晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2006年11月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

ランキング バトン

ヒマワリさんから、バトンいただきっ

世界がもし、100人と例えて。

あなたの有名度は何位?
60位くらい…
どんくささで、目立ってしまうことがある

あなたのモテ度は?
98位…
ペットとしては、どうかな?(笑)

あなたの幸せ度は?
70位…つうことにしとく

あなたの変態度は?
30位…きゃはは
行動は、変態してませんからこのへんに抑えてるのよっ。

あなたの健康度は?
70位
メタボリック症候群??

あなたのラブラブ度は?
ん?ん?誰に?マイケル?

あなたの冷たい度は?
60位
冷え性だしなぁ…
ふんっ!って思ったら、冷たいかもね。

あなたの頭脳度は?
80位
老化してますから

あなたの男らしさ女らしさは?
いやぁ〜映画は男っぷりのいい映画が好きですね。
…男前もだけどさ
女らしさだけなら、限りなくナイぞ。
胸は、あるけど


さぁ、このバトン、持ってってぇ〜〜

サイレントヒル

ほんとはさ、グッドナイト&グッドラックを観るつもりだったんだわさ。
観始めて、こりゃあかん、入り込む気分じゃないっと…
収録時間:126分
レンタル開始日:2006-11-22

Story
世界的大ヒットを記録したコナミの人気ゲーム「サイレントヒル」を、『ジェヴォーダンの獣』のクリストフ・ガンズ監督が映画化したアクションホラー。大火災が原因で廃墟と化した街・サイレントヒルに足を踏み入れた(詳細こちら


これも、ゲームが元ネタなんだぁ。
KONAMIのクレジットも発見!
いやはや、二時間しっかと観ましたよ。
すんご〜く怖いモンが、でてくるわけじゃないんで
大丈夫、大丈夫
(エイリアンは怖いんす)
復讐劇には、ちと弱さを感じましたが、
面白かったです。
魔女狩り、変な宗教とうまく絡んでるし
結局、二人は別世界に行ってたんですよね。
父ちゃん(S.ビーン)たちが、探索してたときは灰が降っていなかったし
会えなかった。
すでに、もうこの世にいなかったと思っていいんだよねぇ。

化け物が、最初に出てきた時点で、
スパナチュの二人を…と思った私は、バカでしょうか?
カルトな人々なんかは、怖かった。
狂信的になると、怖いわ。
魔女狩りにしても、イジメだし。
あのリーダー的オバサン、いぃ〜っとしましたよ。
あんたの勝手やんって。
世間では、イジメに対する法案でわいてるけど…
教師なんて、やってられん職業になっちゃうぞ。
この問題は、誰かどっかで熱く語ってください(笑)

こんなん大丈夫かよ〜って思ったけど
結構、真剣に観てしまったわぁ。

しかし、あのベネット警部さん、かわいそうだな。
彼女も、かなりいい人みたいだったし。
バイクで、転倒した時点で、ちがう世界に行っちゃったんだな。

暗転を多用して、うまく転換をはかってたな。
でも、どうしてこういうゲームの映画の画面って
暗いめなんかしらんっ。
省エネで、画面暗い設定にしてたら、観にくいね。
アハハ

ほんと、スーパーナチュラルの二人に、ぜひ出演していただいたら
どうなるかって観てみたいっ。
いやぁ、しょうもなくなりそだな…

12月に観たいDVD・映画

気分を変えて、ここ毎月書いてるし、書かなくっちゃね。
今、ダイヤルアップでの更新なんで、リンクは後日でも…
慌しいから、観られるとは全部おもってないのよ
あくまでも、希望よ、希望!
実家にいたら、レンタルショップ遠いしねぇ。

まずは、
パイレーツ・オブ・カリビアンDMC 
私は、当たり前(笑)
買ってますから!

リバティーン
まだなのよね。
ジョニデつながりで、ぜひぜひです。

キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズカット版
これを観て、この映画は「観た」になるんじゃないかな?
あまりに、リドリー・スコットらしくないっと思ったもんです。
これも、買っちゃったから。レンタルはないかもしんないし…

レイヤーケーキ
007のダニエル・クレイグのクライム・ムービー

ブッラド・レイン
吸血鬼ハンターだって。最近、この方面に走ってるなぁ
ディセント
これも。↑系。

フーリガン
サッカーもん。青春バイオレンス??

ユナイテッド93
これは、観なくっちゃいかんかな?

邦画は
LIMIT OF LOVE 海猿
よかったらしいし、TVもなんのかんのといいながら、観てたしね
花よりもなほ
岡田クン目当て…

忘れちゃならない海外ドラマ

プリズン・ブレイク8〜10
買ってますから!
ほか言うことないです。うちのカテゴリーの特別らんでも、見てちょ
過去の話の16話が、ドラマとして好きかもね。
思いが変わるかもしんないよ。くふふ
緊張度は、各回いろいろあるけど!ネタばれするからいわない。
メイキングとかBOXにはあるんで、楽しみです。

スーパーナチュラル後半
特に、このシーズンラスト3話は、必見らしい。
だんだん、これもかなり面白くなったからね。
プリズンほどじゃないけど。LOSTよりすきになるかも。

映画は、007カジノロワイヤルを観に行くつもりしてたんだけど
どうなることやらです。
気になるのは、「エラゴン 遺志を継ぐ者」
「硫黄島からの手紙」

年末年始に「マイアミ・バイス」「Xメン」「ワイルド・スピード」がでますね。
お正月映画は、第二弾の「ディパーテッド」は観たい!
「インファナル〜」のファンだからね。

復活間近

本日、葬礼および初七日法要を終えました。

みなさん、ほんとうにありがとうございます。

父に対する想いは、格別なものがあります。
母が、認知症であったこともあり、
たった二人の姉妹だった姉に先立たれたこともあり
父と顔が似ていることもあり…

今、家には母と実体のない父の三人だけになってしまいました。
だんなと子供たちは、京都に帰りました
セレモニーがあるということで、はりつめていた感情が
少し解き放たれ、哀しくって悲しくって
という時間も、ありました。
これからも、きっとそんな気持ちがおそうんでしょうね。
今でも、一階に降りると、父がいるように思います。
たぶんいるんです。

まだまだ、たくさんのことを片付けていかなければなりません。
かなしい、さみしいって、ずっと言ってられないんだよね。
たまには、わぁ〜となっちゃっおう
でも、そんなんばっか父は望んでなかったと思うし
がんばろうって思う。

テレビのドラマが、少し見られるようになってきたし
得意の自己逃避です!
映画観て、またblogも書いて、ここで知り合ったみなさんに
遊んでもらわなくっちゃ!
みんなみんな、いろんな辛いことを抱えていたり
経験したり
自分だけじゃないっていうのを
みなさんのコメントの隙間から、うかがい知ったように思います。
泣きたいときには、ちょっとは泣くけど
なるべく笑って楽しくしなくっちゃ。

母が、本当に敏感に反応してくるので
よくわかります。
父との結びつきが強固だっただけに
私が、笑ってあげなくっちゃね。

ぼちぼちですが、Upしてくね〜〜。

パソコンをたまたま、父が逝っちゃう前に
実家に買ったんだけど
ネット環境が、なつかしのモデムです(笑)
てぇへんよ!!
なんとか安くブロードバンドしないとあかんね〜〜
アハハ

ありがとう

22日夜、私の父が亡くなりました。

父の喪主は私がしなければならないし、
伯母もその前日に亡くなり、
わけのわからない一日が、続いてます。

励ましのコメントを
戴いて本当にうれしかったです。
どうも、ありがとうございます。

哀しくて、どうしようもなくて、
ファザコンだったのかな?

でも、父を葬ること…がんばらなくっちゃって思います。

自分のことだけど…

朝から、頭、混乱中

身内で不幸と自分の親の入院が重なったんで
UPはともかく
コメントとか入れられないと思うんですが、見捨てないでね…

しかも、携帯の外装修理に出したんで、代替えケータイで、使いにくいっ。
(:_;)

いつもと違って、しおらしいちゃぴです。

ステルス

録画からの鑑賞です。
これ、みるはずじゃなかったんですよ
DVD出て。すぐ借りたもんっ。
ほんとはねぇ、
ヒトラー〜最期の12日間〜を観ようと思ったんだけど
ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション
なんでか、
「ステルス」を再見してしまいましたっす。
記事も、Upしてなかったことだしね。

収録時間:121分
レンタル開始日:2006-01-25


 

Story
『トリプルX』のロブ・コーエン監督が最新のVFXを駆使して描くハイスピード戦闘機バトルアクション。テロ対策プロジェクトの“一員”だった最新鋭の無人ステルス戦闘機の暴走を食い止めるため、3人のパイロットが奮(詳細こちら

重苦しいのよか、娯楽を望んでたってことね。
ストーリー性うんぬんなんて、ど〜でもいいのよ。
評判悪いんだから、コレ。
でも、カッコいいですよ。

録画のお目当ては、
ウェントワース・ミラーのエディの声だったんですけど。
初めて観たときは、この方知らんし。(3月)
アメリカのアナウンサーもどきの人かいなって、思ったんですね。
(声優さんっていうのは、いないらしいと聞いた)
淡々として喋るし。
感情を表すみたいに、ランプがチカチカっとしたり
雷で、性格変わるし。
エディの描き方は、面白かったと思います。
進化する人工知能なだけあって、
最後は、よく考えてくれたしねぇ。
機体も、カッコイイんじゃないかな。
スターウォーズぽくなっちゃいます。

何より見所は、空中戦でしょ!
爆撃、追撃、ミサイル、爆破…目が回りそうだけど
スピード感があった。
爆音も、迫力あったしぃ。

領空侵犯とか、ええんかいな?って思うけど
そのへん、何も考えません(笑)
アメリカ中心思想とかも、考えません。
アメリカの地球的影響とかも、考えません。
国名が、出たりもしてますが、考えません。
そのへんは、あちこちでつっこんでくれてるから
そっちに、おまかせしときます。
考えないで観ると、面白いです。

ただ、ジェシカ・ビールは…
まぁトップの女性パイロットとして、
色気を期待するんが、間違いなんかもしれないけどさ。
もうちょっと、色気が欲しかったわぁ。
ジェイミー・フォックスは、すぐ出番なくなっちゃったのも
つまんなかったな。
主役のジョシュ・ルーカスは、
何本か観てるんだけど、顔がいまいち覚えられん。
アクが、少ないんでしょうかねぇ。
個人的には、もっとハンサムを!(笑)

空中に浮かぶ燃料補給のための母艦は、
こんなんあるん?って、思う。
いつか、出来るんでしょうね。
空のガソリンスタンド。
そういうのとか、面白いやん。

うだうだ書いてますが、
難しいことは、他の方におまかせですね。
あたしは、こーゆー映画は、徹底的に娯楽に徹しま〜す。

聞きようによって、やっぱウェント氏の声は、いいな。
(ひいきひいき)

最近、恒例に書いてる「来月観たいDVD」も、
選ばなくっちゃ!!

僕の大事なコレクション

首の太いイライジャくん、
すんごく前から、気になるの…
こぼれ落ちそうなおめめよりさぁ。
収録時間:105分
レンタル開始日:2006-11-03

Story
『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド主演によるハートウォーミングなロードムービー。ユダヤ系アメリカ人・ジョナサンは、家族にまつわる品々をコレクションする一風変わった趣味の持ち主。ある日、祖(詳細こちら


オタクが、はまるフロドです。

ジョナサンは、家族にまつわる品物をなんでもコレクションしてしまうという一風変わった趣味の持ち主。ある日、祖母からもらった写真をきっかけにウクライナに旅立つことになる。写真に写った祖父の命の恩人だという女性を捜すために。そんな彼を現地で出迎えたのは、ブロークンな英語しか話せない通訳兼ガイド、目が見えないと主張するドライバー、そして犬嫌いのジョナサンをお構いなしに吠えまくる盲導犬・・・。強烈なカルチャー・ショックを受けながらも、祖父の足跡を辿るジョナサンは、やがて思いもしなかった過去の物語を紐解いていくのだった。(by:amazon すんません)

前半、笑いましたよ〜〜。
通訳とは、思えんアヤシさでアメリカかぶれ、その祖父が目の悪いドライバーで、その盲導犬?がサミー・ディビス・Jr.Jrって名前で…。
この3人と一匹のやりとりが、面白くって、またコメディ観ちゃったわんって思ったの。
後半は、重めのテーマで、余韻がある。
そんなコントラストが、いいなぁって感じました。
通訳ガイドのアレックスが、いい。
イライジャは、家族にまつわるもののコレクターで、
なんでも、Zipロック〜。お部屋の壁に貼り付け。
あたしも、収集癖がないとはいえない。
カタログは、すぐもらってきてしまうし
(最近集めたのは、DVDレコーダーとデジカメ)
映画系の雑誌は、捨てない。
映画の半券も、もってたりするし。
購入DVDも、そのうちにはいるかも。
パソコンのHDDには、音楽貯め込み。
その昔は、変な色のマニキュア(女の子らしいっ?)
ただ、ネが几帳面じゃないんで
整理ができない…
今度から、ジプロックしよう!(爆)

私の話なんか、どうでもいいよな。
ウクライナが、ほとんどの映像。
ひまわり畑は、壮観でした。

後半のお話は、じんときます。
なんせ、単純だからね。
ユダヤの悲惨な迫害の話が、ど〜んときます。
ドイツだけ、西ヨーロッパだけじゃないんだねぇ。
イライジャ・ウッドは、
感情を顔に出さないことに徹しているような感をうけた。
その分、アレックスが表してくれてる、イヌも。
犬が、かわいいです。
ちょっと、おかしな犬って設定だけどね。

すごくいいところで、
「指輪が、みんなを引き寄せた」
みたいなことを、おばあちゃん(祖父の縁ある女性の姉)がいうの。
指輪と、イライジャはひっつけないでくださいまし…
笑ってしまうっ〜〜。でした。

馬鹿なことばっかを取り上げて書いてますが
じいちゃんの過去とジョナサン(イライジャ)の祖父と
そういうつながりがあったなんて…
ほんでもって、じいちゃんそうするの?
みたいな思いはありました。
(ネタバレあるかもって、blog説明に書いてるけど、気持ち的に書けない時もあるもんですねぇ)

ちょっと、哀しくもあるけれど、
ジョナサンとアレックスは、友情を築いていきそうだし
はーとふるに終わったなっと。
すご〜くコメディなとこもあり、重くもあり
うまくまとまった作品ではあると思います。

ジャンセン・アクレスって…

ほんと、たまたま見つけてしまったんですが…
ジャンセン・アクレス(スーパーナチュラルの兄ちゃん)の
若い頃の写真
1998年
1998jensen













1997年
1997jensen














軟派な美少年じゃないかっ!
たぶん17歳くらいだと思うんです。
元はモデルとかって書いてあったなぁ…

なんか、うわっ☆と思ったんでUPしときます。

おまけ
SNこれ、今。右ね。




すご〜くファンってとこまでいかないんだけどぉ。
好きな感じだし。

最近発売の映画やDVD系の雑誌に、
彼らや♪プリズンブレイクの記事が、
必ず載ってますんで、また衝動買いしそうやんっ! 続きを読む

うちのDVDレコーダーのHDD

買って、まだ3週間ほどだと思うのね。
まだまだ余裕こいてますが、呆れる位録画しとりま!
最初だし、ルンルン♪もあるんだけど…。
録画してんのが、6割近く観たやつf^_^;
いや7割か?
今日(19日ね)なんかは、「ステルス」。
目当ては、ウェントワース・ミラーの声(笑)エディの声ね。アホ満開。
さすがに、デイ・アフター・トゥモローは録ってない。
ほっといたら、12月でいっぱいになっちゃいそうだ。400GBあるんだけどね…。
記事に困ったら、ここから出そう(笑)きゃは

エミー賞ドラマ「24」垢鯀管観てしまった…。
最後の数時間なんか
ありえねぇ〜
やりすぎ〜
な 気もした。
感情面にうっ☆ときたとこなのに、さらっと別展開になるんで、そこが短所でもあり長所でもある。
誰がクロかわかんないし、次に何が起きるんか、そういうワクワクで観てしまった。
映画になるらしいんで、観てない人も観るんでしょうね。くく
2時間になると、王道アクションもんかな?それはそれで、楽しみだ。
このドラマは、DVDでかためて観た方が、面白いと思うわ。せめて3日がかりとかさ。Highになりますで。
スパナチュはそうでもないけどね。ドラマ性がかなり濃くなってきたから、そうでもないか…
プリズンは、ある程度つめて観た方が、面白い方かな?毎日一回か二回とかね。
プリズンにワクワクしてきたぁ〜♪
果たして、脱獄できるんでしょうか?
(知ってるくせに…えへ)

迷い婚 〜すべての迷える女性たちへ

結婚して、ん十年…
収録時間:97分
レンタル開始日:2006-10-06

Story
『フレンズ』のジェニファー・アニストンと『ボディガード』のケビン・コスナーの共演で贈るラブコメディ。結婚を間近に控えたサラは、本当にこのまま結婚して幸せになれるのかと悩む日々。そんなある日、祖母の重大(詳細こちら
   『恋人たちの予感』や『プリンセス・ブライド』を監督したロブ・ライナーのこのコメディーは、ベテラン女優シャーリー・マクレーンの映画といっても良いほどだ。ジェニファー・アニストン(『グッド・ガール』)演じるサラは、妹の結婚式にフィアンセのジェフ(『13 Going on 30』のマーク・ラファロ)と出席する。彼女は結婚を控えて不安な気持ちになっているが、そんな時に祖母のキャサリン(『アパートの鍵貸します 』)、『愛と追憶の日々』のマクラーレン)から、彼女の家族は映画『卒業』のモデルになっているらしいと聞く。「ミセス・ロビンソン」の名前を聞くやすぐに、彼女はジェフの元を離れて調査を始め、ダスティン・ホフマンが演じた男性はボー・バローズ(『ティン・カップ』)のケヴィン・コスナー)で、彼が自分の父親ではないかと疑う。もちろん『卒業』の要素が絡んでいるのだが、この映画はその続きではない(それを説明しているわけでもない)。『迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ』は、登場人物間の感情が複雑に成熟して交錯している(そして、人生において選択ができない人間についての映画になっている)。アニストンはこの作品では賞を取らなかったが、しかし他のロマンティンク・コメディでは類を見ないほどに、ヒロインの役柄に深みを与えている。コーナーとラファロも素晴らしいが、マクレーンは存在感たっぷりに明るいがトゲのあるキャラクターを演じ、作品を豊かにした。リチャード・ジェンキンス(『シックス・フィート・アンダー』))やミーナ・スヴァーリ(『アメリカン・ビューティー)も良い。(Bret Fetzer, Amazon.com)

迷ってやめておけばよかったと思う、今日この頃…
確かに、迷ったんですよ。
日本人ですし。続行しましたけど。アハハ

おなじみの「卒業」の原作モデルか?という設定なんだけど
あんまり活きてないように思うんですね。
さらっと…

これ観た日は、「24」を21〜24話の4つも観ていたんで
そこらへん、感情がかなり↑でして
M:i:靴むいていたかもしれませんでしたね。
そんなもん観た日には、どんな夢見るか…(怖)
映画が出来そうかもね。

目的は、ブラピの元妻が観たかったんですわ。
シャーリー・マクレーンが、よかったですよぉ。
「イン・ハー・シューズ」での祖母役もよかったんだけど
こっちの方は、チクチクときついこともおっしゃいます。
でも、なんざんしょ、あの存在感は。
すごいわっ。
ケビン・コスナーは、老けてしまったなぁ。
あぶなそうなおっちゃんには、もってこいかもしれません。
でも、なんでまた、あの二人は寝ちゃうんだろ。
ケビン扮するボー(ダスティン・ホフマンの役になるのね)と
ジェニファー(エレンの娘になる役ね)。
ボーは、祖母・母・娘と母娘三代にわたって、寝たんすか?
なんつう…。
そこが、めちゃくちゃ理解しがたい。
不安定なとき、女はアブナイ男にフラフラとなっちゃうもんではありますが、それを知った上で、許す男(父と婚約者)は、ホントに人間が出来てるんだわさ。

でもさ、これってラブコメなんだから、
なんでもありよ。
許しちゃう。

ジェニファーも、綺麗な人です。たまにそう見えないけど。
白の何の変哲もないTシャツにジーンズが
カッコイイわぁ。スタイルがいいんだねぇ。
ほんでもって、ラブコメにむいてるね。
等身大の女性が、いい。
おばあちゃんが、Mrs.ロビンソン??ってとこで
あの「Mrs.ロビンソン」の曲がはいり、おもくそツボにはまっちゃったけどね。
あの「卒業」と結末はちがい、めでたく結婚しましたとさっていうのが真相だったようです。
それが、個人的に物足らなくなっちゃたんだけど、それがなかったら、いいラブコメだったと思うわぁ。


話は、全然チガウんですが、
我が家では、男子バレーで盛り上がってます。
試合もだけど、そりゃ山本さんでしょ(笑)
お・と・こ・ま・え

関西でやっとTV放映開始(プリズン・ブレイク)

関西で、やっとこさ放映開始です。
本日夜中の2:30から〜「よみうりテレビ」ね。
10ch。

ふふ、プリズンファン、増えるといいなぁ。
今晩、東京タワーがあるなぁ。とりあえず、録画しとこっと。
大泉洋は、好きだし。

映画から、原作ってことで
「嫌われ松子の一生」と「ブロークバックマウンテン」を
注文しちゃった。
今月は、ネットで買わないつもりだったんだけどねぇ。
(来月すごく買うし)
レンタルDVDも、オンラインのみに我慢しなくっちゃ。

松坂サンみたいに、60億…欲しいっ。千分の一でも、寄付してケロ(笑)

M:i:3

最近では、珍しく初日GET〜〜
なぜか、いっぱい棚にあった!早いDVD化を知らないのか、買ったのか?田舎だからか?アハハ
トムさんの私生活顔を見飽きて(元々私の中の男前度イマイチだし)、この映画も後でもいいかなっとおもったりもしたんだけどね。

M:i-3 ミッション:インポッシブル3

  • 監督: J.J.エイブラムス

  • 時間126分
    【キャスト】
    イーサン・ハント…トム・クルーズ(森川 智之) オーウェン・デイヴィアン…フィリップ・シーモア・ホフマン(山路 和弘)
    ジュリア…ミシェル・モナハン(岡 寛恵)
    ブラッセル…ローレンス・フィッシュバーン(石塚 運昇)
    ルーサー…ヴィング・レイムス(手塚 秀彰)
    デクラン…ジョナサン・リス=マイヤーズ(竹若 琢磨)
    ツェン…マギー・Q(魏 涼子)
    【ストーリー】
    第一線からしりぞき、諜報機関IMFの教官になったイーサン・ハント。だが、教え子のピンチをきっかけに、彼は現役復帰を決意する。強大な敵オーウェンが狙う"ラビットフット"の正体を探るIMFのメンバーたち。しかし、イーサンの婚約者ジュリアが誘拐されてしまい…。

    はいはい、18日はトムさんの結婚式だそうです。一応、書いてあげましょう(笑)

    面白かったです!
    スパイの世界は、こうでなくっちゃね。
    トムさんが、好きで映画にしちゃったM:i:ですが、TVドラマの「スパイ大作戦」が元ですよね。
    話の内容は、詳しく覚えてないのですが(ご幼少ですから)
    ハラハラドキドキで、スパイに憧れた記憶があります。
    そして、あの音楽です。自動消滅するテープ。
    導火線が、びっーとなってって爆弾が爆発するオープニングでしたっけ?
    まっ思い出話は、アラがでるので、やめときます。

    もしかしたら、1〜3の中で一番面白かった?

    初めの方の婚約パーティあたりは、
    トムさんの私生活とだぶって、どうしようって思ったんですけどね。アハハ
    ミッションが、はじまるや、俄然面白くなりました。
    スパイ物につきものの、お道具類もあるし。
    こういうのが楽しいっ。
    当然、主人公は死なない。
    激しいアクションにカーチェイスに銃撃戦に爆発
    裏切り者もおりますし。
    王道の娯楽アクションですわん。
    スパイ組織には、ほんとに面白いメカがあるぅ。
    マスク製造器なんてあるのね。声も変えちゃうし。
    スピード感も、いいです。
    突っ込みどころも、満載ですが
    まぁええやんっ!
    また、悪役のフィリップ・シーモア・ホフマンが、憎たらしくっていい。冷たそうだし、圧倒感ありやす。この人「カポーティ」で、賞もらった人なんだって。この映画観られなかったから、DVDでぜひ観たい。
    「マトリックス」のローレンス・フィッシュバーンも、胡散臭くていいわ。
    今回、イーサンの感情面が濃く出てたように思う。妹分のリジーを殺られて、怒!妻を誘拐されて、助けにいく。
    愛よ愛!(笑)
    本来の感じから、ちょっと変化しているような気もするけど
    楽しめたのでいいです。

    監督のJ.J.エイブラムスは、「LOST」や「エイリアス」のTVシリーズのクリエーターで、監督は初なんだって。
    完成度は高いと思いますよ。(娯楽なんだからっ、いいの)

    トムさん、パラマウントとお別れしてるから、派手に宣伝してないんですかねぇ。えらく早いDVD化だったし。
    (でも、トリロジーBOX もしっかり出してるけど)



    トムさんは、人気ある(あった?)ようですが、
    あんまりシュミではありません。(参考:トップガンの記事)
    最近、私疲れがとれなくて、腰痛に肩こりに…としんどいんですが、
    トムさん、走りまくりです。
    40過ぎても、おげんきです。

    娯楽で、アクションとスリルなんかを楽しみたい時には
    この映画いいですよ〜。頭もいらん。

    4は、ブラピがやるかもなんてウワサもとんでますが、
    どうなんざんしょ。(イーサンではない役になるんだって)

  • ぼくを葬(おく)る

    雑誌の広告で、えらく気になって…
    (ハダカの男だからってわけじゃないわよ)
    よくおじゃましている「小部屋日記」のアイマックさんちにレビューがあり、ますます観たい願望になりました。
    ぼくを葬る
    2006/10/6 DVD発売

    時間: 81 分

  • 出演: メルヴィル・プポー, ジャンヌ・モロー, ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ
  • 監督: フランソワ・オゾン
    ▼作品ごとにセンセーショナルを巻き起こすフランソワ・オゾン監督だが、本作では自身を主人公に投影しているとあって、それまでの作品とは違う切迫感や緊張感が充満している。カメラマンのロマンが、脳腫瘍が発見され、余命3か月と宣告される。ゲイである彼は、ボーイフレンドや家族に対し、できるだけ平穏を装って過ごすことを決めるが、偶然出会った女性に子どもを作ってほしいと頼まれ、当惑する。
       メルヴィル・プポーが体重を減らしながらロマンを熱演するが、表情は極力抑えられ、つねに穏やか。その瞳の奥のまた奥に悲しみが潜み、観ているこちらは胸が痛くなる。オゾン映画らしいショッキングなラブシーンもあるが、根底には自分の子孫を残したいという人間の本能に迫るテーマが流れ、共感を誘うのだ。この点もオゾン映画では異例。子ども時代の記憶、ジャンヌ・モロー演じる祖母との対話など、要所に心を締めつけるシーンを盛り込んだ構成がうまい。荘厳なほどに美しいラストシーンからは、人生への賛歌も感じられ、余韻がいつまでも続く。(斉藤博昭)(もちろんamazonから・笑)

    なんたって、題の「葬る(おくる)」でしょう。
    これが、とても気になったわけです。
    余命ものも、TVドラマや映画によくあります。
    ちょっとチガウのは、主人公がゲイである。
    もっとチガウのは、じめじめっとした雰囲気がない。
    オゾン監督の映画って、独特なもんがあります。
    「死」に対して、主人公の涙はあるけれど
    観客の涙を誘うためのものではない。
    スイミング・プールの時も、びっくりしたんだけど
    思いきりのいいSEXシーンあります。
    (同性愛もあるし…)

    死に対しては、自分は受け入れやすいほうじゃないかと思ってはいるんだけど、いざとなったら、どうかはわかりません。
    人間いつかは死ぬものと、思いこむようにはしています。
    年齢的にも、死に近くはなっているんだから。
    祖母であるジャンヌ・モローとのシーンは、いいです。
    ジャンヌ・モローも、老けちゃったけれど、圧倒されます。
    なぜ、おばあちゃんだけに死を打ち明けるのか、おばあちゃんと似ているから、おばあちゃんも死が近いから…。そう主人公ロマンは、いう。
    彼なりに、別れをつけていくなか
    子だねが欲しいと言われ、一度は断るものの受ける。
    このへん、生を感じる。人間の本能なんでしょうか?
    彼の愛したものは、みんな写真に撮っていたように思いました。
    姉との関係の修復も、いい感じです。
    こじれてしまった不仲な関係だったけれども、内心はお互い愛してた(姉弟として)ということがわかり、彼も悔いはないでしょう。
    時折、子供時代の彼が現在の彼と対峙するようなシーンもあります。これが、観る方としては謎めいています。
    個人の感情の映像化とかは、よくあるんだけど、突然入ったりするので、ダメなひともいるかもしれません。
    私は、面白いと思うけど。
    なんといっても、ラスト!

    ラストが、秀逸なほど美しい。
    映像が、美しい。
    言葉(台詞。ナレーション)もなんにもいらないですね。

    主人公を演じたメルヴィル・プポが、男前なことはちゃんと書いておかなきゃ!
    ハンサムです。
    体重を本当に減らしていったようで、段々痩せていっています。顔つきも、段々穏やかに見えてくるのも不思議です。
    音楽も、有るところと無いところとがあり、静かな感じがしてよかった。
    この映画も、絵的にキレイです。
    一人で、夜観るのに、時間も短めでいいと思います。
    フランス映画は、結構好きなんかもしれんなぁ。
  • 映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
    個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
    ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
    視点はミーハー♪
    Profile

    ちゃぴちゃぴ

    京都府在住。妖怪・珍獣の域?
    お家で映画、たまに映画館。
    ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
    男前には目がないです。

    Archives
    記事検索
    映画題名索引
        

        

        

        

        

        

        

          

        



    数字
     
    月別アーカイブ
    ギャラリー
    • ボヘミアン・ラプソディ
    • ボヘミアン・ラプソディ
    • ボヘミアン・ラプソディ
    • ボヘミアン・ラプソディ
    • ボヘミアン・ラプソディ
    • ボヘミアン・ラプソディ
    • ボヘミアン・ラプソディ
    • BLEACH (2018)
    • BLEACH (2018)
    • BLEACH (2018)
    • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
    • シェイプ・オブ・ウォーター
    Twitter
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    訪問者数(UU)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    ページアクセスカウンター

      Commentsありがとう!
      TagCloud
      映画情報主な仕入れ先
      allcinema
      amazon
      映画.com
      シネマトゥデイ
      象のロケット
      Movie Walker
      IMDb
      goo映画
      各配給先及び販売元
      各映画館
      海外ポスターサイト
      QRコード
      QRコード
      楽天市場
      小鳥頭同盟
      小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
      • ライブドアブログ