「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

ゲーム

中国の人気ソシャゲ、荊軻が女は許されないのでキャラの名前修正

ありがたいことにネタのタレコミをいただいておりますので、今回はそれについてを。
以前の記事
中国オタク「荊軻の女体化くらいなら問題無くなった」「歴史的な人物の改変ネタってどこまでいける?」
に関して、中国の歴史人物のアレンジの一例として挙げた中国国産ソーシャルゲームの「王者栄耀」ですが、女性キャラ荊軻の名前が修正され「阿軻」となったそうです。
中国のニュースはコチラ(中国語)などをご参照ください。
公式サイトのヒーローユニット紹介(中国語)
SNKのキャラも参戦していたりします。

このゲームの荊軻は始皇帝暗殺を企てたあの荊軻本人ではなく、荊軻の名を継いだ妹という設定だそうですが、最近中国のメディアでユーザーに悪影響を与えると批判されていたことによる修正ではないかという話も出ているそうで……中国では荊軻の名前の女性キャラというのはやはりダメだったようです!

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


荊軻が今度のバージョンアップだか正式実装だかで改名されてしまうそうだ。
改名後の名前は「阿軻」だってさ。

最近批判が巻き起こっていたからな。

人民日報の影響力からは逃れられないってことかい。

これは正しいよ。
なぜ荊軻という名前でやるのか。金のために露骨すぎる。

なんでだ……どこがダメだというんだ……

基本的には社会への影響や子供の歴史観に悪影響を及ぼすという、いつもの批判ではあったかな。

なんでこの修正に反発するんだ?
とても良いことだと思うが。

これは支持すべき処置だ。王者栄耀は歴史上の人物を毀損しまくっていたし、嫌な思いをしていた人もいるだろうからな。

同意。私もあの作品に自分の好きな歴史上の人物が出たら嫌だとずっと思っていたからこれは朗報だ。
既に他の作品、ドラマとかでヒドイことになっていたとしても、更に増えたり影響力が増したりするのは楽しいもんじゃない。

さすがに人民日報とかの一般ニュース枠での批判になったらそりゃ空気読んで修正するってことか。

私もこの処置には賛成。ストーリー設定では荊軻本人じゃないんだから帰るべきだった。

結局どこが歴史的に悪いんだ?別に矛盾があるわけでもないんだろ?
設定上は荊軻の妹で、荊軻の名前を継いだという話で、歴史上の荊軻を女にしたわけでは無いはずなんだ。

ストーリー設定上はそうだが、別に荊軻の名前を使う意味は無いとも言える。
言っちゃなんだが性転換させるためのこじつけでしかない。ウチの国で通じる話じゃなかったってことさ。

こういうのは歴史を傷つけている、ということで怒られるんだよ。そう判断された時点でどうにもならない。

キャラの背景設定の変更は無いし、荊軻の一族で妹ということ、名前的にも設定的にも問題は無いんだがやはり違和感あるな。荊軻で認識していたキャラだし。

この荊軻がダメということは、次はFGOだな!覚悟しろ!!

王者栄耀は歴史をひどい扱いにしているが、FGOは架空の世界の架空の歴史だろ。こっちとは別の話だ。

そんな区別が通用するなら炎上なんかしないよ。
始皇帝を化物にした件で大炎上しているんだし、どうなるやら。

東出の件の炎上でかなり危険なことになってきているよな。

この荊軻の対応はスバラシイ。
東出の始皇帝を見た後では、本当に良心的な対応に思える。

歴史ネタを悪ふざけで扱うにしたって限度があるからな。金儲けのためにやられると本当に気分が悪くなる。

歴史上の人物をアレンジするにはきちんとした根拠と理由がなければならない。特に根拠も理由も無いアレンジは遅かれ早かれ批判されて潰されるもんだよ。

王者栄耀は公式で歴史のモデルやら古詩やらの解説が入るようになったみたいだ。ゲームのネタに関するエンサイクロペディア的な機能を強化するのは悪いことではない。

あれ自体は良いよね。シヴィロペディアとか見るの好きだし、私は歓迎する。

しかし王者栄耀レベルの内容でさえこんなことになるなら、他のゲームはどうなんだ?
FGOに限らず国産ゲームでもあるぞ。そっちは良いのか?

テンセントからしてみれば、リスクを一つ減らした程度で別に痛くも無いって所だろうけど、やったこと自体は悪いことではないし否定することもないな。

いつもの取締りだろ。
一番目立つ所を取り締まってあとは圧力をかけて自粛させる。

むしろ歴史ネタに興味を持つきっかけになると思うんだけどなー

ゲームやる連中はそんな興味持たないよ。学校の勉強だって別に熱心にやるわけでもないし、ゲームしている時に興味を持つか?

興味を持つきっかけ?そういうのは一般社会やメディアには通用しない。
正しいとされる歴史知識を正しいルートで届けるべきとなるのさ。

結局は「誰が見るか」「誰が訴えたいか」って話になるからね。
これはファンだろうが一般社会だろうが変わらない問題だ。



とまぁ、こんな感じで。
しょうがないと感じる人や、肯定的に受け止める人もかなりいるようでした。

それにしても、こういうニュースを見ると日本と中国の歴史ネタの扱いの違いの大きさを感じますね。この辺りに関してどちらかに合わせるのも無理な話でしょうし、そこそこの距離でやっていくしかないような気もします。

それと質問を複数いただいているカルデアエースの東出先生の小説の炎上に関しては、カルデアエースkonozama状態なのでもう少々お待ちください。
それに私は東出先生のファンなのでこの件に関しては気分の良いものではないですし、冷静になるために時間が欲しいので……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ウチの国のブラウザゲーのウソ広告、なんとかならんもんか。虚偽の内容に素材の盗用など無法地帯過ぎる」

ありがたいことに
「中国のネットで表示されるゲームの広告を中国のオタクはどう思っているのか」
という質問や、それに関係しそうなネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国のサイトを見て回ったことのある方は、やたらと表示される胡散臭いゲームの広告を御存知かと思いますが、中国オタクの面々もあの手の広告には辟易しているようです。

中国のソッチ系のサイトでは
「ブラウザゲーの虚偽広告はなんとかならないのか」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウチの国のブラウザゲーのウソ広告、なんとかならんもんか。虚偽の内容に素材の盗用など無法地帯過ぎる。

ああいうのって、盗用されている会社は知らないのか、それとも手の打ちようがないのか。どっちのケースもありそうだが。

ウチの国の関連部門の取締りがイイカゲンだからね。
一応国内企業同士であれば圧力がかけられるから、パクリは海外からというのが多いようだが。

取り締まられることなんてあるのだろうか?みんなもうすっかり慣れちゃっているし……

もういったい何年あの状態が続いているのやら。
宣伝と中身が全く違うのに、全く誰も取り締まらない。本当に。

ウチの国のゲームの宣伝に関してはヒドイというレベルをはるかに超えている。

取り締まらないどころか広告と中身違うじゃねーか!というツッコミ動画をアップしたら圧力かかって消されるとかいう環境だからな……

誇張してるんじゃなくて、全く関係ないゲームというパターンばかりだから、鬱陶しいだけだな。引っかかるヤツもいるのだろうか。

入ってみたらいつものブラウザゲーかよ!というパターンばかりだからなあ

国産ゲームがついにここまで!→はい、いつものキャラがごちゃごちゃやって稼ぐだけのアレでしたー!というのは誰もが通る道。

動画使ってる広告は大体信用できんな。
他の家庭用ゲームからパクって来たり、どっかのエンジンのサンプル組み合わせたりで。

他所のゲームのモデルやCG、BGMを盗用するのがありふれているんだよね。

広告までもが海賊版だ

最近は国内の盗用は怒られるから、海外のをパクリだしたんだっけか。

海外からだと自分の所の権利保護が難しくなるからね。手続きだけで一苦労だからコストに見合わないケースばかりだろうし、具体的な対処は非常に難しい。
それが分かっているから大っぴらに使う。

あの手の広告が業界の中で常態化しちゃっているからね。ネットの広告はそういうのばかりだが、目に付く所で派手にやられるのは本当に鬱陶しい。

羊頭狗肉という言葉があれほどしっくりくるものは無いと思うわ。

誰もが「せめてゲームと関係ある素材使え」とツッコんだが、いまだにああいう状態だからなー

キャラの絵柄や頭身が全然違う!とかいうのがまだマシに思えるおかしな状態。

「飛ばされた先のゲームの画面」を広告に使っている、少なくとも中身との関係は正しいと言うだけで良心的に思えるよ。

全くだ。大人気作品のIP使っている作品であっても信用できないのがウチの国のブラウザゲー

中には良心的なゲームもあることはあるんだけどね……でも虚偽広告に埋もれる。

0じゃないってだけだろ!
国産ゲームで虚偽の宣伝をしていないゲームなんてあるの?

そりゃ遊べるゲームはあるけど、こういうウザい広告経由で遊べるゲームにたどり着くのは難しい。

国産ブラウザゲーもスマホゲーも別の所の素材の盗用多いからね。特に3D系のムービーが入るとダメ。

分かり易いのだとマビノギ英雄伝とか、無双シリーズやDOAとか、あとはお姉チャンバラなんかもあったな。セクシー系で釣ろうとするのはほぼパクリ。

こういうのって宣伝する側よりも金払う側に問題があるだろ。
儲けがなければ誰もやらないんだから。

この手の虚偽広告がなぜ続くのかは私も疑問だ。クリックして飛ばされた先を見れば、広告と全く違うのが分かるのに、なぜそれでも遊ぶ人間が出るのか、金を払う人間が出るのか。
課金する人間の頭って普通の人間とはつくりが違うのか?

バカが多過ぎるんだよ。詐欺師の方が足りなくなるくらいに。

大昔のゲームをずっとやり続けて課金し続けているのもいるんだし、広告に引っかかって課金するのもいるんだろう。
課金を煽る手段だけはどんどん進化しているしね。

引っかかった経験が無ければ引っかかるし、引っかかった経験のある人間に対しても騙す側は更に先を行く。
後は人数が少なければトップに立って覇王になれるからとか。

面白いゲームがやりたいんじゃなくて勝ちたいからゲームをやるって人もいるしね。

お偉いさんのマネーロンダリングという説もある。

その可能性も否定はしないが、やはり一部の「引っかかり易い」ターゲットを狙っているんじゃないかな。その手の連中は金に困ってないし。
この手の広告とカネの流れって、遊興方面の産業がウチの国の市場に入って変質した結果でもあると思う。本来のゲームを遊ぶ層は考慮されていない。

そうだな。娯楽に関する無駄なカネの流れの一環という説はあるな。

最近はパクリの効果が薄くなったのか夢いIP買って、有名人をイメージキャラクターにしてというのも多いかな。でもゲームに関してはなかなか「浄化」されないね。

最近は大手のゲーム系フォーラムも広告が鬱陶しくなってるから、自分はそっちを見るためのブラウザではflashとかも切ってるわ。



とまぁ、こんな感じで。
ブラウザゲーの広告の無法っぷりに呆れている人も多いようでした。

ちなみにブラウザゲーの虚偽広告に関してはイロイロな所がやっているそうです。
例えば「刀剣乱舞」の中国国内版のサービスを行っている遊族なども、「盗墓筆記」のゲームの広告に関する件で炎上していたそうなので、先日の「刀剣乱舞」の炎上に関する現地の反応にも影響があったのでしょうかね。
「盗墓筆記」のゲームの広告と関連するゴタゴタについてはコチラ(中国語)などでまとめられているようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

日本人がいなくても和風作品は作れる!? 中国国産和風ソシャゲ「陰陽師」が中国の業界に与えた衝撃

先週末のAnimeJapanにあわせて日本に来た中国オタクの方から面白い話を教えていただいたので、今回はそれについてを。

昨年中国でリリースされて大人気となり、
日本への展開も行われている中国国産のソーシャルゲーム
「陰陽師」
ですが、
「人気以外の面でも中国のコンテンツ業界に対して大きな衝撃を与えた作品」
となっているとのことです。

「陰陽師」に関しては以前の記事
中国オタク「我が国のスマホゲーム、崩壊3rdと陰陽師が日本上陸したわけだが」「利用規約で反感を買うとは……」
でちょっと触れたり、アキバ総研の方のコラム
【中国オタクのアニメ事情】中国における10月新作アニメの人気、女性人気も高い定番ジャンルは陰陽師(アキバ総研)
などでも触れているのでよろしければご参照ください。

さてこの「陰陽師」、私も中国の大手ゲーム会社が陰陽師というガチガチの和風の題材にリソースを大量投入して、しかもランキング上位を維持できる大人気作品を作ったのは驚きでしたし、
「中国の感性で日本的な要素を調理した中国向けの大人気作品が出た」
ということに関しては、ついにここまで来たか!と当ブログ的にも嬉しい展開ではあったのですが、この話を教えてくれた中国オタクの方によると中国の業界の驚きはそれ以外にもあり、中でも
「ゲームの根幹的な部分に日本人スタッフを起用していないのに和風の世界観の作品が作られ、しかもそれが中国市場で年間屈指の大人気作品になってしまった」
ということが衝撃的だったそうです。

この話を聞いた時私もとっさにはよく分からなかったのですが詳しい話を聞いてみた所、実はこれまで中国の業界では
「日本人が関わらないときちんとした和風の作品は作れない」
という認識が強かったそうです。
ここでいう日本人が関わるというのはボイスやイラストではなく、作品の設定や構成、システムなどの深い部分に関わるということだそうで、ここを日本のコンテンツの影響を受けて育った中国人だけで作り上げ、更には大人気となったというのが、中国の業界では衝撃的だったのだとか。

日本の作品を見ていくとオタク界隈だけでも
「三国志ネタの作品を作る際に中国人関係者が必須なのか」
「アーサー王や円卓の騎士ネタが重要な扱いになる作品にイギリス人関係者は必須なのか」
といったような話も思いつきますが、中国オタクの方曰く
「中国の感覚(歴史的な、地理的な背景も込みで)だと、日本のような感覚で異文化ネタで自由にイロイロと遊ぶことは難しい」
「自分の文化も他所の異文化も、アイデンティティ維持や摩擦のリスクを考えると慎重な扱いにならざるを得ない」

とのことで。

一応中国でも国産の歴史系コンテンツに関してはそれなりにはっちゃけた作品というか、面白さ重視で時代考証無視的な作品も多いのですが、「和風」などの海外系の要素に関してはまだまだ
「本物重視」「本物でなければならない」
的な見方が強かったそうですし、そのためには例えば和風ならば日本人を起用しないといけない……といった考え方が強くなっていたそうです。

しかし日本のコンテンツの影響を受けて育った世代が中国の感性で解釈して組み立てた「和風」の作品である「陰陽師」という作品の出現により、中国人だけでも中国で人気になる和風の作品が作れる、和風の世界観や空気を持った作品が作れる……ということの証明になったのだとか。

またこの作品の影響によって、企画のネタ切れ感が漂う現在の中国では和風ネタの企画も通り易くなるだろうという話が出ましたし、それにより今後は日本のクリエイター層に対する中国からの仕事依頼の需要やその方向性も変わるのではないか、具体的には絵や音楽、シナリオなどの需要が上がり、逆にプロデューサーや監修などの指揮をとる方面の需要は下がるのではないか……という話も聞きました。

その辺りの予測に関して現時点では何とも言えませんが、当ブログ的には現在の中国向けに、中国のオタク層の感性で調理された、日本ネタの作品が出て来るのではないかと期待してしまいます。

もっともそういった作品は様々な面で中国向けに特化された作品ということになりますし、日本にもってきても一般レベルで大ウケするのは難しいということになりそうな気もします。私自身も、
「自分が楽しめる作品が来るかどうか」
という点については期待半分不安半分ですね。実は陰陽師も世界観やキャラは良かったのですが、システムやゲームバランス面で挫折してしまいました……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本では三国志と戦国時代、どっちが人気あるんだろうか?ゲームだと三国時代の方が人気高いようにすら見えるんだけど」

ゲーム関係のネタが続きますが、ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国には
「日本では三国志が偏愛されているらしい」
という情報が伝わっていますし、中国オタク界隈でも
「日本人は三国志が好き」
という認識はあるようです。

もっとも
「日本での三国志人気をどう解釈しているか」
という点に関してはイロイロな見方があるようですし、
コンテンツの方向的に近いカテゴリになることの多い
「日本の戦国時代と比べてどうなのか」
といったことについてはハッキリしない所もあるようです。

先日、中国のソッチ系のサイトのゲーマー系が多い所で
「日本では三国志の方が日本の戦国時代よりも人気があるように見える」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では三国志と日本の戦国時代、どっちが人気あるんだろうか?
ゲームだと三国時代の方が人気高いようにすら見えるんだけど。

ウチの国の三国ネタの日本における影響ってかなり大きいんだよな。
なぜそんなことになったのかは分からんが……

確かに。ゲームでは歴史ネタの輸入や女体化率は三国志の方が高い気がする。

日本の三国志好きは否定しないが、ウチの国に入ってくる作品はウチの国の人間が理解し易い三国志の方が多くなる、日本では三国志の方が人気高いように見えるだけなんじゃないか?

ゲームとかの三国志に関しては、大体はコーエーのせい。

無双シリーズを見ると明らかに三国志が優勢だね。

なるほど、言われてみれば……なぜ無双シリーズは三国志の方が人気なんだ?
日本なんだから日本の戦国時代の方が日本で人気になりそうなのに。

日本のゲームでの扱いの原因は三国志は貂蝉や大喬小喬などの女性キャラがたくさん出せるからだろ。日本の戦国時代は出せる女性キャラが少な過ぎる。

戦国無双を見ると、戦国時代の方が女性キャラを出せる気もするが……
今やってる大河ドラマでも主人公が井伊直虎で女だし、ゲームでも姫武将を違和感なく出せるのは戦国の方だ。

日本では和風のゲームって人気があまり出ないマニア向けのジャンルだから三国志をネタにしてゲーム作っているんだよ。この間日本に進撃した陰陽師もパッとしないしね。

日本では欧米のファンタジー系ネタも好まれているし、三国志ネタも輸入して活用し易いのかね。

三国志は勢力がハッキリししているし、人事システムも文官武官などを大胆にアレンジすることができるから、コンテンツ作りに向いている。ゲームなんかは特にそう。
日本の戦国時代は勢力が複雑すぎるし、支配領域もハッキリしない。

日本人は三国志といっても演義の小説をネタにしているからね。
歴史ネタを使うよりもアレンジし易いのは確かだ。

海外ネタがよく見える、カッコ良く感じるのはどこの国も一緒だ。
自国ネタはどうしても使い古された部分が出てしまう。

三国志の方が人物が魅力的だからだろうな。
歴史を調べれば日本の戦国時代の武将は愚かな所が出て来てしまう。それに対して三国志の人物はどれも魅力的だ。日本の戦国時代の武将も三国志を例えに使っているくらいだし、三国志の方が人気があるのも当然。

日本の戦国時代なんて規模も知略も我が国の農村の小競り合いレベルだし、三国志の方が人気出るのは当たり前。

日本の戦国時代って規模が小さいし十万クラスの合戦もほとんど無いからロマンがない。人物もグダグダで四天王とかなんとかと宣伝で強く言ってるけど史実を調べるとガッカリするのばかり。

でもウチの国で大人気の趙雲は史実で活躍していますか……?
趙雲のロマンチックな所は創作の後付じゃないですか……?

数に関しては世界的に見てもウチの国が特別に多いだけだぞ。外国では中国の戦いは数が多過ぎて逆にイメージし難い、扱い難いなんて話すらある。
それと日本のSLG分野では「信長の野望」の方が「三国志」より人気あるように見えるんだが。

SLGでは信長の野望の方がシリーズ続いているんだっけ?

そうだね。差は小さいけど、今の時点では三国志がナンバリングが少なかったはず。

日本だと普通に自国の戦国時代の方が人気だし影響力も高いぞ。
日本では三国志がコーエーの独占状態だから、コーエーの強いジャンルでは三国志が優勢に見える。
アニメや漫画、ゲーム全体で見た場合、ゲームでもコーエー以外の作品は日本戦国系が多いんじゃないか?

ゲームはあまり変わってないけど、最近の日本のアニメでは三国志ネタは少なくなってるような。それに対して戦国ネタは定期的に出ているから、影響力や素材としてはやはり戦国時代の方が強いのでは。

日本の三国志人気は吉川英治が頑張ったからだな。小説ベースで日本人向けにアレンジしたから日本社会における三国志人気が非常に高まった。

ウチの国で三國無双が目立つのは、PC版の有無によるものじゃないの?

ゲームに関しては三国志の方が世界的な知名度があるし、国際的な展開をしやすい。少なくともアジア圏では三國無双が目立つのは当然。
アジア圏へのセールスで三国志系作品を強調しない手はない。

戦国無双は戦国BASARAに負けたシリーズだからリスクを考えてそこまで力を入れていないんだろう。

無双シリーズで比較するならジャンルとしての広がりも考慮するべきだろう。海賊無双やガンダム無双が出ているし、今は三国志と日本の戦国時代だけではない。

それでもなぜ三國無双の方がナンバリングタイトルが多いのかという疑問は残るが。

無双シリーズは三国志から始まったわけだし、そっちをメインに扱っているんじゃないか?

無双シリーズは真三國無双から始まったシリーズだから、三國無双がフラグシップタイトル的な存在になる。その他の無双シリーズは後追いか無双要素の流用だから、三國無双のナンバリングが多いのも当然。

コーエーは戦国無双は三國無双ほど力を入れて作っていない。ただSLGでは信長の野望に力を入れて作っているし、どっちの人気が高いとハッキリ言い切るのは難しい。
ゲームに限らず結局はシステムやユーザーの好みと相性の良いのはどちらかということなのでは。

システム的には戦国無双が面白いのを取り入れたりしているケースもあるんだけどね。携帯機用だが戦国無双クロニクルの独自路線とか個人的には好み。

好みがどうこうではなく、日本では自国の戦国時代のコンテンツが使い古されて飽きられているからだろう。日本では三国志が知られていないから新鮮な題材になっている。だからゲームなどの最近のコンテンツでは三国志が活用されるのさ。

戦国時代ネタが使われ過ぎて飽きられているってのはありそうだな。
ウチの国でもスマホゲーでは三国ナントカみたいなのが増えすぎて鬱陶しくなってきているし。



とまぁ、こんな感じで。
日本における三国志人気についての認識は人それぞれで、話し出すとなんだか不思議な方向に行ってしまうこともあるようです。

カードゲーム「三国殺」の大流行以降、中国でも三国志武将をネタにした作品がイロイロな媒体で出ていますし、三国志ネタのキャラクターとしての有用さを実感している人は少なくないようです。
ネット上に集積される武将ネタの情報もかなり増えていますし、
「自分の推しているマイナーな武将実は有能だった大会」
のようなレスバトルが繰り広げられたりもしているとのことです。

ただ、三国志の日本への影響や活用のされ方その理由については想像し難いようですし、そういった推測をする際に活用できる情報については伝達の手間や需要の関係もあってか、あまり蓄積されていないのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

刀剣乱舞、中国向けベータ開始直後に日本のコラボイベントで靖国神社が入って炎上

「刀剣乱舞」と千代田のさくらまつりのコラボイベントに関して、スタンプラリーのスタンプ設置場所の一つが靖国神社になっているということで中国の方で炎上しているそうです。この件に関するネタのタレコミや質問を複数いただいておりますので今回はそれについてを。

千代田のさくらまつり×刀剣乱舞-ONLINE- 江戸城下さくらめぐり

「刀剣乱舞」は2月28日から中国国内向けサービスのオープンベータが開始された所だそうですが、このコラボイベントの情報により大混乱になっているとのことです。
中国向けサービス版公式サイト
このコラボイベントの問題に関しては中国のネットでもコチラ(中国語)などでニュースになっているようです。(他にも中国のネットのニュース記事があったのですが、アップ前に確認したら消えていました……)

この件に関する中国側のスタンスでの解釈や発言は日本のネットでも既に紹介されているようですし、とりあえず周辺の比較的冷静な所の反応を、例によって私のイイカゲンな訳で簡単に紹介させていただきます。
ちなみに中国のネットでは「靖国」がワード検閲に引っ掛かりそうなのもあってか、現地のフォーラムでは靖国という言葉を直接使うのを避けて発言する人も多いようです。


コラボ先があの神社って……これどうすればいいんだ……この間のFGOの川島芳子の件は公式じゃなかったからうやむやになったけど、刀剣乱舞とあの神社は完全に公式だ……

他の所ならともかく、あそこはマズイ。
あそこでイベントが行われたら、国内向けサービスは終わりだ。それだけじゃない、関連商品の扱いやこの間のアニメだって禁止だ。考えたくもない……

こんなことやるゲームだなんて失望した。アプリ削除するわ。

5ヶ所のうち3個以上スタンプを集めるとオフィシャルの記念グッズがもらえるイベントで、スタンプの設置場所は千代田区の桜の名所、その中にあの神社があると。

日本では五カ所の神社で桜を見るというだけのつもりなんだろう。恐らく靖国神社の桜も綺麗なんだろうけど……
でもさすがにこの日本のコラボイベントは敏感な所を突き過ぎている。

ホントに扱いの難しい場所だよ。
日本人の中には特に気にしない人もいるのかもしれないけど、ゴタゴタする場所をゲームと関係させないで欲しい。
こういうことをするからには恐らく日本のお偉いさんが関わっているんだろうけど、ニトロプラスやDMMはどこまで対応できるのか。

日本向けにtwitterで発信し続けよう。日本の公式関係からの反応も出た。日本側のやることを黙って受け入れると思わせてはならない。

ギリギリとかそういうのじゃなく、一番まずい所に直撃だ。
この問題を解決しなければ刀剣男士とはお別れになってしまう。

「ゲームは所詮ゲームだ」という言葉に関する中日の違いを感じる。片方は所詮ゲームだから規制してもいい、もう片方は所詮ゲームだから何をやってもかまわないとなる。

このコラボって千代田区の政府部門主導だからゲーム側からはどうにもならないという話も出ている。それだったらもうダメかも……

私もそう考えてしまうよ。
政府のやることだったら、ゲーム運営側にはどうしようもないような……

いくら日本政府が決めたことであっても、やり方があるだろう。こんなヒドイことをするなんて。場所の変更が無ければ遊ぶのをやめるしかなくなってしまう。

ウチの国でサービス開始した直後にこんなことやるなんて、何を考えているんだ!?

精神的ダメージが重なるばかりだ。
ニトロプラスやDMMはどの程度やれるのか。コラボに関係している関連部門を見ると希望が失せていく。

とりあえず冷静になろう。
偽の愛国的感情で騒ぐのと一緒になって騒いでも良くなることは無い。

政府が関係しているのが厄介。ゲーム会社だけだったらうっかりで済むかもしれないが、政府が関係しているとなると問題はもっと大きく深くなる。

大きな問題にならないことを祈るばかりだ。
ニトロプラスの社長のアカウントに突撃するとか、千代田区関連に抗議するとか問題が大きくなるだけだと思う。問題が大きくなると封殺される危険性も高まってしまうから、刀剣男士を愛している人はもう少し落ち着こう。

もし本当にこのコラボイベントが日本政府の決定によるものだとしたら、話題が大きくなるのは危険。本気で不安。

ちょっと前までウチの国でサービスが始まると喜んでいたのがなぜこんなことに。日本はゲームに政治を絡めないでよ……

結果を待つしかないのか。
あの神社の名前の四文字さえイベントの所に無ければ全ては丸く収まるのに。

ウチの国の感覚で要求しても日本側には通じないんじゃないかな。
私も実際に行ってみて意外に感じたんだけど、あの神社は確かに特殊な要素はあるが、それ以外は普通の神社だった。
もちろん私も楽しい場所だとは思わなかったが、日本人であの付近に住む人にとっては本当に普通の場所。だからそれを消せと強く要求したら余計な所にまで波及しかねない。

大事にならないで、小さな範囲で解決されて欲しい。
「刀剣」は敏感な問題を探そうと思えばイロイロと出て来るゲームだから注目を集めるのは不安。

こっちで明らかに「敏感」な扱いの用語も多いからね。
それに過去の芝村裕吏の発言とかも……

でも問題を解決するには声をあげ続けるのが重要だ。
twitterでもweiboでも発言し続けるんだ!止まったらダメだ!

マジでやめてくれ。
そんなことやったら大事になってどこも引っ込みがつかなくなる。
こっちの運営は頑張っているんだから、国内では静かにしないと。

ソシャゲ界隈では炎上させられるネタがあれば競争相手が騒ぎ立てるから、むやみやたらと騒いでも良いことにはならないぞ……。

でも声をあげなければ何も変わらないじゃないか!
このまま行ったら終わりなのはハッキリしているんだぞ!!

日本側との協議も行っているようだし、現時点では静観する方がいいよ。この件に関しては事態を拡大させるのと解決させるのは別になる。

日本のネットでも抗議している声は出ているし、まだ希望は捨てない。

ああ……刀剣男士が封殺されてしまうのは嫌だ!

ニトロプラスの社長からの反応も出ているが安心するには程遠い。
あと事情を知らない人達は騒がないで欲しい。

ニトロプラスの社長のつぶやきでは、千代田区側と交渉中らしいよ。

でも政府が相手だろ?民間の会社がどうにかできるような話なのか?

結局変更は有るのか無いのか。知りたいのはそれだけ。

あの神社のポイントが取り消されなければ終わりだ。
公式側が何を言おうと、謝罪を使用と意味は無い。ゲームは封殺され、私の刀達とも永遠の別れになってしまう……

とりあえず待つしかないよ……私は静かにゲームを遊ぶことにする。時間が惜しい。

しかし今回の件、ウチの国の運営の遊族が一番気の毒だよね。


とまぁ、こんな感じで。
このままでは作品の規制につながる可能性が高いと受け止めている人も多いようですが、現地の方でもどうすればいいのかハッキリせず、混乱している模様です。

それとこのコラボイベントが「区と関係があるイベント」ということから、政府関係、政治関係の意図があるのではと考えてしまう人も出ているとか。この辺りは日中の自治体関係の認識の違いが出ているのかもしれませんね。


それにしても「刀剣乱舞」はキャラなどに関しては同じDMMゲームの「艦これ」よりも無難にも見えますが、中身に関しては設定や歴史修正主義者といった用語など、中国ではかなり「敏感な扱い」になってしまう所も多いのではないかと思います。

「艦これ」は既に有名になり過ぎているので中国に展開するのは難しいでしょうが、知名度を除いて単純に比較した場合、あくまで私の個人的な印象ですがミリタリー要素で切り分けられる「艦これ」の方がまだ安全というか、中国で引っかかりそうな部分がハッキリしているので中国ではリスク回避し易い作品だとも感じられます。

そんな訳で中国向けのサービスが行われると聞いた時は私も不安になったのですが、こういうイベントでまず炎上するというのは予想外でした。
コラボをすること自体はともかく、まさか中国展開が進行している中でやるとは。

ちなみにここまでの件は珍しいですが、日本のコンテンツ、特にオタク向けのコンテンツを中国に展開する場合、日本のファンと現地のファンの扱いに関して難しいことになるケースも起こっています。

過去のとある作品では、日本のファンからの反発があるからということで、中国展開を自粛気味にしたり、中国のファン向けの独自特典的なものを宣伝できない……なんてこともあったそうです。
またそれとは逆に、海外のイベントではファンとの距離が近い、関係者がフレンドリーなので日本でファンをやっている人からすれば扱いの差が露骨に感じられてキツイなんて話を聞いたこともあります。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「我が国のスマホゲーム、崩壊3rdと陰陽師が日本上陸したわけだが」「利用規約で反感を買うとは……」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

中国産のスマホゲーム、「崩壊3rd」と「陰陽師」の日本でのサービスが開始されましたが、日本での反応が気になる人もいるようで、中国のネットではイロイロな方向にアンテナが張られている模様です。

戦乙女たちの3Dアクション「崩壊3rd」が配信開始。“聖痕冬のお姫様”をもらえるリリース記念イベントは3月2日まで開催(4Gamer.net)

全世界2億DL突破のスマホアプリ「陰陽師」が本日正式サービスを開始。平安時代を舞台に,安倍晴明と魑魅魍魎の戦いを描くターン制RPG (4Gamer.net)

また日本で展開されている「陰陽師」では利用規約にドン引きする人が出てしまったそうですが、これに関する情報も話題になっている模様です。
『陰陽師』アクセスリクエストに対するユーザーの不安視により規約を改定、個人情報は取得しないとも発表(インサイド)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


我が国のスマホゲーム、崩壊3rdと陰陽師が日本上陸したわけだがどんな感じ?どっちも日本でいける内容だと思うんだが。

セルラン的にはそんなに悪くないと思う。崩壊3rdは20位代に入ってるし、陰陽師もそこそこ健闘している。ただ反応に関しては陰陽師がヤバイ。開始直後に利用規約で炎上した。

陰陽師って題材やキャラデザ的にはまさに日本向けだと思うし、日本の声優まで起用しているんだが、思ったより伸びてないな。
今の日本人は日本的過ぎる題材だと逆にダメだったりするのか?

日本は課金力が凄い所だから、セルランでこの順位にいるのはかなり良い状況だろう。ただ宣伝に力を入れまくっていたはずの陰陽師がセルランで崩壊3rdより結構下なのは気になる。

陰陽師は無料の方でトップに立ったり、レビューも好評のが多いということだったが……

陰陽師ってかなり宣伝していたんじゃなかったっけ?
無料の方のランキングでも一位になっていたしレビューも高得点だったけど、ぼちぼち悪い方のレビューや反応も出始めたような。

無料ランキングが信用できないのはどこの国も変わらんぞ。
セルランの方はまだ信用できるが、こっちはユーザーの質や数までは分からないのが難しい所だ。

日本では陰陽師の利用規約、特に個人情報収集と他所への提供がかなり問題になっているらしい。これを理由に手を出すのをやめてしまう人も出ている。

ゲームにおける利用や分析の名目で、他の会社やサービスへ情報を流されるのでは、転売されるのでは?というのが警戒されているみたいだな。

陰陽師の規約や権限関係に関してはほとんどの日本人が反感を持つものだったらしい。日本の反応を見ると、遊んでみようとしたのにあの権限に驚いてやめてしまった人がかなりいる……

サービス開始直後のやらかしは珍しくないが、バグやサーバの問題じゃなくて利用規約かよ!

利用規約で反感を買うとは……

やっぱり日本は注意する部分がウチの国と違うんだなあ。個人情報の扱いに関してとても敏感だ。

日本人は個人情報やプライバシーを大事にするという話を聞いたが、こんな所でその証明が見れるとは。

日本よ見たか!これが中国の個人情報の扱いだ!

考えてみればあの辺の個人情報の扱いって、間違いなく中国の特色あるナントカカントカだよな……

こんなゲームばかりだから、ウチの国ではみんなroot化しないと安心して遊べないんだよ!

日本人にはタダで遊べるゲームでも、その代わりに個人情報を盗まれるのでは割に合わないと考える人が多い。個人情報流出に関しては度々社会問題になっているし、日本人が最も嫌うことの一つなんじゃないかね。

文化や社会的な感覚の違いによる問題が起こるのはしょうがない。
初動に悪影響が出たのは残念だが陰陽師は題材的にもジャンル的にも日本向きだし、課金ゲーな作品だからこの規約問題の処理さえできれば上がってくるはず。

課金大好きな日本だし、普通にウチの国と同じようにトップ3入りとかになるだろうね。

陰陽師はボイスも日本の有名声優使って、更にはその声優を起用しての日本向け宣伝とかまでやってるからね。崩壊3rdもその手の活動はやっているし、どの程度効果があるのか、あといくら使ったのかとか気になる。

ボイスと言えば、崩壊3rdは中国語のボイスの方はどうなってるの?
日本語版でも切り替え可能?
もしそうなら日本人プレイヤーがどう受け取るか気になる。

ボイスは普通に中日で切り替え可能みたいだよ。
まぁわざわざ削る必要も無い所だろうからね。

陰陽師も崩壊3rdも、日本版のアプデやゲームバランスはどうなっているんだ!特に課金周りのバランスは気になるぞ!

どっちのゲームの運営も好きじゃないが、海外に出て外人から金を稼いでくるのは良いことだ。私は支持する。

日本人共から金を巻き上げるってのは最高だね!

そして俺はFGOに金を吸い取られていく……さぁ今度はブリュンヒルデの限定だ……

とりあえず陰陽師と崩壊3rdのどっちにも共通するのが「電池の消耗が早い」という声かな。内容に関しては遊んだ人の間での評判は悪くないかな?

確かに電池の消耗キツイからなあ。
私も遊び過ぎでバッテリーがへばったよ。

ざっと見た印象だが日本では今の所、崩壊3rdの方が評判は良いようだ。崩壊学園2からの移行もあるのだろうか?

崩壊3rdはゲーム自体の出来が良いからね。3D系であれより上のはほとんど無い。

崩壊3rdみたいなゲームってウチの国でも少ないし、日本だと更に珍しいだろうから健闘しそう。

ところで日本の運営ってどうなっているんだ?
日本のスマホゲーでウチの国に展開した場合、運営でずっこけるケースが少なくない。逆のパターンが心配。

確かに。こっちだと運営に関しては陰陽師も崩壊3rdもそんなに差は無い感じだが、日本だとどうなるのかは気になる。ソーシャルゲームはゲームの内容+運営の能力が評価になるわけだし。

初動の人気は宣伝やゲームの面白さだけど、それを維持して続けられるかは運営次第だからな。

微課金な自分としては崩壊3rdの方が楽しめたし、どこの国でもウケる可能性があると感じた。

崩壊3rdは出来は良いんだけど、遊んでて疲れるのがちょっと。オート機能も微妙だからそこは時代に合わないかもしれんぞ。

最初は良いんだけど、段々と愚痴が増えていくゲーム……

どっちも2か月後にどういった形になっているかだなー
オープンベータの時の反応は良かったのに……という所もあるしね。

それよりもっと重要なこと、期待したいことがある。
薄い本が出るかどうかだ。
私は日本の同人サークルが手を出したくなるレベルの人気になって欲しいと祈っている。

それに関しては完全に同意!



とまぁ、こんな感じで。
ランキングをどのように見るかといったことや、利用規約の問題など気になる話題がイロイロとあるようです。

ここしばらくの間、中国のコンテンツが日本に入る際には大小様々な引っ掛かりが必ずと言っていいほど発生しているような印象もありますが、利用規約で日本のユーザーをドン引きさせるというのは予想外でしたね。この手の問題の多くは翻訳や広報関係でしたし。

また崩壊3rdに関しては崩壊学園2が既に日本で展開されているのもあってか、日本向けの運営に関して一歩先を行っている安定感があるようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「国内で許可取ってないゲームは実況できなくなりそう」中国の動画配信規制強化

ありがたいことに
「中国のネットの動画配信規制強化で、海外産ゲームの実況ができなくなると聞きましたが、どんな反応が出ていますか?」
という質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

この規制ですが、先日中国の文化部の方から出た
「網絡表演経営活動管理辯法」
によるものです。中国語の全文はコチラの文化部のサイトをご参照ください。

このネットのライブ配信やユーチューバー的な活動も意識していると思われる規制ですが、「網絡遊戯」とオンライン要素のあるゲームも名指しで対象になっている上に
「文化行政部門による内容審査や届出の無いオンラインゲーム製品で攻略や解説をするネット動画はダメ」
となっていることから、様々なゲーム動画配信、実況が出来なくなるのでは……と不安視されているそうです。
そしてこれが来年の1月1日から施行されるということで、中国のネットではちょっとした騒ぎになっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


文化部の出した新しい規制でゲーム実況が本格的に規制されそうだ。実況系の連中、ホントに壊滅ってのも有り得るか?

ネットの動画配信の無軌道っぷりの規制は予想できたが、ゲームも名指しで指定の範囲になるとは……

ゲーム動画配信ではGTAとかBFとかはダメになるってことか。
これまだ審査通ってなかったというか、通るかどうかも分からん作品だし。

ゲームの実況、プレイ動画見るのが好きな人間としては、ちょっと所じゃなく困るな……

また文化部の鎖国政策かよ。

年末や春節前後はこの手の規制をやってきて大混乱というパターンが多いが、今年はこう来たか。

しかし、動画見ている連中はショックなのかもしれないが実際の所、ゲーム機の方にはどの程度影響が出るのかね。
動画見ている連中は見てるだけでゲーム買わんだろうし。

steamとかのPC系に影響ありそうな気がするな。

文化部はどんどん規制の範囲を広げて自らの権利を強化する。レーティングを認めないのも、自分達の裁量の範囲を手放したくないからだ!

ゲーム機の方でゲーム実況やってる連中は休業でしょ。
残るのは国産か国内展開アリのネトゲ系くらい。

ウチの国のゲーム機に関知る規制はまだ続いているし、動画配信だけが好き勝手やれる時代が終わるのは時間の問題だったのだろう。

規制鎖国でまたしても愚民化政策か。もっともゲーマーの罵詈雑言なやり取りを見ると、遊ぶのと遊ばないのでどっちが愚民になるのか判断に迷うが!

我が国の枠組みでやる以上審査をしていない作品がどこかで弾かれるのは仕方がない。
私も審査のシステムに言いたいことはあるし、審査のシステムについて抗議するなら分かるが、審査なしでなんでもやらせろというのは暴論だ。

結局、テンセントが勝ち組になるな。

実際、他のゲーム会社からの圧力はあるんじゃないかな。
テンセントなんかは審査に対応しているわけだし、海外産ゲームも我が国で展開する上での対応をやっているのだから。

結局の所国産コンテンツ保護というか、コントロールできる国産コンテンツが好まれているだろうからなー

なんでもかんでも審査無しではダメとか、ウチの国は全世界のゲームを審査しないと気が済まないのだろうか。

問題は手続きにかかる手間やコスト、内容の委縮だよ。
中国国産ゲームが世界から取り残されてしまっているのは一昔前の規制が原因だ。ゲームと関係無い集金システムばかり上手く成りやがって。

これまで他のジャンルで行われていた規制がついに来たってことだろうし、一部のゲーム実況系が自重しな過ぎた結果でもある。

これ、実質的にコンソールゲームや一人用のゲームを締め出すことになる可能性も考えられる。
ネットゲームの定義の範囲がまだハッキリしないけど、国内に展開されている作品や許可取れてる作品を見るとオンライン対戦系のばかりになる可能性も……

そう言えばこの規制におけるネットゲームの定義がどうも分からんのだが、どこまで入るんだ?家庭用ゲーム機やスマホはどうなるんだ?

前に出た定義でネットを通じて伝播するゲームは全部入る。だからゲーム機もスマホも明確な対象だ。

ふーむ、審査なしとなると海外のゲームはダメ。艦これとかDMM系もアウトか。

ゲーム機系ゲームの実況やってる奴は失業か?
影響はどうなるんだろう。

実況者についているファンもいるし、大手のネットゲームは大丈夫だろうし影響自体はそこまで大きくないと思うが。

ネットゲームにしろ家庭用機にしろ国内向けバージョンのゲームか……つまらなくなりそう。

家庭用ゲーム機は国内向けバージョンがあるからまだマシだろ。steamでやってるヤツの動画は全滅だ。

家庭用ゲーム機も作品数的に死んだも同然なんですが……

ウチの国で開催されているe-Sports関係の作品はやっても問題無いだろうし、金が動く所は残りそうなのがなんとも。
この間のCHINA TOPの種目になった「DOTA2」や「CS:GO」、「クラッシュ・ロワイヤル」、「ウォークラフト3」なんかは変わらずいけるだろうし、他にも「LOL」や「オーバーウォッチ」なんかはそのままいけるんだろう。

今まで見逃してきたグレーゾーンで、多数派から文句が出ないだろう所を切り捨ててジワジワと規制をするいつものパターンに見えるが……

俺は正直どうでもいい。ゲーム実況動画は見ないし。

見る方としては今ある動画がどれだけ消されるかというのが心配だ。

遊ぶことに関しては特に変わらないのが反発するかしないか迷う所なんだろう。
ウチの国では正規ルートでは売れないゲームも、外国で買ったりというのが昔からあったし、最近はsteamで購入する人間が激増しているが、そっちのプレイヤーには直接的な影響は出ないようにも見える。

不安なのは、今後steamも禁止されることかな。そうなったら反発は大きくなる。

気が付いたらウチの国でもPCはsteamが強大になったからね。最初はギフトでやり取りしていたのが、いつの間にか買って遊ぶ人間ばかりになった。

steamに関しては定期的に大規模なセールもあるから安く買えるし抵抗を覚えない。
海賊版や違法ダウンロードする手間と時間とリスクを考えると買った方が良いし、最近はクラックするには腕じゃなくてマシンパワーの総当たりになっているから海賊版やってた連中の動きも鈍くなってるからな。

そんなに影響ないだろ。
全てのゲーム動画を文化部がチェックできるわけないし、通報して消してといういつもの流れになるだけだ。
それにウチの国の文化部は海外ほど厳しく取り締まらないぞ。海外にゲームダウンロードしたから捕まるなんてのは無いのだあら。

そりゃ全部消えたりはしないだろうけど、少なくとも大規模な盛り上がりは難しくなるぞ。動画がランクインしたら削除とか、検索で引っかからないようにしたりとかの対応は出るだろう。

遊ぶのは問題無いだろうけど、今までのように遊ぶ、見ることが出来なくなるだろうというのも間違いない、私はあまり楽観的には考えられないよ。
今の時代、ゲーム実況が占める部分ってかなり大きくなっているのも確かだから。



とまぁ、こんな感じで。
規制されるゲームの範囲が現時点ではハッキリしないというのもあってか不安を感じている人、いつもの規制だと諦め半分な人、それから実況動画に興味が無いので気にしない人など反応がイロイロと分かれているようでした。

またこの辺に関しては、中国ではゲーム実況的な動画がジャンルとして確立されかなりの再生数を稼いでいるものの他のジャンルとの交流があまり無いというのも影響しているという話です。
実際、とあるオタク系イベントでゲーム実況枠の人を呼んで盛り上げようとしたらアニメ視聴者、二次元枠の人が冷え冷えになってしまったなんて例もあるそうで……

それ以外にも、最近の中国ではPCでsteamなどを通じてゲームをする層とスマホでソシャゲをする層がハッキリ分かれてきているというのもあるらしく、ゲーマーという括りで見て判断するのは難しくなっているのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

日本の「戦える曹操」が中国に与えた衝撃

艦これのイベントをぼちぼち進めたりしている今日この頃にございます。
E3はギミック解除が手間でしたが、解除さえすれば妙高型の夜戦連撃でもボスを倒せるようになるのは良いですね。道中は甲でも安全に進めるので試行回数を稼ぐのも楽ですし。そして難所のE4はクリア優先の乙で行くことにしたのですが、それでもヲ級が怖いのが何ともかんとも。


さて今回の更新を。
当ブログでは三国志について過去の記事、
日中で違う三国志についての認識 曹操編(09年の記事)
日本と中国の三国志イメージの違い補足 三国志が中国で扱い難くなった理由など(15年の記事)
中国オタク「お前らの好きな三国武将って誰?」(今年の記事)
などでイロイロとネタにしていますが、近年の中国では曹操の評価が大きく変化しているという話は日本にも伝わっているかと思います。

しかし今の状態に変化する前の
「中国における昔の曹操のイメージ」
に関しては案外知られていないところもあるようです。
先日、日本に仕事で来た文化方面に詳い中国オタクの方から面白い話を教えていただきましたので今回はそれについてを。

その方によると、
「昔の中国に入ってきた日本の三国志のコンテンツで衝撃的だったのは『カッコイイ曹操』、そして『戦える曹操』だった」
「それまでの中国の曹操のイメージは戦えない、戦闘力0のデブの悪役といったイメージでしたね」

という話でした。

私も中国では曹操が単純な悪役扱いであったこと、日本のような「魅力的な悪役」「梟雄」的な扱いではないというのは知っていたのですが
「曹操に戦闘力が無い」
というイメージは知りませんでした。

もちろん最近の中国における三国志再評価の流れでこの「曹操が戦えない」というイメージは無くなってきているそうですが、一昔前(お互いの記憶を照らし合わせてみた所、少なくとも20年くらい前)の日本と中国の曹操のイメージにはかなりの違いがあったようです。

これに関しては昔の、易中天の品三国などが出る前の中国では、三国志が日本のような群像劇、軍記物としてではなく京劇などの民間演芸による演劇ベースで個別のエピソードとして広まっており、そこでは曹操は大ボスの前の数ある悪役の一人、劉備達の引き立て役的な扱いだったことによるものが大きいのでは……とのことでした。

そしてこの昔の日中の曹操のイメージの違いに関しては次のような話も出て来ました。

・日本では信長と曹操を重ねるような所があるようだが、中国ではそんなものはなかった。一応、今の中国にはそういう所も無いわけではないが、それはたぶんKOEIのせい。

・曹操は個人戦闘力0、演劇の中ではなんとなくやられて逃げていくキャラ。戦えないデブ。

・昔の曹操のイメージに近いキャラを現在のイメージによる三国志武将で例えるなら董卓(デブの悪役枠)が近い。京劇などにおける曹操の扱い、キャラとしての記号はそんな感じになっている。

・中国は演劇ベースによって作品が広まったので、日本の三国志作品のように群雄割拠の時代に曹操が軍を率いて活躍する描写が広まっていないし、三国志の主人公格の一人という認識は無かった

・90年代に作られたCCTVの三国演義のドラマの曹操は日本のイメージに比べて太目だったと思いますが、これは例えて言えば日本の曹操のイメージと、中国における旧来の曹操のイメージの中間くらいだったのではないかと

・当時、「銀英伝」のラインハルトから曹操を想像できる人なんていませんよ!


等々。
そんな状態だったので、日本の主にKOEIのゲームによる
「三国志英傑伝のカッコイイ曹操」
「真・三國無双の戦える曹操」

といったものは非常に衝撃的だったそうです。

ちなみに、昔のイメージで日本との差が大きいものとしては
「劉備の個人戦闘力」
というのもあるとのことです。中国では劉備は個人としてもかなり戦えるイメージ、関羽や張飛がパワー系なら劉備はスピード系といった扱いだったのだとか。
これに関しては中国の演劇においては劉備は素早い立ち回りのあるキャラとして演じられていたので、戦えるキャラとしてイメージするのに何の問題も無かったそうです。

また例えば三国演義における虎牢関の戦いの「三英戦呂布」のエピソードにおいて、
「呂布との戦いで最後に加わる劉備はかなり『重み』がある戦力となっている」
そうで
「逆に言えばこのエピソードからも劉備には個人戦闘力があるのが分かる」
ということになるそうです。

そんな訳で、今回私にイロイロと教えてくれた方は真・三國無双シリーズに初めて接した際に
「劉備が戦える、一騎当千の活躍をするのは分からなくもないが、なんで曹操が戦えて一騎当千になったりするんだ!?」
という違和感を覚え思わずツッコミを入れてしまったそうです。


とりあえずこんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


追記:コメント欄で張飛の話題が出ていたのでもう一つゲームネタを。
中国で人気になった三国志ゲームに、アーケード版の「天地を喰らう」もあるのですが、
あの本宮ひろし版の三国志武将のデザインについては
・関羽はヒゲがあるので何となく分かるし納得はできる
・趙雲はカッコイイ系なので良い
・張飛はなんでこんなデザインになったのかわけがわからない

という評価だったそうです。

中国オタク「中国のゲーム会社が開発に参加したゲームが1日でサービス終了という日本最速記録を打ち立てた!!」

ありがたいことに
「1日でサービス終了となったDMMのゲーム『カオスサーガ』の中国での反応」
に関する質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

DMMが1日で終了したゲーム「カオスサーガ」についてコメント 「他社の権利を侵害している可能性がある」(ねとらぼ)

私も艦これの遠征のついでにDMMのゲームページを見て知ったのですが、なかなかにスゴイ記録となってしまったようですね。
この件に関しては中国のネットの方にもこちらの記事(中国語)などで早速伝わっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


中国のゲーム会社が開発に参加したゲームが1日でサービス終了という日本最速記録を打ち立てた!!
……いつものシリーズということで、日本に笑いを提供できた模様。

日本もソシャゲ系は結構中国のゲームが入っているようだし、この手の爆発案件ネタも定期的に供給されそうだな……

サーバーに障害出てサービス開始1日でいきなり長期メンテのサービス休止ってのはウチの国でもあった気がするが、版権問題で1日で終了というのは初耳だ。

中国のブラウザゲーなんて金を騙し取る専門家なんだから気を付けないといけないのにな。ウチの国の人口が多いから成り立って発展してしまったジャンルだ。

これはきっと、サービス終了の記録を更新するためにサービスを始めたに違いない。

確か以前、日本では中国系ゲームの「暗黒英雄」が11日でサービス終了という記録を打ち立ててニュースになっていたはず。
その記録を破るのは、やはり我が国のゲームだったか。

「暗黒英雄」はバグ関連だったが、こっちは権利問題という新たな手法で新記録!

でもどこがパクリなんだ?
日本のネットで話題になってるNPCの画像を見てもどこがパクリなのか分からんぞ。

日本人はよくこんな所のパクリまで気付くな。
そこは感心するよ。

いやさすがに並べられたら一目で分からないか……?
これはモデリングデータのパクリだろう。描画状態が違うからパクリに見えないのかもしれんが、パーツやテクスチャが一致し過ぎている。

コレを作った連中は中国の瘴気に慣れ過ぎていたのかもしれん。
壁の中ならまだやれたが、国外にまで出て「原作」にぶつかるとか、もう言葉も無い。

日本側もなんでこんなのに引っかかるかなあ……
開始1日でバレて炎上って、日本の常識ですぐに分かるレベルのやらかし、企画段階でチェックされるべきものだったんじゃないの?

日本のゲーム会社の海外作品のチェック体制ってどうなってんだろうね。

この事件によって日本の代理運営の業者達も中国のネトゲの恐ろしさを記憶することになるだろう。

いや……DMMのゲームを見ているとガワだけならウチの国のその辺のゲームの方が良く見えたりもするし、今後も簡単に引っかかるような気がするんだけど?

さすがにそれは……このカオスなんとかなんて明らかにウチの国のゴミゲーによくあるインターフェースじゃないか。見えている地雷だぞ。

イラストとかモデルで見るとDMMとか日本のスマホゲーより派手だったりする。それにこっちのゲームのイラストは日本の流行のタイプとは異なるから目新しく感じられたりもするそうだ。
それが全部自前ではなく、他所のを勝手に使ったりしてるからこういうことになるんだろうけど。

担当者がゲームの内容に興味が無い可能性がある。
日本で騒ぎになった原因にモデルのパクリ元がFF11だからってのもあるんだが、日本のネットゲーマーなら一発で分かるレベルのものだったそうだ。恐らく、日本でサービス開始即停止になって大炎上したのもFF11のモデルだったからだろう。

まぁこんなもん作った方が悪いのは間違いないが、サービス開始までやっちゃう日本の運営関係者もどうなのかとは思う。

あとは知っていたけどこの程度ならバレないと思ったとかかもな。

その可能性も考えられる……実際、DMMは昔「グランブルーファンタジー」をパクった18禁ゲームを出そうとして、クローン的なパクリではなく関連素材(ゲーム内容に関しては事前登録段階だったので不明)のソースの直接的な盗用がバレて炎上した前科があるからな。
ちなみにそのゲーム、延期したものの普通にサービス開始となってセールスも好調で18禁ゲーランキングの上位にいる。

DMMは「刀剣乱舞」でも画像盗用が発覚してニトロプラスと一緒に謝罪してたな。

なるほど……どこまでが過失でどこまで故意なのか分からんのか。だがどちらにしろなんでこういうゲームが世に出てしまったのかという疑問は残る。まさにカオスだ。

しかしこんな感じのゲームって誰が遊んでるんだろうな。

最初だけ、スタミナ回復する期間だけ遊ぶとか、最初にばら撒くギフトで良いの「当てちゃった」ようなヤツじゃないか?
広告やポータルの宣伝からタダで試しにやってみようというのは常にいるから。

日本の主流とは違うから価値があるように思われるのかね。
こういうゲームってウチの国ではゴミのようにあるのに。

見ろ!ゲームがゴミのようだ!

確かに見たら一発で分かるレベルだよな。

実際、日本のDMMの跡地に残っていた情報を見ただけでもウチの国のうるさい広告によくあるゲームだと分かる。

ウチの国は日本のゴミアニメに引っかかるが、日本はウチの国のゴミゲームに引っかかると……世の中って意外にうまく回っているもんなのかもしれん。



とまぁ、こんな感じで。
さすがに1日でサービス停止は中国でもネタになるレベルだったようで、背後関係も含めて、イロイロな疑問も出ているようでした。

それにしてもこの手の中国ではそこまで問題にならない(中国でも法律的に問題が無いわけでは無い)ので行われているパクリ、無断使用についてはゲームに限らず、中国からコンテンツを輸入する際には常に付いて回るリスクですね。

現在の中国国産アニメの中にも「日本に持ってきたら権利的に危なそう」という作品がありますし、過去には日本展開の計画も動いていたのに、いわゆるパクリ系の「恶搞」ネタが劇中に多過ぎたことなどが理由となり計画中止となった作品なんてのもあったり……
また無断使用については今回の件のようなモデルなどのデザイン関係以外にも、効果音やBGMについてのケースもあります。

しかもこういった問題に関しては作っている中国側でさえもきちんと把握していないことが珍しくありません。無断使用を悪い事だと思わずにやっているケースもあれば、制作者の中に暴走したのがいて自分の好きなアニメの素材を勝手に使っていたなんて話も聞いたことがあります。

そんな訳で中国から日本に作品を入れる場合に権利面でのチェックをきちんとやろうとしたら、それなりに手のかかるものになるかと思われます。
ですが中国の業界の方からは

「中国ではかなり分かり易いパクリ、無断使用をやっていたりするが、パクリ元の作品に関する知識が日本ほど広まっていないので気付かない人も多い」

「中国国産コンテンツのパクリ問題をチェックするには広いジャンルの、新旧の作品についての知識が必要になる。しかし中国ではオタクの最前線の人間であっても年代ごとに知識が偏っているので思わぬ所で守備範囲外の作品が出ることもあり、この手のチェックができる人材が少ない」

という話を聞いたことがありますし、日本側も丸投げせずに自前でのリスク管理をしっかりと意識するべきなのでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで宇宙戦艦ヤマトがスパロボに参戦できるんだ?」

ありがたいことに
「中国でスパロボVのヤマト参戦はどう受け止められているのでしょうか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

スパロボの新作の参戦作品に関しては中国オタクでも話題になっていますし、
最新作の「スーパーロボット大戦V」

の参戦作品に関する情報も早速入っているようで、「宇宙戦艦ヤマト」の参戦に関してもちょっとした話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「宇宙戦艦ヤマトのスパロボ参戦」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ヤマトのスパロボ参戦でスパロボの基準が分からなくなった
いったいどこまで参戦できるんだ……

「宇宙戦艦」ヤマトも参戦か。もう何が何だか。

私もヤマトは参戦できない作品だと思ってたから驚いた。

なんで「宇宙戦艦ヤマト」がスパロボに参戦できるんだ?
新作の内容よりもそこが気になってしまう!

自分も。これは、日本のオタクの間では宇宙戦艦ヤマトもスーパーロボット、ロボット系作品枠として見ても問題無いということなのだろうか?

俺はヤマトが参戦できるなら……と参戦の期待作が増えて嬉しい。

例えば?

とりあえず「ロスト・ユニバース」とかに期待したくなるね!

私は「星方武侠アウトロースター」とかを希望する。
格闘属性の武器がある戦艦になれるぞ!

「星界の戦旗」とか参戦してくれないかなー

「ロスト・ユニバース」か……確かに参戦できるならして欲しいね。

同意だ。
私も子供の頃に見た作品だから参戦して欲しいな。あの作品がスパロボ参戦と妄想したこともある。

「ロスト・ユニバース」はマイナー過ぎてダメじゃないか?
あの作品、日本では「スレイヤーズ」関連で有名なだけだろう。

いや、他のもっとマイナーな作品も参戦しているからそこは問題にならないと思うが。

「ロスト・ユニバース」は間違いなく日本で有名だよ。もっとも、伝説の作画崩壊アニメとしてだけどね……そういうネタ経由でもいいから参戦してくれないかな。

ヤマトが参戦できるとなると、ハーロックや999が今後参戦する可能性もあるということか?

この参戦は「宇宙戦艦ヤマト」は日本のアニメ史、オタク史において特別な地位にあるから、その地位による「裏口」、特別措置じゃないか?
これによって非ロボ系の作品がスパロボに参戦できるようになったとは思えない。

そういう見方もできるのか。
ところで日本のスパロボファンからの反発や、逆に「宇宙戦艦ヤマト」のファンからの反発と言うのは無いのだろうか?

それは私も気になるね。
日本ではスパロボ系作品のファンとヤマトのファンって重なっているのか反発しあっているのか分かり難い。しかもヤマトファンは日本でオタクが形成されるきっかけになった作品で、ファンもスゴイのが多いと聞く。

日本のオタク界のガンダムのファンとヤマトのファンの摩擦だか衝突だかはめんどくさいと聞いたことがあるな。実際どうなんだろうね。

すいません、「無限のリヴァイアス」とかはどうなんでしょうか……平井キャラだし、SEEDやファフナーとの親和性も高いと思うのですが……

戦艦だけの作品がOKということなら、SF系の作品がたくさん出せるようになると思う。

これまではスパロボに参戦するためにはロボか、最低限人型と言うイメージがあったよな。

「テッカマンブレード」が出た時点でもう何でもアリだろ。

強い戦艦があるなら参加できるというのは夢がある。

「蒼き鋼のアルペジオ」とかどうでしょう!
「フルメタル・パニック!」だって参戦しているから参戦も不可能じゃない!?

よし、ここは「無責任艦長タイラー」ということで。
ストーリー的にも面白い組み合わせになると思うんだけど。

「無責任艦長タイラー」はアニメ版と原作版でストーリーが大幅に違う上に原作者がアニメ版をよく思っていないからなあ。
しかも原作の方もリメイク版でずっこけたから無理じゃないかな……同じ作者の「アイドル防衛隊ハミングバード」の方が望みがあるという説を見た事がある。

最近はスマホ版の方で予想しなかったタイトルの参戦、「ゴジラ」や「クレヨンしんちゃん」とかが出ているし、権利問題以外だとそこまでハードルは高くないのかもしれん。

スマホはコラボイベント的なものだから別枠で考えた方が良いのでは?
ゲーム機タイトル参戦までの第一歩的な見方は出来なくもないが、やはりゲーム機の作品への参戦とは区別するべきだと思う。

私はヤマトの参戦は「戦う歩行系ロボ無し」という意義があると思う。
「テッカマンブレード」だって「ゴジラ」だってロボはいた。
ヤマトは戦艦と戦闘機だけだ。

そう言えば戦艦と戦闘機の作品が出られるということは、戦闘機だけってのは出られるのだろうか?
私が具体的に気になるのは「戦闘妖精雪風」が出れるのかということなんだが。

ヤマトは権利問題が整理されたからようやく参戦したのであって、元から参戦企画はあったんじゃないかな?
ヤマトの権利問題はとてもめんどくさいと聞く。

自分は「宇宙戦艦ヤマト」よりも「クレヨンしんちゃん」の参戦の方が気になる出来事だね。「クレヨンしんちゃん」がいけるなら「ドラえもん」もいけるんじゃないかと。

ああ、なるほど。
ザンダクロスか!

そうだ。百式より使えると思うぞ。
もちろんドラえもんの秘密道具のプラモ兵器とかロボとかでもいいけどな!

自分はスパロボに銀河の歴史がまた一ページ加えられることをずっと待っている。ヤマトの参戦でその期待が高まった。



とまぁ、こんな感じで。
ヤマトがいけるなら……と様々な妄想が飛び交っていました。

中国オタク界隈においてスパロボは様々な作品のデータベースを兼ねているような所もあるので、参戦作品をスパロボ経由で知る、関連情報を調べて評価を知るといったことも少なくないそうです。

今回も「宇宙戦艦ヤマト」をきっかけに、中国オタク界隈における日本のSF系アニメ作品の認識や広まり具合に変化が出て来る可能性もありそうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで中国国産のゲームに日本の声優を使うんだ!?」

ありがたいことに
「中国のゲームに日本の声優が起用されることが増えていますが、中国ではどう受け止められているのでしょうか?最近は『陰陽師』のように和風テイスト、日本の声優起用という日本向けと見紛うようなゲームも出ていますが」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

質問にもある、今年中国でサービスが開始されで結構な人気になっている「陰陽師」などは、タイトルの通り完全な和風テイストのゲームになっていて、ボイスも日本の有名声優が起用されています。
網易の陰陽師公式サイト(中国語)
中国のニュースサイトにあった9月の時点のCV一覧(中国語)

それからこちらのニュースサイトの記事(中国語)でも陰陽師に出演している日本の声優が紹介されています。
こっちは色んなキャラ画像を勝手に使って紹介しているのですが、声優に対して中国でどんなイメージを重ねているかが見て取れるのは興味深い所でしょうか。

またbilibiliで配信されているゲームを見ても、中国国産のゲームで日本の声優が起用されているものが結構あるようです。

この中国における日本の声優を起用したゲームの増加については中国でも話題になっているようなので、中国のソッチ系のサイトで行われていた
「なぜ中国国産ゲームに日本の声優が使われるのか」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで中国国産のゲームに日本の声優を使うんだ!?
最近そういうゲームが目に付き過ぎる。これが日本のゲームなら分かるが、なぜ完全国産のゲームに中国の声優を使わず日本の声優を使うんだ。

ここ最近のソーシャルゲーム、日本の声優の起用が一気に増えたよなあ
2年前に崩壊学園が釘宮理恵を起用した時なんかは大きな話題になったが、今ではそんなに珍しくなくなったような気がする。

網易の「陰陽師」なんかは日本の声優どころか、ガワまで完全和風の作品になってるもんな。

なんで国産ゲームなのに日本語音声なんだ!中国らしくない!気分が悪い!とかいう文句が出る、いやもう既にかなり出てるだろ。

そういうのは客として計算してないんじゃないか?
日本の声優を使うような二次元系デザインの作品については、多かれ少なかれ日本のアニメを見る層と重なっているだろうし

それでも「陰陽師」とかどうなんだと思ってしまう。

あれは背景が完全に和風だから日本語音声でも問題無いだろ。
日本のゲームだって「バーチャファイター」は外国人声優を起用している。なぜか中国人キャラは日本人声優だが!

「陰陽師」って日本の作品じゃなかったのか。

「陰陽師」は網易の国産ソシャゲだぞ。現時点では中国国内向けのみ、日本への展開は無し。日本のネットでもなぜ中国向けでこんなの作ったんだとツッコミ受けてる。

でも日本では三国志に中国の声優起用しないってのに……

「陰陽師」は極端な例だろうが、二次元系の作品で日本の声優だけを起用するのはどういうことなんだ。

簡単な話だ。
中国語のボイスは反発が大きい。プラスの材料として使うのが難しい。

同意。中国語だとボイスが合わない、微妙だ、なんて反応が多くなる。日本の声優も合わないとか棒だとかもいるはずなんだが、なぜかそこまで大きな問題にはならない。

日本語のボイスじゃないといけないってのはさすがにマニアックな嗜好だろ。ここは中国だぞ?それも中国国産のソシャゲがなぜ日本語を実装するんだ。

何と言えばいいかな。
好き嫌いとかじゃないんだよ。中国語のボイスになんとなく違和感を覚えるというか……

中二病的なノリは日本語の方が、深く考えないでいいから恥ずかしくない。

私が引っかかっているのは、日本の声優を起用するのに安くないコストがかかるはずなのに、なぜわざわざこんなことをするのか、ということだな。日本の声優嫌いじゃないけど、そこは不思議。

CG作り込むのやプログラマを長時間拘束するよりはコストかからんぞ。ウチの国の使える人材の人件費はどんどん上がっている。
それに日本の声優の起用に関してはスケジュールが計算できるから予算に組み込みやすい。

クオリティで考えたら日本の声優はコスパ抜群なんだよ。
それに日本の大手声優事務所を通せば現在の人気声優複数+残りも一線級みたいな起用ができる。
まぁそれでも無茶苦茶安いってわけじゃないし、ウチの国の声優使うよりは高くなるし、外貨でキャッシュが必要になるけど。

中国でも声優では無い有名俳優とかを起用したらトンデモナイ額になるし、それと比べると日本の声優はコストパフォーマンス良いだろうね。

国内の声優業界が始まったばかりみたいなもんだからね。
もちろん吹き替え声優はいたけど役者枠の扱いになっていたし、声優としてクローズアップされて専門カテゴリになったのはそれほど昔の話じゃない。

中国の声優でもちゃんと萌えボイスを当てたりできるんだが……

現在の環境ではCV自体がセールスポイントになっているから、二次元で有名な日本の声優が起用されるのは当然なのかもしれん。

それは間違いないだろう。
商業的な観点から考えた場合、重要なのは収益につながる人気でそれに関しては国内の声優より日本の声優の方が上。
それに例えばこれが武侠系作品で中国の歴史上の有名人物だとか、抗日戦争ベースの中国人キャラだとかを日本の声優で日本語喋らせるならば問題だろうけど、架空の世界観とキャラによる作品であれば、日本の声優を起用しても我が国の敏感な問題にはひっかからないからね。

俺みたいな日本語の発音が耳障りな人間にとって、今の状況は耐え難い。

ボイスの種類を選択できるようにすればいいと思うんだが
複数の言語から選択できるように。

でも、中国語のボイスつけても叩かれるよね。

叩かれるな……日本語つけたらなぜ国産ゲームなのに日本語ボイスなんだと叩かれ、中国語つけたら日本っぽいゲームなのになぜ中国語ボイス何だと叩かれ、日中両言語のボイスにしたらなぜ別の言語が無いんだと叩かれる。
消去法と費用対効果で日本語ボイスになるのはなんだか納得できてしまう。企画するなら自分だってそれを選ぶ。

戦艦少女Rでさえそんな感じになっちゃってたな。

戦艦少女はボイスの役者の数、演じ分けの幅とかでもうどうにもならんかったしなあ。艦これとかを見ると日本の声優の技術と層の厚さを感じる。

一応国内も良い声優いるよ。映画の吹き替えとかに。
でもアニメやゲームにはまわってこない。

こういうゴタゴタがあるから私ボイス無しの方が良いと思ってしまう。
好きなゲームでボイス実装!とかやられて荒れて嫌になったことだってある。

多言語実装とか、更に非現実的なのにそれを要求するのがいるからな……

こういうのは時間が経てば変わって来るだろう。
今増えている中国国産アニメと中国語声優で育った世代が増えれば自然と中国語ボイスへの反発も減るし、金になる分野だから国内で声優も育ってくるし中国語ボイスの作品も増える。すぐに変えられるもんでもないが、焦るもんでもない。

声とか結局宣伝材料だからな。
花澤香菜とかウチの国のネットで「兵庫北」のネタ表情で有名になってるだけな所もある。話題になるから、目をひくからってのが前提としてある。実際のユーザーの需要はその次だ。

ユーザーの需要の前に、株価への影響や関係者の説得というのがあるぞ!!
日本の有名な声優の起用は、プロジェクト内でも使い易い説得材料だ!

しかし実際の所、声優のために遊ぶってのはどの程度いるんだろう?
狙いとしては理解できるが、効果についてはいまいちハッキリしない。

俺みたいな普通の人間は声優なんてほとんど知らんぞ。

実際、金使う層はそんなにいないように思う。
こっちで開催される日本の声優イベントもディープな一部が回しているだけだし。

人を集めればソシャゲは勝算が出てくるから、最初から金を使う人間を集めなければならないわけではない。
集めた人間に対して、金を使うように誘導すればいいのだから。そういうのはウチの国の運営は本当に上手い。

わりと本気で、制作サイドが日本の声優を使いたいからというのも理由の一つだと思う。
地位と資金が手に入ったから、自分の作品に自分がファンをやっている日本の声優を起用するという、公私混同的なことをやっている可能性は普通にある、というか業界の知り合いにそれをやったヤツがいる!

私はイラストにひかれることはあっても、声優にひかれることはないな。

そこは声優本人がどうこうじゃないんだよ。
例えば「銀さんを演じた人が出演」「ルルーシュを演じた人が出演」的な話で見ればいい。その声優が演じた人気キャラがそのままブランドになって宣伝材料になる。

ああ、なるほど……それは二次元系の作風のゲームにとっては大きいな。吸引力が発生するのも理解できる。

メインターゲットが声優ファンじゃなくて、二次元ファン、アニメのファンだと考えたら日本の声優を起用するのは納得できる。
スポンサーは投入するコストに対する効率の良いリターンを求めるのだから。

別に国内の声優が悪いってわけじゃないが、影響力という点では日本の声優がかなり上なのは事実だからな。商売で大事なのはそこ。

現在、ソシャゲ市場の加熱で他作品との差別化、宣伝のできる要素が欠乏している。現在の環境ではごく一部の大作を除いて、イラストやゲーム性「のみ」でユーザーを呼び込もうという段階は終わっている。
IPの確保とか、日本の声優の起用というのは宣伝のためというのが大きいのだろう。

日本の声優が宣伝広告、看板として大きいのは間違いない。
声優ファンじゃなくても、アニメを見ていれば「どの作品の声優」と言われればなんとなく興味を持つし、人気キャラだったらそのイメージも活用できるってのはやはり大きいよ。

ウチの国は「声」で「分かり易く」宣伝できるだけのブランドを持った声優はまだいないからね。
こっちのソシャゲが日本の声優を起用するのは、日本の声優ブランドをこっちで活用しているという見方もできると思う。



とまぁ、こんな感じで。
遊んでいる人は日本のアニメにも慣れているのでそれほど問題は無く、ユーザーの方でも日本の声優には一定の宣伝効果が期待できると納得しているような所も見受けられました。

また中国の声優の層の薄さ、客を呼べる看板となる声優がまだ少ないことについての嘆きの声も見かけましたが、この辺については時間が経てば解決する、そのうち声優も含めて完全国産の人気作品も出て来るのではないかとも思えますね。

この状況が何時まで続くかは何とも言えませんし、中国における過去の様々なアレコレ、チャイナリスクの表面化した事例なんかもありますから、日本側はあまり深入りせずにちょっとしたボーナスくらいの扱いでやっていくのがいいのではないかという気もします。
現在の需要がずっと続くわけではないでしょうけど、需要が完全に消えることもないでしょうしね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております

中国オタク「敵はゾンビ、味方は魯迅キャラのスーパー魯迅大戦って……どこからツッコめばいいのか分からん!」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国で魯迅の小説に出て来る登場人物達をゾンビと戦わせるゲーム
「魯迅群侠伝」
なるものが出たそうです。

自分でも何を言っているのか分からなくなりそうですが、このゲームは先日中国のApp Storeで配信が開始されたものだそうで、その内容に対して炎上というかツッコミの嵐が巻き起こっているそうです。
ゲームの画面などは中国のネットのニュース記事のコチラコチラ(どちらも中国語)などをご参照ください。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの作品に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


魯迅作品のキャラ達がゾンビと戦う、「魯迅群侠伝」なんてゲームが出ちまったらしい……なぜこんなものを……

えーと……閏土や孔乙己、祥林嫂などの魯迅の小説の登場人物を率いて邪悪なゾンビ軍団を倒せ?

敵はゾンビ、味方は魯迅キャラの「スーパー魯迅大戦」って……どこからツッコめばいいのか分からん!

阿Qとかの魯迅のキャラに武器を持たせて戦わせるとかもう……

小説の登場人物を片っ端から出しているみたいだな。趙の旦那や藤野先生までゾンビと戦うみたいだ。

キャラもなんだが、なぜゾンビ。
仙侠系敵キャラとか、あと近代ネタなら日本兵とかの方がまだマシだろうに。

魯迅を題材にするならちゃんと魯迅作品のストーリーを使って……例えばパズルにするとかじゃダメなのかよ。

そんなの誰が遊ぶんだよ。
それから金のかかってない仙侠系とか、単に抗日で日本兵倒すゲームじゃもう注目されんだろ。下手したら愛国手抜き系と敬遠される可能性すら考えられる。

過去作品のパロディにするにしたってやり方があるだろうに。

英雄偉人の女体化なんてまだマシだったんだな……あれはなんだかんだでその方向性はともかく活躍させよう、良いキャラにしようという意図は存在した。

さすがにこれは釣りネタじゃないの?
ウチの国でこんなことやったら大炎上するのは分かりきっている。

本当に配信されているぞ。
ウチの学科の人間が罵倒の嵐をまき散らしながら遊んでいる。

魯迅が亡くなってから50年以上たっているいるから著作権的にはセーフなんだっけ?

これを開発したスタジオは
「魯迅は教科書にも出ている。彼をゲームの中に出せば若者も受け入れ易いだろうし、魯迅文化を広めることにもつながる」
とか言い放った模様。

文化?ゾンビと戦うのが文化だと!?

そりゃソシャゲも版権取得合戦が激烈になってるし、IPの無いゲームは見向きもされなくなっているけどさあ……さすがにこれは無いだろ……

目をひくという点に関して、ある意味では狙い通りになったのかなあ

魯迅が知名度に関しては我が国屈指である、IPとしてのパワーも凄いというのが分かった気がする。こんなものでそれを知りたくはなかったが。

これ、魯迅の子孫は文句言ったりしないの?

もしかしてこのゲームやるとしたら「やった!SSR閏土だ!」とかになるのか?

イベントで茴香豆を集めてSR孔乙己をゲット!とかになる可能性も。

魯迅の名前で炎上させているだけで、ゲーム自体は特に褒める所も無いかな。

中身は量産型ソシャゲなんだろうが実際どうなんだ、コレ。
ゲームとしてもだが、ウチの国の審査とかは?

これが審査通ったってのが驚きだよ。
ゾンビと魯迅でなんで問題無かったのか。

魯迅の作品に関しては「大事にしようとする人」がいなかったんだろ。
歴史や四大名著なんかはそういう人達がたくさん、とある所にいて「こんなのは正しくない」と創作物に口を出すけんだどね。

お前ら、審査があるからってクソゲーが減るわけでは無いのは分かってるだろ?

でも内容的にマズイとされるのは弾かれるじゃないか。
基準を明らかにしないその時の都合で取り締まっているのは、こういうのをどうにかするためでもあるはずだろ?こんな時に役に立たないでどうする。

娯楽にすると言っても超えちゃいけないラインはあると思う。

日頃、日本のヘンなネタニュースに対して「日本人は救いようがない」とか言っていたが、こりゃ中国人も救いようがないな……

魯迅と武侠って何の関係も無いのにな……さすがにこれはやり過ぎ。

「文豪ストレイドッグス」とどっちがマシなんだろう

医学などは肝要でない。
むしろわれわれの最初に果たすべき任務はゾンビを殺すことだ!

とりあえず日本人に「藤野先生VSゾンビ」をどう思うか聞いてみたい。

日本だと女体化させられるが、ウチの国だとゾンビと戦わされることになるのか。
有名になると大変だな!

こんなに通報したくなったゲームは初めてだ。



とまぁ、こんな感じで。
マジメに怒っている人も少なくないようですが、中国オタク界隈ではツッコミ所が多過ぎて困惑している人も多いようでした。

現在の景気の悪化した中国で、ソーシャルゲームは数少ないいまだ景気の良い分野ということで様々な所が参入していますし、オタク系コンテンツの最終的な目標地点にもされているそうです。

実際、私も中国の業界の方から
「中国におけるIP活用で収益的に最も有望なのがソーシャルゲーム」
「アニメや漫画はソシャゲ用の看板として投資されている」
などという話を聞いたこともあります。

しかし参入者が増え競争が激しくなっていることから、開発費が高騰したり、版権コンテンツの奪い合いになっている面もあり、体力の無い新規参入的な作品が注目を集めるのはどんどん難しくなっているそうです。この辺は日本も同じよう所はあるようですが、中国はもっと極端だという見方もあります。

そんな訳でこのスーパー魯迅大戦は金も技術もIPも無い所が一発ネタの勝負に出てやらかした結果ではないかとも思えますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「40年前のアニメや漫画のヒロインが同人関係でもいまだに需要があるって、実はトンデモナイことなんじゃないか?」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では「スーパーロボット大戦」が人気ジャンルの一つとなっていますが、スパロボという作品の性質から実は中国オタク界隈で最も
「日本の古いアニメの作品情報に接している」
といった見方もできるのだとか。

中国で本格的にオタク関係が盛り上がったのはここ10数年の話ですし、それ以前はごく一部の中国のテレビで放映されたアニメの他には基本的にネットや海賊版ベースだったことから古い日本のアニメ作品に接する機会もあまりありません。

そんな訳でロボアニメ限定とはいえ、70年代、80年代のアニメ作品まで広くカバーしている層は中国オタク界隈だと珍しいのは確かですし、実際中国のスパロボファンは古典アニメネタを「分かる」人が多いのも間違いありません。

中国のソッチ系のサイトではそんなスパロボファンによる
「日本では古典アニメのヒロインがいまだに人気面で通用している」
といったことに関するやりとりが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「コンバトラーV」などのスパロボ系作品を調べていて知ったんだが、日本では70年代のヒロインもまだ普通に人気がある。それも薄い本などのエロパロ関係まで含めて!
40年前のアニメや漫画のヒロインが同人関係でもいまだに需要があるって、実はトンデモナイことなんじゃないか?

古典アニメのヒロインが現代でも人気。
なるほど。言われてみればスゴイことかもな……

しかもアメコミみたいに続編制作、再利用、再設定が繰り返されているわけでもないんだよね。

ヒーローじゃなくてヒロインだからなあ……

スパロボに出演している作品に関してはスパロボで実質的にリメイクされている、ファンを獲得している面もあるのでは?

それにしたって、昔々のデザインのキャラだぞ。
今の時代も残っているというのがやはり信じられん。

言われてみれば確かに。
変化の激しい二次元分野で時代の変化に負けずに生き残り続けているなんて。

もう40年は前になる作品のはずなのに、そちらの方面の「労働模範」を務めているキャラがいるとはなあ。
(訳注:「労働模範」とは中国で「人民が模範とするべき優れた労働者」的な方向で与えられる称号です。中国オタク界隈ではエロパロ方面で人気が高い、関連創作物の多いキャラに対して「いろいろな意味でよく働いている」といったことからこの「労働模範」、通称「労模」のあだ名がつくそうです)

キャラデザが今風にアレンジされて、その結果新規ファンが付いたとかは?

いや、元の絵の価値は相変わらずらしい。
調べてもらえばすぐに出て来るんじゃないかな。昔の絵、色使いだ。

「コンバトラーV」のヒロインを調べてみたが悪くないな。薄い本的にどうかは分からんが、場合によっては今のヒロインよりも良いとさえ感じる。

スパロボ系ヒロインほどではないが、格闘ゲームの女性キャラも人気高いの居るぞ。

格闘ゲームは春麗や不知火舞とかがいまだに一線級だよね。
こっちも20年超えクラス。
もっとも、ゲームは続編が出るしキャラのリニューアルもあるからアニメとは違う所もある。

不知火舞とか、20年前のデザインなのに今でも通用する。

近年の出番があまり無いのに人気が高いというならナコルルはどうかな?
あっちもデザイン的には現在でも通用するし、オタクの人気も高いままだ。

さすがに40年前ではないが、「セーラームーン」も実は30年以上前になる。
実写化やリメイクもあったが、結局は最初のデザインが人気高いよね。

昔々のヒロインで今でも人気が高いということなら、「銀河鉄道999」のメーテルが日本のオタクの心のヒロインだという話を聞くが、こっちは同人誌とか、二次創作の人気ってどうなの?
私は自分はあまり見た覚えが無いんだが。

メーテルもそうだが、「宇宙戦艦ヤマト」の森雪とかはいまだに同人誌での人気高いぞ。松本零士キャラは何とも言えない色気がある。

森雪の人気に関しては「宇宙戦艦ヤマト2199」におけるリメイクの影響もあるんじゃないか?私が見た範囲だとほぼ「2199」の方のデザインなんだけど……

「コンバトラーV」の南原ちずるは特に人気が高いように思う。
他にも「コンバトラーV」は美形の敵であるガルーダも人気があったらしい。もっとも、敵に関しては「ボルテスV」のハイネルが更に人気が高くなって、こっちもいまだにファンがいるとか。

女性人気になるといよいよ分からなくなるな。
それに長浜ロマンロボシリーズはあまり中国語化されていないから、こっちでは余計に難しくなる……

長浜忠夫監督作品で中国語版が整っているのって「ボルテスV」くらいじゃないかな。
あとウチの国でも放映された作品で、日本の古いロボアニメで女性人気が高く、今でもオタク界で人気を保っているキャラが出ている作品としては「六神合体ゴッドマーズ」とかもあるぞ。

「六神合体ゴッドマーズ」はマーグの人気が非常に高かったんだっけか。死亡退場で制作側に剃刀が送りつけられるくらいに。

日本では80年代の初めにそんなことが……ウチの国ではそんなことになりそうな状態では無かったよなあ

もしかしたらあったのかもしれないが、今の時代に続いていないのは間違いない。
こっちの放映当時はオタクとか二次元とかの概念も無かったしね。

日本はオタクをやっている世代が広いから、今の上の世代が若い頃に見たヒロインの人気がいまだに高い、二次創作も行われているという側面もあると思う。

色使いや線の使い方に違いはあるが、顔面偏差値で見ると昔のキャラもそんなに悪くないよな。単純に絵柄の違いと慣れの問題のような気もする。昔大人気になったヒロインがオタク界で生き残るのはそれほど不思議なことではないのかも。

男性キャラはヘンな髪型という罠もあるが、女性キャラはそこまでヘンなことにならないのも人気につながっているのではないだろうか。

いやいや、昔のアニメキャラの髪型は女性キャラでもわりとトンデモナイことになってるぞ。
そんな中、「コンバトラーV」の南原ちずるは髪型もその後のキャラに影響を与えたキャラだというから、今の感覚で見ても違和感が少ないのだろう。

南原ちずるの影響ってどんなものなの?
影響を受けたキャラって具体的に誰?

すまん、俺もそこまでは分からないんだ。
キャラ以外だとシャワーシーンによるサービス、ミニスカートコスチュームによるお色気とかは南原ちずるが原典と言われている。

南原ちずるってそんなスゴイキャラだったのか……俺はスパロボの精神コマンド要員の一人くらいにしか思ってなかった……

それにしてもウチの国もオタクの世代を重ねていくと昔の作品のヒロインが現在も……というのが出るのかな

例えば「デジモン」が心の名作とか小さい頃の思い出作品としてやたらと評価されているからな。ヒロインもそのうち何かが固まっていくのかもしれん。

ウチの国で例えるなら誰だろう。個人的には高橋留美子系キャラなんだが。

ああ、なんかその辺は凄いわかる。
あとは美樹木本晴彦系のキャラとかが前世紀から人気の続くキャラになるのでは。



とまぁ、こんな感じで。
昔の作品の、当時の日本におけるキャラ人気や、往年の人気キャラの現在の支持層についてはなかなか想像し難い所もあるようです。

それにしても今回のやり取りが行われている所では主にスパロボ経由と思われる過去の日本のロボアニメに関するやり取りが、そこそこ実感を伴って行われていましたがこれはちょっと珍しい気もします。

「スーパーロボット大戦」は新旧さ様々なロボット系作品が参戦しますし、最近は出演作品に関する情報も中国語で整理されるようになってきていますから、楽しみながら過去作品を学べるオタク的な教材……といった価値も出て来ているのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なぜオリンピック閉会式にピカチュウは出られなかったのか?マリオなんかよりピカチュウだろ」

ありがたいことに
「オリンピックの閉会式の動画に関して、中国オタクの反応はどうでしょうか?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。
【NHKリオ】2020へ期待高まる!トーキョーショー

この動画では日本のアニメやゲームのキャラクターが登場していることから、中国オタク界隈でもイロイロと話題になっているようですが、そんな中で
「なぜ出演したのがピカチュウではなくマリオなのか?」
という疑問が出たりしているようです。
そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜオリンピックにピカチュウは出られなかったのか?
あそこはマリオよりもピカチュウだろう……

どっちかだけでなく、両方出しても良いとは思うんだけどね。

マリオ以外に二次元系で出ているのはキャプテン翼、ハローキティ、ドラえもんか……ポケモンGOが世界規模で流行っている真っ最中なのにピカチュウ出さないとか理解不能だ。

個人的には名探偵コナンを出して欲しかったが、コナンが出ないのは理解できる。だがピカチュウが出ないのは意味分からん。

日本のオリンピック委員会では「ピカチュウの知名度が低い」から出られなかったらしい。自分も本気で意味が分からん。

ピカチュウで低かったら他のキャラはどうなるんだ。

マリオとピカチュウの知名度は同じくらいだろ?
日本人は何を勘違いしているんだ?日本の国内しか見ていないのか?それとも欧米しか見ていないのか?

気の毒に……日本のオリンピック委員会に嫌われたせいでピカチュウは……

企画した連中が現在の世界情勢について無知過ぎるだろ。

まぁポケモンはマリオより「新しい」からな。あのムービーに出たアニメキャラってどれも古典名作枠……いや、今も続いているから定番か?とりあえず80年代には人気になって、世界的に広まっている作品だよ。

ピカチュウの知名度が低いとかどういうデータによるものなんだ?
世界的に有名なのに、どういう理屈でそうなった。

「相対的に」ということなんだろう。
ウチの国では任天堂のゲームの入り方が特殊だからポケモン、ピカチュウが圧倒的だが、世界的にはマリオの方が上だぞ。

これについては知名度と歴史、実績だろう。日本のソースによれば、累計販売本数ではマリオの方が上だというのも決め手になったらしい。

ゲームの歴史的に見ても、マリオの知名度が高いのは分からなくもないが、ポケモンも悪くないと思うんだがな……どれか一つしか出せないわけではないだろうに。

そもそも、あのムービーを見るのはゲームオタだけじゃないんだぞ。マリオだと今のおっさん世代の上の方でも親近感があるし反発も少ないだろう。

このムービーの企画段階ではポケモンGOの人気が爆発していなかっただろうし、さすがに無理じゃないか?ポケモンGOが出る前はウチの国でもポケモンをオワコン扱いしているヤツ多かったんだから。

お前ら、大事なことを忘れていないか?
ピカチュウとサトシは優勝したことないんだぞ?
これはかなり重要だ。

なるほど……!
ピカチュウを出してしまったら、日本は金メダルを取れなくなる!!

藤田のせいでサトシは二位しか取れなかったからなー

ネタなのは分かるが同意したくなる!
まぁ結果的にはピカチュウ出さないで良かったと思うよ。サトシが20年の苦闘の末に優勝できるかと思ったらできなくて世界中が炎上している最中だからね!

俺はそれよりパックマンとキャプテン翼が分からんのだが……

キャプテン翼って何?マジで元ネタが分からないんだが、詳しい人解説頼む。

日本のサッカーアニメの名作。今の感覚で見るとツッコミ所ばかりだが、サッカー作品の歴史における金字塔なのは間違いない。
ウチの国のテレビでも放映されていた時期があるんだが……

キャプテン翼について語れるということは、自分の年齢を暴露するということでもある。

てか大空翼を出すくらいならピカチュウ出せよ!

いや、ピカチュウはスポーツ関係無いし……

そんなこと言ったらハローキティもパックマンもスポーツと関係無いじゃないか。マリオだってそうだ。

いや、マリオは色んなスポーツ作品に出演しているぞ。
単独、コラボ、ゲストなど任天堂のゲームキャラでは最も多くのスポーツ作品に出ているんじゃないか?

確かキャプテン翼はブラジルで大人気とかじゃなかったか?

野球は今度のオリンピックはどうなるんだっけ?
個人的にはH2が好きなんであだち充にキャラを描いて欲しい。

人気で考えた場合、スポーツ系の作品からなら桜木花道だと思うんだけど……

キャプテン翼は南米だけでなくヨーロッパへの影響もでかい。
ウチの国ではスラムダンクの後だから微妙だが、欧米だとキャプテン翼>>スラムダンクになってたはず。

スラムダンクとかは一部で爆発的な人気になったが地域、年代が偏っているからな。現在も活動している作品ではないし。

しかしそうなるとドラえもんが出るのも不思議。

そうか?
私はマリオとドラえもんについては出て来るのに納得できるんだけど。

ドラえもんは欧米で全く人気無いはずだろ。
大使扱いになっていたりはするけど、知名度でも人気でもピカチュウに適わんだろ。

そこは販売数と親しみやすさとかじゃないかな?

日本ではドラえもんは国民的作品だし、完全に別格。ゲーム枠ではなくアニメ枠で出す場合、恐らくドラえもん以上の選択肢は無いんじゃないかな。NARUTOなんかは新し過ぎるし、鉄腕アトムは現在の人気では厳しい。
それにドラえもんはアジア地域で有名だから欧米で微妙でも採用になったんだろう。

ゲーム枠でマリオをピカチュウより優先するのは分からなくもない。世界的に幅広い年代に安定した知名度があるし、スポーツと組み合わせても問題無い。
それにmarioとrioがかけられるし、使わない理由が無いよ。あとピカチュウは現在進行形でイメージが変わっているから、ちょっと扱い難いだろうしね。



とまぁ、こんな感じで。
オリンピックの看板にするゲーム系キャラになぜマリオが選ばれたのかピンと来ない人が少なくないようでした。

この辺については中国に入って人気になった日本のコンテンツ、特に
「中国で実際に流行った日本のゲーム」
なども影響しているのではないかと思われます。

中国に日本のコンテンツが本格に入っていく流れは改革開放などが進んだ80年代末に始まり、90年代頃から急速に広まっていきました。
そしてその中でファミコンも入っていったようなのですが、その辺りについては昔の記事
中国で最も売れたゲーム機 「小覇王」
などもご参照ください。

そして海賊版中心ですがファミコンが中国で一時期流行ったのですが、同時期にメガドライブも入って「高級機」として大人気になっていたり、その後すぐにCDによって海賊版のソフトのコストも大幅に下がったPS、SSの時代になったので、任天堂系の据え置き系のゲーム機が中国で主流になったのはファミコン(の海賊版)だけではないかと思われます。

またSFCも一応入ってはいたようなのですが、当時は海賊版でもフロッピーの値段が中国の一般的な収入では割高なこともありそれほど広まらなったそうです。当時は香港や台湾とは経済的な格差がかなりあった時期ですし、PSとSS世代以前のゲームに関しては中国本土と香港台湾では大きな違いがあります。

そんな訳でマリオ系ゲームの凄さやその人気を実際に体験した、実感して理解できる人は現在の中国オタク層にはほとんどいないのではないかと思われます。

それに対してポケモンはゲームボーイ系の海賊版があったのに加えて、過去には中国のテレビで放映されたアニメがあり、現在も中国の動画サイトでアニメの配信が続いているのが非常に大きいようです。今も昔もなんだかんだで中国で一番影響力のあるオタクコンテンツの媒体はアニメですから。

この辺りについてはドラクエとFFの日本の二大RPGに関して、中国ではドラクエは知名度だけが高いのに対し、FF(ただしPSで発売された7以降)には実際にプレイして思い入れのあるファンが多く存在するという事情と似たような所も感じますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「ドラクエはなぜ中国で人気にならなかったのだろうか?」

中国にはなぜ、セガファンが多いのか

今月でサービス終了のシューティングガール、なぜか中国のbilibiliでサービス開始

8月に入ってからは身の回りがゴタゴタして時間的に厳しかったので艦これの夏イベはいっそ乙と丙クリアだけで……などとも考えていたのですが、幸い手頃な難度だったのでちまちまと進めて甲でクリアできました。
個人的には13春イベ以来の五十鈴大活躍なイベントだったのが嬉しかったのですが、難度的にもちょうど良い具合に楽しめる難度だったように思います。

E4なんかは道中支援は必要なく基地支援の活用次第、更に甲の場合はボス撃破に速吸による一工夫で難度の対策が可能というのも面白かったですね。
考えてみればここ最近のイベントは道中支援のキラ付けで疲弊していたように思いますし、それが無いおかげでかなり気楽に挑むことが出来ました。


さてうっかり後回しにしてかなり遅れてしまいましたが、ありがたいことにDMMのゲーム関係でのタレコミ&質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

7月末にbilibiliからDMMとの合作、そしてシューティングガールのbilibiliによる中国国内展開が発表されたとのことです。しかしそれとほぼ同時に日本では8月29日でシューティングガールのサービスは終了と発表されたそうです。

bilibiliのゲーム公式サイトはコチラ、中国でのニュースはコチラ(中国語)などをご参照ください。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「シューティングガール」がbilibiliの運営で年内に国内サービス開始らしい。
なんでこれなんだ……?

なぜアイギスとかを持って来ないんだ?
アイギスはアメリカにも展開していたはずだし海外展開NGではないと思うんだが。

まだ一般向けだけでのフラワーナイトガールとかの方が良いのでは……あっちならじゃぶじゃぶすることを考えなくもない。

地雷探知をする必要もない、明確な地雷だよな。

現代系ミリタリーだし題材は問題無い、18禁というウチの国では絶対不可能な要素も無い、萌える女の子が怪物と戦うゲーム……そう、題材的には問題無いんだよ。だがそれだけだ。

これ、あんまり面白くないぞ。
バトルパートとかがかったるいし爽快感も無い。

イベントもかったるいだけだったしなあ。素材はそこそこのレベルではあるが、軍事系萌えのゲームはこっちでもありふれているというか大ジャンルになってしまっているし、その中でちゃんとした勝負ができるとは思えん。

近年、ウチの国はミリタリー萌え系イラストのレベルが格段に進歩しているからね。
それに脱衣要素の感覚も国産作品の方がウチの国の需要を理解しているから、一般向けで欲望を喚起するのは厳しいだろう。

日本はマニアが食いつく現実の兵器との関係、小ネタが人気の要素になるが、ウチの国は良い意味でも悪い意味でも大衆向けを意識しないといけないからな。女の子と露出具合で日本のやり方だと需要が減る。

確かに艦これの脱衣を見ても、日本とは趣味が異なると感じるな。ダメージ脱衣という流れは同じでも、表現の方向はかなり変わってきていると思う。

しかし、ランキングで前の方に来ない作品なのになんでわざわざウチの国でサービス展開するんだ?

重課金ゲーらしいから中国向けにやり易いとでも思ったのかね。

刀剣乱舞とかなら人気の望みはあったろうけどね。

結局、DMMブランドを掲げた時にウチの国のユーザーが求めるゲームは艦これだろう。

てかこれ、日本だとサービス終了が発表されているんだが……

日本のサービスが終了するゲームをウチの国に持ってきて代理展開?本気で意味が分からないんですけど。

この作品は艦これモデルを模倣しようとして失敗した作品の一つって所かな。
ただ運営は結構誠実で、後の方になってくるとかなり頑張っていた。未熟ではあるが、個人的には嫌いじゃないゲームだった。

これ以前にDMM系のゲームってbilibiliに何か来てたっけ?

九十九姫があるな
ただこれは台湾系開発だし運営がDMMではないっぽいからDMM経由で来ているのかは分からん。

しかしこれ、どうなんだろう……アニメの方でbilibiliは版権買ったけど配信しないってケースがちょくちょく起こっているが、こっちも発表だけの可能性が?

サーバと回線と運営スタッフもタダじゃないし、炎上したらそれだけ目をつけられる可能性も出るからな。

一応韓国でサービス終了したのをウチの国ではまだやってるなんてのはあったはずだしやれないわけではないだろう。ただ始まる前から元のサービス終了ってのはさすがに初耳。

この手のブラウザゲームを遊ぶと艦これは非常に良心的なゲームだったというのに落ち着くんだよね。二次元でお色気系に進む作品はウチの国向けに、ウチの国の人間が作った作品には勝てないだろう。まぁ中国国産で人気が高くても良いゲームとは限らないが。

これは消去法の結果じゃないか?人気のあるアイギスもフラワーナイトガールも18禁版が本体で、一般版は内容削減版とも言えるから、ウチの国ではやれない。艦これも題材的に不可能、刀剣乱舞も権利的に難しい……そうなると中国でやれそうなのはコレくらいだったとか?

良いゲームはbilibiliまで回ってこなかっただけというやつか。

案外その辺りが正しいのかもしれない。
DMMと提携とは言っても、DMMの自前の一般向けゲームで強い作品はそれほど無い。艦これと刀剣乱舞が強過ぎるから気付かないが、他の作品で一般向け限定なのはどれも微妙。R18版もあるゲームだと話は変わるけどな。



とまぁ、こんな感じで。
なぜ今このゲームなのかと困惑気味な人も少なくないようでした。

以前の記事でも書きましたが、bilibiliではFGOの中国国内向けサービスのテストが行われているなど、ゲームのラインナップ強化にかなり力を入れているようです。
ただFGOの中国展開に関しては第一報からテストまでかなり間が空きましたし、このシューティングガールに関しては、交渉と開発が長引いている間に日本の方がサービス終了になってしまったとかなのでしょうか……

それにしてもbilibiliのゲームには「戦場双馬尾」や「戦舞幻想曲」など、日本の声優を起用したりアニメスタジオを起用したりしている作品もあるようですが、実際の所中国のソーシャルゲームで遊んでいる層は日本の声優、特に女性声優に対してどの程度興味があるのでしょうかね。

bilibiliで展開されている日本の声優も関係するゲームでは「夢王国と眠れる100人の王子様」なども結構な人気らしいのですが、こちらは男性声優ファンが付く作品なので比較的分かり易い所もあります。
ですが女性声優に関してはどの程度なのかハッキリしない所もありまして……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本で三蔵法師が美少女になる理由は、ドラマの影響らしい」

ありがたいことに以前の記事
中国オタク「Fateの三蔵法師はやっぱり女か」「あの国は女人化国だから」「この娘化はちょっと受け入れられない」
に関してネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

以前から中国では日本における
「三蔵法師の女性化」
に関して批判やドン引き的な反応と共に時折話題になっていましたが、中国オタク界隈では先日「Fate/Grand Order」に三蔵法師が女性のサーヴァントとして実装されたこともあってか、日本の三蔵法師の扱いに関して注目が集まり
「日本で三蔵法師が女性にされるのは日本で制作されたドラマの影響が大きい」
といった情報も入るなどして、改めて話題になっているようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本で三蔵法師が美少女になる理由は、ドラマの影響らしい。Fateの三蔵法師も、大元は日本のドラマからの影響ということだ。

そのドラマが突然三蔵法師を女にしたってこと?どういう経緯でそんなことをやらかしたかが分からないと納得できんのだが。

ちょっと待ってくれ。今説明を投下するから。
そのドラマは1978年に制作されたバージョンで、様々な西遊記のドラマの中で日本で最も高い人気を得たとされる作品だ。この中で三蔵法師を演じたのが女性の夏目雅子。その印象が日本社会に刻み込まれた。ここで興味深いなのは、劇中の設定では三蔵法師は男性だということだな。

さすがに日本でも一気に「娘化」したわけではないのか。

そこは段階的に変化していったようだ。まずテレビドラマの西遊記で中性的なキャラとするために女性が演じた。そしてその西遊記ドラマが大ヒットして女性が演じることに関する抵抗が無くなって、そのまま三蔵法師を女性にしても問題無いという認識が広まったらしい。

その話は俺もどっかで見たな。
78年に制作された日本のドラマ三蔵法師は設定上は男だが、演じた夏目雅子があまりにも可愛過ぎて、三蔵法師とは少女であるという錯覚が日本人の間で共有された。

最初の大人気になった西遊記のドラマで女性が演じたから、その後の西遊記作品も設定上は男の三蔵法師を女性が演じることが踏襲されているってことなのかね。

大体そんな所だろう。
日本でその後制作された西遊記も、一応設定的には男だ。役者は女だしどう見ても女に見える。だが男だ。

ああ、あのドラマか。分かった。MONKEY MAGICは覚えてる。

OPのMONKEY MAGICは妙に印象に残るよね。西遊記のあらすじの歌詞、特に繰り返されるサビのMonkey magicが。当時は今で言う洗脳ソングになっていたのではなかろうか?

日本には宝塚とかがあるから、女性が設定上は男性の役を演じる、或いはそういった作品を作るのに抵抗が無いのかな?
でもその割には日本で三蔵法師が女性のイメージで定着している節があったり、女性設定で作られている作品がたくさんあるのはどうなんだろう。

設定も含めて女性にするのは西遊記そのものではなく、「西遊記が元ネタになっている作品」だな。三蔵法師の女性化は日本では比較的簡単に受け入れられて、人気面での効果も高い改変なのだろう。Fateのアレもその一種だと考えれば別に不思議ではない。

Fateにおける日本現地の西遊記改変的な要素の取り込みは、外伝漫画の沙条綾香とかもそうだな。
あれも夏目雅子出演のとは別バージョンのドラマ版西遊記で勝手に世界観外のキャラを追加して強引に作ってしまったやり方からの影響を受けているとか。

映画はともかく、テレビドラマに関しては西遊記を作ったのは日本の方が早いらしいね。そんな時に既に三蔵法師に女性のイメージが付くようなことをやっているとか、あの国はなんなんだ。

一方、中国国内では三蔵法師はムキムキマッチョな漢になった。

そっちは台湾や香港の漫画の影響とかもあるな……
三蔵法師=高strの物理属性というイメージになっている気もするぜ。

ウチの国だとパロディの方向は、ムキムキな三蔵法師ネタか、完全武装状態ネタとか、どっちにしろ戦闘力過多なのが多い気がするわ。

最近では「西遊筋」がインパクトあったなあ。コラ画像としても使い勝手が良好。

じゃあ沙悟浄が日本妖怪の河童になったのもドラマの影響?

いやそっちはまた別の話みたいだよ。日本に入る過程で沙悟浄が河童と混同されてそのまま定着してしまったとか。ドラマよりも更に昔からの認識らしい。

俺はFateの女性化は大好物だ。でも三蔵法師はダメなんだよなあ。
自分が娘化で許容できるラインを突きつけられるキャラだ。

私もそうだ。
自己分析してみたんだが、自分の場合は西遊記のストーリーに合わせて考えるから女性にした場合のドン引き度が上がってしまうのかもしれない。
自分も他の「娘化」は問題無い。アーサーやモードレッドはスバラシイキャラだと思っているが、三蔵法師だけはやはりキツイわ。

西遊記のストーリーと言えば、Fateの三蔵法師はビキニが袈裟という扱いらしいが袈裟を盗まれる話はどうなるんだ?全裸になると考えるべきなのか?

女人国のエピソードとか、どうすんだろうなー

日本なら探せば逆のとかもありそう。三蔵法師がショタキャラとか。

あるぞ。普通に。雑破業のエロ漫画がショタ三蔵法師で孫悟空とか女体化だったはず。

女にしてしまうと和尚と比丘尼の違いも出て来るからね。日本でそういう方面の反発が出ないということは、そこら辺の扱いも違ったりするのかね?

しかし……ウチの国でも観音を女扱いしているからなあ……

そうそう、観音も元は男。
今の女性イメージに関してはウチの国で制作された西遊記ドラマで左大玢が観音を演じたのがかなり影響しているはず。

いや、観音菩薩に性別は無いぞ。

菩薩に性別は無いはず……あくまで父性的な面が出るか母性的な面が出るかだ。だが、女だと思っている、或いは女神扱いなケースは少なくないな。

観音菩薩は昔からウチの国だと女性扱いになってるよ。
これはウチの国に入って変化しちゃったものだから、それを考えると正直日本の三蔵法師に関してはあまり強く言えない気がする……

しかし西遊記関係でこっちの感覚でも女性にして問題無さそうなのって誰だろ。

哪吒じゃないか?
わりと頻繁に偽娘扱いされるし、女の子だと思っていたヤツも多い。それに女性が演じることも珍しくない。

そのわりには哪吒の「偽娘」扱いが日本ではあまり主流ではないっぽいのが不思議。

一応Fateだと女になっているんだっけ?

哪吒はFGOでもまだ三蔵法師イベで顔見せしただけだから、性別については確定していないね。私も哪吒の性別の扱いは気になる。



とまぁ、こんな感じで。
現在の日本におけるイメージが形成された理由について分かっても、やはり三蔵法師が女性扱い、女性キャラになることについては抵抗のある人が多いようですね。

この辺りについては一般層もオタク層も変わらないようで、Fateファンなど日頃から女性化されたキャラに慣れているはずの層であってもかなり厳しい所があるとのことです。

「創作における女性化」については元ネタに関する知識や思い入れ、既に形成されているイメージなども影響しますし、やはり一括りにしてアリかナシかを判断するのは難しいでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

香港のピカチュウ改名デモ、大陸側の反応は

ありがたいことに
「香港で発生しているピカチュウの公式中国語名称に関するデモについて、中国本土のファンはどう見ているのでしょうか?」
という質問をいただいております。

この件に関しては以下のサイト様やニュースをご参照ください。

「ピカチュウ」改名の危機で香港人が抗議デモ! 日本領事館前が大変なことになってるぞおおおwwwww(ユルクヤル、外国人から見た世界)

香港で「ポケモン」の中国語名称巡りファンがデモ行進 日本領事館にまで訴える=台湾メディア(サーチナ)

それから5月10日に任天堂(香港)のHPで公開されたポケモンの中国語名称(No.151のミュウまで)はこちらです。

この件については現在中国のネットでもコチラコチラの記事(どちらも中国語)などで紹介されたり、環球網が取り上げたり(中国語)するなど、そろそろ一般ニュースレベルになってきているかもしれません。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトの大陸系コミュニティで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


香港もめてるなあ。
実際みんなは新しいオフィシャル中国語名はどうなの?

香港任天堂がネットで炎上していると思ったら、デモも起こってるのか。

アジア地区に関しては香港の任天堂が担当しているのに、なんで香港の連中がキレてんだよ……

ピカチュウの公式中国語名が「比卡超」じゃなくて、「皮卡丘」になるだけでこんなに大変なことになるとは。

香港の連中は広東語で読むから、発表された中国語公式名称に対する印象が異なるのまでは分かるが、それがどの程度なのかはさすがに分からん。

「丘」だと標準語なら問題無いが、広東語だと元のピカチュウの発音から遠ざかるんだっけ?大陸台湾と香港で反応がくっきり分かれるわけだ。

俺は広東語の発音が分からんし、香港人の翻訳はどうも理解できない。

「比卡超」って、なんかヘンな音の組み合わせ……

だからそれをこっちの発音で読んじゃダメなんだよ。広東語で読むんだ。

「比卡超」だとbei kaa ciu、「皮卡丘」だとpei kaa jauか。結構音が変わるみたいだが、日本語の「ピカチュウ」との差はどうなんだ?
どうやっても日本語そのままの発音にはできないんだし、誤差範囲のような気もするんだが。

これって台湾訳と香港訳の間の矛盾というか、広東話と普通話の矛盾というか……

香港で発表された中国語オフィシャル訳名の151までのポケモンの中で自分が引っかかる訳名は大比鳥(ピジョット)くらいなんだが、香港だとピカチュウが変わってしまうことになるのか……うーむ。

ユンゲラーみたいに吉と基で漢字表記だけ変更のもあるが、ピカチュウは音も変わっているからなあ。

これ、大陸や台湾のプレイヤーからすれば「まぁまぁ」「なんだかんだで悪くない」と言える内容だけど、逆に香港のプレイヤーからすると受け入れられないとかになるのかね。
ほとんどが俺達が普段使っている名称のままだし。

私は音訳に関してはカイロスが大甲でなく凱羅斯になったのが気になるくらいだね。

文句言うのは分からなくもないが、なんで香港はデモやるレベルで怒ってんだ?
ガンダムなんかも敢達と高達と鋼弾で公式名称がグダグダになっているけど、中華圏の通称は香港の高達のままだ。ポケモンもどうせそんな感じになるんじゃないか?

任天堂公式で、今改めて統一されるのが問題なんじゃないか。
ガンダムは香港大陸台湾で全部オフィシャルが違うから。

ガンダムファンからすると、大陸の公式が「敢達」でもみんな「高達」の方を使っちゃってるからこの件に関してはそこまで問題を実感できない。発音的には大陸の「敢達」や台湾の「鋼弾」の方が日本語の「ガンダム」に近いんだが、結局広まっているのは香港の「高達」のままだ。

長年使っていた名前を否定されるのは確かに受け入れ難いものがある。

俺もちょっとキツイ。
もう10年以上使っている名前を、今更使えないと言われても……新しい名前に慣れることはできるのだろうか。

自分の印象では子供の頃に覚えたのと違うのはそんなに多くないんだが、香港だと違うのかな?デモまでやるくらいだと。

私はラプラスが乗龍から音訳の拉普拉斯になったのが少し……なんか別のゲームに出てきそうな気がしてしまう。

ラプラスに関してはドラゴンタイプじゃないのに龍が入っていておかしいという指摘も昔からあったからしょうがないのかね。

カイリューを「肥大」と訳したヤツは許されない。
「快龍」で確定して一安心だ。

あの「肥大」レベルの訳名でなければ自分は受け入れられるわ。

香港発の中国語訳タイトルはトンデモなのがわりと混じっているから、今回の件についてはちょっと安心している自分がいる。
さすがに今の時代にそれほどヘンなのは出て来ないとは思うが、過去の事例もあるんでな。

ざっと見た感じだと大陸の方で広まっているのに近いな。
香港の方とか意識したこと無いが、もめてるってことはやっぱ変化が大きいのか?

改めてリストを見たが、これ香港の翻訳じゃないね。香港のテレビではこの名前では呼ばれていないはず。恐らく台湾の翻訳じゃないか?

香港がやったのに、台湾と大陸の名前を使ってそっちばかりに気を使っているから香港人は激怒しているんだろう。

大陸の方はあんまり意識していないんじゃないか……ユーザー数少ないのは明らかだし、売る場所もないし。

こっちでもポケモンの中国語公式タイトルが「口袋妖怪」や「神奇宝貝」、「寵物小精霊」ではなく「精霊宝可夢」になったときに揉めたというか、火種がいまだに燻っているからピカチュウで香港のプレイヤーがもめるのはしょうがない。

中華圏では昔から公式と民間で名前が違うとかはありがちな話だし、関係者も軽く考えたのかな?
正直な所、私もこの手の問題は時間が経てば落ち着くだろうと思ってしまうんだが……



とまぁ、こんな感じで。
香港のゴタゴタに関してはピンと来ない人も少なくないようでした。

これに関しては、先日発表された公式の中国語訳名が中国本土で普段使われているものにかなり近く、中国本土では
「細かい不満はあるが、大体問題無し」
といった感じで受け入れられているのも影響しているのかもしれません。

とりあえず、こんな所で。
台湾や香港は守備範囲外な上に管理人のポケモン知識が基本的に赤緑で止まっているので、今回の件に関してはいつにも増してツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「FGOも中国IPをはじくのか……?」

艦これのイベント、今回はかなり厳しいですね。
E-2でもうフル支援が必要になる難度っぽいので、支援用のキラ付けのためにいったんイベント停止状態です。もらえる装備が良いので、甲での突破を目指したい所ですが、さて……


さて、ありがたいことに
「Fate/Grand Orderで中国IPをはじく処置が行われているらしいが、その反応は?」
という質問を複数いただいておりますので今回はそれについてを。

「Fate/Grand Order」が中国IP対策を行ったのかどうかについてはハッキリしませんが、現在中国本土の方からはログインできない、或いはログインし難くなっているのは確かなようです。

とりあえず以下に、中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんかFGOのサーバーがずっと混雑中なんだが。みんなも同じ状況だったりする?

俺もそうなってる。
ログインまではなんとかできたんだが……

なんかみんな、IPはじかれていると言っているがどうなのよ。

勘弁してくれ。
やっとイスカンダルを引き当てたばかりだったのに。

サーバが死んでいるんじゃないか?
日本も今はちょうどゴールデンウィークだ。約1週間の長期休暇中だから、仕事行かないでゲームする人間が増えてFGOのサーバが死んだ可能性が考えられる。
実際、ここ数日臨時メンテ続きだしな。

そうなの?
IPはじいているとかじゃなくてサービス側の問題でいいの?

いや、これ中国IPをはじいているんだと思うが。
VPN使わないとログインできないだろ?

こっちはゲームを遊びたいだけなんだがな。でも中国IPからイロイロと行っているのも分かるのが……

FGOも中国IPをはじくのか……?
今の時点で「使える」VPNを教えてくれ!

自分も「サーバーが混雑〜」でいまだにログインできない状態が続いている。

私の方だとVPN無しでもいける。たまにフォウ君マラソンが始まるけど、普通に遊べる。VPNを通した方が逆にマラソンが長くなる。

なんかダメになったり復活したりでわけわからん。
ただ4月末からつながらない状態が続いている気はするな。

うーむ……人が多くなり過ぎた可能性も否定できない。
しかも、こっちもメーデーの連休だからFateに限らずVPNは遅くなっているはずだし。

とりあえず、あまり知られていないVPNが無いと厳しい。

FGOはサーバなのか、IPはじきなのかどっちなんだ!?
真相を求む。

中国の大陸側のIPはじいているなら、なんでVPN使っている俺も遅くなってんだよ……

それ、普段VPN使ってない層がVPNに流れてきているんじゃね?
あとはゴールデンウィークで普通にユーザーが増加し過ぎているとかも考えられる。

運営からのお知らせには中国本土のIPを封鎖したとか書かれていない。
だが現在、VPNを通さないとログインできなくなっている。これが臨時の措置で、サーバの増強とかが行われたら解除されるといいんだが……こんだけ遊んだデータが使い物にならなくなるとか、キツイよ。

有料VPN組の自分も今回はダメだ……
ログインできるけど、転送が不安定でどうにもならん。

運営のお知らせには何もないな。サーバの増強や負荷の分散とかがある程度。
もし今後もずっとVPNでつながないといけないとかなら、めんどくさ過ぎるし、想定外の回線費用とかも発生しそうだ……さすがにここまで遊んだのにやめたくはないが。

これって少しの間我慢していればおさまるようなものなの?またそのうち遊べるようになるの?

どうなんだろうな……日本国外のサポートしていないし、そのままと言うケースもあり得る。前にサポート外だったPCエミュを予告無しにバッサリ切ったりしている運営だし。

運営がどう考えているかだが……中国だけバッサリっぽいからなあ。
FGOはサポート内に関しては詫び石の配布など比較的誠実だが、サポート外に関しては容赦ない印象だ。

庄司には、人の心が分からない。

結局、どうすればいいんだよ!?

VPN使うしかないんじゃないの?大陸のじゃないヤツを。

うむ。それもあまり知られていないVPNをだ。
使えるVPNを見付けたら宣伝しないことだろうな、なんかIPではなくホストに対する処置の可能性もある。
しかし庄司もよく考えたな……このやり方だと業者の無限アカウント作成を潰す上ではそれなりに有効だ。とばっちりくらう大陸のプレイヤーにとってはたまったもんじゃないが!!

ここに貼られたサービスやアプリも、いつまでもつか……

まぁな。VPNもトラフィックの上限はあるから、人が増えたらダメになる。

業者がサーバに圧力をかけているという話があるし、詫び石も渡したくないから大陸のIPを潰したんだろ。有り得る話だ。

とりあえず日本国外でも中国以外のIPならいけるみたい。中華系で一斉banとかされたのかと思って焦ったわ……

しゃあない。とりあず5月の休みが終わるまで様子見だ。

しかし実際のところどうなんだ?
怒涛の連続メンテの履歴があるから、中国IPはじいているのかサーバが爆発してんのか分からん。
日本のユーザーも重い重い言っているし、過去にも重くてこっちからつながらないとか頻繁にあったわけだし。

結局、戻る見込みはあるのかなあ……
艦これのメンテ延長でイベント待ちしていたルームメイトが、FGOの怒涛の臨時メンテとこのIPはじき疑惑にドン引きしている……



とまぁ、こんな感じで。
現在の状況に関してはさておき、それとは別に現在の中国における
「規制への対応」
的な面での、ある種の典型的な反応が出ているようでした。

先日のアニメの規制もそうでしたが、オタク関係でも中国では真相不明な突然のサービス停止、或いは「気が付いたらつながらなくなっていた」「いつの間にか作品が消えていた」的な話が珍しくないので、今回の件についても原因を探りながらとりあえず様子見といったスタンスの人も少なくないようです。

ちなみに、FGOの中国展開に関しては昨年11月に流れたニュースだけで、その後は続報が出て来ませんね……いったいどうなっているのでせうか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「今の時代にゲーム機を買う人はどんなゲームのために買ったの?」

3月は新作ゲームがイロイロと出たのでどうにか時間を作ろうと悪あがきをしている今日この頃ですが、ありがたいことに
「中国のオタクの間で注目される日本のゲームは何か?」
といった質問をいただいております。

家庭用ゲーム機に関する状況もイロイロと変化していますし、中国オタク界隈におけるゲームの注目作というのもイロイロと変化しているのは確かなようです。
そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ゲーム機を買うきっかけになったゲーム」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今の時代にゲーム機を買う人はどんなゲームのために買ったの?
俺の知り合いは「ゲーム機のためにゲーム機を買う」ような人間ばかりなんで、他の人の感覚が気になるんだ。

携帯機でもいいなら、俺は「ポケモン」のために3DS買ったぞ。

自分は「軌跡シリーズ」のためにPSV買ったね。まあその後は……

まだ買っていないがアイマスの新作が出たらPS4を買おうと思っている。

アイマスの新作は繁体字中国語版が出るんだっけ。中国語タイトル「偶像大师 白金星光」で確定だし、そっちは自分も気になってる。

PSV買った理由は「閃の軌跡」だったな。

「ペルソナ5」が出るからPS4買って待ち構えている。

「モンハン」のためにPSP、3DSと買っている。PS4やXBOXは無いかなあ。

私も「モンハン」のために3DS、「閃の軌跡」のためにPSVだった。

据え置き機は欧米ゲームのためにといったことになっている。XBOXはHaloのために買った。

最近は無いけど、ゲームのためにということなら「リズム天国」とwiiだわ。

「エースコンバット7」のためにPS4買ったぞ!

世界で一番お姫様な方のためにPSP、PSVと買った。
ボカロはキャラ萌えのためにゲーム買ってる人が少なくないと思う。

ゲームのためにハードを買うとなると「ブラッドボーン」だな。

自分も「ブラッドボーン」がPS4移行のきっかけ。「ダークソウル3」も楽しみ。

「初音ミク -Project DIVA-」のためにPSV買いましたわ。

今年出るというFF15のためにPS4買った。どうなることやら。

「第3次スーパーロボット大戦Z」のためにPS3買った。

俺もスパロボのためにPS3買ったし、今度出るOG3のためにPS4も買った。あとPSVは「閃の軌跡」のためだった。

実は「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」のためにPS4買いました。

やはり「ポケモン」かな。自分の3DSはずっとポケモン専用機状態。

「ポケモン」目的のヤツが周りには多いが、自分は「スマブラ」のために3DSに手を出した。

PSP、PS3、PSV、3DSと考えてみたらハード買う理由が全部初音ミクだった。PS4もこの調子だと買う。

ここでなら言える。俺は信仰のためにPS系ハードを買っていると周りには言っているが、実は初音ミクのために買っているんだ……

閃乱カグラのためにPS4を買った。自分は間違っていなかったと実感できた。

サモンナイト6が出てしまったので、PSVを買わないわけにはいかなかったんだ!!

乳バレー。

俺も俺も。そのためにPS4も買った。

「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」か……でもあれってSteamでも出るんじゃないの?

乳バレー3の方はSteamで出ないと明言されちゃってる。SONY系独占状態だ。

え?PC版無いの?「DOA5LR」があるからてっきり出るもんだと。

PC版は改造とか問題になってるし、レーティング的に難しいというかめんどくさいことになるからだという話もある。
PSVでも出ているからやわらかエンジン関係が原因ではないと思うんだが。

PS4買ったのがDOAX3のためというわけではないが、テレビをでかいのにする理由の一つにはなった。今後出るであろう追加DLC購入の覚悟もできている。

さすがにアホだろ。直接エロゲーやれよ。

お前は分かってないな……18禁ではダメなんだよ。

その通りだ。
モロに見せられるエロよりも、ギリギリを攻めてくる方が刺激的だし、理想のものを妄想できる。



とまぁ、こんな感じで。
ざっと見た印象では初音ミクとファルコム系RPG、携帯機ではポケモンなんかも強いようです。今回見て回った所はゲーマーというよりもオタク寄りな人が多いと思われる所だったのですが、だいたいイメージ通りでしたね。

ちなみに今回の記事を描いている時に「乳バレー」こと
「DEAD OR ALIVE Xtreme」

が中国語では直訳(?)で
「奶排」
というのを知って、無駄な知識がまた一つ増えました!


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ポケモンの中国語版とかどうせデマだと思っていた……まさか本当だったとは!」

ありがたいことに
「ポケモン新作の中国語対応に関する反応は?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

【リリース・動画追加】『ポケットモンスター サン・ムーン』ニンテンドー3DS用ソフトとして2016年冬、世界で発売決定!(ファミ通_com)

ポケモンに関しては中国でも息の長いファンのいる作品ですし、このニュースに関してもイロイロと話題になっているようです。
そんな訳で中国のソッチ系のサイトでゲーム関係の所を中心に回って見かけたやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ポケモンの新作、中国語版が出る!公式で発表された!!

俺の見間違い、聞き間違いじゃないよな!?

簡体字、繁体字両対応だぞ!

おお、マジだ。
これで翻訳見ないで直接遊べるようになるか?

半信半疑だったが本当のようだ。
英語にしたり、「中国語説明書」と首っ引きで遊んだりしなくてよくなるな。

本当だったのか……噂は出ていたが中国語体験版とかの動きも全く無かったからてっきり無いものだと……

ポケモンの中国語版とかどうせデマだと思っていた……まさか本当だったとは!

さて、中国語版のポケモンの名前どうなるんだろうね?
音訳表記だって複数あるし。

そういうのって商標も関係するからな。

そもそもタイトルでも国内に広まっているのが複数ある。
今回の発表で中国語タイトルは公式に「精霊宝可夢」で確定っぽいが、ウチの国のフォーラムにはずっと別の中国語タイトルでやってきた所も多い。これまでの他の中国語化された作品を見ても、新しいタイトルにみんなすぐに合わせるってことは無いだろうな。

俺の常駐している場所とか、その名前無視していたからなー
何年か前にテレビで放映される時のタイトルが「精霊宝可夢」で、みんなでヒドイ翻訳タイトルだとツッコミ入れまくっていたんだが今となっては笑えない。

場合によってはガンダムの混乱みたいなことも起こってしまうのか。
(訳注:ガンダムは中国本土の「敢達」、香港の「高達」、台湾の「鋼弾」表記が存在し、中華圏の名前の扱いに関してはいまだに混乱しています。ちなみに中国本土では海賊版時代に「高達」で広まってしまったので、ファンの間ではいまだに「高達」で語られることも多く、「敢達」はあまり使われていないという話も)

変えなきゃいけないとは思わんが、新規ユーザーのためにも、併記するくらいのサービスはしてもいいんじゃないだろうか。

古いユーザーは昔の名前で慣れちゃっているんだよな。
まあ古い人間は代表的な「口袋怪獣」、「口袋妖怪」、「神奇宝貝」、「寵物小精霊」辺りの名前だったら脳内変換余裕だからファンの間ではそこまで厳格にやらないでもいいだろう。

「精霊宝可夢」とかちょっとまぬけ過ぎて……
登録関係でしょうがないのだろうけど。

「宝可夢」でpokemonの音訳も狙っているから、「哆啦a夢」(ドラえもん)みたいな扱いになってくのかもしれない。あれも昔々は「机器猫」で広まっていたからな。

俺はオフィシャル翻訳を支持する。
「精霊宝可夢」も慣れたら悪くない。

自分にとっても「精霊宝可夢」はなんだか耳慣れないタイトルだが、やはり公式のタイトルを使うべきだろう。

それかいっそ、直接pokemonで呼べばいいんじゃないの。

しかし、中国語版が出るとしてリージョンロックの問題がある。
どこのハードで遊べば良いんだ?例えば香港で発売された中国語版を手に入れた場合、日本で買った3DSで遊べるの?

リージョンはどうなんだろう……これまで言語はゲーム本体に入っていても、リージョン関係で遊べなかったわけだが。

香港で発売されるバージョンはリージョンかかっていないという情報が出回っているが、これマジ?

リージョンかかってないってことは日本で買ったハードで香港で売ってるソフトが遊べるってことか……任天堂のこれまでの方針からすると可能性は低いと思うんだが。

リージョン関係はどうなんだろうな。「関係者」「内部人員」からの発言は飛び交っているが発売するか公式発表でもないと……しかしそうなるとこれまで香港版買ってたこっちのスタンスがイロイロと無意味になるような気が……

これは罠だ。リージョンに不安を覚えさせ、香港のハードを買わせようとする罠だ!

中国語版だけ対応してくれると助かるんだけどなあ。Steamみたいな感じではやってくれないよなあ。

リージョンかかってたら日本語版の日月、かかってないなら香港版の日月を買うわ。
あと簡体字版が出るなら、簡体字版のパッケージも制作されるのかね?そこも気になる。

リージョン……本体同梱版の購入を本気で考慮するべきか?これなら間違いないだろうし。

昔からのファンはリージョンかかってようがあんま関係ないだろ。自分の持っているハードに合わせて買えばいい。今までと同じように遊ぶだけ。
問題は新規ユーザーだな。中国語版が香港で売っているバージョンでしか遊べないとかになると、それを目的にしてきた層が混乱して炎上する可能性がある。

それにしても中国語版か……XYの時のような勢いとはいかないが、香港版の売り上げに中国人の恐怖の購買力が加わるな!

香港はともかく、本土の方のポケモンファンってそんないるか?
それも金出してゲーム買うような人間が。

ウチの国、オタクはDSゲーム買わないからな。
SONY系はまだゲーマーが残っているが、任天堂はガキの玩具のイメージが強過ぎてDS以降あんまり流行らなかったし。

ライトなファンは多いよ。
ポケモン関連のグッズはよく売れている。テレビでアニメやってたのは大きいね。ただ最近の若い世代はポケモンに接する機会が減っているからファンの年齢層はやや高めになっていると思う。

ウチの国だとフォーラムも専門の所以外は盛り上がってない。普通の所で話題にすると、ポケモンとかガキの遊びだと嘲笑される……

自分は基本的には一人でじっくり遊ぶ感じだから、ネット上でのやりとりはあんまりしてないな。周りでDS持っている人間はそれなりにいるんだが。

中国語が出たら遊んでも良いというような連中から、3DSでポケモンを遊ぶ人間が増えてくれると嬉しいんだが……売り上げの数字には正直あまり期待できない気が……

とりあえず中国語版が出るなら買うわ。
どうせ今回も単なる噂だろうと思っていただけに、とても嬉しい。

うむ。俺も全く信じていなかった。
数日前の自分は「どうせデマだよ」と発言しているな!



とまぁ、こんな感じで。
今回の中国語対応をかなり意外に思う人が少なくないようでした。

ちなみに
「中国本土の方で販売されるかという点についてはどういった反応が?」
という質問もいただいていたのですが、その辺りに関してはあまり意識されていないようで、香港で販売されるのがどうなるのか、リージョンがどうなるのかといった問題の方が注目されているようでした。

中国オタク界隈では香港ルートでゲームを手に入れるケースが珍しくありませんし、最近はネットショップも充実しています。現在も日本のゲームをやっているような層はその辺りの手間はそれほど問題にならないのかもしれませんね。

ただライトな層にとってはその辺りの手間は大きいですし、今回の中国語版対応をきっかけにして新しいプレイヤーが増えてくれないか……といった期待をする発言も見受けられました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国でPSPがニンテンドーDSに勝った理由

中国で出た「外国企業のコンテンツ配信禁止規定」について。影響が大きそうなのはゲーム?

先日、国家新聞出版広電総局と中国工業情報化部による外国企業の中国における直接のコンテンツ配信を規制する規定が出ました。

ニュース - 中国、3月10日より外国企業のコンテンツ配信を禁止へ(ITpro)

ありがたいことにこの件に関する質問を複数いただいておりますので、今回はそれについてを。

このニュースにある規定はこちらの
「インターネット出版サービス管理規定」(中国語)
だと思われますが、その内容は確かに厳しい所もありますね。
例によってイイカゲンではありますが、とりあえずオタク関係で大きな影響の出そうな部分を大雑把に紹介させていただこうかと思います。

中国のネット上のコンテンツに関しては2002年に施行された「インターネット出版管理臨時規定」という暫定のものがありましたが、新たな規定は対象となるネットのコンテンツの範囲が以前と比べてかなり広く明確に定義されていたり、具体的な管理方法が定められたりしている印象です。

当ブログ的に目をひくのはまずネット出版サービスの定義でしょうか。
第二条の条文を見ていくと、ネットで出回っているイラスト系コンテンツ、文字系コンテンツ、音楽、動画、ゲームなどは全て「网络出版服务」(ネット出版サービス)としてこの規定の対象となるようで、実質的に中国のネット系コンテンツのほとんどが対象になるかと思われます。

ちなみに以前の臨時規定においては主に紙媒体の書籍や雑誌、新聞、などの電子書籍、音響映像作品などの出版物とされており、音楽や動画、ゲームなどに関しては曖昧で実際これまでは管轄や管理のゴタゴタが発生していました。

そして第二章のネット出版サービス許可に関する部分も以前と比べてかなりハッキリ定義されていますが、ここで気になるのはやはり
「外国企業、それから中外合資、中外合作の企業はネット出版サービスに従事することが出来ない」
とされている点ですね。これが「外国企業のコンテンツ配信禁止」となる部分でしょうか。

またそれに加えて
「サービスに関連する技術設備、サーバやストレージデバイスを中国国内に置かなければならない」
というのも重要です。ゲームに大きく関係しそうな部分ですし、中国オタク界隈ではこの辺りに注目する人も少なくないようです。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの新規定に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


この間出た3月からの新法規、ヤバくないか?
海外資本が中国本土のネットで直接コンテンツを発表するのが禁止されるわけだが。

うーむ……どういった影響が出るのか。
例えばアニメ関係だとどうなるんだ?
審査が増えてめんどくさくなるのか?

めんどくさくなるのは確かだろうけど、上がどこまでやるかは例によってハッキリしないな。取締りの根拠を固めている面もあるだろうし。

アニメは動画サイト規制の方で既にガンガン行われているし、版権買って配信しているのは中国の動画サイトだからこの規定が即座に影響することは無いと思う。漫画の配信も。
ただちょっと不安なのはユーザーがアップするコンテンツに関する管理、それから保護者に叩かれ易いコンテンツがどうなるかとかだな。

上の対処方法が変わると思う。この範囲のコンテンツに関して、以前は出版関係の管轄だと罰金くらいしかできなかったのが、機材没収や営業所の閉鎖とかの行政処分が出来るようになるはず。

管轄範囲の拡大は確かだが、前からあった規定を、改めて文書化した面もあるからそこまでヤバイとは感じないわ。

完全に封殺するとかではなく、審査の厳格化を進める感じか?

出版とか動画はめんどくさくなるけどそこまで極端な影響は出ないかも?許可証関係は何度か厳格化されているし。

ネット出版物の範囲がガッツリ広がって確定されたのがまず大きな変更、現在のネットコンテンツはほぼ入るな。

ゲームやweb漫画、ネット小説もきっちり入るね。

一番影響が大きそうなのは許可証をとっている業者でも、使っているサーバを内地の方におかなければいけないことだろう。ゲームがヤバイ。

あー、Steam終わったな。

以前、アニメとかが審査を通さないと配信してはならない、審査にかかる時間を考えると日本の放映とタイムラグなしでの配信は不可能とかいう話になって騒ぎになったが……
あれは規定を厳格に解釈したらそうなるけど、結局は大丈夫だったというケースだと思うが今回はどうなるのかね。

あまり楽観的には考えられないんだよなー
それにアニメはタイムラグ無しの配信はできるけど、業界は間違いなく冷え込んだし

電子出版ってことはkindleはどうなるんだろう?Googleみたいに撤退するのか?
あとamazonはどうなんだ?

amazonもオンライン出版枠で関係する所があるのか。
サーバ国内に置いてあとは審査手続きか。全届出は現実的ではないし、許可証取得とサーバ管理と、審査の手が入ることをどの程度受け入れられるかという話になるのかなあ。

Googleが中国に入ろうとした際に出されたと噂される条件、こんな感じだったような。まあオンライン書店で中国の本売るとかなら今回の件には関係しないだろうし、本業撤退はないんじゃないかね。

ネット小説は以前からガッツリ管理や規制が入って、作品によっては直接消されたりしている。今回娯楽関係で影響が出るのは、わりと放置気味だったネット漫画やソーシャルアプリ系のゲームじゃないか?

ネット漫画はちょっと心配だな。エロと暴力が氾濫し過ぎている。

これ前からあった規定を整理しただけだろう。規制強化するならもっとガッツリやる。心配し過ぎ。

あったのは確かだが、ネットの出版物として規定されていた範囲が明らかに違う。今回の新規定でネット上のコンテンツはほぼ「出版物」の定義で扱われるようになったし、扱い的にもオフラインの出版物に近くなる。厳格化されたのは間違いない。それにサーバが中国国内でないとダメというのもかなり大きな強化だぞ。

俺が知りたいのはSteamがどうなるかだ。終わりなのか……?

そもそも始まってもいないんじゃないか。
中国の法律で国外のSteamを規制できるわけないし、ゲーム自体は何の問題も無いぞ。だが中国進出や中国ユーザー向けは……

Steamの中国語版、それとウチの国のクリエイターのsteam進出がヤバくなるんだよなあ。

XBOXやPS4のオンライン関係どうなるのかというのも心配。
中国国内で閉じている所もあるからすぐに死亡ってことはないだろうけど。

Steamは出回っているゲームの内容的にもダメだろうな。
「国家安全、社会安定等方面」に引っかかる。
PCがまた海賊版時代に……?

いずれ来るだろうとは思っていた。
正規版を遊ぶための最大の壁は国家だ。

Steamに課金し過ぎた俺は、この規定のおかげで節約できそうだ。あーあ……

安心しろ。今までの流れ的に、ネットでは必ず「中国向け」に特化したものが中国の企業により出されて普及する。
Steamや海外ソシャゲの人気ゲームをパクッた作品が出てお前の金を吸い上げてくれるさ!

翻墙だ!壁を超えるんだ!

SteamもそうだがApp StoreとGoogle Playがダメっぽい。
国産ゲームがそっちに進出するのもダメっぽい。

VPNはめんどくさいんだよな……またsteamのギガサイズのアップデートで死ねる日々になるのか……

なんか業界への影響、かなり大きくないか?今の大きなプラットフォームが全部影響受ける可能性が……

とは言え、実際に施行されてみないと何とも言えないんだよね。
上の方がどれだけ力を入れて執行してくるか次第だから。

あいかわらず情報化時代に逆行する。もういっそ古代に戻ろうぜ。

ウチの国の人間は高くて硬い壁で守ってやらないといけないほど心が弱いようだからな!!

結局は施行される3月10日まで様子見か。
上の方も反応見ながら適用の厳しさを決めるのがいつもの流れだし……



とまぁ、こんな感じで。
例によって「具体的にどうなるかは施行されてみるまで分からない」といった認識の人も少なくないようです。
また、ここ最近中国でかなりに広まっていたSteam系のゲームがどうなるのかというのがかなり心配されているようでした。

今回の規定に関してはイロイロな意図が考えられますが、ネットのゲームコンテンツ、ソーシャル系のゲームは現在の中国で数少ない景気の良い分野ですし、ネットの管理規制に加えて、国内産業保護などに関する意図もあるのかなーなどと考えてしまいますね。

ただ、審査手続きの手間やリスクが上がるのは間違いありませんから、中国国内のゲーム業界にとっても少々めんどくさくなるのは確かでしょうし、景気への影響も気になる所です。

また中国国内の大手はどうにかなるとしても、それ以外、特にインディーズ系のゲームはかなり厳しくなりそうです。最近はゲームを作ってGoogle PlayやSteamで売ろうとする動きが中国のゲーム業界にありますし、実際に一山当てるケースも出ていますが、この規定の影響でそういったサクセスが難しくなってしまうことも考えられます。
何はともあれ、この規定に関しては引き続き追っかけてみようかと思います。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「式姐が来るぞ!FGOに空の境界が参戦だ!」

ありがたいことに
「Fate/Grand Orderと空の境界のコラボが発表されましたが、中国での反応は?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

『FGO』初のコラボタイトルは『空の境界』! 両儀式が登場(電撃App)

ダ・ヴィンチニュースの方のコラム
日本と中国、Fateファンの違いとは
にも書きましたが、「Fate/Zero」が人気になる以前の中国ではFateに関しては、
「情報は広まっているが実感の伴う人は少ない」
という状況にありました。

ですがそんなFateに関する情報が曖昧な時期の中国においても、「空の境界」は小説やアニメが存在した事からTYPE-MOONの看板的作品として中国オタク界隈で広まり、人気となっていました。

そんな訳で古参を中心に中国のTYPE-MOONファンの間では「空の境界」の評価がかなり高く、今回のコラボイベントの情報に関しても早速話題になっているようです。

以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


式姐が来るぞ!FGOに空の境界が参戦だ!
CMも公開、ufotableによる新作アニメだ!

おー、虚淵関係でまどかと言う予想も見たがまずは内部作品で来るか。

式姐だ!式姐の公式最新作だ!

良いね良いね、課金関係はともかくこういう企画はとてもいい。

CM不意打ち多いぞ!?
見慣れた伽藍の堂かと思いきや、なんかそこでは見慣れないようなキャラが……!

私の式がとても美しい……
みんな新しい画で動いている……

ところでCMのあのロボみたいなの何?
肩のキャラ?も小さくてよく分からんのだけど。
橙子の人形関係だったりするの?

キャスタークラスの方の狗じゃないかな。
ロボみたいなのは宝具のウィッカーマンだと思う。

いったいどのタイミングの話になるんだ?
未来福音の後になるの?

俺は伽藍の堂にイリヤがいる方が気になるんだが……

自分がCM動画見た後の最初の感想「ディルムッドが上半身裸なのはなぜ?

式はお前らにやる。俺はロリキャスターをもらう。

動画の師匠エロイねー
尻もおっぱいもタイツも

しかしディルムッドは何のために出てきたんだ?
師匠だけなら人気キャラの宣伝に思えるが。

CMには狗の方も出ているし、コラボイベントはケルト系が出張るストーリーになるのかもね。

空の境界のキャラは若干絵柄変わったかな?
UBWのキャラデザに近くなっているような。

なんだよ。アニメの新展開かと思ったらゲームかよ……

自分もアニメだと思ってガッカリしたよ。
でもきのこが直接関わるのが明言されているから間違いなく空の境界の最新作なんだよな。うーむ……

しかし、欲しくなるキャラばかり投入してくるとかFGOは外道だ……

それには同意しないわけにはいかん。
レアで今まで欲しいと思わなかったのは沖田総司くらい。
まあ欲しくても当たらないんですけどね!

CMもゲームのアナウンスも見たが、一つ言いたい。
普通に考えたら式は☆5だろう!?なんで☆4なんだよ!?

式は☆4アサシンなのか。
生きているのなら、☆5レアだって殺してみせる!
的なことになるのか。

☆5だったら大多数のプレイヤーは手に入れられないだろうが!
FGOのガチャで☆5狙いがどれだけヤバいか知らんのか!?

そうだ、知らないならガチャを回してこい!

ピックアップ狙っても☆5サーヴァントは来ない、礼装ばかり。
来てもヴラドのおっさんとかいうことになった俺のような人間もいることを忘れるな。

それにしても、式は☆4レアでイベント参加で配布らしいが☆5は誰が来るんだろうな。空の境界のキャラだろうし。

普通に考えて強い課金版☆5式は出すだろう。
全員配布では金を騙し取れない。

FGOのユーザーはそういうの無くても課金しまくってるのが恐ろしいんだよな……
今までの傾向から考えるとやるならば単純に弱い無料配布版と、強い課金版ってことではなく、何らかの設定を組み込んでくるんじゃないかな?

確かに☆5がどうなるかは気になるな。
すぐに思いつくのは橙子か、式の別バージョンとかか。式で出されたら俺は自分の財布に死の点が見えるようになってしまう……

恐らく☆4式だけでは自分は満足できない。橙子と式の☆5のために突撃する以外にないようだな。

おい、その先は地獄だぞ。

FGOとっくの昔にやめた自分は安らかな心で過ごすことが出来る。

まだだ、まだ自分は耐えられる。だが月姫コラボが出たらヤバイ。

ところで、CMの通りにセイバーのエクスカリバーと式がぶつかったらさすがに勝負にならないんじゃないの?いや、宣伝のためのネタだとは分かっているけど引っかかるんだよ。

何を言う!俺の式姐なら、アホ毛王など秒殺だ!!

真面目な話、式はCM状態のエクスカリバーとやりあうのはどうなんだろう?
絵としてはカッコイイが、設定を考えると……

サーヴァントの攻撃に対してどこまで直死の魔眼が有効かは不明だし、イロイロと補正がという話はあるが、式がサーヴァントと戦えるという事自体は設定的に問題無いよ。
公式の設定で直死の魔眼は対サーヴァントでも有効(霊体化している状態でも)とされている。あとextraで式は「英霊に連勝を続ける」強力な隠しボスとして出て来ている。

霊体や概念殺せるから、サーヴァントと戦えなくはないんだよな。
ただ身体能力に関しては基本的にサーヴァントの方が上だから不利になり易いという感じかな。

嬉しいコラボなのは分かった。
だから早くウチの国でサービス開始してくれ!課金の準備は出来ているんだ!

中国語版、ウチの国のサービスはいつになるんだろうな……ホントに。bilibiliでやるとかいう情報が昨年出たけど、何にも情報が出ない。

続報無いんだよね。未確認情報が飛び交っているし、本当に来るのか、そもそもbilibiliがやるかどうかも怪しいような空気が……
日本のサービスの方は召喚時のセリフに字幕表示が付くなど、海外向けでもやり易いような変更が見て取れるんだけど……

そこは待つしかない。俺もずっと待っているんだ。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈における「空の境界」の評価の高さを改めて感じました。
またTYPE-MOON作品同士のコラボということから各作品に関する新たな展開、設定が出て来るのかどうかという点に関しても注目されている模様です。

中国の古参のTYPE-MOONファンの中には「空の境界」が一番思い入れがある作品だという人も少なくないようですし、もし中国展開が行われた場合中国語版の実装が非常に期待されるイベントになるかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「千年戦争アイギスについて」

礼号作戦のE-2のドロップが私の艦これ経験的にかつてないほど濃厚かつ難度も消費も手頃ということで、E-3に進む気が全く起きなくて困る今日この頃でございます。

ありがたいことに
「千年戦争アイギスは中国のオタクの間ではどうなのか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

千年戦争アイギスは艦これと同じDMMプラットフォームなことに加えてAndroidやiOSにも対応していることから手を出している中国オタクの人もそこそこいる模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで見かけた
「千年戦争アイギスに関する初心者向けっぽい内容の雑談」
を例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


勧められて千年戦争アイギスをやってみたが、正直悪くない。
日本というかDMMのゲームっぽいね。

課金の要求が薄いのと、ランキングで競争させられることがない点なんかはそうだよな。

日本のゲームってソーシャル要素が薄いという印象だったが、アイギスは本気で全く無いのに驚いた。

実際、アイギスはソーシャル的な要素が皆無だよね。今まであったのは……大討伐の討伐数くらいか?
暇つぶしにゆっくり遊べる、今の時代意外に貴重なゲームかもしれない。

ストレスなく圧倒的に遊ぼうと思ったら課金も必要だが、手間かけて育てたレア度の低いキャラやイベント配布キャラでもなんとかなるのは良い感じだ。

自分も最近始めてみたけど、無課金で行く場合は結晶を何に使えばいいの?キャラ枠解放?それともいっそガチャに全ぶっぱでいいの?

始めたばかりならキャラ枠かな。
レベル上げのエサの確保とか、自分の戦術が確立するまでの選択肢の確保とかでキャラ枠は余裕があるに越したことない。

王子のバフ称号獲得を目的にカリスマに割ってレベル上げてしまうのも一つの手段よ。

戦力がある程度整っている、ストーリーミッションを進める上で問題無い、或いはレベルアップさせればいけるというくらいならガチャはオススメしない。
無課金の場合、結晶はイベント用に取っておいた方が良い。収集系イベで黒が配布されるときとか結晶が無いと泣くことになる。

始めたばっかならリセマラも……
序盤の戦力に黒が一体いるだけで全然違う。

黒は陰陽師と堕天使以外は強いからな。理想としては黒弓や黒海賊。ストーリーイベではこれだけでほぼ進められる。

陰陽は調整の結果、汎用性の高い強ユニの一角になってるぞ。範囲鈍足は対空でも使える。逆に黒海賊が高難度だとちょっと厳しいかな。まぁどの黒でも一枚あれば戦術の核に出来て楽になるのは確かだが。

「黒ユニは全て強い、陰陽師以外」とか言われていたよな……

黒で強いって聞くのは伏龍だけど、実際使ってみるとそんなに強くない。射程短いし、弓の方がよくね?スキルは確かに強いけど……

伏龍は育ててクラスチェンジさせないといけないから、序盤に手に入れても厳しいかもな。育てば通常遠距離攻撃、スキル、バフ、コストと最強クラスになるんだが。

自分はリセマラせずに王城クリアまでわりとスムーズに行けたし、そこまでリセマラに拘らなくても良いと思うぞ。
アプデや流行の敵の傾向によってユニットのバランス変わるから、完全無課金を通すとかでもない限りリセマラに関してはそこまで気にしないでもいいような。

自分は艦これやってるアカでもあるから、リセマラせずに課金したわ。

俺も無課金リセマラ無しの王子だけど何の問題も無いぞ。最近は初心者王子には加護による補助あるから始めた時期のイベントによっては案外楽にイベントのユニット取れるだろうしね。

アイギスの運営はイベントで特定の強ユニットを封じるような形のマップを投入してくるから黒ユニ一点突破に頼り過ぎるのは危険。リセマラするよりもイベントなどで手駒の幅を広めに取っておきたい所だな。

とは言え、課金や特化した育成が必要なステージも存在する。そう、魔法大戦だ!

魔法大戦はウィッチを育ててコスト下げないといけないからな……
別にクリアしなくてもいいけど、その後のミッションに美味しい所もあるのが……本気でクリアするつもりなら育成だけじゃなく加護に割るのも考えた方が良い。

まぁ、まずはゲームちょっと進めてみて、動画とwikiを見てってのがいいね。説明だけだと分かり難いゲームだし。

課金しまくって黒を揃えているとかでもなければ、攻略前には動画を見ておくべきだな。ニコニコ動画にいっぱいあるので見に行くといい。

自分は無課金でも最初はガチャに結晶つっこむべきだと思うな。ユニットのクラスに幅が無いと戦術の幅も狭まる。白や金が来たらOK、銀でもレベル30だから序盤はかなり助かる。

アイギスは基本的にハズレキャラがいないのが良い。ダブってもコスト減少に使えるし、クラスチェンジや覚醒の材料用に保管しておいてもいい。

強キャラ収集も良いけど、自分は低レアでクリアするのが楽しい。金以下とかで神級をクリアできた時の達成感は忘れられない。

最近はレベル上げも楽になってユニット入手して戦線投入のペースが速くなったから、初心者がガチャもありだよな。
委任機能は良いものだ。あれのおかげでメインじゃないけど、定期的に遊ぶゲームになった。

アイギスは拘束時間が短いのが良い所だ。レベル上げ巡回用の委任機能が実装されているし、プレイヤーの戦術による面も大きいし、日本のソーシャルゲームの中でもかなり特異。

一日貼り付いてマラソンするゲームじゃないけど、毎日起動する気になるゲームではあるな。

一般向けがあるのも嬉しい。俺達が語っているゲームは一般版の方だから!エロについてじゃないから!と言い訳できる!

でも王子の顔は典型的エロゲ主人公顔だよな!

まさか王子が覚醒して強力なユニットになるとは思わなかった……無課金でも手に入るどころか、全プレイヤーの標準所持ユニットなのに……



とまぁ、こんな感じで。
これ以外にもストーリークエストやイベントの攻略に関してのやり取りが飛び交ったりもしている模様です。

ちなみにユニットに関してはやはり個別の名前では呼び難いようで、例えばナナリーだったら「黒弓」のようにレア度とクラス、それからガチャやイベント産といった辺りの組み合わせで呼ばれることも多いようで、同レア同クラスが複数いる場合は髪や装備の色が加わったりもしているようです。

もちろん個別の名前やあだ名で呼ばれたり、二つ名そのまま或いは中国語に省略して(例えば「光の盾ジェリウス」なら「光盾」、伏龍の軍師アイシャならば「卧龍」)呼ばれたりすることもあるようですが、略称的に使えるレア度とクラスの方が多く使われているという印象です。

ゲームやっていない方は置いてけぼりになりますが、とりあえず以下に私がソッチ系のサイトや動画のコメントなどで見かけたキャラの呼称で理解できて印象的だったものを並べてみます。
(中国のアイギスユーザーの間でどの程度普及している名前なのかはハッキリしないので、その辺りに関してはご注意を)

安娜:アンナ
KT、教官:ケイティ
沙漠醤(砂漠ちゃん):アサル
monme爹(monmeさん):ベルナール
性戦士:マリベル
妹盾:ディーナ
姐盾:ディーネ
膝盖(ヒザ):ミーシャ
偶像(アイドル):キャリー
百合:テティス
性騎士:エミリア
呆毛賊(アホ毛賊):ベルナ
打工賊(バイト賊):ベティ
金大媽(金おばさん):テミス
空気之友:セリア
龍排(ドラゴンステーキ):ガドラス
対魔忍:アザミ
saki:サキ
nagi:ナギ
酒鬼武士:チズル
苦瓜:サクヤ
母猪(豚):エスタ
poi:コーネリア
狗頭:ザラーム
飛机杯(オナホ):ジーナ
猫拳:ウル
拉面:ウズメ
周瑜:シュウカ
幸村:マツリ
苹果(りんご):クロエ
黒掉毛:ソフィー

(「掉毛」は「抜け毛」的な意味になりますが舞い散る羽に対して使われたりもします。例えばWゼロカスタムの通称の一つに「掉毛高達」というのがあります)
Saber:ジェシカ
吸血loli、女儿(娘):エデン


虎牙弓、貝拉大神:ベラ
赤城:カズハ
看板弓:バシラ
索瑪:ソーマ
(ソーマ、アンナは名前で呼ばれていることも多いようです)
小喬:シャオ
白爺:バルバストラフ
黒爺:サイラス
核弹大媽:ガラニア
鉄壁:モルディベート
媽媽(ママ)奶:ドルカ
聖幼女:イリス
毛衣(セーター):リアナ

(中国ではアイギスに限らずヒーラー系職業が「奶」「奶妈」と呼ばれています。日本語で言うとおっぱいや乳母というか何かな意味になるようなのですが、某ドルカなどから妙にしっくりくる呼び名になっているような……)
触手氷:フィグネリア
眼鏡:アデル
媽媽(ママ)氷:クロリス
生放送魔女:リゼット

(ウィッチは「冰」(氷)が俗称となっています)
岳父:ヴィンセント
王菲(フェイ・ウォン):エリザベート
黒奴(黒人奴隷):スー
菲特(フェイト):ゾラ

(たぶん「リリカルなのは」のフェイトからだと思われます。なのはシリーズの「魔砲少女」の俗称もかけているのではないかと)
小圓(「まどか☆マギカ」のまどか):ソラノ
哈利波特(ハリーポッター):ファルネ
唯一神:ミコト



とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「銀英伝の新作ゲームが出た!出たんだけど……」

ありがたいことに
「銀河英雄伝説タクティクスのサービスが始まりましたが、中国には銀英伝ファンが多いと聞きますし、何か反応は出ていませんか?」
という質問をいただいております。

「銀河英雄伝説タクティクス」は「艦これ」と同じDMMでのサービスとなっていますし、中国オタクの面々の目にもとまり易いようで一部の銀英伝ファンの間で話題になったり、手を出してみる人が出たりしている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「銀河英雄伝説タクティクスに関するやり取り」
を例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


銀英伝の新作ゲームが出た!出たんだけど……

原作にハマったからとりあえずやっているが、他人には勧め難いレベルだよな。

ホントに出たのか。銀英伝だからわりと本気で「俺の生きているうちに出ればマシ」くらいに考えていた。で、どんな感じ?ブラウザゲームだしDMMだから艦これっぽい感じ?

そんな感じかなあ。
PVPも実装されていないし、一人用の面クリア型SRPGといった所だろうか。それぞれの陣営に所属する提督同士のPVP、大会戦みたいなのを想像していると戸惑うぞ。

戦闘システムはスパロボとかのタイプだね。ターン制で四角マスの。
生産と遠征が艦これ。あとガチャでキャラ入手。

自分は当面の手持ちでガチャだけ引いて課金するかは様子見。
正式サービス開始で、一応ガチャが陣営ごとの確率アップ、それと獲得経験値アップとかのキャンペーンが行われているが全然実感できんし。

良いキャラが当たらないわけではないようだが、これに課金するのはちょっと……

出来に関しては褒められたもんじゃない。日本はやはりネットゲーム作るの下手だな。普通に遊びたいならウチの国のブラウザゲームの方をオススメするよ。

これ、ダメかも……なんでこうなっちゃったんだろう。
過去の銀英伝のゲームはどれもそれなりに面白かったのに。

今の段階では戦闘に関しても内政に関しても過去作の方が良いな。

良い所はネームドの艦船を建造できる所とかかなあ。
でも資源の自動回復や資源回収の遠征が艦これと違って極めて効率が悪い。あと将兵の体力回復する場合、艦隊に配置しておかないといけないという仕様。一艦隊をタンクベッド状態にして回復させないといけないとか、何考えてんだ。

今の段階では面クリアしたらやること無くなる。
面クリアするにしても、銀英世界をシミュレートするにしても微妙。続ける要素は今の所建造だが、資材稼ぎが退屈過ぎる。

「征伐」が今後実装されるらしいというのが数少ない期待要素かな?
艦これと比べるとイロイロ足りない所が見えてしまうね。

とりあえずボイスは全員実装して欲しい。

イベントはいずれやるだろうけど、いつになるのだろうか。
アニメのリメイクと合わせてとかになるのかな……このゲームは銀英伝と言う作品をもう一度盛り上げるためのキャンペーンの一環だろうし。

アニメに合わせてとなると来年以降になるぞ!
さすがにそれを待っていたらゲームの存続自体が危ういだろう。DMMのゲームもサービス停止になるのが結構ある。有名声優起用しているような作品でさえ。

声優に関しては既にお亡くなりになっている方もいるし、全キャラボイス付きは難しいと思うぞ。

とりあえず登録だけして放置。
次の更新次第で遊ぶかどうか考える。

生産どうなってるんだ。資材マックス、クリスタルも400ずつ突っ込んでるのにロクな結果にならん……

俺は明日全部マックスで突っ込む。
賭けに負けたらサヨウナラだ。

マックスじゃないけど俺も全部投資したけどダメだった。艦これに帰るわ。

課金するにしても現状バランスだとキツイね。
課金でネームド艦を作ろうとすると、艦これの大型建造並になりかねない印象。帝国クリスタルとか高い。

日本でも愚痴に文句、罵倒が飛び交ってるな。
主にシステムと生産関係が多いようだ。

帝国で始めたが、1-4以外やる気になりません。それも段々と飽きてきました。このゲーム、どこを楽しめばいいんだ……

銀英伝キャラのスカウト、ネームド艦船の生産とか?
みんな生産での愚痴ばかりになっていることからも明らかだろう!!

スカウトやってみたらなんかウチの艦隊、メックリンガーばかりの芸術的艦隊になっちゃってんだけど。金髪の孺子や双璧とは言わんが、もうちょっとなんとか……

俺の所はケスラーばっかりだぜ。俺がロリ艦娘ばかり使っているのが憲兵にバレたのか……!

ケスラーもロリコン疑惑濃厚だからセーフ!

なんか自分の知らないキャラがガチャから出てくるんだが。
日本語のwikiを調べても見つからない。ガチャの出現リストでは上の方にいたりするし……

恐らくゲームのオリジナルキャラじゃないかな?
能力は二線級でまとめているようだ。

ダメなキャラしか出ない……俺はもう遊ぶ気力が無くなった……

ラインハルトとヤンをはじめとする他諸々の有能キャラを編成したスクショをあげたヤツはどれだけの苦労や課金をしたのだろう。

また建造40分……金が無くて運も無い人間だとキツイぜ。
こっちはクリックを繰り返す時間もそんなに無いのに。

あまり焦るなよ。始まったばかりだし、調整も入るだろうから次の更新を待て。

正式サービス開始の段階でプレオープンより遊びにくくしてきたからあんま期待できないんじゃないか?

戦闘に時間がかかるのに、メンテで目的地到達系の報酬下げるとか……
プレイヤーに対する優しさはあんまり感じられないよな。

もう少し遠征の成功率や報酬が良ければと思ってしまうね。
今の成功率、ドロップ率じゃどうにもならない。

今の所ログインボーナスもないし、やる事が同じ面ぐるぐる回って稼いでガチャやるだけだし、それも微妙だからなあ。

うーむ……なんかスゴイ残念なゲームだ。銀英とブラウザゲームって組み合わせが悪かったのだろうか?

内政要素を無いし、戦闘部分も過去のゲームより簡略化しているけどテンポは良くない。それに艦隊の生産も運任せの艦これシステムを強引に採用して妙なストレスをかけている。どうにもキツイね。



とまぁ、こんな感じで。
今の時点であえて手を出す人は中国でも日本のゲームに興味がある層で、銀英伝のファンという筋金入りとも言える層だと思われますが、そういう人達にとっても、ちょっと厳しいものがあるようです。

銀英タクティクスは私も遊んでみたのですが、正直な所現時点では遊び続けるのは難しいと感じてしまいますね。
動かす上でのクリック数が多い上に、放置できる所が少なく、テンポもそれほど速くないので艦これやアイギスのついででやるにしてもちょっと……

ちなみに私もロイエンタールとかが出るのを夢見てスカウトしてみたのですが、ミスターレンネンが連続で出て、次はホーランドが連続で出たのでしばらく様子見、もしアップデートで遊びやすくなったりしたら本格的に始めようかなどと考えております……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本でも無課金が多いってホント?」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

中国でもソーシャルゲーム関係は非常に盛り上がっているようですが、中国オタク界隈では日本のソーシャルゲーム界隈の動向に興味を持つ人も増えているようです。

先日、日本で報道されたニュース
パズドラ? モンスト? それとも……今大学生の間でいちばん遊ばれているスマホゲームランキング!(マイナビ 学生の窓口)

が中国に伝わってちょっとした話題になっているようなので、以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本でも無課金が多いってホント?
90%が無課金って言うニュースが出てるんだけど。

少し意外だ。
自分のイメージでは、日本人のゲーマーってパッケージゲーム買う程度の額は課金しているようなイメージだった。

ソーシャルゲームは基本無料なのはどこも一緒だし、日本も課金したくなるようなゲームがそこまで多くないんじゃないかな。

俺は今まで課金したことないぜ!

課金しなけりゃ、どうやって強くなるって言うんだ!

これが日本の課金額の多いゲームってことでいいのかな?
アイマスと白猫は分かるが他は知らん。

「ねこあつめ」はこっちでも結構人気だぞ。課金するとは思えんが。

このソース記事、上位に「ラブライブ!」とかが入っていないし、参照しているデータがこっちのイメージと違うんじゃないかな。

あー……言われてみれば。
「ラブライブ!」が上位に無いのはおかしい。

アニメ化もされていて、ストアのランキングのトップにいるモンストも無いな。

「グランブルーファンタジー」も無い。
確か日本では70万円課金してキャラが出なくて大炎上する事件があったばかりだし、CMもたくさんやっているから日本で今一番勢いのある作品のはずなのに。

これって移動中の暇つぶし的な、カジュアルゲームについてのニュースでは?

記事でランクインしているゲームは人気は高いけど無課金で遊ぶ人間が多くて、一人あたりの課金額もそこまで高くないゲームってことなんだろう。
課金総額、ゲームがどれくらい稼ぐかについての話ではないようだね。

ソシャゲは課金しないと楽しく遊べないだろ。勝てないし。

そうとは限らない。
俺は「ラブライブ!」で無課金を通しているが普通に楽しんでいる。

課金に関してはソース記事の調査対象が「大学生」だな。
仕事している社会人だとまた違う。アイマスなんかは社会人が課金しまくるヤバイゲームだ。

でもデレステは課金しても別に強くなれんぞ?
無課金で楽しむのが普通じゃないの?

デレステは遊ぶだけなら課金しないで済むし、良心的ではあると思う。
凄いことになっているのはモバマスやミリマス、それからそっちのゲームから流れてきたファンがデレステで課金しているから結果的にデレステも課金が凄いことになっている。

日本のアイマスファンはゲームを遊ぶために課金するんじゃないからな……ファンとして課金するという態度だし、あれは理解できん。

どっかで聞いた話だが、ウチの国のゲーマーの課金志向は競争に勝つため、日本のゲーマーはコレクションのためって話があったな。
日本のソシャゲは課金させる手口がウチの国とは違うのは確かだし、無課金でもわりと何とかなるのだろうか。

課金と言えば、最近はFate/GOも有名になってきたな。

ああ、そう言えばFateはヤバイらしいな。
完全にコレクション重視で、出演声優が数十万課金しているそうだし恐ろしい。

Fateはゲーム自体は結構強いレアや素材をイベントでかなり配ってくれるし、公式のストーリーも無課金で楽しめるから案外良心的なんだが……課金にハマるとヤバイな。

俺、Fate/GOにもう数千元課金しているわ。あのゲームではまだかなり少ない方。

実際に遊んでみると日本のゲームの課金のさせ方って、ウチの国のゲームとは違うように感じる。日本のゲームもガチャの宣伝はするんだけど、ウチの国のように常に宣伝される感じではないし、ゲームやっていて無課金の限界を感じることも少ない。

そう言えば私は「ラブライブ!」は課金しないで続けているけど、国産ゲームだと我慢できずに課金しちゃうな。

自分の経験によるものだが、日本のゲームは課金して狙いのレア取れたら遊ぶ意欲が激減する、他の目的が無くなるように思う。
日本のゲーマーの場合は、そこからコレクションとしての課金の罠にハマっていくのだろうか……?

チェンクロや白猫とか、無課金で普通に楽しめるし石も貰えるからウチの国の業者のやり方とは少々違う所は感じるね。

ガチャ用の課金アイテムを無料でかなり配るしよほどの廃ゲーマーでもなければ課金いらないんだよね。

極める場合は課金が必須になってくるのも日本の特徴だと思う。だから、ゲーマー層がガッツリ課金しているんじゃないの?
実際、スマホゲーの課金額は日本がアジアでトップだというニュースが以前あったし。

日本のゲームは課金の有無が外からあまり分からないという印象も。無料配布でレア当てている可能性もあるし、よほど大量にならんとハッキリしない。

周りには知られていないけど実は俺、「ねこあつめ」に結構課金しちゃってるんだ……

あれのどこに課金する要素があるんだよ!

「ねこあつめ」は課金の必要なんて無いゲームだろ?

俺も遊んでいるけど、課金するとか信じられん。

猫が集まるのが待てなくて……そしてもっとたくさん猫を見たくて……



とまぁ、こんな感じで。
ソーシャルゲームにおける課金自体は分からなくもないが、日本の課金の傾向についてはいまいち納得できない人もいるようでした。

現在タイヘンなことになっちゃっている中国において、ソーシャルゲームは映画と並んで、コンテンツ関係で最近の数少ない景気の良い分野だとされていますし、ユーザーの課金に関する考え方も一昔前に比べて随分と変化しているそうです。

ですが、ゲーム内の課金のモデルというか煽り方というかなものは、日本とはまた違ったものになっているのかもしれませんね。

実際、日本のソーシャルゲームのサービスを現地の代理などを通じて中国に展開したケースでは、日本でトップクラスの作品であっても長期間の人気を保つのは難しいようですし、この辺りの勝ちパターンや、現地のユーザーが反発を覚える方向の違いというのも面白そうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国で艦これの北方棲姫の人気がやたら高い様に見える理由?

現在わりと余裕が無くなっております。
そんな訳で更新をサボろうかと思っていたのですが、
ありがたいことに
「中国で艦これの北方棲姫の人気がやたら高い様に見えるのですが。ロリコンが多いのでしょうか?」
という手軽な質問をいただきましたので今回はそれについてを。

ご質問にもありますが、現在中国で最も知られているというか広い範囲で見かける艦これのキャラは
「北方棲姫」
ではないかと思われます。
ネットをまわってみてもそこら中で北方棲姫の画像……というか、コラ画像を見かけますね。百度で画像検索するとこんな感じでコラ画像に関してはこんな感じで出てきます。

中国の艦これファンにロリコンが多そうな件については否定できませんが、
「北方棲姫」に関してなぜ中国の方でこんな事になっているかについては
キャラの造形に加えて
「北方棲姫という名前」
が中国の社会では妙に「刺さる」名前だったというのが理由として考えられます。

実は中国では
「北方何々」
というのが中国では企業や団体、プロジェクトなど様々な分野でわりとよくある名前でして。
例えば
「○○北方××集団」
などといった名前のフォーマットになっている所も多く、
そういった所の略称として
「北方何々」
と呼ばれているケースがよくあります。

そういった背景があることから、「北方棲姫」の「北方ナントカカントカ」というのは中国ではニュースやCMでもよくある日常的に「見慣れた」「耳慣れた」ノリの言葉であることから、極めて汎用性の高い改変ネタ素材になったという話です。

また更にそれに合わせたコラ画像と素材が出現したこともあってか、中国のネットにおいて北方棲姫は「北方」という冠をつければそのコラ画像と共にどんな言葉、団体でもネタ扱いができる、使い勝手の良い素材となっているそうです。
現在ではコラ画像もかなりの量になり、北方何々という名前系のコラに限らず、表情系のネタ画像としても活用されているという話です。

そんな訳で、現在の中国における北方棲姫の扱いに関してはキャラがどうこうというよりも、極めて汎用性の高いネタ系コラ素材という面が強いのではないかと思われます。
もちろんキャラに萌えている層もいますが、アイコン画像として使われたり、フォーラムに書き込む際の署名画像として付け加えるネタ系コラ画像などとして活用されたりしているようですし、やはり日本における北方棲姫の扱いとは違う印象を受けますね。

日本語で漢字表記されている名称が中国に伝わる場合、基本的にそのまま、簡体字に変換する程度で伝わります。
しかし同じ漢字の言葉であっても完全に同じ意味ではない、或いは意味が変わらなくても使われ方から日本とは異なる印象を伴うものもあります。
この「北方棲姫」もそういったイメージの違いから思わぬところに刺さり、爆発した例の一つなのではないかと思われます。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「80歳になる日本の元老クラスの漫画原作者が艦これを始めた模様」

艦これの秋イベントは前回のイベントと比べると楽で、要求される編成への対処方法の幅も広く、気楽にプレイできるのは助かりますね。前回はギミック対応も含めて時間の確保が難しかったので、今回くらいの難度と手間が個人的にはイロイロとありがたいです。

さて、ありがたいことに艦これ関係でのネタのタレコミと質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

先日、小池一夫先生が艦これを始めたというニュースが流れました。
小池一夫さん(79)、ついに「艦これ」提督着任!(ねとらぼ)
この件、何やら中国のネットでもコチラコチラ(両方とも中国語)などでニュースになるなど、結構広い範囲で話題になっているようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の元老クラスの漫画原作者が艦これを始めた模様。
80歳になる老提督が誕生だ。
あの国の老齢のクリエイターはスゲエな……

なんか、恐ろしいものを感じた。

なお、狙いは江風な模様。今後の過酷な掘りに耐えられるのかが心配だ。

江風狙うとか、年寄りだとイラついて危険なんじゃね?

運命を感じているらしいから問題無いだろう、たぶん。

ご本人、「この娘にたどり着くまで死ねン」とかつぶやいてるぞ。
スゴイ。

しかしなんで江風なんだろう?
中破絵がエロイから?

このご老人と江風の間にどんなエピソードがあったのだろうか?

江風と同い年だからじゃないか。
あと調べてみたらぽいぽいとも同年齢っぽい?

「江風と同い年」
老提督の風格を感じる言葉だな。こういう言葉が出るプレイヤーが出現するとは……

実際の所、江風の入手は難しいんじゃないか?レア艦だし。

ご老人、こんなゲームに手を出すんじゃない!
田中のヤツに弄ばれるだけだ!

そうだ!ご老人、自重してくれ!

私は「老練な」「新人提督」が増えるのは歓迎でございます。

今のイベントで手に入るけど、新規着任だと厳しいんじゃないかなあ。E1だから運が良ければかろうじて……って所か?
まあ冬イベントが来年の初めに来るだろうし、その時でもよさそうだが。

小池一夫作品は読んだことないけど、「まどか☆マギカ」に関する虚淵玄との対談は印象に残っているな。まさか、こんなはっちゃけた事に手を出す人だったとは。

また艦これにハマる漫画家が……
艦これは手頃なペースで遊べるのが良いのかね。課金やスタミナ管理が大変なタイプの他の人気作品だと長続きしていない印象もあるが。

ところで、小池一夫ってどんな方面の漫画家なの?
私はほとんど知らないんだけど……

漫画家ではなく漫画原作者だな。他の作品や他のクリエイターに非常に大きな影響を与えた作家。
昔の世代で、しかも主に劇画方面で活躍している人だから、ウチの国では知名度そんなにないかも?香港系の漫画とかを読んでいると活躍が分かり易いんじゃないだろうか。

主に時代劇の方面での活躍だけど、「ゴルゴ13」とかにも関わっているし、漫画家の育成にも熱心。有名な所では高橋留美子や池上遼一、原哲夫といった辺りが「小池一夫劇画村塾」の出身だな。

日本の漫画界では間違いなく、元老クラスだね。

まさに老いてなお盛んな人って所か。

この先生の場合、人は老いても心は老いないという感じもする。

えー……なんかキモイとしか言いようがないわ……

こういう風貌の老人まで艦これなんかに手を出すとか、日本人は頭おかしいわ。

日本での艦これの扱いが更に分からなくなってきたわ。
小池一夫が手を出しても恥ずかしくない作品扱いなの?萌えと女の子なのに。

いや、小池一夫はわりとオタク関係にも手を出したり、キャラの造形について語ったりしているぞ。「まどか☆マギカ」についても虚淵玄と対談できるレベルで見ているし。

小池一夫クラスだと課金が凄そう。

でも、艦これは課金があんまり意味ないからなあ……レアドロップは結局の所試行回数だし。

この年齢になって新しいゲーム、しかも明らかに自分の作風とは違う方向のものに手を出すというのは普通にスゴイと思う。
そういう身体や頭脳を維持するための秘訣みたいなものがあれば知りたい。

活力に満ちたご老人だ。
自分はその歳まで趣味を楽しんでいられるのだろうか……?

同意。
正直自分がこの人の歳になった時、まだPCの前で楽しんでいられるとは思えん。
そもそも、DMMの使用で苦戦している自分よりスムーズに着任しているっぽいのがまた……

ところで小池一夫提督はどこの鎮守府に着任されたのだろうか。それが知りたい。



とまぁ、こんな感じで。
今も現役のクリエイター、しかも80歳の提督着任というのは衝撃的だったようです。

ちなみに今回の反応を見た限りでは、小池一夫先生の作品の特徴の一つである「ン」や「ッ」の使い方について中国では知られていないようです。今回の反応の中では江風のゲーム内のセリフの一部で「ん」が「ン」になっているのも話題になっていませんでした。

しかし、あの「ン」の使い方って翻訳する際にどうすればいいんでしょうかね……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「剣で戦う李白ってどう思う?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

日本では歴史上の人物をイロイロと拡大解釈したりアレンジを加えたりしたキャラの出て来るコンテンツがあふれていますが、中国でもそういった歴史系キャラ(?)の活用がイロイロとあるそうです。

先日、中国のオンラインゲーム「剣侠情縁オンライン3」に関して、
「李白がカッコイイ、戦うキャラとして出て来る」
という情報が発表されたそうです。
キャラ画像に関してはコチラの記事(中国語)などをご参照ください。

ネトゲ系の話題は一般のオタク界隈にはあまり広まらない傾向がありますが、この件はゲーマー層以外の間でもちょっとした話題となっているそうです。
そんな訳で以下にこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


剣で戦う李白ってどう思う?
ネトゲの「剣侠情縁オンライン3」で剣で戦えるというか、剣気で敵をバッサバッサやる李白が出るらしいんだが……

李白って……どうしてそうなった。

李白って何かスゴイ武芸とかあるもんなの?詩人としてしか知らないんだけど。

確か李白は剣術がスゴイはず。

そもそも、どうやって活躍させるつもりだ?
古詩のバフデバフとか?

確か「文豪ストレイドッグス」とか言う作品があったが、それみたいに文豪を無理矢理中二病解釈して戦わせるのかい?

いや、李白は普通に戦えるはずだぞ。
文人に加えて侠客という側面があるし。どっかの本で、李白は唐代の剣術の使い手では二番目に強いとかいう話を見た覚えがある。

ちゃんとした資料でも李白は剣が使えたとある。
だから李白が剣で戦うゲームも根拠が無いわけじゃないな。

キャラデザはカッコイイ……かな?
戦い方は酔拳ならぬ酔剣だったりするの?

何やってんだこりゃ。
まぁ詩で人殺すようにするよりはマシかもしれんが。

私はあんまり李白に詳しくないんだけど、この解釈ってどうなの?
ウチの国のお偉いさんから批判出たりしないの?

まだ設定とデザイン程度しか分からないけど、とりあえず李白なら戦闘力持たせるのはアリじゃないかな。その手の故事もあるし。

李白は普通に剣持って旅してるぞ。特に若い頃。
人殺したこともあるらしいから、戦闘させても問題は無い。

一時期ネット小説で李白をやたらと高戦闘力キャラにする風潮があったような……
武侠ネタだと詩でスゲェ扱いにできるし、それに加えて剣術の達人だから強く設定できる要素満載。

ゲームの内容はいつものMMOだろうけど、このキャラはちょっと面白いね。
吟遊詩人枠じゃなくて白兵戦枠か。個人的にはアリ。

李白に関しては剣術の名手だという話は普通にあるな。

なんか卍解したり千本桜使ったりしそうだなーと思ったが、悪くは無い。

李白がボスに出現して、李白の詩のクイズを間違ったらペナルティで超パワーアップとかになりませんように。

李白でこういうネタが出て来るようになったか……
定番キャラが使い尽くされたのか、それとも新たな解釈ネタが流行りだしたのか……

このシリーズは確か前から李白ネタを重視していたんじゃなかったかな。確かオンラインじゃない時代の作品で李白の編み出した掌法を設定したりしていたような。
李白に剣術まではそれなりに納得できるけど、掌法までやらせるのはぶっ飛んでる気がする。

最初見たときは無双シリーズが唐の時代にまで手を出したのかと思ったわ。

李白の剣術がスゴイとか初めて聞いたわ。

李白はウチの国の文人の中では屈指の戦える文人じゃないかな?
戦える文人だと、他には辛棄疾とかもいるね。

辛棄疾は普通に兵を率いているから違わないか?
李白は軍人経験無しでその手のエピソードが有るのが珍しい。

古代の文化人はケンカというか、人を斬るくらいはできないといかんからね。

こういうのにマジになったら負けなんだけど……うーむ……

李白に関する伝承を見ていくと、確かに戦闘力を高く解釈できるような気はする。

李白はわりと戦える人間だよ。
文人のイメージは教科書や歴史書でクローズアップされ易い部分によって作られているだけ。

金庸の「侠客行」でも李白の詩がスゴイ武芸の鍵になっているし、仙侠系作品ならそれなりにアリな方向の設定とアレンジだと思うわ。

唐代は武を尊ぶ気風のあった時代だし、文人に関してもその後の時代とはかなり異なる。武芸の一つや二つ嗜んでいても不思議ではないし、李白に関しては実際に資料がある。だからアリかナシで言えば、アリじゃないかな。
金庸で既に触れられているから、お偉いさんにも叩かれ難いだろうし。

李白、クラスはセイバー!
宝具は唐詩で!

セイバーでの召喚は悪くないかもね。
ウチの国ではランサーやライダーはそれなりに見つかるんだけど、剣を使うセイバーに合いそうな英霊が案外少ない。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈では
「李白なら、アリかも」
と考える人が少なくないようでした。

実際、李白は剣術を好んだという話や侠客や道士関係のエピソードも伝わっていますから、わりと根拠というか説得力のあるアレンジなのかもしれませんね。

ちなみにこのゲームのキャラクター関係図によれば、李白は長歌門という勢力に属するキャラのようで、その中の長歌四絶の一人であり、長歌四絶の他のメンバーには張巡、杜甫、王維がいるそうです。

中国では四大名著などの古典、文化枠に入ってしまうと政治的なアレコレも絡んでアレンジが難しくなってしまう所がありますが、仙侠系の枠組みの場合は比較的好き勝手なアレンジをやっても社会的に許される所があるそうです。
個人的にも、こういうアレンジしたキャラがどんどん出てくるのを期待したくなってしまいますね。


とりあえず、こんな所で、
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「Fateの李書文って強いの?」

ありがたいことに
「Fateの中華系サーヴァントでは屈指の強さと思われる李書文の、中国のオタクの間での評価はどんなもんなんでしょうか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

「Fate/EXTRA」

では李書文がアサシンのクラスで参戦していますし、それに関する情報は中国オタク界隈にもある程度広まっているようです。
ただゲームということもあってか一般のオタク層の間ではそれほど話題になっていない印象です。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトをまわってかき集めた
「Fateのサーヴァントの李書文」
に関するやりとりを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


Fateの李書文ってサーヴァントの中では強いの?
他の聖杯戦争に参加しているサーヴァントと比較したらどんな感じなの?

李書文はランサーの適正もあるらしいが、現在判明しているアサシンのクラスで考えるってことでいいのかな?

俺はあんまり詳しくないその辺はまかせるわ。

アサシンのクラスではかなり強かったはずだが……

かなりというか、アサシンクラスの中ではバグレベルの強さ。
八極拳で他のサーヴァントと正面から戦える。

強いことは強いんだけど、Fateのサーヴァントは李書文より強いのがいっぱいいる。
サーヴァントとしては一線級だとは思うが。

A+++の八極拳や宝具の无二打があるので接近戦では無敵に近い。
アサシンのクラスの特性とスキルの圏境で隠密行動能力は極めて高いので、かなり負け難いサーヴァントなのは間違いない。もっとも魔法に関しては対抗手段が無いし、幸運Eだから不安要素もかなりある。

アニメに出ているサーヴァントで勝てそうなのはディルムッドやクー・フーリンくらいだろう。

クー・フーリンには及ばないと思うが。

アサシンでなくランサーならばもっと強いはずなんだけどね。六合大槍の基礎技能の八極拳だけしか使えないんじゃ厳しい。

幸運Eになるランサーよりアサシンの方がマシかと思ったが、李書文ってアサシンでも幸運E?これはいけません!

第五次参加のサーヴァントと比べるのはさすがに厳しい。
クー・フーリンも仕切り直しなどの多彩なスキルがあるし、ヘラクレスやアルトリアといった辺りもアサシン李書文では恐らく倒せないし、金ピカは勝負にならん。

李書文で聖杯戦争を戦うならマスター殺しじゃないと厳しいんじゃないの?正面切って戦うには魔力系の能力が低過ぎる。

ルートによっては葛木がライダー素手でぶっ殺しているし、初見でセイバーに勝ったりしているから中国武術でも勝ち目はあるんじゃないか?
宝具が出たら知らん。

聖杯戦争は東方系の英霊は呼び出せないし、そもそもextraのサーヴァントはムーンセルの聖杯によるものだから普通の聖杯戦争よりもはるかに強い。世界観や前提条件が違うから比べる意味なんて無い。
例えば赤アーチャーや金ピカはextraの時は第五次よりかなり強化されている。

いやそこは話のタネとしてありだろう。
それにムーンセルの聖杯で呼び出されるサーヴァントは人類史の英霊の再現だから、再現されるクラス、呼び出された場所による知名度補正の良し悪しやマスターの力量による違いはあるが、普通の聖杯戦争と比べて絶対に強いというわけではないぞ。

extraの赤アーチャーは本編より宝具が強くなってるけど、無銘、正義の味方としての使役だから厳密には違う部分もあるぞ。あと普通にマスターとの相性による部分も影響している。

少なくとも第五次バーサーカーには勝ち目が無いかも……
そしてイリヤと共に行動しているからマスター殺しも厳しそうだ。

スキルの圏境がすごいヤバそうに見えるんだが、どうなんだろう。

圏境はバグ技かチートと言えるレベルの強さのスキルだね。
魔術的な方法でも発見できないから、暗殺において非常に強いスキルだろう。

どうも李書文の強さがピンと来ないな。
ところで、呂布もサーヴァントになってるはずだけど、李書文と比べるとどっちが強いの?

そこはマスターとの相性や戦場も含めてのケースバイケースじゃないかな。

李書文が強いかとか、考えるだけ無駄だろ。
李書文って日本人殺しまくってるんだから、日本の作品で強くなるわけがない。せいぜい、それなりの壁になる悪役って所だろ。

いや、上のレスにもあるが強いことは強いよ。アサシンなのに正面戦闘のできるスキル中国武術、しかもA+++と超高レベルのを持たされている。

日本人殺しまくったキャラを強くすることに関しては俺も疑問だ。奈須きのこは日本人達の怒りを買うことを恐れないのだろうか?なぜこんなキャラをあえて登場させたのだろう?

殺しまくってることのソースか逸話ってなんかある?
自分はそういう話に関してはこっちのネット小説や三文小説に書かれているのくらいしか知らんのだけど。

一応こっちの百度百科には袁世凱の所の武道教官の伊藤太郎が李書文をなめてかかってきたのを槍でぶっ殺して、更に仲間がやられたのを見て更に襲いかかってきた秋野、井上、野田もぶっ殺し、それを見た袁世凱がさすがは神槍!と称えたというエピソードがあるが……これの出典はどこからなんだろう?

そこん所はウチの国とは感覚が違うぞ。
むしろTYPE-MOON系だと公式で贔屓されていると断言できるキャラ。

武術の腕を競うような展開で日本人キャラがやられても、日本人はウチの国の人間のようには問題にしない、叩かない印象だわ。

日本人がやられ役程度なら問題無いと思う。
日本では過去に李小龍(ブルース・リー)が普通に大人気になっているし。

てか李書文は時代背景的に恐らく日本人だけでなく中国人も多く殺しているだろうし。

Fateでの李書文が強いかって?
そんなの当たり前だ。麻婆も遠坂凛も八極拳の使い手だぞ。あの世界の八極拳は強過ぎる。
そもそもあの世界の李書文は現実の李書文と同じ存在、同じ能力だとは限らない。神秘の存在する別の世界なのだから。

李書文がこんな強さだとすると、あの世界の中華民国時代はいったいどんなことになっていたんだろう……トンデモナイ魔境だったんじゃないか?
あと日本のwikiの无二打の記述が詳細でカッコイイのに笑った。

李書文は中華民国時代の武術の達人ってのが悲劇だね。
現在のウチの国では評価されない、拡大解釈されない状態になっている。李書文が出て来るテレビドラマとか私は見たことない。

李書文に関しては、時代が近すぎるのも問題か。
思いっきり古い時代なら誇張した映像化や編集も簡単なんだけど。
弟子の語る逸話にしても近代の話だから胡散臭くて信じられない。

百度百科の項目とか、微妙なレベルの武侠小説みたいな感じだしね。

Fateの李書文は「拳児」という日本の漫画に出て来る李書文が元になっていると思う。「拳児」は李書文を非常に高く評価している作品で、内容も普通に面白いから読んでみるのをオススメする。

もしかしたら、李書文は日本で召喚された方がサーヴァントとしては強くなるのかもしれん。今のウチの国だと知名度補正や伝承による補正が付かない可能性が……
でも日本だと二次元的な方面も含めて伝承補正が付きそう、というか李書文は明らかにそれだろ!

仮にウチの国で聖杯戦争やった場合、古代の有名でスゴイ(はずの)中国系サーヴァントを召喚しても現代の人間は知らないから知名度補正でペナルティがかかるとかありそう。

中国で召喚した中国の英霊なのに、現代の中国では知名度が無くて伝説の力が使えないとか妄想のネタとしていいな。力を制限する理由にもなるし、大逆転への伏線にもなる。

解放以降、我が国では魑魅魍魎や神仙は存在できなくなったなんて話もあるし、四大名著とかの超有名どころや仙侠系キャラくらいしか、知名度でプラスの補正かからないかもしれんな。



とまぁ、こんな感じで。
Fateの李書文はextraルールでも強いですが、普通の聖杯戦争ルールだと更に大変なことになりそうですし、一般人巻き込まれ枠のマスターと組んでも勝ちを狙えるようなサーヴァントかと思いますが、そういうイメージは中国オタク界隈ではないみたいですね。

ちなみに、カプセルさーばんとで李老師が大暴れしていたり、現在コハエースでやってる帝都聖杯綺譚でランサーで大暴れしていることに関して、現時点では話題になっていないようでした。

情報が全く入っていないわけではないと思いますが、中国オタク界隈ではやはりアニメに関係しないと情報が中国語に翻訳され難いですし、いくら中国にFateのファンが多いとは言ってもサーヴァントとしての李書文関係の知識やイメージはなかなか拡散しないのかもしれません。

また今回のやり取りを見て改めて感じたのですが、中国では武侠や仙術に関しては神秘というか不思議パワーを感じている、イメージされているものの、中国武術というカテゴリになると日本のようなレベルの「スゴイ」というイメージは無いのかもしれません。

この辺りは娯楽コンテンツにおける扱いが日本と中国では異なるということも影響しているのでしょうかね。日本のアニメや漫画でも昔から中国武術の扱いは良いですし、一時期の少年サンデー系作品などでは中国武術が最強枠の扱いになったりしていましたよね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「日本のアニメや漫画で人気の高い中国武術って何?」

中国オタク「DMM使い放題で1週間引きこもり、まさに『死宅』をやれという話だな!」

ありがたいことに
「DMMの一週間引きこもりの件、中国にも伝わっていませんか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

一週間の最高のひきこもり体験レポート(DMM_com)

「地獄でした」 3食付き・DMMのコンテンツ見放題「1週間引きこもり」、27歳の無職男性が体験した結果は(ITmedia ニュース)

DMMは中国オタク界隈でもなんだかんだで知名度は高く、主に「艦これ」などのゲームやAV動画配信のプラットフォームとして認識されているようです。
この一週間引きこもり体験レポートに関するニュースも早速紹介されているようなので、以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


DMMを使い放題で仕事にも行かず1週間引きこもり、まさに「死宅」をやれという話だ!

学校や仕事もなにかも放棄して1週間ってことか。正直な所、憧れる気持ちは否定できない。

単位を言い換えれば168時間だろ?ちょっと少ない気がするが……

もう夏休みに入ってから1か月近いけど、俺一度も家の外に出ていないわ。
あんな恵まれた環境なのに1週間でもうダメとか……ウチの国のオタクに比べて、なんと弱い存在なのか!

難易度が明らかに低過ぎるよね。もっと長期間にしないと。

俺なら1週間どころか1か月だっていける。
心配なのはきゅうりがそのまま食事に出されることくらいか。

私はDMMだけだと無理だと思う。絶対に他のものが欲しくなる。

そもそもDMMって何がある所なの?ゲームとAVしか知らんのだけど。

18禁だとエロ漫画とかエロアニメ、エロゲーもおいてあるし、一般向けだと普通にドラマとかアニメもあるね。他にも同人ゲームや電子書籍もある。デジタルコンテンツなら大体のジャンルは網羅しているんじゃないかな?他にもオンラインの英会話教室なんてのもあるようだ。

居住環境も気になる。部屋の大小、天井の高さや日当たりなどで1週間過ごす難度も格段に変わる。
レポートでは「太陽光を浴びることが出来なかった」「極端に日当たりが悪い部屋」と書いてあったから快適な環境ではないだろう。まさか窓の無い部屋ってことは無いよな?

昼間寝て夜ネットの生活を数年続けている自分からすれば、そんなに問題あるように思えない!慣れる!

個人的にはハートマークの時間が6%もあるってのが気になる。1週間で10時間は多くない?

俺、AV見放題でもそこまで弾数無いわ。

AVをきっちり実用的な部分以外も、設定説明とかのストーリー部分も含めてみたとかではないだろうか?

DMMだけだと文字通り「摩耗」してしまいそうだ!
摩擦の時間以外は映画とドラマ見て過ごすくらいしかやることねえな。

被験者がこういうのに向いていないタイプなのではないだろうか?
「仕事を探しにいける」ということは、恐らく引きこもりタイプではないだろう。

たった一週間限定の天国じゃないか!
課金額考えずにDMMでゲーム遊び放題、18禁見放題!
艦これだけでかなりの時間を持っていかれそうだし、あっさり1週間が終わりそう。

来週からの艦これ夏季イベントに合わせてだったらもう何も言う事ないよな。快適な環境でイベントにアタックできるのだから。

1週間外に出ないで娯楽にふけることができるんだから有難いよね。もっと長くてもいいくらいだ。
大音量でエロを見てもいいし、大声で騒いでも良いし、アニメで日本語を学んでもいい。

ところでこの実験、オンラインゲーム以外はどうなの?
DMMにはダウンロード販売のゲームもかなり売られている。エロゲー、一般向け、同人問わずPCゲームでちょっと遊んでいるだけで一週間は飛びそうに思うんだが。

被験者のレポートを見た感じではドラマだけで過ごしているみたいだから、ダウンロード販売ゲームの方は無しだったんじゃないか?DMMプラットフォーム上で動くものだけだったのではないかと。

やりたい放題と思いきや、結構制限あったのかもね。
あとゲーム課金27万円って少なくないか?当たりが0.5%や3%でしかも複数個必要な、1回300円だか500円だかのガチャ回すならもっとかかりそうなもんだけど。

資源買って大型建造まわしても、もっとかかるな。
サンプルの人間は恐らくゲーマーではないのだろう。艦これも初プレイのようだし、DMM以外にアクセスできないと情報も調べられないだろうから、課金のやり方も思いつかなかった可能性も考えられる。

俺、キョンシーが揃わないからいまだに大建中なんだよな……1週間拘束はさすがにイヤだが資源買ってやりたい放題、ネジ買い放題はちょっとうらやましいかも。

でもゲームにしろ動画にしろ課金し放題だとたぶん飽きるとは思ったが、やっぱりそれだけだと飽きるというかキツいことになるんだね。

日本のオンラインゲーム、特にDMMのゲームの場合はソーシャル要素が薄いからそれも影響しているんじゃないかな?
DMMでは「艦これ」や「千年戦争アイギス」のようにオンラインの競争、PVP要素があんまり無いゲームが人気の上位なんだよ。これがPVP要素の強いゲームがあれば課金のモチベーションも高まるだろうけど、閉鎖環境で1人で遊ぶとなるとあまり熱くなれないんじゃないか?

まぁそうだろうね。コレクション要素を埋めるようなもんだし。
ただそういうのは理解できるが、大量課金を試したことが無い自分としては一度くらい試してみたいな……

よく考えたら自分の場合はDMMだけだと退屈になりそうだ。PS4とか、良い性能のPCだったら1か月だっていけそうなんだが……

部屋の中にPCと普通のネット環境とかだったら、俺達の普段の生活環境とそんなに変わらんだろうが。そりゃ1か月でも余裕だ。

ネットゲーム上の交流とか、SNS上の交流、つぶやきの交流が出来たらまったく別の話になるだろうからね。
DMMプラットフォーム及びそこでのゲームの特徴があるからこそ、交流面でのクローズドな環境を維持した実験にできたのかもしれない。

大丈夫、試してみたいとか言っているヤツは部屋の中で一人でぼけーっとしながら「他人との交流無し」でどれだけ過ごせるか試してみろよ。
当然PCや携帯によるネットへの書き込みやつぶやきは無し、他人の発言を見るのも無しでだ。

私もコレはかなりキツイ実験だと思う。
人は孤独にはなかなか耐えられないからな。

でも誰もが一度は似たようなことを妄想したことはあるんじゃないかな。それにゲーム課金額が最も大きいというのが改めて浮き彫りになるなど、非常に有意義なレポートだと思う。
あとはヘビーなゲーマーがどうなるかでもう一度やって欲しいな!



とまぁ、こんな感じで。
いけるという人と、キツイという人で結構分かれているようでした。

中国では「御宅」から来ている「宅」という言葉がオタクを指す言葉として使われていますが、昔の記事
中国の辞典の最新版に「オタク」から来た言葉「宅男」「宅女」が収録される
などにも書いた通り、近年は「インドア派」「引きこもり」というニュアンスが強くなってきていますし、ネガティブな意味が強くなる「死宅」までいくとその辺りがダメな方向で更に強く意識されるようです。
そういった面もあってか
「オタクなら引きこもれる!1週間くらい大丈夫!!」
的な考えになっている節も?

またキツイと思う人はいくら動画見放題、ゲーム課金し放題とはいってもDMMだけだとちょっと厳しいと思ってしまうようですね。ただそういう人でも、
「少し試してみたい」
という気持ちはあるようでした。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京の漫画喫茶B3

日本からだと存在そのものを疑われる事も有る北京の漫画喫茶B3のHPです。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ