kasutanikobe

神戸で働く社会保険労務士のブログ

26 3月

新たな在留資格

先日、新たな在留資格「特定技能」で受け入れる外国人労働者に関するセミナーに参加してきました。

特定技能については、受け入れる企業の心構えとしては、安い労働力と思って安易に受け入れることは避けた方がいいようです。また、実習生についても、日本人の未経験者程度の労働条件をクリアしていない場合、今後受け入れ企業として認定されなくなるリスクもあるようです。

ただし、現段階では、特定技能に関する詳細は、ほとんど決まっていなくて、随時詳しい情報を取り入れなければならないと実感しました。ある程度、情報が集まったら、再度ほかのセミナーに参加する予定です。

20 3月

雇用保険等の給付について

今年発覚した毎月勤労統計の不適切な取扱いについて、雇用保険等の給付に関する詳細が厚生労働省のHPに更新情報が掲載されています。

とりあえず、今後の支給については、3月18日から正しい金額での支払いが始まっていて、過去の分については、今後随時給付が始まるようです。(おそらく秋以降になりそうです。)

過去の分については、次に該当する方は、住所情報等を専用の登録フォームから登録する必要があるようですので、ご注意ください。

1.2010年10月4日以前に氏名を変更された方
2.住民票記載の住所と異なる場所に一時的に滞在されている方
3.海外転出届を市町村に提出していることにより住民票が除票されている方
4.ご家族が雇用保険等を受給中または受給終了後に亡くなられた場合のご遺族


詳しくは、厚生年金のHPをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03463.html#toiawase
15 3月

70歳到達時の資格喪失届

平成31年4月から70歳到達時に提出している厚生年金の資格喪失届・該当届ですが、引き続き在籍し社会保険の加入要件を満たしている場合は、原則提出が不要になります。

たしかに、日本年金機構でわかることなので、当然といえば当然かもしれません。
ただし、同日得喪等の場合は、必要なので、ご注意ください。

くわしくはこちらをご確認ください。 ↓
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2019/2019031501.files/01.pdf
14 3月

全員不在

年度末に入り、事務所もあわただしくなってきました。

今日は、17時以降事務所のスタッフが全員外出となる予定です。
お急ぎの方は担当者まで直接ご連絡ください。
8 3月

国民年金保険料

平成31年度の国民年金保険料額が決定しています。

平成31年度から第1号被保険者の産前産後休業中の保険料免除が施行されることに伴い、前年度より70円多い16,410円です。

口座振替や前納制度等を利用すると、実際の納付額が600円から14,520円安くすることも可能です。

ちなみに10年ほど前、私の場合は、毎月納付に行く時間を作るのも大変だったので、1年の前納制度を利用していました。その時で一度に16万円くらいがなくなるのは正直大変でしたが。
プロフィール

kasutanikobe

神戸で人事問題に打ち込む糟谷社会保険労務士事務所のスタッフです。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ