2016年のEU電力事情 〜 CO2排出量4.5%減の主因は石炭から天然ガスへの転換

 先のブログ記事に続き、“Energy Transition in the Power Sector in Europe : State of Affairs in 2016” によると、2016年での欧州連合(European Union(EU))28ヶ国全体で、石炭火力発電から天然ガス火力発電への転換が進んだことにより、電力部門のCO2排出量は4.5%も減少したとの由。

 天然ガス火力発電量は101TWh増加したが、石炭火力発電量が94TWh減少したため〔Figure 15〕、結果的にCO2排出量が48Mt削減された。このうちの過半はイギリスで、イタリア、オランダ、ドイツ、ギリシャでも、石炭から天然ガスへの転換が進んだ。

 2016年の天然ガス火力発量の対2010年比は▲168TWhなので、電力部門での石炭から天然ガスへの転換については、天然ガス火力発電所の新設がなくとも進めることは可能。
 
《原文より抜粋》
Gas replaced coal, and hence European power sector emissions fell drastically by 4.5%. European coal generation fell by 94 TWh and gas generation increased by 101 TWh, resulting in 48 Mt less CO2 emitted. Half of this happened in the UK, but also Italy, Netherlands, Germany and Greece saw switching from coal to gas. However, gas generation was far from reaching a record – it is still 168 TWh below the 2010 level, showing that more coal-gas switching is possible without new infrastructure. 
 




2016年のEUの電源構成 〜 再エネ29.6%(うち水力10.7%)、原子力26.3%、石炭21.6%、天然ガス18.6%・・・

 イギリスのシンクタンクSandbagとドイツのシンクタンクAgora Energiewendeが今年1月24日に発表した報告書 “Energy Transition in the Power Sector in Europe : State of Affairs in 2016” によると、2016年における欧州連合(European Union(EU))28ヶ国全体の電源構成は、

 ①再生可能エネルギー29.6%(うち水力10.7%、風力9.5%、バイオマス5.8%、太陽光3.5%)
 ②原子力26.3%
 ③石炭21.6%(うち無煙炭14.5%、亜炭10.1%)
 ④天然ガス18.6%
 ⑤その他3.8%

という順であったが、これを
細かく見ると、

 ⑴ 原子力26.3%
 ⑵ 天然ガス18.6%
 ⑶ 無煙炭14.5%
 ⑷ 水力亜炭10.7%
 ⑸ 亜炭10.1% ・・・

という順であった(Figure 2)

09
Energy Transition in the Power Sector in Europe: State of Affairs in 2016

 これを見ると、再エネ、原子力、石炭、天然ガスが主要電源であることがわかる。
 2015年から2016年への変化として特筆すべきは、石炭の割合が24.6%から21.6%に減少した一方で、天然ガスの割合が15.5%から18.6%に増加したことだ。

《原文より抜粋》
Figure 2 shows the overall European electricity mix. Largest contribution of power came from renewables, followed by nuclear, gas, hard coal and lignite. Most striking changes can be seen among gas and coal – gas increased its share from 15.5 percent to 18.6 percent while coal’s share dropped from 24.6 percent to 21.6 percent. 

 2015年から2016年への電源構成の変化(Figure 1)を見ると、石炭の大幅な減少分を天然ガスの大幅な増加分が代替したことや、原子力が減少したこと、再エネが微増であったことが特徴である。

Figure 1 shows the changes by fuel type in Europe. Key aspects are very small changes in renewable generation in 2016, a huge fall in coal generation offset by a huge rise in gas generation, and a fall in nuclear generation.
 2010年から2016年までの電源構成の変化(Figure 3)を見ると、総発電電力量が漸減しつつある中で、天然ガスが増加に転じたのは数年前からのことで、それ以前から増加傾向を維持しているのは再エネだけであることがわかる。 
 
34
Energy Transition in the Power Sector in Europe: State of Affairs in 2016

 2010年から2016年までの電源構成の変化の中で、再エネの分(Figure 7)を見ると、水力は微減傾向にあるが(Figure 7)、風力・バイオマス・太陽光は増加傾向にある。この期間における再エネの増加量は、水力以外のもので賄われていることがわかる。

46
Energy Transition in the Power Sector in Europe: State of Affairs in 2016

31
Energy Transition in the Power Sector in Europe: State of Affairs in 2016

2017.3.24 日本経済新聞・社会面「官僚が忖度 よくある話」

 本日の日本経済新聞朝刊に私のコメントが掲載されたので、参考までに下に貼付する。非常に珍しいことに、社会面に載っている。

57
 

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.11

2017年3月23日17:00〜17:48

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv293328658

YouTube : 
https://youtu.be/1Am6b3j9mY4


2015年のEU:再エネ2020年目標達成は28ヶ国のうち11ヶ国

 今月14日の eurostat の発表によると、2015年での欧州連合(European Union(EU))28ヶ国全体の最終エネルギー消費に占める再生可能エネルギーの比率は16.7%になり、統計を開始した2004年での8.5%の約2倍になった。

《原文より抜粋》

In 2015, the share of energy from renewable sources in gross final consumption of energy reached 16.7% in the European Union (EU), nearly double 2004 (8.5%), the first year for which the data are available. 
 
 EU全体の2020年の再エネ導入目標は電源構成比20%であり(資料1)、国別で見ると28ヶ国のうち11ヶ国が自国の再エネ導入目標を既に達成している(資料2)。

<資料1>
53
 2017.3.14 eurostat newsrelease

<資料2>

40
2017.3.14 eurostat newsrelease

  2015年において、最終エネルギー消費量が再エネである国は、上から順に、スウェーデン(再エネ比率53.9%)を筆頭に、フィンランド(同39.3%)、ラトビア(同37.6%)、オーストリア(33.0%)、デンマーク(30.8%)など。
 逆に、下から順では、ルクセンブルク(5.0%)、マルタ(5.0%)、オランダ(5.8%)、ベルギー(7.9%)、イギリス(8.2%)など。


With more than half (53.9%) of energy from renewable sources in its gross final consumption of energy, Sweden had by far in 2015 the highest share, ahead of Finland (39.3%), Latvia (37.6%), Austria (33.0%) and Denmark (30.8%). At the opposite end of the scale, the lowest proportions of renewables were registered in Luxembourg and Malta (both 5.0%), the Netherlands (5.8%), Belgium (7.9%) and the United Kingdom (8.2%).

米国トランプ政権:ユッカマウンテン最終処分場建設計画再開に向けた動き(2018年度予算原案より)

 米国トランプ政権は今月16日、2018会計年度(201710月~20189月)予算案の骨子“America First”を公表した。
 

 原子力発電所から出た使用済核燃料の最終処分に関して、エネルギー省(DOE)関連の予算案の中に、前オバマ政権が2010年に中止したネバダ州ユッカマウンテン最終処分場建設計画の許認可活動を再開するための予算が計上された。

 他方で、原子力発電所の新設に対する融資保証措置や、電力部門のCO2排出量削減を図った「クリーン・パワー・プラン(CPP)」、国際的な気候変動対策などに係る予算措置については打ち切る方針。

 

《“America First”より抜粋》

Provides $120 million to restart licensing activities for the Yucca Mountain nuclear waste repository and initiate a robust interim storage program. These investments would accelerate progress on fulfilling the Federal Government’s obligations to address nuclear waste, enhance national security, and reduce future taxpayer burden.

https://www.whitehouse.gov/sites/whitehouse.gov/files/omb/budget/fy2018/2018_blueprint.pdf

 

 上記のように、ユッカマウンテン計画の再開について、12000万ドルの予算が計上された。米国では1970年代からユッカマウンテン計画が検討されてきたが、地元の反発が強いことなどから、オバマ前大統領が2010年頃に計画中止を決定。
 

 米国の原子力産業では、使用済燃料の行き場がないことが大きな問題の一つとなっている。今回の予算案は、この問題の解決に向けた前進材料になるはずだ。しかし、計画の実施に向けた動きが再開されるにせよ、実際にはまだまだ時間が必要で、最低でも10年程度は要すると見込まれる。

 

 米国原子力エネルギー協会(NEI)の発表では、同協会のコースニック理事長は、
 

①ユッカマウンテン計画と中間貯蔵プログラムの再開のための予算措置を講じることを賞賛する一方で、


②研究開発予算が削減されることについて、ロシアや中国といった競争国に米国がリーダー的立場を譲り渡しつつあるとのシグナルを最もまずいタイミングで世界中に発信するとの懸念を表明するとともに、


③原子力技術で米国がリーダー的立場を確保するには、強力な政策的支援や重要機関の欠員を補充する必要がある


と述べている。 

 

NEI発表より抜粋》

“The nuclear energy industry is encouraged by the news that the preliminary budget for the U.S. Department of Energy (DOE) includes funding to both re-start licensing activities for the Yucca Mountain nuclear waste repository and initiate a robust interim storage program,”

 

“Reducing the nuclear energy research budget now would send a signal around the world that the U.S. government is ceding leadership to competitors like Russia and China, at exactly the wrong time.”

 

American leadership in nuclear technology requires prudent policy support and filling vacancies in leadership positions at crucial agencies.

 

 トランブ氏は、大統領選挙キャンペーンの時から今まで、原子力発電など原子力平和利用に関しては殆ど発言してこなかった。シェール革命などもあって天然ガスを安価に調達できるようになり、今後とも低廉安定生産が見込まれている今、米国では原子力発電に対する関心度は当面あまり高まらないであろう。
 

 日本としては、米国の原子力発電に対する空気を悲観する必要はない。日本は、米国と違って、既設原子力発電所に代替し得るような低廉かつ安定的な電源を確保できる状況にはない。

 

 日本は、米国における今回のユッカマウンテン計画再開への動きにかかわらず、引き続き原子力発電の日本国内での有用性を前面に押し出しながら、既設原子力発電所の正常化に向けた努力を続けていくことが最善だ。

世界のエネルギー関連CO2排出量 〜 経済成長下でも3年連続横這い

 今月17日付けの国際エネルギー機関(IEA ; Internetional Energy Agency)の発表によると、世界のエネルギー関連CO2排出量は、経済成長下であるにもかかわらず、2014〜16年で横這いだったとのこと。その理由としては、①再生可能エネルギー発電の増加、②石炭から天然ガスへの転換の進展、③エネルギー使用効率の向上が挙げられている。

《原文より抜粋》
Global energy-related carbon dioxide emissions were flat for a third straight year in 2016 even as the global economy grew, according to the International Energy Agency, signaling a continuing decoupling of emissions and economic activity. This was the result of growing renewable power generation, switches from coal to natural gas, improvements in energy efficiency, as well as structural changes in the global economy.

01
2017.3.17 IEA

 二大CO2排出国である米国と中国でCO2排出量が減少し、欧州では横這いで、その他の国々では増加した。最大のCO2排出量減少は米国によるもので、シェールガス供給増と再エネ発電増が石炭代替となって、経済成長率+1.6%の下でCO2排出量は▲3%(▲1億6000万t)であった。

Carbon dioxide emissions declined in the United States and China, the world’s two-largest energy users and emitters, and were stable in Europe, offsetting increases in most of the rest of the world.
The biggest drop came from the United States, where carbon dioxide emissions fell 3%, or 160 million tonnes, while the economy grew by 1.6%. The decline was driven by a surge in shale gas supplies and more attractive renewable power that displaced coal. 

49
2017.3.17 IEA

 2016年においては、世界の電力需要増の半分以上を再エネが占め、その過半は水力だった。原子力発電設備容量は、1993年以来の高い伸びを示した。石炭は、米国での需要減(前年比▲11%)が際立ち、米国の発電部門で初めて天然ガスが石炭を上回った。

In 2016, renewables supplied more than half the global electricity demand growth, with hydro accounting for half of that share. The overall increase in the world’s nuclear net capacity last year was the highest since 1993, with new reactors coming online in China, the United States, South Korea, India, Russia and Pakistan. Coal demand fell worldwide but the drop was particularly sharp in the United States, where demand was down 11% in 2016. For the first time, electricity generation from natural gas was higher than from coal last year in the United States.

 中国では、経済成長率+6.7%の下でも、石炭需要減によってCO2排出量は前年比▲1%となった。これは、電力部門における再エネ、原子力、天然ガスの割合が増加したことに加え、大気汚染防止対策として産業部門や建築部門で石炭から天然ガスへの転換が政府主導で行われたことによる。

 中国の電力需要は+5.4%で、その2/3は水力・風力・原子力であった。新たに5つの原子炉が送電網に繋がり、原子力発電は+25%となった。

In China, emissions fell by 1% last year, as coal demand declined while the economy expanded by 6.7%. There were several reasons for this trend: an increasing share of renewables, nuclear and natural gas in the power sector, but also a switch from coal to gas in the industrial and buildings sector that was driven in large part by government policies combatting air pollution.

Two-thirds of China’s electricity demand growth, which was up 5.4%, was supplied by renewables — mostly hydro and wind – as well as nuclear. Five new nuclear reactors were connected to the grid in China, increasing its nuclear generation by 25%.

 欧州では、天然ガス需要が+8%、石炭需要が▲10%で、CO2排出量はほぼ横這いであった。再エネは重要だが、役割としては小さかった。

In the European Union, emissions were largely stable last year as gas demand rose about 8% and coal demand fell 10%. Renewables also played a significant, but smaller, role.  

【ハフィントンポスト寄稿】今国会で"原発40年規制"の改正を議論せよ!

今国会で"原発40年規制"の改正を議論せよ!


今国会では、原子炉等規制法の改正案が提出されている。だが、"原発40年規制"の改正は盛り込まれていない。

今月12日付け産経新聞社説でも、「運転開始から40年で原発を原則廃炉とする現行法のままでは2030年以降の電力安定供給が危うくなる。

パリ協定で日本が世界に約束した二酸化炭素の排出削減もおぼつかない。国会審議で40年運転制限を見直し、法改正に反映すべきである」などとして、この問題を指摘している。

法律改正の条文案は、原子力規制委員会のホームページ(http://www.nsr.go.jp/data/000177155.pdf)に掲載されている。

主な改正内容は、国際原子力機関(IAEA)による総合規制評価サービス(IRRS)報告において指摘された状況を踏まえ、「検査制度の見直し」と「放射性同位元素使用施設等の規制の見直し」を行うものとある。

しかし、今回の法律改正には"原発40年規制"に関する見直しが全く抜け落ちている。

私は数年前から、数多の拙稿でこの問題の解決に向けた提言をしてきた。

"原発40年規制"は即刻改善すべし このままでは関西経済が最初の生け贄に

"原発40年規制"の根拠は「科学と技術」でなく「政治と空気」 ~ 専門家でない政治家が決めた危険な安全ルール

"原発40年規制"は原発殺処分ルールではない! ~世界標準に合わせた「原子力平和利用ルール」に昇華させよ

日本の原子力規制委員会は世界に冠たる「NRC(Nuclear Regulatory Commission)」になれるのか?

米国の元原子力規制委員会委員長 米国の原発「40年」ルールに科学的根拠はない 〜 "It was a guess."

科学的根拠なき「原発40年ルール」を変えるには、なにが必要か

アメリカの専門家が疑問視する「原発40年ルール」を日本が盲信する不可思議さ

この"原発40年規制"は、2011年3月の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故の後、当時の民主党政権が突如打ち出したもの。

"40年"という数値には科学的根拠はない。政治的な空気の中で導入された不見識で悪しき規制の典型だ。

この規制は、米国の「40年ルール」を参考にしたものとされている。

しかし、米国では約100基の原子炉が稼働中で、このうち約8割は「60年」の運転期間が認められている。更に、幾つかの原子炉については「80年」までの運転延長が検討され始めている。

2012年6月に成立した原子力規制委員会設置法の附則には、「法律の施行後3年以内の見直し」が規定されていたが、この"原発40年規制"は見直されなかった。

多くのマスコミは、運転開始から40年を超えた原子力発電所を"老朽原発"と揶揄するような言い方をしているが、これは間違った表現だ。一部のマスコミが"古くて危ない"と思わるための雰囲気を作り上げたいだけではないのか。

どこの発電所も、長期運転に備えた高経年化対策として、大規模な設備の取替工事を行うとともに、原子炉圧力容器など取替えが難しい設備には詳細な調査を行うなど、原子力事業者は「60年」運転しても問題ないことを確認している。

震災後、日本原子力発電敦賀1号機、関西電力美浜1・2号機、中国電力島根1号機、九州電力玄海1号機、四国電力・伊方1号機の計6基が廃炉を決めた。

これらの廃炉を決めた理由は"高経年化"ではない。いずれも出力が低いため、新規制基準に適合させる大規模工事を行ったとしても、十分な経済性が発揮できないからだ。

他方で、出力が比較的大きい関西電力高浜1・2号機、関西電力美浜3号機の計3基が"原発40年規制"を通過し、「60年」までの運転延長が認められた。

この審査の過程で、人手が足りない原子力規制庁は、関西電力大飯3・4号機その他の再稼働申請の審査を後回しにするなど、新たな問題を発生させている。

加えて、これら"原発40年規制"を通過したこれらの発電所でも、新規制基準に関する許認可手続きや対策工事のために、今後も長期間停止することになる。

その停止期間も延長運転期間に算入されるので、残存運転可能期間が大幅に減少してしまう。

原子力事業者が安全対策やリフレッシュ工事を大規模に行えば行うほど、残存運転可能期間が短くなり、経済的優位性が低くなるという大きな矛盾を生じさせることになるわけだ。

そこで、"原発40年規制"の運用については、少なくとも次のような改善を行うべきである。


(1)現在の運用ルールは、延長認可の申請ができる時期を運転開始から40年になる時点の「1年3ヶ月前~1年前までの間」に限定しているが、この申請を数年以上前からでもできるようにすること。

(2)運転延長の審査中に認可を取得できないまま運転開始から40年を迎えた場合であっても、審査中は運転許可が失効しないものとすること。

(3)運転停止中は設備の劣化が進まないため、「20年」の延長を算出する起点を、運転延長認可などに係る工事が終了し、最初の運転を開始した時点とすること。


このうち(1)と(2)は、私が数年前から訴えてきたものであり、今回は(3)を含めて再度提案したい。

今年1月21日付け産経新聞社説によれば、原子力発電所の再稼働の遅れにより「火力発電の燃料輸入増による国富流出が累計15兆5千億円に上っている」とある。

これだけあれば、膨れ上がっている東京電力福島第一原発の事故処理費用21兆5千億円の半分以上を賄えたはずだ。

"原発40年規制"は政治的な空気の中で導入された以上、今国会の政治的な議論を通じてより良いものへと改正し、原子力平和利用を適切に進めるためのルールに昇華させていくべきだ。

2017年度の再生可能エネルギー買取総額 = 2.7兆円(前年比4000億円増)

 経済産業省は昨日、2017年度の再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)による2017年度の新規参入者向け買取価格と賦課金単価を次のように決定した。

  2017年度の再エネ賦課金単価 = 1kWh当たり2.64円

45
2017.3.14 経済産業省HP


 即ち、2017年度の再エネ買取総額は2.7兆円で、前年比4000億円増となる。

 また、標準家庭(1ヶ月の電力使用量が260kWh(2016年11月時点の東京電力他の管内の標準家庭の電気使用量は260kWh/月)では、年額8,232円、月額686円の負担となる。
 昨年度までの標準家庭としての電力使用量300kWh/月とした場合の負担額は、年額9,504円、月額792円(2016年度は年額8,100円、月額675円)となる。

 この新しい再エネ賦課金単価は、2017年5月検針分の電気料金から2018年4月検針分の電気料金まで適用されるとのこと。

 2017年度で年間2.7兆円という再エネ買取総額の規模感であるが、消費税1%の1年分が2.5〜2.6兆円なので、再エネ買取総額は消費税1%分よりも大きいことになる。因みに、再エネ賦課金総額は2.1兆円程度。

 こうした比較評価をすることで、それぞれの分野での負担に係る納得感を計ることができるだろう。

2017.2.24 党原子力規制PT 〜 元米国原子力規制委員長「日本における許認可プロセスには欠陥がある」

21

 40

 先月24日の自民党原子力規制PTで、元米国原子力規制委員長のリチャードメザーブ氏が出席。

 その際に同氏が提示した資料は、党HPには何故か掲載されていないので、その日本語部分を以下に貼付しておく。
 
 ↓


23



54

03

11

19


28

 

電力会社の切り替え:2/28集計で311万件(全世帯の5%弱)

 電力広域的運営推進機関が、2月28日24時までの情報照会、スイッチング(切り替え)の申込み状況を集計したところ、それぞれ全国計で2373.91万件、311.02万件であった(資料1)。
 
<資料1> 
04
 全国の世帯数に関する直近のデータとして経済産業省が用いているのは約6,253万で、これは2015年度の一般家庭等の通常の契約口数(資料2)。これをベースにすると、今のところ、切替え件数は全体4.97%(≒ 5.0%)、情報照会から切り替えに至るのは13.10%となる。 

 もうじき、切替え率はようやく“5%”を超えることになるだろう。

 しかし、経産省が2015年11月18日に発表した資料では、「8割の人は、少なくとも切り替えの検討はする意向」、「現時点で切り替えを前向きに捉えている(「すぐにでも変更したい」「変更することを前提に検討したい」)人に限っても、25%弱存在する」とのアンケート調査結果が掲載されている。

 上述のように、現実はまだまだその域には達していない。予想通りではあるのだが、桁違いに低いのはかなり痛い。図らずも、こうしたアンケート調査には、調査主体の期待感が込もり過ぎる傾向があることを示した格好になってしまった。

<資料2>
41

 因みに、電力自由化から一定程度時間の経過した欧州では、年間切替え率について、スペインやイギリスなど9カ国で10%を超える一方で、フランスやデンマークなど5%未満の国も同程度存在しているようだ(資料3)。

 この年間切替え率は、電力自由化の進捗状況を表す指標の一つではある。その進捗状況が当初見込みよりも芳しくないと判断された場合には、その責任は大手電力会社に帰せられる可能性が高い。最悪、大手電力会社は、送電部門の所有分離まで半ば強引に課せられてしまうだろう。

 だが、電力自由化が『低廉かつ安定な電力供給システムの水準』を維持・向上させるものかどうかは、実は甚だ覚束ない。少なくとも欧米の先行例から見ると、むしろ失策であった。

 それは、このブログで何度も掲載したことだが、欧米諸国の電気料金水準の動向を見れば一目瞭然。実際、低所得層を中心とした大多数の家庭用電気料金は下がっていないし、下がりようもないことは、自由化以前からわかっていたこと。

 特に日本では、原子力発電が再開されていないことに伴うコスト増が最大要因。今回の電力自由化については、電力消費量が比較的多い消費者などは別だが、国全体として見た場合には、これまで以上のコスト低減に寄与していることは、いずれのデータからも窺うことはできていない。

<資料3>

[時評・ウェーブ]石川和男/「介護離職」企業は1割だが…

[時評・ウェーブ]石川和男/「介護離職」企業は1割だが…(2017.23.9 電気新聞)

 “介護離職”という言葉が聞かれる。親族の介護を理由として退職や転職を余儀なくされることだ。
 独立行政法人労働政策研究・研修機構が昨年5月に公表した「介護者の就業と離職に関する調査」では、介護離職の実態について次のように報告されている。
 (1)介護期間と介護離職
 (1)要介護者が施設や病院で過ごす期間を含めた全介護期間は平均39.5カ月で、10年を超えることもある。
 (2)在宅介護期間は平均18.0カ月で、長くても5年以内。
 (3)在宅介護期間が3年を超えると、介護発生時の勤務先を勤め続ける割合(同一就業継続率)は下がる。
 (4)要介護者と同居している場合は在宅介護期間が1年を超えると同一就業継続率は下がり、別居の場合は3年を超えると下がる。
 (2)介護休業制度と介護離職
 (1)介護発生時の勤務先に介護休業制度がある場合、在宅介護期間が3年以内であれば同一就業継続率は高くなる。
 (2)勤務先が法定を超えて定める制度については、休業取得可能期間が93日を超える長期の休業よりも、複数回に分割できる方が就業継続率の上昇につながる。
 (3)柔軟な働き方と就業継続
 (1)短時間勤務制度、始業・終業時刻の繰り上げ・繰り下げ、所定外労働免除の制度が介護発生時の勤務先にある場合は同一就業継続率が高くなる。
 (2)1日の作業量やスケジュールの裁量がある働き方をしている場合は、そうでない場合に比べて3年を超える在宅介護期間の同一就業継続率が高くなる。
 また、東京商工リサーチが昨年12月に公表した「『介護離職』に関するアンケート調査」は、上記の調査とは別の視点で、次のような調査結果を報告している。
 (1)過去1年間に介護離職者が発生した企業は1割。
 (2)将来的に介護離職者が増えると考えている企業は7割。
 (3)仕事と介護の両立支援への取り組みは、7割の企業が不十分と認識。
 介護保険サービスは、国策の公益事業。政府は「介護離職ゼロ化」を掲げる。そのためには相応の財源が必要で、消費増税によって賄うことが有力。だが、増税になかなか踏み切れないのが現実の政治だ。
 介護保険サービスの根拠となっているのは介護保険法で、その目的は要介護者の尊厳の保持や自立の支援。しかし、どんなに目的が崇高でも、実際にそれを行うためのヒト・モノ・カネが十分でなければ画餅で終わる。
 では、「介護財源」をどこから捻出するか? 本来ならば、いわゆる無駄の削減によって捻出すべきだが、それは事実上困難。介護が他の事業よりも優先順位が高いので優先的に予算を獲得しろ!とはとても言えない。社会保障費は、教育費や公共事業費、防衛費など他のどの予算よりも大きな支出額で、他の予算の削減分を財源とすることもできない。
 となると、社会保障費の中で予算額を調整するしかない。その場合、介護よりも支出額の大きい年金・医療からの財源転用があり得るが、実際には無理だ。年金・医療よりも介護の優先順位が高い、とは説明し切れない。やはり、介護保険財政の枠中で調整していくほかない。これを政策理念の観点から見ると、「国民皆介護」の修正となる。もともと、「国民皆介護」には無理があることは暗示されていたので、今後はそれを明示していくに過ぎない。「選択介護」にならざるを得ない。
 要介護者自身よりも、その近親者を救うためのものであると認識しておくべきだ。要介護者の近親者の状況いかんで介護保険サービスに差を設けざるを得ない時が来るだろう。

FullSizeRender

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.10

2017年3月9日14:00〜14:59

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv292380626

YouTube : https://youtu.be/tNbiJlNVD0k

供給不足と価格上昇への危惧 〜 2020年以降の石油市場に関するIEA予測

 国際エネルギー機関(IEA ; International Energy Agency)が今月上旬に発表した “ OIL 2017 Analysis and Forecasts to 2022 ” では要するに、次のような予測が出されている。

①石油需要は、2022年までは主要途上国で強く成長する見込み。

②現在の石油供給が豊富に思えても、更に高い生産能力が必要であることが2020年頃には明らかになる。

③2015〜16年の前例なき投資減少を考えると、大幅なコスト削減にもかかわらず、上流開発プロジェクトが計画通りに完了するかどうかは不明。

④石油生産余力が減退すると、2022年までに石油価格が急激に上昇するリスクがある。

《原文より抜粋》
■Oil demand is expected to grow strongly at least to 2022 with the main developing economies leading the way.
■The need for more production capacity becomes apparent by the end of the decade, even if supply appears plentiful today.
■It is not clear that upstream projects will be completed in time given the unprecedented two-year fall in investment in 2015 and 2016 although major reductions in costs will help.
■There is a risk of prices rising more sharply by 2022 if the spare production cushion is eroded.


 上記のIEA予測は、日本ではあまり大きく報じられてはいない。

 しかし、日本におけるエネルギー市場動向を俯瞰すると、概ね次の通り。


 ⑴ 化石燃料について、対外依存度がオイルショック時よりも高くなっており、2014年度では電源構成ベースで88%となった(資料1)。

 ⑵ 資源小国の日本は石油・天然ガスなどの資源に乏しく、2014年のエネルギー自給率は6.0%と低い水準のまま(資料2)。

 ⑶ このような自給率の低下傾向は、2011年3月の東日本大震災による福島第一原子力発電所事故を契機として再び始まり、他方で、『原子力正常化』への政治的英断への機運は今も一向に高まっていない。

 ⑷ 震災以降、原子力発電所の稼働停止を受けて、LNG(液化天然ガス)火力発電の焚き増しが行われたため、追加的に大量のLNGを輸入し、結果的に貿易赤字への転落や経常収支の大幅悪化の主因の一つとなった。2015年は原油価格下落に連動して、LNG輸入金額は減少(資料3)。

 ⑸ 石炭について、CO2排出抑制の点から環境政策上の制約が高まっていること。

 ⑹ 再生可能エネルギーについて、過剰とも言える大きな期待感にもかかわらず、今後当面の技術では、低廉安定供給能力の点で化石燃料や原子力に遠く及ばないこと。

 石油需給逼迫リスクはLNG価格上昇リスクに繋がる。

 これは、化石燃料への輸入依存度が非常に高い今の日本にとっては、大きなエネルギー安全保障上の隘路になる。

 日本において『原子力正常化』と『再エネ適正化』によるエネルギー自給率向上が緊要である理由は、上記ような国際機関の予測でも明らかだ。政治の英断一つなのである。


<資料1>
04
http://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/pdf/energy_in_japan2016.pdf

<資料2>
50
http://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/pdf/energy_in_japan2016.pdf

<資料3>
25
http://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/pdf/energy_in_japan2016.pdf

2016年度の再エネ買取総額:2016年10月までの累計は1兆2600億円(対前年比3200億円)

 資源エネルギー庁が定期的に更新している再生可能エネルギーに関する『固定買取価格制度 情報公表用ウェブサイト』によると、昨年10月末時点における再エネ発電設備に係る買取電力量・買取金額は、それぞれ資料1・資料2の通り。

<資料1:買取電力量(万kWh)>
29
(出所:資源エネルギー庁「固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト」)

<資料2:買取金額(億円)>
44
(出所:資源エネルギー庁「固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト」)

 エネ庁が昨年3月に公表した「再生可能エネルギーの平成28年度の買取価格・賦課金単価」の概要は資料3の通り。

 これによると、2016年度では、再エネ買取額は年間2兆3000億円、再エネ賦課金は年間1兆8057億円と見込んでおり、再エネ賦課金単価は1kWh当たり2.25円(標準家庭(1ヶ月の電力使用量300kWh)で月額675円、年額8,100円)。

<資料3>
20

 昨年10月まで7ヶ月間の買取額は1兆2613億円(対前年同期比3191億円増)。今年度の残り5ヶ月(昨年11月~今年3月)が同じ程度で推移すると仮定すれば、今年度の買取額は2兆1622億円となり、現時点のデータでは約1378億円未達のペース

 国民全体の電力コスト負担増を抑える観点からは、未達額が大きいことは決して悪いことではない。

 ただ、これはあくまでも単純計算に過ぎない。太陽光や風力は天候に左右されるので、実際にどうなるかはわからない。

 増えるかもしれないし、減るかもしれない。

 この買取額分は、再エネ導入のための電力消費者からの“補助金”のようなものであるが、その多寡に関する価値観は個々人で大きく異なるであろう。

月刊Business i. ENECO 地球環境とエネルギー 2017年3月号:使用済み燃料と高レベル放射性廃棄物 中間貯蔵の延長コストは高くない!

 先月28日発売の月刊Business i. ENECO 地球環境とエネルギー 2017年3月号での連載「石川和男のエネルギー&環境スピークアウト」。

<使用済み燃料と高レベル放射性廃棄物 中間貯蔵の延長コストは高くない!>

59
53
15
 

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.9

2017年3月2日17:00〜17:59

“原発処理費40兆円に拡大・・・”との東京新聞記事について

 今朝の東京新聞ネット記事では、同紙が政府推計や予算資料を集計したところ、国内の“原発処理経費”は最低40兆円に上ることが判明したとのこと。この記事には誤解を与える部分が少なくないので、細かに事実関係に照らして正誤を見ていく。(記事原文をそのまま引用したのが以下の斜字部分)


・40兆円は国民1人当たり32万円。原子炉や核燃料処理費がかさむのは危険な核物質を処理する必要があるため。自治体補助金も「迷惑料」の色彩が強い。原発の建設・運営費も事故後は安全規制強化で世界的に上昇している。

➡︎原子力発電所に係る諸経費が「安全規制強化で世界的に上昇している」のは事実。焦点を原子力だけに当てれば、原子力関連コストが増えたとの見解は実に正しい。
 米国のスリーマイル島原子力発電所事故(1979年)や旧ソビエトのチェルノブイリ原子力発電所事故(1986年)の後も、安全規制強化によって、国ごとに違いはあれど、国ごとに原子力関連コストは増えてきた。福島第一原子力発電所事故(2011年)の後も、日本を含めて多くの原子力発電所立地国で原子力関連コストは増加している。


➡︎「原子炉や核燃料処理費がかさむのは危険な核物質を処理する必要があるため」とあるが、その必要性については全くその通り。
 だが、ここで言う「処理費」が事後的に加算されるコストだとすれば、火力発電や水力発電その他再生可能エネルギー発電など原発以外の電源でも、事後的に加算されるコストは相応にある。
 例えば、火力発電全般に係るCO2など温室効果ガスやSOx・NOxなど公害物質による事後的な環境影響対策に要するコスト、水力その他再エネ発電に係る事後的な環境影響対策に要するコストが挙げられるが、これらには電源コストに含まれていないものがまだまだ相当ある。


➡︎「自治体補助金も「迷惑料」の色彩が濃い」とあるが、これは原子力発電所に限ったことではない。他の例として、ダムや空港、高速道路、ゴミ処理場など公共インフラの立地・建設に当たっては、こうした「迷惑」を全て含み置いた上で、立地地域の経済社会振興の観点からも、国や自治体の予算が組まれている。
 これらを殊更に迷惑料だと称して批判するならば、その矛先は有権者の代表者の集まりである国会や地方議会に向けられなければならない。


 
・政府は福島事故処理費を13年時点で11兆円と推計したが、被害の深刻さが判明するにつれ、21.5兆円と倍増。本来は東電が負担すべきものだが政府は原則を曲げ、電気代上乗せなど国民負担の割合を広げている。被災者への賠償金は、新電力会社の利用者も含め全国民の電気代に転嫁され、福島原発廃炉費も東電管内では電気代負担となる方向だ。除染も一部地域について17年度から税金投入(初年度300億円)する。

➡︎「13年時点で11兆円と推計した」のは、想定が甘かったからと言うより、想定の範囲がその時点での政策判断の範囲であったからに過ぎない。いったん推計された負担水準が事後的に増減することは、原子力関連事故処理だけのことではなく、社会保障、国防、教育、公共事業など他の政策領域でも常時発生していることだ。その典型例は『消費増税』である。

➡︎「本来は東電が負担すべきもの」というのは正しくなく、福島第一原子力発電所事故後の政治プロセスにおいて、本来は国家賠償として負担すべき政府が国家賠償を逃れられた結果論でしかない。
 「電気代上乗せなど国民負担の割合を広げている」のは、東京電力の責任ではなく、原子力規制を運用する政府の責任。それこそ本来の原則に立ち返ると、世界共通の常識的な原子力規制運用をしつつ、原子力発電収益から捻出する運用とすれば、『追加費用は発生するが、追加負担は発生しない』ことになる。つまり、「電気代上乗せ」など不要にすることができる。それをしないのは、政治の不作為である。


 
・1兆円を投入しながら廃止が決まった高速増殖炉「もんじゅ」についても政府は昨年末に後継機の研究継続を決定。税金投入はさらに膨らむ方向。青森県の再処理工場などもんじゅ以外の核燃料サイクル事業にも本紙集計では税金などで10兆円が費やされた。核燃料全般の最終処分場の建設費も3.7兆円の政府見込みを上回る公算だ。

➡︎「もんじゅ」は1995年にナトリウム漏洩事故を起こして以来、不遇に処されてきた。これには様々な要因があるが、政治・行政がしっかりとした対応をしてこなかったことが最大の原因だろう。失政の誹りを免れることはできない。

➡︎「青森県の再処理工場」とは、六ヶ所再処理工場のこと。これは軽水炉に係る核燃料サイクルを担うものなので、高速増殖炉「もんじゅ」と結び付けて論ずるのは正しくない。しかし、つい最近までの政府資料においては、軽水炉サイクルと高速炉サイクルを関連させていたので、世間が両者を結び付けて考えるのも仕方ないことだ。今はきちんと修正されている。

➡︎六ヶ所再処理工場は、4年前にアクティブ試験を通過しているので、原子力に係る新規制基準の運用が改善されれば、今すぐにでも竣工できる状態にある。こうしたことは、一般に報じられた形跡はなく、国会や政府審議会の場で叫ばれたこともない。現政権は、“世論”を読み過ぎている。(六ヶ所再処理工場の早期竣工や原子力発電早期再開を含めた原子力正常化を政治判断すると、支持率は一瞬落ちるかもしれないが、一週間もすれば回復するだろう。)

➡︎「青森県の再処理工場など・・・税金などで10兆円が費やされた」とあるが、軽水炉サイクルの開始による化石燃料コスト削減効果だけを見ても、十分にお釣りが貰える計算になる。もちろん、竣工を遅らせる分だけ損は出るので、早期の竣工が望ましいことは言うまでもない。

➡︎「核燃料全般の最終処分場の建設費も3.7兆円の政府見込みを上回る公算」とあるが、仮にそうだとしても、事後的な費用の増加は適宜対処していくしかない。現実の政治・行政は、常にその繰り返しである。

 

・自治体への補助金も電気代に上乗せする電源開発促進税が主な財源。多くの原発が非稼働の現在も約1400億円(15年度)が予算計上されている。

➡︎この補助金の多寡はどうであれ、この補助金が減ったり無くなったりした場合にどうなるか、記事では全く述べていない。この補助金は、原子力発電所の立地地域と国の間の約束事である。そう簡単に止めるわけにはいかない。この類の報道に言えることだが、批判するだけしておいて、解決策への提言は一切ない。批判するだけなら誰でも楽にできる。


・大島堅一立命館大教授によると1kWh当たりの原発の発電費は安全対策強化で上昇した原発建設費も算入すると17.4円と、水力(政府試算11.0円)を6割、液化天然ガス火力(同13.7円)を3割上回る。原発を進める理由に費用の安さを挙げてきた政府の説明根拠も問われている。

➡︎この話については、昨年12月20日のBSフジ・プライムニュースで山本拓・衆議院議員や大島堅一・立命館大学教授とスタジオで議論した際にも若干申し上げたが、
 ①費用計算結果は、費用計算前提でどうにでも変わる、
 ②原子力関連コストの前提だけを広げるのは、比較対象を歪めるので不適切である、
 ③火力コストには、計算し切れていない将来の地球温暖化被害コストが含まれていない、
 ④火力や水力には、落命など被害コストや他の事後コストが含まれていない
等々のことから、日本では既設原子力発電所による電気が最も安いことには変わりない。

58
http://www.bsfuji.tv/primenews/text/txt161220.html

➡︎「原発を進める理由に費用の安さを挙げてきた政府の説明根拠も問われている」とあるが、原子力だけでなく、化石燃料(石炭、石油、天然ガス)、水力その他再エネ(地熱、バイオマス、風力、太陽光など)に関しても、同じように説明根拠を問う必要がある。
 この場合、①事故時の避難コストでは原子力は大敗し、②発電単価当たりの落命数からは水力と石炭が大敗し、③低廉安定供給能力の観点からは太陽光と風力は大敗する等々になるだろう。下表と同じようなものを原子力以外の電源についても試算してみればわかるだろうが、当面の日本では、原子力発電コストが最安値となることは間違いない。


 30
2017.2.26 東京新聞ネット記事

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.8

2017年2月23日20:00〜20:58

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv291097199

Youtube : https://youtu.be/E2vXu3UeI8E

 

WWFジャパンの“2050年自然エネルギー100%社会実現シナリオ”を報じたのは朝日新聞だけ・・・

 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)が昨日発表した『脱炭素社会に向けた長期シナリオ2017 ~パリ協定時代の2050年日本社会像~』という報告書(概要版インフォグラフィックス版)では、「日本は2050年までに、技術的にも経済的にも、石炭や石油などの化石燃料に頼らない、自然エネルギー100%の脱炭素社会を実現できること」が改めて示されたとのこと。

 ここでの自然エネルギーとは、太陽光や風力を中心とする再生可能エネルギーのことを指しているようだ。上記の報告書の全文を細かに評価していこうと思ったのだが、政策に昇華させようとする視点からは到底採用できない前提条件があまりにも多いので、実は評価しようがない。

 最も簡単に表現されているのがインフォグラフィックス版であり、その全てを貼付すると以下の2枚のシートになるが、取り急ぎ私見を幾つか書き置いておくと、次の通り。

①GHG(温暖化ガス)排出量について、2030年の“政府2015見通し”でさえ実現が極めて困難なのに、それを超えるシナリオは更に実現を見込めない。

②省エネルギーについて、巨額の投資が必要になるはずだが、その財源論が皆無。

③太陽光・風力について、立地地点の選定が全くなされていないだけでなく、今後の再エネ賦課金の負担額が示されていない。


10

22
出所:http://www.wwf.or.jp/activities/upfiles/170216energyscenario04_infographic.pdf

 以上①〜③の他にも、政策立案面に必須な素材に関する欠陥が多数ある。

 自然エネルギー(≒ 再生可能エネルギー)を信奉することは構わないが、上記のようにあまりにも奇妙なシナリオを提示してしまうと、逆に誰にも信頼されなくなるだろう。もっとも、この点では、政府がこれまで提示してきた全てのエネルギー需給見通しにも全く同じことが言える。

 因みに、パリ協定の際に各国から提示された各国のエネルギー需給関連シナリオについても、日本と同様、実現性はどれも極めて乏しい。それは、歴史が証明してきたことであるし、今後も証明し続けるはずだ。政策目標とは、かなり背伸びしたものなのだ。だから、それを超える背伸びが実現しないことは、真の政策当局者や専門家、有識者は常に知っている。

 原子力や化石燃料を敵視し、自然エネルギーへの過剰な礼賛を繰り返してきた多くの大手マスコミでさえ、上記のWWFジャパンの提言を報じたのは、現時点では、昨日の朝日新聞報道以外には見当たらない。

 こうした報道の実情は、上記のWWFジャパンが世界的な大組織であって相応の宣伝体制を有しているにもかかわらず、その組織力が傾注された提言が現実の多くの報道現場からは軽視(ないし無視)されていることを如実に示している。これは、甚だ勿体ないことだ・・・。

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.7

2017年2月16日17:00〜17:58

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv290436493

Youtube : https://youtu.be/nu6Wlqa7N00

 

電力会社の切り替え:1/31集計で292万件(全世帯の4.7%程度)

 電力広域的運営推進機関が、1月31日24時までの情報照会、スイッチング(切り替え)の申込み状況を集計したところ、それぞれ全国計で2154.43万件、292.01万件であった(資料1)。
 
<資料1> 
08
 全国の世帯数に関する直近のデータとして経済産業省が用いているのは約6,253万で、これは2015年度の一般家庭等の通常の契約口数(資料2)。これをベースにすると、今のところ、切り替え件数は全体4.67、情報照会から切り替えに至るのは13.55%となる。

 経産省が2015年11月18日に発表した資料では、「8割の人は、少なくとも切り替えの検討はする意向」、「現時点で切り替えを前向きに捉えている(「すぐにでも変更したい」「変更することを前提に検討したい」)人に限っても、25%弱存在する」とのアンケート調査結果が掲載されている。

 しかし上述のように、現実はまだまだその域には達していない。予想通りではあるのだが、桁違いに低いのはかなり痛い。図らずも、こうしたアンケート調査には、調査主体の期待感が込もり過ぎる傾向があることを示した格好になってしまった。

<資料2>
41

 因みに、電力自由化から一定程度時間の経過した欧州では、年間切替え率について、スペインやイギリスなど9カ国で10%を超える一方で、フランスやデンマークなど5%未満の国も同程度存在しているようだ(資料3)。

 この年間切替え率は、電力自由化の進捗状況を表す指標の一つではある。その進捗状況が当初見込みよりも芳しくないと判断された場合には、その責任は大手電力会社に帰せられる可能性が高い。最悪、大手電力会社は、送電部門の所有分離まで半ば強引に課せられてしまうだろう。

 だが、電力自由化が『低廉かつ安定な電力供給システムの水準』を維持・向上させるものかどうかは、実は甚だ覚束ない。少なくとも欧米の先行例から見ると、むしろ失策であった。

 それは、このブログで何度も掲載したことだが、欧米諸国の電気料金水準の動向を見れば一目瞭然。実際、低所得層を中心とした大多数の家庭用電気料金は下がっていないし、下がりようもないことは、自由化以前からわかっていたこと。原子力発電が再開されていないことに伴うコスト増が最大要因ではあるが、今回の電力自由化がこれまで以上のコスト低減に寄与していることは、いずれのデータからも窺うことはできていない。

<資料3>

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.6

2月9日17:00~17:59

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv289685207

Youtube : https://youtu.be/7LOAgdlEoZU

風力発電 〜 世界全体での設備容量は順調な伸びだが・・・

 世界風力エネルギー会議(Global Wind Energy Council;GWEC)が本日発表した “ GLOBAL WIND STATISTICS 2016 ” では、世界の風力発電設備に関する直近の動向が掲載されている。

 2016年に導入された風力発電設備(資料1)は、中国での導入容量の鈍化などにより、前年比14%減の54.6GWであった。これにより、2016年末での風力発電設備容量(資料2)は世界全体の累積で486.7GWになった。


<資料1>
01
2017.2.10 GLOBAL WIND STATISTICS 2016

<資料2>
10
2017.2.10 GLOBAL WIND STATISTICS 2016


 2016年における風力発電設備の導入容量(資料3)と、2016年末までの風力発電設備の累計容量(資料4)を見ると、いずれも、中国・米国・ドイツ・インドの順で上位を占めている。

 地域別の動向(資料5)を見ると、中国・インドなどを中心とするアジアでの伸びが著しいことがわかる。


<資料3>
29
2017.2.10 GLOBAL WIND STATISTICS 2016

<資料4>
39
2017.2.10 GLOBAL WIND STATISTICS 2016

<資料5>
54
2017.2.10 GLOBAL WIND STATISTICS 2016


 洋上風力は、英国・ドイツ・中国・デンマーク、オランダなどを中心に伸びてきており、2016年末での世界全体の累計は14.4GWになった(資料6)。

<資料6>
37
2017.2.10 GLOBAL WIND STATISTICS 2016


 以上を見ると、風力発電設備は世界全体的には順調に伸びてきていることが見て取れる。しかし、化石燃料や原子力など他のエネルギーと比較すると、風力など再生可能エネルギーの位置付けは、まだまだ小さいと言わざるを得ない。

 例えば、先のブログ記事で書いたように、一次エネルギー供給量の面でも、発電電力量の面でも、水力以外の再エネは、“ others ”と一括りになっている。水力以外の再エネである地熱・太陽光・風力などについては、それぞれ単体があまりにも小さいからであろうか、ここでは個別の統計は掲載されてない。

 因みに、再エネ発電では単独で圧倒的シェアを占める水力について見ると、日本は発電電力量で世界8位(設備容量では世界6位)になっている。

 風力や太陽光といった、いわゆる自然エネルギーが台頭してくるまでには今後相当期間を要するであろうことは、容易に想像できる。 

月刊Business i. ENECO 地球環境とエネルギー 2017年2月号:電力業界の再編は電力会社の経営判断で! 政・官・学の主導はダメ

 先月28日発売の月刊Business i. ENECO 地球環境とエネルギー 2017年2月号での連載「石川和男のエネルギー&環境スピークアウト」。

<電力業界の再編は電力会社の経営判断で! 政・官・学の主導はダメ>
49

41

53



 

フランス:原子力比率引下げと再エネ比率引上げに関する展望は?

 先月17日のIEA(国際エネルギー機関)の発表では、IEAの国別エネルギー政策レビューとして、フランスを対象とした “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review” が提示されている。

58
2017.1.17 IEA

 フランスは、IEA加盟国の中でも低炭素エネルギー構成を実現している先進国。2015年でのエネルギー全体に占める化石燃料比率は47%に過ぎないが、エネルギー全体に占める原子力比率は46%(資料1)、電力分野での原子力比率は78%(資料2、資料3)となっている。

原文より抜粋》
France is one of the leading IEA countries when it comes to a low-carbon energy mix: only 47% of energy came from fossil fuels in 2015, thanks to the large share of nuclear energy, which made up 46% in the energy mix and 78% of electricity generation, the highest share worldwide. 

<資料1>
33
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

<資料2>
06
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

<資料3>
29
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

 フランスは2015年8月、温室効果ガスの排出抑制に資する“グリーン成長(Green Growth)”を実現するために、2030年と2050年を目標年次とする長期的なエネルギー転換のための枠組みを採択した。

 その中で、①原子力発電比率について、2015年実績78%を2025年50%にまで引き下げるという野心的目標を掲げるとともに、②再生可能エネルギーの最終エネルギー消費量に占める比率について、2014年実績15%を2020年23%にまで引き上げ、③再エネの発電電力量に占める比率について、2015年実績16.5%を2030年40%にまで引き上げるとの目標を掲げた。


 このうち、最終エネルギー消費量に占める再エネ比率を2020年23%とする目標に関して、今後6年間(2015〜20年)に必要な伸び率が過去9年間(2005〜14年)の伸び率の2倍であるとして、その達成の難しさを示している。


France has witnessed growing shares of renewables, reaching 15% in total final consumption (TFC) in 2014. However, it is not yet on track towards achieving its target of 23% by 2020. The required growth in the next six years (2015-20) will need to be twice that of the rates achieved over the last nine years (2005-14).

 また、再エネの中での割合が2005年以来36%以上を占めている太陽光とバイオマスは目標を達成しているが、風力に関しては煩雑な行政・司法面で許認可手続きや社会的受容性の不足といった非経済的理由によって導入拡大の遅れが顕在化していると指摘。

Targets have been reached for solar photovoltaics and biomass, which alone account for more than 36% of the growth of the renewable energy share since 2005, but there is a gap to be filled for hydro, wind power and heat. Onshore wind has reached about 10 GW, but offshore wind deployment has not started despite ambitious plans. Delays in the development of wind energy are the result of non-economic barriers rather than economic ones, including the overlapping administrative and judiciary procedures for clearing a permit of any claim (seven years on average for wind mills), coupled with a lack of social acceptance for wind and biomass. 

 原子力発電比率について、2015年実績78%を2025年50%にまで引き下げるという目標に関しては、電力需要や省エネ、再エネの進展具合によって、電力コストや電気料金、温室効果ガス排出量、国内でのエネルギー供給や隣国へのエネルギー輸出に係る信頼性に影響を及ぼす可能性があると指摘。

The 50% target would imply the closure of a large number of plants. Depending on the evolution of electricity demand, progress in energy efficiency, and renewables deployment, the 50% target may affect the economics of electricity and final electricity prices, GHG emissions and the reliability of supply in France as well as exports to neighbouring countries.

 フランス政府に対して、老朽プラントの保守管理の増加による発電停止、廃炉や長期的な廃棄物管理に適応するために、電力の安全供給を確保すべきと提言している。また、先に掲げたエネルギー目標を実現しようとするならば、長期運転に係る安全性・経済性や、電気料金への影響、温室効果ガスの排出量、原子力産業の将来性の評価が必要であるとしている。

The government needs to ensure the security of the electricity supply at a time of increasing outages or suspension of ageing plants for increased maintenance, and to deal with decommissioning and long-term waste management. When implementing the target, through the PPE among others, the government should assess the safety and economic aspects of LTOs, the impact on electricity prices, GHG emissions, and the future of the French nuclear industry, and ensure that the industry has the long-term planning horizon to implement safety upgrades in a timely manner. 

 以上は、先のIEAレビューを引用したものであるが、その報告書には『原子力大国フランス』の特徴を示すデータなど有用なものが多い。以下では、そのうち幾つかを掲げておく。

 2015年における一次エネルギー供給構成(資料4)と電力供給構成(資料5)、更にはそれらの再エネ比率(資料5、資料6)を見ると、各国それぞれに多様であることがわかる。バイオマスは一次エネルギー供給の面で、水力は電力の面で、それぞれ高い比率であることが見て取れる。どのような資源構成が適当なのかについては、それぞれの国ごとの事情や政策判断によって異なるということも理解できる。


<資料4>
44
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

<資料5>
13
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

<資料6>
36
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

<資料7>
57
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

 2015年までの電気料金の推移(資料8)を見ると、①電力自由化が始まった2000年頃を境として、各国とも電気料金は上昇傾向にあることや、イギリス・フランス・ドイツで比較すると、②産業向け電気料金ではドイツが突出して最も高く、③家庭向け電気料金ではドイツが最も高くなっていることがわかる。

 2015年の電気料金の内訳(資料9)を見ると、日本・イギリス・フランス・ドイツで比較すると、ドイツの税・賦課金の割合が突出して高いことがわかる。この理由も、それぞれの国で政策が異なっている結果だ。


<資料8>
50
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

<資料9>
59
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

 電力量当たりのCO2排出量の推移(資料10)やGDP当たりの化石燃料由来CO2排出量の推移(資料11)を見ると、原子力大国フランスが常に低位安定であることがわかる。

 日本で2011年以降に上昇しているのは、2011年3月の東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の影響で日本国内の原子力発電が、一部では再稼働し始めているものの、実質的にほぼ全面停止状態に置かれているからである。

 エネルギー使用の効率性の推移(資料12)を見ると、最も優れているのはフランスではなくドイツであることがわかる。


<資料10>
51
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

<資料11>
49
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review” 

<資料12>
43
2017.1.17 “Energy Policies of IEA Countries / France 2016 Review

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.5

2017年2月2日17:00〜17:59

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv289023054

YouTube : https://youtu.be/y3WetzpAB04

2016年度の再エネ買取総額:2016年9月までの累計は1兆1200億円(対前年比3200億円)

 資源エネルギー庁が定期的に更新している再生可能エネルギーに関する『固定買取価格制度 情報公表用ウェブサイト』によると、昨年9月末時点における再エネ発電設備に係る買取電力量・買取金額は、それぞれ資料1・資料2の通り。

<資料1:買取電力量(万kWh)>
52
(出所:資源エネルギー庁「固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト」)

<資料2:買取金額(億円)>
15
(出所:資源エネルギー庁「固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト」)

 エネ庁が昨年3月に公表した「再生可能エネルギーの平成28年度の買取価格・賦課金単価」の概要は資料3の通り。

 これによると、2016年度では、再エネ買取額は年間2兆3000億円、再エネ賦課金は年間1兆8057億円と見込んでおり、再エネ賦課金単価は1kWh当たり2.25円(標準家庭(1ヶ月の電力使用量300kWh)で月額675円、年額8,100円)。

<資料3>
20

 昨年9月まで6ヶ月間の買取額は1兆1182億円(対前年同期比3186億円増)。今年度の残り6ヶ月(昨年10月~今年3月)が同じ程度で推移すると仮定すれば、今年度の買取額は2兆2364億円となり、現時点のデータでは約636億円未達のペース。

 国民全体の電力コスト負担増を抑える観点からは、未達額が大きいことは決して悪いことではない。

 ただ、これはあくまでも単純計算に過ぎない。太陽光や風力は天候に左右されるので、実際にどうなるかはわからない。

 増えるかもしれないし、減るかもしれない。

 この買取額分は、再エネ導入のための電力消費者からの“補助金”のようなものであるが、その多寡に関する価値観は個々人で大きく異なるであろう。

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.4

2017年1月26日17:00〜17:59

[時評・ウェーブ]石川和男/4割が平均所得以下の育児世帯

[時評・ウェーブ]石川和男/4割が平均所得以下の育児世帯(2017.1.20 電気新聞)

 厚生労働省が発表した「平成27年国民生活基礎調査」によれば、2014年1月1日から12月31日までの各種世帯の所得状況などは、おおむね以下の通りだった。
 (1)年次別の所得の状況(一世帯当たり平均所得金額)
 ・全世帯=541.9万円
 ・高齢者世帯=297.3万円
 ・児童のいる世帯=712.9万円
 (2)所得の分布状況
 ・順に、「200万~300万円未満」14.0%、「100万~200万円未満」13.6%、「300万~400万円未満」13.1%…
 ・中央値=427万円
 ・平均所得金額=541.9万円
 ・平均所得金額以下の割合=61.2%
 ・平均所得金額以下の内訳=「高齢者世帯」91.5%、「児童のいる世帯」38.6%
 (3)所得の種類別の状況
 ・全世帯=「稼働所得」74.5%、「公的年金・恩給」19.6%
 ・高齢者世帯=「公的年金・恩給」67.5%、「稼働所得」20.3%
 ・「公的年金・恩給」の総所得に占める割合が100%の世帯=55.0%
 (4)生活意識の状況
 ・「苦しい」(「大変苦しい」と「やや苦しい」)=60.3%
 ・「普通」=35.9%
 ・「苦しい」の割合=「高齢者世帯」58.0%、「児童のいる世帯」63.5%
 今後半世紀は少子高齢化が確実に進行していくと見込まれる日本において、「児童のいる世帯」の所得が「全世帯」や「高齢者世帯」の所得よりも相当程度高いことは、一つの安心材料ではある。「児童」とはこの場合、0~17歳を指す。
 しかし、これは現在の状況に過ぎないので、今後の長寿化が進展していく中にあっても、「児童のいる世帯」の所得が比較的高止まりしていくような経済社会を維持していく必要がある。
 平均所得以下の内訳で、「高齢者世帯」が9割以上になっていることも由々しきことではあるが、「児童のいる世帯」が4割弱もいることも看過できない。日本は資本主義社会。ある程度の所得格差が発生するのは当然のことではある。
 だが、日本社会全体として考えた場合、今のような所得格差が固定化したり、今以上に拡大することを是認することは、民主主義社会の政治・行政の姿勢としてはあってはならないことではないだろうか。
 国内経済に明るい兆候や展望が実はそれほど見いだせない中で、今後も日本の経済社会を維持させていくには、海外需要開拓の促進はもちろんのこと、国内では現役世代から退役世代への巨額所得移転システムを修正していく必要がある。年金・高齢者医療・介護という3大社会保険制度の改革を進める理由はそういう理由による。
 安倍政権は、最初の消費増税(税率5%→8%)を施行させたが、次の消費増税(同8%→10%)は2度も延期させた。消費増税は、内容的には高齢者向け社会保障財源問題であり、3大社会保険制度に係る財源問題そのもの。増税とはすなわち国家財政の増収策だが、それがなかなか進められない以上、歳出削減を進めるしかない。その点では、安倍政権は、牛歩ではあるが、その方向を進めている。これは、高く評価されるべきだと思う。
 生活意識の調査に関して、「苦しい」の割合が6割強であることは重々理解できる。読者の皆さんも、自分や自分の周囲を見て、生活意識について「苦しい」と答えない人はどれほどいるかと考えてみてはどうだろうか。その意味でも、「普通」が4割弱もいることは少々驚きだ。

FullSizeRender
 

【iRONNA寄稿】知らなきゃ危ない、どこまでも膨らむ原発コストの「現実」

知らなきゃ危ない、どこまでも膨らむ原発コストの「現実」

 2022年までに「脱原子力」を目指しているドイツでは2016年10月、原子力発電所から出る使用済燃料の中間貯蔵と最終処分に要する経費として計236億ユーロ(約2.9兆円;1ユーロ=122円で換算。以下同じ)を四大電力会社に支払わせる法案が政府決定された。議会での審議を経て、年内での成立が目指されている。

 具体的には、中間貯蔵施設と処分場の建設・操業事業については政府に移管するが、それに要する費用については電力会社に負担させようという内容。四大電力会社は、①使用済燃料の専用格納容器である「キャニスター」とその中間貯蔵施設の製造、最終処分場の建設・操業に必要な174億ユーロ(約2.1兆円)を政府が設ける新たな基金に直ちに拠出する、②2022年末までに62億ユーロ(約0.7兆円)を追加で拠出する、③これらの支払完了後には、更なる支払義務を負わせない、というもの。

 そして、将来的な中間貯蔵と最終処分に係る経費の調達については、政府が責任を負うことになる。放射性廃棄物の管理事業に係る官民の責任分担を明確にすることが目的であるこの法案の内容は、廃棄物管理コストを電力会社に全額負担させるとの従来からの政府方針を覆すものでもある。(以上、原子力産業新聞その他専門紙より一部引用)

 では、日本はどうなっているのだろうか? 
 
 端的に言えば、ドイツのような明確な官民の費用負担区分はない。日本では、使用済燃料の管理事業は電力会社に全面的に委ねられており、管理コストも電力会社の拠出によることが原則となっている。最終処分に関しても同様だ。

 日本では、原子力発電所敷地内の使用済燃料貯蔵設備の増容量化や、中間貯蔵施設の建設・活用などの対策を実施することで、青森県六ヶ所村の日本原燃・六ヶ所再処理工場への搬出に加えて、電力業界全体で2020年頃までに約4000トン、2030年頃までに約2000トンで、合計約6000トン(2016年9月末時点の各発電所貯蔵量合計の約4割相当)の貯蔵対策を目指すことになっている。

 東京電力と日本原子力発電が使用済燃料を搬出することとしている中間貯蔵施設(青森県むつ市)は、2018年後半の事業開始を予定。関西電力は、2020年頃に中間貯蔵施設の建設計画地点を確定し、2030年頃には2000トン規模で操業開始する計画。原子力発電所の敷地内のプールで5年ほど冷やした使用済燃料を金属製の容器(キャスク)に密封して空気で冷却する「乾式貯蔵」による中間貯蔵施設については、中部電力で2018年の使用開始を目指して建設計画が進められている。

 一見、民間企業である電力会社だけが進めているように見えるが、それは無理筋というもの。中間貯蔵施設や最終処分場の選定に当たっては、政府・経済産業省が主導的に決めていかなければならないし、現にそういう方針になっている。

 選定場所が清々しい気持ちで決まることがあるとはとても思えない。選定場所がどこになろうとしても、猛反対運動が起こり、それが続いていくことは容易に予想される。国が前面に出て進めていく必要があるのには、こうした理由もある。

 原子力発電事業のうち、核燃料の製造や原子力発電所の運転は「フロントエンド事業」と呼ばれ、使用済燃料の再処理や放射性廃棄物の処分、原子炉の廃炉事業は「バックエンド事業」と呼ばれる。使用済燃料の中間貯蔵や放射性廃棄物の最終処分は、「バックエンド事業」である。

 原子力発電に使用されるのは核燃料(ウラン)であるが、発電により使用されるのは全体の3~5%で、残り95~97%は再利用できる核燃料(ウラン、プルトニウム)を含んだもの。この残ったものが使用済燃料で、それを「再処理」してウランとプルトニウムを採取する。この採取されたウランとプルトニウムを用いて「MOX燃料」という燃料に加工し、これを再び原子力発電所で使用する一連の工程が「核燃料サイクル」である。国内に現存する1万7000トンの使用済燃料は有用な国産資源なのだ。

 再処理の過程では、ウランとプルトニウムが採取された後に液状の廃棄物が生じるが、この廃棄物は放射能レベルが高いことから「高レベル放射性廃棄物」と呼ばれる。日本では、高レベル放射性廃棄物については、ガラスと混ぜて固化処理することになっている。使用済燃料を再処理せずにそのまま処分することを「直接処分」と呼ぶが、その場合には、使用済燃料そのものを高レベル放射性廃棄物の扱いで処理する必要がある。

 高レベル放射性廃棄物は最終的にどこかの場所に処分されなければならないが、日本では、ガラスと混ぜて固化処理されたもの(ガラス固化体)を地下300メートル以深に埋めることが有力視されている。これが「最終処分」であるが、ガラス固化体は当初高温なので、それを冷却するために地上に「中間貯蔵」しておく必要がある。ガラス固化体の中間貯蔵の期間は30~50年とされており、その後に最終処分される。その場所こそ、「最終処分場」である。

 原子力発電事業は、開始から終了まで相当に永い期間を要する。全体で何年を要するのか、人類の誰も経験していないので正確なところはわからない。特にバックエンド事業に関しては、高レベル放射性廃棄物の最終処分の場所の選定だけでなく、国内における使用済燃料の再処理が円滑に進んでいないことなどの理由から、原子力事業全体が「破綻」しているのではないかとの懸念が流布されている。

 そこで、バックエンド事業の主な工程のうち、使用済燃料の再処理の前後について、予定通りに事が進まないことを見据えて柔軟な政策運営を企図することが必要となる。

 そのため、①再処理前の中間貯蔵(使用済燃料を再処理する前の中間貯蔵)と、②再処理後の中間貯蔵(使用済燃料を再処理した後のガラス固化体を最終処分するまでの中間貯蔵)について、それぞれ1年延長するための費用を試算しておく。

①再処理前の中間貯蔵
<a> プール貯蔵(湿式貯蔵)を1年間行うことに要する費用:年間35億円
…概算値として、使用済燃料5000トンに係るプール貯蔵の運転費1395億円を40年で均等で支出するものと仮定すれば、年間35億円(=1395億円÷40年)となる。
数値の出所:総合エネルギー調査会原子力部会中間報告(H10.6.11)中の「参考10 貯蔵施設の経済性試算について」)
 
<b> キャスク貯蔵(乾式貯蔵)を1年間行うことに要する費用:年間6億円
…概算値として、使用済燃料5000トンに係るキャスク貯蔵の運転費1200億円を5施設、保守的に40年で均等で支出するものと仮定すれば、年間6億円(=1200億円÷5施設÷40年)となる。
数値の出所:総合資源エネルギー調査会電気事業分科会コスト等検討小委員会報告書(H16.1.23)中の資料2〔使用済燃料の中間貯蔵(キャスク貯蔵)費用の内訳〕)
 
②再処理後の中間貯蔵
<c> ガラス固化体の貯蔵を1年間行うことに要する費用:年間96億円
…上記<a>、<b>の試算の前提とした使用済燃料5000トンと同等のガラス固化体は約6300本と試算されるので、ガラス固化体2880本と同規模の施設は2.5ヶ所必要になると仮定。管理費用のうち「貯蔵費 運転保守費」と「貯蔵費 その他諸経費」の合計1540億円が対象となるので、ガラス固化体約6300本を1年間貯蔵する費用は、年間96億円(=1540億円×2.5施設÷40年)となる。
数値の出所:総合資源エネルギー調査会電気事業分科会コスト等検討小委員会報告書(H16.1.23)中の資料3〔返還高レベル放射性廃棄物管理費用の内訳〕)

 以上は、政府資料に基づいて行った一つの試算でしかない。政治や行政はうかうかしていてはいけないが、最終的に必要となる費用を確保するための手段を臨機応変に用意しておくべきである。こうした超長期的視野に立った幅のある政策運営を行うことが、もっとも現実的な『原発ゴミの正しい処し方』となろう。

 日本の原子力発電の稼働率は、諸外国に比べて相当に低いと言わざるを得ない。特に震災以降はほぼゼロで推移してきている。ここ10年程度での概ねの推移を見ると、欧米や韓国での稼働率は80~90%台だが、日本は震災前の2003~2010年までを見ても、70%未満でしかない。日本の原子力発電の稼働率を欧米並みに引き上げることで、これまで遅れに遅れてきた再処理や最終処分に係る費用に充てるための原資を捻り出すことを検討していくべきだ。

 こうした追加費用の総額は、使用済燃料を再処理するまでの期間や、ガラス固化体の中間貯蔵の期間を、最終的にどの程度にまで見込んでおくかにもよる。原子力発電からの収益をあらかじめ引き当てておくことで凌いでいける水準だと思われる。

 いわゆる「トイレなきマンション」説は、政府を急かす材料にはなるだろうが、本質的な危機を招くものにはならない。使用済燃料を再処理する前と後で、それらの貯蔵に係る時間軸をどのように設定するかが鍵となる。

月刊Business i. ENECO 地球環境とエネルギー 2017年1月号:38歳の“誕生日”迎えた東海第二原発 その正しい「生かし方とやめさせ方」

 先月28日発売の月刊Business i. ENECO 地球環境とエネルギー 2017年1月号での連載「石川和男のエネルギー&環境スピークアウト」。

<38歳の“誕生日”迎えた東海第二原発 その正しい「生かし方とやめさせ方」>52

01

13
 

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.3

2017年1月19日17:00〜17:45

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv287823111

YouTube : https://youtu.be/RdxtyG7gBzQ

2016年のドイツ電源構成 〜 再エネ29.5%、石炭40.1%、原子力13.1%、天然ガス12.1%・・・

 今月6日にドイツ Agora Energiewende が発表した報告書(ドイツ語版英語版)よると、ドイツの2016年における電源別発電電力量は、再エネ29.5%、石炭40.1%、原子力13.1%、天然ガス12.1%、その他5.1%だった(資料1)。

 このうち再エネの割合が最大となったが、その内訳について再エネ29.5%を全体とすれば、風力12.3%(陸上風力10.3%、洋上風力2.0%)、バイオマス8.0%、太陽光5.9%、水力3.3%であった(資料1)。

<資料1>
22


 ドイツでは、エネルギー環境政策上の要請から脱原子力・脱石炭が進められている。実際、2010年から2016年までの電源構成の推移を見ると、再エネと天然ガスは増加傾向で、原子力と石炭は減少傾向となっている(資料2、資料3)。

<資料2>
32
The energy transition in the power sector : State of affairs 2016

<資料3>
42
The energy transition in the power sector : State of affairs 2016


 ドイツ国内の電力総需要は前年比0.4%減(5927億kWh(592.7TWh))であったが、電力輸出量が前年比8.6%増(555億kWh(55.5TWh))となったことから、総発電電力量は0.2%増で過去最高の6482億kWh(648.2TWh)となった(資料4)。

<資料4>
04
The energy transition in the power sector : State of affairs 2016


 “再エネ大国”でもあるドイツでは、総エネルギー消費に占める再エネの割合は年々増加してきており、2016年では32.3%と過去最高を更新した(資料5)。

 再エネ発電電力量の内訳に関しては、水力の推移は長期的にもほぼ横這いだが、風力・バイオマス・太陽光の伸びは顕著となっている(資料6)。

 特筆すベきこととして、2016年5月8日13時に電力需要に占める再エネ割合が過去最高の86.3%を記録した。因みに、その割合が最低だったのは同年1月21日17時の11%であった(資料7)。


<資料5>
27
The energy transition in the power sector : State of affairs 2016

<資料6>
38
The energy transition in the power sector : State of affairs 2016

<資料7>
51
The energy transition in the power sector : State of affairs 2016

電力会社の切り替え:12/31集計で257万件(全世帯の4.1%程度)

 電力広域的運営推進機関が、12月31日24時までの情報照会、スイッチング(切り替え)の申込み状況を集計したところ、それぞれ全国計で1985.12万件、257.45万件であった(資料1)。
 
<資料1> 
32
 全国の世帯数に関する直近のデータとして経済産業省が用いているのは約6,253万で、これは2015年度の一般家庭等の通常の契約口数(資料2)。これをベースにすると、今のところ、切り替え件数は全体4.12、情報照会から切り替えに至るのは12.97%となる。

 経産省が2015年11月18日に発表した資料では、「8割の人は、少なくとも切り替えの検討はする意向」、「現時点で切り替えを前向きに捉えている(「すぐにでも変更したい」「変更することを前提に検討したい」)人に限っても、25%弱存在する」とのアンケート調査結果が掲載されている。

 しかし上述のように、現実はまだまだその域には達していない。予想通りではあるのだが、桁違いに低いのはかなり痛い。図らずも、こうしたアンケート調査には、調査主体の期待感が込もり過ぎる傾向があることを示した格好になってしまった。

<資料2>
41

 因みに、電力自由化から一定程度時間の経過した欧州では、年間切替え率について、スペインやイギリスなど9カ国で10%を超える一方で、フランスやデンマークなど5%未満の国も同程度存在しているようだ(資料3)。

 この年間切替え率は、電力自由化の進捗状況を表す指標の一つではある。

 だが、電力自由化が『低廉かつ安定な電力供給システムの水準』を維持・向上させるものかどうかは、実は甚だ覚束ない。少なくとも欧米の先行例から見ると、むしろ失策であったと言わざるを得ない。

 それは、このブログで何度も掲載したことだが、欧米諸国の電気料金水準の動向を見れば一目瞭然である。

<資料3>

2016年の世界全体の再エネ投資は前年比18%減 〜 中国・日本は大幅減、欧州は微増・・・

 昨日のTwitterでも書いたが、同日の Bloomberg の記事で、Bloomberg New Energy Finance の調査によると、2016の再生可能エネルギー向け投資額は、中国と日本の投資減の影響で前年比18%減の2875億ドル(1ドル115円換算で約33兆円)だったと報じられている。

<調査結果概要>
・中国で26%減
・日本で43%減
・アジア太平洋全体で26%減
・欧州で3%増
・米国で7%減
・洋上風力は40%増
・洋上&陸上風力は11%減
・太陽光は32%減

 以上、世界の再エネ投資は一時的に減ったようだが、特に心配はいらないだろう。もうじきまた増える。

04
2017.1.12 Bloomberg

風力発電 〜 珍しい“逆風”報道2つ

 今日は、風力発電に対する“逆風”報道が2つもあったので以下に紹介しておく。

 再生可能エネルギーに対する真っ当な批判が報じられることは珍しいことであるが、盲目的な賛辞の雨霰だけではなく、適切な批判が起こることは、再エネ市場の健全な発展にとってはとても重要なことだ。


山口新聞:下関洋上風力発電、市民と業者協議へ 反対署名10万人超
53

<記事概要>
・下関市安岡沖で前田建設工業が計画している洋上風力発電事業を巡り、建設に反対する自治会連合会や市民団体が事業反対の要望書と10万765人分の署名を中尾友昭市長に提出。
・市長は、同社の環境影響評価準備書に関する市環境審議会の答申を受けた後、市長立ち会いで同社と市民が話し合う場を設ける考えを示した。
・安岡自治会連合会長「従来の計画は(風車が)住宅地からわずか1.5キロの近さで国内や海外でも例を見ない非常識なもの。ぜひ反対を表明してほしい」
・市長「市長として審議会に審議をお願いしている以上、答申前に反対や賛成を言える立場にない」、「たくさんの署名が集まったことを重く受け止めている。皆さんの不安を解消し、快適で住みよいまちをつくるのが市長の仕事で、最大限努力したい」


 伊勢新聞:「土砂災害の危険性高い」 松阪市の風力発電施設計画 環境影響評価委が答申
03

<記事概要>
・松阪市環境影響評価委員会の朴恵淑会長は、竹上真人市長に、白猪山周辺で計画している風力発電施設「松阪飯南ウィンドファーム発電所」について答申。
・答申「急俊な地形であることに加え風化した岩石が堆積し、過去より土砂崩れなどによる甚大な被害が発生している」。「土砂災害発生のリスクは高い」として、地域特性を考慮した予測や設置後の調査の継続、住民の合意を求めた。
・市長「特に心配なのが工事中に雨が降ったらどうなるか。市長意見に土砂災害をどこまで入れるか難しい」 

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.2

2017年1月12日17:00〜17:53

☆ニュース配信☆ 2017年のドイツでの電気料金 〜 税・再エネ賦課金の割合が54%で過去最高

2017年のドイツでの電気料金 〜 税・再エネ賦課金の割合が54%で過去最高

Gadgetwear
http://www.gadgetwear.net/2017/01/2017-54.html

日刊アメーバニュース
http://news.ameba.jp/20170105-105/

BIGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0105/gdw_170105_0963864289.html

livedoorニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12498778/


2017年のドイツの家庭向け電気料金に係る再生可能エネルギー賦課金単価は 6.88ct/kWh で、前年比8.5%増の約7.8円/kWh(1ユーロ=115円で換算)になる見込み。

これは、先月24日のBDEW(ドイツ連邦エネルギー・水道事業連合会)の発表
にも掲載されている(資料1、資料2)。 

<資料1> 
2016.11.24 BDEW

<資料2> 
2016.11.24 BDEW

ここでは更に、2017年のドイツにおける標準家庭(年間消費量3500kWh)の電気料金に占める税・再エネ賦課金の割合が54%で過去最高を更新すると見通されている。(資料3、資料4)。 

<資料3> 
2016.11.24 BDEW

<資料4> 
2016.11.24 BDEW

ドイツは1998年に電力市場を自由化し、電気料金を市場原理により決まる仕組みに変更した。但し、再エネについては例外で、固定価格買取制度(FIT)により投資回収を保証し、かつ、優先的に買い取る仕組みを敷いた。再エネは、いわば“規制化”によって普及が促進されてきた。 

1998年から2016年までのドイツの電気料金の推移を見ると、発送電・小売に係るコストは緩やかな上昇傾向であるが、税金・再エネ賦課金その他の義務的経費は顕著な伸びを示している。 

2011年以降では特に再エネ賦課金の伸びが著しく、2013年以降では義務的経費が電気料金に占める割合は5割を超えて伸びつつあることがわかる。特に、再エネ賦課金の割合が相当大きいことが見て取れる。 

日本の再エネ政策はドイツを雛形としている部分が非常に多く、まさにドイツの“全面自由化+再エネFIT”と同じ路線を歩もうとしているように見える。 

2017年を含めた先行国ドイツのここ20年間の経過を見ると、今のままの予定では、日本もドイツと同じ軌跡を辿っていく可能性が極めて高い。これは非常に危険である。

太陽光関連事業者 〜 2016年の倒産件数は過去最多

 今朝の毎日新聞ネット記事では、2016年の太陽光関連事業者の倒産件数が東京商工リサーチの調査で過去最多となったとのこと。

<記事概要>
・16年1~11月で55件に達し、15年の54件を既に上回った。
・負債総額223億1600円で、15年の213億5500万円を上回った。
・倒産原因は「販売不振」が全体の50%、「事業上の失敗」が19%、「運転資金の欠乏」が14%。

 この話題は、先月30日付け愛媛新聞などで既報(資料1、資料2)。

 再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)による買取価格が段階的に引き下げられたため市場拡大のペースが鈍った他に、事業者乱立で競争激化したことが背景と分析されている。

 これも“太陽光バブル”の一側面であり、いわゆる『既認定未稼働』に係る問題の解決もまだまだ時間がかかると見込まれる。2015年末時点で、FITに基づく2012
~13年度の認定
案件のうち34万件が未稼働のまま。

 太陽光発電についても、市場の育成は永い眼で考えていくべきもの。太陽光関連事業者が電力市場やエネルギー市場の主役に躍り出られるほどの技術力や資本力を得るには、相当長期を要するであろう。

 尚、それに関しては、同日付けTwitterでも書いたところ。



<資料1>
27
2016.12.30 愛媛新聞


<資料2>
37
2016.12.30 愛媛新聞 

☆石川和男のエネルギーCh(チャンネル) vol.1

2017年1月5日17:00〜17:52

ニコ生 http://live.nicovideo.jp/watch/lv286391113?platform=hootsuite

YouTube https://youtu.be/zLtrK7s8_Qo


C1Y7dBZUAAAT517

 

太陽光発電コスト 〜 今後10年以内に石炭を下回るとの予測は出ているが・・・

 先月15日付け Bloomberg “World Energy Hits a Turning Point: Solar That's Cheaper Than Wind” では、中国・インド・ブラジルを含む新興国58ヶ国での太陽光発電コストは、もうじき風力発電コストを下回るだろうと報じている(資料1)。

<資料1>
26
2016.12.15 Bloomberg


 今月3日付け Bloomberg “
Solar Could Beat Coal to Be the Cheapest Power on Earth” では、今後10年以内に世界の平均的な太陽光発電コストは石炭火力発電コストを下回るだろうと報じている(資料2)

<資料2>
49
2017.1.3 Bloomberg


 上記の記事中、太陽光発電コストの低下に関する指摘としては、次のようなものがある。

◎New Energy Finance「現在の1.14ドルと比して、2025年までに73セントになる」
◎GTM Research「2021年には75セント下がる」
◎NREL「2020年までに1.20ドルが1ドルに低下する」
◎IEA「発電コストは今後5年間で平均25%低下する」 
◎IREA「2025年までに43〜65%の更なるコスト低下、対2009年比で84%のコスト低下」

《原文より抜粋》 
The average 1 megawatt-plus ground mounted solar system will cost 73 cents a watt by 2025 compared with $1.14 now, a 36 percent drop, said Jenny Chase, head of solar analysis for New Energy Finance.
GTM Research expects some parts of the U.S. Southwest approaching $1 a watt today, and may drop as low as 75 cents in 2021, according to its analyst MJ Shiao.
The U.S. Energy Department’s National Renewable Energy Lab expects costs of about $1.20 a watt now declining to $1 by 2020. By 2030, current technology will squeeze out most potential savings, said Donald Chung, a senior project leader.
The International Energy Agency expects utility-scale generation costs to fall by another 25 percent on average in the next five years. 
The International Renewable Energy Agency anticipates a further drop of 43 percent to 65 percent for solar costs by 2025. That would bring to 84 percent the cumulative decline since 2009.(資料3)
 
<資料3>
06
2017.1.3 Bloomberg


 太陽光発電コストが競争的に低下していくことは、世界の太陽光発電市場の健全な発展にとっても望ましいこと。

 だが、固定価格買取制度(FIT)に代表される規制的手法による投資回収システムから、完全な自由化市場での投資回収システムに移行したとしても、太陽光発電ビジネスが持続可能になるかどうか、また、もしそういう日が来るかとしたらそれはいつか、現時点では予測できない。

 太陽光や風力のような天候に左右される不安定電源を、広く一般的な電力系統に組み込んでいくには、商用可能な蓄電システムないしそれに比肩し得る仕組みが実用化されるまでは、FITやRPS(電力会社に対する一定量以上の再エネ電気利用の義務付け)のような規制的手法が必須となるはずだ。

 尚、外国での太陽光発電に関する報道では、下記のような広大な平地に敷き詰められた太陽光パネル群がしばしば掲載されるが、これはあくまでも外国での話。日本では、こうした広大な平地であって日照条件の好い場所を見つけることは、非常に難しい。

07
2017.1.3 Bloomberg

2017年のドイツの家庭向け電気料金:税・再エネ賦課金の割合が54%で過去最高を更新・・・

 先のブログ記事で既報のように、2017年の
ドイツの家庭向け電気料金に係る再生可能エネルギー賦課金単価は 
6.88ct/kWh で、前年比8.5%増の
約7.8円/kWh(1ユーロ=115円で換算)になる見込み。

 これは、先月24日のBDEW(ドイツ連邦エネルギー・水道事業連合会)の発表にも掲載されている(資料1、資料2)。


<資料1>
00
2016.11.24 BDEW

<資料2>
40
2016.11.24 BDEW

 ここでは更に、2017年のドイツにおける標準家庭(年間消費量3500kWh)の電気料金に占める税・再エネ賦課金の割合が54%で過去最高を更新すると見通されている。(資料3、資料4)。


<資料3>
30
2016.11.24 BDEW

<資料4>
56
2016.11.24 BDEW

 ドイツは1998年に電力市場を自由化し、電気料金を市場原理により決まる仕組みに変更した。但し、再エネについては例外で、固定価格買取制度(FIT)により投資回収を保証し、かつ、優先的に買い取る仕組みを敷いた。再エネは、いわば“規制化”によって普及が促進されてきた。

 先のブログ記事など見るとわかるように、1998年から2016年までの電気料金の推移を見ると、発送電・小売に係るコストは緩やかな上昇傾向であるが、税金・再エネ賦課金その他の義務的経費は顕著な伸びを示している。

 2011年以降では特に再エネ賦課金の伸びが著しく、2013年以降では義務的経費が電気料金に占める割合は5割を超えて伸びつつあることがわかる。特に、再エネ賦課金の割合が相当大きいことが見て取れる。
 
 日本の再エネ政策はドイツを雛形としている部分が非常に多く、まさにドイツの“全面自由化+再エネFIT”と同じ路線を歩もうとしているように見える。

 2017年を含めた先行国ドイツのここ20年間の経過を見ると、今のままの予定では、日本もドイツと同じ軌跡を辿っていく可能性が極めて高い。これは非常に危険である。

米国:2016年上半期のエネルギー由来CO2排出量は1991年以来最低・・・

 昨日の米国EIA(Energy Information Administration;エネルギー情報局)の発表によると、米国における2016年上半期のエネルギー由来CO2は、穏やかな天候や発電分野での燃料構成の変化により、1991年以来最低であったとのこと。

《原文より抜粋》
U.S. energy-related carbon dioxide (CO2) emissions totaled 2,530 million metric tons in the first six months of 2016. This was the lowest emissions level for the first six months of the year since 1991, as mild weather and changes in the fuels used to generate electricity contributed to the decline in energy-related emissions. 


 具体的には、次の通り。

 ① 1949年以降で冬場の暖房需要が最低だったことで、天然ガス・石油・電力の消費が減り、一次エネルギー総消費量が前年同期比▲2%(住宅部門で同▲9%、電力部門で同▲3%)であった。

 ② ガソリン価格の低下によって石油の消費量が+1%だったにもかかわらず、CO2排出量が最多である石炭の消費量が前年同期比▲18%であり、天然ガスの消費量は▲1%であった(資料1)。


<資料1>
48
2016.12.29 EIA

 ③ 再生可能エネルギーの消費量は、対前年同期比+9%であった(資料2)。西海岸の旱魃が緩和され、水力発電電力量の増加量が再エネ発電電力量の増加量の35%を占めた。また、風力発電設備の増加量が全電源設備の増加量の約半分に至ったことや、太陽光発電設備の増加量が全電源設備の増加量の13%であったことも挙げられる。

<資料2>
03

2016.12.29 EIA 

ドイツ:2015年の再エネ電気の割合は3割超だが・・・

 今月14日にドイツ連邦経済エネルギー省が発表した『エネルギー転換に関するモニタリング・レポート』の概要版によると、ドイツにおける2015年までの再生可能エネルギーへの転換に関する主な動向は、概ね次のようなもの。

(1)総エネルギー消費に占める再エネ比率は上昇傾向にあり、2015年実績は14.9%であった。2020年目標は18%とされている。
48


(2)総電力消費に占める再エネ比率は上昇傾向にあり、2015年実績は31.6%であった。2020年目標は35%とされている。

23


(3)一次エネルギー消費量は若干減少傾向にあり、2015年実績は対2008年比で▲7.6%であった。2020年目標は▲20%とされている。


03



(4)建物での熱需要に係る最終エネルギー消費量は増減を繰り返しており、2015年は対2008年比で▲11.1%であった。2020年目標は▲20%とされている。

22


(5)運輸部門での最終エネルギー消費量は微増傾向にあり、2015年実績は対2008年比で+1.3%であった。2020年目標は▲20%とされている。

33


(6)温室効果ガス排出量は減少傾向にあり、2015年実績は対1990年比で▲27.2%であった。2020年目標は▲40%とされている。

49


(7)再エネ導入拡大にとって必要となる送電網の整備状況については、2016年時点で達成率は35%だが、これは依然として低い。

《原文より抜粋》
Der beschlossene Netzausbau muss zügig umgesetzt werden. Der Anteil der bis Ende des dritten Quartals 2016 realisierten EnLAG-Vorhaben ist mit rund 35 Prozent noch immer zu gering.
41


 以上のことから、総じて次のようなことが言えるだろう。

①化石燃料・原子力から再エネへのエネルギー転換は進んでいる。

②エネルギー消費量とCO2排出量の減少量が目標から乖離しているので、温室効果ガス削減目標(2020 年までに1990年比▲40%)については実現が困難。

③再エネ導入拡大のための送電網の整備も、目標を達成することは極めて難しい。


 因みに、上記のレポートには、ドイツのエネルギー転換費用が2025年までで60兆円も要するなど、先のブログ記事で載せたような再エネ導入費用に関する諸問題についての評価は全くない。

 政府担当セクションが自分たちの政策推進にとって不都合なことを言いたがらないのはよくある話だが、そういう姿勢が当該政策の総合的な功罪判定を誤らせてしまう。

 再エネ政策では、再エネ賦課金の在り方も含めたコストパフォーマンス論と真正面から向き合っていかないと、適格な再エネ推進は望めない。現にそうなっている。

2016.12.24 山陰中央新報 〜 核燃料サイクルの行方

 日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉が決まった。プルトニウムとウランを燃料に、発電しながら燃やした以上の燃料を生み出すとして、資源が乏しい日本で「夢の原子炉」と期待されたが、1995年のナトリウム漏れ事故以降、安全上のトラブルが続出した。もんじゅを柱に据えてきた国の核燃料サイクル政策は今後どうすべきか。推進派のNPO法人社会保障経済研究所の石川和男代表理事と、慎重派の九州大大学院の吉岡斉教授に聞いた。
 
 核燃料サイクル 原発の使用済み燃料を再処理し、抽出したプルトニウムをウランとの混合酸化物(MOX)燃料にして再利用するエネルギー政策。将来は燃やした以上のプルトニウムを生成する高速増殖炉を本格導入する予定だったが、頓挫した。もう一つの中核となる日本原燃の再処理工場は2018年度の完成を目指しているが、トラブルが相次ぎ、さらなる延長も検討されている。
 
NPO法人社会保障経済研究所代表理事/石川和男氏/安全保障上必要な政策
 -高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉が決まった。要因は何か。
 「1995年に発生したナトリウム漏れ事故が針小棒大に伝えられたのが大きい。壁を焦がしたり煙が出たりしたが、すぐにクールダウンし、放射能漏れはなかった。その事実をしっかり伝えていれば、その後の展開は違った」
 -高速増殖炉は技術的に成り立っているのか。
 「事故を的確に処理して運転を続けていれば、今頃は高速増殖炉の是非の結論が出ているはず。それがないまま廃炉を決めるのは、おかしな話だ。昨年、もんじゅを訪ねた際、所長は(推進に向け)自信に満ちあふれていた。もんじゅは国家プロジェクト。20年間も寝かせておいた責任は、政治と行政にある」
 -政府は、もんじゅなしでも核燃料サイクルを維持する方針で、より実用化に近い実証炉を国内に建設する開発方針の骨子を公表した。なぜ、そこまで高速炉開発にこだわるのか。
 「日本はエネルギー資源が乏しく、エネルギーの安全保障の面で考えると、高速炉が必要という発想が出てくるのは当然だ。ロシアやフランス、中国、インドでも取り組んでおり、その技術を持ってないのは安全保障上、不利になる。国が責任を持ってきちんと道筋を示せば、あとは現場が行う。長期的に見れば実証炉は実現するだろう」
 -現段階で核燃料サイクルを維持するには、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを一般の原発で燃やすプルサーマルに頼るしかない。中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町片句)での導入も想定されるが、問題はないのか。
 「東京電力福島第1原発事故を受け、原子力規制委員会が新規制基準を公布する以前から行われていたし、現在も四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で実施されており、問題はない」
 -核燃料サイクルのもう一つの柱である、使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場(青森県六ケ所村)も稼働延期が続いている。青森県は、核燃料サイクルが中止されれば、再処理工場に保管中の使用済み核燃料を全国の原発に送り返す意向を示している。
 「正論だ。だからこそ、核燃料サイクルは維持しなければならない。原子力事業は100年かかることは分かっているのに、ここで方針を変える必要はない。確かに福島第1原発事故は不幸な出来事だったが、津波による停止中の原子炉の全電源喪失が原因。まず必要な対策は多重防護と防潮堤で、再処理には何の関係もない」
 -核燃料サイクルが維持されなければ、核兵器に転用可能なプルトニウムがたまり続け、日本が核保有国になるのではないかという国際社会の懸念が高まる可能性がある。
 「日米原子力協定でプルトニウムの保有が認められているのは、日本が非核武装国の象徴とされているからだ。ただ、米国でも懸念の声があるのは確か。日本は、エネルギー資源確保のため、安全保障のために核燃料サイクルを維持していることを、もっとアピールすべきだ。それが国際的な安全や信頼感につながる。また、原発を動かして核燃料サイクルを回すことは、原子力関係の人材を育成する意味でも大切だ」

 
九州大大学院教授/吉岡斉氏/コスト上昇維持は困難/
 -もんじゅの廃炉が決定した。
 「高速増殖炉は非常に難しい技術だ。核燃料の熱を取り出す冷却材に使うナトリウムは腐食性が高く、漏れると発火する。この問題点に対応するため、コストがかかり、競争力のない技術になってしまった。1980~90年代に米国や欧州諸国が開発から撤退した経緯がある」
 -日本はなぜ撤退しなかったのか。
 「高速増殖炉は(原発の燃料となる)ウラン資源が不足するという前提で取り組みが始まった。だが、その後、ウラン資源が逼迫(ひっぱく)していないことや、石油や石炭などの化石燃料も豊富にあることが分かった。本来なら、こうした社会的、技術的条件を考慮して政策の進め方を決めるべきだが、高速増殖炉については、始めたからには進めるという選択肢しかなかったのだろう」
 -政府はもんじゅの後継として「高速実証炉」を開発する方針を示している。
 「高速増殖炉は、実験炉▽原型炉▽実証炉-という段階を踏んで開発が進められる。原型炉のもんじゅが失敗したのに、実証炉をつくるというのは、とても理解できない。実証炉をつくると言っても、場所や設計も決まっていない。フランスの高速炉技術実証炉『ASTRID(アストリッド)』で共同研究するという方法はあるが、これも設計段階にすぎない」
 -政府は当面、プルサーマルを柱に据え、核燃料サイクルを維持しようとしている。島根原発2号機での導入も想定されるが、安全性はどうか。
 「一般の原発に比べ、出力の制御がしにくくなるという特性がある。ただ、安全性に大差はないと考えている。その差は、世界最新の設計と古い原発を比べた際より、小さいかもしれない」
 -プルサーマルは既に九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)などで運転実績があり、現在も伊方原発3号機で行われている。ただ、プルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を燃やした後に出る使用済みMOX燃料が発生するが、処理方法が定まっていない。
 「福島第1原発事故の発生前、燃焼度の高い使用済みMOX燃料も再処理できる第2再処理工場を建設する計画があったが、事故で実現は非常に厳しくなった。既に生み出された使用済みMOX燃料は、現場の原発で保管するしかないだろう」
 -これまでの話を聞くと、核燃料サイクルの維持は非常に難しい気がする。
 「核燃料サイクルを続けようとすれば、原子力発電にかかるコストが大幅に上昇するだけでなく、処分が困難なプルトニウムを大量に生みだすことになる。続ける理由はない。廃止すべきだ」
 -プルトニウムがたまり続けると、日本が核保有国になるのではないかという国際世論が広がる可能性もある。
 「トランプ次期米大統領がどういう対応をとるかが鍵だ。(大統領選後に否認をしたが)トランプ氏は日本の核保有を容認する発言をした経緯がある。もし、本当に核保有に寛容な政策をとれば、プルトニウムに対し、そこまで厳しくならないことも考えられるが、核軍縮の観点から再処理は即刻やめるべきだろう」

2016.12.22 フジサンケイビジネスアイ寄稿 〜 【シリーズ エネルギーを考える】電力自由化は少子高齢化に逆行する

 今日付けのフジサンケイビジネスアイ(SankeiBiz)に、「電力自由化は少子高齢化に逆行する」と題する拙稿が掲載されています。

■欧米諸国の電気料金は上昇
 --石川さんは少子高齢化が進展する日本で、電力システム改革を進める問題点を指摘しています。何が問題ですか
 「日本の人口ピラミッド(年代別人口構成)を見ますと、総人口が1億2361万人だった1990年は、65歳以上の高齢者1人を20~64歳の5.1人で支えていました。それが20年後の2010年には総人口はほとんど変わらないものの、高齢者を支える人数は2.6人に半減しました。さらに25年には1.8人に、60年には総人口も8674万人に減少し、1.2人になってしまうと予想されています。こうした少子高齢化が進み、年金生活者や高齢世帯、低所得世帯が増えていく中では、毎日“日銭”として出ていく電気、ガス、水道の公共料金などの生活コストを極力増加させないことが重要です。ところが、電気料金は今年4月から始まった小売り全面自由化によって、一部の中高所得層は安い料金メニューを選択しやすくなりましたが、低所得層などにはまったくメリットはありません。小売り自由化とは、消費者が電力会社を選ぶのではなく、電力小売り会社が消費者を選ぶことにほかなりません」
 
 --国民の多くは、自由化で電気料金は下がると思っています
 「今度の電力システム改革では、20年をめどに料金規制を撤廃することになっています。これは私に言わせると、“値上げの自由化”です。今の電気料金はガスや水道と同様に、供給までのすべての費用を反映させた『総括原価方式』によって決められています。全国津々浦々にまで電気を届ける安定供給義務が課されているためのもので、善しあしはありますけれども、国の認可制で簡単には値上げができないように規制されているのですが、今度はこの規制がなくなってしまいます。実際に、2000年頃から電力自由化を開始した欧米諸国の家庭用電気料金は、自由化直後こそ一瞬安くなったものの、その後は上がっており、中でもドイツは実に3倍近くに跳ね上がっています。政策的に電気料金を抑制している韓国が横ばいで推移し、自由化していなかった日本は震災前の10年までは下がってきたのに対し、自由化して規制がなくなった欧米諸国では逆に電気料金が高くなっています。自由化後の日本も同じようになると受け止めるべきです」
 
 「少子高齢化社会では、消費する人間が減り、全体の消費パワーが衰えます。高齢者はお金を持っていても、消費意欲は減退します。すなわち、需要が増えない電力市場に多くのプレーヤーを入れれば、過当競争になるだけです。『電力業界でも競争原理が働く』といえば聞こえは良いのですが、競争が行き過ぎれば、本来電力会社がやるべき発電や送電インフラの維持・強化への投資がおろそかになる恐れもあります。全国の電力会社では、東日本大震災後に原子力発電所が停止したため、代わりに火力発電所を動かすLNG(液化天然ガス)や石油などの追加燃料費が相当かかっています。これは発電コストの8%程度でしかない人件費削減などの電力会社のリストラではまかないきれません。需要が減少する国で競争を起こさせても、電気料金の低廉化や電力の安定供給にプラスに働くことはないと思います」
                   
■低所得層の負担は確実に増す
 --電力小売りの全面自由化が始まって約9カ月。どう評価していますか
 「自由化の評価基準は、電力会社の切り替え率です。登録しても実際に事業を行っていない事業者もいますので、新規参入事業者の多寡では評価できません。これまでの切り替え率は16年11月末現在で3.7%程度で伸び率は鈍化傾向にあり、ほとんど自由化の成果は出ていません」
 
 --料金が安くなると期待して切り替えた家庭もあるわけですが、今後の料金推移はどう見ていますか
 「契約電流30アンペア以上の家庭で料金メニューを変更した消費者は、料金単価が下がっています。しかし、経産省の調査では、そうした家庭の電力使用量は増えていて、省エネとは逆行する現象も見られます。自由化に移行した直後に料金が下がるのは欧米諸国と同じで、今後については料金を下げるインセンティブはありません。20年の料金規制撤廃が実施されればなおさらで、これまで規制で料金を抑えていたのを止めるのですから、上昇しかないと思います。既存の電力会社には、低所得者や高齢者、単身者などが利用しやすい料金区分がありますが、これはコスト不足分を内部補填する“福祉料金”ともいえるものです。しかし、料金規制を撤廃したら、競争市場ですから、どこの電力会社もこの料金は止めると思います。低所得層の電気料金負担は確実に増し、さらに格差を広げる要因になります。社会保障の充実にはまったく逆行するようなことが起こる可能性があります」
 
 --自由化して電気料金の負担が増すのでは、国民は納得できません
 「20年の制度変更では、発送電分離と料金規制の撤廃が予定されていますが、その前に見直しをするルールになっています。電気料金値上げとなれば、国民の反発が大きいため、実際には発送電分離だけになる可能性もあります。しかし、この発送電分離にしても、本当に日本にとって良いこととは思えません。われわれは東日本大震災を経験しました。あの時の停電復旧は奇跡的に早いものでしたが、会社が分割されてもあのときのような素早い対応ができるのか不安です。電気料金については、震災後になぜ値上げが相次いだのかといいますと、原子力を止めて燃料費の高い火力の依存度を高め、コストの高い再生可能エネルギーを入れたからです。本当は大震災で被災し、未曽有(みぞうう)の危機に直面した日本が最初にやらなければいけなかった止血処置は原子力を使うことだったのです。電力システム改革は大手術です。今救急車で運んでいる患者に、止血処置を施さないで執刀する医者はいません。再エネを増やすのは必要なことです。そのための送電設備の増強や、コストを下げたり、効率を高める技術開発を行う資金を捻出するためにも、原子力を今すぐ再び活用することが必須だと思います」
 
 --人口減少、少子高齢化が進む日本の10年先、20年先を見据えたエネルギー政策はどうあるべきでしょうか
 「とにかくエネルギー政策の基本は、自給率を上げることです。これは戦争に入り、敗戦した第2次世界大戦の教訓として日本人の記憶にすり込まれているはずです。そのためには、ウランは石油の7万分の1の体積で同等のエネルギーを発することから国際的に準国産エネルギーとして扱われている原子力に、60年間使って安全に止めるという本来の役割を演じてもらうことが大事だと思います。そうすれば、原発の安い電力が生む収益を適正に配分し、低所得層に大きな負担を強いている高い電気料金を下げ、お金のかかる再エネ普及のための投資もできます。震災前も震災後も、安い電力を安定的に大量供給するという原子力の機能・役割は変わっていません。また、原発を世界標準で運用していくことも大事です。チェルノブイリの旧ソ連も、スリーマイルの米国も、事故の後も他の原発は動かしていました。福島後に30年の原発全廃を決めたドイツも一部を除いて今も原発を運用しています。それが世界の実情です。将来は再エネを含めた新たな技術開発に期待できると思いますが、今後50年間、日本の電力を低廉な料金で安定的に供給できるのは、原子力しかありません。官邸には強いリーダーシップを発揮していただき、『原発全基即正常化』への政治決断を期待したいと思っています」

 03

【石川和男のエネルギー世論を斬る!vol.127】

2016年12月21日17:00~17:45【石川和男のエネルギー世論を斬る!vol.127】

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv285162456

Youtube : https://youtu.be/pnVZQHj3Ges

【石川和男のエネルギー世論を斬る!vol.126】

2016年12月14日12:30~13:18【石川和男のエネルギー世論を斬る!vol.126】

ニコ生 : http://live.nicovideo.jp/watch/lv284522599

Youtube : https://youtu.be/RLA7M86vxYU

2016年度の再エネ買取総額:2016年8月までの累計は9400億円(対前年比2600億円)

 資源エネルギー庁が定期的に更新している再生可能エネルギーに関する『固定買取価格制度 情報公表用ウェブサイト』によると、今年8月末時点における再エネ発電設備に係る買取電力量・買取金額は、それぞれ資料1・資料2の通り。

<資料1:買取電力量(万kWh)>
16
(出所:資源エネルギー庁「固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト」)

<資料2:買取金額(億円)>
31
(出所:資源エネルギー庁「固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト」)

 エネ庁が今年3月に公表した「再生可能エネルギーの平成28年度の買取価格・賦課金単価」の概要は資料3の通り。

 これによると、2016年度では、再エネ買取額は年間2兆3000億円、再エネ賦課金は年間1兆8057億円と見込んでおり、再エネ賦課金単価は1kWh当たり2.25円(標準家庭(1ヶ月の電力使用量300kWh)で月額675円、年額8,100円)。

<資料3>
20

 今年8月まで5ヶ月間の買取額は9432億円(対前年同期比2634億円増)。今年度の残り7ヶ月(今年9月~来年3月)が同じ程度で推移すると仮定すれば、今年度の買取額は2兆2637億円となり、現時点のデータでは約363億円未達のペース。

 国民全体の電力コスト負担増を抑える観点からは、未達額が大きいことは決して悪いことではない。

 ただ、これはあくまでも単純計算に過ぎない。太陽光や風力は天候に左右されるので、実際にどうなるかはわからない。

 増えるかもしれないし、減るかもしれない。

 この買取額分は、再エネ導入のための電力消費者からの“補助金”のようなものであるが、その多寡に関する価値観は個々人で大きく異なるであろう。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ