0001
また実写スタートw

0002
0003
0004
0005
0006
0007
0008
0009
0010
0011
0012
0013
0014
高尾くんからの誕生日プレゼントが嬉しい花日ちゃん。男子がこういうの買うのは恥ずかしいというお姉情報を教えてくれるまりんちゃんに、「あんまり男の裏側、バラさないでくれる?」と高尾くん……なんだこのイケメンセリフw

0015
0016
0017
0018
0019
0020
0021
花日ちゃんの喜ぶ姿が見たくてという高尾くん、またもや炸裂するイケメンっぷりにはしゃぐクラスの男子。しかし堤くんは不機嫌そうにうるさいと…… 「綾瀬花日12歳。昨日堤くんに、友達じゃないと言われました……」

0022
0023
0024
0025
0026
0027
0028
0029
0030
0031
0032
0033
0034
花日ちゃんのクラスの女子で、告白したい男子がいると盛り上がっていますが、男子は男子で固まっていることが多いのでなかなかそのチャンスが訪れない、と困っている様子。

0035
0036
0037
0038
0039
0041
0040
そこで登場まりん先生! ならば告白イベントをおこしてやれ、ということでマラソンの時に男子に特製ドリンクをあげてチャンスにしようということになります。

0042
0043
0044
0045
0046
0047
そこできっかけ作りのために、まず花日ちゃんが高尾くんにドリンクをあげて、このドリンクはそういう意味だというアピールをしようとなりましたが…… 花日ちゃん、高尾くんにどんなドリンクを飲みたいのか早速聞きにいってしまいます。そうじゃねえw

0048
0049
0050
0051
0052
0053
0054
0055
0056
0057
0058
あまり話が見えない高尾くんですが、花日ちゃんがドリンクを用意してくれるのは楽しみだと喜んでくれます。そんな様子を見て、花日ちゃんにツラくあたり不機嫌な堤くん、……

0059
0060
0061
0062
0063
0064
0065
やり場のない感情に不機嫌な堤くんに「好きなら傷つけるなよ」という高尾くん…… ダメだ、堤くんの勝てる要素が見当たらねえ……w

0066
0067
0068
0069
0070
0071
0072
0073
マラソンの授業の際に、転校してきたばかりの堤くんにコースを教えて欲しいと先生に頼まれる花日ちゃん。しかし堤くんは話を聞いてくれません……

0074
0075
0076
0077
0078
さて、例のドリンクを渡す作戦なのですが……堤くんがマラソンから戻ってきません。もしかして道に迷っている?

0079
0080
0081
0082
0083
0084
0085
0086
0087
0088
0089
0090
本当に迷子になってた堤くんw そこに花日ちゃんが探しにきてくれました。高尾くんにドリンクを渡すんじゃなかったのかと不機嫌さはそのままなのですが、マラソンコースを教えられなかった自分が悪い、そして見つかってよかったと言う花日ちゃん……

0091
0092
0093
0094
0095
0096
0097
0098
0099
0100
0101
そして堤くんに、嫌うのはいいけれど理由くらい教えてくれてもと言う花火ちゃんに堤くんは「好きだ」と!? 好きだから友達ではいられない、高尾くんに合わせたくなくて時間を教えなかったと素直に言う堤くん…… 高尾くんが好きだという花日ちゃんに、それ抜きでオレの事考えろと……

0102
0103
0104
0105
0106
0107
0108
0109
0110
0111
0112
結局堤くんはサボると一人帰ってきた花日ちゃん、様子がおかしいと感じた高尾くんなのですが、結衣ちゃんが今日は一緒に帰ろうねと間に入ってくれます。そして「これはスクープだと騒ぐ男子たちw

0113
0114
0115
0116
0117
0118
0120
0119
0121
0122
0123
0124
0125
もしかして堤くんに告白された? と言う結衣ちゃんにあわてる花日ちゃん。気づいていなかったのは自分だけでしたw 結衣ちゃんは、堤くんは高尾くんも花日ちゃんも困るから告白はしないと思っていたそうです、それでも告白するのはすごく勇気がいるんだろうね、と。

0126
0127
0128
0129
0130
0131
堤くんの勇気に対して、ちゃんと返事をする事を決める花日ちゃん。しかしそれを聞いていた謎の影……

0132
0133
0134
0135
0136
0137
0138
0140
0141
0142
0143
0144
0139
0145
0146
0147
まだ堤くんにどう言おうか悩みながら投稿してきた花日ちゃん。しかし教室内は堤くんと高尾くんが花日ちゃんを賭けてマラソン大会で勝負をすると大盛り上がり!? 高尾くんも馬鹿げていると言いながら、それで堤くんが諦められる理由になるなら、と受けて立つ構え!?

0148
0149
0150
0151
0152
0153
0154
0155
0156
0158
0159
0157
今回の実写パートは「ときめきプロフ手帳」のCMですw

0160
0161
0162
0163
0164
高尾くんと堤くんが勝負することになり困る花日ちゃん、堤くんが勝ったら彼と付き合わなくちゃいけない!?w

0165
0166
0167
0168
0169
0170
0171
なんで勝負なんか受けたと高尾くんに怒る花日ちゃん。そうでもしないと堤くんは諦められないだろうから、と言う高尾くん。

0172
0173
0174
0175
0176
困ってる花日ちゃんを心配する結衣ちゃんに、ドンと構えていればいい、本気で惚れてる女の前では男は絶対に負けない、と高尾くんの勝利を信じてる桧山くん。

0177
0178
0179
0180
高尾くんは一言「勝つよ」と……

0181
0182
0183
0184
0185
0186
結局男子にフラれてしまったクラスの女の子たちは、諦めきれない堤くんの気持ちと、あえて勝負を受けた高尾くんの気持ちがわかるとw

0187
0188
0189
0190
0191
0192
0193
高尾くんが勝ったらキスくらいしてあげたら、と煽るまりんちゃんw それを聞いているこの影は……!?

0194
0195
0196
0197
0198
0199
0200
0201
0202
0203
0204
0205
0206
一人練習をする堤くんに近づく影……心愛ちゃんは高尾くんが勝ったらキスなんだってと堤くんを煽り、協力を申し出るのですが…… 堤くんやめておけー!w

0207
0208
0209
0210
0211
0212
0213
0214
0216
0217
0218
0219
0220
0221
そして始まったマラソン大会。最初から飛ばす高尾くんに、負けまいと追う堤くん。 ところで女子の競技は終わっているのに心愛ちゃんの姿が見えない……?

0222
0223
0224
0225
0226
0227
0228
0229
0230
0231
0232
0233
0234
0235
トップを走る高尾くんの前に、お腹が痛くて動けないという心愛ちゃんが!? 追いついた堤くんは勝負を捨てるのかと責めますが、心愛ちゃんを放っておけないと告げる高尾くん…… そんな高尾くんを置いて先に走る堤くん。心愛ちゃんは仮病にきまっている、お前みたいに誰にでもいい顔する奴に花日ちゃんは渡さないと……

0236
0237
0238
0239
0240
0241
0242
0243
0244
0245
トップで入ってきたのは堤くん……それを見て高尾くんに何かあったと思い走る花日ちゃん。あいつは勝負を投げ出したのかもしれないだろと言う堤くんに花日ちゃんは、高尾くんはそんな事絶対にしない、勝つと言ってくれたと……

0246
0247
0248
0249
0250
0251
0252
0253
0254
0255
0256
0257
0258
0259
0260
0261
0262
花日ちゃんを連れて戻ってきた堤くん。心愛ちゃんがもしかして生理? と心配する花日ちゃんですが、心愛ちゃんはウソに決まってるとw

0263
0264
0265
0266
0267
0268
0269
0270
0271
昨日心愛ちゃんが協力すると言ってきたことを話す堤くん、それがわかっててゴールした堤くんも同罪と言う心愛ちゃんですが、まだゴールしていないと知りカッコつけてバカじゃないのと言うと…… 花日ちゃんが心愛ちゃんに平手打ち!?

0272
0273
0274
0275
0276
0277
0278
0279
0280
自分に真剣に向き合ってくれた堤くん、そんな大切な友達をバカにされて許さないという花日ちゃん。 しかし心愛ちゃんは、なんとでも言えばいい、高尾くんは勝負を捨てて自分を助けてくれたのだと……

0281
0282
0283
0284
0285
しかし高尾くんは、たとえ誰が相手でも花日ちゃんだったら困っている人を見捨ててはいない、だから自分もそうした。花日ちゃんの隣にいるなら……

0286
0287
0288
0289
0290
0291
0292
0293
0294
信じあう二人に呆れる堤くん、なら勝負の再開だ…… と言おうとしたら先に高尾くんが走りだしていましたw 花日ちゃんのことがなければ友達になれたかもな、と言う高尾くんに絶対イヤだねと堤くんw

0295
0296
0297
0298
0299
0300
0301
0302
勝負は高尾くんの勝利で終わり、花日ちゃんは友達としては好きだけれども、高尾くん相手の好きとは違う、と堤くんに謝ります。 そしてこれからも友達でいてほしいと……

0303
0304
0305
0306
0307
0308
0309
0310
0311
流石にしばらくはムリ、という堤くん。しかしもう少し大人になって、花日ちゃんがどうしてもというならボーイフレンドにはなってやってもいいと。 ボーイフレンドを「友達」として捉えた花日ちゃんはありがとうと笑顔です……w 高尾くんも苦労が耐えないねと結衣ちゃん。

0312
0313
0314
0315
0316
勝ったのでご褒美はあるのかな? と言う高尾くんに、キスの事を思い出し思い切っていく花日ちゃん……

0317
0318
0319
0320
0321
0322
そんな花日ちゃんが可愛くて笑い出す高尾くん。 それが賞品はイヤだから、今度ね、と…… 「12歳、その今度はまた別のお話……」

0323
0324
0325
0326
0327
0328
0329


高尾くん、いや高尾さんのイケメンっぷりが本当もうすごくて、さすがの堤くんもキュンキュンするでしょこれw


ということで花日ちゃん、高尾くん、堤くんの三角関係にひとまず決着がつきました……って本当早い、2話で終わらせちゃったよ……w

前回花日ちゃんへの思いを確信してしまった堤くんに「友達と思っていない」と言われて「嫌われた」と思ってしまった花日ちゃん、そうじゃないんだよ、友達とは思えないってそういう意味じゃないんだよもう!w

そんな堤くんを牽制していた高尾くんという構図のポイントが高いのですが、それもあって半ば勢いで告白してしまった堤くん「高尾の事抜きでオレの事考えろ」って堤くんもイケメン発言できるじゃん! すごいよ、本当12歳のセリフじゃねえ!w

おまけにその場面のBGMがやたらカッコ良くて最高でした、そりゃシリーズ構成にして脚本の坪田先生も悶えるよ!w (下記のおまけ参照)


心愛ちゃんの暗躍がありましたが乗らなかった堤くんえらい、しかし心愛ちゃんもめげない娘だ……w


そして次回は結衣ちゃん回だー! やったー! 楽しみー!


■おまけ ~今回の12歳。~ちっちゃなムネのときめき~ツイート~■




脚本書いた方が悶える出来w


12歳。~恋するDiary~ (【早期購入特典】早期購入W特典QRコードカード 同梱) 【予約購入特典】恋するおまもり&【Amazon.co.jp限定】オリジナル クリアしおり 付