2016年10月13日

かたぎや53

~群馬県へ帰ってきたぜ!~

2016/10/08  
於:群馬県佐波郡玉村町角渕烏川河川敷内 角渕キャンプ場

4年前に開催しているアノ場所で、また開催できることに感謝します。

今回は山形の秋の風物詩「いも煮会」をやっちまおう!という出張企画
愛車のガッツに機材を詰め込んで・・・バイクは詰めなかったw

そーいやぁ、このガッツ、前橋から引き上げた車両だったなぁ

そんな「実家へ帰る」みたいな雰囲気で、向いましたよ群馬県

まづは、向う道中の話からさせてくれ
今回はツーレポみたいになっちまうけど、ま、ゆっくり読んでくれ

下道はいろんなものと遭遇する場面が多くとにもかくにも楽しい

航路は、地図上でもっとも真っ直ぐだろう的な道を探し出す
知り合いからの有力情報で、日光経由で行けばよし!ときたもんだ

R121で喜多方から田島へ向かうわけだが、
どーも、会津若松の駅前周辺を通過するR118が苦手

で、喜多方から県道21でR49へ出れるじゃないですか?
そんで、県道21でR401~R400で田島へ出ちゃう~♪

うへへへ、とR49に出たとこでランチタイムになり、喫茶プリティへ
大好きなナポリタンをオーダー・・・・なんすか?この量?!!
DSC_0672




御徒町パンチョのナポリタン星人を彷彿させるその頂に絶句!
店のお母さんも「ハイ、がんばってネ!」って、ヲ~~イ!

なんとか詰め込んで、600円払って、タバコの煙も入る隙間ねぇまま旅の続きへ

胃袋の中はナポリタン地獄、R401のワインディングで揺れまくる・・うぉっぷ
引き続きR400もぐっちゃぐちゃのワインディングで

こりゃバイクなら楽しいだろうなぁ←

田島まら山王峠へ

竜王峡で初代Z1Rに合掌し、鬼怒川を抜けて、その昔外人ショーが凄かった「あさやホテル」を通過
交差点での事故処理も見学し、ふんどし締めなおして、253系と並走し、新幹線ホーンをぶちかましw

やしおの湯で疲れを「少し」癒して、日光街道へ
R122には、あの丸美屋があることを知っているが、残念ながら通り過ぎちまう

コインスナックは東北にはほとんどない
天童の「将軍献上そば」も先だって他界された、そんな食わねーけど、哀しいよな

足尾、桐生と来て、前橋に入る
前入りしたんで、前夜祭を「ホルモン番長」で満たす。ビールがおいしかったことは云うまでもないな

本題に入るが

いも煮は里芋が重要
ってんで、うちの畑から奪い取ってきた。皮を剥いたら赤くなっちまうから土ついたまま持参
おっと、ネギもうまそーだ、と掘り出して積んできたぜ

まさに、本当のいも煮の準備をしてきたぜぃ!

と会場に向うわけだが、前入りしたのに、もう夕方
慌ててナビを設定するが、こんなときに限って反応が鈍い意地悪ナビ

現場監督、じゃない、現場を紹介してくれたワルちゃんことマルちゃんが会場入り口で待っててくれた

お世話になります!

会場には老若男女と幅広い年齢層が・・・・別団体ね

懐かしい顔に再会する、一番楽しい時間

遠くからバイクで来てるよ、嬉しいねぇ

北は北海道から(出張で関東に居たようだが)西は広島から
相変わらず距離感のない方たちに笑うしかない

さてさて、売店を設営しながらいも煮を作ります

あれ?みんな材料持ってきてない????

いも煮会といえば、
包丁、まな板担当、鍋担当、ゴザ担当、里芋担当、調味料担当を命ぜられ
丼と箸はゴミが出ないように、自分ちで使ってるやつ、肉は先生が支給する

これが、小学校の授業の一環でやってた「いも煮会」たる決まりごとだった

そんな文化を知る由もなく、一部の方々からの肉などの提供を頂き
里芋はデリケートな人はかゆくなるというのに、参加者が率先して皮むきを断行
特製いも煮完成

すげーーーーー、旨い!
どーしたんだ?この適当な味加減で!?

そんな簡単レシピー
牛肉(脂いっぱいのバラ肉)を鍋に入れて、ワンカップを勿体無いけどぶっかけて
色が変わったら醬油いれてヒト煮たち。そーよ、あの牛皿みたいな感じよ

鍋7分目くらいまで水を入れて沸くのを待って、アクを取る
しめじ、まいたけ、こんやくは手切りで、忘れちゃいけねぇ里芋を入れて
砂糖と醬油で味を調えて完成!!

お代わりしやすくなるよう薄味に仕上げた

しかし、旨い!自分でも驚くほど旨かった
うどんを入れて、カレーには絶対しちゃだめな
どんどん消費される様子が旨さを証明してた

そんな、驚きと喜びの顔を一挙公開!

DSC_0682DSC_0683DSC_0684DSC_0685DSC_0686DSC_0687DSC_0688DSC_0689DSC_0691DSC_0692DSC_0693DSC_0694DSC_0696






























あれ?俺が写ってねぇ?

あ、専属のカメラマンが欠席だったからねww

ということで、美味しいいも煮、食えたかな?

いつの間にか、鍋の中身がチャルメラになってたけど、完食ありがと!

会場は無料キャンプ場
最近は有料が多いらしく、ボースカウトやらで賑わってました

そんな中、会場確保や周辺情報などを協力していただいた友人に感謝感激であります

やっと、やれたね

下道でもそうストレスにならないルート

今度は寄りたい丸美屋

鳥弁当じゃなくて、あつあつかあさんの唐揚弁当がボリューミーで大満足

あ、前橋界隈は二郎系インスパイヤが散在するのもリベンジ必須

ジョナサン号も近くにいたし

ホルモン番長は旨かったぞ、まひ!いっしょに行きたかった

そんな群馬県で繰り広げられた「いも煮会」

新しい仲間も増えた

売店はいまいちだった

Tシャツは随時受け付け中だが、デザインがない場合があるからね

やってよかった、今年二度目であり、この場所も二度目のかたぎや

来年も二回やっちまうか?

年と同じ回数にならなくなっちゃうけど、いいじゃないか

参加してくれたみんなに、また会えることを祈って

また、やりてーなー





































katagiya1 at 19:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年05月21日

かたぎや52

☆走るかたぎや☆

雪の少なかった冬が過ぎ、今年は正月も走れた雪国山形県
寒さ暑さも彼岸まで、とは言うものの、路面が乾いてりゃ、乗りたくなるなるバイク乗り

そんな春と夏がいっしょに来たような気候の中、
いよいよシーズン開幕を告げる「かたぎや」の季節到来!

今年は、あの「ジムグースが来日する!?」と云う記念すべき年
天気予報は晴れマークだったが、どんよりとした曇り空は、まさにMADMAXなイキフン

これを天候に恵まれるというのだろう
そーに違いない

なんとも言えない緊張感が、この日を感じさせる

集合場所となった聖地チェリーランド駐車場。
西側は、トルコ館のBGMが会話を妨げるので東側に変更。

誰も来てません。

・・・・少子化の影響は、此処にも来てるようだ。

もしかしたら?と駐車場をパトロールしたら、MADMAX2のコスプレ発見!
朝三時?から待ち構えていたようで、お疲れっす!

おいしいジェラード屋さんの前に戻れば、着てる、来てる、懐かしい、アノ顔、この顔、そんな顔。

DSCN1152DSCN1154






再会を楽しみ、コース説明に入り、スタートとなるわけですが、
いつもながら緊張してて内容が伝えきれないまま、メットを被っちゃいました。

みんな???な状態で走ってるんだろうなぁ
いつもスイマセン

に加えて、朝も早よから、しかも遠くから・・・
参加者のほとんどが県外ナンバー、全国区さを垣間見る瞬間だ

荷物を積んだまま走り出す人、聖地に荷物をクロークする人、それぞれ気合が入ってます!

DSCN1162BlogPaint






DSCN1170BlogPaint






DSCN1171DSCN1166






DSCN1168DSCN1163






BlogPaint







疾走する漢たちの背中、早く飲みたい!そんな事を感じたのはオレだけじゃないでしょ?

そして、ハードなコースを走りきり、ゴールした参加者たち

IMG_8893IMG_8896






IMG_8898BlogPaint






5494222_2213949315_204large5494222_2213949339_179large






疾走り終えた戦士の顔は、それは穏やかでした。

5494222_2213949310_151large5494222_2213949296_145large











腹八分目な走りには、かたぎや名物「爆中華」が五臓六腑と脳味噌まで満たしてくれます。
(右は、限定の塩爆中華。塩のさっぱり感に大葉が、またいい仕事してます)

今回も「あっ」という間に終わった「走るかたぎや」
参加者のみなさん、いかがだったでしょうか?
走り足りない?そーでしょう。それが次回へと続くわけです

人生、少しずつ続けていけば、良い事が待ってマス
そーです、今年はジムグースとフィフ隊長が来日です

待っていれば、来るんです

それでは、また、走りましょう

★飲むかたぎや★

会場にはいつものハイエースが「一番札」で待ち構え、
走りを終えた数台のバイクがポツリ、ポツリ・・・

少子化の波の影響でしょう、そーゆーことにしてください

「飲まずに帰ります」「明日用事があるんで」

そんな言葉が多かった

少子化の波は、関係ないです

来てくれるだけで嬉しいんです

売店の設営は、みんなが手伝ってくれます
手馴れた段取で数分で完成です。照明設備も風対策も万全です。
5494222_2213949276_171largeIMG_4035







機材提供なみなさん、そして当日手伝ってくれた優しいバイク乗りたち
君らに支えられて20年

そうそう、これやって、もう20年くらい経ってると思います

継続は力なり!とは云いますが、参加者たちの「優しさ」で続けられた
それを感じるのが、この乾杯前の再会のシーンなんですよ


IMG_4083IMG_4064





IMG_4068IMG_4046





 

そして、主催から集合が駆けられ、いよいよ乾杯のお時間です

IMG_4042IMG_4044






え~、入場ということで、全日の入場曲を流してみましたが、なんの反応もなかったですね?
IMG_4036IMG_4043





そんな苦労は水の泡な乾杯で吹き飛ぶんです
IMG_4052IMG_4058





そこでも、諦めずに新日のテーマ曲を流してみるわけですが、誰も聞いてないみたいでした

次回は、マスクとスカイハイを準備します

あ、自作した「おまえら、サイコーだよ」Tシャツもノーコメントだっただよwww

 

 



集合写真ww

IMG_4077IMG_4078






まひの形見分けを実施。寄付されたお金を熊本震災へ贈ります
IMG_4082






乾杯したころには、いい気分です。フライングげっと!っすね?

お客さんが入る前に、売店スタッフは炭火でサザエをいただきました。
猿会会長さん、差し入れありがとう!来年もヨロシクなww

サザエといえば、笑点が明日で最期なんですって?
その日は娘のハタチの誕生日だったりして、複雑です
IMG_4106





夕焼け小焼けで日が暮れて、山に「あの叫び」が木魂する~♪

お手手繋いで、みな飲もう、お肉が焼けたら、皆飲もう

夜のネオンがチープに点灯し
BlogPaint






なぜか、焼肉屋さんが急遽参戦し
IMG_4112






画像が百枚までという制限で、


とりあえず、つづく・・・・・



 







 

続きを読む

katagiya1 at 18:00|Permalink

2015年05月30日

かたぎや51

~開催回数が俺の歳と同じになったゾ~

2015/5/30 西蔵王高原ライン~聖地チェリーランド

「走るかたぎや」

バトルスーツって、いくつまで着れんべ?
そんな話を昔していたような気がする

当初企画した「おばねルート」だったが、蔵王の御釜噴火事件により、あの有料道路が無料なニュース

しかも、延期の兆し

というわけで、今回は西蔵王高原ラインを制覇すべく、アクセスに便利と山形道蔵王ICを集合場所にしてみた

この企画では何度か利用してるが、三本木から下界へのコースで有料を走りきってなかったのさw

ドレスコードは「バトルスーツ」

さあ、誰がそんなルールを守るのだろう

アクセス考えた集合場所ではなく、前夜祭の会場となった聖地に集まる精鋭だち

みんな全国各地から早起きして(つーか夜中出発)よ~ぐござてけだもんだ

眠いだろう、そりゃ眠いさな
でも、そんな腫れぼったい目も、笑顔で消えてる・・・気がする

集合場所の蔵王インターまで向かうが朝から あづい
そう、この年は皐月だというのに、連日30℃超えの真夏日が20日以上続いていた

DSCN1100






DSCN1099






DSCN1097







そんなクソ暑い朝に、青い制服方々のお出迎えDSCN1101をいただく











ピントがアレで見えにくいが、四名ほどが赤い旗持ってる
しかも暇らしく、こっちを凝視する輩数名ww

そんなことは無視して、グリーフィング
IMG_4684






東北六県に加え新潟、千葉、と相変わらず地図の縮尺がおかしい盛況ぶりだ

前日朝まで飲んで来れない・・・という情報は聞かなかったことにしよう

「ハイ、おはようございます・・・」とコース説明

一行は、青い人たちに見送られながら「走るかたぎや」スタート!

先導車両のハザードの合図で、フリーラン開始!

いいねぇ、みんなカッコいいぞ!

タイヤ痕は減ったものの、レコード盤も健在で中々なコースに梃子摺りながら動画を撮られる(はきだめの鶴参照)

カメラマンが先にインに突っ込んでるwwwww

そんな恐ろしい走りも数分で終了し、上山観光物産館でゴール

そのままランチな設定が、店あくまで時間があり過ぎる

というわけで、記念撮影とカメラを設置。決して防犯カメラをイタズラしてるわけではない
IMG_4695






上山観光物産館といえば、あの男
そう海老男爵の聖地、というわけで、数名が墓参りへ
IMG_4696






でも、ランチはみんなで爆中華
苦手な人も居るだろうけど、爆中華
他にもメニューあるから安心してね、と爆中華240







初戦で苦しむ人、おいしくワシワシ食べる人、そんなランチにも笑顔がいっぱいだった
人気の「チャーハン無料よ」には誰も手を出さないほどの恐怖を味わったようです。

ドレスコードもへったくれもなく、走るコースはいつも短く、爆中華なんて喰えないアンチジロリアンが多い中

こんな過酷な企画に参加していただき、誠にありがとうございました。

カメラマンのみなさん、画像ありがとう
そして山形県警高速機動隊のみなさん、お見送りありがとう

みんな無事だったよ

次回も、短く濃厚に楽しみましょう・・・・オワリ

 

 

 

走った?あとは・・・

「飲むかたぎや」

5494222_2158265118_93large











爆中華の後遺症に喜びながら、会場準備へ

それに加えても、この猛暑、どーしたんだよこの気候?

事前に準備されていた「かたぎやグッズ」はトラックへ積んであるから乗り換えるだけ

ただ心配なのは会場がコスモスたちに占拠されたこと

いも煮広場でビバークし注意されたという情報も入るが
まぁやってみんべ、と川沿いを本拠地に出店を設置

毎回のごとく、その作業中に押し寄せる参加者で作業は進まずwww
それが嬉しいひとときなんだけどな

会場設営も自然と参加者が手伝ってくれる

決して「メジカラ」で強制させているわけではない

いつもいつもありがたい

ドシドシ集まる参加者たち

順不同だが、岐阜からヤツがやって来た
5813829_2158834833_128large






嬉しいなぁ

そして、聞きなれた2STサウンドが会場を沸かせた
IMG_0520






アイツだ、アイツがやってきた
1271270_2158814029_86large






よぉきたのぉわれ~

はにかんだヤツの顔が郷愁を誘う

そして、喋り捲る
IMG_0401





こいつを停める事はできない

スーツケースもやってきた
1271270_2159040128_20large















そして、こんな人までやって来た
5813829_2158834805_87large






カブで姫路ナンバー??????

勿論、ご挨拶してもらうさ
34353754_2158527652_159small






5813829_2158834821_202large











ありがたいねぇ、そのバイタリティに完敗だわ
34353754_2158526933_242small






売店も準備完了!

お待たせの乾杯は定刻どおり
気にしてたテントサイトも、まぁなんとかなってるようだ
IMG_0440





ないとらいだっ!
1942797331_214






記念撮影!
IMG_0435





この方にも、ないとらいだっ!!
IMG_0450





俺もマゼて・・・・・

そして、迷宮への晩餐がはじまった
IMG_0463





34353754_2158526219_144small






34353754_2158525172_119small






IMG_0468





1271270_2158892601_10large















IMG_0503





IMG_0493





IMG_0478





売店も好評な売れ行きで、人数減っても売り上げ同じってどーしてだろ?
人妻シリーズ、在庫あるから、希望者は連絡くれ

 

アダモちゃんは現れなった・・・・。

22時を過ぎても起きていれば驚かれるオレ

それにしてもみんな寝てないだろうにタフ

ケイテン超えてる人ばかりだ・・・・・

あ、なんかトラブルか?コブ兵が連行されてくww

深夜の焼きそば祭に参加することなく

ま、ほぼ覚えてないけど床に着き・・・・・・



で、迎える朝はこーなるわけで

5813829_2158132521_104large







朝から参加の人もいて
IMG_0574





撤収も早朝から臨界で
IMG_0610




それぞれが、それぞれの処へ

IMG_0588





手を振る姿も勇ましく愛おしく

IMG_0576





それぞれのバイクも凛々しく
IMG_0553






無事、今回も大役を終了

遠くから、近くから、
睡眠時間を削り、はたまた、家族との時間を割き、
いろんな理由で有給を申請し、参加してくれることに感謝です

その御返しは次への開催ということにしてw

会場が狭くなり御不便をお掛けしました。いかがだったでしょうか?

率直な御意見お待ちしてます。

いつになく、空瓶などのゴミの放置が多くなり、忘れ物も多数ありました

気づいた方は、連絡ください

はきだめの鶴はかたぎや運営に欠かせないものです

細やかな意見、質問、連絡に大いに活用していただきたいです

http://katagiya.1616bbs.com/bbs/

とは云えども、書きにくいんですよね?

どーすりゃいいんでしょうか?

教えてください


書き込んだら駄菓子あげるキャンペーンとかどーでしょう?

だめですか?

ん~

ということで、

今回もいろいろあったけど、

また続けることができそうなことにありがたさを全身に受け
次回作に期待してほしいと思います

酒と女は二合まで

ご愛読ありがとうございました・・・・オシマイ



続きを読む

katagiya1 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月18日

かたぎや 50

【Wolphin 20周年合同キャンプミーティング】2014.1011(sat)

於:滋賀県彦根市湖岸緑地南三ツ谷公園

50歳にして、50回目を迎える「かたぎや」
目指してきたものに、手が届く嬉しさは言葉では言い表せない歓喜であります。

参加してくれるみんながあって成り立つ青空酒場
楽しい時間を共有していただき、感謝してもしきれないほどです。

本当にありがとうございます。本当にありがとうございます。

さて、今年は死に急ぐように開催を連発している「出張かたぎや」
広島県に続き、滋賀県での開催でした。

Wolphin 結成20周年コラボということで
会場決定に関しては、Wolphinのみなさんのご協力により
提供されるがままに、一任スタイルで進行しました。

楽しかった旅の思い出もいっしょに書き記します。
長文になりますが、最期までお楽しみいただければ幸いです。
コメントはこの記事ではなく、はきだめの鶴というBBSにお願いします。
http://katagiya.1616bbs.com/bbs/


前日入りした私あらせ50歳は、大阪の街の観光からスタートします。
何度か訪問した街並みですが、今回のナビゲートが地元衆漂う方々なので楽しみです。

貴重な、グリコの看板改装中のショット

DSCN0938






あべのハルカスは、絶叫マシーンや高いところが苦手なオレは下から見上げて終了です
DSCN0939








通天閣では、気になってた新日とキンニクマンのコラボTを物色したり、
串カツやすっぽんで昼から宴会に突入です。旅らしさ満点ですね。
すっぽんの後の「飛田新地」は危険です。
DSCN0941






観光でぐるぐる歩き回った体を 世界のお風呂が30種類のスパワールドで癒し
ぐっすり眠って、翌朝会場である彦根市へ高級外車プジョーで送迎されます。

え?バイクイベントなのにクルマ?
ハイ、広島に引き続き、空からの参加となります。さーせん。

だんじり祭で賑わう街中、通行止めを回避しながらの移動です。

VIPな待遇に嬉しくて、かたぎや開催のことなど、全く忘れております。

彦根ICを降りて、彦根城の外堀の巨大さに圧倒され、海のような水平線が見える琵琶湖に到着です。
DSCN0998






物販は御法度かと思いましたが、違う方たちへの警告でしょう
DSCN0999






会場入り口には、目印の看板がありました。
IMG_5928





再会の握手が酌み交わされ、知らない人たちばかりの中で続々と自己紹介され、
記憶しきれず飲み始めることにします。
DSCN0944






あ~飲んじゃった、早く寝たらど~しよう、という不安も、一本二本と缶ビールを開けるごとに薄らいでイキます。
DSCN0946DSCN0945






宿の設営も終えて、売店の準備も完了。どんな紳士淑女が来るのか楽しみです。

見覚えのアル顔が、着ました、来ました。
IMG_5935IMG_5952





到着するやいなや宴会準備をするヒト、雑談で先へ進まないヒト、様々なスタイルが微笑ましい光景です。
IMG_5950IMG_5948






DSCN0994






乾杯が待てずに飲む、飲む、飲む
もう乾杯しようか?いや、告知どおりにしようと注意される主催であります。

が、日も短いので先に集合写真撮影です。これで、多少、飲みすぎることが抑えることが出来ます。
シャッターを押すためだけに、うちの会場を通り過ぎてくれる忍者乗りのT氏、いつもありがたい話です。
IMG_5979IMG_5985





自分の後頭部に笑います。優しいワルたちは、聞き分けもよく、整然としていませんww

でも、大成功です
IMG_5986





この後も続々と会場に押し寄せるミスター&ミスバイクたちに、もう飲まずにはいられません。
DSCN0947






腹が減っては戦ができぬ

来場者には名物玉コンが無料で押しつられます。
IMG_5916





間違えた、売店でお買い物したヒト限定だったww

ゴミ箱の準備も完了、乾杯を待つだけですが、そちらこちらで勝手に始まってます。
DSCN0943IMG_6012






そして、歓喜の叫びが今夜は琵琶湖に木魂しました。
IMG_6013IMG_6016





ないとらいだっ!!!!!!
お前ら、サイコーだよwwww

辺りが夕闇に包まれ、
IMG_5992





暗くなっても、みんな元気いっぱいです
すどーの笑顔なんか最高です
DSCN0984DSCN0974






DSCN0966DSCN0964






DSCN0960DSCN0948






DSCN0961DSCN0967






トートバッグの正しい使い方

DSCN0973






終わることのない、夜が過ぎていく
IMG_6018





折角の琵琶湖かたぎや、でもフライングによる早期酩酊でダウン
ああ、勿体無い・・・・・

深夜に来てくれた、M氏、祝ケーキありがと、おいしくいただきましたぜ。

翌朝、台風の接近に伴い早々に撤収するみなさんの姿が見えました。
三連休中日といえ、遠くからの参加に感謝します。

やってるときは楽しいかたぎやも、帰る時間は寂しいもんです。
精一杯の笑顔で見送ります。

DSCN0997






DSCN0996






DSCN0993







場所、面子、天気、どれもいうことなしの大成功に終わった。
チェリー、ありがとよ、また、やろうぜ

BzuLIBdCQAEtxdy









☆青空酒場かたぎや単車乗御用達50回を終えて・・・・

SDに憧れて始めた「ただ飲むだけ」の集会から

走って、温泉して、そばまで食っちゃって、と山形を存分に味わう企画も浮上し、

多方面からいろんなキャラのバイク乗りが訪れ、毎回爆笑の連続は継続を生み、

こいつら何処から来てるんだろう?と出先を訪問し、その土地で出張かたぎやもやったりして、

北海道、青森、秋田、福島、新潟、千葉、広島、滋賀、と開催地も留まる事を知らず、いろんなとこで繰り広げられました。

誘致いただいたみなさん、現地でサポートしてくれたみんな、

本当に感謝してるよ、本当にさ

-------------------------------------------------------------w

全国にたくさんいるバイク乗り。

ただ単に、すれ違うバイク乗りと話が出来たら嬉しいな

そして、行き先や旅情報なんかをつまみに飲めたらもっと楽しいよな

寂しがりやの中途半端な野郎がはじめた「かたぎや」という社会

これからも、いろんなバイク乗りを見て触って飲み交わして、楽しいバイクライフを過ごせたらと思います。

無料のキャンプ場で民家も遠く、アクセスわかりやすく、トイレと水道がある

そんな場所があったら連絡くれ

そして、聖地での開催は相も変わらず五月にやってます。

みんなの参加を心よりお待ち申し上げて、50回記念の挨拶に代えさせていただきます

ないとらいだっ







続きを読む

katagiya1 at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月22日

かたぎや 49

2014.5.17

★走るかたぎや 【原点復帰】

IMG_2673





原点、それは元に戻すことでも、初心に還ることでもない、

ネタがないから、でもない・・・・・・。

自分自身の「やり直し」を謀るため、でもない、

なにも考えていない、そんなことはない。

面倒なことは、避けて行こう!!

楽しけりゃそれでいいんだ、バイクさえあればいいんだ。

ひねくれて、星を睨んだ、ボクな~のさ←

日替わりで変わる当てにならない天気予報も見ないようにして迎えた当日。

つい先日まで30度を超えてたとは思えない寒さだが、

先日の大雨が嘘の様に晴れ渡る村山平野を目を細くしてニヤリ。

この時期の雨は、田んぼにとっても、さくらんぼんにとっても「恵みの雨」

でも、そんな晴れ間もおいしくなる条件の一つだ。

そーだ、おいしいものでも食いに行こう!

と、今回は山奥だから進学が翌年になる「次年子」を舞台に

抱腹絶叫なショートツーリングが敢行された。

DSC_0406





13台もの精鋭が集い、嬉しいことに「先発隊」が結成され、ルートの確認と蕎麦屋の一番券をもぎとってくれた。ありがたい話ではないか。

片道10キロちょっとのツーリングをいかに走らせるか、

休憩を長く取ればいいのだww

IMG_2555





「開店時間が近いです。急ぎましょう!」との声もあった。

やはり急ごう。先発隊に申し訳がたたなくなる。


ほとんとが、ミニ4化したこの有様。であるが、圧巻でもある。

IMG_2570





自分は、ピッカピカになって半年の入院から帰国したこれで参戦だ。

IMG_2573





女性も参加できるのだ。ねっ!

IMG_2577





意気投合すれば、みんなのウインカーが同時点滅するのだ!

2579-1





朝のニュースで、老人ホームから消えたばあさんの現場を通過。

参加者には見つけたら110番とは伝えてあるが・・・・あっ!!

開催初の、パトカーの先導がついちまった。

だが、一番札を取った店では、VIPルームでゆっくり食べ放題を堪能。

IMG_2620IMG_2617





夜の宴会に備えて、食べ放題の趣旨を守らない参加者たちはベテランだ。

満腹になって、楽しいワインディングでそばを消化させる。

IMG_2630IMG_2607IMG_2602






 

 

 

途中、パンクのトラブルで一名ケイテンを超えたようだが、大丈夫そうでひと安心。


バイクは危険な乗り物だ。


でも危険とは裏腹な清清しさは、なにようにも例えられない、バイク乗りだけが知る空間だ。


IMG_2671






無事ゴールし、その幸せを噛み締める参加者たち。

少子化の影響は如実に、うちにも被害が広がっている。

でも、楽しい時間は人数とは比例しない。

こんな風景がいつまでも見られるようにしていこう。

原点、それは、みんなが集まる場所という意味なのかもしれない。


IMG_2676




 


☆飲むかたぎや【俺は待ってるぜ】

聖地が使えない毎年五月の第三土曜。

三社祭や様々なイベントに接触する自体ではあるが、

俺の休みは不定休。日程変更も考慮したいが、なにせバイクシーズンが短いかたぎや地方。六月に移せば、他のイベントに重なるし、六月になればさくらんぼは忙しいし、七月は暑いし、八月は俺節だし、と変更は無理みてーだな。

五月の第三はできないけど、別の週ですっからよ。スケジュールあけとけな。

 

というわけで、迎えた49回目のかたぎや。

仕方がないので会場を上流と間違えた下流に決定。

便所もあるし、水もある。民家は近いけど、堤防がブロックするだろう。

でも、ライブはさすがに無理っぽいので声かけませんでした。

新ネタ披露でしたか?またの機会にお願いします。

 

j開催数日前・・・

5月17日といえば、ヘッドバンガーズ記念日。

え?ヘッドバンガーズ25周年をうちでやる?

♪~ま~さかり担いだ金太郎だった。

江戸川かたぎや以来の快挙かと思わせたが、

そーは問屋がおろさしてくれないようだ。

 



さて、前夜祭を目論む連中の動きが活発化し、俺をワクワクさせる。

嬉しいことに、開催前後がブレた俺の黄金週間であり、受け入れ態勢バッチリだったからである。

参加者からもサポート希望者からメールをいただき、涙ぐむシーンもありで、近くの大工さんなんか、焚き火用の薪を死ぬほど提供してくれた。

かたぎやは、みなさんのご協力で運営されていいるんです。

会場には、ウエルカムボードもしっかり設置され

DSCN0763





空には虹までもが歓迎し

IMG_2530





参加者も続々と押し寄せ

IMG_2678IMG_2681






強風の中、互いが手を取り合い、協力しながら陣地を構築し

DSCN0715DSCN0717






温泉して、買出し、なんてルールは勝手知ったる常識となり

DSCN0718





フライングは当たり前田のクラッカー(は役場前)

あ、河北町役場前のクラッカーのデコバナナチョコは素晴らしい

こいつらも素晴らしい

DSCN0719





飲めば湧き出す、不思議の泉~

DSCN0720





でも、乾杯、まだかなぁ~

DSCN0721





と再会を祝うシーンはとっても見ていて嬉しくて、

懐かしい顔が揃うこのときが楽しくて、楽しくて、ね

「んじゃ、はんずめんべ」

IMG_4826





「何言ってるか、わっかんねww」

IMG_4827





「本当にわがんねな」

IMG_4831




ないとらいだっ!!

IMG_4833





まだまだ貼れる(まだまだ晴れる)

IMG_4838





さぁ~俺も飲むべ~♪

IMG_4842





集合写真、わすっだどれ

IMG_4854




 

ないとら、あれ?コップわすっだどれ?

IMG_4864




 

 

 

会場も日が落ちて、仕事帰りのチャリ参加

DSCN0725





あれ?せたがや?いえ、おばねです!

来てくれたんだね、ウウウウウウウ

DSCN0741




↑自然に揃ったサンパチ会(右一人を除く)


みんなの笑顔が嬉しいぜ

DSCN0739DSCN0745


 



DSCN0747DSCN0750



 


DSCN0752DSCN0759



 


DSCN0762




 

 

午前様を過ぎても、生きてる俺にたまげるみんな。

連日の宴会が功を奏して、酔いが鈍ったようだぜ。わっはっは。

売店での新たな戦略も大成功にして、好調な売れ行きであざーす。

クォリティも上々で、喜んでいただけて幸いです。

売上金は、次回のグッズ作成に役立てます。

決して焼肉などで消費はいたしませんことを軽く誓います。

 

コケッコッコー

翌朝、雨音に起こされるほど降り続いた雨も止み、

ゾンビ化した野郎共が会場を徘徊する恐ろしい朝の光景はなく、

さわやかに挨拶をしながら、昨夜の反省会やらをやり始める。

いつもの光景なれど、これまた見ていて微笑ましい光景だ。

そして、撤収を決め、各自がやってきたところへ帰り始める。

IMG_4868IMG_4876

 




IMG_4885IMG_4889



 


IMG_4896IMG_4904



 


IMG_4910IMG_4917




 

 

冷たい肉そばを食って帰る儀式は定着し、朝九時半開店の蕎麦屋には、参加者がたくさん向かったことだろう。蕎麦屋に代わって御礼申し上げ候だよな。

また、今年もやっちゃった「かたぎや」

開催を心待ちにしてるやつ、都合が悪くてこれないやつ、

まだまだ、やる気なんで、また参加してくれ


俺は、待ってるからな



続きを読む

katagiya1 at 14:13|Permalink

2014年04月04日

かたぎや 48

「広島風かたぎや」   2015.3.29(肉の日)於:東広島市 河内町小田1935-6 三本松キャンプ場

広島焼きって、焼きそば多くてうまかったっす
DSCN0590






原爆ドームは、リアリティ過ぎました
DSCN0588







まさかの西日本開催に、自分も驚くこの企画

以前は福岡、山口、京都からと、地図の縮尺の狂った人たちが遠方からやってきました。

最近じゃ、愛媛や和歌山、広島と、よくも遠くから来やがったな、と驚き嬉しくなるわけです。

バイクかぁ・・・バイクでかぁ・・・行ってみたいけど・・・

そんな心配を他所に、会社からたくさんの旅券をいただきました。
まさに追い風です。これを逃せば行く機会などあるわけない。

で、一人「跳ぶ かたぎや」をやってみましたw
123









※画像はイメージで、バイクを空便したわけではありません


前日入りで快晴の広島空港に着陸、
まだこたつな世界から一転して、常夏を感じる暑さに人種差別を少し感じました。

ところが当日、主催の日頃の行いの悪さで、雨雲に覆われる会場
時折、雨がぽつり、ぽつりとあざ笑うかのように顔を突き刺します。

ですが、会場到着して驚いたのは、地元のみなさんで「かたぎやサーカス」の設営が目に飛び込みウルウル
25519524_2061503892_128large






主催の日頃の悪態をぶっ飛ばす、この人たちの協力は、雨雲までも飛ばすことでしょう。

そんなことはありません。しっかり降ってきました。

バイクでドンドン押し寄せる参加者に、空から来た自分は大きな顔はできません。
大きさは生まれつきなんで、小さくできないんです。

温泉に行きたい!なんて贅沢はぬかしません。でも、ハイエースのあの人は連れてってくれるはず・・・
バイクで参加?!

「バイクで遠くから来たで賞」は、茨城、新潟からお越しになったサンパチ会の方々でした。
福島もいたけど、年寄り優先でお願いします。サンパチ会いいぞ!!

こーなったら、俺ができるのは玉コンくらいしかありません。
材料は先に送りました。味丸中も持参した。

さて調理場へと・・・こっちじゃ既に宴も竹縄なみなさんが楽しそうに飲んでます。
DSCN0619






混ざりたいけど、フライングで早々ぶっ倒れるのを考えると控えます。

鍋やコンロも地元のみなさんに甘えて、お借りします。すまんなホッシーwww
いも煮も作りました。やっぱりどこで作っても、んまいですな。

調理場で飲んでるみなさんが楽しそうなので、俺もプシュ
え?一人寝ちゃった?

茨城からお越しの人も熟睡しちゃって、乾杯の音頭で目が覚めたらしいです。

さて、会場は見たことない人ばかりでワニるとこですが、丁寧なご挨拶もさることながら
みなさん陽気でいい感じです

まさしく「優しいワルたち」、この言葉似合う人ばっかり

地方色は言葉程度で、聖地と変わらぬ空気にほっとする主催でした。

乾杯の時間には早いですが、いつもの如くフライングスタートです

西の方では、ないとらいだーーーーーーと伸ばすようですが、
こちらでは、だっ!と発音します、してください

んじゃ、ないとらいだーーーー(←伸ばしてるwww)

そして、集合写真はいつものこの人の参上です。ホント、いつもありがとう!
DSCN060025519524_2061503889_237large






簡単な挨拶を済ませ、逸る心は滑舌を絶叫にします。俺の言葉が通じたでしょうか?
25519524_2061503822_3large25519524_2061503804_85large






いろんな人と話をしました。顔と名前が一致しません(つか、覚えてねーだろww)

便所行ったら「道楽で怖そうに見えたけど、そーでもないじゃけんのぅ(そんな言葉はない)」
と聞耳を立てる場面もありました。あれは編集長に怖い顔してくださいと要請されたのよ、マジで

珍しい食い物が飛び交う中、いろんな方としゃべりたいから食う暇ありません。
パーティーコンパニオンってほんと飲むだけで大変だなと実感します。
DSCN0606DSCN0613






DSCN0620DSCN0639






DSCN0632DSCN0640






DSCN0629DSCN0628






気がつくとそちこちで、カップラーメンをすする音がします。
こちらでは、宴会中すする文化なんでしょうか?
いや、俺が思うに、深夜までがんばる姿勢だと解釈しました。

DSCN0621
DSCN0620






DSCN0608DSCN0635






いやはや、なんとも、無茶苦茶おもしろい、記憶がブッ飛ぶほど楽しい
DSCN0599






現場を仕切ってくれたこうたん、そして、こんなに重い俺を運んでくれた樹くん
他にもたくさんのお供え物w本当にありがとうございました。

売店の売上も順調で、次期開催への軍資金にしようと思います。

翌朝は、雨も上がり、参加者の笑顔が飛び交うピロートークタイム
ゆっくりしてってけらっしゃい、まんづまんづ、といった具合に仲良く絆ができていきます。
DSCN0594DSCN0596






DSCN0598DSCN0644










~天竺への金斗雲での旅、そして、その国は待ち兼ねた人達~


そこへ行けば、どんな夢も叶うという

誰もみな行きたがるが 遥かな世界
その国の名は広島、バイク乗りのユートピア
どうしたら行けるのだろう 教えてほしい

生きることの苦しみさえ消えるというよ
旅立った人はいるが あまりに遠い
自由なそのバイク乗り
素晴らしい精神力
心の中に生きる じゃばらの魂なのか

また、会える日を楽しみに

もう、お前ら、サイコーだったぞ!!





katagiya1 at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月17日

かたぎや 47

「暴年会2013」 2013.12.7 於:ログハウスAB12

私事で恐縮だが、
12月は結婚記念日に誕生日、忘年会にコンパニオン、ボーナス支給に年末調整、クリスマスでケンタッキーにバタークリームなケーキでシャンメリー、運そば打って餅つけば、楽しいお正月がやってくる!

と、ワクワクする話題が目白押しなわけだが・・・

今年の12月は、いつもと違う
50歳という王台に乗り上げ、しかもランドセルの頃から憧れていたものを手にする月となった

こんな時は、みんなでワイワイやるしかない
喜びは分かち合おう!そんな時は「かたぎや」だ

営業を中断しているログハウスを無理矢理に予約
わかりにくい会場のログハウスであるが、参加表明がまさかのフタケタ超え

そして、新たなかたぎやグッズ生産に関与する逸品も発見し、連日アイロン片手に奮闘した
俺制作のグッズ、クレーム承ります

仕込みはOK、役者は揃った

そして迎えた当日は、12月らしい雪マークが微笑む天気予報

嬉しくって眠れない一夜を過ごし、一足先に会場のログハウスで晩餐の仕込みを始める

里は雨でも、このエリアは雪だった
8842019_2029179772_21large






線を引いたように、岩砂橋(がんじゃばし)から白い悪魔に変貌するという境界線を目の当たりにし
やっぱ田舎はいいなぁと再認識したりして・・・雪の多さと人の少なさは自慢できる陸の孤島だ!!

田舎だから、温泉は安い!ってんで宴会前のセッティングはテルメ拍陵へ
フランスベッドの体験コーナーが有料になってたww
2436_tn_aab2974e6e












前日入りしてる参加者や、夜行高速バスでお出でになった方などが、朝から周辺を彷徨いている
この参加者の滞在情報が、一層気分を盛り上げる

前泊して50キロも彼方のアイツを出迎えに行くもの、前泊で朝まで飲んでしまったもの
温泉が先が買い出しが先か悩むもの、肉のデパートを今回初めて知った常連www

もうドラマは始まっている

50歳にして手にした其の物は、前日に無理矢理納品したわけで、扱いも不安だが
午前中から集まった連中が、入れ替わりに入り込むという、嬉しい光景が広がる

どーも、先入りする連中の中には、爆中華狙いが数名いるようだ
酒の入る隙間なくなるぞ
そんな連中と会っても、にんにく臭がしないという変な免疫力がついていたことに気づかされた

集合場所のスーパーベルには続々と参加者が集まり再会と握手に華が咲く
「あじまん」の香りに微誘惑されながら集合制限時間までじっと待つ

やはり、全員揃うのは会場のようだが、会場まで来れるだろうか?
との心配を他所に、早く飲みたい欲求で先を急ぐ

会場では先発隊がワイワイガヤガヤと懇談してる、その情景に思わず顔もほころぶ
あと数人で全員集合というところで、我慢できず乾杯がはじまる
8842019_2029180486_66large34353754_2028472685_14small






外では嬉しそうに雪も降り始め、暴年会ムードを盛り上げる
忘年会は雪がなくちゃ←

ログハウスは自炊制なので、いろんな料理を作っては食うスタイル
飲むと面倒になるので、自分は豚汁を準備した、が
テーブルに広げられる山形二代焼きそばが振舞われ出番をなくした豚汁が煮込まれて具が薄くなる

そして初参加の人が自力でログハウス到着の快挙をやっちまった
掲示板の画像、横向きだけど参考になったようでウレシス

ご歓談の中、まづは俺の誕生日ということで、参加者の年齢を聞くことから笑いが始まるww

そして、やはり登場したバースデーケーキ、無論、バターケーキではない
8842019_2029181184_238large34353754_2028466699_170small






ログハウスオーナーからは、蟹の差し入れに、かに将軍も降臨
8842019_2029180487_151large8842019_2029180485_207large







こんな所で、すどー率いるゴスペルでハッピーバースディ熱唱34353754_2028468198_100small

涙が出るのを隠したさ






クリスマスも近いから、あらせサンタから贈り物(なのに500円)という50歳記念じゃんけん大会勃発
34353754_2028469411_160small






かたぎやグッズで御馴染みクラフター様https://www.facebook.com/crafter2012からも、たくさんの賞品が出され、プレゼント交換会も華々しく行われた。
34353754_2028470342_210small
かたぎやモデルも誕生したようだww










そして、構想数年、製作9ヶ月、まだまだ未完成ではあるが、俺の新たな相棒のお披露目が執り行われた

「酒のやまや」でシャンペンを物色するも、「どんぺり」とかいうのがない
こっちじゃ売ってないんだろうか?ドンキーホーテにはあったのに
でも、船舶みたいに叩いて割ったら勿体ないから、安物だけど瓶が高そうな感じをチョイス
34353754_2028475100_173small34353754_2028475101_50small
ポン!シュッワー!!





そぼ降る雪の中、ほとばしる赤いシャンペンシャワー
最高の至福をみんなに祝福される
最高の誕生日だ、最高の納車日だ、お前ら最高だ!!
DSCN0507






と、ここで俺の電池切れ・・21時には寝てしまったようで
朝四時から、餌を待つ谷地動物園の熊のようにログハウス内をうろつく羽目になる

高台に聳えるログハウスからは村山平野を一望できる
8842019_2029179771_59large






右には県庁も見えるし、奥羽本線の電車も見える、嫌なことに勤務先まで見えちゃう絶景が広がる

朝飯は、めでたい「ふかす」(赤飯)が振舞われた
お祝い事なので赤色を強く要望し蒸してもらった、保温するとベタベタになるが、今回それはなかった
こわぱすい出来上がりは、赤飯まで、俺を祝福しているかのようだったが、
ごましおを忘れた、あ、紅しょうがもかww

行き先不安なのか、静まる会場内の朝
「誰か喋れよ!」・・・・終わった感が伝わるなぁ

超二日酔いな患者も発生せず、大人な暴年会は閉会した

こんなわがまま企画に遠いとこからの参加ありがとう!
また会おう!

八戒、西へ向かうぞ!それいけ、金斗雲~♪

画像協力:ボーダー男&マサおじさん








katagiya1 at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月27日

かたぎや 46

「天は我を見放したのけ?」2013.7.27
           ☆青森県浜台キャンプ場炊事場~

梅雨にしちゃ降り過ぎな今年の雨量
聖地も凄いことになった(画像右側がいつものキャンプサイト)
4191085_1971530501_64large







断水により、コンビニの飲料水はなくなるわ、ホームセンターのポリタンクは売り切れるわで、
震災時のガソリン的マッドマックスな慌ただしさを彷彿させる様相だった。

被害に遭われた皆さんの心中、お察し申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回は御馴染みの聖地を離れての、愛する参加者たちのお膝元での開催
いわゆる高飛び出張かたぎや・・・である

六月には下見も十分に済ませ、ほどよく観光もこなして三沢市の素晴らしさを体感
20130610094614













温泉は早朝営業で安い、しかもラーメン屋も6:31から営業
外国みてーな場所もある、ドルで買い物するトコロもあった。
釣りセントが不要になった。金髪が街を歩いてた。
バラ焼きとかホルモンが有名

と聞いただけでヨダレがでる、ファンタスチックな街での開催となった

開催地は三沢市の隣ですが・・

場所も決まって日程だが・・・

仕事のシフトが変わり、今シーズンの土日休みがこの日しかない!という厳しい中、
中半、無理矢理な運びとなり、告知に漕ぎ着けた。

ミスターバイクへ告知も疎かに、大雨の心配もどこ吹く風と当日を迎えた。

開催前にして、BSで映画「八甲田山」を観てテンション上がった。
雨なんてぬるいぬるい、という自分は今回は車である。

前日から現場入りして、心も体もスタンバイOK!

会場では、マラソン大会に花火大会、翌朝はイカダレースと目白押しである。
盛り上がってるとこへ、お邪魔します。許可はいただいてるんで大丈夫(。-∀-)

天候もまぁまぁだが、地元スタッフから「三沢で呑みましょう」という
聞くに絶えない単語を繰り返されるが、堕ちることなく現場へ

聞けば、東北道は途中滝雨というコンデション
地元青森県も西津軽で大雨警報発令

行く道中に、名物「やませ」に歓迎される
DSCN0069







天は我を見放した・・・・

でも、会場にはバイクが停まってた
DSCN0071







一番嬉しい瞬間である

そそくさと宴会準備を済ませるんだが
参加者による「かたぎやサーカス」の見事な設営を目の当たりにする

参加者が作る集会といった感じで微笑ましい場面である
DSCN0073







続々と到着する参加者に、挨拶して握手してビールを煽る

そして忘れ始めていた、乾杯へ流れ込む
ピンボケな集合写真www
DSCN0075







会場では各々が美味しい料理を振る舞いはじめ、
三沢名物ホルモンも登場し、ガリガリ君コンポタが箱で奉納されたww
DSCN0084DSCN0085







これ絶品でした。

ありがとね!
DSCN0096







イイエ、ドウイタシマシテ。イタダイチャイマス?

売店は閑古鳥だけど、完売でww
DSCN0107







大雨は、これに救われたようで
DSCN0109







浴衣のお姉さんが、呼んでもないのに登場して
DSCN0114







「カメラは困ります」とは、台本どおりでよし!
このあと、行き先を追いかけるも、暗闇に消えていったという怖い話は、やめとこう・・。

その効果もあって、会場は非常に盛り上がった。

午前様を過ぎても「おひらき」にならない御様子で大盛況

鯖缶入のうどんが、めちゃ旨かった。
(レシピー、メールでいいから教えてくれ)
硫黄島の謎の唐辛子の入った御飯に叫ぶものがいた
とにかく飲んで笑った

「ググれ!このカス!」
そんな会話が飛び交った。

中々布団に入らない参加者を他所に離席
その後、みんなも布団に入ったようだ

最遠距離な人たちがバイクで来てくれた事実。
顔出しだけでも、と雨の中バイクで駆けつけた人。
明日仕事なんです、とノンアルで気づかれず数時間滞在した人。
初参加で単独できた人。
翌朝、滑り込みセーフで参加した人。
いつもの顔に、いつもの笑顔で、叫ぶ「ないとらいだっ」

本当に続けてて良かった、と実感する主催でありました。

天は我を見捨てなかったのです。

朝飯は、実家で獲れたスイカを振る舞い
DSCN0115








ひまわり畑に夏を感じ
DSCN0116








帰りに、ラウドを2ラウンドせず、八食センターを堪能し、
楽しかった一夜を思い出しながら帰路に着きました。

地元のみなさんの大いなる援助で、無事、事なき46回目を終了することができました。

小田原湖より深く感謝を申し上げて、集会レポとさせていただきます。
ご愛読ありがとうございました。

三沢市行ってみろ、たまげっから




katagiya1 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月16日

かたぎや 45

「サプライズだらけの大集会」 2013.5.11

☆走るかたぎや~置賜編~

天気予報は雨だったが、朝から快晴で心晴れ晴れ、
Z1Rで集合場所の上山観光物産館へ向かう

到着するないなや朝飯
生姜焼き定食@600円、これはオススメだ

ビンビンラーメンが目印の駐車場には・・・ほとんどが猿會のメンバーが集結
しかも、そこまでの間に方向指示器落下してきた猿もいていつもの猿ツーな朝になる
P1040419






ビニテは必須の猿會車両

静岡ナンバーの軍団に、参加者かと声をかけたが、無関係だったことに赤面したのは忘れて

今回は、楢下~高畠~小滝~聖地という地元衆でもわかりにくいコース設定
主催の挨拶からはじまるグリーフィング(どーしてカメラを向けると人がいなくなるんだろう?)
BlogPaint






誘導スタッフなしで、途中の休憩所だけを示唆し、ちっちゃいバイクとでっかいバイクに分けて出発P1040408







楢下のこんにゃく番所が休憩ポイントだったが、上山観光物産館にもあったのでパス
んじゃ、昼飯どーしよう?と考えながらスタート
P1040432











注目度ナンバー1のK-16キタノスペシャルも参戦
P1040424






道の駅たかはたで休憩。
P1040413






参加者一覧
P1040412P1040415P1040417







熱い走りにお腹も減ってきた。R113からR13へ出て、南陽太助寿司の中落ち巻き@100円がよぎるが
土曜の混雑が嫌でパス・・・と思ったら空いていて肩透かし
でも、昼前だったので、走りを継続。このペースなら昼には聖地に着く計算で飯なしの耐久戦となった
BlogPaint






ちゃんと朝飯食わないとだめだよ

南陽ヨークタウンを過ぎた交差点から赤湯温泉へ
龍上海は相変わらずの渋滞だった
小滝街道に入り、フリー走行のフラッグ(俺の左腕)が下ろされるが、静かなものだった

R348に出て、雨雲が怪しいのでR287へ
パレス松風へのワインディング中、女子高生から熱いベーゼとも思える熱烈な手を振りまくるな歓迎を受ける
先導が手振ったら振返してくれただけのことだが、これって嬉しいもんである

R287に入り、ペースも上がる

ここで、後続がZZRの二ケツに抜かれたという報告をもらう
広島から来た「こうたん」が、たまたまコース上に現れるというサプライズだった

先導組は抜かれることなくチェッカー
終わると同時に、雨が降ってきてラッキーだった

お疲れちゃん
BlogPaintBlogPaint







130キロのショートツーリングは大成功に終わった
企画した自分としては、納得のコースだった
小滝街道の道、荒れ過ぎて走りにくかった
二ケツの参加者のオンボードカメラはイイネ!
混んでもいいから昼飯食わせろ(でも、今回はゆっくりランチしてたら早めにドブネズミだった)
ちっちゃいのと分隊分けしたが、さほど差はなく待ち時間もないという????な走りだった
ゆっくり珈琲すするコースも策略中

また楽しいコースをチョイスしてエスコートすっから、次回の参加、来てみでけろな~

今回参加のみなさん、ありがとうございました

★雨のかたぎや ~ここに来ればアイツに会える~

いつになく仕事の勤務表が出遅れイラつく3月(交代制勤務で休みが不定期なので先がよめない苦しさね)

誌上告知な時代なら既にアウトな時期に日程が決まり、有給も申請し、掲示板でも告知し、WEBミスターバイクへの告知も済んだ。

猿祭と勘違いして参加表明する人がいたww。問い合わせは少ない。初顔は来なくなった。
いつも来るやつも連絡が途絶えた。

そんな平静さが、毎度はじまる「嵐の前の静けさ」だったりする

まさに嵐はやってきた。
38605249_1936725874_236large





当日は雨の予報で項垂れるのがいつもだが
もう落胆などせず雨を眺めるまでに成長した<俺

プレッシャーなどない

いつもの緊張感で開催をしたくなくなる病もない。

寒河江川が綺麗に霞んでる
38605249_1936725932_91large





幻想的な中、ぞろぞろと雨にも負けず、風にも、そして山形の寒さにも負けず参加者が到着
38605249_1936725871_76large





でも、あったかい玉コンが歓迎してくれ
38605249_1936725917_254large





カメラマンもスタンバイOK
38605249_1936725929_136large





主催もノリノリで~
38605249_1936725934_139large





乾杯の時間が近づき、再会を楽しむ光景が場を盛り上げる。
38605249_1936725941_85large





ライブは急に始まった(いや、バンド紹介はキチンとしたよ、な?)
35_large37_large





41_large38_large





もうひとつのバンドはこちらのみなさん
P104045068_large











そして、参加してくれたみんな、いつもありがとよ
初参加にはサービス満点な売店である(なぁ、佐々木シンスケ似のおにいさん?)
P1040440P1040442






懐かしい顔、顔、頭ww  群馬から、そして息子と一緒に
P1040444P1040441






あれ?広島から??(・・って知ってるくせに、なサプライズ)

P1040453P1040454






毎度御馴染みフライパンの常連に、猿會も大挙しての参加
P1040455P1040456






そのGパンが泥まみれになり、エリミOCも復活し
P1040457P1040452






P1040460青森からも静かに参加、義理堅いねぇ
嬉しいぞ
そして
わはははははは、夢か幻

来やがったな、元祖山形病患者
と、楽しい宴会は午前様を超える頃
栃木のカッタケも午前零時過ぎに遅ればせながら参上。

もう笑いすぎて腹筋が痛かった。

サプライズが多かった今回
でも、いつも驚かせようとして参加してる人多いのよな

いつもの半分以下の参加者だったが、量より質といった濃いメンツが顔を揃え
ライブで大はしゃぎした主催は、結構遅くまで起きていたようだ

みんなのテーブルに回れなかった悔しさは次回晴らすとして
どこも楽しそうで、見てて嬉しかった

翌朝は、早い時間に撤収がはじまり、告知をよく読んでくれているな、と関心したよ
グランドゴルフの朝から大会で撤去せざるおえない状態だったから、みんな助かったぜ

日帰りの人たちも夜帰るってのに、手にはゴミ袋を持っての持ち帰り運動は定着
後片付けに残る戦利品も少なく、とてもやりやすくなったことを実感した

みんなのマナーが継続できるエネルギーになります

今年で50歳を迎え、酒の量も減ってきて、ないとらいだっの叫びも多少減った気がするが
みんなで会場設営したり、みんなで走ったり、みんなで温泉いったり
日常を「かたぎやのメンツ」で楽しめる「唯一な日」であることは確か

開催を楽しみに待っててくれる参加者の感想を聞くとやはり・・感無量であります

これからも、楽しい企画を取り入れながら、いろんなことで楽しくワイワイやるから
また来てくれ

バンドのみなさん、いつもありがとうございます
反省会はバンマスの発表を待ちましょう

トーキョーからもバンド参加、乙っす。また機会がありましたら遊びに来てけさい

最後に

お前ら、サイコーだよ



katagiya1 at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月06日

かたぎや 44

「忘年会だよ、全員集合!」2012.11.5(月)

狂宴での話をキッカケに浮上したこの企画
12


11月で、気の早い話ではあるが、
年の瀬は、忘年会も多いし、雪で身動き悪くなるし、そばも打たねばならんし、餅もつかねばならん
と忙しない

当初は、二人でやる予定だったが、
掲示板で募集したら、意外と好評だったんで、忘年会ということで告知

今回もこの寒い中、ヨコハマだの、イバラキだの、ミサワだのと
東日本全土から集まってくるようだ

その中で、最も遠距離であるヨコハマの参加者は、なんと山形を通り越して八戸へ
そして、また山形に寄るという偉業を成し遂げた

一番寒かったのは、雫石での朝だったという
45
まさに、ファンタスチック!

今回も会場は焼肉アビコということで、勝負服に着替えて手ブラで店へ
P1040220
そして、ないとらいだ!!
P1040227
俺だけメガジョッキでスイマセン
意外とコレ、重いんです
DSC00272DSC00273

歯槽膿漏な私でも大丈夫な豚軟骨(左)。これ絶品で二度オーダーしたくなること請合い

DSC00276
お約束の、ファイヤーショーww
P1040232DSC00275
デフォのマンガンジも、甘くて旨くてボリュームあり過ぎっす
DSC00274
赤い霧島さんも旬な時期での参加となりまして

笑いが耐えないテーブルでは、どんどん肉が消費され、酒も程良く五臓六腑に流されたのでした

互いをよく知らずとも、小皿叩いてチャンチキ宴会

焼肉アビコからも、サービス品のオンパレードで、いつもありがとうございます
新そば挽いたら、打ってやるから待ってろよ(なんつって)

いろんな話題に花は咲くわけで、これぞ、御花畑って感じですかね
嫌なことは忘れるのが忘年会だが、ここにはそんな言葉は無用でした

小比類巻さんの親戚の方もいらっしゃったようで

二次会は、カラオケになり、小比類巻を熱唱
他にも、倉沢淳美や、トライアングルなどの懐かしいヒットソングが続々と歌われ大いに盛り上がりました

今年もいろんな参加者のみなさんに楽しい宴会を繰り広げていただき、ありがとうございました

来年も聖地を皮切りに、リクエストや候補地をいただきながら出張宴会もやりたいと思ってます

来年も、何卒、ヨロシクお願い申し上げます

お前ら、最高だわよ



katagiya1 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor 天気