「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

ゲーム

中国オタク「グラブルがまた変わったコラボをやるらしい。今度は「コードギアス」と「ラブライブ」だ!」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

先日「グランブルーファンタジー」の5周年直前生放送で発表された
「コードギアス」「ラブライブ!」


とのコラボが中国でも話題になっているそうです。
『グラブル』で『コードギアス』や『ラブライブ!』とのコラボが開催決定。ルシファーと戦う新マルチが追加(電撃オンライン)

近頃の中国では「グランブルーファンタジー」に手を出している人も少なくないそうですし、「ラブライブ!」も「コードギアス」も中国では一時代を築いた人気作品ということで、ちょっとした話題になっているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「グラブルのラブライブ、コードギアスコラボ」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます、


グラブルがまた変わったコラボをやるらしい。今度は「コードギアス」と「ラブライブ」だ!

「ラブライブ!」は前にもやってなかったか?ニュースで見た覚えがある。復刻追加版?

前にやったのは「ラブライブ!サンシャイン!!」の方だよ。
今回は「ラブライブ!」の方で、ついにμ'sが参戦だ!

なるほど。そう言えばキャラをよく見ていなかったかも。
しかし改めて見ると、自分はラブライブのキャラを色とパーツで区別をしていたんだなあと……

グラブルの絵になると、穂乃果と千歌がかなり似てくるしな。

だからシャドウバースのコラボ希望アンケートの選択肢にラブライブがあったのか。

二世代が揃うわけか……ちょっと良いなと思ってしまった。

もう終わったグループかと思いきや、まだまだ出てくるとは。
それにしてもグラブルの絵柄ってどんな作品のキャラにも合わせられるんだな。違和感を覚えないのは凄い。

これがコラボできるのか……本当に何でもコラボやるな。商売だからというのは分かるが。

グラブルは他のソシャゲに比べたら厳選している方だぞ。
パズル系のゲームなんかは本当に何でもコラボしている。あとμ'sに関しては昨年のイベントで「スクールアイドルがグラブル世界にはもうあった」ということで、その存在が提示されていたし来る可能性は高いとされていた。

これってイベント限定カード?ラブライブだと血の雨が降りそう……というか、俺もちょっと参加したくなって来た。初期の無料配布石とかで取れる?

グラブルはキャラに関してはイベントに参加すればもらえるぞ。コラボキャラ取得はプレイヤーからすればどれも難しくない。
高難度コンテンツや競争するイベントで使えるかとなると望み薄だが、AqoursがSSR実装だったからμ'sも恐らく同じレア帯。通常の周回なら普通に使える、キャラのアクションや声を楽しみながらやれるレベルなのは確実。

初心者は普通に主力として使えるレベルにはなるはず。
コラボキャラ取得に関しては、過去にアイマスの神崎蘭子の取得がかなりの高難度だったこともあるけど現在のプロデューサーの方針だとそういうのは無い。昨年のコラボSSRも全部イベント参加でもらえた。

そうか。ソシャゲ運営に関してはCygamesの方が安定しているし、ラブライバーできるならグラブルの方に切り替えるかな……

日本のソシャゲってコラボ多いよね。
コラボで食っているような印象すらある。

作品によっては確かにそうだけど、グラブルはコラボ少ないしコラボキャラのガチャも実装されたことが無いからコラボで食っている作品というわけではないな。

グラブル自身が巨大なIPだから、コラボを頼まれる方みたいな力関係所もあるのだろう。もちろんグラブル側としても有利な条件ならコラボしたい、コラボした方が有利ということなのだろうけどね。

それにしたって「コードギアス」に「ラブライブ!」と有名なIPを持ってきて発表するのはスゴイ。Cygamesの強さを感じる。

Cygames系だとシャドウバースのコラボも凄いことになっている。ストリートファイターやFateとまでコラボしている。アニメだけじゃなくてゲームとまでコラボとか……

グラブルでもカプコンはストリートファイター、SNKは侍魂でグラブルとはコラボしている。
あとカプコンやSNKはグラブルに限らず、色んな作品相手に色んなキャラをコラボに出しているぞ。ウチの国の「王者栄耀」にだってSNKがコラボしている。ゲーム業界は習慣でも作品でもキャラの流用や処理が楽なんじゃないかね。

ちなみに格ゲーコラボに関してはCygamesかグラブル関係者の中に格ゲーネタ好きがいる可能性も高い。キャラ設定や戦闘アニメが日本の著名な格ゲー必殺技ネタだったりもするから。

グラブルのコラボは発表の仕方やイベントの仕掛け方も金使っているという印象だ。
他の作品と違って告知と宣伝がしっかりしている。

5周年生放送でコラボが発表された時、画面の前で叫んじゃったよ。
やはりこういうデカイ作品が来ると興奮するね。

コードギアスコラボに関しては5周年イベントで特報映像作って福山潤呼んでグラブルについて語らせていたからな。

あれ?福山潤ってグラブル出ていたっけ。

強キャラ十天衆の一人、ただしガチャでは取れない。
中村悠一に煽られたネタまで含めて上手いなーと思った。

「コードギアス」は他でもコラボやっているけど、他の所だと唐突に発表されるようなのばかりだからな。何らかの予熱段階があっても良いのにと思ったよ。

生放送に出演していた小清水亜美からルルーシュにひ弱で体力が無いとツッコミ入れられていたのも面白かったが、実際ルルーシュはグラブルに参加して大丈夫なのか。

まぁ「CCさくら」や「名探偵コナン」がコラボ参戦して普通に戦っているし、そこら辺は何とかなるんだろう。
パズドラほど無節操ではないが、適度にすり合わせるという感じで。

確かに凄いコラボだけど、なぜ実現できたんだ。
Cygamesの背景について詳しい人教えてくれ。

結局は金。ソシャゲで急成長した会社だからこれまでの家庭用ゲーム機とは別分野に感じられるかもしれないが、日本のゲーム会社枠の中にいるのは間違いないからね。

金と企画の立て方じゃないかな。
金があるし、長期的な計画でコラボ企画を組み込める体制だから、色んな所でコラボしているような相手側が売りたいIPの作品だけでなく、ちょっと変わった所の作品を持って来ることができる。

グラブルのコラボでどこでもやっているような作品って「進撃の巨人」くらいで、他は言っては何だが変わった作品、売り上げにつながるか怪しいのを持って来ているからな。

グラブルは金を使うメインプレイヤー層が他のソシャゲと違う、JRPGが流行っていた時代を知っているおっさん層だと言われている。刺さるコラボ作品もちょっと違うのかもね。

何でもコラボするのは良いけど、世界観的にはどうなんだ?
ランスロットとか出しちゃったら十天衆でもあっさりボコってしまうんじゃないか?

サイズ的に問題あるだろうけど、戦力的にはKMFを持ってきても良いと思うぞ。
あの世界って怪獣と戦うロボみたいなのも出てくる。それにアニメ版を見れば分かるが星晶獣ってどれもデカイ。

問題なのは戦力じゃなくてサイズだろうな……スザクが戦うならイロイロとちょうど良い気もする。

コラボの内容について自分も疑問があるんだが、ラブライブはどういう展開になるんだ?穂乃果だけが異世界転移してアイドル文化を伝達するみたいな話になるのか?

μ's全員参加になるはず。あえて一人だけにする理由は無いし、Aqoursの時も全員参加しているからな。
ただ個人キャラではなく、3人1組で1キャラ扱いになると思われる。

サンシャインと合わせてちょうど6属性そろうし、風光闇で揃いそう。

恐ろしいのはそのままゲーム内でも選挙をして、最終上限解放の権利を争わせることだよ……前回のサンシャインの時は裏でかなりの情報戦が行われたらしい。

ラブライブは珍しいけどここ最近のグラブルのコラボを見ると、「進撃の巨人」や「ペルソナ」とか他のソシャゲでもコラボ展開している作品があるからコラボ先については唯一無二と言うほどではないと思う。
グラブルのコラボの特徴は影響力や、ゲーム内での使われ方、キャラ性能だけでなくイラストまで作品のカラーに合わせてのコラボだろう。

確かにイラストまでグラブルにするのって珍しいよね。
普通はIP元の絵をそのまま使うのが、ファンから文句出ない上に楽な方法だろうに。

グラブルはやっていないけど、あの絵柄は純粋に良いと感じるね。萌えキャラ的な方向ではなく、ファンタジー系のキャラや生物がカッコ良く描かれているのがスバラシイ。
更に他の作品のキャラもあの絵柄を通じて世界観に合ったクオリティの高いイラストにしてしまうのもスバラシイと思う。

ところで、アイマスのコラボ続編はまだでしょうか?
グリームニルの実装はまだでしょうか?



とまぁ、こんな感じで。
実際にプレイしている人も結構いるようで、プレイヤー視点の話題もかなり出ているようでした。

グラブルについては、現在の中国オタク界隈で飛び交う話題の量は中国版が正規に展開されているCygamesの作品、「シャドウバース」や「プリンセスコネクト!Re:Dive」よりも多いような所もあるそうですし、そこに中国で大人気となった作品のコラボ情報が入ってくるとやはり話題になるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国政府機関マリオパクリ宣伝動画事件の背景についてイイカゲンにまとめてみました

先日、中国の中央政法委の公式アカウントにマリオのパクリ宣伝動画が掲載されてしまうという事件が起こりましたが、ありがたいことにこの件に関する質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

任天堂の「マリオ」が中国共産党の宣伝キャラクターに? ネットで「無断使用では」と指摘相次ぐ (ねとらぼ)

とは言え、私はちょうど仕事のゴタゴタと重なっていたのでこの件を追いかけるのが遅れてしまいまして……現在中国のネットではこの件に関して本当にキレイサッパリ消えてしまっているので現地の反応を紹介するというのは難しいです。

どうやら日本で報道されたタイミングから2,3日程度でそんなニュースが存在したのかというレベルになっていたようで、中国語の報道を探すといつもの怪しげなニュースメディアしか引っかからないので真偽確認や話の広まりを調べるような段階でつまずきました。
中国のネットでは「これはフェイクニュースだ」みたいな発言が残ってそれが信じられていたりと、この手のネタを後発で追いかけた際の真偽や元ネタを確かめることの難しさともどかしさを感じてしまったりも。

正直な所、現在の中国のネットにおける検閲削除の手際の良さを改めて実感できたので、コレはコレで個人的には面白かったのですが、ネタの扱い的には困るので結局この手の話題がOKな中国オタクの方にイロイロと教えていただきました。

教えていただいた話と合わせて考えると、この件恐らくは
「関係者のやらかし」
「知的財産保護など法律関係意識の地方格差」
「中抜きと丸投げとノルマ」
「マリオの中国本土における微妙な知名度と認識のされ方」

などによる絶妙なコラボの結果ではないかということに。

この事件の大まかな流れは
「湖南の裁判所がアップした動画を、中央政法委の公式アカウントがピックアップして全国に広まりツッコミを受けて削除」
といった所かと思われます。
発端になった湖南の方でなぜこういうものが作られてアップされてしまったかというと、まず
「中国では知財保護意識に関する地方格差がまだまだ大きい」
という問題が存在します。

この件について教えてくれた方も
「こういうのは田舎に行けば行くほどイイカゲンなものになってしまいます。恐らく上海や深センなどの地域であれば制作の段階でボツをくらったのではないかと」
「ピックアップしてしまった中央のアカウントの中の人もアレですが、湖南の方では中央にピックアップされるまで関係者が気付いていなかったのでは」
ということでした。

そしてそれに加えて、現在の中国本土においては
「マリオが比較的古い存在で、中国における人気や知名度がとても高いわけではない」
というのも影響したかと思われます。
実は中国本土でTVゲーム機が流行ったり、ハードが入れ替わったりした時期やタイミングが日本とは異なっていたことから恐らく「スーパーマリオ」などが
「幅広い範囲で大人気になってみんな誰もが名前を知っているキャラ」
になっていた時期は無いかと追われます。

80年代末頃に出て90年代前半に大人気となった「小覇王」などの海賊版FC機でマリオに触れている人は非常に多いようですが、名前と人気が一致しているかとなると怪しい所もあるのだとか。
また近年の中国本土における日系コンテンツの展開においてもマリオが中心となっているケースはあまり無いそうなので、近年の中国で大人気になっている日本のコンテンツと比べて、作品関連情報の伝達やアップデートのようなものがマリオに対してはあまりなかったと言えるかもしれません。

そんな訳でマリオに関しては、一般社会レベルの知名度はあり、この件がネットに流れるとすぐに「これは日本のマリオだ」とツッコミが入るレベルではあるのですが、そういった方面に詳しくない層や、コンテンツ関係の動きの鈍い地方となるとピンとこない……といったことになる模様です。

教えていただいた話によると、レトロゲームのキャラ、そこから転じてモダンアート的な文脈での認識などもあったりするようですが、地方や環境によっては固有名詞やどこから来たのかといった情報、キャラクターの版権的価値とは結び付いていないといったことになっているとかなんとか。

それから
「なぜこんな作品が作られてしまったか」
という問題についてですが、これは中国のこの手の宣伝活動の制作物がイイカゲンなものになりやすいという事情が影響しているのではないかということです。
この手の宣伝に使われる制作物は丸投げになりがちですし、中抜きも横行していることから現場に落ちるお金が僅かとなったり、どこかの学生を安く或いは職歴などを餌にして使ったりというのも珍しくないことから、大したものが作れない、やっつけ仕事になることも少なくないのだとか。

こういった環境で作られることから品質に期待するのは無理な話ですし、それに加えて上の方は制作物の品質ではなく「形にした」ことにより
「ノルマをこなす」
というのをまず重視するので、時折トンデモナイ物が表に出てしまうこととなります。
(商業的な方でも似たようなことは発生するものの、政治的な方だとノルマ重視の傾向がさらに強くなるのでタイヘンなことになりがちという話も)

今回は知財関係の方にいってしまったわけですが、単純にクオリティが低い作品、動画だけでなく絵や像といったものが出てくるケースもよくありますし、この手の話で表に出なかった或いは注目されなかったものがいったいどれだけあるのでしょうかね。

以上、この件に関して私が教えてもらった話などをイイカゲンにまとめてみました。
最初はやらかしネタだろうと気楽に見ていたのですが、調べたり、背景事情を教えてもらったりした後は、何だか色んな意味で頭を抱えたくなるような事件にも思えてきました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「これは日本系のゲームだからクリスマスイベントがある!と受け入れている自分に気が付いたんだけど……」

ありがたいことに時事ネタっぽいものを教えていただきましたので今回はそれについてを。

中国では日本のコンテンツやその影響を受けたコンテンツを通じて一部の日本社会の習慣に関する知識が浸透していますが、その中の一つに
「日本のクリスマス」
などもあるようです。
ただそういったイベントに関して改めて考えてみると疑問も出て来たりするそうで。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本系ゲームだからクリスマスイベントがあるという認識」
などに関するやりとりを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


これは日本系のゲームだからクリスマスイベントがある!と受け入れている自分に気が付いたんだけど……
欧米の方ではなく日本の方なのに、どうしてこうなった?

日本系の作品はクリスマスイベントが定番だよな。
ソシャゲだと特にそれが顕著な気もする。

ソシャゲでクリスマスイベントが活発なのは言ってしまえば金儲けの口実だろうけど、ホント俺達も違和感無く受け入れているよな……

それどころかウチの国の和風テーマのゲームでもクリスマスイベントが普通に実装されている件について。

別に西洋の人間しかクリスマスを過ごしちゃいけないわけじゃない、テーマとして扱っちゃいけないわけじゃないだろうに。

それはそうだけど、日本の作品のクリスマスイベントはまた独特だろう。
どこのソシャゲもクリスマスイベントやるけど、日本系のゲームや和風の世界観だとクリスマスネタがあっさり受け入れられてしまうような所はあるかなあ。

他のソシャゲでもクリスマスをテーマにしたキャラスキンの販売とかはあるが、日本のゲームだと大体がイベントになっているよね。

キャラ重視の傾向が強い日本のゲームとは相性が良いんだろうけど、ここまでの扱いになっているのは確かに不思議。

クリスマスは既に日本の文化の重要なポジションにある祝祭なんだろう。

これが、脱亜入欧……!

日本でクリスマスを祝うことがどうしたってんだ?
お前ら何年アニメや漫画見てるんだ?
日本人にとってクリスマスは極めて重要なイベントだぞ?

でも欧米のホリデーシーズンの扱いとは明らかに違わないか?
自分はいまだに日本社会におけるクリスマスの「重さ」が分からん。

私は以前日本人にとってクリスマスはあまり重要ではないと、遊ぶ口実くらいのもので、お祭りを一回でも増やしたいからみたいな話も聞いたことがあるんだけど。

少なくとも日本人は俺達よりかなり派手に過ごしているよ。

こっちは元旦にちょっと休むくらいだしクリスマスもその前の軽めのイベント程度よね。

12月の終わりって春節前で忙しくなっていく時期で、学校もテスト期間だから気楽に遊んでいられない。
つまり、FGOもクリスマスイベントで周回させるのは勘弁してくれ!ボックス全然開けられなかったああああああ!

こっちはオルタちゃんの軽量版が12/23から始まったからな……去年は12/29日に実装だったから今年のエレちゃん実装はまた大変なことになりそうだ。

日本のゲームってクリスマスにはほぼ必ずイベントやったり無料石とかをプレゼントする。配布が無くとも登場キャラからのメッセージなどは出る。
だから影響を受けているウチの国の日本風ゲームはクリスマスイベントも真似することになっているんじゃないかね。

和風で陰陽師的な世界観でもクリスマスだからな……

日本はクリスマスを重視しているんだから、日本文化ネタのゲームがクリスマスをやっても何の問題も無いのだろう。たぶん。

でも国産だと売ろうとするキャラに関してはなんか日本と違うというか、男の方が目立つな。露出はあっても雄っぱいだ。

そこはウチの国の規制事情や作品それぞれの人気キャラ売れるキャラ事情的な所もあるのでは。

以前から国産ゲームなのに春節じゃなく元旦を祝っている!なんてツッコミが出ているが、クリスマスもわりとツッコミ所ではあるのかね。

FGOは春節に合わせて調整しているからセーフ!
福袋?何のことかな?

日本の社会でのクリスマスの扱いはなあ……以前ネットに流れてきたネタで、日本の寺の和尚は普通にキリスト教の教会と交流しているなんて話もあるから何が何だか。

日本では寺の和尚が仏教的なものを使ってクリスマスツリーに似た何かをDIYしているネタもみたな。

仏花で作った宝樹とか言い張っているアレか。日本のクリスマスの扱いは宗教的にも独特だよね。

普通にホリデー的なものだと考えればいいだけだろ。
日本人はキリスト教も信じている扱いだから、クリスマスを休日にしているからイベントとしても重要な扱いでイロイロと盛り上がっているというわけだ。

日本人は宗教的にはフリーというか、何でも信じる傾向があるからキリスト教も取り入れているんだろうね。

日本はクリスマス祝うけど休日じゃないぞ。
休日っぽくなってるのは12/23が天皇誕生日で休みになっているからその流れで休んだり遊んだりできるからだ。

日本のクリスマスは恋愛イベントに絡められるから、コンテンツ的に使い勝手が良いんだよね。
既存キャラにクリスマスの格好させてイベントしたり、クリスマス化したキャラを実装しても良い。

あとプレゼントが関係するからな。
運営がユーザーにちょっとだけプレゼントしてユーザーはたくさん運営に課金してプレゼントする。

違うぞ。
お金を払わないとプレゼントがもらえないんだぞ。福袋は有料だ。

課金する権利をプレゼントしてくれるわけだな!!

そんな、ウチの国のバレンタインみたいなことを……

そう言えば日本のクリスマスの男女の支出の不均衡さ、プレゼント交換のバランスの悪さはウチの国のバレンタインに通じるものがあるような。
(訳注:中国のバレンタインデーは男性バラの花や食事やプレゼントを贈り、女性がチョコレートを贈るといった形になっていてどちらかと言えば男性が告白したり、愛をつなぎとめるためのイベントといった感じになっています)

こういうのって、日本企業や日本の店が中国の国慶節や春節を祝って中国人客を呼ぶためのイベントにするのと同じようなもんだろう。商売の口実だよ。

そのわりには日本のゲームでは春節イベントも国慶節イベントも無いんだよな……

日本で春節を祝っているみたいなニュースは見た覚えがあるが

あれは中国人観光客向けか、現地の華人間のイベント止まりなんじゃないか?

日本の二次元コンテンツのキャラが春節イベントやってる例が無いから、普通の日本人の間では意識されていないのだろう。

内容がかぶるんだよ……日本は年越しとして元旦を過ごすから、春節では更に何をするんだということになってしまう。
それに対してクリスマスは恋愛ネタに焦点を当てることができるし、サンタクロースからのプレゼントネタにもできる。

商人の陰謀だ!西洋だろうが東洋だろうが、誰も気にしない!

商売的な意味もあるが、休暇的な意味もある。
日本は元旦の休暇がウチの国の春節のように長くは無いんだが、その前にクリスマスが存在するからイベントとしてはずっと続いているような所もある。
だからクリスマスもイベントとして活発に祝われることになっているんだよ。

なるほど。
そしてソシャゲでは一連のイベントに合わせて集金イベントを開催するということか……

だろうね。
遊ぶ時間が増えるから、集金もそうだがクリスマスから冬休み(日本の学校は12月末から1月初め)になるから、ユーザーの囲いこみという面でも大事な時期になっているはず。



とまぁ、こんな感じで。
ゲームのイベントの話から日本におけるクリスマスの扱いの考察までイロイロと出ていました。

教えていただいた話によると、日本のコンテンツの影響を受けると定番要素や定番イベントのネタ、イベントの運営などもそれに合わせたような形になるそうで、その結果日本社会の習慣的なものまで入っていくというのは面白いですね。
またこの辺りがその後中国でどのように扱われていくのか、変化していくのかというのも気になる所です。

ちなみに上のやり取りにもありますが、中国も近頃は元旦に休む所が増えていますし今年は12/30〜1/1と3日間の休みになるなど元旦の休日ムードは徐々に広まっているそうです。
中国の休日のバランスもここ数年でイロイロと変化していますし、その結果中国オタク的な習慣やイベントのスケジュール、コンテンツの消費ペースも変化しててきているのだとか。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「カウボーイビバップがスパロボ参戦!でもロボいないよな……?」

ありがたいことに
「スパロボTについて中国での反応はありますか?」
という質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でもスパロボシリーズは何かと注目されていますし、スパロボ経由で作品知識が広まるのも珍しくありません。
先日新作のPVが発表された
スーパーロボット大戦T(公式サイト)

に関しても早速話題になっているようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「スパロボT参戦作品」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな作品


「カウボーイビバップ」がスパロボ参戦!でもロボいないよな……?

ざーっと参戦作品眺めていて、カウボーイビバップの所で「ちょっと待て!?」という気分になった。

「カウボーイビバップ」ってスパロボアニメじゃないよな……いや、私だってカウボーイビバップ勢が動いて喋るのは嬉しいよ?でも根本的な疑問も同時に出てくる。

最近はメカっぽいのが出てれば全部スパロボ枠という説もある。

「宇宙戦艦ヤマト」が出ているけど、あれもロボ無しで参戦のギリギリ状態だったな。

「ヤマト」は一応艦内のサポートロボがいたぞ。戦闘するわけではないがな!

カウボーイビバップが出るという情報には困惑してしまう。
何度も見た大好きな作品だけど、スパロボに参加すると言われると微妙な気分になる。

自分も参戦情報には喜んだが、よく考えたらどうやって戦うのか分からんよね……

たぶん巨大ロボ、少なくとも人型の戦闘ロボか戦闘メカが出ていないというのがみんなの引っかかるのだろう。

何となく、昔「テッカマンブレード」がスパロボに参戦しているという話を聞いた時に「ペガスだけで強引に参戦したのか」という気分になったのを思い出す。

Xで「ふしぎの海のナディア」が参戦したし母艦枠ではそろそろロボいなくても良いかみたいな空気になっていたが、それでも「カウボーイビバップ」は驚くわ。

ビバップ号で何とかするのか?
あとはソード・フィッシュIIか……やってやれんことは無いかもしれないが、うーむ。

作品BGMを背景に動いたら絶対カッコ良くはなるだろうが、戦力的にはなんだかこう。

それはそうと、他の参戦作品を見ると「ガオガイガー」と「ナデシコ」がいるのが個人的に嬉しい。

参戦作品と言えば、今回のマジンガーZ のINFINITYってのがよく分からんのだが、どういう立ち位置?
最近の映画だというのは知っているが……

実質的にTV版2作終了後の話だし、本編クリア済みで経験豊富な兜甲児が出て来ると思えばいい。

キャラ全然違うが、経験的にはDESTINY終了後のキラやアスランが参戦しているくらいの扱いかも。

それよりも逆シャアのアムロが近いんじゃないか。
INFINITYはアニメ版最終回の10年後で甲児も10年分の歳を取った状態で出て来るから。

てか今回SEED系無しかよ。なんでだよ。

それはしょうがない。ガンダムSEEDは第三次αやJからずっと出ている。DESTINYも含めてね。

SEEDを出すとストーリー展開や人間関係に制限もかかるから、ぼちぼちお休み期間になってきたんじゃないかな。

一時期のGガンダムやガンダムWがそんな感じでストーリー的に飽きられていたからね。

ガンダムはUCのいつもの所とクロスボーン、そしてGか。Gは久々だね。
あと「トップをねらえ!」は1だけか……

宇宙世紀系ガンダムとかとっくの昔に飽きたし、もっと新しいの出して欲しい。
「ファフナー」の二期とか「グリッドマン」とか!

グリッドマンはアニメ終わってないだろ。

いや、第一期の方。

あれは円谷だし、玩具や装備でロボに見えるだけで一期は普通の特撮だぞ……ロボアニメっぽくなっているのはトリガーのせいだ。

GとGGGが来てくれて嬉しい。
どっちの作品も、もう主役が叫べないから参戦は無いなんて話も見かけたからさ。

完全に予想外だったのは「カウボーイビバップ」で、復活が嬉しいのが「ガオガイガー」、そしてボイス付き高画質アニメが楽しみなのが「ガン×ソード」だ。

ついにボイス付き「ガン×ソード」か。
ヴァンの声優もスパロボ好きなんだよね。

PV見ると、「ガン×ソード」が今回の対象年齢を引き上げや修正の原因になりそうな気配が……

「レイアース」は変身シーンが裸だぞ!時代的に問題なかった!

そう言えば、あのレイアースは本当にあの私達が昔見ていた「レイアース」なんだろうか?

そうだ。CLAMPの魔法騎士だ。
実はロボがガッツリ出ているからそこまで不思議ではない。ライセンス費用が高くて難しいみたいな噂は聞いていたが、ついに参戦してくれたようだ。

私が一番予想外だったのは「レイアース」だね。
スパロボのPV見ていてCLAMPファンとして喜ぶ日が来るとは……

お願いです、スパロボ補正で「レイアース」のストーリー改変を……!!

言われてみれば、「レイアース」ってスパロボ補正がすごい欲しいストーリーだったよな……

おい、今気付いたが「楽園追放」も参戦だと!?

そうそう、おっぱいの大きい釘宮が参戦だ。

楽園追放はロボ的にはそこまで不思議じゃないな。戦えるのがヒロインだけなのがちょっと気になるが。

楽園追放はヒロインの扱いというか、戦闘時のカットインがどうなるんだろう……彼女がどれだけ画面に出るかで私の購買意欲も変わりそうだ。

参戦作品以外で気になるのはついにVitaが無くなってしまったか……どうすっかなあ……

今回PS4とニンテンドースイッチだけか。
両方持ってないから私もちょっと迷う。そろそろ買うのもアリなんだが。

スパロボTのビバップも驚いたが、スマホのスパロボDDもよく分からんのが来ているな。「デビルマン」とか。

スマホの方は現行シリーズがコラボとかで何でもアリなことになっているからね。そこでの前例があるから家庭用ゲーム機にも今まで無かったジャンルや版権の作品も入れ易いんだと思うけど。

でもスマホ新作の方は「鉄血」が参戦しているし、参戦作品全体を見ても正統派スパロボという気がしないでもない。デビルマンさえ見なければ。

Tの参戦作品は個人的にはガッカリだったし、スマホのDDに課金することにするわ。興味のあるシリーズはみんなDDの方だ。

好みの作品が一気に参戦から外れることってあるよね。作品が放映された時代とかで固まっていたりして。

作品の時期と言えば、「カウボーイビバップ」が参戦できたなら「星方武侠アウトロースター」や「星方天使エンジェルリンクス」とかは参戦しないのだろうか。
確か同じ時期の作品だったよね。

星方武侠は変わったロボアニメだから参戦したら面白いと思うんだけどなー

星方武侠はスタッフ的に結構入り易いと思っているが版権的に難しいのかね。格闘属性で戦う艦船みたいにできるのに。

アウトロースターは同じ原作者作品の覇王大系リューナイト関係で、原作者的には歓迎という発言が出ていたはずだから、単純に需要や枠の問題のような気が……

ところで、スパロボOGの方は新しい情報無いの?



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈で特に驚かれていたのは「カウボーイビバップ」の参戦だったようです。

「カウボーイビバップ」は中国でも古参のファンを中心に評価が非常に高い作品ですし、現在の中国のスパロボプレイヤー層とも結構重なる所があるのだとか。

それから「魔法騎士レイアース」も中国では非常に人気が高く、その参戦については結構な衝撃があったようです。
私が高校の頃はちょうど中国でCLAMP人気やレイアース人気が盛り上がっていた時期で、私が通っていた中国の現地校でも男女問わずレイアース関係の話題や関連グッズがイロイロと飛び交っていた覚えがありますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本のゲームって周回大好き過ぎるよな」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国では一時期ほどではないものの、日本の家庭用ゲームを遊んでいる人がそれなりにいますし、中国オタク界隈でも日本のゲームに関してそれなりに話題となっていますし、日本のゲームあるあるネタみたいな話題も出ています。

これまでも中国オタク界隈で飛び交う日本のコンテンツにおけるお約束ネタの話題や考察をイロイロと紹介させていただきましたが、今回は日本のゲームのお約束(?)と思われていることについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本のゲームには周回要素のあることが多い」
などといったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のゲームって周回大好き過ぎるよな。どんなジャンルでも周回が実装され要求されているようにすら思える。

間違いなくどのジャンルでも出てくると思うぞ。周回要素有の日本のゲームということなら。
RPGやAVGだけでなく、ACTやSTGだって。

何周もしないと真のエンディングに辿り着けないとか、新キャラのロックが解除されないみたいなのもあるよね。

「シュタインズ・ゲート」みたいな周回が重要になるギミックを仕込んだストーリーならともかく、なんとなく実装しているようなのも目に付く。

だいたいは周回した後に真のエンディングが解放とかになる……

周回はあんまり多いとやってられない。自分は2周目でもキツイ。

内容に新要素の追加や大きな変化があるなら数周はできるけど、ただ単に集会を繰り返させられるのは耐えられない。一回クリアしたらあとは動画見て終わりにするわ。

周回ってプレイ時間を無理矢理引き伸ばしているようなもんだからな。
一週で100%遊べるようにするべきだと思うが。

結局は手抜きでプレイ時間増やすための小細工だろ……周回させる分でちゃんとしたコンテンツを準備できないからごまかしているだけ。

「ニーア」も真のエンディングまでの周回が結構あったよな。

周回ゲーの例として「ニーア」は不適当じゃないかと。
あれストーリー的にも縦につながっている構造だし、よくある繰り返しというわけではない。

自分の中で周回ゲーと言えば「The 3rd Birthday」だ……シャワーシーンのために50周、俺は一体何をやっているんだと何度も考えた。

「ニーア」も周回ゲーだと思うけどね。ストーリー変化しても繰り返し作業になるし、結局は手抜きと使い回しで楽をしているだけ。

ファルコム系も結構周回あるよね。ストーリーロック解除とかコスチューム追加とか。昔はやってられなかったが、なんか最近はそういうのにも慣れてきた気がする。

そんなにゲームやっているわけじゃないが、周回要素って日本のエロゲーから始まったんじゃないの?AVGの構造を考えると納得はできる。

日本では「強くてニューゲーム」というのがゲームの発展の中で生まれて定着したらしい。確か「クロノトリガー」からだったはず。

周回って世界最強クラスまで鍛えたキャラの強さを実感できるようにするというサービスでもあるのでは。

基本的にどのゲームも普通はクリア後のデータが作れるし、それが無くてもクリア直前のデータはあるだろうから鍛えたキャラについては実感できるんじゃないの?

いや、それは違う。
クリア直前の鍛えたキャラで最終ボスを倒すのと、そのキャラでもって二周目を最初からプレイするのでは爽快感の方向が異なるんだよ。

日本のゲームってオープンワールド系とはまた違った蓄積がある。
ただ現在のスマホを中心にカジュアル傾向の強まっているゲーム市場と周回要素は相性が悪いような……

日本のゲームの周回って、ネトゲのダンジョンを周回しまくるのとは違った周回だよね。好みの所もあれば勘弁してほしい所もある。

ネトゲの方は結局収集メインなことがほとんどだし、効率やスピードがどうこうという話になりがちだからな。

日本のゲームはアイテムやイベント、CGのコレクション、そしてコンプを重視するから周回も実装されるんだろう。
遊ばなくてもいいけど、無いと文句言われる要素。

周回とか、言ってしまえば中身が足りないから周回を強制してプレイ時間を水増ししているだけだろ。評価の対象にはならん。

欧米の大作ゲームもサブクエストや実績の収集で水増しはしているけどな。どこでもゲームのプレイ時間を増やそうとコレクション要素を実装している……!

日本の周回って作る方にとってはかなりコストパフォーマンスが良いんだよ。
メインストーリーに比べれば少ない追加或いは変更ストーリーでプレイ時間を増加させ、プレイヤー間で盛り上がる話題も提供できる。

AVGでヒロイン多数とかならまだ私も理解できるんだがな。そんなに周回必要じゃないだろというゲームもあるのが……。

別の角度からストーリーを体験させプレイヤーのゲームに対する印象を強化する、そしてゲームの寿命(プレイ時間)を延ばすというのが俺の思い付く周回要素のポジティブな効果だろうか。
ネガティブな要素は時間とやる気?

メインシナリオ一周だけだとストーリーをきっちり描写するのが難しいというケースもあるからね。サブシナリオで説明するよりも自分は周回で変化の方が好み

周回か……私にとってはコレクションなども含むやり込みのための要素という印象だが。

周回要素は日本系ゲームだけの要素じゃないけど、確かに日本のゲームは周回の使い方が上手いというか独特というか……いわゆるifの展開を体験させるのが上手いと思う。SRPGなんかは特にね。

完全クリアに周回を要求されるゲーム自体はかなり昔からあるはず。「魔界村」とかは2周しないとクリアにならない。

裏ステージなんてのが実装されているゲームもあったはず。これはやりこみ要素として、そしてゲームのボリュームを増加させる要素として大きかったんじゃないかね。

「ゼルダの伝説」は初代から裏ゼルダが実装されていたが、これも周回要素と見てもいいんじゃないかな。ストーリーに変化はないが、敵の強さやマップの配置が変化した高難度ミッションになったはず。

周回はゲームの中身を増やすためのものだろうが、さすがに単純にもう一回やれというのは今では滅多に無いと思う。
多いのは一周目で伏線を配置して、その後の周回で種明しや真のエンディングにつなげる、周回では1周目では手に入らなかったアイテムが出てくるとかじゃないかと。

でも何周もするのは厳しいし、自分は最近は一周したらあとは動画見てになっちゃているわ。

周回ってめんどくさいしね。
自分は昔から日本のゲームやっているから慣れているが、周りにはめんどくさくて投げちゃうのも結構いる。

周回でストーリーのアンロック、体験の変化というのは日本のゲームの特徴だと思う。欧米系はキャラクリでゲームの体験を変化させることが多いように思う。

ストーリー重視なゲームは欧米でもかなり多いんだが、周回前提の構造はやはり日本のゲームに多い気がするね。

日本のRPGって一本道の構造だし、周回要素はそれにストーリーの深みを持たせるために生まれた妥協の産物じゃないの。

AVGとかはストーリーや世界観が周回前提で構築されているのもあるからなあ。Fateなんかは三つのストーリーを一つのストーリーでやるなんて不可能だったし、アニメ化もルートごとにすることになった。

周回については日本のゲームがキャラクター重視なスタンスが影響しているのではないだろうか?ルートが変わると焦点の当たるキャラが変わるわけだし、キャラの活躍や描写も増えるわけだから。

ふと思いついたが、日本人は育成や収拾が好きだから、やり込み要素のある周回が好まれてきたという見方がどうだろう。
家庭用ゲームもそうだし、FGOに限らず日本のソシャゲの基本がコレクションとレベル上げだ。

あいつら、レベル上げで強くなった結果を発揮するというより、自分が育てる、時間と課金という愛を注ぐ方に熱中している節があるからな……

私はわざわざ何周も遊ばないとエンディングにいけないゲームは認められない。
人生は一度きりで選択の選び直しもできないのに、いちいち全部の選択やルートを体験しないといけないとか本当に大嫌いだ。

そんなの言い出したらセーブとロードとか、残機とかの問題も出るような……
まぁ自分もハッピーエンドに最初からいけない、バッドエンドを強制的に見せられるのはどうかとは思うけどね。

「Ever17」みたいなのは周回前提じゃないと仕込めないストーリーだったし、他のエンディングを見ないといけないというのも許容できたな。

イベントを複数の視点から描写できる、キャラやストーリーの別の側面を見せられるといったことは有利だとは思うが、めんどくささも出て来るからね。

世界観を深めるという意味では人気が出る要素にもできると思うが、強制的にプレイ時間を増やされるのはやはり歓迎し難い。

好みじゃないゲームだと二周目の有無は気にならないけど、好きになったゲームに二周目以降があると嬉しい。
自分にとってはもし好きなゲームに二周目がなかったら残念と思うくらいには必要な要素だな。



とまぁ、こんな感じで。
周回やルート分岐など、人によって捉え方やイメージの違いもあるようですが、やはり周回要素に関しては価値は分かるもののめんどくさいと感じてしまう要素といった所なんでしょうかね。
慣れている人やゲームに深くハマるような人の間では周回要素はそれなりに歓迎されたりもするようですが。

また中国ではゲーム実況系の動画がかなりの存在感を持っていますし、昔から動画サイトでゲームのプレイ動画を見てゲームを把握するといったスタンスの人がかなり多かったそうなので、周回要素については動画で確認して終わりになってしまうのも多いのだとか……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「クッパ姫の人気はなぜとんでもない勢いになったんだ?」「これ、任天堂公式ネタだから……」

ありがたいことに
「クッパ姫は中国のオタクの間ではどうなんでしょうか?」
という質問とネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

最近巷で大流行しているというクッパ姫ですが、中国オタク界隈でもかなりの注目を集めているようですし、イロイロと話題になっている模様です。
クッパ姫 (くっぱひめ)とは【ピクシブ百科事典】

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「クッパ姫の大人気ぶり」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんかクッパ姫がとんでもないことになってるな。
正直好みなのでここ数日収集に忙しい。

あれ何なの?
クッパが実はメスだったということ?

違う違う。ヤツはオスで間違いない。
これはいわゆる娘化だ!

恐ろしいことやってんなあ……

しかしこのクッパ姫ってどこから始まったネタなの?
同人の女体化が任天堂にも波及したの?

大元は任天堂が自分で出したネタだな。
マリオ新作で装備すると「娘化」だか「公主化」だかする王冠が出ると発表され、そのネタがクッパにまで波及した。

そういうことか。だから任天堂の反応や任天堂に対しての要求がちょっと混乱しているのか。

娘化自体は今までも無かったか?
うろ覚えだがマリオキャラでも見た記憶があるが。なんで今回はとんでもない勢いになったんだ?

これ、任天堂公式ネタだから……

今回は「公式の提供するアイテムによる公主化」だから、一気に盛り上がった所があるのよ。これまでのマイナーな娘化ジャンルのネタじゃなくて、任天堂ジャンルの公式性転換ネタみたいな受け取り方になったんだと思う。

でも既に元ネタから離れた普通の娘化になってしまっているような節もあるな。
元ネタはキノピコが変身アイテムのスーパークラウンでキノピーチになるという、よくある娘化ではなく、お姫様にする「公主化」だったはずなんだが。

スーパークラウンがどうしてこんなことに……

なんでみんなこんなにテンション高いんだよ。盛り上がり過ぎだろ。

任天堂作品ってエロ要素無い全年齢向けのはずなのに、なんでこんなエロ妄想が弾けているんだ?

ゼルダの伝説とか一部の方々に大人気だよ。
任天堂がエロ要素を表に出してくることが無いのは間違いない、しかしどこまでが故意なのかは不明だがエロ妄想を刺激してくるネタはそれなりに出してくる。

このアイテムと大量のクッパ姫関係の絵のせいでマリオとクッパ、どっちがオスでどっちがメスなのか分からなくなって来た。

世界的な知名度のIPで公式ネタ投下だからな……こっちで盛り上がるのは予想外だったろうけど。

これまでのマリオの変身アイテムのように、なんでも変身できるみたいなイメージが付いて回るからネタに事欠かないが、クッパ姫はボス敵の娘化というのが大きいのだろう。

まさかクッパをカワイイだとか萌えるだとか思う日が来るとは。自分にとって女体化はそんなに好きなジャンルでは無いのに。

日本でどうだかは分からんが、こっちではマリオの知名度が高くてもクッパに強烈な思い入れがあるわけではないし、クッパは人間ではなくモンスターだから、そこから人間の女にしても精神的な抵抗が少ないんじゃないかと分析してみる。

なるほど。
確かにマリオを娘化したらちょっと抵抗あるな。

初めてマリオを遊んだ子供の俺に、将来お前はクッパで興奮することになると言っても信じられないだろう。

言っちゃなんだが性別無しで設定を解釈していくとしても、マリオにとっての宿敵であるクッパの方がピーチ姫よりよほど萌えるからな……

正直かなり良い。設定もデザインも。

考えてみればFCが始まって以来数十年の付き合いがあるわけで。カップリングもなんか納得できてしまうぞ!?

クッパとキングテレサの勢力が強いが、他の敵キャラも続々と公主化している模様。

もうマリオだけじゃなく別のネタにまで波及しているからな……人体錬成状態。

真的性癖大直撃

ツンデレ金髪巨乳とか、男なら勝てるわけがない!

ピーチ姫はおとぎ話のお姫様のテンプレだが、クッパ姫はオタク向けの属性や設定のフルアーマーだからな。

性転換で金髪で巨乳でツンデレで女王様で八重歯でえーと

ライトなモンスター娘属性もあるな、人外寄りではないから抵抗を感じる人は少ないはず。あとポニテ属性だったり、性格については小悪魔系だというのも見かける。

ピーチ姫もコスプレくらいならするけど、基本が古典テンプレだからね……

ピーチ姫が悪いわけではないが今の時代の感覚で見ると記号的にしか見えない。マリオの姫キャラではギャラクシーから出ているロゼッタと比べると次代の変化を感じられる。

これ元ネタ的にピーチ姫の現代オタク向けアレンジな部分があるんだよ。クッパの設定を使ってオタクの妄想をぶち込んで魔改造した産物という見方もできなくはない。
だからピーチ姫より人気が出るのは当然なのかも。ちなみに公式でピーチ姫がクッパの格好になれるというネタを既にやっている。

実際私もこっちが良いし、もう配管工やったりどっかの姫を助けに行ったりしないでもいいよね……!

私はピーチ姫との百合も歓迎する。

今年の萌えキャラのトップは血小板が有力候補だったが、ダークホース的なのが出現か?

どうだろうね。爆発力はあるが、ネタ的にすぐ火が消えそうな気配もある。

ネタ抜きで考えても非常に魅力的なデザインだし、これが使われないというのは惜しいと感じる。

こっちのネットも見ているが、pixivとかもこまめに巡回中。
俺の好きな絵師が描いてくれないかと期待してしまう。

なんだかマリオが全年齢向け作品だということを忘れそうになってしまう。

万物を萌えキャラにするだけでなく、女体化までしてしまうとはさすがは任天堂だ。世界の先端を行くゲーム会社。

薄い本を待っております。
これはジャンル的にはピーチ姫がマリオを寝取られるNTR系ということでもいいのか?

薄い本とか出せるの?結構問題になっているとも聞くが……

とりあえず同人はもう販売されている。
ただ日本では批判も多いみたいだね。任天堂に怒られて止められるなんて話も見かける。

一般向けでずっとやってきた作品だし、幾ら日本でも娘化に抵抗のある人間や普通の感性の人間も少なくないということなのだろう。

オタク向けで語る空気が強いこっちとは違うんだよ。
日本のニュースや批判の声を見ると、健全な作品を汚した、子供の頃の思い出を汚されたなどと感じる人が出ているようだし、私は任天堂系の作品とキャラは本当に全年齢向けのコンテンツなんだと実感した。

言われてみれば日本だと子供の頃の思い出枠に入るのか。こっちだと家庭用ゲーム機や携帯機買って遊ぶのはそれなりに大きくなってから、ゲームにハマるのはオタクになってからみたいな所もあるからな。娘化への抵抗が違ってくるのはありそうだ。

恐らく当面の任天堂のアクションは普通の同人作品の扱いとそう変わらないんじゃないかな。
一過性の流行なら大目に見てくれるかもしれないが、あまりにもヒドイことやったり、商業的にやり過ぎると知財での訴訟行きとかになるのでは?



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈でも強く刺さる人達が出ている模様です。

近頃の中国本土ではゲーム機及び関連コンテンツの勢力もイロイロと変化しているようで、過去にはセガやソニー系が圧倒的に優位でしたが、近年のWiiやSwitchの人気などにより任天堂系のゲーム機の存在感が強くなっているそうですし、任天堂系キャラクターの知名度も随分と高まっているようです。

そんな訳でマリオなどのキャラクターに関してもそれなりに思い入れを持って語れる人が多くなっているようですし、今回のクッパ姫に関しても背景設定込みでテンションの上がってしまう人が出ているとかなんとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「うるし原智志絵じゃないラングリッサーだなんて……」ラングリッサーリメイクに対する中国オタクの反応

ありがたいことに、個人的にも懐かしいことを思い出す作品についてのネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

90年代の中国本土における海賊版ベースで混沌とした家庭用ゲーム機界隈においては、現地の需要や作品の入ったタイミングなどにより、日本以上に大人気になったような、現地ではその時代の代表作的な扱いになった作品というのが幾つかあります。

「ラングリッサー」(中国語タイトルは「夢幻模擬戦」)

もそういった、当時の中国ゲーム界隈における定番人気作品的な扱いになった作品の一つで、主にメガドライブやその後のセガサターンの流れで人気になっていたように思います。

また中国でラングリッサーシリーズはゲームの内容に加えてうるし原智志先生のデザインによるキャラクターも人気が高く、当時の中国の若者の嗜好にイロイロな影響を与えたという話もあります。

そういった背景があるので、うるし原智志先生はおそらく中国本土の方では非常に早い段階で絵柄と名前が個別に認識されていたクリエイターの一人であり、現在も上の世代の中国オタクの面々にとっては忘れられないクリエイターの一人となっている模様です。

このラングリッサーがリメイクされるというので、中国オタク界隈の一部ではちょっとした話題になっているそうです。
ラングリッサー機供奪好泪枷妊薀鵐哀螢奪機(公式HP)

この公式HPを見ると、先日中国でサービス開始となった中国向けのスマホ版ラングリッサーのHPへのリンクもありますし、あっちと連動した企画なんでしょうか。
中国のスマホ版ラングリッサーの公式HP(中国語)

中国のスマホ版のキャラページなどを見ると、あっちはかなり昔のファンを意識したデザインになっているように感じられますね。
中国のスマホ版ラングリッサーの公式HPのキャラクター一覧(中国語)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ラングリッサーのリメイク」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本で「ラングリッサー1&2」のリメイクのニュースが出た。
ただし、うるし原智志デザインでは無いラングリッサーだ!

うるし原智志絵じゃないラングリッサーだなんて……

えー……この間こっちで始まったスマホゲーのラングリッサーの方がまだ良いじゃないか。

こっちのスマホ版の方が自分の中のラングリッサーのイメージ通りだな。日本のリメイク版はなんか違う。

こっちのスマホ版はたぶんうるし原智志デザインをそのまま踏襲したんだろうけど、顔も謎の凄いハイレグとかも踏襲してくれているからな。

日本の家庭用リメイクは完全にデザイン変更だなあ

ラングリッサーはあの極端に二次元的な強調の効いた体型と顔立ちが良かったのに。
俺はあのキャラクターにどれだけ妄想を刺激されたか……!

光沢があって露出度の高い非実用的なファンタジー装備も重要だ。
あの意味の無い露出でゲーム内の防御力がやたらと高いというのもお約束!

新しいデザインが良いか悪いかは別として、やはりうるし原智志のキャラデザじゃないと昔ラングリッサーにハマっていた頃の思い出は刺激されないな。
ただシリーズ復活自体は朗報だし、良い作品になって欲しい。

これってよくある完全新シリーズで新規のファンを獲得しようというヤツなんじゃないか。

それならあえてラングリッサーを使わないでもという気もする。

ファンタジー系SRPGでレベル上げをしながら複数のストーリーを追っかけられる作品って案外珍しいし、その辺りを残して他のゲームデザインやバランスを現代的にリメイクすればいけると判断したのかも?

日本のリメイク版はグラフィックだけでなくシステムまでフルリメイクということだし、どういう感じになるのかちょっと分からなくなって来た。

でもこれまでもラングリッサーの変更版はちょくちょく出ていたが、結局はうるし原智志デザインの時と比べて微妙という評価になっているんだが。

新規のデザインもそこまで悪くは無いんだけど、当時の自分を刺激したエロさが足りない。あの一般ゲーム、アニメのデザインでありながら妙に露出度が高い危なさを備えたデザインではない。

うるし原智志の絵柄も今となっては古臭い部類ではあるが、この新しい方のデザインもちょっと……

後から知ったけど、うるし原智志って当時から普通にエロの仕事もやってるクリエイターだったんだよね。ゲームのキャラのそっくりさんが出る同人誌を知ってとても得した気分になった!

新規デザインは確かアルトネリコとかの絵師だ。あれも内容はかなり際どいものが多かったし、露出度も高かったりする。
あとよく見たらクリスもリアナも露出自体はそんなに変わらないかも。ただ、なんか違う。

これアルトネリコや怒首領蜂の凪良か?
なんかもっと特徴のある絵を描くという印象だったんだが。

凪良はラノベの挿絵とかだと結構無難なデザインも描いているよ。
これも悪くは無いけどラングリッサーだから比較対象がちょっと厳しいかもしれんね。

SRPG遊んでる奴とかもういないし、一部の旧作ファン向けだと思うんだが。
今更完全リメイクして売れるのか?

その辺については日本のゲーム市場は独特だから何とも言えない。
ただこれまでのラングリッサーのキャラデザ変更版の成績を見ると……

自分は普通にFEシリーズとか遊んでるし、SRPGはPC版や同人も含めてチェックしてるぞ。

「うたわれるもの」の新作出てるし、スパロボは相変わらずだし、一定の需要はあるぞ。

とりあえずこっちのスマホ版に関しては、ストーリーがゴチャゴチャしているけどそれなりに遊べる感じだね。

ウチの国のスマホ版は、明らかに昔のファンを意識しているけど、日本の家庭用機版はどこを目指しているのかよく分からんな。

なんだか特徴の無い普通のデザインになっちゃったように感じた。
好みは別として、うるし原智志デザインは今の時代も非常に目立つのに。

今の時代だと、エロ漫画雑誌の表紙の人のイメージが強過ぎるのだろうか。確かに日本旅行で行った本屋でもすぐ分かったよ!

昔のCGを高画質にするとかじゃダメなのだろうか?

その辺は権利関係も絡むから難しいはず。
ただPSの「3」の移植の時はわざわざ微妙な露出を落とす改変して炎上していた記憶がある。

日本の公式サイトを見たら、こっちのスマホ版にもリンクがあったから権利的にはかなりしっかりしていると思われる。

ならばなぜうるし原智志を起用しないんだ!!

別に死んだとか引退したとかでもなく、今でも表紙描いたりアニメーターやったりしているのにな。

単純に仕事受けてくれなかったとかじゃないの?
クリエイターとして好きな仕事やって食っていけるのに、なんでゲームのめんどくさい仕事受けないといかんのだとかで。

うるし原智志が仕事受けてくれなかった可能性もあるが、権利を自分達の方で新たに構築したかった可能性も考えられるね。
当時うるし原智志デザインも含むラングリッサー系RPGの流れはアトラスのグローランサーに移行していたし、作品の権利とクリエイターの関係はかなり混乱してそうだ。

そもそも、うるし原智志を起用しても昔と完全に同じ絵柄では出てこないと思うぞ。
最近のエロマンガやエロラノベのイラストを見るとなんだかんだで時代に伴った変化をしている。

それは確かに。
恐らく今のうるし原智志の絵だと、それはそれで反発が出るかもしれない。昔の絵柄と現代的な部分が混在していて合わない人もいるだろう。

確認できる話では無いが権利に関してはラングリッサー1〜3と4,5で異なるという話も聞く。
実際、中国のスマホ版を見てもキャラは3までしか出ていない。

過去の作品と同じキャストだと置鮎龍太郎の起用を宣伝していたのに、2のレオンだけ宣伝して4の主人公ランディウスについて宣伝しないのは考えてみればおかしいわな。世界観で区切った可能性も無くは無いが。
あと今調べたらレディンも置鮎龍太郎だった。

なるほど。自分の印象では3の権利が一番ややこしいことになっているように感じていたが、現在は4,5が難しい可能性があるのか。

まぁ実際にリメイクするなら、2はデアとかの発展系をそのままでいいだろうけど1はストーリーも含めて結構いじらないといけないんじゃないか。

2のストーリー分岐はよく出来ていたよね。私も何度も遊んだ。1はその前のだからしょうがないけど、リメイクするなら調整して欲しいのは確かだ。
ゲームシステム自体については、スマホ版はバランスかなり変えなければいけないだろうけど、家庭用ゲーム機だとシステムを現代的に使いやすくする程度で良いと思う。

隠しショップとシナリオセレクトもきちんと入れておいてくれないと。
確かリメイク版でそれ無くしちゃった最悪のバージョンもあったよな。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈の上の世代のゲーマーの間ではラングリッサーと言えばうるし原智志のキャラでないと……という人が少なくないようでした。

ちなみに私が中国の学校に通っていた頃の北京でも、ゲーム関係でラングリッサーの名前はよく聞きましたし、高校のクラスメートにはうるし原智志デザインのキャラが大好きだというのもかなりいましたし、私が当時中国に持ち込んでいたラノベの
「漂流伝説クリスタニア」

がそのイラストから妙に興味を持たれたりしました。

他にも私はラングリッサーのCGを収録したROM(雑誌の付録だったかゲーム本の付録だったかうろ覚えですが)を持っていて、クラスメートからは貸して欲しい、フロッピーでコピーできないか(CD-Rの普及のちょっと前だったので)等々と拝むように頼まれた覚えもあります。

またエッチな方向の作品については全く知られていなかったので、私が中国に持ち込んでいたマンガの中にあった
「キラリティー」

を当時仲の良かったラングリッサー好きの中国人クラスメート達に見せたら物凄いショックを与えてしまったなんて事件もありましたね。
その後しばらくの間クラス内で貸し出し中になったり、日本帰国の際のお土産としてお願いされたりも。

当時はまだネットの本格的な普及前であり、中国本土に入ってくる日本のオタク関係の情報も少なく、中国語化された情報もほとんど蓄積されていなかったが故の衝撃だったのだと思いますが、考えてみればこれは私が日本の作品を中国人の友人に見せてショックを与えてしまった中でも最大のものだったかもしれません。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国での「モンスターハンター:ワールド」突然の配信中止に対する中国オタクの反応

先日、中国のテンセント系ゲームプラットフォームWeGameでもPC版の配信が始まった
「モンスターハンター:ワールド」

ですが、配信開始から1週間ほどで配信中止となってしまったそうです。
ありがたいことにこの件に関する質問やネタのタレコミをいただいているので今回はそれに付いてを。

「モンスターハンター:ワールド」、中国での販売が停止(GAME Watch)

「モンスターハンター:ワールド」中国版が販売停止 中国政府の指定要件を満たしていないとして(ねとらぼ)

モンハン関係ということで日本の方でもかなり早い段階で報道されていますから、配信の周辺事情や続報についても日本の報道を追っかけていけば、表に出ている情報は把握できそうですね。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


WeGame版の「モンスターハンター:ワールド」が配信中止になっちゃったがどうなるんだ。
修正して再開できるのか、永遠に消えることになるのか。

テンセントがあれだけ宣伝していてこんなことになるのがそもそも予想外だから、今後については何とも言えんな。
テンセントでさえやられるならもうダメだとも、テンセントがあれだけ金かけて推しているんだから大丈夫とも言えてしまう。

結局何が原因なんだ?
通報とも政策法規に合わなかったとも言われているがどっちもありそう。

出版リストから出版コードが消えているから手続き上のやらかしじゃないかという説はわりと説得力あるが。

ゲーム関係は常に変化しているからな……スタンドアロンなら審査が終わってからで済むがオンラインで更に世界的にサービスがあってとなると商売優先だと判断を間違う。テンセントはこの数年でゲーム部門が膨張し過ぎた負の影響が出て来たか。

Steamより早くサービス始めたいからって、こんなことになってたら意味ないわ。

出版コードの許可取ってないのに有料でサービスはじめて問題発生ってことなのだろうか。

いや、それがまたややこしいようでな。今年は新聞出版総署の方から出版コードが出なくなった状態が続いているから、色んなゲームがテスト運営プロセスの認可と文化部の審査でサービス開始しちゃっているのが実情。
だからWeGameが無許可でやらかしたとも言い切れないし、上が厳格に対応するようになった結果という可能性も考えられる。

「World of Warcraft」の新しいバージョンとかも審査通ってない状態でのベータテスト運営扱いだったような。

そうなると完全無許可で強行というのともまた違う可能性があるのか……でも完璧に許可取ったから問題無しというわけでもないと。

今年に入ってからはゲームコンテンツの扱いに関する改革で暫定的にゲームの出版コードが発行されなくなっていると聞くし、どこのゲーム会社も出版コードは取れてないんじゃなかったか。
だからどこも基本的に有料ベータでのサービス扱いだし、出版コードからの分析のみで判断するのはどうかと。

そんな感じだからまた通報の影響というのが上がって来るんだよなあ……

この手の審査や取締りは国産ゲーム、それからある程度運営実績の積み重なっている古いゲームに関しては基準がゆるい、新作、そして新作で目立つのは何かと難しいのが実情だよ。

初歩的な疑問なんだが「MHF」の方はこっちでも問題無かったよな?
基本的な内容は同じだから当時も通報が無かったわけじゃないと思うんだが、なんで今回の「MHW」はこんな事態になったんだ?

「MHF」はきちんと許可取ってたんだろうし、社会状況や制度が今とは違う。
「MHW」はきちんとした許可では無いようだし、他のゲームと違ってベータテストの扱いを間違った可能性なんてのも考えられる。

通報の激しさや通報窓口とかの環境も今と昔では違うしね……

各ハードのゲーマーによる不毛な紛争、通報合戦という説もあるが、通報の有無に関わらずダメになったりするからな。
通報が理由に出されることはよくあるし、公式の発言にも通報がどうのこうのみたいなのはあるが実際の所はよく分からない。

Steam版に関してはこっちの企業が中国国内の版権取った作品は、中国IPや中国語版の提供を切ってくる可能性があるから、業者同士の足の引っ張り合いに加えてユーザー同士の抗争の可能性も否定できないんだよね。
あとはPS4の連中もか。

かぶらないハードなのにPS4のユーザーからの通報ってあるの?
同じ業界のどっかじゃないの?

そうとも限らない。「独占状態」が崩れることによりそのハードの信者が地位の低下を感じるケースはある。
実際WeGame版モンハンの情報が出た時のPS4系の所の反応とか、流言飛語付きのテンセント叩きで凄かった。

早速通報に関して網易に嫌疑がかかってお偉いさんがウチじゃないと否定しているのが笑える。

まぁ網易はお偉いさんが「某ゲームが通報で配信中止だと確認した」とか言っちゃったからな。ライバル企業だしそりゃ今の空気と状況では真っ先に疑惑が来るわ。

テンセントが代理運営するという時点で嫌な気分になるわ。

でも今回のテンセント版はかなり良かったぞ。Steam版より早く出て安いし簡体字中国語版対応でサーバとの通信も安定していた。

だけどユーザーを確保しようとしてこんな根本的な問題発生させているようじゃね……

バカらしい喜劇であり、悲劇でもある。

何はともあれ、あんまり大事になって欲しくないんだが……

通報で配信中止に追い込まれたのを信じているヤツは何でも信じるお子ちゃまなんだろうな。
どこのスレでも通報がどうこうとあるウチの国で、政府の規定に完全に合格するゲームなんて無いのに、なぜ今までやって来れたか考えもしないのかね。下々の通報に対応するなんて面倒事を増やすようなことをすると?

不思議なのは通報が有用だと信じている人間がかなりいることだ。通報に効果があるならウチの国のゲーム会社は全滅してるだろ。

今回の件は手続きの不備と通報の組み合わせという可能性も考えられるぞ。
「有力ルート」からの通報は大きい。

アニメやスマホゲーを見ればわかるが、通報殺到で炎上したらウチの国はヤバイ。他の国の娯楽産業と通報の関係や影響を比較してみても、ウチの国は段違いに対処が速いし容赦がない。

通報は関連部門に「仕事をする機会」「宣伝する機会」「交渉材料」を与えることになる。
上の都合で無視することはあっても、目立つ仕事を放棄して批判されるリスクや、社会的政治的に注目され評価される仕事をしているアピールができるメリットと比較しての話になるから全部通報が無視されることも逆にありえん。
てかウチの国の「権利行使」大好き具合は皆よく知ってるだろうが。

ネットを探せば難癖付けて「通報しました」的なのはいくらでもあるから通報があったのは間違いないが、その影響がどの程度あったのかは何とも言えんな。
取り締まりたい時の口実に利用されるパターンもあるわけで。

通報だろうが許可未取得だろうがどっちでも構わん。
心配なのはWeGameの今後だ。ようやくテンセントを応援しても良いと思うくらい良いプラットフォームだったのに、このままじゃ海外のゲームが入らずまた武侠ネタのゲームしかない状況になりかねん。

あのテンセントでさえもこういう事態に陥るとは。

テンセントは巨大過ぎるから他所は対抗できないし、そのパワーにまかせて他所のコンテンツやアプリを潰すとか取り込んで作品展開を止めて価値を落とすかする戦略をとっていたから、逆に刺される理由もいくらでも考えられるんだよなー

そういうの言い出したらテンセントの内部からの可能性だって考えられるぞ。内部闘争だって激化している。

テンセントの上層部がWeGameへの後押しや外国産大作確保路線をやめてしまう可能性も考えられるのんだよね。

結局また香港版か……

こっちのSteam関係のツールがアップデートしているがどうなるんだろうね。Steamだってウチの国の政策法規的にはマズイわけだし。

以前規制の動きが出たということで大炎上したが、どこまでやってくるのかという問題がある。過去の別ジャンルの事例を見ても、本格的にやるときはバッサリやられてしまうからな……

とりあえず返金でSteam版買うわ。

Steam版だと回線不安定らしいけど大丈夫なの?

しょうがないからそこは割り切る。
俺のフレはPS4だとできないし、野良で組みたくないから他に手段が無い。

Steamについては最近Valveがウチの国の完美世界と組んでSteamの国内向け業務をやろうとしているというニュースも見たが、ウチの国の手続きや審査検閲の問題を考えるとすぐになんとかするのは無理だろう。

それにしてもウチの国のゲームもいよいよ通報が厄介な要素になってきたな。気に食わない物を通報して攻撃手段にしたりストレス解消したりな部分がどんどん広まっているように感じる。
アニメとかと同じく、通報に怯えたりパニックになったりするような状況になってしまった。

我が国は……大通報時代を迎える!



とまぁ、こんな感じで。
寝耳に水という人も少なくないようでしたが、配信中止の原因に関する見方や影響に関する認識などについては人それぞれのようでした。

中国ではネットゲームの運営に関しては基本的に新聞出版総署(今はラテ局と合体して国家新聞出版広電総局になっていますが)と文化部から許可を取得しないといけないはずなのですが、管轄範囲や手続きに関してはかなりゴタゴタしています。

そもそも中国ではゲームが出版物扱いになってはいるものの、旧来の政府関連部門の管轄ではオンラインゲームのサービスという比較的新しいコンテンツへの対応や管理は難しく、あやふやな扱いになっている面もあります。

そんな訳で中国におけるゲームのサービスの許可については非常に混沌としており、そこに更に中国特有の政治的社会的なアレコレが絡むので、どこがどうなっているのか、どこでリスクが発生するかといった事情については外から見ても中から見てもハッキリしないといった話もあります。

今回のMHW配信中止の原因がどこにあったのかは例によってハッキリしませんが、中国側のWeGameにとっても恐らく予想外な事態だったのではないかと思われます。

WeGame(昨年9月に改名、それ以前は「TGP」(Tencent Games Platform))はテンセントが「中国人による自分達のSteam」を目指したプラットフォームということですが、これまではMOBA系やカジュアル系ゲームの作品が中心でいわゆる「大作」的なゲームが無くSteamと比べてどうにも見劣りしていたそうです。

そんなWeGameにとってMHWはついに獲得したAAAタイトルの大作ゲームとされ、更に8/8配信開始でSteamの8/10配信開始より早く始められるというのもかなり大きな宣伝材料となっていたそうです。それが配信開始後わずか1週間でこうなってしまうのは明らかに厳しいでしょうね。

正直な所、私も中国におけるオンラインゲームサービス事業に関してはあまり得意ではないのですが、今回の件により中国国内における外国産ビッグタイトルゲームの展開に影響が出そうな気配もあるなど今後の動向についても気になりますし、引き続き追っかけてみようかと思います。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


8/15追記:コメントの方で教えていただきましたが、中国でのゲーム認可凍結に関する報道が出ているそうです。
中国が権限見直しでゲーム認可凍結−日本株も直撃(Bloomberg)

中国政府がゲームの承認を凍結。北米メディアが伝える(4Gamer_net)

中国オタク「DOA6がやわらかエンジンを廃止してリアル路線にするらしい……」「なぜ作品の特徴を無くしてしまうのだ!」

ありがたいことに
「DOA6ではセクシー路線をやめるという話が出ていますが、中国での反応はありますか?最近のDOAシリーズ、特にDOAXは中華圏向けもかなり意識した展開が行われているように感じられますが、中国のオタクな人達の反応が気になります」
と言う質問をいただいておりますので今回はそれに付いてを。

DOAシリーズは最近の中国オタク界隈でも本編シリーズやDOAXシリーズのキャラクター、更にはDLCの展開が話題になったりしていますし、先日発表されたDOAシリーズの新作「デッド オア アライブ 6」に関してもちょっとした話題になっているようです。
ただ新作に関しては「やわらかエンジンをやめる」などの路線変更があるという情報も同時に入っており、それに対して困惑する人も出ているのだとか。

『DOA』が、セクシーからクールに。システム、キャラクター、あのエンジンは? 『デッド オア アライブ 6』インタビュー(ファミ通)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで、
比較的ライトなゲーマーが多いと思われる所で行われていた
「DOA6の新路線」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


DOA6はかなりの路線変更があるようだ。特にキャラ関係。
やわらかエンジンを廃止してリアル路線にするらしい……

ニュース見たけど、ホントにリアル路線でこれまでのサービス路線はやめる、少なくとも強調はしないみたいだなあ

なぜ作品の特徴を無くしてしまうのだ!ユーザーがなぜ買っているのかを理解していないのか!

リアルよりで男女問わずダメージ描写をガッツリやるようだね。
かすみとかの女性キャラも顔面パンチを強調する描写になっているからヘンな方向の話題にもなってる模様。

モータルコンバットみたいな感じになるのか?フェイタリティとかはあんまり好みじゃないんだけど……

そこまではいかないみたいだけど、ブレイクブローの演出でボコられる表情シーンのクローズアップとかは出るみたいだ。そこもesportsの演出狙いなんじゃないかな。
近頃はどの格闘ゲームも観客を意識した演出を強化しているし、そこで露出した女の子や下着がアップとかは問題になるという判断もあるのでは。

まぁ過去にはバレーの方が女性の権利うんぬん的な所から批判を受けたし、それで欧米での販売が無くなったからな。
女の子をセールスポイントにするのはやめて、一般向けに走るという方針になったのだろうか。

でも男女平等を意識し過ぎてヘンなことになってないか?男女平等にボコボコにするのはなんか違わない?

描画エンジンは進歩しているようだし、やわらかエンジンの廃止はそこまで問題にはならない気もするけど、あまりリアルにすると別の問題が発生しそう。
ある程度のデフォルメ世界ならいいんだが、リアルだと色んな意味でマズイように感じる。

同感だ。
esportsでやるならリアル過ぎるのも問題になりそう。露出や下着のアップもアレだが、女の顔ボコボコにして勝利する画もなかなかにマズイような……

血腥い描写がなくても、暴力的だと取れる描写だと規制は受けるはずなんだよね。DOA6のビジュアルを見ると流血は無くても汗や傷や汚れは強調されているようだし、どうなるやら。

私は自然だとかリアルだとかはいらない……存在感があって納得できて、サービスがあればいいんだよ……

今の自分にとって格闘ゲームとしてやり込むのは正直苦痛だからDOA6の路線は不安だ……
DOA5LRもゲームとしてきちんと使えるキャラはかすみとマリー・ローズくらいで他は観賞用みたいなもんだ。DLCの衣装は結構買っちゃっているが。

私はDOAってやわらかエンジンというか3Dでの女性キャラが特色だと思っていたんだが、それを打ち消す方向に行くというのだろうか?

マリー・ローズもリアル路線で出すのか……?
なんか別の問題を生みそうな気もする。

無印では出さずに様子見じゃないの。
マリー・ローズはキャラ人気は高いが、キャラの強さとしてはリーチが短くて判定もそれほどではないからハッキリ言って弱い部類。しかもストーリー的には特に関係無い。

あのなんだかよく分からんストーリーはまた続くのだろうか……

ストーリー的にはリュウ・ハヤブサがどう関係するのかが相変わらず気になる。
あいつが出るならたぶんDOA6も遊んでしまう。

作品の良い所を無くしてしまうのか。あれがあるから格闘ゲーム得意じゃなくても買っていたのに。

自分にとっては着せ替えゲームでしたわ。こっちもなんか望み薄な気配だが。

やわらかエンジンを無くすなら、服が弾けるシステムを進化させよう!
どこぞのコラボ先を見習って命駆しようぜ!

でもSNKのアレよりはまだ期待が持てるよな。

SNKヒロインズはもう弁護のしようがないしアレと比較されても困る。

SNKのあれはまさに金を騙し取るゲームだからな……一部から求められている方向に特化しても、技術やデザインが追い付いていない。

リアルでハードコアな格闘になる。
でも結局、3DMODに素材提供しちゃうんでしょ?

そっちの問題も考慮しての展開かもね。PC展開が増えた結果MODでエロイメージが強化されちゃうし、格闘ゲームとしての扱いでは無くなっていったから。

エロ関連はDMMでエロバレーを切り離すんじゃないか?
あっちと住み分ける形にして、格闘ゲーム部分をDOA6で展開させるのでは。

それはありそうだ。かすみの衣装とか、明らかにエロ要素排除している感じだし。でもDMMで遊ぶのはなんか違う。

エロ関連の需要や同人的なのはどうなるんだろう。3Dモデルの方はあるけど、薄い本は最近あまり見かけない気がする。

いいか?DOAはコアな格闘ゲームだぞ!そっちを目指して何の問題があるんだ!サービスシーンしか話題になってない最近の方がおかしいんだよ!

制作者も格ゲー部分のファンもそっちを評価されないことにイイカゲン我慢できなくなったのかなー

DOAに関しては開発側でも方針や嗜好、こだわりなどで混乱している印象を受ける。
閃乱カグラのように開発側もユーザー側も明確に変態紳士な方向でもないし、かと言ってエロ関係を捨てるわけでもない、しかしエロと商売の連動に関しては露骨な集金に来て逆に反発を生むようなことになっている。

コンテンツ産業によくある、作者が文化的に評価されたいのと大衆の間で評価されて成功するのとが違うというヤツもあるのかも?

とりあえず衣装のDLCがどうなるかで6に関する方針が分かるのでは。

ハードコアなんてサブタイトルつけるくらいハードコアな格闘ゲームでもあるけど、出回っている動画は大体エロかリョナなんだよね。

DOAシリーズって格闘ゲームの中で格闘では無い所で食っていたゲームと言う印象だったが……格闘ゲームのesportsやってる連中の間での評価はどうなんだろう。

ネット対戦やってみるとかなり強いプレイヤーにぶつかるし、やり込んでいる人いるんだろうなーとは思う。

正直格闘ゲームとしてはハードルの高い部類に入ると思う。コンボもヤヤコシイし、駆け引きも正確さが必要とされるから

知識とやり込みが蓄積されると反撃が成功するようになるんだけど、初心者はそういうのに対応できないから入門レベルで挫折しがち。
DOA6はコンボとかを簡単にやれるシステムを導入するみたいなことが発表されているけど、根本的なジャンケン部分が難しいからなあ……ゲームとしては悪くは無いんだが……

一応、DLCに手を出さずに格闘ゲームやり込んでいる俺みたいなのもいるぞ。

ハードコアなゲームと言われているだけあって、自分も難しいという印象はあるな。

ストーリーをクリアするだけでも妙に苦戦した覚えがあるし、自分もDOAは難しいという印象が強い。KOFやストリートファイターのようにはいかない。

他人のプレイを見ているならいいんだけど、自分でやっていると反撃も出来ずに何が何だかわからないうちに負ける。

他の格闘ゲームと差し合いやカウンターの違いがある上にホールドの読み合いもあるから初心者はCPU戦でも苦戦するな。
ただそこを把握すればいいだけだから、他の格ゲーが上手ければそれなりに対応できるとは思うんだが……

格闘ゲーム部分が難しくても女の子目当てに買ってしまうのがDOAだったんだけど、6はどうなるんだろうな。
DOA5みたいに無料版と分割で展開するならまずは触ってみようという気にはなるけど。

ここで告白させてもらうが、DOA5の系統で一番良かったのはDLCの不知火舞です!あれは良かった!!!

まぁあれだ、元々制作会社的に高難度の方に行くゲームということだったんだろう。忍者龍剣伝とか本気で難しかったしな!



とまぁ、こんな感じで。
DOA6の変化はリアル路線と競技性重視っぽい展開だと受け止められているようで、それに付いていけるかどうかという不安を覚える人もいるようでした。

DOAシリーズに関して、中国ではPSやPS2、SSやDCなどの海賊版ゲームが流行っていた時期に家庭用ゲーム機を中心として人気が確立された面もあるそうで、KOFやストリートファイターほどではないものの、比較的広い範囲と年齢層でのファンがいるとのことです。

ただ中国オタク界隈におけるDOAの格闘ゲームとしての評価や人気となると、私もいまいちよく分からないのが正直な所です。
キャラの人気や知名度はかなりあると思われますし、近年のマリー・ローズの追加やDLCによるコラボキャラについても結構な話題になっていたのは確かなのですが。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「アズレンが日本で『艦娘』を広告で使ってDMMから本気で怒られたらしい」

艦これの食べ物ミニイベント、この週末で終わりにしたかったのですが梅干しドロップで運に見放されているようで苦戦中です。
あと個人的には一体いつ手に入れたのか分からない、温存しているうちに超古古米と化した多くのおにぎりを消費する機会になって装備欄がスッキリするのがスバラシイイベントかもしれません。


さて、ありがたいことに
「アズールレーンが『艦娘』を勝手に使っていることに対してDMMが声明を出した件」
に関して複数の質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

『艦これ』のDMMが商標「艦娘」について声明発表―『アズールレーン』公式が告知で使用(インサイド)

以前からアズールレーンが「艦娘」の呼称を勝手に使っているのはちょこちょこと目に付きましたし、中国のアズールレーン系のコミュニティでもずっと普通に「艦娘」が使われているのですが、さすがにDMMからの声明ということで今回の件を重く受け止める人も出ているようです。

また今日になってアズールレーン側からの謝罪も出たようですね。
アズールレーン運営、他社商標の使用を謝罪(ニコニコニュース)

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りで比較的落ち着いていた所のものを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(昨日の晩にまとめたものなので、アズールレーン側から謝罪声明が出る前のやり取りになっていますのでご注意を)


アズレンが日本で「艦娘」を広告で使ってDMMから本気で怒られたらしい。
どうすんだこれ……

今後は艦娘って言葉使えないの?
こっちではもうこの手のキャラは全部艦娘、アズレン系のスレでも基本的に艦娘呼びだが。

だから最初の頃に別のにしておけと言ったのに!
問題にされていない怒られていないからやったもん勝ちだと良い気になってたらこれだ!

これ、艦艇を萌え擬人化するという話じゃなくてそれをどういった名称で呼ぶか、商標の権利の問題だからアズールレーン側はどうしようもないだろ。

あえて言うなら、さっさと専用の呼称を確保しておくべきだったくらいか……

よし、ならば日本語のKanmusuではなく、中国語読みにしてJianNiang表記にするとかはどうだろうか?

英文ならともかく、漢字はダメだろ。簡体字と繁体字と日本の漢字でも区別した扱いにはならん。

マドリッド協定とかが影響するケースなのかとかは知らんが、少なくとも日本で艦娘という言葉を使うのはアウトだと明確に抗議されたわけだし、日本ではもうどうにもならない。
DMMがどの辺りまで商標押さえているかは分からないが、作品の規模的にかなり広い範囲で押さえているはず。

他の商標問題から考えると、ユーザー間で使う分には問題にならないけど公式関係で使ったらいけないという感じだろうね。

これってそんなにマズイ話なの?
DMMがアズレンの広告に艦娘という言葉を使ったからちょっと警告しただけで、騒ぐほどでもないように感じるんだが。

わりと大事だぞ。
次は訴訟で法廷コラボとかになりかねん。

なんで艦娘を使っちゃいけないんだ。
今は艦娘系のゲームなんてかなりあるだろ。みんな艦娘って呼んでいるんだから今更DMMが警告するとかおかしいだろ。

そうそう。
別にアズールレーンが似たような商標を登録して妨害しているわけでもないのに。

類似商標で妨害するより見方によっては悪質なのよ。単純にタダ乗り、盗用みたいなもんだから。
あとみんなが使っているから誰でも使っても良い、一般化した名称だから商標で独占できないってケースは、本当に余程のレベルじゃないと認められない。

いわゆる普通名称化しているから使わせろってことか?
「艦娘」が普通名称化したという判断は出て無いし、これって言ってみれば普通名称化防止のためのアクションだから、恐らくDMM側は譲らんぞ。

こういうのって商標権を持っている側が本格的な問題にしていないからだけというケースも多いからね。何も言われないから使っていいという話ではない。特に商業関係。
ユーザー同士で使うとか日常生活で個人が口にするならともかく、商業広告は明らかにアウト。

今回の件が最初じゃなくて、日本では過去に公式がクリスマスイベント告知とかでも使っていたから問題視はされていた。
DMMが本気で動き始めたようにも見える。

これ、アズールレーンがDMMの持つ商標を普通名称化しようとしての陰謀と見ることもできてしまうんだよなあ……

1周年を祝うとかやってる時に色んな問題が発生して気の毒だ。
しかしどんな名前にすればいいんだろう。商標登録されていなくて、中日どちらでも使えて、ユーザーも違和感が無いようなのはあるのか。

日本の広告では修正した後は「艦」呼びなんだっけか。当面はそっちでやることになるのか?
でも「艦」だと萌えを感じないし嫁にできる気も薄れてくるような。

騒ぎたい連中が騒いでいるだけで、時間が経てば落ち着くよ。
アズレン側も謝罪声明を出したし、このまま双方和解となっていくだろう。

アズールレーン側は現時点だとまだ謝罪していないぞ。
今出回っている謝罪文画像はユーザーに謝罪しているだけだし、公式声明でもないサポートの返信だろ。

俺は「アズールレーンとDMMの間での問題は既に平和的に解決した」と聞いたんだけど。

公式には映像の文字を修正しただけか?
そもそもDMMとアズールレーン運営の対話って行われたのだろうか。私が知っているのもユーザーへの謝罪だけなんだが……

もしや騒いでいる抗議の投稿だけに場当たり的な対応して肝心な対処をしない、組織としての対応を取ろうとしない……というよくある対応になってないか?
ウチの国のお偉いさんからの規制なら「察しろ」で済むが、今回の件はそうじゃないだろ……それに昔こっちで炎上が超特大炎上になって衰退した原因の一つがそれだったろ……

DMMは陰陽師の方はやってるが、アズールレーンはどうなんだろう。
ユーザー間の対立はこっちでも日本でもかなり不穏に見えるが

何はともあれ、双方があまりゴタゴタしないことを祈るよ。

ゴタゴタしないのは不可能だろ。
こっちでも既に罵り合いが始まっている。日本ではもっとマズイことになるんじゃないか?

アズールレーンについて日本では「敵を作り過ぎた」とも言われている。
ユーザー発のゴタゴタでは艦これどころか、FGOやグラブルに対してまで煽っていたからどのゲームでも万遍なく嫌われている。

艦これはその辺りを非常に上手くやってるように見えるから尚更だよね。
最近もSamuel B.Robertsのデザインに鋼鉄少女のZECOを連れてきたりとか。

アズールレーンはちょっと攻撃的過ぎたね。他と比較して優れているというアピールばかりだったから。
しかも神運営とか良心的とか、実際プレイしてみるとそれほどでもないのを実感するしもっと他のアピールあったろうに。

ほほう、これは艦これとアズールレーンと戦艦少女の戦いか!?

争え……もっと争え……!!

戦艦少女関係ないだろ!
いやまて、やっぱ関係あるのか?どこかで「戦艦少女」呼びも勝手に使っていたような気もする。

元々問題を指摘する声があったのに対応を取らなかった結果だし、
「関連書籍や関連作品、関係者の同人作品だって艦娘という名を勝手に使っているのに、なぜ俺達が使えないんだ」
と問題指摘する人間をバカにする空気があったからね……その反動も出ている。

間違いはさっさと認めて、問題を正せとしか言えない。
この問題って今まで使っていた宣伝ルートがそのまま炎上を加速させるルートになっている気がするよ。

今後はどんな名前にすればいいのやら。艦?船?

削るんじゃなくて「娘」の方を変えたらどうだ。
そもそも「艦娘」の「娘」の意味は中国語の漢字とは違う。こっちではもう「娘」の字には「女の子」とか「少女」的な意味はほとんどない。「娘」だけで使ったら母親を呼ぶような意味になるんだから。

艦娘……母親……そうか……最近日本の提督が叫んでいるスカイママとは!

しかしそうなると何が良いんだろう。こっちの漢字の使い方だと「妹」が近いのかね。

乙女とか少女とか姫とか、それに艦やら戦やらとかつければ……でもそういうのって既に使われているのばかり。

今まで放置していたツケだな。
戦艦少女の方はちゃんと変更している。

戦艦少女Rも当初は「艦娘たちを率いて敵艦隊を破れ」とかになってたんだっけ。

ウチの国ではミリタリー系艦船擬人化ネタは基本的に「艦娘」呼びになっちゃってたからなあ……
ただ使われている範囲が狭いし時間もそこまで長いわけじゃないから社会的に普及しているとは言えないし、商業でフリーに使うのは無理だろう。



とまぁ、こんな感じで。
ゴタゴタしたり困惑した空気が漂ったりしているようです。

中国ではソシャゲの運営に限らず、イロイロな所で、取り締まりを受けるのは運が悪い所で自分は違う、或いは取り締まりを受けるような空気になったら自粛すれば良い……といった方針でやっているように見えることが少なくありません。

この手のゴタゴタに関して、オタク系のコンテンツでは内容の過激さ暴力やお色気描写についての問題が比較的目に付き易いですが、権利関係のやらかしというのも珍しくはありません。

ここ数年で日本に展開される中国系のコンテンツが増えていますが、その中にはどこまで意図的なのかは分かりませんが「中国的な考え」でやろうとして危なっかしいことになっているコンテンツも目に付きます。
今回のアズールレーンによる「艦娘」の勝手な使用に関しては、その辺りがいよいよ問題視されだしてきたようにも感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「最近キャラを『我老婆』(俺の嫁)と言う人間が増えすぎてないか?」

ありがたいことに以前の記事
中国のギャルゲー制作チームの記事が今月のテックジャイアンに掲載
中国オタク「我が国の国産ギャルゲーがついに発売だ!」
で紹介させていただいた中国の国産ギャルゲー
「虹色旋律」
がDMMで日本語版対応で5月から配信されているというのを教えていただきました。
DMMの作品ページ

恋愛ADV『虹色旋律』がDMM.comで独占配信。スクリーンショットが公開(電撃オンライン)

まだほんの少し触ったばかりなので内容については分かりませんが、インターフェースはかなりサクサクですし、コンフィグで中国語と切り替えたりしながら進めるのもまた一興という感じですね。
虹色01虹色03虹色04
虹色06虹色05





ボイスに関しては中国語版のみで、テキストは中国語(簡体字と繁体字)と日本語のようです。
テキストのみ言語対応というのは、中国オタクの面々が過去に遊んできた「ときめきメモリアル」や「Memories Off 」などの中国語版もあるギャルゲーの環境(ボイスは日本語のみでテキストが中国語化)が反対になったような感じでちょっと面白いですね。


さて、ギャルゲーで思い付いた今回のネタを。

以前教えていただいたのですが、いわゆる日本のオタク用語としての「俺の嫁」ですが中国語では嫁のことを年齢に関係無く「老婆」ともいうので、中国オタク界隈では「嫁」「俺の嫁」という言い回しとして
「老婆」「我老婆」
といった言葉が使われているそうです。

ただこの「俺の嫁」的な言い回しが広い範囲で流行るようになったのは比較的最近だそうです。
確かに私の記憶でも、数年前はまだ中国オタク界隈のやり取りで
「日本のオタクの『俺の嫁』という言葉やそれに関するアピールが理解できない、キモチワルイ」
的な反応をちょくちょく見かけていた印象がありますね。

それが最近の中国オタク界隈では動画サイトのコメントやSNS上でのネタアピールなどが活発になると共に、いわゆる「俺の嫁」的な文脈で、
「老婆」「我老婆」
という発言が増えているとのことです。ただそれに対して戸惑いを覚える人もまだまだいるのだとか。

中国のソッチ系のサイトでは
「最近増えているキャラに対して『我老婆』(俺の嫁)というネタ」
などに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近キャラを「老婆」「我老婆」(俺の嫁)と言う人間が増えすぎてないか?
キャラに対するネタだとしても、正直あまり気分の良いもんじゃないだろ。

確かに老婆呼び、増えたよなあ
ちょっと前まではキモイということでネタにもならんかったのに

私はそんな言い方はしたことが無いしこれからもするつもりは無い。

日本のオタクの「俺の嫁」という言い回し自体はかなり前から入っていたけど、ちょっと前まではありえない叫び方だったような気もするんだ。

こういうネタを大っぴらに使ってもいいような空気が強くなったのは確かだろうね。

気軽に言っても大丈夫になったというのは分かる。
ちょっと前まではカッコ悪い、キモイというのを意識してしまったはず。

他にも、こんな言い方をするなんて作品を大事に扱っていないという風に見られる所もあったかな?

作品に対してもそうだし、キャラに対してもだよ。
私も老婆老婆と呼ぶやり方は好きじゃない。虚構のキャラが好きであっても、いやだからこそ尊重するべきではないか?

「老婆」呼ばわりする連中って、作中でそのヒロインが誰かとくっ付くことに関しても批判するからな。ネタ混じりではあっても好みでは無い。
本当にそのキャラが好きなら、好きな人と一緒になれることを祝福するべきだろうに。

自分も「我老婆」と呼びたいヒロインはいる……でも自分では釣り合わない……

スレ主の言いたいことも理解できるが、「老婆」と呼んでネタにしたい人間の気持ちやテンションも理解できるんだよなー

俺の好きになるヒロインは負け犬ばかりなので、せめてこっち側から我老婆と呼びたくなる!

「我老婆」をあんまりマジメに捉えすぎるのもどうかと思う。
叫んでいるキモオタ連中だって、ディスプレイの中に自分の声が届くなんて思ってないだろ。

でも「我老婆」とのクリスマスパーティの画像とかを見ると、次元の区別がついていない、或いは徐々につかなくなるんじゃないかと他人事ながら不安になる。

好きなキャラを好きだと叫ぶのはちょっと恥ずかしいというのもあるんだよ
ネタにするのは一種の自己防衛みたいなもんだからほっとけ

二次元に対して「老婆」と叫ぶことさえ管理しようとする、さすがは我が国の人間だ!

遊んでいるんだからいいんじゃないの。バカに見えるのは間違いないけど。

現実の女が好きじゃないから虚構の女に叫んで自らを慰めているんじゃないの。傍から見て気持ちの良いもんじゃないけど、二次元の楽しみ方の一つとしてはアリなのでは。

まあみんな「老婆」と言うわりには随分と速いペースで変わる「老婆」だけどな!だいたい3か月に1回程度のペースで!

気にするな。今叫んでいる連中もあとで後悔するから放っておけ!

いつか全てが黒歴史になって返ってくる……いつか自らによる精神的な罰を受けることになる。

私はスターを追っかける人間も、二次元のキャラに老婆と叫ぶ人間も正直理解できない。だからこういうのに対しては距離を置いてしまうね。

昔とは趣味の環境が変わったからしょうがない。
例えば動画のコメントではネタに走る方が「強い」からね。

動画コメントなんかは一番「老婆」が目立つ場所な気がする。キャラデザの良いヒロインが出てきたらもう「老婆」だ。

そこが気になるなら「老婆」を禁止コメントにするとかで対処するしかないんじゃないか?

うーむ……叫ぶ方も、それを鬱陶しく感じる方も色んな理由があるからなあ……

この件に対する批判については、あのヒロインは作中の主人公(或いはメインキャラの誰か)の嫁であって、お前みたいなキモオタの嫁じゃないだろ!というのもあったかな。
ただハーレム系作品や、主人公=プレイヤーな作品だと俺の嫁と叫ぶのも悪くは無い気もする。

ヒロインがくっつくのが嫌いなキャラ、アンチの多いキャラだったら?と言う問題もある。Fateなんかは常にその火種が……!

分かったよ。じゃあ「老婆」じゃなくて「妹」でどうだ!これなら構わないだろ!?

私は自分の好きなヒロインに対しては「老婆」と呼んだりしない。
しかし「我老婆」にならないでもいいから、ずっと独り身でいて欲しいと思ってたりする。我ながらヒドイことを考えていると思う。

キモオタは現実で結婚できる相手がいない、「老婆」と呼べる相手がいないから虚構の人間に対して叫ぶのさ。

彼女たちの、百合の関係にしゃしゃり出て来るな!と思う自分のようなのもいるぞ!

逆に言えば、虚構の中くらい叫んでも良いだろうということなんですが。

この呼び方、楽しみ方を批判する人間の方が逆に現実と虚構を分けて考えられないのではと思ってしまう。

これってネタであって本気にしているヤツはいないだろ……いないよな?
本気にしていたらさすがにネット断ちして病院に行った方が良い。

正直、ネットならともかくリアルで叫ぶのは恥ずかしい。
ただこの言い方って、あるキャラを大好きだとアピールする際のネタ混じりの言い方としてかなり使い勝手がいいんだよねー

私も現実だとさすがに叫べないよ。
叫ぶのは弾幕コメントとかネタスレとかだ。

慣れていない人が「老婆」「我老婆」というフレーズから受ける印象と、最近ネタで言っている人間の中の考えが結構ずれているんじゃないだろうか。
「老婆」って言っている人間は独占したいというより、自分がキャラが好きだというアピールな部分が多いように思うんだが。

今使われている「老婆」という言葉って、自分のキャラに対する愛をアピールすると同時に、それを自分自身を含めてネタにするっていう意味があると思う。
これは個人的な考えだが普通に直接「俺は誰々が好きだ」というのは逆に微妙な感じがしたり、軽過ぎるように思えたりもするんだよね。

変な話だが、ネタ扱いだから気軽に語れる好みってのもあるよな。
最近は「老婆」の字から受ける印象が、オタクの間でも世代や所属コミュニティによって異なるようになって来たのかもしれない。


とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈ではこの二次元における「老婆」(嫁)のネタとして扱える範囲やイメージが人それぞれな所もあるようで、いまだに混乱や反発のようなものもある模様です。

また上のやり取りにもあるようなキャラに対する態度、オタクとしての誠実さ的な方向に考えてしまう人もいるようで、この辺のマジメな考えになるのは伝統的な中国オタクのスタンスなようにも感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ソシャゲのイラストが不評で抗議が入って変更ってどの程度有り得るのだろうか?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので今回はそれについてを。

近頃はソーシャルゲームが中国オタク界隈でも何かと重要な扱いになっていますし、新規追加コンテンツに関しても話題になっているのをよく見かけます。

ただ、中には新規追加コンテンツが不評で炎上したり、その結果運営やクリエイターへの抗議にまで発展するケースがちょくちょく発生するようにもなってきています。

中国のソッチ系のサイトではその辺りのゴタゴタに関して
「ソーシャルゲームに対する抗議による変更、それもイラストの変更はどれくらいあるのか?」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ソシャゲのイラストが不評で抗議が入って変更ってどの程度有り得るのだろうか?

イラスト変更か……イラストに文句言うのは多いし自分もやったことあるけど、そう言えば変更まではなかなか無いな。

最近だとFEヒーローズのイシュタルが燃えて抗議にまでなってるよね……ああいうのって変更が行われること、それも抗議しているファンが納得するような変更が行われることってあるのかね?

近頃のソシャゲはイラストが重要になってるからその手の抗議というか運営やクリエイターへの突撃を伴う炎上が多くなっていると感じる。

最近のソシャゲは良くも悪くもキャラ重視だし、名作IPを活用したりするから思い出と違うという反発も出るんじゃないかな。
イシュタルは原作ゲームで仲間にならないキャラだったから、ゲームストーリーでの登場肉うぇて、FGOで自分の好きなサーヴァントを手に入れて遊ぶ、スパロボで説得して仲間にして一緒に戦う的なことをやりたい人が多かったのでは。

抗議してイラストの変更とか期待するのがおかしい。
FGOであんだけ批判されている荊軻やナイチンゲールが変更されていないんだぞ?

私も最近遊んでいる中だとFGOのイラストが……明らかに絵師が手抜きをしているのもあるし運営がちゃんと管理しろよと言いたくなる。一応礼装とかでのフォローはあるけどさあ……

艦これもFGOも抗議で変更したことは無いぞ。日本のゲームに対する抗議はあまり意味が無い。

イラストへの抗議を受け入れるか、変更するかに関しては運営の方針次第じゃないか?
例えばFEヒーローズはイラスト変更しない運営だと思う。

FGOは運営のスタンスがよく分からんが、艦これは運営のセンスで押し通す感じだね。
それに日本のメインユーザー層の好みが独特だから、日頃目に付き易い所で炎上してもスルーできるんじゃないかと。

艦これはしばふ艦をはじめ、日本と日本以外の評価の落差が激しいんだよな。新規実装艦のイラストが出て批判や炎上っぽいことになっても不発になったり、鹿島とか思わぬ所で人気が爆発したりする。最近ではなぜかガンビア・ベイが大人気だ。

ウチの国のゲームだと炎上したら対応せざるを得ない所もあるが、日本だとどうなんだろうか。
確かアズールレーンのワスプだったかな?クオリティ低いと批判されて、実装時には変更が入ってたはず。そんなことよりゲームの内容でもっといじるべき所があるだろうと思ったがな。

そっちは先行公開だし実装後の変更ってどうなんだろう。アズールレーンは話題になる所は右往左往して反映させるけど、その結果別の方向からの反発が発生したりするからね……日焼けスキンの件は絶対に許さない。

オイゲンは炎上させた方がごね得になった感があるからな。日焼けが嫌いなのもいれば好きなのもいるのに。しかも最終的にオリジナルより白くするとかあの運営は何考えてんだ。

そういうのがあるから何でも騒ぐというのはどうかと思うよ。
なんでも騒ぎにするから結局は人が離れてしまう。そして残るのは過激に騒ぎたい連中だけになってしまって。

この手のゲームのイラストって余裕があったら修正はする、程度じゃないの?
あと実装してからは金が動いてからは難しいはず。変えても「前の方が良かった」という意見が出るリスクもある。

戦艦少女Rなんかは新しいの出るたびに何かしら問題出て炎上するからもう慣れた。

人気が落ち目のゲームってイラストでつなぎとめて稼ぐしかないから、対応するスタンスでなんか分かってしまいそう。
逆に人気が維持されている場合はその手の対応をしないと思う。独自のブランドを維持してアピールしていけばいいのだから。

本気で抗議したいなら課金しなきゃいいんだよ。
課金するユーザーがいるというのは需要があるということだし、本気で課金されないなら運営も手を打つよ。
更に言えば課金ユーザーがいる以上、そのイラストを肯定している層が存在することになるから下手に変更すると別方向からの反発を生むことになりかねん。

文句言いながら課金するヤツが出るのはホントに不思議。

崩壊3rdも修正入ってたし、細かい修正は探せば出てくる。
ただそれが抗議して炎上に対応して……というのになるとよく分からんね。

装備間違えたとか指が多かったとか両方左手になってたみたいなのは修正入るだろ。ただクオリティが低い、ヘタクソ的な抗議はどうなんだろう。

抗議関係無く、イラストレーター側が修正版を投げて来て通すこともあったはず。

FEヒーローズみたいなのは扱いが難しそうだ。
元ネタが何十年も前のレトロゲームだから今更原作キャラを把握するためにゲーム遊ぶのもいないし、当時の関連商品や公式設定で脳内補完し続けるしかない。
そこに公式が今の体制や絵師でキャラを出したらファンのイメージとの食い違いだって出るだろうけど、現在の制作スタッフでは抗議している層の要求を満足させるのも難しいのではないだろうか。

昔のイラストそのまま持ってくると今度は他の新規イラストとの差が浮き彫りになるし、手抜きと言われるだろうからね。
私は「聖戦の系譜」のゲームの方のイラスト好きだけど、今の時代の絵じゃないというのは認めざるを得ない。

イシュタルはファンのイメージが原作から乖離しているような印象があるし、今回の反発にはそこも影響しているように思う。
イシュタルって原作だとユリウスに従う受け身キャラだし、今回のイラストへの対抗として出ているファンの二次創作絵のような凛としているとかツンデレだとかのキャラでは無いと思うんだがな。

イシュタルの炎上や抗議に関しては、問題がクオリティなのか好みなのかがよく分からなくなってくる。

でも不評なキャラをずっとそのままにするのはどうなんだよ。
ナイチンゲールとか絵を替えないならせめてガチャの恒常から外せ。

それは言っちゃなんだが「好みの問題」なんじゃないか?
それにFGOは作家色込みでやっている節があるし、こっちでも批判の多い剣ランスロットやナイチンゲールとかの変更も無いのだろう。

FGOのパールヴァティーとかはさすがに好みじゃなくてクオリティだろ。

日本だとFateはむしろ武内絵やこやまひろかず絵の方が批判多くなったりするぞ。
宮本武蔵の最終再臨とかメイドオルタとか批判出まくっているけど、結局そのままだ。

FGOは礼装あるし二次創作も多いから、そっちで燃料補給できるのが強い。他のソシャゲとは別に考えるべきではないかと。

FGOのキャライラスト変更できるならFGOの中国サーヴァントのイラスト全部変更して欲しいわ。

燕青は変更必要ないだろう。
あと孔明はウェイバーだから除外。

こういうのって問題個所を修正するとかはあっても、運営にとって得にならなければデザインの根本的な変更、リテイクはないんじゃないか?
それに加えて日本のゲームの場合、運営にとって得になるかどうかという判断が長期的なものになっているんだと思う。

FGOのナイチンゲールはキャラの人気自体は結構あるし、イラスト変更したら反発出るだろう。サーヴァントの基本装備とかも絵師がデザインしているはずだからそれを変えたら得になるどころかダメージが来るんじゃないかね。

そこまでやるなら、まだバランス調整という名のナーフの方が問題にならないかもな。

イラストに関してはそのうち慣れるし、心の薄目で見ればなんとかなる。
変更のゴタゴタを考えると、あえてやる意義は少なそうだ。

この表現が問題あるから修正しろとか削除しろというのは分かり易いけど、炎上するのはイラストがクオリティが低い(好みに合わない)ということも多いしね。
クオリティ上げろという要求については運営もきちんと対応するのは厳しいんじゃないか?

それやって迷走しているゲームもあるぞ。こっちで広告出てる大手のゲームにも、キャラの立ち絵がどれだけバージョンアップしたんだというのがある。
しかもそこまでやってもキャラのイメージが確立できていない!

逆に言えばブランドというか作品のカラーが固まっている場合は変更少なくなるんじゃないかね。艦これとかFGOは文句出ても変更入らんのはそういった背景もあるのでは。

それなりに大手の作品でもイラストが変わることはあるよ。ただ私の知っているのは上手い下手よりも権利上の関係からだと思われるケースばかりだね。

明確に修正は無いけど、何らかの手を打ったと思われるケースはあるよ。艦これでもね。
例えば過去に艦これで龍驤改が絵師に何か問題が発生したのかと思うレベルの狂いが生じたが、その後すぐに実装された改二ではちゃんと元に戻った。

龍驤改は後からわざわざ新規画を実装したのになんかヘンなことになってたからな……今でもそのままだが、運用はみんな改二でやってるから気にしないことになってるな。

オタク向けソシャゲのイラストは個人に発注というケースが多いし、クオリティにムラが出たりやらかしたりというリスクはあるんだろう。

クオリティもそうだけど、絵柄の癖もあるからな……荊軻やナイチンゲールなんかはそっちの方が大きいと思う。
反発もFateの絵柄から浮いているというのがあるんじゃないだろうか。

絵柄に関してはグランブルーファンタジーのように、スタジオでやれば安定するだろう。他のゲームが真似できる制作体制かどうかは分からんが。



とまぁ、こんな感じで。
抗議についてはともかく、その結果どうなると考えているのか、何を求めているかは人それぞれな所があるのかもしれません。

近頃は私の方でも日本と中国ではソシャゲのユーザーの環境や意識にちょっとした違いがあるという話や、それに伴う運営との距離感や、不満を感じた時のアクション、求められる対応というのが違うといった話がよく聞こえてくるようになってきています。

またこの辺りの事情が近年の日本のゲームが中国で配信される時、或いは逆に中国のゲームが日本で配信される時にすれ違いが起こって炎上が拡大したりユーザーが離れたりする原因の一つになっていたりするといった話も。

中国オタク界隈でもソシャゲ経由での人気や話題の広がりというのが大きくなってきましたし、コンテンツの管理運営というのがイロイロな面で以前よりも重要になってきているように感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんでウチの国ではKOF'97だけが大人気になったの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

過去に中国独自の大人気になった日本の作品はイロイロとありますが、
ゲームの中では
「THE KING OF FIGHTERS '97」

が日本とは違う規模での大人気となり、現在の中国でもその人気の影響がイロイロな所で見受けられます。

しかしさすがに中国でも、リアルタイムの世代以外はKOF'97の人気の理由に関してピンと来ない所もあるのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「なぜ中国ではTHE KING OF FIGHTERS '97だけが大人気になったのか」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんでウチの国ではKOF'97だけが大人気になったの?ゲームの出来は「98」とかの方が良いと思うんだが。

「97」がウチの国だけでやたらと人気が高いのは不思議な現象だとされているらしいな。
ただ自分も「97」はやり込んだが、以降のKOFはあまり手を出す気にならなかった覚えはある。

当時の事情は知らないのでこれは私も気になる話題。
今の感覚で見ると「97」ってバランスは悪い上にバグは多いし判定もヒドイのがあるしで完成度が高いとは言えないし、当時最高クラスの人気になった理由が分からん。

他のKOFは「裸殺」禁止みたいなのは出なかったよなあ……
(訳注:「裸殺」は投げ系以外の超必殺技を単発で出すことだそうで、「97」でよくあるプレイヤー同士の取り決めとして、超必殺技を出すならコンボに組み込まなければならないという「裸殺無し」があるそうです)

やってるのはずっと「97」だけど「98」の方がバランス良いという話は否定できない。
「98」も強キャラはいるけど弱いキャラとの差は「97」ほどじゃない。

「97」は技がとても出し易かった。うっかり暴発するほどだったけど、初心者にとっては必殺技を自分ですぐ出せるのは大きかったのよ。
今の時代にも格ゲー遊んでいる人間はコアな人間ばかりだから分かり難いかもしれないが、当時はそんなにゲームやらない人間も遊んでいたから快感につながる操作難易度というのは重要だった。

先に接していたってのもあるんじゃないの
それに子供の頃の思い出補正とか

でも「97」まではそれ以前のKOFシリーズからは順調に遊ぶ人間の数が拡大していたぞ。
自分の近くのゲーセンでは「96」と「97」があって、ガキの頃は「96」の方をよく遊んでいた。

「97」はバランス悪いしバグも多いけど遊んでいて爽快なんだよ。
音楽だってテンション上がる。

あれは音楽の演出じゃないかな?
シリーズ通してみると、日本とかでは「97」は音楽の評判も悪い。
音楽の無いキャラもいるけど、あるキャラは印象的だからね。

当時はアレがとても良かったんだよ。

キャラのデザインとキャラの多さ、グラフィックの質が当時は衝撃的だったのはあるよね。
でもなんでその後も人気が続いて、人気に関して「97」を超えるのが出なかったんだろうなあ……

その後リメイクされているのは「98」で「97」ではないし、「98」がバランスも完成度も高いKOFなのは間違いないだろう。
ただ個人的な印象だと「98」はコマンド入力が難しくて自分も周りの友達も結局「97」に戻っちゃったな。

当時は格ゲーというか「97」が一番集まって遊ぶ、騒ぐのに向いていたってのもあるんじゃないかな。
その後のカウンターストライクとか、最近のゲーム実況観戦環境のMOBA系みたいに。

重要なのはバランスじゃなくて遊んでて面白いかだよ。
「97」の方が「98」より面白かった。「98」とかバランスが良いだけじゃないか!

うーむ……確かに「97」の方がやってて楽しかった記憶はあるが……

見ている方も結構分かるし楽しかった。
そんなに上手く無くてもね。

大味だから分かり易くて勢いもあったんだよ。
他の完成度の高い作品だと、やっている方はともかく見ている方はついていけないことがある。

遊んでで面白いかについては個人の感覚や技術の問題もあるけど、見ていてカッコイイ、面白いのは「97」だろう。ゲーム実況だって「97」が強い。以前「98」を実況していた上手い人も「97」に転向している。

当時のゲーセンというか、ゲーセンっぽい所では「97」がとてもたくさん置かれていた。「97」レベルの遊べる環境、集まれる環境がその後の格ゲーには無い。
そこで人気が固まって、更にPCの海賊版だかエミュだかも出て完全に根付いたんじゃないかな。

確かに。
そもそも「98」を遊ぶ機会が無かったなんて人も珍しくないんだよね。「97」の上手い人でさえも。

「97」は基盤の海賊版も多かったらしい……海賊版が出回るのが早かったから、中国のゲーマーを占領できた。

ガキの頃に行ったゲーセンには「97」しかなかったな。

俺の村にあったのは「97」だけ。「98」は街の方にいかないと遊べなかったし、ほとんど遊んだ覚えが無い。

自分の所だと「97」と「98」の割合は10:1くらいだった覚えがある。そんな環境じゃ誰も「98」を遊ばないよ。
あと上でも言われているけど技のコマンドが入り易い。レバガチャでもなんとなく出せるからわりとすぐに「遊べる」腕前になれた。

レバーでもキーボードでも「97」は楽に技が出せた。バグによる事故も、それはそれで「娯楽性」みたいな扱いだった。
ヘンな言い方になるが「98」はしっかりし過ぎていた。今考えてみると、「97」は格闘ゲームというより、今で言うパーティゲームとかカジュアルゲーム的な扱いだったのかも。

予測できない展開になったりするし、対戦で強い人が必ず勝てるというわけでもないから盛り上がるんだよな。
他の格闘ゲームだと、上手い人が普通に勝つ。

確かに「98」は完成度高いと思うけど、私は「2002」が好きなんだよね……キャラが戻ったし、システムもストライカー無くしてどこでもキャンセル導入でカッコ良くプレイすることもできたからな。

友よ!俺も「2002」が一番好きだったが、周りにはあまり話が通じなかったな……

そういえば「97」はコンボも多かったし遊んでいて爽快感があった。品質で言えば「98」なんだけど爽快感はそんなに無かった。
それに「98」はプレイヤーに要求される操作スキルが高かった。

「98」もやり込めば違うんだろうけど、やり込んで楽しめる環境が無かったしね。
ウチの国では「97」を遊ぶヤツって基本的に「97」しか遊ばないし、他に移ることも無かった。「98」が上手いヤツはだいたい他の格闘ゲームもいける。

金持ってないガキからすると、1クレジットでどれだけ遊べるかというのも重要だったんだよ。
「97」はバランスが悪いからこそ強い技頼みでCPU戦を進められた。
「98」は前にできたことが出来ないしすぐ負けるしであっさり「97」に戻るのも多かったし、遊ぶ人間が多いからゲーセンの店長も儲けようと機械入れるという流れがあった。

「98」はステージクリア難しかった記憶がある。「97」はバランスが悪いから逆に極端なプレイの仕方もできた。

逆に対人戦の時はルール決めてやったりとかな。
これだけ広い範囲で、遊んでいる人間の方でルール決めて遊んでいたようなゲームって、それこそ「97」くらいじゃないかな。

あったね「潜規則」が。
でもそういうルールが出来たのってプレイ環境が整って盛り上がっていった結果でもあると思うんだよ。最初は強過ぎるキャラ禁止、無限コンボずっと継続禁止とか程度だったはず。
「裸殺」がどうこうってのも上手い人の間での見せプレイ、縛りプレイ的な結果でもある。

上にも出ているが、「97」が当時のウチの国の人間や環境にハマり過ぎたってことなんだろう。
KOFシリーズで見ても、格ゲーというジャンルで見ても代わりになるのが無いし、「97」から他のゲームに流れていく人や盛り上がりもあんまり無かった。

なんでか分からないけど、当時俺は「98」が「97」に比べてかなり難しいと感じた。実際、俺も周りも結局「97」だけで止まっちゃってたな。ふと思い出して遊ぶのもやはり「97」だけ。



とまぁ、こんな感じで。
思い出話と一緒に、昔の中国におけるKOF'97の扱いや環境といったものも出ていました。

私は格闘ゲームは得意ではない上に、ゲームをガッツリ遊んでいた時期が中国でゲーセンが取締りを受けて壊滅した時期と重なったりしていたので中国におけるKOFのゲーム関連についてはあまり知らないのですが、KOFのキャラ人気の凄さについてはかなり印象に残っています。

中国のイベントで始めて見た創作コスプレ劇もKOFのキャラが各作品クロスオーバー的なストーリーで大活躍とかしていましたし、高校時代のクラスメートの間でも草薙京や八神庵にハマったり真似したりというのが結構出ていました。
今考えてみると、もの凄い中二病的な空気が漂っていたような……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「サルスベリの新品種『霊夢』!たぶんみんなが思っているよりも霊夢な花だぞ」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

中国で「霊夢」と名付けられた新品種の花が出て来たそうです。
中国の新品種の花が「霊夢」と名付けられる(くまニュース)

4/22追記:ありがたいことにコメントで命名の経緯についてと、中国の東方Projectwikiの記事について教えていただきました
「霊夢」中国で花の品種に。東方Projectの人気キャラから命名(HUFFPOST)

霊夢(植物)(THBWiki )

この新品種の命名に関してはコチラのニュース(中国語ですが画像有)やコチラのニュース(中国語)など、去年の9〜10月頃に報道されているようです。

ニュースによると、新しい4種類のサルスベリはそれぞれ「火焔」「嬌籠」「霊夢」「眷恋」とされたそうで、このうちの「霊夢」が東方系のネタと合わせて最近また中国で話題になっている模様です。

そんな訳で、以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「霊夢と名付けられたサルスベリの新品種」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


サルスベリの新品種「霊夢」!たぶんみんなが思っているよりも霊夢な花だぞ。

見た。把握した。

なぜ霊夢と名付けた!?理解できなくもないが!!

言葉はいらない。見ればわかる。

なぜ東方から……いや、この名前が出てくることは分かるけどさあ!

紅白で白のフチ……これは確かに霊夢。

東方厨がついに幻覚を見始めるようになってしまったのかと思ったらホントに霊夢だった。

霊夢が花になってしまった……

なんかそういうエンドありそう。

去年のニュースだし既に売られていないかとサルスベリの通販を検索してみたら、この「霊夢」は無かったけど似たような模様のは見つかった。
これはこの模様がハッキリと出るように交雑させたってことなのかな。

しかしこの名前、ホントに東方シリーズから持ってきたの?なんか偶然同じ名前になったとかじゃないの?

デザイン的にも明らかに東方ネタ。他の中二病系ネームを考えても、あえて東方関係無く霊夢にする関連性は無い。
普通に考えて、研究チームの中に東方厨がいたんだろう。

今の時代、専門家の中にもオタクがいるのか……

ウチの国の研究者で元気のいい若い世代、30前後で一線でやっているようなのとかが出てきているし、その世代の趣味ってオタク趣味が珍しくない。
ウチの国って若者向けの娯楽で他に手頃なのが無いしね。

東方シリーズとかもう過去のものだと思っていたが、まさかこんな所でネタが出て来るとは。

俺も似たようなこと感じた。東方とかオワコンだと思うが、意外な所で出てくる。

正直最近は東方グッズも目立たなくなってきているし、今の新しい世代のオタクは東方をネガティブなネタというか嘲笑するような話題で扱うし、残ったファンも妙に攻撃的でホントに東方好きなのは少ないと感じる。だから東方ファンも衰退の一途にしか見えないんだよね。

東方に対する信仰はまだ残っているぞ。さすがに過去のような栄光は無いが。

同意。そしてその信仰がいまだに根強い。
主流の話題ではないけど、影響が色んな所で出てくる。

東方は当時ハマったファンがそのまま歳を取って社会に出ているからね。オタクの流行の中心になる大学生ではなくなっているし、オワコン的な扱いもされるけどネタとしてはいまだにかなり「深い」
普通に本業や研究があって、そこで趣味をアピールしてしまうようなのが出てくるのも頷ける。

色んな意味でオタクが「作る側」に回ってきている感があるね。
ちょっと前はアニメネタや漫画ネタを混ぜたりする動きで、近頃は東方とかFateとかのゲームネタが出てきたりするような所からもそれが感じられる。

アズールレーンなんかも設定やキャラは艦これの流れだけど、シューティングの進行や演出は東方っぽいよね。

東方が流行っていた頃
普通に大学の本科や院の人間がいる

そういえば俺の大学のPCルームのPCにも、なぜか東方が入ってた……

PCのゲーム経由もあったし、ちょっと前まではbilibiliとかの動画経由というのもあったが、今はそういうの無いからなー

なんか気が付いたらハマっている、手を出している感じで他人に布教される感じではなかったかも。自分も積極的に布教することは無かったし。

日本のアニメや漫画関係無い所で流行ってたりもした。自分は東方の二次創作小説読んで、そこから日本のアニメに流れた。
でも東方の世界観やキャラクターに替わるものは無く、自分の中ではずっと別格。

東方は入るのが難しいけど、入ったあとは離れられなくなるし、ずっと好きでいられる。
接する機会、本編のシューティングゲーム自体のハードルも高いけど、二次創作は豊富だからな。

此生無悔入東方 来世願生幻想郷
(訳注:中国の東方Projectファンが口にする満ち足りた心を表すスローガンみたいなものだそうです)

今後も東方に限らず別の作品でこの手のネタ品種みたいなのが出て来たりして。

実際、こういう品種の名前って趣味に走ったのが珍しくないからね。
確か以前「偵探艾麗卡」(探偵エリカ)という名前がつけられたスイレンの品種が話題になった。ひぐらしとうみねこどっちのネタかは分からんが。

よし、これからは「霊夢を育てている」とリアルに言える時代が来るわけだな!

俺はただ、霊夢を育てたいだけなんだ!

私は「霊夢の種」が欲しい……

じゃあ自分は「霊夢の蜜」で……

市場に出回るのはいつ頃になるんだろう。かなり本気で欲しい。

今後は水と土さえあれば霊夢が育てられるということか。健康的だ。

でもこれ育てるのかなり難しくない?サルスベリを調べたら木になるみたいだし、ガーデニングを本格的にやるぐらいの気合がいるのでは……

東方ファンはディープなヤツいるし、霊夢のために花園を作るヤツとかいても不思議じゃない。

確か5月に北京大でZUNが講演するという話だし、それに間に合うならプレゼントしたいもんだ。

それにしても見れば見るほど霊夢の服装、霊夢のリボンに見えてくるな



とまぁ、こんな感じで。
なぜこの名前にしたというツッコミはあれど、この名前を思い付くことに関してはみんな納得してしまっている模様です。

上のやり取りにもありますが、中国ではアニメや漫画、ゲームなどの日本系オタクコンテンツが若い世代の手頃な趣味や文化として存在する時期がそれなりの期間続いています。
そんな訳で最近の中国社会では思わぬ所でオタクネタが出てきて現地の中国オタクの面々が驚いたり、ネタにして盛り上がったりするといった事態も起こっているのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本で家庭用ゲーム機のゲームバーが取締りを受けたというがあれで違法になるのか」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

先日大阪のゲームバーが家庭用ゲームソフトの無許諾上映について指摘を受けたのを理由に、閉店することを発表したそうですが、この件が中国に伝わりちょっとした話題になっているそうです。

大阪のゲームバー3店、ゲームソフト無許諾上映の指摘を受け閉店へ ACCSが代理人を通じて警告(ねとらぼ)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本で家庭用ゲームのゲームバーが問題になった」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本で家庭用ゲーム機のゲームバーが取締りを受けたというが、あれで違法になるのか……

ネットカフェでゲームをやるのとどう違うんだ?
これがダメならネットカフェの要素の結構な部分がダメになるんだが。

意味分からん。混乱してきた。
日本にはネットカフェ無いの?それともゲームのサービス無いの?

日本のネットカフェってネットゲームを提供しないからね。
インストールはできるけど、かなりめんどくさい。

日本のネットカフェには普通にネトゲあるぞ。PCに標準インストールされているかは店ごとに違うようだが、ネットカフェ経由の接続でプレゼントがもらえるキャンペーンなんかも開催されている。
あと日本のネットカフェは宿泊施設的な機能が強い。ゲームで徹夜とかじゃなくて、普通に住んでいる人間がいる。

利益、損害による衝突というヤツだろう。
立場によってアナウンスする内容や行動が異なる。

これ家庭用ゲーム機が問題ということだな。アカウントでやるようなネトゲは関係無いんだと思う。

家庭用ゲーム機を使って営利活動をするとダメなの?どういうこと?

ウチの国のゲーム屋はそういうのを昔からやっているんだが、ダメだったのか。

ウチの国は海賊版時代からそれだし、もっと根本的な所でダメだと思うけどね……

グレーゾーンへの取締りってことじゃないか。
同人や中古ショップのような。

じゃあ俺が買ったゲームを家族や友達と一緒に遊ぶのも権利侵害だというのか!?

それはお好きにどうぞ、というやつだ。
ダメなのは店で金を取って遊ばせるとかの商業的な用途。ゲームが遊べるから店で注文してくれなんてのもダメっぽい。あとゲームの版権管理団体が、そういうのを許可する有料サービスをやっているらしいから、そことの衝突じゃないかな。

買ったのは使用する権利で、友達と遊ぶ分には何でもないけど、それで金を稼ぐとなるとイカンという話だろうな。
ただゲーム実況がどういう扱いなのかはよく分からんが……

実況に関してはケースバイケース。
厳密に考えればアウトだけど無視しているとか、実況に「強い」ゲームだから許可しているとかメーカーや作品ごとに違う。

買ったからって何をやっても良いわけじゃないというヤツだね。
個人用のディスクを買ったからって、アニメの有料上映会をやっても良いというわけではないのと似たような話。

ああ、あったな……こっちのオタクが有料上映会やってライセンサーにガチで怒られた件。小規模ならともかく、大々的にやって目を付けられる、取締りのコスト以上の悪影響があると見做されたらやられるってことなのかな。

クラウドで遊んでいる人間からすると理解し難いかもしれんが、家庭用ゲーム機は商業利用やコピー、動画のアップが禁止となっている作品もかなりあるというか、そういう環境前提で作られるケースが多いんだよ。
ただ権利侵害だというのは理解できるが、取締りは厳し過ぎるとも思う。

元のニュース見ると勧告だから司法の段階まではいってないみたいよ。

RPGの即日ネタバレ実況とか、禁止されるのが当然なのもあるしな。
ただ正直に言わせてもらえば映画に例えると損害が分かり易いが、この事件のようなゲームを遊ばせるとかだと、なんか厳し過ぎるような気もしてしまうんだよね……

中学の近くにあった海賊版屋で遊んだPSを思い出してしまうニュースだ。確か1時間5元だったかな

自分の小学校の近くは4元だった。学生が入り浸って度々問題になったわ。

日本の版権保護のやり方ってヘンな方向に行きすぎてないか?
権利関係の意識を日本に学べとかいうヤツいるけど、こんな壟断を良しとするのか?

日本は恐ろしいことが行われるんだなあ……資本主義怖い。

企業の利益のためにこういうことが行われるなんてな。結果的に業界全体がダメージ出るだろうに。

日本のゲームメーカーがここまで業界を壟断していたとはね……これって小規模のゲーム大会とか開けなくなるんじゃないの?

このままだとゲーム実況もできなくなるんじゃないか。
そしてゲームの上手い神以外、ゲームのエンディングを見ることができなくなる。

いや、そこは頑張ってクリアしろよ……

日本にはあの音楽がある所に必ず口出して金を取ろうとするジャスラックがあるし、ゲームもそっちに向かうのか。

こういうことをやっていたら、新しいものは何も創造できなくなる。日本は今世紀になってから文化的な影響力がどんどん落ちているのがその証明だ。

ネットゲームは大丈夫だろうけど、家庭用ゲームはヤバイな。
しかし将来どんなライセンスの管理に、文化の管理になっていくんだろう。実況もダメになって、金を払わない人間には参加する資格がない世界になるのか。

どこもそんなもんだよ。ウチの国のネットだって有料会員とそれ以外が断絶するようになってきているしね。動画もゲームも。
今後の管理システムの変化に関しては自分も興味がある。

環境によって変化していくし、ネトゲもどうなるかは分からんぞ。
あと例えば実況なんかは家庭用ゲームでも推奨するゲームとネタバレになるんで取り締まられるゲームが分かれてきているし、何らかのルールみたいなのは構築されていくんじゃないかな。

プラットフォームが取り締まればそういうのはある程度可能だからな。

結局、日本の法律ではネットカフェは大丈夫だけど家庭用ゲーム機を遊ばせる、営利行為を行うのはダメってこと?誰か詳しい人いたら教えてくれ。

国内だとネットカフェのPCに実装されているスタンドアロンのゲームとかほぼ海賊版だし色んな意味でどうにもならんが……
ネットゲームの収益モデルと、家庭用ゲーム機などのソフトで売るタイプの収益モデルが異なるというのも管理に影響していそうだしなあ。

そういうのもあるだろうけど、日本の法律だともうちょっとめんどくさい事情がありそう。
調べて見たが日本のゲームセンターとかを管理する法規に違反するという問題もあるようだ。

日本にはそんな法律あるのか……いや、ウチの国でもゲームセンターや家庭用ゲーム機の取締りはあったけど。

あるんだよ。
言ってみれば、風俗営業に関する法律というどこの国でも「解釈や取り締まり方である程度はお目こぼしされているけど、明確に適用されたらヤバイ」的な法律に違反した状態だったというわけだな。

なるほど。社会的な問題も含めた違法扱いになりかねんのか。

なんかウチの国でゲームセンターが消滅した時を思い出す……

当時は賭博ゲームの問題も絡んだけど、社会的な悪影響がどうこうと言った後押しも影響したし、結局ゲームセンター全滅になったんだよな。

この事件ってもしかしたらネットカフェの取締りとかとは違う、もっとヤヤコシイ問題なんじゃないか?背景や取締りの意図がハッキリしないと判断できないかも。



とまぁ、こんな感じで。
中国の事情も含めてイロイロな方向の反応が出ていました。

それから中国ではネットカフェが日本のゲームセンター的な扱いになっていたような所もあり、学生が放課後や休みの日に連れ立ってネットカフェでFPSを遊ぶというのも珍しくないことから、この件に関してはゲームバーとネットカフェを重ねて考えたりもするようです。

ちなみにネットカフェ程ではないものの、中国ではゲーム屋(海賊版時代含む)で1時間幾らなどという感じで家庭用ゲーム機を遊べるなどということも行われていました。
これは普通に遊ぶことに加えて、ゲームの試遊や「買おうとした海賊版ディスクがちゃんと動くのかというチェック」としても活用されることがあったとかなんとか。

中国オタク界隈では日本で家庭用ゲーム機を使ったゲームバーが問題になるというのがちょっとした驚きに感じられる人も出ているようですが、その辺りの背景も影響しているのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「名探偵コナンがヘンなコラボするらしいんだが」「グラブルとどうやって整合性を取るんだ……」

ぼちぼち通常運行に戻ってきましたので、遅ればせながら教えていただいたネタなどを。

ありがたいことに
「名探偵コナンがグラブルとコラボすることになりましたが中国での反応は?」
という質問とネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。
『グラブル』4周年直前生放送まとめ。『名探偵コナン』『ペルソナ5』コラボが発表(電撃App)

「グランブルーファンタジー」は以前から中国オタク界隈のゲーマー層の間ではそこそこ知られている作品で、最近のアニメ版影響で知名度が更に高まったような所もあるそうです。
そして「名探偵コナン」は中国では非常に広い世代のファンがいる人気作品ですし、グラブルとの予想外のコラボに関してもちょっとした話題になっている模様です。


そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「名探偵コナンとグラブルのコラボ」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「名探偵コナン」がヘンなコラボするらしいんだが。どういうこと?

「グランブルーファンタジー」とやるみたいだね。どうやって整合性を取るんだ……

予想外の組み合わせだな。
一応コナンもゲームのコラボの前例はあるがグラブルとは。

グラブルってこれまで戦わないキャラとのコラボって無かったのでは?

コナンとコラボだと!?
大変だコラボ先に死人が出る!!

RPG世界だから大丈夫だ!!戦争やモンスターでバンバン死んでいるぞ!!

コナンの能力か……死神小学生を実装すると?
ヤツの周りで死人が出る!パーティメンバーにも!

俺のグランサイファーで死人が出ちゃううううう!

コナンの場合、身内なら大丈夫だからパーティ内はむしろ安全かもしれないぞ?

ちょっと疑問なんだが、日本だとコナンのファンとグラブルのファンってどれくらい重なってるんだ?
こっちだとコナンのファンで日本のソシャゲに手を出しているのはあまりいない印象だが……

長いことやっている作品だし、グラブルは日本だと比較的おっさんなユーザーが多いはずだからそれなりに重なっているんじゃないかな?

グラブルのコラボは結構良いよ。最近だと「刀剣乱舞」や「カードキャプターさくら」「進撃の巨人」とかが行われたがどれもボイス付きだしキャラの立ち絵やSDキャラもよく出来ている。
特に絵柄が「グラブル的」なもので統一されつつ、きちんと元の作品のデザインになっているのはスゴイ。

イラストはかなり良いのは間違いない。私もやってみたいとは思っているんだが、グラブルは攻略を見てもよく分からんのよね……

単純にレベル上げれば良いわけでもないし、数値が強い武器を集めればいいわけでもないからな。方陣スキルとかキャラの運用はテンプレを真似していっちゃうのが良いかもしれん。自分の経験だと属性で染めるのを意識するくらいでいれば、段々と分かってくる感じだったかな。

日本語分からないんだけど遊べる?

英語版あるぞ。

本気でやるとなると日本との回線速度の差が立ちふさがるし回線も含めて揃えたい所だが、お試しで遊んでみる分にはかなりハードルが低い。気軽にやってみるといい。

グラブルとコラボとか、名探偵コナンの世界観が壊れる……一緒に発表されたペルソナ5はともかく、コナンは戦えんだろ。超能力があるわけでもないのに。

お前あの死神小学生やその関係者に戦闘力無いと思ってんの?

戦えるのかという疑問については、劇場版のコナンだったら問題無いと答えよう!

日本のゲームって本当になんでもコラボするんだなあ

正直自分にとっては違和感があるけど、確か以前少年サンデー作品という括りでパズドラとのコラボをやっていたはずだし、ライセンスの扱い的にはそこまで抵抗無いのかもしれないなあ

コナンのキャラをどうやってファンタジー世界の戦闘に放り込んで表現するのかは興味ある。
あとイベント配布は何になるんだろ。召喚か武器か、それともキャラ追加まであるのか。

グラブルの場合、過去の他作品とのコラボはだいたいキャラ追加アリだよ。
恐らく今回もコナンが追加になるんじゃないかな?声優も重なっているしね。

敵はどうするんだろう?黒の組織も出すのだろうか?
あとコナン以外のキャラがどうなるのか。少年探偵団とか蘭が一緒に行く可能性は低くないけど、私の好きな赤井秀一とかはさすがに無理かな……

武器がサッカーボールなのはありそう。
あとスキルに麻酔針での睡眠か麻痺とかもありそう。

敵が黒の組織だろうからコナンの属性は光!使えるSSRだと嬉しいが、SRでも有能であれば……!

しかし日本のソシャゲーってどれも本当にヘンなコラボするよな。
あまりにも世界観が違った場合とか、プレイヤーからの不満は出ないの?

私も世界観を壊すようなのはどうかと思うが、やり込んでいる人もコラボイベントのボーナスとかの実益がもらえるだろうし損にはならないんじゃないか?
運営も手間をかけずに新キャラとかの課金コンテンツを追加できる上に新規ユーザーの開拓もできるから積極的にやるんだろう。

いや、中には失敗というかユーザーの間で大炎上するケースもある。
俺がやっている「千年戦争アイギス」は「アルスラーン戦記」とコラボした際に追加されたアルスラーンのキャラが強過ぎて大炎上した。さすがに懲りたのか、その後のコラボは大人しいやり方になってるね。

なるほど。新規ファン向けに舵を切ったが、それが既存のユーザーには不快な内容やバランスだったって所かな。
日本のソシャゲのコラボに関してはアニメや漫画でもよくあるような、現状維持で緩やかに下降していくか、新規開拓の賭けに出るかという側面もあるのかな。

とりあえずグラブルはアイマスとコラボしまくっているから「戦えないキャラが加入」というのはそんなに問題無いと思う。

グラブルには探偵キャラも怪盗キャラもいるから、探偵が絡むこと自体は問題ない世界観だ。それに過去のイベントを見る限り、大詰めの犯人との戦闘シーンに蘭を参加させるなんてのもありだろう。

グラブルの探偵って探偵としてみると推理力の無いネタ寄りの探偵だから、コナンの麻酔銃で眠らされる展開でも違和感無いぞ。

あと推理パートを放り込んでくる可能性がある。グラブルは探偵イベントをゲーム内でもオフでもやった前例があるからね。

グラブルって日式RPGの世界観でダークな世界でもないから、現代世界を舞台にした作品のキャラを放り込んでも問題無いような。
問題になるのは作品の演出くらいじゃないの。

キャラとして実装するならコナンの奥義をどうするのかは気になる。

ところで、コナンは艦これとのコラボはやらんの?作者的にいけると思うぞ。



とまぁ、こんな感じで。
グラブルの名前やイラストを知っているだけのレベルから、ゲームについて深く語れるようなレベルまでイロイロな人がいるようでした。

中国のソッチ系のサイトやSNSにはグラブル関係の所もありますし、私もゲーム内で中国本土系だと思われるプレイヤーを見かけたりはするのですが、実際にどの程度のユーザーがいるのかとなるとちょっと分からない所がありますね。

ただゲーム内の中華団に関して聞こえてくる話は中国本土のゲーマーのプレイスタイルや没頭の傾向に重なりますし、グラブルにハマっている中国のプレイヤーも少なくないのかなーと思えたりも。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本で科挙のゲームが作られた。本当に科挙『だけ』のゲームが」

前回の記事で「次の更新はテレ東アニメの配信中止終了について」などと書きましたが、教えていただいたゲームにうっかりハマってしまったので今回はそちらのネタを……

教えていただいたのは科挙をネタにした育成ゲーム
【育成ゲー】科挙【ver1.2】 - RPGアツマール
です。
単純でややシビアなバランスながら、プレイしていると科挙について思いをはせられるのがとても良いというか。管理人の初回プレイでは49歳でようやく郷試に合格したら52歳でぽっくり死亡になりました。

教えていただいた情報によると、中国の方でもコチラのニュース(中国語)などで紹介されて話題になっているようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「科挙のゲーム」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本で科挙のゲームが作られた。
本当に科挙「だけ」のゲームが。

なんでこんなゲームを作ったんだ……

インターフェースはエロゲーっぽいけど、そういうのは期待できる?

イベントCGは存在しない。基本的には文字だけ。
アイコンで謎の孔子が出現したりするけどな!

ウチの国のネトゲとかにも科挙ネタはあるが、科挙だけ、しかも能力上げるだけというゲームを作るとは。

能力パラメータの振り分けがいまいちハッキリしないな。
八股文の勉強とかやっているんだろうか。

ずっと努力して勉強していると精神力が尽きて発狂する。いったい何を勉強しているんだ。

科挙は発狂や自殺も有名だから……

デフォルトの名前が洪秀全かよ!
最初から大笑いしたわ!!

洪秀全か。あー

科挙に受からなかったら天王で太平天国ルートか!

科挙の徒労具合と理不尽さを実感し造反する人間を増殖するためのゲームですね。

40で廩生、発狂を頻発となると造反したくなるよ!

30歳くらいで能力落ち始めるのが怖い
現実を突きつけられる

郷試がほぼ確実に発狂入るバランス!

不眠とかのバッドイベント起こらなければ、初期体力が低く無ければ大丈夫だぞ
ただ一度崩れるとダメなのはリアル過ぎるが

運が悪かったり、初期能力が悪かったり、才能が無くてもダメだぞ。

勉強し過ぎでSAN値が落ちるの?

そこはゲームのバランスってことなんだろう。
時間進むの速いし、追い込みすぎるとSAN値が削れると。勉強以外やること無くて、重要なテスト前の精神状況が続いているようなものだと考えれば……

この勉強してSAN値が落ちることが分からないヤツは全力で頭を使ったことが無いんだろう。

勉強し過ぎて、学力以外の頭がバカになるのは珍しくないな!

50近くでようやく挙人……これはもう明らかな「範進中挙」状態。
範進のように挙人発表を見て狂ったわけではないが、ゲーム内では能力落ちるし発狂のペースが上がって厳しい!

そして転生。
科挙で転生かあ……当時の時代背景的に意味があるのは分かるが、実際にプレイしているとこの洪秀全先生の一生ってどうなんだろうと考えてしまう。

勉強で能力上げて歳取ったらどんどん能力が落ちて、更に時々発狂する生涯……

でも進士になったあとのEDに現代から見た列伝が出るのはちょっと感動した。
報われたかどうかはともかく、歴史には残ったというのは良い。

このゲームやっていると当時の世界の狭さや単純さを感じてしまうな。
これだけで人生が終わるとか、キツイと言えばキツイ。

でも逆に言えば、ほぼ「勉強だけ」で良かった時代でもある。
今は大学に入って院に行って卒業したとしても、そこから更に厳しい仕事探しが待っている。

今の時代、進士になってからも更に関門があるようなもんだからね。
しかも現代の科挙とネタにされる「高考」(中国の大学入試)の価値はどんどん落ちている。

わざわざ科挙のゲームを作るなら、ウチの国の高考のゲームは作らんのだろうか?
日本の感覚で作ったこういう単純なゲームやその反応も見たい。

国産ギャルゲー「高考恋愛一百天」とかあるけど、あれはギャルゲーベースだったしな。

そりゃ日本人が興味持つのは中国の歴史における科挙だからだろ。
歴史ネタでやれるし、ウチの国の高考は日本の「受験」と似たようなシステムだからそこまで興味をひくテーマにはならない。

日本の反応もタイトルでまず勝利している感があるし、理不尽なバランスや育成も納得されちゃっているからな。
いったいどんなイメージになってるんだ。

日本は中国の科挙を取り入れていないから知られていないと思いきや、ネタとしては知られていたのね。

やってみた。
十歳くらいから六十歳以上まで勉強して殿試には至らず……いや、これは……

転生あるとはいえ、ゲームとして割り切るにはなんか重い体験だよな。
このゲームに出会ったのが春節休み中で良かったよ。大学やってる時だったら予想外のダメージになった気がする。

そもそもゲームじゃなくてリアルで勉強しような!

ところで科挙失敗して神の声を聞いちゃうルートってあるの?
洪秀全だしネタ仕込まれてそうな印象を受ける作品なんだが。



とまぁ、こんな感じで。
単純ながら予想外のネタに驚く人もいるようでした。

また現在の中国オタクの主力層となっているのは大学生で、上にもありますが彼らは現代の科挙とも例えられる中国の大学受験「高考」を潜り抜けてきたわけですから、ひたすら科挙のためだけに能力をあげていくゲームの内容に対してイロイロと考えてしまう所もあるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本のアニメにe-Sportsをテーマにした作品って無いの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので今回はそれについてを。

中国ではPCゲームが盛んですし、ネットカフェでの盛り上がりもあることなどから「e-Sports」に関しても非常に盛り上がっているそうです。
実際私も中国のオタク界隈を巡回している時にもその手の話題をちょくちょく見かけますね。

またそういった環境から見てみると、日本のアニメではそういったe-Sportsを題材にした作品が見当たらないのがちょっと引っかかる人もいるのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「e-Sportsを題材にしたアニメは無いのか」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ちょっと聞きたいんだが、日本のアニメにe-Sportsをテーマにした作品って無いの?
今期もラーメンだとか将棋だとか予想外というか全く知らないテーマのアニメが出てきてそれがわりと面白くて困るんだが、そこそこメジャーなはずのe-Sportsをまだ見た覚えがない。

無いと思う。
日本ではe-Sportsを遊んでいる人間が少ないんだろ。

将棋もラーメン(美食)も日本では伝統的なジャンルのはずだし、アニメになる下地はあったんだろう。
e-Sportsもゲーム分野で何かありそうな気はするが、まだ表に出てきていない可能性は?

日本は携帯ゲームやスマホの方にいってるからe-Sportsの作品は出ないんじゃないかな。日本に留学している知り合いも、日本の大学生はPCのネットゲームやらないって言ってた。

そんなん作ってもディスク売れないからだろ。

日本でe-Sportsの題材でアニメを作るとなったら、任天堂系の作品というか、任天堂がバックに付かないと無理なんじゃないかな……

日本ではe-Sportsが盛り上がっていないというのに尽きるのでは。
それと日本人の好みに合わないとかも考える。以前見たニュースでは日本ではプロゲーマーに対しての「憧れ」が無いそうだ。

日本は元々も家庭用ゲーム機を中心に発展した特殊な国でPCゲーマーは少ない。そしてe-Sportsを好む人は更に少なくなる。

e-Sports系の作品の中には日本版サービスがあって盛り上がっていたり、日本に組織がある所も存在するはずだけど。

それって基本的に「留学生」じゃないの?
日本版サービスで人が多くても、それが日本人とは限らない。ウチの国の人間とかアジア系のユーザーもかなり混じっている。

「LOL」や「Dota2」でも微妙だからな。「ハースストーン」がそこそこマシなくらいか?

「ハースストーン」はカードゲームの流れで日本のプレイヤーにとっても抵抗無いのかもね。

日本人は文化保護意識が強いんだよ。
e-Sportsが流行したら日本のゲーム産業は大ダメージを受けるし、自国の文化への影響も出る。だからe-Sportsを広めるようなことはしない。

日本もe-Sportsが無いわけではないけど、日本の業界がそれを許さないんだよな。
日本の大手ゲーム会社は今の日本のゲーム環境や商業モデルを維持するために日本のゲームをe-Sports扱いにしたがらない。

例えば「シャドウバース」とかはどうなんだろう?
あれは普通に賞金の付く大会が行われて大会中継も行われているはずだが。

日本のe-Sportsって日本の法律的な問題から賞金額はかなり低いはず。
世界的なe-Sportsとは比べ物にならないほど低い。
ゲーム人気だけでなく社会制度的にも厳しいんだよ。

単純に熱心なプレイヤーが少ないんじゃないか。
例えるなら、ウチの国で家庭用ゲーム機のネタを語るようなものなんじゃないかと。プレイヤーはいるけど、マニアな連中での話になるとかそんな感じの。

マイナーなのは分かるが、日本は玩具アニメとかゲームアニメを無理矢理出すくらいだし、普通にありそうなもんだと思うが。

確かに。子供向けだとそういうテーマの商品が世界に関わるレベルの設定にしたストーリーの作品なんかがある。

どういう作品なら良いのか。このスレ立てたヤツはe-Sportsが「遊戯王」みたいなアニメになるのを求めているのか?

e-Sportsってアニメ向きの題材では無い。
ディスプレイの前でヘッドホンつけてマウスカチカチやってる人間をどう描写しろと?

そこは動かしている画面やキャラでも良いだろう。普通のゲームネタラノベアニメとの区別が難しそうな気もするが、そこは見せ方次第で。
少なくとも上で出ている将棋とかのボードゲームよりも余程アニメで動かし易いと思う。

実際に作るとしたらスポーツ系作品のノリでいくのか、それとも群像劇的にやるのか。

日本だったら部活モノで!麻雀部があるからいけるいける。

日本のアニメってまず日本人向けに作るものだから、そりゃマイナーな題材は扱われないよ。今期話題になっている将棋アニメだって日本では文化的な背景がある。

それでもマイナーな題材をどんどん繰り出してくる日本のアニメなら普通に出て来そうな気が……根本的な説明が必要なほどマイナーなわけではないだろうし。

馴染みが無い、ルールが知られていないということで作られないわけでは無いと思うし、人気にならないわけでもないと思う。「りゅうおうのおしごと!」や「3月のライオン」を見ている人間がちゃんと将棋理解しているわけでもないんだから。

今の所組織的なバックアップが無いのも厳しいと思うよ。将棋系の作品とか日本将棋連盟のような組織がバックについていて、クオリティを保証すると共に商業展開も強化している。
しかし日本のe-Sportsはその手の組織がバックについていたり、作品を展開するようなことはできていない。

日本で盛り上がっているe-Sportsは格闘ゲームだけじゃないか?
こっちはヒーロー的なゲーマーもいるし、彼らをテーマにした漫画も出ている。ときどのような有名プレイヤーもいる。

同意。格闘ゲームをネタにした百合系漫画があるくらいだ。

ゲーム会社公式によるゲームのプレイ体験みたいな漫画は普通にあるんだが、それはちょっと違うか。

「ハイスコアガール」のように過去のゲームならあるが、現在のe-Sportsとは違うんだよね

いや、それほど遠くない気もする。
単純にまだアニメ化されるようなレベルで人気のあるe-Sports作品が出ていないのでは。
スレの最初の方で出ている将棋もラーメン(美食)も、マンガ作品ではかなり前から人気作品が出ているはず。

そもそも、版権的に難しいんじゃないか?

ウチの国の「マスターオブスキル」も元ネタが「アラド戦記」だけど架空のゲームっぽい感じにして何とかしているし、日本の作品でもどうにかできるでしょ。
日本のMMOネタの作品も何となくゲーム的な共通認識前提の世界観を形成しているわけだし。

架空のゲームでの戦いというならいけそうだが……そこまで作りこむのは難しいのかな?
実際のゲームがあってこそ感情移入できるようなジャンルだから。

結局、アニメ化するまではいかないレベルなのかね。アニメ化するということは一般向けに広くやるということでもあるし。

e-Sportsネタ自体は出てくるんだよ。例えばラノベだと「僕と彼女のゲーム戦争」がe-Sportsを扱っていた。
あと「ゲーマーズ! 」もe-Sportsネタはあった。ただそれがメインでは無かったが。

以前聞いた話では、日本ではファミコン時代に全国的なゲーム大会や、テレビ番組でのゲーム対決とかをやっていたし、その時代にはe-Sports的な盛り上がりはあったということだ。
ただ今ではソシャゲとかになって需要は無くなっているとも。

人気が不十分なのと、他のゲームがあるから日本人の間ではe-Sportsに関するイメージが一定しないんじゃないかな。
逆にMMOなんかは安定しているからネタにする作品も増えているのでは。



とまぁ、こんな感じで。
日本の事情なども含めてイロイロな見方が出ていました。

上のやり取りにもある通り、日本のアニメに関しては中国の感覚では意外に思えるテーマの作品が頻繁に出てくるとも言えますし、そうなると自分のよく知る題材はどうなのかと考えたりすることもあるのでしょうね。

特に中国ではe-Sportsの存在感がかなりのものとなっていますし、それに関する妄想ネタというのもあるでしょうから、アニメの方でも……ということになるのかもしれません。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

追記:ちなみに管理人はファミコンロッキー世代です。子供の頃はあの裏技の数々を疑わずに信じておりました。当時たくさん出たファミコンネタの漫画の中では「高橋名人物語」と「ファミ魂ウルフ」辺りも妙に印象に残っております。

中国オタク「近頃カエルを見ると旅の途中に思えてしまう」 「旅かえる」がなぜか中国で大人気に

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。
日本のスマホゲームの「旅かえる」が中国で大人気になっているらしく、無料ゲームアプリランキングで1位 になったり、ネットでも色んな場所で話題になっている模様です。

スマホゲーム「旅かえる」、なぜか中国で大流行(YOMIURI ONLINE)

昨年の終わりに中国で出た日本の人気声優も起用している女性向けソーシャルゲーム「恋与制作人」(恋とプロデューサー)がガチャ周りも含めて物凄い盛り上がりになっているそうなのでそっちの方を調べていたら、その情報を教えてくれた方から続報で
「『恋与制作人』に疲れた人も日本の『旅かえる』にハマっています」
というネタのタレコミなどもいただいたので、今回は簡単にできそうなそっちについてを……

教えていただいた情報によればこの「旅かえる」に関しては
「仏系に刺さっている」
という分析もあるそうです。

この「仏系」というのは個人個人で定義が違いその辺りの曖昧さもまた「仏系」となるそうですが、聞いた話によると、基本的には受け身、一歩引いたスタンスで物事を受け止めるというか、「ガツガツしない」「期待しない、し過ぎない」「流れに逆らわない」「ほどほどでいい」「静かに暮らしていきたい」「まぁいいか」的な方向のものだとか。

元ネタは日本の「仏男子」とも言われていますが、ネットの流行語になったりするなど現在の中国ではタイプ分けの一つとして結構定着しているネタとのことです。
またこの「仏系」は「男子」に限らず、「女子」や「若者」「父母」、果ては「生活」にまで使われているとかなんとか。
中国で「仏男子」がなぜか話題に?

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「旅かえる」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「旅かえる」が妙に人気でそこら中で話題になっている。
私もなんだかやり始めてしまい、ちょっとハマっている気もする。そのせいなのか、近頃カエルを見ると旅の途中に思えてしまう。

あのゲーム、急に流行り出して凄いことになってるよな。

どこが面白いんだ?
カエルが外出してかなり経たないと戻ってこないし、何のゲーム性も無い。

課金無しで遊べるというのが、重課金ゲーに疲れた所に刺さったのだろうか。

「育てる」のが面白い、育てる欲望を刺激されるなんて評価もあるが、育成じゃないよね。
それだったらまだ「恋与制作人」の方が普通に育成ゲームだ。

「仏系」女子に直撃なんて分析もあるが。

ゲームなんだからのんびりというか、マイペースで遊びたいという人が、実はかなりいたということなのかね。

ゲームでの競争というか二次元の男に貢ぐのに疲れたなんて話もあるな!

「国民的彼氏を4人養うより、カエル1匹養う方がいい」というのは上手いこと言ったもんだ。

私はその手の分析はゲーマーの生態や環境から、現代社会に生きる人間の人生観みたいなものまで見かけたな。

私の親戚の子も遊んでいるかな……ちょっとした課金で楽しめるとか。

ゲームのアプリ自体は無料だぞ?課金できなくもないが、必要は無い。
有料になっている、中国語になっていたりするのは全部海賊版。金を騙し取られる。

今話題になっているのってネットの「水軍」が工作しまくってるだけだろ。
ランキングとかニュース記事なんか簡単にいじれる。

そうだな。ネットのステマから火が付いて風に乗っかりたいのがどんどん手を出しているということだろ。

人気とされるゲームの裏に工作活動があるのは否定せんが、この「旅かえる」に関してはどこがやっているのかよく分からんのだが。
仮にあったとしても小規模だろう。

さすがにこれがステマの結果だというのは陰謀論過ぎる。
正式に中国国内向けになっていない、正規の中国語版対応も存在しないゲームが中国でステマをやってどうする。

中国への展開も、代理運営も、中国語版すら無いゲームでどうステマをするんだよ……前作の「ねこあつめ」もそうだが、がっつりステマして儲けられるゲーム作るところじゃないぞ。

それにしても、これって電子ペットの延長線上のゲームだよね?
こういうのが今までウチの国に無かったというのが逆に驚きだ。テンセントなんか真っ先に適当なのを作ってそうなのに。

いや、電子ペットに関しては「qq寵物」とか既に存在するだろ。誰も遊んでないけど。電子ペット自体は昔からあるけど「旅かえる」のような距離感のは無かったってことじゃないかね。

こういうゲームは人気の持続も難しいし上に課金も少ない、更にターゲットとなる層も少ないから開発されない。
そもそもゲーム性が無いから面白くなりようがない。そりゃどこも作らないよ。

実際にやってみるとこの仏系ゲームは面白い。
時間をガッツリ使って、タップしまくって遊び続けるゲーム性のあるゲームじゃないし、合わない人がいるのも分かるけどね。

今の人気に関してはウチの国のソーシャル界隈に刺さったと見た方がまだ理解し易い。
個人的にハマりこむというほどではないが、気になるゲームになるし、広めたくなるゲームではある。
しかしウチのがまだ帰ってこない……もう随分と経つのに。

不思議な話だが、なんだか心配になるよね。
子供育てるよりも気楽だしコストもかからないし、心配事もなくて良いかも。

お前ホント退屈な人生送っているんだな。
子供を育てるのとカエルを比較して満足するとか。

子供がいたら教育費はかかるし家と車も考えなければならなくなる。更に女の子だったら嫁いで終わりだ。このカエルの旅を見守るのがそれと比べてどれだけ気楽か。

お前ら全員まだ子供育てたことないだろうに……

ウチの国は結婚に対する圧力が高過ぎる。親は結婚しろと言うが、自分自身が食っていくだけでいっぱいいっぱいだから結婚なんか考えられない。
そんな中でこの旅するカエルを見守り、旅に送り出すのはちょっとした気分転換になってくれる。

しかしこのゲームで改めて感じたが、日本の二次元のカエルは独特だ。

カエルキャラや、カエルを使ったいたずらとかがちょくちょく出るよね。
日本の二次元のキャラは普通にカエルに触れるのも不思議。

その辺の感覚の違いはあるように思う
あれって毒が無い種類だから普通に触ったりできるのかね。

ああ、帰ってこない……もう5時間も経つ……心配になって来た……

ウチはもうすぐ丸二日なのに返ってこないよ。

写真をくれるというのがまた面白いしネタになるんだよな。
しかもコラ素材としても優秀だ。

でもこの人気の出方はヘンだろ……誰かが騒ぎ立てているように思えてしょうがない。

分かる。
なんだか一夜にしてみんながカエルを飼い出したようにすら感じられる。

気が付いたら周りがみんなカエルについて語っているのはわけが分からない!
遊んでみても何が面白いか分からない!
俺が日本語分からないから面白さが分からないのか!?

どうなんだろう……自分の周りでも手を出しているのがいるからなあ……しかも日本語分からないはずなのに。

遊んでいるの中国語化されたやつじゃないの?

いや、日本版を普通に遊んでいた。

これってweiboにアップする画像や絵師のネタになって、金のかからない暇つぶしゲームだ。今の世の中ステマやる意義が無いとは言わんが、リターンを信じてやれるようなもんでもない。

この妙な人気爆発に関してはイロイロと分析が出ているが、なんか語り易い、投影し易いネタなんだろうとは思ってしまったり。

世の中の人気が全部一つの基準で決まっているわけじゃない。
主流の大人気ゲームといっても100%の人間が遊んで話題にしているわけでもないし、他の層で人気や話題に火が付いたら人気のバランスも当然変わる。

お前ら女性向けとかBLだとかのレッテル貼りはするけど詳しい人気作品とか、具体的にどんな話題が飛び交っているかまでは把握しとらんだろ。

ファン向けで人気が出てその後SNSとかで拡散するゲームだったりするのだろうか?

日本のカジュアル層向けのアプリに敏感な所が発端じゃないかとは思うが……人気の出方がかなり特異だ。

カワイイし、CG収集という目的もある。一応育成的な側面もあるゲームといった所か。ありがちな結論だが、人気の理由は今のコミュニティツールに合っていたからといった辺り?
長期間人気が続く作品とは思えないが。

結局は金がかからないからだ。それにツールだって好きに使える。

仏系のゲーマーってツールとか使わんだろ。
効率や勝敗が目的に来るわけじゃないし。

ツールはともかく、金がかからないのは理由の一つだろうね。
そういう経済力やツーラーが介入する余地が無いから安心して遊べるってのはあるんじゃないか?ランキングとかガチャ煽りとか存在しないから気楽にやれる。

ウチの国のゲーマーってツール使わないのはバカみたいな風潮があるし、運営も競争と課金を煽るけどツーラーは取り締まらないからね……

遊んでいる層は「恋与制作人」と結構重なっている気もする。
ただ明確に「合う」層は異なるだろう。「恋与制作人」の話題に入りきれなかった層もこっちに流れているんじゃないのか。

それに加えて「疲れた」層もだろう。

「金」に加えて「時間」も必要ないのが大きいと思う。
課金して競争しての繰り返しは金だけじゃなく時間も消費するわけだからね。ソーシャルゲームは課金するだけでは終わらない。

毎日毎日忙しいゲームをやっているのも疲れる。
たまにはこういう放置系のゲームを遊んでみるのも良いもんだよ。勝手に旅に出て勝手に便りを送ってくれるのは悪くない。



とまぁ、こんな感じで。
突然盛り上がった人気に困惑する人もいれば、盛り上がる流れに何となく納得する人もいるようです。

実は以前同じ開発会社の「ねこあつめ」に関して「中国での反応はどうなのか?」という質問をいただいたものの、あまり分かり易い反応や人気が無かったので記事にするのを諦めたということもあったのですが、「旅かえる」は急に広い範囲で話題になっているようなので、私もちょっと困惑しております。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「アズールレーンがネプテューヌとコラボだ!」「え?日本版だけ?」「中国版でもある、はず」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

日本での運営が好調な「アズールレーン」ですが、先日「ネプテューヌ」とのコラボイベントが発表されたそうです。
『アズレン』と『ネプテューヌ』のコラボ決定!“赤城”や“加賀”の晴れ着も発表された生放送情報まとめ(ファミ通App)

中国での実装時期に関してはまだ不透明だそうですが、このニュースは早速中国の方でも話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「アズールレーンとネプテューヌのコラボイベント」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アズールレーンがネプテューヌとコラボだ!盛り上がって来たぞ!!

うむ、スバラシイ。
俺のような萌え豚はこういうのを求めていたんだ。

運営の動きは相変わらず活発だな。
ただ面白いとは思ったが、ウチの国ではどうなるんだ。

え?日本版だけ?

中国版はまた放置かよ。情報あるならさっさと出せよ。

たぶん中国版でもある、はず。いつになるかは不明だが

中国版でもコラボやるならその時に戻るわ。中国での確報が出たら教えて。

現時点では中国の方で大々的に発表するのは難しいという所なんだろうな。
一応公式のweiboもウチの国でも実装するとは言っているが、同時に「審査があるから」みたいな発言もあるし、どうなるのかね。

公式は肯定っぽいことを言ってるから実装自体はあるだろ。
審査もあるし調整もあるから日本と同時期に同じ形で実装にはならないってことなんだろね。悲観的に考えるような話ではないけど、慌てる時期でもないかね。

中国の艦娘が日本で売り出し中ですね。

もういいや、俺は日本版で遊ぶことにする!

このゲームそこら中でいつも「終了のお知らせ」が出ているが、実際どうなの?

そこまで悪くは無いと思うが、ヘイト稼ぎ過ぎたのが残ってて……
あと終了になるかは何とも言えんが、ウチの国のソシャゲって1年単位での見通しが立たないというか立てていないから初動の後に大炎上したのがどうなるかは不明。

日本で一番売れている中国のゲームだぞ。絶賛大売出し中だ。

日本では売り方うまいね。こっちは大炎上の影響が燻っているのもあるけど。

二次元系だし日本のソシャゲを参考にしているから日本展開との相性良いし、売り方も日本の定番が使えるんだろうな。コラボする側もされる側もスムーズにできる。

まあ日本で人気になって金稼いでいることは喜ばしい。頑張ってアニメ化までいってくれ。

日本版のサービス関係の新情報が続々と出てきているんだけど、日本版サービス開始前にオワコン呼ばわりしていた連中はどんな気持ちかな?

そうは言っても、こっちのサービスにはなかなか反映されんからね。正直他人事に見えたりもする。

荒れてレスは稼げるからスレはちょこちょこ立つけどなあ。日本の方でも妙に攻撃的な話題になっているのは笑う。
そういうとこまで中国式にやらんでもいいのに。

本当にオワコンなのは「ネプテューヌ」の方だろ。

実際アズールレーンは日本でかなり熱いからネプテューヌがすり寄ってきたってとこだろうな。日本の業界関係者にも関わりたがっている人間は多いということだから。

戦略的には正しい。アズールレーンって家庭用の萌え豚向けゲームをソシャゲでやっているような作品という見方もできるから、ネプテューヌとはファン層の重複が考えられる。作品の勢い的に考えてもネプテューヌにとっては対立するよりコラボして生き残りにかける方が良いだろう。

話題の広まり方や煽り方を見ているとアズールレーンのやり方は相対的に「良心的」を謳うような中国式の部分に加えて日本の家庭用ゲーム界隈のやり方も加わっているように見えるね。
日本の家庭用ゲーム機の萌えゲーム遊ぶ層をかなり食っているようにも感じられるから、ネプテューヌは相性良いんじゃないかなあ。あっちはソシャゲ一回死んだんだろ?

日本はスマホゲーで高クオリティの「動かせる」ゲームが無かった。
言ってみれば日本には音楽系を除くとスマホでゲーム性の高い萌えコンテンツが無かったから、アズールレーンまさに敵無し。コラボもかなり有利にできるはず。

それにしてもコラボの方は全然関係ない所から持ってきたな。
「崩壊学園」も「ダンガンロンパ」等とコラボしていたが、あっちはまだ関連性があった。いやコラボ自体は歓迎するけどさ。

艦これと比べて世界観にはこだわってないんだろう。
あっちはコラボも世界観を維持しているが、こっちはゲーム機とコラボだ!

艦これはコラボやってないだろう。
リアルイベで商業的に絡むことはやっているが、他作品とは無い。あの作品はコラボ嫌いで有名な作品だぞ。

ゲームの方で最初期にやってるのよ。「蒼き鋼のアルペジオ」と。
ユーザーの間でイオナが伝説の最強潜水艦、イオナ神として記憶されている。

ネプテューヌでいくとはね……「元ネタとか関係無く美少女に砲つけて船と言い張るゲーム」というツッコミに対して公式が開き直りやがったな!!

えーと、あれだ……イギリスの艦にネプチューンがあるし!
それはともかく、ニコ生で出ている新規実装の声優はいいな。
スキンは……まぁ期待し過ぎないようにしておくか……

さすがに和服と日本の正月ネタで「敏感なテーマ」がどうのこうのに引っかかるとは思わんが、燃えやすいゲームだからな。
あとネプテューヌの声優って田中理恵か。こりゃあヤバイね!エターナルに乗ってきてもいいのよ。

一緒に発表されたスキンどれも良い。全部欲しい。こっちでも全部売ってくれ。エロ寄りじゃなきゃいけるだろ?

結局、このゲームはいつも煽ってくる。さすがに三笠の件で学んだのか今回はすぐに中国でもコラボやるみたいなことを暗示してはきたが、それについても「審査があるから」という口実で逃げを打っている。

運営からしてみれば日本の方が金になる、ユーザーが金を使ってくれるというのがハッキリわかっている上に、国内のように審査規制がないという状況だ。
そりゃ日本にどんどん傾いていくよ。

コンテンツが育つのは悪くない、この調子なら我が国のFGOみたいなものになれるんじゃないか?

人気はさておき、幅広いジャンルにわたる展開ができる巨大IPにはなれるだろう。
このコラボもそうだが、日本の出版社でのアンソロ発売も決定しているわけだからな。

アンソロとか日本じゃないとできないが、それが出るということは日本のオタクの支持層が固まっているということだろうからね。

ぼちぼちアニメ化を期待しても良さそうだ。
日本の声優を揃えているし、キャラデザは好評でスキンの販売も好調だ。それが国内版にフィードバックされるのを願う。

コラボ自体は悪くないよ。ホントにやること無かったから。

アズールレーンはイベント実装はあまり上手くないからね。
コラボはそこを埋める上手いやり方だと思う。

どういう形でやるんだろ。スキンで終わらせる可能性も否定できない気がする。

いや参加で配布、イベントマップでドロップ、限定ガチャでレア実装のフルコースじゃないか?
システムや開発的に、2Dキャラ作ること自体は新キャラ実装みたいなもんだからいけるだろう。

ドロップ限定は勘弁してほしい。

交換ならまだマシとして、どういう形式なのかは確かに心配だな。ドロップだとこのゲームは本気でキツイ。



とまぁ、こんな感じで。
日本の先行実装ということで、新規の情報自体は肯定的ですが内容に関してはまだ様子見という人もいる模様です。

教えていただいた情報によると、さすがに最近は鎮静化しているもののアズールレーンは中国でのサービスが過去に爆発炎上した影響により、いまだに少々きな臭いというか、ヤヤコシイ空気が漂っているそうです。

また中国の公式の発言でも中国版でのコラボイベントの実装に関しては肯定的なものとなっているそうですが、ファンの間ではここ最近のイベントやスキンの実装に関する日中の違いもあってか、たぶん大丈夫だろうとは思いつつも実装が何時になるのか、内容はそのまま来るのかなど不安に感じる人も出ているのだとか。
この辺りはネットの空気や制度上のアレコレも影響しますし、なんとも難しい所ですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本では現在もニンテンドースイッチが品薄ってホントなの?」

うっかり報告を忘れておりましたが、お陰様で艦これの秋イベントは無事クリアできました。イロイロな情報提供ありがとうございました。
それから管理人のFGOのエレシュキガルピックアップの結果についての質問も来ておりますが、もう後は年末年始だろうと福袋用の石だけ残して回してはみたものの、全くかすりもしませんでした……
ちなみに私の所にはすり抜けでカルナさんが妙に来るのですが今回でついに宝具LV5に。イベント配布を除いた手持ちの星4星5のサーヴァントで初の宝具LV5が誕生する事態に何とも言えない複雑な気持ちになってしまいました。


さて、そんな質問と合わせてネタを教えていただいたりもしたので今回はそれについてを。

そろそろクリスマスという時期ですが、
Nintendo Switch

は相変わらず品薄状態が続いているそうです。

日本に来た中国の方からも、
「出張のついでに日本版のスイッチを買って帰るつもりだったが手に入らなかった」
などという話を聞いたこともありますし、中国の方でも日本におけるニンテンドースイッチの品薄状況については不思議に思われたりもしているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本のニンテンドースイッチの品薄状態」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では現在もニンテンドースイッチが品薄ってホントなの?
売り切れのニュースは知っていたが現在も続いているなんて思いもしなかった。

そうだぞ。ゲームの方は日本版簡単に手に入るけど、ハードは日本版を買うのは難しいぞ。

日本では並んで抽選番号もらって当てないと買えない。
ちなみに日本のゲーマーの発言を見ると、品薄はウチの国の業者のせいにされてる。

まぁその……確かに我が国の業者のせいな所はあるだろうな。

並ぶのとか手段選ばないからな……日本人であれば面子の問題でできないようなことも平気でやるし

でもそういうのって発売直後の時くらいじゃないか?
さすがに現在も品薄が続くほど定期的に、それも日本の商店の店頭で買っているとは思えないんだが……

ニンテンドースイッチとか普通に好きな時に買えるだろ。日本ではどういう状況になってんの?

こっちのネットショップとかで普通に買えるのにね。

難しいのは日本で、定価か正規ルートの安売り価格で買うということじゃないかな。
ネットでざっと見た限りだが中古や転売など、金出せば手に入る状態ではあると思う。

こっちだと正規ルート無いから転売業者から割高で買うのに抵抗ないけど、日本だとそこまでやる人は少ないとか、安く買えるのを探すとかじゃないかな。

こっちのネットショップも大体は香港で売ってるヤツが流れてきているんじゃないかな。
日本でも買えないわけじゃないが、定価で買うのが難しいって所だろう。中古の値段にプレミアついて定価より高くなっていたりするようだし。

ネットだと割高になるし、実店舗で買えるならそっちにするだろう。

今のこっちのネットのスイッチの価格って香港の店頭価格と比べてもだいたいゲーム1本か2本くらい高い。
日本の店の定価は更に安くなるから、ゲーマーでもなければあえて高い転売品に手を出すこともないだろうし、子供のプレゼントとしても急ぎで買うことはなくなるだろうね。

こっちのネットショップもリスクあるからな……
新品とうたいながら来たのは開封済みの恐らく一度返品されたであろう商品だったなんて話も珍しくないし、他にも色んな「黒い店」がある。

ネットショップで買えるけど、すぐに手に入るとは限らないからな。在庫持ってない場合もある。
一月近く待たされて国外からの発送になって、しかも税関で引っかかったから更に金とられたなんて話もある。

そういうのってもう運任せだからな。評価などで相対的に安全な所を探すことはできても絶対は無い。逆に言えば出ている店で根本的に詐欺という所もそうは無いが……

俺の知り合い、10月に買ったのがまだ届いていないらしい。
ゲームやる前にもう精神的に消耗しまくっているから気の毒だ。

国内のネットショップも高かったり物がちゃんとしているかの不安はあるが、海外通販は海外通販で普通にリスクがあるからね。実店舗で買いたくなる気持ちは分かる。

だがクリスマス前でまだ品薄というのはどうなんだろう。
日本のサンタの中の人は大丈夫なのか。

FGO公式のぐだ子でもアルテラ・ザ・サン(タ)がネタにしていたな。
アルテラにとってはユーラシア大陸や子宮への回帰よりスイッチの方が入手が難しいというのは笑った。あそこでネタにされるということは、現在の日本社会での一般的な認識なんだろう。

スイッチが発売されてから9か月なのに、まだ品薄とか不思議だ。
品薄商法でやるにしても、業者が転売しているにしてもこんなに続くのはおかしい。

日本でも普通に買えた時期はあるんだが、その後ゼルダやスプラトゥーンといった大人気高評価ソフトが出たからそれでまた品薄になったという流れじゃないかな。

そりゃ中国の業者の影響もあるだろうけど、日本国内の人気が高いってのが大きな理由じゃないかな。
こっちはもう高くても欲しいような人間には大体行き渡っているような状態だろ。

大陸の方ではゲームのハード買う人間はそんなに多くないしね。香港版なら在庫はある。
ずっと在庫が無いのは日本版だ。

日本にいると、現在ニンテンドースイッチの入手が難しいと実感できるよ。
大きめのショップでも抽選で販売する状況が続いている。

まだ抽選やってんのか……そりゃ買えない人はずっと買えないな。

日本旅行のついでに買ってきてとお願いするのも簡単じゃないからね。日本で仕事している人間とかでもなければなかなか買えない。

俺は現在旅行で日本に来ているんだがニンテンドースイッチ買えなくて絶望。何軒も回ったけどどこにも無かった。

秋葉原なら早朝に並べば買えると聞いたけど、どうなんだろう。

一応大きな店なら不定期に入荷はしているようだが、いつでも買えるわけではないかな。

自分は日本旅行した知り合いが買ってきてくれた。
本当に良い友達を持ったと感謝したよ……

入荷も明確ではないから、巡り合わせが悪いとずっと買えないことになると思う。
私もこの間日本に行ったときに「緊急入荷!」みたいな形でニンテンドースイッチ販売の告知と抽選番号のための行列を見た。

自分は知り合いが日本旅行のついでに抽選参加して1台確保してくれた。
朝から並んで抽選やってたとか。

私も知り合いにヨドバシカメラの抽選販売に並んでもらったわ。
なお留学生で長期滞在しているので免税は受けられなかった模様。

しかし、なんだかんだで日本はゲーム機の需要がまだ高いということか。
スマホゲーの市場の数字もスゴイことになっているけど、どんな感じで住み分けが行われているのか気になってくる。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈でゲーム機を買うことや、買う際のルートや手段などに関する許容範囲が見えるような所もありました。

現在の中国でゲーム機に手を出す人は一昔前に比べて少なくなっていますし、通販で手に入れるという人の割合が日本より随分と高く店頭でゲームを買うというのも昔より更に馴染みが無くなってきているという話も聞きます。
そういった背景があるので、日本の店舗におけるニンテンドースイッチの扱いや、その品薄の状態に関してもなかなかイメージし難い所があるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


12/17修正:冬イベントではなく秋イベントでしたね。あとエレシュキガルの名前をまた間違えていました。こりゃ召喚で来るわけありませんわ。ご指摘ありがとうございます。

中国オタク「魔神英雄伝ワタルがスパロボ参戦だ!」「サクラ大戦も早く参戦して」「魔動王グランゾートも」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので今回はそれについてを。

先日スパロボの最新作
「スーパーロボット大戦X」

の参戦作品とPVが発表されましたが、
新規参戦作品の中に「魔神英雄伝ワタル」が入っていました。


「魔神英雄伝ワタル」は過去に中国のテレビでも放映されており中国オタクの中には子供の頃の思い出のアニメとなっている人もいることから、中国でも「ワタル」のスパロボ参戦はちょっとした話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「魔神英雄伝ワタルのスパロボ参戦」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「魔神英雄伝ワタル」がスパロボ参戦だ!
ずっと「難しい」と言われていたが、今度の新作でついに参戦だ!

登竜剣!
今の時代にまた見れるとは!!

リアルで見たのはもう何年、いや十何年前になるのかなあ……本当に「魔神英雄伝」が来るとは。

「魔神英雄伝ワタル」が参戦するのか!
最初は自分の目を疑った。

本当に参戦するのか……私にとってはスパロボの参戦作品として十数年の間期待と諦めと共に考えていた作品だよ。

スパロボ卒業のつもりだった自分も帰ってきてしまったよ。

ようやく「自分が子供の頃に見た思い出の作品」を目的にスパロボを買うことができる。
オタクになってから見た作品の参戦も嬉しいが、それとはまた違った感慨があるね。

ゲッターとかゴッドマーズもウチの国で放映されていたらしいけど、自分はやはり「ワタル」が印象深い。

声と高品質のアニメがつく据置き機のスパロボへの参戦は大きい。
我が国の心のアニメ枠の中では「テッカマンブレード」などが既に参戦しているがまだ携帯機のみだ。

小さい頃にテレビで見ていたアニメがスパロボ参戦するのは嬉しいものだな……

「ワタル」に関しては第一部から第三部までこっちのテレビで放映されているし、第三部は00年代初めくらいだったからな。現在のウチの国のスパロボファンの中には思い出の作品になっているヤツも多いだろう。

確か「魔動王グランゾート」も第三部と近い時期に放映されていたような。そっちもスパロボに出てくれないかな……

龍神丸って全部で12形態あるんだっけか。どこまで出せるんだろう?

第一部だけのようだから、龍王丸までじゃないか?

パワーアップするのになぜか「神」から「王」に名前がランクダウンする龍王丸か!

さすがに鳳凰龍神丸とかは出ないよね……あれは第三部だし。

今回もPS4とvitaと。次に出るのはニンテンドースイッチ版じゃないかという予測は外れたな。

ファン層がまだPSの方が強いし、スイッチの方は出るとしてももう少し後になるんじゃないか。3DSと比べてまだ普及台数が少ないだろうしね。
でも「魔神英雄伝ワタル」の参戦は嬉しい驚きだよ。

ついに玩具メーカー同士の版権問題解決!

結構前からワタル関係の模型や玩具はバンダイとタカラ両方で出ていたし、そっちは何とかなっていたはず。
問題と噂されていたのは広井王子の持っている権利の方だ。

これまでは「魔神英雄伝ワタル」のスパロボ参戦に関しては参戦ネタでも「広井王子がいるから無理」とされていたからね。

スパロボXでの参戦が発表された時に「広井王子死んだの?」みたいな話が出たのはほんの少しだけヒドイと思いました。

「ワタル」に関しては広井王子がスパロボ嫌いだからという説が出ていたっけ。
そちらの問題を解決できたなら、広井王子が関わっている作品の参戦も期待できたりする?

スパロボ参戦希望の多いのは「サクラ大戦」辺りか……確かに「サクラ大戦」も早く参戦して欲しい。

あとは「魔動王グランゾート」もだよ。
正直私はワタルよりグランゾートの参戦の方を強く希望していた。ワタル参戦が嬉しくないわけではないが。

自分もグランゾート参戦に期待したくなってきた!
あのOPのメロディで戦いたい。

参戦ということで設定を調べ直したりしているが、龍神丸ってスパロボだとサイズどうなるの?SSになりそうな気もするが。

確か魔神は3mから4mサイズで、スコープドッグとかと同じくらいだからSじゃないか?SSだと人間サイズが多いはず。

「ワタル」がスパロボに参戦というので見に来たが、考えてみたらワタルの魔神でスパロボの世界についていけるの……?

そこはスパロボ補正というか、世界内での調整するから大丈夫だよ。
どのロボットでもそれなりのレベルに収める形になるから原作設定そのままではなくなる。ゲーム内のバランスによる強弱は出るけど原作における設定上の強過ぎる、弱過ぎるは出ない。

PV見てワタルの声がルフィだと初めて知った……そう言えば俺の見ていたのは吹き替え版だった……

今回も「V」と同じく中国語版あるんだ。
これでワタルの魔神関係の中国語訳名が固まるか?

こっちのテレビで放映されていた時って魔神の名前は「丸」が馴染みが無くてカッコ悪いからか、「号」呼びだった覚えがある。

中国語発音だと王(wang)と丸(wan)だから某王丸だと響きも微妙になるしね……

「ワタル」に驚いたが「ふしぎの海のナディア」も参戦かよ!?
あれ母艦しかないだろうが!

「ふしぎの海のナディア」で戦えるのってノーチラス号と、頑張ってグラタンくらい?

うーむ……「ワタル」は特に問題無いけど「ナディア」の方はどうするんだろう。ノーチラス号は分かるがキャラの方が……主役キャラ出せないじゃないか。

Ν-ノーチラス号はヱクセリヲンネタが使えるからスパロボでの特殊な関係っぽいのを作っても良い。
それにヤマトが既に出ているから艦船のみでの参戦も無理ではないだろう。ただジャンとナディアはどうするんだろう。精神コマンド要員?

ワタル参戦に喜ぶのは理解できるが、ガンダムファンからしたらちょっと残念だね。
「UC」も「SEED」も「00」も無い。期待できるのはHi-νとクロスボーンくらいだ。

ガンダムでは久々にF91も出ているけど……クロスボーンもあるということはどういう出し方になるんだろう。

PVだとF91版のキャラになっていたから、Vの時みたいに別世界で微妙に異なる歴史の関係にして、過去のキャラと未来のキャラを同時に出すのかもね。

よく見たらゲッターもいないじゃないか。
今回の新作、かなり入れ替わりが激しいなあ。

何はともあれ、ずっと期待していた「魔神英雄伝ワタル」がスパロボに参戦したんだ。
「魔動王グランゾート」や「サクラ大戦」の参戦をもう少し待ってみるとしようか。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタクの面々が海賊版やファンサブ経由ではなく、小さい頃にテレビで見ていたような作品がスパロボに参戦するようになってきたという見方もできるようで、思い入れに関してもちょっと違うものがあるようです。

今回の記事を書いていて、ふと私が昔通っていた中国現地校の同学(クラスメート)に「ワタル」のヒミコに今で言う所の萌え狂っていたのがいたのを思い出しました。

彼は授業中にもヒミコのイラストを落書きしていて先生に怒られたりしていましたし、
「ヒミコミコミコ〜の呪文を日本語ではどう言えばいいのか」
などと聞かれたこともありました。
うろ覚え(私もワタルを見たのは小学生の頃だったので)なものを教えたら妙に気合を入れて唱えていたりも。
考えてみれば、もう20年くらい前の話になりますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


昔中国のテレビで放映されていた日本のアニメについて。
「ワタル」は「初代」と「2」が90年代中ごろに、「超」が01年頃に放映されていたそうです。恐らく中国では結構広い世代にわたってファンがいるのではないかと。

90年代前半に中国のテレビで放映された日本のアニメ オタ中国人の憂鬱アップデート

90年代後半から00年代前半にかけて中国のテレビで放映された日本のアニメ オタ中国人の憂鬱アップデート

中国オタク「藤崎詩織でボンバーマン……爆弾のトラウマが……」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

コナミのアーケードゲーム、
「ボンバーガール」
のロケテストが行われているそうですが、そこに「ときめきメモリアル」の藤崎詩織も参戦しているとのことです。
『ボンバーガール』ロケテストが11月18日より開催、『ときめきメモリアル』の藤崎詩織も参戦!!(ファミ通.com)

当ブログでは以前にも何度か話題にしていますが
「ときめきメモリアル」

は90年代後半になぜか中国語の正式版が中国国内で発売され中国におけるPC普及の波に乗ったこともあり、当時の中国で爆発的に流行り、中国オタクの上の方の世代の人にとってはイロイロと思い出深い作品となっています。

また、管理人も当時の中国におけるときメモ人気の恩恵(?)を受け、色んな意味で人生が変わるきっかけになった作品でもあります。
わがオタク的青春の北京 その3
(昔々、管理人がときメモのおかげで中国の学校生活が随分と楽になった話など)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ボンバーガールに藤崎詩織が参戦」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


コナミの「ボンバーガール」に藤崎詩織が出るらしい……藤崎詩織でボンバーマン……爆弾のトラウマが……

懐かしい。なんだかとても懐かしい。

俺が彼女に告白されようと頑張っていたのは、もうどれくらい前になるのか。

ときメモの爆弾はあの頃の恐怖の記憶、追い詰められた記憶のメモリアルだ。

公式がネタに走りやがったか!

ぐああああああ、あの爆弾が爆発する音を思い出してしまった!!

俺は早乙女好雄に電話して表示された爆弾連鎖が頭に浮かんだよ。

初めて爆弾が弾けてから どのくらいの時が流れたの

ボンバーマンまで萌え擬人化か……最近はなんでも萌え擬人化にし過ぎだ。

ボンバーマンは元々人間キャラだし、藤崎詩織の出展は別ゲーのキャラだぞ。

藤崎詩織、我が少年の日の女神よ。

あの頃は一体どれだけの人間がときめきメモリアルを遊んでいたのかね。

90年代後半くらいの頃のウチの国の学生のPCには大体入っていたように思う。
中国語版が安かったし雑誌が勝手に付録にして配布とかもしていたし、恋愛系、日常系のSLGでガッツリ遊べるゲームで、それも中国語版で遊べるってのが当時は他になかったから。

アニメの中のような学校生活を送れるゲームってのは衝撃的だったね。

藤崎詩織はゲーム遊んでいた当時は結構ヒドイとも思ったが、今になって見ると案外単純でカワイイ女の子だとも思えるようになった。

一緒に帰って友達に噂されると恥ずかしいし

爆弾回避のためにはそれをあえて聞かないといけないからね。詩織は爆弾状態には比較的なり難かったけど、それでもうっかりしていると爆弾状態に。

ところでこれどんな作品?家庭用ゲーム?スマホゲー?それとも漫画か何か?

アーケードゲームの「ボンバーガール」だな。中文だと多分「炸弹娘」になる。
「炸弹人」(ボンバーマン)を萌えキャラでやるボンバーガールに藤崎詩織がそのままのデザインで参加。

こいつがボンバーマンに参加することに関して、なぜか全く違和感が無い。

恐らくときメモのキャラはみんな爆弾持っても問題無いぞ。

うーむ……作品の顔としての選択なんだろうけど、藤崎詩織の爆弾ってあんまりヤバいことにはならなかったはずなんだが。

そうそう。私の記憶でもときメモのキャラの中で藤崎詩織は爆弾が出難い方のキャラだったはず。早乙女優美とかが爆弾処理が厳しかったような。

まぁどのキャラにしても、一度爆発すると連鎖的に爆弾が発生して誘爆するからね……ボンバーマンとの相性はバッチリだ。

ときメモの爆弾で特に怖いのはヘルメットの……えーと……

美樹原愛だな。あっちはガチで爆弾処理でいい思い出が無い。

ときメモのボンバーガールはあのヘルメットだろう。
ただそれに合わせて登場させても嫌な思い出のある人が多過ぎて誰も得しないだろうが!

他に虹野沙希もわりと爆弾になり易かったけど、ある程度のコントロールは出来たからね。
美樹原愛は性格や容姿もあまり好まれなかったし、何より登場キャラを少なくする基本攻略での障害になるから負の感情を抱く人が多かったなあ……

ヘルメットは好感度が最初から高いしすぐに爆弾になる
あれは藤崎詩織経由で紹介されてめんどくさいことになることも多いから、藤崎詩織の特殊装備やスキル扱いでも良いような気がする。

もし今の時代にまでときメモの影響があったら、痴情のもつれの結果がnice boatではなく伝説の木の下で爆殺とかになったんだろうか。

伝説の樹の下に呼びつけておいて浮気クズ男を爆破か。いいかもしれん。

藤崎詩織がボンバーマンなら、紐緒結奈とかがスパロボに参戦してもいいんじゃないかな。それに4の必殺技でスパロボの如く揺れていたヒロインもいたし、いけるんじゃないだろうか。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタクの上の世代にとってはイロイロな記憶が刺激されるニュースとなっている模様です。

「ときめきメモリアル」は比喩ではなく管理人の人生を変えたゲームなので、こういった動きがあるのは嬉しいですね。
もちろんシリーズ新作が出てくれるのが一番嬉しいのですが……

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国の大人気ソシャゲ、女神女カを出そうとして忖度して改名したら炎上してまた戻すことに?

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので今回はそれについてを。

「荊軻が女性キャラ」などの問題から社会的な批判の集中砲火を受けたりもしていた中国の大人気国産ソーシャルゲームの「王者栄耀」ですが、また中華文化系新キャラの実装に関してゴタゴタが起こっているそうです。
中国の人気ソシャゲ、荊軻が女は許されないのでキャラの名前修正

教えていただいた話によれば、「王者栄耀」の新キャラ「女媧」の情報が出ていたものの、
その後の実装の告知ではなぜか
「『女娲』ではなく『曦』という名前に変更されていた」
ことからゲームのユーザーが反発して一時炎上状態となり、その後また「女娲」に戻されることになりそう……といった事件が起こっているとのことです。
中国のニュースはコチラコチラ(どちらも中国語)などをご参照ください。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトにおける
「王者栄耀の新キャラ女媧の改名」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


王者栄耀がまた炎上しているぞ。
女媧を出すとか言っておきながら、いつのまにか別の名前の「曦」になって告知された。そしてプレイヤーの反発が。

もうこれ以上歴史上の人物出すなよ……

歴史上の人物をそのまま出すのをやめて改名になるのはしょうがない。
ただ女媧みたいな神話の人物をどうするかについては疑問も残る。

これ、自主規制でやったらユーザーの反発で逆に炎上したケースか。

こんなことやるくらいなら最初からやらなきゃいいのに。

王者栄耀のヒーローの名前って別に叩くようなもんじゃないだろうに……プレイヤーも普通に受け入れている。

むしろ女媧は出したらダメだろ。中国の民間信仰における重要な存在なんだから。こういうのってどこの国でも許されないし禁止されている。歴史上の人物より更にマズイ、そんなのやるのは日本くらいだ。
実際、女媧が作品の世界観設定に配置されていても、女媧がキャラとして出てきたことってないだろ。

そんなのウチの国のネット小説にいくらでもあるぞ。

もう歴史だ神話をいじったりしないで全部オリジナルでやるしかないのかね。
ウチの国の環境がめんどくさ過ぎる。

これは女媧が設定では悪役的、人類をコントロールしようとする敵サイドなキャラと受け取れるという情報が流れていたのが問題だったんじゃないか?
コーエーのゲームでさえかなり正義側の扱いにしていたのに、国内のゲームがなんでそういうことやるのかね。

女媧は封神演義の頃から別に正しい女神というわけではなかったぞ。

私はゲームに歴史上の人物の名前を使うべきではないと思う。
ゲームと歴史は全く関係ないのに、なぜそんなことをするのか。

そりゃガワとして有効だからだよ。完全な創作上のキャラよりもプレイヤーが慣れている存在をベースに創作したキャラの方が分かり易いし感情移入し易いし興味もひき易い。
仮に天地を想像した存在のキャラを作る場合、女媧のような密度のある背景を持ったキャラを創造して、更にプレイヤーに納得させるのはかなり難しい。

0から創作する場合、まず大量の説明や関連ストーリーによって説得力を持たせないといけないからね。それに対して「女媧」の一言で済むのはどれほど簡単で有効か。

私は神話や歴史上の人物を元ネタにして話を作るのはやめるべきだと常々思っていた。
やり過ぎという意見も理解できなくはないが、虚構と現実の区別がつかない人間がどれだけいるか考えてみるべきだ。

なるほど。では君の羅貫中先生についての評価を語ってくれたまえ。

テンセントは外国系のキャラクターデザインからネタを引っ張ってきて中国の神話歴史ネタに合わせているのに、大元でリスクが発生するのはギャグにしか見えない。

嬴政(始皇帝)とか、どんどん元ネタのギルガメッシュになってるのにな。いつのまにかスキンが愉悦系金髪になってるのは笑った。

王者栄耀は人気になり過ぎて影響も大き過ぎるから運営も守りに入っているんだろう。もっとマイナーなゲームであれば女媧を出すのにこんなに怯えなくても良かったはず。

王者栄耀は歴史上の人物を悪ふざけな改変で出しまくっているという前科があるし、影響も大きいから難しいだろうね。

王者栄耀はもうどんなのでも批判されるぞ。
荊軻が大問題になったが他にも李白とか批判は尽きない。

俺の大学でも学生の社交ツールになってるくらいだし、楽しいから遊ぶゲームとはちょっと違ってきている。単純に一つのゲームとして取り扱ってもらうのは無理だろうね。

ちょっと前のカードゲームの三国殺からソシャゲの王者栄耀に移ったと考えるのは……影響の大きさが違うから難しいか。環境も大きく変わっているし。

この間親戚の集まりで親戚やその子供と三国志や歴史人物について話題になったが、今の子供ってマジで三国志の人物、劉備や諸葛亮を王者栄耀のキャラで認識しているんだな……
他にも李白のイメージが詩仙じゃなくて剣仙になっているのは笑えない。

そう言えば俺も知り合いの教師から、今の小学生の間では李白が剣仙のイメージになっているという話を聞いた覚えがあるな。

王者栄耀の影響で学校の教師が苦労している。
今の子供は王者栄耀のキャラをそのまま歴史上の人物だと捉えている。しかも現在の学校教育では歴史を教える時間がどんどん減っているから正すのも困難と来ている。

子供ってそういうもんじゃないの?別に学校でやらなくても、そこで実際の歴史とは違うと大人が教えてあげればいいじゃないか。

そういう話じゃない。子供を論破しても意味が無い。
子供を守るために歴史上の人物の名前をそのまま使うべきではないと言っているんだ。悪影響により誤解したまま育ったらどんなことになるやら。

大きくなってから実際の歴史ネタを知って、創作との違いに衝撃を受けるってのが基本的な流れだと思うんだが。
大人がやるべきなのは現実との違いから、歴史に興味を持たせてあげることだと思うんだがなあ……

批判している人は余裕が無さ過ぎ。
小さい子供が李白を剣仙だと思いこんで、大人になるまでずっとそのままでいると思っているのか?

「聖闘士星矢」のおかげでギリシャ神話を詳しく調べたり知ったり、「Fate」のおかげでで北欧神話を詳しく調べたりしている自分からすると、別に心配しないでも良いと思うんだけどなあ
李白に関しても中学でも高校でも学ぶ機会はあるし、娯楽方面でも例えば中二病的に李白を語るならきちんと史実の李白を知っておかないとバカにされたりするぞ。

それでゴタゴタの結果、結局女媧に戻すことになったのか?

どうやらそうみたい。
公式アカウントの発言の方向性が大回転していて笑うしかない

ユーザー側は改名の必要は無いという空気だったからね。
運営は以前みたいに社会的な批判を名指しで受けることを恐れて改名したんだろうけど、今度はユーザーが怒って炎上したと。

別の国産ゲーム、例えば崩壊学園とかも女媧が出たりしていたように思うし、出すこと自体は可能だし、強行しても恐らく大丈夫なんだろうけど運営は不安になった、消極的になったのがいたんじゃないか?

王者栄耀は好きなゲームじゃないけど、作中の歴史にまでいちいち批判が入るのはなんだか微妙な気分になる。
言ってみれば型月世界の歴史みたいなもんなのに、なんで放っておけないのか。

作品の歴史イメージが現実の歴史イメージに浸食してくるからね。
普通にネットを見ても検索結果への影響は明らかだし、歴史系人物スレが王者栄耀のゲームキャラに乗っ取られたりしているなど実害が無いわけじゃない。それが徐々にじゃなくて極端なゲーム世界観のノリによるものだから、歴史文化を汚すとして強い反発が出るんじゃないかと。

荊軻の時は本当に株価が下がったしな。
その責任問題のリスクを考えると逃げたくなるのかもしれん。

FGOは炎上しても全く気にせず普通に中華系サーヴァントをストーリーにぶち込んできたが、こっちはどうなるんだろうなあ……

当初の方針だと思われた歴史の魔改造ってのいうのがどこまでできるんだろうね。
現在ウチの国で最も人気があって社会的にも注目されているゲームなのは間違いないが、それだけに難しい。今後歴史系人物が出ないのではないかといった予想もできてしまう。



とまぁ、こんな感じで。
現在の空気では仕方ないと見る人もいるようですが、その流れに関して微妙な気分になる人も出ている模様です。

上のやり取りにもある通り他の中国国産の作品を見る限り、これまでの中国で女媧を出すのは特に問題になることは無かったようです。
しかし「王者栄耀」という現在中国で一番勢いのある、社会現象レベルのゲームとなるとそう簡単にはいかないようです。

「王者栄耀」は「荊軻を女性化したキャラ」(一応設定上は荊軻の一族で、歴史上の荊軻本人ではない)が社会的に叩かれまくって大変なことになったばかりですし、運営側もイロイロと難しい判断を迫られているのかもしれませんね。
あからさまな忖度や自主規制をしてしまうと、今度はユーザー側からの反発による炎上の可能性も出てきますし。

最近はこの手の問題に関して中国オタク界隈の反応の中にも強い反発が混じるようになってきていますし、中国で人気になることのリスク、特に広い範囲からの注目が集まって反発の出るリスクというのがハッキリ出てしまっているのがなんともかんとも。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「アズールレーンが日本で人気でセルランも上位に食い込んでいるけど、なんで?」

ありがたいことに
「最近日本で好調のアズールレーン(碧藍航線)に対する中国の反応は?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

「アズールレーン」(日本語版公式サイト)
は9月中旬から日本版のサービスが開始され、9月末辺りから結構な人気と話題になっているかと思われます。

実は中国ではアズールレーンは一度は大人気になったものの、その後に大炎上を起こしてしまい、現在の中国オタク界隈における扱いは少々微妙なものとなっているそうで、日本における人気を意外に受け止める人も出ているとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本でのアズールレーンの人気」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アズールレーンが日本で人気でセルランも上位に食い込んでいるけど、なんで?

崩壊学園3rdとかはこういう話にならなかったよな。
題材が良かったのか?

艦これが四年間進歩無しで、それに対する不満が爆発したらしいな。
日本の萌え擬人化ファンを一気に取り込んだ結果だ。

これぞ文化輸出!日本が我が国の文化に染まる!

いや、これって文化反射とでも言うべき流れじゃないか?

是非とも日本で人気になって欲しい。
そうすればきっと薄い本が増える。

艦これを倒す勢いなら次のコミケの薄い本は期待できそうだ。
すぐには無理でも、いずれは艦これを超えるくらいの数になるかも。

アズールレーンは艦これよりキャラもストーリーも良いからな。
薄い本にも期待できるだろう。

同人誌が描けない作品は日本だと大人気にならない。
崩壊学園とかはキャラが少なくて同人誌を出すのが難しかったのも足を引っ張った。東方や艦これのようにたくさんのキャラがいて同人誌がたくさん出てこそ大人気になる。

日本で人気になるならそれはそれで良いんじゃないの。
俺はもう遊んでないが。

中国人が作った中国人向けのゲームを国内の規制と運営がダメにする。
国外が国内より盛り上がるのも当然さ!

日本語では「顔色が真っ青」という言葉があるんだわ。
日本で人気になってオワコンと叩いていた連中の顔面もアズール色だな!

実際オワコンだろ。
ウチの国ではもう褒めるヤツおらん

二ヶ月後も今のセルランの位置にいられるなら評価する。
最初はウチの国でも人気が爆発してたのは間違いないからな。

こっちでも最初人気だったが、日本でも人気になるのは意外だったけど、艦これのファンを取り込んだのならば納得かな。
ただ艦これのようにコアなファンを構築できるのかね。日本の運営はどういう風にやっていくのだろうか。

いいよいいよ。
中国のゲームがようやく日本から金を回収できる。

外人から金を巻き上げられること自体はとても良いことだ。
これまでは我々の金が外人に巻き上げられていたのだからな。

いいのかい?中国の軍事費になっちゃうぜ!

我が国の空母のために課金してください!もうすぐ新しいのもできる……はずなんです!

しかし一昔前のこっちのネットでは日本のゲーム遊んでいたら日本に軍事費を送ることになると批判されていたが、まさか日本から「中国国産ゲームに課金すると中国の軍事費になると日本人が批判」なんてニュースが来るとは。

日本でも右翼がこのゲーム遊んでいる人間を叩いているな。
批判の内容も似たような感じでどこの国も変わらんな。

価値があるうちにニュースにすると良い。
たぶんもう少しすれば落っこちて埋没していくだろうしね。

常時一桁とはいかんが、結構安定しているぞ。
まだ10〜20位以内にいるようだし、結婚やイベントやスキンでも稼げるから上昇する可能性は普通にある。

絵師の人気が高いし、まだしばらく人気が落ちることは無いと思う。

日本では高雄とヴァンパイアが人気のようだな。

こっちでも最初は上手くいってたし、結局はこっちのサービス展開の通りに進んで終わるんじゃないか。

いや、既にこっちでの展開は参考にならないだろうね。
日本のセルランで5位に入るとか、中国国産ゲーでは初の快挙だよ。
将来的に死んだとしても、これは意義のある記録だ。

夏イベでいっぱい人いなくなるんだろうな。
こっちの最近のイベントでは難度下げたようだけどもう人戻らないし。

こんなゲームが日本で流行るのか?と不思議に思っている人は多いと思う。似たようなオタクに媚びた絵柄のゲームは日本に多いわけだしね。
でも題材がミリタリーで艦娘の皮をかぶっている所が日本では強みになるんだよ。艦娘の皮で惹きつけ、艦これとの違いを強調できるのだから艦これのファンをそのまま奪える。

艦これはとっくの昔に死んでいるが、その死んだ所から逃げ出した人間を率いて居れているのだろうな。

また「日本で大人気」かという感想しかないわ。
陰陽師とか崩壊学園3rdとか少女前線とか、過去にその手のニュースは何度もあったし。日本はウチの国ほどネットの工作員の活動が激しくないし、初動で盛り上げるのは難しくない。いちいち反応してられんよ。

今度もどうせ中国人が大量に流れ込んでいるんじゃないの?
崩壊学園もそんな感じで盛り上がって落下したろ。

崩壊学園3rdは評価はそれなりにされているけど、ユーザーが伸びていないケースだね。
日本版の初動の大事な時に中国のユーザーがたくさん流れ込んで言葉が通じない中で荒らしたりした影響もあるんじゃないかな……
あと国産じゃないがLOLの日本サービスも声優目的で流れ込んだウチの国のプレイヤーが荒らして日本の新規開始した初心者倒しまくって負の影響与えてたっけ。

今回の人気は以前の国産ゲームの「日本で人気」とは違うぞ。
普通に日本人のファンが付いているし、話題になっている。

ふーむ……もしやアズールレーンはウチの国でオワコン化しているから、日本まで遊びに行って布教する人間がいないってのも良かったのか?

アズールレーンは別に悪いゲームじゃないんだよ。最初は自分もかなり楽しんでいた。
だけど夏イベのゴタゴタでやる気が失せて、その後も手に入らない船が多過ぎるってことで復帰する気も失せてしまった。

どのゲームも最初は先達作品のパクリという批判は出てくるし、そこをどう乗り切れるかだろう。
アズールレーンは艦これの明らかな影響を受けている以上、日本ではウチの国以上に艦これとの類似性についてパクリという批判が出るのは避けられない。
後発による進化、ゲーム内容の別ジャンル化といった独自性はあるから生き残れる可能性はそこそこ高いとは思うんだが。

ゲーム自体はこっちで叩かれ過ぎな感じもあった。
艦艇擬人化系ゲームでは最後発で作りこみや素材のクオリティも高いから日本で評価されることは不思議じゃない。
私が現在心配なのはゲームの内容以外の部分、日本のゲーマーの煽り合いに使われている節があることだね。

艦これファンとの対立か。

どっちが生きるの死ぬのとかは勘弁してほしいんだがな。
自分は艦これみたいに出撃させたら操作しないでいいタイプのゲームの方が合っているんで、艦これが消えるのは困る。

そうそう。自分もカジュアルゲーマーだから艦これの方があっている。艦これはアニメ見ながらプレイとかも楽だよね。
リアルタイムのタッチ操作はついていけないし、やってられない。

いや、対立しているように見えるのは艦これじゃなくてFGOファンとだな。
艦これは古老級過ぎて逆に反発が少ないというか、艦艇擬人化ジャンル全般をまったり見ているような印象だ。
日本ではFGO叩きや、FGO運営や関係者叩きのためにこれを神ゲーとして持ち上げている人も目立っているように感じる。「まどか☆マギカ」のゲームの時も似たような流れがあったから少々不安だ。

こっちでもリリース当初からの流れで似たようなのがあったが……
FGOのNTR騒動での大炎上も、bilibiliが「我が子」のアズールレーンを贔屓している、FGOは客寄せに使うのが目的で、アズールレーンが盛り上がるまでFGOの更新は引き伸ばしにするつもりだ……という陰謀論が根底にあったからな。

スマホゲーのガチャ課金疲れした人間が流れているという話もあるから主に衝突するのはスマホゲーだろうね。艦これは人気の例えや比較対象として分かり易いから話題になっている面が強いようにも見えるかな。
そしてだからこそ、後の方の課金しないと厳しいイベント難度が不安なんだよなあ……

ぼちぼち日本でも周回以外やることが無いという声が出始めているのも不安だ。こっちと同じ道を進んでいる。
中国版FGOのように千里眼という名の事前攻略情報が発動して高難度イベントの不満を回避できるのだろうか?

艦これはiOS版ないし、Androidも直でアプリ配信しているわけではないからね。
課金システムも独特だからアズールレーンと単純に比較するのはちょっと違う気がする。課金の量は少ないが安定するあの形は今の時代のソシャゲの環境で構築するのは無理だし、真似するもんじゃない。

あくまで私の印象だが、日本の艦これ界隈ではそんなに騒ぎになってないぞ?
ゲームの方は秋イベント告知されたから資源貯蓄で大変だが。

資源とかより秋刀魚と海防艦が落ちないんだよ!
もう3-3も3-5も嫌だ!!

6-5いけ。それから漁場は変更しろ。1-5、3-3、6-5で回せ。間に2-2で補給艦倒すのも良い。
それから装備の影響も大きい。6-5とかは20匹以降でも装備を積みまくれば普通に落ちる。

アズールレーンに関しては数週間後にどうなっているかだな。
ウチの国でも最初は調子よかったし、評判も良かった。そして今のようなオワコン扱いの事態になるとはだれも想像していなかった。さすがにこっちでの失敗を日本でも繰り返すことは無いと思いたい。

課金ランキングばかり話題になるのは避けたい所だね。
このゲーム、最初に課金するタイミングがあるけどその後は普通のプレイで課金する所はあまり無いからセルランは下がっていくはず。そこでもう人気は無いみたいな見方をされるのは困る。



とまぁ、こんな感じで。
意外に感じる人や、距離を置いて見ている人が少なくないようでした。

それにしてもアズールレーンはなんで中国でこんなに否定されているのか、いわゆるオワコン扱いされているのかちょっと不思議ですね。
私もリアルタイムで追っかけていたわけではなく、気が付いたら爆発炎上した焼け跡状態になっていたもので、その辺りの変化がどうにもピンと来ないというか……

日本向けのサービスが始まったので改めてプレイしてみましたが、私の方では普通によく出来ているという印象しか。
操作やプレイ時間的に自分の場合ガッツリ遊ぶのは難しそうですが、ここから炎上してダメなゲーム扱いになるのがどうも分からないのですよね。

また中国国産のオタク向けソシャゲに関しては、
以前崩壊学園2が日本に進出するかという話が出ていたような頃はまだ
「スマホでゲームを遊ぶ環境や感覚」
の違いも大きく日本展開には難しい所があったように思います。

しかし最近では日本でもスマホの大画面化や、スマホ横持プレイへの抵抗感も薄くなったりするなど、日中のズレが小さくなっていますし、内容以外に環境面でも昔より有利になってきているように思えます。

そんな訳で余程のやらかしでもない限り日本で大失速することは無いように思えるのですが、日本のソシャゲ界隈のアレコレを考えると、その「余程のやらかし」がどういうものなのかイマイチ思い付かなかったりも。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国国内版FGO、羅生門イベント前で既に炎上
上のやり取りにもありますが、この時の炎上の背景の一つが中国でのアズールレーンのサービス開始でした。

中国オタク「なんでFGOは高難度イベントで炎上しないの?ウチの国のソシャゲは高難度で爆発炎上しているのに」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいたので今回はそれについてを。

最近は中国産のソーシャルゲームの日本展開も増えていますし、イロイロな作品が目に付くかと思います。
ただ中国産のソーシャルゲームの中には中国で大炎上を起こしたことがあるのも少なくないそうで、特に最近の中国のオタク向けを意識しているソーシャルゲームでは、
「イベントが普通にやるには難し過ぎる」
ということによる炎上が珍しくないのだとか。

中国のソッチ系のサイトではその辺りのソシャゲ炎上について
「なぜFGOは高難度イベントで炎上しないのか?」
といったことなどの話題に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんでFGOは高難度イベントで炎上しないの?ウチの国のソシャゲは高難度で爆発炎上しているのに……

確かに高難度イベントの反応が全然違うのは気になる。
考えてみれ中国版FGOも炎上はしたけど、大体はイベントの日程や強制中文化とかの修正、bilibili関係のNTR煽りとかでゲームの難しさについてではないんだよな。

FGOも監獄塔、羅生門と高難度イベントが続いたけど、普通に攻略関係の話題になってたからな。なんでだろ。

あれは攻略情報集めて突撃するのが普通に楽しかった。日頃のポチポチ周回の中のちょっとした刺激という感じで。

崩壊学園3とかアズールレーンのイベントとかヒドイことになったのに、FGOのイベントでは普通に攻略関係の話題が続いていったのはいったい……

イベントの報酬の違いもあるだろ。FGOは呼符だけだから、やってもやらなくても良い。

私もそう思う。高難度イベント部分の報酬や、必須度の違いだろう。
FGOは高難度ではない普通の難度のイベントの所で礼装やキャラがもらえる。
ウチの国のソシャゲとか、イベントがどんどん難しくなってどうにもならん。重課金でもなければついていけんよ。

ウチの国のユーザーって時間かけるのには抵抗無いから、そっちでの難度調整や内容の増加が難しいんだよね……すぐに「やることが無い」という文句が出る。

FGOは本当に最高クラスの難度の所は任意の挑戦で呼符一枚、実質石3個が報酬で更に複数ステージの中の一つだったりするからな。
ユーザーが強制される高難度イベントで考えるなら艦これじゃないか?今年の夏イベは最終ステージの難度がヒドイことになっていたはずだが。

艦これの夏イベは難度を下げれば主要な報酬は普通に確保できた。
あと最終ステージのボスラッシュは見えている地雷原だから精神的にそこまで危険ではない。
輸送マップとか手間がかかるので難度よりもプレイ時間や輸送成功率と輸送量の見極めに失敗すると厳しかった。

艦これで酷かったのは2016年春のイベントだな。新システムのバグや難度調整ミスに設定ミスと運営の不手際が目立ってかなり炎上したし、抗議活動も多かった。
今年の夏イベントは大型という予告が事前にあって開催期間も長かったから、不満は出てもこっちでちょくちょく起こっている大炎上というレベルではなかったかな。

こっちで高難度イベントの批判している連中はヘタクソなだけだ。炎上したゲームも俺は微課金で普通にどのステージも楽に周回できていた。
最初はそれほど腕前に差は出ないだろうけど、ゲームのサービスが続くにつれて腕前の差が出るのは当たり前だしそれをグチグチ批判するのはアホだろ。

文句言っているヤツにはそういうゲームだからとしか言えないよな。
ゲーム性のある作品なんだから課金しようがクリアできないのは当然だろ?
それにみんなどんどん上手くなるんだから難しいステージを出すのも当然だ。

ヘタクソが炎上させるのは本当に困ったもんだよ。あいつらが批判して炎上させてるのはそんなに課金しないでも良いゲームもあるんだが。

強キャラやゲームに有利になるからと釣って課金させているのに課金しなければクリアできないどころか課金してもクリアできないってのは問題だろ。
難度も制限もどんどん上がって一部しかクリアできない状態、課金の意味が無くなったり更なる課金を強いられるから炎上する。

そこだよな……ゲームとしての作りこみに関してFGOより上なのは明らかなのに、バランスと財布の狙い方が……

難度調整がもう少し上手くできていればね。
考えて工夫してクリアできるようにするとかじゃなくて、制限をしてユーザーに不便を強いることで難しくしている。キャラとか装備とか、あとは時限クエにするとかで。
これぞ課金連環の計!

しかもこっちが攻略法として育てた強キャラ強パターンをメタ的に潰す!
キャラ獲得と育成強化要素が課金に直結しているのにそれをイベントで無意味なものにされちゃね……

日本版FGOの最近のネロ祭もBBやマーリン、ジャンヌいないとダメなんじゃなかったっけ?あれも実質的に制限系高難度クエストだろ。

確かにキングハサンはBBやジャンヌとかがいないと難し過ぎるとされたけど、他の高難度はどうとでもなったからな。
あとネロ祭の主な目的というか報酬は花びら集めてBOX開けて素材を大量に確保することだったから、呼符一枚の報酬に時間かけるくらいなら周回した方が良いという判断の人も多かった。

FGOは高難度イベントに対してぐだ子が良いこと言ってる。
「そんなややこしいゲームおいとけ、それよりはやくベッドにいこう」
とね!まぁあの漫画のネタからして、日本のFGOプレイヤーも別に高難度を歓迎しているわけではないんだろう。

キングハサンのステージは日本でも評判良くない。不便さをプレイヤーに強制する形だったから。あと1.5部から実装の体力ゲージのブレイクシステムも不評。
ただこっちの難度はもっと極端というか単純に数字でプレイヤーを圧倒したり、各種制限で不便にさせる。
アクション性の高いゲームであっても、実際のメインはRPGで育成ゲーム。それなのにキャラを自由に使えないとか遊んでてストレスがたまる。そりゃ炎上するし人減るよ。

FGOの高難度はウチの国のユーザーにとっては高難度のうちに入らん。
ウチの国のゲーマーは時間だけは余ってるし、やり込むヤツ多いからゲームがすぐに消費されちゃうんだよ……

FGOの高難度イベントが大炎上しないように見える件だが、中国版については事前に情報が出ていてみんな「千里眼」状態だってのもあるだろうね。
イベント始まる前から攻略情報が出回る。ただネタバレも出回るからストーリーの驚きも薄くなるのが困りもの。

こっちでは問題無かったが、日本ではFGOの羅生門の第一回が炎上したんじゃなかったっけ?

いや、そこまでではない。本格的に燃えたのはその後の三蔵イベントで、課金礼装がイベント前半でしか使えないという情報を後出ししたということで炎上した。
ただ実際は課金礼装の有無はそこまで影響しないバランスだったし、羅生門から溜まっていたストレスが課金礼装の件を機に爆発したという見方もある。

でもウチの国の最近の二次元系ゲームって課金に関してはそこまででも無いはずだろ。課金に関してはFGOの方がヒドイのに、なぜあっちは大炎上しないのか。
こっちは連続ガチャの最低保証とかどのゲームも完備しているから心理的に楽なはずだ。日本でやってるマーリンピックアップの惨状を見ると恐ろしくなる。

課金の良心度は高くしているつもりなのかもしれんが、課金の「体感」は違うぞ。
最低保証で保障されるのはレア度であって、ゲーム内での実際の価値ではない。使えるキャラ欲しいキャラでないと意味が無い。特に高難度イベントをクリアしないといけないような状況ではね。

こっちのゲームってキャラ追加で既存のキャラが淘汰されちゃうから……昔から存在する話ではあるけど、育成要素も加わるとダメージがでかい。
金に加えて時間も無駄になったわけだ。金がかかるのは構わんが、価値が保証されないのは本当に萎える。

日本でも課金関係の愚痴は多いし、ユーザー間の空気も場合によってはウチの国より悪いように思えるんだが、致命的な炎上につながることって少ないように感じる。
FGOの三蔵イベの時の炎上もそこまででは無かったし、運営への攻撃もそこまで苛烈では無い。

日本だと抗議の手段が少ないんじゃないか?
こっちは通報したら実際に取締りが入っちゃうからユーザーの自爆テロ的な抗議に対応せざるを得ないが、日本では課金ユーザーさえ確保しておけば他の無課金微課金はニラのようなもんで消えてもそのうちまた生えてくるというやり方が可能なのでは?

ウチの国だと金払ったら権利を主張するし攻撃的になるからね。良くも悪くもサービスを要求するお客様になる。これは同人関連でより鮮明なんだが……

最近のこっちのソシャゲって段々と操作がめんどくさくなってくる。それに対してFGOやグラブルはポチポチで良い。
かかる時間と手間も炎上の規模につながるのでは。

ウチの国で最近出ている二次元系のソシャゲってアクションというかシューティングというか、少なくともきっちり操作をしないといけないゲームだからね。
ポチポチやるのとは違うし、周回の労働強度も違う。

萌えの皮をかぶったゲーマー向け的な作品というか、作り手が結局はゲームにおけるアクション要素を入れたがるというか……そして結局ゲーマー向けに傾いて、ゲームの難度が上がるんだよね。
でも二次元寄りの層からの不満が出るし、宣伝するターゲットの関係上勢力が大きいのも二次元寄りの層だ。

ウチの国のスマホゲーって日本での家庭用ゲームの部分もカバーしているような見方もできる。所々でゲームのバランスや運営のやり方で矛盾が出てしまうのではないだろうか?

同意。最近炎上したゲームの中には家庭用ゲーム機やPCゲームだったら何の問題も無かっただろう作品もある。
スマホゲーは元々カジュアルゲーマーの多い所だし、ハードの関係上ゲーム性と操作性が仇になったりもする。スマホで崩壊3とかアズールレーンやるの疲れるんだよね……

ハードの限界みたいな話は分かるわ。自分も音ゲーで何作か、手持ちのスマホと相性悪くて遊ぶのやめてしまったのがある。

こっちの二次元系ソシャゲの比較対象として妥当な日本のソシャゲって、FGOじゃなくてパズドラじゃないかな?
あれはそれなりの操作が必要だし、キャラの淘汰や、高難度強制とか高難度という名のユーザーの選択肢制限とかもある。その辺りのペースが上がってきてからパズドラの人気は落ちているし、日本人がそういうのに反発しないわけじゃないと思う。

こっちで最近炎上した件については、小さい問題が頻発していてそれを無視していた所に大きめの火種が導火線となって爆発したケースが多いように思う。ようは長期的な不満と不信の蓄積の結果だ。
上のレスで出ている日本のFGOの三蔵イベントの爆発と似たような性質があるようにも思う。もっとも、こっちの問題の蓄積の方向性は日本のFGOとは少々違うのも確かだ。

あー……確かに最近の崩壊3もアズールレーンもその前の炎上が鎮火しきっていない所にまた炎上したような所はあったかも。
FGOは日本では三蔵イベントの後にきのこ作の第六章が実装されて評価が急上昇したし、面白いコンテンツを追加していければカバーできなくもないってことなのかね。

確かに面白いコンテンツが追加されればみんな不満は無い。だがそれを簡単に狙ってやれるわけではない!



とまぁ、こんな感じで。
どこの国でもゲームバランスと課金の問題は難しいようです。
ただFGOに関しては日本におけるストーリー関係の炎上やユーザーのギスギス具合的なものはあまり知られていないそうなので、他所のゲームや運営は良く見える的な所があるような気もしてしまいますね。

それにしても上のやり取りにもありますが、中国でFGOの高難度イベントに対する反発が少ないのは、攻略情報が事前に出回っていることによる影響もあるかと思われます。

そこから考えると、現在日本でサービス展開されている中国産のソーシャルゲームも、事前に出回る攻略情報で高難度イベントに対する反発が少なくなったりするのでしょうかね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

Chinajoyにパンツの見える巨大フィギュア出現(ただし顔は見ないように)

予約の設定を間違えておりました……

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。
今年も中国で開催されたChinajoy、その勢いや市場規模から相変わらずモノスゴイことになっていたそうですが、同時に例年通りネタっぽいものも出ているとかなんとか。

教えていただいた話によると、今回のChinajoyでは会場の外の広場に
「マビノギ英雄伝」のキャラクターであるリンの巨大フィギュア(?)が展示されていたそうです。
CJ01cj02








この巨大フィギュア(?)なにやら縞パンが見えるデザインらしく、
中国のネットのコチラの記事(中国語)などでは
「パンツで日除けになる」
などというネタ扱いにもなっているのだとか。
ただ、この巨大フィギュアは真正面から見るとこんな感じに
CJ03








とても綺麗なオチが付いている模様で、その顔から
「新たな邪神」
という評価も出ているようです。
中国のネットニュースでは基本的に後ろか下からの写真で、正面からのも顔が写っていないのはお察しという感じでしょうかね。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


Chinajoyに新たな邪神が出現してしまった……

詐欺だ!
これは詐欺だ!正面以外の写真からこんな顔は想像できない!

好きなキャラなのに、なんでこんなのにされてしまったんだ。
悲劇としか言えない。今後ずっとこの顔がキャライメージにくっ付いてしまうのだろうか。

これでマビノギ英雄伝のファンはさらに減るだろう。
スマホ版とか今後どうなるのやら。

ここまで突き抜けたらネタとして評価され、寿命が延びるかもしれんぞ?

パンツの下は涼しくていいよ!
顔も見えないし!!

顔以外の出来は結構良いのが余計に悲しいというか、ツッコみ所を強調しているというか。

またイイカゲンな所に制作させたのか……

パンツを見せればごまかせると思ってんのかよ!!
むしろ精神的なダメージになるわ!!

なんでオバサン顔になっちゃったんだろうな。

俺はできそこないの女装みたいに感じる。

立体はフォトショップで加工できねえからなあ

ゲームでもこんなに露骨にパンツ見せてなかったはずだが、そこで釣ろうとしたのかね。
そのせいで悲劇が強調されることになったが。

後ろ姿はとてもいいのに顔のせいで全部台無し。

予算が身体の所で尽きたのかとも思ったが、普通にセンスや技術の問題だろうね。

チェックできる、修正できる人がいなかったんじゃないか。
企画先行で時間切れというよくある話。

ずっと背中だけ見せていてほしいね!

リンってどちらかというとロリキャラだよね。なんで俺より年上のおばさんになってるの。

韓国のゲームなのになんで顔の整形に失敗しているんだよ。

顔を見なければいける!いけるはずだ!

でもお前、この顔を見てしまった後に顔の記憶を消去できるのか?
記憶に刻み込むからこその邪神だぞ!

会場でこの後姿を何度か見かけて気になっていたが、こんな顔なら知りたくなかった……



とまぁ、こんな感じで。
顔のせいでイロイロと吹っ飛んでしまうようです。

中国ではこの手の巨大な物をぶち上げることが好まれているようですし、オタク関係でも結構面白いものが作られてはいるのですが、キャラクターの顔に関しては微妙というか再現すべきデザインからかけ離れてしまうことが多いそうで、今回のような悲劇(?)も珍しくありません。

少し前の顎の長いウルトラマン
中国オタク「またパクリウルトラマン……え?権利的には問題ないの!?」「頼むからウルトラマンの世界をこれ以上壊さないでくれ。頼むから!」
もそうでしたが、こういった顔の問題、邪神化(?)に関しては小さなものから大きなものまで発生していますし、中国のイベントの立体物というのはネタとしてはともかく、ファンにとっては厳しいことになってしまい易いのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国の人気ソシャゲ、12歳以下は強制的に1日1時間しか遊べなくなる

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

当ブログでも歴史系キャラの扱いなどに関して何度か取り上げた中国の大人気ソーシャルゲーム「王者栄耀」ですが、最近は子供への悪影響などと言った方向からの批判も集中するようになってきているそうです。
中国の人気ソシャゲ、荊軻が女は許されないのでキャラの名前修正

そしてそういった批判への対応からか、7月4日から12歳以下のプレイヤーは強制的に1日1時間しか遊べなくなり夜9時以降はログインできなくなる、12歳より上の未成年は1日2時間しか遊べなくなるなどの機能を実装したそうです。
この辺りのニュースに関してはコチラコチラ(どちらも中国語)などをご参照ください。

この流れに関しては中国のネットでも話題になっているようなので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


7月4日から「王者栄耀」は12歳以下の未成年は1日1時間しか遊べなくなった。ここまでやるか。

小学生は一日1時間か……

なんだか一昔前にネトゲ批判が行われていたのと似たような空気、似たような流れに思えるよ。

ソシャゲの影響力って以前のゲームとは段違いだからな……こういうことにもなってしまうか。

1時間の根拠ってなんぞや。
日本には「ゲームは1日1時間」という任天堂時代からの伝統的なネタフレーズがあったが、お偉いさんがアレを参考にするとは思えんし。

特に根拠は無いか、先にとりあえず1時間と決めてあとでこじつけみたいな流れじゃないの。
しかしゲームを恨むのも筋違いだろうに。私の周りにもこれにハマっているのがたくさんいるが、耽溺レベルではないぞ?

そりゃ大学生くらいになれば別に勝手にすればいいが、未成年の小中学生となるとそうもいかんだろう。私もゲームの責任よりまず親の責任、スマホを買い与えることの責任だとは思うけどね。

「ほとんどの小学校の教師は『王者栄耀』を否定している、中には教室内でこのゲームに関して話す事を禁止している教師までいる」なんて話も出てるからな……

現代はスマホが普及し過ぎているからなあ。

スマホを持つと遊べることが一気に増える。俺も昔授業サボってゲームやってたが、その当時より明らかにトンデモナイことになってる。

最近のメディアの「王者栄耀」叩きは熱くなり過ぎ。子供を迫害する存在として、昔の違法ネットカフェが今ではスマホのソシャゲーになっているなんて話になっている。

結局は数年前のネットゲームとほとんど同じ論調だが、いつまで同じことを繰り返すのか。

確かに昔のネットゲームと同じような流れだが、発生している問題に関しては昔よりヒドイことになってしまっているぞ?

今の状況が昔と同じとは言えないよ。スマホとPCでは手軽さが段違いだし、親や教師の管理の手間も全然違う。

自分の中高時代も授業から逃亡してゲームやっているヤツはいたが、今のスマホが普及してどこでも遊べるような状況と比べると、明らかに遊んでいる人間もプレイ時間も少ないわ。

俺も授業中にこっそりPSPでモンハンやってたから今ソシャゲやってる子供に対して何も言えないが、昔より随分と楽に遊べるようになったのは間違いないね。

でも言っていること、ゲーム叩きの言論に関してはアーケードゲームが叩かれて禁止された時と同じなのは間違いない。昔の記憶がよみがえってきた……

よく見ていないが分かる。いつも通り叩く口実になる社会事件のニュースも出ているのだろう。そして保護者が騒ぐ。

最近はスマホ取り上げられた子供がビルから飛び降りたなんてニュースがあったな。もちろんニュースの中では「王者栄耀を遊んでいた」と強調されている。

杭州の13歳の学生だったはず。あと親の金盗んで課金したニュースとかもちょくちょく流れているね。

小学生がスマホ持って、ゲームにどハマりするのってまずは親の責任じゃないのか?

それは間違いない。まずは親の仕事だろう。
ただ今のスマホ環境で親だけの責任というのもまた違うからな。この叩き方はさすがにどうかと思うけど、商売やって課金煽っている方が責任無しとはいかんよ。

管理するのも難しいからね。
個人差はあるだろうけど小さい時は心理的に不安定で世界が狭いから、ニュースじゃないけど発作的に飛び降り自殺なんてのもあり得なくはない。

「王者栄耀」の子供への影響は確かに大きい。最近の先生は大変だ。

メディアではいよいいよ精神的な阿片だとか電子的なヘロインだとか言われるようになってきているしね。
ただ実際はどうなんだろう?過去のゲーム叩きの件では子供への悪影響を口実にしてのアレというケースも少なくないし。

最近のゲーム禁止関係は理不尽なゲーム叩きと理不尽な規制が並行して行われている。私もこの「王者栄耀」のパクリや課金関係は嫌いだが、最近の叩き方はどうにも気に食わない。

中国青年網の報道では「王者栄耀」のユーザーの57%以上が小学生だとされているんだよね。5月末のユーザーの規模が7億だから、複アカとか考えてもかなりトンデモナイ規模だ。

そこはハッキリしないな。
テンセントはそのニュースを否定して、12歳以下のユーザーは3.62%だと反論している。正直どっちなのか分からん!登録する際に別人の身分証でごまかしているケースも考えられるし。

「王者栄耀」って、成人のユーザーが仕事や勉強で余った時間に遊んでるのがメインだと思っていたんだが、実は小学生がメインだったのか?

小学生はスマホで遊べる時間そこまで多くないだろ……ウチの国の学生は高校までは勉強が忙し過ぎる。メインは大学生や仕事がそんなに忙しくない人間だろう。

俺達が昔こっそりアニメや漫画やゲームをやっていたように、余った時間に往生際悪く遊んでいるから目立っている可能性も……
ユーザー層に関しては好き勝手に解釈できるから、逆にハッキリとは分からない。

大学生とかの方が遊んでいる人間も遊んでいる時間も多いと思うけどね。
小学生はショッキングなニュースは多いけど、消費者としてはメインではないから、社会的な空気に対応するためにこういった規制を打ち出していくってことじゃないかな。反発しても良いことはない。

しかし今の子供は小学生からスマホ持って使いこなすのか。
自分は高校でようやく携帯持たせてもらえたくらいなんだが。

こういうのって親や教師は後手に回るからな。
子供の方が先に対策の抜け道を見付けてしまう。特に今の時代はネットを探せばすぐにその手の情報が見付かるのだから。

自分はPC買ってもらってから海賊版遊んだりするために言語覚えたし子供の時の娯楽にかける衝動と行動力は侮れない。子供にはスマホ持たせないのが一番なのかもと考えてしまうよ。

昔のゲーム叩きと同じという意見には同意する。そして更に付け加えるなら、それ以前には武侠小説が存在する。
つまり、耽溺する娯楽に関しては武侠小説、ネットカフェでのゲーム、スマホでのゲームという流れがあるのだよ!

小説は回し読み、ネットカフェは金がかかる、スマホは一人で金をかけなくても遊べるといった感じで娯楽環境が変化しているな。これは便利になっているのか悪化しているのか。

頭がそのハマった娯楽一色になるから、勉強しなくなるのは変わらんだろう。小説読んだりゲームやってないときもずっとそれ考えてるから。

スマホは簡単に時間拘束してずっと燃料補給だから……
昔の違法ネットカフェでゲームやるのよりも簡単で金もかからないし、昔とはやはり中毒する際の間口やスピードが違うと思う。
自分の小さい時のことを考えると、どハマりした時の狂いっぷりに関しては今も昔と変わらない気はするけどね。

しかしウチの国のゲーム耽溺予防システム、出てからもう10年くらい経ってないか?結局効果あったの?

現実では親の身分証やその辺から拾ってきたIDナンバーで遊ぶのがほとんどってことじゃないかな……今回は端末になるスマホと紐付けを強くやってきているが、それについても対策はやろうと思えば普通にできてしまう。

今回はわりと本腰入れてきている印象もあるが、いつもと同じく抜け道は出て来るだろう。その抜け道を通れてしまう子供の割合をどの程度まで減らせるかだな。

ネットで拾える身分証番号って中にはヤバイのも混じっているはずなんだが、そういうのを気にするヤツほとんどいないからな……
その辺で拾ったID使ってネットカフェで遊んでいたら、それが犯罪者のIDだったので警察が踏み込んで来たなんて話もあるが。

まさか「親の身分証でスマホを使える」というのが勝ち組のステータスになる日が来るとは。

そのうち顔認証だとか身分証スキャンだとかになるのだろうか?

でも結局は上に政策あれば下に対策ありになりそうな気がするわ。



とまぁ、こんな感じで。
最近の批判の流れに関しては不満もあるようですが、このまま野放しでいいのだろうかという疑問もあるようです。またこの規制に果たしてどの程度効果があるのかという疑問なども出ている模様です。

それにしても現在の中国における「王者栄耀」へのハマり具合というのは凄いことになっているようですね。
あくまで個人的な印象ではありますが、中国の人はゲームに対する抵抗力が無いというか、ハマる時は本当にどハマりする印象があります。
日本でもゲームにハマり過ぎて大変なことになったとか課金して大変なことになった的な話は珍しくありませんが、中国ではそうなってしまう人の割合が日本以上に高いような……

私が中国に行った当時はFCの海賊版ハードが出回り人気になっていた時期でしたが、その当時の中国ではゲーム機を手に入れた人が、いい歳でそれなりの地位の人から子供までゲームで徹夜だとか十数時間だとかぶっつけでプレイしてしまったという話をよく聞く(それも普通に知り合いや親の仕事関係の人から)ことにかなり驚いた覚えがあります。

当時の中国はまだTVゲームが珍しい時代でしたしゲームに関する免疫が無いからかとも考えましたが、その後も様々なハードの様々なゲームに関して寝食を忘れてプレイする的な話を頻繁に聞くことから、一度ハマるとかなり深い所まで行ってしまう人の割合が日本の感覚に比べて高いのでは……などと考えてしまいます。

そしてそういった所に、中国向けに特化されたスマホで遊べる中毒性の高いゲームが来たらそれはもうトンデモナイことになるだろうと、なんだか納得できてしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国版FGO、国の規定により実名認証開始

中国オタク「FGOのガチャ確率は信用できる」 中国のソシャゲでガチャ確率表記義務化が開始

ゴタゴタも一区切りしてどうにかGW休みに入れそうです。
艦これのイベントもFGOのイベントもスケジュールに余裕があるので、ゆっくりと進めていけそうなのはありがたいですね。
さて、ありがたいことにネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国でもネットゲームの課金やガチャ関係のゴタゴタが起こっており、昨年の12月には中国政府の文化部からネットゲームの運営に関する通知が出たのですが、その中に
「ゲームの運営は2017年の5月1日前にガチャや合成の確率を発表するように」
といった内容があり、その結果先月末から中国の様々なソーシャルゲームで相次いでガチャの確率表記が始まっているとのことです。

現時点ではまだ具体的なラインがハッキリしない所も少なくないようですが、
この通知の施行で注目されているのは
・ガチャや合成の確率表記をしなければならない
・法定通貨やゲームの仮想通貨による直接のガチャはダメ

といった部分のようです。
昨年通知が出た時の中国のニュースはコチラ(中国語)などをご参照ください。

教えていただいた話によると、各ゲームの確率表記に関してはとりあえずレアごとの表記が行われているようです。
またガチャに関しては恐らく課金で石を買ってそれで回すようにしろということではあるものの、直接課金の特別なガチャはどうなるかなどは現時点では不明なようです。
例えばFGOの福袋のような聖晶石の有償無償で切り替えるのはいいとしても、グラブルのモバコインによるスタレジェ的なシステムだと引っ掛かる可能性も?ということだとか。

ガチャの課金システムはさておき、これまで確率が発表されていなかった様々なゲームにおいてガチャの確率表記が行われるようになったということで、中国ではイロイロと話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「発表されたガチャの確率についてどう思うか?」
といったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


昨年12月の文化部からの通知が施行になって、ウチの国の様々なゲームのガチャ確率が発表されるようになったけど……みんなはソシャゲのガチャの確率って信じられる?

ウソだ!この数日のガチャで全部Rしか出てねえぞ!
SSR1%にSR20%とかありえない!

仮に確率通りだとしてもかなりの金が飛んで行くわけで。
ゴミゲーのガチャ10回やる金があればsteamで超大作が買えるというのに。本当にバカばかりだ。

表示されている確率が嘘なんじゃないかとまず疑ってしまうな。
その手の話題には事欠かないし!

ゲームのガチャの1%は100枚のくじの1枚じゃないから100回引けば必ず1回出るってわけではない。結局は目安にしかならんし、今更そんなこと言われてもという気はする。

仮に1%だとしたら100連で引ける確率は6割ちょっとだからな。
問題は完全にランダムなものになっているのか、運営がこっそりコントロールしているんじゃないかという点だろう。

データを握っている、設定できるゲーム会社を管理監督できているのかって話になるな。そしてどこも信用という意味では……

これってレアだけで目玉になる強キャラの確率は出てないよな?

FGOで確率はあてにならないのを実感しまくっているから、陰陽師とかで確率が公示されても別に何とも思わん。

でも俺はFGOが前から表記していたガチャの確率1%は信じられる。むしろ1%より高いような印象すらある。

一応、FGOは100連に1回星5といった確率には収束している感じだな。

爆死報告もあるが、FGOはある程度ガチャの回数を増やせば1%くらいは出ている印象。自分やリアルの知り合い結果ではね。
まぁネットだと当たりの報告が多いから1%どころじゃない気もするが。

FGOはガチャ実況している重課金が普通に1%以上当ててるし、自分の体感でも1%以上はあるから今の所は虚偽ではないように思う。
他のゲームではガチャ実況で大爆死により結果的に確率検証、そこからのゲーム炎上なんてのがよくあるから。

ガチャに限らず色んなゲームの確率を見るのがちょっと面白い。
戦艦少女Rは建造の星6が0.6%に星5が10.39%、そして星1が3.84%だったのには笑った。確かに星1はなかなか出ないからな。

陰陽師なんかは大爆死の報告が多いけどどうなんだろうなあ。さすがにここからいじることは無いと思うが、ウチの国の運営だと細かく黒さを発揮してきそうな気もするし。

陰陽師はSSRが連続で引けない、一回当てたらSSRを引く権利が補充されるまでは出ないという説もあったな。実際あるお大尽が数千回やってもダメだったなんてのがあったし。
一気に外しまくるとお詫びが来るらしいが、SSRがもらえるわけでは無いし……

ガチャやドロップとかはあまりにもヒドイと炎上する。陰陽師や崩壊3rdもやらかしているし、そういうのが起こるとユーザーは離れる。
ただ運営がそれを正式に認めることは少ないし、補填も直接的なものにはならないから実質的にやりたい放題ではある。今度の通知の施行で一定の歯止めはかかるだろうけど、すぐに別の金の巻き上げ方が生まれるんだろうな……

炎上で確率公開するようになっても重課金なプレイヤー以外はあんま変わらん気がする。

無課金はともかく微課金にとってはわりと重要だよ。
まぁ一番欲しいのは最低保証だが。

どっちにしろ当たらないから。
爆死報告が続くだけだから。

そして唐突に行われる怪しげなSSR引けた報告!

一応ウチの国でもガチャの規制というか透明化の動きは入ったけど、今後はどうなるんだろうね。結局ゲーム会社有利なのは変わらんし。昨年この確率表記に関する規制が入った日本はどんな感じなんだ?

日本では昨年の頭にグラブルで70万円使ってようやくSSRの強キャラが出るというのが社会問題になって確率表記が始まったんだっけ。

日本の確率表記はウチの国と違って政府による通知に基づくものではないから、ゲームによってはやってないのがあったはずだけど、大体のゲームがガチャ確率を表記する流れになっているらしい。
もっとも、ユーザーの体感的にはやはりあてにならないらしいがな!

日本もヒドイのはヒドイらしいからな……
人気があるのでネタにされやすいが、実はグラブルもFGOも他のゲームと比べてガチャはわりと良心的なんだよね。限定版商法はえげつないが、グラブルは天井あるしFGOはSSR内での抽選が少ないしで。
システム的にもガチャで特攻が無いとランキングやGVGで話にならないというわけではないのも良い。

さすがに今の時点で表に出している確率は正しいと思いたい。
財力的に証明できる人もほとんどいないだろうけど。

確率計算してみると、運が悪い方に偏った場合はかなりヤバイことになるのが分かるからな。母数をでかくすると収束していくが個人では限界がある。

やめろ!!やめてくれ!!
ジャンヌ・オルタピックアップに備えている俺にそんな話をしないでくれ!!俺はなんでこんなスレを見てしまったんだ……

やはりガチャは悪い文明!



とまぁ、こんな感じで。
あくまで私の見た限りではありますが、FGOのガチャに関しては妙に信用がある模様です。

考えてみれば中国のソーシャルゲーム界隈は日本と比べて更にえげつないやり方が横行していますから、相対的に見れば日本のゲームのガチャが良心的に思えてしまうのかもしれません。

しかしFGOのガチャはゲームシステムも合わせて他のソーシャルゲームよりも比較的マシなモノには思えますが、それでも限定キャラの多さやピックアップの不安定さに関しては愚痴を言いたくなってしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


ちなみに管理人のFate/EXTRA CCCコラボイベントのガチャに関する質問もいただいておりますが、レアは期待値以下で更にピックアップがなかなか仕事をせず、もう二度と星5一点狙いのガチャは回したくないと痛感することとなりました、はい。
自分の場合、恐らくこれでFate関係では聖杯転臨を使うほど欲しいキャラはいなくなるはずなのですが……
(ヒント:月姫)

中国の人気ソシャゲ、荊軻が女は許されないのでキャラの名前修正

ありがたいことにネタのタレコミをいただいておりますので、今回はそれについてを。
以前の記事
中国オタク「荊軻の女体化くらいなら問題無くなった」「歴史的な人物の改変ネタってどこまでいける?」
に関して、中国の歴史人物のアレンジの一例として挙げた中国国産ソーシャルゲームの「王者栄耀」ですが、女性キャラ荊軻の名前が修正され「阿軻」となったそうです。
中国のニュースはコチラ(中国語)などをご参照ください。
公式サイトのヒーローユニット紹介(中国語)
SNKのキャラも参戦していたりします。

このゲームの荊軻は始皇帝暗殺を企てたあの荊軻本人ではなく、荊軻の名を継いだ妹という設定だそうですが、最近中国のメディアでユーザーに悪影響を与えると批判されていたことによる修正ではないかという話も出ているそうで……中国では荊軻の名前の女性キャラというのはやはりダメだったようです!

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


荊軻が今度のバージョンアップだか正式実装だかで改名されてしまうそうだ。
改名後の名前は「阿軻」だってさ。

最近批判が巻き起こっていたからな。

人民日報の影響力からは逃れられないってことかい。

これは正しいよ。
なぜ荊軻という名前でやるのか。金のために露骨すぎる。

なんでだ……どこがダメだというんだ……

基本的には社会への影響や子供の歴史観に悪影響を及ぼすという、いつもの批判ではあったかな。

なんでこの修正に反発するんだ?
とても良いことだと思うが。

これは支持すべき処置だ。王者栄耀は歴史上の人物を毀損しまくっていたし、嫌な思いをしていた人もいるだろうからな。

同意。私もあの作品に自分の好きな歴史上の人物が出たら嫌だとずっと思っていたからこれは朗報だ。
既に他の作品、ドラマとかでヒドイことになっていたとしても、更に増えたり影響力が増したりするのは楽しいもんじゃない。

さすがに人民日報とかの一般ニュース枠での批判になったらそりゃ空気読んで修正するってことか。

私もこの処置には賛成。ストーリー設定では荊軻本人じゃないんだから帰るべきだった。

結局どこが歴史的に悪いんだ?別に矛盾があるわけでもないんだろ?
設定上は荊軻の妹で、荊軻の名前を継いだという話で、歴史上の荊軻を女にしたわけでは無いはずなんだ。

ストーリー設定上はそうだが、別に荊軻の名前を使う意味は無いとも言える。
言っちゃなんだが性転換させるためのこじつけでしかない。ウチの国で通じる話じゃなかったってことさ。

こういうのは歴史を傷つけている、ということで怒られるんだよ。そう判断された時点でどうにもならない。

キャラの背景設定の変更は無いし、荊軻の一族で妹ということ、名前的にも設定的にも問題は無いんだがやはり違和感あるな。荊軻で認識していたキャラだし。

この荊軻がダメということは、次はFGOだな!覚悟しろ!!

王者栄耀は歴史をひどい扱いにしているが、FGOは架空の世界の架空の歴史だろ。こっちとは別の話だ。

そんな区別が通用するなら炎上なんかしないよ。
始皇帝を化物にした件で大炎上しているんだし、どうなるやら。

東出の件の炎上でかなり危険なことになってきているよな。

この荊軻の対応はスバラシイ。
東出の始皇帝を見た後では、本当に良心的な対応に思える。

歴史ネタを悪ふざけで扱うにしたって限度があるからな。金儲けのためにやられると本当に気分が悪くなる。

歴史上の人物をアレンジするにはきちんとした根拠と理由がなければならない。特に根拠も理由も無いアレンジは遅かれ早かれ批判されて潰されるもんだよ。

王者栄耀は公式で歴史のモデルやら古詩やらの解説が入るようになったみたいだ。ゲームのネタに関するエンサイクロペディア的な機能を強化するのは悪いことではない。

あれ自体は良いよね。シヴィロペディアとか見るの好きだし、私は歓迎する。

しかし王者栄耀レベルの内容でさえこんなことになるなら、他のゲームはどうなんだ?
FGOに限らず国産ゲームでもあるぞ。そっちは良いのか?

テンセントからしてみれば、リスクを一つ減らした程度で別に痛くも無いって所だろうけど、やったこと自体は悪いことではないし否定することもないな。

いつもの取締りだろ。
一番目立つ所を取り締まってあとは圧力をかけて自粛させる。

むしろ歴史ネタに興味を持つきっかけになると思うんだけどなー

ゲームやる連中はそんな興味持たないよ。学校の勉強だって別に熱心にやるわけでもないし、ゲームしている時に興味を持つか?

興味を持つきっかけ?そういうのは一般社会やメディアには通用しない。
正しいとされる歴史知識を正しいルートで届けるべきとなるのさ。

結局は「誰が見るか」「誰が訴えたいか」って話になるからね。
これはファンだろうが一般社会だろうが変わらない問題だ。



とまぁ、こんな感じで。
しょうがないと感じる人や、肯定的に受け止める人もかなりいるようでした。

それにしても、こういうニュースを見ると日本と中国の歴史ネタの扱いの違いの大きさを感じますね。この辺りに関してどちらかに合わせるのも無理な話でしょうし、そこそこの距離でやっていくしかないような気もします。

それと質問を複数いただいているカルデアエースの東出先生の小説の炎上に関しては、カルデアエースkonozama状態なのでもう少々お待ちください。
それに私は東出先生のファンなのでこの件に関しては気分の良いものではないですし、冷静になるために時間が欲しいので……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ