2008年06月15日

それでも断行するのか??たばこ『 1箱1000円計画 』

PR 【30代 転職 女性】 【40代 再就職

 煙草1箱1000円計画は、必ず失敗する。
 税収入が上がらないだけならまだしも、国内に闇タバコやドラックが出回ることは明らかです。
 とっても住みづらい日本になってしまう。

 その上、取り締まるために新たに法改正や警察が導入される。
 そのために使われるのが、私たちの血税。
 まさしく、負のスパイラルに陥ってしまうような予感がしてます。

 高所得者は、煙草1000円でもまったく問題なのでしょう。
 でも、私たちのような低所得者からすれば死活問題。
 前にも紹介しましたが、安易かつ短絡的に嗜好品から増税していくのは間違い。

 このご時勢、簡単に増税するのではなく民間企業に見習った対応が必要不可欠。
 しかし、億という金額を扱っている政治家が増税の是非を検討するのですから。。。。

 livedoorニュースより引用

 愛煙家はイライラを募らせ、ついもう1本吸ってしまったに違いない。たばこ増税を目指す「たばこと健康を考える議員連盟」。自民党の中川秀直元幹事長や民主党の前原誠司副代表ら与野党幹部が名を連ね、「1箱1000円を目指す」と息巻いている。この連中は、正気なのか。

 愛煙家は1箱あたり約190円、年2.2兆円もの税貢献を果たしている。消費税1%分だ。それなのに感謝もされず、近頃は喫煙場所を制限されて肩身が狭い。それに追い打ちをかけるように、1箱1000円で9.5兆円もの税負担を押し付けるとは、冗談じゃない。

 1日2箱の愛煙家である独協大教授の森永卓郎氏は「1000円に値上げされたら、死ぬまでに吸うたばこを全部買い占め、冷凍保存する。値上げ品は一切買いません」と宣言するが、実際に「1箱1000円で税収増」なんて絵に描いたモチだ。

「議連は『消費量が3分の1に減っても、3兆円の増収が見込める』と皮算用をしていますが、安易な発想です。03年と06年の増税の時には、たばこ離れが例年の2倍以上も加速。結局、03年度から07年度にかけて326億円も税収を下げました。増収効果が得られないのに値上げなんて単なる喫煙者イジメ。75歳以上老人を差別する後期高齢者医療と同じ。マイノリティーを排除するファシズム的発想です」(森永卓郎氏=前出)

 中川のような億単位の政治資金をカキ集める金満政治家なら、1箱1000円はちっとも痛くないだろう。だが、年収200万円以下のワーキングプア層にも、ストレス発散と癒やしをたばこに求める喫煙者はいる。

「経済的に手が出せなくなり、『たばこすら吸えないのか』と、ますます“負け組意識”を植え付けるだけです。自暴自棄となって、秋葉原の通り魔のような“ハネっ返り”が続出する恐れすらあります」(森永卓郎氏=前出)

 1000円超の高価になれば、北朝鮮などのヤミたばこが流通するのは確実。安価なドラッグに走るヤカラも増えるだろう。取り締まろうとすれば、使われるのはまた税金。まったくの悪循環だ。

 サラリーマン愛煙家だって“シケモク漁(あさ)り”にいそしむハメになる。社内の愛煙家がイライラを募らせ、“もらいたばこ”の同僚とケンカなんて、会社の雰囲気も悪くなるばかりだ。こんな生きにくい国、アナタは住みたいですか。

katarimasu at 23:49│clip!経済