2006年02月07日

コンサルタント業務も少し変ってきたぞ。販売



私はいろんな業種のことは詳しく分かりませんが
販売という事には、何となく共通点があります。


時代時代で販売方法は変りますが自社商品を販売するのに
又はサービスを販売するに当たりお客が必要です。

当たり前のことですが最近では顧客との関係を考えた
マーケティングが盛んだと思います。


1回購入していただき、リピートや口コミを作っていく
少ないお客でなるべく高単価のサービスに繋げていく。


こういったことが行われていると思います。


この仕組みを作っていくには直ぐには、はっきり言ってできません。
短期と中期の計画がかみ合ってこそのサービスになってきます。


ですが商売をするにあたり10人の見込み客よりは100人の
見込み客がいる方が圧倒的に高単価で利益率は上がっていきます。


なぜなら客を選べるからです。そんな時代も昔はありました。

「今は無理でしょ。」

こんな声も聞こえてきそうですがお客が使うところで
知りたい情報が多くあるのはインターネットの特色です。

インターネットを見直している業界は数多く出現してきていますが
簡単にいいますと圧倒的に自社を知ってくれる確立は上がります。


今迄10万人の市場しか相手にできていないところであっても
実際は半分の5万人がいいところでしょう。
これが少しエリアを広げ100万人のところへサービスを
広げ50万人に今までよりも安く告知ができ集客ができれば


誰でもそっちの方が効率は良いはずです。

商売をしている方ならこの理屈は直ぐに分かります。


今日のブログは勉強になるのではないでしょうか


ちなみに俺の商売は100万人市場では無理だよと言っていては
進みませんよ。




コメント(0)トラックバック(0)成功への奇跡2006│ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
無料メルマガ登録
メールマガジン登録
「倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】」


メールアドレス:







まぐまぐにて配信
最新コメント
人気ブログを調べてみよう
Profile
ken
25歳で起業 30歳で倒産 
起業 離婚 倒産を経験し
現在第2の人生進行中
40歳までには自分で成功してきたかな
と言いたいために現在修行中
生涯修行
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ