小物収納
2010年08月07日

浴衣の洗濯と収納

浴衣は一年の間で夏、しかも花火大会、夏祭りなどの何日間しか着ないので、収納されている時間がとても多い衣類です。
浴衣をだしたら、正しいたたみ方、選択でお気に入りの浴衣を長く着られるように保管しましょう。

花火大会、夏祭りの翌日には洗濯をします。
浴衣の洗濯のポイントは、型を崩さないように、手洗いが無難です。仕上げにはのりをしっかりと!
浴衣を洗濯したら、すすぎのあとに液体ののりを使うと、しっかりとのりづけができます。

浴衣は広げて干します。

のりがきいていいるので、半乾きのときに、一度たたみ、パンパンとしわをのばします。
このとき、バスタオルで浴衣を包んで踏んでもいいですよ。しっかりとしわが伸びます。

浴衣の収納は、浴衣と一緒に腰紐や帯などの小物も入れておくと探す手間が省けます。



kataduketai at 14:06|Permalink