浜田バランス整体院日記!!

めくるめく日々と整体のできごと(東広島) 

お盆やすみは、ひきこもり

今日から浜田バランス整体院は、
通常営業となります。

お盆やすみ中、何をやっていたかと言うと
珍しく外出を控えて、ひきこもり。

毎日、DVD製作の内容を作成していました。

感覚の世界観は、大好きですが、
感覚を言語化するのは、

骨が折れます。

皮膚の感覚受容器や触覚に絞って内容を作成しましたが、

皮膚の外と中では、世界も違うし、

皮膚と脳との関係性は、

まだわかっていないことがたくさんあるのですが、

原点に立ち返れば、

「元々、皮膚と脳は一緒だった」

という事実はあるので、
結びつけられないこともない。

痛みは脳が原因

という風潮ならば、

元々は一緒だった

「皮膚も考えた方がいい」

と思うわけです。

スマホ病、デスクワーク、希薄な人間関係等などから、

外界からの適切な刺激が減った世の中だからこそ、

人間の身体感覚をつかさどる
感覚受容器を元に戻し、

皮膚の外側、
外界との関係性を適切に感知することが、

症状改善につながる。

そんな内容を製作中です。

もちろん、この触診力DVDがきっかけで

自身の感覚と患者さんの感覚

ということに治療家自身が目を向けられるようになり、

エビデンスだけでなく、
自分のアイデンティティを活かすためにも

感覚の世界を是非とも磨いてほしいですね。

今度の日曜は、セミナーがあるので
これからその準備も行います!










定員に達しました。

一週間前に募集した

「触診力セミナー」

ですが、定員に達したため、
募集を打ち切ります。

開催まで二週間しかない定員5名の少人数の募集でしたが、意外と早く埋まりました。

また飛行機やホテルの関係上、

「広島まで行けません!」

また

「その日は予定が埋まって行けなく残念!」

などこれまた意外に多くの方に

「参加意志はあるのだけれど」

というメールもたくさんいただきました。

次回セミナーをするときには、最低でも1ヶ月前には連絡します。

それでは

参加される方は、
楽しみにしておいてください!

場所は

東広島芸術文化ホール

210の和室で10時から15時前までです。

持ち物

動きやすい服装

靴下

タオル

昼にお弁当を食べる人は持参してください。

身体の使い方

半年間お世話になった和身塾から身体の使い方のオンラインプログラムが販売されました。

「身体の使い方の理」オンラインプログラム


こちらは、整体技術のようです。

触診力

治療家用のDVD製作が佳境を迎えている。

自分で言うのもなんだが、
大変に素晴らしい内容になると思う。

今までの治療の考え方から技術の使い方まで

視点が180度、変わる。

楽しみ120%なのだが、

「触診」

という感覚の世界を表現するので、
自分だけの主観で表現するわけにもいかない。

なぜなら、感覚や知覚は、
全員違うから。

ある人が

「ここの筋肉がかたい」

と言ってもある人は、

「柔らかい」

というのが感覚や知覚。

主観に頼らざるを得ないものを
できるだけ客観的に表現する

そこが大変だけれど、

「それぞれの感覚や知覚は、違う」

というのも面白いわけで、それを集約してまとめるのは、楽しい。

今までの治療の概念自体も
ひっくり返る内容ですが、

実際、現場では

アルコール依存

薬依存

炭水化物依存

など依存症が良くなったり、

肩こり、腰痛はもちろん

アトピー性皮膚炎なども改善したりで、

施術者の手で患者さんの身体を触診をして

「根本を見つけだす」

というのは、
とても幅広く色々な症状に応用が効きます。

そこで実際に様々な方にこの触診術を実践してもらい、

「誰でもできる」

「効果をきちんと出せる」

「自分の感覚に自信が持てる」

ことを経験していただきたいため、
セミナーを開催します。

8月19日(日)の10時から15時まで

場所は東広島芸術文化ホールです。

内容は11月ころにDVD販売される「触診力」(仮)
の内容をそのままお伝えします。

プラス

実際、参加者が身体を触診して症状の根本を見つけ出し、治療までできるやり方を伝授します。

治療も誰でもできるくらい簡単です。

DVDの販売価格は決定していませんが、
現在のところ24000円前後とのこと。

販売前の公開&参加者の触覚の主観もお聞きしたいため、

特別価格の

10800円

で開催します。

ご興味のある方は

yuuichi.hamada@gmail.com

までご連絡ください。

お待ちしております。

追伸

ある男性患者さんに、奥様を「触診」し、治療までやってもらった結果、

効果を出し、自宅でもできるようになったり、

自分の奥さんもきちんと効果を出せているので、

何かを手で触り

「快」

の感覚がある方は、だれでもできます。

患者さんでも治療家でも誰でも参加できます。

IMG_6813



這い上がれば

IMG_6807


先日の休みの日は、
高校野球を観に行きました。

母校は幸い勝ち進みベスト16。

ただ今回は娘の高校野球部の試合の方を観ました。

さすがに

「高校生に戻りたい!」

とまでは思いませんが、

「高校まで野球を真剣にやった」

という経験は、これからの人生で大きな財産になることは、間違いない。

浜田は大学を中退して2年くらい

引きこもり

を経験していますが、
引きこもっても将来について悲観しなかったのは、

恐ろしく厳しい練習を野球部で積んできたから。

「これ以上の地獄はないだろ」

という経験は、将来を楽観的に考えさせてくれる。

ただ、

「何をやって生きていこうか」

と2年も引きこもって考え続けて、

その間に両親は離婚するし、

結果的に病んだ状態になったけど、

それでも将来に悲観しているわけではなかった。

「野球しかやってこず、野球のことしか考えてこなかった」

けど

「何かやれるはず」

というかすかな希望をいつも抱けたのは、野球をやってきたおかげでした。

この試合で観た野球部の部員達は、

大学で野球をする子もいるだろうし、

野球をやめる子もいるだろう。

厳しかった野球をやめて、

その反動で遊びに夢中になり、

その後廃人のようになった浜田のような子も

きっといるはず(笑)

それはそれでまた這い上がればいいし、

そう思える可能性が広がったことこそ、

レギュラー争いなどの勝負の世界、周りの目とも戦い続けてきた恩恵です。

試合に敗れ、最後の試合が終わり、涙を流している部員達を見て、そんなことを思いました。

それにしても熱い夏です。

一旦離れて

「普通の感覚を持った人と話すだけでも落ち着く」

ある被災した患者さんが
そう整体中におっしゃられた。

豪雨以来

普通の感覚ではない

と思っていたのだが、
それでも被災した方からすれば、

浜田はまだ普通の感覚なのだろう。

何が普通か?

は、今の状況では全くわかりませんが、

ニュースを見れば、豪雨の被害状況が伝えられ、人と話せば、豪雨被害の話ばかり。

被害に遭われた方々は

普段の会話

というのも極端に減ったのかもしれない。

忘れてはいけないのは、

豪雨被害そのものをなかったかのようにして、変に動き回って元気づけたり

反対に豪雨被害の情報に飲み込まれ、
身動きが取れなくなり、ただ不安に襲われたり

と極端になりがちです。

この状況で

普通に

というのは、なかなか思うように行かないものですが、

せめて被災していない人は、冷静に行動してほしいし、自分もそうしたいので

「普通といわれる感覚を」

と思い、また仕事のこともあったので、

一旦キャンセルした旅行へ行ってきました。

IMG_6799
IMG_6798      

(山口県萩市)

広島県を離れると、いかにあれから普通の心理状態でなかったのかが、よくわかります。

1日、広島県を離れただけで、

今の状況において

仕事でやるべきこと

自分にできること

がはっきりとわかりました。

これから本当の意味で、
被災した方々のお役に立てると信じています。

お見舞い申し上げます

このたびの豪雨災害により、お亡くなりになられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様方にお見舞いを申し上げます。


災害があちこちで起きていても
自分の自宅が大丈夫だとつい

「他のところも大丈夫」

と思ってしまうのだが、
今回の豪雨災害は、別。

患者さんの自宅が被災したり、
土砂に飲み込まれそうだったなどの話、

また交通機関が完全にマヒし、

食料が届かなかったり、

断水している状況を目の当たりにすると

被害の大きさと被害の広さも感じています。

患者さんを見ていても毎日災害の情報を見たり聞いたりしているので、無意識に

緊張感

不安感

恐怖感

を抱えていらっしゃいます。

この災害で

「自分でできることは?」

と考えたのですが、

この

「緊張感、不安感、恐怖感をやわらげてあげること」

という結論にいたり、急遽開発しました。

この3日間で受けられた方は、

「落ち着いた」

と全員効果を感じてくれていますし、

ものの1、2分で終わる施術ですが、

寝られなかった人も
寝れるようになった報告も受けています。

この施術を
被災した方、
不安で夜眠れない方などに

一週間ほど

無料

で施します。

受けたい方は、お電話で予約してからお越しください。

よろしくお願いします。

災害ストレス施術

今回の災害で

恐怖感を抱いている方

不安感が消えない方

ひどいストレスを感じている方は、

施術中にご遠慮なくおっしゃってください。

通常の施術に加えて、

恐怖感、不安感、ストレスを減らす施術をさせていただきます。

体を調整し、一瞬で落ち着きますので、
気軽におっしゃって下さい。

追加料金は、いただきません。

今日も何人かに災害ストレス施術をさせていただき、全員落ち着きを取り戻していますので、

ご安心ください。

浜田バランス整体院 濱田雄一

通常通り営業

ご予約の患者さんへ

当院は通常通り営業をいたしておりますが、

遠方から来院される方

災害に見舞われた方

外出する気になれない方など

ご遠慮なく予約のキャンセル、変更等を行ってください。

現在(朝10時)西条市街は、渋滞中です。

遅刻される方も心配しますので、

お手数ですがご連絡だけ、
よろしくお願い致します。

浜田バランス整体院 濱田雄一

IMG_6757







無事です

ものすごい豪雨が続きました。

雨が怖いって、はじめての経験です。

今、広島空港にいて東京へ行く予定ですが、
相次ぐ欠航。

豪雨の被害で帰宅できない方

土砂で大変な方

色々な話を聞き、
また広島空港に行く途中も

床下浸水や河川の氾濫、土砂崩れも見ました。

どうか皆様がご無事でありますように。

17時すぎの東京行きは、
出発予定なので、

心配しながら飛行機に乗ります。

ご心配のご連絡を頂いた方々。

ありがとうございました。

無事であります。




人生

どんな治療家も

タブーと思ってるのか?

はたまた理解していないのか?

よくわかりませんが、

痛みがなくなっても

元気がなかったり、

楽しそうでなかったり、

全然喜んでなかったり(苦笑)

意外にもそのような患者さんは、多いと思います。

なぜ、痛みがなくなっても喜んでもらえないのか?

「痛みだけとればいいじゃん」

と思っている治療家さんの思考は、
これからはもう、厳しいのでしょう。

浜田の場合は、
もう人によっては遠慮しないので

「なんで痛みがとれたのに、嬉しくないの?」

と直接聞いて

「痛みがとれても何にも人生変わっていないから?」

とたずねます。

ほとんどの患者さんが

「そうです」

と頷かれるから

「じゃ、変えるためにこれからやろっか」

と言いますが、
もうこれがなかなか骨が折れることでして。

浜田は覚悟ができているから、
そんなことが言えますが、

そうではない治療家は、

「人生なんて、おおげさな」

と思うことでしょう。

人生を変えてきた人は、
全く躊躇なく受け入れられる話ですが、

そうでない人は、

「人生なんて変えられない」

と後ずさりするのでしょう。

もちろん、人の人生は直接変えることはできませんが、

「自分は変わり続けることは、できる」

この確信さえあれば、

「きっと、この人もいつかは変わってくれる」

と信じられるものです。

実際に相手が何年も
そして、何も変わらなかったとしても

「自分は変われる」

という確信さえあれば、

「この人は、一歩踏み出すのがまだ怖いだけ」

といつでも思え、
相手の可能性を否定しなくなります。

相手の人生が変わってほしくても

相手のことは関係なく、

自分さえ、信じていれば、
それでいい。

言い方を変えると

「自分は変われる」

その確信だけあれば、

自分や他人を

むやみに"切らない人生"を

歩めるようになるのではないでしょうか。

この確信や信じるというのが、
なかなかできないのですが、

これにはコツのようなものがあります。

これはいつかまた語ります。

研究中

ブログも1週間ぶりになります。

この1週間、何をやっていたかというと

感覚について学んでいました。

感覚の中でも肌感覚と言われるように

触覚について。

秋に治療家向けに発売されるDVDのテーマが

「触診力」

で、触って症状の根本原因がわかるコンテンツを作っているのですが、

それには

治療家の手

患者さんとのつながり

感性

の3つが必要。

治療家の手だけに意識がいく人や

患者さんの身体だけに意識がいく人

など、どちらか一方が多いのですが、

手と患者さんをつなげ、
どちらも一緒に感じられるよう

研究をしていました。

感性で一番大切なのは、
できる限り


を通さないこと。

これも難易度高めですが、
誰でもできるように

ただ今研究中。

毎朝5時半に起きて
研究しています。

明日はワールドカップが3時からあるけど、

どうしましょう。

信じ切れる

何故だかずっと縁が切れずにいて、
それでもそのひととずっと居たり、

あるいは、その人のことを考えると

よくわからないけど、
イライラすることってないだろうか。

浜田は、そういうことが多いのだが、

…特に奥さんに対して(笑)

こういうと色々な人に怒られるのだが、

それでも自分の身近にいる人にイライラするのは、

多分、鎌倉時代より前からだと思う。

それくらい前からだと思う。

なんだかイライラしたり、

相手を色々疑ってしまう自分を見ていると

「信じたいのだな」  

と思う。

信じたいから、一旦相手を否定してみて、
それでも

「信じていいの?」

とやってしまうのだと思う。

そこで相手が受け入れてくれたら、
満足なんだろうし、

受け入れてくれなければ、

またイライラを繰り返すのであろう。

それくらい、ずっと、もう何年も相手にイライラして、否定もしてきて、

それでも同じ道を歩んでいるなら、それは運命としてあきらめ、

「あなたのことを精一杯、信じたいのだな」

ということを受け入れるか

「本当にあなたについて行って大丈夫なの?」

と相手に保証を求めている自分を受け入れるか。

どちらか早く決着をつけた方がいい。

それが自分の身のためだし、

結局

「自分を信じる」

ということの近道だから。

「信じたい」

という気持ちを
積極的に受け入れるべし。

イライラするけど。

居場所

「居場所がある」

「居場所がない 」

とつい決めちゃうことが多いけれど、

居場所がある人は、

幸せ

居場所がない人は、

孤独  

と決めつけていないだろうか?

何を隠そう

浜田は今

「居場所がない」

という実感の真っ只中(笑)

まあ、仕方ないよね。

10年近く通った整体スクールを休んだのだから。

だから、

寂しい?

とか

孤独

というのは、
今はなく、

むしろ

「自分で自分の居場所を作ろう」

と考えています。

自分で居場所を作るとは、

居場所がない

と思っている人達の

居場所を作る

ということなのですが、

それが実現すると

自分も居場所ができる

というなんともややこしい話。

自分で居場所を作るか

人が作った(作られた)居場所に入るか

のどちかしか、
人間の生きていく道は、ない。

全くの一人で生きていくのは不可能だから、
自分の

「居て良い」

と思う場所は、

自分を肯定している部分が少しでもあれば

無意識的にも探すもの。

人が作った居場所にずっといる人は、

依存

と言いたいのではなく、
ときに依存することは、誰でもあります。

そこで役割なり存在を確認できるのであれば、
そのような居場所は大切。

自己肯定感を育むためにも大切です。

浜田の場合は、

人の居場所にずっといた

という世界から

自分の居場所を自分で作る

に変わっただけの話で、
実力も何もない人が

自分で居場所を作る 

というのは、本当に意味で
孤独なんだろうと思う。

一方

実力があるのに、

誰かが作った世界にずっととどまる

というのも
辛い生き方なのだろう。

どのように人生を選択するか?

「諸行無常の響きあり」

という言葉を思い出すほど、
この世は移り変わっていきますね。

何が好きかわからない人へ

「自分が何をするのが好きか?わかりません!」

という相談を受けて思うのは、

それだけ真剣に

「自分の好き」

について考えているのなら

「"自分のことを知るのが好き"でいいのではないか」

とつくづく思う。

自分のことを知ったら、それを他人に分かち合い、他人を見て、また自分を知る。

そういうことが本当は好きなんだろうし、

自分の意見を持つ

ということにもつながるのではないか?

とも思う本日。

IMG_20180617_101106


今日は神戸に来て、
ショッピングです。


livedoor プロフィール

浜田バランス整体院...

ギャラリー
  • 触診力
  • 這い上がれば
  • 一旦離れて
  • 一旦離れて
  • 通常通り営業
  • 何が好きかわからない人へ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ