0001
開幕はもうずっとこれでいくんだな……w

0002
0003
0004
0005
0006
0007
0008
0009
0010
0011
0012
0013
0014
宿題をしながら、ふと桧山くんを名前呼びしてみる結衣ちゃん。自分も名前で読んでほしかったりと、なんだかドキドキで嬉し恥ずかしい……「蒼井結衣12歳。彼氏と名前で呼び合うのって、やっぱり憧れます」

0015
0016
0017
0018
0019
0020
0021
0022
0023
0024
0025
相変わらずクラスの男子たちにからかわれる花日ちゃん。そんなストレスを女子会で発散させておりますw

0026
0027
0028
女子会参加の娘が最近好きな男子ができたそうで、きっかけは急に名前呼びされたら、ただの友達だったはずなのにキュンとしてしまったそうです。

0029
0030
0031
0032
0033
名前で呼び合うのが羨ましい花日ちゃんと結衣ちゃん、カレカノ関係になっているのに苗字で呼び合っているということで、それが逆にみんなに驚かれますw

0034
0035
0036
0037
0038
0039
0040
0041
0042
0043
0044
0045
名字呼びしていたのはみんなの前だけで、2人だけの時は名前で呼び合ってると思っていたというまりんちゃん。「2人だけの特別な呼び名」というフレーズにキュンキュンきてしまう花日ちゃんと結衣ちゃんw

0046
0047
0048
0049
0050
0051
0052
名前呼びしてもらいたいけどお願いしてそうなるのではなく、さり気なくそういう関係になりたいといめんどくさい事を言う花日ちゃんと、それに「わかるー」と共感する結衣ちゃんw


0053
0054
0055
0056
0057
0058
0059
0060
0061
だったら自分から相手を名前呼びしてみたり、話しかけるときに自分を名前で呼んでアピールしようと煽るまりん先生と女子の皆さんw

0062
0063
0064
0065
0066
0067
0068
ということで、早速桧山くんを名前呼びしようとする結衣ちゃんですが……恥ずかしくてできません。

0069
0070
0071
0072
0073
0074
0075
0076
0077
0078
一方花日ちゃんは図書館で本を借りている高尾くんに「花日も同じのを読んでみようかな」とアピールをするのですが……高尾くんは涼しい顔で「綾瀬」としか呼んでくれませんw

0079
0080
0081
0082
0083
0084
0085
今日一日ずっと自分を「花日」と呼んで話しかけていたのに完全スルーだったという高尾くん。そして恥ずかしくて名前呼びができなかった結衣ちゃん、作戦大失敗ですw

0086
0087
0088
0089
0090
0091
0092
そこでまりん先生はこっちから先に名前呼びをすることと、それは何か褒めるタイミングの時にしてあげる、という作戦を授けてくれます。

0093
0094
0095
0096
0097
0098
0099
0100
0101
そんな時教室で騒ぎが…… なんでも桧山くんの両親が旅行に出ている間、桧山くんに携帯を預けていたっということで、桧山くんのメアドが欲しい女子が迫っていたのでした。もちろん結衣ちゃんも桧山くんのメアドが欲しいのですが……

0102
0103
0104
0105
0106
0107
0108
女子達に邪魔されてメアドが聞けないだけでなく、騒がしい女子たちにうんざりした桧山くんが「うっせーな!誰にも教えねーよ!」とキレてしまって……

0109
0110
0111
0112
0113
0114
0115
0116
0117
0118
0119
0120
0121
0122
しかし桧山くんは落ち込む結衣ちゃんにだけ、両親が帰ってくるまでの期間限定と断ったうえでメアドを教えてくれたのでした! 「蒼井結衣12歳、彼氏が特別扱いしてくれました……」

0123
0124
0125
0126
0127
0129
0130
0131
0132
今回の実写宣伝はEDテーマのCDについてでした。

0133
0134
0135
0136
0137
0138
0139
0140
0141
0142
0143
0144
0145
0146
0147
ということで桧山くんにメールを送る結衣ちゃん、なかなかこない返事にドキドキして、返事が帰ってきたらこの笑顔ですよ……

0148
0149
0150
0151
0152
0153
0154
0155
0156
0157
0158
0159
一方花日ちゃん、たくさん本を読んでいる高尾くんを褒めるチャンスと、たどたどしくなりながら名前呼びしてみると、ちょっと反応があったのですが……「ありがとう綾瀬」といつもの高尾くんですw

0161
0162
0163
0164
0165
0160
0166
0167
0168
またもや失敗した花日ちゃんに奥の手を授けるまりん先生、その名も「ケンタ作戦」! 高尾くんの前で名前呼びする別の男子の話題を出せば、嫉妬に駆られた高尾くんが花日ちゃんを名前呼びするという作戦です。 そんな男子はいないという花日ちゃんですが、お姉のように捏造すればいいというまりん先生w

0169
0170
0171
0172
0173
でも高尾くんにはウソをつきたくないという花日ちゃん、その作戦はやめておこうとするのですが、非実在男子「ケンタ」の名前を出しているところを高尾くんに聞かれてしまった!? でもこれは逆にチャンス!?

0174
0175
0176
0177
0178
0179
0180
花日ちゃんが男子を呼び捨てにするなんて珍しいね、と高尾くん、ここで名前呼びしてくるか!? と思いきややっぱりそこは崩しません……鉄の意志か!w

0181
0182
0183
0184
業を煮やした花日ちゃんは高尾くんに、「本を沢山読んで感想カードを多く書いたほうが勝ち、負けたら勝った人の言うことを聞く」という勝負を挑み、それを受けてくれた高尾くん。 意地でも名前で呼ばれたい花日ちゃんw

0185
0186
0187
0188
0189
0190
0191
ということで読書に集中するあまりまりんちゃんに話しかけられても無反応な花日ちゃんw 一方結衣ちゃんは桧山くんとラブラブメールな毎日なのですが……

0192
0193
0194
0195
0196
0197
0198
0199
0200
0201
0202
メールの内容が時間割大丈夫かとか忘れ物ないかとか、どう見ても桧山くんのお母さんなことに激しく突っ込むまりんちゃんw メールは普段言えないようなことを言えるので、桧山くんに言いたいことはないのかと言うまりんちゃんに、結衣ちゃんは……?

0203
0204
0205
0206
0207
0208
0209
0210
0211
0212
0213
0214
0215
0216
0217
0218
0219
0220
0221
0222
0223
0224
0225
ありったけの勇気をだして名前呼び&好きですというメールを出す結衣ちゃん。しかしいつもならすぐ帰ってくる桧山くんの返信が全く無いまま夜は更けて……

0226
0227
0228
0229
0230
0231
0232
0233
0234
0235
0236
0237
0238
0239
0240
0241
翌朝桧山くんにメールの事を聞くと、両親が旅行から帰ってきたので携帯は返してしまい見ていないと…… 結衣ちゃんは携帯を返す日は最初から教えて欲しかった、デリカシーがない、嫌い! と怒ってしまいます……

0242
0243
0244
0245
0246
0247
0248
さて花日ちゃんと高尾くんの勝負は……わずかの差で高尾くんの勝ちでした……あああw 

0250
0251
0252
0253
0254
0249
0255
0256
0257
冊数勝負なんだからページ数が薄い本をたくさん読めばよかったのに、それに気がつかない、しなかった花日ちゃんに高尾くんは、勝利者の権利として「なぜ勝負をしたかったのか言って、願いを叶えてあげるから」とイケメン発言!

0258
0259
0260
0261
0262
花日ちゃんは高尾くんに今日一緒に帰って欲しいというお願いをします。勝負に負けた以上、ここで名前で呼んで欲しいというお願いは言えないと思う花日ちゃん。でも大人になったら絶対……

0263
0264
0265
0266
0267
0268
0269
0270
0271
0272
そんな花日ちゃんの耳元で「はなび……大会今年もやるんだよね、一緒にいく?」と、反応がかわいい花日ちゃんを弄ぶ高尾くん……お前ってやつは!w

0273
0274
0275
0276
0277
0278
0279
0280
0281
0282
0283
0284
さて桧山くんのケンカ状態の結衣ちゃん、でもこんな風になりたかった訳じゃない、気持ちを伝えたかっただけなのに…… ということで桧山くんとちゃんと話すことにしました。でも急がないと桧山くんが両親から携帯を借りてあのメールを見てしまう?

0285
0286
0287
0288
0289
0290
0291
0292
0293
0294
0295
やっと桧山くんを見つけられた結衣ちゃん、しかし桧山くんはすでに例のメールを見てしまったあと…… こんな状態で見られたくなかったと悲しむ結衣ちゃんですが、気持ちが伝えられたことはちょっと嬉しかったりします。

0296
0297
0298
0299
0300
0301
0302
0303
自分の気持ちをバカにされたみたいに思ってしまい、怒ってしまった事を謝る結衣ちゃん。桧山くんは「お前の気持ちに答えられない」と謝ります……これは!?

0304
0305
0306
0307
0308
0309
0310
0311
0312
桧山くんはメールではなく、呼びたかったらいつでも呼べよ、メールの代わりに会いに行くから、いつでもどこへでもと……

0313
0314
0315
0316
そして「オレも好きだ、結衣」と言ってくれる桧山くん…… もう一回とお願いする結衣ちゃんに、もう一生無理と座り込んでしまいましたw 「蒼井結衣12歳、自分の名前がもっと好きになりました」

0318
0319
0320
0321
0322
名前で呼んでもらった時の感じを「自分の名前なのに初めて聞いた感覚っていうか、自分の名前大好きになったっていうか」と嬉しそうな結衣ちゃん。そんな結衣ちゃんが羨ましい花日ちゃんでした。

0323
0324
0325
0326
0327


高尾さんあなたって人は……全部わかったうえで花日ちゃん弄んでるんだ……w


ということで名前で呼びたい、呼ばれたいというキュンキュンするお話。本当これ破壊力高いよもう……キュン死するよ……(その死に様はなんだ


桧山くんを名前呼びしたところを想像したときとか、メールのやり取りにドキドキする様子とか、結衣ちゃんがかわいいです、本当かわいい。そして桧山くんが等身大男子のイケメンっぷりが熱いです、メールじゃなくていつでも会いに行くとかもうね…… 高尾さんがアレなだけに本当好ましいですわ、ってか高尾さん、名前で呼ばれて嬉しかったり花日ちゃんに男子の影を感じて嫉妬とかちゃんとしてるんですけど、それを絶対花日ちゃんに見せないのはもうヤメましょうよ、それ逆に見せたほうが絶対いいからw

今回は心愛ちゃんが絡まなくて本当によかった…… 心愛ちゃんならなんのためらいもなく名前呼びしてくるでしょうしねw


さて次回は花日ちゃんと結衣ちゃんがケンカしてしまうようですが……おいおい、今回が名前呼びの8話で、次回もまた絆が深まる8話かよ!? 楽しみだな!(プリキュア基準で8話って単語を使うんじゃない


■おまけ ~今回の12歳。~ちっちゃなムネのときめき~ツイート~■























































本当にキュンキュンくるぜ……桧山くんに……w





12歳。~恋するDiary~ (【早期購入特典】早期購入W特典QRコードカード 同梱) 【予約購入特典】恋するおまもり&【Amazon.co.jp限定】オリジナル クリアしおり 付