2017年12月14日

私はどうやってマイホームを高く売ったのかШ能回

今回、業者としてでなく一個人の売主の立場で、
同業社さんにおまかせしてマイホームを売却したわけですが、
私としては非常に満足いく結果だったと思っています。

結果論になるかもしれませんが、
売却に満足できた理由を自分なりに考えてみました。

まず、一つ目。売却できた価格に満足。

基本的に高く売れれば大体満足となることかと思いますが、
もし私の相場観が、現実の相場を無視し、もっと高く売れて当たり前の感覚であれば、
1,730万で売れても不満でしょうし、
値交渉の段階で破談にしていたかもしれません。

業者さんは査定という形で提案してくれますが、
高い数字ばかりに目が行くと、適正な相場観を見失ってしまいます。

私の場合は、
(業者なんだから当たり前といわれるかもしれませんが)、
適正な相場観をもとに販売価格を決められたことがよかったと思います。
(業者でも相場を読み間違えることもあります)

二つ目。

成約までの期間にも満足。
これも大事。売却代金を当てにしている場合は特に。

私の場合、販売開始してから3カ月半くらいで成約となりました。

もう1,2カ月くらい遅くても余裕がありましたが、
もし4月過ぎても売れなければ、焦っただろうし、
大幅な価格交渉にも応じざるを得ない状況になっていたかもしれません。

三つ目。

お任せしたC社の担当Oさんとの相性がよかった。
担当者、大事です。会社も大事だけど、担当者はもっと大事です。

たぶん、Oさんは私にかなり気を使ってやりにくかったと思いますが
誠実な人柄でまめに連絡をとりあえたのがよかったです。

営業スタイルは控えめな感じでしたので、
もう少しアクティブでもいいかなとも思いましたが、
反響があればしっかり交渉をまとめてくれるだろうという安心感がありました。

四つ目。

いい買い手さんとの縁があった。

不動産取引は縁のもの。とよく言われます。
抽象的な話ではありますが、やはりすべては縁。そう思います。
なんとなく相性がいいなと思った担当Oさんとの縁から始まり、
Oさんがいい買い手さんとの縁をつなげてくれたと思います。

私が気を付けたのは、Oさんがやりやすいように、
余計な口出しはせず、連絡も案内も即時対応。
案内時もお部屋はなるべくきれいに。
要望あれば何でも言ってね、できることはするからと。

私の思いと裏腹にやりにくかったかもしれませんけどね。

例えば、
いい人はいい人と、
誠実な人は誠実な人と、
実力のある人は実力のある人と、
つながりやすいと思います。

つまり、誰に頼むかでほぼ結果は見えるはず。
と、いうことです。

私の場合、
Oさんに頼んだ時点で成功に近づいていたと。
そう思っています。


一応、これで私の住み替え話、売却編はおわり。

あと、購入編、仮住まい編、建築編。
すべて昨年から今年にかけて並行で経験しました。

私自身がお客さんの立場で体験して、
業者の立場では及ばなかったいろいろな思いがあります。

またぼちぼちアップしていきたいと思います。

それでは。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字