2008年08月

2008年08月30日

雨は上がってます

8b5cef0c.jpg28日の話し。

ホテルのお部屋から見た、北アルプス穂高連邦。
手前は松本駅。
中部〜関東の豪雨の影響で中央線特急は終日運休(スーパーあずさ)とのこと。
関東からサイトウキネンに来られる友人女史、大丈夫かしら。

ワタシたちは、新幹線ストップによる遅延のため、松本到着が危ぶまれましたが、大幅に遅延しながらも、なんとか「女狐」の第3幕から鑑賞できましたが、はてさて今日は。


kasumyon at 09:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月25日

やもたん。

帰宅して、ともっているポーチのライト付近を見る。運がいいと、やもたん(ニホンヤモリ)がいる。はばタンの唄をうたってしまう。 ラーヂサイヅのだと体長7センチ位で、思いの外アタマがデカイことを認識したり。彼らは、バクッといきますからね。獲物を。口、デカイっす。しかし、かなり警戒心強くて、スグに逃げていってしまう。ウヲ、大物ッと思っても、なかなか具に観察するアタハズ。モスモスっと姿をくらませてしまうっちゃ。

んでもって昨夜。

やもたん 居るかな〜、と、見やれば。

!!

ミニやもたん。
やもてぃーの。
ちびこい。
4センチくらい。
ちびこいけど、手足や顔つきがしっかりヤモリだ。

あれ。

やもたん、ワタシがガン見してるのに、モスモスしない。

逃げないよ。

お〜〜。

なんか喰べてる。
モシャモシャ喰べてる。

クモの巣?
え〜〜、巣なんて、美味しいのかな〜。まあ、蛋白質だとは思いますけど。

モシャモシャ。
喰べてる。


その間、ガン見。
携帯カメラでも撮ってみたが、お構いなくモシャモシャしてた。

あいにく、ライトの逆光と、やもたんの小ささが災いして、お見せできる画像はものにできませんでした。
やもたんは、爬虫類で、オタマ時代がないもんねぇ。卵から孵ったら、オトナのやもたんと同じカタチなんだもんねぇ。

しみじみ。

やもたん。
今日はナニを喰べてるかな〜


kasumyon at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月23日

シンガポールチキンライスに挑戦

92989660.jpgK1郎さんのオススメのお店、宏亜楼に出向きシンガポールチキンライス(海南=ハイナム=チキンライス)をいただき、すっかりファンに。

うまから手帖レシピを参考にさせていただき、現在挑戦中。

トリガラを三ノ宮市場「かしわの大山商店」で、地鶏モモ肉とともに、げと。

パンダンリーフは、南京街の三木商店にて入手。ただ、2枚では少なかったかも。

シーユーダムは明治屋さんで入手。

しかっし。タイ米を切らしてたことに気づき、かなりガッカリしている〜。


kasumyon at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月15日

がんばれ、塾高!!!

早朝からチケット当番に当たって券買所に乗り込んでる諸氏、
三十路もトウに過ぎつつも学生服に身を包んでらっぱ吹いておられる諸氏、
そしてグラウンドにいる選手諸君、、、、
ベンチ入りしていないたくさんの選手・スタッフの皆さん

がんばってください!

今日はあいにく馳せ参じられませんが、

日曜日、甲子園にて!!

がんばれ!塾高!

kasumyon at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月13日

シャトレ座の「利口な女狐・

というわけで、(どういう?)月末は松本にサイトウキネンを観にいくのですが、ヤナーチェックの歌劇はチェコ語だし、どうやらファンタジィらしい。急ぎ取り寄せた日本語訳の本は、それはそれは胸に残る、ストーリー(と挿絵)であったが、一体コレがどのようにしてオペラに・・と思われた。先日、ミン塔(MinT神戸のTowerRecords)に行った際に検索してみたら、シャトレ座プロダクション、マッケラスの指揮によるものが国内版(DVD)で出ているという。しかし!6800円!
こないだラスト3箱で入手したDHMの50周年ボックスは、50枚で5000円だったのに。。。きぃぃぃ。。。。まぁ、この際致し方ないか。。。Amexポイント8倍という期間でもアリ、ぽちするかね・・・ しかし、高いよ。。。。


kasumyon at 10:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年08月03日

アラベラ!

リヒァルトのアラベラを観てます。
ヴェルザー・メスト指揮、チューリヒオぺラのプロダクション。

アラベラはルネ・フレミング、お相手は、ものすごいイケメンのハイバリトン。


ブルーを基調にした美しい舞台。


美男美女が愛を語るシーンの美しいこと。

チューリヒって、欧州に残る数少ない「正統的」演出の箱でしたもんね。

美しいわ。

男装のユリア・クライターも麗しいわ。

お祝いのシャンパーニュは、モエ・エ・シャンドンよ!

そして、ワルツが一杯。


kasumyon at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)