2018年07月21日

Хованщина

「ホヴァンシチナ」 というタイトルのオペラです。
ハヴァーンシナと読む。

ムソルグスキー
のオペラを映画化した作品。
彼はオペラの完成前に亡くなっている。

ショスタコーヴィチ版
。 最も原曲に忠実と評価されている。

国立映画アーカイブ開館記念、「ロシア・ソビエト映画祭」というチラシを
高橋先生から見せていただきまして、その中に色々と。
で、これを観に。

シニア前売り料金430円は 安い。 
2時間15分の大作。

白黒映画で 音はあまりよくない。
黒というのではなくて赤い。(ロシアらしいといえる)。

定員310名の  7割くらいの観客。
かなり オタク系の人でしょう。

ソプラノ歌手は やや重いメゾに近い雰囲気。 もう一人メゾ。
男声は バス、バリトン、テノール   ロシア人の声はほぼ顔つきでわかる。
長かった〜。

主人公、イワン・ホヴァンスキー侯爵を歌ったのは アレクセイ・クリフチェニャ
その息子アレクセイの元カノ、マルファの役は キーラ・レオノーヴァ  とのことですが 
言うまでもなく みな、とにかくすごい声でした。


このあとに、アンナ・パヴロワの伝記映画 もあったのだが、
さすがに はしごは辛いだろうと、
バレエの写真載ったチラシだけもらって 帰りました。


katano0325 at 17:41|PermalinkComments(0) 日露交流研究会 

2018年07月17日

連弾も♬

この厳しい暑さの中を出かけて、ピアノの演奏です。
練習がちょっと足りてませんが 何とか..

うみ.海
 〜 これは「弾き語りフォーユー」の 小原さんもセットでやっていますね。
 
砂山〜
も  2曲のヴァージョン。 自分なりのアレンジは まぁまぁかな。

夕やけ小やけ  
は、すてきな譜面(arr.simazu)が あったので そのまま使用します。

真白き富士の嶺
 は  これは  讃美歌風のしっとりした原曲を使いつつ、
前奏と間奏を 追加して そこはやや派手めに作りました。
 
君といつまでも・希望・夜明けのスキャット  の 3曲は
コードを使いつつ、オカズを加えて。


今日は みっちゃんが車で一緒に行ってくれまして、ホントに助かりました。
コンドルは飛んで行く〜 連弾 で、 最後に。



来月の予定も OKということです。
帰れソレントへ  を中に組み込みます。

我は海の子・カモメの水兵さん・遠くへ行きたい   の3曲の後に多分。
残りは まだ未定です。





katano0325 at 10:28|PermalinkComments(0) ボランティア 

2018年07月15日

ソーラン節いいね!

RIEさんは 相変わらずのパワーでやってます。

私が腕や手首を痛めて、重い三味線を運ぶのがつらくて、....
お稽古やめてから、もう早いもので....4年も経ってしまった。

久しぶりに おさらい会  新松田「いこいの村あしがら」にて  を聴きに行きました。

先日デビュウの長唄三味線の 杵屋君優さん とはちがう 
「じょんがら系」の音は、身体にずずーんと心地よい。

私の1番好きな 「秋田荷方節」はなかったけれど
全43曲、昔ほとんど お稽古したものです。
若いメンバーが 4人ほど入っていました。。

「ぼうっとしてんじゃないよ〜」と 叱咤激励が入って、
その若手たちが 椅子を準備したり
足元よたつくお年寄りの手を引いたりと。

彼女は1番前列で 約4時間出ずっぱりで歌い、演奏。

合奏も きっちりと合わせて 皆さん笑顔。
メンバーは長野県飯田からの7人も加わって 約20名
平均年齢は 相当高いが張りのある声です。

ソーラン節 は私も一緒に歌いました。かっこいい歌です。
三味線は弾いてますが 伴奏ばかりで歌ったことはありませんでした。

お揃いの法被がとても爽やかで ついつい誘われて歌いました。
楽しい会です。

また来年も来ようかな、 皆さんの元気な姿に会いたいです。

次回は 花笠音頭や 黒田節、チャッキリ節、 武田節 も一緒に歌いたい。

そういえば、刈り干し切り唄 は プログラムになかったなあ。  (残念)。





katano0325 at 08:00|PermalinkComments(0) 三味線 

2018年07月07日

ふんわり愛を歌う

今日のコンサートは 「そぞろ歩きの〜」 ではなくて、

ボーカリストのYさんが ギタリストの兄さんおさむ氏と組んでのリサイタル。

ピアノは有美子さん、ドラムスに大くんが加わり ライブの趣きです。

ふんわり柔らかいトークが、歌以上に心地よく観客の心に入ってきます。

これは彼のお人柄で、まったく疲れさせません。

ギターもうっとりする世界。 格好いいなぁと思います。 

Pもドラムも歌に寄り添って節度のある演奏。

バランスの取れた演奏で 良かったです。


こういうコンサートは、これからもずっと大切にしたいです。

彼のオリジナル曲をメインに 最後まで楽しく聴くことができました。


帰りに 久しぶりに H氏とお茶してゆっくり話しました。
来年くらいで 退職したら..... 
音楽に時間をもっと使うことができそうです。
旅行もしたい と言ってました。


癌の手術をした後は やせ細った様子でしたが 大分体力も戻ってきた様子です。


また9月頃に会いましょう と約束して別れました。

多分 9月24日に、友人バリトン君の歌を聴きに行く予定です。






katano0325 at 19:12|PermalinkComments(0) アンサンブル・バラ 

2018年07月03日

アフリカの童話

ゴリラとあかいぼうし   

 作画は ダヴィッド・ビシームワ   1972年 コンゴ民主共和国生まれ

ゴリラと人間の共生を目指す NGOポポフ の創設メンバー。独学で絵画や彫刻を学んだ。
これを京都大学の理学博士の山極寿一さんが 絵本として作りました。
この方も1970年代からアフリカのジャングルでゴリラの研究をし、保護を推進する活動をしています。

絵本の最後のページに 「ゴリラ語」 (色々あるのですね〜)が書いてあります。

コンゴ・キヴ地方の民謡も載ってる。 
楽しいリズミカルな歌です。 
歌詞は山極さんが作詞。
出来れば、コンゴ語でも載せてほしかったな、と思います。



おつきさんにばけたいの


新美南吉 原作

おかあさんたぬきと子だぬきのほのぼのとしたお話。、
新美さんの童話の世界。





katano0325 at 17:15|PermalinkComments(0) ボランティア 

2018年06月27日

「希望」という名の 🎶

蒸し暑くて 足元がふらついていたけれど、何とか えっちらおっちら90段の階段を上って
「ツクイサンシャイン」に。

今日は 午前中レッスンに行くときに 南万騎が原から中田邸に登る、やはり80段の階段。


他に、天王町から保土ヶ谷に行く途中にある JR超えの歩道橋も 上り下りしたので
汗をかいた移動。

ランチは 岩間プラザのカフェで。
とても美味しいお総菜パンを 2個食べて、パワーをつけたので
乗り切りました。

帰りは ミツル氏の車で 保土ヶ谷図書館まで 送ってもらいました。


今日は 
「夏の思い出」 「夜明けの歌」 「あめふり」 「蘇州夜曲」 「雨ふりお月」 「希望」の6曲。

アンコールは 蘇州夜曲 と 希望 で、
どちらも、もう少し明るく歌いましょう〜と 盛り上げてみました。

やはり、こういう歌が心地よさそうです。

懐メロ系の歌が レパートリーとして 増えていきます。

そういえば、 川島ホーム (Pボランティア)でも、
「水色のワルツ」 「ムーンリヴァー」 「ケセラセラ」 「琵琶湖周航の歌」 
「津軽のふるさと」 「グリーンスリーブス」
  .....   懐メロがメインでした。

リクエストが一つ、 「真白き富士の嶺」 を。  
次回に 演奏しましょう。




続きを読む

katano0325 at 18:13|PermalinkComments(0) ボランティア 

2018年06月22日

城ヶ島の雨

梅雨の時期には、ぴったりの歌です。
 
北原白秋 作詞   有名な歌。  作曲者は 梁田貞

梁田さんは、テノール歌手でもあり、 1913年 10月の
「芸術座音楽会」 での演奏で、自分自身が歌ったそうです。
白秋の詩は わずかその3日前に できたものだとのこと。

その後、
奥田良三が歌い、とても人気が出たようです。
他に 山田耕筰や 橋本國彦も 作曲しています。


雨は ふるふる〜


私はとても好きな 歌です。

10年前頃に 皆さんとレッスンをしましたが、 最近は やっていませんでした。

で、なんと 今レッスンに 参加している K氏が持ってきました。

とても 前向きに 色々な歌にチャレンジしていますが
はまってしまったのでしょうね、 色々な歌曲の 面白さに。
はまると..... 抜けられませんよ〜。


そして私は、
 湯山昭さんの 「カレンダー」から  五月 サクランボ  の次の歌です。

 
 「六月 梅雨」      薩摩 忠 作詞
 
 
 花屋の 店先に   降る 粉の雨
 すりガラスの 雨    Hum.
 
 紫陽花は 水絵の具に  にじむ ともし火
 黴っぽい 夕暮れの歌が  聞こえると 
 青葉は 一斉に 大 あくび  Hum.
 
 そのとき 思わず 眼を 潤ませるのは
 若い 柿の葉
 

この歌の 調性は  Ⅾes(フラットが5個)で、 ひっそりと というコメントがあります。
テンポは  Andantino    
前の  サクランボは、  F  いきいきと、  Allegro
対比が 絶妙で  これは 当然 続けて歌わなくてはいけません。

はまっています。


katano0325 at 17:54|PermalinkComments(0) アンサンブル・バラ 

2018年06月17日

「六つの<愛する歌>」より

やなせ たかし 作詞   平吉毅州 作曲

てのひらのうえのかなしみ

ジャマスルナ・ワルツ


今月から 練習に入った歌。  「お母さんコーラス」のレパートリーとして
まぁ どこかしらで 歌ってるのを 聴いたことがあります。

どちらも とてもステキな合唱曲です。

5月の合唱祭で歌った「バラ色のクジラ」もこの曲集の中の一つでしたが。


来年 1月に 女声合唱の3団体が 出演する予定のコンサート、
持ち時間は それぞれ10分程度、3曲〜4曲のステージです。


エンデイングには、「上を向いて歩こう」 を合同で 歌いたいと思っています。

A氏に アレンジを 依頼しました。 (7月末までに出来上がる予定)

「見上げてごらん夜の星を」 も メドレーで会場の皆さんと一緒に 歌うかもしれません。


他に 出演する人は、 ヴィオラ・コントラバス・ピアノのトリオと、
ソプラノの予定です。

katano0325 at 00:06|PermalinkComments(0) コール・アルシォーネ 

2018年06月13日

新宿の駅近ホールで、

長唄 三味線 名取 披露の会 に出かけました。

以前 私が勤めていた施設 K学園 の同僚で、「音楽療法」 の担当を私に
譲ってくれた りえさん、
3年やって、退職後には 津軽三味線の師匠として、お世話になりました。


私が三味線を始めたのは 彼女が、目の前にいたからですが、
とてもダイナミックな演奏、かつ繊細な撥さばきで 魅了されました。

「箱根馬子唄」はその美声でコンクール優勝もしたり、
色々な民謡を教えてもらって いつも楽しかったです。 

今は 彼女も退職して、民謡から長唄にと 三味線の世界の幅を広げて、
早くも 杵屋君優 というお名取に。   

おめでとうございます!!

私も 本当は 長唄を やりたかったのだけれど
腕や手首が痛み、ちょっと無理そうだったので 断念しました。

新宿駅は 「甲州街道口」 改札で お上りさん風な、ドギマギ感の漂う私。
でも 予め検索してあったので マックを見つけたら もうすぐ。
ビル横手の入り口から エレヴェーターに乗り込み8階へ 

すんなりと 会場の 「ほり川」 に到着。

こんなところに〜 和の一角が。
「穂の会」 というチラシが貼ってありました。

余裕で.....ひと休み。 
 ご祝儀と 差し入れ。 三味線の昔のお仲間の Iさんと 逢いました。
他には 知り合いは いませんでした。

プログラムは、 
松の緑、 五郎、 多摩川、 梅の栄、 三社祭、 源氏十二段(上の巻 下の巻)


休憩なし で 13時半から16時近くまで。 かなりハードな内容。
1曲 20分近い。  
唄方は 3人で交代に歌ったり、揃えて歌ったり 休みもある のだが。
先生は 全曲を  暗譜で。
 
矢張りすごいわね〜。 君優さんも頑張って 3曲を(^^♪演奏しました。

楽しい時間でした。



katano0325 at 19:10|PermalinkComments(0) 三味線 

2018年06月01日

(゜゜)〜の101ちゃん

紙芝居、かわいいタイトル。 絵もシンプルで きれい。

「おたまじゃくしの101ちゃん」    かこ さとし 作 (この5月2日に92歳でご逝去)

悪役!の たがめやザリガニも出てきて ちょっとハラハラドキドキの展開が面白い。


かこさんの 絵本・ 紙芝居 といえば、  
3年間 「音楽療法」の仕事をしていたK学園(特別支援学校からの出向先)。

子供たちの 毎日30分の 音楽の時間、
ウォーキングから 始まって、ジャンピングや 歌絵本など 
音楽と寄り添いつつの 色々なプログラムがあり
その中で もっともよく使われたのが 年少のクラスでは、「はらぺこあおむし」、
年長のクラスでは かこさんの作品。
それは、市販されていない?、施設への寄贈の特別な
大型の絵本だった。 ... ..タイトルを忘れてしまいましたが。
動物が 沢山出てきて、色々な楽器が出てきたように 記憶します。
子供たちが いつも目を輝かせて楽しそうに見ていたのを思い出します。
今でも きっと続けているのでしょう。


もう1本は、
スマトラの民話で、 「おとうさん」  脚本は 与田準一

この絵も 線がはっきりとしてインパクトがあり、面白い。
タイトルからは 
中身が全くわからないので、
とりあえず、マンガラン・グリーン・ベクーという長い名前の魔物の説明を 
先にちょっとやった方が良いかなとおもう。





katano0325 at 23:18|PermalinkComments(0) ボランティア