釣るパパ日誌 『鹿島灘サーフでルアーフィシング』

鹿島灘の砂浜で,「気ままに,のんびりと」をモットーに,シーバスやヒラメをねらったソルト・ルアーフィシングを楽しんでいます。朝日を眺めながら,朝の爽快さの中で,時間が経つのも忘れて,エンジョイしています。そんな日々の釣行記録です。

10月29日(月)ヒラメゲット!

今日は,夕方4時に浜に立つ。先行者は若者の2名。
水の流れ込みの前で釣行開始。
向かい風のため,思うようにルアーが飛ばない状況。
ルアーをDuoのビーチウォーカーのウェッジ「高木レインボーゴールド」にかえて投げる。
安定した姿勢でかなり飛ぶ。これはいい。後は,ストップ アンド ゴーを繰り返す。
辺りが暗くなり始めた5時ごろ。
強いアタリが来る。デカいシーバスが来たかなと思いつつ巻き始めると何か違うなあ。
シーバスではない。エイかなあ。波打ち際でやたら重い。
どうにかキャッチ。一番後ろのフックがエラのところにしっかり掛かっていた。
スレだったので,重かったのだ。
写真を撮ろうとしたら,携帯を忘れてしまった。
DSC_0134














55cmのヒラメだった。すぐ家に帰り、夕飯で美味しく頂きました。
DSC_0136


10月20日(土)ヒラメゲット!

今朝は5時40分浜に立つ。北の浜には,8人ぐらいのアングラーが投げている。
海は全面的にサラシが広がっている。向かい風が3m位で結構厳しい。

アスリートスリムは飛ばないので,熱砂のⅢを投げる。アスリートよりは飛ぶ。
手前のヨブに獲物がいれば釣れそうな飛距離。

6時半頃,待望のアタリ。合わせもバッチリ合い,乗った。でも手ごたえが軽い。
ヒラメが姿を見せる。40cmに少し欠けるサイズである。
写真を撮ってすぐリリース。
DSC_0131














その後も投げ続けるが,アタリなし。
7時20分帰路につく。

10月14日(日)シーバス2匹ゲット!

朝から雨が降る中,車庫でレインコートまで着込んで浜に向かう。
6時30分,浜に立つ。北の浜に1名アングラーがいた。

波2m,サラシが一面に広がっていた。
サラシの中をミノーを引くがアタリはなく,もう8時になる頃。
なじみのアングラーが入ったと思えば,すぐアタリ,ランディング。70cmのシーバス。
ちょっと場所を移動し,ミノーをシンキングペンシルに替え,遠投。
1投目にアタリが来た。重量感のある引きを感じながら,落ち着いて引き寄せ,
波に乗せてひきずりあげる。尻の3本フックの1本が折れていた。
68cmの太いシーバスだった。
シンキングペンシルを投げていると,遠くの波に魚の影を見つける。
ルアーをぶっ飛び君に替え思いっきり投げると,影の近くに落ちた。
糸ふけを取りながら,沈めているとガツンとアタリがきた。
急いで引くと,重量感がない,止めると魚の感触が伝わってくる。
こちらを見ている隣の人に「小さそう。」と話す。
ところが,ヨブまで来た途端,ものすごい引きがきた。
気持ちを落ち着かせ,少し時間をかけて引き上げると,デカかった。78cm
DSC_0128
















このあと,35cmくらいのセイゴが釣れるが,すぐリリース。
そのあと,PEが切れ,ぶっ飛び君がなくなる。
そして,もっとやりたかったけど,用事があったので9時にあがる。
11時までやれば,あと3匹は釣れそうな気がしてならなかったけど…。





9月22日(土)3連休最初日 シーバスゲット!

天気予報を見ると,天気:曇りも風は西風で2mも波は2mということで浜に向かう。
空模様と風は,問題なし。これならできると張り切って準備をし、堤防の階段を上ると愕然とする。
これは、2mの波じゃあない。浜一面真っ白。沖から大きな波が押し寄せてくる。できなくはないか、危なくはなさそうだ。せっかく来たから、少し投げて帰ることにする。
DSC_0114DSC_0114





























写真が2枚になってしまった。消し方しれず,悪しからず。
8時30分釣行開始。この時間が干潮いっぱいで,これから上げてくる。
アスリートスリム14SSダブルアカキンから投げ始める。きっと一日これだろうけど。
釣れるとしたら,手前のヨブかな?回ってくれば釣れるだろうと考えながらなげていると,
ついに9時過ぎにアタリが来た。手前のヨブの壁にミノーが当たったと同時にだった。
なかなかの手ごたえ。これはきっとシーバスだなと思いつつ,粘っていると姿が見えた。
なかなかのシーバスだ。大きな波に乗せて少しでも上に引きずりあげ,フックを口に挟んでゲット。
DSC_0110







DSC_0116





















そして,もう一匹と粘ると,9時40分ごろヨブの壁からルアーを引き上げたと同時に
ひったくられるように一気に20mくらい走ったのが,下の写真のシーバスだった。
荒れる浜で二匹をゲットできるという何とラッキーな釣行だった。
10時,家に向かう。
23日,24日も釣行するも,収穫なし。
23日には,エイがミノーに掛かってしまい,大きいエイだったのだろう沖に泳ぎ出すと
全く止まらず,また泳ぎをやめるといくら引いても全く動かない状況で痛恨のラインブレイク。
従って写真に写っているアスリートミノー14ssダブルアカキンがなくなってしまった。
痛~い!

















9月17日(祝)シーバスゲット!

朝5時15分,浜に立つ。先行者は1名,北側の浜500mくらい離れている。
すぐお天道様が上ってきた。波は2m,うねりあり。
潮は,3時ごろに干潮いっぱいからかなり上げてきていた。サラシだらけの海でした。
鳥が沖の方を北に向かって飛んで行く。北の浜に立つアングラーの沖で鳥が旋回している。

いつものようにダブルアカキンをパイロットルアーとして投げる。と,いうかズーッとアカキンを
投げ続ける。時々ボラが跳ねるが,魚の気配を感じない。でも,ひたすら投げる。
60mくらいしか飛ばない,でも寄せる波の後ろに目がけて投げ,波の後ろを引いてくる。
2~5回巻いたら止める,ゴー・ストップとでもいいそうな引き方。
5時50分頃,突然50~60mくらい沖を引いていたら,いきなりガツンと来た。
そして,ジャンプが見えた。シーバスの姿がハッキリ見えた。
その時,「何だ小さいセイゴか」と思ってしまった。
その割には重量感があり,違和感を感じながら寄せ続けた。
最初見えたのは遠かったから小さく見えたかも?思いつつ寄せ続けると,デカい姿を確認することができた。少しドラグをゆるめて大きな波待ちをする。そして,一気に引きずり上げる。
デカい,ぶっとい,そして重い。パワータップリのシーバスでした。
DSC_0107














今シーズン初めてのシーバスをゲットとなりました。
この後も2匹目を目指して投げ続けましたが,ソゲを一匹掛けたけど,波間で自然リリース
となってしまいました。
北の浜の人と情報交換して,7時撤収しました。
プロフィール

釣るパパ

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

週間天気予報
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ