0001
東京からの転校生「堤歩」くん。 

0002
0003
0004
0005
0006
0007
0008
0009
堤くんと幼稚園が一緒だったという花日ちゃん、どんな子だったのかというと……通園ではなく「降臨」と呼ばれ、すべての物(オモチャなど)はオレのものという「帝王」だったそうな……w

0010
0011
0012
0013
0014
0015
東京ではここによく行く、と雑誌を見せた心愛ちゃんに「田舎者」と一蹴する堤くん……w 「綾瀬花日12歳、ウチのクラスに嵐の予感です」

0016
0017
0018
堤くんは小1の時に東京に転校して、こっちの知り合いが今は花日ちゃんだけのようです。

0019
0020
0021
0022
0023
0024
0025
0026
0027
0028
0029
そんな花日ちゃんに消しゴムを貸せと言う堤くん。買ったばかりのうさぱんだ消しゴムなのでダメという花日ちゃんですが、勝手に使ったうえに耳が取れてしまいます、これはひどい。そして高尾くんが登場し「オレの彼女、いじめないでくれる?」うわああああ……イケメンだー!w

0030
0031
0032
0033
0034
0035
0036
0037
0038
0039
0040
0041
0042
花日ちゃんが高尾くんの彼女だと聞いて、ちんちくりんの上にぺったんこだぜと驚く堤くん、本当ひどいな!w しかし高尾くんは「いいよわかんなくて、綾瀬のこと好きになられても困るし」とまたもやイケメン発言、そしてそれが恥ずかしいけど嬉しい花日ちゃん。

0043
0044
0045
0046
0047
0048
0049
0050
0051
0052
0053
0054
0055
体育はダンスの授業、もうすぐテストをするそうですが転校してきたばかりの堤くんは見学です。そんな堤くんに一緒の班で練習しないかと誘う花火ちゃんですが、こんな学校で誰かと仲良くなる気がない、と拒否されてしまいます。

0056
0057
0058
0059
0060
0061
0062
0063
0064
もう6年生なのに帝王のままの堤くんにあきれる花日ちゃん。休み時間にクラスの子たちに東京の話を聞かせてくれと囲まれる堤くん、そっけない態度がクールだと女子には人気ですが、つまらなそうな顔をしていることが気になる花日ちゃん。

0065
0066
0067
0068
0069
0070
0071
0072
0073
0074
0075
0076
0077
0078
0079
0080
0081
帰りに高尾くんにプロフを書いて欲しいとお願いする花日ちゃん。高尾くんはあまり乗り気ではなさそうですが、好きなモノとか色々知りたいし、とお願いされて承諾してくれました。

0082
0083
0084
0085
0086
0087
0088
0089
やっぱり一人で帰る堤くんを見かけて、友達になるにはお互いを知ることが大事、ならばプロフ交換だ! と思いついた花日ちゃん。

0090
0091
0092
0093
0094
0095
0096
0097
0098
0099
でもやっぱり堤くんは怖いので、まりんちゃんにプロフを渡す代理をお願いする花日ちゃんw そして堤くんは渡されたプロフを紙飛行機にしてゴミ箱に……本当にヒドイな!w

0100
0101
0102
0103
0104
0105
0106
0107
0108
0109
0110
0111
0112
0113
0114
結局堤くんには無理やりプロフを渡したそうです。そんな話をしていると、桧山くんが結衣ちゃんにプロフを渡してくれました。「好きな人」のところにはこの前のプリクラが……結衣ちゃんよかったね……(涙 そして桧山くんにプロフをもらえる結衣ちゃんが羨ましい花日ちゃん。

0115
0116
0117
0118
0119
0120
花日ちゃんが高尾くんからプロフをもらえないと聞いて驚く心愛ちゃん。心愛ちゃんは高尾くんと同じクラスになった日に貰っているそうで「彼女失格」と……おおう……

0121
0122
0123
0124
0125
0126
0127
0128
0129
0130
テストが近いので公園でダンスの練習をする花日ちゃん。そこに通りかかる高尾くん、先生から課題曲をダビングしてもらっていたので一緒に聴いて覚えようと……

0131
0132
0133
0134
0135
0136
0137
0138
0139
0140
1つのイヤフォンで聴くので顔が近い……曲なんか覚えられそうもない花日ちゃん。

0141
0142
0143
0144
0145
0146
0147
0148
そこで高尾くんは、花日ちゃんが堤くんと昔仲が良かったのか聞いてきます。花日ちゃんは堤くんが学校やみんなをバカにしているけど、高尾くんや結衣ちゃんたちを嫌ってほしくないからと。それを聞いて「頑張れよ」と応援してくれる高尾くん……

0149
0150
0151
0152
0153
0154
0155
0156
別れ際にプロフのことを聞く花日ちゃんですが、鷹王くんは「そのうちにね」とだけ…… そして帰りがけに花日ちゃんと高尾くんが仲良くしているところを見かける堤くん「アレのどこがいいんだか」

0157
0158
0159
0160
0161
0162
0163
まだプロフが貰えないという花日ちゃんの話しを聞いて、そんなに欲しいのか? と思う堤くん。いや欲しいのは高尾くんのプロフだよ……w

0164
0165
0166
0167
0168
0169
0170
0171
高尾くんのチェキ写真も持っていると自慢している心愛ちゃん、高尾くんプロフ情報が欲しかったらそのリボンをちょうだいと花日ちゃんに迫ります。聞きたいとは思いますが、自分の知らないところでプロフを回されたら嫌なはずと思う花火ちゃんはこらえます……

0172
0173
0174
0175
0176
0177
0178
0179
0180
それでも迫る心愛ちゃんに、好きな人の事をこんな風に知りたくないとハッキリ告げる花日ちゃん。そんな花日ちゃんに「いい子ぶって!」と手を出してしまう心愛ちゃん……

0181
0182
0183
0184
0185
そんな花日ちゃんを助けるのは当然高尾くん! プロフをくれたのは自分が特別だからよねと言う心愛ちゃんに、以前書いた内容はもう全部変わってると、そして隠し撮りはイヤだから写真も渡してと……

0186
0187
0188
0189
「好きなものも嫌いなものもずっと同じじゃない、だからプロフに書くんじゃなくて、話したいんだけど。隣にいるんだから」もう本当高尾くんがイケメンすぎる……

0190
0191
0192
0193
0194
0195
「聞きたいことがあったら直接言って、全部答えるから」とキメて立ち去る高尾くん…… ダメだ、この人には勝てない……w

0196
0197
0198
0199
0200
0201
0202
0203
0204
0205
0206
0207
0208
テスト前にダンスの練習をする花日ちゃん。また堤くんを誘いますが、お前らのヘタクソダンスに付き合えるかと…… それを聞いていた男子と一触即発!? 止めようとした花日ちゃんは転んでしまい……

0209
0210
0211
0212
0213
0214
0215
全治2週間、安静にということでダンスのテストが受けられなくなってしまいました……授業は見学なのでつまらない花日ちゃん。

0216
0217
0218
0219
0220
0221
0222
同じく見学している堤くんに、見てるだけってつまらないね、ダンスは出来なくても応援はできると言う花日ちゃんですが……

0223
0224
0225
0226
0227
0228
0229
激しく動きすぎてまた足を……心配してやってきたまりんちゃんに、さっきのターンよかったね、応援していると言う花日ちゃん。そんな花日ちゃんを、訳がわからないという堤くん……

0230
0231
0232
0233
0234
0235
0236
0237
0238
それではテスト……と思ったらラジカセにテスト用のCDが入っていない? ラジカセを用意したのが花日ちゃんなので、テスト受けられなくて悔しいからCDを隠したんじゃないかと疑いをかける男子たち。困る花日ちゃんですが、すぐに他のクラスが使った時にラジカセに戻し忘れていたということが判明。

0239
0240
0241
0242
0243
0244
0245
0246
0247
0248
0249
0250
0251
0252
0253
疑いは晴れましたが、花日ちゃんに謝れと男子たちに迫る堤くん。そのことにお礼を言う花日ちゃんに堤くんは……!?

0254
0255
0256
0257
0258
0259
0260
0261
0262
0263
0264
0265
0266
0267
0268
0269
0270
0271
0272
0273
0274
0275
0276
花日ちゃんの代わりに班に入ってテストを受けないかという先生に応えてダンスをする堤くん。そのダンスの上手さに驚くクラスのみんな、踊りながらこれまでの花日ちゃんの顔が次々と浮かぶ堤くん……

0277
0278
0279
0280
0281
0282
0283
0284
0285
0286
0287
0288
0289
0290
転びそうになった花日ちゃんを支えた高尾くん、そんなふたりの様子に堤くんは……!?

0291
0292
0293
0294
0295
0296
0297
0298
0299
0300
0301
花日ちゃんのためじゃない、といいながらプロフを書く堤くん。高尾くんの言葉が嬉しい花日ちゃん。そして堤くんのプロフを見つけた男子が……?

0302
0303
0304
0305
0306
0307
0308
0309
0310
0311
0312
0313
0314
0315
0316
0317
0318
0319
0320
0321


オレ様系男子の堤くんが登場です。花日ちゃんとは幼稚園の時に知り合っていたそうですが、小学校に上がるときに東京に転校してそれっきりだったそうですが、幼稚園時代は「帝王」と呼ばれていたってどんな幼稚園児なんだw

そして堤くんの登場に「オレの彼女、いじめないでくれる?」とイケメン力(ちから)全開の高尾くんですが、実は内心おだやかじゃなかったようで、花日ちゃんに堤くんとの関わりを確認してたりするんですよね。カンペキイケメンに見えますが、何気にそういう感情を見せてくれるからこそ、あまり嫌みに見えないというのはあります。

もっともその辺花日ちゃんは全然気がついてませんけどw


プロフをなかなか書いてくれなかった理由とか、なんだもう、大人でもそんな事言える男なかなかいませんよ? オマケに笑いながら心愛ちゃんに引導渡すような凄みまであるとか……本当に小学六年生なんですか高尾さんは(さん付け


しかし花日ちゃんも天然で魔性というか……堤くんを放っておけばいいのにかまっちゃうから……最後の堤くんツラそうですよ……おかげで次回が波乱の予感です。


それに比べて結衣ちゃんと桧山くんは微笑ましいことこのうえないなあ、なんでプロフにカブトムシなのw もっと結衣ちゃん桧山くんパート増やしてください、お願いします。


12歳。~恋するDiary~ (【早期購入特典】早期購入W特典QRコードカード 同梱) 【予約購入特典】恋するおまもり&【Amazon.co.jp限定】オリジナル クリアしおり 付