「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

Fate

中国版FGOCCCコラボイベント、日時表記を間違えてまたちょっとだけ炎上したりなんだり

この週末になってからぐだぐだ帝都を進めていますが、中国のソッチ系のサイトを巡回してネタバレを踏みたくないので、ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいている簡単なネタで。

中国版FGOの方でも6/18から
Fate/EXTRA CCC×Fate/Grand Order スペシャルイベント
「深海電脳楽土 SE.RA.PH」
が実装されるとのことです。
中国版イベント告知ページ(中国語)

ただこのイベント告知に関しては事前の開幕直前キャンペーンが長引いたり、やっと発表されたイベント開始日時が中国の連休である端午節の最終日だったりすることなどからストレスが溜まっていた所に、告知画像のミスがちょこちょこ出たのをきっかけとしてちょっと炎上気味になってしまったうです。
こんな感じで告知画像の日時などに細かいミスがあったのだとか。
2017ccc



ちなみに中国版FGOではメルトリリスとパッションリップは漢字表記ではなく英文表記で
「Melt Lilith」と「Passion Lip」
になっているようです。あと告知内のクラス名とかも英語ですが、これゲーム画面の方ではどうなっているんでしょうかね。

中国オタク界隈でこれまで使われていた中文表記は
メルトリリスが「溶解莉莉絲」「梅尔特莉莉絲」
パッションリップが「熱情迷唇」「帕森莉普」
などの直訳音訳イロイロある状態でしたし、Fate関係はファンの間でも翻訳に関してゴタゴタし易いので制度的に問題が無いなら英文表記にしてしまうのが無難な気もします。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国版FGO深海電脳楽土 SE.RA.PHの告知」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレっぽいものもあるので一応お気を付けください)


CCCイベントがついに来た、しかしグダグダだな……告知画像でミス連発、開催期間も連休最後の日とか……

なにやらまだいてはいけないキャラがいた画像がアップされていたが、いつの間にか修正されていたな……
(訳注:初期にアップされていたイベントの案内画像では特効キャラに殺生院キアラもいるバージョンだったそうです)

今回は画像のミス多いな。
開催期間が「2017年」6月18日からになってたりしたし。

2017に戻るぞおおおおお!祝!イベント終了1周年!

第一回をいつやったかは知らないが、BBちゃん復刻!
日本よりも先に復刻イベント実装おおおお!

公式のweiboは罵倒が飛び交っているし、どこもネタ扱いのスレが立ってるな。

それ以外は端午節の連休の最後に始めることに対する怒りのスレだな。
(訳注:中国の今年の端午節の連休は6/16〜18です)

育成期間長引かせた挙句に連休中には開催しませんだからね……

こういうのを日本語ではまさに「ぐだぐだ」と言うんだよ。
これはbilibiliの運営が身をもって示している、つまり神運営!

そういうのいいからはよ詫び石。

日本で今やってるぐだぐだイベントは中身が全然ぐだぐだしていないんじゃが。久々に普通の聖杯戦争みたいなことやっているんじゃが。

半月近くの育成期間、そこに来る画像加工ミス連発だもんな。何をやっていたのかと。

またかよ。日曜の夜にイベント開始した前科があるので警戒していなかったわけではないが、端午節も終わりという時期にイベント開始というアホなことをホントにやるとは。
金曜か土曜に始めるか、せめて週の真ん中とかにできんのかい。

休みの最終日に始めて重くてロクにプレイできず、次の日は仕事や学校とかになるからな。
今回はぐだぐだ明治維新が5/18から6/4でその後の開幕直前キャンペーンが2週間と日本より長かった上に連休最終日に開始とか……

公式認定の課金窓口開設の宣伝しておいてこういうミスするとか、運営の態度の問題があからさまだ。

まぁ高考(大学センター試験)とか学年末だからなあ……その辺も含めての調整もあったのでは。あとはヒマな時間を外しての負荷分散?

高考終わったからって、他の学生がヒマになるわけじゃないし何も考えてないんじゃないの。
あと負荷がどうこう言うなら設備増強すればいい。日本版と違ってイベントスケジュールも盛り上がる時期も見えているんだから。

連休の後も夏休みに入るまで試験やレポートがあるからな……自分はこれからテスト週間にぶつかるからしばらくは遊ぶ精神状態になれない。

一応好意的に解釈すればこっちの学校では今の時期受験や学年末もあるし、現在はキアラの登場まで含めたネタバレ情報と攻略情報が既に出回った千里眼状態、6/18から7/13までの4週間近くと延長が入った日本よりも長いイベント期間になっているから余裕があるとかいう理由もあるが。

それなら告知すればいいし、ユーザーの感覚では「早く遊びたい」以外には無いだろ。

今回のイベントはストーリーがとても良いと聞いているから早く遊びたいという以外にないよ!しかも最大規模の容量ということだからネタバレでは分からない体験だってあるはずだと!

きのこ執筆というだけで説明不要だ。

きのこの少女キャラ描写が炸裂するぞ!!きのこ的ボーイミーツガール!
メルトリリスは設定だけだと敵にしか見えないが、ストーリーを体験した後は俺の嫁と言いたくなる。ストーリーを体験する前後でガチャに対する熱意が明らかに変わる危険なイベントだと言っておこうか。

ストーリー自体はとても良かったけど、Fateに詳しくない自分には分からない設定も多かった。正直自分にとっては六章と七章に比べると少々劣るくらいだったかも。イベントのストーリーではトップクラスなのは間違いないけどね。

日本では原作ゲームの思い入れがある古参のファンからの支持が特に強かったんだと思う。
シナリオ自体の出来は確かに良いんだが、本編とも言えるPSPのCCCを遊んでいないと感情移入できない所があるのも確か。
このイベントの新サーヴァントに関してはどれも本編後の成長や変化が見れるというのが面白さにつながっているはずだしね。

正直、期末の準備で忙しくてイベント始まる実感が無い。気が付いたら告知が来ていたような状況。

学校や学年によっては本当に忙しい時期だからな。
さて、ウチの戦力だと殺生院を倒せるのか……高難度だしちょっと不安だ。

倒すよりもどれだけ石を砕くかだよ!300個ちょいしか貯蓄が無いから殺生院キアラを出せるかどうか不安だ。

殺生院は実装がまだ先のはずだし、まずはメルトリリスだな。
手持ちは100個程度だが、出なかったら課金するか迷う。

結局、メルトリリスと殺生院キアラってどっちが使えるの?実用的な方を狙うつもりなんだが。

実用?お前が巨乳派か貧乳派かで決まるんだから人に聞くなよ!

その二人だと乳か尻……と思ったが、乳は今回もっと上がいるか。

性能の方の実用性で語るならメルトリリスはquick宝具な上にかなり先になる強化がくるまでスキル3が極めて使い難いから殺生院の方がマシ。
ただアルターエゴで一番性能が良いのはこのイベントの時点だとパッションリップ。スキルの完成度が高い。

強さだけならメルトリリスじゃないの?
日本版のランキングではメルトリリスの方が殺生院より少し上。殺生院はコレクション的な扱い。

アルターエゴ自体が使い難いクラスだから、結局どっちもコレクションになるぞ……デザインや設定、ストーリーの好みで決める方が良い。
あと強さだけなら後で来るメカエリチャンが普通に強いからなあ。

今回のイベントに関しては、誰をひくかはストーリー終わらせてから考えると良いよ。
言っちゃなんだが強さで考えたらどれもいらない。

モデルは殺生院キアラが好みだし、そっちに突撃したい。イベント期間長いから特効礼装も最初から揃えないで良さそうだし。

人類悪という格なんだから、引かない理由は無いだろ!

設定的には殺生院キアラが圧倒的に上で、型月最強談義に名前が出るレベルなんだよな。メルトリリスも普通の聖杯戦争でなら強過ぎるレベルではあるんだが。

無課金だけどこの数か月星5が出ていない……水着イベがこの後にあるし今回は石貯蓄、呼符でちょっとチャレンジするくらいだ。BBちゃんだけで十分。

BB配布は良いよね。種火もスキル素材も準備万端。入手したら即全マックスにできる。

すげえな。そこまで準備してあるとは。

育成も千里眼だからな。
既に素材とかが分かってるから、本気で取りに行くキャラがいる場合は事前の準備ができる。

入手したのを全部を上げるとかでもなければ新しく追加されるのを除けば、スキル餌は案外揃うと思う。むしろ問題はQPと伝承。

メインストーリーが終わらない……ちょっとガチャ回して終わりかな……

育成はバッチリだし宝具LV上がったギルも師匠もジャックも頼光もいるから何の不安も無い。あえて言うならば素材だ。

このイベント、高難度だし制限のギミックあるからレベル最高でも考えずにやってたら意外に詰まるぞ。

CCCイベとか別に難しくないだろ。最後の殺生院戦がちょっとめんどくさいだけで、それも攻略を見ればいける範囲だ。

周回をいかに効率的にやるかだが……このイベントの敵の配置を見ると結構めんどくさい雰囲気が……

高難度系のチャレンジとかの難しさは無いが、日本版をやった時は周回とミッションクリアのややこしさが結構あった。
あと確かブレイクゲージのせいでちょこちょこと令呪切るタイミングの判断が必要になった覚えがあるわ。

このイベントはガチャや素材よりもBBが取れるのが大きい。
日本版のこのイベントの時、自分は始めたばかりで参加できなかったが、BBはキャラも良いし性能でもクラス的に替えがきかないしで非常に後悔した。
ようやく中国版でイベントが体験できる……!



とまぁ、こんな感じで。
ネタバレ的な解説も含む情報は既に出回っているようですが、ストーリーをきっちり体験しているわけでは無いのでキャラのイメージの深さはまだ人それぞれのようです。

それから中国のFGOユーザーの反応を見ていると長草期間(草を育てるということが転じて「育成期間」)とも言われている、日本では虚無期間などとも言われている特別なイベントの無い期間に対する反発は日本以上に強くなっているようです。

この辺については日本版の方でイベントやガチャピックアップのスケジュールが既に分かっていることによる、皮算用及びそれによって計画された自分内スケジュールが崩されることによるイライラもあるとかなんとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「FGOに出る坂本龍馬、岡田以蔵ってどんな人物なの?」

ありがたいことに
「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚の中国での反応は?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

【予告】期間限定イベント「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」開催!

中国国内版FGOでは先日までぐだぐだ本能寺が開催され好評だったようですし、ぐだぐだシリーズ出身のサーヴァントの沖田総司や織田信長の人気も高いということで、「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」についてもイロイロと話題になっているようです。

ちなみに管理人は、この間の復刻イベントのピックアップで沖田総司が引けました。
我ながら物凄い久々に当たりを引けたような気がしないでもないですが、結果的に特効サーヴァントの準備も万端、もうこれで本番のガチャで爆死しても大ダメージにはならない……はず!

さてそんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレっぽいのも混じっておりますので一応お気を付けください)


ぐだぐだ帝都聖杯奇譚極東魔神戦線1945が発表されたわけだが、新サーヴァントはどれも予想外のが来たな!

魔神セイバーじゃなくて沖田オルタとか、もう全部のサーヴァントがオルタ化できるということにならんか?

配布は坂本龍馬……今度は何に騎乗するかと思いきや、嫁さんに騎乗!!ランクはどれくらいだ!

しかし日本で最強格の織田信長、坂本龍馬が星4なんだ。
世界史的に見て低くするのは分からなくもないが、他の日本系星5サーヴァントを見ると不思議に感じる。

沖田総司が星5で土方歳三が星5だから、型月世界ではそういう位置づけなんだろう。配布だからというのが一番の理由かもしれんが!

坂本龍馬カッコイイじゃないの。
JK嫁と一緒に戦うキャラとか、意外な所で来たなあ。

アン・ボニー&メアリー・リードみたいな二人組はあったが、キャラ二人が通常でずっといるタイプは初めてか?

しかしこれ、国内に持って来れるの?炎上する可能性ないか?
内容は本当に大丈夫なの?

そりゃ当然あるよ。
FGOってウチの国でも売り上げとランキング、影響力が既に確立されているから衝突する所も多い。ちょうど「1945」という口実も出来たから燃やそうとするのが出る可能性は高い。

内容自体は特に問題無いはず。コハエースのネタがベースなら中国ネタは李書文くらい。
ただキーワードが敏感な方面に突っ込んでいるし、いくらでも炎上のネタにできる組み合わせだ……それにウチの国のFGOユーザー自体も燃え易いし……

経験値系のイベントならギャグもシリアスも良いし、内容に期待して間違い無いと思うんだけどねえ。

1945年という言葉がマズイ。
ウチの国の戦勝国としてのアレやコレやを満足させるイベントを改変していると見做された場合は炎上の火種になり得る。

極論かもしれんが、日本に原爆落ちて我が国が勝利とかやらんといちゃもんつく可能性が高い気がする。聖杯戦争で日本が敗戦を認めるとこじつけられそうなのもマズイ。
どうすんだよ……日本では原爆はウチの国で言う敏感なネタなんだぞ……

時期をぼかしてやるくらいじゃないかね。
でもFGOがこれだけ広まってるし、火を付けたがるのもそれに乗っかるのも出るだろうしなあ

出す人物自体は結構良いんだけどな。
昔坂本龍馬で中日合作の京劇とかやってたし。

私も万一のことを考えると「1945」という言葉は無くした方が良いのではと思ってしまう。

まぁ1年以上先のことを心配してもしょうがない。
その時その時でウチの国は風向きが変わるし、水着イベントなんかも事前に修正だなんだと大混乱した時と実装した時では空気が違った。
bilibiliも収益の柱にしているんだから問題のラインは認識しているはず。

財務報告で普通にソシャゲ、それもFGOが収益の中心だと出ていたし、FGOが消えたらbilibiliも倒れるみたいなことになりかねんだろうしな。対策は考えるだろう。

とりあえず、微課金としては魔神セイバーを獲得するのは難しいだろうから考えないでおく。
しかし配布の坂本龍馬が結構カッコイイので楽しみになってきたぞ!!

坂本龍馬良いよね。
ところで上の方で坂本龍馬が日本で最強クラスになり得るみたいな話が出ているけど、坂本龍馬、それから岡田以蔵ってどんな人物なの?元ネタもそうだが、型月でどんなアレンジになっているのか知りたい。今分かっている範囲でも良いから。

坂本龍馬は歴史ネタとしては明治維新の功労者で、薩長同盟の立役者、船中八策を考えたとかが有名。日本を救ったとか夜明けに導いたとか。あと暗殺された。FGOだと嫁連れて出てくるリア充。
岡田以蔵は幕末の有名な人斬りで、思想も無く道具として使い倒されたテロリストかな。
どっちも土佐藩出身だから史実でも知り合いで背景に重なる部分も少なくない。

FGOの坂本龍馬のあれは嫁のおりょうというわけでは……いや、それはともかく日本で初めてハネムーンをしたというリア充エピソードはあるな。あと万国公法で国内国外と裁判をやって勝ったとかのエピソードもあるし、幕末では何かと人気の高い人物。

坂本龍馬……剣術系英霊なんだろうけど、とてもテニスが強そうな名前だ……

日本のアニメや漫画に出てくる「リョーマ」的な名前は大体この人物が元ネタらしいぞ。
それくらいの人気の高さ。

船中八策が有名なのと私設の貿易集団と海軍とも言える海援隊を設立運用したのが有名、革新的な人物としての評価につながっている。
ただ坂本龍馬は人気高いけど、暗殺で若くして死んだのもあって実際にやったことはそんなに多くないし、この手の話でありがちだが彼の果たした役割の大きさに関しては疑問が呈されている物が少なく無かったりする。

船中八策も坂本龍馬が考えたんじゃない可能性が高いという研究が出ている。
坂本龍馬って死んだ後にどんどん有名になって人気が出て、エピソードも膨らんだ人物なのよ。ある意味ではかなり型月向き、サーヴァント向きな人物なのは確か。

坂本龍馬の功績は三菱の設立にかなり影響しているらしい。坂本龍馬が暗殺された後の海援隊などの組織を三菱創始者の岩崎弥太郎がかなり持っていったとか。

日本の幕末ドラマだと坂本龍馬はかなり人気キャラ的な扱いになっていると感じる。私が知っているのは「龍馬伝」や「仁」くらいだが。

私は坂本龍馬よりも岡田以蔵にひかれる物を感じた。
調べてみると、彼は何とも悲惨な人物だったように感じる。剣豪になりたくても身分の低さから正式に学べず、教養も知能も無いから土佐勤王党に入っても政治的なことは何も出来ず、やらせてもらえず、ただただ人斬りで自分をアピールして地位を向上させようとするしかなかった。
師と仰いだ武市瑞山からも殺人のための駒としてしか扱われず、最後には師に毒殺されかけ最後は切腹では無く打ち首とは……

別に悲惨とも思えない、出身に問題のある人間のありがちで自業自得な生涯に思えるが。

教養の無い人間の末路よね。幕末はこういう人間も少なくなかったはず。
それに岡田以蔵に関しては殺した相手がたくさんいるわけだし、単純に同情はできない気がする。

ただ殺しを生業にしていた連中で沖田総司との違いが大き過ぎるのは興味深い。

総司は新撰組枠だし、天才剣士枠だし、扱い違うよね。何よりFateでは性転換武内顔だし!

岡田以蔵は剣心の人斬りのモデルなんだっけか。

いや、剣心のモデルは河上彦斎だと明言されている。幕末には四大人斬りというのがいて、岡田以蔵もその一人。
ちなみに薫のモデルは坂本龍馬が剣術修業をした千葉道場の道場主の娘の千葉佐那。FGOには出てこないかもしれないが、坂本龍馬の物語ではおりょうに次いでヒロイン、恋人枠になることが多い人物。

千葉佐那は坂本龍馬と婚約していたという説もあるな。坂本龍馬に関してはおりょうとの結婚エピソードだけを見るのとはまた違った印象になってくる。

岡田以蔵に関しては小人という印象しか。激動の時代ではこういう悲惨な小人物は多い。

岡田以蔵みたいなのは乱世ではありふれていたろうし、言ってみれば典型的な悪人枠だろう。属性的には混沌悪。
日本の作品だと可哀そうな過去による同情評価や寝返りによる経歴ロンダリングなんかがありそうだが。

あの時代の日本では岡田以蔵みたいにのし上がろうという人間は多かったろうし、岡田以蔵は悪名ではあっても歴史と人々の記憶に名を残しているのは悪くないと思うんだがな。

岡田以蔵は悲惨だとかカワイソウだとかいう印象にはならんな。人斬りにしろ新撰組にしろ、所詮は利用される側、人殺しの道具的存在でしかない。しかも人殺しする側も結局は自分がのし上がるため、自分の利益のためなんだから。

そこは見せ方、感情移入のさせ方次第だろう。岡田以蔵に関しては「龍馬伝」の見せ方はかなり心に来るものがあった。
もちろん愚か者ではあるし、当然の報いも受けるわけだが、その過程は悲惨とも言える。

FGOのCMにもあったけど、岡田以蔵は坂本龍馬との関係で見ていくと結構複雑な印象になる。今度のイベントでどう描写するのか、私はかなり興味があるよ。

新撰組は武士であろうとした武士ではない若者達という見方もできるし、坂本龍馬や岡田以蔵は時代の流れでのし上がろうとした若者達という見方もできる。
言っちゃなんだが新撰組も坂本龍馬も岡田以蔵も史実の大局な視点で見たらそれほど重要な人物ではない、ただ面白い人物ではあるから物語においては作者のセンスで大きな勝負ができるキャラなのではないかと。

しかし坂本龍馬はともかく、なんで岡田以蔵がサーヴァントになれるんだ?

幕末で四大人斬りとして名を残すレベルだからアリな範囲なのでは。
日本だと知名度補正もかかるだろうし、人理修復ではなく局地的な聖杯戦争のサーヴァントとして見れば問題無いんじゃないか。

そこまで強いわけじゃないしな。しかもセイバーじゃなくてアサシン。
コハエースネタでの扱いだと、李書文に格の違いを見せつけられてたし、普通にサーヴァントの能力として見るとアサシンのクラススキルがかみ合っていて使えそうなくらいで強さはそれほどではない。

あんまり難しく考えるな。
人斬りサークルの天才キャラが女体化して最強クラスのキャラになるゲームなんだから!

それにしても日本刀使いがたくさん出るはずなのに総司以外にセイバーいないな……型月では剣豪でセイバーになるのは難しいのだろうか?



とまぁ、こんな感じで。
沖田オルタに関しては情報待ちといった所もあるそうで、話題に関しては予想外の配布サーヴァントの坂本龍馬や、これもまた予想外の実装となる岡田以蔵についてのものが多くなっているようです。

中国オタク界隈では日本の幕末ネタの人気が高いですし、「るろうに剣心」や「銀魂」などを通じてのイメージや、そこからさらに調べた知識などもあることから語ったり考察したりといったことができる人も少なくないのだとか。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「こんなルートで釘宮病が再発するとは思わなかった」中国版FGOぐだぐだ明治維新への反応

ありがたいことに
「中国版FGOぐだぐだ明治維新への反応」
に関する質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

中国版の方では5/18から「ぐだぐだ明治維新」が開催されているそうで、日本の復刻ライト版とほぼ同じスケジュールで開催という状況になっている模様です(イベント終了に関しては復刻ライト版の日本の方が早いようですが)
中国版FGOイベント紹介ページ(中国語)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国版FGOぐだぐだ明治維新」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(現時点での話題なのでネタバレ的なモノはそれほど無いと思いますが一応お気を付けください)



今回の明治維新はネタ系イベントだが、FGOってこういうの多いよな……もう違和感を覚えなくなって久しい。

むしろ、真面目なストーリーの方がキツイというのまである。
日本版は第二部始まってから鬱展開や愉悦展開ばかりで正直やる気が失せていたからこっちのぐだぐだ明治維新はちょうど良かったかも。

大きなキャラ崩壊とか低俗過ぎるギャグとかでもないしね。
きのこ以外のライターが書くキャラについては不安も多かったけど、なんだかんだで受け入れられる範囲になっているのはさすがだ。

今回のイベントでは釘宮理恵が凄い声優だと改めて感じている。
まさかこういう演技をして、こういうキャラを作ってくるとは……ツンデレ系萌えのイメージだけだった過去の自分を叱りたい。

今の所、釘宮理恵がイロイロな物を持っていっているイベントだ!

ちびノブやメカノッブが可愛くて可愛くて。
こんなルートで釘宮病が再発するとは思わなかった。

うむ、良い感じではある。
でもこの後に噂のアガルタが待っているんだよな……

ネタの解釈に加えてキャラ崩壊やキャラの扱いがヒドイと批判が殺到していたんだっけか。

ネタに関しては何やっても怒るのいるし、キャラ崩壊の判断基準も人それぞれだけどね。
ぐだぐだシリーズに関してだって、歴史ネタを使うのはやめるべきだという批判の声が出ていたりもするし。

そう言えばちょっと前にFGOはストーリー上で悪役扱いするように見せかけながら、日本の歴史上の人物を「良い人」にしようとするのは許せんという声も出てたな。
他の国のユーザーが不愉快になったり激怒するようなことをやってはならないとも。

近頃は歴史ネタの炎上やキャラの扱いで揉めるのを意識してしまう。
例えば最近日本版でやった虚月館の推理シナリオ、フィンとランスロットの扱いがヒドイ。特にフィン。あれがガワだけだと強調してはいたが、あんなことをやってはダメだろう。

そこまで潔癖だと今のFateは遊ぶの厳しそうだが……極論すればどのサーヴァントも世界線ごとの使い捨てになるわけだから。

不快になる人が出るようなネタをやらなきゃいいのに、なんでやるのかね。

それは今の環境ではかなり難しくなっていると思うよ。どんなネタでも不快に感じる人は出るし、しかもそれを故意に拡散できる環境だから。

自分も今回は楽しめているが、このまま歴史ネタというか歴史を舞台にしたストーリーが展開されるのはちょっと不安かも。
キャラだけ使って聖杯戦争やるならともかく、歴史を舞台にした場合はどうしても受け入れられないネタが出てくる。

まあ……人理を修復するという歴史をどうのこうのするというのは考えてみれば危ない所に突っ込みかねない話ではあったんだよな。
私も最初はそんな問題全く意識していなかった。今後もこのぐだぐだ明治維新のように気楽にやれるネタが続いて欲しい。nobubububu……

今回のボイスは本当に良いよね。あの多種多様なノッブボイス!
私はノッブUFOが特に好み。初見ではツボに入って呼吸困難になるほどだったよ!

まさか釘宮ボイスで笑いを取ってくるとはなあ……

Fateってオタクの定番みたいな扱いだけど、ネタとしてはわりと定番から外してくるような気がする。
今回の声優もそうだ。釘宮理恵の起用とか、普通はツンデレという流れのはずがかなり違う萌えにしてきた。

セイバーの川澄綾子も今でこそ女戦士的なバトルキャラが印象に残るけど、昔は受け身な女神ヒロインとか、露骨な萌えキャラとかが多かったからな。
ちなみにノッブは一応ツンデレバージョンも収録したらしいが結局今の演技の方になったらしいね。ツンデレバージョンはきのこが脳内に独占してお蔵入り!

それにしても、ちびノブがどんどん可愛くなる。

経験値のデザインって異形にしか思えなかったのが、ボイスも相まってどんどん可愛く感じるように……!

イベント開始からずっとノブボイスが脳内に響き渡っている。久々の洗脳状態!

このボイス、イベント終了後にも聴けたりしない?サーヴァントのボイスのような感じでさ。

シナリオ内でのボイスであればシナリオ回想で聴けるはず。ただできれば戦闘のアクションと一緒に聴きたいよなー

ボイスまとめ動画とかもあるぞ!危険だから気を付けろよ!!

良いことを教えてやろう、あまり萌えない方のノッブも良いボイスあるんだぞ。ぐだぐだ本能寺の時の交換所ボイスとか、イベント終了後の交換所ボイスとか。

ちびノブは一人時給20文くらいで雇えるらしいぞ。

20文って現代の金だといくら?

前に日本のスレでは500円くらいだという話が出ていたから、人民元だと30元くらいじゃないかな。

ぬう……予想していたより良い給料もらってんだな……俺の時給換算より高いかも。しかも週休二日で福利厚生完備、上司もあの信長だし……なんか微妙な気分になって来たよ!!

でも自爆しないとイカンのだぞ、ちびノブになったら。
ギャグ補正で復活できるだろうけど。

ああ……一匹連れて帰りたい……なぜ日本の関係者はグッズを作らないのだ!!

しかし幕府方強いな……

そりゃ新撰組側キャラは沖田も土方も星5レアで、織田幕府は全員配布の星4宝具5だぞ。どっちに親しみを覚えるかはハッキリしている。

沖田さん大勝利を目指そうと思ったけど、よく考えたら300個くらい石を砕いても沖田さんは我がカルデアには来なかった。
だから私はノッブに付く。来てくれないキミが悪いのだよ。

単純な話さ。自分のカルデアに誰がいるかだよ!

俺は心臓が欲しいから幕府に加勢。

今回の数字の伸び方を見ると、このゲームにいったいどれだけの裏切り者がいたのかよく分かる!日頃は沖田をあんなに持ち上げていたのに!

まぁ落ち着け。
ちなみに俺は裏切り者だからどっちでも戦っている。しかもどっちにも頁あるしなあ!

俺も裏切り者やってるけど、ポイント貯まるの遅くてヤバイ。これだと礼装の交換すら怪しい、どうすりゃいいんだよ。

イベントまだ始まってそんなに経ってないし、焦るなって。
このイベントの陣営選択はネタ程度しかないし、とりあえず素材狙いで良いぞ。あとでステージの追加がある。

なんか勝敗ポイントでバグがあるみたいな話も出ているし、あまり焦らずに進めりゃいいよ。

ところで今回もネタ多いけど、みんなどれくらい理解できている?
普通に笑えてはいるんだけど、ネタの取りこぼしがあるんじゃないかと不安になる。なんか今回は以前よりネタが増加しているようだし!

歴史ネタに関してはスゴイ人がまとめてくれているけど、オタクネタまでとなると結構難しいよね。

大阪城の豊臣方にいた武将、真田や毛利とかの解説は、どこ調べればいいか分かるが、その後に来るシナリオタイトルが「今必殺の衛宮丸」とか最初これがスパロボネタだとは気付かなかった。

正確には「ダイターン3」だな。日輪城ともかけているのだろうし、日本のオタクネタでは「今必殺の」ときたら「サンアタック」が固定で来る。
あと茶々の宝具もそっちのパロディだから分からなくはない、分からなくはないんだが……

ロボネタも多いよね。戦車のノッブのボイスが一番好みだ。

あれ、どう見てもガンタンクだよな……



とまぁ、こんな感じで。
ストーリーの各種パロディに加えて、ちびノブバリエーションがかなり好評のようでした。
またそれと同時に近頃の中国のFGO界隈における難しい空気の話題もちょこちょこと出ていたりも。

上のやり取りにもありますが、劇中に出てくる各種ネタは毎回有志によるまとめ解説スレ的なモノが立っていますし、中国語翻訳に関してもかなり頑張ってネタを拾って翻訳しているそうなのですが、全部をカバーするのはなかなかに骨が折れるという話も聞きます。

例えば80〜90年代の人気漫画の中には中国では「名前だけしか知られていない」的な作品も少なくないので、そちらのネタに関しては思わぬ穴があったりもするのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「最近のオタクはFateからギリシャ神話を学ぶのか!?そこは聖闘士星矢だろ!!」

ありがたいことに
「中国のオタクな人はアニメや漫画で扱われたネタをきっかけにして別のジャンルに詳しくなる、深みにハマるということはありますか?」
という質問をいただいておりましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも、好きになった作品をきっかけに別の趣味にハマったり、本格的な知識を深めたりといった人は珍しくありません。
それに私自身も日本のアニメや漫画にハマった挙句に日本関係の仕事に就いているような人間をかなり知っています。

また中国で大人気になった作品の影響によって、中国オタク界隈全体の知識の深さや語られる話題の方向性が変わっていったようなケースもちょくちょくあります。

こういった影響ということに関して近頃は「Fate」関係での動きが目に付きますが、
先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「Fateがきっかけで様々な神話に詳しくなった」
といったことなどに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


俺は実はFateから神話の知識を学んだ。その後に別の資料を読み込んだりしたけど、きっかけは間違いなくFate。
こういう経緯で神話に詳しくなった人って結構いると思うんだけど、どう?

お前もか。俺もだ。
ケルトやギリシャ神話辺りはFateを知らなければ興味を持たなかったと思う。

ちょっと待ってくれ、最近のオタクはFateからギリシャ神話を学ぶのか!?そこは「聖闘士星矢」だろ!!

Fateやってるとサーヴァントの把握や妄想に神話知識は不可欠というか、キャラ追っかけてるといつの間にか蓄積されるんだよな。

ギリシャ神話は「聖闘士星矢」だろ……そして西洋文明を理解する上でのベースとして活用できるようになるまでが嗜みだ。ギリシャ神話関係の本って神話ネタでは簡単に手に入る部類だし。

私もギリシャ神話の知識は「聖闘士星矢」と小さいころに読んだギリシャ神話の本から始まってる。

アニメでも神話のアニメ化的なのがあったはず。
比較的最近だと韓国の「オリンポス・ガーディアン」とか、あとディズニーも神話ネタのあったはず。

なんだかんだで型月厨の連中は他の国の神話に詳しいよな。
あいつら下手すりゃ自分の国の神話より詳しいだろ。

神話ネタや神話由来の名詞は色んな作品で使われるからFateに限った話では無い。

ギリシャ神話好きからすればFateは好きになれない。
ギリシャ神話系は元ネタとはかけ離れた名前だけのキャラにされている。ヘラクレスやアキレウスとかの扱いのヒドさときたら……!

私は神話についてはオタクになる前にきちんと理解していた。
世の中は神話をアニメや漫画ゲームで学ぶような人間ばかりじゃない。

そりゃ元から詳しい人はいるだろうし、今の時代普通にアニメ見たり映画見たり小説読んだりしていれば神話の知識皆無ってことはないだろう。
でも本格的に知識を蓄えるきっかけがFateな人は結構いるんじゃないか?自分もFateに出会ってから神話に本格的な興味を持った。

この際だから自白するが、実は俺は「聖闘士星矢」はネットのネタ経由の知識だけで、ギリシャ神話ネタというのは知っていてもそんなに詳しくなかった。
Fateのアキレウスのネタで初めて興味を持って作品をまともに調べた。

Fateを楽しむ上では「聖闘士星矢」は把握しておくべきだろうね。
きのこだけでなく関係者はほぼ聖闘士星矢世代らしいし、ネタも真面目なのからパロディまでかなり多い。過去にはエイプリルフールに聖闘士星矢ネタで動画を作ったりもしている。

アニメや漫画とか、サブカル経由で興味を持ったりなんとなく知識を獲得していたってことは多いと思うぞ。
俺自身インド神話に興味を持ったのって「3×3 EYES」からだったしな。

子供向けの読み物に世界の伝説や英雄についてのが結構あったし、アーサー王やベオウルフなんかはそれで知っていたが、円卓の騎士は「円卓の騎士」という組織名でしか知らなかったな。
ギリシャ神話はやはり聖闘士星矢、それからヘラクレスのアニメ経由だったような。

Fate以前は神話を知らなかったなんて人間ばかりだと思うなよ。これだから月厨は。

現代のオタクになるルート的に、神話に本格的な興味を持つきっかけがFateって人は少なくないと思うよ。
神話系の名詞は色んな所で使われるから名前だけ知っていることは多いだろうけど、それにどんな故事や背景があるかまではなかなか興味を持たない。

世界各国の神話をFate初めて知ったという人はそんなに多くないだろうけど、Fateで世界各国の神話ネタをカバーできるようになった人は多いのでは。
ギリシャとケルトとインドの神話全部詳しかったなんて人は神話専門で追っかけるとか比較するとかでもやってなければ滅多にいないはず。

子供向けの本に神話シリーズみたいなのがあってそれをよく読んでいたから神話の故事はそれなりに知っていた。おかげでFateで魔改造されているのを見るとニヤリとしてしまう。

ギリシャ神話は星座関係から知ることも多いんじゃないかな。私はそうだった。

Fateの神話ネタ全部ではないけど、私は昔から世界各地の神話が好きでイロイロと見たり読んだりしていた。Fateに手を出すきっかけは「世界の神話ネタでスパロボみたいなことをやる」というので興味を持ったことだったね。

自分も知識としては神話がテーマの本というか読み物で把握していたりはするんだけど、思い入れを持ってネタとして語れたかというと、Fate以降かもしれんな。
もっとも、知識だけの時より明らかに歪んで汚染されているけど!

大体みんな、神話伝説の固有名詞やあやふやなイメージとかはFate以前もそれなりに接触ルートはあると思う。
それからギリシャ神話は「聖闘士星矢」があるけど、ケルト神話や北欧神話なんかはFate以前はそんなに語られる神話じゃなかったよね。

北欧神話はそれなりに。
例えば自分は「ヴァルキリープロファイル」とかの印象が強い。

「World of Warcraft」やってると北欧神話関係は詳しくなれるぞ。

「ペルソナ」やってると神話知識はなんとなく蓄積される。

ケルト神話は「マビノギ」でそれなりに把握できていたかな。さすがにFateの魔改造までは対応できていなかったが。

ケルト神話は「ケルトの聖戦」というゲームがあってだな……

自分の場合、ネタということなら「遊戯王」がかなり大きい。カードの元ネタをイロイロと追っかけた。

シヴァやパールヴァティーはともかく、カルナはFateやらなければ絶対知らなかったと思う。

詳しく知らなかったがアルジュナは辛うじて耳にしたことはあった。でもカルナはさすがに知らなかった。

自分の場合、Fateから知ったというのが大きいのはギリシャ神話よりもシュメール神話だよ。他の神話は多かれ少なかれ意識したことがあったけど、シュメールはほぼ名前だけ。

私もシュメール神話に関しては似たようなものかも。
Fate以前はせいぜい歴史用語としての認識だった。

シュメール神話の内容やその影響、文化圏についてはFareを知らなければ意識したり調べたりもしなかったと思う。

でもシュメールとかギルガメッシュはまだ名前は聞いたことあったろう。歴史の教科書にも載っているしね。
完全に知られていなかったのは間違いなく大英雄アーラシュ。

アーラシュについては完全に同意。アーラシュとシュメール神話についてはFateのイメージの影響が非常に強くなっているのは間違いない。
それ以前は歴史枠だったと思う。少なくとも神話ネタとしてガッツリ語られることは無かったかと。

Fateで神話を知るのは別に構わんが、Fateはトンデモ魔改造が行われているのは意識しろよ。もし神話を知りたいなら原典を読め。

それは確かにい。Fateは直接「勉強」に使えるもんじゃないわな。ただ神話に対する興味を強めるのも間違いない。
原典に当たってみてあまりの魔改造ぶりに困惑して、更に複数の原典や解釈があって曲解の範囲に悩んだりするのが定番の流れだよ!

Fateの本当に恐ろしい所は各国の神話を曲解する楽しみを知ってしまうことだろう。
Fateを通じて「名前だけは聞いたことがある」ような様々な神話の人物を考察したり、神話の関連性やネタの流れ的なモノを意識するようになってしまう。
もう昔のような考えで神話ネタに接することはできない……



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈の世代の移り変わりも感じられるようなやり取りも見受けられました。

それにしても、中国オタク界隈ではFate以降に神話伝説ネタの扱いがかなり変わったのは確かではないかと。
昔は元ネタ紹介程度だったものが、最近ではFate関係の話題に出てくる考察やツッコミが以前と比べてどんどん濃くなっているというか、神話との比較や解釈も含めてというのが増えてきているように感じられますね。

ただそういったコダワリのある考察が出てくると共に、Fate内における独自解釈の展開をそのまま受け止められないという人も増えてきているそうです。

特に中国関係は自分の中のイメージが固まっている人が多いので、Fateにおける独自解釈のアレンジについては引っ掛かりが激しくなり、自分の考えるFateに出た中華系キャラの人物像、現在の中国で広まっているイメージとの違いや、Fateの独自解釈の広げ方について様々なことを言いたくなってしまうのだとか。

中国のFate事情を追っかけていると、良くも悪くも作品の人気や影響力が高まった結果というのを目にすることになりますし、その辺りについてイロイロと考えてしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「新宿のストーリー、普通にカッコ良くて面白かったんだけど」中国版FGO亜種特異点1への反応

この時期は日本も中国も連休前ということで混乱しますが、ゴタゴタのピークはどうにか過ぎました……

さて、GW中にApoイベントがあるのを期待しているものの開幕直前キャンペーンが5/9までということで怪しくなってきたFGOですが、ありがたいことに
「中国版FGOの亜種特異点1への反応」
に関する質問をいただいておりますので、遅くなりましたが今回はそれについてを。

中国版の方では4/8からからの実装となったFGO第1.5部
「新宿幻霊事件」 (中国語版告知ページ)
ですが、新章の開始ということで第一部完結の余韻に浸っていた中国のFGOプレイヤーの面々も頭を切り替えてのプレイに取り掛かっているとのことです。

ちなみにゲーム内のクラス名に中国語しか使えなくなってはいるものの、真名が明らかになる前の新サーヴァントの呼称については
「新宿的Archer」「新宿的Assassin」「新宿的Avenger」
と英語表記は可能となっているみたいですね。
中国版FGO、国の規定により英文表記抹消

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「亜種特異点1 悪性隔絶魔境新宿 新宿幻霊事件」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(例によって真名などイロイロなネタバレが混じっておりますのでお気を付けください)



新宿のストーリー、普通にカッコ良くて面白かったんだけど。
終局特異点がとても良い出来だったから不安だったけど普通に楽しめた。

クリアしたら教授が欲しくなった……そして石が消えた……

短めだし、正直六章以降と比べるとそこまで優れているという感じではなかったかなー
でもジャンヌ・オルタは可愛かったしセイバーオルタとカヴァス鏡い離┘團宗璽匹睨┐┐燭袈擬も欲しくなるキャラしていたし、悪くはなかった。

ところでラストの影は誰だったのか……全く分からん。

私も最後の探偵?が誰だか分らなかった。

日本の作品だからコナンとか金田一とかその関係者とかいうネタを思い付いたが、ちょっと遠過ぎるな!
まぁ古典作品の探偵キャラの誰かなんだろうけど。

日本で元ネタのまとめあったけど、全く分からんかった。

外国の探偵小説の有名所らしいんだけど、そっちは完全に守備範囲外。

ポワロだけは分かったが、文章だけでその場には出ていない?

面白いといってる人いるけど、自分は6章や7章ほどは楽しめなかった。

そこと比べるのは厳しいだろう
あれはきのこの当たりパートだし、題材も豪華。

自分が気になったのはキャラ崩壊っぽい所。
セイバーオルタってあんな感じだったか?

崩れているかどうかはちょっと判断し難いと思う。hollowではもっと崩れているし。
それと実はセイバーオルタがしっかり出て喋る機会というのは案外少ない。

私はセイバーオルタとジャンヌオルタのやり取りがとても楽しかったです!

俺の中でセイバーオルタとジャンヌオルタのカップリングがどんどん強化されていく……クリスマスネタだってあるし、もうスバラシイね!

それにしても「新宿」担当ライターが東出だとしたら、ジャンヌオルタ関係は初登場や二回目のクリスマスイベントとか、東出担当するケースが多くなるんだな。

ジャンヌオルタは昔から東出担当だぞ。贋作英霊もそうだったし。
お前らがジャンヌオルタに課金して国内セルラン1位にしながら始皇帝で大炎上させてたのは日本でツッコミ所満載だと思われていたとか。

東出は恋愛書かなきゃいいみたいに言われているけど、萌えを書かせたらかなりこっちの好みの線を突いてくるように思う。

新宿の終盤の自分の記憶を消してといった展開、「デスノート」で無かった?元ネタそれじゃないの?

あれ、どこのネタというならミステリ系の作品からじゃないか?デスノートに限らず。

記憶を消すとか人格を上書きするとかのネタはそんなに珍しいもんではないような。
それから新宿のライターは東出で確定なの?1.5部のライターに関しては複数の説があるんだが、どれを信じればいいのかイマイチ分からん。

アガルタとセイレムはほぼ確定とされているけど、新宿と剣豪に関しては異論があるな。
東出が剣豪で桜井が新宿という説もある。

いわゆる「内部情報」によると新宿シナリオの翻訳の過程で出てきたのが東出という話だったか。それ以降、こっちでは東出担当説が有力視されているんじゃないか。

その手の話は思い込みやデマも多いが……

中国版FGOでは公式の窓口が各フォーラムに設置されているからこの手の議論で立つスレに関係者混じってそうだし、実際その手の「内部情報」については武則天の時に当たったからな。
振り返ってみると最初から真名予想が武則天で決め打ちだった上に、当時日本でも全く予想されていなかったコロンブスも当てたから内部情報で確定だったのだろう。

東出がロボを100まで上げて晒していたから、そっちからも確定でいいんじゃないか?
新宿はロボとカヴァス鏡ご慙△離好函璽蝓爾呂なりしっかり作られているのは分かる。

「二人『素晴らしい!』」
みたいなのを使うのが東出作という根拠の一つとされている。桜井はこういうのを使っていない。
ただ合作や担当パートが混在しているという可能性もあるので断言はできないが。

メインは東出だろうけど、ここで上がっている評価の高いストーリーやキャラ描写は明らかにきのこが担当だろ。

1.5部に関してはきのこ関わってないと明言しているぞ。企画や監修の段階では関わっているだろうけどね。
1.5部できのこが担当しているのはCCCコラボだ。

どっちにしろ、1.5部の当たりとされるシナリオの新宿と剣豪が東出、桜井担当になるんだよね。第二部No.1もそうだけど、時間があれば面白いの書くライターなのかね……外れが爆発炎上するけど。

燕青の手抜きは東出だという根拠として信用できる気がする。

ロボ関係のストーリーは感動したけど、燕青は薄いよなあ……後の方でまた出番はあるというが。

燕青に関しては確かに手抜きだよね。
燕青がカードの絵柄だけで新宿からの新キャラで最高の人気になったから、後になって慌ててたくさんの幕間やイベントでの出番を作ったんだろ。

日本の新宿実装時に人気が出たのは教授じゃないか?
燕青も人気出なかったわけじゃないけど、教授程じゃなかったはず。その後のネタの追加ぶりでもね。
ウチの国でも評価は高かったけど人気としては他に呑み込まれていたような。

後の方でストーリーを追加するのは燕青に限った話じゃないしね……日本で燕青の評判が本格的に上がったのは3回目のハロウィンイベントじゃないかな?

細かい不満は幾らでも出てくるけど、全体的に見ればストーリーはスムーズに進んで感情移入もできるし、かなり面白かった。人理を救ったあとの小規模エピソード連作として見れば良い滑り出しだろう。

1.5部ではこれと剣豪の評判が良いらしいし、なんだかんだでまた1年楽しめそうで良かったわ。



とまぁ、こんな感じで。
予想していたよりも面白いと受け止める人が結構出ているようです。

それと質問をいただいている燕青については新宿シナリオではまだあまり目立つ活躍は無いということもあってか、そこまで話題になってはいない模様ですね。

中国には先行する日本での各シナリオやサーヴァントの情報や評価(ネタバレ)が入っていますし、それを前提にしたやり取りが行われてはいますが、やはり中国語に翻訳されたテキストでシナリオをじっくり読むと事前とは違った印象になる人も少なくないようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで李書文がネロに勝てるんだよ!?」

ありがたいことに「Fateのサーヴァント李書文」に関してネタのタレコミや質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

「Fate/EXTRA Last Encore」

は中国の動画サイトでも配信されていますが、アニメということもあり広い範囲の人が見ているようで、現在の中国オタク界隈におけるFate関係の認識や知識の広がり具合のようなものも見て取れるのも興味深いですね。
またちょうど先日、アニメの方にも李書文が登場したのもあってか李書文に関して改めてイロイロと話題になっているようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fateの李書文の強さ」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで李書文があんなに強いんだよ!おかしいだろ!

分かる。ネロをあっさり倒し、クー・フーリンの能力も効かないとかはさすがに……

私も同じようなこと考えた。
なんで李書文がネロに勝てるんだよ!?

アニメ見てから李大師に種火突っ込んでスキル上げ始めました。

アニメの方はクー・フーリン本人じゃなくて凛だし、クー・フーリンの能力がまた通じないというわけじゃないから……たぶん……

まぁ、あれが李書文の无二打だからね。
ただ完全に不意打ちに成功しないと「致命傷程度」のダメージになってしまうわけだけど。

致命傷はダメだろ!

ちょっと聞きたいんだが、なんで李書文がバーサーカーなんだ?クラスはランサーじゃなかった?

原作ゲームで初出の時はアサシン、その後またアサシンとバーサーカーの二重クラスで登場している。ランサー適正に関してはずっと設定だけだったのがFGOで採用された。

なるほど……それにしてもちょっと万能過ぎない……?贔屓され過ぎてない……?
きのこはそんなに李書文が好きなのか。

きのこが贔屓しているのはギルガメッシュでは?

きのこは中国厨だから、中国武術を何かと持ち上げる。三国志も持ち上げる。

きのこは中国贔屓とよく言われているけど、あいつは八極拳好きなだけだろ。

李書文が贔屓されているのは間違いない。
だって月姫の頃からきのこは八極拳をやたらと持ち上げているんだぞ?Fateにおいても対サーヴァントで明確に効果がある武術はまず八極拳だ。
きのこを煮詰めて八極拳好きエキスを抽出した結果が李書文なのだよ。

でも中国のサーヴァントは荊軻を除けばほぼ一流クラスが揃っているし、強烈に推しているというわけではないが中国の評価はそれなりと見ても良いんじゃないの?

経験値もすごい中国持ち上げてるね。老人版の李書文を大活躍させてる。

だが四大文明枠で考えると中国だけ微妙というか、影が薄いというか……

ちょっと待った、元ネタで考えてみよう。
ローマの皇帝ネロと近代の武術家李書文を比べたらさすがに李書文有利だと思わんか?ネロも剣闘士的なことやって鍛えていたろうけど、さすがに場数も鍛え方も李書文の方が上のはず。
そしてネロと同じく型月補正が李書文にもかかっていると思えば、なんとか納得できないか?

実際の所、李書文はそこまで強いわけじゃないぞ。
単純に格下に強い、いわゆるクー・フーリン的な強さなだけ。

圏境と无二打の組み合わせが強烈だし、大体のサーヴァントは倒せそうに見えるけど。

アルトリアくらいなら普通に倒せるだろうし、設定上はわりと強いよ。

アルトリアを倒せても強いとは言えんだろ。あれは戦績では葛木にも負けてるし初見で勝てるわけがない。
それにクー・フーリンもゲイ・ボルグは設定上は大体のサーヴァント倒せるはずなんだぞ?

李書文はカルナとかには勝てないだろうしな。
カルナに勝てないのは恥ずかしいことでも何でもないが。

FGOでも李書文はスカサハと互角の戦いができるという描写されてたろ!

あれって強いようには見えるけど、ストーリー展開における状況や環境補正入りの強さとも言えるし……

李書文は言ってみれば葛木の上位版みたいなもの。
特殊能力が初見での対処が極めて難しい上に、基礎スペックが高いので接近戦能力が高いサーヴァントとも問題無く打ち合える。

勝敗に相性は絡むだろうけど、さすがにクー・フーリンの方が李書文より上だろ……

アニメはクー・フーリンの能力を使っている凛だし、それに対して優勢だからって李書文が強いということにはならん。
李書文は槍を使っていながら素手の燕青と引き分ける程度のレベルだ。そもそもクー・フーリンの微妙に見える戦績は相手がどれも上位過ぎるか制限付きのものだ。

きのこはその辺の上下を曖昧にするから混乱するんだよな。どうとでも解釈できるようにしてその後の展開に活用するという戦略なんだろうけど。

あの幕間は李書文から見て燕青は伝説だから格上だけど、実力的には明確な上下は無しという感じだったな。
明確にヒドイ扱いなのはベオウルフだけだ……

ベオウルフは技じゃなくて肉体技能だからあの世界のストーリーだとどうしても引き立て役になる。

燕青は水滸伝の中ではそこそこの強さくらいで、あいつより強いのはわりといる。
それが拳で李書文の槍に勝てるんだから李書文はその程度ってこと。

ところで圏境と无二打が強いのは分かったけど、ネロ達はどうやって勝ったの?
そもそもどこから李書文だと分かったんだ?宝具や技を分かれば対処方法が考えられるとは言え、神話上の存在ならともかく、李書文とかあっちから名乗らないと分からんだろ……

罠にかけて圏境を封じて无二打の威力も激減させて、戦いの時には黄金劇場ぶつけて倒した。
圏境が使えるままだったら確定で負け。

ゲームだから李書文の特殊能力を破って、あとはパラメータのぶつかるコマンドバトルという展開。ゲーム的には対李書文で宝具が初めて解放されるから、ストーリーで言うと宝具で勝ちという感じだろう。
あと李書文の真名はなぜか中華の拳法、達人、无二打の故事から確定する。なぜか断言される。

対李書文は基本的には宝具を発動できる状況にしてそれを当てるのが「勝ち方」だと思う。もっとも、その状況に持っていけないようにできる能力があるのがね……

圏境がチート過ぎるから、どれに対しても勝てるように見える。アニメの描写も一応説明は付く。

アニメで使っているのは中国武術:A+++の方だけじゃないか?バーサーカー状態だろうし。

李書文の中国武術での接近戦も三騎士クラスと同等くらいだから、隔絶した強さって程ではないよ。正面戦闘もできるアサシンと言い換えれば分かり易いんじゃないか?

Fateだから当然バーサーカーになって弱体化しているからな……

それにしても李書文を調べてもFateにつながるような伝説やネタが見付からない。どういうこと?

イロイロと「加工」されているけど、近代の武林関係の故事を調べてみればいいんじゃないか。李書文も載ってたはず。

私も以前調べたことがあるけどそっちのネタはFate内の李書文のイメージにつながらないんだよね。

自分もその辺りに関して聞きたい。
李書文ってもしかして自爆弓のアーラシュみたいにFateで二次元的な知名度、アジアでの知名度が上がったようなタイプだったりする?
中国人だからそれは無いと思っていたが、いくら調べてもFateに結び付かないんだ。

李書文って海外で人気あるんじゃないの?

その「海外人気」という話を近頃見かけるが特に根拠は無いぞ。
奈須きのこが李書文大好きなのは間違いないが、それだけのことだ。
中華民国時代に洋人ボコボコにしまくったから八極拳と六合大槍は海外で少しは知られているけど、よく言われる「海外で人気、有名」で想像されるようなレベルではない。

李書文の強さってこう、信じられる根拠が無いんだよな……唐突に出てきた感じで。
調べても出てくるのはマイナーな武術家ということだけだ。神秘につながらない。

歴史的資料なんてのは信じるも信じないも人の勝手だし、Fateはそこから更にネタを飛躍させるからしょうがない。

李書文は所属した所が歴史的にちょっと微妙というか敏感な所に入っちゃうから検索で分かるような中国語の資料で追いかけるのはちょっと難しい。
このスレもいつか消えそう。

Fateの李書文に関しては元ネタを調べるより、日本の二次元関係の八極拳ネタを見た方がイメージは掴みやすいが、どの作品で……というのは難しいかもしれん。それでもあえて挙げるなら「拳児」だろうか。恐らくFateにも直接的な影響がある。

それより呂布がいよいよスーパーロボになりそうな気配があるんだけど……

あれも不思議だよな。社長的には正しい明確な呂布像を反映したものらしいが。



とまぁ、こんな感じで。
Fateの李書文の設定については一昔前に比べてかなり広まっているようですが、それでも作中の強さや扱いに関して腑に落ちない人は相変わらず出ているようです。

現在の中国では李書文は「武侠」ではなく「武術家」という扱いですし、中国オタクの方から聞いた話によると
「武侠ではない、武術家でしかない李書文がFateのような超常バトルに加わって活躍するのにはやはり違和感を覚える」
といった受け止め方になる人も少なくないそうです。

中国では「武侠」はどんどん神秘性を獲得して「スゴイ」ものになっていますが、それに対して武術は神秘性を持たない「現実的」なものとなっているそうで、漢字表記は同じですが、日本の「中国武術」から来るイメージと、中国の「武術」のイメージはかなり異なるものになっているのだとか。

また、ここで言う「武侠」は中国の創作における舞台装置、「内功」「軽功」を使って活躍するスーパーヒーロー枠でもあるので、現在の日本でイメージされる武侠とはまたちょっと違うかと思われます。

中国オタクの方から以前聞いた話には
「NARUTOやドラゴンボールの戦闘描写は武侠的なものに通じる所があるので、中国では受け入れ易い」
などといったものもありましたし、「日本のアニメや漫画における中国武術、中国拳法」は中国で言えば武侠枠の強さ(中国での「武術」ではない)というヤヤコシイ事態になっているのかもしれません。

そしてこういった所から考えていくと、李書文は日本の創作コンテンツに入った時点で近代武術家から武侠的な力を持つ存在になったのかもしれませんし、Fateの李書文も武術家の肩書の武侠キャラ……などと言えるような気もしてしまいます。
それに対して、中国では李書文はその設定や元ネタからまだ「中国的な武術家」というイメージが強いので、Fateで超人バトルを行うと違和感が出てくる……という感じなのでしょうかね。

ちなみに中国における李書文のイメージについては過去記事の
中国オタク「李書文が強過ぎる!」「なぜ李書文ごときがFateであんなに評価されるんだ?あいつはたんなる武術家キャラだろ。」
なぜ中国では八極拳や李書文の評価が低いのか
などもご参照ください。

それから本題とは関係ないですが、
現在の中国で有名な「武術家」について中国オタクの方に聞いて見た所
「武術家枠で有名なのは、霍元甲や大刀王五、黄飛鴻や葉問といった辺りでは」
という答えが返ってきました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「こんなに熱くなれたストーリーと体験に再び出会えるのだろうか?」中国版FGO終局特異点への反応

今回はありがたいことに複数の質問をいただいていたものの、
後回しに次ぐ後回しになっていた
「中国版FGO終章への反応」
についてを。
後回しにしたままでいたら第二部のクラス別CMが始まってしまいました……

ちなみにCMの情報は早速中国にも伝わっているようで再び真名当ての動きも出ているようです。
セイバーは中国でも蘭陵王や狄青が有力視されているようで、イラスト担当の傾向から「さすがに女体化は無いだろう、無いよね?」という声も。
ライダーの方は現時点では判断材料が少ないのもあってか決め手は無いようです。ざっと見た所では「孫悟空?」といった見方が日本よりも多めに出ているようですが、それに対して「装備やセリフ的に孫悟空ではないような」的な反論も出ていますね。

さて、本題に。
中国では1/23から終局特異点が実装され、当時は緊急メンテも入ったバルバトス狩りの混乱やマーリン実装による当たりと爆死のアレコレなどがあり、かなり混沌としていましたね。
中国版FGO、緊急メンテでバルバトス延命に成功
とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われた
「終局特異点クリア後の感想」
などのやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(大量にネタバレを含んだ長文語りなどは外していますが、ネタバレは混じっていますのでご注意を)


ついに開位となった。
終わった。この1年の楽しさと苦しさがついに終わった……

クリアと同時に色んなものが脳裏を駆け巡った。
各種イベントや素材集め、好きなサーヴァントを引けなかった時と引けた時。

終わっちゃったなあ
大きな犠牲はあれど、なんだかんだでハッピーエンドになったか。寂しいけど満足だ。
続きがあるのは知っているけど良い終わり方だった。

なんか大作が終わったようなしみじみとした気分になった。
最近の作品で言うなら「NARUTO」の最終回を見た時がわりと近いかも。

1.5部、そして2部があるのは知っているけどこれでまずは一区切り、第一部完結というやつだなあ。

面白かったけど、ぐだ子が最後素手でゲーティアと戦うのは作品の時空が変わってしまったのかと混乱した。

リヨぐだ子はサーヴァントを素手で殺れるからな。

終章クリア、素晴らしかったがドクターのことを思うと涙がにじむ。

ただ一人帰って来れなかったのは……

その手のネタバレをできるだけ避けていたから、ドクターが真のラスボスなのかもと思いながら進めていたが、振り返ってみると第六章辺りから彼に対する印象が結構変わっていったように思う。

終章ではマシュとゲーティアの会話も印象深いな。
マシュの拒絶も納得できるし、終わってみればゲーティアの矛盾も型月のボスらしいものだったように思う。

初登場時のソロモンとか軽過ぎたし、リヨぐだ子という存在がいたからネタ扱いな空気も濃かったからな。よくあそこまできちんとしたボスになったと思う。

それにしても終章の展開、自分がネタバレから考えていたのとかなり違ったわ。ダビデ関係とかもほぼ無かったし。

ドクターがいなくなってダメージ受けるダビデという同人ネタもアリだけど、明らかに俺達プレイヤーの方が甚大なダメージ受けているよな……新展開や復刻イベの度にロマンに関する話題がちょくちょく出る理由がクリアしてよく分かった。

こんなに熱くなれたストーリーと体験に再び出会えるのだろうか?
第二部があるとしても難しいように思う。ゲーティアのようなきちんと格や強さを納得させてくれる、打倒する達成感を与えてくれるようなボスには出会えないのではないだろうかと思ってしまう。

この終章の達成感を知ってしまうと、今後出てくるという裏切り者が不快に思えてしまうね。許せないじゃなくて、ただただ不快。
きのこはその敵をどうやって演出するのだろうか?

この後も新しいストーリーやるんだっけ?イベントが続くのだけは一応知っているが。

この後は1年かけて1.5章や季節イベントだな。
当たり外れが激しいが、面白い所もある。

続きはどうなるんだろう。
私も正直こんなに濃い体験ができるのだろうかと考えてしまう。

大きな変更が無ければだが、しばらくは監獄塔とかの復刻で休めるはず。
こっちのイベント実装ペースは日本と基本的には同じだからな。

自分も終章終わって脱力気味だ。終章のストーリーもそうだが、バルバトスを狩るためにこの数か月準備してきたから。
当面の目標が消えてしまったのもあってか、今日はじめてログインしないうちにスタミナを溢れさせてしまった。

ところでEDの主題歌について詳しく教えてくれ。
坂本真綾の歌でいいのか?

いや、EDの「Eternity Blue」は坂本真綾じゃなくて愛弓っていう歌手。確かプロフィールが日本でも公開されていないはず。
それはそうと、良い歌なのは間違いないしFGOって主題歌がかなり作品のイメージと重なるから「Eternity Blue」についてもも歌詞を調べてみるといいぞ!

終章クリアで本当に感慨深いが、次は何をやればいいんだ。今はなんだか空虚な気分だ。

とても熱かったけど、なんかもうこのままエンディング!サービス終了!みたいな気持ちになった。

これって元々ここで終わりにするつもりだったんじゃないか?
金儲かり過ぎてやめるにやめられなくなって続きをやっているだけでさ。

ここで終わりと、ふーむ。
ストーリーが直接課金に結び付くスゴイというか恐ろしいというかなゲーム設計だし、ストーリー前提で開発しているゲームだし後のことを考えていると思うんだけどなあ……

今後の1.5部もあるしね。もう少し楽しめそうなのは嬉しい。

ダメだったらサービス終了はあり得たろうけど、少なくとも第二部までの構想はあったという話だ。
でもサービスのスケジュールや、終盤の盛り上げ方はいったいどこまでが計画した通りの物なのだろうか?
日本のサービスの混乱ぶりを見ると、さすがに全部計算通り!ではないと思うんだけど。

何はともあれ、希望と別れの哀しみを感じさせてくれる良いシナリオだった。
ただやはり、離別の苦しみ、悲しみは残る……これを癒してくれる何か良い作品は無いのか……

「衛宮さんちの今日のごはん」がオススメだ!
Fateキャラによる暖かな日常モノだよ!

うむ、あれは良いものだ。
hollowとかも良いけど、手軽に見れるからまずはあれで癒されてくるがいい。

ストーリーや体験を評価するのは理解できるが、自分は終章にガッカリしたよ。
キャラの強さが混乱し過ぎだ。あれ全部人理ブーストでもかかっていたというのか?

ぐだがゲーティアと殴り合うんだから細かいことは気にするな!

誰が強いとか、誰が最強とかいうのはいよいよ分からなくなったな。
まぁFateはストーリー上の強制デバフや無能化が目立つわけではないので悪くは無いが。

ああ、そこは実は非常に上手く作られているよね。
ストーリーが進むごとに「俺の星5サーヴァントならストーリー上の敵なんて秒殺できるのに!」という不満を覚えることが無くなったし、第六章、第七章、終章と手持ちのサーヴァントでも無理、どうするんだ!というスケールの敵に挑むことになったわけで。

だめだ……クリアしてからゲームをする意欲が薄れてしまっている。新イベントも無いようだし、このまま数か月どうすればいいんだ……

私もいつのまにかログボ勢。
「全てが終わった」みたいな気分になってるよね。

日本版はこの時期何やってたんだろう……

確かバレンタインでつないで、1.5部最初の新宿シナリオだったはず。
バレンタインは復刻ではあるけど、前回からの1年の間に追加されたサーヴァント全員のストーリー及び礼装追加だからかなり盛り上がっていた覚えがある。

どっちにしろ、しばらくはいいや……クリスマスイベントから終章まで本当に忙しかった。未消化の幕間や強化クエストもあるし、ゆっくり進めつつ肝臓を休めよう。

一つ良いことを教えてやる。
この1年でたくさんのサーヴァントを従えたマスターほど、バレンタインが大変なことになる…・…イベント回収が人数分あるからな!

うっかりログイン忘れていると良いフレに切られるから気を付けろよ!



とまぁ、こんな感じで。
終章クリア直後は真っ白になっている人も多かったそうです。

教えていただいた話によれば、日本版経由のネタバレ情報が昨年の時点で飛び交っていましたから、終章の展開に関する驚きというのはあまり無いようでしたが、ゲームの体験という意味では新鮮に思えた人も少なくなかったのだとか。

また日本の方で終章が実装された際にはネタバレ情報はともかく、ストーリーの詳しい所までは伝わっていなかったことから、ダビデとソロモンの関係から「泣ける展開」「寂しさ」を語る、紹介する的なネタもかなり目に付いたのですが、今年の話題はやはりロマンとプレイヤー自身の体験が中心になっているようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「FGOのストーリーが終了しただと!?これからどうすんだよ!」(2016年の年末の反応です)

中国版FGO、ついに玄奘三蔵も規制の対象に?

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

イロイロな規制が入る中国版FGOですが、また新たな規制の動きが出たそうです。
中国版FGOからの告知(中国語)によると、
3/4のメンテナンスで「関連政策の要求に応じて」
・サーヴァントの「玄奘三蔵」を「西行者」
・概念礼装の「魔性菩薩」を「天堂之孔」

への名称修正を行うとのことです。

また同じ時期に「三国殺online」などの他のゲームにも名称修正の動きなどが出ているそうで、これらの修正の動きに関して中国オタク界隈でもイロイロと話題になっているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGOの玄奘三蔵や魔性菩薩の名称修正」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜか玄奘三蔵、魔性菩薩がなぜか名称修正。
なぜだ、何が問題なんだ?

何となく分かるが、どうして今なのかというのは疑問だ。

しょうがない。石を幾つもらえるかで考えよう。

詫び石は20個だってさ。
正直持ってないキャラと礼装だから悪い気はしない。

Fateは規制される理由には事欠かないが、なんでこの二つなんだ?
女体化は今に始まった話じゃないし、魔性菩薩はオリジナルキャラのキアラだし。

荊軻や孔明ではなく三蔵かよ。

三蔵は分からなくもないが、魔性菩薩は分からんな……

「菩薩」が問題だという説が出ているね。あと疑似宗教的なネタは危険だとかいう説も。

歴史上の人物、そして宗教ネタは「敏感」なジャンルだ。問題視される前に手を打ったんじゃないか。

宗教?じゃあ聖杯でもうアウトだな!

宗教側からの抗議と見ている人もいるが、作品に宗教的要素が混じるのがマズイと判断された可能性も考えられる。ほら一応ウチの国って唯物主義の国だから。

考えてみれば中国の歴史上の人物で女体化されて更に宗教ネタまで加わるわけで……三蔵がこれまで生き残れていたこと自体が奇跡のようなものだったのかも。

あと名作古典西遊記のパロディも加わるぞ。
比較的パロに関して許されているとは言え、四大名著の一つだ。

三蔵に関してはFGO単体のネタでは無かったし、炎上していたわけでもなかったからね。コーエーの無双シリーズとかの方が問題視されていたように思えるくらいだし。

宗教ネタか、古典ネタか。
哪吒もちょっと危険になって来たような。

三蔵はその知名度の最大の根拠となっている西遊記での扱いからしてかなりアレなのもあるというのに。
いわゆる大国の尊厳を汚してはならないということか?中国国内の歴史や神話や宗教のネタは全部名前を修正しろと?

観音菩薩を女体化しているウチの国が文句を付けるのはどうかと思う話。

カードのイラストの修正が一番イヤだし、他は諦めるしかないか。
名前に関しては公式と自分たちが日ごろ使うものを同じにしなければいけないわけでもないし、そこまで痛手ではない。

「天堂之孔」はアリかな。変えるならマシな名称にしてもらえば不満も少ない。

殺生院キアラの宝具の読みが「アミダアミデュラ・ヘブンズホール」だからね。そっちから持ってきているのが分かるし、頑張った修正だろう。

「天堂之孔」は良いんだが、「西行者」はちょっと微妙。他に良い名前が思い付くわけでは無いけど。

俺は西行者への変更はむしろ歓迎する。今まで俺の中の玄奘のイメージとFGOの玄奘三蔵が合わなくて感情移入できなかった。玄奘のイメージは既に固まっていたし、今更女体化で露出度も高いキャラは受け入れ難かった。
名前が西行者に変更されれば自分の玄奘のイメージをあまり連想しないで済みそうだし、修正がここで止まるなら文句は無い。

これまでの流れだと「西行者」はイラストの方も変更されそうだよね……

FGOはまだマシ。三国殺の方がたいへんだぞ。

三国殺も修正入ってるらしいな。

物騒な名前のスキル、「ふさわしくない」スキンとかがアウトになっている模様。
「借刀殺人」が「借刀」になったりとかね。

何だよそれ。「借刀殺人」って成語になっているレベルの言葉じゃないか。それがダメって何を考えているんだ。文化を保護するどころか消しにいってるじゃないか。

「借刀殺人」がダメって、三十六計もアウトかよ……俺達は国の歴史の転換点にいるのかもなあ……

この数か月は本当に「キレイ好き」なお話ばかりだ!

最近も不思議な時期にお偉いさんの会議があって、「かなりでかい変化」があったからねえ

「両会」の時期も時期だし発表された内容もアレだ。静かにしているしかないし、ゲームも我が身を守るために修正しないといけないのだろう。

別に大した問題じゃない。
日本の作品だって「殺す」という言葉は極力避けている。大体は「倒す」や「やっつける」になっている。そういうことが我が国でも起こっただけだ。

それは作品の内容や世界観、商業的なターゲットも加わっての表現の調整であって、使うなというのじゃないだろ……今後「殺」の字すら使えなくなるかもしれんのだぞ。

今の流れではシャレにならん。そもそも「三国殺」というゲームのタイトルでさえ怪しくなる。もしダメなら「殺」をどう言い換えればいいのやら。

ネットの「敏感なワード」はどんどん多くなるし、検索禁止ワードもどんどん多くなる。

これ現代版文字の獄だよね。
歴史は繰り返すというのを我が身で体験したくは無かった。

明確な基準は無く、上の風向き次第で行われる規制。我が国の法治システムはまだ長い道を発展中だ。

法的におかしいと批判されたら法を改正して問題無くする法治だぜ!

恐らくFGOで一番危ないのは始皇帝実装の時だろう。どうやっても批判は出るし、今の情勢だと以前の炎上とは違う危険につながりかねない。

その前にある武則天はどうなるのやら。武則天と呼ぶことができるのか?
ずっと真名に気配遮断でもするのか?

中国で召喚されることによる知名度補正だな!気配遮断:EXで真名看破も無効だ!

まったく……お前らもようやく中国国内の創作者の苦労が分かったか。

影響あるのは国内だけなんだよなあ……型月関係者、全くそういうの気にせず作ってるぞ。いや、ヘンなことして面白くなくなる方が嫌なんだけどさ。

そんな先の事考えてもしょうがない
それに日本版実装から中国版実装まで1年以上の時間があるわけだし、翻訳するにしても修正するにしてもそれなりに余裕がある。

「王者栄耀」の女性キャラ「荊軻」が批判され改名になったとき、FGOも含む他の作品は対象にならなかったからそこまで気にしなかった。そして今、お偉いさんの拳は無差別に降り注ぎ逃げることもできないというのがやっと分かったわけだな。



とまぁ、こんな感じで。
今回のFGOの名称修正に関してはそこまで大きな不満は出ていないようですが、徐々に強まる修正に関しては気分が良いものではない上に、今後のことを考えると不安になってしまう所もあるようです。

近頃の中国ではソーシャルゲームが社会への影響という方面から批判されることが多くなってきていますし、批判の規模や強さもかなりのものとなっています。例えば昨年の「王者栄耀」関係に対する批判はテンセントの株価が下落するレベルのものになっていました。
中国の人気ソシャゲ、荊軻が女は許されないのでキャラの名前修正
中国の大人気ソシャゲ、女神女カを出そうとして忖度して改名したら炎上してまた戻すことに?

更にコンテンツの内容に加えて、ゲーム課金に対する消費者保護的な方面からの問題提起や批判の流れも強まっていますし、中国のソーシャルゲーム界隈は景気こそ悪くはないものの、作品のかじ取りに関してはいよいよ難しくなってきているとのことです。

それからFGOの終章の反応についての質問を複数いただいておりますが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。3月上旬が終われば余裕ができるはずなので……

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「殺し合いはもう十分見た。今見たいのはこういう日常だ」 衛宮さんちの今日のごはんに対する中国オタクの反応

ありがたいことに
「衛宮さんちの今日のごはんに対する中国の反応は?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

「衛宮さんちの今日のごはん」

のアニメは中国の動画サイトでも配信されており、中国のFateファンの間ではちょっと意外なFate作品という感じで受け止められているとかなんとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「衛宮さんちの今日のごはん」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「衛宮さんちの今日のごはん」が面白い。
予想外の収穫かも。Fateファンなら見て損は無いぞ。

どういう作品なの?
ハーレムアニメだったらちょっと勘弁してほしいんだが。

うーん……ハーレム要素が無いわけじゃないが、基本は料理、それも普通の料理を作るアニメかな。

「カーニバル・ファンタズム」の世界観の作品だよな。ランサーがそんなに死なない。

ランサーが死なない料理番組?でもゲテモノ料理で死んだりするんだろ?

俺、セイバーと士郎のカップリングは好きじゃないんだよね……

カップリング要員は出てくるけど、ハーレム要素は薄いから普通に見れるぞ。

見たけど普通に面白いな。
「カーニバル・ファンタズム」の精神的続編とでも言えばいいのかな?

「カーニバル・ファンタズム」より「hollow ataraxia」に近いと思う。

原作には確か言峰出てるはずだから「hollow」じゃないと思うが。

厳密には同じではないけど、ネタ元や登場人物の関係が近いのが「hollow」なんだよ。
Fateの外伝の特殊な世界線とでも考えておくのが良いんじゃないか。

うーむ……Fateって本当になんでもやるんだな。
無理矢理過ぎてちょっと引っかかる。

そんな!冬木市が平和だなんて!?

こういう「普通の」作品って実は珍しいかもね。
普通の家庭料理アニメで詳細なレシピ、更に調理方法が付いてくるというのは。

なんかいい雰囲気の作品だね。こういう話をもっと見たい。

見たよ。でも正直退屈なアニメだとしか思えない。

作品の空気が違い過ぎるからFateファンでも好みは分かれそう。私は嫌いじゃないけどね。

歳を取るとこういう萌え豚向けの癒し系が良くなってくるのだよ。
1話十数分、月一ペースなのが残念に思える。

でもこの作品のように料理するのはなんか大変過ぎて……
日本の料理は細かすぎるよ!それに準備も後始末も大変だ!

めんどくさいよね。
材料買って料理の形にして、食器も洗って……天ぷらの油とかの始末もあるし……なんか一日仕事に思える……

第二話の「鮭ときのこのバターホイル焼き」はかなり簡単だし美味しいぞ。作ってみるならこっちから入る方が良いと思う。

料理の手順も細かく紹介してくれるから使い易い。
料理は慣れて来るとそんなに手間かからないよ。この作品に出てくるような料理であれば士郎のように学校を終えて材料買って、待っているセイバー達が我慢できている間に調理を終わらせるとかもできる。

作ってみる際にかなり参考になるよね。
私も鮭ときのこのバターホイル焼きは原作マンガの方を参考に作った事がある。簡単でおいしかった。
ただちょっと味付けが薄目でご飯と一緒に食べるのは微妙に感じた。

中日の味付けの違いもあるし、調味料の微妙な違いもあるから、味の濃淡に関しては好みで調整しても良いと思うぞ。レシピの塩とコショウも「適量」だから。
自分は醤油を追加した。

ところで、そばに乗せるエビって幾つくらいまでが良いんだろう?
私はたくさん食べたいからアニメみたいに一人一つでは満足できそうになくて、たくさん作っちゃったんだが……

予想外にまともな方向で実用性の高い作品だ。
てっきり食ってエロリアクションするもんだと。

料理の監修もきちんとついているんだね。しっかりした、真面目な料理番組だった。

服が脱げたり光ったりするグルメ作品も、一応料理の監修はいるんだけどね……

話題になっていたんで見てみたが、これは確かに良い作品だ。
こういう空気のFateをもっと見たい。

俺ももっと見たい!これじゃ足りない!
Fateのキャラがこういう空気の中で楽しくやっているのはとても良い。

ランサーが現世での生活を楽しんでいるのが嬉しくなる。
ランサーが死んでない!人でなしじゃない!とかネタにするつもりで見たら普通に癒されたよ。

私は改めてセイバーの萌えを感じた。いや、本編アニメで食事を楽しんでいなかったわけではないんだが、空気や周囲との関係が違う。これもまた良い。

全員カワイイし幸せそうでとても癒されるなあ……次まで一ヶ月待たないといけないのが本当にもどかしい。

ランサーと大河の関係が面白過ぎるよ!
それにしてもよくある萌え作品かと思いきや、描写が精緻で情報も多い。実はクオリティ高くない?

でもあの二人って接点あったの?
仲良くやれそうなのは分かるが。

ランサーが釣りをしたり魚屋で働いているのも「hollow」のネタだよ。大河がランサーの釣った魚をよくもらっている。
型月系作品はこういった外伝、キャラと世界観を使った日常系作品が長期の人気の理由の一つだろう。

この世界線、良い……本当に暖かい。凛と桜が一緒にいるし、イリヤもいて大河も普通に暮らしていて、セイバーも普段着で普通に過ごしている。みんな幸せなのが本当に嬉しい。

EDには切嗣や弟子ゼロ号、小さい士郎まで出て来て温かい気持ちになれる。
カニファンのギャグも良かったが、おっさんになった自分にはこの作品の雰囲気がとても心地よい。

同意だ。
殺し合いはもう十分見た。今みたいのはこういう日常だ。

「FGO」の外伝のギャグ系シナリオ、色んなキャラが暴走する話も面白いからね。
Fateって「Zero」みたいなヘビーで愉悦系の展開以外にも様々なことをやれる、汎用性の高いIPだと感じた。



とまぁ、こんな感じで。
料理番組としてもそれなりに好評のようですが、暖かい雰囲気の日常系の作品としても好評のようです。

考えてみれば中国オタク界隈におけるFateのイメージはアニメ版によるものが主流ですし、なかでも「Zero」の影響が最も大きく、ゲームの日常パートやhollow ataraxiaのようなノリに慣れ親しんでいる人はあまりいないように思えます。

また基本的にはアニメ経由だったことから、TYPE-MOON関係の各種派生作品が意識されることは日本に比べてかなり少なく、日本の同人界隈や二次創作界隈の空気も伝わっていません。
そんな訳で「衛宮さんちの今日のごはん」の雰囲気やキャラの関係を意外に感じる人も少なくないのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ギルガメッシュと覚者はどっちが強いんだ?」

ありがたいことに昨日の記事のネタと一緒にイロイロと教えていただいたので、続けて今回もまたFateネタを。
中国オタク「Fate/EXTRAは意味が分からないアニメだ」「ファンの千里眼はいつも過去の作品に対しての効果しかない」

「Fate/EXTRA Last Encore」

は第一話がいきなり覚者との戦闘から始まる展開でしたが、
そのラスボス的な強さに衝撃を受けた中国オタクの人も多いそうで
「圧倒的に強いサーヴァントが出た」
ということでも話題になっているとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fate/EXTRAの覚者の強さ」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます


アニメ版Fate/EXTRAの最初に出てきたラスボスの覚者、あんなに強かったのか。
あそこまで強い存在というか、普通のサーヴァントと違うとは思わなかった。

三大宗教の創始者ということだから弱くないはずだと思ってはいたけど……

実は弱いとか雑魚呼ばわりしていたのもいたが、アニメ見たらそんな声はもう出ないだろうね。

基本スペックも高いし、宝具の「一に還る転生」は最強の対人宝具という設定だっけか。

「一に還る転生」は人外、人類の版図外だと効果が落ちるからクトゥルフ系に対しては最強では無くなっているはずだが、対人で考えたらずっと最強。

無理かと思っていたから出してきたのには驚いた。
こういう宗教的な神をそのままアニメに出すのは問題にならないのだろうか?

宗教ネタは天使とか使いまくられているから今更な所はあるけど、やはり重要な存在を出すとなると心配になるよね。

三大宗教の中で仏教ネタは一番寛容な印象があるし、中東の方のアレよりは大丈夫なんじゃないかな。それにゲームでもExtraだけでなく、最近になるFGOの宝具にも出演しているわけだから。

そして現実の信仰のパワーから想像されるものに相応しい強さを見せたということだな。

覚者が雑魚だと言われるのって、ゲームでストーリーやシステムの都合により負けた所からのイメージだろうからね。普通に物語上で描写したら圧倒的なのも当然だ。

動画のコメントとかでは「金ぴかなら覚者とか瞬殺できる」みたいなのも目に付くんだけど……

その辺りはなんかゴタゴタしているな。最強談義になるとギルガメッシュ厨が騒ぐのはいつものことではあるが。
結局、ギルガメッシュと覚者はどっちが強いんだ?

そうそう。私もExtraの覚者がギルガメッシュに勝てるのかが知りたい。

普通にやったらギルガメッシュは勝てないはずだ。

ギルガメッシュは「王の財宝」でなんとかなるんじゃないの?

「一に還る転生」で確殺だろ。

あれは発動に時間がかかるし、王の財宝の方が速い。

覚者に効くレベルの財宝が存在するのか、そもそもそれが覚者に対して当たるのかという問題がある。
ランスロットに片っ端から持ってかれたくらいだし、覚者は接近戦も強いぞ。

堂々巡りか?
ならよく言われる「本気になったギルガメッシュ」の場合はどうなの?

Fateの動画とかでは「本気になったギルガメッシュなら勝てる」とかで持ち上げるコメントもよく見かけるよな。

いや、ギルガメッシュは普通に勝てないというか勝ち目がないぞ。覚者が強過ぎる。

設定上はかなり不利。恐らくエアが効かないか、少なくとも一撃必殺ではない。更に対英雄で強制デバフを入れて来るからパラメータ自体はそれほど高くないギルでは……

エアを防ぐ対粛清防御を持っていると明言されているスキルの「菩提樹の悟り」があるからね。
一応神性スキルで下げられるという設定もあるんだが、ギルガメッシュは神性が通常では低い。

接近戦ではギルガメッシュはそんなに強くないのは知っての通りだし、発動前後の隙を突かれて負けそうな気もする。
覚者のスキルには確かEXレベルのインド古武術があるんだったか。

そんなもんまで盛られていたのか

覚者は格闘能力も最強クラスだとされているからなあ。
座ったまま動かないのは明らかに手加減モード(予算込)
アニメで予算が付いてもまだそこは使わないでネロをあっさり吹っ飛ばす。

こういう最強談義は決着つかないレスバトルになるから避けているんだが、逆にギルは勝てる見込みあるの?

無いわけじゃないよ。
慢心するギルガメッシュのように本気出さない覚者というケースもあるから。対覚者で特効のある装備が王の財宝にあるという可能性もある。

なんかガッカリだよ……インフレさせて金ぴかの価値をどんどん貶めていくとか……

ギルガメッシュに対する嫌がらせみたいなことをやられるとテンション下がる。

でもFGOの第七章とか、ギルガメッシュでさえどうにもならない存在に挑むというのは燃えたろ?
別にギルガメッシュが雑魚扱いされるわけではないんだし、そこまで気にしないでもいいのでは。

Zeroからのイメージでいると忘れられやすいが、あいつはUBWで往生際悪く負けたりHFで秒殺された過去があるのを思い出してみよう。

それにしても最近はギルガメッシュの最強感が薄れた。
今ではギルガメッシュより強いかもしれない、同レベルの強さはあるみたいなのはどれくらいいるんだ?

かなりいる。
外伝作品の分かり易い所だけでもカルナにオジマンディアス。
FGOでは獅子王やスカサハ、山の翁とか。

あとFakeのアルケイデスもギルガメッシュといい勝負している。それとエルキドゥも当然同クラスだ。

覚者もさすがにセファールと比べたら、セファールの方が強いんだよな?

恐らくそうだろう。
タマモとかの神霊が遊星の尖兵であるセファールに負けているから、今の所は素の戦闘力でセファールに勝てるのはいないはず。
あれは概念じゃなくて純粋な力をぶつけないと勝てない相手だから。

遊星関係は基本的にサーヴァントでどうこうできる相手じゃないから比較対象にはならん。たぶんORTとかのアリストテレスなんかが比較対象になる存在。
もっとも強さや勝ち負けはその時その時の設定やきのこの気分で変わるし、聖剣のような特効能力が出たりするからあんまり難しく考える必要ないぞ。

それにしても、ゲーム以外だとどうやってコイツを倒すんだよ。

マスター狙いとかの方法もあるよ。
本当の仏系サーヴァントだからマスターが消えればそのまま退場してくれる。実際ラスボスの手助けじゃなくて、ラスボスの心に対して慈悲を示すために来ただけだからな。

結局、もうギルガメッシュを最強とは言えないということか……

型月世界では元々最強と言い張るのは難しかったから気にするな。
あの世界観には遊星とかいるし、星の意志もいる。それにFGOにも出てくるビーストが存在する。
あと別の世界線らしいが月姫のアルクェイドみたいなのもいるから。

アルクェイドってサーヴァント2人分、個体能力は4倍で、相性的にギルガメッシュなら有利という設定じゃなかったっけ?

それは力を制限した、吸血衝動を抑えた状態での話だな。
ちなみにExtraのゲームに出たのはもちろん大幅に能力ダウンしている。

既に言っているヤツもいるが、最強=無敗というわけではない。
型月はどこかで特効持ちが沸いてくる世界だ。
ギルガメッシュが弱くなったわけじゃないから落ち込むな。

ここに例外が存在する!!

聖杯戦争やるのが基本だし、ストーリーを作るための世界観だから、設定とかの過去の話はともかく現在進行中の場所で強いのがそのまま勝てることはないな。
それにアニメは完全新作っぽいからまた新たなきのこパッチを当ててくるに違いない。

そしてまた新たな最強談義が始まるということか!



とまぁ、こんな感じで。
アニメ本編の予想では原作知識の活用がなかなか難しいようですが、コチラの話題ではかなり活用されているようです。

中国オタク界隈でFateのギルガメッシュは
「金閃閃」(金ぴか)
のあだ名と共に非常に高い人気を誇りますし、その最強ぶりもよく知られています。
Fate関係で強いキャラが出て来ると
「ギルガメッシュと比べてどうなのか」
的な話題も頻繁にでるそうです。

そして今回のExtraはアニメということで比較的ライトな視聴者も多いですし、アニメの中に出てきた明らかな強キャラの覚者を見て、ギルガメッシュの相対的な強さに関してまた改めて意識する人が出てきているのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「Fate/EXTRAは意味が分からないアニメだ」「ファンの千里眼はいつも過去の作品に対しての効果しかない」

ありがたいことに
「Fate/EXTRAのアニメの反応は?」
という質問や、関連するネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

FGOなどにより近頃の中国ではFate人気が更に盛り上がっているのもあってか
「Fate/EXTRA Last Encore」

は1月の新作アニメの中で遅れたスタートとなりながらも、中国ではかなりの注目を集めることとなりました。

しかし原作ゲームとかなり違う展開になっていることや、
これまで中国に入っているFate関係のアニメとは異なる舞台での話になっているのもあってか
「分からない」「理解できない」
といった方向で日本よりも更に強い反発が出ている模様です。
私も極端な混乱というか荒れ方なのでどうしようかと思っていたのですが、ゴタゴタの中心からちょっと離れた比較的落ち着いた所のやり取りを教えていただきました。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fate/EXTRA Last Encoreの感想の混乱」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「Fate/EXTRA」のアニメがなんか大荒れだな。
ネタでは無く本気で意味が分からないと怒っているのが出ている。

そりゃ不満が出るのも当然だろ。「Fate/EXTRA」は意味が分からないアニメだ。

Fateだから荒れるのは予想できたが、こっちの方向になるとは。
出だしから謎や伏線っぽいのが多いし分かり難いアニメなのは間違いないが。

予備知識無い方が楽だという話もあるな。分からない所は後で提示されるだろうから分からなくていいと放り投げられるから。

序盤はラスボスによる秒殺、学校生活でキャラの顔見世や月の聖杯戦争の開始、予選の強制淘汰開始でどんどん死んで世界が壊れていく、主人公が最後にネロと出会う……ちょっと血みどろだけどボーイミーツガールの一種じゃないか?不穏ではあるし謎も多いが。

自分はFGOの軽い知識しかないし分からない所は後回しにしたが、あれってFateに詳しいファンなら分かるもんじゃないの?

「Fate/stay night」とは舞台設定が違うし、原作のゲームともかなり違う。
むしろ詳しいファンの方が混乱していると思う。

場面がポンポン飛び過ぎるのは混乱する。
新房監督とシャフトだからそういう演出や伏線配置なのだろうと諦めたが。

あの空間とか演出とか神谷浩史などから考えると、これ実はFateじゃなくて「月物語」とかいうタイトルの作品なのではないだろうか?

新房のアレで合わなくて脱落というのはまだ分かるが、理解できなくて炎上か。うーむ……

作品の背景を理解するためにネットで検索しなければいけないような作品は良い作品では無いだろう。

まったくだ。良い作品とは第一話からきちんと視聴者に理解させられる作品だろうに。このアニメは作り手の自己満足過ぎる。視聴者を完全に忘れているわ。

まだ第一話だから分からないのが普通だと思う。
分からないとネタにするのは構わないが、本気でイラついている人はどの程度まで理解すれば満足なんだろう。

分からない、調べなければいけないのかと思っているヤツは安心しろ。
これ、調べても分からんから……

原作知識で役に立つのはサーヴァントの設定くらいか?
キャラも全員そのままとは思えない上に明らかな新キャラ放り込んできた。ほぼオリジナルアニメと変わらん。

設定が分からない、何やっているか分からないだと!?
よし、「境界線上のホライゾン」ファンの俺が本当の理解しきれない設定を教えてやろう!!

私もやたらSF的な世界で理解には手間取っているが、原作党じゃないから逆にそこまで難しく考えないで済んでいるのかも。

きのこが「今までにないFate」とか言っているし、原作はぶん投げているようだな……
第一話の展開で自分の予想が当たったのはネロとの契約だけだ。

Fateをちょっと知っているし少しは理解し易いだろうくらいに思っていたら全く意味不明な作品が出て来たわけで。愚痴りたくなるのもしょうがない。

絵柄が武内から離れ過ぎているからあまり好みじゃないけど、ストーリーは気になるから追っかけるわ。

実際、Fate/ZeroやFate/stay nightのつもりで見たら戸惑うだろう。
昔日本で原作ゲームが出た当時も大荒れだったと聞く。

元の作品を知っていても理解できない、新しい設定が次々出てくるから第一話だけでは世界観も把握できないと。
もしかしたら「Zガンダム」を最初のテレビ放映時に見たガンダムファンってこんな感じの気分だったのかなあ……

脚本や構成の問題の気もするけどね。
それにFateブランドでファン向け作品だから期待され過ぎていた所もあるのでは。

Extraはマイナーな作品だからしょうがない。
もし本当にたくさんのファンがいたならば、このように全く違う新規ストーリーで書き直すようなことはしなかったろう。
HFやUBWのように原作通りでちょっと追加描写を入れるくらいで済んだはずだ。

きのこ本人がやりたいようにやっているだけだろ。
あとHFは周りのスタッフがきのこを止めてくれたから現時点での魔改造が少なく済んでいるだけだ。

軸になるストーリー自体はそんなに難しいとは思わんが、設定まで考察しだすと大変なのかね。個人的には「CCさくら」と同じ時期にこのアニメがあるのはとても楽しい。

今イライラしているのって、第一話を分かりたいんじゃなくて、すぐにこの作品を分かりたいという考えなのでは……

あー……確かにそういう所は見て取れるな第一話が分からないんじゃなくて、第一話を見てもこのExtraのアニメの全体が分からないから炎上させていると。

型月ファンの千里眼はいつも過去の作品に対しての効果しかないよな。

型月厨は予想外の展開に弱い気はする。原作との違いというか、既存の設定との違いをまず叩く。

その「設定」も自分の解釈によるものが結構混じっているのが……ここ最近のFateに対する不満の声って、自分は型月を理解できる、理解しているから全部語れると思っているのが引っかかっているような印象もあるんだが。

原作と違うと明言されているし、かなりひっかけて来るのは確定だろ。
どう違うかだけ語ればいいのに、正解まで語らないといけないよな気分になってない?

今漫画でやっているタマモヒロインルートのCCCも原作ゲームから一気に離れて予想外の展開になっているし、Extraはそういう扱いにしてもいい作品になっているのかもしれん。

俺は覚者の理不尽な強さを見れただけでわりと満足だ。

あれはラスボスの風格だよな……

原作を知っているという安心感が破壊されるアニメだというのは分かった。
Fate知らない方が楽しめるアニメなんて話も出ているが、さすがに今後の展開に関してはFateの知識が有った方が理解し易いのは間違いないだろうし焦らないで追っかければいいんじゃないか。

でも設定も含めて分かり難いのは否定できないと思う。
もしオリジナル作品だったら自分は第一話で切っている。次も見ようと思うのはFateの関係作品だからでしかない。

奈須きのこは見ている方に理解させようというタイプのクリエイターではない。
「空の境界」とかでも自分の好きな世界観とキャラクターを描いて、ついて来れる人間だけついて来ればいいみたいな作家なのが見て取れる。

そもそも、過去の型月作品って第一話から意味が分かったのってどれくらいある?

うーん……「Fate/Zero」は正直意味分からなかったな。最後のサーヴァント召喚で盛り上がったんで気にならなくなったけど。

なんかぐるぐる回ってたよな。

そう言えばあったな。あそこの回るシーンはあやうく眠りそうになった場面だ。
「Fate/Zero」の第一話は最後の召喚で強い引きを作った構成が有能だったのだろうか。

それにしても作画やキャラデザにツッコミ入れる人が多いと思いきや、理解できないで炎上するとはな。

作画やキャラデザ関係の不満も出てはいるよ。場所によってはそっちの方が多いようにも思える。もっとも訳が分からんと叫ぶのとどっちがマシなのか、なかなかに難しい所だ。

作画、キャラデザ、演出は好みの範囲な気もする。
そして俺がツッコミたいのは結局、ネロのスカートはなぜ前面が透明なんだという点だけだ!

信じられないかもしれないが、あれ型月世界のローマの男装なんだぜ……あえて見せているんだぜ……

アニメのあの衣装に関してはパンツ的な部分が見えなくなっているのはちょっとダメじゃないかと。

結局、多くの人にとってはどこかの都市や地方を舞台にサーヴァントが召喚されて聖杯戦争が始まるもんだと思っていたってことじゃないか。
実際に始まってみれば物語風で全く異なる雰囲気、しかも舞台は学園でSFで繰り返しの世界のようで理解できずに憤ると。

分からない、理解できないというより、分かっているように語るには難しいって所なんじゃないかな。今のオタクって他人に対して如何に早く解説してあげるかというのが好きだし。

ちょっと前までは第三話まで見て作品を判断するというネタがあったけど、今ではもう第一話になってしまった気がする。



とまぁ、こんな感じで。
直近の中国のネットにおける反発に関してもイロイロな話が出ていました。

今回ほど強烈ではないものの、最近の中国のFate界隈においては、こういった方向の「思っていたのと違う」「意味が分からない」「原作(?)と違う」的な声が結構出ていたりするようにも感じられます。

以前この辺りの反発や愚痴の原因について中国の古参のオタクの方と話したことがあるのですが、その時に出たのは
「Fateシリーズが中国ではいわゆる一般向けのような、汎用コンテンツの扱いになりつつあるからだろう」
という話でした。

日本でもFGOなどの影響からFateは随分と「一般化」していますが、現在の中国では日本のコンテンツの看板作品の一つと言える状態ですし、今の日本と比べても更に「汎用的」な存在になっています。

現在も一応サブカル枠ではあるものの、中国ではアニメをはじめとする「二次元系コンテンツ」が日本よりも若者向けの娯楽カルチャーとしてオープンに扱われています。
それに加えて日本のコンテンツは中国に入る際に、一旦全てが「日本の作品」というカテゴリになりますから日本での扱い、展開や流通といった事情はほとんどが抜け落ちてしまいます。
そしてその後に日本での人気や評価といった要素が加わって話題になっていくのですが、そういった評価はネット経由のものが強くなります。

このような背景もあるので、
「中国でFateシリーズを追っかける、或いは追っかけようとする層」
にはライトなオタク層だけでなくアニメを見る程度の一般層からの注目も多いとされていますし、その中には手軽に作品に関して語ってみせたい層などもいるので、理解できないという声や、予備知識と違う、想定していたものと違うということによる反発の声も大きくなるのでは……という話になったりもしました。

ちなみに現在の中国では逆に少年ジャンプ系の作品などが女性向けや同人経由での伝播などから「汎用コンテンツではなく嗜好性の高いコンテンツ」として、日本における「マニア向け」のような扱いになってきている面も出てきているらしいのもなかなかに興味深い所ですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国版FGO、緊急メンテでバルバトス延命に成功

1/23に中国版FGOも第一部のラスト、
「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」
が実装されることとなりました。
中国版FGO終局特異点特設サイト(中国語)

ありがたいことにこの件に関する質問というか
「バルバトスはどうなるのか?」
ということに関する質問やネタのタレコミを複数いただいておりますので今回はそれについてを。
管制塔バルバトス(Fate) (かんせいとうばるばとす)とは【ピクシブ百科事典】


さて中国版FGOの1/23の流れですが
19:00に終了予定だったメンテも無事終わって終局特異点が始まり、
「狩りの時間だ!マーリンだ!」
とヒャッハーな中国のマスター達が突撃するも、
ゲームがどんどん重くなりサーバも瀕死になり、
結局21:45頃からメンテ入りとなってしまったとのことです。

これはさすがに中国のFGO界隈も大荒れ状態になってしまったそうです。
日付が変わってからコチラコチラ(どちらも中国語)で
公式からの発表が出ていますが
「昨夜の時点で魔神柱を一番多く殺したアカウントの記録が70だったが調査の結果チートは無かった」
「負荷が問題だった」
と発表したり
「先程発表した撃破数70は連携運営している別プラットフォームのサーバのアカウントで通信状況が良い所のだった。iOSは60、bilibiliのサーバのandroidは26だった」
と補足が出るなど、運営の方も混乱しているようです。

またバルバトスのおかわりについては
「サーバ停止前の時点で倒されたバルバトスの数は634881で、全体の10%以下だったけど、バルバトスの数を640000本増やすよ!」
などの発表が出ていますね。
ちなみにこの件に関しては詫び石24、金林檎12が配布予定のようです。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGO終局特異点」
の始まる前やメンテ中、再開後のやり取りで目に付いた所を例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
まず始まる前の反応から。


バルバトス、どれくらい生き残れるのかな……

日本版と同じ数だったら日付が変わるまで持つかも怪しいね。

俺は1時間にかけるぜ。

自分の狩れる分がどれだけあるかという心配が。
こっちはゲームのアカ転売とかレベル上げを「工作室」で商売にしているやつらいるし、そこだけでなく個人のツール使用とかもあるからなあ。

何の処置も無しで出したら2時間もつのかも怪しいだろう。

既に攻略法が確立されているし、準備万端な人も多いだろうからね。

日本版では始まる前は「制限時間内に倒せるのかどうか」という心配があって、その後バルバトスが美味すぎるのが判明して群がるという流れだったらしいが、こっちの不確定要素はマーリン引けるかどうかくらいじゃないか?

そこまで心配することは無いと思う。
この間の最終決戦直前生放送でも数に関しては安心していいと言っていたし。

今日の夜は普通に仕事でメンテ開け即プレイできるとは思えない……泣きたい……

19時にメンテ開けで、普通にいったら今晩持たないだろ。
日本版だって12時間もたなかった。こっちは2時間も怪しい。

いや、そこまで短縮はしないだろ。
プレイ時間でもプレイヤー数でも日本版と隔絶した違いは無いはずだし、特殊追加措置でもない限り大きな短縮は無いだろう。日付変わるくらいまでは持つと思うよ。

あまり短すぎると炎上するだろうからなあ。
その場合は確実にチートやツールが原因になるわけだし。

ウチの国はそういうの取り締まらんからね。
検出は普通に出来るけど、取り締まるかどうかはまた別の話になる。技術的な問題では無い。

言ってみればみんなこの1年、バルバトスを狩るために準備してきたわけだしな!
中国版でちょっと数を増やすくらいではあっさり狩りつくされてしまうだろう。

何はともあれ心臓が欲しい。手持ちに使う分を確保したい所だが、さて……

あんまり長くなっても疲れるし、短時間で終わるならそれはそれであきらめがついていいかもと思えてきた。開き直って寝ることもできる!



次に重くなって入れなくなってからの反応
待ちに待った中でのサーバダウンに大荒れだったそうです。


入れない。全く入れない!!

301エラーばかりだ

今夜はこのためだけに準備をしてきたのにいいいい!

バルバトスどころかソロモンも始まってませんわ
ガチャやってそこで終了

自分もキックされた後に入れないままだな……

バルバトス撃破のためにマーリンに課金したが大爆死、その後バルバトス狩りすら出来ない状態になった。
これはきっとバルバトスのせいだ!やつが俺の石を盗んでいったんだ!

自分も爆死した
更にその後この状態だからな。心の底から怒りがわいてくる。

宣伝して煽っておきながらこれかよ!?
bilibiliはアホか!予想できたことだろうが!!

かろうじて3回倒せたが、その後は接続中。ずっと接続中だ!

ガチャすらも出来ないし、柱どころじゃないわ。

なんとか最初のストーリーは進めたが、柱を倒すとかの状況じゃないね。
7時のメンテ終了直後からもう混み過ぎ。

bilibiliは自分の所のユーザーのデータを持っていて、日本の最終章イベントの混乱に関するデータだって参考にできたはずだろう!、なんでこんなバカバカしい状況を作り出したんだ!?

ずっと入れない。
始まる前はマーリン欲しかったし資金も準備したが、もう欲しくなくなった。

もう本当にガッカリだ
何もやる気が起きない
福袋も買わない

もういいや、オーバーロード見るわ。
トカゲの所はあまり好きじゃないがFGOよりはマシ。

bilibiliはいつまで発展途上だから見逃してもらえるという甘い考えでいるんだ。
bilibiliの収益の中心となっているゲーム部門で、FGOは最大のコンテンツだろうが。
そこでこんな愚かな事故を犯すなんて!

最も大事な日にやらかしやがった
しかもこうなるリスクはハッキリしていたのに

bilibiliはいつも原因を外部に置こうとするが今回もそうするつもりか?
今回はなんだ?ユーザーが多過ぎたからか?
金を稼ぎまくっておきながら、それもbilibili最大の収益源のゲームでその理屈を言うつもりか!?

俺はもう人理を救えない、救わない
焼却しよう

こんな運営、継続する意味あるのかな?いっそ焼却するのも悪くないかも!

まずは十連で勢いをつけて柱狩りに行こうと思っていたが、一回も殺せていない。本当に萎える。

てかガチャの時点で止まって入れなくなったから、7時ごろにまわした自分の10連ガチャの結果すら分からん。

なんなんだ。バルバトスの姿すら見ることができない

俺はさっきついにバルバトスの姿を見たぞ。
しかしその瞬間にまたサーバが爆発!
ちくしょおおおおおおおおお!



そして日付も変わる頃になるとこのまま待つかどうかの悩みが出てきたとか。


みんなどうする、寝るか?
メンテ終了時間は未定だが、夜中に復活する可能性もある……

公式アカウントの動きも何も無い……

バルバトスが狩り尽くされるという恐れがあるから、みんな寝る決断が付かないんだよね。本当に厄介な状況だ。

この日に備えてサーヴァントと礼装を揃えて鍛えて絆を稼いで、更に課金計画まで立てていた人達は本当にやってられないだろう。

うむ。怒りもあるがそれ以上に虚脱感がトンデモナイよ。
イベント再開に備えて少しでも休息をとっておくべきなんだろうが眠れそうにない。

魔神柱狩りはゲーム攻略の終着点でもあるからな。
絆稼ぎも頑張って備えていたのに、最後は鯖落ちでろくに参加できませんでしたじゃ泣くしかない。

千里眼の効果はゲーム内の情報だけで、ゲーム環境には無力だったか……

食糧に飲み物に眠気覚ましと徹夜で戦う準備は出来ていたが、こんな状態で待つだけになるとは思いもしなかった。

私は千数百元課金したけどそれがどうなったか分からないままだから眠れん。

事前通知なしで突然の復活があったらと思うと、眠る踏ん切りがつかない。

明日も仕事があるなら早く寝た方が良い。
身体と自分の仕事の方が大事だ。これは徹夜して待つ価値も無い。



そしてその後、午前5時頃のサーバ復活と共にバルバトス狩りが始まったとのことです。


入れた!狩るぞ!!

予感があったのか五時に目が覚めた。
こうなったらやるしかない!!

俺も5時にアラームを設定しておいたが、その直前に目が覚めた。人間の身体って不思議。

早起きの習慣ってスバラシイな!

朝起きて公式アカウントの発言を見て一気に目が覚めた。
さぁ、狩りの時間だ!!

眠れた奴はいいな。俺は結局徹夜だよ……

徹夜には慣れているつもりだったが、こんなぐだぐだな理由で徹夜して朝を迎えるとは思わなかったな。



とまぁ、こんな感じで。
アクシデントはあったものの、いざ始まってみればかなりのハイペースで狩り続けられているようです。

ちなみに中国版のバルバトスの総数は600万におかわり64万の計664万だそうで、日本の150万+50万の三倍以上だとか。
教えていただいた情報によると、日中になってからは大体40万/hの撃破ペースで推移しているとのことで、この調子だと夜になる頃には終わるのではという話でした。
なんだかんだでこの記事がアップされる頃には中国版でもバルバトスは消滅していそうですね。

1/24追記:現地時間22時頃(日本時間23時頃)にバルバトスが狩り尽くされ消滅したとのことです。

1/26追記:今度はツーラーが暴れたらしく、フラウロス 、アモン、アンドロマリウスの数が一気に削れたとのことです。その後公式からアカウント停止措置を含めた発表(中国語)も出ています。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「自分は初めてギルガメッシュに『王』を感じた!」 中国版FGO第七特異点への反応

ちょっと風邪をひいてしまったので、軽くやれる内容で……

ありがたいことに
「FGOの第七章の反応は?」
という質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国版の方では
「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」
は1/14から実装となったそうですが、現在も長文の反応が飛び交っていたり、第七章に加えて終章も含めた考察や感想も少なくなかったりと、上手く切り出して紹介するのが難しそうなので、キャラ関係の反応を中心に紹介させていただきます。

それにしてもうっかりこの辺りのスケジュールが急ぎ足なのを忘れていたのですが、中国版の方でも間もなく終局特異点になるようで、現在中国版の方では第一部の最終章に向けて石が配られたり、特別番組が配信されたりしている模様です。
具体的には23日のメンテ後から終局特異点が開始となるそうで、中国版の告知ページはコチラ(中国語)

今年の春節は2/16と遅めですし、「二代目はオルタちゃん」がイベント開催期間を日本版より少し長めにとるなどしていたので遅めの春節に合わせて引き延ばし気味にやっていくのかと思いきや、普通に中国の学校が寒暇(春節を含めた長期休暇)に入るタイミングに合わせて来たようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニアの感想」
などに関するやりとりを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(今回はネタバレがかなり含まれているのでご注意を)


第七章はキャスターのギルガメッシュがカッコイイな。
自分は初めてギルガメッシュに「王」を感じた!

術ギルは本当に良かった。
ティアマトとの戦いで絶望が蔓延するなか、彼の言葉がどれだけ心を打たれたか。絶望的な戦いなのに、彼のおかげでそんな気分にならずに、鬱展開のまま進めることにならずに済んだ!

自分はギルアンチなんだが、第七章のギルには惚れてしまった。キャラ造形もその見せ方も文句無しだ。

第六章は事前に言われていたほど難しくは感じなかったが、第七章は普通に難しいと感じる所があったな……それでも続きが気になって連日連夜で一気にクリアしてしまったが。

最終決戦まで一気にやってしまうよね。第七章は自分のFGOプレイ体験の中でも最も没頭したストーリーだった。
最後にギルガメッシュがアーチャーでゲスト参戦する所とか、本当にもうね……!

最終決戦の弓ギルはボイスも特殊仕様なんだよな。
全部の中国語翻訳まとめが欲しい

あれが慢心を捨てたギルガメッシュというヤツだな。
普通の聖杯戦争ではまず出てこない豪華なサービスだろう。FGOをやっていてよかった。

本気になったギルガメッシュって本当にカッコイイ。

女キャラかキャラ性能にしか石を割らない自分がクリア後に術ギルのためにガチャをやってしまった……ああ、マーリンピックアップのために取っておいた石があああああ

きのこはなんてヒドイことをするんだ!
俺は別にギルファンでもないのに、ピックアップの画面で傲慢にほほ笑む術ギルを表示なんてされたら!!
やめてくれ……この後にマーリンピックアップも山の翁ピックアップも控えているんだ……

金ぴかは元々人気高くて話題性もあるから術ギルも広い範囲で好意的に受け止められているけど、その中でまた評価が分かれているな。
ギルアンチとギル厨の狭間とでも言うべきか。

ギルがネタ方向に走り過ぎているのが我慢ならんというのもいるし、愉悦が足りないというのもいるしね。

第7章はキャラクターを見せる構成も良かったから、どのキャラもとても輝いていた。
前半はインスタンス的なクエストをこなしながら世界観を体験し、中盤で大きな戦い、そしてそこから更に話が大きくなり最後は伝説に残る戦いだ。

第7章をプレイしていてこれまでの戦いを積み重ねた結果を感じられた。人理を守るためにどの戦いも欠かすことができなかった。
そして第7章は人理を守る最後の旅に相応しい素晴らしいストーリーだった。

Fateでたまに言及されていた人類文明の始まり、神から人への移り変わりというのが体験できるシナリオってのがまた良いよね。これが最後に来るというのは納得だ。
Fate世界でギルガメッシュをサーヴァントの頂点の一つとして別格に扱う理由も分かる。

それにしても初期のギルガメッシュのキャラからこの術ギルになるまで、どの程度がきのこの計画通りなんだろうか。最初に見た時はまさかこんなキャラになるとは思えなかった。

最初に接したギルガメッシュが術ギルだった人って他のギルガメッシュをどう思うのだろうか。このキャラを嫌うのは難しいはず。

でも昔からのキャラを知っているとギルガメッシュというだけで構えちゃう所もあるだろう。本人の言動だけでなく、ファンのめんどくささも含めて。

以前はZeroから入ったから、stay nightのギルガメッシュが小物悪党過ぎて認められないという話もあったからな。「Zeroのような正しいギルガメッシュにするべき」とかツッコミ所のある意見が普通に出回っていたくらいだし。

今回も愉悦分が無い、最強さを強制的に消されて納得できないという人もいるからね……難しい所だ。

ギルガメッシュは戦闘力で見たら相対的な最強感は薄れているが、頭脳や知識も含めた最強感は作品が増えるごとに強まっている気がするんだけどね。
術ギルでついに王として、統治者としての凄さも見せて来たわけだし。

アニメのギルは嫌いだが、FGOのギルは好きという自分みたいなのもいるぞ。

Zeroの時もクセがあるし、stay nightの時のボス敵扱いのギルガメッシュが嫌われるのも分かる。
ただ弓と術で分けてしまう人が出てきているのはちょっと残念かも。弓も術も同じギルガメッシュなのに。

サーヴァントは異なる側面を表に出してキャラが作られているのだから、区別して受け止めるのも間違いではないだろう。もちろん同じ、連続したものとして受け止めるのも間違いではない。

そこはZeroのアルトリアとstay nightのアルトリアを分けて考えるようなもんでいいんじゃないか?作者も違うし、設定上も違う。
ギルガメッシュも聖杯の泥による汚染、受肉の有無、冥界の旅の有無などの違いが出てくる上に子ギルとかまでいるから全部同じと見るのは厳しいような。

自分も第7章のギルガメッシュは確かにカッコ良いと感じたけど、ファンになったかと言われたらちょっと微妙な所だね。
賢王ではあるけど、結局は自分の愉悦のために行動しているように見える。その愉悦がぐだ達にとってプラスに働いているから弓ギルの時と違って不快感はそんなに無かったが。

キャスターになってもギルガメッシュの性格は相変わらずだからね。幾分話しやすくなっているだけなのと、王としての仕事が満載なだけで随分印象が違うけど。
やっていることはやはり自分の楽しみのためだし、そこに愉悦分を感じることもあるだろう。

あまり難しく考えるな!全作品のギルガメッシュを並べて考えると、キャラが安定しなくて精神分裂状態に見えたりもするんだぞ!

こっちだとZeroのギルガメッシュのイメージが強いし、それ以外だとアニメ版のギルガメッシュのイメージだからね。
きのこ版ギルガメッシュに関してはEXTRA CCCもあるんだが、こっちはあまり知られていないからイメージへの影響は小さい。ストーリー上で味方になった「きのこ版ギルガメッシュ」に触れたのは今回が初めてという人は多いだろうし、意外に感じた人も少なくないんじゃないかな。

ところで、ギルガメッシュの呼び出したサーヴァントってわりとあっさり消えているのも出たけどあれどうなの?天草四郎と風魔小太郎なんか森に探索に行って倒されて終わり、茨木は逃げて終わりとか軽くない?
しかも天草と風魔が大河に倒されるとかなんというか、その……

大河であることを除いて考えると、あの二人の強さではジャガーマンには勝てないんじゃないかね。
時代も場所も悪過ぎる。忍者は熱帯の密林の地形補正がジャガーマン以上ではないだろうしな!

ジャガーマンはネタ扱いだけど神霊の疑似サーヴァントだから強いぞ。天草や風魔が密林で普通に遭遇したらまず勝てないはず。
あとゲームの性能的にも実は有能。

あれは第7章が一般のサーヴァントではかなり厳しいレベルの戦場というのを表していると見ることもできるんじゃないかな。
ジャガーマンはギャグ担当が目立つけど、ストーリー上で普通に活躍しているわけで。

茨木は隠しステージに出る。あと幕間でも出てくるから楽しみにしておけ。

術ギルが召喚した中ではレオニダスが格好良過ぎるね。
恐怖を勇気で押し込める戦士を尊ぶという話はスバラシイ。

炎頭の大隊長殿はまさに「頼れる男」だった。
これまでFateの中では平凡なキャラだと感じていたが、7章での彼は人間が英雄に至った存在に思えた。守護の英雄、最強の盾という名前に偽りはない!

マシュへ語った話とその身を持って盾となるシーンには感動した。

あの話で私はレオニダスのファンになりました。彼の語る「恐怖」は涙腺に来た。
マンションでお化けを怖がるくらいしか登場シーンが無い低レアだったのに、こんなにカッコイイ活躍をするなんて。

一応第二章でも出ているぞ。あっさり退場だったが。
レオニダスはゲオルギウスと並んで低レアの中でも分かり易い強キャラだが、ストーリー面でも大幅な強化が来たね。

レオニダスは強さ、実力というのがハッキリと分かる良いキャラだ。
わりと珍しい、型月的な変形をさせずに一般的なイメージそのままのキャラではあるけど、付属する型月的なエピソードが本当に良い形になっているサーヴァントだと思う。

第7章で術ギルが召喚したサーヴァントの中での当たりはマーリンとレオニダスだろうな。
それにしても第7章は夜を徹して一気に遊んでしまったが、問題はテスト期間中だったことだ。俺の頭はラフム化状態。

ラフムのエピソードはえぐかったし、ダメージ受けた人多いようだね。それだけに一気に話を進めた人も多かったんじゃないだろうか。

ラフムと言えばシドゥリは元に戻るの?
後に実装される幕間に出て来るという話も聞くが、特異点では個人の死は人理修復後もどうにもならないという話も見た覚えがあるんだが。

そうそう。シドゥリには元に戻って欲しいけど、その辺りの理屈については気になる。人理修復と死者の扱いがどうも分からん……

あの幕間って時系列違うとかじゃないか?

いや、あれは第7章終わって終章の前。
それときのこが第7章に関しては「ティアマトだけでなくギルも潔く消えた事でティアマトの被害がノーカン。被害は三女神同盟まで」としているからシドゥリの件は問題無い。

ネタバレ踏んだ……だがこのネタバレはとても心安らぐネタバレだ……
FGOで最もダメージのでかいネタバレは無抵抗のラフムについてだったからな

あのラフムについてはトラウマが強化されるデマネタまで加わって、もうみんな大打撃だよな。このネタバレは嬉しいネタバレだ。おかげで心が軽くなった。

さていよいよ終章だが……みんな、次の戦いは分かっているな?

ああ、いよいよマーリンピックアップだ……!石の貯蔵は十分か?



とまぁ、こんな感じで。
これ以外にも短かいのから長いのまで、イロイロな感想が飛び交っていました。
ちなみに第7章が実装された時期は中国の学生にとっては冬休み直前の時期でしたから、人によっては学校のテストやレポートと重なってかなり大変ことになっているらしいという話も聞きます。

それから第7章では翻訳にも気合が入っていて、ラフムのセリフも中国版独自のものになっていたそうです。
ラフムのセリフに関しては日本版ではかなキーボードが元ネタの暗号になっていましたが、中国版では中国語の入力方法の一つである「五筆」こと「五笔字型输入法」によるものになっているとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「FGOの第二部で秦をやるらしい」「秦って……またFGOが燃えるのか……」

ありがたいことにFGOの第二部の展開に関する質問を複数いただいておりますので、今回はそれについてを。
ちなみに管理人の福袋の結果は三騎士の方に突っ込んでモードレッドでした。持っていない所が来てくれたのでそこそこという感じでしょうか。

さて本題に。
年末年始でイロイロな新展開のあったFGOですが、第二部の各エピソードに関する情報も出てきました。


その中の
ロストベルトNo.3 紅の月下美人
BC.0210 人智統合真国■■■

が始皇帝の没年であることや動画に出てきた内容から
「秦が舞台になるのではないか」
という見方が出ています。

この件に関しては中国オタク界隈でも話題になっているようなので、
以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGO第二部で秦が舞台になるのでは?」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


FGOの第二部で秦をやるらしいぞ

ネタかと思ったら本当だな……

まだ確定じゃないだろ。

いやでも、紀元前210年って始皇帝の没年だし我が国の秦以外無いだろ。

ふむ。その年なら始皇帝死んでるし炎上の種は無いな。

そんなことあるか!
明らかに始皇帝が死なないとかで歴史が変わるネタだろ!!

ホントに大秦帝国でやるのか。
あと第二部OPに出ているのは中国のサーヴァントでいいのか?

紀元前210年だし、中国っぽい建築が出てるから舞台に関してはほぼ確定じゃないかな。サーヴァントも中国系が有力。

秦って……またFGOが燃えるのか……

なぜこの時代を舞台にした。
東出の肉塊の化物となった始皇帝出すなんて。

本当に秦でやるならいよいよFGOは終わりだ。東出によりFGO終了。
昔は中国のサーヴァントを妄想したこともあるが、東出が肉塊始皇帝を出してきてからはどうせ中国のサーヴァントは化物にされると考えるのをやめてやったよ!

あれだけ炎上したんだし、さすがに今回は同じことはやらんだろ。

人間形態ってことは、噂の遠坂時臣に似ている始皇帝が出るのか!?

しかしこの時代ってことは楚漢戦争でやるのか?
てことは項羽や虞姫が出るのか?

楚漢戦争が動くのはもう少し後だろうし秦がメインじゃないか?
ただ項羽や劉邦などが出揃ってはいる。
あと月下美人が誰を指すのか。虞姫だとちょっと時代が合わない。そうなるとまた誰か女体化かされてしまうのか……

自分の国の歴史上の人物を女体化されてもあまりうれしくないんだよ!
詳しく知っているしイメージも固まっているからエロ妄想が捗らない。
女体化は勘弁してほしい。

女体化リソースは別の所で使ってほしいね……

俺は項羽劉邦始皇帝と女体化でもいける!まぁ少数派だろうけど。

FGOの制作チームはバカなのか。脳みそ無いのか。
秦の時代を舞台にするとかFateはまた国際的な謝罪をしたいのか?
燃えそうなネタばかりだろうに。

既に荊軻がいるから大秦帝国のストーリーが来るのこと自体は予想できた。武則天と唐の世界観の部分が先に出るとは思わなかったが。
影響力的に唐関係が出る可能性はあると思っていたけどね。

まぁいいよ。ただ東出に書かせるな。

そうそう。東出が書かなければ何も問題無い。

FGOはライター公開されないから、たぶん不満が出たら全部東出扱いになるんじゃないか?
ちなみに日本だと不満が出たら全部桜井のせいにされている模様。

FGOってきのこがメインで書いているんじゃないの?少なくとも主筆的なポジションだと認識していたが。

きのこは監修で基本的な設定構築や出すキャラ以外は各ライターに投げているはず。
きのこが全部書いていたら実装ペースかなり遅くなるし本人過労死確定だ。

第二部できのこ担当は恐らく円卓の章じゃないかな。

私はむしろ東出に書かせるべきだと思う。
そして大爆死することを望む。そうなれば歴史に残る炎上が起こって日本の連中もさすがに理解できるだろう。

同意だ。型月にきちんと思い知らせた方が良い。愚かなことをやる気が起きないようにね。

中国の指導者や英雄を出さなきゃいい。舞台を秦にするくらいならいけるんじゃないの。

東出の担当とされている第一部の1章3章5章は別に悪くないし、感情的な部分を除けば何とかなるんじゃないか。
一度大炎上したんだからさすがに何かしら収集する展開にはするだろう。

書くのはたぶん東出だろうけど、桜井の可能性も考えられなくはない。過去にエロゲーで近代中国を舞台にした武侠やクトゥルフネタの作品に関わっているから。
ちなみにそっちでもクトゥルフだから触手肉塊になりそうだな!

今の所はタイトルとOPくらいしか考える材料は無いが人智統合真国の人智と統合って何をするのだろうか。焚書坑儒ネタから何かやるのか?
それとここが最も異聞深度が浅いのも気になる。史実からの乖離が小さいということなのか。

ありがちな所では始皇帝が不老不死の霊薬を手に入れたか、聖杯に不老不死を願ったかな世界線か?
型月の世界は不老不死の霊薬は存在することになっているからな。

どっちにしろ、ゴミを出して来たら金払わなきゃいいんだよ。
どんなバカだって自分の先祖をやられ役だとかマヌケな存在に描かれることは喜ばないだろう。どんなにキモオタでもな!

ウチの国の強い星5レアが来てほしいわ。
孔明は結局ウェイバーだから。

始皇帝の強さはギルやカルナくらいにはしろよ。
イラストもちゃんとした絵師使え。

設定は間違いなく最強クラスにしてくるだろうけど、ゲームの性能強いとは限らないぞ。
イラストは……社長が描けばお前らは満足するのか?

武内顔……セイバー顔の始皇帝……判断に迷うな。

中国関係では始皇帝と荊軻、あと狄青説や蘭陵王説のある仮面のサーヴァントが出るだろうからあとは他の国のサーヴァントが出てくるんじゃないか。全部中国系だけでやることはないだろうから。

能力的には皇帝特権系のスキル、それから無辜の怪物とか?クラスはセイバーだろうか?ライダーだろうか?

実は私は肉塊始皇帝とか気にならなくなってきている。
既に日本版ではクトゥルー系が二人出ているし。
あと始皇帝の怪物化って国産ゲームでも珍しいもんじゃないし。

今考えてみると、東出の始皇帝に関しては第二部にかけてのクトゥルーネタが既に準備されていたことによる影響もあったのかね。
ただ外国の人気作品で始皇帝を怪物にするのはやはりどうにもならんのかも。特に型月はFGOで人増えて何やっても炎上する状態になってきているから。

ああ……もうダメだあ……クトゥルー始皇帝があ……いあいあ……

クトゥルーの流れを考えると我らが大秦の滅亡待ったなしだな。

しかし考えてみると、「大秦」になるとローマの意味になったりもするんだよね。単純に秦と考えていいのだろうか?

ローマネタをぶち込んでくる可能性は否定できない。
始皇帝没年って欧州では第二次ポエニ戦争の最中で、ローマがハンニバルにボコボコにやられている時期。ローマが盛り返していく流れではあるんだが、まだ不利。

ハンニバルが強かった時期か。ローマが亡びる強い理由が存在するからそっちの話でやる可能性も考えられるわけか。

カンナエの戦いが紀元前216年だし、ザマの戦いが紀元前202年だから210年だと中途半端なんだけどね。OPムービーでも中国っぽい建物出てるから始皇帝の没年に合わせてきている秦の方が有力と見て問題ないとは思う。
ただFateではローマ関係でハンニバルが「まだ出ていない」からそっちの方も気になるし、同時期に死亡しているアルキメデスもいるからな。

結局、東出が書こうが書くまいが問題では無い。問題なのは我が国の太古の英雄や皇帝がヒドイ扱いにされることだ。
TYPE-MOONはその辺りの超えてはならないラインを超えて来るから嫌なんだよ。

ストーリー上の整合性、合理的な描写があれば問題無いが型月はそういうのを省いたりあえて考慮しないこともある。

だが合理的とか言ってもコピペと翻訳の伝聞で燃えるしなあ……

どっちにしろ、秦や始皇帝関係のストーリーでウチの国の人間を満足させるのは難しいと思う。そういう面ではダメ元的に考えられるか?

そうだな……待て、しかして希望せよ!と言いたいがこればっかりはね。



とまぁ、こんな感じで。
一時期に比べて落ち着いてはいますが、中国オタク界隈における以前の始皇帝に関する炎上の件の影響は根強く、どうしてもネガティブな見方が出てしまう模様です。それと同時に考察も行われてはいるのですが。

ただFGOに限らず最近の外国系コンテンツに出てくる中華要素に関して、中国では基本的にネガティブな見方になるというか、問題点を粗探しされるような傾向が強くなってきているので、この辺りを気にし過ぎてもしょうがない気もしますね。

またFGOにおける中華系サーヴァントの扱いを見ると、
中国市場にも展開するコンテンツでちょくちょく出てくるような
「中国市場を意識した中国向けのサービス」
というのではなくごく普通に扱われているようにも感じられますから、TYPE-MOONの世界観で中華世界をどのように調理してくるのか、個人的には今からとても楽しみです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

Fateと中国の相性の悪さ 中華系サーヴァントを今のFateに出すと炎上する理由

なぜFateの中華系サーヴァントはこれまで問題にならなかったか 

中国オタク「FGOの第二部が始まった。そして同時に日本の公式サイトがアクセス不能になったぞ!」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただきましたので今回はそれについてを。


クリスマスイベント終了直後に急に始まっていたFGOの第二部ですが、個人的には爆死のダメージがわりと痛かったのでクリスマスイベントの終盤も流し気味で次は年末年始の特番かなどと考えていたのでわりと寝耳に水状態でした。

この予告無しでの第二部開始に加えて日本のFGO公式サイトもストーリーとリンクして現在はアクセス禁止画面に切り替わっているなど、イロイロな新展開が中国オタク界隈でも早速話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGO第二部プロローグ開始」
等に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレっぽいものも含まれていますので一応お気を付けください)


FGOの第二部が始まった。そして同時に日本の公式サイトがアクセス不能になったぞ!

公式サイトが遊んでる。
アクセス禁止で真っ赤状態。

公式サイトがハッキング!これは詫び石!

どういうこと?ストーリーと連動したなにか?

ストーリーに合わせて公式がイロイロやっている。
この間始まった第二部序章では新所長が来て、カルデアも閉鎖、サーヴァントも全部契約解除という状態。元のカルデア関係者は何も出来ない状況に置かれているのが現在のストーリー。

魔術協会から来た新所長と、一緒についてきた武装した国連の調査団で犯人扱いになっとる。

Fateの世界の国連ってこういう事態や組織を管理できるの?
なんか英雄に対する嫌がらせだけしかできないように見えるんだが。

ショップからもダ・ヴィンチちゃん消えてるな。
現実と連動した限定期間とは言え、よくやるなあ。

あのう……俺が石を割りまくったアビーちゃんが1か月未満で契約解除ってことでしょうか……

現在日本版のカルデアではみんなの嫁が消失しております。

査問といい武装した兵士の登場といいアクセス不能サイトのデザインといい、なんかエヴァみたいな感じになって来たな。

え?今来たんだけどどういうこと?
最近忙しいから日本版のストーリー追っかけて無かったんだけど一体何が起こったの?

年末に合わせたのか第二部の序が急に開始された。
1.5部終了後、カルデア解体ということでサーヴァントは引き継ぎのダ・ヴィンチと隠してるホームズ以外全て座に返して、魔術協会と聖堂教会と国連を背景にした新所長が武装勢力連れてカルデアに来て過去のこと、つまり第一部のことに関してぐだ達を監禁して査問中。

えー……なんでそういうことするかなあ。そんなことをされるというなら、俺はレフと一緒に叛逆してたわ!
レフと一緒に叛逆してたら人理焼却で消滅してたけどな!

所詮、人間の敵は人間だよ。

やめてくれ。
「エヴァ」っぽくて「序」なんて言われたら十数年は待たされてそれでも終わりが見えなくなるじゃないか!

なんか一番興醒めする方法でカルデアの処理を行ってるなあ。サーヴァントはほぼ契約解除だから自然なやり方でもあるんだろうけど。

危機を乗り越えた後に後から出てきた人間の組織が制圧してくる、足を引っ張るというのは興醒めするよね。しかも主人公側は抵抗できないパターンが多いし。

冷凍されていた7人のA級マスターの情報がシルエット付きで出て来たから、第二部も7章やるんじゃないか。サーヴァントのクラス数とも同じだし。

今まで放置していたというか放置していてよかったカルデアの外の世界を一気に固めてきた感じだね。
聖杯戦争のように限定的な場所ではない舞台をどうやって作るのか。まぁFakeとかでどんどん規模が大きくなっているしマスメディアが出て来たりするようになってはいるが。

カルデアは人類最後の場所で、実質的に孤島だったからね。
そして外部は人理焼却の夢を見ていたようなもんで、だからこそ孤軍奮闘してきたぐだ達(=プレイヤー)と体験の齟齬が出るし、こっちとしてはイラつく所だ。

一応直近のセイラムでは現代のアメリカが実際に被害受けているという描写はあったから、徐々に第二部向けに寄せて来ていたんだろうな。

ここでネタバレ。いきなり麻婆が出てきます!!聖堂教会の方からの派遣。

麻婆め、また引っ掻き回しに着やがったな!
でも国連とかよりそっちの方が良いな!!

麻婆ってどのルートでも死んでいると明言されていたよな。
型月の人気キャラだしうっかり設定を無視することはあり得ないからサーヴァントの方の可能性が高いように思う。

でも麻婆ってなんで生きてるの?どのルートでも死亡が確定している。だからhollowにも直接出られなかったはずだが。

麻婆が死ぬのは冬木の「第五次」聖杯戦争の結果だから、FGO世界だと死んでいるとは断言できないぞ。
例えばApocryphaの世界では普通に生きていて愉悦にも目覚めていない。

FGOは冬木で聖杯戦争やってはいるが前所長チームが勝って資金ゲットするという非常に珍しい順調に終わった1回だけだからな。

この麻婆はマスターなのかサーヴァントなのか、それとも単独で戦うような形なのか。
何らかの仕掛けがあるのは間違いないだろう。

新キャラは麻婆、ワダアルコ絵の女、新所長か。

新キャラはタマモ関係じゃないか。アクセサリとか分かりやすいし尾が分かれたアレでしょ。

タマモちゃん大勝利。赤はオワコンラストアンコール。

タマモナインか。ロシア系で名前もそれっぽい敏腕美人秘書タマモヴィッチが有力なんて話もあるな。
あとはタマモの悪の部分だとか、関係がぼかされている妲己関係だとか。

だが今の所最も敵対っぽいというか感じが悪いのはフォウくんを足蹴にした新女性キャラっぽいぞ?ただこいつはタマモっぽい口調やデザインだからどうなるのかなあ

フォウくんをいじめるやり方に凄い気分悪くなったわ。
はよコイツ倒して尻尾をキャス狐に戻そうぜ。

でも一番ヘイト集まるの新所長じゃないの?
明らかに好かれようがないデザインを持ってきているし、そういう狙いなんじゃないか?

みんな、あの新所長がいつまで生きていられると思う!?

序章終了時に爆発四散!

手頃な犠牲者みたいな形になるんじゃないか。
次の限定ピックアップ開催まで持つのも難しそう。

あのデブ、敵側の小物枠じゃないか。見せしめに殺される可能性も高そう。
女の方はデザインもしっかりしているし各章のボスクラスにはなりそうな雰囲気。

あのデブは日本だとむしろ安心感を覚えるキャラと受け取られている節があるんだけど……

新所長、すまないさんのマスターじゃないの。

なるほど、どこかで見たと思ったらそれか!

そうだね。Apocryphaのアレにそっくりだわ。
Apocryphaのデブは日本だと妙に人気が高いというか、萌えキャラ枠だったから期待されているんだろ。

新所長は金があれば何でもできるということを体現している存在だぞ。FGOの課金を加速させる男だぞ。

Apocryphaのデブ本人ではないだろう。時代も合わない。
それに姓は同じだが名前が違う。子供或いは一族のキャラじゃないかと。

噂に聞くゴルドの息子なのかな。
そうなると逆に生存しそうな気がする。

Apocryphaのデブってマスターとして無能だが能力が無いわけじゃない。むしろFate世界では優秀な方の魔術師だぞ。
あのタマモナイン疑惑の秘書に乗せられたのかもしれないが、分割売却されにそうになったカルデアを一括して買って結果的に分割を防ぐという活躍をしている。

ゴルドの関係者だったらなんか期待してしまうのも分かる。自分もあのデブは嫌いじゃない。

どちらにしろ年末に予告されているという続きを待つしかないな。
まだ第二部序章で色んな伏線撒いている所だろうし。さすがに主人公が世界の敵にされながら、その陰で人理を救う戦いをさせられるなんてことは無いと思いたい。

それはそうと、私はオルガマリー所長の復活を信じております。



とまぁ、こんな感じで。
キャプ画像を見て判断する人や転載レスを見て語る人、断片的な翻訳を参照する人、更には日本のネットまで調べに言っている人など、把握している情報やそこから想像する方向性はかなりばらつきがあるようでした。

ちなみに中国版FGOの方では12/21〜1/2まで
「ほぼ週間 サンタオルタさん ライト版」(中国版公式サイトの告知)
が開催されているようで、その後1/2から「二代目はオルタちゃん」が実装予定だとか。

現在中国版の方ではクリスマスの復刻イベントということでヒマになっている人も多いそうで、日本版の新展開は格好の話題になっているような所もあるそうです。
それからここ最近の中国のイベントの開催時期や期間を見ると、中国の方では終局特異点開催を春節休み(2018年の春節は2/16)に合わせるためのスケジュール調整が行われているようにも見えますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

FGOナタの性別に関する新事実判明で一部中国オタク歓喜

今回の内容にはFGOの哪吒に関するネタバレが含まれておりますのでご注意を。



なんだかまたFGOの哪吒に関するネタが続いてしまいますが、オチのような展開まで出て来たので今回もそれについてを。

中国のFGOナタ実装への反応

中国オタク「ナタを女にされたことについてどう思う?」「Fateシリーズで最も穏便な娘化にすら思える」

セイレムのピックアップでも哪吒だけあっさりと出たのですが、おかげで幕間実装後即設定を把握することができました。これはたぶん書けということなのではと感じたりも。



さて、先日FGOに新たなキャラの幕間が実装され、サーヴァントに関する新規エピソードや新たな設定が明らかになったりしていましたが、その中には実装されたばかりで更に中国オタク界隈では
「単純に女にするとか芸が無い」
という批判も集まっていた「哪吒」の幕間もありました。

更にその幕間のエピソードや開放されるプロフィールでは
「太乙真人が哪吒を復活させる際に哪吒の身体を生前とは異なる性別で構成してしまった」
「哪吒は自身の身体の由来と性能には誇りを持っているが、性別の話題に及ぶと気後れした態度を見せる」

といった設定が明らかになりました。

さすがに幕間で後から実装ということもあり現時点ではあまり広まってはいないようですが、この情報を受信した中国オタクの面々からはちょっとした反応が出ている模様です。
そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGO哪吒の性別に関する新たな情報」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本版FGOに実装された幕間で哪吒が性転換キャラだと判明した。
心は少年のまま復活後の身体は女になったという設定だ!

すまない……単純な女だと認識していてすまない……

そうか設定で最初から女にするのではなく、作品内の世界で性転換……そういう方法もあったか!!

ウチの国の人気ドラマでも歴史トリップと性転換がネタになったのがあるし、刺さるヤツは案外いそうだ。
もちろん俺は大歓迎さ!!

国産アニメの「十万个冷笑話」にも似たような展開があったなあ
哪吒はうっかりで性転換になる運命なのか。

娘化の濡れ衣を着せられる太乙真人。

日本だと近いのは「俺、ツインテールになります。」か?

中国ネタだし「らんま1/2」じゃないか?
ウチの国ではオタクが増えたの犬夜叉以降だから思い入れのある人そこまで多くないが、日本では中国ネタの作品としてはかなりの存在感となっているらしい。

しかし哪吒が太乙真人によってこんなことになっていたとは。
これは予想外。

だがこの世界の太乙真人もアレな存在だったというのは朗報ではないだろうか。

私は太乙真人を支持するぞ!

地下茎のレンコンでは満足できずに花の方にしてしまったのだろうか。

きっと作っちゃってから「これはイケる」と思ったに違いない。

ありがとう!ぼくらの太乙真人!!

太乙真人め……なんとスバラシイことをやってくれたんだ!さすがだ!!

なんか型月世界の太乙真人が急に気になって来た。
色んな中国のサーヴァントの実装希望があったが、真っ先に実装希望なキャラになってきたぞ。

これは哪吒と李靖の関係も気になりますね……李靖は史実寄りだと間違いなく強キャラ、神話寄りだとネタキャラ要素増加で美味しい!

幕間のぐだがリヨ化しているようだ……
哪吒の性別の探り方はマジだ。

哪吒の幕間はネタとしても良いが、イロイロ気になる情報も出ているね。
玉藻の前世が妲己という情報も出ているし。

そこは型月がぼかしているからなあ。
玉藻が自分を妲己だと認めている、黙認状態だという人もいるが、玉藻のキャラや設定が安定しない。EXTELLAでも妲己部分を出してはいるけど、ネタと取れる言い方で確定にはしていない。

哪吒の幕間だが中文翻訳で出回っている方では前世について否定していないように読めるが、原文だと三蔵による天竺の華陽夫人も含めてかなり煙に巻く言い方になっている。
サーヴァント的にどこかで混ざったということもあり得るし、本人がネタに合わせて言っているだけという可能性もあるからね。

玉藻と哪吒の絡みは期待できるが、妲己の部分はどうするんだろうね。
玉藻に関しては白面金毛九尾の狐ではないが、無関係だとも言えないし、それ以前の部分やそれ以外の所もどう定義されているかハッキリしないのよね。しかも白面金毛九尾については日本の作品ではインド→中国→日本のルートでのネタもあるし。

幕間はちょっと翻訳が難しい部分もあるね。
例えば表の「ボクっ娘」とかは日本語の感覚が必要になる。「boku娘」とかにはできるが原語から抜け落ちる所もある。

なるほど。確かに哪吒の口調も日本語の調子がどこまで翻訳できるか……意味の翻訳は問題無いが、キャラ付けや細かいニュアンスまでとなると悩むね。

まぁいい。この哪吒の設定ならぐだ男も喜ぶし私も喜ぶ。

とりあえず、英雄作成の如く太乙真人には女体化作成能力を期待だな。

それはアリだな。とても優秀な能力だぞ。

これでぐだ男でプレイしていても、システムを使わずに性別的にもジャックのママになれるな!

何はともあれ太乙真人の実装を希望します!



とまぁ、こんな感じで。
刺さる人に対しては妙に刺さっている模様です。

それに加えて、プロフィールに太乙真人の名前が出てきたことに加えて、哪吒の性別が女になった原因というのが明確になったことから、Fate世界の太乙真人に対する妙な期待が高まっていたりもしている模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ナタを女にされたことについてどう思う?」「Fateシリーズで最も穏便な娘化にすら思える」

ありがたいことに
「ここしばらくのFGOの中華関連サーヴァントの例と同じく、哪吒もやはり批判の集中砲火を浴びていますが、キャラデザや絵師叩きは目に付くものの、女体化に関する批判が少ないのはなぜでしょうか?例えば他のゲームで女体化が社会レベルの批判になった荊軻とは何が違うのでしょうか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

質問にもある通り、確かに哪吒に関してはデザイン関係の批判は多いですが性別関係の批判に関しては見かけませんね。

この辺に関しては恐らく哪吒が中国で女性、或いは女の子のイメージもある存在だからではないかと思われます。
中国の国産コンテンツにおける扱いでも、哪吒に関しては女性(大人も子供も)が演じたことも少なくないようで、
「哪吒を女の子だと思っていた」
なんて人も少なくないという話です。
ちなみに中国の伝統系のキャラクターで「偽娘」的なイメージがあるのは哪吒の他にも紅孩児や紅楼夢の賈宝玉辺りなどがあるとかなんとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「哪吒の女性化についてはどう思うか」
などといったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


哪吒を女にされたことについてどう思う?

そう言えばFGOの哪吒は性別転換キャラだったか。言われてみれば大きな改変かもしれないが……

みんなそこは問題視してないような。
自分はFateシリーズで最も穏便な娘化にすら思える。

だって哪吒ってウチの国における「女キャラを描いて男だと言い張る」的な流れの元祖の一つだろ?そりゃ抵抗ないよ。

哪吒は女でいいんじゃないの?
俺は小さい頃にそっちで妄想していたぞ!

私も哪吒は女で違和感無いな。
一応男だとは知っているけど、小さい頃テレビで見た印象で、ずっと女の子というイメージが抜けない。

小さい頃のイメージって意外に修正される機会が無いからね。
実は自分は哪吒が女じゃないということを知ったのは大学に入ってからだ。

ウチの国の舞台やドラマでも少女や女性が演じていることが多いキャラだからなあ

06年の范冰冰が妲己やってた封神演義では哪吒の役者が女だったね。
西遊記でも女性が演じているバージョンはかなりある。

ドラマの西遊記後伝でも女性だったね。

伝統の服装がスカートっぽいし、子供のころ普通に女だと考えていたりした人もわりといるだろう。

孫悟空が石でナタは蓮の花、どっちもあえて性別を決めるという感じではないかもしれん。

Fateでということなら、アーサー王が女にされる作品だから特に言うことは無い。
あとこの「娘化」はFateやらない人間にとっても違和感というか反発を覚えないケースではないだろうか。

それは同意だ。
最近はFate関係は何か出ればほぼ必ず叩かれるし哪吒に関しても蒼月タカオを変えろとか追い出せだとか、また旗袍かよ神仙の時代に旗袍(チャイナドレス)ねえよみたいな感じでキャラデザや服装の不満はモノスゴイ勢いで出てきているが、女性にしたことに関してはネタな話題はあっても本気の不満や反発は見かけない。

哪吒に関してはどっちの性別にしても良いんじゃないかな。

ウチの国では観音菩薩を女扱いしているしこれは文句言えない気がする。

中国の神話って男女を明確にしていない存在もかなりいる。
ただ哪吒は男性キャラ扱いされるけど、女性のイメージもついてまわるというか普通に女だと思っている人が少なくないという珍しい存在かもしれんね。

ウチの国の伝統枠だと、哪吒と観音菩薩、それから紅孩児も女性扱いになっているんじゃないかな。明確に女性キャラとして扱われるわけではないけど、女性が演じることは珍しくない。

哪吒は復活後の装いとかは特に女の子っぽい感じになるからな。
みんな旗袍にするのは許せないだろうけど、女性的な格好すること自体は許容範囲だろう。

オタクじゃなくても哪吒が女の子だと思っている人が普通にいるからね……

そうそう。俺のオカンも哪吒に関して「あの女の子」と呼んでいたから、たぶん女だと思っているわ。

自分の中では哪吒が男なのか女のか決着が付いていません!!

自分も小さい頃に哪吒が男か女かで悩んだなあ……

大きくなってから哪吒が女性じゃないらしいと知ったけど、今でも作品紹介で哪吒を指すとき「他」じゃなくて「她」だとちょっと期待してしまう自分がいます!
(訳注:中国語の三人称は男性に対しては「他」、女性に対しては「她」になります)

哪吒は性別無しでいいだろ。キャラ付けの方向性は男でも女でもどっちでも良い。
今やってる「宝石の国」みたいな感じでも良かったように思う。いや、むしろあんな感じが良かった……

西遊記ベースだと女性寄りになって、封神演義ベースだと男性寄りになるように思う。

現在のウチの国における哪吒のイメージって西遊記と封神演義がゴチャゴチャになっているし、更にテレビやドラマ、演劇などのイメージが加わってるから、いよいよどっちでもいけるようになってきている気がする。

珍しくウチの国でもFate的な女性化をやっても問題無いキャラではあると思う。
でも俺はFateに対しては「バカとテストと召喚獣」の秀吉的なものを期待していた。

私もそうだった。
哪吒の良さは男女がハッキリと分からないことだろうに。

Fateだったら単純な女性化よりもショタ方向とかに尖らせてほしかった気もする。

そうだよ。女にするよりもショタにして欲しかったよ……貴重なショタ設定が……

私はロリキャラが良かったよ。そっちの方がむしろ伝統的な流れだと思うんだが!子供のイメージも付いて回るキャラなんだから!

自分も女性化するならロリキャラにして欲しかったわ。それならばセイレムでもダブル、いやトリプルロリが実現できていたろうに!型月はどれほどもったいないことをしたのに早く気付くべきだ!

ただFateはショタだとアンデルセンや子ギルとかがいるからな……ロリもジャックやナーサリー・ライムがいる上にセイラムではアビゲイルがいる。更に中国枠だと武則天がロリでデザインされてしまっているから難しい所だ。

なるほど。確かにアンデルセンと子ギルはデザイン的にキャラ的にも強いわ…・・・かぶらない範囲で更に人気を取れるように出すのは難しいかもしれん。

違う、違う違う!!
蓮から生まれたんだぞ!蓮はなんだ!?両性花だ!
原典に忠実に考えればフタナリに決まっているだろうが!!

なんで単純に女にしたんだろうね。
人気を狙うなら偽娘キャラにした方が良かっただろうに。既にアストルフォとデオンがいるとは言っても、キャラ的にかぶらない範囲だろう。

別に媚びた描写をやる必要は無いし、「性別無し」とかにしておけばみんな勝手に妄想できるから炎上だってしないだろうに。
「性別:哪吒」に加えてロリとかショタとかカワイイ男の子とかできる哪吒を単純に女性化してしまった件については蛇足なことをしたようにも感じる。



とまぁ、こんな感じで。
哪吒の性別に関しては女でも問題無いという人が結構いるようです。

この辺りの認識に関しては上のやり取りにもあるように、中国における哪吒の扱いによって蓄積されたイメージによる所が大きいのでしょうね。
またそういったイメージがあるので、中国オタクの面々の中には逆に女性にするだけではパワー不足、安易すぎるといった受け取り方をする人も出ているのは面白いですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

12/7追記:本日FGOに哪吒の幕間イベントが追加されましたが、哪吒の性別に関してはかなりぼかしているというか、キャラの個性の一つになっているようですね。
ネタバレは避けますが「この表で」なるネタも出ましたから少なくとも単純な女ではないという扱いかと思われます。個人的には「宇宙」が何なのか気になったり……
この辺の反応が無いかちょっと追っかけてみることにします。

反応まとめました。
FGOナタの性別に関する新事実判明で一部中国オタク歓喜



中国オタク「ナタクは偽娘」 中国における「偽娘キャラ認定」について

中国のFGOナタ実装への反応

中国のFGOナタ実装への反応

お陰様で艦これのイベントもE4乙ではあるもののギミック終わってゲージを叩くのみといった所までたどり着けました。艦隊の組み換えで混乱しましたが、「ようは栗田艦隊と志摩艦隊と西村艦隊と潜水艦を、ギミックごとに投入です」「道中は基本的に警戒陣で問題無いです」というアドバイスのおかげでなんとかなりました。

それから先日FGOの「異端なるセイレム」が実装となりましたが、今回のストーリー時限実装は個人的に非常にありがたいですね。
お蔭で今回は「致命的なネタバレを踏むのは避けるために実装されたらネット利用を縮小して大急ぎで最後まで進める」というのをやらずに済みそうです。


さて、今回の更新を。
ありがたいことに
「FGOで哪吒がサーヴァントとしてついに実装されましたが、中国の反応は?」
という質問を複数いただいておりますので今回はそれについてを。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGOに哪吒が実装」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(セイレムに関するネタバレっぽいものもあるかと思われるので一応お気を付けください)


日本のFGOで哪吒が実装で新章に参加するらしいが、どう?

文句言ってるヤツが多いけど、自分は元々期待していないから別に何も。
王者栄耀の哪吒の方を使うからどうでもいいよ。

自分のイメージする哪吒と違うものが出てきたのは確かだな。しかも歪んで。

FGOは王者栄耀とかに学べよ……

同感。顔と手と足の数は普通な筈なのに三面六臂的な異形感がある。

全体的にみっともないデザインになってる。
身体のバランスがおかしい服装がおかしいポーズもおかしい武器の持ち方もおかしい。全体的に見て極めてヘンテコな印象になる。

中国のサーヴァントでまともなのは燕青だけな状態は変わらんか。

哪吒が星4というのがおかしい。
日本人は中国の神話の登場人物の強さや重要さを本気で理解していないわ。あいつらはいつになったらこの問題に気付くんだ。

レア度が低過ぎるよな。神仙だぞ神仙。
我が国の神秘はどれも極めて高い上に神仙系のキャラで星4とか何を考えているんだ。

アーラシュが星1でロムルスが星3で沖田総司が星5のゲームに何言ってんだ。
型月の設定上の強さとFGOのレア度が一致しないのは分かりきったことだろうに。

そもそも型月の設定はウチの国の神仙関係そのままでは無いぞ。型月世界における神秘や自然現象に組み込まれるから現実世界の伝承や伝説で強く設定されたものがそのまま全て発揮されるわけではない。
あと哪吒は人気高いけど強さはそんなでも無いだろ……封神演義ベースでの設定が混じっているようだから実力的にはパッとしない可能性すらある。

手と腰のバランスがおかし過ぎる。なんで蒼月タカオにそのままやらせたんだ。パールヴァティーでヒドイことになるのは明らかだったろうに。

西遊記イベの時に顔出しはあったからな……あの時から既に好みのデザインじゃないと分かっていたし、俺は何も期待していなかったよ。
文句言ってるヤツは何を妄想していたんだか。

先に出ていても、その後に修正すればいいだけだろう。
FGOはカードの修正をしないわけではないし、問題有るなら直せばいい。どっちにしろ運営の頭がおかしいのは変わらんが。

最終再臨のイラストは及第点と言えなくもないが、立ち絵は弁護できん。

立ち絵もブーディカやジャガーマンに比べたらわりと見れるものになっている。叩くための粗探しならやめとけ。

今では蒼月タカオやしまどりるってだけで叩くのが沸くからなあ……

ちょっと前までブーディカに関する不評はおっぱい垂れ過ぎくらいだったのにね。もちろん以前はあまり注目されてなかったってのもあるだろうけど。

最終再臨絵はわりと良いと感じた。ただそこから改め感じたのは服装がヘン過ぎるってことだな。この服装でなければ評価も違ったかもしれない。
日本人は結局旗袍(チャイナドレス)から離れられないのか。あと鈴とかの小物も含めて装備がどれも哪吒に見えないのもイカン。

あの鈴と旗袍はどっから出てきたんだろう。
哪吒は肚兜とミニスカっぽいヒラヒラが基本だろうに。
そのままやれとは言わんが全く関係無いものにされても。
(訳注:「肚兜」は中国の伝統的な下着で、腹掛けというか腹巻というかな形のものです)

extraとかの既に設定のあった中国サーヴァントはまぁマトモだけど、新規はガッカリするのばかりだ。武則天とかも怜悧だったり高慢だったりな美人ならともかく、なんでちびキャラに……

哪吒に関してはグラブルやアイギスの方が良いデザインだと感じる。

でもキャラデザに不満はあれど普通に出て日本でも話題になっているのは良いことだよ。燕青とかあんなにカッコイイのに話題にならんから。

燕青はキャラとしてもストーリーとしても目立たないんだよな。

日本だと同人で人気高いはずだぞ。

いや、それが……確かに嫌われてはいないんだが、話題になってない。
この間の日本版三度目のハロウィンイベントではメインキャラ枠で扱いも良かったと思いきや、いつの間にかメカエリチャンに話題を持っていかれた模様。

燕青って元ネタからして分かり易い人気属性まとめただけだからなあ……不満は出ないけど、活躍させようとすると埋もれる。ツッコミ系、苦労系だと緑茶という壁がいるし。

やはり中国のサーヴァントは出して欲しくない。
ヘンなのになるか弱くなるかの二択だ。これなら出さない方がマシだ。

中国のFGOプレイヤーは中国のサーヴァントを出せとか言っているが、FGOにやらせたらどうなるか冷静に考えてみるべきだ。
あいつらが孫悟空や趙雲のような我が国の人気キャラをまともに扱うのかということをな。

お前ら中国のサーヴァントが出るたびに粗探しするのって疲れないの?

でも私も出さない方が良いみたいな気分にはなるね。今の環境だとどうやっても荒れるし叩かれるから。
設定通りにやったらつまらないとか普通過ぎると言われ、魔改造したら原典を尊重しろと言われる。

哪吒に関してはストーリーでどう活躍するかじゃないかな。
自分はストーリー見たらなんだかんだであの武則天もアリだと思うようになった。

ストーリーと言えば哪吒が唐突に出てきたのはどういうこと?
西遊記イベント以外で何か加入するようなストーリーってあったっけ?私がなんか見逃してたりする?

何も無いよ。設定的には最近召喚されたということになっている。恐らく1.5部に入ってから召喚された扱い。
エミヤとかサンタアイランド仮面のように、明確な召喚描写は無いけどなんとなくいてイベント参加しているキャラも少なくないし、そういう扱いなんじゃないかな。

唐突に出て来るとか、黒幕との関係を疑ってしまう。

わりと単純な性格付けのキャラだから、その可能性は無いんじゃないかな。背景もキッチリしているし、三蔵イベで顔出しはしていたから。

セイレムは色んなの混ざり過ぎてて現時点では誰が味方なのかもハッキリしないからね。

自分もストーリーでの活躍は気になる。
中国のサーヴァントってあまりFate的な掘り下げや話を動かす扱いにならなっていないから評価がし難い。

比較的その辺りの扱いが良いのは李書文と三蔵、あと武則天か(諸葛亮はウェイバーなので除外)
セイレムの哪吒は今の所は話の都合の良い便利キャラだが、この後活躍するシーンは出るのだろうか。

サンソンやマタ・ハリにスポットが当たっているし、何らかの意味のある配役だと思いたいが、どうなんだろうね……近世とも魔女ともクトゥルフとも全く関係ないしここからどう絡むのか想像できん。

それにしてもみんな分かってないなあ……文句を言っている連中のほとんどが最も重要な問題を見逃している。
FGOの哪吒は男なのか女のかという点だろうに。

全くだよ。カードのデザインとかわりとどうでもいいんだよ。
その問題が一番大事だ!

でも性別:レンコン
とかだったらどうしよう。

残念ながらゲーム上の設定は女性になっている模様。

まだだ……まだ人形だから自由に変えられるという可能性は消えていない!

設定自体もそうだけど、デザイン的に女性的な部分が多過ぎるのはどうかと思うよ
哪吒というキャラで重要なのは性別だろうに。男か女か分からないのが哪吒の素晴らしい所だというのに!

そうだよ!
アストルフォやデオンを出したFateだから期待していたのに!心の底から失望した!!



とまぁ、こんな感じで。
全般的に不満がくすぶっている感じですかね。

ちなみに中国オタク界隈でも好評な、中国の大人気ソシャゲ王者栄耀の哪吒はこんな感じのデザインになっているようです。

FGOの哪吒に関しては主にキャラデザ関連の不満が多く見受けられましたが、これについてはここしばらくの間のFate関連のゴタゴタやネガティブなニュースの影響が出ている部分も見受けられましたし、なんとも難しいものを感じてしまったりも。

ただ中国における中華系サーヴァントの評価はしばらく経てばイロイロと落ち着いてくるような傾向もあるので、哪吒の評価に関してはもうしばらく様子見といった所でしょうか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

12/1修正:タイトルの哪吒が文字化けするとのことで修正しました。ご指摘ありがとうございます。

中国オタク「なぜ『八艘飛び』が必殺攻撃になってるんだ?調べたら逃げる技だったぞ!」

ぼちぼちと艦これの秋イベントを進めておりますが、攻略情報のタレコミありがとうございます。
今回はゲージの種類は多いもののお札の縛りが少なく温存しておく必要のある艦もハッキリしているのでその辺は楽な印象ですね。
現在E-3甲ですが、せっかく作ったのだからと持っていった夜戦と夜攻がゲージ1本目ラストの防空棲姫を吹っ飛ばしたのには驚きました。


さて今回の更新を。
中国オタク界隈にも様々な作品が入っていますが、作品の元ネタになった歴史や神話伝説に興味をもって調べる人も出ています。
特に最近では以前の中国では資料に辿り着くのが難しかったようなものに関しても比較的簡単に調べられるようになっているそうですし、日本関係のネタに関しても随分と広い範囲で調べたり話題にしたりといったことになっているのだとか。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「源義経の八艘飛び」
に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アニメや漫画、ゲームの元ネタを調べていたらちょっと気になるものを発見した。
なぜ源義経の八艘飛びが必殺攻撃になってるんだ?
調べたら逃げる技だったぞ!

あれ?そういう技というか故事だったの?てっきり乱舞系なイメージだったんだが。

壇ノ浦で源義経が平教経の襲撃から逃げる際のエピソードで、重装備なのに軽やかに幾つもの船を次々と飛んで逃げて行ったという話。つまり、敵を倒したわけではない。

Fateで考えると回避スキルか仕切り直しスキルっぽいな。

その意見に同意だ。
確かになぜそれが攻撃系の技に。

自分は女神転生のイメージだから物理攻撃かと……

そういう故事だったのかよ……あえて言えば一騎打ち回避?
全然イメージが違うじゃないか。

逃げながらの攻撃、逃げるような状況での攻撃が大当たりしたとか、背水状態における決死の一撃とかなら分かるんだが。

日本の感覚では八艘飛びがスゴイカッコイイとか、中二病マインドを刺激されるとかじゃないの?
カッコ良ければわりと何でもよくなるし

これは源義経関係では有名で使い易い故事、名前だったからというのも考えられる。八艘飛びは源平の最終決戦である壇ノ浦における有名エピソードだからね。

源義経の伝説で面白かったのは、六韜が伝説の書で手に入れると天狗パワーが使えるようなアイテムになってたことだな。軍事思想書じゃない、不思議な書物扱い。

普通の人間にはできないエピソードや伝説が必殺技になったりするわけだが……八艘飛びがそうなるのはちょっと不思議な選択だよね。
義経の場合、鵯越の逆落としとか攻撃的な故事もあるのに。

鵯越の方は軍単位だからじゃないかな?
アニメや漫画、ゲームだと基本的に個人行動だから、個人の特殊スキルとして参照できる八艘飛びの方が採用されたのではないだろうか。

Fateの傾向的に、FGOの牛若丸の八艘飛び攻撃は他の作品からの影響があるんじゃないだろうか。個人的には女神転生やペルソナの影響の気がするけど、遡ったら別のもありそう。

八艘飛びの攻撃に関しては確かに女神転生シリーズが大きそう。
あれは技の英語名が「HASSO BEAT」だったはずだから、明らかに攻撃系のネタにしている。

ペルソナの八艘飛びは強いからなあ。どの作品でも物理系の主力になる。

それにしても逃げる伝説が攻撃になるとかだと、ウチの国の長征とかモノスゴイ攻撃にできるな!!

例えるなら「馬躍檀渓」(劉備の的盧の故事)が攻撃宝具になるとかいった感じかな。

船を飛び越え逃げるのが、船を飛び越え近付いて攻撃になってるとは……

元ネタは逃げていたのを攻撃に……そうだ、劉備なら阿斗投げようぜ!

それにしても、改めて日本の作品の改変っぷりが分かって面白い。
逃走や移動系の能力なら分かるんだが、なぜ強力な物理攻撃になるのか。

結局は勢いとカッコ良さ、中二病重視じゃないだろうか!

一応、敏捷さと移動手段という方向で拡大解釈すればありってことなのかね。
八艘飛びするほどの素早さで行動する、攻撃するという感じで。

源義経ネタのキャラに関してはどの作品でも敏捷度の高いキャラとしての描写は常にあるんだよね。攻撃系必殺技として都合の良い伝説が無かったから他からのを持ってきたというパターンだろうか?

FGOの牛若丸に関しては初期のぐだぐだや設定の未整備がそのまま来てしまっているようにも見える。牛若丸の宝具は遮那王流離譚でその一つが八艘跳。そして他にきっちりと対人、対軍の攻撃は持ってる。もっとも、どれも「奥義」枠になっているのがよく分からんが



とまぁ、こんな感じで。
元ネタを調べてどうアレンジしたかを知ったり、実はかなり強引な改変だったことに気付いてツッコミを入れたりするなど、イロイロと楽しんでいる模様です。

中華系の伝説や故事でもこういったカッコ良さ重視の強引な改変でやれそうなのはかなりありそうですが、中国だとどういった方向が好まれて、どういった方向だと「安全」なのかといった辺りも気になる所ですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ベディヴィエールって男だったのかよ!俺は長年女性の騎士だと思っていたのに!!」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国版FGOでは現在「プリズマ☆イリヤ」のコラボイベントが行われているそうですが、それ以前に開催されたイベントと異なり、前の夏イベント第二部終了後に即イベント開始という「長草期間」(育成期間)無しというスケジュールも加わってなかなかに好評なのだとか。

それはさておき、FGOの第六章や最近日本で公開された劇場版HFから、改めて中国オタク界隈に広まったFateの作品知識も少なくないそうで、それによって改めて衝撃を受ける人も出ているそうです。

そんな衝撃的な事情の一つに
「円卓の騎士ベディヴィエールのキャラや声」

というのもあったそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ベディヴィエールが男だったことの衝撃」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ショックだ……ベディヴィエールって男だったのかよ!
俺は長年、女性の騎士だと思っていたのに!!

あー……うん、その気持ちわかる。
私も彼の声を聴いて違和感を覚えた。

ボイスを初めて聴いたとき、私の心とその思いが砕け散りました。
ずっと女だと思っていたんです。思っていたんですよ……

なぜCVを確かめない。「宮野真守」と明記されているのに。

FGOだと声優の名前を確認できるのって基本的に入手してからだから、事前に確認する機会って案外無いぞ。公式サイトでも出演している声優の名前だけで、誰が誰を演じているかまでは明記されていない。

そもそも別作品でもベディヴィエールは宮野真守だったろ。

いや最初のアニメ版では能登麻美子だし三木眞一郎や真殿光昭が演じていたりもする。
ようは彼女の声は一定していなかったんだよ。

諦めろ「她」(彼女)じゃなくて「他」(彼)だ。
旧作のアニメでは能登麻美子が演じていたから気持ちは分かるが。

ベディヴィエールの主なイメージがあのアニメ版だったし、女性と思うのも無理はない。いや、むしろ当然のことだろ?

なぜだ!
なぜ宮野真守なんだ!

ベディヴィエールの声にしては低過ぎるし、男性的過ぎる……

宮野真守も他のキャラだったら良かったんだけどねえ

ガンダムやウルトラマンだったらいいんだよ、でもなぜベディヴィエールを演じる!?

私も普通に女だと思っていたよ。
円卓に女性騎士って普通にいるんだよね?モーさん以外で。

モーさん以外だとガレスが女性確定だな。

ベディヴィエールはデザイン的に男キャラだろ……何で女の子と勘違いするヤツが出ているんだ。

お前ら見ている作品が少な過ぎる。
こういうキャラデザで普通の男性の声なキャラなんてありふれているぞ。

普通の美男子系キャラだよね。

最初から男だと言われればそう思えるかもしれないが、最初から女という情報が入っていてもそう思えるか?髪が長い美形で女と勘違いされたケースは枚挙にいとまがない。

そもそもFateの円卓はトップが女だしね……王の近衛になったとか、女性だったからという理由にも思えてしまうわけで。

私も最初は円卓の騎士だから男だろうと認識だったけど、旧作のアニメで女性の声で喋っていたから普通に女性、美しい女性キャラだと思うようになっていたな。

Fate追っかけている人間が、なんで実は男だったというのでダメージ受けまくっているんだよ……アストルフォが女じゃないことに興奮しまくってるヤツばかりだったのに。

うむ。男の子だから良いんじゃないか。

ベディヴィエールに関してはそうでもない。
俺は彼が偽娘的なキャラと声じゃなかったことがショックだ……かわいい男の娘だと思っていたのに。Fateならやってくれると信じていたのに!!

アストルフォに関しては新しいファンも多いし、公然のネタバレ要素だったからね。公式もそこを意識したあざといキャラにしていたから話題としても妄想としてもアリだった。
でもベディヴィエールはそういうのが無いから真面目なファンが多かったんじゃないかと。

ベディヴィエールは妄想を投影し易いのか、脳内キャラが固まっていたヤツが少なくないはず。
昔から円卓関係のエピソードが出るならきっと重要な立ち位置で出て来ると期待されていた。

公式が能登麻美子でいくのか、他の男性声優でいくのかといった予想で熱い戦いになったりしたこともあったな。

第六章を遊んでいてどうやら男だというのは納得していたが、それでも俺の脳内では能登ボイスでの会話が続いていたんだ。
それなのに、突然宮野真守ボイスで喋り出したんだぞ!
その衝撃がどんなものなのか、俺の心の痛みがどれほどものなのか、お前に分かるのか!?

俺、宮野真守がここまで理不尽に叩かれているの初めて見たよ……

彼の声や演技が悪いわけでは無い、むしろ高いレベルだ。それは分かっている。
だが文句を言わずには、愚痴を叫ばずにはいられないんだ!

そうか。ゲストで選んで戦闘に出さないと、第六章クリア後まで声聴かないでいっちゃうのか。

FGOってミュートにしていなくても、案外声を聴かずにプレイできてしまうからね。基本は文字を読むゲームだから。

私もそうだった。
自分の中では川澄ボイスの獅子王と能登ボイスのベディヴィエールが会話していたよ……
若干の百合っぽさもある関係がとても良いと思っていたのに!

ベディヴィエールは以前のゲーム版の方での声ともまたちょっと違うし、女と思っていなくてもイメージは多少混乱するかなー

ゲーム版だと他のキャラを演じている声優が、兼役をしていたからね。ベディヴィエール専門のキャストではない。
恐らく当時はそこまでキャラが固まっていなかったんだろうし、役割的にもそこまで重要視されていなかったのだろう。

モードレッドもスタジオディーン版のアニメの時はキャラデザ違うし声も桑島法子だったからな。
円卓関係は正式にストーリーに登場させる際にデザインを再構築したんだろう。ランスロットなんかも声は同じだが、ZeroとFGOでは絵師変更によるものではないレベルで明らかにデザインが変わっている。

私は最初に見たベディヴィエールが旧作のアニメ版だったし、そこからずっと女性キャラだという印象が付いて回っていたよ。別に嫌いではない、むしろ6章のおかげで更に好きになったくらいだが、声に関して当面は違和感が残るだろうなー

私は絆上げるために後ろに置いておいたし、終了直後のはスキップしちゃったから、レベル上げを本格的に始めた時に初めて知ったよ。

ベディヴィエールがメインだというのでFGO第六章には物凄い期待していた。
だが自分は実はstay nightを遊んでからずっとベディヴィエールを女性キャラだと思っていた……ゲストでベディヴィエールが出るというステージではもうウキウキで選択した……でも……

声が誰かを見れば性別が男だというのはハッキリするが、そこをあえて再確認はしないよね。ネタバレ踏むのも怖いし。

ショックという程でもないが、自分も想像していた声とはかなり違う、意外な声だと感じた。落ち着いた、誠実なキャラだったしね。
もっともストーリーではとても感動できたし、そのうち慣れると思う。



とまぁ、こんな感じで。
第六章のストーリーに関しては好評なモノの、ベディヴィエールの性別という予想外の所でダメージを受けてしまった人も出ているのだとか。

性別に関するショックはともかく、上の発言にもあるように中国オタク界隈ではベディヴィエールに関してイメージが固まっていた人もかなりいたようで、FGOへの参戦で出てきた様々な新情報に一喜一憂している反応も見かけます。

考えてみれば私もFGOがまだ始まったばかりの頃、中国オタクの方からベディヴィエールに関する熱い語りや参戦への希望を聞いたこともありますし、中国オタク界隈においてベディヴィエールはマイナーメジャー的な人気を持っていたキャラだったのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国版FGO、第六特異点神聖円卓領域キャメロットへの反応

ありがたいことに
「中国でのFGO第六章の反応は?」
という質問をたくさんいただいておりますので、今回はそれについてを。
まとめるのが遅れてしまい恐れ入ります。

中国版FGOでは直前に突然の画像修正などのゴタゴタも起こりましたが、
その後8/31から
「第六特異点神聖円卓領域キャメロット」
が実装されたとのことです。
中国版の告知ページ(中国語)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGO第六特異点神聖円卓領域キャメロットの感想」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレが混じっておりますので一応お気を付けください)


第六章面白かった。
ゲームやってるよりストーリー読んでる方が長かった気もするが、とても楽しかったよ!

登場するキャラ全てが活躍していたね。
味方側は言うに及ばず、円卓勢もエジプト勢もとても魅力的だった。これまでのようにいるだけとか、いなくても別にいいような存在のキャラがいなかったように思う。

民を守るアーラシュはまさに大英雄だった。
自爆する場面は本当に泣けた……

第六章をプレイすると、アーラシュをネタだけで扱うことはできなくなるね。
アーラシュのあだ名が「自爆弓」に加えて「大英雄」になる意味がよく分かる。どっちも最初はネタ扱いの呼称だったんだけどなあ。

第六章の活躍からしてアーラシュはレア度が低過ぎるよ。
人格も能力も背景となる伝説も、FGOでの活躍も、星1なのはおかしい。もっと人気が出れば強化されるのかな……
アーラシュに聖杯使うことも考慮中。

俺のフレにレベル100のアーラシュいるぞ。

でも星1だからこそみんなが大英雄に会えるという利点もある。
第六章でなぜ彼が召喚に応じてくれるのかが分かった気がする。

どこかで見た話だが、マスターを手助けするために、出会うためにアーラシュはあえて星1になっているという話があった。とても納得できるし愛おしい。

彼こそ、みんなの大英雄だ!
それにしても第六章はこれまで注目しなかった低レアキャラの印象が変わるね。
ハサンとかネタキャラ雑魚キャラとしか思っていなかったのに、もうがっつり感情移入してしまった。特に呪腕の。

呪腕のハサンがあそこまで仲間として頼りになる、心強いキャラだとは思わなかった。
古くからいるのでマニア人気が高いんだろうくらいに思っていたが、その間違いに気付かされた。第六章で最も良心に満ちていたのは彼だった。

ハサンは第六章前後で完全に印象が変わったね。
呪腕老師もそうだが、清姫に続くマスターラブ勢の静謐、他愛なしと踊るだけじゃなかった百貌、そしてついにその姿を現したキングハサン!

ネタバレで知ってはいたけど、ハサンにこんなに感情移入したり、圧倒的な強キャラ感にゾクッと来たりするなんてプレイする前には思いもしなかった。

令呪使って林檎を食いまくって一気に進めてしまった……
面白いから、みんな頑張れよ!

それ以前の章に比べてストーリーの量も重さも段違いだよね。
FGOの転換点と評価されているのも理解できる。

第六章の戦闘が難しいと聞いていたが、思ったより楽だった。
どうやら俺は千里眼を身に着けてしまったようだな!

茨木童子の時もそうだったが、こっちでは攻略法が事前に確立されていたから難しいと感じる人はそんなに出てないようだね。
攻略見ないで、誰を育てるべきかも知らなかったら大変だったろうけど。

ストーリー追いかける方優先していたから根本的にレベルも素材も足りてなかった自分みたいなのもいるんですよ!絆礼装ヘラクレスのおかげで割る石が少なくて済んだが、いなければどうなっていたやら。
石割って一気に進めるだけの価値は十分にあったが……第六章は自分にとって一番好きな章になったよ。

私は最後まで獅子王が実は偽物だとか、誰かに操られていただけとか信じていたんだが……とてもショックだったよ……

私も獅子王に関しては驚いた。あれはネタバレ見てるだけじゃ分からない部分もある。獅子王自身に関してや特異点の扱いとか。

最終戦はもう色んなものが積みあがった上での決選だったね。
ベディヴィエールに最後の一撃を決めさせるために石割っちゃった……

最終戦ゲスト枠のベティわりと強いから、バフ載せたらうまくいくぞ。まぁ自分も令呪は使ってしまったが!

ベディヴィエールには本当に泣いた。我がカルデアに来てくれたのは本当に嬉しい。宝具レベルも上げたいからピックアップ早く開催してくれ。

ニトクリスも良いアホの子ツンデレだし、ラムサス二世もDioのように笑っているだけかと思ったらいい所持っていくからなあ。

ストーリー上のギミックもかなり凝ってたね。ダ・ヴィンチちゃん死亡の時はショップの立ち絵まで切り替わるし、ネタバレ知っていても焦ったよ。

ベディヴィエールの話になるとは聞いていたが、円卓関係のキャラがここまで大量に出てきて、それぞれの関係が明らかになるとは思わなかった。
円卓関係者が複数出て交流も発生するのってFGOが初めてだよな。

円卓のせいで後輩の子が、ツッコミ系になってしまいました……

剣ランスロットは元ネタの円卓の騎士における評価通りの強キャラだったが、それに対抗できたアグラヴェインは予想外だった……奸臣と見せかけて実は忠義の騎士だったとは。第六章の敵側のキャラで一番印象に残っている。是非とも召喚したいが、実装の可能性はほとんど無いのが残念で仕方がない。

第六章は確かに良いストーリーではあったが、モードレッドの扱いは納得できない。キャラがバグり過ぎだ。別にオルタ化したわけでもないのに、単なる戦闘狂キャラになってしまった。
そりゃ極端な解釈をすればという話もあるだろうけど、モードレッドがあんなキャラにされてしまい、しかも獅子王との交流も特に描写されないというのにはガッカリだよ。

私もそう感じた。
モーさんファンの自分にとっては第六章は非常に残念な部分がある。モーさんはあんな性格じゃないだろう。
第六章では最後までフォローもないし、なんだか無力感に襲われているよ……

第六章の円卓の騎士は全員「ギフト」を受けて変化している。
モードレッドは元々暴走気味のキャラだがそこに更に「暴走」のギフトがかかった結果が第六章の状態で、ある種の狂化状態とも言えるからキャラが違うと感じるのも当然。
もっとも、モーさんは第四章でフランと友好的だったのがわりと珍しい状態とも言える。円卓の騎士の中ではたぶん最も扱い難い。
これは助言として言わせてもらうが、萌えが欲しいならこの後のイベントに出る水着モーさんを獲得するべし!

円卓の騎士で一番性格が変わっているのはトリスタンだな。「反転」の祝福だから戦闘の属性も性格も変わっている。この後のハロウィンとかCCCイベントではかなり飛ばしたキャラになるから楽しみにしてろ!

ところでアグラヴェインの実装の望みが無いって本当?
第六章で一番ウチのカルデアに来て欲しいと思うようになったキャラなんだが。

残念ながアグラヴェインは戦闘モデルもないし、日本でも実装は当面無いだろうとされている……

ところで、三蔵はどうだった?
舞台設定的に異物感が不安だったが、終わってみればいい感じに活躍していたように思えたんだが。

とても良かったね!
三蔵の理念は獅子王と反対だったのも面白い所だね。
第六章のおかげでようやく三蔵の良さが分かってファンになれた。

第六章を見て三蔵を我がカルデアにお迎えしたくなったよ!

自分もだ!

三蔵師父が釈迦如来掌で門を破る所は悲しく、そして感動的だった……

三蔵はその大きな慈悲の心で門を打ち破ったのだ。
西に向かうということの意味が特異点と絡んできているのも面白かった。

第六章は登場人物の全てが強い存在感を放っていたね。
ただ中にはちょっと疑問の残る登場人物もいる、例えばホームズがなんであそこで出て来たんだ?

確かにホームズは唐突に感じられたな。
あと俵藤太もなんで出て来たか意味分からなかったわ。

米屋の親父は第六章で一人だけ違和感を放っていたよな……
食糧不足を救う対宴会宝具という意味はあるけど、あのシーンがメインストーリーに強く影響するというわけではなかったし。

村のエピソードを描写する、呪腕やベディヴィエールの描写を深めるという意味はあったけど、俵藤太関係は取ってつけた感があったね。

ホームズはそれまでのソロモン関係の説明のキャラと、第一部終了後の伏線としての顔出しじゃないかと。でも俵藤太に関しては自分もよく分からん。

あれは日本のユーザー向けのサービスだろ。俵藤太が出ないと第六章も日本関連のキャラが全く出ないことになる。
FGOは日本人向けのコンテンツだから、最低限日本的な要素を出して日本人の民族的な情緒に配慮しないといけない。第二章、第三章と日本系サーヴァントが出ていない所からの第四章みたいなもんだ。

そういや第四章も金時と玉藻を最後に唐突に登場させて来たな……
ウチの国の国産ゲームみたいな事情があるってことか。

恐らくそういう事情だろうね。俵藤太関係のエピソードは第六章のエピソードの中でかなり浮いているわけだし。

米屋のあれは単純に余ってしまったパーツだったってことじゃないか?
外伝合わせるとかなり日本系サーヴァントは出ているから本編であえて配慮する必要はないと思うが。この後の第七章でも牛若丸と弁慶が出てそっちはかなり本編に関わる。

なるほど。そういう見方もあるか。
制作やキャラデザ発注の関係上FGOは出すサーヴァントの方が先にあって、そこに合わせたストーリーを作るんだっけか。

あれ、きのこが方針転換した名残という見方もあるぞ。第六章ってきのこが坂本真綾のライブに行って、突然作り直し始めたものだから……
第六章は前日譚として円卓の騎士が偽りの十字軍とリチャード一世を自称する謎のサーヴァントと戦っているんだが、これが無茶苦茶強かったという話がある。俵藤太はこの偽リチャード一世に関わるキャラだったんじゃないかとも言われている。

それにしても、ピックアップの順番なんとかならんのか。
初登場ではなくその後のストーリーで活躍するから、欲しくなった時にはピックアップが過ぎ去っている。第五章の時のテスラ!そして第六章の三蔵!

全くだよ。第六章を終わらせて、絶対に師父をカルデアにお迎えしようという決意でピックアップガチャを改めて見たら、入ってないのだから……しかも調べたらかなり先までピックアップ予定無しだと!?

ピックアップはスケジュールも不具合だらけだよな。
ところでかなり回しているのに俺の所に剣ランスロットが来ないのも不具合で良いんだよな!?



とまぁ、こんな感じで。
これまでのストーリーに比べると随分と好評のようで、プレイ後に熱い思いを吐き出している人なども出ていました。

それから上のやり取りにもありますが、中国では先行する日本版の攻略情報が出回っていることから、戦闘の難しさに関する実感はそれ程でもないらしく、日本で阿鼻叫喚を巻き起こした第六章のガウェインに関しても、そこまでの難敵となってはいない模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国国内版FGO、ついに画像修正が入りお通夜状態に

露出度修正が入った中国版FGO、無修正で水着イベント開催できた模様

Fate関連が続いてしまいますが、以前紹介した件にその後の動きがあったのでそれについてを。

中国版FGOでは8月の中旬に突然、
「政策関連の原因によりキャラクターのイラストに修正が入る」
という事態が起こってしまいました。
中国国内版FGO、ついに画像修正が入りお通夜状態に

その結果、現地では夏イベント及び水着キャラに関して実装の延期どころか開催も危ぶまれていたそうですが、9/30から
「夏だ! 海だ! 開拓だ! FGO 2016 Summer」
が無事実装となったそうです。
中国版FGOのイベント第一部告知ページ(中国語)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGOの夏イベント実装」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ついに来た!俺達の待ち望んでいたものが!!もう秋だが夏イベント開催だ!

一時期はイベント無しも覚悟したからな……連休に遊べるのは本当にうれしい。

一周年の課金オマケ変更の後になったし、国慶節の連休には間に合ったしで結果的には悪くないのかもしれん。

ガチャをまわせ!回転数が全てだ!
私はマルタと水狐が欲しい、清姫もできれば欲しい。

ついに来た。だがいざとなると逆に不安になって来る。
本当に問題無く実装されるのか、実は修正されているのではないか、イベント謎の力によって中止になったりしないのかと。

イベントやれたという時点で評価するわ。
俺の財布とクレカの叫び声が聞こえて来るぜ……

吾が王……ずっとお待ちしておりました。必ず我がカルデアにお迎えいたします……!
ところでガチャに吾が王がいないんだけどどういうこと?槍玉藻しかおらんぞ?

弓アルトリアは次の更新、恐らく7日からの第二次ピックアップの方だぞ!

そう言えば後半の追加か……

あー、そうか。アホ毛弓は次のピックアップでの追加だったか。
ぐああああ、待ち遠しい。

性能的には槍狐の方が強いと
弓アルトリアの方は優秀だが使い所が意外にないというのが現在の評価。

ランサー玉藻!師匠で爆死した俺の心を癒してくれるのはお前だけだ!

玉藻は強さに加えて濡れ透けTシャツという武器もあるからな。俺に特効だ。

自分は清姫を。イベントでは相変わらずのようだ……しかし竜属性持ってると、自分の肉を食べさせたがるのがお約束なのか?

水着キャラの追加は嬉しいんだが……このイベントものすごいめんどくさくないか?
ストーリーは全部見たいが、ドロップアイテム集めるのが苦行だ。
ドロップアイテムが複数ある上に、クラスも混合だから出すキャラも装備する礼装も混乱するし快適なプレイにならん。

最大の問題はいちいち覚えてらんないということだろな。ホントにめんどくせえ。

このイベント、日本でも不評で敵編成は復刻の時に調整入ったからな……今後はこういうイベントが無いのは救いだが、今回は諦めるしかない。

最初に狙うドロップアイテムごとにチーム編成して名前付けとくのが良いぞ。敵クラスのいやらしさはしょうがない。

CCCイベントのミッションとかめんどくさいのは今後もあるぞ。
俺はもう思考停止して後ろに特効礼装とクラスのキャラを配置して前衛で殴り合いをしているわ

課金して礼装手に入れてしまった人の方が混乱しているのはなんなんだ。
それにしても手間とバランスもそうだが、ピックアップも弓アホ毛を後ろに配置するとか本当にいやらしい!!!

自分は弓王待ちだけど、楽するための礼装は欲しいからちょっと回そう。
そう、これは攻略のためなんだ……礼装が出るか適度な所で撤退すればいいだけなんだ……

私は水着ニトクリス待ちだから最初のピックアップは石温存するわ。

え?

水着ニトクリスの実装は「日本での」今年の夏イベだぞ?お前、来年まで待つのか!?

こっちのイベントは2017年に開催する「FGO 2016 Summer」だぞ!告知画像のテキストは「FGO 2017 Summer」に変更されているが中身は日本の2016年版だ。

あ……そうなの……水着イベントを知ってから石ずっと貯めてたんだが……よし、もう回そう!

それにしても、以前はこのままでは秋に水着イベントと実装の遅れをネタにしていたが、本当にそうなっちゃったな……しかも予想外のトラブル付きで。

大丈夫だ!俺の地元、南方だからまだ泳げる季節だぞ。

暦は秋だが広東はまだ水着イベントにぴったりの天気だから問題無い!

北方はもう寒さを感じるようになってきた……英霊にはそんなの関係ないんだろうが、季節外れ感はあるな!

ネタにして笑える状況で済んで良かったよ。イベント開催できただけで十分評価できる。

この間の画像修正の時、師匠の水着とか、絶対ダメだろうと覚悟したからな……告知ページのエロい水着に僕は興奮し、それと同時に感動してしまいましたよ。

とりあえずウチの国を吹き荒れた修正の動きは過ぎ去ったと見ていいのかな。ちょっと前まで色んなゲームが露出度の高さの規制をやってたが。

アズールレーンとか他のゲームの水着スキンや露出度の高いスキンの販売停止とかまだ最近の話だし、油断は出来ないと思う。

みんなストーリーの方はどう?
あまり評判が良くなかったから期待していなかったが、かなり面白い。ストーリー目的で3つのルート制覇するの決定したよ。

日本で評判が微妙だったのは第二部だね。サーヴァントじゃなくてゲストキャラが出張ってくるしネタが狭い。第一部は普通に評価されてるし、心配せず楽しめ!

ピュアな僕にとってはキャラもストーリーも刺激的過ぎて大変です!
あと黒髭氏の件については同じオタクとして同情を禁じ得ません……

今回のイベントのストーリーのおかげでモーさんが好きになってしまった……特に狙っていなかったが、召喚できたことに後から感謝したよ。

自分もこのイベントのモーさんは予想外だった。見る順番がApocryphaのアニメの後で良かったかも。
こっちを先に見ていたらショックを受けていたかもしれん。

モーさんとアルトリアが一緒のイベントに出てやり取りをするのってもしかして珍しい?
自分は初めて見た気がするけど、何かこのイベント以前のストーリーや設定とかある?なんでアルトリアはモードレッドにああいう態度をとるんだ?

そりゃ国を滅ぼした直接の原因がモードレッドだから。単純だが、だからこそモーさんに対する態度が厳しくなる。
モーさんとアルトリアのエピソードって他はエイプリルフールのギャグストーリーくらいじゃないかな。それと真面目なのはApocryphaの回想に今後また出るかもしれない。

モーさんとアルトリアは両方本来のキャラとはズレた存在ということになっているけど、背景はFateの基本的なものとしていいはず。あと恐らくアルトリアはゲーム本編後だから、あれでもまだモーさんに対しては優しい対応だと思われる。
円卓の父子(でいいのか?)のエピソードは良いよね。アルトリアとモーさんも、マシュと穀潰しも。

今回のギャグはどのキャラも活き活きしていて楽しい。マルタと小次郎や、師匠と狗の人とか爆笑中だ!

いやもう、アルトリアが可愛くて可愛くて。久々にアルトリアの食欲ネタが出たのも嬉しい。

そう言えば、今回のイベントのアルトリアを意外に感じている人そこそこいるみたいだね。
モーさんへの対応もそうだし、大食いキャラというのは知っていてもここまでくだけたキャラになるとは思っていなかった人もいるようだ。

水着イベントの弓アルトリアってFate本編後、hollow系の扱いのようだが、この性格とノリの状態って案外知られていなかったのかもね。カニファンともちょっと違うし。

アルトリアのキャラに関してはこれまでが風評被害だったのか、この影響が風評被害になるのか。



とまぁ、こんな感じで。
中国ではやはり弓アルトリア狙いの人が多いようでした。あと各サーヴァントの水着状態の呼称に関してはまだ固まっていないようです。

それから先日の画像修正の件に関しては中国の規制にありがちなハッキリしないまま過ぎていきそうな気配だという話も聞こえてきます。
上のやり取りにもありますが、現在の中国のソーシャルゲーム界隈で露出度の高いキャラの自粛の流れが止まったわけではないようですし、これでもう大丈夫という判断はなかなかできないとかなんとか。
中国でコンテンツやサービスを展開する際には、この手の問題は常に付きまとうのでしょうね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんでFGOは高難度イベントで炎上しないの?ウチの国のソシャゲは高難度で爆発炎上しているのに」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいたので今回はそれについてを。

最近は中国産のソーシャルゲームの日本展開も増えていますし、イロイロな作品が目に付くかと思います。
ただ中国産のソーシャルゲームの中には中国で大炎上を起こしたことがあるのも少なくないそうで、特に最近の中国のオタク向けを意識しているソーシャルゲームでは、
「イベントが普通にやるには難し過ぎる」
ということによる炎上が珍しくないのだとか。

中国のソッチ系のサイトではその辺りのソシャゲ炎上について
「なぜFGOは高難度イベントで炎上しないのか?」
といったことなどの話題に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんでFGOは高難度イベントで炎上しないの?ウチの国のソシャゲは高難度で爆発炎上しているのに……

確かに高難度イベントの反応が全然違うのは気になる。
考えてみれ中国版FGOも炎上はしたけど、大体はイベントの日程や強制中文化とかの修正、bilibili関係のNTR煽りとかでゲームの難しさについてではないんだよな。

FGOも監獄塔、羅生門と高難度イベントが続いたけど、普通に攻略関係の話題になってたからな。なんでだろ。

あれは攻略情報集めて突撃するのが普通に楽しかった。日頃のポチポチ周回の中のちょっとした刺激という感じで。

崩壊学園3とかアズールレーンのイベントとかヒドイことになったのに、FGOのイベントでは普通に攻略関係の話題が続いていったのはいったい……

イベントの報酬の違いもあるだろ。FGOは呼符だけだから、やってもやらなくても良い。

私もそう思う。高難度イベント部分の報酬や、必須度の違いだろう。
FGOは高難度ではない普通の難度のイベントの所で礼装やキャラがもらえる。
ウチの国のソシャゲとか、イベントがどんどん難しくなってどうにもならん。重課金でもなければついていけんよ。

ウチの国のユーザーって時間かけるのには抵抗無いから、そっちでの難度調整や内容の増加が難しいんだよね……すぐに「やることが無い」という文句が出る。

FGOは本当に最高クラスの難度の所は任意の挑戦で呼符一枚、実質石3個が報酬で更に複数ステージの中の一つだったりするからな。
ユーザーが強制される高難度イベントで考えるなら艦これじゃないか?今年の夏イベは最終ステージの難度がヒドイことになっていたはずだが。

艦これの夏イベは難度を下げれば主要な報酬は普通に確保できた。
あと最終ステージのボスラッシュは見えている地雷原だから精神的にそこまで危険ではない。
輸送マップとか手間がかかるので難度よりもプレイ時間や輸送成功率と輸送量の見極めに失敗すると厳しかった。

艦これで酷かったのは2016年春のイベントだな。新システムのバグや難度調整ミスに設定ミスと運営の不手際が目立ってかなり炎上したし、抗議活動も多かった。
今年の夏イベントは大型という予告が事前にあって開催期間も長かったから、不満は出てもこっちでちょくちょく起こっている大炎上というレベルではなかったかな。

こっちで高難度イベントの批判している連中はヘタクソなだけだ。炎上したゲームも俺は微課金で普通にどのステージも楽に周回できていた。
最初はそれほど腕前に差は出ないだろうけど、ゲームのサービスが続くにつれて腕前の差が出るのは当たり前だしそれをグチグチ批判するのはアホだろ。

文句言っているヤツにはそういうゲームだからとしか言えないよな。
ゲーム性のある作品なんだから課金しようがクリアできないのは当然だろ?
それにみんなどんどん上手くなるんだから難しいステージを出すのも当然だ。

ヘタクソが炎上させるのは本当に困ったもんだよ。あいつらが批判して炎上させてるのはそんなに課金しないでも良いゲームもあるんだが。

強キャラやゲームに有利になるからと釣って課金させているのに課金しなければクリアできないどころか課金してもクリアできないってのは問題だろ。
難度も制限もどんどん上がって一部しかクリアできない状態、課金の意味が無くなったり更なる課金を強いられるから炎上する。

そこだよな……ゲームとしての作りこみに関してFGOより上なのは明らかなのに、バランスと財布の狙い方が……

難度調整がもう少し上手くできていればね。
考えて工夫してクリアできるようにするとかじゃなくて、制限をしてユーザーに不便を強いることで難しくしている。キャラとか装備とか、あとは時限クエにするとかで。
これぞ課金連環の計!

しかもこっちが攻略法として育てた強キャラ強パターンをメタ的に潰す!
キャラ獲得と育成強化要素が課金に直結しているのにそれをイベントで無意味なものにされちゃね……

日本版FGOの最近のネロ祭もBBやマーリン、ジャンヌいないとダメなんじゃなかったっけ?あれも実質的に制限系高難度クエストだろ。

確かにキングハサンはBBやジャンヌとかがいないと難し過ぎるとされたけど、他の高難度はどうとでもなったからな。
あとネロ祭の主な目的というか報酬は花びら集めてBOX開けて素材を大量に確保することだったから、呼符一枚の報酬に時間かけるくらいなら周回した方が良いという判断の人も多かった。

FGOは高難度イベントに対してぐだ子が良いこと言ってる。
「そんなややこしいゲームおいとけ、それよりはやくベッドにいこう」
とね!まぁあの漫画のネタからして、日本のFGOプレイヤーも別に高難度を歓迎しているわけではないんだろう。

キングハサンのステージは日本でも評判良くない。不便さをプレイヤーに強制する形だったから。あと1.5部から実装の体力ゲージのブレイクシステムも不評。
ただこっちの難度はもっと極端というか単純に数字でプレイヤーを圧倒したり、各種制限で不便にさせる。
アクション性の高いゲームであっても、実際のメインはRPGで育成ゲーム。それなのにキャラを自由に使えないとか遊んでてストレスがたまる。そりゃ炎上するし人減るよ。

FGOの高難度はウチの国のユーザーにとっては高難度のうちに入らん。
ウチの国のゲーマーは時間だけは余ってるし、やり込むヤツ多いからゲームがすぐに消費されちゃうんだよ……

FGOの高難度イベントが大炎上しないように見える件だが、中国版については事前に情報が出ていてみんな「千里眼」状態だってのもあるだろうね。
イベント始まる前から攻略情報が出回る。ただネタバレも出回るからストーリーの驚きも薄くなるのが困りもの。

こっちでは問題無かったが、日本ではFGOの羅生門の第一回が炎上したんじゃなかったっけ?

いや、そこまでではない。本格的に燃えたのはその後の三蔵イベントで、課金礼装がイベント前半でしか使えないという情報を後出ししたということで炎上した。
ただ実際は課金礼装の有無はそこまで影響しないバランスだったし、羅生門から溜まっていたストレスが課金礼装の件を機に爆発したという見方もある。

でもウチの国の最近の二次元系ゲームって課金に関してはそこまででも無いはずだろ。課金に関してはFGOの方がヒドイのに、なぜあっちは大炎上しないのか。
こっちは連続ガチャの最低保証とかどのゲームも完備しているから心理的に楽なはずだ。日本でやってるマーリンピックアップの惨状を見ると恐ろしくなる。

課金の良心度は高くしているつもりなのかもしれんが、課金の「体感」は違うぞ。
最低保証で保障されるのはレア度であって、ゲーム内での実際の価値ではない。使えるキャラ欲しいキャラでないと意味が無い。特に高難度イベントをクリアしないといけないような状況ではね。

こっちのゲームってキャラ追加で既存のキャラが淘汰されちゃうから……昔から存在する話ではあるけど、育成要素も加わるとダメージがでかい。
金に加えて時間も無駄になったわけだ。金がかかるのは構わんが、価値が保証されないのは本当に萎える。

日本でも課金関係の愚痴は多いし、ユーザー間の空気も場合によってはウチの国より悪いように思えるんだが、致命的な炎上につながることって少ないように感じる。
FGOの三蔵イベの時の炎上もそこまででは無かったし、運営への攻撃もそこまで苛烈では無い。

日本だと抗議の手段が少ないんじゃないか?
こっちは通報したら実際に取締りが入っちゃうからユーザーの自爆テロ的な抗議に対応せざるを得ないが、日本では課金ユーザーさえ確保しておけば他の無課金微課金はニラのようなもんで消えてもそのうちまた生えてくるというやり方が可能なのでは?

ウチの国だと金払ったら権利を主張するし攻撃的になるからね。良くも悪くもサービスを要求するお客様になる。これは同人関連でより鮮明なんだが……

最近のこっちのソシャゲって段々と操作がめんどくさくなってくる。それに対してFGOやグラブルはポチポチで良い。
かかる時間と手間も炎上の規模につながるのでは。

ウチの国で最近出ている二次元系のソシャゲってアクションというかシューティングというか、少なくともきっちり操作をしないといけないゲームだからね。
ポチポチやるのとは違うし、周回の労働強度も違う。

萌えの皮をかぶったゲーマー向け的な作品というか、作り手が結局はゲームにおけるアクション要素を入れたがるというか……そして結局ゲーマー向けに傾いて、ゲームの難度が上がるんだよね。
でも二次元寄りの層からの不満が出るし、宣伝するターゲットの関係上勢力が大きいのも二次元寄りの層だ。

ウチの国のスマホゲーって日本での家庭用ゲームの部分もカバーしているような見方もできる。所々でゲームのバランスや運営のやり方で矛盾が出てしまうのではないだろうか?

同意。最近炎上したゲームの中には家庭用ゲーム機やPCゲームだったら何の問題も無かっただろう作品もある。
スマホゲーは元々カジュアルゲーマーの多い所だし、ハードの関係上ゲーム性と操作性が仇になったりもする。スマホで崩壊3とかアズールレーンやるの疲れるんだよね……

ハードの限界みたいな話は分かるわ。自分も音ゲーで何作か、手持ちのスマホと相性悪くて遊ぶのやめてしまったのがある。

こっちの二次元系ソシャゲの比較対象として妥当な日本のソシャゲって、FGOじゃなくてパズドラじゃないかな?
あれはそれなりの操作が必要だし、キャラの淘汰や、高難度強制とか高難度という名のユーザーの選択肢制限とかもある。その辺りのペースが上がってきてからパズドラの人気は落ちているし、日本人がそういうのに反発しないわけじゃないと思う。

こっちで最近炎上した件については、小さい問題が頻発していてそれを無視していた所に大きめの火種が導火線となって爆発したケースが多いように思う。ようは長期的な不満と不信の蓄積の結果だ。
上のレスで出ている日本のFGOの三蔵イベントの爆発と似たような性質があるようにも思う。もっとも、こっちの問題の蓄積の方向性は日本のFGOとは少々違うのも確かだ。

あー……確かに最近の崩壊3もアズールレーンもその前の炎上が鎮火しきっていない所にまた炎上したような所はあったかも。
FGOは日本では三蔵イベントの後にきのこ作の第六章が実装されて評価が急上昇したし、面白いコンテンツを追加していければカバーできなくもないってことなのかね。

確かに面白いコンテンツが追加されればみんな不満は無い。だがそれを簡単に狙ってやれるわけではない!



とまぁ、こんな感じで。
どこの国でもゲームバランスと課金の問題は難しいようです。
ただFGOに関しては日本におけるストーリー関係の炎上やユーザーのギスギス具合的なものはあまり知られていないそうなので、他所のゲームや運営は良く見える的な所があるような気もしてしまいますね。

それにしても上のやり取りにもありますが、中国でFGOの高難度イベントに対する反発が少ないのは、攻略情報が事前に出回っていることによる影響もあるかと思われます。

そこから考えると、現在日本でサービス展開されている中国産のソーシャルゲームも、事前に出回る攻略情報で高難度イベントに対する反発が少なくなったりするのでしょうかね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「Fateでは諸葛孔明なのか諸葛亮なのか」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたのと、FGOの1000万DL記念の好きな星4サーヴァント配布の情報が嬉しかったので今回は微妙にFateなネタで。

アメリカ版のFGOでは100万DL記念の中で諸葛孔明のピックアップが行われたそうです。


この英語版のピックアップの情報が中国オタク界隈にも伝わっているそうですが、そこで
「英語版での名前が諸葛孔明ではなく、諸葛亮(Zhuge Liang)になっている」
というのが注目され、ちょっとした話題になっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fateなどの日本の作品に出てくる三国志武将の名前の表記」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アメリカ版で孔明ピックアップの告知が出たらしいんだが、そこで諸葛孔明の英語表記が「Zhuge Liang」、つまり「諸葛亮」になっていた。
今更ながら疑問に思ったんだが、Fateでは諸葛孔明なのか諸葛亮なのか、どっちが正式な表記なんだ?

翻訳の結果だろうけど、こういうのって混乱するよね

なるほど。これは確かに少々不思議な翻訳だ。
日本のオリジナル表記では「諸葛孔明」だよな。
ウチの国の中文版でも諸葛孔明だったし、てっきり諸葛孔明がFateの公式だと思っていたが。

日本人の三国志武将名の表記が一定しないのはツッコミネタとして有名だが、これは新しい矛盾というヤツか?
アメリカ版で諸葛亮にしたのは手抜きなのか明確な意図がある翻訳なのか。

いわゆる「名前の現地化」じゃないだろうか?
アニメの吹き替え版にもよくあるが、オリジナルそのままよりも現地で分かり易い形にするというヤツだ。
例えば「ポケモン」ではサトシがAsh、カスミがMistyになっていたりするが、それと比べれば諸葛孔明と諸葛亮はまだマシな方にも思える。

ソシャゲも商売だから客に合わせないといけないからね。
アメリカではFateの知名度が低いから尚更だ。英語圏では諸葛亮で覚えている人が多いし、日本のゲームだとコーエー系作品の影響もあるだろうから諸葛亮にしたんじゃないかと。

英語圏の翻訳って日本語の原文を維持することにそこまでこだわらない、英語圏の一般的な表記に合わせる傾向が強いように思う。
この翻訳もその流れの結果じゃないだろうか。

中日の翻訳だと漢字をそのまま使えるから、あえて原文表記を崩す必要が無いことも多いしね。
英語にする場合、日本語のオリジナル表記に合わせ過ぎると新規の人には厳しくなりそうだ。そういうことなら諸葛亮への翻訳改変も理解できるかな。

ようはあれか、アメリカ人は諸葛孔明だとピンと来ないから課金してくれないという考えか!

私も諸葛亮の方が慣れているというか、ウチの国でも基本的には諸葛亮で覚えていると思う。ただウチの国では字の孔明も普通に諸葛亮関係の知識として備えている。

字で呼ぶのは尊称的な意味もあるからね。
あの時代は名で呼ぶのは失礼になる。

そうそう。だからアメリカ版の諸葛亮呼びは、サーヴァント本人(メインの人格はウェイバーだが)に対してと考えるとかなり失礼とも考えられるんだが。
直接の会話なら孔明と呼ぶ方が良さそう。

直接「諸葛亮」と呼んだら、罵倒みたいにとられるんだっけか。

しかし字の扱いは日本の作品だと混乱している……諸葛孔明はまだいいが、諸葛亮孔明だと引っかかる。

他の作品ではどうだったっけか?
「一騎当千」が全部姓名字のスタイルなのは覚えている。

日本の二次元作品においては諸葛孔明呼びが多い印象だ。
日本ではこの呼び方がメジャーなのか、それともこの呼び方が好まれるのか。

確か近年の作品では「監獄学園」が諸葛孔明と呼んでいたはず。
ただうろ覚えだが同じ作品内で関羽雲長と呂布奉先と呼んだりしていたはずだから、日本人の基準はホントによく分からん。

日本の作品って劉備玄徳とか関羽雲長、諸葛亮孔明、趙雲子龍とかの呼び方が多かったような……ちょっと作品が思い出せないが、日本の作品で三国志ネタが出るとこの呼び方になるので引っかかった記憶がある。

趙子龍のように姓と字だったらまだ違和感は無いんだが、たまに趙雲子龍みたいに姓名字の出てくるとツッコミを入れたくなるわ。

しかしだがその辺は時代ごとに使い方が変わっているし近代だとハッキリしなくなる。
とりあえず名呼び、諸葛亮の場合は亮で呼ぶことは無いはず。謙遜的に亮と自称することはあってもね。孔明先生とは呼んでも、亮先生とは呼ばない。

耳慣れない人もいるかもしれんが、とりあえず諸葛孔明だと尊称的な意味合いも出るから間違いではないよ。

翻訳と言えば、あとは文字の長さの問題も考えられるか。
英語表記だといよいよ長くなるし、読み方も初見では分からないだろうし。

諸葛亮はまだいいんだよ
Fateのツッコミ所は呂布だ。「呂布奉先」になっているし明らかにおかしいだろ。

あそこはツッコミ所だよね。
日本人の好みなのか習慣なのか。

以前聞いた話では、日本語の場合は呂布奉先とか関羽雲長といった表記にした方が、日本人の感覚にある名前のリズムとして違和感が少ないのだとか。

その名前だと戦国武将とかと並べても長さや日本語の発音的に違和感が少なくなるってことなのかね。
もしや、諸葛孔明は二文字の復姓だから諸葛亮孔明呼びを免れることができたのか?

中国人の名前だと、日本人の姓と同じ長さだから短すぎて重さが無いと感じることがあると聞いた覚えがあるな。
これはあれか、中二病感が足りないということか!?

日本の作品に多い姓名字の呼び方に関しては田中芳樹が間違っているとツッコミ入れまくっていたはず。
ただ田中芳樹先生には悪いんだが実は諸葛亮孔明的な書き方が完全に間違いというわけではないというか……

一応その姓名字の表記も無いわけでは無いんだよな。
曹丕の典論論文では今の文人に関してその表記になっている。

それはよく出る話かも。
「今之文人、魯国孔融文挙、広陵陳琳孔璋、山陽王粲仲宣、北海徐幹偉長、陳留阮瑀元瑜、汝南応瑒徳院東平劉聾幹」
となっている部分。ただどの程度使われていたのか、口語ではどうだったのかという疑問も残るが。

文章では基本的に姓名の方を使ったはずだけど、姓名字が完全に間違いと断言できるかと言うと迷うね。
とりあえず二次元の作品でよくあるキャラ同士の呼び合いで、諸葛亮孔明や関羽雲長とかやるのがツッコミ所なのは間違いないと思うけど。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈における字に関する認識のようなものも出ていました。

現代の中国では字は使われていませんが、現在の中国オタクな人達の場合、有名な三国志武将の字については普通の知識として備えられているような所もあるそうで、日本の作品における三国志武将の呼び方の不揃いさに関しては引っ掛かりを覚える人も少なくない模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

それにしても、FGOの星4のサーヴァントは誰をもらうか悩みますね。
管理人が現在未所持で欲しい所を考えると李書文、剣ランスロット、トリスタン、術ギルといった辺りでしょうか。
当ブログのネタ的には李書文なのでしょうけど、狙って爆死した術ギル、それから散々狙ったのになぜかガウェインばかりが来る円卓勢という個人的な事情もあるので非常に迷う所です。李書文もわりと好きなキャラではありますし……

中国オタク「あんな正しい令呪の使い方はこれまでFateには無かった。教科書に載せたいようなマスター、カウレス」

ありがたいことに
「Fate/Apocryphaのその後の反応はどうでしょうか?序盤の炎上気味な空気もかなり収まってきているように感じられますが」
という質問やイロイロとネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

アニメ版は序盤の駆け足気味な展開や原作からの追加変更により、新規の人だけでなく中国のFateファンも混乱して炎上気味な空気になってしまった
「Fate/Apocrypha」

ですが、キャラが出揃い戦闘シーンが盛り上がるようになってからは炎上気味な空気も落ち着き、Fateファンによるイロイロな話題が飛び交うようになってきています。
またキャラクターに関してもイロイロと好みがハッキリしてきているようで、最近ではカウレスと中国オタク界隈では「肯娘」のあだ名で呼ばれているフランケンシュタインの人気が高まっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「聖杯戦争のマスターとして正しいカウレスの行動」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(Apocryphaや他の作品に関するネタバレも含まれていますので、一応お気を付けください)



カウレスとフランケンシュタイン組が退場となってしまったが、カウレスって実は聖杯戦争では珍しい優秀なマスターだったんじゃないだろうか?
少なくともカウレスは最も有効に令呪を使ったマスターだと思う。

彼は有能だよね。
あんな正しい令呪の使い方はこれまでFateには無かった。教科書に載せたいようなマスター、カウレス。

令呪を戦況に合わせて正しく運用するマスターってほんとこれまでいなかったように思う。

ピンチになったから呼ぶ、自殺させる、あとはサーヴァントが余計なことをしないようにと行動阻害とかか。

令呪の正しい使い方ってランサーを自害させるものだと思っていたよ!

これまで出た令呪の使用って、能力アップ系も演出的なのが多くて、戦いを有利にするためのバフって感じでは無いのが多かったよね。

基本的にサーヴァントが余計なことをしないように、言うことをきかせるためのものだから行動阻害も間違った使い方ではないんだがな。
でも作品内で戦況を読んでサーヴァントの援護として令呪が使われるのは珍しい。カウレスがとても有能なキャラに見える。

カウレスはマスターとしての能力は低いが、キャラとしては有能に見えるのが面白い。

あと獅子劫も令呪の使い方は悪くない。
実はApocryphaは成功例でも失敗例でも、令呪が戦局を動かすために使われることが多い作品だと思う。

よし、俺も正しい使い方を心がけよう。
令呪を以て命ずる、宝具を使えアーチャー!流星一条だ!

第六章を遊ぶとその大英雄ぶりにステラを気軽な気持ちでネタにできなくなるぞ。周回で気軽には使うが!
黒の陣営は戦略も選択も大体間違っていないんだけど、敵のサーヴァントも強過ぎるからなあ……

そもそも黒はサーヴァントもマスターも劣っているからね。
裏切り者が続出するしヴラドがどれだけ頑張っても厳しい。
黒の陣営のライダーバーサーカーアサシンはもうちょっと強いのにできなかったのか。

マスターもなあ……セレニケとかヘンタイなだけでホント何の役にも立ってない。Fateで最も役立たずなマスターという評判が理解できた。
カウレスはアストルフォを助けるために令呪を使ったような所もあるくらいなのに。

裏切り具合なら実は赤の陣営の方がスゴイことになっているという見方も……
あとサーヴァントとマスターの質に関しては地方領主と時計塔の差だからしょうがない。黒は防御側で地形効果をどう活かすかという戦略にならざるを得ない。

黒の側の失敗は、行動を縛る方にきちんと令呪使わなかったというのもあるだろう。
ゴルドのやらかしで霞んでいるけど、令呪は本来自分より強くて従わせるのが難しい英霊に対する命令権、安全装置だから。
実はカウレスのように戦闘面に令呪を全振りできるのは珍しいとも言える。これは別にカウレスの令呪使用の適確さを否定するわけではないよ。

モードレッドってサーヴァントの中ではそんなに強くないんだが、弱いサーヴァントだと正しい戦術を選んでも勝てないレベルではある。
関係が安定するサーヴァントであれば良いわけでは無い。やはり聖杯戦争は難しい。

カウレスとフラン、モードレッドと獅子劫を見ていると忘れそうになるが本来は言うこと聞くとは限らない上に利害が衝突したらマスター殺害に動く危険性すらあるのがサーヴァントだからね。
円卓の騎士の連中が強いとされているのは一定以上の能力が保証されているのに加えてマスターとの関係の安定が保証されているというのもあるだろう。

でもアニメの描写見るとモードレッド普通に強いような……しかも円卓にはこれより上のが何人もいるというか、FGO実装済みの円卓最弱がモードレッドの可能性もある。単純に冬木の第四次第五次がおかしいということか。

FGOのようなサーヴァントとの関係って例外だから。あっちは人理を守るためということでどの英霊も協力してくれる。
普通の……いや何が普通かは何とも言えないが、聖杯戦争だと絆Pを稼ぐ以前の関係になることすらある。

最初は黒を敵側のイメージで見ていたが、最近は逆になって来たような。

自分もそんな感じだ。
当初はモードレッド中心で見て、赤がメインだと捉えている人が多かったように思うが、ここ最近は黒寄りが増えてきているように感じる。

しかし、唯一のマトモなマスターが敗退してこの後はどうなるんだ!?

別に死んでないからこの後も普通に物語に参加するぞ。ゴルドとかも。
それにしてもカウレスは珍しいくらいちゃんとしたマスターだ。
ヘンタイでは無く自殺行為もしない、それに加えて堅実な思考をするとかFateでは本当に珍しい正常なマスター。逆に正常過ぎて異常に見えるくらい。

サーヴァントも弱い英霊を強化するためにバーサーカーのクラスにするという、本来のクラス用途に沿ったFateでは異常な存在だぞ!

カウレスはパートナー枠ではFateシリーズで一番好きなキャラかも。
見ていて普通に感情移入できる良いキャラだよね。サーヴァントも良いし、とても良いコンビだったのに……

このコンビは今の所嫌う人間がかなり少ない印象だ。
他は評価が人それぞれでファンもアンチも入り乱れているが。

もうカウレスが主人公でいいんじゃないか。

ジークと比べると引っ掛かったりイラついたりしないキャラだし、最近はカウレスを主人公的な認識で見ていた気がする。

カウレスは主人公補正による戦闘結果の水増しや人間関係補正を一身に受けるジークよりも好感を抱ける存在だ。キャラデザも悪くないし、ストーリー上で築かれるサーヴァントの関係の自然さも良かった。

ストーリー展開的にしょうがない所はあるが、ジークはアンチが量産されているというか、弾幕コメントでは叩きが凄いことになっているよな……

正直言って、モードレッドがジーク殺したところで喝采をあげているコメが乱れ飛んでたのにはちょっと引いた。

ジーク自身はそこまで叩かれるようなやらかしは無いんだが、今の空気だとどうしても叩かれるね。その場の空気のノリで叩くのも多いし。
まぁ今の所足を引っ張っている、余計な引っ掻き回しをやっているだけだからイラつく人が出るのはしょうがないが。

そもそもモードレッドはアニメ版だとかなり萌え描写が入っているからな。FGOから入った人も多いし、好感度かなり高い。
原作小説版のモードレッドはこの間実装されたばかりの六章の描写の方が近い所もあるのでは。。

ジークはこれまでのストーリーにおける扱いがFateに求める中二病要素とかみ合ってないから嫌う人とかウザイと感じる人が多くなっているのかもね。
カウレスも設定的には他のラノベ系作品の主人公になれそうな所はあるんだが、これはFateだからねえ。

カウレスも実は中二病向けの主人公要素を備えている。
思考は視聴者と同じ方向の現代的なもので、作中では現実的な選択肢を取れるし、覚悟をすれば姉だって殺せる上に引きずらないタイプ。
更にカトゥーンとかの二次元系趣味でPCとかの現代技術使いと。

問題は主人公補正くらいかも。
Fateだと能力差を覆すのは主人公補正が無いと無理。能力と相性の差は動かしようがない。
ただ勝てないけど無様な扱いでは無いのが救いか。

カウレスはFate/Zeroのウェイバー枠だろうね。

主人公じゃないのが惜しいという意見には私も同意する。
だが主人公だったらここまで的確な行動を取れたかという疑問が出てくる。
主人公補正は活躍の約束と同時に行動を縛るものだからな!

魔術師の中では普通の人間で思考も正常で、現代技術も使うってのもウェイバーと重なる。
あと、将来エルメロイ鏡い龍擬爾貌るというのは安心できる材料だな。

そうそう。それって結構な妄想材料になるよね
事件簿にも出ているし、Apocryphaでも人質として時計塔に行くから、そこでエルメロイ鏡い箸隆愀犬出るのだろうと妄想してしまう。

カウレスはヘンタイでもなければ自殺行為も行わい、堅実な思考で動く、ともて貴重な、正しいマスターだ。
だが型月の主人公としては正しくない。命を大事にせず、身体欠損レベルの大ダメージを受けたりしなければ主人公にはなれない……



とまぁ、こんな感じで。
キャラクターに関する好みや、Fate的な方面からの考察などが飛び交っている模様です。

ちなみに「Fate/Apocrypha」の主人公であるジークに関して、現在中国オタク界隈での人気はお世辞にも高くないというか、アンチ的な人がかなり優勢なようです。
ただ一時期は中国オタク界隈における屈指の嫌われキャラとなり、「土狼」などの蔑称とともに悪い方向で有名なキャラとなっていた衛宮士郎と比べると随分とマシな扱いに思えたりも。

衛宮士郎が嫌われていた時期(大雑把に言うとディーン版アニメの放映からUBWのアニメ放映までの間)は「正義の味方気取りの無能な熱血バカ」という扱いで肯定的な評価はかなり珍しかったのですが、ジークに関しては否定や嘲笑優勢ではあるものの、それなりに反論や擁護の意見が出たり、自分の見方や解釈を打ち出してくる人なども出ています。
この辺りの反応に関しては中国のFateファンの変化をかなり感じました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「衛宮士郎のアンチがいつの間にか減った気がする」

中国オタク「最初から嫌われる主人公や敵ではないメインキャラってどんなのがいたっけ?」

なぜFateの中華系サーヴァントはこれまで問題にならなかったか 

中国国内版FGOはついに第六章が実装されたようですが、インターフェースの完全中国語化やバグ祭りになって炎上中だそうです。少し前の規制への同情からまた運営叩きな空気になっているとかなんとか。

それから質問をいただいている第六章の難敵ガウェイン(中国語表記は「高文」)についてですが、現時点の反応を見る限り、難しいとはされているもののそこまで厳しい敵だとは認識されていないようです。
これについては中国では第六章実装前に規制対応のために実質1週間の育成期間が入った上に、日本版での攻略情報が出回っていたので十分な対策を練っていたユーザーも多かったからでは……という話も。
そう言えば羅生門イベントでも日本実装時と比べて難度への反発は少なかったような。


それはそうと前回の
Fateと中国の相性の悪さ 中華系サーヴァントを今のFateに出すと炎上する理由
の続きになります。

炎上続きな最近はともかくFateに出ていた中華系サーヴァントはこれまであまり問題になっていなかったわけですが、その辺りの事情に関するイイカゲンな解釈を紹介させていただきます。

これまでの主なFateの中華系サーヴァント(候補も)とそれに対する中国の反応は以下のような感じでしょうか。

・李書文:日本と違って中国では知名度が低い。李書文は武侠枠ではないので超人のイメージも無く、武術ネタは中国のオタク層にとっては遠いものだった

・呂布:三国志枠ではあるものの、中国では呂布の扱いが日本と比べると軽く人気もそれ程では無いことからそれほど話題にはならなかった

・荊軻:女性化ではあるが、始皇帝の解釈と関係しなければそこまで問題にならなかった。もっとも最近の中国の「王者栄耀」叩きの苛烈さを見ると、若い世代以外には受け入れられないレベルな模様

・諸葛孔明:Zeroの人気キャラであるウェイバーとの合体キャラである上にゲーム内最強クラスの性能なのもあってか、ツッコミ所はあれど不満爆発という程ではない

・三蔵:女性化は日本の他の作品でも行われているのでFateからの話ではない。また西遊記は中国でも比較的翻案が活発な、「比較的自由度の高い」古典といった事情もあってか、不満は出ているものの炎上したわけではない

・哪吒:顔見せだけなので現時点では不明

・燕青:実装後の日本での話題が少なかったのもあってか、中国の方でもあまり話題にならずに存在感が薄れていくことに。キャラはあまり知られていないものの、キャラクターデザインは「イメージ通り」と評判は非常に良好

・始皇帝:地雷を踏み抜いて中国オタク史に残るレベルの大爆発炎上に。現在もその影響は続いている

・武則天:歴史枠での知名度の高さに加えて始皇帝からの延焼もあっての炎上に。ただ実装後は中国における扱いの相対的な軽さからやや鎮静化?



ここ1年程に関しては地雷を踏み抜いたケースが目に付きますが、実はそれ以前に関してはかなり上手く問題を回避していたようにも感じられます。
特に興味深いのが、
「比較的長い間Fateにおける中華系サーヴァントで目に付く、代表的な扱いになっていたのが李書文」
という点でしょうか。これは結果的に非常に上手いやり方になったようにも思えます。

前の記事にも書いた通り、現在の中国で歴史文化枠に入る中国の歴史上の有名な人物、伝説上の存在に関しては現在の中国社会における政治的、社会的な扱いや評価がガッチリと固まっています。

そんな訳で中華系サーヴァントに関しては
「現在の中国でマイナーな、中国でもイメージや『正しい歴史的な評価』が確定していない存在を持ってくる」
のが数少ない「中華系サーヴァントを出す安全なやり方」なのではないかと思われます

そして以前の記事でも書いた通り李書文に関しては当時の中国オタクにとっても
「誰だそれ」
というレベルだったそうですし、武術関係の描写や解釈メインでやっていく場合であればかなり自由な解釈が可能だと思われます。
中国オタク「Fateの李書文って強いの?」
それに加えてこれまで中華系のサーヴァントは「中国で注目されるアニメ媒体の作品で」メインになることはありませんでした。
(PSPのextraをきっちりとやり込んで理解するような人は少数派でした)

そして中国の一般寄りの所にも広まっているFGOも序盤のメインストーリーに出た荊軻と呂布は扱い的にそこまで目立たず、メインストーリーで存在感のある活躍をする、他のサーヴァントとのハッキリとした戦闘や強さの比較が発生した最初の中華系のサーヴァントが中国ではかなりマイナーな李書文だったわけで……

以上のような流れを振り返ってみると、実の所Fateの中華系サーヴァントはこれまでかなり上手く地雷を避けていたようにも見えますね。

現在の中国におけるFateの人気や話題性の高さは、ネット上などで簡単に情報が拡散して火種になり易い状況とも言えます。ネットで知識の補充や、炎上の燃料補給、悪意のある見方の拡散も容易になっているわけですから。

それに加えて政治的な解釈や社会的な許容のラインも常に変化しているので、現在中国で流通している他の「Fateより注目されていない作品」や、過去に中国で広まり人気になった歴史ネタのある作品が判断基準として使えないのがなんともかんとも。


これまでFateの中華系サーヴァントが炎上しなかったことに関しては、取り上げたキャラがマイナーだったことに加えてファン以外からはあまり注目されていなかった、見逃されていたといったような所もありますが、現在の人気や作品展開ではもうそのようなことは期待できません。

そんな中で中国の感覚による反発を招き易い
「Fate的な自己流の解釈の中華系サーヴァント」
を出すというのはどうにも厳しいものがあります。


それにしても、中国でFateが大人気になり、更に中国にFateが正規に進出したことにより、中華系サーヴァントを中国で受け入れられるように出すのが非常に難しくなってしまったということに関してはイロイロと皮肉なものを感じてしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

Fateと中国の相性の悪さ 中華系サーヴァントを今のFateに出すと炎上する理由

今回は夏休みの間にちょっとまとめてみたネタを。

「Fate」は中国での人気も高く、現在の中国オタク界隈では日本のオタク系コンテンツの看板的な扱いにもなっています。
また昨年サービスが開始されたFGOの中国国内版サービスによって、更に広い層のファンを獲得しており、現在中国で最も勢いのある日本系のコンテンツと言っても過言ではないかと思われます。

ですが人気や注目度の高まりと共に内容に関する炎上も頻発するようになり、ここしばらくの間でも
中国オタク「始皇帝を怪物にするなど許されることではない」「始皇帝がアーサー王ごときに匹敵だと?ふざけるな!!」
中国オタク的FGO新サーヴァント真名当て事情 予想と共に反発も
といったことが発生しており、最近はゴタゴタの起こり易い、特に中華系のサーヴァントに関しては非常に扱いが難しいといった印象も出てきています。

それらの炎上と直接関係のある話ではありませんが、先日電ファミニコゲーマーに掲載された対談記事で、現在の中国におけるFateの炎上に関する問題の理由となりそうな話が出ていましたので、ちょっとその辺りに関してイイカゲンな話を……
(対談自体は中国とか全く関係無く、とても面白いので是非!)
【寺田P×奈須きのこ:対談】庵野「シャアをエヴァに乗せて」→スパロボPはなぜ断ったのか! Pが語る原作とゲームの狭間の葛藤。そしてFGOがスパロボから継承したもの

この対談で出た以下の発言

奈須氏:そこは先ほど言った、拡大解釈の楽しさですね。たとえば元になった神話では、「クー・フーリンはゲイ・ボルグという槍を持っている。この槍は必ず敵の心臓に刺さって、破裂させたと言われている」みたいな、たった2行しかないんですよ。ということは逆に言えば、この2行を守ってさえいれば自己流の解釈もアリなのでは、と。
だから近代の偉人をサーヴァント化するのには、ずっと反対だったんです。なぜかというと、キチンと歴史が残っているから。『FGO』では英霊の人数が増えたために、そのタブーを犯しているんですが。


は中国オタク事情的には非常に興味深い部分でした。
この発言にはFateにおけるサーヴァント設計の手法が中国の歴史コンテンツ、伝説系コンテンツの扱いとは真逆だというのがハッキリ出ているかと思われます。
中国においては
「自己流の解釈はナシ」
となっていますから。

現在の中国で歴史文化枠に入る中国の歴史上の有名な人物、伝説上の存在に関しては現在の中国社会における政治的、社会的な扱いや評価がガッチリと固まっています。

歴史文化枠にも入るような主流の歴史関係のアレコレに関しては、現在の中国的に正しい歴史や正しい解釈というのがあり、そこから外れるのは許されないといった扱いになっていると言えるかもしれません。
そしてこれは上の方の政治的な扱いに限らず、一般庶民の間でも歴史文化枠のジャンルによっては自己流の解釈や再構成をタブー視する空気があります。

これは過去の記事にも書いた話になりますが、中国では伝統的な文芸作品の「再構成」自体をタブーにするある種の美意識のようなものもあり、歴史文化枠の「勝手な改変」に関しては難しい空気があります。

例えば三国演義や水滸伝などの四大名著クラスの作品は中国を代表する「経典」(名作)枠に入ってしまっているので、歴史文化枠かつ政治関係のコンテンツになっているということから、中国では日本のような娯楽扱いのパロディ作品、翻案作品がなかなか出てこないといった事情があります。

また過去の中国の偉人、それも有名な偉人となるとどうしても歴史や文化枠に入るので、娯楽扱いにして勝手な自己解釈を入れるといったことはある種「軽んじる」こととも受け止められるので根強い抵抗感があります。

そんな訳でこの奈須きのこ先生の手法というかFate的な
「自己流の解釈」
というやり方でやっていくのは非常に難しく、更にそれを外国人が、それも日本人がやるのは爆発する火種を生産するようなものだという見方もあります。

もちろん日本国内でやる分には何の問題も無いのですが、現在のようにアニメやFGOを通じてFateが中国に展開され、日本の「二次元系コンテンツ」の看板的な扱いで注目されている中でとなると、「娯楽作品だから」と割り切って受け取ってもらうのは難しくなってしまいますね。

中国にもFateを面白いと思って許容してくれる、楽しめる人達が普通にいることは間違いないのですが、これだけ規模が大きく話題性もある作品となってしまうと、
「解釈の許容度」「娯楽の扱い」
の違いなどによりどこかで反発を生み炎上するということになってしまいます。

そして中国では炎上が「歴史問題関係の炎上」となってしまった場合、非常に厄介なことになります。
中国の政治的なゴタゴタをご存じの方は想像が付くかと思いますが、中国では歴史関係の解釈が政治のカードやある種の例え、「上綱上線」とも言われる路線闘争のネタとして扱われることがあります。

歴史文化枠の解釈に関しては政治的な要素がかなり強く出てくる上に政治的な問題に「巻き込まれる」ことが珍しくありませんし、単体作品の問題から歴史認識問題、そして社会的、政治的な問題と延焼していく可能性は否定できません。
例えば最近の中国における大人気ソーシャルゲーム「王者栄耀」に対する強烈なバッシングも、こちらの方面に踏み込んでしまったからという面が少なからずあるそうです。

以上のような背景がある中で、更に日本と中国の創作における表現やキャラ描写に関する感覚の違いという、いつもの問題も関わってくるわけですから、Fateの中華系サーヴァントに関する扱いは極めて難しいことになってしまいます。

例えば以前の始皇帝炎上関係の記事にも書きましたが、山田風太郎的なノリや石川賢的なノリ、更にはホラー映画的なノリは中国の感覚ではわりとアウトだそうですし、日本の過去の伝奇系でも行われてきた「強大な存在、スゴイ強敵」を表現する、ある種のリスペクト的な手法も理解され難いのだとか。

対談記事にもあるようにFateでは面白くすると同時に「リスペクト、尊敬の念」に関して重視されている、どのキャラもいかにカッコ良く魅力的にするかを競ってはいるのでしょうけど、解釈の前提となる背景や、表現に関する感覚が「日本と中国では違う」といった事情があります。

現在の状況は言ってみれば
「中国の歴史における有名な英傑を日本の感覚に基づいてFateでサーヴァント化すると、中国ではほぼ炎上する」
といったものになっているわけですし、ここ最近の始皇帝や武則天に関する炎上はある意味必然であったと言えるのかもしれません。

長くなってしまったので次回
「なぜFateの中華系サーヴァントはこれまで問題にならなかったか」
に続きます。

9/9修正:リンク先を間違っていたので修正しました。ご指摘ありがとうございます

中国オタク「日本の新聞でFGOの課金、親の金を勝手に使った高額課金の事件が批判されているらしい」

FGO関係のネタが続いてしまいますが、一昨日アップする予定だったものを。

先日、産経新聞が一面でソーシャルゲームの課金問題を取り上げた際にFGOが課金の無間地獄の例として挙げられていたそうです。
ありがたいことにこの件に関して
「中国の反応はどうなのか」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

FGOが産経新聞に「無間地獄」として一面に取り上げられる(Togetterまとめ)

最近の中国ではFGO関係のニュースは話題になり易いのもあってか、日本のネットで話題になったことがかなり速いペースで伝わり、現地のネットニュースやオタク系コミュニティにより紹介されているそうです。

この件に関しても早速伝わっているようなので、以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の新聞でFGOの課金、親の金を勝手に使った高額課金の事件が批判されているらしい。
やはり日本でもソシャゲの問題やそれに対する批判の流れっ出ているんだな。しかもFGOが代表扱いとは。

親の金でがっつり課金するのってはさすがに後ろめたいわ。

うむ……私も親の仕送りを生活費じゃなくて課金に使う時は何とも言えない後ろめたさはある……それがここまで大きな額になると……

日本の新聞の記事によれば「現金を手にしていないから使っている感覚や罪悪感が無かった」か。
カード使って、数字だけしか見えないと確かに現実感無いかもしれん。

親の金遊びに使っちゃうなんてのは、言ってはなんだが昔からある話だ。でも最近は頻度と金額が上昇傾向にあると感じてしまう。

こっちでも親の金盗んでソシャゲに課金なんてのがちょくちょくニュースになる。しかも大体はカード関係だからね。

こっちはオンラインの決済が普及しているから、日本よりこういう話多いんじゃないか。
親のカードで勝手にかなりの額を課金したなんてニュースも別に意外ではない。

今は親も子もどれだけ使ったか分からない時代になってきているからね。

昔はタンス預金からこっそり抜いて……みたいな話もあったが、いくら盗ったいくら使ったかがハッキリわかったのはある種のストッパーだったのかもしれん……

使った金額や期間がいまいちハッキリしないが、記事の限度額合計の130万円としたらそこまで多いという感じではないな。

FGOなら130単か。無茶苦茶多いってわけではない。
ただ親父やお袋の金でやるのはさすがにクズ過ぎる。
(訳注:課金セットで一番高いもの、日本では9800円、中国では518元のものが中国では一「単」という単位で呼ばれているそうです)

どこの国にもこういう人間っているんだなー

こういうニュースを見るたびに、みんな金持ってるんだなと実感してしまうわ!

これってどのくらいのバッシングになるのやら。
ウチの国では「王者栄耀」がボコボコにされて大変なことになったが、日本だと政治的、社会的にどの程度叩かれるんだ?さすがにウチの国よりはマシだろうけど、過去の日本の二次元関係の規制の話からするとかなりヤバイようにも思える。

親が金持っているヤツがウラヤマシイが、この使っている感覚の無さというのは理解できてしまう。ネット決済の課金は悪い文明。

しかし……ウチの国のゲームに課金している連中って、大多数は経済的に独立しているわけではないよね。
何らかのルートで親の支援を受けている。生活費や住居確保、家事労働等々。正直あんまりネタ扱いのできる事件ではない気もする。

食費切り詰めて課金している自分も、元はと言えば親の金での課金だな……

オンラインの課金って確かに使っている方も実感無いからなあ。
ある時突然、まとまった金を使ったというのを思い知るんだよね。

ネット銀行の金って、数字にしか見えなかったりする。

課金しないと勝てない、優越感の感じられないゲームをやる方にも問題がある。
金かかるゲームは結局資金力の勝負になるんだから。
ただFGOって金で勝つというゲームだったっけ……?

ところでこの人はどんな星5をどれだけ当てたんだろう?
FGO遊んでいる身としてはその結果や、突っ込んだタイミングによって判断が分かれるかもしれんな!

FGOもさっさと個別キャラの確率を公開するべきだ。
こういう頭悪いヤツが騙されて社会問題になる。

確率出ても回すヤツはいるのが難しい……
むしろ計算できないヤツが回す。プールの数が変わらない前提なのに確率1%を100回まわしたら1回SSレアが出なければおかしい!と言う、確率の計算ができないような人間が。
導入するなら確率公開よりも天井じゃないか?

「グランブルーファンタジー」では天井導入して神石の超低確率公開したけど、あれどうなったんだろうね。自分も周りも回しているヤツは回している印象だが。

しかしウチの国では「王者栄耀」が、日本では「FGO」がバッシングされるのか。

「王者栄耀」は課金額はせいぜい数千元だから「FGO」よりまだ良心的。

「王者栄耀」も数千元から数万元いってるのあるが……まぁFGOよりは課金効率良いというか、課金するもの少ないけどね。
報道されてる事件では小学生が親の金で課金して問題なったとか、カードの不正利用をされたというので調べたら子供が課金していたなんてのもある。

日本のランキングでは大体FGOより上にいる「モンスターストライク」ってどうなの?
あっちはこういうニュース無いだろ。

確かに。モンストもセルランやプレイヤーの年齢層的に、未成年が親の金使って課金して騒ぎになる事件がありそうなもんだが……
あれは子供のプレイヤーも多いはずだし、どういうシステムや課金の傾向になっているんだろうか。

セルラン上位に来るゲームはそれぞれ課金の煽り方や課金の効果の方向性が違うからその辺りには自分も興味あるな。
それにしても日本語のニュースを読んでみたが、「ゲームの中ではほとんど何も出来なかった現実とは違い、自分を大きく見せられ、優越感に浸れた」ってどういうこと?ゲームの中ではそんな機能も場所もないような。

人民元だと7〜8万元くらいか?
それで優越感を得られるというのはなんかお得な印象を受けてしまう。
ウチの国だと凡人平民的なランクにしかなれんだろ。

ネットに晒すとか、そんな感じかもしれないが、何か微妙にずれている気もするな。
FGOの商業モデルって独特だからどうも違和感が……

FGOの課金衝動って、強くなれるとか優越感とか無課金を薙ぎ払って覇王になれるとかいうのとはまた違った怖さ、もっとおぞましい何かだからな!

日本のFGOでは以前スカサハ関係の課金でやらかしたのがいるというニュースを見た覚えがあるが、あんな感じの課金なのだろうか。

優越感を得たいならアカウント買えばいいのにというのは無しか?

FGOの恐ろしい所は、コレクター系の欲望だろう。
誰それがいないと厳しいとかいうのは高難度の孔明とマーリンくらい。

あとは、好きなキャラを活躍させるというヤツとか?
最近は難度上がってるし、それを突破するための手段として宝具LVアップやレアプリの使用が入る

高難度だとそもそもマーリンや孔明いないと話にならんからね。
ただ石割ってのコンティニューをすればガチャやるより確実に安価に勝てる。

こういうのはネタのようにも感じるが、わりと身近な話でもある。
おそろしやおそろしや。

FGOの課金ネタと言えば島崎信長だが、稼いでいる上に仕事との関連もある声優ならともかく、普通の人が課金にハマると大変なことになったりするよね。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈でもいつの間にか課金し過ぎていたという経験のある人は珍しくないようですし、親の金を使った課金というのもそこそこ聞こえてくる話だということで、かなり身近な問題として受け止められている節も見受けられました。

ただ中国のソーシャルゲームは日本よりも更に強烈に札束で殴り合うような作品や、課金前提なデザインのゲームも多く、その感覚で考えるとFGOの課金問題についても日本での報道とはちょっと違った見方にもなったりするようです。

また中国ではここしばらくの間、現在中国で最も人気のあるソーシャルゲーム「王者栄耀」に対するバッシングが続いていることから、この報道が及ぼす影響や日本のゲーム課金問題に関する具体的な問題が気になる人もいるようでした。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

8/22修正:誤字脱字を修正しました。ご指摘ありがとうございます

中国国内版FGO、ついに画像修正が入りお通夜状態に

今日のニトクリスのピックアップに備えて、触媒にシーツをかぶって回せばいいのかなどとアホなことをやっていたら、中国国内版FGOでは
「政策関連の原因によりキャラクターのイラストに修正が入る」
という大事件が発生していました。
ありがたいことにこの件に関する質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はその件についてを。

18日の夜に出たこの件に関する中国の運営からの通知は大雑把な所では以下のような内容となっています。
詳しくは原文(中国語)もご参照ください。

・政策関連の原因により、ライセンサーの意見を問い合わせた後に18日の21時からサーヴァント2名(ブーディカ、マタ・ハリ)の立ち絵の交換を行った

・22日の夜に予定していたver1.16.0へのアップデートを予定通りに行うことができないので、23日予定していた第六特異点の解放も延期する

・23日〜31日の期間は新しいイベントを開放することを計画している。具体的なイベント内容やピックアップに関しては既に日本側と緊急協議を行っており、最終的な確認後に告知する

・以上の臨時変更及び今後のイベントスケジュールへの影響に関して、聖晶石100個の補償を行う

(8/23追記:23日〜31日はAP半額と強化成功率アップを実施ということになったようです。中国の運営の告知文はコチラ

ちなみに修正の対象となったキャラは以下の二人で、
ブーディカ01マタハリ01










また送っていただいた昨夜の時点での修正後の画像は以下のようなものになっていました。日本語版と比較すると右側のステータスに使われている画像も強引な修正が入っているのが分かりますね。
マタハリ03マタハリ02




中国国内版FGOに関しては過去にも一部名称に関する修正が入ったりもしていましたが、ついに画像までということで現地ではかなり衝撃的に受け止められている模様です。
中国版FGO国の規定により「暗殺者」を使えなくなりカッコ悪いクラス名になったので、日本版のリリース600日記念と同レベルの詫び石配布

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


FGOのカードの画像修正がついに来てしまった。
やはり避けられない問題だったのか。

カードの画像変更は最後のラインだしそれだけは無いんじゃなかったのか?
何でこんなことになってしまったんだ。

来るべきものが来たってことだ。
テキストがあんなことになったんだし、画像の修正もいずれ来る話ではあったのさ……きっとこれから更に厳しくなる。

言葉にできない複雑な気持ちだ。
「なんとかなってくれる」ことを祈るしかない。

貰える石が増えたけど、問題も更に大きくなっている。
水着イベントはどうなるんだ。水着サーヴァントへの影響はどうなるんだ。

ついにカードの画像の変更か……こっちのFGOの運営って、なんて言うか気の毒だ。政策問題とか、同じbilibili内部だとかに後ろから刺されているし、日本の運営からのケアも無い。
せめて我々だけでも理性的に動くしかない。この件に関しては騒いでも良いことは何もない。

ここ最近、外野からの火種が飛来し過ぎだ。
こっちの運営が特別優れているってわけではないが、この状況でそれなりにやっているだけで評価できる気がする。

日本の2周年のオマケ石増加でこっちはゴタついたがそれに関しては事前に知らなかったらしいし、NTRネタの挑発をbilibiliの別部門がやって炎上したり、やはり別部門のbilibili最萌えのゴタゴタで炎上して「メイドラゴン」のカンナのファンから恨まれアンチ巻き込んでの通報祭りくらったりと本気で気の毒になってくる。

bilibili最萌のあれもなあ……マシュへの投票が突如爆発的に伸びたし最萌え運営からの注意も入って揉めて、その挙句にマシュがカンナに勝ちってことになったからな。その結果カンナファンが死なばもろともとFGOを二次元から追い出してやると炎上させまくって……やっぱりゲームの運営関係ねえ!

そう言えばそのカンナファンやそれに乗っかったFateアンチが大量に通報しまくっているようだったが、今回の緊急対応がその影響によるものという説はどうなの?

陰謀論を肯定したくはないが、タイミングや慌てた対応、ウチの国の取締りの点数稼ぎ的に完全な否定もできないからな……

日本は消費者保護の通報だが、こっちは作品潰しの通報になるからな
この間の最萌の件に限らず、運営に不満を持ったら即通報するのが出る。
人気のコンテンツになるのは本当に難しい。

今回の件についてはいつもの「掃黄打非」(ポルノ・違法出版物取り締まり)の流れとも考えられるが、どこまで厳しくやるのか、いつまで続くのかもハッキリしないのがまた不安になる。

巡り合わせも悪いんだよね。
こっちで三蔵ピックアップ終了直後に日本版で強化されて炎上とかもあった。あとアメリカ版に実装される新機能がこっちには無いから炎上ってのもあったな。

今気の毒に思っている連中も少し前までは罵倒しまくってたからな
俺も含めて……

実際8月最初の頃の空気とはまるっきり反対になっている。
当時は運営に対する罵倒一色だったし、今のユーザーの団結ムードが信じられん。
そこだけを見るなら運が良い、挽回の余地はあるとも言える。
だがこっちのFGOそのものがどうなるか分からなくなってきている。

すまん、俺も日本でオマケ石増やすという発表があってこっちでなんのアクションも無かった時は素で運営罵倒していたわ!

あれも課金が集中するであろう水着イベントの実装時期が不透明な所に塩川が石のオマケ増やして合計167個になる!とぶちまけて、更にこっちの方では1周年イベントで実装する機能(ただし水着イベントの後になります)みたいなことになって揉めたわけだしな。
外部の要素に振り回されている……

えーとでもまぁ、聖晶石100個は凄いじゃないか。これはとても良い。

どういう形で規制されるか削除されるか分からない状況で石100個もらっても……かなり本気で受け取りたくない。
無理なのは分かるが石よりも今後の見通しや修正の動向を知りたい。

私もこんな形で石をもらいたくなかった。この2人の規制が始まりでしかないのは明らかだ。そして私が欲しいのは水着キャラなんだ!

この2人で終わるとは思えないよね。
100個の石は凄いが、逆の見方をすれば石を100個も配らなければならない程の事態ということでもある。

このゲームってカードの絵とボイスがかなりの部分を占めているのに、そこに規制が入るようになったら終わりの日も近いように感じてしまうよ。

21時のオンメンテ来たな。
立ち絵の修正ではなく、暫定としての表示無しになってるみたいだ。

カードの立ち絵表示無しに加えて、ステータスのバストアップ画像も肩の上くらいまでで胸は写らないように削られているな……

突貫でやったのか、ブーディカとマタ・ハリは胸の部分削った画像だと戦闘画面で画像の高さが足りなくなって顔の上にスキルアイコンが重なってる。
なんか乾いた笑いが出たわ。

これでは水着のピックアップは無理か。
さすがにおっぱい部分のチェックまでいちいちやっているとは思えないが、実際に修正しているしそういう状況なのか……?
騒ぐこともできないし、イヤな空気だけが濃くなる。

ブーディカやマタ・ハリがダメだとなると当然水着も危うくなるし、どこまで実装できるのかすら不安になってくるわ。

水着イベントでの配布のアサシン師匠は露出度が明らかに今回修正の二人より高いんだよなあ

酒呑童子とか、明らかにアウトだよ!

普通にマシュでさえアウトな可能性がある。
運営のアナウンスの最後に「マシュと一緒に」とあるからそこはまだ大丈夫なのかもしれないが。

前に戦艦少女でもこういう規制が入ってたし、前例も少なくないが夏イベの水着サーヴァントなんか全部ダメという判断にもなりかねんし、今後こっちに実装される日本の実装済サーヴァントも修正されそうな画像が多過ぎる。
こういう状況が続くならこっちのFGOは年を越せるかすら怪しいぞ。

第六章の新規実装キャラも危ない。静謐ちゃんもダメかもしれないし、乳上の北半球もダメかもしれない。
俺の嫁がついにこっちでも実装だとテンションが上がっていたのに、冷や水をぶっかけられた気分だ。

水着版はアカンだろうが、通常版の源頼光はどうなるんだ。そこが心配で心配で。

あー……あれは判断する側の性癖や深読み次第だろうな

過去に修正入っちゃったゲームってどうなったの?

「ミリオンアーサー」なんかは絵やテキストにイロイロ修正が入った挙句に持ち直せずに衰退。
自分はわりと課金していたから衰退が悲しかった。

でもそれ、どこまで政策だったのかハッキリしないしなあ
当時のアレは英語使用不可で中国語にしろというのも大きかったような

戦艦少女Rは隠しコマンドとかで抵抗したんだっけか。
画像の修正をするにしてもどこまで修正が入るのか……頼む!尻とフトモモは修正しないでくれ!

今のところ安全そうな水着立ち絵は信長とニトクリスだけかもしれん……

それも再臨させると明らかにダメだろ。
どちらにしろ、今後更に拡大する可能性が高いのには不安しか感じないよ。

こうなったらしょうがない、水着課金のために取っておいた金でウマイ飯でも食ってくるわ。もし復活したら石100個分使って回せばいいし!



とまぁ、こんな感じで。
中国のユーザーの間ではゲームの存続そのものに関する危機感も出ているようです。

中国では最近の「王者栄耀」に関するバッシングなど、ソーシャルゲームに対する風当たりが非常に厳しくなっていますし、FGOは中国の感覚ではどこにでも問題を見付けることができてしまうゲームですから、不安の種は尽きないようです。

今回の件がどのような背景で行われたのか、どういった方向に転がっていくのかは今の所ハッキリしませんが、中国のいわゆる二次元界隈に影響を及ぼす流れなのは間違いないでしょうし引き続き追っかけていこうかと思います。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国国内版FGO、羅生門イベント前で既に炎上 

中国版FGO国の規定により「暗殺者」を使えなくなりカッコ悪いクラス名になったので、日本版のリリース600日記念と同レベルの詫び石配布


8/19修正:誤字脱字、抜けていた文章の追加を行いました。ご指摘ありがとうございます。
8/24修正:リンクミスを修正しました。ご指摘ありがとうございます。

中国オタク「こっちのFGOはいつになったら水着イベントが始まるんだ!このままじゃ秋に水泳大会だ!」

ありがたいことに
「中国国内版FGOのユーザーの不満というか愚痴ってどんな感じなんでしょうか?ライター叩きやサーヴァント叩きとかの気分の悪くなるもの、あと簡単に想像できるガチャ爆死以外で」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

日本のFGOは今日から夏イベントの予定ですし、
【予告】期間限定イベント「デッドヒート・サマーレース! 〜夢と希望のイシュタルカップ2017〜」開催!
今回の新規実装サーヴァントの中でニトクリスがかなり本気で欲しくなってしまったので、願掛けも兼ねて一つやらせていただきます。
恐らくこの記事がアップされている頃にはメンテも延長せずに終わり、管理人はガチャに特攻してこの間配られた石と呼符をぶちまけている頃でございましょう。たぶん。
(8/9追記:ニトクリス出なかったです!今回は19日に個別のピックアップがあるので、そっちに残りわずかの望みを・・・)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた中国版FGOユーザーの
「水着イベントまだかよ!?」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


こっちのFGOはいつになったら水着イベントが始まるんだ!このままじゃ秋に水泳大会だ!

確かに……日本版のPV見ると水着イベント早くしてくれとは言いたくなるかな。

ウチの国は最初の水着イベントもまだだしね。
いや、今やってる鬼ヶ島でライダー金時と強い礼装貰えるのは嬉しいが、それはそれとして水着は欲しい!

日本版より一年以上遅れてのサービス開始だし、季節感が狂ってしまう。

もし早送りで実装してくれたなら運営を讃えるのに!

日本と同じペースで実装しているんだからどうしようもないだろ。

育成期間とか短くしても全然問題無いし、ガチャの期間短くしても良い。
ウチの国のプレイヤーって他にやることない連中ばかりだし時間をまとめて注ぎ込むからすぐに育成とか終わる。ガチャだって日本と違って強いキャラの時しか回ってないだろ。

育成期間ってプレイヤーの休息期間でもあるから……ウチの国の人間だってイベントが続くと疲弊して遊ばなくなるのが出るぞ。

そもそも縮まるどころかどんどん間隔空いているんだが?

確かに羅生門イベント前辺りはどんどん延びている感じだったが、最近はやや縮小しているよ。鬼ヶ島イベントが8/8開始だったが、日本版は昨年7/11に開始だ。
現在はペース的に日本の実装とほぼ変わらんと思っていい。

日本は日本でイベントの実装ペースに文句出てるんだがな。
今年は復刻ばかりで新規イベント少ないし、最近のシナリオは評判悪いしで。日本の2周年前とか、雰囲気最悪だったぞ。

でも日本版の石セット購入のオマケが50%アップして合計167個に増えたのはかなりウラヤマシイ。
これウチの国にも実装してくれないかな……

日本版の石セットとか羨ましいけど、私は中国語版じゃないと遊べないから中国語版での実装を気長に待つしかありませんな。

以前日本版を遊んでみたけど自分の日本語能力の低さからすぐにやめて戻ってきてしまった。日本版だと回線速度も遅くてイライラするし。

こっちで遊ぶ最大の利点は未来視可能なことだろう。
ピックアップスケジュールもイベントの攻略も新規実装サーヴァントの強さや強化も分かっているから様々な備えができる。その間こっちでは別のゲームがイベントで炎上したりして勝手に落ちていくし、気長にやってりゃいいのよ。

未来が分かっていると、そのための我慢をしてしまうのも難しい所だ。
例えばレアプリの未実装も悩ましい。宝具レベル上げる必要の無いダブった星4の処理は悩む。

聖杯転臨実装、レアプリ実装、石のオマケ増加とかまでは分かるが、イベント早く実装しろというのはどうなんだ?

日本版では何々があるのに、イベントがどうのこうのというヤツは、大陸版では最初からだった石3個での召喚が日本版では一周年でようやく実装されたということを知らないんだろうな。

嫌なら日本版を遊べばいいという話はあるが、言葉の問題もあるしね。
中国語じゃないと遊ばないって人も多い。宿舎のFGO仲間も中国語版があるからFGOを始めたヤツの方が多いし。

でも日本版では既に第一回の水着イベントが復刻済なのを見るとね……

仮に日本の最新イベントを、今の中国のユーザーに対してそのまま持ってきたら大変なことになるぞ。最近の日本のイベントってどれもかなり難度が高い。言うなれば孔明の酷使だけではクリアできないレベルだ。
日本版は1年分の育成や配布があるし、フレンドだって育っているがこっちはそうじゃないんだぞ。

日本では復刻の時の羅生門は楽勝なプレイヤーが多かったからな。
こっちのプレイヤーは羅生門に苦戦するし、難度が跳ね上がる第六章も体験していないから焦ってもしょうがないぞ。

仮にイベントスケジュールを崩して早く実装してもそれはそれで文句言うのが出てくるわけで。

よし分かった。今年最も評価の高かったCCCイベントを実装すればいいんだな!

それは参加条件「終局特異点」クリアじゃねえか!
しかし現在サービス地域ごとに並行世界状態で人理消滅のタイミングも違うってのは不思議な気分になるな。大陸の方はぼちぼち大詰め、アメリカや台湾はまだ余裕って状態だろ。

一時期の引き伸ばし、育成期間続きの時は冬に水着イベントまで覚悟していた。ペース的に秋に泳ぐことができそうなのはまだマシだよ。

だがこっちでは頼光ママを引けるかどうかで爆発しているのに、日本では水着キャラ実装、しかも最新の情報ではもっと大量に水着サーヴァント出て来たからなー
ところで日本の2回目の水着イベントの元ネタはスターウォーズか?遊戯王か?いったい何をやるつもりなんだ!?

こっちのFGOがイベントの時期を調整しているのは春節に終局特異点をやるためなんだろうけど、公式発表もないから不安になるしあまり気分はよくない。

羅生門イベント前の頃は、ネタじゃなくお隣の「碧藍航線」のためにFGOをヒマにしたように感じたわ。
もっとも、今は向こうがイベントで消費資源大量に要求するわ難度調整ミスるわ運営が煽るわで大炎上してるからな……今度は向こうがFGOに道を譲ってくれているような感じもある。

鬼ヶ島が8/22まででその後に1周年と第六章実装、その後に水着だから一ヶ月〜一ヶ月半遅れくらいだろうな。ちょっと遅くすれば十月頭に重なるだろうから運営は国慶節の連休に合わせたいのかもしれない。

イベント実装まで時間があるのは悪くない。
配布の石や呼符を貯める準備もできる。

浪費する危険性だってある!
水着イベントって課金が恐ろしいことになるイベントだと聞いているし、今から戦々恐々ですよ。

現実の季節とはかけ離れた季節イベントは中国版FGOの特徴の一つです。
それに中国の国土は大きいのです。海南島に行けば冬でも泳げるので問題ありません!



とまぁ、こんな感じで。
隣の芝生は何とやらのように、日本の最新の状況と比較して愚痴をこぼす人も出ているようです。

この辺りに関しては先行している日本のサービスに関する情報が入っているからこその悩みなのでしょうね。
またイベントの実装ペースに関しては中国における長期休暇などのかき入れ時に合わせた調整も行われているようですし、なかなか中国のユーザーの思い描くままとはいかないのでしょうね。

ちなみに上のやり取りにもありますが、中国国内版の方では現在鬼ヶ島イベントが行われておりそれが8/22までだそうです。
そんな訳で順当に行くなら8/22に第六特異点実装、その後に1周年関連の福袋などが来て、水着イベントはその後になるでしょうから8月中の開催というのは難しそうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ