私はどうやってマイホームを高く売ったのか私はどうやってマイホームを高く売ったのか

2017年12月07日

私はどうやってマイホームを高く売ったのか

販売活動をC社におまかせして1週間くらいして、担当Oさんから案内したいお客様がいると連絡が入ります。

さっそく先方の希望日とこちらの都合を調整してもらいました。

この内覧は私ではなく妻が対応しまして、その夜に担当のOさんから、お客様が結構気に入って検討したいが、リフォームも必要なので1週間くらい返事を待ってほしいとのこと。

で、1週間後、1500万なら購入したいと返事がありました。買い手もダメ元のチャレンジのようです。

販売価格は1850万ですから、350万まけてと。結構な指値です。

具体的な商談がきたことをうれしく思いつつも、長く売れ残ってる物件ならともかく、売り出して1週間だよと。もう少しいい価格で買ってくれる人いるでしょうと。いうのが、私の率直な感想。

ああ私のお客様も売主の立場でこういう気持ちになってたんだ。というのが、いろいろ実感できました。

結論としてこの申し入れはあっさりとお断りするわけですが、私としては、まだ半年もあるし焦りもなかったので、もう少し高く売れるだろうという期待がありました。

ちなみに、このとき、例えば1600万〜1700万くらいで価格交渉が入ってきたとしたら、私も商談に乗り気になっていたかもしれません。

とは言え、私自身の査定でも1500〜1700万ですから、この買い手さんの1500万なら買いという読みもするどかったと思います。

で、それから、3週間くらいしてもう1件案内がはいりますが、商談には至らず、その後は動きがありません。

最終的には売れる自信はあったものの、売主の思い通りの価格で売るというのはやはりなかなか厳しいと思いました。買い手も後悔のない物件購入をするために必死です。

私も欲を言えば年内に買い手が決まって年を越したいと思ってましたが、それはあきらめて1、2月勝負に切り替えることにし、1月早々の媒介契約更新にあたり、1850万から1780万へ価格を下げることにしました。

ここまで、C社、担当Oさんにはよくやっていただいて特に気になる不満もありませんでしたので、引き続き専任でお願いすることとなります。

続きはまた。それでは。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
私はどうやってマイホームを高く売ったのか私はどうやってマイホームを高く売ったのか