トップ(目次)   当サイト開設理由    プロフィール

2010年11月06日

湿度は40%~60% が理想。低すぎも高すぎもダメ。

 



湿度は低すぎも高すぎもダメ。
 一般家庭で最適と言われる湿度は
    40%~60%です。

人の感覚に頼らず
 湿度計をつかって
    湿度を調整しましょう。

乾燥はお肌の大敵ですが
 加湿のし過ぎも肌の保水力が損なわれて 
  乾燥肌のリスクを高めます。
   
 詳細はこちら
  >> 肌本来の 素肌力 を UP

湿度が急激に下がるのは
 エアコンで部屋を暖めるときです。
  こういうときは加湿器の出番です。
   
湿度は40%~60%になるまで加湿して
 それ以上になれば止めましょう。

石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスストーブは
 燃料を燃やすとき 水が発生します。
  加湿の必要はありません。

 

喉が渇くとか、目が乾燥するので
 空気が乾いていると感じ
  ジメジメ蒸し暑いと湿度が高いと感じますが

人の湿度感は全然当てにはなりません。
 湿度計をつかって加湿器を上手く使い分けましょう。


参考

>> ためしてガッテン
 うるおいを我が家に!加湿器ウルトラ活用術

 



コメント(0)トラックバック(0)スキンケア保湿│  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
やってみましょう!
老け顔、やつれ顔が
 スッキリ若返る
>> 鎖骨リンパマッサージ

老けない秘訣 
banner_fukenai_w200 






















>> マジで老けない人がいる








 
記事検索
肌 スキンケア 最新
  • ライブドアブログ