生活

2008年02月07日

恐るべし,ばばガエル

ばばガエルから寒中見舞い状が来た.
雛形をパソコンで刷って,フリーカラムには個人向けに手書き・・という体裁.


『●●逝去に付き賀状失礼しました・・・
年賀状欲しかったのでこんなヘンな形になり,ゴメンよ.
去年は 出先からの絵葉書などありがとう.

今年はもう少しで相対論と量子力学のテキストが終わるので
それまでは☆☆の講座に通うつもりです.』








続きを読む

kasumyon at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月29日

2007クリスマス会

たくさんのお客さまにおいでいただいてクリスマス会をいたしました.
山を越えてきてくださった皆さま,お近くからおいでくださった皆さま
どうもありがとうございました.

ツリーやら贈り物やら







いただいたクリスマスプレゼントをもみの木の下に並べて・・・


モリユさんのチャコちゃん






お客さまからいただいた手づくりのトナカイ『チャコちゃん』.
なんと,白い給食袋を背負っていて,中にはサンタ帽が入っている・・という
とっても手の込んだ一品です.







フルーティストれんちゃんのパパさん(ジャズピアニスト)が
丁寧に作ってくださったチキンの燻製をいただきました.




れんちゃんパパの手作りスモークチキン






れんちゃんパパのスモークチキンを並べたトコ






お庭のローズマリィの香りがふんわりと漂う美味しいお品でした・・・








食べるものはこんな感じ.

たべるもの1







たべるもの2






・かぼちゃとサツマイモのサラダ
・ジャンボピーマンのマリネ(3色)
・チーズ
・パテ(カモ・サーモン)
・スモークサーモン
・イタリア産生ハム
・干しイチジクと 枝つき干しぶどう
・グリーンサラダ
・焼き野菜(ホルトハウス房子のレシピによる)
・ワカモレ(アボカドディップ)
・マッシュポテトとホタテのグラタン
・マテ貝のビール蒸し
・ビッグバード(スタッフドローストチキン ガーリックライス詰め)
・ほうれん草とミニトマトとベーコンのキッシュ
・パンの樹のサンドウィッチセット


アレコレお話ししたり,音楽聴いたりした後
フルート3本 トロンボーン2 バロックギター1 すず1で
クリスマスキャロルズの『大セッション』・・・

楽しい!

酔っ払いの大人たちに囲まれて フルート歴1年未満のおじょうちゃまが
堂々の演奏をご披露されて,所見でバリバリ付いていかれ,素的でした.
天晴れでした.

しかも、がまさんのフルートをミャミャイさんが吹き、
その上れんちゃんが吹いてくださり・・・

・・・あのフルートってこういう音がするんだったんだ!!!!

・・・ごめんよ,フルート.

・・・作られて初めて『鳴ったぁぁ』『響いたぁぁぁ』という気分がしただろうねぇ.

れんちゃんさま,『吹き込み』ありがとうございました.




飾りつけはこんな感じ.

かえるくん作,プリザーブのリース&アレンジ







リースとアレンジメント






デンマーク産のタピストリィ







エクーラントのタピストリィ







ザイフェンのシュヴィップボーゲンと,かえるくん作の木の実の飾り.








ザイフェンのシュヴィップボーゲン






かえるくん作のアレンジメント.







アレンジメント






聖歌隊のウィンドミル.






ウィンドミル







玄関の様子.







玄関のポーチ続きを読む

kasumyon at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月01日

桃の花

61736e3c.jpg新長田のマルハチでひと束300円ほどで売られていた桃の花.
順次開花してくれています.

kasumyon at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月17日

【今度は枕だ】かえるくん作成リネンアイテム

先日来,「仕立て屋かえる」になっているかえるくん.

枕作成中







自分のパジャマ,がまくんのワンピ,に続いて自分用のボックスシーツ,それに額縁式&
ファスナー式の枕カバー二つ作成しましたよ.

がままくら






これはがまくん用で,入れ口式になっています.

額縁式入れ口






この枕を持って,

清水邦夫の戯曲「楽屋」の「女優」よろしく,「返してください・・」とナニかに言い寄ってみようかしら.


kasumyon at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月10日

【かえる作】リネンがまワンピ

かえるくんの作成してくれた,がまワンピ写真編です.

がまワンピ







【おしゃれ工房】の型紙をアレンジしてかえるくんがデザインしたものです.
がまくんを採寸し(絶句していた),
布を裁って,縫製し,それからワンウォッシュ,

素材は真っ白のアイリッシュリネンです
切り替え部分と袖周りにチロリアンテープを巻き,

がまワンピ襟周り






襟周りにはリネン糸でステッチを入れ,

がまワンピ袖周り







胸のボタンは貝のお花ボタン,
ボタン通しはリネン糸で編んだものです.

共布で,ヘアバンド(はちまき?)も作ってくれました.

しかし,がまくんが着ると

白熊,というかホッキョクグマというか,イベリコ豚というか
茶美豚か,アグーか,
そういう感じになってしまうのでした.

着てるトコの写真は・・・勘弁してくれろ・・・・・

kasumyon at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月20日

【行ってきました】岩盤浴

三ノ宮の駅前にある岩盤浴店に行ってきました.
会社帰りにでも手ぶらでオッケー!お気軽に〜とのこと.
綿のざっくりとした浴用衣を渡されてそれに着替えます.
ブラックシリカ・・なる黒い石がタイル状に敷き詰められており
その上にバスタオルを強いて寝っころがる・・
その入りはどうやら発熱しているらしく,汗が出る,
そんでもってのデトックス作用【解毒】・・という触れ込み.

うすぐらーい部屋の中に間仕切りで区切られたスペースが8名分.
部屋は室温40度,湿度50%に設定されてるようで,かなり暑い.
そして床は黒い石の部分だけでなくその他のタイル部分もかなり熱い.
割り当てられたスペースの黒い石の部分にバスタオルを敷いてごろっと,まずはうつ伏せで5分,そして仰向けで10分.そして5分休憩で水を飲んで・・を3セットで60分1コース.

かなり・・・熱い.バスタオルナシだとやけど状態かも.
お姉さん曰く,汗をかきやすい人ならスグに,そうでない方でも3セット目にはだいぶんかかれますとのこと.

がまくんは2セット目でかなりアセアセ.
いつぞやのスーパー銭湯湯あたり救急搬送コースを避けるべく
がんがん水を呑んだことも奏功してかかなりの発汗量.

綿でなくてリネンの浴用衣だったらなお良かったかも.
テイセンさんにオススメしてみようかな.

だいぶん汗をかいたんですがお姉さん曰くこの汗はニオウ汗ではなく(?)お肌を守るクリーム状のものなので流すともったいない,シャワーはオススメしません・・とのこと.俄かに信じがたかったのですが,ひとまずざっとタオルで拭き,着替えて外に.

お姉さんに[熱源はナンですか?]と職業柄(!)尋ねてみたんですが,[遠赤外線です・・]とおっしゃる.

う・・・そうじゃなくて,

それは、まぁそのそういう効果はあるかもしれませんけど,石がそれ自体発熱するわけでなくて,何らかの熱を与えるものがあるわけだとおもうんですが,電熱線なのか,或いは温水循環なのか,温水の場合ボイラーの熱源はナニが採用されてるのか・・テノを聞きたかったんだけど,,,,ドウやらご理解いただくことができなかったのでした.

説明ベタですみません.

続きを読む

kasumyon at 23:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月23日

【吐く息白い・・?】・・チャウやんか〜!!!

ミドー筋(オーサカのオフィス街)を歩いていると.
来年度の採用のシーズンを迎えたこの時期特有のリクルートスーツ姿の学生さんらしき男女の姿を良く見かけます.

簡易版のオーサカの地図冊子を見ながらあっちのビルこっちのビルを渡り歩いておられる様子もほほ笑ましく.

さて.ある日の帰り.


黒いスーツを着て黒い「A4サイズの入るかばん」を肩から提げた女性ががまくんの前を歩いてました.ミドー筋.

おお,リクルートちゃんかな.がんばってねぇ・

・・と.ととと,口あたりから白い息が.あれ?そんなに気温低くないのに?
ナゼ吐く息が白いんだろ?

と思った次の瞬間,モワーとニオイが.

・・・・タバコかーーーーーい!!!



路上喫煙かい.

休憩所や喫茶店なんかまでのちょっとの間,我慢できんかねぇ・・・
その姿,誰かに見られてるかもよ・・・


・・・と思ったがまくんは,この人が「オンナの人」だったからそう思ったのか?

オトコの子やオッサンだったらスルーだったのか?

それって,モシカシテ性差役割強制主義(genderism)的思考なのか?
リカちゃんあたりに指弾されてしまう?


kasumyon at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月17日

【意外な質感】パウル・クレーの「来るべきもの」

6b3c923c.jpg大丸ミュージアム梅田で開催中の「パウル・クレー展〜線と色彩〜」遅ればせながら17日に出向いてまいりました.ベルンのパウル・クレー・センター(左のコンポーネント内にリンクがあります)の開館を記念したもので,日本に初お目見えとなる作品もたくさん.

「カンディード」に挿絵をしていた,また感化されていた・・ということを初めて知り,大変興味深く思いました.ヴォルテールのあの著作自体をを読んだことはないのですがフランス革命の意識を引き出した書と世界史で学んだ際は一体どのような「風刺書」なのだろうと思うばかりでしたが,レナード・バーンスタインのミュージカルで接した限りでは,なるほどクレーも・・と思う次第.

「来たるべきもの」のあの質感はどういうものなのだろう・・ とかねて思っていたのですが,初めて実物に接し,じっくり 観察したのですが,予想に反してあくまでも平面であったのに驚きました.てっきり,塗り跡も鮮やかに盛り上がり・・・というマチエェルだと思っていたのでした.

パウル・クレー・センターの開館までの歩みとそのコンセプトを紹介したVIDEOは時間が合わず全編を観ることができなかったのですが (がまくんの拙いドイツ語を頼ったもので大変心モトないのですが^^;;)建設寄付者の博士夫人が,センターの建築をバッハの音楽にたとえておられたのが印象的でした. また,あのmの字型の建物がクレーの素描?から レンツォ・ピアノ氏がインスピレイションを得たものだ・・ とのことでベルンにぜひとも出向いてみたいという思いを新たにしました.

この夏に日本パウルクレー協会主催のベルン・スイスツアーが企画されているとのこと,リーフレットが出口のラックに置いてありました.

kasumyon at 23:27|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

2006年01月16日

神戸医大〜?

f8824660.jpgバスの広告で発見。荒田八幡宮の厄除大祭の案内。神戸医大西に入る、とある。新しい大学が開学?と思ったけれど、地図を見る限りどうやら【神戸大学医学部】のようです。

kasumyon at 16:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月06日

湿度.

リュートを保管するために湿度の管理が肝要…とのご教授をいただき,BARIGOの温度・湿度計を入手したがまくん.加湿器を置いて,湿度55%の±10に収まるようにしています.

さて..

寝室にも加湿器(Ventaくん)を置いて風邪対策…?をしているのですが,なぜかフタリとも朝起きるとのどがカラカラ.加湿器を置いてるのにナゼだ〜??加湿されているのか?ということで,BARIGOを寝室に持って入ってみました.

で,今朝,起きたときにメーターの指針を見てみると,なんと湿度は90%との表示.そして気温は9度.

ぐぐっと中学校?の理科の時間を思い出してみると,

「飽和水蒸気量」という言葉が頭に浮かんできた.

そうだ,温度によって空気に含まれる水蒸気量は決まっていた・・はず.温度が低いと空気中に含むことが出来る水蒸気量は少なく・・高い気温だと多く・・という曲線のグラフがあった….

湿度は,その温度における,飽和水蒸気量に対する水蒸気量の百分率・・(よね?)ということは・・・9度だと,90%といっても含まれてる水蒸気の絶対量は少ない.のどが渇くのも尤も…か…,イヤイヤ,他の要因(口開けて寝てる,イ○キかいてる・・etc?)か?

そこで気になるのはリュートの保管.

「55%の±10%で保管しましょう・・」とのお触れでしたが,上の話を受けると,気温によって水蒸気の絶対量が違うことになりますよね.水蒸気の絶対量とは関係ないのでしょうか?それとも,やっぱり「摂氏20度での55%±10・・・」というお話でしょうか.美術館などは所蔵品保護のためそのように管理してる・・・やに聞いておりますが...

むむむ....

kasumyon at 22:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年11月17日

かえるくん作,コルクのリース

aa4f6750.jpg「五穀豊穣のリース」に引き続き,かえるくんが「コルクのリース」を作りました.
土台の部分はベルギービールDuvelの750ml瓶のコルク栓,一番中心には
シャンパーニュのコルク栓をそれぞれキャップとともに使いました.
そのほかの部分はワインのコルク栓です.

クリコ夫人がニッコリ.

Chateau Mar○aux,Pavillon ○ouge姉妹のコルクくんも入ってます.
同じシャトーの絵柄が入ってます.

全部ウチで飲んだもの.さてもよく飲んだものであります.

シャンパーニュの部分と外側のワインの部分は,これから飲んで
気に入ったコルクが出てきた際に,差し替え可能なスペックになってます.


kasumyon at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月23日

トロンボーン奏者についての推論

そんなわけで昨日はヤマハの「無料ライヴ」にお世話になってしまったので
かえるくんのタッテの希望だった『谷啓(トロンボーン)とNHK交響楽団(金管五重奏)の仲間たち』
というイト興味深き演奏会には行けず.
谷啓の『生・ガチョーン』と『サイン』を熱望してたかえるくんには申し訳ない.

そんな『ネタ』をビミョ〜になぞってくださる方が居られたとは・・・

それは本日お招きいただいた宴のホスト殿であられ・・

ホスト殿はトロンボーン奏者であられ,かつITエンジニアであられ,
かつて管楽器セクションリハーサルでがまくんが伸ばしてる音(のピッチ)について
「あの〜,いつになったら合うんでしょうか,いつまでお待ちしましょうか」とキビシ〜
お言葉を発してくださった方であられ(それが団内指揮者の仕事ですよ!がまくん).

宴は実にお二人の思いが詰まった素的なもので
殊に,ホステス姫(フルート奏者)の妹宮(ピアニスト)が晴れの日の姉宮に贈るスピーチと
ともに演奏されたショパンには参列した同卓女子人一同感涙.がまの目にも涙.

ホステス姫には学生時代から本当にお世話になりご迷惑を掛けどおしだったがまくん.
きらきらと輝く彼女の姿を見ることが出来て本当にうれしく思いました.

お父様お母様にお祝いを申し述べる際に「トロンボーンとフルートのカップルはベストです.
なにしろウチがそうですからっっ」と断言したがまくんであるが・・・
まぁ,かえるくんについては産まれる前からトロンボーン奏者だったと云えるが,がまくんは…
フルート「ホルダー」であることは間違いないが間違っても「奏者・・」とは・・以下略.
お二人ははフルートとトロンボーンだから・・とかナントカに関わらず・・,
「お二人」として必ずや幸せの路を進んでくださることと固く信じております.
末長いお幸せをお祈りします.

さて,宴の第2部なりよ.
銀座の某有名カフェを貸し切って100名強?の招客でのお祝い会.
久々に諸先輩や後輩の皆様にお目にかかり,2世の居られる方,第2子プレママの方,
まもなくゴールインの方,すっかり貫禄ついちゃった方,
ネクタイなんか締めてるの初めてミタヨ〜な方,妙にウキウキな方,もろもろ….

第2部のメインは「招客がそれぞれ楽器を持参し,ホスト殿の指揮のもと
某曲を演奏する」という企画でして.
いや〜.ホントに出来るんですねこういうことが...
ホスト殿は「ウェディング・プロジェクト」として企画の段階から入念に
各種シミュレーションを繰り返し(?)マルチタスクの中で今日の日を迎えられたようで
主演・演出・総指揮(いや、文字通り)・・として実に天晴れでございました.

そこでですよ.
かえるくんに「トロンボーン奏者って,なんかミンナやりたいねんなぁ」と訊くと
「トロンボーン奏者には変人が多いわ,僕は除くで」とのたまう.
ちゃうやん,それ. オヌシこそ最たるモンなんちゃうの?

トロンボーン奏者:500小節の休みをカウントできる.
        40分のシンフォニーなのに配給されたパート楽譜が3ページでも泣かない.
       (以上しなかん飯塚さんのページ参照)

つまり,基本的にヒマなんでしょう(わ〜〜!!).ヒマだから「フルートのピッチ」とか「ヴァイオリンの弓順」とか
些細なこと(←こういうところに即,突っ込みがくるだろうと予想)に気が回ってしまうんでしょう.
そんでもって「あれこれ考えたり,やりたくなって」しまう,「あれこれ」は概ね「ナイス」なことなのですが,
ちょっと突飛なことも時々含まれる,ヒトの記憶には「突飛なこと」が強く残りやすい,然るに「変人」とされるのだろう..と推論

世の,トロンボーン奏者を夫に持つ皆様,いや夫でなくても,身の回りにトロンボーン奏者の
居られる方々,ご高察いただけましたら幸いです.

続きを読む

kasumyon at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月18日

がまくん作,てんとう虫

942ed97e.jpg「おしゃれ工房」でBleuBlancheさんが作っておられたフェルト製の「てんとう虫のコースター」に惹かれてテキストを買ったのは去年の春頃ではなかったかしら...間を置かずフェルトや縫い糸も調達したのですが箱の中に仕舞ったまま早や1年半??

「総制作(構想?)日数 500日」
「制作総費用 200(億)円」
「スティーヴン・スピル・がーま制作総指揮」

堂々完成,「てんとう虫のコースター」

kasumyon at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月15日

目黒のサンマ

今日は「店舗調査」のお仕事をしてきました.
お客としてそのお店に入り店員さんの接客や店内の様子等について
レポートを送るというもの.
今回がまくんに割り当てられたのはとある駅ビルの中にあるベィビー用品店.
ちょうどお店では「ピースリング」という最近のお母さま方の中で流行っている
らしき,赤ちゃんの「だっこひも」のようなものが特別に展示されて
「キャンペーン」が打たれていました.

よしっこれは,と思ってがまくんは「6ヶ月の赤ちゃんの母」になってみることに.
が:「ピースリング試したいんですけど」
店:「はいどうぞ,お子さまはおいくつぐらいでしょう」
が:「(ううう)6ヶ月です」
店:「ではもう首が据わって“立ち抱っこ”ができる状態ですね」
が:「($*&%$・・)そ・そ・そうですね、ハイ」
店:「ここにお人形ありますので ではまずスリングを肩に通して・・それから」
が:必死に赤ちゃんのお人形を布の中に収めようとするもののまったく手つきがおぼつかず…(馬脚…)

店員さんはイロイロと親切に教えてくださいまして,肩が比較的楽そう,とか
赤ちゃんの背中の形にフィットして楽そう,とかスリングの良さはなんとなく
伝わってきた感じです.こがまくん来たら考えようかな、と.

その後バッハのお稽古に松蔭さんに行き今日は一楽章を仕上げ.
六甲から坂道登っていくときに空からは滝のように雨が降って来るし
坂道の上からもドド〜と雨水が流れてきて,かなりヌレ鼠になってしまったのでした.
ナゼこんな日にレザーのボトム&エナメル靴にしてしまったのかと悔やんでも遅い.

夜はA響のアイーダ稽古を偵察(!?).
おぺら様がほんっとうにスリムになっておられて.
今やがまくんの半分くらいではないかしら...嗚呼とほほ.しかもお声はさらに
素的になっておられるように思うのです.本番が楽しみ〜
本日このオケイコが3本目だとおっしゃるかえるちゃん(すごいっ!!超人的だわ〜)
のお声にもまたしても打たれ...さっすが,素晴らしいテンション.
山本先生,合唱ケイコのときからLEON系(このURL貼ってみて判ったんだけど,LEONとNIKITAって「主婦の友社」なのね.ナノネ..どうなの?それ??)のお洒落なお方,お喋りの
お声も素的だわと思っておりましたが,お声もびしびし.泣かせるラダメスです.
がまくんは次の次のオケ練までお預けですがしっかりイイモノを目指していきたいです.

しかし,「A響,金管ウルサイ!ダマレ〜こら〜」と思ったのは,がまくんだけ!?
合唱の後ろでやっとくれ〜って感じ. ま,おいおい指揮者様から
ご調整が入ることと思いますが・・・,それにしても...
12月?金管隊だけでどっかの合唱団の助演に行くらしいんですが,
あんな爆裂咆哮団(しかもほぼフルメンバーらしい)きて対応できる合唱団って
あるのん?ロシアドンコサック合唱団とか???

帰ってきてサンマを焼いたんですが.
かえるくんが「どこのサンマ?」と聞くから「目黒のサンマだよ」と云ったら
「へぇぇぇ,そうなんや〜」とフツーに流していた.
キミは小さん師匠の噺を知らんのか.
どなたか,かえるくんにホントの「目黒のサンマ」を教えてあげてくださいませ.
目黒区役所のページにこんなの・・がありましたので貼っておきます.

kasumyon at 23:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年09月30日

布引滝からハーブ園へ

新神戸からプチ登山をしてみました.

雌滝

まずは,布引滝[雌滝]へ.落差は20mくらいだそうです.[布引滝は華厳滝,那智滝と
並んで日本三大神滝…]と案内板に書いてありますが…
その二つと並べてしまってホントにダイジョブ??








雄滝

こちらは[雌滝]から200メートルほど上流にある[雄滝],
落差は43mと書いてありました.










見晴台

[雄滝]から10分ほど登ったところにある見晴台からの眺めです.
新神戸/北野界隈の方々で組織されてる[早朝ラジオ体操会]の皆さんは
毎朝ここまで登ってきてラジオ体操なさるんだそうです.






フラックス

見晴台から25分ほどで布引ハーブ園入り口に到着.
園内ではセージの花が美しく咲いていて見ごろでした.
これはがま&かえるが愛用している[リネン]の繊維の元になる[フラックス]という植物.
実物,初めて見ました.淡い青いお花のつぼみが付いてましたが,
毎朝早い時間に少しだけ咲いてあとは閉じてしまうんだそう.
つぼみだけでも見られて幸運でした.






ハーブ園より

ハーブ園のレストハウス前からの眺めです.泉州のほうまで見渡せました.






ロープウェイ

帰りはロープウェイを使って下山しました.

kasumyon at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月27日

アロマオイルでお掃除

先日の日経プラスワンに紹介されていたアロマオイルを使った冷蔵庫のお掃除を試してみました.夏の間がんばってくれた冷蔵庫くんを慰労・・です.

必要なもの・・・お好みのアロマオイル,重曹,消毒用エタノール
準備・・・重曹100gにアロマオイル10滴程を垂らして良く混ぜた「アロマ重曹」
     消毒用エタノール50ccにアロマオイル5滴を入れた「アロマスプレイ」

これを冷蔵庫の壁やトレイなどのお掃除に使います.

冷蔵庫から食品をすべて取り出し,トレーをはずしてまず掃除.アロマ重曹を使ってこびりついた汚れを新しいスポンジで取り去っていきます.重曹は粒子も細かいですし,何よりもともと食品としても使うものですので,安心な感じ.それほど力を入れなくても汚れがどんどん落ちます.

次に,壁面を掃除します.スプレイ容器に入れたアロマスプレイをシュッと吹きかけ,乾いた柔らかいふきんで拭き取っていきます.今回がまくんが使ったのは「カリス成城」の店頭でいくつか試してみた中から選んだスウィートオレンジのオイル.手垢のついていた取っ手や,食べ物がこぼれて固まっていたところなんかもスイスイ落ちていきます.

お掃除してる間もお気に入りの香りが楽しめますし,お勧めです.

ただし,スプレーはアルコールですので,ちょっと手あれが心配な方は炊事手袋をなさってくださいね.また,小さいお子さんが食べ物と間違えないようにお気をつけください.




kasumyon at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月27日

関東平野

台風一過の「超」晴天. 空,真っ青.昨晩帰宅した時に室内の湿度80パーセントでグッタリでしたが,今日は湿度計を見ると50パーセント.バルコニーから見渡すと,筑波山,日光連山,赤城連山,箱根の山影まで見渡せます.うーんこれが関東ローム層,デハなくて関東「平野」・・たる所以ですね.ちなみに,マウント富士はちょうど天辺のあたりにかぶさって隣町のマンションが建ってるので「お姿全体」はのぞむことは出来ません.でも裾野はバッチリです.

kasumyon at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月08日

かえる母には花を,母蛙にはワインを.

かえる母には花次郎で買ってきた花材をつかってかえるくんがアレンジを作成し,持参.フラワーアレンジ



母蛙には先日「BSフジ」のドキュメンタリーで見た栃木県足利市の知的障害者施設「こころみ学園」産のワインを送付しました.

少し前の日経新聞の土曜版「日経プラスワン」で「お勧めの国産ワイン」が紹介されたときに,十勝や勝沼のワインとは別口で『沖縄サミットの森首相主催晩餐会でソムリエの田崎氏が乾杯用スパークリングワインとして世界各国の銘醸品の中から選定したのが足利のこころみ学園産のスパークリング,NOVOであった』という記事を目にしていて,気になっていたのですが,(その件に関する詳細はこちら)今回この2時間のドキュメンタリーを見ていっそう興味を抱いたのです.民放制作のドキュメンタリーであるにもかかわらず,取材と撮影に数年間をかけたというとても丁寧な番組で.

神戸ではカフェ・アールさんで商品が取り扱われてるとのことでしたので出かけてみます.

kasumyon at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年10月25日

寝てる場所のこと

洪水、高波、土砂崩れ・・の水害に追い討ちを掛けるように新潟・中越地方を襲った大きな地震.がまくんはリアルタイムで「阪神淡路大震災」を体験していないので家族からの聞き伝えになってしまうのでもどかしいのですが・・

かえるくんはあの地震を経験して「寝室には物を置いてはいけない」と堅く思ったようです.机の下に隠れる、、とかなんとかいわれますけど、寝てる時だったらどうしようもありませんもの...リッパなお嫁入りタンスが倒れてきたら・・・というわけで現在のがま家の寝室にはベッドと、ベッドサイドのローチェストという配置で衣類はウォークインクロゼットにしまっています(え、がまくんがお嫁入りタンス持参をサボっただけじゃないかって・・マ、それはそういうことなんですが).

しかし、今までのがまくんの「寝室」を振り返ってみると・・・

《樋之池のアパート》
買ってもらったアップライトピアノをがまルームに設置、その横で寝ていた→まず助からないでしょうね・・・
《苦楽園の家・・・この家で家族は「被災」したのですが》
ベッドの足元に本棚・オーディオ類を置いていた→吹っ飛んできていました
《湘南台の下宿》
やはり本棚やらクロゼットやらに囲まれていたような・・・
《門戸の寮》
上に同じ・・・

震災前の状況はいざ知らず、湘南台・門戸の備えの薄さ・震災後の不用意さはホントに・・ですね..実体験が伴っていないので、「わが身のことと」ととらえきれてないために・・この抜かり具合...起こってからでは遅い・・まず出来ることからですね.

kasumyon at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年10月23日

北町オープンガーデン

回覧板が回ってきまして、来年の5月に、この地区でオープンガーデンが開催されるようです.オープンガーデンというのは丹精した自宅の庭を地域の人や通りすがりの人に開放して、観覧してもらい庭や植物を通じてコミュニケーションを図ろう、、という試みで、最近あちこちの地域で行われているようです.かえるくんは少し「やる気」みたい.うーん、確かに、うちには尾にうぁあるけど、現在はあまり手入れもしていなくて「丹精」とは程遠い状況...うーーー・・・ホントにエントリーするのだろうか...がまくんはその時に提供するお茶とお菓子の担当に立候補して庭はかえるくんにお任せしておこうっと.



kasumyon at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年10月12日

おじろんに熊.

先週あたりから全国各地で、里に降りてきたツキノワグマによる人への被害が話題になっていますね.兵庫県内でもそのニュースがあり、地名を聞いたら「美方町小代」とのこと・・・あらあら.オーベルジュ・花郷里の「おじろ」ではないの...小代小学校の子どもたちは全員に鈴やカウベルが配られ、集団で登下校することに決まったそうです.町内の畑や熊が出没しそうなところにはパイプ状のオリが仕掛けられたとのこと.ちなみにオリの中には「熊の好物のハチミツ、果物」などが仕込まれているのだそうです.なんともなんとも.猛暑の影響で山に食べるものがないから里まで降りてきてしまうのでしょうか.お互い災難なことですね.秋以降の花郷里では仕留められた熊を使ったお料理がテーブルに上ったりして・・・

そうそう、それから.来年の1月の成人の日に「オーパンバル・イン・ジャパン」なるデビュタント舞踏会が開催されるそうです.過去二回は関西一円の大学のボールルームダンスの倶楽部やサークルメンバーの参加で行われたようなのですが、今回は現地でいうところの「社交界デビュー」になぞらえて新成人50組100名を募集(未経験者歓迎、といいながらオーディションで選ぶんだそう・・どんなオーディションなのか)して、数度のお稽古を積んだ後、センチュリー響の演奏の中ウィンナワルツを披露するんだとか.うーむ、誰が考えたんだか.大阪府だとか省庁などが後援に入っており、主催は関テレさんだそうです.5回の練習でヒトに見せられるようなものが仕上がるのかしら?と思って記事をよく読んだら、ダンスに加えてなぜか「コーラス」と「ハンドベル」の芸も仕込まれるんだそう...あの〜、これっていったいどういう趣旨???不思議だ〜〜・・・デビュタントたちは歌ったり、ベル鳴らしたりするの??ますます「誰が考えたんだか〜」な感が強まります・・

kasumyon at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月31日

がまくん、重い腰を上げ

春からこの方、毎週毎週鉄砲玉のように大津に出たっきりほったままにしていたがまくんとかえるくんのおうちの庭.かえるくんがA響や仕事のない土日についてはかえるくんがちょこちょことメンテをしてくれていたのですが、がまくんは完全に手を入れてイマセンでした.

本日土曜はかえるくんは資格のお勉強&A響.帰宅は夜遅く.明日はA楽団.がまくんは自分の半年間の振る舞いも忘れて「え〜、、週末出たマンマかーーい」と素でクレームを差し挟んでしまいましたが、ふと思い出しました.今までどうやってん!と.失礼しました.

と云うわけで、台風襲来で雨風アヤシイ感じでしたが庭の草むしりを敢行.この時期、晴れた日中は外での作業は困難なので、このくらいの天候の方がありがたい感じ・・と云い聞かせて、門扉周り、外周側溝、オリーブやらアジサイやらを植えている花壇、アプローチの石畳の間の草・・伸びに伸びた雑草くんたちを「処理」していきました.いやはや、本当にすっきりしました.雨が降っていたのでデジ亀を持って出なかったのですが、「草むしり前」「草むしり後」を写真でレポートしたい気分です.嗚呼、スッキリ.

kasumyon at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月28日

頂いたお花

15252f89.jpgりふちゃんからいただいたお花です.お花屋サンに「ジプシーのイメージで」と注文してくださったとか!ありがとう〜

kasumyon at 16:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2004年07月27日

ハッピーセブン

ハーゲンダッツのショップの前を通ったら黒山の人だかり。何があるの?とじっと見ると、《火曜限定ハッピーセブンの日》と書いてあります。七つのフレーバーを少しずつ入れて500円で提供しているとのこと。ほえ〜!いいなあ!しかし今日はがまくんはイマイチノリが悪く、その人垣を越えていく気分になれず、断念してしまいました。いつか、行ってみよう!


kasumyon at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月21日

ゲコゲコッと...

f5284de3.jpg美男子・M尾くんから頂いたドイツお土産のゲコちゃんです.HARIBOグミのFROESCHLI…もちろん日本国内では見たことがありません。もう少し色の黄色っぽいカエルグミは良く見かけるのですが.嬉しいナッと.M尾くん、ありがとうございました!


kasumyon at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月19日

正しい休日の過ごし方.

02d3806b.jpg昨日の晩はトスカ@サントリーホールオペラ を見ながら食事をしまして、血なまぐさい気分の中寝みました.今日は久々の二人ともオフの日なのでせっかくだしどこかに出かけようかと云う気分になりましたが、お昼からシャンパンを飲み昼寝をしてしまったがまくんとかえるくんにはキリンビール工場にいく時間もさんだネスパに行く時間も残ってはいなかったのでした.明日の夜の宿泊の手配もしそこね、新国立劇場の「ボエーム」チケット争奪戦にも参戦せず、だらーりだらだらな「休日」を満喫したのでした.写真は昼寝1時間前のかえるくんです.(かえるシールは自由が丘のカエルショップ「FROGS」のものです)

kasumyon at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月15日

あああ・・・暑い...

f5005b1e.jpg太陽がゲラゲラ笑っているように暑い・・と描写されているお友達もありましたが,そんな感じ全開の天候が続いています.今日はOBPのとある会社さんを訪問し取材させていただきました.通してもらった応接室,なんというか実に「もだーん」なしつらいなのです.内田繁さんのデザインなのだそうです.ダークな色調の内装に、ソファやテーブル,キャビンがありナゼか中にハニワとか,ワシの剥製?やら陶器類などが置いてあるのです..しかしこれはちょっと.???なセンスに思えました.

応対してくださった、課長さん、最近双子チャンが生まれて3児のパパになられた方.奥さんともども御出身が東京なのですが,今お住まいなのは甲子園口、とても気に入っておられると仰ってました.子どもは是非ここで育てたいとのこと.食の関係でお話を伺ったのですが,「クギ煮」が話題に出ましたよ.「東京では全然知らなかった,これは食物誌が書けそうだ」といたく御関心でした.

会社に戻りましたらどこどこと太鼓の音,菅笠に法被の衆が路地から見えまして、西門の前には太鼓の山車が!そうかぁ,残業してるときこえてくるドンドコ云う太鼓は御霊神社のだったのね!サイトによると太鼓の叩き手として女子も募集しているようです.35歳まで,健康に自信のある者のみ.体力を蓄えてがまくんも志願してみようかしら.

kasumyon at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月11日

国民の権利〜

朝一で出て行ったかえるくんは国民の権利を行使することが出来ませんでしたが,がまくんは果たすことが出来ました.Kつらぎ小学校まで歩いていき、権利を行使し,その後そのままコープまで歩いていきました.2.5キロくらいかしら.緑道をとことこと,デューク氏を思い出しながら(氏は西宮甲東園にお住まいだったとか.現在はモナコ/モンテカルロ在だそうですが〜)・・
しかし途中で通り雨にやられてしまいました.本当に一瞬でしたが,かなり降りましたよ.でも「梅雨」って感じではないですねぇ...今年はやっぱり水不足なのかしら.




kasumyon at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)