この格好から連想されるイメージが自分の知識には無いから。

こういう黒い女の子は日本の男よりも強い女性……といったキャラで出てくる気がする。

日本のかなり前の流行のはずだし、今のオタクに通じないのも分かる。でも今も日本に存在するとは想像もしていなかった。

しかしあんなに日焼けさせたら体に悪いと思うんだけどな。皮膚ガンになりそう。
いやそもそも、あそこまで黄色人種が日焼けできるものなのか?

日焼けと化粧の2種類が存在するんじゃなかったっけ?

あれって日焼けだろ?上のレスにもあったけど、専用の機械で紫外線を照射する、全身紫外線浴でやるはず。

紫外線の日焼けもあるけど、メインとなる顔は化粧のはず。昔見た日本紹介スレで開設されていた。でもどのくらい化粧品をつかえばああなるんだろうな……

日本ではあの肌の色にするファンデーションなどが売られているはずだ。
日本の若者文化におけるファッションとして発展、定着しているということなんじゃないかな。



とまぁ、こんな感じで。
初見の人もいれば、一昔前に紹介された知識を持っている人もいるようですし、何か別の知識が混ざっている人もいるようでした。

こういった中国から見れば外国である日本の流行事情に関しては、やはり情報が蓄積されずに途絶えることも多いそうです。
特に中国のネットは更新と削除と規制のペースが速いので、一昔前の「中国語化された情報」を遡って探すのは結構な手間になるとも。

ガングロ系の女の子についての情報も昔の中国オタク界隈には入っていたように思いますが、その後世代交代が進み、最近のアニメや漫画に出てくるギャル系のキャラクターやそれに関する情報を通じてまた微妙に意識されるというか、再発見されるというかな状態になっている所もあるとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「最近のオタクはFateからギリシャ神話を学ぶのか!?そこは聖闘士星矢だろ!!」

ありがたいことに
「中国のオタクな人はアニメや漫画で扱われたネタをきっかけにして別のジャンルに詳しくなる、深みにハマるということはありますか?」
という質問をいただいておりましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも、好きになった作品をきっかけに別の趣味にハマったり、本格的な知識を深めたりといった人は珍しくありません。
それに私自身も日本のアニメや漫画にハマった挙句に日本関係の仕事に就いているような人間をかなり知っています。

また中国で大人気になった作品の影響によって、中国オタク界隈全体の知識の深さや語られる話題の方向性が変わっていったようなケースもちょくちょくあります。

こういった影響ということに関して近頃は「Fate」関係での動きが目に付きますが、
先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「Fateがきっかけで様々な神話に詳しくなった」
といったことなどに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


俺は実はFateから神話の知識を学んだ。その後に別の資料を読み込んだりしたけど、きっかけは間違いなくFate。
こういう経緯で神話に詳しくなった人って結構いると思うんだけど、どう?

お前もか。俺もだ。
ケルトやギリシャ神話辺りはFateを知らなければ興味を持たなかったと思う。

ちょっと待ってくれ、最近のオタクはFateからギリシャ神話を学ぶのか!?そこは「聖闘士星矢」だろ!!

Fateやってるとサーヴァントの把握や妄想に神話知識は不可欠というか、キャラ追っかけてるといつの間にか蓄積されるんだよな。

ギリシャ神話は「聖闘士星矢」だろ……そして西洋文明を理解する上でのベースとして活用できるようになるまでが嗜みだ。ギリシャ神話関係の本って神話ネタでは簡単に手に入る部類だし。

私もギリシャ神話の知識は「聖闘士星矢」と小さいころに読んだギリシャ神話の本から始まってる。

アニメでも神話のアニメ化的なのがあったはず。
比較的最近だと韓国の「オリンポス・ガーディアン」とか、あとディズニーも神話ネタのあったはず。

なんだかんだで型月厨の連中は他の国の神話に詳しいよな。
あいつら下手すりゃ自分の国の神話より詳しいだろ。

神話ネタや神話由来の名詞は色んな作品で使われるからFateに限った話では無い。

ギリシャ神話好きからすればFateは好きになれない。
ギリシャ神話系は元ネタとはかけ離れた名前だけのキャラにされている。ヘラクレスやアキレウスとかの扱いのヒドさときたら……!

私は神話についてはオタクになる前にきちんと理解していた。
世の中は神話をアニメや漫画ゲームで学ぶような人間ばかりじゃない。

そりゃ元から詳しい人はいるだろうし、今の時代普通にアニメ見たり映画見たり小説読んだりしていれば神話の知識皆無ってことはないだろう。
でも本格的に知識を蓄えるきっかけがFateな人は結構いるんじゃないか?自分もFateに出会ってから神話に本格的な興味を持った。

この際だから自白するが、実は俺は「聖闘士星矢」はネットのネタ経由の知識だけで、ギリシャ神話ネタというのは知っていてもそんなに詳しくなかった。
Fateのアキレウスのネタで初めて興味を持って作品をまともに調べた。

Fateを楽しむ上では「聖闘士星矢」は把握しておくべきだろうね。
きのこだけでなく関係者はほぼ聖闘士星矢世代らしいし、ネタも真面目なのからパロディまでかなり多い。過去にはエイプリルフールに聖闘士星矢ネタで動画を作ったりもしている。

アニメや漫画とか、サブカル経由で興味を持ったりなんとなく知識を獲得していたってことは多いと思うぞ。
俺自身インド神話に興味を持ったのって「3×3 EYES」からだったしな。

子供向けの読み物に世界の伝説や英雄についてのが結構あったし、アーサー王やベオウルフなんかはそれで知っていたが、円卓の騎士は「円卓の騎士」という組織名でしか知らなかったな。
ギリシャ神話はやはり聖闘士星矢、それからヘラクレスのアニメ経由だったような。

Fate以前は神話を知らなかったなんて人間ばかりだと思うなよ。これだから月厨は。

現代のオタクになるルート的に、神話に本格的な興味を持つきっかけがFateって人は少なくないと思うよ。
神話系の名詞は色んな所で使われるから名前だけ知っていることは多いだろうけど、それにどんな故事や背景があるかまではなかなか興味を持たない。

世界各国の神話をFate初めて知ったという人はそんなに多くないだろうけど、Fateで世界各国の神話ネタをカバーできるようになった人は多いのでは。
ギリシャとケルトとインドの神話全部詳しかったなんて人は神話専門で追っかけるとか比較するとかでもやってなければ滅多にいないはず。

子供向けの本に神話シリーズみたいなのがあってそれをよく読んでいたから神話の故事はそれなりに知っていた。おかげでFateで魔改造されているのを見るとニヤリとしてしまう。

ギリシャ神話は星座関係から知ることも多いんじゃないかな。私はそうだった。

Fateの神話ネタ全部ではないけど、私は昔から世界各地の神話が好きでイロイロと見たり読んだりしていた。Fateに手を出すきっかけは「世界の神話ネタでスパロボみたいなことをやる」というので興味を持ったことだったね。

自分も知識としては神話がテーマの本というか読み物で把握していたりはするんだけど、思い入れを持ってネタとして語れたかというと、Fate以降かもしれんな。
もっとも、知識だけの時より明らかに歪んで汚染されているけど!

大体みんな、神話伝説の固有名詞やあやふやなイメージとかはFate以前もそれなりに接触ルートはあると思う。
それからギリシャ神話は「聖闘士星矢」があるけど、ケルト神話や北欧神話なんかはFate以前はそんなに語られる神話じゃなかったよね。

北欧神話はそれなりに。
例えば自分は「ヴァルキリープロファイル」とかの印象が強い。

「World of Warcraft」やってると北欧神話関係は詳しくなれるぞ。

「ペルソナ」やってると神話知識はなんとなく蓄積される。

ケルト神話は「マビノギ」でそれなりに把握できていたかな。さすがにFateの魔改造までは対応できていなかったが。

ケルト神話は「ケルトの聖戦」というゲームがあってだな……

自分の場合、ネタということなら「遊戯王」がかなり大きい。カードの元ネタをイロイロと追っかけた。

シヴァやパールヴァティーはともかく、カルナはFateやらなければ絶対知らなかったと思う。

詳しく知らなかったがアルジュナは辛うじて耳にしたことはあった。でもカルナはさすがに知らなかった。

自分の場合、Fateから知ったというのが大きいのはギリシャ神話よりもシュメール神話だよ。他の神話は多かれ少なかれ意識したことがあったけど、シュメールはほぼ名前だけ。

私もシュメール神話に関しては似たようなものかも。
Fate以前はせいぜい歴史用語としての認識だった。

シュメール神話の内容やその影響、文化圏についてはFareを知らなければ意識したり調べたりもしなかったと思う。

でもシュメールとかギルガメッシュはまだ名前は聞いたことあったろう。歴史の教科書にも載っているしね。
完全に知られていなかったのは間違いなく大英雄アーラシュ。

アーラシュについては完全に同意。アーラシュとシュメール神話についてはFateのイメージの影響が非常に強くなっているのは間違いない。
それ以前は歴史枠だったと思う。少なくとも神話ネタとしてガッツリ語られることは無かったかと。

Fateで神話を知るのは別に構わんが、Fateはトンデモ魔改造が行われているのは意識しろよ。もし神話を知りたいなら原典を読め。

それは確かにい。Fateは直接「勉強」に使えるもんじゃないわな。ただ神話に対する興味を強めるのも間違いない。
原典に当たってみてあまりの魔改造ぶりに困惑して、更に複数の原典や解釈があって曲解の範囲に悩んだりするのが定番の流れだよ!

Fateの本当に恐ろしい所は各国の神話を曲解する楽しみを知ってしまうことだろう。
Fateを通じて「名前だけは聞いたことがある」ような様々な神話の人物を考察したり、神話の関連性やネタの流れ的なモノを意識するようになってしまう。
もう昔のような考えで神話ネタに接することはできない……



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈の世代の移り変わりも感じられるようなやり取りも見受けられました。

それにしても、中国オタク界隈ではFate以降に神話伝説ネタの扱いがかなり変わったのは確かではないかと。
昔は元ネタ紹介程度だったものが、最近ではFate関係の話題に出てくる考察やツッコミが以前と比べてどんどん濃くなっているというか、神話との比較や解釈も含めてというのが増えてきているように感じられますね。

ただそういったコダワリのある考察が出てくると共に、Fate内における独自解釈の展開をそのまま受け止められないという人も増えてきているそうです。

特に中国関係は自分の中のイメージが固まっている人が多いので、Fateにおける独自解釈のアレンジについては引っ掛かりが激しくなり、自分の考えるFateに出た中華系キャラの人物像、現在の中国で広まっているイメージとの違いや、Fateの独自解釈の広げ方について様々なことを言いたくなってしまうのだとか。

中国のFate事情を追っかけていると、良くも悪くも作品の人気や影響力が高まった結果というのを目にすることになりますし、その辺りについてイロイロと考えてしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なぜみんなアメコミの実写化は歓迎するのに日本のマンガやアニメの実写化は嫌うんだ?」

ありがたいことに
「中国では日本のアニメや漫画の実写化作品がかなり否定的に扱われているようですが、アメコミ原作の映画はどういった扱いになっているのでしょうか」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

作品ごとの当たり外れはありますが、中国ではアメコミ原作の実写化作品の評価が高く、映画の興収なども非常に良いのは確かです。
それから原作知識ベースで作品を語る人も結構いるそうですが、原作との違いが問題視される、実写化が批判されるということはあまり無いような印象があります。

それに対して、いただいた質問にもありますが日本のアニメや漫画、ラノベの実写化作品については基本的にネガティブな意見が多く、実写化作品のニュースに関するやり取りもまず否定から始まるような所があるのも確かです。

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「なぜアメコミの実写化は歓迎されるのに日本のアニメや漫画の実写化は嫌われるのか」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜみんなアメコミの実写化は歓迎するのに日本のマンガやアニメの実写化は嫌うんだろう?
日本の二次元系の実写化の話題が出るとまず肯定的な評価は出ないのに、アメコミの実写化は普通に受け入れられている。

だってアメコミ原作はこれまでの実績が違うし、実際に作品を見てもちゃんと良い出来だし。

アメリカと日本、実写化の差は非常にはっきりしたものになっているよね。

日本の実写化って技術も金も良い脚本も無いから歓迎できないよ。
原作があれば良い。

ミステリとかファンタジー入らない現代モノとかで、オタク向けじゃなければ「見れる」のは探せば出て来るけど、アニメを超えるかと言われると難しいからな。

「花より男子」みたいな作品もあったわけだし、少女漫画原作ならいけるんじゃないか?
最近も少女漫画原作の実写映画は結構作られていたはず。

日本の実写版って金がかかってないのがすぐに分かる。
金が無いなら作るなと言いたくなる。

いや、そこは商売だから金が無いから儲けるために作るんじゃないかな……原作があると何かと楽だから。まぁその結果作品のファンが喜ぶかは知らんけど。

絵柄の問題じゃないだろうか?アメコミは写実的な絵柄だから実写の人間や3DCGとの相性も良い。
日本のアニメや漫画の極端な色分けの髪と大きな目と極端な身体のバランスを現実の人間にやらせると違和感が強くなる。

でも「All You Need Is Kill」みたいに二次元絵のついた日本のラノベ原作で普通に面白いのが出来たりしているぞ。
日本の実写版は作り方に何か問題があるんじゃないか?

ファンタジー的な内容の無い漫画原作のドラマやドラマの劇場版は良いのもあったし題材の問題かと思ったが、アメコミは極端なファンタジーやヒーローの作品も多いしなあ……資金や映画産業の問題も大きいのでは。

日本の映画って二次元的なキャラデザをカッコ悪く実写化しているし、それに加えて大画面で映えるような映画を作るのは上手くない気がする。
あと見終わって「原作のあのシーンがカットされている」といった所ばかりが気になるのはどうなんだ。劇中での設定説明や心理描写のやり方も微妙だし、原作を映画の長さに落とし込んで見せるのが下手なのか、それとも必要と考えていないのか。

日本の実写って日本のアイドルファン向けとか、マニア向けだろ?
日本以外の国にそんな作品持って来られても……

日本のアニメや漫画の実写の場合、日本人の役者に関する知識や思い入れが無いと厳しいってのは感じるね。
アニメと違って、日本の実写好きというコアな人じゃないときちんと楽しめないし、アニメや漫画とかの二次元知識ベースで見ると違いばかりを感じてしまう。

こっちではアニメであれば一般でも楽しめる二次元枠になるんだけど、実写だとマニア枠になるのは言われてみれば面白いかもしれん。
実写版って日本では一般向けの扱いになっているんだよね?

日本の実写化は題材が実写と相性良くないのを持ってきて、二次元との落差が激しい役者とコスチュームにしてしまうのがダメだろう。

アメリカのアメコミ原作映画を見ていると原作に対して「実写の漫画化」にすら思えるが、日本の映画は「アニメの実写化」「漫画の実写化」にしか見えない。

日本の実写化はコスプレにしか見えないのがな……
「進撃の巨人」とかもう何なんだ。昔日本のコミケで見たスタッフの方が良かったぞ。

日本の現実系以外の実写化はデザイン関係の実写へのアレンジが上手くいっていない所もあるかな。
アメコミ系はヒーローのダサイ昔のコスチュームを、アレンジして見せ方も工夫してなんだかカッコイイ印象を与えてくる。

あのコスプレっぷりの原因は予算不足なのかセンスなのか、それとも両方なのか。
なんかこう、自分達が昔やってたコスプレ劇みたいでなあ。もちろんコスプレ劇はやってて楽しかったけど、公式でそういうのをやられてもね。

コスプレも問題だが監督や脚本の問題もあるのでは。
最近見た日本の漫画原作映画って、役者が表情と動作を誇張して原作のようにしようというのばかりで白けたし、セリフも原作そのまま使おうとして逆に実写の空気から浮いていた。
ああいうのならアニメで良いし別に実写化する意味はなかったよ。

日本のアニメやマンガってキャラが若いから演じている年上の役者による違和感もスゴイ。
アメコミだとカッコイイおっさんやおねえちゃんがたくさん出せるから、顔も演技も身体付きも問題無くなる。

実は設定だけならアメコミのキャラも結構若いんだよ。おっさんに見えるけど、設定上の年齢もおっさんってのは案外少ないぞ。少年少女ってわけではないが。
あと最近はオリジンエピソード活用とかでどんどん「若い」方向になっているし、結局は役者の起用と見せ方の方の問題じゃないか?

アメコミ原作映画を見ていると、日本の実写版ももっと大胆にストーリーを変えればいいのにと思ってしまう。
あれって権利上の問題で変えられなかったりするの?

そこは作品ごとに違うだろうけど、良い悪いは別として結構大きな改変をしている作品もあるからやってやれないことは無いと思う。
ただマーケティング的に原作人気や原作ファンをターゲットにする場合はあまり変えられないんじゃないか?

アメコミは原作の扱いが軽い、会社の権利による世界観の下にキャラを資産として活用しつくそうというのがあるから何やっても出来が良ければ許される。
日本の作品はそれぞれ独立した世界観だからそうはいかん。

日本の二次元で比較的アメコミに近い形でやれそうなのってFateくらいじゃないか。キャラの出演もアレンジも作家がそれなりに自由にやっていいし、並行世界的な扱いにもできる。
もっとも、二次元作品では実写に向いていない部類の作品だろうけどね……

日本の場合、話題になる作品はアニメ化されたあとに実写化というケースが多いのも不利だ。
アメコミはアニメ版あっても基本的に原作漫画の実写化という扱いになるからそこまでハードル上がらない。

なるほど。
そう言えば青年向け漫画のドラマ化、映画化はそんなに問題にならないね。あと上でも出ている少女漫画の実写版とかも。

技術や予算もそうだけど、原作からのハードルの高さ、ファンの要求も関係していると思う。
アメコミは写実的だしカラーだし一枚絵だったらクオリティ高いんだけど、動きとかは微妙だ。

同意。
アメコミの場合、戦闘シーンを最新のCGで豪華に描写することで確実に原作より上になる。
アメコミはストーリーは良いけどマンガとして見たらショボイというのも少なくない。今やってるアヴェンジャーズの原作のインフィニティ・ガントレットも、ストーリーや設定は壮大なんだが戦闘シーンはちょっと……

実写化でアメリカはヘンな画がカッコ良くなる。日本はカッコいい画がヘンになる。

日本のアニメや漫画の実写って、アニメや漫画でいいじゃないかというのが多い。
あえて実写にしても原作超えられないし、そもそも原作に似せる方向で作られているから余計にアニメや漫画で十分、余計なことして作品を毀損するなという印象になる。

日本の作品の場合、現実ベースの青年マンガを実写化するならともかくファンタジーや萌えの入った少年マンガを実写化するのは厳しいんじゃないのか。
アメコミって現実描写に近付けるように発展してきたけど、日本のアニメや漫画は現実では無く理想を突き詰め萌えを突き詰めるように発展してきたのだから。

金と技術の問題もあるけど、実写化に合わせたアレンジ、実写のドラマにする際のリアリティ描写が不足している。
アメコミ原作の場合、キャラがずっとヒーローコスチュームでマスクかぶっているわけではないから普通の格好のシーンも増えてメリハリが付くし違和感も減る。
それに対して日本の場合はヘンな髪の色のコスプレでずっと画面に映っているから……

日本の実写化ってマンガやアニメに近付けることに拘り過ぎている。常時コスプレ状態もそれが原因の一つだろう。
しかもその原作に近付けるかというのが、ファンにとって嬉しい結果になっていない!

私は面白くてカッコ良ければ勝手に巨大ロボット出しても良いと思うんだけどな!
実写になった時点でアニメや漫画と同じにはならんのだから、昔のスパイダーマンのように冒険すればいいのに。

コスプレと言えば、最近だと「るろうに剣心」は比較的コスプレ感もなくて良かったと思うが。

あれは時代劇っていう日本の武士映画のフォーマットにできたのも大きいらしいね。そういうのであれば日本の実写化も上手くいくのかも。

日本のマンガは表現と密度が独自進化しているし、アニメも二次元描写と演出に声優で一つの表現になっているからね
それを実写にするとダウングレードしたように見えてしまうのがキツイ。上でも言われているが、金も技術も無いから劣化したように見えてしまうのでは。



とまぁ、こんな感じで。
クオリティ面で厳しい、日本の原作付きの実写版はあえて実写で見なくても良いといいた見方も強いようです。

また中国ではアニメであればアニメ枠としての扱いになるので独自枠でやっていけるものの、実写では他の中国国外作品と同じ枠に入っての競争になるので現在の日本のコンテンツのクオリティや存在感では厳しいといった話も聞こえてきます。

また娯楽枠においては原作付きということでアメコミ原作作品、例えば今日本でも公開されているアヴェンジャーズなどと比較される扱いになるので日本の漫画原作系の作品はどうしても厳しい見方になってしまうのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ソシャゲのイラストが不評で抗議が入って変更ってどの程度有り得るのだろうか?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので今回はそれについてを。

近頃はソーシャルゲームが中国オタク界隈でも何かと重要な扱いになっていますし、新規追加コンテンツに関しても話題になっているのをよく見かけます。

ただ、中には新規追加コンテンツが不評で炎上したり、その結果運営やクリエイターへの抗議にまで発展するケースがちょくちょく発生するようにもなってきています。

中国のソッチ系のサイトではその辺りのゴタゴタに関して
「ソーシャルゲームに対する抗議による変更、それもイラストの変更はどれくらいあるのか?」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ソシャゲのイラストが不評で抗議が入って変更ってどの程度有り得るのだろうか?

イラスト変更か……イラストに文句言うのは多いし自分もやったことあるけど、そう言えば変更まではなかなか無いな。

最近だとFEヒーローズのイシュタルが燃えて抗議にまでなってるよね……ああいうのって変更が行われること、それも抗議しているファンが納得するような変更が行われることってあるのかね?

近頃のソシャゲはイラストが重要になってるからその手の抗議というか運営やクリエイターへの突撃を伴う炎上が多くなっていると感じる。

最近のソシャゲは良くも悪くもキャラ重視だし、名作IPを活用したりするから思い出と違うという反発も出るんじゃないかな。
イシュタルは原作ゲームで仲間にならないキャラだったから、ゲームストーリーでの登場肉うぇて、FGOで自分の好きなサーヴァントを手に入れて遊ぶ、スパロボで説得して仲間にして一緒に戦う的なことをやりたい人が多かったのでは。

抗議してイラストの変更とか期待するのがおかしい。
FGOであんだけ批判されている荊軻やナイチンゲールが変更されていないんだぞ?

私も最近遊んでいる中だとFGOのイラストが……明らかに絵師が手抜きをしているのもあるし運営がちゃんと管理しろよと言いたくなる。一応礼装とかでのフォローはあるけどさあ……

艦これもFGOも抗議で変更したことは無いぞ。日本のゲームに対する抗議はあまり意味が無い。

イラストへの抗議を受け入れるか、変更するかに関しては運営の方針次第じゃないか?
例えばFEヒーローズはイラスト変更しない運営だと思う。

FGOは運営のスタンスがよく分からんが、艦これは運営のセンスで押し通す感じだね。
それに日本のメインユーザー層の好みが独特だから、日頃目に付き易い所で炎上してもスルーできるんじゃないかと。

艦これはしばふ艦をはじめ、日本と日本以外の評価の落差が激しいんだよな。新規実装艦のイラストが出て批判や炎上っぽいことになっても不発になったり、鹿島とか思わぬ所で人気が爆発したりする。最近ではなぜかガンビア・ベイが大人気だ。

ウチの国のゲームだと炎上したら対応せざるを得ない所もあるが、日本だとどうなんだろうか。
確かアズールレーンのワスプだったかな?クオリティ低いと批判されて、実装時には変更が入ってたはず。そんなことよりゲームの内容でもっといじるべき所があるだろうと思ったがな。

そっちは先行公開だし実装後の変更ってどうなんだろう。アズールレーンは話題になる所は右往左往して反映させるけど、その結果別の方向からの反発が発生したりするからね……日焼けスキンの件は絶対に許さない。

オイゲンは炎上させた方がごね得になった感があるからな。日焼けが嫌いなのもいれば好きなのもいるのに。しかも最終的にオリジナルより白くするとかあの運営は何考えてんだ。

そういうのがあるから何でも騒ぐというのはどうかと思うよ。
なんでも騒ぎにするから結局は人が離れてしまう。そして残るのは過激に騒ぎたい連中だけになってしまって。

この手のゲームのイラストって余裕があったら修正はする、程度じゃないの?
あと実装してからは金が動いてからは難しいはず。変えても「前の方が良かった」という意見が出るリスクもある。

戦艦少女Rなんかは新しいの出るたびに何かしら問題出て炎上するからもう慣れた。

人気が落ち目のゲームってイラストでつなぎとめて稼ぐしかないから、対応するスタンスでなんか分かってしまいそう。
逆に人気が維持されている場合はその手の対応をしないと思う。独自のブランドを維持してアピールしていけばいいのだから。

本気で抗議したいなら課金しなきゃいいんだよ。
課金するユーザーがいるというのは需要があるということだし、本気で課金されないなら運営も手を打つよ。
更に言えば課金ユーザーがいる以上、そのイラストを肯定している層が存在することになるから下手に変更すると別方向からの反発を生むことになりかねん。

文句言いながら課金するヤツが出るのはホントに不思議。

崩壊3rdも修正入ってたし、細かい修正は探せば出てくる。
ただそれが抗議して炎上に対応して……というのになるとよく分からんね。

装備間違えたとか指が多かったとか両方左手になってたみたいなのは修正入るだろ。ただクオリティが低い、ヘタクソ的な抗議はどうなんだろう。

抗議関係無く、イラストレーター側が修正版を投げて来て通すこともあったはず。

FEヒーローズみたいなのは扱いが難しそうだ。
元ネタが何十年も前のレトロゲームだから今更原作キャラを把握するためにゲーム遊ぶのもいないし、当時の関連商品や公式設定で脳内補完し続けるしかない。
そこに公式が今の体制や絵師でキャラを出したらファンのイメージとの食い違いだって出るだろうけど、現在の制作スタッフでは抗議している層の要求を満足させるのも難しいのではないだろうか。

昔のイラストそのまま持ってくると今度は他の新規イラストとの差が浮き彫りになるし、手抜きと言われるだろうからね。
私は「聖戦の系譜」のゲームの方のイラスト好きだけど、今の時代の絵じゃないというのは認めざるを得ない。

イシュタルはファンのイメージが原作から乖離しているような印象があるし、今回の反発にはそこも影響しているように思う。
イシュタルって原作だとユリウスに従う受け身キャラだし、今回のイラストへの対抗として出ているファンの二次創作絵のような凛としているとかツンデレだとかのキャラでは無いと思うんだがな。

イシュタルの炎上や抗議に関しては、問題がクオリティなのか好みなのかがよく分からなくなってくる。

でも不評なキャラをずっとそのままにするのはどうなんだよ。
ナイチンゲールとか絵を替えないならせめてガチャの恒常から外せ。

それは言っちゃなんだが「好みの問題」なんじゃないか?
それにFGOは作家色込みでやっている節があるし、こっちでも批判の多い剣ランスロットやナイチンゲールとかの変更も無いのだろう。

FGOのパールヴァティーとかはさすがに好みじゃなくてクオリティだろ。

日本だとFateはむしろ武内絵やこやまひろかず絵の方が批判多くなったりするぞ。
宮本武蔵の最終再臨とかメイドオルタとか批判出まくっているけど、結局そのままだ。

FGOは礼装あるし二次創作も多いから、そっちで燃料補給できるのが強い。他のソシャゲとは別に考えるべきではないかと。

FGOのキャライラスト変更できるならFGOの中国サーヴァントのイラスト全部変更して欲しいわ。

燕青は変更必要ないだろう。
あと孔明はウェイバーだから除外。

こういうのって問題個所を修正するとかはあっても、運営にとって得にならなければデザインの根本的な変更、リテイクはないんじゃないか?
それに加えて日本のゲームの場合、運営にとって得になるかどうかという判断が長期的なものになっているんだと思う。

FGOのナイチンゲールはキャラの人気自体は結構あるし、イラスト変更したら反発出るだろう。サーヴァントの基本装備とかも絵師がデザインしているはずだからそれを変えたら得になるどころかダメージが来るんじゃないかね。

そこまでやるなら、まだバランス調整という名のナーフの方が問題にならないかもな。

イラストに関してはそのうち慣れるし、心の薄目で見ればなんとかなる。
変更のゴタゴタを考えると、あえてやる意義は少なそうだ。

この表現が問題あるから修正しろとか削除しろというのは分かり易いけど、炎上するのはイラストがクオリティが低い(好みに合わない)ということも多いしね。
クオリティ上げろという要求については運営もきちんと対応するのは厳しいんじゃないか?

それやって迷走しているゲームもあるぞ。こっちで広告出てる大手のゲームにも、キャラの立ち絵がどれだけバージョンアップしたんだというのがある。
しかもそこまでやってもキャラのイメージが確立できていない!

逆に言えばブランドというか作品のカラーが固まっている場合は変更少なくなるんじゃないかね。艦これとかFGOは文句出ても変更入らんのはそういった背景もあるのでは。

それなりに大手の作品でもイラストが変わることはあるよ。ただ私の知っているのは上手い下手よりも権利上の関係からだと思われるケースばかりだね。

明確に修正は無いけど、何らかの手を打ったと思われるケースはあるよ。艦これでもね。
例えば過去に艦これで龍驤改が絵師に何か問題が発生したのかと思うレベルの狂いが生じたが、その後すぐに実装された改二ではちゃんと元に戻った。

龍驤改は後からわざわざ新規画を実装したのになんかヘンなことになってたからな……今でもそのままだが、運用はみんな改二でやってるから気にしないことになってるな。

オタク向けソシャゲのイラストは個人に発注というケースが多いし、クオリティにムラが出たりやらかしたりというリスクはあるんだろう。

クオリティもそうだけど、絵柄の癖もあるからな……荊軻やナイチンゲールなんかはそっちの方が大きいと思う。
反発もFateの絵柄から浮いているというのがあるんじゃないだろうか。

絵柄に関してはグランブルーファンタジーのように、スタジオでやれば安定するだろう。他のゲームが真似できる制作体制かどうかは分からんが。



とまぁ、こんな感じで。
抗議についてはともかく、その結果どうなると考えているのか、何を求めているかは人それぞれな所があるのかもしれません。

近頃は私の方でも日本と中国ではソシャゲのユーザーの環境や意識にちょっとした違いがあるという話や、それに伴う運営との距離感や、不満を感じた時のアクション、求められる対応というのが違うといった話がよく聞こえてくるようになってきています。

またこの辺りの事情が近年の日本のゲームが中国で配信される時、或いは逆に中国のゲームが日本で配信される時にすれ違いが起こって炎上が拡大したりユーザーが離れたりする原因の一つになっていたりするといった話も。

中国オタク界隈でもソシャゲ経由での人気や話題の広がりというのが大きくなってきましたし、コンテンツの管理運営というのがイロイロな面で以前よりも重要になってきているように感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「νガンダムが一位はちょっとだけ意外」「オルガが実質一位は意味不明すぎる、どこまでネタなんだ?」全ガンダム大投票に対する中国オタクの反応

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

NHKで行われていた全ガンダム大投票ですが、先日結果が出ました。
結果発表!|全ガンダム大投票 40th(NHK)

この投票は投票がNHK主催であるということや、その長めの開催期間などから中国オタク界隈でも注目されていましたし、その結果もイロイロと話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「全ガンダム大投票の結果発表」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ガンダム大投票の結果が出たぞ!
やはりMSやキャラの方は所々に意外なのが来ていたりするし、予想していたのより低い順位になったのもいるな。

キャラ1位はシャアか……分かるような分からないような。

最初はアムロやシャアは複数の作品に出ていて有利過ぎと思ったが、ガンダムの作品展開を考えるとそれほどでもないようにも思えてきた。

よし、ストライクフリーダムが3位か。カッコイイMSはやはり人気になるんだね!

俺はサザビーが8位になっていてホッとしたよ。
パイロットの某ロリコンも含めてネタ扱いされてたし、クローズアップされるのもネタっぽいシーンが多かったから。

シャアザクよりサザビーの方が上なのは面白いね。しかもシャアザクは11位でベスト10圏外とは。
ガンダムシリーズにおける扱い的にもっと上にいるもんだと思っていたよ。

νガンダムが一位はちょっとだけ意外だ。低いとは思わなかったが一位になるほどとは。
あとユニコーン系もこんなに低いとは……シナンジュなんかはもっと上にいると思っていたんだけど。

人気に関してはやはり宇宙世紀系が強いというのがハッキリ出たね。
ただちょっと驚いたのはUC系があんまり伸びていないことだね。オルガを除いて見ても、結果を見ていくと作品キャラMSとどれも鉄血より下な印象だ。

MSはさすがにUCの方が鉄血より上じゃないか?全体的にUCの順位が振るわないのには同意だが。

他の作品の傾向にもあうけど、投票で考えた場合はTVアニメとOVAの差は大きいということなのかな。

OVAの中で「ポケットの中の戦争」が健闘しているのはとても嬉しい!
私にとって一番好きだと言えるガンダム作品だからね!

フリーダムとキラが上位確実だと思っていたのは当たったが、ラクスとアスランがこんなに低いなんて。正直5位以内を争うと思ってたのに!

キラは上位確実だったろうけど、アスランは立ち位置的に厳しかったと思う。10位というのは上出来じゃないかな。

ラクスが上位は無理だろ……他の作品の男性人気キャラを超えないといけないし、女性だとまずハマーンに勝たないと5位以内どころか10位にも入れん。

ラクスはSEED単体ならともかく、ガンダムキャラだと専用MS持ってないからこういうランキングだと厳しいでしょ。

MSに関してはトップ5はかなり納得できる結果だ。
これに関して私は日本のガンダムオタクの感性と近いと確認できたよ。

だがキャラに関しては意外だよな……なんでオルガが入ってんだ。悪ふざけの結果か?日本で実は人気が高いというのも聞いたこと無いぞ。

νとΖ、シャアとアムロは分かる。想定内ではある。
でもなぜキラよりオルガなんだ……!

でもMSの順位でRX-78がギリギリで10位はちょっと意外。
日本人があれだけ持ち上げているから、もっと上に来るもんだと。

作品のシンボルと自分の好きなMSは別という可能性が……
それに投票のメディアとかの影響もあるしね。日本人向けで雑誌媒体で投票とかだったらまた違ったかもしれない。

その順位についてはRX-78よりF91の方が上というのが自分にとっては一番の驚きだよ。
実は日本ではF91って人気高かったのか?非アニメ化だから投票対象外だったクロスボーン関係の票が入ったのか?

MSだとデスティニーがフルアーマー・ユニコーンガンダムより高いのにはツッコミたくなる。なんでアレにフルアーマー・ユニコーンガンダムが負けるんだ。プラモの出来の差か?

でも普通のユニコーンが12位だからねえ……

デスティニーはSEED系列だとフリーダム系の次の人気だし、なんだかんだでそれなりの人気はあったということなんだろう。アニメ本編はともかく関連商品関連作品での扱いは悪くないしね。

そもそも、ユニコーン関係が予想外だよ!
まさかベスト10にも入らないなんて!!

そうか?
私はクシャトリヤが25位で嬉しいけど。この位置は大健闘だろう。

しかしオルガが実質一位は意味不明すぎる、どこまでネタなんだ?

作品別で見た場合、単独でキャラ人気1位になってるのはな……正直一番わけわからん結果だ。

オルガの順位だけでこのランキングが信用できないというのが分かってしまうよ。

オルガと鉄血関係だけ除いて参考にすればいいのさ。
直近の作品に関しては良くも悪くも荒れる。

ネットだからネタ票が集まったという面は間違いなくあるだろうからね。
止まるんじゃねぇぞ…は近年最も影響力のあるネタだし、ガンダム興味ない日本人も愛用しているみたいだから。ウチの国だってオルガのイメージはもうあのポーズ及び関連ネタになってるだろう?

これって岡田磨理への反発の結果じゃないか?

反発する気持ちも理解できなくはないが、無意味だろう。イイカゲンに書いた脚本でもガンダムキャラで人気1位を取れると証明してしまったのだから!
今後はもっとたくさんの岡田磨理が現れるぞ!

ガンダムじゃなきゃ別に構わんよ。
岡田磨理はガンダムのように長編で更に世界観説明しないといけないような作品とは合わないだろうけど、関わった作品全部外れというわけではないしな。

「鉄血」は主人公達が殺されるのもリアル路線だしなんであんなにネタにされるんだよ。敵が頭悪くなったわけでもないし、主人公補正が消えて死んだだけだろう。
どの作品も主人公補正と敵の頭が悪くなる能力で生き残らないといけないと言うのか?

オルガについては真似したい展開の意図は分かるんだが、それをガンダムシリーズでやって、しかもあの場面でやったら唐突に見えるしネタになるのはしょうがない……あと敵の頭は悪くならなかったが、オルガとかマクギリスとか味方の頭は悪くなったからなあ……

シーンだけ見れば別に悪くないけど、それまでの積み重ねやガンダム世界でのルールを破って白けさせたのはダメだろう。主人公補正無くして逆補正かけてもいいけど、面白くなってないし。
あと「鉄血」は岡田磨理だけの責任ではない。スタッフインタビューとか見てもグダグダ過ぎる。

シャアが迷いを捨てて本気を出しあらゆる手段をとったらアムロなんか瞬殺というネタを本気でアニメでやってしまったらどうなるか、なぜハゲがそれをやらなかったのかが分かる作品だったよな……
キャラはともかくMS関係の人気が最近のアニメなのにパッとしないのはそういった失敗が如実に出たということだろう。

ダインスレイヴ大集合で解決してMSの意味を無くしてしまうとか、陰謀を的確に行う敵と頭悪くて呆れる主人公側という展開や、妄想する気すら失せるようなレベルでのアニメの描写と設定の乖離とかもやってるからな……

今回のランキングやネットのネタ扱いを見ても、鉄血はもうちょっと落ち着かないと評価は難しそうだな。SEEDも近頃やっと落ち着いてきたような感もあるわけで。

ランキングの方に話を戻そうぜ。
今の所ツッコミが出ていないが、なんでグラハムがここまで上位なんだ!いや俺も嫌いじゃないけど!

うーむ、よく見たらヒイロ・ユイが10位圏内に入れなかったのか。
時の流れというヤツを感じる。

でも羽が落ちる方のウイングガンダムゼロは4位だぞ。
MS人気は時の流れの影響あんまりないのかもね。

確かに。考えてみたら自分も昔好きだったMSは今でも好きだ。

ウイングガンダムゼロが4位と32位にいるんだがどういうことだ?キャラならともかく、MSでなぜこれだけ作品別にしたんだ?

そこは設定ではなく見た目の方で別機体扱いになってるんだろう。WはTV版とEW版がどれも別になってる。

時の流れの影響なら00系じゃないか?
ソレスタルビーイングの機体がどれもパッとしない。なぜかグラハムは上がっているが。

機体も歌も随分後ろの方になっているよね……

00も宇宙世紀系を除いてみたらそこそこじゃないか?
ダブルオーライザーとエクシア、クアンタとイメージ通りの位置だ。

それにしてもグフの人気が高いとは聞いていたが、グフとグフ・カスタムが別でどっちも20位以内、主役ガンダムよりも上だったりするんかい。

ドムとリック・ドムは合わせてなのにな。

ヅダが36位でしかないのはデマゴーグに敗れたのだ

俺はヅダが他のMS達を押しのけてその順位にいるのがまず驚きだよ。いったい何が理由でそんなに人気が高くなったんだ?

なぜフリットがランキング外なんだ……こんなランキングは殲滅する!



とまぁ、こんな感じで。
予想通りの所もあれば、予想外の所もあったようです。

近頃はガンダムの人気に関する感覚における日中の違いは縮小傾向にあるという話も聞きますし、一昔前のようなガンダムSEED一強という状況ではなくなっているそうで、このランキングについても大まかな所は納得できるような空気になっているそうです。

ただオルガ関係のような分かり易いレベルはともかく、日本のガンダム界隈における細かい評価やネタも交えての楽しみ方、それに伴う人気などに関してはやはりピンと来ない所があるとのことです。
またそういった背景があるので、今回のような日本の大がかりなランキングは自分の推しMSやキャラの応援に加えて日本のガンダム人気事情に対する興味も出てくるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「魔法少女サイトが配信中止、今回も不可抗力的なアレだ」「あの日本が怖くなるアニメがダメになったか……」

1月の新作アニメは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」などの中国オタク界隈での大人気作が突然の配信中止になりそれと共に大混乱が発生しましたが、4月の新作アニメに関してもまた配信中止作品が出てしまったそうです。
中国で「ダーリン・イン・ザ・フランキス」が配信中止 中国オタク界隈は恐慌状態に

中国で「ダーリン・イン・ザ・フランキス」が配信再開、一部カットしての配信になった模様

ありがたいことにこの件に関するネタのタレコミや質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

今回「不可抗力的なことにより配信中止」になった作品はyoukuで配信されている
「魔法少女サイト」

だそうです。
ざっと探してみたものの配信中止関連の公式ソースが見つからなかったのですが、
youkuの今期の新作ページからは確かに「魔法少女サイト」が消えていますね。

そんな訳で以下に
「魔法少女サイトの配信中止?」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「魔法少女サイト」が配信中止だ。
今回も「不可抗力的な」アレだ。

そうか、あの日本が怖くなるアニメがダメになったか……

まーた通報されたのか!?

全編にわたって暗黒っぽくて過激な作品だし、修正が間に合わなかったのだろうか。

あれは通報されるのも当然だし、配信中止にされるのも納得できる。極端なこじつけでもない。

なんかお前みたいなレス多いな。規制は当然だ!とか良い気味だ!とか。
大通報時代になりかけているのを心配する人はいないのか?

だってキモイし。

正直俺も普通に良い気味だと思ってる。
ああいうキモイ作品は通報されて規制されるのが当たり前だ。

近頃は精神的文化部やネット紅衛兵多過ぎだろ。

この作品の思想に問題あるのは確かだ。これを見る人間のことを考えて見ろ。

今回の件がどういう背景なのかは分からんけど、配信中止までの流れの憶測やら何やらは前と似たような感じだ。しかしこの間の「ダーリン・イン・ザ・フランキス」とは随分違うな。

背景に関してはこの前規制を食らったという食らわせた所の連中が動いている的な話は出ているけどね。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の時ほどじゃないけど陰謀論にユーザーの足の引っ張り合い説が出て、それがなーんとなく説得力を持ってしまうのがなんとも。

だが「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の時と比べて原因が明らかだ……方向性は違うけど例えば「ハイスクール・フリート」や「ひそねとまそたん」のように。

今期の「ひそねとまそたん」は題材が分かり易くアウトだからな。
実際、どこも取ってないしようだし。

あれは通報したくなるのも分かるけどな……

あまりにも負のエネルギーが強過ぎるアニメだったからね。何を思って作ったか知らんけど、なんであんなのが配信できたんだ?
俺も初めてあの作品を見た時、本気で通報ボタンを探した。ついに発禁になったと聞いて、この数日はとても爽快な気分だ。

全くだ。配信中止のニュースは気持ちのいいニュースだ!

初めて作品の配信中止を喜んだよ。それはおう手を叩いて快哉を叫ぶレベルでね!

配信中止が気軽に行われるようになってしまうのではないかという心配もあるが、youkuは最近ちょっと攻めすぎている感もあった……
「恋は雨上がりのように」みたいな独自路線行くなら構わないが、悪趣味な方に突き進み過ぎるのはこういうリスクがある。

作品はともかく、新作のために会員になって課金した人は気の毒だよ。

今の環境では第4話まで持った方が不思議に思える作品だけど、考えてみれば昔はこういうのはほとんど放置状態だったんだよね。
「デスノート」みたいに大問題になったことが無くはないが、もっと悪趣味な作品が普通に問題無く見られていた。

「デスノート」は社会的な事件が起こったのと、迷信枠に入っちゃったのが原因だから今回の件とはまたちょっと違うかもしれん。
あと近頃は普通のテーマの皮をかぶった悪趣味というかグロ系のアニメに関してはエルサゲートの問題もあるからね。色んな意味で昔とは環境が違う。

しかしこんな所で、本当にヤバイエピソードに行く前に消えてしまうとは。

いや、これまでのエピソードだって普通の感覚で判断すればアウトだろ……

日本のテレビドラマにはエグイいじめのシーンがよく出て来るけど、さすがにこのアニメの中のいじめはヒド過ぎるよ。
日本はいったいどれだけ恐ろしい所なのかと不安になる。

あとはもう正規配信では見れなくなって、字幕組のクラウドストレージか。

今は字幕組の方は遅いからなあ。
「魔法少女サイト」も一日以上後になる感じだったし、最近は見る人もyoukuの方にほぼ流れていたはずだ。

俺もこの作品好きじゃないが、それなら見に行かなきゃいいのに。なんでいちいち通報するんだよ。

レーティング制度を導入しようとしないからこんなことになるんだ。
すぐにできないとか言ってずっと放置して結局こうなる。

レーティング基準出したら気軽な取締りとアピールが出来ないから無理だぞ
どこぞの利益や政治に直結する問題だから

私はこの作品良いと思うんだがな。最近はちょっとダークな面が強く出ると許せないとか受け入れられないとかいうのが出るのはどういうことだ。

なんかキーボードで戦う連中から妙に目の敵にされている印象。精神的な攻撃を受けた自分が許せないのだろうか。

嫌いな作品だから明確なルールを出さずに規制しても良いってのは……前例ができるとウチの国はテンプレ的に規制しだすのを忘れてないか?

気に入らない作品なら見なければいい。通報するのは理解できん。
自分が二次元の正義の使者で自分の好き嫌いが正義だとでも思っているのか。

とは言え、レーティング存在しないしプラットフォームも場当たり的な管理、怒られたらやめればいい、自分はたぶん怒られないから構わないという態度の環境ではね。
各動画サイトは最近有料路線に入ってはいるけど、商売志向の結果というのが主でレーティングの管理をやっているわけでもないしな。

アニメがオタク向けも含めて一般大衆向けになって、簡単にいつでも何度でも見れるようになっているからな。
以前のように小規模な層が個別に楽しんでいるという時代ではない。厳格な管理を受けるのも、「魔法少女サイト」のような作品が表で配信される資格を得られないのも自然な流れと言える。

作品の好き嫌いは別として、正直流れに関してはあまり好ましいものではないな。
この流れだと次は何だろうな。今期新作だと「ゴールデンカムイ」辺りか?

環境が変化しているのに、見る方も流す方も昔の感覚のままな人間が多過ぎる。こういった「敏感な内容」についてどうして気付かないのか。

マニアだったり業界にいると案外気づかないもんだよ。
例えば近年の魔法や超能力をもった少年少女の作品はどんどんダークで救いようが無くなって描写も過激になっている。「まどか☆マギカ」以降を考えてみると分かり易い。魔法少女枠でも「魔法少女育成計画」があったし、他にも「Re:CREATORS」や「十二大戦」なんかが配信されていたわけで、そこからまた踏み外すのも問題無いと感じてしまうのかもしれん。



とまぁ、こんな感じで。
今回の件に関する空気は人気作品が配信中止になった1月の時とはまた違うようで、反発や今後に関して不安を覚える人もいるようですが、「規制は当然」と受け止める人もかなり目に付きました。

この件を教えていた方によると、この辺に関しては自分の好きな作品で無ければ、嫌いなタイプの作品であれば規制されても構わないし、そういった作品がのさばるのは気に食わないといったような所もあるそうです。

ただそれとは別に、中国の動画サイトの配信に関しては規制の範囲、ガイドラインが明確になっておらずあるのはアウトかセーフの二つだけで、取締りに関しても上の気分次第な所もあり、やっている方はどんどん「過激」な方に行ってしまうといった事情もあるそうです。

しかも取り締まられるのは「運が悪い所」「怒られたら自分の所もこっそり引っ込めればいい」的な認識も根強いので、配信している側が安易に過激な方向、アウトな方向へ流れていくことに対する不満や不信もあるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「丸いものとかが上下に分割されてその中で踊るアレ、元ネタは何なの?色んな所で見かけるんだが」

GWも終わってしまいましたが、ぼちぼちと平常運航に戻していきたい所です。
ありがたいことに手軽なネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のアニメや漫画に出てくるパロディ的な表現やネタに関して
「これの元ネタは何だ」「どの作品が大元なんだ」
といった話題が出て盛り上がることがあります。

その手のネタの一つとして、中国のソッチ系のサイトで
「サザエさんのOPの最後の方で出てくるタマの踊り」
が元ネタになっているパロディが話題になっていたそうです。

そんな訳で以下にその辺りのやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


丸いものとかが上下に分割されてその中で踊るアレ、元ネタは何なの?色んな所で見かけるんだが。

色んな所で見かけるよね。
古いアニメのOPとかでも見かけたような。

あれって確か「鬼灯の冷徹」にあったね。

Fate関係でも見たな。確かカーニバル・ファンタズムだったような……あとgifやイラストでもイロイロと。最近見たのではアタランテと林檎のもあった

どこで見たかはすぐに出てこないが、東方シリーズでもこのネタ出ていたね。

アニメだとか同人だとかで出るね。
商業作品だとどれが古いんだろうか。

私がすぐに思いついたのは「紅殻のパンドラ」だけど、恐らくもっと古いのありそうだ。

「銀魂」でも見たネタだ。
自分の場合、恐らく「銀魂」からあのネタを知ったと思われる。

「銀魂」でも神楽と定春がやっていたような。
結構前からある定番ネタではあると思うが。

えーと、どこだったか誰だったか思い出せないが格ゲーの勝利ポーズにあったような……

「このすば」にもこのネタあったと思う。

あの上下分割アイテムの間で踊るのは、gifのネタ画像も多いね。
私は「仮面ライダー鎧武」で見たような。オレンジから出ていたはず。

「サザエさん」だぞ。

Caramelldansenのパロじゃないか?

私も最初はCaramelldansenとか、ニコ動で流行ったネタかと思ったが踊りが違う。
このスレのネタは両手で持ち上げて腰を動かすスタイルだな。

ニコ動のパロ動画とか二次創作動画ではたまに見るネタというかデザインな気がする。

踊りはME!ME!ME!の方かと思ったんだけど。

探せばかなり遡れるはず。
私は「灼眼のシャナ」でも見た覚えがある。

私もあれの元ネタは「灼眼のシャナ」のメロンパンとちびキャラだと思う。

「イカ娘」にもあったね。OPだかEDだかに。

アニメのOPの走る動作とか手を伸ばす動作ほどでは無いけど、それなりに定番の表現なんじゃないか?キャラを出して紹介するのに便利とかで多用されるようになったとかの。

「鬼灯の冷徹」のネタだと思い込んでいたが、こんなにたくさんあって古い可能性もあるネタだったのかよ!?

探してみれば結構あるよ。
ここまでで出ていないのだと、「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』として拉致られた件」とかも。

いやこれ絶対古いネタだろ。「学園ハンサム」なんかにも出てきたし、かなり有名で古いネタじゃないかと。

元ネタはなんかのCMだって聞いた覚えがあるんだが。

ファンタか何かの広告だっけ?

日本の有名なメーカーの広告に出てくる、定番のアクションかなんかじゃないか。マスコットキャラや広告起用の有名人がやるような……

元ネタは日本で展開された飲料メーカーのジュースのCMだよ。アニメに広まったのはその後だろう。

うーむ……うろ覚えなのでハッキリとは言えないが、ダンスは似ているようにも思うけど、なんか違うような気もするんだよな……

私の知る中であのダンスネタだと最も自信を持って断言できるるのは「かみちゅ!」のチームしやわせのイノ、シカ、チョウだね。
上で出ている「シャナ」とどっちが古いのかは分からんが。

今調べたら「シャナ」の第一期が05年の10月、「かみちゅ!」が05年の6月だから「かみちゅ!」の方が古い。
このスレで出ているネタで同じネタだと確定できる中では「かみちゅ!」が最古か?

上でも出ているが、「サザエさん」が元ネタだって!
日本の国民的アニメだから、日本人ならオタクじゃなくても絶対に元ネタが分かるネタなんだよ。
OPを見ろ!最後の方で猫が踊るから。

あ、ホントだ。メロン?から出てきてあの踊りをするな。

俺がみたのはミカンだな。

俺が検索して当たったのは黄色い……なんだろう、レモン……いや梨か?サザエさんのメインキャラの方はトマトだと分かるんだが。

「サザエさん」ってOPのバージョンがかなり多いようだな……それはともかく、元ネタは確かにこれで良さそうだな。明らかに前世紀のかなり昔のも出て来るし。

そういう所からのパロディだったのか。同じアニメとは言え、オタクネタからは意外に遠い所に思えるね。



とまぁ、こんな感じで。
いざ探してみるとそこら中から出てくるので、困惑した空気も漂っていました。

また元ネタがどれかということに関しては実感がわかない上に確認についても昔のものになると手間がかかるというのもあってか、なかなかに混乱してしまうようでした。

この手の日本では定番になり過ぎているネタで、元ネタが中国オタク界隈ではあまり知られていない或いは「有名な作品」として名前だけは伝わっているようなケースは意外に難しい所もあるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「裁判官がドラえもんを読んで判決!」「さすがに日本のドラえもんが勝って無効になったか」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので今回はそれについてを。

先日、中国で「ドラえもん」

に酷似したキャラクターの商標登録が著作権侵害にあたるとして、申請を無効とする判断が出たそうです。

偽「ドラえもん」ダメ、中国でキャラ登録認めず(YOMIURI ONLINE)

中国人裁判官「うーん、これはドラえもん!w」(ノム速)

この件はいつもの中国パクリネタということに加えて、審議の際に裁判官がドラえもんのマンガを読んでいると報道されていることなどから、中国オタク界隈でもちょっとした話題になっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「ドラえもん」の商標の権利侵害の判決が出て、ドラえもん側が勝った模様。

さすがに日本のドラえもんが勝って無効になったか。
しかし「裁判官がドラえもんを読んで判決」ってなんかネタみたいな展開だな。

裁判官がたくさんドラえもんを読んで判決を出す、とても不思議な光景!

法廷で争うのはそういうことだと頭で分かっていても、こうあからさまにアウトなものをたくさん資料を持ち出してどうのこうのとやるのは……

「机器猫」の商標のキャラクターイメージが基本的に一致しているというのをちゃんと認めたのね。

さすがにこれ認めちゃうと国内もヒドイことになるし、普及している中国語名称がいくつもある外資系の所もたいへんなことになるからなあ

文字だけなら商標取得いけるんじゃないか?国外国内のブランド問わず先に商標取得されちゃって問題になるケースは珍しくない。
これはあからさまにドラえもんの絵まで使ったから、そこも決め手になったのでは。

だから漫画を読んでいいというのか!
俺も漫画読んで仕事をしたことにできるようになりたい!!

これは中国の机器猫だから!日本のドラえもんじゃないから!と言い張るわけか……

このニュースに対してどう感じるかで年齢がバレる。
「机器猫」があの青いヤツだと即座に連想できるのはおっさん。
(訳注:ドラえもんの現在の中国における正式なタイトルは「哆啦A梦」ですが、海賊版漫画が活発だった時代は複数の中国語タイトルで流通しており、「机器猫」(機械猫)はその中でも一番有名なタイトルだったのではないかと)

すぐ出てくるのがどちらかで歳がばれるのは否定できない。
ただわりと長いこと「机器猫」で広まっていたし、その後も名称に関しては並列的に存在したから、中国ではまだ「机器猫」=「哆啦A梦」の認識の人が多いだろうね。

高達(ガンダム)とか阿童木(アトム)とかついた会社はどっかにあったはずだし、ジャンルやデザイン流用しなければ商標はいけるんじゃないかな。今でも普通に問題になってるしね。

乔丹(ジョーダン)とかもイロイロとあった……直接関係無い身としてはネタで笑っていられるんだが、権利者は大変だろうね。

今思い付いた疑問なんだが、逆に日本ではこういう現地化された名称、日本語名ってどうなってるんだろう。
あの国はカタカナで強引に外来語を表記するから、似たような商標が増殖しそうに思えるんだけど。

いつも通りの厚顔無恥ニュース。
こういうの、もうちょっと減らないもんかな。あまりにも定期的かつ頻繁だ。

定期的に出る国外に恥を晒すシリーズだな……しかもあまりネタにならないタイプの。
ウチの国で定期的にでる邪神的なパクリ商品のように、あまりにも似てないと逆に笑えるけど!

このドラえもんはほぼコピーの絵柄が使われていたから、それも問題になったのでは。

でもなんかよく見ると微妙に違う気はするんだよな……下手な方向で。あとあからさまに劣化したのも混じっている。
どっちにしろ、カラーや一目見て受ける印象でドラえもんを利用しようとする意図は明らかなのでダメだろうけど。

小日本がウチの国からパクッたものはもっと多いのに何言ってんだか。
それに日本も昔はアメリカの作品をそのままパクっている。

出たな、スレの話題的に来ると思ってたぜ!逆にこういうレスを見ないと落ち着かない。

時代が違うし、権利関連や意識が未整備の時代のネタを持って来られても……

水木しげるのパクリスーパーマンとか50年以上前の日本の作品とかをもってきてそういうことを言うやつもいるけど、我が国は50年前の日本より劣っていると言いたいのだな!?通報だ!

パクッたどうのこうのを遡り出すとキリが無いぞ。
そもそも現在のコンテンツのライセンスとは別の話だ。

このスレにいるのは金持ちの家の子供ばかりで、どいつもこいつも正規版を使って給料もたくさんもらっている人ばかりなんでしょうね。

いいかげんそういう言い方するのやめないか?
中国には貧乏人しかいないと言いたいの?
お前個人が貧乏で金を使いたくないだけだろ?

権利意識もそうだけど、こうやって儲けようとして中国の悪いイメージを世界に拡散するのは本当にキモいわ。

ドラえもんのコピーじゃなくて、ネタ元というか影響受けて作品を作るようにできればまだマシなんだがね。
国産アニメの中には明らかにキャラの関係や設定がドラえもんというか藤子不二雄作品の主人公と不思議なキャラだろうという作品があったけど、ストーリー展開が違うしキャラデザも違うからそれなりに評価できる。

この手のキャラクターの権利侵害で思い出したが、ウチの国の多くの子供のカバンについているアメリカ系ネズミはとかどうなってるんだろう。どこに文句付けて賠償請求すればいいか分からん!

ディズニーはそれでも弁護士からのお手紙を届けてきそう。

昔は野放しだったと思うけど、最近は厳しくなっているという話も聞く。

ネットでは逆に追跡やら警告やらが簡単になってきたという話もあるね。データ管理されてるし、商売する上でのアカウントも必須になるしで。

ゴタゴタは別にして、こういうのを捜査するのってなんか楽しそう。提出される資料や押収されたアイテムとかとても興味ある。

楽しそうと思ったけど、よく考えたら趣味で見るならともかく仕事で見るとなると飽きそうな気もする。

それでも良いんだ。裁判官はマンガを読み、捜査官はポルノディスクを鑑定する。
そんな仕事に私は就きたい。



とまぁ、こんな感じで。
中国でも「さすがにコレはダメだろう」と受け止められているようですし、正規版は高過ぎるなどの定番のやり取り的なモノについても段々と変化が起こっているようです。

またこのネタを教えてくれたかによると、判決自体とは別に、アニメや漫画が事件のテーマとして扱われる、裁判官が厳めしくマンガを扱うといったことに関しては、なんとなく不思議な気持ちになったり、なんだか滑稽なようにも感じられたりするとかなんとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「中国のシンボル的な武器って何だ。日本にとっての日本刀みたいな、イメージに直結するような武器はあるのだろうか?」

GWにはいってだらけ気味な今日この頃です。
あとFGOのアポイベのガチャはアキレウス召喚に失敗しました、はい。星5が出ていないわけではないのですが、2月からこっち全部すり抜けというのがどうにもこうにも。
とりあえず愚痴はさておき更新を。

近頃の中国ではイロイロと
「中国風」「中国的な要素」
に関するこだわりが強くなっているそうで、私もそういった空気を感じることがちょくちょくあります。

中国オタク界隈のやり取りでも昔に比べて
「中国オタク的に正しいと考えている中国関連の描写や設定」
から外れた場合は結構な反発が出るようになってきています。

またそれに加えて
「自分達の伝えたい中国のイメージが伝わっていない」
「国外における中華関連のイメージには、自分達の思い描いている或いは慣れ親しんでいる中国的要素が少ない」
といったことに悩んだりすることもあるのだとか。

中国のソッチ系のサイトでは
「中国のイメージにつながるような特定の武器が無い」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


中国のシンボル的な武器って何だろう。日本にとっての日本刀みたいな、イメージに直結するような武器はあるのだろうか?

確かにアメリカのカウボーイの拳銃とか、日本の武士の日本刀とかイメージに直結するようなのはすぐに出てこないかもしれん。

長剣とかはダメなの?

刃のついた手頃な長さの方手持ちの剣だと、どこの国でもあるからね……

欧州系はファンタジーの主要武器がほぼつながるし、エクスカリバーみたいな聖剣、シンボル的な武器あるしな。中国は……なんだろう、言われてみれば出てこない。

外国における中国の武装のイメージって素手だよな。
武器もかなり使うんだが、イメージにはつながらない。

しかも、武侠系のイメージは全然広まってないっぽいんだよな……
香港系映画で一時期広まったりしたらしいが、今ではそれが実感できるような機会は無い。

宣伝のやり方が悪いってのもある。
外国のそういったシンボル的な武器は武器単体ではなく、武器の出てくる有名な作品がある。

宣伝とは言うけど、意図して広めようと宣伝するのではなくカッコ良い武器がカッコ良く活躍する作品が出てきて、その結果イメージが形成されていった。
ウチの国の武器に関してはロマンがある、妄想できるネタエピソードや伝説、カッコイイ描写のある作品というのが不足しているのでは。

日本刀はそのまま武士と忍者の武器だし、それ持って活躍するキャラが色んな所に顔出すからね。
中国武術は外国での「宣伝」方面でも悪くないが、素手のイメージが強過ぎて武器にはつながらないような。

牛尾刀や雁翎刀とか、中国らしさが濃くて色んな作品に出てくる武器はあるぞ。パッと見でも分かり易い。

それは国内での話だろう。
外国人が個別で分かるの?それにこういうのって「たくさん種類がある」ではダメかと……

牛尾刀や雁翎刀、柳葉刀辺りは自分もとっさに見分け付く自信が無い。時代で考えれば確定はできるが。
ウチの国の武器は本当に豊富ではあるんだけど、イメージを形成できる武器となるとどうなんだろうね。

関刀(青龍偃月刀)なら問題無いだろ。
国内国外どこでも有名。

青龍偃月刀は確かに。
他にも二郎神の三尖両刃刀とかはいけそう。

それ、実用性の無い祭儀用の武器という評価もあるがどうなんだ?
いや日本刀も祭儀用だったり美術品だったりする所もあるが、あれは実戦にも使われるのがハッキリしている。

関刀とかの大刀カテゴリは実用枠ではあるぞ。実在する中で世界で最も重い武器なんて話もある。

だから「重すぎる」んだって。演舞とか訓練が主だし、明代の書物での偃月刀の評価も見た目は良いが実戦にはよろしくないとかの評価だ。

大刀カテゴリの武器はかなり昔からあるけど、局所的というか、マニアックな武器になるよな。
重装備の相手に対して重さを武器にして攻撃したわけだが……

大刀も良いが、私は朴刀が良いと思う。

好漢の標準装備だからな。納得できる。

関刀は三国時代の武器じゃないとか色んな方向で議論が残るんだよね。方天画戟とかも。
物語上の記号としての意味合いも強いし難しい所だ。

越王勾践剣はどうだろう?
存在がオーパーツ的だし、妄想のネタにもなる。

環首刀は?

刀剣はあんまりパッとしないかも……

干将莫邪があるじゃねえか!

そういえば、あれウチの国のだわ。

Fateなんかで妄想するとハッキリわかるんだが、ウチの国では神話を除くと武力関係の伝説やイメージがあまり個人に集約しないし、Fateでの個人戦、宝具戦みたいなのが厳しいんだよね。
武器に関して強烈なイメージ、言ってみればブランドが形成されない原因はそこにもあるのでは。

オリジナル中華サーヴァントを妄想すると、大体が中華を支配したうんぬんかんぬんの広域概念アタックになるからなあ

暗器とかも面白いのあるんだけど、暗器枠で一括みたいなことになるよね。

鴛鴦鉞とか虎頭鈎とかは中華的で分かり易いし、それなりに出ていると思うけどメイン枠には入らんか。

漢剣や唐刀なんかはあるが、どうだろう。

漢剣や唐刀っていわゆる名剣的なものってあるの?

無いな。古代中国の武器って消耗品だし残っているのは実際に使ったのじゃなくて儀礼用とか芸術用とかだ。
あと唐刀は現代の人間による魔改造武器だから、イメージ以前の問題な気もする。

唐刀は国内でも妙に持ち上げられたり貶されたりだからねえ……カッコイイんだけど。
そもそも唐刀という言葉は当時無くて、現在の刀の売り買いで隋唐の軍刀をそう呼ぶようにしたものだから定義や評価もガバガバ。

漢剣も現在出回っているようなものじゃなくて、もっと短くて平べったいものだからな。アニメや漫画、実写で使うには美化しないといけないしそれ自体は別に悪いわけじゃないけど。

漢剣はゲームとかでもあまり見かけない。今の流行文化で存在感を示さないといかん。

刀剣よりも戟の方が特色あるし他所の国でも独自の系統として受け入れられ易いと思うんだけど、どうかな?例えば秦の青銅戟とかは?私は無骨で良いと思う。

面白いとは思うけど、それって強いと言えるのだろうか?
いや、実際に強いとかじゃなくて強いという伝説や妄想の対象にできるかが……

戟も大刀も実戦で使われたイメージがあんまり無いのがね。
結局は槍と剣と刀、弓と弩?

宋の頃は戟が淘汰されてるけど、古代は普通に使われていたぞ。
それに刀剣だって結局は火器に淘汰されちゃってるんだから問題にするようなことじゃない。

重要なのは「もしかしたらあの強くてカッコイイ武器を持ったスゴイ達人は銃に勝てる」くらいの妄想ができるかどうかだよ。

実際にできるかできないかじゃない
妄想で補強して説得力を持たせられるようなイメージがついているかだ!

達人とか武侠ならどの武器でも普通にできそうだが、それって武器のイメージ込みじゃないよね……

そう考えると弩や連弩って微妙か?
中国の軍隊のシンボル的な扱いになることも多いけど、神秘のイメージが無いし。

将来的に中国の二次元作品が発展したら弩や火器で戦えば宣伝になるし、シンボル的なイメージも作れるんじゃないの。弩や火器で戦っても、刀剣で戦うのに劣るわけではない。

それって普通に剣や槍から炎や雷、エネルギー弾ぶっぱなせばよくね?
あとミサイル系の武器は接近戦が描写できないから何かと不利になる。

イメージで語るならやはり青龍偃月刀だろう。
他は国内でも認識が微妙だ。

青龍偃月刀は「中国風」が満ちている。
あと刀剣よりも槍とかの長兵器の方が中国を代表する武器として受け止められると思う。

中国風……そうだ!鵝毛扇でどうだ!

ううむ……なんか否定できない。いやむしろそれで良い気がしてきたぞ。武器というか手持ちアイテムのイメージとしてはかなり広い範囲で見かける。

槍なら紅纓槍だろ
趙雲や岳飛が使うイメージがあって、現代でも武術の演武に使われる、見た目も魅力も基本にして完成系の槍だ。

ああ、中国の長槍のイメージはコレだな。
シンボルとしてもアリじゃないだろうか。

しかし改めて考えてみると、これはという武器がみつからないな。
武芸十八般があって更に多くの武器があるから、代表となる武器一つを決めるのが難しい。青龍偃月刀や方天画戟といった有名所も英傑個人のイメージが強過ぎて中国のシンボルと考えるにはやや不向き。

俺は鉄鞭や鐗とかも結構良いと思うんだけど、マイナーなんだよね……

上のレスにもあったけど、武器そのものではなく武器の出てくる映画とかアニメとか漫画、あとゲームでの活躍といった文化輸出が少な過ぎるのが根本的な問題なのでは。

もし武侠小説がもっと文化輸出できていれば、そこに出てきた武器の外国での扱いやイメージも違ったと思う。

あとウチの国の歴史だと、武器があまりシンボルにならなかったからね。騎士階級の剣、武士階級の日本刀のように。
統治階級、創作の舞台になる階級が武器ベースでの話じゃないし、個人の武勇で世界が動いた時代がかなり昔に終わってしまったのも創作による文化輸出的に難しい所だ。

統治階級か……あえて言うなら戦車?
でも戦車は映像作品でも二次元でも別の地域が目立っているし、中国では淘汰されちゃったしなー

欧州で騎士道やってた時代ってもう武官の地位は文官より低かったし、軍を率いる名将はいても個人の武勇がという話はあまり出てこない。
それは当時の中国が進んでいたということでもあるんだろうけど、まさか今の時代に創作、妄想的に微妙なことになるとは思わんかったよ!!



とまぁ、こんな感じで。
イロイロと悩みは尽きないようでした。

上のやり取りにもありますが、中国では個人の武勇、武器を使う人間が社会を動かせる、数の力を跳ね返すような活躍ができるイメージのある時代が比較的早い段階で過ぎ去ってしまったようにも感じられますし、個々の武器のイメージや扱いについてはパッとしないのでしょうかね。

また、以前中国オタクの方から
「中国では個人によって社会を動かすというのは難しい、実感がわかないものとなっているので、創作においては現実の延長線上にある強さや武術、武器というのはイマイチ流行らなかった」
「だからこそ中国の大衆向けの創作においては武侠が、『軽功』を使うスーパーヒーローが生まれた。『軽功』を使う者に対処できるのは『軽功』を使う者のみということになり、世の中の制度を超越した存在が生まれたという見方もある」
といった話を聞いたことがあります。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「八重歯キャラってどの程度ならいける?」「長かったり数が多ければアリかも」

ありがたいことにアニメや漫画の「お約束、定番表現」に関して手頃なネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のアニメや漫画に出てくるお約束、定番表現などがネタにされたり考察されたりしていますが、キャラクターの口元にのぞく三角系の
「八重歯」
というのもその一つなのだとか。

八重歯は中国語で「虎牙」(huya)というのですが、日本ほど好意的な扱いではありませんがそこまでネガティブなイメージも無いようで、アニメや漫画におけるキャラデザインのお約束として、ツッコミ所になったり疑問を呈されたりすることもあるそうです。

ちなみにこのネタを教えてくれた方曰く
「Fateの某ふーやーちゃんは最初、虎牙ちゃんだと思ってしまいましたよ!不夜城の方のふーやーだったようですが!」
とも語っておりました。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「アニメや漫画に出てくる八重歯キャラの許容範囲」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


みんなキャラデザの八重歯がヘンだとツッコミ入れるけど、八重歯キャラの人気は高いと思う。
どの程度なら受け入れられるんだ?どういう風に受け止めているんだ?

八重歯キャラって確かに人気高いよね。最近もゼロツーが爆発しているし。

人気が印象的なのだと、「Fate」のアストルフォとか……「俺妹」の桐乃とかかな。自分も嫌いではない、むしろ好きなキャラだ。

考えてみれば、八重歯強調キャラでも人気にマイナスがかかるわけではないのか。

八重歯持ちでも、描く時と描かない時があるからね。

まぁ作画監督の違いくらいに思っておけば……

たまに八重歯が白じゃなくて肌色で描かれているキャラもいるが、そうなるともう吹き出物的な存在に思えてしまう。

ヒロインの顔としてはともかく、デザイン的には長い方が良いと思う。
人間の歯ではなく、怪物の歯のカテゴリに入ってしまうような気もするが。

私も自分が萌えを感じるキャラで無ければ、長い方がいいな。

サーベルタイガーとかはカッコいいしね。
モンスター方面のデザインとしては普通にアリだよな。

ああいう八重歯は結局キャラデザや表現次第だろう。最近の作品だと「ゼノブレイド2」のニアとかが良いと感じたね。

リアルだと八重歯の伸びた人ってどう感じる?
私は突然であったら引いてしまいそう。

顔次第じゃないかなあ……笑った時のチャームポイントになるかもしれないけど、それは顔の造形前提だろうし。

日本ではリアルでも八重歯が伸びているのが好まれるんだよね。
二次元キャラのアレは日本の感覚が投影されていると聞く。

正直、日本人の美的センスはよく分からんな……

そこまで問題ではないが、結局は三次元では顔次第かも?
ただ二次元はわりといける。

二次元の八重歯って、普通の人間からはちょっと外れる、人外属性や精霊属性的な印象を与えるパーツだし良いキャラデザと組み合わさると魅力がアップすると思うんだ。

猫を飼ってるから牙萌えは分かるが、アニメ的な三角がちょっと付くのは微妙。

猫のあくびの時に見えるキバとか良いよね……

現実での八重歯って活発な女の子のイメージになるんじゃないの?自分は嫌いじゃない。

私は八重歯があんまり長いのは苦手。
「食戟のソーマ」の小林竜胆とかまでいくとちょっと厳しいかな。

怪物、獣系キャラとかに付くのは構わんのよ。
普通の世界観の普通のキャラになぜかついているのが……

ゼロツーは逆に長いからアリな気もする。

八重歯?私は吸血鬼的で良いと思う。

同意。
例えばディオの吸血鬼的な歯は悪くない。

人種とか歯の手入れや矯正に関する生活習慣的なものを想像してしまってどうもなー

なんか口内炎とかすぐに出来そうだしかみ合わせも悪そうだよな。そういうのを二次元に想像するのがナンセンスではあるんだが。

アニメや漫画のような長さの八重歯に出会ったこと無いし、何とも言えない。

自分は八重歯長いけど、あまり良いもんじゃないな。普通の生活ではメンドクサイ。
そもそも顔面偏差値の低い男だし!!

現実で八重歯の長い人の写真を見ると、少々怖い。二次元だから萌えにできる特徴だと感じる。

学校の先輩にアニメみたいに八重歯の長い人いたけど、時々露出する八重歯が良かった。吸血鬼みたいでカッコイイのでちょっと憧れていたよ。

みんなは長さに興味を持っているようだが、私は数にも注目している。
今期の新作で言えば猫娘が個人的にかなり当たりだ!

分かるぞ!八重歯的なのがギザギザになっているのっていいよな!
自分は「りゅうおうのおしごと!」の祭神雷とかも好みのキャラデザだった。ただこういうデザインってメインクラスのヒロインにはなかなかいないんだよね。

それたぶんもう八重歯カテゴリじゃなくなるんじゃないかな……

正直、自分は八重歯のカテゴリがよく分からん。
ゼロツーまでいくと異形枠で、八重歯枠ではないようにも思うんだけど。ただ萌えとしてアピールしたい意図は分かるような気がするし、なんとなく流している。



とまぁ、こんな感じで。
昔の記事にもありましたが、八重歯とキバが混同されているような所があるようですし、そこから更にモンスター枠としての評価につながっている所もあるようです。

また多少の引っ掛かりはあるようですが、上のやり取りにもある通り中国オタク界隈で人気になるキャラを見ていくと八重歯持ちのキャラは少なくありませんし、そこまで大きなマイナス要素にはなっていないようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「八重歯のあるキャラってどう?萌える人いる?」

中国オタク「なんでウチの国ではKOF'97だけが大人気になったの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

過去に中国独自の大人気になった日本の作品はイロイロとありますが、
ゲームの中では
「THE KING OF FIGHTERS '97」

が日本とは違う規模での大人気となり、現在の中国でもその人気の影響がイロイロな所で見受けられます。

しかしさすがに中国でも、リアルタイムの世代以外はKOF'97の人気の理由に関してピンと来ない所もあるのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「なぜ中国ではTHE KING OF FIGHTERS '97だけが大人気になったのか」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんでウチの国ではKOF'97だけが大人気になったの?ゲームの出来は「98」とかの方が良いと思うんだが。

「97」がウチの国だけでやたらと人気が高いのは不思議な現象だとされているらしいな。
ただ自分も「97」はやり込んだが、以降のKOFはあまり手を出す気にならなかった覚えはある。

当時の事情は知らないのでこれは私も気になる話題。
今の感覚で見ると「97」ってバランスは悪い上にバグは多いし判定もヒドイのがあるしで完成度が高いとは言えないし、当時最高クラスの人気になった理由が分からん。

他のKOFは「裸殺」禁止みたいなのは出なかったよなあ……
(訳注:「裸殺」は投げ系以外の超必殺技を単発で出すことだそうで、「97」でよくあるプレイヤー同士の取り決めとして、超必殺技を出すならコンボに組み込まなければならないという「裸殺無し」があるそうです)

やってるのはずっと「97」だけど「98」の方がバランス良いという話は否定できない。
「98」も強キャラはいるけど弱いキャラとの差は「97」ほどじゃない。

「97」は技がとても出し易かった。うっかり暴発するほどだったけど、初心者にとっては必殺技を自分ですぐ出せるのは大きかったのよ。
今の時代にも格ゲー遊んでいる人間はコアな人間ばかりだから分かり難いかもしれないが、当時はそんなにゲームやらない人間も遊んでいたから快感につながる操作難易度というのは重要だった。

先に接していたってのもあるんじゃないの
それに子供の頃の思い出補正とか

でも「97」まではそれ以前のKOFシリーズからは順調に遊ぶ人間の数が拡大していたぞ。
自分の近くのゲーセンでは「96」と「97」があって、ガキの頃は「96」の方をよく遊んでいた。

「97」はバランス悪いしバグも多いけど遊んでいて爽快なんだよ。
音楽だってテンション上がる。

あれは音楽の演出じゃないかな?
シリーズ通してみると、日本とかでは「97」は音楽の評判も悪い。
音楽の無いキャラもいるけど、あるキャラは印象的だからね。

当時はアレがとても良かったんだよ。

キャラのデザインとキャラの多さ、グラフィックの質が当時は衝撃的だったのはあるよね。
でもなんでその後も人気が続いて、人気に関して「97」を超えるのが出なかったんだろうなあ……

その後リメイクされているのは「98」で「97」ではないし、「98」がバランスも完成度も高いKOFなのは間違いないだろう。
ただ個人的な印象だと「98」はコマンド入力が難しくて自分も周りの友達も結局「97」に戻っちゃったな。

当時は格ゲーというか「97」が一番集まって遊ぶ、騒ぐのに向いていたってのもあるんじゃないかな。
その後のカウンターストライクとか、最近のゲーム実況観戦環境のMOBA系みたいに。

重要なのはバランスじゃなくて遊んでて面白いかだよ。
「97」の方が「98」より面白かった。「98」とかバランスが良いだけじゃないか!

うーむ……確かに「97」の方がやってて楽しかった記憶はあるが……

見ている方も結構分かるし楽しかった。
そんなに上手く無くてもね。

大味だから分かり易くて勢いもあったんだよ。
他の完成度の高い作品だと、やっている方はともかく見ている方はついていけないことがある。

遊んでで面白いかについては個人の感覚や技術の問題もあるけど、見ていてカッコイイ、面白いのは「97」だろう。ゲーム実況だって「97」が強い。以前「98」を実況していた上手い人も「97」に転向している。

当時のゲーセンというか、ゲーセンっぽい所では「97」がとてもたくさん置かれていた。「97」レベルの遊べる環境、集まれる環境がその後の格ゲーには無い。
そこで人気が固まって、更にPCの海賊版だかエミュだかも出て完全に根付いたんじゃないかな。

確かに。
そもそも「98」を遊ぶ機会が無かったなんて人も珍しくないんだよね。「97」の上手い人でさえも。

「97」は基盤の海賊版も多かったらしい……海賊版が出回るのが早かったから、中国のゲーマーを占領できた。

ガキの頃に行ったゲーセンには「97」しかなかったな。

俺の村にあったのは「97」だけ。「98」は街の方にいかないと遊べなかったし、ほとんど遊んだ覚えが無い。

自分の所だと「97」と「98」の割合は10:1くらいだった覚えがある。そんな環境じゃ誰も「98」を遊ばないよ。
あと上でも言われているけど技のコマンドが入り易い。レバガチャでもなんとなく出せるからわりとすぐに「遊べる」腕前になれた。

レバーでもキーボードでも「97」は楽に技が出せた。バグによる事故も、それはそれで「娯楽性」みたいな扱いだった。
ヘンな言い方になるが「98」はしっかりし過ぎていた。今考えてみると、「97」は格闘ゲームというより、今で言うパーティゲームとかカジュアルゲーム的な扱いだったのかも。

予測できない展開になったりするし、対戦で強い人が必ず勝てるというわけでもないから盛り上がるんだよな。
他の格闘ゲームだと、上手い人が普通に勝つ。

確かに「98」は完成度高いと思うけど、私は「2002」が好きなんだよね……キャラが戻ったし、システムもストライカー無くしてどこでもキャンセル導入でカッコ良くプレイすることもできたからな。

友よ!俺も「2002」が一番好きだったが、周りにはあまり話が通じなかったな……

そういえば「97」はコンボも多かったし遊んでいて爽快感があった。品質で言えば「98」なんだけど爽快感はそんなに無かった。
それに「98」はプレイヤーに要求される操作スキルが高かった。

「98」もやり込めば違うんだろうけど、やり込んで楽しめる環境が無かったしね。
ウチの国では「97」を遊ぶヤツって基本的に「97」しか遊ばないし、他に移ることも無かった。「98」が上手いヤツはだいたい他の格闘ゲームもいける。

金持ってないガキからすると、1クレジットでどれだけ遊べるかというのも重要だったんだよ。
「97」はバランスが悪いからこそ強い技頼みでCPU戦を進められた。
「98」は前にできたことが出来ないしすぐ負けるしであっさり「97」に戻るのも多かったし、遊ぶ人間が多いからゲーセンの店長も儲けようと機械入れるという流れがあった。

「98」はステージクリア難しかった記憶がある。「97」はバランスが悪いから逆に極端なプレイの仕方もできた。

逆に対人戦の時はルール決めてやったりとかな。
これだけ広い範囲で、遊んでいる人間の方でルール決めて遊んでいたようなゲームって、それこそ「97」くらいじゃないかな。

あったね「潜規則」が。
でもそういうルールが出来たのってプレイ環境が整って盛り上がっていった結果でもあると思うんだよ。最初は強過ぎるキャラ禁止、無限コンボずっと継続禁止とか程度だったはず。
「裸殺」がどうこうってのも上手い人の間での見せプレイ、縛りプレイ的な結果でもある。

上にも出ているが、「97」が当時のウチの国の人間や環境にハマり過ぎたってことなんだろう。
KOFシリーズで見ても、格ゲーというジャンルで見ても代わりになるのが無いし、「97」から他のゲームに流れていく人や盛り上がりもあんまり無かった。

なんでか分からないけど、当時俺は「98」が「97」に比べてかなり難しいと感じた。実際、俺も周りも結局「97」だけで止まっちゃってたな。ふと思い出して遊ぶのもやはり「97」だけ。



とまぁ、こんな感じで。
思い出話と一緒に、昔の中国におけるKOF'97の扱いや環境といったものも出ていました。

私は格闘ゲームは得意ではない上に、ゲームをガッツリ遊んでいた時期が中国でゲーセンが取締りを受けて壊滅した時期と重なったりしていたので中国におけるKOFのゲーム関連についてはあまり知らないのですが、KOFのキャラ人気の凄さについてはかなり印象に残っています。

中国のイベントで始めて見た創作コスプレ劇もKOFのキャラが各作品クロスオーバー的なストーリーで大活躍とかしていましたし、高校時代のクラスメートの間でも草薙京や八神庵にハマったり真似したりというのが結構出ていました。
今考えてみると、もの凄い中二病的な空気が漂っていたような……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「新宿のストーリー、普通にカッコ良くて面白かったんだけど」中国版FGO亜種特異点1への反応

この時期は日本も中国も連休前ということで混乱しますが、ゴタゴタのピークはどうにか過ぎました……

さて、GW中にApoイベントがあるのを期待しているものの開幕直前キャンペーンが5/9までということで怪しくなってきたFGOですが、ありがたいことに
「中国版FGOの亜種特異点1への反応」
に関する質問をいただいておりますので、遅くなりましたが今回はそれについてを。

中国版の方では4/8からからの実装となったFGO第1.5部
「新宿幻霊事件」 (中国語版告知ページ)
ですが、新章の開始ということで第一部完結の余韻に浸っていた中国のFGOプレイヤーの面々も頭を切り替えてのプレイに取り掛かっているとのことです。

ちなみにゲーム内のクラス名に中国語しか使えなくなってはいるものの、真名が明らかになる前の新サーヴァントの呼称については
「新宿的Archer」「新宿的Assassin」「新宿的Avenger」
と英語表記は可能となっているみたいですね。
中国版FGO、国の規定により英文表記抹消

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「亜種特異点1 悪性隔絶魔境新宿 新宿幻霊事件」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(例によって真名などイロイロなネタバレが混じっておりますのでお気を付けください)



新宿のストーリー、普通にカッコ良くて面白かったんだけど。
終局特異点がとても良い出来だったから不安だったけど普通に楽しめた。

クリアしたら教授が欲しくなった……そして石が消えた……

短めだし、正直六章以降と比べるとそこまで優れているという感じではなかったかなー
でもジャンヌ・オルタは可愛かったしセイバーオルタとカヴァス鏡い離┘團宗璽匹睨┐┐燭袈擬も欲しくなるキャラしていたし、悪くはなかった。

ところでラストの影は誰だったのか……全く分からん。

私も最後の探偵?が誰だか分らなかった。

日本の作品だからコナンとか金田一とかその関係者とかいうネタを思い付いたが、ちょっと遠過ぎるな!
まぁ古典作品の探偵キャラの誰かなんだろうけど。

日本で元ネタのまとめあったけど、全く分からんかった。

外国の探偵小説の有名所らしいんだけど、そっちは完全に守備範囲外。

ポワロだけは分かったが、文章だけでその場には出ていない?

面白いといってる人いるけど、自分は6章や7章ほどは楽しめなかった。

そこと比べるのは厳しいだろう
あれはきのこの当たりパートだし、題材も豪華。

自分が気になったのはキャラ崩壊っぽい所。
セイバーオルタってあんな感じだったか?

崩れているかどうかはちょっと判断し難いと思う。hollowではもっと崩れているし。
それと実はセイバーオルタがしっかり出て喋る機会というのは案外少ない。

私はセイバーオルタとジャンヌオルタのやり取りがとても楽しかったです!

俺の中でセイバーオルタとジャンヌオルタのカップリングがどんどん強化されていく……クリスマスネタだってあるし、もうスバラシイね!

それにしても「新宿」担当ライターが東出だとしたら、ジャンヌオルタ関係は初登場や二回目のクリスマスイベントとか、東出担当するケースが多くなるんだな。

ジャンヌオルタは昔から東出担当だぞ。贋作英霊もそうだったし。
お前らがジャンヌオルタに課金して国内セルラン1位にしながら始皇帝で大炎上させてたのは日本でツッコミ所満載だと思われていたとか。

東出は恋愛書かなきゃいいみたいに言われているけど、萌えを書かせたらかなりこっちの好みの線を突いてくるように思う。

新宿の終盤の自分の記憶を消してといった展開、「デスノート」で無かった?元ネタそれじゃないの?

あれ、どこのネタというならミステリ系の作品からじゃないか?デスノートに限らず。

記憶を消すとか人格を上書きするとかのネタはそんなに珍しいもんではないような。
それから新宿のライターは東出で確定なの?1.5部のライターに関しては複数の説があるんだが、どれを信じればいいのかイマイチ分からん。

アガルタとセイレムはほぼ確定とされているけど、新宿と剣豪に関しては異論があるな。
東出が剣豪で桜井が新宿という説もある。

いわゆる「内部情報」によると新宿シナリオの翻訳の過程で出てきたのが東出という話だったか。それ以降、こっちでは東出担当説が有力視されているんじゃないか。

その手の話は思い込みやデマも多いが……

中国版FGOでは公式の窓口が各フォーラムに設置されているからこの手の議論で立つスレに関係者混じってそうだし、実際その手の「内部情報」については武則天の時に当たったからな。
振り返ってみると最初から真名予想が武則天で決め打ちだった上に、当時日本でも全く予想されていなかったコロンブスも当てたから内部情報で確定だったのだろう。

東出がロボを100まで上げて晒していたから、そっちからも確定でいいんじゃないか?
新宿はロボとカヴァス鏡ご慙△離好函璽蝓爾呂なりしっかり作られているのは分かる。

「二人『素晴らしい!』」
みたいなのを使うのが東出作という根拠の一つとされている。桜井はこういうのを使っていない。
ただ合作や担当パートが混在しているという可能性もあるので断言はできないが。

メインは東出だろうけど、ここで上がっている評価の高いストーリーやキャラ描写は明らかにきのこが担当だろ。

1.5部に関してはきのこ関わってないと明言しているぞ。企画や監修の段階では関わっているだろうけどね。
1.5部できのこが担当しているのはCCCコラボだ。

どっちにしろ、1.5部の当たりとされるシナリオの新宿と剣豪が東出、桜井担当になるんだよね。第二部No.1もそうだけど、時間があれば面白いの書くライターなのかね……外れが爆発炎上するけど。

燕青の手抜きは東出だという根拠として信用できる気がする。

ロボ関係のストーリーは感動したけど、燕青は薄いよなあ……後の方でまた出番はあるというが。

燕青に関しては確かに手抜きだよね。
燕青がカードの絵柄だけで新宿からの新キャラで最高の人気になったから、後になって慌ててたくさんの幕間やイベントでの出番を作ったんだろ。

日本の新宿実装時に人気が出たのは教授じゃないか?
燕青も人気出なかったわけじゃないけど、教授程じゃなかったはず。その後のネタの追加ぶりでもね。
ウチの国でも評価は高かったけど人気としては他に呑み込まれていたような。

後の方でストーリーを追加するのは燕青に限った話じゃないしね……日本で燕青の評判が本格的に上がったのは3回目のハロウィンイベントじゃないかな?

細かい不満は幾らでも出てくるけど、全体的に見ればストーリーはスムーズに進んで感情移入もできるし、かなり面白かった。人理を救ったあとの小規模エピソード連作として見れば良い滑り出しだろう。

1.5部ではこれと剣豪の評判が良いらしいし、なんだかんだでまた1年楽しめそうで良かったわ。



とまぁ、こんな感じで。
予想していたよりも面白いと受け止める人が結構出ているようです。

それと質問をいただいている燕青については新宿シナリオではまだあまり目立つ活躍は無いということもあってか、そこまで話題になってはいない模様ですね。

中国には先行する日本での各シナリオやサーヴァントの情報や評価(ネタバレ)が入っていますし、それを前提にしたやり取りが行われてはいますが、やはり中国語に翻訳されたテキストでシナリオをじっくり読むと事前とは違った印象になる人も少なくないようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「張飛みたいに殺されるメインキャラが出る展開ってどう思う?私はスゴイ萎えるんだけど……」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも新作を追っかけながら、新たな展開についてああだこうだというやり取りが活発に行われていますが、日本以上に荒れやすいというか炎上する話題として
「キャラの死亡」
というものがあり、またそこから更に
「死亡するシチュエーションに関する議論」
的なモノが行われていたりするそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「唐突に雑魚に殺されるメインキャラという展開」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレ的なモノが混じっておりますので一応お気をつけください)



張飛みたいに殺されるメインキャラが出る展開ってどう思う?私はスゴイ萎えるんだけど……

ちょっと分からん、アニメで言えば誰だ?

「銀英伝」のヤン・ウェンリーだとか最近有名なのだと「鉄血のオルフェンズ」のオルガとかかな。

ああ、ぽっと出のキャラやモブキャラっぽいのとか説得力無いキャラに唐突に殺される重要キャラってことか。

そうそう、そんな感じだ。
私も最近「銀英伝」見ていて思い付いたんだけど、唐突に雑魚に殺されるメインキャラってどう思う?最近うまく描写できたケースってどんなのがあるのかな?

そういうのってネタになるとか炎上するとかが多いよね。
ただでさえ重要キャラが死亡退場するのは荒れるし、それが唐突な雑魚によるものだと納得いかない人も多くなるんじゃないかな。

残酷さや無情さを描写したいのかもしれないが、誰も得をしない、評価しないことに……

2時間程度の映画ならいいけど、十数時間や数か月にわたって見ているアニメ、数十時間遊んでいるゲームだとキツイね。

私もそれが評価できるアニメが思い付かない。
これって作り手が受け手の体験を考慮できないケースなんじゃないかと思う。

殺すのは構わんが、殺し方だ。
唐突さが過ぎるとギャグになる。

そういった殺し方で、どうやれば悲壮な印象を与えることができるのだろうか?
自分の場合は納得いかない不満が先に来てしまう。

オルガとかどういう意図でどういう狙いだったのか、今となってはもう分からなくなっている。
あのポーズだけで笑えるくらいだ。

むしろ、スタッフがあんなにネタになるシーンをどうやって思い付いたのか知りたいもんだね!大事な仲間が死んで泣けるシーンをネタと喜劇にできるとは!

まぁ死亡を滑稽に描写するという演出自体はイロイロとあると思うよ。
そういえばオルガとはまた違う話になるが、イオクに関してももう少し上手い殺し方があったんじゃないかな……

クリエイターがリアルさがどうこうと言いだすパターンか。現実ではこうだとかね。

ウチの国の現実も……抗日から朝鮮と活躍した様々な名将達が平和になったらその辺の小物というかモブキャラに殺されるという展開になってるんだぜ!

それは一応環境の変化による悲劇枠だから!

どうも!水道メーターの調査に来ました!
(訳注::中国ではネットでヤバイことをやらかした人の所には、「水道メーターの検査」を名乗って怖い人が来るというネタがあります)

現実の戦争では流れ弾とか、歳取ったり怪我で衰えてとか、兵器や戦術の変化とか多勢に無勢でとかは普通にあるからね。
近現代の戦争でもエースパイロットの死に方なんかを見ると……

歴史上の有名な人物は小人に殺されていることが少なくない。

でも歴史的に正しくても、その結果ストーリーが面白くなるケースって少なくないか?
三国志にしても義兄弟が誓いとか関係無くあっさり死ぬ所でみんなテンション落ちたろ。

結局は殺し方、演出の積み重ねじゃないかな。

殺し方か……ならば、冨野のやる全滅エンドとどちらが良いのだろうか?
ガンダムも小説版だとアムロがあっさり死ぬし。

そういえば小説版だとアムロは雑魚にやられて死亡だったっけ。オルガの死の源流はそんな所にも?

小説版は設定も状況の流れも違うからオルガと単純に比較できんよ。
小説版のアムロはシャリア・ブル(小説版では最強クラスのNTパイロット扱い)とNT能力での交流したり混乱したりしてシャリア・ブルを殺してしまい、その意図を理解して混乱した結果の撃墜死亡だし、ソーラ・レイ発射が迫る戦場での混乱の中というのも描写されている。

あと小説版だとアムロが死んだあとNT能力が発動して戦場に彼の意志が届いて状況が動くからね。結果的に生存したホワイトベースクルーとシャアが和解したりカイ・シデンがNTに覚醒したりで打倒ギレン(あとついでにキシリアも)になる。

群像劇でやる分にはいいかもしれないけど、近年のキャラ重視作品で「唐突に殺される」というのを上手くやるのは難しいんじゃないだろうか。
ガンダムでも初代と鉄血ではキャラの重さや命の危険の見せ方がかなり異なる。

ふと思いついたが、この展開をやるのは作り手がキャラよりもストーリーを重視しようとした結果なのでは。
映画とかでは納得できるのもあるし、短編やバッドエンド前提の作品でもそんなに問題無いと感じる。キャラが立ち過ぎる、キャラの人気が出過ぎることによる弊害とか?

理解できる。
ヘンな話だが、確かに思い入れのあるキャラには良い死に方、意味のある死に方して欲しいと思うね。

オルガだって演出も画もアレだけど、ストーリーの流れだけを見れば別におかしくない。裏社会を上り詰めた悪党がヒットマンの凶弾に倒れるなんてのはよくある話だ。あと全滅エンドも流れだけ見れば自然。

作品を見ている時間が積み重なると、こっちにも思い入れが生まれるし雑魚に殺されるイメージも沸かなくなる。
モブ的なキャラや小物に唐突に殺されるというのは、それを裏切るの表現方法の一つだろうけど、良い方向に活用できているアニメや漫画って最近無いなあ……

創作において俺達はヒーローのストーリーに慣れているから、キャラの死に方についてもヒーロー的な死に方を求めているのではないだろうか。

つまり現実を受け入れられないと!

創作の中で一部だけ急に「現実的だから」となるから醒めるのよ。急に鬱路線にしたりとか、それまでご都合主義や主人公補正で通していたのに急に通じなくなるとか。

数多くのストーリーが小物的な存在が、大物を倒す所から始まる。強大な存在を倒すのが成長や活躍の切っ掛けだぞ。

それならまだ納得いくけど、大体つまらないキャラが殺すよね。
意味の無い死に方にしたいんだろうけど。

ぽっと出のよく分からない男キャラとくっ付くメインヒロインというのも似たようなもんかもな。

これは結構作り手の力量が出てくる部分だと思うよ。
安易な選択でやるのか、説得力や衝撃を持たせるために周到にやるのかなどでね。

あとクリエイターの能力の変化もね。
例えばヤン・ウェンリーは上手くやったけど、アルスラーンの方は……

自分の場合張飛は納得いかなかったが、関羽は死亡フラグ立てまくってたから何となく納得できる。

自分は関羽も唐突に感じたなあ……

逆にあまり積み重ねの無い段階でメイン的に見るキャラを殺すなら良い意味で衝撃を与えることができるのでは。
「機動戦艦ナデシコ」の山田とか。

ダイゴウジ・ガイか。
彼は上手で有効な殺し方だったよね。実は残酷な世界観を見せつけることにも成功している。

序盤に死んだキャラは後でどんどん設定が積み重なったりと有能になっちゃうケースもあるな。
それはそれで問題多そうだけど、そっちへの不満はそれほど強くはならないよね。妄想のネタにもなるし、結果的にプラスになることも多そうだ。やはり終盤の唐突な死、それもモブ的な存在に殺されるというのは印象が悪くなる。

序盤の場合はその後のストーリーや回想で「持ち上げる」こともあるけど、終盤で雑魚に殺されるのは「価値を下げる」ことにつながる上に良くなる余地も無いことが多いから、最後に微妙な印象だけが残るのでは。



とまぁ、こんな感じで。
手法としては理解できるものの、実際に自分の見ている作品でとなるとあまり歓迎されるものではないと思われているようです。

中国オタク界隈では自分の感情移入しているキャラクターに問題が起こるのを嫌がる傾向がかなり強く、キャラの死亡退場などはその最もたるものであることから「ダメージ緩和のためのネタバレ取得」的な動きもかなりあるという話です。

またそういった背景があることからキャラクターの死や死に方的なものが恰好の話題や考察のネタになったりもするのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ