晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2007年10月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

能力者が接触されたみたい(BlogPet)

きのうちゃぴの、能力者が接触されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

11月に観たい(かも)な新作DVD

実は、10月少ないと言いながら、観てないのがあるなぁ。
まぁ、ぼちぼち観たくなったら観ます。
さてぇ〜、気がつけば今年も終わりに近いのよね。
年末商戦に近くなってるせいか、結構盛りだくさんなの。
連休あてこんでか、11月2日ヤマ!!
初日レンタルしたい人は、前日にGO!

11/2
バベル
これは、外せないです!
映画館で、見損ねちゃったしね。
菊池凛子ちゃんで
あまりにも、有名になっちゃったし
他はなんも、余分に言うことナイよね。

ゾディアック
これも、見損ねたもん。
ジェイクよりも、あたしは
ロバート・ダウニーJrが、気になっている…。

あるスキャンダルの覚え書き
個人的にとっても楽しみなのね、コレ。

フリーダム・ライターズ スペシャル・コレクターズ・エディション / ヒラリー・スワンクフリーダム・ライターズ 
お世話になってるアイマックさんが
観ておられ、興味がわいてます!

ラッキー・ユー
ドリューとエリック・バナ
監督は「イン・ハー・シューズ」の方。
ポーカーの名手のバナ…。
男性には、ドリューちゃんよね。
しかし、公開がいつの間か終わってしまってたよね。


シュレック3
3の評判は、イマイチだけど
観たいなぁ。
長靴を履いた猫ちゃんのファンです。



11/7
ダイ・ハード4.0
映画館で観てますが
やっぱし、観たい!!

敬愛なるベートーヴェン
第九には、思い出があります。
↑ のダイハード1作目にも、かかってましたけどね。


11/9
アドレナリン(セルは11/23)
おバカ映画大好き!
ジェイソンも好きです。毛が薄いけど。


11/14
レミーのおいしいレストラン
これは、じぇったい観たいです。



11/21
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
これも、4作全部観てるしぃ。
廉価版になったら、買うのね。
単に集めてますって(笑)
初日レンタルは、すでにあきらめてます。
いつでもいいのよ、観れれば!


アポカリプト
映画館で観てるので、観るのは先になるかも。
首チョン…観てぇ〜(キモい)

気になってるアニメ
茄子 スーツケースの渡り鳥

茄子 アンダルシアの夏を観てないんで、何とも言えないんだけどね。

11月は、有名な新作が多いし、未公開ものはあげないでおきます。
たぶん…またヘンテコなん借りそうですけど(爆)
12月も大変なのよねっ!!
映画館で観たい映画は、書かない!
いつ行けるかわかんないんだもん…(;_ _;) シクシク

あ〜電車

暇である…。
眠くもないし、お腹もすいてないわけ
(すいてなくても食べるくせに)。
ぼちぼち『観たいDVD』も、11月のん作っておかなあかん!
あれは携帯ではなぁ…。
 思いつくままバカ話を書いちゃおう。

 この前、京都に帰る電車で、後ろの席のオジ(イ)サンが、
とにかくすごいイビキで、1時間近く悩まされた。
 何度、鼻をつまんでやろうかと思ったか!
iPodも威力なしの凄まじさだった。
今日は静か♪

◎最近はまったオヤツ
 ハイチュウバナナ
 チロルチョコきなこもち(30円もする。黒蜜入り、コンビニで探してみて)
 ポテチ(久々に食べたら、立て続け…銘柄・味指定なし)
 メルティキッス抹茶(これは確か去年なかった、今年はあり〜♪一昨年食べまくりした)
 Deluxeフラン(だっけ?名前まで覚えてない。)
 ポルテ(毎年やな…今年のオヤツはキャラメル味系が流行り)
たぶん、これからシンプルなBlackチョコが、入ると思う。

 ☆イケメン&男前
先月に引き続き、JENさん!よ。(ジェンセンね)
 しかし、彼は完成度が高すぎな顔だ。飽きるかも?
 あんまり美形は、映画に主役は使いにくいかも。(女優が死ぬ…現実味が薄れる)
 コスプレしてほしいtypeだけどな。
 スパナチュだけで、記事がいっぱい書けると思う。
 シーズン1のDVDも、手に入れてしまいました
。 前は、つまんなかった回が、そうでもなかったり。
 関西で、やっと地上波TV放映っす。ちゅうか、やってなかったんだ?! 知らなかった…。
 ベッドシーンは、兄弟を比べると兄ちゃんの方がやはりいい。
 体は弟がスゴイ(o≧▽≦)o
カメラ映えをよくご存知な気がすんの。 何、みてんだ!
 今でも、プリズンもたぶん相当いけます…。
 今、『24』のDVDを会社の人達に貸してあげてますが、
 この先、プリズンやスパナチュは貸すつもりはない。(笑)
焼いて貸すのも面倒だし。
 彼らは、離したくない(笑)(o≧▽≦)o
ウソ!会社は、また貸しの恐れが強いのがイヤなだけ。

 朝、TVで戦隊もん(なんとかジャー)を見てしまった!
イケメンの宝庫らしいが、ときめくような人はいなかった。
 やはり、日本人はなぁ。 …( -_-)

そうそう「また貸し」の事…、
 ダメなんですよ。
 ドン臭いせいか、 ディスクに傷!は、ついやっちまうんですが(ToT)
 誰でも他人にやられると許せないでしょ。
 こーゆーかなり熱の入った趣味のもんは 特にあきまへん!
 ロード・オブ・ザ・リングSEE、スターウォーズは絶対貸さない。
 オタクに、もう1セットなんて買えないもん。
 価値観が違うんだもん。
 意外とDVDが好きな人程、貸してとは言われないです。
 さっさと自分で借りるか買わはります。
 不思議ね。

あっ着く! 続きを読む

GOAL!2 STEP2ヨーロッパ・チャンピオンへの道

コメントのお返事がかけていない私です…
記事のほうが先で恐縮です。
相変わらず、新作キラーはやめられません(笑)
収録時間:114分
レンタル開始日:2007-10-26
ニューカッスル・ユナイテッドの人気選手となったサンティアゴ。ロズとの結婚式の準備も着々と進んでいたサンティアゴに、レアル・マドリードへの移籍の話 が舞い込む。反対するロズを説得し、マドリードに移り住み、ベッカムやロナウドらチームメイトに迎えられた。しかし、豪邸のような家を買い、高級車を乗り 回す彼を、ロズは複雑な気持ちで見つめていた。ある日、サンティアゴの前に弟だと名乗る子供が現れた。
GOAL!2  - goo 映画

STEP1も、きっちり観てありますから、観ないわけにはいかん!
上映時は、海賊映画やら大騒ぎの時期で、
すっかり陰に隠れてしまったんだよね〜。
FIFA公認のサッカースポ根映画!
サンティアゴという人間の成長記でもありやす。
今回は、なかなか雲行きが怪しい。
ビンボーだった彼が、ランボルギーニを乗り回し、豪邸に住み
人々の注目を浴び、大切な人たちともうまくいかなくなり、
果ては怪我はするし、生き別れの母の存在を知り、義理の弟まで…
さぁ、どうすんねん?ていう二作目です。
彼の舞台は、ニューカッスルからレアルへ。
前回で友情をはぐくんだ?悪友ガバンも!
彼とまた同居生活するもんなぁ〜(笑)
実在のスタープレイヤーも、ばんばん出てます。
試合シーンは、ほんとに上手く作ってあって
俳優とベッカムとかのスタープレイヤーが、一緒にいるんだよ、芝に!
(芝って…)
試合シーンには、今回CGもフルに使われたらしい。
この三作って、監督さんはみんな違う人なんだって。
ちなみに今回の監督さんは、CMをすご〜く撮った人でもあり
最近じゃ「蝋人形の館」を撮った方です。
(あれ?記事書いてなかったっけ?ないなぁ…パリスお嬢と24のいらつくキムお嬢に、スパナチュの巨人弟サムが出てたなぁ)
舞台がスペインなんで、前作より明るい色合いに思えた。
父ちゃんのエピとか、うるうるしちゃった前作、今作は生き別れの母ちゃん登場ですが、あまり感情にはこなかったです。
アメリカのばあちゃんと弟は、家もよくなってたし、パソコンなんかもあったりとビンボーから脱却してます。
再婚した母親んちは、ビンボーだし、また彼は面倒見てくのかなぁ?
なんて、勝手に妄想しちゃいました。母親の方は、そんなこと言ってないですがね。
子供や兄弟が、有名になって歳の割に稼ぐと、家族は苦労をしなくなり頼っちゃって、色々問題起こします。
最近も、稼ぐ姉ちゃんの弟が、警察沙汰になってたなぁ。

あー、お金って魔物よねぇ〜

あってもなくても、「魔」よ。

サッカーからとんでもない方向にいってしまった。
ある意味、ダークサイドな方向の話ではある。
STEP1で、ラブラブになった看護婦さんと婚約して順風満帆だったのに
暗礁にのりあげそうになった二人…
これなぁ、一方的にサンティアゴが悪いわけでもないのね。
ちょっとだけ、かわいそうにもなったけど、しゃぁない。
人間模様も色々あったんで、それなりに面白かったです。
STEP3では、ナカタも現役として出演らしいんで、それも楽しみです。
冒頭に東京のシーンがあって、洋画にしては、
えらく都会の雰囲気で描かれてました。(大都会ですけどね)
私の中じゃ、どーしても所詮日本…みたいな感覚があるんで
へぇ〜なんて感激(欧米コンプレックスなんでしょうかね)。

てんで、今回映画とは違う方向の感想になってしまいました。
成長してく課程の一部分としては、よかったと思いますよん。
レアルで、注目はされていても、
まだスター選手の仲間入りじゃないもんね。
次は、W杯なんだって。

クィーン

これも、観たかったの。
ダイアナ妃って、お綺麗でしたね。
背も高いし、女優かモデルのような雰囲気もありました。
あの事件は、私もびっくりした記憶は新しいし
アレは絶対陰謀に違いないと思った…(笑)
そのもっと昔、エリザベス女王が来日した折、うちの母がTVに釘付けで
グラフ雑誌買ってたよなぁ〜。
我が家では、彼女のことをエリちゃんと呼んでいましたっけねぇ。
原題:THE QUEEN
監督:スティーブン・フリアーズ
収録時間:104分
レンタル開始日:2007-10-24
1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関 係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。やがてダイアナの死を無視し続ける女王に、国民の非難 が寄せられるようになる。若き首相ブレアは、国民と王室が離れていくことに危機を感じ、その和解に力を注いでいく。
クィーン - goo 映画
オフィシャル・サイト

女王の態度については、当時も日本の報道でもありました。
私は、女王に肯定的でした。
王位継承者の母ではあっても、王家から出てしまった人というとらえ方です。
二世帯同居してるせいかしらん?

よく知っている事件でもあったので、とっつきがよかったです。
知られざる王室の内情という、ややもするとゴシップ映画になってしまいそうな題材なのですが、
品よく描かれていて、女王に対する敬意も失うことなく
むしろ女王に対し、敬意を感じる出来ですね。
エンディングも、すっきり感はありました。
queen2就任早々のブレア首相(マイケル・シーン)が、イイ役どころです。
どこまでが、真実なのかはわかりませんが
説得力はかなりのものです。
オスカーのヘレン・ミレンは、これも納得の女王です。
存命の人物を演じるのは、まして女王です。
かなりの重圧があったと思います。
振る舞いとかたたずまいが、もぉただ者じゃないです。
ヘレン・ミレンをみるだけでも、観る価値あり!
カレンダー・ガールズでのパワフルなおばちゃんとは
ひと味もふた味も違います。
エジンバラ公は、あんましイイ感じじゃない描かれ方なような気もしたけど…。
気品とか品位に関しては、語る資格なしな私だけど
queen1感覚的に上流の方々の感じというのが、わかるような…。
感情的に取り乱した姿をさらさない。
威厳というものは、そんなところから出ているような??

女王は愛犬家として有名ですが、この映画にも犬たちとの散歩シーンが何度も出てきます。
犬が、カワイイ。しかし、よくしつけられている犬たちです。
犬も、女王の命令はよくきくの。お行儀がいい。
ミニドラマで、エリザベス一世も彼女は演じています。
エリザベス1世
このDVDに合わせたかのように、同時にDVD化されています。
第58回エミー賞もとっています(ミニシリーズ部門の作品賞、ミレンやジェレミー・アイアンズの演技賞を始め、最多9部門で受賞)
また観るつもりです。

特殊な立場の女性の一週間のある衝撃的な出来事のなかでの心情ドラマとして
見応えを感じましたわ〜。


おまけ…畏れ多くもご本人のお写真をのせちゃいます。
ヘレン・ミレンと見比べてみてね。
QUEEN私は、スコットランドで散歩やドライブの時のスカーフを頭にかぶってる彼女が、気に入ってます。
なんだか、おばちゃんぽくって好き。


パリ、ジュテーム

楽しみにしていた作品です。
18の作品が5分間という短い時間のオムニバスで、パリへ(で)の愛
パリに行きたくなっちゃうよ。
パリ、ジュテーム プレミアム・エディションパリ、ジュテーム 
原題:Paris, je t'aime
監督: ブリュノ・ポダリデス グリンダ・チャーダ ガス・バン・サント ジョエル・コーエン イーサン・コーエン ウォルター・サレス ダニエラ・トマス クリ ストファー・ドイル イサベル・コイシェ 諏訪敦彦 シルバン・ショメ アルフォンソ・キュアロン オリビエ・アサイヤス オリバー・シュミッツ リ チャード・ラグラベネーズ ビンチェンゾ・ナタリ ウェス・クレイブン トム・ティクバ アレクサンダー・ペイン
出演:ナタリー・ポートマン/イライジャ・ウッド/ジュリエット・ビノシュ/スティーヴ・ブシェミ/ウィレム・デフォー/リュディヴィーヌ・サニエ/ファニー・ アルダン/ジーナ・ローランズ/ベン・ギャザラ/ミランダ・リチャードソン/ギャスパー・ウリエル/マギー・ギレンホール/バーベット・シュローダー/イ ライアス・マッコネル/マリアンヌ・ファイスフル/カタリーナ・サンディノ・モレノ/セルジオ・カステリット/オルガ・キュリレンコ/エミリー・モーティ マー/マーゴ・マーティンデイル
上映時間:120分
パリの各地区を舞台にした人間ドラマの数々を、1話約5分間全18話の構成で見せる珠玉の短編集。ドイツのトム・ティクヴァ、メキシコのアルフォンソ・ キュアロン、イギリスのグリンダ・チャーダ、アメリカのガス・ヴァン・サントら、世界中の名匠が集まり、それぞれが撮った作品を披露する。ナタリー・ポー トマン、イライジャ・ウッドら、出演陣も豪華。多くの映画で描かれる芸術の都パリではなく、等身大のパリの姿が堪能できる。
オフィシャルサイト
シネマトゥデイ
パリ、ジュテーム - goo 映画

18のお話をすべて書く元気がないんで(笑)、
オフィシャル・サイトのストーリーを観ていただいた方がいいっすね。
たった5分の中に詰め込まれたいろんなお話が、スッスッと入っていきます。
パリの色んな風景も堪能できて、行きたくなっちゃったよ。
行けば、最終話のデンバーから来た中年女性の気分になれるかな?
(この話は、おっ〜ときましたね〜)
フランス語はさっぱりわからんのですけどね。
監督も、フランス人限定ではなく世界各国から
日本からも、諏訪敦彦サンが参加してます。
視点が、エトランジュなとこもあったり、国際色ありますね。
俳優さんも、豪華です。
中で繰り広げられる話も、バラエティにとんでて
男女の愛だけでも、年齢や国際色も様々だし
親子もあるし、ヴァンパイアまで…。
その根底は、「パリを愛してる」ってこと。

それぞれ印象的なエピソードなんですが
マレ地区のギャスパーくんは、野性的な現代の青年で新鮮でした。
しかも、ゲイちゃんだし。
セーヌ河岸の異教徒の女性と青年のエピソードは、青年がイケメン。
(やっぱそうかよ〜)
チュルリーの地下鉄でのブシェミさん、台詞が一つもないのに
笑えたわっ!
エッフェル塔のパントマイムの夫婦とその子…もぉ笑けたぜ!
モンソー公園のキュアロン監督の1カット長回しも、オチがあって面白かった。
マドレーヌ界隈でのヴァンパイアと青年の恋も、台詞なし。違和感がありそうな内容だけど、これがまた雰囲気よかったです。
14区のデンバーのおばちゃんは、もう最終話になんで?なんだけど
「私は死んでる」「私は生きている」もぉ、これは涙でそうに、心にきちゃった。
いかにも、フランス映画っぽいのや、ハリウッドがかいま見えるのんやら
わずか5分に、キラキラつまってます。
私は、とっても楽しかったです。

パリに行きたいねぇ…


現象は決着すればよかった(BlogPet)

きのうプクが、稲刈りしなかったー。
でも、現象は決着すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

HEROES/ヒーローズ 第3話 大いなる跳躍One Giant Leap

うちは、スーパードラマTVが観られるんだった…(BBTVです)
この前偶然につけたら、再放送で「HEROES」の第三話がはじまるところでした。
海外ドラマ雑誌やネットのおかげで、
登場人物たちがなんとなく頭に入っていたので、(チェックしておいて正解)
意外とすんなり、どっぷり観られました。

はい、面白かったですよ〜〜

裏(FOX)で、プリズン・ブレイクのシーズン1もやっとりました。
マイケルが火傷しちゃう回ね。
ちょろっと観ただけで、わかってしまう自分がコワイ(笑)

毎週観るという根気のない人なんで、DVDまで待ちます。
たまに、観るかもしれないけど、これが映るTVはコタツが出現したら
まず、観られなくなりますね。
HEROES / ヒーローズ
ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、テキサス、そしてインド、東京。何千何万kmも隔てたそれぞれの土地で、ある奇妙な現象が同時に発生する。それ は平凡な人々に突如、スーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。ある者は空を飛び、ある者は不死身の肉体となり、ある者は未来を予知し、ある者 は時空を曲げるなどの能力を手に入れ、使命を感じる者もいれば、不安におちいる者もいる。いったい誰が、何のために、彼らにそんな能力を授けたのか。人類 を救うためか、それとも只のいたずらか。そして、彼ら HEROESや人類を待ち受ける、巨大な運命とは……!?(by:amazon

確かに、面白いつくり。
キャラ立ちがいいな。
アメリカでも人気の日本人ヒロ(マシ・オカ)の
「ヤッター!!」は、いいですよ。
同じく不死身のチアリーダークレア(ヘイデン・バネッティア)も、いい。
ロッキーの息子も、でてました(マイロね。笑)
エンパイアで、オクタビアヌスをやってた人も、アイザックという画家です。
これは、ちょい身なりがばっちい。

超能力者が、あちこちにいて、それも個々で能力は色々。
各個人のエピがあって、そこらへん「LOST」っぽいですが
閉鎖空間でない点は、大きな違いでしょう。
TVドラマは、人数が多い分ふくらみが出るんで
どのドラマも、主役級登場人物が多いねぇ。

どっぷり、海ドラ気味ですなぁ…

でも、観たい映画がどんどん増えてるんです。
ぼぉっ〜としてる間に、「ヘアスプレー」がぁぁ、始まっちゃったよ。
じぇったい行きたいです。
「ボーン・アルティメタム」も、ぜひ!(前二作はDVD持ってますし)
ファンタジー系も、多いんで、困っちゃうよ…。
「パンズ・ラビリンス」「スターダスト」でしょ。「ライラ〜」も。

「アレックスライダー」は、京都に来ないんなら、DVDをひたすら待つしかない…
(イケメンだ…予告みた?)

ぼちぼち有休をとろう!!

リーピング

イナゴ少女、現る…
このキャッチは、実は当を得ていない。


原題:THE REAPING
監督:スティーブン・ホプキンス
収録時間:99分
レンタル開始日:2007-10-12
大学教授キャサリン・ウィンター(ヒラリー・スワンク)は奇跡を信じない。今までに彼女が解明できなかった“聖なる”謎は一つもなかった。そんなある日、 アメリカ南部の小さな町ヘイブンの教師ダグ・ブラックウェル(デビッド・モリッシー)がキャサリンのもとを訪れ、町の人々が神のなせる業だと信じている一 連の不可解な出来事を解明してくれるよう頼む。その小さな町で起きた、一人の少年の不可解な死。そして事件と同時に真っ赤に染まった川の水。それはまるで 旧約聖書に登場する“十の災い”の始まりそのもの。その後も立て続けに起こる“十の災い”に酷似した怪奇現象は科学的説明のつかないものばかり・・・。町 中を覆い尽くした恐怖と疑惑は、死んだ少年の妹ローレン(アナソフィア・ロブ)へと向けられ、そして村人たちは信じ始める。『この少女を葬れば、町は救わ れる』。さらに、キャサリンの古き友である神父(スティーブン・レイ)が発した恐るべき警告。『その少女を殺らなければ、世界は終る』。そして、一連の怪 奇現象の謎の真相に近づくにつれ、キャサリンはヘイブンに隠された、恐ろしい真相を知ってしまう・・・。 (by:amazon)
リーピング - goo 映画
オフィシャルサイト

虫が襲う怖い映画ではなかった。

悪魔に聖書です。
この手は、最近見過ぎ?スーパーナチュラルですよ。
超常現象!の系統です。
怖さは、さほど強くはないですが、面白かったです。
相変わらず、キリスト教には疎いですけどね。
旧約聖書の十の災いとは
 1. 水を血に変える(7:14-25)
 2. 蛙を放つ(8:1-15)
 3. ぶよを放つ(8:16-19)
 4. 虻を放つ(8:20-32)
 5. 疫病を流行らせる(9:1-7)
 6. 腫れ物を生じさせる(9:8-12)
 7. 雹を降らせる(9:13-35)
 8. 蝗を放つ(10:1-20)
 9. 暗闇でエジプトを覆う(10:21-29)
10. 長子を皆殺しする(11章、12:29-33)
これが、映画の中で順番に起るわけです。

ローレンという少女の存在が、不気味に描かれ
ただ者じゃないことは、すぐわかります。
血の川や降ってくる蛙や牛の変異など
ぐぐっとつかみがよかったです。
キャサリンの過去というものが、込み入っていて
牧師であった彼女が信仰を捨て、奇跡の解明をする教授という存在が
妙に、現実感をもたらしています。
だもんで、後半の展開まで予想できなかったです。
ローレン役の少女は、「チャリチョコ」のガム噛み少女ですが
どこか美人系。そのせいか、どうも悪を一手に引き受けてなさそうな予感はありました。
台詞は、ほとんどないくらい少なくって、効果的かな?

キャサリンの写真が悪魔のマークに焼かれたことは
後半のどんでん返しのもひとつ先のどんでん返しを意味するのかも。

夢なのか現実なのかわからないキャサリンのフラッシュバックは
意外と効果的でした。
夢か?と思わせておいて、やっぱしそうだったのかぁ〜は、悪魔の子の妊娠です。
やっぱし、転生するわけなんよね。Σ( ̄ロ ̄lll) 
悪魔が滅びるわけナイ?そこに、神がいる限り…??

悪魔のね、マークが出てきたとき、即、わかってしまった…
いかんなぁ…。
かのスパナチュでも、悪魔活動が激しくなると、牛の突然死とか
牛さんにまつわる事が言われてました。
牛は、神聖なるものなんでしょうか。

イナゴは、嫁いでから見分けが付くようになりました(笑)
だって、田んぼあるもん。
お米の出来るまで…の学習を、嫁に来てから知りましたの。
コンバインで稲刈りすっと、左右にイナゴが逃げます。
でね、逃げ遅れたイナゴは哀れ…。
乾燥イナゴの頭・胴体、お目にかかります。
イナゴとりして、家の中で袋の口あけてイナゴが家中に…なんて事もあったね。
イナゴの佃煮は、食べてませんけど。
最近、田んぼも近辺の方にほとんどやってもらってるし、
腰痛もちをいいことに、なんも手伝いもしておりませんが…(f^^)
(ご飯食べるだけの人ね・笑)

イナゴ少女って…、全くいい加減なキャッチコピーです。
インパクトはあったけど。
この映画に、虫がうじゃうじゃでてくるんで、嫌いな人はしんどいかもしれません。
演出も、派手目なんですが、なんだか地味な感じがするのはなんだ?
現実臭が漂いすぎなのかなぁ??
時間も、私の好きなくらいの時間だし(二時間超えは最近しんどい)
なんだかんだと退屈せずに観られますよん。

一息入れています

DVD鑑賞生活のあたし、
この1年ほどマメな更新してたように思うの。
体の疲れもありますが、ここらでぼちぼち更新を実行にうつすね。
また、マメになるかもしんないけど(笑)

今日は、近況と雑多な散文。
また表紙につられて、買ってしまった本。
本当に面白い海外ドラマ完全ガイド (COSMIC MOOK)

結構楽しかったです。
色んなドラマの紹介があったんで。
この手の海外ドラマ本、
なんだか増えてるなぁ。

プリズンの方、シーズン3のエピガイとかあがってきてますね。
もぉ〜さぁ〜
えっ〜〜X30くらいの展開になってたなぁ。
えっ〜えっ〜
って言いたいです。
詳しくネタバレ読みたい方は、自分で探しなさいね。
あえて、書かないからっ!
また、ぶつくさ言いながら、観てしまうんだろうなぁ。
今度は、レンタルオンリーになってやるぅ〜〜〜と思った。(今後の展開次第ですが)
このごろDVDは、持ってるんばかり観てますよ。
正式に数えてはいないけど、コレクターになったよ。
棚の表面にみえるだけで、50本はあります。100本近いのぉ???
(注:海外ドラマは、入ってないし、正規品だよ)
<("0")> ナント!
好きで買ったからには、リピートしなくっちゃ損ざます。
廉価版がおおいですけどねぇ。ラブものがない…ねぇ。
アクション&サスペンスとか多いですね。
今年だけでも、廉価版じゃないのん相当買ってしまったよ。
トランスフォーマーも、予約しちゃったし…。
それもトランスフォーマー オプティマスプライムBOX (10,000BOX完全限定生産)

間違って、こっちをしてしまった。
オタクな買えなかった方、ごめんなさい。
amazonポイントで、安かったんで気がついてませんでした。
(amazonでは、既に売り切れてるようです)
やっぱし、キャンセルしません(笑)

パイレーツも高い方予約しちゃった(笑)
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド コレクターズセットパイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド コレクターズセット

豪華でしょ。お目当ては本です。


DVDを買っては、バカだなぁ〜と思っちゃう事もありますね。

この前も、「スパナチュ」買ってしまいました。
目の保養もあるんですが、お気楽に観られるんで
私は好き。
内容は、まぁあんましナイといえば、ナイ。
主役の二人が、イイ演技してますんで、まとまってると思うよ。
感覚が、必要かもしんないドラマだけど、ぼけぇ〜と観るには最適です。
血もテキトーにでてくるし。
男前の兄弟が、漫才?やってくれるのも、楽しいんで。
買ってから、見直すとコレも結構、おぉ〜な部分ありました。
お兄ちゃんのジェンさん、いいっす。(くどい)
alecついでに、ダークエンジェルも観ちゃいました。
全巻は貸し出し中でなかったので、ヌケまくりでしたが。
もちろん、目当てはジェシカ・アルバじゃなくって
ジェンセン・アクレスなわけで(笑)
若いだけに、まぁ異常に美形っぷり
やばいです。女優さん方くわれてますぜ。
でも、今の彼の方が好きなタイプです。
DAの話は、シーズン1の方が面白いかな?
彼のエピソード(ピアノレッスン)は、それだけで保養でした。キャハハ

夏から、てんで娯楽もんしか観てないもんなぁ。
どうも、お気楽娯楽ものからぬけられない。
社会派もんも、好きな方なんですが。
どうも疲れてるなぁ…
老けそ

ちゅうわけで、明日は「ロード・オブ・ザ・リング」を何日間かに分けてみようかと思ったんですが(感想も書いてないし)
スパイダーマン3が、届きます♪
クロネコヤマトから、メールが来たし確定です。
特典から、きっと観ますよ、アタシ。
書けたら、書きますね。

埋葬(BlogPet)

きょうプクは、ナイトメアで埋葬っぽい冒険したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

輝ける女たち

フランス映画なので、コワイもんもあったのですが
(合う、合わないがあるでしょぉ?私は、意外と合う方ですけどぉ)
この映画は、期待がそこそこだった分、面白かったです。
原題:LE HEROS DE LA FAMILLE/FAMILY HERO
監督:ティエリー・クリファ
収録時間:103分
レンタル開始日:2007-10-03
ニースにあるキャバレー"青いオウム"のオーナーであるガブリエルの突然の死。葬儀後、彼の遺言により、小さな誤解から疎遠になっていたファミリーが再び集まることになる。ガブリエルを父のように慕い、昔一世を風靡したマジシャンのニッキーの予想に反して、"青いオウム"の相続はニッキーではなく、彼の子供たちの手に渡ることに。そんな"青いオウム"で人気の歌姫レア、かつてニッキーを愛した元妻アリスとシモーヌ。彼女たちもガブリエルの死をきっかけに、それぞれが過去に置いてきた秘密や今抱えている問題を見つめ直し、忘れかけていた自分らしさを取り戻す。そして、ほんの少し前向きに歩きはじめることに…。(by:amazon
公式サイト
輝ける女たち - goo 映画

第一オーナーのガブリエルは、女装趣味。(↓ 画像の真ん中のじっちゃん)
舞台は、キャバレー。
輝ける女たち































主要人物が多くって、家族関係はフクザツで、
ん?と最初はなったけれど、次第にほぐれていきます。
遺産の店と邸宅の相続が、からんで、
それぞれの家族が、見つめ直し、また変わっていくっていう感じ。
フランス映画のオトナな笑いの要素があるような気がしました。
フランス映画にしては、観やすい部類になると思います。

『あの人は今』的な昔の有名マジシャンのニッキーを中心に
二人の元妻とその子供たちのからみも笑えるよーなフクザツさ。
いや、影で中心なのはガブリエルですけどね。
ガブリエルとニッキーの関係も、父子と思いきや
実は、養子。
アルジェリアから来た少年だったんですねぇ、ニッキーは。
最初の奥さんアリスがカトリーヌ・ドヌーブ。
その息子が、会計士をしてるニノ。
次の妻がマジックの助手だったシモーヌがミュウミュウ。
その子供が編集者をしてて夫と問題を抱えるマリアンヌ。
ニッキーが心寄せる歌姫レアが、エマニュエル・ベアールなわけ。
悪い人も出てこないし、安心してみられました。
家族ドラマは、アクはあっても家族に悪人はいらんかもね。

ちゃぴさんの大好きなゲイもいるじょ(笑)
息子のニノ (ミヒャエル・コーエン)が、ゲイで若い彼氏がいます。
ちゃんとラブシーンまであったりするし。
ちょっと、いい男だしねぇ〜。
o(>▽<)o
14キロやせて、リバウンドを気にしてて、笑ける!

やっぱし、フランス映画って大人の雰囲気なんでしょうか?
大人は、楽しめますねぇ、小洒落ていて…
(今日は、あたし思春期じゃないの)
エマニュエル・ベアールが歌も聴かせてくれるし、ちらっと脱いでもくれてるし
カトリーヌ・ドヌーブも、コワイおばさんじゃないです(爆)
貫禄こそついてますが、お綺麗ですわ。
ストーリーも、小難しくなくって、大人の再生物語のようなので
気分的に、よかったです。
音楽も、洒落た気分にさせられるな。
(フランス語のイメージもあるしねぇ)
クィーンまでかかったのは、びっくりしたけど、マッチングしてましたね。
パリ、ジュテームも、もうすぐだし、耳にフランス語もいいもんですよん。

お疲れちゃぴさんです。

コメントのお返しも、遅滞気味。
更新も、あんまし
映画もあんまし観られていません。
お盆明けから、仕事が忙しくって、残業をちょこちょこしてるんですが
トシだねぇ〜。
カラダが、あきまへん。
夕ご飯食べたら、ちょっと寝ちゃう!

もそもそ起きて、なんか観たいのね、サガだわ。
時間もあんまりないから、家にあるDVDだな。
特典は、点けたまま寝てしまうし
海外ドラマでも観んべ〜と
プリズン・ブレイクスーパーナチュラルを観てました。
24は、会社の友達に貸してます。

やっぱし、男前だわ〜

断然、字幕派!なんですが、今回、吹き替えばっかでみてました。
悪名高いスパナチュの吹き替えも、何回か観ると慣れるもんですねぇ。
吹き替えの方が、情報量が多いので、ある面、面白かったです。
なるほどね〜って改めて思うことも多かった。
スーパーナチュラルは、字幕でしか観てなかったんで、特に思いました。
映画ネタとか、笑いネタにちゃんと説明付けてくれてた。

アレックス・ライダーという映画が、月末頃に封切りなのですが
ちょっとイケメンだったので、心が揺れた(爆)
でも、なぜか京都では今のとこ封切り予定がない?
ユアンもでてるのになぁ…
(ミッキー・ローク、ビル・ナイもだよ)
少年スパイもんで、ずっと思春期な私は、観たいんですけど…
イマイチなのかなぁ?誰か教えてくれ〜
原作はストームブレイカー





イケメンといえば
昔、
オーリー♪がいいといっても、「誰?」と言われていたのに
今や、有名。
映画撮らないのかしらん?

ウェントくんも、海ドラがブームになり、その立役者の一人になって
表紙ですよ、表紙!(思わず、買ったわよ)
MOVIE STAR (ムービー・スター) 2007年 11月号 [雑誌]

やっぱし、あたしの目に狂いはないのよっ。
なんて、ほくそ笑んでますが、周りにも彼のファンが増えると
独り占め感が薄まって(笑)、少し冷めるのは否めません。
(青田刈りかい?)

あっ、今ですか?
一番のお気には、まだ、ジェンセン・アクレスですね〜。
今は、一見、男臭そうな感じな風体ですが、角度によって、そうじゃない。
美しいです。まつげなんかすごいです。
目力です!
彼のファンは、ウェントくんのファンでもある人が多いようです。
結局、趣味が同じなんだなぁ。
ネット観てたら、この前に観た「ア・フュー・グッドメン」を演劇してたっていう記事を読んだ。
制服、萌え〜。(ひんしゅくかうので画像のっけません・笑)

来週あたりからは、きっとジェームズ・フランコが復活すると思います。また、トリスタン〜借りようかなぁ。安くなってるはずだしね。
ひそかに、お待ちかねなんは、ケヴィンです!
ケヴィン・セガーズの新作映画でも、出た日には、即座に…待ち受けにします。はい
彼は、ハンサムすぎて役がなかなかなかったらしいです。
トランスアメリカ」も、ハンサムすぎるし…って断られてたらしい。
でも、どうしてもやりたくてGETしたようですな。
ハリウッドは、ハンサムに冷たいっていうのは本当ですねぇ。

いわゆるイケメンが好きですが、
クセモノ俳優とかアクのある俳優さんも好きです。
そのへんは、作品でちょいちょいいってまふ。
イケメンばっか好きってことでもないのよ、一応(笑)

でも
イケメンは、癒しです。

演説は鑑賞したかった(BlogPet)

きょうプクは中心も接触されたみたい…
だけど、ちゃぴと、演説は鑑賞したかった。

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ