皆様、お久しぶりです。ブログ担当Nです。
ブログも長い盆休みをいただいておりました。お待たせしました(。-人-。) 

今回は枚岡が新たに挑戦している取組みについて紹介します。

それは、「業務改善」です。
日々の業務の中で起こる困りごとを部門間を超えて解決する事が目的です。


取り組み方
①社員から日々の業務の困りごとを収集します。
(※枚岡では社内掲示板アプリに書き込みしています。メール収集でも可能)
(投稿例.)荷物発送業務を簡略化したい。展示会のレイアウトを再考したい。文書管理法を再考したい。

②3S委員会が集まった投稿の中から優先度の高いものを選びます。


③3S委員会がそれぞれのテーマに社員を割り振り、班を構成します。
その際、必ず他事業部の方が入るようにします。

(※枚岡なら社員20人で4班にすると、一班5人)
(※他事業部を巻き込むことで新鮮な意見が入り込み解決につながると考えるため)


④会議1週間以上前に会議内容と班構成を告知しておきます。
そして、班リーダーは班メンバーに会議前までに課題を共有しておきます。



⑤当日はフォーマット(5W1H + 達成目標)を埋めるようにして会議を行い、改善計画の決定を行います。
☆5W1H 
「なぜ取り組む」
「誰が取り組む」
「何に取り組む」
「いつ取り組む」
「どこで取り組む」
「どのように取り組む」

☆達成目標の設定
「達成目標(取り組みの終了)はどこにするのか」


⑥その日以降、設定した日時で各班改善を行い、次回会議(2ヵ月後)の冒頭に結果発表を行う。


という方法です。


この取り組みをするきっかけは何なのか?
金型事業部・IT事業部・教育事業部
3事業部間でそれぞれのノウハウを共有するためです

「自分から見たら、あの人の業務方法無駄が多いな・・・」
「でも他事業部だし口出ししないでおこう・・・」
これはとてももったいない。同じ財布を共有する仲間なのに事業部間の壁が邪魔をしている。
ならば話し合える場を設けてみよう。やってみようということです。


やってみてだめなら元に戻せばいいの考え方で、チャレンジする。3Sの教訓です。
今年度は3S委員会の方針で、毎月行っていた3S活動(第一土曜日13:00-17:30)を隔月にし、
業務改善会議を新たに考案しています。
※3S委員会は若手社員で構成されており、3S活動の物資調達・スケジュール運営をする部門です。担当Nは3S委員会メンバーです。


荷物発送業務の効率化、展示会レイアウトの考案&荷物準備の簡略化、生産管理システムの運用方法見直し、製品の品質保持対策・・・などなど。取り組んでまいりました。
他事業部から頂いたアイデアが、その、痛いぐらい鋭くて効果的なんです(笑)
よく見られているものなんですね。
2020-08-28_17h36_51


枚岡の社内改善魂は健在です。
あ、工場見学お待ちしております ⇐岡の工場見学に来ませんか?〈徹底3S〉
最後まで読んでいただきありがとうございます。

目指せ最先端を走る町工場。

↓他事業部HPもどうぞ
金型事業部〈フォーマー金型・冷間鍛造金型〉
IT事業部〈システム開発・IT活用トータルサポート〉/〈文書管理システム【デジタルドルフィンズ】〉