一昨年くらいだったかな、
敬愛するAさんとNさん合同のセッションを受けたのだけれど、

その時のセッションの録音は最初は毎日毎日聞き返したくらい
自分の転換のキッカケにもなった。

今、ふとメモったものを読み返しているのだが、
こんなことが書いてあった。

「あー、それでいいんだ!」ということを
全て自分で決めていい。

だから私はこうしているんだ、という納得することを
自分でつくること。

それがエネルギー



当時、この「それでいいんだを自分で決める」というのが
表面上では理解していても
現実に落とし込めることが全くできなかった。
というか、
実際には意味がわかっていなかったと思う。

こう言われたってことをすっかり忘れてしまった今、
ようやく意味がわかったし
その地点に足を踏み入れることが出来た、とう
実感があって
ちょっと感慨深いなぁと思っている。


*****

大好きな鎌倉のOさんのブログにこんなことが書いてあった。


別に熱心にアファメーションしたわけでもないし、
引き寄せをしたわけでもない。
僕は、ただ「本当の自分」になろうとしただけだ。

本当の自分は予想を超えていく。
「こうなりたい」と思い描く自分なんてちっぽけだ。
「こうなれたら幸せ」なんて、幸せの範囲を狭めるようなものだ。
本当の自分になる努力をすれば、
奥の方に存在する「本当の自分」が嘘みたいな未来へ勝手に連れて行ってくれる


本当にそうなんだと思う。
や、私は別に「こうなりたい」って思い描くことも
全然ありだと思うし
そういう事から足を洗った今でも
何かを引き寄せようという気は満々だ。

え~~~!そういうの、やめたんじゃないの?
というツッコミを自分でしてしまうけれど(笑)

それは、もう、遊びみたいなものなんだよね、気持ちとしては。

根っこにある気持ちは
「魂の行きたい方向へ」だ。
その方向は私には全くわからないけれど。
自分のちっさなエゴの引き寄せなんて
ちゃんちゃらおかしいわい。


だから、
そういう大きなおまかせな自分と
ちっぽけなエゴの自分の両方が共存しているのが今かと思う。

どっちか一方ってのが好みじゃないのよね、私は。


*****


Oさんだけじゃなく
みんなが「本当の自分」っていうけれど
じゃあ本当の自分ってなんだよって思うんだよね。

何をもって「本当の自分」って定義してるんだろうって思う。
スムーズに人生が進んで
ラクで楽しいことばっかり起こると
「これが本当の私だ」って思うのか?
そうじゃないと「本当の自分」じゃないのか?

そんな言葉に私は翻弄され続けてきたけれど
たどり着いた答えはコレだ。

「本当の自分」だと私が思っている自分が本当の自分
もしくは
「本当の自分」なんてもんは存在しない

もうね、言葉遊びみたいなもんですよ。
遊びだ、遊び。
でも今の私は心から思う。

これでいいんだってね。

「いいえ、それは本当の自分とは言えません」
って、
メンターとかすごい人とかに言われたときにさ

「うっせーこのくそポンポコピーめが、
あたしが本当だって思ったら本当だってんだよ」

ってキッパリ言えるくらいの自分、というか。
ま、まあ今の私がそこまで自信あるかっていうと
そうでもないんだけれど(え~~~!?)

でも、それしかないんだと思ってる。

他人に手取り足取り教えてもらったことは
結局、その時は納得していい気分になれるけれど
長続きしない。

他の人は知らないよ。
私はそうってだけ。

結局、何かを学んだときに
自分が受け取ったり受け取らなかったりして
自分が考えて自分で解釈したことが
一番、自分に合ってるってことだ。
鵜呑みにしないってことだ。
(そういえばかつて読んでたブログで「鵜呑みにしろ」って言ってた方もいたな。
それは間違いじゃない。
その人はそのやり方が一番最適だと実感されたのだから。
でもそれは万人に値することではない。
少なくとも私には合わない)


*****

結局、Oさんが
ブログで言っている「本当の自分になろうとする」って
そういう事なんじゃないか、と
私はそう解釈したのよね。

それでいいんだ、と自分でちゃんと決められること。
だから今こうしてるって納得できること。

それが、本当の私になるってこと。

だと、今、私はそういうことにしたのでした。