「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

日々の生活のあれこれ

中国オタク「日本人の米に対する偏愛について」

思い出した頃にやる食べ物ネタで今回は一つ……

中国では
「日本人は主食をやたらと重視する」
というネタが広まっているそうで、中国的には主食&主食の餃子定食などは日本人の不思議な食習慣の代表的な例になっているようですし、日本のグルメ番組でご飯ものが続くことに対してツッコミが入ったりもするとかなんとか。
中国オタク「我が国ではありえない日本の習慣、餃子定食について語ろうぜ」

中国のソッチ系のサイトではそんな日本の米食事情(?)に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本人の米に対する偏愛についてちょっと語ろう。
あの国の連中、米大好き過ぎるわよな……

主食を大事にするというのは分かるが、日本人は主食好きに米好きが重なってヤバイ。なんにでも米を合わせる。

日本のレストランではジャンルを問わずセットで米が選択可能になっているからな。
もちろん麺類にも!ラーメンだって餃子だって米が付くのが基本スタイルだ!

食事のセットで必ず米が選択肢に入るからな。
どんな地方の料理でも。

何が日本人にあそこまでやらせるのだろうか?
日本の米の特徴って何かある?

えーと、確か日本の米はほぼ全てが水稲だってのが特徴だったような。ただ他の国でも水稲栽培はやってるしなあ……

栽培方式よりも気候の違いが大きいんじゃないか。
日本の米はウチの国で言えば東北地方で栽培される米が近いと思う。

日本はジャポニカ米が主流。
冷たくなってもそれなりに食えるのが日本の米だな。

インディカ米とジャポニカ米の違いはあるのかね。
以前聞いた話では日本の米は炒飯とかには向いていないということだったが。

日本の米ってジャポニカ米とインディカ米の違いに加えて、日本独自の品種改良が入っているとか。

しかしやはり餃子にまで米というのは驚きだね。

食事の流れで米を食べるタイミングも不思議だよ。
最後に主食で米を食うのは分からなくもないが、主食を食べて、そこに更に米を食ったりする。

確かに。私はラーメン食ったあとに米をスープの中に投入する食い方を見た時は衝撃的だったな。

日本人は食事の最後の選択肢が「甘いもの」と「米」だからな……

一応、ラーメンというのも有力な選択肢だぞ。
そこはインスタントラーメンを発展させた国だけはあると思う。

あれ?じゃあ日本人って食事→ラーメンと来て、そこに更に米の飯を投入することになるのか!?マジで米好き過ぎだろ……

そうそう。面を食った後に更に米を投入するのが日本人。

それってお茶漬けとかと一緒なのかな?
いやでも、主食既に食ってるわけだし……うーむ……

米そのままで食うのがほとんどなのも面白いね。
ビーフンやライスペーパー、米線なんかの米を加工した主食が無い。

「もち」や「おかき」や日本式の「煎餅」って米の加工品じゃなかったか?

そうなんだけど、「もち」以外は主食になってないからちょっと違う気がするなあ。

だいたいは寿司みたいな米そのまま+何かになるよね。

寿司は見た目はキレイなんだけど、食べるのは……酸っぱいご飯も生魚もちょっと……

俺は寿司は全部手で作るのがどうにも抵抗が……

そういう時はわさびを意識してみるのはどう?
私は寿司やお茶漬けのわさびが好き。

日本人は味付いてない米をスープもおかずも無しでいけるってのが分からん。食習慣による味覚の形成が違うのかね。

日本の食事は主食ばかりというのがよくネタになるが、やはり米の系統が圧倒的に多いんだよね。本当に好まれているのだろうけど。

日本の実写のドラマでもそうだが、アニメや漫画、ラノベなんかの二次元でも米が好きというのが基本的な設定というか、説明不要の要素になっているからな

あれだけ主食を食べても問題無いのはちょっとウラヤマシイ。
主食は太るんだよ……

白米って糖分だからカロリーも高いし、肉どころか場合によってはスイーツよりも高くなるらしい。

最近は日本でも白米食う量減っているらしいけどね。
もっとも、それが大きなニュースになるのは興味深いが。

日本ではコメの消費量が減っているということでニュースになるし、米の扱いを疎かにすると社会問題になる。
米の輸入に関する関税撤廃が政治の極めて重要な議題になるし、扱いを間違うと抗議が起こったり選挙に負けたりするレベル。

日本人は米に関しては健康よりも習慣を重視する傾向が強くなるね。
現在もお茶漬けのような身体に悪い食べ方がとても好まれているくらいだ。

あの不健康な食べ方は本当にどうなのかと思ってしまうよ。
栄養のために食っているんじゃないのかもしれないが、かまないで飲み込むから胃腸を悪くして消化能力を衰えさせるし身体を悪くする食べ方だ。

よく聞くのが、米が日本人にとっては精神的なシンボルということだ。
ダイエットの流れが強まっている現代社会でも、米の扱いだけは別になるとか。

現代では世界的に食事が西洋化しているし日本はウチの国より更に西洋化しているんだけど、日本では米系はやはり残っているんだよね。
日本でも白米のカロリーの高さや栄養の偏りが問題になってきているが、対応策として玄米や五穀米などを提供する店が増えた……結局米から離れないのかよ!

日本人は米関係を特別視するのは本当。
これは米に関する道具もそうだ。
私は炊飯器で煮込みを作ることもあるんだが、それを日本人に話したら本当に驚いてモノスゴイ目で見られたよ。

日本人は白米を食い過ぎて脚気になるのが国家レベルの問題だった時期もあるからな。
白米食い過ぎで戦争できなくなるとか、ネタじゃなくて本当の話。

タイムスリップする場合、脚気治療の知識を持っているだけで無双できるという認識はいろんな意味でスゴイと思ったわ。
俺も江戸時代の日本にトリップした時のためにビタミンB1の確保のやり方を覚えておくつもりだ!

玄米状態だったら脚気にはならないけど、白米にしてしまうとダメなんだよね。

玄米だとタンパク質やビタミンも接種できるから、日本人は玄米だけでとりあえず生きていける時代が続いていた。その結果、現在も米に対する偏愛が続いているんだと聞いた覚えがある。

それって恐らくヨーロッパでジャガイモだけ食って生きてられたのと似たようなもんだろうね。ジャガイモも大量に食えばビタミンの摂取とかを満たすことができるから。
ただそこから更に米に対する偏愛や現在の食生活になるのはやはり不思議だよなー



とまぁ、こんな感じで。
最近は定番ネタ的な話題も増えてきているみたいですね。

最近の中国では美食ブームというか、美食系のテレビ番組やグルメをテーマにしたコンテンツというのも増えていますし食べ物関係の話題が一昔前に比べて随分と活発に飛び交っているように感じられます。

社会主義システムになってからの中国では美食関係の優先度はかなり下になりましたし、私も中国オタクの面々との付き合いでは食事関係の優先度の低さを意識させられることが少なくありません。
(これに関しては日本が重視し過ぎている感もありますが)

しかし最近は中国オタク系のコミュニティでも食事関係の話題が増えていますし、そんな所からも中国の食生活に関する感覚もイロイロと変わってきているというのを実感しますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国人「お茶漬けってどんな害があるの?」

中国人「なんで日本のおっさんは白髪を染めないんだ?白いままにしていられるんだ?」

今回はオタクネタとは関係ありませんが、以前知り合いとの間で話題になった中国ネタを。

テレビに出て来る中国のお偉いさんなどは白髪のある人はほとんどいませんが、年齢を考えると白髪を染めている率はかなり高いのではないかと思われます。

また中国では一般の人も日本に比べると白髪を染めている人が多いようで、中国との交流のある日本人の方の中には白髪を染めないことに疑問をぶつけられたり、年齢と合わせて驚かれたりしたなんて話も聞きます。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本人が白髪を染めないのはなぜか」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで日本のおっさんは白髪を染めないんだ?白いままにしていられるんだ?

あれは日本人が白い色が好きだからと聞いたが。

むしろ白く染めるのすらいるし。

さすがに白く染めるのは若者だけだろ……
ウチの国だって若者で白く染めたり、メッシュにしたりするのはいるし、若い時に出来る染め方の一つだ。

白髪も別に悪いわけじゃない。
長い人生を生きてきた深みのようなものも感じられるし、カッコイイと思うよ。

でもウチの国だと頻繁に染めるのも確かだよね。
気にしないで良いと言いつつ、他人が白髪だと「うわ、こいつ歳とってる!」と思うし、それがあるから自分も染める

日本人は白髪の評価が高いんだろ。
アニメや漫画やゲームで白髪のボスキャラが出ている。

私もそう思っている。
強キャラに白い髪が多かったりするし、日本人は白髪に対してわりと良いイメージがあるんだろう。

白髪の方がフサフサ感が出せるからじゃないか?

日本人は自然派だからだよ。

日本人って中年くらいでも白髪をそのままにしているイメージ。しかもそのままテレビや雑誌などの媒体に出る。
なぜ染めないのか。まさかあれがカッコイイと思われているのか?

テレビで見たりする人は若く見えるから、案外歳がいっているという可能性も考えられるが……

ウチの国は70だろうが80だろうが髪を染めるぞ。

日本人は中国人より随分と白髪が多いと思っていたが、あれって染めてないだけっぽいよな。
歳を取って周囲を見るようになり、なんとなく分かった。

白髪に関しては遺伝もあるけど、疲労や圧力とかでも増えるからね。
最近は国内の若者で白髪を気にする子も多い……

ただ、それなら日本人はなぜ染めないのかという話がまた出て来るが……

日本だと老人になると今度は青とか紫に染める人も出て来るらしい。黒にはこだわらないのだとか。

こっちでも皆が皆、自分の髪が白くなったら大ダメージってわけではないけど、少しは気にするよね。
中には自分が老いてしまったと感じたり、「自分は歳を取ってもうダメだ」的な考えになる人もいるし、そこで髪を染めて自信を取り戻そうとするもいる。

いや、髪に関しては日本人もかなりこだわっているはずだよ。
例えば日本人は髪の色より髪の有無を気にするという話もある。

カツラ産業は日本の独特な、とても強い産業だと聞く。

髪の有無についてはウチの国だってかなり気にしているけどね……院にいた頃は教授のカツラをいかに意識しないかというスキルを鍛える日々だった。

ウチの国だと白髪は強烈な老いのイメージがあるし、それだけに染めて無理しちゃうわけだが、日本はそれがハゲだということなのだろうか。

ウチの国もハゲも白髪も気にはするが、リカバリーが楽なのは白髪だし、そっちを頻繁にやるとかなのかね。表だって語る話ではないからよく分からん。

白髪は日本人のスタイルの一種だろう。
あと日本では老いがウチの国ほどマイナスになっていない、普段の生活でもそれなりに受け入れられている。

そうだろうか?私は日本の電車で老人に席を譲ったら、自分は老人じゃないとかそんな感じで怒られたんだが。
ウチの国の老人は普通に感謝して座ってくれるのに……

そこは人それぞれってことじゃないの?
自分が老いを受け入れるのと、他人に老人扱いはまた別ってことでは。

それについては以前聞いたことがある。
日本で老人が席を譲られることに反発するのは、譲ってもらわなければならないほど衰えていると見做されたのに対して怒るらしい。

日本は必ずしも老い=弱さではないってことなんだろうか。
老人と見られるのはともかく、弱った、能力が落ちたというのには反発する老人が多い。

つまり白髪は老いの象徴ではあるけど、弱さではないってことなのか?

白髪はつらい目に遭ったら増えるが、日本ではそこから白髪になるほど苦労している頑張っているという見方にもなるらしい。政治家なんかは身を粉にして働いているというアピールにもつながるのだとか。

社会的な違いというヤツか。興味深いね。
容姿は政治家の演出として重要だが、国ごとに政治家のアピールのやり方が異なるってことか。

衰えで思い出したが、最近日本では老人による自動車事故が社会問題となっているらしいけど、それも老人と衰えの感覚のズレ、言わば日本人の気質によるものなのかな。

日本の老人はなかなか動くのをやめないからね。
リタイアして、老人としての暮らしというのにはシフトしない。

そこは老人の割合が高い、数が多いからじゃないか?
ウチの国は「まだ」老人の割合が低いから、老人っぽい暮らしにシフトすることができるというか、要求されるわけで。

歳とってリタイアしたらそこで終わりっぽく扱われるのがウチの国の感覚だし、だからこそ白髪をそのままにするのを嫌うのかもな……

ウチの国は白髪が老い、衰退のイメージに直結するからね。
だから染めたがる。テレビを見たら黒い髪ばかりだ。

でもあまり意識し過ぎるのもどうなんだろう。
私の祖父なんかは白髪が無いようにしようと頻繁に髪を染めていて、さすがに心配になってくる。皮膚に良いものじゃないんだし、せめてもう少し染める間隔を長くとって欲しいんだが……


とまぁ、こんな感じで。
いったん意識しだすとかなり気になってしまう話題のようです。

こういった髪の話に関してはスタイルや感覚の個人差も大きいので一概には言えませんが、上のやり取りにもあるように中国の人は白髪に対して抱く「老い」のイメージが日本の感覚と比べて強い、ネガティブなものになっているというのはあるかもしれません。

ただ髪の薄さについて、白髪よりも気にしていないかどうかは何とも言えませんね。
私は中国留学中に明らかにカツラっぽい人にはちょくちょく出会いましたし、現地校のクラスメートの間でも「あの先生はカツラだ」的な話題は日本と同じような感じで飛び交っていた覚えがありますから「日本と比べて気にしない」というわけでもなかったように思えます。
それに考えてみれば最近の日本は、一昔前に比べて髪の薄さを随分とオープンにし易くなっているような……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで日本ではハロウィンがこんなに盛り上がるように?」「日本人がコスプレ大好きだからじゃないの?」

中国では日本の社会のイベントに関するがイロイロなルートで入っていますが、中国オタク界隈でも日本の様々なイベントについて話題になったりしています。

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「なぜ日本でハロウィンが盛り上がるようになったのか」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで日本ではハロウィンがこんなに盛り上がるようになったの?ハロウィンで日本の街角がスゴイことになっているけど。

10月になると日本の商店には、ハロウィングッズがたくさん並ぶね。
日本で生活していると意識せざるを得ないし、実際私は日本に来てからハロウィンを認識するようになった。

日本ではなぜかハロウィンがとても盛んだそうだが、なんで日本ではあんなことになったんだろうな。私も不思議に思う。ウチの国ではそんなお祭り気分にはなっていない。

自分は日本在住の人の実況動画で初めて知ったよ。

商業的な面で便利なんだろうとは思う。
ハロウィン用のキャンペーンだとか限定商品だとかがたくさん出ている。

日本における、ホリデーシーズン前のちょっとしたイベントになっているよね。

日本のソシャゲをやっていると、ハロウィンをとても強く意識する。
ハロウィンと言えばハロウィンイベント!ハロウィン版イラストのキャラで集金!

日本人がコスプレ大好きだからじゃないの?

コスプレ大好きだけだったら、むしろウチの国で流行って良いと思うんだが。

日本で活発な西洋系のイベントはクリスマスとバレンタイン、そしてハロウィン。
このうちクリスマスとバレンタインは、日本と異なる所があるとはいえウチの国でも盛り上がる。しかしハロウィンはこっちの感覚では理解できん。

日本はウチの国よりも西洋化しているってことじゃないか?
ハロウィンはその一例ってことで。

ハロウィンが日本で大きく盛り上がるようになったのは比較的最近のことだという話だよ。
クリスマスとかバレンタインデーは前世紀から日本社会の中で盛り上がっているけど、ハロウィンが今のような扱いになったのは今世紀になってから。

結構前、10年位前だったと思うが、「日本の公共の場で欧米人がハロウィンだからと騒いで顰蹙を買った」というニュースがあった。
日本でハロウィンが敬遠されていた時期があるのは確かだろう。

調べてみたら、東京ディズニーランドが97年からハロウィンイベントをはじめている。これ以前は日本でハロウィンイベントがあまり一般的では無かったと見て良いんじゃないか?

それが今では都市部で自然発生か……

渋谷が特に有名だね。他に有名なのは川崎のパレードだろうか。

ハロウィンの時の東京はスゴイよ。
カーニバル的な何かみたいな状態になる。

でもクリスマスやバレンタインほどじゃないだろ。
メディアや商業地区は盛り上がっているけど、そこだけという感じもする。私の周りの日本人もクリスマスは特別なスケジュールを組むが、ハロウィンに何かやるためにそういうことをやる人はいないという印象。

リアルではアニメや漫画とか、二次元の扱いほどではないってことかね。

こういう比較的最近になって盛り上がるようになったイベントって日本だと何があるんだろう?
ウチの国だとちょっと例えが思い付かない。

情人節(バレンタイン)がまさにそれじゃないか。
私が子供の頃とかはドラマやアニメ漫画、ゲームの中だけで描写されるイベントだったのが、いつの間にか広まって、現在はウチの国独自の形式で行われるイベントになっている。

ウチの国のバレンタインは時期的に日本のハロウィンより前からの盛り上がりに思えるし、定着度も日本のハロウィンより高いように思えるね。

こっちのバレンタインは商業的な仕掛けと若者の恋愛イベントとしての需要が合致した感もあるが、日本でのハロウィンの流行と定着もそういう所があるのだろうか?

考えてみれば最初は日本のバレンタイン的な女がチョコレートを男にあげるイベントだったのが、いつの間にか女のチョコレートと男の高価なプレゼントを交換するイベントになっている。
これは西洋のバレンタインとも違う。あえて言えば香港のに近いとされているが、それでも微妙に違う所がある。

ゆるキャラとかもそうじゃないか?
私が留学していた時は無かったが、仕事で日本と行ったり来たりすることになった時にはかなり増えていて、色んな所でイベントやってた。

話を戻すがハロウィンって日本文化の伝統である百鬼夜行ネタと重なったという見方はどう?日本の妖怪関係の作品って、西洋妖怪ネタもかなり取り入れているし。

でも基本的には西洋系、キリスト系だろうし……
恐らく商業系の仕掛けが大きいのは間違いないと思う。日本のバレンタインも商業的な仕掛けがきっかけで広まったものだから。

やはりコスプレでは?
日本のハロウィンはコスプレネタだけが強調されている。

私も日本のハロウィンはコスプレのお祭りという印象を受ける。

日本にいるけど、宗教的な方向から参加している日本人はほぼいないように感じる。盛り上がっているのは間違いないが。
たぶんコスプレして騒ぐお祭り、コスプレする口実になってるんじゃないかな……

やっぱりそうなのか。みんなコスプレのために盛り上がってたのか。

渋谷とかでは盛り上がっているけど、それ以外の場所では盛り上がってないぞ。
今東京にいるけど、自分の住んでいる付近ではまったくハロウィンやってない。

他人の家を訪れてTrick or Treatとやる のも実はそんなに活発じゃないらしい。
アニメや漫画、ゲームのイベントなんかだと取り上げられてはいるけどああいうのは現実の日本社会ではやってない。

日本の閉鎖的な社会でそれをやるのは無理だろ……

子供とかがやってたりはするようだよ。
ただ訪問する家を決めておくなど、事前にカッチリ準備しておくみたいだね。



とまぁ、こんな感じで。
中国に入るハロウィン関係の情報を元に、中国の感覚で見た日本のハロウィンのイメージといったものが出ていました。

また中国オタク界隈ではコスプレが日本よりも随分と重要な扱い、オタク系イベントでも中心的な存在になっているのもあってか、
「コスプレで盛り上がる」
というのはお祭りの理由として妙に説得力があるものとして受け止められている節もありました。

ただ地域や自治体のイベント、児童館や保育園幼稚園のイベント、SNSの話のネタといった方面におけるハロウィンの需要的な話題はあまり出ていませんでしたし、そちらの見方につながる情報は中国にはあまり広まっていないのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


バレンタインデーを嘆く中国オタクの面々

中国オタクのコスプレ文化

中国オタク「オムライスと卵チャーハンの違いについて教えてくれ」

今回は思い出したころにやる食べ物ネタを。

中国オタク界隈では日本の一般的な料理、なかでもアニメや漫画で良く描写される料理に関する話題が出ることがありますが、その際に同じ名前の料理のはずなのに、それぞれの思い浮かべるイメージが微妙に異なる……なんてこともあるそうです。

先日中国のソッチ系のサイトで
「オムライス」
に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


オムライスと卵チャーハンの違いについて教えてくれ。
何となく違うものというのは分かるんだが、オムライスがどれだけ炒飯から離れたものかがハッキリしない。

オムライスって見た目の良い卵チャーハンじゃないの?

材料は基本的に同じだろ?
違いは卵の量くらいで。

いや、それはさすがに極論じゃないか?
結構違いがあるように思うが。

卵で包めばオムライス、卵を混ぜて炒めれば卵チャーハンでいいんじゃないか?

チャーハンにも卵を乗せるのがあるし、オムライスはまず卵を乗せるのか、卵で包むのかで違いがあるぞ。

オムライスに限らず、日本人は飯に卵を乗せるのを好む傾向が強いと思うんだが。

ウチの国でも、屋台で出るような料理はそんな感じじゃないか?
チャーハンや焼きそばの上に薄焼き卵を乗っけるのは定番だろ。

まさか白いご飯が入ってるのが正しいなんてことは無いよな?
日本人は味付けしない白米の主食を好むから、有り得なくはないようにも思えてきた。

おいおいオムライスはご飯の部分がチャーハンじゃなくて、白いご飯だろう。

あれ?中身は炒飯だったと思うんだが。

白いご飯も、チャーハンも、どっちでもあるよ。

自分が食ったのでは他にトマトケチャップとカレーチャーハンのがあったな。

私は卵チャーハンは油っこ過ぎるのが多いので、食べるならオムライスの方がいいかな。

でもオムライスは量を作れないのが……卵で包む以上、どうしても卵の量に全体の量が制限されるのは個人的に大きなマイナス。

うーん……なんだか米のご飯の部分について不安になってきた。
あれ、てっきり炒飯的な物だと思っていたんだが。

ご飯に関してはチャーハンになっている場合が多いと思う。
私がこれまで日本料理屋で食べたのはどれもチャーハンが中身になっていた。

オムライスと炒飯は飯を炒める際のやり方が違ったんじゃなかったっけ?

オムライスの中身って、西洋風のチャーハンで中華料理のような油たっぷりで作るものじゃない。
そして日本のオムライスは西洋系の料理から来たものだから、チャーハン部分もウチの国のチャーハンとは異なる。

とりあえず、オムライスの飯の部分が白いご飯ってことは無い。チャーハンかどうかはともかく、最低限味はついている。
オムライスの卵はあくまで形や味を整えるものであって、料理のメインは味の付いたご飯だなのだから。

納得した。中身白いご飯で外が薄焼き卵だとさすがに困るよな。

作り方を見ていくとさすがに卵チャーハンとの混同は無いような気もするが、ご飯や卵の扱いで意見が食い違うな。
薄焼き卵なのか、半熟くらいの卵なのかとか、卵の量はご飯に対してどの程度なのかとか。

ご飯に関してはハッキリしていないか?
「オムライス」の場合、中身はトマトケチャップで味付けした飯のはずだぞ。

オムライスのライスにケチャップを使うのは異端のやり方だと聞いた覚えがあるんだが。

さすがにそれは何か別の料理と混ざってないか?
オムライスにはケチャップが基本だろう。

トマトケチャップは卵の上に乗せるものだろ?
ハートや文字を書いたりするサービスは有名だ。

なんかレスしている人達のイメージしている「オムライス」、「蛋包飯」が一定していないような……

実際そうだろ。
あの料理に関してはウチの国で広まっているのも一定しないし、日本のイメージのもあるし、韓国のイメージのだってある。

「日本のオムライス」とウチの国で広まっている「蛋包飯」は異なるであろう部分が幾つかあるね。
とりあえず日本のオムライスで作る場合はご飯部分にケチャップが必須だけど、こっちの「蛋包饭」でいいなら薄焼きの卵で包むようにすれば炒飯でもいい。

ああ、なるほど。
そこはあまり気にしないで良さそうだな。

まぁ考えてみれば、日本のラーメンはウチの国の「拉面」と違うし、餃子や麻婆豆腐もなんか違うからな……好みで作るのが一番か。



とまぁ、こんな感じで。
大まかな所では同じであっても、細かい所を見ていくとイメージするものが一定しなくなるようでした。

この辺に関しては、オムライスの「ご飯をたまごで包む」という、あやふやで応用の効く所も影響しているような気もしますね。日本のアニメや漫画に出て来るオムライスや、中国で作られている卵とご飯系の料理もあることから、イロイロと混乱しているようですし。

そんな訳で、オムライスは中国オタクの面々が日頃触れている作品やニュースにおいても一般的なレベルの料理ではあるものの、いざ厳密な定義を考えると混乱してしまう所もある料理なのかもしれません。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本で米の飯はどれくらい偏愛されているのだろう?」

思い出したころにやる中国オタク関係の食べ物ネタ、今回は
「白いご飯」
に関してを。

中国でも主食として米のご飯を食べますが、その地位は日本ほど絶対的なものではなく、麺や餃子などをはじめとする様々な主食の一つといった扱いになります。
そんな中国の感覚からすると、日本の作品に出て来る白いご飯の持ち上げっぷりがちょっと不思議に思えたりもするそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本での米の飯の扱い」
「米の飯についての感情」

といった辺りに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本で米の飯はどれくらい偏愛されているのだろう?
アニメや漫画ではもの凄い重要なモノというか、人を引き付けるものとして描写されている気がするんだが。

日本では米の飯の地位は高いし、人を引き付けるというか誘惑する力も強いようだな。あとおにぎりなんかの形でもよく出るよね。小さいのから顔よりでかいヤツまで。

花陽のアレか……うん、あれで私も日本のコメに対する偏愛を意識しだしたわ。

「ごはんはおかず」とかあったよね。「けいおん!」で。

でも主食っておかずあってのものだよな。
米の飯がウマいのは確かだが、おかずがないと……

俺は朝におかゆ、昼に炊いたご飯、夕方に炒飯と全部米の飯な食生活だった時期もあるぞ!

いや、日本だと炒飯と白いご飯は結構違う枠になるみたいだよ。

日本人は三食全てが炊いた白いご飯ということも多いらしいね。
最近は他の主食も増えたらしいが、それでもご飯の頻度は明らかにウチの国より高いとか。

ちゃんと調理した米の飯は美味しい。
ウチの学校の食堂でしばらく食べた後に、実家に帰って米の飯を食うとその美味しさを痛感する。

あくまで私個人の考えだが、ウチの国で一番ウマい米の飯が食えるのは某ファストフードの丼だと思う。米と調理方法のどちらか、或いは両方が違うのか。
あと家>学食なのはみんな同意してくれるんじゃないだろうか。学食の米の飯は下には下があるということを教えてくれる……

あー……同意するわ。
ちなみに吉野家は日本の方が美味しいぞ。日本旅行で入った吉野家の米の飯のウマさは衝撃的だった……

家と学食の差については同意。
ウチの学校の食堂の米の飯とか絶対に食いたくない。
実家の米の飯ならいいんだが。

米の調理方法でそこまで違いって出る?水が多いか少ないかくらいじゃないの?
まあ俺は米の飯なんて、おかず食べ終わってまだ腹いっぱいじゃないときのシメとしてくらいでしか食わんが。

調理方法による差はあるぞ。ウチの学校の学食とか、米っぽい何か、でんぷんなんだかロウソクなんだか分からないようなものが出て来る。
それにゴミも多い。ビニール繊維とか明らかに食えないのが混じっていたりするし、ヒドイもんだよ。家で調理した米とは完全に別物になる。

学食について話していても始まらんから、話を戻そうぜ!
日本だと米って主食として別格の扱いになっているのは間違いない。以前日本人に聞いたんだが、麺や餃子、ジャガイモとかではダメらしい。食えない事は無いそうだが、米以外が続くと精神的にキツイという話だった。

日本人の米に対する感情は独特の強さがあるよな。日本の関わる貿易協定でも米の関税でもめているニュースをよく見る。

俺は飯でも麺でも構わないが、一つの種類をずっと食べるのはキツイな……

日本人はご飯が無いとおかずを食べられないらしい。

それ普通は逆だろう……
おかずが無いと主食、米が食べられないとかのはずなのに……

何にしろ、日本の米の飯は美味しいと思うよ。
ウチの国の米の飯とは違う。

ウチの国だと良い米は普通の店では買えないからね。ウチの国でも良い米の、新米とかはかなり美味しい。

うーむ……米への思い入れというのは分からんな。
私はマントウや花捲が無い時くらいしか食わないし。

南方人としては、普通に米大好きだと言わせてもらおう。米はよく食べる主食だ。

だよね。南方人としては米の飯は欠かすことのできない食い物だ。

北方人でも俺のように米の飯が好きな人間はいるぞ。卵かけごはんだっていける。

日本の米の美味しさに関しては電気釜も重要。
日本国内仕様のはかなり美味しい米が炊ける。

私は米の違いについてはよく分からない。
北方と南方で違いがあるのが分かるくらいだな。

種類なのか調理方法なのかは分からんが、食べ慣れた南方の米の飯ならかなり食べられるが、北方の米の飯だと半分か三分の一くらいしか食べられない。

私は主食を麺、米、餃子、ワンタン、米線、ジャガイモなどで適当にローテーションしながら過ごしているんだが、日本人はそうではないみたいだね。

しかし日本人って麺を主食として食い続けるのはダメなのか?
私はご飯も好きだが、麺も好きなんだが。

そう言えば日本人は米の飯とラーメン、どっちが好きなんだろうか?
私はラーメンの方が良い。

その答えを教えてやろう。
日本人は「ラーメンとご飯を一緒に食べる」という選択をする!

マジか!?
ご飯と餃子だけでなく、ご飯とラーメンなんて炭水化物重ねをやるのか……

日本人はラーメンを食べる際にもご飯が欲しいという人がいるな。ただ、以前聞いた話では餃子に比べるとご飯を一緒に食べるケースはやや少ないということだったような。

普通にやるよ。「ラーメンライス」ってのが一般的なセットメニューになってる。
日本人はセットメニューにする際に、なんでもご飯をつける。



とまぁ、こんな感じで。
中国の食習慣、特に米をそこまで食べない地方の人からすると、不思議に思えるような所もあるようです。

ちなみに今はどうだか分かりませんが、私が中国にいた当時はご飯の美味しさに関しては日本とかなり差がありました。おかゆや炒飯ならそこそこ食べられたのですが、炊いたご飯に関しては本当にもう……

あと中国の学食はわりと地獄というか、ヒドイ所は本当にシャレになりませんね。
一応私の経験でも清華大学など学食が普通に美味しい所もあったのですが、贅沢とかそういうのではなく、本当に不味くて食べられない学食というのが特に珍しく無かったのがなんとも厳しかったです。
この辺についてはなかなか改善されないようで、中国の学生が学食を嫌って学校外に出て食事をしたがるのも無理もない話です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国学校事情 管理人の個人的な経験編

ありがたいことにダ・ヴィンチニュースの方で書かせていただいているコラムの
中国でも大人気! ニコ動的な「弾幕系動画サイト」が広まった理由(ダ・ヴィンチニュース)

に関して感想と共に「中国の学校教育ではその他大勢扱いに慣れている」について、
「クラス内の格差、クラスでは選ばれた人とその他大勢的なものはあるのか?どのような感じなのか?」
といった質問をいただいておりますので、今回はその辺りや管理人の個人的な経験なども含めて少々。
ちなみに管理人が中国の学校に通っていたのは93年〜06年なので、さすがに今現在の状況とは違うであろうことをご留意ください。


・中国の学校のクラス内の格差
中国の学校のクラスに関してですが、いわゆる日本の学校のスクールカースト的なものはあまり感じられなかったように思います。
ただ文字通りの格差、家の経済状況や親の地位(共産党のお偉いさんだとか、どっかの会社の社長だとか)による格差は当時からかなり露骨にありましたね。

また、格差に関しては班長(中国では各学年の何組の「組」が「班」になります)や各委員などの役職持ちの生徒、通称
「班幹部」
とそれ以外の学生ではかなり地位や権力的なものの差を感じる所もありました。

「班長」は日本の学校で言えば学級委員のようなものなのですし、日本と同じくクラスのまとめ役、連絡諸々の担当的な所もあるのですが、日本の学級委員よりも「幹部」「権力者」的な側面が強いかと思われます。

この辺については
「班幹部は狼で、その他大勢は羊」
といった例えも聞いた覚えがあります。

もちろんその手の地位を振りかざす局面ばかりというわけではなかったのですが、行事で前に出たり、学校生活における様々な通達やら指揮を行ったりするのも班幹部ですから、ちょくちょく意識させられる場面に出会っていたのも確かです。

ただ班幹部の存在感が強烈なわりには生徒会の存在感がものすごく薄かったりするなど、日本の学校との違いに結構戸惑ったりした覚えもありますね。
幹部の地位にいる生徒がクラスに対しては権力を振るうものの、学校に対してはアクションを取ることはそうそう無いというのは色んな意味で中国らしいと思ったものです。

一応最近の中国の学校ではこの傾向は薄れているそうですし、「班長」なども教師の便利屋的な面が前に出てきているという話も聞きますが、日本の学校の学級委員と異なる所は相変わらずなのではないか……などとも考えてしまいますね。

そんな訳で大雑把なものになりますが、
「中国のクラス内の格差は日本に比べて目に見える形で出ている」
とも言えるのではないかと思われます。


それから当ブログでも何度か言及している中国の学校の運動会について、
「代表選手の競技を応援するだけの一般生徒は応援意外に何かやることはないのですか?」
という質問もいただいているのですが……一応、
「入場行進」
なんかは練習もありますし、軍事訓練なんかも含めてその辺りが重視される中国では普通にクラス単位での評価みたいなものにもつながりますから
「一般生徒が運動会でやること」
になる……のでしょうかね?

以前の記事
中国で勢力を拡大するモテない男の秘密組織FFF団
でも紹介させていただいた
FFF



このコスプレ行進も、数少ない一般の学生が運動会で楽しめる、参加できる部分といった言い方もできてしまいますね。
そしてそれだけに悪乗りしたりなんだりで暴走気味のコスプレ行進が登場しちゃったりする学校もある模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人「お茶漬けってどんな害があるの?」

ありがたいことに
「なぜ中国人はお茶漬けが身体に悪いと思っているのか?」
という質問を複数いただいているので、今回はこれについてを。

教えていただいて初めて知ったのですが、日本のお茶漬けとそれに関する中国人の批判と言うのが日本のネットで話題になっていたのですね。以下のサイト様の記事などを教えていただきました。
中国人が日本の「お茶漬け」に激怒 「胃に悪い!」「こんな食べ方間違ってる!」 (痛いニュース(ノ∀`))

中国では日本のお茶漬けは
「茶泡飯」、「日式茶泡飯」
などとも言われているようですが、ちょっとネットをまわってみた所、確かにあまり良い食べ方だとはされていないみたいでした。

そんな訳で以下に中国のネットで行われていた
「お茶漬けの害」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


お茶漬けってどんな害があるの?
詳しい所を教えてくれ。

なぜお茶漬けが身体に悪いのかって……胃腸に悪いのは見れば分かるだろ。

ありゃ消化不良起こす食事だぞ。

私もお茶漬けの長所と短所について詳しく考えている人は見たこと無いけど、健康に悪いのは明らか。あれを長期的に食べ続けたら絶対に胃を悪くする。たまに食べるくらいなら問題無いだろうけどね。

日本だと何かしらプラスの部分が意識されてたりするのだろうか?私にはマイナスの部分しか目に付かないが。

何かこう科学的に説明できる根拠って無いかな?
親戚がお茶漬けにハマっているんで心配。食べるなとは言わないが、もう少し頻度を下げて欲しいんだわ。

とりあえず問題を並べてみようか。
お茶漬けはするする食べられるけど咀嚼行為が減少する。それによって胃の負担増加するし栄養の吸収にも影響する。明確な問題だらけの食べ方なのだよ。

日本のお茶漬けに限らず、汁かけ飯って南方だとわりと一般的な習慣、特に老人に好まれるようだがあれは身体に悪いと専門家に指摘されているな。

汁かけ飯って見た目のイメージ程消化し易くないというか、逆に長期的に食べていると身体の消化機能を減衰させてしまうし、その結果各種の病気につながってしまうんだよね。

噛まないのも問題だし、水分が多過ぎるのも問題。
これはお茶漬けに限らない話だが、胃の消化液が薄まって消化に悪影響を及ぼすことになる。一口食っては水やスープを飲むような食べ方も健康に悪い非科学的な食べ方だよ。消化不良を起こすし、十分に消化されなければ栄養も吸収できないわけで良い所は全くない。

あれ?そういう効果なら、もしかして毎日お茶漬け食えばダイエットになったりする?

ダイエットの結果が出る前に胃を壊すぞ……

不健康だからやめとけ。
そもそもあの食い方って満腹中枢が刺激される前に流し込むように食べてしまえるから結果的に食べ過ぎになり易い。

老人にとっては特に危険な食べ方だね。老化により消化吸収能力も落ちてきている時に、お茶漬けのような食べ物を長期的に摂取した場合、若い人間より更に胃腸を悪くし易い。

成長期の子供にとってもお茶漬けは良くない、というか老人よりも深刻な問題になり得る。成長期の子供が長期間お茶漬けを食べた場合、胃腸の消化吸収能力の減衰に加えて咀嚼能力が正常に発達しない恐れがある。酷い時には顔の形にも影響を及ぼす。

別にある程度噛んで適量を食べれば別に問題無いんじゃないか?自分は「深夜食堂」を見てからお茶漬けにハマってちょくちょく食べているけど、胃腸に負担がかかる程噛まずに大量に食う事ことなんてないぞ。

食べ物自体の栄養や何やらが問題ではなく、噛まずに飲み込むから口内におけるでんぷんから麦芽糖への消化のプロセスが十分に行われないのが問題なのよね。

てかお粥食えよ。お粥。

私もそう思った。お茶漬けで食うよりもお粥の方が良い。

歳を取って咀嚼、嚥下が困難になった場合はお茶漬けよりも軟らかく煮たお粥を主食にするべきだよね。お粥の場合はでんぷんが胃腸で消化吸収しやすい形になっているから、お茶漬けのような消化への悪い影響は無い。



とまぁ、こんな感じで。
なにやら非常によろしくない食べ方というイメージの人もいるようでした。

ざっと見た限りの話ですが、
「噛まないから消化に悪い、胃に負担がかかる」
というのが中国でお茶漬けが身体に悪いと思われる理由となっている模様です。

また残り物のご飯の流用、食欲が無い時の選択肢、更には飲んだ後の〆の主食というカテゴリにおけるお茶漬けといった面は意識されていないようです。この辺は気候やそれによる食習慣の違いも大きく影響しているようにも思えますが、どうなんでしょうね。


それから「お茶漬けよりお粥の方が良い」という意見も見かけましたが、中国は外食でも普通にお粥(味の付いていないものも、ピータン粥などの味のついているものも)が食べられるなどお粥が日常の食事、朝食などで食べられていますから、それと比べるとお茶漬けは消化に悪いと感じられるのかもしれませんね。

ちなみに中国は外食の割合が日本に比べて随分と高いですし、家で一人分、或いは一家族分お粥を作ることの手間や残り物のご飯の簡単な活用法といった面はそれほど意識されていないように思えます。

それにしてもよく噛まないのは身体に悪いというのは同意ですが、そうなるとカレーなどの飲み物カテゴリに入りかねない食事なんかも、中国だと結構問題になるんでしょうかね?何かイロイロと気になってきました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本の子供は冬でも短パンってどこまでホントのことなの?」

ようやく年越しのあれこれに手を付けられる状態になりましたが、とりあえず今日の更新を……

ありがたいことに
「中国では冬の日本の女性のスカートに関してだけでなく、男子の半ズボンも話題になったりしていますよね?そこについて何かお願いします」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

ご質問にもある通り、中国では「日本の女性が冬でもスカートをはく」ということがネタ混じりの話題になったりしていますが、「日本では冬でも男子は半ズボンをはいている」というのもちょくちょく話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のネットで行われていた
「日本の男子は冬も半ズボンをはいている」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の子供は冬でも短パンってどこまでホントのことなの?
ウチの国のニュースでもやるけど、どうも信じられん。

日本の小学生が一年を通じて短パンだという話はわりと聞くね。
アニメや漫画でも子供キャラは作中の季節が変わってもずっと短パンだ。

そうそう。冬に山やスキーに行くとか特別な展開でもない限り、基本的には短パンだよね。

日本の女子学生の冬のスカートもそうだが、冬の装いがどこまでが「お約束」でどこからが「現実」なのか迷うことがあるよ……

アニメや漫画の場合はストーリーというか作画上の理由じゃないの?通常の服装もキャラデザイン上のセットになっているわけだから。

アニメに関してはショタキャラの記号的なモノってのもあるんじゃないか?ツンデレキャラのツインテールみたいなもんで。

日本の子供の短パンについてはこっちでも報道されているじゃないか。それこそ冬のスカートと同じように。

雪と戯れる半ズボンの男子といった写真が紹介されたりするが、あれってどこまで日常的なモノなんだろう?

上はちゃんと着ているのに下はなぜか短パンと短めの靴下だったりするような。あれも不思議。上半身の衣装からして、一応防寒目的の服装をしようという意思はあるはずなのに、なぜ下は短パン。

ウチの国でよく報道されるのは「日本の子供は冬でも短パンで足を出している」「日本は小さい頃から寒さに耐え精神を鍛えている」とかで、そこから更にエスカレートして「我が国の子供はスタートの時点で負けている」とかいう論調になる。失笑してしまうわ!

あれ、ヒドイ話題の作り方だよな。気候も住環境も違うから一概に比較はできないはずなのに。

でも実際どうなの?
紹介されるからには日本には実際に短パンの子供っているんでしょ?

自分には分からん。アニメの中では普遍的な存在ではあるが……

いるよ。あれはちゃんと実情に沿ったものではある。

日本の小学生の全員が短パンというわけでではなく、長ズボンもそれなりにいるらしい。ただ体操服に関しては短パンだね。ウチの国の運動服のようなジャージになるのは中学になってから。そこに関しては日本特有の服装習慣というのは間違っていないと思う。

日本の小学校が男の子が短パンでなければいけないというのは昔、前世紀の頃の話らしい。最近は保護者との関係や教育方針の変更から短パンを着用する子供は減少傾向にあるんじゃなかったっけな?

以前仕事先の日本人に聞いたことがあるけど昔は確かに「半ズボンでなければならない」空気というか、ある種の不文律的なルールが存在したそうだ。その人も小学校の頃はずっと短パンを着ていたし、それに疑問を抱いたことも無かったんだと。
あと体調が悪い時は長ズボンをはくいこともあったそうだけど、そのレベルになったら学校休んだから小学校時代は実質的に短パン状態が続いたという話だった。

日本は防寒効果の高いインナーがたくさんある。男子の短パンも女子のスカートも下に着用できるのがあるわけだ。それに加えてカイロっていう、酸化熱を活用した使い捨ての道具もあるからな。

短パンと言っても長さは段々と長くなっているようだよ。恐らく最近のモノだと思われる日本の学校の写真ではハーフパンツくらいの長さのズボンになっていた。

でもまだ短くないか?足首までの長ズボンでは無いわけだし、ウチの国の運動服に比べたら薄着。

サッカーのズボンが昔に比べて長くなったくらいの変化なのかね。

日本の気候は温暖だし、四季はあってもそこまで極端ではない。それに日本では屋外でする仕事がウチの国に比べて相対的に少ないはず。だから外に出る時間もそこまで長時間ではないから短パンでも問題無いのだろう。

でも学生が登下校、そして学校で過ごす格好がずっと短パンとかスカートなわけでしょ?学生の活動範囲に関してそこまで暖房完備されているとは思えないんだけど。

一応移動に関しては公共交通とかがかなり暖かいよ。
日本の電車って空調効いているから夏は涼しくて冬は暖かい。ラッシュの時も汗はそこまでかかないし、冬は座席も暖かいから座ってると尻が温くなる。

実際の所日本の子供も寒いのは普通に嫌がるよ。服装がウチの国に比べて薄着なのは単純にそこまで寒くないからだって。日本は気候も温暖だし、社会環境も整備されているからあの格好でも問題無いだけ。

当然ながらウチの国の気候、沿海とか内陸とか全部ひっくるめて日本と似た所はあっても同じ所は無いわけだ。
気候に加えて日本の伝統的家屋の構造や、服装の習慣見ると分かるけど、あれで何とかなる、耐えられるのが日本なんだろうな。そら短パンで過ごす習慣にできるよ。

私が日本の子供の服装関係で一番驚いたのは、幼稚園や保育園の室内だと子供が靴下脱いではだしになるってことかな。室内は十分暖かいし清潔なので、成長の面からはだしで歩く方が良い、むしろ靴下着用だと滑ったりして危ないからはだしになるよう指導しているらしい。

服装と気候もそうだが、それで過ごすことが前提となっている学校の設備とか一つ気になると連鎖して疑問が出て来るな……



とまぁ、こんな感じで。
冬の寒さや住環境といったものに関してはどうしても自分の体験がベースになりますし、イロイロと困惑するような所もあるようです。また中国のニュースなどでこの日本の短パンを取り上げてイロイロと語る流れに対してもツッコミたい気持ちがあったりする模様です。

しかし日本の昔の男子の短パンに関しては今の感覚だと少々ツッコミ所があるのも確かですよね。習慣やファッションの感覚の変化もありますし、昔は今に比べて寒くなかったような気もしますが、それでも制服でもないのに冬場に男子は一律短パンで「なければならない」というのは何ともかんとも。

私が昔通っていた小学校では病気の時だけ長ズボン着用可(ただし保護者の一筆の提出が必要)といったルールになっていました。当時は普通に受け入れていましたけど、今になって考えてみればなかなかにアレな決まりだったようにも思えますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「我が国ではありえない日本の習慣、餃子定食について語ろうぜ」

今回はちょっと食べ物ネタを。

ここ数年で和食や日本の食習慣に関する情報が中国にも随分と広まりましたが、その中で「ありえない」とよくネタにされるのが
「日本人は餃子とご飯を一緒に食べる」
というものです。

これに関しては当ブログでも
中国オタク「日本人、主食だけを食い過ぎだろ……」
など何度かネタとして紹介させていただいた覚えがありますが、
先日中国のソッチ系のサイトをまわっていて
「日本の餃子定食に関する考察」
のようなやり取りを見かけましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


我が国ではありえない日本の習慣、餃子定食について語ろうぜ。
我が国の人間であれば、餃子と米の飯を一緒に食べるというのはびっくりするが、実際に日本では普及している習慣だし、詳しく考えてみないか?

「日本人は餃子とご飯を一緒に食べる」っていうのは日本のヘンな食い物の話題になると真っ先に出るネタの一つだよな。
たまごかけごはんなんかもあるけど、冷静に考えてみると明らかに危険のある生卵と同レベルに扱うのはなんか違うような気もするな。

でも、気持ち悪くない?
日本人が餃子をおかずにご飯を食うとか、俺は想像するだけで吐き気がする。

でも、日本人からすると餃子を主食にするのは逆に理解できないらしいよ。

餃子とご飯、どっちも普通の食べ物なのに、一緒に食べるとなると妙な印象になるんだよね。

日本は焼餃子、ウチの国で言う所の「鍋貼」が主流で、ウチの国で食っている水餃子とは少々異なる。主食、おかずとしての感触については皮の厚さと油の有無がイロイロと違いを生み出していると聞いたことはある。

日本で普通に暮らしている日本人にとって、餃子を主食にするのはあまり好まれないみたいだよ。
以前仕事で日本に行った時に仕事先の日本人達と話したことがあるんだけど、餃子だけでも食えなくはないが、主食(ご飯!)が欲しくなるそうだ。それ以外だと酒のあてとして食べるとかも好まれるという話だったな。

日本で一般的な餃子は焼餃子なんだよね。これは私も日本に行ってみて知ったんだが、水餃子を出すレストランは少ない。
日本ではラーメンとのセットでもよく餃子を食べるんだけど、そこで水餃子を出すことはほとんどない。日本ではある程度専門寄りの中華料理屋でないと水餃子って食べられないんだよ。

日本と中国では餃子のイメージが違うってのはあるんだろうなー
日本のラーメンと中華料理の拉面(lamian)よりは違いは少ないと思うけど。

主食に主食が有り得ないというが、考えてみればそれも結構曖昧なんだよね。
ウチの国もジャガイモ炒めて米と一緒に食ってるよな……あんまり日本のアレをネタにできない気もする。

あえてやろうとは思わないけど、俺はパンと餃子を一緒に食ったりするから日本の餃子とご飯もそういうのが好まれる場所もあるんだろうくらいに思ってしまうが。

言ってみればマントウ(饅頭)をおかずにご飯を食うようなもんだろ?無理だ……

餃子は味付いているから、マントウとは違わないか?
あとマントウってお粥とセットで食べたりもするよね。まぁこの組み合わせの場合、お粥は恐らく日本食で言えば「味噌汁」的な位置になるだろうし、お粥に味が付いているかどうか、漬け物みたいなものがあるかで話は微妙に変わるが、日本の餃子とご飯の組み合わせと似ているとも言えるよね。

俺の住んでいる地方や、他の北方出身のクラスメートは普通に肉餡の餃子をおかずにご飯食ってるぞ。北方でも習慣が違ったりするから一概には言えないだろうけど。

焼餃子ならご飯と一緒に食っても悪くないよ。
個人的にはビーフンや米線と一緒に食うより「分かり易いおかず」という気もする。

こういうのは比較できるもんじゃない気もするが、生卵よりマシだ。餃子はある程度しょっぱければご飯のお供にできる。

考えてみれば餃子にご飯を組み合わせるのって、餃子の皮を厚くするようなもんだよな。

日本では餃子を主食と見ていないらしいから良いんだろうけど、ウチの国の感覚では餃子が主食という概念が存在するからキツイ。
それに二種類の主食を同時に食べるというのに慣れていないから、そこでまずありえないと思うわけだ。自分も例えば麺類とご飯を一緒に食べるとかはキツイ。

日本は主食と主食でもそんなに気にしないみたいだからね。ラーメンなどの麺類とご飯を一緒に食べたりしているし、セットメニューで主食系の料理に普通にご飯がつく。こっちの感覚でありえないと感じる理由に食習慣の違いが影響しているのは間違いないだろう。

俺は餃子とごはんとか、特に問題無いと思うんだけどね……

私は餃子を完全に主食カテゴリに入れるのはどうかとも思ってしまうんだよね。あれ点心カテゴリでもあるわけだし。

餃子は当然主食だろう。北方だろうが南方だろうがそれは変わらん。何言ってんだ。

でも私は餃子をご飯のように食うとかできない。主食ではあっても、ご飯とはまた別のカテゴリにいる気がする。

私はご飯と餃子が残ったら次の日に両方温めて一緒に食べたりしているから、日本の習慣はそんなに気にならなかったり。

ロジックとしては分からなくもないが、やはり俺には餃子とご飯というのは無理だ。
主食は一つでないと……



とまぁ、こんな感じで。
感覚的にはやはり拒否感が前に出てしまうようですが、切り分けて考えてみれば理解できなくもないという人もいるようです。

とりあえずざっと見た印象では
「主食である餃子をおかずにするのがありえない」
「主食と主食という組み合わせで食事をするのがありえない」

というのが多いようでした。

また、出身地方の食習慣によってはご飯と餃子の組み合わせに関してある程度受け入れられるといった人もいる模様です。
中国では地方ごとに料理や食習慣がガラッと変わったりしますから、この辺に関して一概に言うのは難しそうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「月見団子ってどんな感じのものなの?」

9月に入ってから中国オタク関係でも当ブログ的にもイロイロとゴタゴタしております。そんな訳で今回は軽い話で一つ……


昔と比べてイロイロな変化が起こってはいるようですが、中国では中秋節に大量の月餅がいったりきたりするのは相変わらずのようです。

そんな中秋節は中国でかなり重要なイベントとなっていますが、日本の十五夜、それと十五夜に付き物の月見団子に興味をもつ中国オタクの人もいるようです。

そんな訳で今回は中国のソッチ系のサイトで行われていた
「月見団子」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では中秋節にあたる十五夜に月見団子というのを食べるらしいのだが、どんな感じのものなの?ウチの国の月餅みたいなもの?
調べれば写真とかは出て来るけど、日本社会における扱いがどうも分からない。

ウチの国の月餅ほど重要なものではないらしい。ウチの国では自分が食べるのにも贈り物にも欠かすことができないレベルだが、日本だと季節の名物くらいになるとかいう話を聞いたことがある。

日本の人達は月を見る時に「月見団子」を食べるんだよな。写真を見た感じでは兎っぽく加工してあったりでとてもカワイイな!

兎っぽく加工してあるのは特殊なヤツで、一般的なのはススキと満月、そして白い月見団子だったはずだぞ。

月見団子とススキに明月の組み合わせは非常に良いと思う。

あと日本の十五夜は里芋を備える地方があるんだっけかな?芋名月とも言われているとかで。

こっちは月餅だが日本は月見団子か。
祝い方や食べ物に違いがあるのは面白い。あと中秋節に関しても、中国と日本では別の日なんだっけ?

日本語のwikiに突撃してきたが、日本でも陰暦を用いることは少なくないようだし、こっちと同じく陰暦の8月15日で同じみたいだね。まぁ、考えてみればそうやらないと満月にならんよな!

名前が違うのも重要な気がする。
日本では中秋節ではなく十五夜と言う。オタク関係でもわりと重要な知識だぞ。

月見団子の存在は分かったけど、あれどうやって作るの?味は?

確かもち米で作るんじゃなかったっけ。煮て満月のような球状にする。

月見団子自体は特別な作り方では無かったはず。大事なのは満月のように丸いこと。
前にネットで月見団子のレシピを探して見つからなくて日本人留学生に直接聞いたことがあるんだけど、「白くて丸い団子なら問題無い」と言われた。

月見団子もだけど、私は花見団子や三食団子とかも気になる。

すまん、そもそも団子ってなに?だんご大家族とかで名前とだいたいの内容くらいは把握しているつもりだが、理解しているとは言えない。
ウチの国の「湯圓」みたいなもんだと思えばいいの?

団子は日本のお菓子、和菓子の一種だよ。
米粉、主にもち米の粉をこねて小さな球状にして煮る、持ちに似たお菓子。一般的には小豆餡と一緒に食べる。

和菓子のカテゴリに加えて、日本語だと丸いモノの総称的な形容詞としても使われているね。食べ物で丸いモノだとだいたい何々団子とかになるみたいだね。
湯圓も日本語だと中華料理の団子と翻訳されているようだから、その認識でも問題無さそう。

作り方や材料によっても呼び方が変わるようだね
蕎麦団子とか黍団子とか。あとは羽二重団子などのブランド名もある。

なんか地方や作り方によってかなり違うみたいだね。味が想像できない。

うーむ……どうなんだろうな。見た感じでは中華料理の包子みたいにも思えるが。

小豆の湯圓買ってきて、ゆでるんじゃなくて蒸して調理すれば似たような感じになるらしい。

もち米で作っているというなら、食感は大体想像できるような気もするが……

自分は麻団(ごま団子)に近い印象を受けたが。それで結局月見団子の中身は何?小豆でいいの?

いや、材料的には似ているが湯圓とは根本的に違うと思うぞ。
日本の団子って小さ目で、中に餡が入っていないのが多い。確か月見団子も基本的に味はついていなくて、何かをつけて食べるという話だったような。

以前私が大阪で食べたのは小豆餡が乗っているタイプだったけど、それは結構美味しかったよ。団子本体は普通の米粉で作ったものだった。

日本の団子の一種に白玉というデザートがあるんだけど、味の付いていない団子と果物やシロップを一緒に食べる。月見団子もあんな感じで食べるのかね。

それにしても写真で見ると確かにカワイイし、それなりに美味しそうに見えるが実際はどうなんだろうね?暦に合わせた習慣の食べ物って伝統はあるけど現代の感覚ではそこまで美味しいものでは無かったりするし……

米粉、それももち米が一般的と言うならそこまで独特な味では無いと思うが……デザート系は想像し難い所があるよね。



とまぁ、こんな感じで。
日本の十五夜の風景、月見団子とその他諸々に関しては好評のようですが、味のイメージに関しては混乱しているところもあるようでした。

団子のような主食に近い上に、イロイロな加工や味付けのできるような食べ物になってくると、やはり味の想像や種類の区別が難くなってくるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国人が処分に困る伝統的贈り物「月餅」

中国オタク「日本では卵料理は半熟が多いの?ヤバイと思う人っていないの?」

今回は食べ物ネタで一つ。
ありがたいことに
「生卵は危ないと考えられているのは分かりましたが、半熟はどうなんでしょうか?」
という質問をいただいております。

質問をいただいて気付きましたが、私も中国に滞在している間に半熟の卵を食べた記憶はそんなに無いですし、感覚についてもちょっとハッキリしませんね。
私の知り合いの中国オタクの方は、日本のレストランで普通に半熟気味なオムライスを食べたりはしていたのですが……

そんな訳で今回は中国のソッチ系のサイトで見かけた
「半熟卵の好き嫌い」
といったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメや漫画に出てくる卵料理って基本的には半熟な気がするんだが、日本では卵料理は半熟が多いの?ヤバイと思う人っていないの?
あの描写、恐らく日本人だと美味しそうだと感じる描写なのだろうけど、私はヤバそうだとしか思えないんだが。

確かにオムライスとか半熟の描写が多いよね。卵が流れる描写が出るし。

オムライスは卵を薄焼きにしているバージョンも結構あったはずよ。半熟がかなり多いのは間違いないと思うけど。

私は今まで半熟の卵とか食べたこと無いからダメだな……

卵かけごはん食ってる俺からすれば問題無い!

日本でオムライス頼んだら半熟の卵の方が出てきて、技術的にはスゴイんだろうなーと思いつつも食べることができなかったことがあるわ。日本でオムライスを頼むときはどういった卵の過熱になるのかきちんと確認した方がいいぞ!

作るだけならそこまで難しくはない。私は普通の薄焼き卵のオムライスも、半熟卵のオムライスも作れる。

半熟に関しては食習慣の問題だろうね。
それから普通にしっかり加熱した卵料理も少なくないはずだぞ。

私は半熟卵好きだよ。生卵はダメだが半熟くらいならいける。むしろ歓迎。

卵には細菌が多いから短時間の加熱で食べるのは正直怖い。熱がきちんと加わっていないかも……とか考えるとね。

ずっと半熟食っているから何も怖くない。

私はこれってカキを生で食うか加熱して食うかみたいなもんだと思っている。食べる上で好みとリスクを考慮するわけだし。
そして日本では半熟や生が好まれるのだろう。

私はステーキの焼き具合みたいなもんだと思ったけど……ただ、ステーキはともかく卵の生っぽいのはちょっとアレだな。

日本にはうどんと生卵を混ぜて食べるというのがあったはずだが、アレに比べればまだマシかも。あくまで比較しての話ではあるけど。

日本は生卵食べる頻度が高い。例えば麺を食べる時や牛丼とかに使う。そして半熟は一応熱は加わっているから生に比べれば安全だし、日本人にとっては特に抵抗も無いんじゃないかな?

日本人は鍋にも頻繁に生卵を使って食べるくらいだからなー

日本の卵に関する食習慣は卵が新鮮だからという部分も大きいという話だが。確か日本では当日に売れ残った卵は廃棄になるんじゃなかったっけ?

日本は確か消費期限が3日だけど、ウチの国は1,2か月とかざらだからな。
日本のこの極端に短い期間は生で食べることを前提にした設定らしいけど、スーパーなんかでもこの期限が過ぎたら売らない。
恐らくこのペースで商品としての卵が流通しているから、ウチの国とは管理がかなり違うんだろう。

廃棄になるとは限らないけど、スーパーの惣菜部門の調理加工用にまわしたり、割引して販売したりはするということだったような?
別に売って問題があるわけじゃないけど、消費者が消費期限を注意しているし毎日仕入れる商品だから「昨日仕入れた卵」は極端に売れなくなるらしい。

細菌なんか我が国の人間には通じない。なんせ日頃から毒で鍛えられているからな!

でも当たる時は当たるぞ。サルモネラ菌とか、抵抗力どうにかなるもんじゃないし。知り合いに生っぽい卵に当たってから卵食えなくなったヤツがいるわ。

俺の大学の目玉焼き、両面焼きの半熟。俺もちょくちょく食べている。
でも東南アジアの留学生が「この卵焼き半熟だから自分は食えない、もうちょっと加熱して」とコックのおっさんにお願いしていたのを見たことがある。生で卵食う日本の習慣はやはり独特なものなのでは……

半熟の卵は黄身の食べ方も問題だな。
以前友達と食事した時、目の前で黄身だけ吸い出すというのをやりだしたがあれは見苦しかった……

私は半熟よりも八分くらいのが好みだな。これくらいだと安心感と味、食感がちょうどいい気がするんだよ。

生や半熟の卵がダメなら、日本の「温泉卵」という卵の食べ方を試してみるのを薦める。半熟とはまた違った熱の加わり方だけど、ある程度加熱されているから生卵の生臭さが消えてかなり食べ易くなる。私は日本に来てからハマってしまった。



とまぁ、こんな感じで。
完全拒否な人が多かった生卵に比べて、拒否感はやや弱くなるようで、問題無く食べるという人も普通にいるようです。

ただそれと同時にできれば避けたいという人も結構いるようで、日本の感覚に比べて抵抗感が強いというのも間違いないかと思われます。

この辺りに関しては食習慣に加えて、
上の発言にもありますが卵の鮮度の問題もあるでしょうし、
「熱の加わり方が不十分かもしれない」
というのが引っかかってしまうのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「たまごかけごはんがウマそう、でも怖い、でも食ってみたい……」

中国オタク「寿司ってどうなの?」

今回は思い出したころにやる食べ物ネタで一つ
ありがたいことに
「寿司って今の中国のオタクの若い人にとってはどうなんでしょう?」
という質問をいただいております。

言われてみれば、当ブログではまだ寿司関係の話に関してはやっていませんね。
そんな訳で今回は中国のソッチ系のサイトで行われていた
「寿司ってどうなの?」
といったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の寿司ってどうなの?
私は食べたこと無いんだが、美味しいとも聞くし、ウチの国の人間には合わないとも聞く。

たぶんどっちも間違っていない。
合う人にとっては美味しい。ただ、生魚が使われるからウチの国の人間にとって抵抗感が強いのも間違いない。幸い私は問題無いが、食べたことの無い人に自分から寿司を薦める気にはならないかな。

生はなぁ……私は想像するだけでダメだ。

美味しいよ。あの酸っぱい味は悪くない。

酸っぱい?なんか私が食ったのは甘ったるいわ生臭いわでヒドかったんだが……
私が運悪く不味いのにあたってしまった可能性もあるけど、この経験のせいで寿司は大嫌いになった。私のイメージは「高い、マズイ、食い慣れない」だ。

私は食べたこと無い。とても綺麗な食べ物だとは思うが。
あと値段も高いと聞く。

今の時代、寿司を食う機会くらい普通に無いか?
俺の住んでいる所の近くにだって日本料理屋あるし。私は月に数回食いに行ってるぞ。

マトモに作れば美味しい。
ただ、材料の質と料理する人間の問題がある。パチモンは当然マズイよ。

正直言って、マズイ。
あんなもん食う人間は頭に虫でも湧いてんじゃないの?

ちゃんとした料理人が新鮮な材料を使えば美味しいんだろうけど、それはどの料理でも一緒だよね。ただ生の魚を使うので、安い価格の場合の危険性に関しては他の料理よりも上だと思ってしまう。

そう言えば、寿司って持ち帰り許可してくれないんだよね。
前に日本料理屋で寿司食った時に、嫌いな人がいて結構残ったから包んでもらおうとしたらダメだと言われたわ。新鮮さを重視するのと、生魚だからなんだろうな。

それって店の問題じゃないか?
寿司は元々持ち帰りも考慮した食い物のはずだが……いやでも、今の時代はそういうのに敏感になっているのか……?

寿司はウチの国だと好みに加えて慣れの問題も大きいからなー
私も最初に食べたときは特にうまいとも思わなかったが、二回三回と食べるうちに好きになった。

日本食は健康的だと宣伝されているけど、私はそう思えない。寿司なんかはまさに。海産物を生で食うとか有益に思えんのよ。あと寿司の食い方が文明的に思えん。

寿司の食い方がって……ああ、手で食うというヤツか?

そうソレ。寿司の正しい食い方は箸を使わずに手でつまんで食べる。それから、一口で飲み込まなければならない。私には受け入れられないわ。

それどこの話だ?一口サイズになってはいるけど、一口で飲み込まなければいけないとかは無いぞ。
それに箸で食っている人も多い、てか私の行く店だと箸で食べる人がほとんどだよ。
日本の寿司って日本のファストフードから始まったものだから、ハンバーガーを手で食ってもナイフとフォークで食っても良いというのと同じようなものだと考えればいいんでない。

俺は酢飯と海苔の味がどうもダメだし、生の魚を載せるのがどうも受け付けなくて……スーパーのバイトで鮮魚部の仕事していたけど、寿司だけはダメだったね。

私の寿司に関するイメージは、綺麗だけどマズイ……かな。たぶん日本人と味の好みが違うんだろうなー

美味しいと思うんだけどねー
高いんなら自分で作ればいい。ウチは母親の得意料理がいつの間にか巻き寿司になっていたりするし、私もちょくちょく自分で作る。

巻き寿司は良いよね。生魚を使わないこともできるし、私でも食べられるのがある。

あれってどうやって作るの?一度自分も挑戦したんだが綺麗に巻けなくて、味はともかく見た目が最悪になってしまった。

巻き簾っていう海苔巻作るための道具が存在する。それを使えば簡単にできるよ!興味があるならぜひ使ってみてくれ!

私はワサビが苦手で……ツナロールとかは好きなんだが、これって寿司の中では主流のものではないようだし、やはり寿司は苦手ってことになってしまうかな。それ以外だとイクラとかかな、好きなのは。

案外寿司食ったこと無い人が多いのか?
最近はコンビニでも弁当と同じくらいの値段で売ってるし、そんなに高くないのに。店で食うのとは比べられないだろうけど、食べる機会はいくらでもあるはずなんだが。

デパートやスーパーで寿司を何度か買って挑戦してみたが、正直美味しくなかった。私は刺身は大丈夫なんだが、冷たいのがダメだ。美味しく感じられない。

食べたことあるけど、味が無いし冷たかったという印象しか残っていない。

お前それ、そのまま何もつけずに食ったのか?寿司は醤油つけて食うもんだぞ。

しかし冷たいか……なるほど。言われてみればそこは私も苦手だな。
寿司は冷蔵保存しないといけないのは分かるんだけどね。かと言って、レンジで温めてはいけないだろうし……

寿司ってウチの国の感覚だと好き嫌いがハッキリと分かれる食べ物だから、「美味しいか?」と聞かれると答えに困るね。好きな人はスゴイ好きだけど、嫌いな人は大嫌いだから。



とまぁ、こんな感じで。
最近は中国でも寿司を食べる機会はわりとあるようですが、好き嫌いがかなり分かれるのは相変わらずのようですね。

また生の海鮮の多い握り寿司は苦手な人が多いようですが、巻き寿司に関しては中国でも抵抗の無い具を使うことができることから、普通に食べられるという人も少なくないようです。

寿司に関して中国ではやはり生の海鮮というのがキツイようですが、最近の回転寿司にはハンバーグだとかツナマヨだとかのネタがありますし、そういったネタも選べるなら中国で寿司を受け入れられる層がもっと広がるかも……とか考えてしまいますね。
もちろん「中国に広まっている寿司のイメージと違う」といった反発が出ることも考えられますが。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本人、主食だけを食い過ぎだろ……」

今回は思い出したころにやってみる食べ物ネタで一つ。

日本の食事で
「主に炭水化物の、中国では主食カテゴリになる食べ物」
がおかずになっているのが、中国の感覚では不思議に思えたりするそうです。

この辺りに関しては、
「餃子をおかずにしてご飯を食べる」
などといった辺りが中国における
「日本の変わった食事ネタ」
の定番になっています。

中国のネットを巡回していてそんな
「日本の主食の扱い」
に関するやり取りを見かけましたので、今回はその辺りについてを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


私は日本のアニメや漫画、ドラマなんかの食事のシーンが好きだし、出てくる料理をウマそうだとか思ったりもする。
しかし……全体像を考えると途端に引っ掛かる所が出てくる。ハッキリ言って、日本人、主食だけを食い過ぎだろ……

日本食って米、麺、粉モノで全てが、それこそ最後のデザートまで全部主食系で終わってしまう可能性があるよな。食文化の違いを感じるわ。

実際、「孤独のグルメ」でほぼ全部主食の回とかあった気がする。
あれはインパクトあったなぁ

ウチの国の習慣でも主食は大事だし、例えば西洋料理で主食なしだと満足できない人もわりといると思う。でも日本と比べると少ないんじゃないだろうか?

ウチの国の感覚だと、主食ばかりだとキツイよな。「菜」(おかず)が無いと。

日本は主食を「菜」(おかず)にして食うからな……あれ、どこまでいけるもんなんだ?
よくあるネタとして「日本人は主食であるはずの餃子をおかずにして、主食のご飯を食べる」なんてのがあるが。

その辺は感覚の違いなのかね。
ウチの国ではピザが一時期正式な食事のメニューできっちりナイフとフォークで食わないといけないとか思われていたが、イタリアとかだとわりと軽い扱いでナイフとフォークでもいいし、手で食っても良いみたいなもんだったという話もあるし。

食い物なんてのは好きに食えばいいし、他人の食い方に何か言うべきじゃないとは思うが……衝撃的だよな。
そう言えば日本の餃子は一般的な量が少ない。確か4個か5個くらいだったと思うが、あれでは主食にできる量ではないわ。そういう所からも日本における餃子の位置が見えてくる。

まぁ、ウチの国の中で見てもちょっとした違いがあるからな。
例えば肉まんを主食扱いで食うとか俺には無理だが、大学で知り合ったヤツの中にはそれが普通のもいたし。

私の知るその手の話の中で「ラーメンライス」が最も衝撃的だったわ。

日本でうどんのお店に入ったら普通におにぎりがセット用に売られていたんだが、あれもインパクトあったな!少なくとも、うどんをおかずにご飯というのまではいける模様。正直これに比べたら餃子はまだ普通な気がしてきた……

そうそう。アニメや漫画に出てくる料理、たまに「主食ばっかりじゃねえか!?」なことあるよね。

アニメで餃子と焼売と寿司とパスタとピザが並んで、そこにご飯が加わってるシーンとかあったが、あれは日本人的にアリなんだろうか、画面上はほぼ主食だったが、他におかず的なモノがあったりする設定だったのだろうかと、今でも微妙に気になったりする。

そういうの見ると、日本人が一般的な食事で何食ってるのか想像できなくなるよな。

日本食が主食ばかりに見えるのは、単品で主食とおかずを組み合わせたものになっている料理も多いからだと思う。麺や丼とかがそのカテゴリ。
ただ「定食」となる場合はそこに更に別の主食が追加されるケースもあるからヤヤコシイ。

丼はもしかしたら近いようで遠い存在なのかもしれんな。
ウチの国は飯の上におかずぶっかける形になったりはするけど、結局は主食とおかずを分けて認識しているが、日本の丼料理は「ご飯+上に乗せるおかず」が正式な、固定のモノという扱いみたいだし。

そう言えば麺類とかは主食カテゴリではあるけど、基本的に単独、場合によっては「味の付いていない」ご飯と組み合わせて食うみたいだね。

あんな主食ばっかで太らないのかとも思うが、日本人の体形を見る限り問題無さそうなのも不思議。

油で調理した主食はおかず扱いにできると聞いた覚えがあるんだが。

油と言えば、焼きそばや、たこ焼き、お好み焼きといった小麦粉系の料理をおかずにご飯は珍しくないらしいな。

焼きそばをおかず扱いってのは、アメリカとかでもなかったっけ?

「主食が重なった定食」というのが多いように思う。味噌汁とご飯(主食だよな!)+何らかの主食という形式で。それで問題無いということについては、やはり食文化が違うと思ってしまうわ。

日本人の感覚の場合、味がついていないのが主食って聞いたことがある。逆に言えばある程度味がついていればおかずにできるのではないだろうか?

あと、日本人の場合はおかず単品で食うのはキツイらしいね。
ウチの国の食事だと「菜」を食べていって最後に主食とかいう流れも多いけど、日本では主食は最初に出てきてそれに加えて「菜」が出てくるという流れが重要らしい。焼肉なんかでも、肉と同時に白いご飯が無いとキツイという話だ。

それでもやはり、餃子と米を一緒に食うのはしっくりこないわ……



とまぁ、こんな感じで。
中国と日本の主食の扱い、捉え方の違いのようなものも感じられました。

日本の感覚における主食の区別、おかず扱いする上での味付けの有無の影響、白いご飯とそれ以外の違いといったものに関しては、外からだと理解し難い部分も少なくないのかもしれませんね。

また今回見かけた反応で興味深かったのは、
中国の感覚ではおかずとして或いは定食などで
「中国の感覚では主食に思える炭水化物系の食品」
が加わるというのに引っかかる人が結構いたという点でしょうか。

この辺に関しては中国では主食に関して種類や材料の方から判断している部分が日本よりも強いといった所もあるようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人「日本留学で剣道部に入ったら先輩の卒業袴代なるものを出せと言われたんだけど……」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを

今回いただいたネタですが某Sで1な中国オタク系論壇の住人の方からのようで、そちらのスレにおけるやり取りに関してのものになります。
スレの発端は
「留学先で剣道部に入ったら先輩の卒業袴代なるものを出せと言われた。日中の文化の違いが今の生活でこんな形で出てしまった」
というものでした。

スレ内のやり取りでは高校の剣道部なのか、大学の剣道サークルなのかちょっと分からなかったのですが、スレ内では「剣道部」となっていましたので、剣道部という扱いで書かせていただきます。

この件に関する剣道部の先輩(以下「先」)と留学生さん(以下「留」)のやり取りを大雑把にまとめると以下のようなものだったそうです。

先:学校が始まったけどいつ練習に来るのか?以前に立て替えた9000円と先輩の卒業袴代13300円の合計22300円も早く返して欲しい。

留:9000円は今週払います。しかし13300円の方は何ですか?

先:卒業した先輩たちへの袴のお金だ。

留:どうして僕はそのお金を払わなければならないのですか?そのようなお金の事は全く知らなかったのですが。

先:これは全員払っている。お世話になった先輩達の卒業祝い。俺が立て替えているから返すのは当然。

留:他のクラブの友達は、先輩が卒業した時にお金を払わなくてもいいと言っていました。そもそも入部する時にそのようなお金の事は聞いていません。9000円については払いますが、13000円については納得できません。

先:同期は皆お金を払っている。先輩達にもお世話になったのだから一人だけ払わないのはおかしいと思わないのか?

留:いいえ。僕は何も知らない所に一万円を返せと言われることの方がおかしいと思います。このような事が起こらないように退部させていただきます。

先:なんでそういう話になるのか?別に何もしていないのに金を返せと言っているわけではない。先輩達に送った記念品の代金を俺が立て替えてあげたのだからそれを返せと言っているだけ。ここで退部の話をするのはおかしい。先輩達が卒業したらそれで終わりのつもりなのか?

留:感謝の気持ちはありますがそういう形ではありません。僕の国では卒業する先輩達にプレゼントをあげる事はありません。日本に来てから二年、日本人のその考えには慣れませんし、僕の事を勝手に決めてしまうのは納得できません。退部の件はずっと考えていましたが、この機会に言い出しただけです。すみません。長い間お世話になりました。ありがとうございます。どうかこの無礼者を許してください。


以上です。
ちなみにスレの情報によれば、上のやり取りにある9000円に関しても事前に断りもなく「立て替えて」くれた代金とのことです。あとこの先輩の方とはそこまで親しいという訳でもないようです。
では以下にスレでのやり取りの一部を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


これって中日の違いとかじゃなくて「人としてどうか」という話じゃないの?
あまり親しくない同僚の結婚で、親しい同僚が御祝儀を立て替えてくれたのに、気に入らない社会習慣だからってその親しい同僚が立て替えてくれたお金を払わないとかだったらどう思う?

いやこれは文化の違いの方だろう。無断で勝手に送っているということなんだから。

当事者に対して事前に一言も無くお金を立て替えて「あげる」、そして当事者が知らないのにお金を払えと言う。しかもこの時になってようやく一部始終を説明するとか、こっちの方が人としてどうかという話じゃないか?

なんでこんな事になったのかは「義理」と「迷惑」という二つの言葉が日本人にとってどんな意味を持つかを調べてみれば分かるぞ。

これは義理じゃないだろ。明らかに日本の団体における不文律でしょ。それに部活ってのは典型的な小さな団体だ。

具体的な状況を見ない事にはね。この先輩と当事者の関係はどんなもんなの?
もし私の仲の良い友達が立て替えてくれたなら、友情的にも私はきっと返すし、最悪でも文句を言うくらいだ。それほど親しくないならゴタゴタが起こるだろうけどね。

この人のやり方は何も悪くないよ。お金が絡んでいるんだから。

もしもこの人が日本で引き続き生活していくつもりが無いなら払わなければいいし、そうでないなら払わないと。

恐らく贈り物と先輩の文化というのがあるんだろう。ここまでやる必要があるのかは分からないが。
ただ中国人の感覚では確かに理解できないな。

単純に興味から何だけど、何でこんなに高いお金になるの?

これはウチの国の人のやり方に間違いはないよ。
どんな文化だろうと勝手にお金を立て替えるというのはおかしい。

郷に入っては郷に従えということだと思うが。
会社に入ったら企業文化に従うように、部活に入るのも同じだ。もし剣道部が先輩に卒業のお祝いを贈る伝統があるなら従うべきだ。
その伝統がイヤだとか、金額を負担しきれないというならやめればいい。でもやめる前に貸し借りはキッチリさせた方が良い。後足で砂をかけるのは無礼すぎる。

贈り物文化があるとしても、クラブで一人1万円以上って?しかも事前に説明も無しに?その日本人は何か企んでいるんじゃないか?

これは国の週間だとか文化の違いとかじゃなくて、単純に話し合いが不足しているだけだろ。

これってウチの国のクラス費みたいなものでは?贈り物や御祝儀、メンツだとかそういうの関係無いような。
相手(日本人はみんなこう思っているかも)からしてみればこのお金は必ず払わなければいけないものだから、先に立て替えておいたとかで。相手は相手で中国人にとってみれば理解し難いという事に考えが及んでいないし、コミュニケーション不足の問題だろう。あとこの人はカッカし過ぎだ。

他人のお金に関わることなんだから一言あるべきだし、相手の同意を求めるのが道理でしょ。この剣道部の先輩のやり方は問題アリだ。

この人って部の中で先輩との関係があまり良くなかったり、同級生との距離が遠かったり、部員に仲の良い友達がいなかたったりしないか?それでこの結果につながったりしていないだろうか。

御祝儀はどこの国にもあるだろうけど、勝手に他人の金の分まで御祝儀送っておいたと主張するのはおかしい、さもなければハメられているのかもしれない。
この先輩一人ならともかく、日本人が皆こういうやり方をするというなら日本人は皆頭おかしい。

相手の日本人がアホで人間的に問題あるのか、正直すぎるのか、日本の習慣なのかはともかく、この人も問題あるね。この日本人に金を渡してから退部し、勝手に立て替えるのはやめろと言っておくべきだ。それが中国人のやり方だ。

払っても別に損するわけじゃないだろう。卒業する時に自分の番が来れば贈り物として戻って来るのだろうし。
こういうのは文化の違いで、当事者の日本人もこの人をハメようと思ったわけじゃないだろう。それにこの程度の額に何でもめるの?納得できないのなら、とりあえずお金を渡してからこのやり方はおかしいと言えばいいのに。

日本でも1万円以上ってそれなりの金額でしょ。なんでそこを大事だと思わないんだ?

これは確かに文化の違いだ。
彼等は剣道部の先輩をとても尊敬する対象だと思っているんだろうが、中国人からすればこういう感覚や認識は……

習慣とかじゃなく、人情の話だ。これを理由に退部したかっただけじゃないか?でもこういう手荒なやめ方は幼稚だ。

私は以前、部長が卒業する時にも御祝儀としてプレゼントを贈った。当然ながら気は進まなかったが、東方式の欺瞞の人間関係とはこういうものだということで贈ったよ。

この人なんかケチだね。中国人とか日本人とか関係無いんじゃ。

入部前にこの御祝儀の習慣は知っていたの?知っていて入ったなら恨むのは筋違いだし、知らなかったのならハメられたようなものだから、別のやり方でどうにかすることを考えるべきかな。

これは簡単な話だ。日本に行って向こうのサークルに入ったならそこのルールに従う、そこのルールが嫌ならそのサークルに入らなければいい。

私達中国人にとってヘンな話なのは確かだけど、経済的に問題が無く、日本で引き続き生活していくならお金を払った方がいいんじゃないかな。でなければ人間関係がこじれる。



とまぁ、こんな感じで。
反発が多いかと思いきや、付き合いにおけるある種の必要経費と割り切るべきだという意見も結構ありました。

中国は交際費用として日本以上にお金が飛んでいく社会ですし、そういった面から考えると理解できなくもない話なのかもしれません。
ただ、これに関しては「先輩の卒業袴代」が「冠婚葬祭の費用」のようなレベルのモノだと過大に受け止められているから納得してしまっている節もあります。

個人的にはいくら立て替えている(らしい)とは言え、学生、しかも留学生相手にちゃんとした説明も無しに、いきなり1万円以上持って来いというのはさすがにどうかと思ってしまいますね。

この部活に関する詳しい事情やご当人達の関係もハッキリしませんし、この立て替えたという先輩の方が更に上の先輩との板挟み状態な可能性なども考えられますが、少なくとも留学生相手でそれなりの金額が関わる話なら、言葉に出して事前にきちんと説明しておくべきだったのではないかと。


この件については、よろしければコメントで「日本の感覚で見た」ご意見などをいただければ幸いです。
今回のソースとなったサイトの住人の中には、当ブログの記事やコメントを見てくださっている方もいるようですし、恐らく伝わるのではないかなーと。元のスレ見ていたらこのブログのアドレス貼っているレスもありましたし。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本人はアニメや漫画のように小食なのか?」

思い出したころにやる食べ物ネタ、今回は
「食事の量」
に関してを。

日本のアニメや漫画、更にはドラマでは様々な食事が出てきますが、
中国オタクの面々からすると
「量が少なすぎるのでは?」
という疑問がちょくちょく出るそうです。

そんな訳で中国のソッチ系のサイトで見かけた
「日本人の食事の量が少ない」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本人はアニメや漫画のように小食なのか?
なんか最近気になってしょうがない。詳しい人、日本滞在経験のある人とかいたら教えてくれ。

よく話題になるサンドイッチ1個で十分なのか?的な話?
あれは画面に描写されていないがサンドイッチ1個以外にもあるかもしれない、作品によってはちゃんと複数のパンを買って食べているというのが結論だぞ。

いやいや、それに限った話じゃないよ。アニメや漫画、ドラマに出てくるような食事全般、弁当もそうだし普通の料理屋の定食でもそうだ。
出てくる料理の種類は多かたりするがどれも量は少ないし、そもそも白米のご飯の量が少ない。あんなに少なくてハラいっぱいになるの?というのが多過ぎる。日本料理って画の印象から受けるよりヘビーだったりするの?

とりあえず、日本料理がヘビーってのは無いと思う。
作り方次第ではそうできるだろうけど、一般的な傾向として中華料理よりあっさりしているのは間違いないよ。

あれはあくまで画の表現であって、実際はそこまでは変わんないんじゃないの?同じアジア人なわけだし。

いや、日本の食事の量がウチの国の一般的なモノより少ないのは間違いないと思うよ。私の大学の日本人留学生や教授とか、みんな食う量が少ない。

私は日本で仕事している知り合いにこの手の話を質問したことがある。
そこで聞いた話によれば、日本は物価が高いから食べるものが少ないし、盛り付けの量も少なくなっているとのことだ。あと日本人はハラいっぱいになりたければ白いご飯をドカ食いして我慢するしかないそうだ。

日本人は一食を一杯のご飯と生卵、或いは納豆で済ませてしまうようだからなぁ……胃の大きさやカロリー消費効率にそこまで大きな違いは無いと思うんだが、不思議だ。

私も日本に行ったことあるけど、日本の物価は高いし、食事の量が少ないのはそれが原因だろ。あんなに高くちゃハラいっぱいまで食えないよ。

日本は物価に見合った収入に収束しているだろうし、そういうもんでもないだろ。てか物価について考えたら最近インフレしまくっているウチの国の方がやべぇぞ。外食できちんとした店に入る場合、日本の方が安くて質の良いものを大量に食えるくらいになってる。

どんな習慣、理由によるものかは分からないけど、日本人の食事の量がウチの国の一般的なモノに比べて多くないってのは間違いないよ。
あと日本の料理の盛り付けの量が少ないのは物価が高いから小分けで売る量が少なくなるんじゃなくて、一回の食事における需要、消費が少ないから小分けで量が少なくなっているだけじゃね?

日本人の小食は健康のためなんじゃないの?
食べ過ぎないことは養生につながるわけだし。

アニメや漫画、ドラマに出てくる日本の食事に関してはご飯の量がそもそも少ないんだよな。日本人は米の主食を重視するという話は有名だが、量は案外食べていないっぽいのよね。

おかわりしている可能性とかは?
炊飯器や何かから、飯をよそうシーンもあるし。

弁当とかだとそうはいかんだろ。
とりあえず私の日本語の先生から聞いた話では、日本人の食事の量はかなり少ないとのことだった。日本に留学していた時に自分(先生は女性)の食事の量が日本の普通の男性よりも多いというのが普通だったそうだ。

ウチの国の感覚で普通というかやや少なめに思える二両(0.1kg)の米って、日本人からすると結構多いらしい。

日本の食卓の碗の大きさも小さいんだよね。
二両のご飯の「二両」って炊く前の重さとされているが、私は炊いた後の米の重さを計ったことないし、そもそもどこもわりと大雑把に盛っているから量が具体的にどう違うか分からんが、日本の一杯のご飯の量が少ないのだけは分かる。

感覚的には、日本食の食事に使う「茶碗」のご飯はだいたい1両のご飯よりちょっと多いくらいかな?あれで普通に2杯食べると二両よりやや多い。もちろん多めに盛ったり、外食の大きな碗とかだとまた別の話になるが。

二両米飯の調理後の重さはだいたい250〜300gと見ておけばいいと思うよ。で、それが実質的に我々の「小碗米飯」だ。

ウチの国は女の子でも普通に二両のご飯は食べているんだがな……こりゃ想像以上に日本人は小食なのかも。

日本人がそこまで小食ってことはないんじゃない?確かアメリカのホットドッグ大食い大会で優勝、連覇とかしている日本人もいたはずだし。

ウチの大学の日本人留学生と食事したりするけど、確かに彼等あんまり飯食わないんだよね。
ただ酒は飲む。そっちでカロリー取っているのかねぇ。

和食の定食だと確かに見た目は少なく見えるのも多いね。でも日本には量重視の店とかもあって、そっちだとまた違うよ。
あと知り合いの日本人に聞いたら、「金が無いときは安売りしてる時に買いだめしたパスタを食ってしのいでた」とか言ってた……今の日本は「物価高いから米の飯を大量に食って終わらせる」とかではない模様。

日本の茶碗だったら普通に3杯はいけるね。俺は別に胃拡張だとか、肥満とかではないよ。

日本人の食事のスピードが遅いという説はどうだろう?ダイエットやってる人は知っているんじゃないかと思うが、ゆっくり食べればそんなに量を食べられないんだよ。そしてウチの国はぶっかけ飯でかっこむケースが多いから量を食べるとか!

食習慣の違いだろ。日本は元々一日二食しか食べなかったのが明治維新以降に三食になった。しかも当時多くの農民の食生活は白米を食べられなかった上に、動物性の蛋白源も魚だけ(しかも食べる機会はかなり少なかった)だった。白米を食べられないのは結果的に脚気にならないという効果もあったようだが、全体的に見れば貧しい食事なのは確か。だから今も食事の量が少ない。

日本は資源に乏しい国だし農業も発達していないから、食う飯の量も少ない、少なくしなければならないんだよ!だから日本人はチビなのさ!

食い物に関してはウチの国に生まれてよかったと思うね。古代からずっと、食い物に関しては最も良い国の一つなわけだし。

でも、だいたいは食糧危機が原因で動乱になってるけどな!

日本人は間食しているからじゃない?アニメや漫画では買い食いとかかなりしている。
主食を食べなくても、お菓子とか食えばガッとカロリー増える。日本には「甘いものは別腹」というくらいで、デザートにイロイロと食べる女性は少なくない。男性については知らん!

ウチの国の食習慣が急激に変化しているってのも考えられるかな。食事に関してはこの二十年で大きく変化したのは間違いないし、二十年前では考えられないほどの量や美食を普通に食べられるようになったから、ウチの国の人間が大食になっているとも考えられる。
腹いっぱいになるのと必要カロリーを摂取するのは別の話で、日本はそのような部分に関する食習慣が整っているのではないだろうか?日本のレストランとか、カロリーだけでなく塩分や脂質まできっちりメニューに表記されているんだぜ。

日本人が小食だと思うやつは「孤独のグルメ」を見るんだ!

あれはあれで極端に食べ過ぎなんだよなぁ……
でもあの作品に出てくる一人前の量を見るとやはり中国よりは少ないようにも見えるね。井之頭五郎はそれをハシゴして食うから、大食漢なのは間違いないが。



とまぁ、こんな感じで。
食事というイメージしやすいものに関する話なのもあってか、イロイロと疑問が出てくるようでした。

私の経験でも、中国人の方が日本人よりもよく食べるという印象があるのは間違いありませんし、一緒に食事をする店を決める時も、中国人の参加者が多い場合は酒などよりもしっかり食べられる店という方向で探していますね。

この辺に関しては、中国の人が日頃からよく食べる食習慣だというのが影響しているのでしょうけど、日本よりも食べる量が多くなっていることに関しては、感覚や習慣的なモノもあるのでこれといった理由を確定するのはなかなかに難しそうです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「納豆について教えてくれ……」

ありがたいことに
「中国オタク内で納豆に対する反応はどんなものになっているのでしょうか?」
という質問をいただきましたので、今回は食べ物ネタで一つ。

納豆は日本人でもダメな人が少なくありませんし、外国人が驚く、受け付けない日本食というネタでは定番の一つかと思います。
実は納豆に関して私はてっきり過去に何かで紹介したと思っていたのですが、実際は何も書いていなかったようで……

そんな訳で今回は中国のソッチ系のサイト等で見かけた納豆に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の納豆って美味しいの?
日本の作品で見る限り美味しく思えるが、それと同時に危険な食い物だという情報も入ってくる。試してみたいとは思うんだが、ちょっと怖いのも確かだ。納豆について詳しい人教えてくれ。

臭いは靴下だとかゴミだとかトイレの水だとか言われるが、まぁウチの国の臭豆腐や豆鼓とかと同系列の発酵の臭いだな。

納豆は一度食ったことあるけど、臭いというのしか覚えてないな。味はなんか微妙だったような、そうでもないような……

納豆って発酵した大豆だろ?ウチの国の豆鼓と似たようなもんだと思っていたんだが、ビジュアル的にはもっと危険な何かのように思える。

見ただけで食欲無くすよな。日本人は食習慣があるから問題ないんだろうけど、ウチの国の人間であれを食おうとする人間は勇気があると思うわ。

納豆って美味しいわけないだろ。酸っぱいし、怪しげな発酵臭はするし……

私の同級生はノリで試したあと、トイレに駆け込んで大逆流したんだが。

私が聞いた話だと納豆って酸っぱい味で、日本ではそこに醤油を足して食べるらしいが……やはり美味しいものとは思えんなぁ……

私が食ったのは酸っぱくは無かったな。醤油を足して食ったが味はそんなに悪くは無かった。ただ、ネバネバがやばい。私はあのネバネバが気持ち悪くてダメだった。

納豆には甘いのと苦いのもあるそうだ。そういった納豆はおばあちゃんが好む食べ物だそうで、健康に良く、長寿にもつながる食べ物らしい。

臭さのレベルとしてはウチの国の臭豆腐よりかなりマシだね。薬味を足すこともできるし、言われているほどキツイ食べ物では無かった。ちょっとだけ食べて臭いを注意深く判断するとかやったらそりゃ臭いが、醤油かけてご飯と一緒に食えばそんなに気にならない。

「銀魂」ではイロイロと食ってみたくないモノがイロイロと出て来るが、納豆はその中で勘弁してほしいモノだ!

私も「銀魂」で納豆というものを知ったが、少しも良いイメージが無い!!

お前ら納豆をそんなにいじめるな!納豆ごはんは美味しいんだぞ!!

私も「銀魂」で納豆を知った後、日本の輸入食材を扱っているスーパーで見かけて嬉しくなり勢いで買って食ったが……もう、言葉にできないほどまずかった。もちろん付属の調味料もきちんと足したんだが、苦いわしょっぱいわでヘンな味だったよ……好きな人は好きなのかもしれないが、アレダメな人間の方が絶対に多いだろ。

私は「クレヨンしんちゃん」で納豆を知って食べてみたんだが……甘いのか辛いのかもよく分からなかった。とりあえずマズイというのだけは分かったが。

今はあるかどうか分からないけど、昔味千拉面で食った納豆寿司はそれなりに食えた。でも一緒に食いにいった友達は見ただけで拒否反応を示していた。

私は日本に留学していつの間にか食べるようになったんだが納豆はウマいぞ。ハマったらもう引き返せない。
あと日本では納豆は安い!健康的で栄養もある非常にスバラシイ食品なんだ。わりと本気で、自分の留学生活は納豆を食えるようになったおかげで健康的にも金銭的にも楽になった。

えーと……実は私は今日納豆を1パック買って冷蔵庫に入れてあるんだ……もちろん納豆を食べた経験は無い。今からちょっと不安だ。臭いのか?ネバネバするのか?キモチワルイのか?

俺はご飯と一緒に食べるのが好きだ。慣れれば美味しいぞ。慣れるまでのコツは……勢いかな。躊躇すると臭いが気になってダメになる。

寿司を食べに行ったときに納豆寿司があるというのを知って頼んだ。喜び勇んで口に放り込んだ。気持ち悪くて吐くかと思った!

なんで日本人はこんなヘンなもんを好きなんだろうな……

まぁウチの国の料理にもヘンなものがあるし、現地の独特の感覚ってやつなんじゃないかね。日本の食生活に慣れていないと無理な食い物なんだろう。

納豆は加熱して食べるといいという話も聞くけど、70度以上にすると栄養価が落ちるという話も聞く。どうやって食べるのが一番良いのだろうか?食べ易くて栄養価のある食べ方を知りたい……

日本人留学生に聞いたら、匂いが気になるなら辛子やネギを多めにすると良いと言ってた。あと日本には「臭くない納豆」というのまであるらしい。どんだけ納豆開発してるんだよ、日本人は!

粘りについてはどうなんだ?私はアレもダメなんだが……混ぜて糸引くのを見ると、本当に食べられるのか不安になって来るんだよ!

加熱はやめた方が良いし、粘りに関してはしょうがない。発酵系の食べ物だからね。ネギと醤油、あとはレモンとかもアリかな。生卵はウチの国だとやめた方が良い。
どちらにしろ、ウチの国の人間は食い慣れていないから薬味を多めにして試すのが良いよ。アンモニア系の臭いはイロイロと想像してしまうからね。

合わないもんは合わないから、無理しない方がいいぜ。
知り合いに納豆を食ってみたい食ってみたいと非常にうるさいヤツがいたんで、俺のとっておきの納豆を食わせたことがあるが、口に合わなかったらしく理不尽にも恨まれた。中国で買ったら納豆も高いってのに……

私は食えないことは無いが、あえて食おうとは思わないレベルだわな。

ふむ。疑問に思っているみんなに俺の昨日の晩飯の納豆ごはんを見せてあげよう。俺はこれをとても美味しくいただいた。

画像を見たら更に恐ろしくなったんだが……マジで食ったの?その茶色で糸が絡んでいる物体を?

こんなネバネバでグチャグチャなものが食えるのか……!?

見るだけで気持ち悪くなるわ……納豆を食うヤツは絶対にMだ!!

最初は気持ち悪い。吐き気すらおぼえる。しかし我慢して食っていると、臭いと感じなくなり、そしてどんどん美味しくなる。納豆は結構ヤバイ食い物だぜ?更には美容にもダイエットにも良いと来た!



とまぁ、こんな感じで。
やはり臭いとネバネバがダメなようですね。臭いもキツイ所があるようですが、あの納豆のネバネバ、特によく混ぜた納豆の状態にはドン引きしてしまうようです。

中国オタク内でのやり取りをざっと見た感じでは、「銀魂」「クレヨンしんちゃん」他には「NARUTO」(サスケの嫌いなモノ)や日本のドラマといったルートから納豆に興味を覚えることが多いようです。
特に「銀魂」では猿飛あやめ

の特徴の一つになっているので
定期的に納豆の話題が出たりしていますね。

中国で日本の納豆はそのクセの強い臭いやネバネバと同時に健康食品としても知られているようで、百度百科の納豆のページ(中国語)では妙に詳しく紹介されたりしています。

また、納豆由来の健康食品や、納豆やヨーグルトを作れるというのを売り文句にしている家庭用発酵装置なんてのも出回っているようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「アニメや漫画の影響で過剰評価されている食べ物について」

今回は思い出したころにやってみる食べ物ネタについてを。

中国オタクの面々の日本の食べ物に関する知識は、アニメや漫画などの日本系コンテンツを通じて知ったものも少なくないそうです。
ただ、そういった食べ物の中にはアニメや漫画のイメージが強くなりすぎて、
「実際に食べてみたらそこまで美味しいものではなかった」
というのもあるそうです。

そんな訳で今回は中国のソッチ系のサイトなどで見かけた
「アニメや漫画のせいで過剰評価されていると思う日本の食べ物」
についてのやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アニメや漫画の影響で過剰評価されている食べ物ってあると思うんだ。
マズイわけじゃない、むしろ美味しい部類に入る食べ物なんだけど、アニメとかで知ったせいでやたらと美化されてしまい、実際に食べた時にちょっとガッカリした経験ってない?
自分の場合はたい焼きがそれだった。いろんなヒロインが美味しそうに食べているし、中には窃盗するようなのまでいるくらいだから、期待し過ぎてしまった。

私もあるぞ。どら焼き!どら焼きだ!子供の頃ドラえもんの好物というだけで非常に期待して、そして食べてみてガッカリした記憶が鮮明に残っている。
ただ最近になって餡子の味が好みに感じるようになってまたハマっている。お茶と一緒に食べると特に良い感じだよ。

オムライスだな。様々な日本の作品に出て来る上に、母親に姉妹に幼馴染に恋人と、様々な女性が作ってくれる。更にはメイドカフェでも頻繁に登場するメニューだからかなり憧れた。
そして実際に食べた印象は……とても普通の美味しさでした……

オムライスには同意。まずい食べ物ではないけど自分は卵チャーハンの方が好き。まぁ、あれはケチャップで絵や文字を描いて楽しめるというのもあるから味が全てではないんだろうけど。

たこ焼きとかはどうだろう?日本のアニメの「お祭り」の中ではほぼ確実に出てくる。自分の経験では日本食のこの手のダンゴ系の食い物ってあんまり美味しくないと感じる。

私が食べたたこ焼きはそれなりに美味しかったな。アニメの中の印象程ではないが。ただ、たこ焼きに限らずこっちで食べることのできる同名の食い物は日本で食べられているものと本当に同じかという疑問が常にあるんだよなぁ。

たこ焼きは冷凍モノだとかなり味が落ちるぞ。私が日本で食べたのは非常に美味しかったよ。それ以前に中国で食べたものとかなり違ったので驚いて聞いてみたんだが、たこ焼きは材料や作り方で出来がかなり異なるらしい。

オムライスは確かにアニメや漫画で過剰な評価をされているね。
自分が食べたときは、なんか普通のレベルだと感じた。ただ、食べたのがそれほどきちんとした日本料理の店ではなかったので、もしかしたらもっと美味しいのかもという疑問は残っている。

オムライスは家庭料理というイメージもあるし、そんなに極端な差はでないんじゃないか?やはり評価され過ぎな所はあると思う。

私はオムライス嫌いじゃないんだけどねぇ。
個人的にはたい焼きが期待外れだったな。餡子と小麦粉だから別にマズイものでもないし良い感じのお菓子だとは思うんだが、自分の想像の中ではいつの間にかスゴイモノになっていたからその落差が……

タイ焼きは味も想像できるし、悪くないだろ。たい焼きに誇張があるのはサイズじゃないかな。なんかヒロインが食べてるのってもっとこう、両手でしっかりと持って食べる大きさだったから、初めて手に取った時はその小ささに面食らったよ。

俺の場合は味噌汁がそうかな。
アニメの食事の描写では基本的な存在の一つだし、どんなに美味しいんだろうと思っていた。そしてついに口にする機会に出会ったが………自分には受け付けない味だった……!

味噌汁というか、味噌の味は慣れるまでキツイかもね。私も最初の一口はダメだった。ただ、いつの間にか慣れてハマっていたりする。

鶏のから揚げとかはどう?
日本食ではよく見かけるが、ちょっと評価が高すぎると俺は思うんだけど。

鶏のから揚げはアニメにそんなに出てこないし、過剰評価というレベル以前の話じゃないか?

弁当の中身としてはよく出て来るけど、そんなに注目されていないね。あれは逆に評価が不当に低いというか、あまり知られていない、名前が意識され難い料理だと思う。

弁当なら卵焼きの方が過剰評価じゃないか?
私は一時期アレに憧れていた。そしてその後ついに日本料理屋で食べたが、普通に卵の味だった……いや、期待しすぎた自分がいけないんだが!!

メロンパンとかは?「灼眼のシャナ」の原著を読んで、菠蘿包ではなく本場日本のメロンパンに憧れた。そしてある時実際に食べてみたら……私の口にはイマイチ合わなかった。

焼きそばパンとかはどうだろう。アニメや漫画での評価が高いけど。

焼きそばパンは名前の時点で見えている罠みたいなもんだから、そこまで期待はされないと思う。むしろ、なんであんなに評価が高いのかという疑問が出る類の食べ物だろう。

お祭りで和服の女の子が食べてるアイテムって美味しそうに見えるんだよね。
リンゴ飴とか、ずっと気になっていて、食べる機会があったのだが、食べてみて感じたのは「糖葫蘆っぽい」というだけだった……不味くは無いんだけど、夢に描いていたものではなかった。夢が壊れた瞬間だったわ……

(訳注:糖葫蘆はサンザシなどの果物をくしに刺して溶かした飴にくぐらせて固めたお菓子です)

私の場合はポッキーがそれだ。食べてみた感想は「うん、普通のチョコレート菓子だ」というものだった。その後もちょくちょく買って食べるようになってるし、嫌いではないんだが、普通の味というか……

クレープだね。材料が手抜きでガッカリ。なんであんなに評価高いの?

甘いモノで思い出したが、日本の作品によく出てくるスポンジの土台と生クリームが層になっていて上にイチゴが乗っているケーキ、あれが期待外れだったわ。

日本式のショートケーキのことか。
アニメで一般的に出てくるタイプのはそこまで飛びぬけて美味しいってわけではないかもしれないが、イチゴの乗ったケーキはイロイロあるし、きちんとした所で食うとホントにウマいし、非常に精緻なものが出てきたりするよ。

出てくる女性キャラが美味しそうに食べている甘いモノには、どうしても憧れてしまうね。ただ、実際にどのくらい美味しいのかという点については常に疑問が。

そりゃもう、寿司と刺身だろう。
生魚が食えない人間にとっては絶対にムリな食い物だ。ずっと憧れていてようやく食べることができて、そして自分が生魚がダメだと痛感してもう、ホントガッカリ来た。本当に美味しいものだと思っていたんだよ!

過剰に評価されているというなら、ラーメンとかカレーじゃないか?

日本式のラーメンはウチの国でもわりと簡単に食べれるようになっているし、普通に美味しい料理という扱いで極端な夢が混じったりはしていないと思う。
カレーはラーメンよりも食べる機会が少ないから、理想化されているかな?

私はカレー大好きだぞ。ありゃ普通に美味しい食い物だ。
恐らく、こういった誤解や誇張、過剰評価が想像に混じるのは「キャラ設定で好物になっているものを美味しそうに、幸せそうに食べている」からじゃないかな。

好物だったらそりゃ美味しく食べられるよね。好物ってことでリアクションも派手になるし、描写のクオリティも上がるし。やはりアニメや漫画における描写が危険なんだよな。最近だとたまごかけごはんがそんな感じになっていると思う。



とまぁ、こんな感じで。
美味しい部類に入る食べ物であっても、理想と現実の差を感じてしまうことが多々あるようです。

最近は中国でも日本系の食品がイロイロと売られるようになっている上に、セブンイレブンやローソンなどのコンビニも増えていますから、昔に比べてアニメや漫画の中に出てくる食べ物は手に入り易くなっているそうです。

ただそれでも、日本のアニメや漫画の中に出てくる食べ物が簡単に手に入る……といった状況ではありませんし、アニメや漫画に出てくる食べ物に関するイメージだけがどんどん肥大していったり、いざ食べてみると期待外れに感じてしまうこもちょくちょくあるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタクの日本のお弁当に関する疑問の数々

ありがたいことに
「そろそろ食べ物ネタをやって欲しい」
というリクエストをいただいておりますので、今回は
「中国オタクの日本のお弁当に関する疑問」
についてを。

当ブログでは何度か日本のお弁当に関する中国オタクの反応を紹介させていただきましたが、アニメや漫画等でも頻繁に見かける日本のお弁当に関する疑問は尽きないようです。

中国では「冷めたものは身体に悪い」という認識がありますし、中華料理は油を多く使う料理ですから冷めると極端に味が落ちることも少なくないので、あまりお弁当向きの料理ではありません。
弁当箱的な容器に入れて食べることはあっても、ほとんどはその場で作った料理を入れて食べるというものですね。

そういったこともあってか、日本の事前に作った料理を持っていき時間をおいてから食べる、お弁当とその習慣に関しては想像し難いそうです。

一応最近はコンビニなどでのお弁当が中国でもそこそこ広まっているようですが、それでも日本のお昼に出てくるようなお弁当に関しては引っかかるものがあるようです。

中国のソッチ系のサイトなどをまわっていても、日本のお弁当の習慣に関する疑問の声やそれに関するやり取りをちょくちょく見かけます。そんな訳で今回はその辺についてのやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の学校生活では弁当を昼に食べるのが重要なイベントになっているかと思うが、その弁当に関してウチの国の感覚ではイロイロと疑問が出るよね。
例えば、なぜ学校は食堂を作らないのか?とかだ。食堂を作った方が弁当を個々の家庭に作らせるより経済的だし栄養管理もできて、保護者も楽だと思うんだが。

弁当についての疑問か……
私が気になっているのはにおいについてだね。クラスの生徒全員が弁当を持ってきているとしたら、弁当の中身の臭いがクラスに充満したりしないのだろうか?
カップ麺やレンジで温めたハンバーガーとか食っているヤツが一人いるだけで、クラスの空気がにおいで満ちたりするのを考えると、スゴイことになっちゃったりするんじゃないかと思ってしまう。

食堂を作るとかいうのはともかく、日本の学校には「給食」っていうのがあるね。食堂ではなく、各教室に配られる形式の昼食だ。アニメや漫画で主な舞台になることの多い高校ではあまり無いようだが、義務教育段階の小中学校では給食の学校も多いそうだ。

食堂はある程度以上の規模でないと逆に非効率だよ。日本では少子化が進んでいるし弁当の習慣が存在するから食堂をあえて作る必要が無いんじゃないかな。
それと、私の学校は食堂無かったから昼には弁当を配っていたね。中身は普通の中華料理だが、食べるときの風景は日本のアニメや漫画とそれほど違いは無かったように思う。

日本の給食や弁当って美味しそうだし彩りも違うよね。自分の所の食堂と比べると……

学校の給食と言えば、日本では栄養を考えて給食には基本的に牛乳が付くそうだが、あれって普通の日本食に合うの?食べててミスマッチを感じないの?
あと、私は牛乳は温めて飲まないとお腹の調子が悪くなってしまうが、日本の給食を食べている学生はそういうことにならないのか心配になる。日本人も冷たい牛乳飲むとお腹の調子が悪くなる人が多いらしいんだが……?

最近は売店も食事を売る所も増えたからあまり無いそうだけど、私が小さい頃はアルマイトの弁当箱に入れた食事を学校に持って行っていたね。ただ、机の中に入れておくとお昼ごろには温度が下がってしまっていて、なんか微妙な味になってしまっていた。タオルとかで包んでおいても、昼になるとさすがに冷めるんだよね。
日本の弁当はこういう温度変化による味の劣化はどうなんだろう?食い物は基本的に温かい方が美味しいと思うんだが。

日本の弁当は保温についても不思議だな。
私なんかは冷たいものを食べると食事した気にならないし、日本人はよく冷えた飯を食えるなと思ってしまう。

保温の弁当箱もあるそうだけど、ほとんどの学生が使っているのは単なる箱っぽいよね。やはり冷えた飯を食っているのだろう。食事に関しては日本とこっちの感覚が違うというのもあるんだろうが、どうも変な気分になるわ。

温度に関しては、電子レンジとかがあったりするんじゃないの?日本のコンビニの弁当もそうやっている描写あるし。

弁当を包む布がなんかスゴイ効果があるのかと考えた頃もあるが、それもどうやら普通の布っぽいし……弁当の温度変化と味の変化についてはやはり想像し難いものがある。

私は保温の弁当箱使っているぜ。朝作ったのを入れて持って行って昼に食べる。中身は温かいままで問題無く食える。

電子レンジで温めるってのも考えたが、日本の弁当の習慣は昔からあるもののようだし、それに学校の生徒が全員昼時に一斉に電子レンジ使用ってのも有り得ないよな。
あと考えたのは、弁当箱全部集めて箱ごと温めるというウチの国でもある方法だが、それは使ってないようだし。

中国にも弁当的なものである「盒飯」があるけど、日本の弁当とはかなり違うよな。盒飯は単純に飯とおかずの組み合わせと言うかぶっかけ飯なことが多いが、日本の弁当は本当に種類が多いという印象。

中華料理は日本料理みたいに携帯し易くないし、油が多いから一度冷めたのを再加熱すると味が落ちるんだよね。結局は、家に帰って食べる、食堂で食べる、学校の外に出て食べる(買って、店で)から選ぶしかないわな。

冷たい弁当やパンだけの昼食はありえない、パンではハラが満たされないし、冷たい飯は身体に悪いという話は出るが、ウチの国の学校の食事事情と比べるとどうなんだろうな。
ウチの国では多くの学生が学校の食堂がマズイから買い食いに逃げているし。俺はインスタントラーメンとビスケットが心強い味方だった……

日本は外食するとかなり高くつくから、簡単なものなら外で食べた方が安いウチの国とは事情が異なる。しかしパンだけでは栄養が偏ってしまう。そこで、弁当だ。
日本の弁当ってのは栄養と親の愛と節約を同時に体現しているかなり優れたものだと思う。

今にしてみればアレな話だが、自分は中学生くらいのころは家から持って行ったものを食べるのってなんかカッコ悪いと思っていたんだよね。学校から外に出て食うのがカッコイイというか、大人だと思っていた。
でも、日本のアニメや漫画で弁当の出来の良さというのが話のネタになったり評価されているのを見て非常に驚いたというか、価値観が変わってしまった。美味しい、綺麗な弁当を作って持っていくのがある種の誉れになる……学校生活でそういう世界があるとは思いもしなかったよ。

弁当に関する私の疑問。
アニメや漫画で見るような弁当箱って、どれもスゴイ小さい。あんなに小さくてお腹いっぱいになるの?中学生や高校生の時っていくらでも食べてしまえる時期のはずなのに。

その話と弁当で思い出したが、日本の学生の昼飯が小さなパン1つで終わりとかいうのも信じられんな。自分だったら全然足りない。あれは創作上の誇張表現なのか?

ウチの国のパンはスカスカで油っこいけど、国外のパンはずっしりとしていて腹持ちがいいらしい。だから私達の食ってるパンとはちょっと違うんじゃないかと疑っている。
あと日本の弁当の中身は当然ながら日本料理がほとんどで、俺達が普段食うような中華料理じゃないから、冷めたときの感触も違うからな。あったとしても日本料理的にアレンジされた中華料理だ。餃子や焼売にしても、日本風になっている。

1個しか食ってない様に見える描写の作品は少なくないけど、作品によっては普通に2〜3個のパン食べているぞ。1個で必ず満腹ってことはないはず。ただ、日本の女性は中国に比べて食べるの少ないのは確かだね。

パン1個に関してはともかく、日本人は中国の人間に比べて食事の量が少ない傾向はあると思う。私は日本に来て実感したんだけど日本人は食べる量が少ない。レストランの料理も日本人向けの量で出るから中国人が満足するには2つか大盛りを取らないといけないようなことも結構ある。
ただ、それでも日本には体格の良い子供は多いし、栄養のバランスが良いというか、成長に必要な栄養は十分摂取できてているんじゃないかな。

そうそう。日本人の食べる量って少ないよね。
私は何人か日本人の友達がいるんだけど、一緒に食事をすると彼等はすぐにお腹いっぱいになっちゃうし、特に女の子は食べる量が本当に少ないと感じる。

でも、パンだけだと栄養足りないんじゃないか?それに日本って主食と主食、炭水化物と炭水化物で食うのが好きな国だろ?きちんと栄養が考えられた食生活とも思えないんだが。人気のパンは焼きそばパンらしいし、餃子と米の飯で食うし……

それってウチの国の人間がインスタントラーメンを食うようなもんなんじゃない?
あるタイミングだけを切り出して見たら、ウチの国でも炭水化物系の食い物ばかりってことあるじゃない。日本ではその手の食い物の選択肢が多いってだけで、他にもちゃんと栄養のあるもの食ってるんじゃないかね。弁当を見ると、ウチの国の昼食より食べてる品数が多く見えるし。



とまぁ、こんな感じで。
食事に関しての想像というのは、どうしても自分の習慣が物差しになってしまいますから、中国の食習慣とはかなり違った所にある日本のお弁当については、知識としては理解できても、感覚的にはどうしても混乱してしまう所があるようです。

こういった話に関しては、例えば中華料理の油の使い方や消費量などは日本の感覚からすると想像を絶するような所もありますし、お互い様な部分もあるのでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク的疑問「日本の学生って弁当をどうやって温めてるんだろ?まさか冷たいまま食ってるとかないよね?」

中国人「実は私……自転車乗れないんだ……」

昨日は体調を崩してダウンしていたので夜になって四川の地震をようやく知るという体たらくでした。慌てて現地のニュースやweiboを追っかけてみたら目を覆うばかりの惨状のようで……
現地の方々の被害が少しでも小さいことを祈るばかりです。


そんな中ではありますが、とりあえず今回の更新を。
ありがたいことに以前
「最近の中国の自転車事情ってどんな感じなんでしょうか?昔のイメージでは自転車が大量に走っているというものでしたが、最近は渋滞や排ガスによる環境汚染などが心配されるくらいになっているようですし」
と言う質問をいただきました。
確かに中国には独自の自転車事情がありますし、それに関する変化も出ているようです。

うまい具合に、先日私の巡回先で
「自転車に乗れないんだけど……」
といった、現在の中国の自転車事情も見て取れるやり取りを見かけましたので、今回はその辺についてを例によって私のイイカゲンな役で紹介させていただきます。


実は私……自転車乗れないんだ……
恥を忍んで聞くが、みんなはどうなの?やはり乗れて当然なのかな……?

自分はもちろん乗れる。
周りの人も普通に乗れるもんだと思っていたが、どうなんだろう?

私は小学校の頃に練習して乗れるようになったと思う。周りも大体そのくらいでのれるようになっていたと思うが。

私は中学の時に乗れるようになったっけな。ちょっと苦労するけどすぐに乗れるようになるから、これから練習するにしてもそんなに悲観することないんじゃないかね。

何時ごろ乗れるようになったかちょっと記憶が曖昧だ。親に手伝ってもらって練習していたのと、いつの間にか親が支えの手を放していたのに気付いて怖くなってすっ転んだのは覚えているんだが。

正直な話、私は自転車に乗れない人に出会ったことは無いんだが……
自転車って人類の基本的なスキルというレベルでないかい?

そりゃパッと見て自転車乗れない人が分かる訳ないだろう。
多くは無いけど中にはいる。俺みたいに!
俺は周りに自転車が乗れないとバレたことはあんまりない!

実は私も乗れなかったりする。
特に必要じゃなかったんで、練習しないまま今に至る。それに二十歳超えている人間が今更練習するのも恥ずかしくて……

え?普通に乗れない人いるの!?
なんで?乗れないなんて不便じゃない?

乗れるけど、もうずっと自転車には乗っていないな……仕事行くときは公共交通だし、休みに誰かと動くとなると車だしで、乗る機会が無くて。

今の時代、自転車が必需品な状況、例えば通学や校内の移動などで自転車に乗らないといけない状況にならないと、案外自転車の練習しないままで済んでしまうのかもしれないね。仕事はじめてからも、やはり必要な人しか乗らないだろうし。

しかし自転車乗れない人はどうやって学校通うんだ?あと遠足や試験会場が学校の外にあるとか言う時は、でクラス全員自転車で移動とかやらなかった?それに大学に入ったら自転車無いと大学内の移動も不便じゃない?

私はバスで通っていたし、学校関係の行事もバスが出たりしていたから乗らなくても問題無かった。大学もそんなに大きい所ではないから自転車無しでも大丈夫なんだよ……

乗れるけど大学の外の大通りで車や他の自転車と一緒には乗りたくない。ラッシュ時とか、車がごちゃごちゃする交差点とか怖いわ。

自転車乗れると良いぞ。後ろに自分のかみさんを乗っけて走るとか、最高だ。

とてもロマンチックな話ですね。しかし私にはそういう相手がいません!てか今の時代、大学生同士でも自転車では女の子の反応が微妙です!せめてオートバイでないと……!

私は自転車だともう一人乗っけての運転というのはできなかったりする。

俺の自転車ポンコツだから後ろに数十キロの荷重がかかるとなると不安だ……

私は大学に入るとき、毎日の授業の教室移動や大学内の移動に自転車が無いとマズイと知って、合格後の夏休みに慌てて練習したよ。

前は毎日自転車で学校に通っていたけど、卒業してからはほとんど乗って無いな。

北京在住だけど、最近は地下鉄が随分と開通したから自転車あんまり乗らなくなったな。大学出て仕事するようになったからってのもあるんだろうけど。

私は一応出勤も自転車。ただ周りを見るとオートバイや電気自転車が昔に比べて随分と増えているし、昔ほど自転車が重要じゃなくなっているのは間違いないんじゃないかな。それに都市部では自転車を止められるような場所も減ってるし、自転車の駐輪場も使い勝手が悪くなったり無くなったりしているから相対的に昔ほど便利な移動手段ではなくなっていると思う。



とまぁ、こんな感じで。
昔に比べて交通手段が増えたりしているので、場所によっては自転車に頼らないで済むようになっているようですね。

ただ、学校関係では現在もやはり自転車が無いと厳しかったりもするようです。
上の発言にもありますが、中国では学校の行事で普通に個々人の自転車が移動手段に使われるケースもありますし、大学では自転車での移動がある程度必須な状態になっている所もあります。

私も現地校に通っていた時は校外への移動は
「ある程度の距離までは自転車で移動して現地で再集合」
みたいなことになっていましたし、
大学に入ってからは選択科目によっては教室間の移動距離が長くなってしまうので、自転車が無いとほぼ遅刻確定といった状態になってしまう時もありました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本旅行でぼったくられたりしないかな?問題無く楽しめるかな?」

一時期はどうしようもない状況になっていた日中間の空気ですが、最近はぼちぼちとマシになって来ているように感じられます。(あくまで最悪な時期と比べればという話ではありますが)

そんな中、日本へ来ようと考える中国オタクの方もいるようですが、海外旅行という事でイロイロと不安になったりもするようです。

先日、中国のソッチ系の掲示板でそういった日本旅行への不安に関するやり取りが行われていましたので、今回はその辺についてを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本に旅行に行こうと考えているんだけど、日本行ってぼったくられたりしないかな?問題無く楽しめるかな?言葉が通じないってのはやはり不安になってくる。

初めての日本旅行?
不安なら団体ツアーとかにすれば?

うん、ツアーで行けばそんなの気にしないでいいのは分かっているんだけど、ツアーは自由に動けなくなるからできれば避けたいんだ。
でも、言葉の不安もあって……私は英語ならある程度できるんだけど、英語だけでも日本で問題無く楽しめるかな?

主要な場所なら日本にも英語の標識や案内があるから大した問題にはならないと思うよ。それに最近の日本は、観光地や主要な交通機関には中国語の標識だってあるよ。

英語に関しては、日本人の英語が聴き取れるかの方を心配した方がいいんじゃない?
日本人は書くのは理解し易いらしいから、筆談ってのもありじゃないかね。メモ帳とペンでもいいし、タブレットかスマホなんてのでもいいんじゃないかと

道や場所を聞いた時のウチの国と日本の違いとしては、ウチの国の人間は分からない場合はイイカゲンなこと言ってごまかすから信用できないという厄介な点があるが、日本人は逃げるという厄介な点がある。国籍や言葉関係無く、英語が分かっていても逃げるっぽい。
だから、道を聞いて逃げられてもガッカリしないで次の人を探すか、店で買い物するついでに店員に聞くとかすればいい。

移動に関してはスマホ持っていてwifi使えるならそれを使って調べるというので問題ないと思うぞ。最近は便利な道具が増えたからどこかに迷い込んで途方に暮れるってこともまずないだろうし、英語ができればほぼ問題ないと思う。

あ、そうだ。これは私の経験なんだが、質問するなら最初の一言だけは日本語で声をかけると逃げられる可能性が低くなるよ。とりあえず「スミマセン」というのを覚えておくといい。

なるほど。移動に関しては大丈夫そうだ。
あとは買い物について、できれば教えてほしい。ウチの国によくある「外地人」(よそ者)がぼったくられるような事って無いか、考えだしたら心配になってきちゃって……

そういうのは、まずは現地の人間が行くような場所を聞いておくといいよ。旅行者や外国人狙いの場所は基本的にぼったくり。
私の知り合いは韓国行きのツアーで旅行者向けの「免税店」で高い買い物させられたし、そういう場所の料理屋は外国人専用のぼったくりメニューを準備していたりする。日本ツアーでもこの手の話はよく聞くし、ツアー旅行にもリスクはあると思う。

そうそう、旅先では外国人相手にそういうことやられるんだよね。
日本の状況もそれほど変わらないはず。ツアー旅行の場合、ウチの国の人間専門の「落とし穴」がある所に連れていかれる危険性がある。
できれば日本の現地の状況をよく理解している人に付き合ってもらうか、良い場所を教えてもらうのが良いんだが。

場所によるかな。日本の繁華街やホテルとかではそういうのがあるかもしれないけど、少なくともオタク関係のアイテムを秋葉原で買うとかなら、そういうのはほぼ無いはず。ただ日本では値段の交渉は難しい。基本的に出ている値段が店の売れる値段。

まぁ、ハッキリしているのは「ツアー旅行向けの場所にはいかない方が良い」ってことじゃないかね。
私の経験だけど、飛行場以外で「免税」と大きく宣伝しているような店はやめた方がいい。大体の国では空港で税金の返還手続きできるし、日本でも免税手続きの書類をくれたり、手続きしてくれる店がある。確か秋葉原なら駅前のヨドバシカメラとかがそういうのをやってくれたはず。

日本なら現地の言葉が分からなくても問題ないんじゃないかな。ぼったくられるのを心配しているようだが、日本は世界的に見ても商業面で誠実な国だし、普通に買い物する分には心配しないで良いと思うよ。外国人排斥についても比較的少ない国だしね。

分かった。心配しているのはウチの国の観光地のぼったくりのイメージなんだな!
日本はそこまで心配しないでも大丈夫だよ。観光客向けの場所は高い所もあるけどウチの国の観光地のやり方に比べたらマシだし、言葉を知らない外国人専門にぼったくろうという感じでもないね。

日本でもぼったくりが無いわけではないぞ。特にツアーで連れて行かれる所はヤバイ。中国語でも問題ないという言葉につられて、ぼったくられた知り合いの話が複数ある。言葉が通じる場所が安全ってわけじゃあない。むしろ騙しに来るぞ。そこにいるのも中国人なんだから、ウチの国のやり方でやってくる。

確かにそうだな。中国人が外国で「ぼったくられる」のって、現地の中国人や中国関係の話であることが多い。特にツアーで放り込まれる店。個人行動か、フリーで動けるツアーならそういうのは気にしないで良いからぼったくりに関しては安全かもな。

日本は「外国人は金持ち」「外国人だから騙しても良い」という考えが無いんだよ。ウチの国とは違う。
もちろん観光客向けのぼったくり価格というのは世界中どこにでもある話だし、当然日本でもそこは多少あるが、ウチの国の感覚で心配するほどではないぞ。

どちらにしろ、事前にある程度準備や情報収集をしておけばそんなに問題でないんじゃないかね。私も日本語できないけど日本旅行に行ったことあるが普通に楽しめた。
現地で使えるネット端末とgoogleがあれば移動に関してはだいたい解決できた。ただ、店や泊まる所は事前にある程度きちんと調べたり予約しておいた方が良いと思う。ネットの店の評価はあてにならないか、こっちの期待と違うことが少なくない。

私も日本語はできないけど、日本の旅行では特に不快なこともなく快適に楽しめたよ。大きめのショッピングエリアではどこも中国語の案内があった。
あと日本は基本的に店頭に出している値段がその店の普通の売値で、外国人向けのぼったくり価格だったり、その値段から交渉していくというものではないから、パッと見で自分が納得できる値段で売っているなら勢いで買っちゃっても問題ないよ。

余裕があるなら最初ツアーでその後個人ってのが良いんじゃないだろうか?と思っていたが、最近聞こえてくる話ではツアーも信用できないんだよな……ここでもみんなツアーのヤバさを指摘しているし……

でもツアーを利用しない場合は手続きや準備とかイロイロあるしね。
ツアーに関しては申し込む前にこっちでも調べられるし、そこで気を付けることもできるから、使い方次第なんじゃないかな。私は一人で旅行するのが苦手なんで、一緒に行く知り合いが見つからない時はツアーに参加している。

ツアーはこっちに金を使わせよう使わせようとして来るが、旅行でかかる費用に関してはだいたい想像できるし、コントロールできる。しかしフリーで動いた場合、経験が無いと思わぬ額の出費になってしまったりする。経験があれば安くできたりもするんだけどね。
あと、騙されるとかぼったくられるとかは現地の言葉の出来る出来ないはあまり関係ないんじゃないかとも思う。言葉が分かっても、結局は相手の行動を見て判断するのは変わらないわけだし。



とまぁ、こんな感じで。
言葉が通じないことへの不安もそうですし、観光地ということで騙されるのではないかという不安があったりするようです。

実際中国の観光地では非常に豪快なぼったくりをやってきますし、そういった事情を知っているので日本への旅行と言うのは外国ということもあり、余計に心配になってしまうのかもしれませんね。

ちなみに、上の方にもありますが海外に行った中国人が、現地の中国人に一杯食わされるというのは珍しい話ではなかったりします。中国の人間は、同郷、同文化というのを非常に重視しますし、異国の地で出会った中国語を話す相手にコロリと騙されてしまうなんてこともあるようです。

似たような話は日本でもあると思いますが、
(実際私も中国では「日本人に騙される日本人」というケースをよく聞きます)
この辺の感覚は日本よりも更に強いというか、引っかかり易いようにも感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人「花粉症になっちゃった……」

今年もスギ花粉の厳しい季節が続いていますが、
先日ありがたいことに
「中国の人って花粉症とかはどうなんでしょう?」
という質問をいただきましたので、オタクからは離れますが今回はそれについて一つやらせていただきます。

当然ながら中国で生活している人にもアレルギーというのは珍しいものではありませんし、日本でしばらく暮らしているうちに花粉症になってしまう人もいるそうです。
先日、中国のネットで
「日本で花粉症になってしまった」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、
今回はその辺についてを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


花粉症になっちゃった……
日本のアレだ。スギ花粉の。日本での仕事が長すぎたからだろうか?それとも部屋の掃除がサボり気味だったからだろうか?理由が全く分からん。俺はもう終わった……

お仲間か。気の毒に。
私も日本で仕事していて最近花粉症になっちゃったよ。苦痛の日々の中で暮らしている。花粉症に関する良い治療法や薬とかないもんだろうか?

私も日本で花粉症が出てしまった。
どんな薬を飲めばいいんだろう?

日本の花粉症は日本が発達しすぎて、清潔すぎるから出て来た症状でしょ。日本の生活に慣れ過ぎているってのもあるんじゃない?
とりあえず日本でも漢方薬は手に入るはずだから小青竜湯とかを飲んでおくのが有効。インフルエンザなんかとは違うから重症でなければ我慢して、本当に重体になったら医者にいけばいい。

花粉症ってアレルギーの一種だから薬に関しては症状を緩和するものはあっても、治療するものは無いんじゃないかな。あと漢方でも、アレルギー関係は新しい病気だから対症療法はともかく、根治するとかいうのはまだ決まった処方みたいなの無いんじゃ……

やばい……自分も恐らく花粉症になってしまった。どうすればいい?誰か教えてくれ!!

体質の問題だし完治するための良い方法というのも無い。もしそんな方法があるなら日本人はとっくの昔にやっているだろう。結局は予防や症状を抑えるためのことをやるしかないよ。例えばマスクをして外出するとかね。

おめでとう……君達も我々の仲間入りだ……
私は日本滞在4年目で発症したっけな。花粉症はいったん出たら毎年出るよ。日本では3、4月がヒドイ。
とりあえずアドバイスとしては、外に出るときはマスク。もし目の痒みがひどければ花粉用のメガネってのも日本にはある。また家に入る前は全身を叩いて花粉を落とす、ティッシュは忘れない。それと花粉の多い季節は窓をあけての換気もやめた方がいいから、空気清浄器も一つの手段だ。

空気清浄器は家の中に安全地帯を作るために有用だね。
それと日本は天気予報で花粉の量に関しても伝えるから参考にすると良いよ。薬は花粉対策用の飲み薬や目薬がある。あと大事なのは「花粉はいずれ無くなる」というのを忘れないこと。1、2か月耐えればなんとかなるから絶望はしないように。

花粉症は本当にキツイね。自分もなってみて痛感した。
最初はくしゃみや鼻水が止まらない、喉が痛いで風邪をひいたかと思ったけど風邪のときのような頭痛や熱はない。そして外に出てみると鼻の中にヘンな痒みが……
当時は花粉症なんて意識してなかったから、自分の症状にはかなり焦ったわ。

俺は中国の環境汚染に慣れた自分にとって日本の花粉とかは大した問題じゃないと思っていたし、実際、周りの日本人が花粉症になったり、対策にマスクをしているのを自分には関係無いことだと思っていた。しかし、アレルギーは慣れとかそういうもんじゃなかった!耐性だとか抵抗力がどうとかいう話じゃなかった!
昔の自分が花粉への接触を全く減らそうとしなかったことを、今になってとても後悔している……

まぁ、アレルギーって免疫の過敏反応によるものだからな……
工業的な粉塵や排気ガスによる空気の汚れに慣れているからと言って、花粉へのアレルギー反応を無くせるわけじゃないわな……

元々鼻炎気味だったが、日本に来てからスギ花粉アレルギーになってヒドイことになってしまった。スギ花粉の季節になると非常にキツイ。薬飲んでも大して効果ないし。

私も日本で花粉症になってしまったけど、単に薬飲むだけではイマイチだね。
私はマスクや飲み薬の他に、鼻うがいをするのを薦める。生理食塩水程度の濃度にした温水を鼻から吸入して洗うんだが、とてもスッキリする。

アレルギーに関しては結局の所アレルゲンに接触しないのが一番なんだが、花粉だとそれもなかなか難しいんだよね。
聞いた話では手術するというのも一つの手らしいが、自分はさすがにそれはちょっと躊躇してしまう。

日本に行った人はみんな花粉症になってしまうと聞いたけど、ホントなの?

本当です。私は花粉症になりました。
……やってられねぇよ!!

その説に関しては信憑性がある。個人差はあれどアレルゲンにずっと接触しているとアレルギー症状が出るというのは確か。
そして春になると日本にはマスクをつけた人が溢れるが、これは日本人がみな花粉症になっているということだ。今の職場には中国人の同僚もいるんだけど花粉症になってしまっている。
私は日本に5年いるけど、3月の花粉が飛び始める頃になったらマスクをつけているが、こういった予防措置をとれば花粉症になる可能性を小さくできる。

「いつかアレルギーになる可能性がある」という話なら、それは中国国内においても同じでしょ。日本では春にスギ花粉が大量に飛散するからその確率が上がるってだけで。
アレルギーに関しては個人の体質も関係するし、ならない人はなかなかならない。私は日本滞在8年目だけどまだ花粉症にはなっていない。
とりあえず短期滞在ならほぼ問題無いだろうが、心配なら外出時にマスクつけるといいよ。日本の薬局やコンビニはどこも花粉症向けのマスク置いてあるから。

そういや、中国には花粉症って無いの?
日本人がたくさん花粉症になっているのに、中国人には無かったりするの?

花粉症は日本のありふれた病気だね。
アレルギーの一種だから、中国でも同じような環境では発症する人もいるかもしれないけど、日本とは樹木の環境も違うから有ったとしてもそれほど多くは無いはず。あと、花粉症は日本の生活環境が清潔すぎることによって、異物に対して過敏な体質になってしまうというのも影響している。

いや、キレイすぎるってのは遠因かもしれないが、直接の原因ではないはず。現に空気が汚れているウチの国から日本に行った人間があっさりスギ花粉症になっちゃったケースもあるし。
結局はアレルギー性物質が多過ぎるというのが問題。花粉症が意識されなかった昔に、日本では生育が早いからと杉を植えすぎたのが花粉症の人間の増加につながっている。

スギ花粉症ではないけど、中国も別の植物による花粉症ってのはあるよ。単に日本の春の杉ほどヤバくないだけ。花粉症には枯草熱っていう別名もあるし。
ウチの国でも花粉アレルギーの人間はいるし、あとアメリカでは確かブタクサのアレルギーが大変なことになっているらしい。

ウチの国のアレルギー患者も年々増えている。春先になると花粉アレルギーの症状が出て来る人、いるぜ。
知り合いにもここ二年急に花粉症に悩まされるようになったのがいる。3月4月が一番ヒドくて、顔に赤い点が出たりしているし、痒くてしょうがないそうだ。しかも薬飲んでもほとんど意味が無いらしいので本当に気の毒。

私は春じゃなくて夏にアレルギー症状が出るね。
鼻が詰まる、くしゃみや鼻水が出る。それに加えて鼻の粘膜がやられちゃうからしょっちゅう鼻血が出る。そして痒みだ。その時期のことを思うと、今から憂鬱だよ……

花粉というか空気中に跳ぶアレルギー物質に関しては空気清浄器がマジおススメ。日本の空気清浄器は花粉と戦いながら進化しているから効果は確かだ。

空気清浄器は良いよね。空気がキレイな日本でなんで空気清浄機が発達しているのかと不思議に思っていたが、花粉という問題が有ったわけか……毎年こんなことになるんなら、そら発達するわな……



とまぁ、こんな感じで。
やはり日本で暮らしていると花粉に悩まされるのは避けられないようですね。

最近は中国でもアレルギー持ちの人間が増加傾向にあるという話を聞きますし、私の知り合いもアレルギーになってしまったという人がいたりします。

私もアレルギーやらアトピーやらがあるのですが、アレルギーは特効薬というのはありませんし、ホントにキツイですよね。自分の体質と割り切って気長に付き合っていくしかないのがなんともかんとも。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人「日本人は家に上がるときとかに靴を脱ぐけど臭いは気にならないの?」

この春節で中国関係の知り合いにイロイロと会ったり話をしたりする機会があったのですが、その時に出た話でとっさに答えられなかったことがありました。

その話と言うのは、
「日本人は家に上がるときとかに靴を脱ぐけど臭いは気にならないの?」
というものでして……

私はこのことについて気にしたこともなかったので答えられなかったのですが、中国の感覚などについても気になったので、その後中国のネットを巡って反応を調べてみた所、幾つかの面白いやりとりを見つけました。

そんな訳で今回はその辺についてを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


実は、アニメや漫画の描写で一つ気になる所がある。
日本は家に上がるときや学校の部活とかで頻繁に靴を脱いだりするようだが、あれって足のにおいとか気にならないんだろうか?私は友人の家に行って靴脱ぐときとかに自分の足が臭くないか気になってしまうので、アニメとかでつい気になってしまうんだ。

あー、言われてみればそうだな。
あの手のにおいは慣れるとかそういうもんじゃないだろうし……

俺は自分の足のにおいは特に気にならないぞ。
毎日靴下替えて、革靴とかでも何足かでローテーションにすればそこまでスゴイ匂いにはならないんじゃないか?

ウチの国でも家に入るときにスリッパやサンダルに履き替える家増えているけど、足のにおいはそんなに話題にならんし、普通に生活している限り大丈夫なんじゃないの。
個人個人の差はあるかもしれないし、なかにはキツイ人間もいるかもしれないが。

気にし過ぎじゃないか?ウチの国でも体臭の強い奴でもない限り、そうそう問題になることは無いと思うが。

ウチの家も中に入ったら靴を脱ぐ。客もそう。中国もこういうスタイルになったんじゃないか?家では靴下とかも脱いでいたりすれば、そんなに匂いが気になるとかはないぞ。

私の所は家の人間は基本的に履き替えるけど、来客にはそのまま履き替えないで上がってもらってる。とりあえず自分は靴脱いだだけで臭いが気になるってことは無いな。直で靴下のにおいをかぐわけでもないし。

日本でも気になる人はいるようだぞ。靴の消臭グッズとかが普及している。日本は消臭関係のグッズがかなりすごいぞ。ちょっと検索してみるといい。

夏は家でははだしでサンダル、外では靴下にサンダルだからそんなに問題にはならない。むしろ冬がヤバイ。室内でもきっちり足を覆っているからな。

日本でも気にならないわけじゃないだろう。
「クレヨンしんちゃん」の野原ひろしの靴下はとても臭いと作中のネタになるし、普通に問題になり得ることだと思う。

日本は多湿な気候だからこそ清潔にするし、ずっと足を覆っているわけではないってのも足の状態に関係あるんじゃないの。ウチの国でも温かい所はそんな感じだし、最近は都市部では家の中では靴脱いでスリッパはいてるでしょ。

靴を履きかえる=靴に臭いがつかないってことでもある。日本ではちょくちょく靴を履きかえるんだし、その手の事に関してはきちんとしているんじゃないか。

でも、日本の学校の描写とかを見ると結構不安になるんだよなぁ。あの年代で、あれで大丈夫なのかと……

俺は昔学校でホコリや外の汚れが入らない様に靴を履き替えなければいけない特別教室での授業があったんだが、どいつもこいつもスゴイ匂いで慣れるまで大変なことになっていた記憶が……
茶道とか、ちはやふるのかるた部とかの靴脱いで部屋にあがる系統の部活は、余計なことかもしれないが心配になる。この問題に気づいてから、ちはやふるのOP動画がまともに見れなくなってしまった!!

アニメや漫画の学校の描写をよく思い出して見ろ。
日本の学校、幼稚園から高校まで、学校の建物に入るときに靴を履き替えている。頻繁に履き替えるから、そういう惨事にはそうそうならないはずだ。

日本の学校は校舎の中では靴を履きかえるんだよね。しかもその上履きは1週間に一度持って帰って洗う。あと体育の時は体操着に着替えるが、これも頻繁に洗うし、部活のユニフォームもそう。だからあの年代でも問題はないみたいだよ。

どっかで読んだ話だが、一応臭いことは臭いという話だぜ。でも新陳代謝の活発な青少年期にそうやって清潔なものを身に着けるのは、やはりちゃんとしているんだろうねぇ。

ウチの国でも最近はスリッパに履き替えているし、足のにおいはそこまで気にするほどでもない。私はむしろ靴下に穴開いてないか気になる。

中国も農村以外はだいたい室内では靴を履き替えるようになったんじゃないの?最近の家は昔のような煉瓦やら打ちっぱなし状態の床ではないわけだし。

ウチの国も最近は家に上がるときは靴を脱ぐから、室内で靴を脱ぐというのが日本の特殊な習慣だと思う必要はないと思う。
ただ家の構造的にちゃんと靴を脱いで室内履きに履き替える場所がきちんとある所はまだ少ない。だいたいは玄関にとりあえずスリッパと靴置く場所っぽいものを設置しているだけで、日本の住宅のように段差があるわけではない。自分も家に帰ったら普通に靴脱いでいるけど、こうなったのってわりと最近のことなんじゃないかね。

足のにおいが気になる人は家に帰ったらすぐに足を洗うと良いよ。
そういえば日本の江戸時代って、旅先の宿舎に上がる前に足を洗うんだよね。もちろん履物は脱ぐ
日本は昔から、足の衛生をとても重視しているのは確か。

におい自体は人間である以上しょうがない。ただ私は日本はその辺りに関して非常に潔癖という印象はあるね。あくまで私の知る限りの話だが、日本では欧米のような香水ではなく消臭をしたがる傾向が強いと思う。

実際、日本の消臭グッズの多さには驚くよ。聞いた話では自分が臭くないか、匂いが強いのではとノイローゼになる人もいるらしい。

まぁ、なんだかんだで日本では足のにおいはそこまで気にされてはいないんじゃないかな。
少なくとも、脚フェチ、足なめ描写がOKになるくらいは「臭くない」と思われる。だって、実際に臭すぎる経験したらああいう描写に萌えることはできないだろうし



とまぁ、こんな感じで。
足のにおいに関してはやはり
「人それぞれ」
といった所のようですが、最近の中国の住宅と履物の事情や、日本の生活へのイメージが出ていて面白いですね。

上の話にもあるように最近は中国の家でも、室内ではスリッパなどの室内履きに履き替える家が増えているようです。

実際、私がお邪魔したことのある中国の知り合いの家も、ここ10年くらいは、家に上がる際にスリッパに履き替えるお宅が多かったように思います。
ここしばらくの間で、中国の社会も大きく変わりましたし、中国の室内での生活習慣もイロイロと変わっているのでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人がネットで自分の名前を検索してみると……

中国の人は日本に比べて姓の種類が少なく、名前の文字数も比較的少ないことから、日本人よりも同姓同名の人にぶつかる確率が高いなんて話があります。

私も今までお会いしたことのある中国人の中には同姓同名な方もいますから、なんとなく実感できるものがあります。
そんなことに関して、先日知り合いとの間で話題になったのが
「中国のネットで人名を検索すると、同姓同名な人が結構引っかかる」
ということでした。

そんな訳で、今回は中国のソッチ系の掲示板などで見かけた」
「ネットで自分の名前を検索してみると」
といったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近ふと自分の名前をネットで検索してみたんだが、想像以上に自分と同姓同名な人が多かった。マイナーな歴史上の人物だとか、作家だとか……
みんなは自分の名前を検索してみたことってある?結果はどうだった?

私の場合、偉人クラスから犯罪者までイロイロと引っかかる。
犯罪者が検索結果で上に来ないだけマシだと思うことにしているわ。

自分も同姓同名な人多いんだよね。ある評論家のペンネームと自分の名前が一緒なのは、なんかヘンな感じだ。

中国語の検索エンジンで検索してこれなら、恐らくピンインのアルファベットで入力するともっと「同姓同名な人」が増えそうだな。四声が表記されなくなるし。
ウチの国の人間から見ても同姓同名の多さにはちょっとアレな気分になるくらいだからし、外国人から見たら不思議に思われたりしないのだろうか。

試したけど、殺人犯だとか重病の死亡者だとかそんなんばかりでマトモなのがない!
特に、同じ名前の人が重病にかかっていたりするとドキッとする。

自分は強姦犯で同姓同名なのが真っ先に引っかかる。
殺人犯と強姦犯、どっちがマシなんだろうな……

俺はテストの不正参加者の名前が引っ掛かったわ。笑ってしまったあと、ちょっと不安になった。コレと一緒にされたり勘違いされたりしないよな?

私は男だけど、同姓同名の人間は女性の方が多いようだ。

同姓同名な人が多いせいか、アカウント登録する時に自分の名前をそのまま使えたことがないし、関連するような組み合わせもほぼダメ。結局は後ろにイロイロと数字が付くので妥協しないといけなくなる。

検索してみた。なんかマスターだとかドクターだとか強そうな資格持ちの人が多い……
英語の資格とれただけで喜んでいた自分がちょっと恥ずかしくなった。頑張ろう。

成功している人やお偉いさんが自分と同姓同名で引っ掛かると複雑な気分になるねぇ。

私の同姓同名な人で一番有名なのは某市政府の幹部のおっさんだ。私もあそこまで出世とかしたいような気もするが、無理そうだ。

私も検索してみたんだが、自分の名前はほとんど引っかからなかった。なんとなくショックだ。

私も珍しい字を使っているから同姓同名な人がいないっぽい。同姓同名の人が少なすぎるのもなんとなく寂しいよね。

私の名前は検索しても出てくるのは自分自身だけ。
同姓同名や紛らわしい名前が無いのは助かると思っているし、そういう名前を付けてくれた親には感謝しているよ。

ニューハーフの人が一番上に来るとか、どうなんだろう。ネタ要素の高い話題やニュースが上に来るのは分かるんだが。

一番上に出るのが質問系のサイトでの「子供の名前」についてで、そこのおススメの名前が俺と同姓同名だった。なんか複雑な気分だ。

私は三国演義のある武将と同じ名前なんだが、有名武将の活躍のやられ役になってばかりだよ……

三国演義ならまだいいだろうが。
私なんか、ネット小説の非常に痛いオリジナル主人公の名前がひっかかるんだぞ。ネットが続く限りこの羞恥プレイが続くと思うと、マジで鬱になる。

やはりウチの国は子供の姓を両親双方からとって合体させたものを使うべきなのではないだろうか?そうすれば同姓同名も減って便利になると思うんだが。

検索していて気付いたんだが、同姓同名の人間が少ないってことは、簡単にネットで本人の情報が引っ掛かるという事でもあるな。
ネットの発展した今の時代、同名の人間が少ないということは、ネットのプライバシー的に危険なんじゃないかと感じてしまう。

私も自分の名前で検索してみたら個人情報がモノスゴイ勢いで出てきた。これはビビるよ。

ネットでは学校関係の記録はかなり出ているな。学校の宣伝もあるし、データを公示してそのまま放ったらかしなんてのもある。ウチの国ではネットのプライバシーとかがあまりないというのを改めて実感する。そりゃ、ウチの国では人肉捜索がし易いわけだ。
(訳注:「人肉捜索」は中国のネットユーザーが集団で個人情報の特定を行うことです)

受賞者と授賞経歴なんてのは学校の宣伝になるしね。名前での検索は地域とか所属とかである程度範囲が絞られると、かなり情報出て来るよね……
私も自分の名前を検索して、条件絞っていったらかなり詳しい所まで出ていてギョッとした覚えがある。

小学校からの卒業する時の点数なんてのも分かっちゃったりすることもあるからな。とりあえず私自身に関しては引っかかるのは学校の成績が幾つかだから、そんなにヤバくはないかな。

個人情報が出たりするのも怖いが、自分の名前がネットで「全く引っかからない」というのも怖いぞ。
俺の名前は組み合わせ的にそんなに珍しい名前ではないはずなんだが。俺と同姓同名な人に誰かヤバイ人いたりするの!?

それは……怖いな。



とまぁ、こんな感じで。
結構な数の自分と同姓同名な人が検索で出て来るというケースも少なくないようでした。

それと、今回の反応を調べていて改めて気づいたのですが、中国は日本に比べて個人情報の管理が緩い上に、ネットに情報をアップすることに関しては日本よりも抵抗が無いような所もあるので、名前で検索すると一緒にイロイロな情報が出てきてしまったりするようです。セキュリティが微妙で、検索から直で飛べるなんてこともあったりしますし。

こういったネットに流れていて検索で引っかかる情報にはSNSなどで自分から公開している情報以外のものも含まれていたりしますし、中国の人にとってもなんとなく不安に感じてしまったりするような所がある模様です。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「日本人で同姓同名ってどれくらいあるのだろうか?」

2/21修正:誤字脱字を修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

中国人「餃子の具は何が好き?」

ぼちぼち今年も春節(旧正月)が近付いてきていますが、実質的に中国の年末ですし中国関係の動きもゆったりとしてきますね。(春節の帰省ラッシュ「春運」は壮絶な戦いとなっていますが)

中国オタクの面々もこの時期は実家に帰っている人がほとんどなので、オタク関係の動きも一休みといった状態になります。

ありがたいことに
「中国では年越しに餃子を食べるそうですが、中国の餃子事情について何かありませんか」
という質問をいただきましたので、
オタク関係ではない話が続いてしまいますが
「餃子」
に関してやらせていただきます。

日本ではにんにくを加えた焼き餃子がポピュラーかと思いますが、中国では水餃子がポピュラーで餃子の具に関してもイロイロな種類がありますし、中国人の間でも様々な好みがあるようです。

私の日頃の巡回先でも
「餃子の具は何が好き?」
といったことに関するやり取りが行われていたので、今回はその辺についてのやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ちょっと聞きたいんだが、みんなは餃子の具は何が好き?
とりあえず私はニラと豚肉が好きだ。

俺はエビ餃子が好き。
豚肉だったら豚肉セロリの組み合わせが好きかな!

豚肉ニラ餃子なら、何を加えるかも重要だな。私の好きなのはヒシの実を加えたヤツ。

俺はベーシックに白菜と豚肉かな。

白菜は安定して美味しいよね。胸焼けとかも起こさないからいくらでもいける。

豚肉と茴香(フェンネル)が好きな自分は少数派なんだろうか。てか茴香は餃子以外だとあんまりメインに顔出さない材料だよな。あとは豆煮るくらいか?

俺は肉たっぷりの餃子が好きだな。

私は肉の入った餃子は苦手で……
餃子ならニラ玉餃子が好きだ。

でも、肉が多いのは良い肉じゃないと臭くて食えたもんじゃないぞ。それに、どの肉を使うかというのも重要だ。豚肉を使う事が多いが、牛肉とか羊肉、あと魚肉というケースもあるな。

安定して使い勝手が良いのが豚肉なのは間違いないよね。ブタニラ、ブタセロリ、ブタ白菜とかは大体みんな好きだし。

でも、私は牛肉の餃子もウマイと思う。牛肉とにんじんや牛肉とセロリなんかが良い。

俺は牛肉なら牛肉とにんじんがいいな!
あとは海鮮系も良いね。餃子なら魚肉だけよりエビ三鮮の方が好みかな。
(訳注:三鮮餃子は豚ひき肉、えび、ニラが具になることが比較的多いようです)

エビと白菜の餃子が俺は大好きだ!!

豚肉セロリに関しては嫌いな人もいるというのは理解しているが、自分は大好きだ。セロリのうまさがカギだね!

年越しの時に食べる餃子は芹菜(セロリ)で勤財、白菜で百財、韭菜で久財といった辺りの縁起を意識したりするけど、普通は特に意識しないで食ってるかな。
(訳注:中国語の漢字の音による語呂合わせです)

でも、地方によっては餃子食わないこともあるんだよな。私の地元もそうなんだが、南方は餃子食わない地方とか結構ある。メディアでは中国の年越しは餃子みたいなイメージになっていて、何かもやもやする。
まぁでも餃子自体は好きだし、なかでも自分はニラ豚肉かネギ豚肉が好みだな。基本的にはこの二つばかり食ってるわ。

イメージ的には長江以南は餃子食わなかったり、別のもの食べたりしているような気がする。
福建とか浙江とか広東辺りは食っていないんじゃなかったけか。
それはそうと、俺は肉たっぷりの餃子が好き。ただ、ニラは苦手なんでどんな餡なのか事前に確認するように気を付けている。

ウチの地元はナズナとかの山菜と豚肉で餃子を作ったりするんだが、やはりマイナーなのだろうか。

私はキュウリと豚肉の餃子が好きだけど、あんまり同志に出会えない。うまいんだけどなー

マイナーと言えば、私は食ったこと無いけどイカ餃子とかも聞いた覚えがあるな。

年越しの時には食べないけど、私はトマトと卵の餃子が好き。自分で作るのはめんどいから外で食う時だけだが。

話盛り上がっている所でわるいが、俺……実は餃子嫌いなんだ。水餃子の分厚い皮が苦手で……ワンタンとかじゃダメかな!?



とまぁ、こんな感じで。
どの餃子の具の人気が高いかというのは地方や年齢層によって異なりますし、今回紹介させていただいた反応は必ずしも中国における傾向というわけではないと思われますが、とりあえずここで挙がっている餃子の具はメジャーなものが多いですね。

ちなみに、私はトマトと卵の餃子が好みです。中国に行く以前は餃子にトマトというのは想像したこともなかったのですが、一度食べてみたらハマってしまいまして。
それ以外ですと、豚肉とニラの餃子なんかも良いですね。ただどちらも日本の餃子屋さんではなかなかお目にかかれないのがちょっと残念です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

2/3修正:誤字脱字などを修正しました。ご指摘ありがとうございます。

中国オタク「今年は大気汚染が特にスゲェけど、みんな鼻毛どうしてる?切ってる?」

ありがたいことに
「中国は大気汚染がひどくなっているそうですが、その件について何か反応はあるのでしょうか?」
という質問をいただきました。
しかし、当ブログはオタクブログですしあんまり大したことは書けそうにないので、例の如くイイカゲンな話でお茶を濁させていただこうかと思います。

先日、北京の知り合いと話したときに、
「ただでさえ黄砂で鼻毛が伸びるのに、最近は環境汚染で空気が悪くなっているので更に鼻毛が伸びる」
という話になりました。
実際の所はどうなのか分かりませんが、私の経験でも中国に留学していたときの方が鼻毛は良く伸びていたように思います。

私の日頃の巡回先のサイトでも鼻毛やその手入れ

に関するやりとりを見かけましたので、今回はその辺についてを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今年は大気汚染が特にスゲェけど、みんな鼻毛どうしてる?切ってる?

鼻毛なんて不潔でなければいいんじゃないの?
私は特に手入れなんて考えていないが。

いやでも、さすがに鼻毛が出てるのが見える状態はどうかと思うんだよ……
ハサミで切るのもなんだし、鼻毛カッターとか買おうかと思っている。電動と手動どっちがいいんだろうか。

ああ。俺もちょっとそれ考えたことある。
ただ、売っている場所が分からない。どこで売ってるんだ?
通販だとサイズとかがいまいち分からないし、できれば実物を見てから決めたいんだが。

シェーバーとかと一緒の所に売ってるんじゃないかな?
最近はマジで鼻毛伸びるから、いっそ自分も買ってみようか……

私は電動の使ってる。初めて手にした時は思っていたより小さいと感じたが、実際に使って見ると便利だし気分が良い。

今は空気環境の諸々の要素で鼻毛が伸びるの早くなっているような気がする。ちょくちょく鼻毛を手入れしないとすぐに飛び出てくるんだよな。

私は日本で仕事している時は鼻毛の伸び方や手入れなんて考えたことなかったんだが、中国に戻ったらかなり伸びるのが早くなったし、たまに手入れもしなければならなくなったよ。たぶん黄砂や環境汚染とかが影響しているんだろうなぁ。

俺は国外に出たこと無いけど、昔に比べて鼻毛が伸びるのが早く感じられるし、鼻の外に出てしまったりもする。昔はまだもう少しマシだったはずなんだが。やはり手入れくらいしないと、マズイかも。

私は小さいハサミでちょこちょこ切ってるね。
黄砂がスゴイから鼻毛が伸びるというのは言われていたが、それに加えて今は大気汚染がひどくなっているからな。

みんな鼻毛は切ってるの?
実は俺は、指で抜いているんだ……他人に見せられる姿じゃないが、スッキリするぜ!

俺も昔は引っこ抜いていたけど、効率が悪いし鼻毛切りに切り替えた。そんな高いもんじゃないし、使って見るのをおススメする。

私はハサミで切ってたけど、鼻の中傷付けちゃったりするんで電動のヤツ買おうかと考えている。でも、電動のヤツって鼻毛全部刈っちゃったりしない?
鼻毛が少なくなりすぎるのも良くないだろうし、そこが少々不安。

鼻毛はあんまり切らない方が良い。呼吸器系の重要な防御フィルターなんだから。鼻の穴の外に出なければ、切らないでもいいと思うぞ。

切り過ぎるのも確かにマズイ気がするよな。窓の外の大気汚染っぷりを見ると、鼻毛を切ることがいよいよ怖くなってくる。
しかし、鼻の外に出ない程度に調整するのって案外難しかったり……

自分はとりあえず鼻毛カッター愛用している、なんだかんだで清潔になるから悪くないよ。鼻毛が外に出たら下品だし。

私も最近鼻毛カッター使い始めた。バリバリ切れてスッキリするけど、どんだけ鼻毛伸びてたんだと不安になる。

自分も「ちょっと1、2本飛び出ているのを鼻毛神拳と言ってネタにする」といったレベルじゃなくなってきてるから、さすがに整えようかなーと思ってる。

昔は伸びてきているのをちょっと抜くくらいでよかったけど、なんか最近は気になるレベルだ。

そう言えばこの間日本の知り合いと話したんだが、鼻毛やヒゲに関しては中国人は放置しすぎに思えて気になるらしい。
しかしそのウチの国の感覚で考えても最近の鼻毛の伸び具合はあれだから、昔よりも環境が悪くなっているのは確実か。

もし日本行くならわりとマジでその辺の身だしなみは考えた方が良いよ。
日本のアニメや漫画で「鼻毛出てるぞ」とネタになるのは、日本ではそれだけ鼻毛が飛び出るのがカッコワルイとされているということだからな。聞いた話ではズボンのチャックが開いているのと同じレベルだそうだ。

ウチの国は普通に鼻毛出ている人も少なくないから、見た目悪いけど他人が鼻毛出ていてもそこまでは気にしないかもな。あと、ヒゲに関してはウチの国と日本では習慣が少し違うように思う。

ああ、そういや中高の時とかヒゲそらないで放置な状態のヤツも多かったな。子供の時はそらない方が良いという話もあるくらいだし。
私が高校の時に修学旅行で来た日本の高校生との交流をしたんだが、日本の高校の男子はヒゲをきっちりそっている人ばかりだったのが妙に印象的だった。

そうか、俺の高校の時に修学旅行で来た日本学校の女子と俺がうまくコミュニケーションを取れなかったのは、俺のヒゲのせいだったのか!

たぶん、それは違……いや、なんでもない。



とまぁ、こんな感じで。
最近の中国の大気汚染を、身をもって体験(?)してしまったりしているようです。

それと、上の発言にもありますが中国はヒゲや鼻毛の感覚については、日本に比べて緩やかというかルーズな所がありますね。ヒゲの有無に関しては文化的な背景や自然環境というのも影響しているのでしょうが、鼻毛についてはどうなんでしょうかね?

ちなみに今はどうだか分かりませんが、90年代に私が北京の現地校に通っていた時は、中学高校と男女ともにあまりヒゲをそらないので、学校では無精ひげ状態の男子やヒゲの見える女子がわりといましたし、そういったことに関しては特に気にされてはいないようでした。
またその後、大学に上がってもその辺りに関してはルーズな人が結構多かったように思いますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人「そろそろ日本のラーメンと中国の拉面の違いをハッキリさせようじゃないか」

ありがたいことに以前、
「日本のラーメンに関して何か反応があれば紹介してください」
という質問をいただいていたのですが、つい後回しになってしまっていました。
思い立ったが何とやらで今回はそれに関してやらせていただきます。

なんだかんだでここしばらくの間で、中国では日本のラーメン「日式拉面」の人気がかなり広まったというか定着しつつあるように思えます。「味千」などの日本系ラーメンのチェーン店がかなり広まっていますし、日本に来た中国の方でラーメンにハマる方もかなり多いそうです。

しかしご存じの通り中国には様々な種類の麺料理がありますし、
日本のラーメンとは別に中国には
「拉面」(lamian)
という日本のラーメンの発音に近い手のべ麺も存在します。
そして、そこに日本のラーメンが「日式拉面」として入ってきたので、ちょっと混乱したりもするようです。

そんな訳で今回は中国のネットで見かけたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


そろそろ日本のラーメンと中国の拉面の違いをハッキリさせようじゃないか。
ウチの国に元からある「拉面」と、日本のラーメンの違いは何か、どちらが美味いのかを!

日本のラーメンの特徴って、麺を手でのばさないんだよね。
あとスープにイロイロな種類がある。ウチの国の拉面も具でバリエーションがついたりするが、スープが極端に変わることは無いよな。
(訳注:中国語の「拉」には、引く、引っ張るという意味があります)

味に関しては好みとしか言いようがないだろ……
料理は材料や値段に料理人の腕と言った条件まで加わる。そもそも、この手の話は中華料理の各地方の特色料理でさえ決着がつかないんだからさぁ。

日本のラーメンって全般的にウチの国の拉面よりも高級って感じはするね。麺やスープもそうだし、具も。あ、でも薬味はウチの国より少ないかな?

日本のラーメンの人気が高いのは知っているけど、俺の口には合わなかったわ。
正直、俺のいる広州だったらその辺の店のおっさんの作った麺とかの方がよほどウマイ。日本のラーメンは見た目が良いから売り易いってのもあるんじゃないの?

日本の拉面の麺って切って作る麺でしょ。
日本の連中は「拉」の字の意味すら知らないのか。アホじゃね?

どこで見たか忘れたが確か日本のラーメンの麺って機械で作ってるんじゃなかったっけ?日本は手で麺をのばす料理できないのかと。

まぁ確かに日本のラーメンは麺以外の部分はスゴイと思うよ。スープや具とかはウチの国の拉面に比べて上をいっているかもしれない。でも、手でのばすからこその拉面だし、美味しさもあるわけで。そこに関してはウチの国の拉面の圧倒的な勝利。

ラーメンって元々日本では「支那そば」「中華そば」って言う名前で普及していて、その後ラーメンと呼ばれるようになったんじゃなかったっけ?名前よりも先に中華系の流れの麺料理の現物があったんじゃないか?
あと、ラーメンはどうだかしらないがソバやうどんは普通に手で作ってる店が少なくないぞ。

どっちにしろ日本のラーメンって手でのばして作る麺じゃないんだし、名前からしておかしいよな。スープはうまいけど。漢字の意味が分からないなら湯(スープ)の麺とかにしとけってんだ。

あー、なんていうか、日本のラーメンの種類の中には一応「湯麺」(タンメン)ってのがあるんだわ……ややこしいことに。ラーメンってかなり種類が多いのも特徴だよね。

現在は便宜上、音が似ているから「拉面」と表記されることが多くなっているらしいけど、日本ではラーメンにどの漢字をあてるかは一定していないらしいぞ。それに昔は「老面」「柳面」という漢字表記になっていたそうだ。あと一応、中には手で引っ張って麺を作るやり方のラーメンもあるにはあるらしい。

しかし日本のラーメンも不思議な料理だよな。日本では一応中華系の流れの料理だとは認識されているらしいけど、ウチの国のどの地方のどの麺料理の流れにあるかはハッキリしないらしいし。

とりあえず、日本のラーメンの特徴としては
・麺はウチの国の拉面のように手でのばすのではなく機械で作ることが多いが、専門店では手作りもある。作り方は店ごと、地域ごとに違ったりする。ただ共通した特徴として縮れていてかみごたえがある。
・スープは基本的にウチの国の拉面よりも濃厚。スープは色んな骨などを長時間煮て作る。ラーメンの専門店はそれぞれが特色のあるスープを売り物にしている。また専門店ほどではない普通の店は濃縮スープを使って調理していることが多い。
って所かね。

蘭州拉面等では基本的に麺の太さや感触が重要だとされるが日本のラーメンはスープが重要だとされている。
名前が似ているから混同されることもあるが、本質的に考えて、ウチの国の拉面と日本のラーメンは別モノと考えるべきなんだろうね。

日本のラーメンって麺はそこまで特別って感じはしないんだが、スープの濃厚さが違うよね。ウチの国のスープみたいに薬味を大量に使うわけでもないし、根本的な調理方法の違いを感じる。

いや、麺に関してもかなり違うよ。小麦粉の他に「かん水」というアルカリ塩水溶液を加えて作るのが日本のラーメンの特徴。あれで黄色の色とかみごたえのある面を作る。一説によれば、モンゴルの湖の水で作られた麺において発見され、現在のラーメンの麺に至るらしい。でも、ウチの国も一応数百年前からアルカリ塩水溶液を使った麺はあるから、この伝説については疑問が残る。
まぁとりあえず、日本のラーメンの麺は弾力が強くて縮れているのが特徴なのは間違いないね。日本人は麺のかみごたえを非常に重視するので、中国の拉面を初めて食べたとき弾力の無さにガッカリするらしい

日本のラーメンがどうこう言い出したら、ウチの国に普及しているインスタントラーメン全部を考えなければならなくなるぞ。あれは日本のラーメンの流れから発明された食品だ。
あれも拉面の呼び名で普及しているから余計に混乱する。

しかし日本のラーメンの濃いスープはどうも好きになれないんだよな。食ってから水をがぶ飲みしてようやく落ち着く。あれは俺の好みじゃないわ……
あと日本のラーメンにのってるチャーシューやナルト、特に半熟の卵が受け入れられないわ。

俺も日本のラーメンはダメだ。
現在はかなりの都市に味千ラーメンとかの日本のラーメン系の店が出ているけど、なんであんなに多くの人間が行くのか理解できない。これは俺に問題が有るのか?俺は普通に蘭州拉面とかを食う方が好きなだけなんだが……

味に関しては純粋に好みの問題だから気にする必要はないよ。
あと味千は店が小奇麗だってのも人気の理由だろうな。女の子連れて拉面食いにいくのはアレだけど、味千に入るならなんとなくセーフという感じになっているし。

日本のラーメンの特徴ってスープだよね。これが合わないならしょうがないと思う。
あとこれは私も知って驚いたんだが、日本のラーメンで一番コストのかかるのがスープで、材料も豚や鳥の骨、コンブ以外にもイロイロとあるらしい。そしてスープををうまく作れるかが非常に重要であり、専門店はこれを重要な秘密にしているそうだ。

ウチの国の拉面はスープに手をかける意識はほとんど無いと思う。特に化学調味料が一般化してからは余計に似たような味になってきたような。

俺は蘭州拉面で育った人間だが、日本のラーメンが別格のウマさなのは認める。でも安さと手軽さを含めればやはり蘭州拉面の方が良いな。

日本に来てラーメンがいっぱい食えて幸せな自分だが、一つだけ認められないことがある。
日本の中華は担担麺まで日本のラーメン化しているんだ!ありゃあ日本のラーメンのスープで食うもんじゃないんだよ!!

こういうどっちが美味いかみたいな話が出るのって、名前の問題もあるんじゃないか?
正直、「日式拉面」に関してはせめて字だけでも呼び方を分けた方がいいんじゃないかと思ったり。あれ、別の食い物だと認識しておけばもっと落ち着いて楽しんで味わえるんじゃないかと。

まぁ蘭州拉面にしてもブランドの総称みたいになって各地で違いが出て来るようになってるし、今ここで発言している人間の考えている味が共通したものとは限らないから、日本のラーメンと比べてどうこうというのは難しいかもしれないな。
蘭州出身のヤツも、蘭州拉面の特徴についてキッチリとは答えられなかったりするし。

ウチの国の拉面って最近はチェーン店化して小規模店が無くなり、チェーン店化した所はどんどん迷走して味が落ちているからな……日本のラーメンに市場を奪われるのもしょうがないかとも思ってしまう。

ウチの国はチェーン店化するとどこも味落ちるからね。セントラルキッチン方式でもないし、調理法の伝授とかきちんとしていないし。

そうそう。ウチの国の料理店って、複数店舗化したりチェーン店化すると大体はメインの料理人が本店以外の店まで手掛けて手が回りきらなくなって結局全体的に味が落ちるんだよね。
あと買収ででっかい企業の傘下に入ると仕事頑張っても頑張らなくても収入そんなに変わらなくなるから、どんどん手を抜き出すんだよな。

いや、実際最近の商業競争のせいでウチの国の拉面事情は何気にヤバイことになっていると思うよ。悪貨が良貨を駆逐するのを目の当たりにしているような気もする。
材料的に昔より良いモノが出せるはずなのに、値段だけ上がって味が落ちるか消えるかしているのはどういうことだ……

日本のラーメン専門店の全身全霊をかけて秘伝のスープを作り店を出して盛り上げ、維持していく態度は評価するべきだと思う。
料理としてどっちが上かは分からんが、ウチの国の拉面を出す店が日本のラーメン店と比べて味が落ち易いってのは認めざるを得ない。

昔美味しいから通った店もオーナーが変わってあっさりと味が落ちたり、2号店が出て味が落ちてそのうち潰れたりしているからな……



とまぁ、こんな感じで。
中国には既に拉面が一般的な麺料理としてある所に、「日式」という字はついているものの「拉面」という名前で日本のラーメンが入っていることから、元からある「拉面」とごっちゃになって混乱したりするようです。

ちなみに、上の方で何度か出て来る
「蘭州拉面」
ですが、中国ではやや珍しいコシのある麺を使うので比較的日本のラーメンに近いと言われています。しかしこれもあくまで「近い」であって日本で日常的に食べられているラーメンとは違う味のものです。

それでなくとも中国はイロイロな料理があるわけですし、「麺」ということで大まかなカテゴリ的には同じになってしまう上に中国で一般的な麺類ともイロイロと似ているような所もあるので、こんがらがったり、似たようなもんだと思い込んだりしてしまうような所も出て来るのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国で日本のラーメンが人気になったきっかけはとんこつとダシ?

中国オタクとクリスマスの過ごし方、そしてその嘆き

「クリスマスが恋人関係のイベントになっているのは日本のことだし、中国留学していた私にはわからないわー。一人身でもさびしくないわー」と嘯いていたら、いつの間にか中国でもクリスマスが恋人関係のイベントっぽいことになってきて逃げ場を失いつつある今日この頃にございます。

さて、そんな中で追い打ちをかけるがごとく
「中国オタクのクリスマス関係のネタを求む」
という質問を有難くもいただきましたので、今回はそれについてを。

遊んだり商売にしたりの口実として活用できるのもあってか、中国でもクリスマスやサンタクロースなどは徐々に広がっていき、最近ではそれなりの定番イベントになった感もあります。
ショッピングモールや盛り場などもクリスマスの飾りつけになりますし、カップル向けのサービスが提供されたりもしていますね。

とは言え、やはり日本ほどクリスマスが重要なイベントになってはいないのですが、日本のアニメや漫画、ゲームなどでクリスマスネタをよく知る中国オタクの面々にとってはそれなりに意識するイベントとなっているようです。

そんな訳で中国のソッチ系の掲示板で見かけたクリスマスの嘆きを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


やぁみんな!今日はクリスマスイブだけど、みんな何をやっているのかな?
私と同じくPCの前にいるみんなはちょっと語ってみようじゃないか!!

自分は二次元の女の子と一緒に平安な夜を過ごす予定です。

大丈夫、私には「計算姬」がいる。クリスマスも一緒さ!
(訳注:中国語でコンピュータは「計算機」とも言うのですが、「機」と「姬」は発音が同じです。中国では「機」と「姬」を入れ替えて機会を女性化するネタがあったりします)

こっちでは総統がクリスマス中止を発表するほどじゃないのは救いか。

西洋人の春節みたいなイベントに、なんでさわがなきゃいけねぇんだよ!!

まぁ、最近は清明節ですらも恋人関係のイベントに活用されるご時世だからな。クリスマスがそういう形になるのもしょうがない。
(訳注:清明節は中国では祖先の墓参りや墓の掃除をする日とされており、最近は祝日として休みになっています)

今日はたまっているアニメをじっくり見ることが出来ました。良い日だった……良い日だったんだ……

おかしい、今年は2012年だ。12月21日で世界は終わるはずだったのに。こんな日が来るはずは無かったのに。

恋人関係のイチャイチャや合体に関しては祝日よりもロマン重視だろうから、さすがに清明節よりクリスマスの方が盛り上がるな。

ロマンか……ちょっと寂しさを感じてしまうが、日本のオタクのツワモノのように、ディスプレイの中の二次元の女の子と一緒にクリスマスのケーキを食べることはさすがにできない。

あ、俺それやったよ。開き直ってみると案外悪くない。まぁ他人には見せられないが。
日本語1級の俺なら二次元の中へちゃんと日本語で話しかけられるんだぜ……

俺にはそれは無理だわ……まぁいつも通り抱き枕ちゃんと寝ることにするよ。

いくらイベントだからって、こんな冬の日に飯食うために1時間並ぶとかありえん。しかもレストランは特別価格で値上げになるし。

そもそも、ウチの国はクリスマス休みじゃないしね。春節前のいよいよ忙しくなる時期だし、恋人いようがいまいがイベントで騒ぐ気にはなれないだろ。

クリスマスが恋人記念日になっている日本も休みじゃないぞ。

でも日本はテスト終わった後のタイミングになるらしいし、こっちとは違うよ。
ちなみに俺はテスト前のラストスパート中だ。
クリスマスを恋人と過ごすというイベントというのはやはり伝説上のモノに違いない。

アニメや漫画を見ていると、ネットでリア充を装ったりするネタが出て来るけどなんか笑えない。クリスマスもそうだが、最近ウチの国でもそういうイベントネタが増えて来ているから、リア充を装ってしまうヤツも結構いるんじゃないかな。

あー、うん。クリスマスが近づくとネットでもそんな感じの演技しているっぽいのがわりと目につくようになってくるのが、なんか見ていて悲しい。自分もその気持ちわかるし。

俺はまだ仕事中だよ!
元旦の休みが増えた分のしわ寄せが今に来ている。一応イベントっぽいもんはあるけど、それを楽しめる状況ではないな。恋人?ナニソレ?

俺も残業だわ。一応会社が社員向けのクリスマスイベントやっているんだけど、俺の部署はそれどころじゃないわ!

ウチの国では春節が長期休暇だし、元旦はそんなに休まなかったんだけど最近は昔に比べて休むようになったしねぇ。
しかしクリスマスから春節まではまだちょっと間が空くし、学校は期末、会社も年末のゴタゴタが終わっていないから、欧米は無論、冬休み直前のタイミングになる日本のクリスマスのような賑わいでのイベントは難しいわな。

昔はクリスマスって軽いイベントだったのに、最近はなんか重いイベントになってしまってめんどくさいという感じが。昔も一応クリスマスツリーやサンタクロースなんかはあったけど、ツリーなんかクリスマス終わってもそのままで春節までの1、2か月ク出しっぱなしとかいう扱いだったのに。

ウチの職場の近くは相変わらずツリー出しっぱなし状態が続いているぜ。
個人的には街並みとかネットの空気に関しては、情人節(バレンタインデー)ほどキツイものはないしそれほど気にはならないかな。

確かにバレンタインデーよりは楽だな。あれはもう恋人用の祝日的な扱いで定着した感がある。
でも、この時期になると日本のアニメや漫画がクリスマスネタと恋人ネタに染まるのでなんか憂鬱な気分になるのは間違いない。

さて、クリスマスだしちょっと「ポケットの中の戦争」でも見ることにするわ。



とまぁ、こんな感じで。
なんだかんだで「クリスマスに一人身は寂しい」程度には意識されているようです。

ただ上の発言にもありますが、12月下旬は中国の大型連休となる春節(旧正月)の前で会社も学校も忙しくなる時期なので、あまりゆっくりと休める時期ではありませんし、クリスマスが過ぎたらもう年末気分な日本に比べれば余裕はありませんし、イベントもそこまで盛り上がれなかったりするようですね。

それと、中国で一人身が最もキツイと意識されるのは恐らくバレンタインデーだと思います。
こちらは日本のものとは少々違ったイベントになっており、実質的に恋人が仲を深めるためのイベントになっています。
最近はその時期が近付くと嘆きの声がかなりの勢いで飛び交ったりしているのですが、これに関しては日本よりもかなり激しいことになっていますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


バレンタインデーを嘆く中国オタクの面々


12/27修正:誤字脱字を修正しました。ご指摘ありがとうございます。

中国人「なんで日本だとクリスマスはケンタッキーフライドチキンということになってるの?」

ありがたいことに
「ぼちぼち食べ物関係のネタでやってください」
というリクエストをいただきましたので、今回はオタク関係ではないネタで一つやらせていただきます。とは言え、今回は中国の食事関係とは微妙に外れているかもしれませんが。


ケンタッキーフライドチキンは日本でも中国でも色んなところに出店しており、代表的なファストフードの一つとなっていますが、それぞれの国ごとの特徴のようなものがあり、同じケンタッキーフライドチキンでも、味やメニューに違いがあります。

そんな違いの中で
「日本のケンタッキーフライドチキンは、クリスマス商戦に特別メニューで盛り上がる」
というのが中国に伝わり、ちょっとした話題になっているようです。

そんな訳で今回は中国のネットで見かけたその辺についてのやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


クリスマスが近いということでクリスマス関係の話やもりあがりが出ているが、一つ気になるニュースを知った。
日本ではクリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べるというのが定番になっているらしい。しかし、なんで日本だとクリスマスはケンタッキーフライドチキンということになってるの?ケンタッキーとクリスマスの関係が分からん。

あ、ほんとだ。日本のKFCってクリスマスの特別メニューやっているんだね。
でもこれは俺の知っているKFCとは、似ているようでかなり違う。まさか日本のKFCは世界線を改変することに成功したというのか……!?

ニュース記事によれば、日本のKFCの宣伝が非常に成功して「クリスマス=ケンタッキーフライドチキン」のイメージを定着させることに成功したということだが……

クリスマスプレゼント関係は、欧米ほどじゃないけど日本にもウチの国にもあるから規模の大小が主な差になると思うが、食事やパーティなんかは結構分かれるような気がするな。日本のKFCはそこで独自のサービスを展開しているんじゃないかね。

確か日本ではターキーを食べないから、その代わりにクリスマスにチキンを食べるようになったということじゃなかったっけ?

私もターキーの代わりにフライドチキンが流行りそこにKFCが食い込んだという説は聞いたことがあるが、これも考えてみればおかしい。アメリカでターキー食べるのって感謝祭であってクリスマスではない。イギリスではクリスマスにターキーを食べるけど、KFCは知っての通りアメリカ出身だぜ?

日本の商人パワーの結果なんじゃないか?あの国は「ホワイトデー」というイベントを商業的に作って社会に根付かせた国だぞ。

アメリカと比べてどうなのかはよく分からんが、少なくともウチの国と日本ではKFCの店の性質はかなり違うね。日本のKFCって24時間営業すらないようだし。

うお、日本のKFCって高いんだな。メニューに載ってるクリスマス価格がスゴイ。セット4000円とか、
日本の物価が高いというのを考えてもちょっと高めに感じる。これ、ウチの国だと100元(約1300円)くらいじゃないか?

クリスマスにKFCってのはともかく、日本のKFCの値段に驚いた。日本のKFCってどういうレベルの店なんだ?この価格帯が一般的なのか!?
ついでに日本のマクドナルドのセットメニューの値段とかも調べてみたが、KFCは明らかに高い。

そもそも、セットに簡単なデザートでは無く本格的なケーキが作ってのが驚きだ。日本のKFC的にはクリスマスはマジででかいイベントなんだな……

それに関しては日本留学中の俺の話を聞いてくれ。日本のKFCは一応ファストフードではあるんだが、明らかにマクドナルド等のハンバーガー系とは違う扱いだ(もちろんチキンのバーガーもあるんだけどね)
中国では店内で食うことが多いけど、日本人は持ち帰りで食う人多い!日本ではKFCはセットで買って持ち帰って食べるのが一般的なんだ!

そうそう。一応人の多い所では店内で食事するための席もあるんだけど、食事スペースがかなり小さい店とかも珍しくないんだよね。
あと日本にいる中国人はKFCを中国の感覚で使うから店内で食べる人間が多い。この間近くのKFCに行ったら日本なのにいつの間にか周囲が中国語ばかりになってて笑った。

しかし、クリスマスとKFCか……これ、実際に日本人に聞いてみてもちゃんとした答えが返ってきたことないんだよね。
ただ「日本人はお祭りを口実に美味しいモノ食べたり遊んだりするのが好きだから、その口実として活用している」という妙に説得力のある話はとても印象的だった。

中国も祝日になるとファストフード店はどこも混みまくるぜ!クリスマスとか関係無く!

そりゃ食べるのに都合の良い場所がまだ少ないからだろ。家族連れで入れて子供が喜ぶ店がウチの国には少ない。ウチの国では誕生会をKFCやマクドナルドでやるのがわりと一般的になっているのとか、海外から見れば結構ヘンらしいぞ。

ウチの国のマクドナルドもKFCもいつのまにか随分と安い価格の食事になっているからなぁ。普通に中華料理の店に行くよりも安くつくことが多い。一応KFCの方が若干高いイメージあるけど、それでもウチの国だとそこまで大きな差は無いよね。

いま思いついたんだが、こういう独自のことをやっているのって、日本ではマクドナルドとKFCで明確な力の差があるからじゃないか?
ウチの国では両者の勢力がわりと均衡しているような印象だけど、日本ではマクドナルドの方が圧倒的に優勢。だから売り方を変えて生き残りを図っているんじゃないかと。

いやいや、ウチの国でもKFCは持ち帰り結構あるぞ。俺は以前バイトしていたことあるけど、祝日は半分以上がセットメニューの「全家桶」だったりしたぞ。
(訳注:「全家桶」は中国のKFCのメニューで、中身はオリジナルチキン5ピース、辛口チキンの「香辣鶏翅」6ピース、にんじんブレッド2個、トウモロコシ棒の香甜粟米棒1個、Mサイズコーラ3杯のセットです。コーラは大きいペットボトル1本で代用されることも多いです)

それ、休みの日だからってのも大きいだろうし、そもそもウチの国は「全家桶」のセットで買ってそのまま店内で食べることも多いよ。友達同士で行った時なんかそうやって頼んだりするし。
日本はセットメニューを持ち帰って一家で食うというのが主なイメージになっているから、やはり中国との違いは存在する。

ウチの国でも料理したくない時とか外食の時にKFCとかは普通にあるよね。
ただウチの国では食事における有力な選択肢の一つではあっても、クリスマスだから特別ってのは無いよね。

俺は日本に留学中なんだけど住んでいる所の近くのKFCでは、去年クリスマスになると並んだり、予約したチキンの受け取りがスゴかった。
ウチの国の年越しの餃子みたいに「無ければおかしい」というレベルではないけど、ある程度のレベルの習慣になっているのは間違いないと思う。あとKFC以外もクリスマスとチキンという組み合わせでガンガン宣伝しているから、クリスマスにチキンを食べるというのが重要な選択肢になっているのは間違いない

恐らくKFCによる日本での需要に合わせた戦略の結果なのは間違いないだろう。ウチの国のKFCの朝メニューのお粥や油条、豆乳は他の国には無いモノだし、日本のクリスマスメニューもそういったものの一つなのでは。

確かに、ウチの国のKFCも随分と「現地化」しているよね。
日本のKFCのクリスマス特別メニューもそういったものだと考えれば理解できる。しかし、日本ではクリスマスにチキンを食べるということの理由がやはり分からん、日本なりの需要があるんだろうが……



とまぁ、こんな感じで。
話がいつの間にやらあさっての方向に行ったりもしていましたが、中国のKFC事情についての話がイロイロと出ていました。

今回の反応を見ていて思い出したのですが、
確かに日本と中国ではKFCのイメージにちょっとした違いがありますね。

中国におけるKFCはマクドナルドと似たようなポジションに収まっていますし、
メニューに関してもハンバーガー系のメニューがかなり強くなっています。

そして値段に関しても昔はやや高めだったものが、
中国の所得と物価が上がっていく中でいつの間にか
「普通の中華料理店に入るよりは安くつく、気軽に食べられる値段」
といったレベルになっているようです。

同じブランドのファストフードに関してもお国柄が出ているのを改めて眺めてみると結構面白いもんですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「体罰について、どう考えている?」

ありがたいことに
「最近中国のネットでは学校の体罰が話題になっているようですが、中国の若い人の間で体罰ってどう思われているんでしょうか?」
という質問をいただきましたので、今回はその辺りについてを。

中国の教育機関でも体罰が問題になったりすることがありますし、場所によっては大きな問題となることもあります。しかしその辺りに関してはやはり場所や環境ごとにかなり違ったりもするようですし、体罰への認識も個々人の経験によって異なるようです。

中国の若い人……というのにはちょっと偏っているような気もしますが、中国オタクの多くは80年代、90年代生まれの人間ですし、大学生や院生或いはその卒業生が主な層ですから、学校に通っている期間も長いので学校の体罰に関しても比較的身近なものとなっていたかと思われます。

そんな訳では今回はとりあえず中国のソッチ系の掲示板をまわって見かけた
「体罰についての考え」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


体罰について、この頃またニュースになったりしているが、みんな体罰についてどう考えている?肯定か否定かみたいに大雑把な所でもいいから、ちょっと教えてくれないか?
実は私は幸いにも体罰に遭遇したことって無いんだが、周りの話を聞くともう、ヒドイ体罰比べみたいな勢いのトンデモない話も聞こえて来るので、自分の感覚が信じられなくなっているんだ。

自分は小さい頃に親にも教師にも体罰受けたというか、殴られたことはあるね。
そしてその後、ずっと親父との仲が険悪なまま今に至っている。体罰の必要性についての話は分かるが、もしやるならきちんと体罰後のケアも考えてやるべきだと思う。

危ないことに手を出した子供に対するときなど、大事な時に軽くバシっとやるならまだしも、体罰というレベルになっていくとダメじゃないかな……

俺は体罰を受けたことあるが、正直肯定も否定もできないな。俺の学校では体罰はそれなりに見かけたけど、それを受ける人間次第という印象がある。人によっては体罰で正しく導けるだろうけど、人によっては殴られて歪む。

殴られたことって、どんなに小さくても記憶に残るんだよね。私は小さい頃に両親に殴られたことを覚えているし、友達と昔そういう経験について話たときに、モノスゴイ細かく体罰を受けた記憶を持っているのがいた。
私はその友達の親と会ったことがあるし、親子の仲も悪くないと思っていたからかなり驚いた。友達によれば現在の親との関係はさておき「やられたことは絶対に忘れられない」ということだった。そういうこともあるんで、私は体罰に関して気軽にはやれないなぁ。

しかし体罰が比較的効果があるのも確かじゃないか?もちろん親や教師がきちんと教育できるならやらなくても良いとは思うが、そういうのってかなり難しいんじゃないだろうか?
自分は子供の頃にゲームにハマりまくって何も聞かなくなって親にボコられてようやく悪い習慣を断ち切れたなだが、当時の自分の状態を思うと、体罰なりなんなりで修正しないとどうにもならなかったと思う。

私は好きではないが、否定もできないし消極的な肯定って所かな。
実際、体罰以外にどうすりゃいいのかって状況はある。私の親戚の子供がネトゲにハマって大変なことになっているんだが、その子の親は口で言うくらいしかしないから子供が完全に親をなめきっちゃっているんだよねえ。こっちに愚痴られても、親がしっかり動かないからどうしようもないとしか。

子供の中には、痛みを与えないと何が悪いか理解しないのがいるからね。
昔に比べてウチの国も豊かになったから、怖さや危機感に関して知らないまま育っちゃっているケースもある。親ならば、そういうのを理解させるために一定の体罰は必要なのではないだろうか。体罰で全てなんとかなると思うのは思考停止だけど、理屈だけで子供を教育できると考えるのもある種の思考停止に思える。

男の子なら殴っても良いかもしれんが、女の子は殴るのやめとけというくらいかね。

しかし、問題はそれをできる存在がいるかどうかだな。
きちんとした体罰とその後のケアって、最近は親も学校もできていないだろ。だったら体罰は無しという方がまだ現実的なのでは?

私は道理を説いて理解できる前は体罰はアリ、一定の年齢に達して道理を理解できるようになったら必要ないと考えている。小さい子供に対しては道理を説いても難しいときはあるし、推奨するわけではないけど必要悪として手を出さないといけない時はあると思う。

私は小さい子供だから叩いていい、叩かなければならないってのは間違いだと思う。小さい子供でも「恥」は感じるし、その後の成長にも影響する。私は体罰がどうこう以前に、叱り方が問題だと思うんだが。

しかし、その道理がそもそもどーしようもないという我が国の現状が……なんていうか現実社会の状況に親も教師も道理を説くのを諦めているような気がする。

確かにな……教育の場自体がそもそも体罰どうこうじゃなくなっている。
私のいた学校では、態度の悪い生徒をしかった教師に対して「授業ウケる気が無いなら出ていけ」と言ったら、生徒が「俺は学費払ったんだから何でそんなことを言われなきゃならないんだ!」と言って更に「俺のパパは政府の幹部だ、お前なんかクズみたいなもんだ」とか言い出して抵抗、結局授業はグダグダ。クラス全体の成績もしばらくグダグダという事態になったことがあるよ……

実際、そういうめんどくさいケースがあるから教師は体罰どころかまともな指導もやり難いんだよなぁ。
逆にそれ以外だと成績やなんかの将来に響く、体罰じゃあ済まないレベルのになっちゃうし。そっちをメインにやられると、学生にとっては体罰よりもでかい、社会的な面でのダメージがくるし……

学校の経営もあるし、現在のウチの国では教育が商売とサービスになっちゃっている面があるからね。そうなってくると、学校側も体罰とかやろうとしなくなる。教師も評価が高ければ収入も上がるし、付け届けも増えるからね
逆に下の方になると、今度は親がそこまで気にしなくなるし、選択の余地がなくなるし、教師の質も低いからニュースになるような体罰が出て来る。
結果的に良い学校に行けば、体罰は無くなる……と考えてもいいのかもしれない。コレはコレでイヤな現実だ。

体罰がストレスのはけ口になる可能性もあるから、私は肯定できないね。
私は小学校の頃、生徒に対して何かと問題を「探し出しては」憂さ晴らしをするヒドイ教師に当たったことがあるんだが、体罰と言う口実でがこういったことでごまかされる危険性を感じてしまうね

都市や学校のレベルによる差ってあるね。
最近虐待の問題が出ているのは出稼ぎ向けの所や民間の学校というのが多い。この間ゴミ箱に子供放り込んだりして注目を集めたのも民間の幼稚園。そういう所って教師のレベルも収入も低いから、どうしても問題がなぁ……

統計とか知らないので何とも言えないが、その「レベルの差」ってのはちょっと分かる気がする。
俺の地元は辺鄙な所なんだけど教師からすれば「学生を殴らないのが理解できない」というレベル。大学に入って「先生に殴られたことや体罰を受けたことが無い」という同級生に出会って非常に驚いた記憶がある。

ネットを見てみろよ。殴られたりしないまま育った人間が多い現在では、頭が育たず口だけが育っている人間ばかりじゃないか。

子供の頃って、まだ自己観念が確立していないし、危険を避けることや道徳観念を覚えさせるためには体罰も必要なんじゃないかな。口で説明する教育ではカバーできないことってあるし。もちろん、失敗した程度での体罰はどうかと思うけどね。

私は自分の子供の頃の経験から、自分の子供には体罰をやらないと決めている。
体罰の記憶って非常にクッキリと残るんだよね。大きくなって手を出しにくくなり、学校の成績も安定するようになってからはやられなくなったが、小さい時の体罰が自分の精神の成長方向にネガティブな影響を与えたのは間違いない。
現在の親との関係は悪くない状態だけど、この間親と会った時にふとそういった昔の記憶を話題にしたら、親の方はすっかり忘れていて、こっちの話に驚いていて逆にショックを受けていたが、もう何かイロイロとやりきれないと感じたわ。

体罰を肯定する考えを完全に否定するつもりはないけど、子供に「仇」の考えを植え付ける可能性についてはきちんと把握しておくべきだよね。
小さい頃にいたずらっ子をしかる親というくらいのレベルだったらいいけど、中学生くらいになると反抗心がどんどん育つ。てか、その歳になっても殴られなければ分からない時点でどうしようも無いような気もするが。



とまぁ、こんな感じで。
ざっと見た感じでは、半々くらいで、肯定否定で明確にどちらが優勢というのは無い感じでした。体罰そのものについてもそうですが、中国の教育に関する見方が出ているのも興味深いですね。

それと、上の発言の中にもありますが中国では
「学校のレベルで体罰の状況が変わる」
ということに関して日本よりも極端な所があるようです。

中国は学校に関しても「貧富の差」が激しく、
下の方になってくると教師の待遇も悪くなって教師の質も落ちていき、
中には資格無しの教師がいるというケースなどもあり、
そういった状況になってくると体罰も頻繁に行われてしまうそうです。


またそれとは別に、
中国では日本ほど教師を守る組織が確立されていないのもあってか、
教師が体罰のような自分にとってリスクのある行為を行うのはあまり賢いやり方ではないといった空気もあったりしますね。

そもそも、中国の学校は教師がかなり依怙贔屓できるシステムなので、生徒に言うことを聞かせるだけならわざわざ体罰をやらないでも生徒をどうとでもできる所がありまして……

この辺りの影響に関しては重点学校などの上のレベルのいわゆる進学校などになればなるほど大きくなるように思えます。

例えば中国の学校では共産党の下部組織である「少年先鋒隊」や「共産主義青年団」に早い段階で入れるかどうかがその後の評価にかなり影響するのですが、その選抜には教師の意向が絡みます。

それ以外にも、受験の加点がある生徒の評価や、推薦関係なども教師の意向が非常に大きいので、教師に気に入られないと進学する上でかなり不利になります。
言ってしまえば、日本の内申書関係における教師の裁量を大幅に強化した感じでしょうかね。

クラス担任や主要科目の教師はコレがあるので、進学を考えている生徒は先生に気に入られる、或いは最低限嫌われないようにしないといけませんし、親も袖の下をバンバン投げ込みます。

更にあまりにもダメな学生の場合は、公開批判大会で指弾の的にしてしまえばいいわけですから、進学校になってくると教師による体罰はあんまり出てこないようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク的疑問「日本の学校のいじめってホントに漫画みたいな感じなの?」

中国のネットで大流行する後ろ向きな言葉「屌丝」

いまいち実感がわきませんがついにエヴァQの上映が始まってしまった今日この頃、私はこの週末に見に行くのはちょっと無理なので、最低限の連絡以外はネット断ち状態に入っております。

そんな訳で、今回はネットで反応を調べなくてもいいネタで一つ。

中国のネットでここしばらくの間爆発的に流行っているネット用語に
「屌丝」(或いは「吊丝」)
という言葉がありますが、ありがたいことにこの言葉についての質問をいただいております。この言葉は説明しだすとキリが無いような所もあるのですが、とりあえず例によって大雑把でイイカゲンな紹介をさせていただきます。

さて、この
「屌丝」(diao si)
ですが意味としては何と言うか、
「貧乏で実家の力も無くて、現在も将来的にも家や車や恋人が持てず、未来に希望が持てない人或いは自分がそうだという自嘲」
といったようなもので、
日本で言う所の非モテや負け組に将来への不安をくっつけてイロイロとこじらせた人、或いは自分がそういう人間だという自嘲……という感じでしょうか。

比較的イメージし易い例えには「新時代の阿Q」というのもありますね。
阿Qとの違いは自嘲的な所と、なまじネット等により情報だけが増えていることから、その情報の中で溺れたり沈んだりしている所でしょうか。

また、「高富帅」(日本語で言うなら金持ちでイケメンで実家がスゴイといった辺りでしょうか)が実質的に対義語となっているようです。


この言葉の発祥に関しては幾つか説があるようですが、とりあえず中国の百度の大型掲示板、「百度貼吧」内の雷霆三巨頭吧の住人が李毅吧の住人に対する呼称として使ったものが、魔獣世界吧などを通じて拡散したというのは確かなようです。
(ちなみに、李毅は中国の非常にネタ度の高いサッカー選手でして、李毅吧もイロイロとネタの飛び交う所になっているのだとか。また「魔獣世界」は「World of Warcraft」の中国語タイトルです)

その後、この言葉のネタ性が中国のネットで大ウケして、
現在は自称や他称として広まりに広まり中国のネットユーザーの多くが
「ヤツらは屌丝だ」
「俺が、俺たちが、屌丝だ!」
とかやっている状況となっています。


そして広まり使われていく中で意味や使われる範囲も変わっていきました。
「屌」という字は男性器の俗称や罵倒語の一種などという意味がありまして、初期の頃は社会的に底辺レベルだとされる仕事に従事していて収入も彼女も未来への希望も無いという男性を指すネットスラングだったのですが、広まったあとは「低収入で恋人がいない男性」程度(しかも、この言葉を使っている人間の主観的な部分も強かったり)であれば使われるようになったり、「女屌丝」という形で女性に対しても使われるようになったりしていますね。

この広まりっぷりに関しては、
「現在の中国は将来に希望を持てない人間が増え、自嘲や冷笑的な空気が蔓延しており、それに加えて期待しなければダメージもないということで、この言葉で自分にレッテル貼りをして最初からプレッシャーを避けようとする人間が増えているから」
という指摘もあります。

また更に、収入が一定以上あるような人間でも
「経済的なバックグラウンドやコネが無い」
などといった場合は、自分は「屌丝」だと認識していることがあるそうです。

ちなみに中国のネットで見かける
「他人から見た屌丝」
というネタでは

・惰弱な性格だよ!言葉は悪いし、頭の回転は鈍いよ!
・心の中は善良だけど、自分と世界に対するきちんとした認識が不足しているね!
・愛を持っていない、後悔しながら妄想し、自分で「なんとかする」しかないんだ!
・仕事は底辺で苦しくて疲れる、収入はわずか、溢れるのは恨みだけさ!
・彼等にも夢はあるんだよ!でも自分で努力して実現しようとはしないけどね!
・彼等にも尊厳はあるよ!でもプライドはちっとも無いし、いつも人から与えてもらうことばかり望んでいるけどね!


といった感じになっています。


ただ、現在中国のネットでこの言葉が使われている雰囲気については、ここまでに書いた内容から受ける印象ほどネガティブなものではなく、実際はネタ混じりな所が強いですね。
「どうせ俺達はこんなもんさ」
といった軽いダメ自慢のような形で使われることもかなり多いように感じられます。

例えば、
「屌丝は高級な美容室やオシャレな場所には入りたがらない。スターバックスなどに入った日にはどうすればいいか分からなくなる」
といった、日本でも分かり易いネタもあったりします。

屌丝的な不安や不満のようなものは、誰しもが持っていたりするような部分だとは思うのですが、そういう所をネタにするダメ自慢と言うか、ダメ認定といった感じで、何とも後ろ向きと言うかダメージ回避に努めるような感じで使われている所も見受けられますね。


それにしても、昔は中国のネットユーザーの自嘲が
「宅」
(オタクや引きこもりというより、インドア派、PCの前で時間を浪費しているといった辺りの自嘲の意味で使われていることが多かったように思います)
といった言葉などによるものだったのですが、
現在の「屌丝」は「宅」などの言葉に比べて随分とネガティブなものになっています。

「屌丝」には、ネタ混じりとは言っても将来への不安と現在の環境への無力さなどが加わっちゃっていることから、現在の中国社会における閉塞感と未来へ希望の無さなども見受けられますし、ネットにおいても中国の状況が随分と変わってきているのを実感してしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
今回の説明は我ながら不十分だと思いますので、ツッコミ&情報提供をいつにも増してお待ちしております。


中国の辞典の最新版に「オタク」から来た言葉「宅男」「宅女」が収録される

中国では結婚できないと斉天大聖になるらしい
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ