2014年05月

2014年05月21日

ひさしぶりの東京勉強会

ひさしぶりの東京での不動産の勉強会にいってきました。
__


うちでつかっているアットドリームという営業支援システムの会社さんが主催している勉強会です。
インターネットを駆使した不動産業者さんの成功事例の発表や講演会があって、IT活用に熱心な不動産会社が全国から東京に勉強しにくるというわけで、私もひさしぶりに参加してきました。

うちの場合、インターネットの活用という部分では、9年前に創業したと同時にまずはホームページを立ち上げて、6年ほど前からこの会社のアットドリームというソフトを使いはじめたわけですが、それはそれは時代の流れは速いもので、このたった9年間の間で不動産仲介業界をとりまく状況というのも変わっておりまして、あたりまえといえばあたりまえの話なんですが、生き残りをかけて各社ますます必死の様相となってきています。

お客様視点でいえば、インターネットの普及と新しいサービスによって、物件情報や不動産に関する情報を手軽に取得できるようになって便利になっているわけで、お客様にとっては良いことですし、この先もますますそうなりますよね。

お客様に必要とされるサービスを提供できない会社が生き残れる時代などいつだってないわけですし、今までもさんざん言われてきてることではありましたが、ついに不動産仲介業界も本格的に淘汰される時が今まさにきていると。いままでの業者側の常識は通用しなくなりますよと。

現場に身を置いてるものとしてうすうすは感じていましたが、新しいスタンダードに向かう流れはまったなしといったところでしょうか。

不動産屋って物件情報のやりとりだけで楽して儲けてるイメージもいまだ強いみたいですが、お客様に満足していただける取引のためにはそれなりのスキルやノウハウや人脈がないと通用しない仕事も多いですし、専門性の高い案件も少なくありません。

(表面的には)誰でもできる仕事も確かに多いですが、これからはその手の仕事だけではなかなか零細で生き残っていくのはむずかしいのかもしれません。目指すべきは正真正銘のプロフェッショナルになること。かんたんではないですが、目指す価値というかやりがいは十分にありそうです。












kasugaihome at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記