2017年06月21日

ボラ:オーシャン

低気圧の影響でこれから風雨が強まるそうです。 1時半に待ち合わせて読み語りのボラへ。


今日は新顔の つんちゃんが参加です。 まだ何も知らない状態で大丈夫かなぁ〜?とは思いますが、

度胸はありそうで パワフルな感じも あるので、やってみましょう。。

以前 ジルベスタにしばらく入ってて 歌も歌っていたし、前向きな人ですから。


紙芝居は 今月「スカイ」で読んだ 「ゆめくらべ」 と、「ひとつめこぞうのドッガン」です。


読み手も 少しだけ手伝ってもらいましょう。

ウクレレの腕前は わかりません。

ももちゃんと3人で、また楽しく出来るといいなぁ。



今週 土曜日には、もう一つボラがあります。

ハンドベルの体験会です。

「きりくアンサンブル」 のRちゃんが講師です。

私はアシスタントです。

katano0325 at 08:40|PermalinkComments(0)ボランティア 

2017年06月12日

メモリー(CATS)

「そぞろ歩きのコンサート」  練習入ってます。

私はミュージカルナンバーは これまであまり歌わないで済ましてきましたが、

この歌は 昔、サンハートで歌った記憶があります。

その時は英語でやったのですが、 今回はMさんが初参加で、

これを 「劇団四季」バージョンの日本語の歌詞で歌います。


伴奏をしていると 懐かしくて、やっぱりいい歌だなぁ〜〜(^^♪と 気持ちがスーッと入ります。

今回初めて ヴァイオリンのTさんも 参加してくれることになり、

弦の雰囲気が良いです。  


で ...「グルジアの丘の上に」 と、

せっかくなので、日本の歌も コラボしてもらうことになりました。


 「叱られて」 と 「この道」

どちらも格調高く行けるのではないでしょうか。 期待してます。

そして、  


日本歌曲.....といえば、

私が歌うのはオーボエとのコラボで 、まったく知られていない名曲 「桐の花」 です!


ピアノの伴奏が 一見シンプルですが、なかなかどうして、とても難しいです。

歌のメロディーラインも、シンプルですが、ピアノとの絡み方などが 難しいです。

マニアックな世界です。  別宮貞雄さんの歌とはまた異なる、世界です。




katano0325 at 22:02|PermalinkComments(0)アンサンブル・バラ 

2017年06月04日

胸のざわざわするのは

スポーツなどの試合をテレビで見るのは 好きなんだけど
応援している方が負けそうになって、もうこれ以上見るのやめよう〜〜という時の
胸の苦しさも、ざわめきというのかな。

主人は前立腺の生体検査の結果が初期の癌ということがわかって、
これから治療についての相談が始まる。
手術よりは小線源療法にしようね、とはなしていますが。

これも何となく 二人で 胸がざわついている状態です。


「そぞろ歩きのコンサート」のメンバーが なかなか確定しなくて、
会費なども まだ集まっていないので、会場費などが持ち出しになる状態.....
何となくお金のことが 気になっています。
プログラムも まだ決められないし。

そんな中、コンサートの案内はがきは出来上がっていて
もう20枚以上 配ってしまった。
自分の歌は 大丈夫なのかどうかが、気分的に ざわつきのもとです。

練習はしていても 暗譜となると やはり不安が 常に付きまとう。


創型展で、N氏に久しぶりで会いました。
相変わらずのギターを作品の横で 弾いていました。
2つの作品、彼なりのアピールがあるので、
真剣に話を聞くのだが、
今一つ入り込めないという、私自身の落ち着きのなさが 
他の作品鑑賞の時点でもかなり邪魔をしている。

帰路、せっかくのカタログを 多分電車の中で落としてしまったこと にも気付かなかった。

その中には
Teramura氏にもらった写真(フォトコン8月号の入賞作品で私を写した作品)が
挟んで入っていたのだが。

頭がパニック状態であたふたしたのも、いまだに引きずっているのも.....心のざわめきです。












katano0325 at 07:43|PermalinkComments(0)その他いろいろ 

2017年05月21日

半年前は?

実は..ちょっと苦手かな...と言ってた曲が 今日ちゃんと できたかも!!

そう、あの5拍子の曲ですよ。

「妖精模様」  中山知子 作詞・朝岡真紀子 作曲 から
ピアノの前奏が とてもクリスタルな、美し〜い 「静かな水鏡」 8分の3拍子と、

2プラス3の  8分の5拍子で、「時計屋の道草」 

セリフが歌の前にあります。
「 この時計屋は おしゃれな紳士。だけど、せっかちなのが たまにきず。」


この2曲は 組曲の中の  供Ν靴搬海い討い襪里世 流れ的に今一つ理解しにくいところがあった。
1曲目を 一応やるべきではないのか?   とずっと引っかかっていて、

歌うには歌うけれど、内容的にイメージができないまま...
「 行きどまり、 すれ違い、 回れ右 」   
これって  全部 5音だな〜と 変なところで納得して

最後は ≪慌てるな≫ で終わる。  わけわかんないけど 面白い。


今日の合唱祭は  以上の2曲のまえに2つ歌いました。。

松下耕さんのアカペラのエチュード 「なにがある?」
これも 5拍子です。

もう1つ」、 「ことりがなくよ 」 
これだけは、普通に 4拍子。

アカペラの練習をとにかく 丁寧にやってきたので、成果があって 良かったです。

諦めないで地道に  ということを学んだ半年でした。


打ち上げ〜   飲み放題〜   とても美味しい  和風イタリアン!
エビフライ 美味しかった。 グリーンアスパラと帆立のソテー美味しかった。
たらこの生パスタが 美味しかった。 味噌汁が 美味しかった。
そしてジェラートが 美味しかった  です。 
 来年もやりましょう ということに。



お昼前頃「いちご狩り」 に孫がきたのだが、ママ&パパは二人でイングリッシュガーデンに出かけて、
グランパ一人で お守り、お疲れさん。

色々とかき回して帰ったそうな。

いちごは ここ1週間ほどは 飽きるほど食べています。  やや酸っぱいけれど。





katano0325 at 23:00|PermalinkComments(0)コール・アルシォーネ 

2017年05月17日

砂山・あざみの歌

生き生き音楽~5月

歌詞のプリントを、今月は施設の担当の職員の方が作ってくれました。
が、かなり大変な作業だった様子。
仕事の合間に、サッサっと.....というわけにはいかなかったみたいです。


私も ちょっと負担で...、次回はどうしましょうか〜と相談したら、
アシスタントで来てくれた絹子さんが 作ってくれることに!。嬉しいです。


私が6曲の歌詞のコピーを揃えて渡し、彼女がそれらをスキャナーしてくれることになり、
印刷は当日までに 施設側で行う。


今回は  若葉・夏は来ぬ・浜辺の歌・あざみの歌・砂山・四季の歌 の6曲。

字体もばらばらなので、あまりよくなかったし、
「砂山」は3番の歌詞、3行目が抜けていたり..とやや問題はあったものの、
皆さんは殆ど気にせずに、とてもいい表情でした。

中山晋平さんの歌は 元気になる歌です。 伴奏も和太鼓のイメージがあるし。
民謡っぽく、手拍子を入れたり
盆踊りのような振りも入れたら、とても楽しげになりました。


「あざみの歌」 は  涙腺を刺激する歌です。
アンコールに お元気な前向きな老紳士が手を挙げて この歌をリクエストしました。
私自身も キーボードを弾きつつ歌いながら、ウルウルしてきました。


6月の歌のプログラムには  ≪桜貝の歌≫ が入ってますので、またまたウルウル..かもしれません。
そして、 ゆりかごの歌・雨降りお月・あめふり・時計台の鐘・夏の思い出





katano0325 at 21:32|PermalinkComments(0)ボランティア 

2017年05月12日

MYカフェ

朝から まずは 県立図書館の音楽資料室へ。
CDの返却に。 

ここにある声楽関係の( 自分にとって興味のある )ものは 
ほぼ 手に取ったり 借りたり、視聴したりしています。
今回も 数枚じっくり聴いて、とても良かったです。

1時間ほどで 移動。
 
ランチには ちょっと早かったので
「MYカフェ」 で 軽くクロワッサンサンドとコーヒー。
とても大きいサイズのサクッとしたクロワッサンに
ハム チーズ ポテトサラダ&野菜がたっぷり挟んであって、とても美味しいです。

昼時はかなり常連さんたちでいっぱいになるので、横目で見て食べずに通り過ぎることも
よくあります。
今日は ゆっくりとできました。

そこから 歩いて中央図書館まで 6分くらいで着きます。。 
この はしごのコースは 私の勉強の流れです。

資料を いくつかゲットして 11時45分には 桜木町へ。

12時半までに マンションの部屋で必要な楽譜を揃えて、今日のレッスンの準備。

13時から 3人です。 
ピアノルームにて。  

忘れな草、 シャレード、 スィンク オブ ミー、  イル バッチョ、 くちなし、  落葉松、

難曲ばかりです!! 

シャレード 
と  Think of me  は  7月の「そぞろ歩きのコンサート」で、みっちゃんが歌います。

くちなしと  落葉松  は  9月の発表会 で歌う歌です。
他に、 上を向いて歩こう、 川の流れのように、 夕方のおかあさん
さらに  鳩笛の歌  もやります。

でも、これらの曲の練習は 格別に 楽しいです。


私の 年代物の ピアノ.....音も鍵盤も ファンキーで、
このごろは 譜読みのメロディーを取るだけで、ピアノ本来の用をなさないのですが
何故か 愛着があって、スリスリしたりする  MY ピアノ です。


バカラックの 「雨にぬれても」 は フィットする気が しないでもない。

 「そぞろ~」で  最後に全員で歌うつもりで 楽譜を準備したところです。

ギターコードも付いてるので、出来るだけ ポップに盛り上げて歌いたいです。







katano0325 at 21:33|PermalinkComments(0)アンサンブル・バラ 

2017年05月08日

彼我庭園を通り抜け

久しぶりに 関内駅から 「県民ホール」まで歩いてみました。
開場まで 時間があったのでゆっくりと。
スタジアムの横を通り、噴水をチラッと見て

「彼我庭園」 は牡丹の花がとても綺麗。
チューリップは終わって、シャクナゲが少し咲いていました。

野球場のアナウンスなどが聞こえてくるけれど、それほど うるさいとは感じない。

「ゴールデンコンサート」 は、栗本さんが体調不良とのことで プログラムに乗っていなくて残念でした。

初出演という若いメゾ 平井さんの演奏が印象的でした。

中田先生の歌曲。 「ゆく春」 
 
これは この季節にマッチして ソプラノにぴったりの歌だが、
メゾの声で 素晴らしい情景&感情描写でした。

私自身は この歌はチョット難しい...と、歌ってはいないけれど
こういう雰囲気で歌われると いいなぁ、やってみようかしらという気持ちになります。


もう一人、メゾの栗林さんが Tchaikovskyの 「騒がしい舞踏会で」 を歌いました。

シューベルトの歌曲 「至福」 をそのあとに 持ってきましたが、
私としては  もう1曲 チャイコさん でやってほしかったです。
春らしい歌があるじゃぁありませんか〜。


また来年も 6人元気だったら(来られたら)来ましょうね〜 
とローズホテルでお茶話して。

取りあえず今年は
無事で.....何よりでした。




katano0325 at 15:07|PermalinkComments(0)その他いろいろ 

2017年05月03日

GWの予定は

今日は お話(読み語り)です。。。

沖縄の紙芝居で、 「 とんとんからり とんからり 」 と

「 天人のはごろも 」 

どちらも 機織りの情景が入っているものです。

いいなぁ〜というお話がなかなか見つからないこともあって、

図書館で 2時間くらい粘って探します。

絵本にしようかな..とも思いますが。



歌は 5月の歌を6つほど。 茶摘み・こいのぼり 



そして夕方は 孫の仁菜ちゃんのお誕生日(6歳になりました)の お祝いの会に。

ちょっとしたプレゼントを持って出かけます。



明日は オカリナ教室 です。

少しばかり 面倒になってきたので、もう やめようか..と思う このごろです。

以前にも そんなことを つぶやいた気がします。



katano0325 at 11:44|PermalinkComments(0)ボランティア 

2017年04月30日

リトグラフは...

いわゆる石版画の数少ないアーティストであるABE氏も、どうやら歳のせいで、
今後はやめる方向だそうです。
理由は、大理石の板が重いから
..だって。

私は緻密な、どこか世界を俯瞰しているような、漂っているような、ABEさんのリトグラフの作品が好きで、ギャラリーに出かけてきました。

もともとは油絵の専門家だったので 別に構わないのですが チョット淋しいかも。
今回は半分以上油彩画で、色彩もとてもカラフルになって、形も柔らかな丸みを帯びたものが増えました。

鳥や人の形が見えてくるのは近年の傾向かな。
止まらないのは凄い。

私も「ロシア歌曲」に入れ込んで4年が経ち、ようやく自分の歌の道筋が見えてきたように思うけれど
なかなか難しいです。



katano0325 at 18:06|PermalinkComments(0)その他いろいろ 

2017年04月19日

これから出かけます

先週からずっと サンシャインボラの「生き生き歌の会」の 歌伴奏などを練習。

...で、少し指がおかしい。

かなり前から 左手中指の関節部分が痛いので、ごまかしつつ弾いています。
14日の時は シャンソンの伴奏が5曲くらいで やはり痛かったけれど、まぁなんとか。

今日は 弾き語りで 6曲くらいです。


みどりのそよ風~川は呼んでる~おお牧場はみどり

歌謡曲も、
東京ラプソディー~上を向いて歩こう~川の流れのように

伴奏は もしかしたら少しキイを下げるかもしれないので 
それぞれ練習しておきます。

「川の流れのように」 は、一応 3度下の G でやっておきます。 

楽譜は 源田さんの編曲した B♭ なのですが。
信長さんのも 同じ調で、やや難しいです。

合唱としては、後者がお勧めですが、気楽に歌えそうなのは 前者ですね。





続きを読む

katano0325 at 11:40|PermalinkComments(0)ボランティア