【対戦】GW


ガンダムウォー

通常構築三本勝負
使用デッキ:茶単ボルジャーノン
人数:8人くらい?

全体的に茶色が多かった気がします。
茶色絡みが約半分。
緑がいなかったよう。

何故か1本勝負と思っていました。
なので、サイドは調整しておらず、たまたま入っていた前回バルチャーデッキのを使用。


【一戦目】 茶黒MF+α

一本目 後 〇

早速G事故を起こす。
マリガンをして4Gスタート。
しかし、相手も3Gストップの事故。
こちらはなんとか2Gを並べることができたのと、相手の《コプル》を運よく返り討ちできたのが転機となる。
《ボルジャーノン(ギャバン機)》with《エイムズ》と《ボルジャーノン(ジョン機)》with《ギャバン》で8点殴りをし続けて、《スエサイド部隊》も睨みを効かせてくれたため勝利。
ギャバン「俺らを処理するならGの枚数分、5枚くらい本国を削ってもらうぞ」
スエサイド部隊「あ、こっちは2点×3枚の6点やで」

二本目 先 〇
《コプル》殴りスタート。
そのまま勝利。



【二戦目】 茶黒MF恫喝

一本目 後 ×
相手に主導権を取られ、粘るものの・・・。
相手《ドラゴンガンダム》リング出撃からの《恫喝》。
こちらの場がきれいさっぱりとなり、ありがとうございました。
《アルゴ・ガルスキー》さん、相変わらず厄介やね。

二本目 先 〇
今度も相手に《ドラゴンガンダム》with《アルゴ・ガルスキー》セットを用意されるが、サイドから入れていた《ユリナ・サノハラ》をぺたり。
実は無効に《地球光》があったため、すぐにでも剥がされる状態だったんですが、そのまま2回くらいは押さえてくれました。
そして、気が付いた時にはこちらの《コプル》含め、押せ押せを相手は止めることは出来ずに逃げ切り。
《コプル》&《ハイパーバズーカ》含め相手に打点を押し付けつつ、《機械人形部隊》と《スエサイド部隊》もチラつかせる。
こちらの殴りに《恫喝》してもええんやで?
本国10点くらい焼くで?

三本目 後 〇
相手がユニット事故。


【三戦目】 赤単カウンターコントロール

一本目 後 〇
相手が2G事故。
こちらは2Gもあれば問題なしよ!

二本目 後 ×
サイドから2枚入れた《ゲリラの村》が刺さる!
しかし、《ハンマ・ハンマ&R・ジャジャ》と《クシャトリヤ》が出てきてどうしても突破できず。
サレンダー。

三本目 先 ×
今回一番の接戦でした。
手札:コプル、ギャバン機、ゲリラの村、出土品、イレブン、G
自1:《コプル》
相1:《木星圏》。ううむ。
自3:《ゲリラの村》。相手悶絶。
その後、ボルジャーノン系を出して《機械人形部隊》も置けるが、《スエサイド部隊》が来てくれない。
相手がユニットを出せないうちに殴り切りたかったんですが、いまいち伸び悩んでいるうちに《クシャトリヤ》が出てくる。
更には《6国シャア》がセットされる。
ダメ!
それダメ!
《コプル》が神から紙になる!
相手の残り本国2枚まで追い詰めることができたのですが、むこうのアタックを凌ぐことができず負けました。
途中トップドローとラストのトップドローで持ってきた、手札廃棄覚悟での《宝物没収》と《月のマウンテンサイクル》が、同じく向こうの手札廃棄覚悟したカウンターで消されたのが痛かったです。


結果2位。
プレイしてみた感じ、《スエサイド部隊》のあるなしは、割と勝率に絡んでました。
なにか1手でも違っていれば勝っていたかもしれませんが、接戦と予想以上の活躍をボルジャーノンデッキが成し遂げてくれたのは嬉しかったです。
「ボルジャーノン」でも戦える!

結構ボルジャーノンのCHANCEカードに食いついてくれる人もいて、それも嬉しかったです。
「ボルジャーノン」でもレアはある!




【対戦】通常構築


ガンダムウォーネグザ通常構築(ただし制限あり)

通常構築三本勝負
使用デッキ:青茶タッチ赤 伝説の飛び出し
人数:16人くらい?


【一戦目】 茶単オペレーションヴァサーゴ

一本目 先 〇
二本目 後 ×
三本目 先 〇

一本目は《ガンダム・バルバトス》ゲー。
うん、手を抜くわけにはいかないですからね。
《宇宙を駆ける》で持ってきましたよ。

こっちは大型ユニットを出せはしましたが・・・。
《ガロード&ティファ》と、最後のあの、鉄血のコマンド。
あれで《ガンダムヴァサーゴチェストブレイク(サテライトランチャー)》を何回も回収されて使いまわされ、かなり粘られる。
一枚制限ユニットを並べられるように《ガンダムDX》も入っていましたし、いいデッキでした。
《ガンダムDX》がお互いにあるという素敵状況!
二本目がそれでギリギリ負けとなり、三本目突入するも時間はほとんどなし。
相手は譲ってくださったので、お言葉に甘えて次の戦いへ。


【二戦目】 青緑黒赤伝説の飛び出し

一本目 後攻 ×
相手が攻めてきたところで《生きている遺跡》。
《ペーネロペー》、《ビギナ・ギナ》、《第一形態》、《グランドマスターガンダム》。
という神引き。
その場は返り討ち。
その後、逆にこちらがユニットをいろいろと出すものの、相手が《デンドロビウム》を出してきたため、《ELSクアンタ》以外が破壊される。
相手がユニットがどんどんと大きいものを出してきたので、敗北しました。

二本目 先攻 〇
相4:なにかが2体攻めてきたので《生きている遺跡》。
《ガンダムヴァサーゴチェストブレイク(サテライトランチャー)》となにかで返り討ち。
しかし、相手のリカバリーが早い。
これはマズイかと思いましたが、《ガンダム》→《ELSクアンタ》で回復することができたため、凌ぎきって逆転と相成りました。

三本目 後攻 〇
また《生きている遺跡》。
《ペーネロペー》、《ガンダムヴァサーゴチェストブレイク(サテライトランチャー)》、《グランドマスターガンダム》。
今日は遺跡運があります。
思わず笑ってしまった。
《ガンダム》からの《コロニーデビルガンダム》。
《スモー(ハリー機)》は素出し。
相手が立て直して殴ってきたところで、Gが8枚あったため《キルケーユニット》からの《グランドマスターガンダム》!
そうそう、これがやりたかった!
満足。
盤石の守りを見せて勝ったわけですが、最後の最後で《V2ガンダム》の効果×2で《コロニーデビルガンダム》が本国下に持っていかれる。
しかし、いぶし銀の《スモー(ハリー機)》がいて相手に睨みを効かせてくれました。
さすがはいぶし銀。


【三戦目】 赤単カウンターコントロール

一本目 先 ×
自2:《ガンダム・バルバトス》→《イカロス》
《キュベレイ》が出てくる。
自4:《ガンダム》→《イカロス》
相4:《ウッソ・エヴィン》からのV系降臨。
なにもさせてもらえませんでした・・・。

二本目 後 〇
自2:《ガンダム・バルバトス》→《イカロス》
《キュベレイ》が出てくる。
自3:《ガンダム・バルバトス》→《F91フルオープン》
・・・勘弁してください。
しかし、相手はドローソース引けなかったようで、息切れ。
ユニットはカウンターされていたものの、《生きている遺跡》で《ガンダム》、《ペーネロペー》、《スモー(ハリー機)》、《ガンダムヴァサーゴチェストブレイク(サテライトランチャー)》。
《ガンダム》を《ビギナ・ギナ》に変えて、大量ドロー。
また相手の4ターン目で《ウッソ・エヴィン》を置かれましたが、さすがに勝てました。

三本目 先 ×
マリガンしたら、手札がやけに重い。
相手は《アンヘル・ディオナ》を置いて息切れなし。
相5:《ウッソ・エヴィン》。
で終わりました。
途中で引いた《宇宙を駆ける》×2がきっちりカウンターされたため、もうお手上げ。


カウンター怖い。



【四戦目】白単SEED

一本目 先 ×
最速《ガンダム・バルバトス》で殴りつつバンプするも、《シン・アスカ》からの《5国フリーダム》でこちらの動きが止まる。
バルバトス系の本国廃棄で残り本国1まで詰めたりもしたんですが、5回復×2をされたりしてトドメまではいけませんでした。
最後は《プロヴィデンスガンダム》の本国直接焼きで負けました。
30分以上戦ってた・・・。

二本目 後 ×
マリガン後、
ELSクアンタ×2、グランドマスターガンダム、コロニーデビル、廃部宣告×2。
・・・どうしろと。
むこうの《ウィング&デスサイズ》カットで《廃部宣告》したりとか、頑張りはしたんですがね。



全体的に見て、序盤はいい感じだったんですが、後半はマリガン判断をミスったこともあり負けた感じです。
ストレート負けは痛かったなぁ。
最終戦績は中の下あたり。

優勝は茶単のオペレーション黒歴史ディアナだそうで、喜ばしいことです。
12弾鉄血を封じても茶色のこの強さよ!




【対戦】ネグザ特殊構築


ガンダムウォーネグザ特殊構築

通常構築一本勝負 総当たり
使用デッキ:茶単チームフリーデン
人数:5人


【一戦目】 緑茶紫ビートダウン

後攻 ×

相手が事故かと思いきや、トップドローでグラフィックを引いて解決したらしい。
相2:《第一形態》。
自2:《AGE1&フリット》と《ガンダム売るよ》。
相3:《リボーンズガンダム》、《グフ(ランバ・ラル機)》。そして《狂気の刃》を使われる。
自3:《ガンダムエアマスター(Gファルコン)》と《ガンダムレオパルド(Gファルコン)》で、《第一形態》を焼く。
相4:《動力源》からの《ガンダム・バルバトス》。大打点殴りで、ACEブロック。
自4:《ガンダムレオパルド(Gファルコン)》で《ガンダム・バルバトス》焼き。
相5:《動力源》から、今度は《第四形態》が出てくる。
単に攻撃してくるだけならば、改装《ガンダムレオパルド(Gファルコン)》で焼けたのに・・・。

さすがに殴りきられて負け。



【二戦目】 赤白紫早出しクスィー

前回の特殊構築でも戦った、2手目に《ドズ》から《ハマーン・カーン》を呼び出して《クスィーガンダム》召喚。
《万能型モビルスーツ》も使って、ずっと俺のターン!をやるコンボデッキ。

後攻 ×

相手は2手目にコンボ発動できなかったものの、《W&トールギス》改装《W&トールギス》の2回ドローでキーカードを揃えるという強運。
自2:《ティファ・アディール(回復)》と《ガンダム売るよ》を出し、相手の3手目殴りは1回凌ぐ。
しかし、《万能型モビルスーツ》でお代わり。
このまま押し切られるかと思いきや、デッキ1枚の《破滅の回避》を引く。
これならまだ・・・!
すいません、追いつけず負けました。


【三戦目】 茶含めた5色ビグザム

後攻 〇

開始手札:ガンダムX、レオパルド、真の決着、グラフィック3枚

自2:《ティファ・アディール》と《真の決着は》。
相手は事故っている模様。
《狂気の刃》を2回使われるも、やたらとGは来るため、他のユニットとか捨てさせられました。
自5:《ガンダムX》で殴りにいったら《クリスマス作戦》で、ジャンクヤードに落としていた《ビグザム》を拾われる。
返り討ちにあい、《ビグザム》チップが出てくる。
そして《万能型モビルスーツ》。
でかいよー。
しかし、Gを貯めて(《Gファルコン》含む)《ガンダムレオパルド(Gファルコン)》が焼く。
さらに、改装《ガンダムレオパルド(Gファルコン)》からの《ガンダムXDV(ホバーリングモード)》テキスト使用でさらに焼く。
逆転。


【四戦目】緑紫ドムwithズゴッグ

後攻 〇

ジャンケン全敗だー!

相手は若干事故。
しかし、黒い三連星ユニットがどんどん出てき始める。
《ズゴッグ》with《王留美》で、むこうの手札廃棄の体制が整う。
大事にしていた《アメイジングレッドウォーリア》を抜かれたのが痛かったです。
黒い三連星ユニットが一列になって襲ってくる!
しかし、相手ターン中にGを盤外から呼び出してきて6Gにし、《ガンダムヴァサーゴチェストブレイク(サテライトランチャー)》で向こうの格闘数値を戦闘力に反映させるドムを除去し、ブロックして事なきを得る。
《ガンダムX》がいるので、ブロッカーには事欠かない。
そこからはこちらの高機動ブーンで、倒しきり。


2勝2敗で2位でした。
ただし2位は3人いる。
優勝は、見事全試合でコンボを決めた赤白紫早出しクスィーでしたとさ。
皆で一致団結して、「ドムすごい、ドスうざい」。