2008年07月

2008年07月29日

ランディパウシュ教授「最後の授業」

昨日の中日新聞の訃報で初めて知ったカーネギーメロン大学のランディパウシュ教授の「最後の授業」。享年47歳。癌で余命宣告を受けた教授の「人生の夢の実現」をテーマにした最期のメッセージ。


最期の授業(1/9)
今日の次には明日が来て、その先にも新しい日が待っている。そうやって、当たり前のように人生は続いていく。しかし、これから先もずっと続くと思っていたその人生に「終わりの時」があると知ったとき、あなたは何を考えるだろうか――。

2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグにあるカーネギーメロン大学の講堂で、1人の教授が「最後の授業」を行った。
教授の名前はランディ・パウシュ。46歳。最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、彼にはこのとき、長年親しんだ大学に別れを告げざるをえない事情があった。膵臓から肝臓へと転移したガン細胞。医師から告げられた命の刻限は――「あと3カ月から半年」。
こうしてパウシュの最後の授業は始まった。スクリーンに映し出された演題は『子供のころからの夢を本当に実現するために』。それは、「最後の授業」であると同時に、幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだった。

パウシュが幼いころに抱いた夢は、たくさんある。無重力を体験する。NFLの選手になる。ディズニーのイマジニアになる……。そのほとんどは実現し、いくつかは失敗のうちにも自分を成長させる糧となった。パウシュは言う。
「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。レンガの壁は、僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。その壁の向こうにある何かを自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているんだ」。

両親の教え、家族の愛、同僚たちの支え。そうやって、人は人と関わりながら生きていく。自分の夢を叶え、周りの人が夢を叶える手助けをすることで、明日を生きるエネルギーを手に入れる。
人生の幕切れがそう遠くないと知りながらも、パウシュは自分を「本当に幸せ者だ」と言う。最後の授業は、自分の人生をこんなにも素晴らしいものにしてくれた人々への感謝であふれていた。

最期の授業(2/9)

最期の授業(3/9)

最期の授業(4/9)

最期の授業(5/9)

最期の授業(6/9)

最期の授業(7/9)

最期の授業(8/9)

最期の授業(9/9)


kasugaihome at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2008年07月26日

納涼祭り 花火 落合公園

たまやー
たまやー
たまやー
たまやー


きれいでしたねー。が今年はバタバタでゆっくりできず・・来年は余裕をもって「春日井の夏・・」を味わいたいと思います。。

kasugaihome at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2008年07月24日

祝サマーウォーク完走

春日井っ子たちとの「サマーウォーク」2泊3日の旅が終わった。

過酷な40kmウォーキング、こどもたちもそして我々大人たちもリタイアすることなく全員走破。でも40km歩くのがこんなに大変だとは・・・。

ちなみに
1日目 小野道風公園〜少年自然の家まで17km歩く。
2日目 少年自然の家〜内々神社〜少年自然の家まで10km歩く。
3日目 少年自然の家〜文化フォーラムまで13km歩く。

みっちり40km。実は2日目、私先頭で山道コースの道を間違え余分に1kmぐらい歩かせてしまった。なので我がチームから後ろの人は本当は41km歩いてます。ほんとうにごめんなさい。

でこの3日間は歩く以外にもほかのプログラムや寝食もすべて子供達と一緒に過ごした。子供のたのしい顔もうれしい顔もつらい顔もふてくされた顔もねむい顔もいい思い出だ。

2日目の夜、ナイショで用意してた親から子ども達への手紙。親の愛情いっぱいの手紙をみて照れてる子や号泣する子、また飄々としている子・・表現はそれぞれだけど子ども達は凄く喜んでたなあ。普段怒ってばかりのお母さんがこんなにちゃんと自分の事を思ってくれてるなんてってびっくりしている子もいた。

3日目のゴール後のセレモニーでは子ども達から親への感謝の手紙を渡した。
こんどは子ども達から親への想いを伝えようと昨晩みなで必死に書いた手紙だ。これがまた泣かせる。もちろんお母さん方は号泣でしたよ。

大切な人に想いをちゃんと自分の言葉で伝えることっていうのは幸せを呼びますよ。
皆さん、大切な人に・・・愛を伝えてますか?そして伝わってますか?


さて感動シーンばかりでもありません。たぶん子供達が一番楽しかったのは遊びの時間。といってもほとんど自由時間はないのでちょっとの空き時間や部屋で寝るまでの時間にみんなで遊ぶ時間が貴重だった様子。特に2日目の夜の集合前に、プレイホールで小さなゴムボール1つ使って数人で遊んでたら、最後は子供が自然増殖して4、50人位のおっかけっこになって壮絶な賑わいで大盛上がり。昼間歩いた疲れはどこへやら状態。これは楽しかった。

まあいろいろあったけれど子供達の良い思い出になれば嬉しいし自分も良い経験をさせてもらってほんと充実した3日間でした。親に感謝。子供に感謝。妻に感謝。友に感謝。皆に感謝。さあ気持ちを伝えよう。


<ちょこっとフォトギャラリー>

出発前集合場所にて。まだ緊張気味かな?

こんな自然の山の中も歩きましたね。

仲良し4人組の後姿。ちょっとしんどい?

自然の家でのチームごとのセッション風景

休憩場所にて。我がA4チームの精鋭たち


kasugaihome at 22:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0)日記 

2008年07月20日

賑やかー

昨日から子供たちは嬉しー楽しー夏休みです。

早速、昨夜から小5と中3のお友達のお姉ちゃんがお泊りに来てましたね。
ちなみにうちは子供が4人いるんだけどみんなお姉ちゃん達と遊んでもらえてテンションあがりまくり。そりゃあうれしいよな。こども6人でモーレツにうるさいけど・・。でもお姉ちゃん達がチビ達の面倒をみてくれて・・・楽だわー。チビ達はきらくやに駄菓子を買いに連れてもらうのが最高の楽しみらしい・・。

でオヤジ(私)は明日から「サマーウォーク」というイベントでもっとたくさん(85人くらい?)の春日井っ子達と3日間過ごしますよ。頑張って40km歩きましょうね。なんか夏休みって感じが好きです。



kasugaihome at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2008年07月17日

ニューフェイス登場

新聞折込の不動産広告を出す場合、うちは印刷屋さんにお願いせずに自分のところで印刷します。物件にもよりますが今だと一回あたり5000〜10000枚ぐらい刷るのでコピー機よりもコストの安い印刷機は必需品なのであります。
で今回、その印刷機を新しくしました。3、4年落ちの中古ですが、先代よりも当然機能が良い。綺麗、速い、故障がない等々すばらしい。正直印刷はかなり面倒な作業ですが、今のところストレスフリー。あとはエクセレントな原稿を創るのに集中すればいいですね。


そんなわけでこいつがニューフェイス


こんな感じに刷れちゃいます。まずまずきれいです。


先代。まだバリバリ元気に稼動時の写真。7年落ちで買って丸3年活躍してくれた。10年間ごくろうさん。

それでは新しい広告を刷り始めましょうかね・・。

kasugaihome at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月13日

もうすぐ 3日で40kmウォーキング

1ヵ月半ぶりにラグビーの練習。

東惑クラブさんの練習に参加させてもらう。

午前中でもとにかく暑い。グランドの人工芝もチンチン。

そんな中でもラグビー好きなおじ様たちが大勢集まってする練習は楽しい。

多くは4、50歳台、下はゲストの中学生、上は70歳くらいのラガーマンが集まってハッスル!

僕の所属チームだといかんせん人数不足でゲーム形式の練習がなかなかできないので

大人数でする練習は貴重な機会。で、しんどいけど満足感があって心地が良い。

ちょうど来週は、「サマーウォーク」といって、春日井の子供達と3日間で40km

歩くというハードなイベントがあるのでその体力作りというかいい準備運動にもなりました。。

さて、サマーウォークではどんな子供たちと出会えるのかな。

楽しい思い出つくってもらいましょうね。

kasugaihome at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2008年07月10日

呼応共感

鳥居松にあるイエローハットに行ったら1階待合に小冊子コーナーがあるのに気付いた。

創業者の鍵山秀三郎氏の講演録等の冊子やビデオが置いてあって販売もしているとのこと・・。



じゃあ一冊ぐらい購入を・・ということで、「呼応共感」を手に取る。ちなみに350円。安っ。



66ページ位ですぐ読めてしまうけど内容は濃い。経営問答ならぬ人生問答。心に響く言葉がたくさん。すごく得した気分。イエローハット好きになっちゃうなあ。

kasugaihome at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月09日

とあるラグビー選手のハッスルシーン

待ちに待っていた5月に出場したラグビー大会の写真が届いた。


魂を込め身を挺した激しい(そうでもない)タックルで相手の突進をくい止めるシーン


矢のような華麗なる(そうでもない)パスを味方へ放つシーン

おーなかなかいい写真じゃないですかー。

試合前の「活躍してやるぞー」とか「今日の主役はオレがもらうぞー」という気合とはうらはらに、実際の試合で華麗なるランやタックルやパスやキックなどが格好良く決まる瞬間というのは実はほとんどないわけで・・。気持ちはあるけど体はついてこない年頃にもなってきてるわけで・・。

でも写真で見ると多少は臨場感が出てそこそこカッコよい感じに写ってるかなと。。
子供に見せたらパパカッコイイって言われてうれしかったなあ。実際はヘボヘボでしたけども・・。

あーなんか次の試合したくなってきたな。おーいキャプテーン、早く次の試合組んでー。

kasugaihome at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2008年07月08日

最近のGOODBOOK!

読みやすい。面白い。勉強になる。・・最近読んだおススメBOOK。

ジャンルは自己啓発・ビジネス・社会学系ですが、ご興味あるジャンルであれば是非是非ご一読を。。。









2008年07月06日

備えあれば憂いなし

突然ですが、

春日井市が実施している木造住宅無料耐震診断。

まだまだ診断住宅を募集しているそうです。(先着順)

※木造住宅無料耐震診断について

市役所から委託を受けた建築士が診断員として

現地調査の上、診断結果を出してくれます。

また、診断の結果を受け、耐震改修工事を行う場合、

工事費用の一部補助が受けられます。(先着順)

※木造住宅耐震改修費補助事業ついて

なお、無料診断を受けられる対象住宅は、

在来木造(ツーバイフォー、パネルは除く)、

昭和56年5月31日以前に着工、

2階建以下等いくつか基準がありますのでご注意下さい。

ちなみに、今申し込んでも10月頃に現地診断できる位の

スケジュールらしいのでご希望の方はお早めにどうぞ。

詳細は春日井市役所建築指導課(85−6328)にて

ご確認下さい。

※春日井市の木造住宅無料耐震診断パンフレット


kasugaihome at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2008年07月03日

春日井市出川町6丁目売地

新規物件をご紹介致します。

<売地>春日井市出川町6丁目

<価格>金2300万円
<面積>237.78屐複沓院ィ坑可據

<交通>JR中央本線「神領」駅歩20分
<地目>宅地
<用途地域>第1種住居地域
<建ぺい率>60%
<容積率>200%
<現況>更地
<引渡し>相談
<学区>出川小・南城中

出川小学区の売り地が出ました。
近くに公園もあり日当たりも良い立地です。
間口は約11.6mの整形地となっております。

資料/内覧希望等はお気軽にご連絡下さい。

※お問合せはコチラからどうぞ。

2008年07月02日

ハモ

食べてきましたー。うまっ。



近大時代の友が日本料理店を大阪でやってるのだけれど、こないだ顔みがてら食べに行ってきた。お店は国分という大阪の端の穴場な場所にあって一見でやや入りにくい感じ。
でもはいってください。



大将「まいどっ。国分にお越しの際はお店によってってや!」

いやーいろいろ食べさせてもらってほんとおいしかったなあ。親父さんが近所で寿司屋をやっててお寿司もいただいて・・。ノブちゃんごちそうさま。
閉店片づけ後に包丁を砥ぐ彼の職人姿がすごく格好良かったですよ。いい仕事してるなーって感じ。良い刺激になります・・。

さて、今度はうちの家族連れてってあげるかな。。



■「雲心(うんしん)」・・・HPはこちら

【所在地】  
〒582-0025 大阪府柏原市国分西1-3-2
【電話番号】
072-978-1626
【営業時間】
昼 12:00〜13:30
夜 17:30〜22:00
【定休日】
火曜日(祝祭日の場合、翌日水曜日)