晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2007年12月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

よいお年をお迎えくださいね

うわぁ〜〜、大晦日になってしまいました。
今年も色々お世話になり、
ありがとうございます。
ほんと、つぶやきな感想を読んでいただき、
ありがとうございます。
で、今年の月間bestとかやってみようかと思ってたんですが、
いったい今年何本くらい映画を観たのか知りたくなって、羅列してみました。
これに、書いてない感想もあるし、リピート(以前に観て記事なしはいれてます)もあるし、
海外ドラマの連続ものは入れてないんで
相当おバカに観てた…。
220+α(海ドラ&リピート)です (⌒・⌒)ゞ イヤァ
で、↓ がその羅列です。
横の月Archivesからリンクしていくとこの順にあります。
月末から月初の順になっています。
今日の気分で、お気に入りにを付けてみました。

1月 28 ゲイ映画推奨月間??
ディパーテッド RV ダンジョン&ドラゴン カーズ レディ・イン・ザ・ウォーター グエムル漢江の怪物 カサノバ トランスアメリカ フーリガン エンジェルス・イン・アメリカ アンビリーバブル プルートで朝食を レイヤー・ケーキ インファナルアフェア ユナイテッド 93 隠された記憶 夫以外の選択肢 ウルトラヴァイオレット 日本以外全部沈没 ブレイブ・ストーリー X-MEN:ファイナル ディシジョン ブリジット・ジョーンズの日記きれそうなわたしの12ヶ月 LIMIT OF LOVE 海猿 ゾルタン★星人 プライベート・ライアン グラディエーター ゴッドファーザー 南極物語(アメリカ版)

2月
 22 近所にレンタル店開店!1本10円!!
ヅラ刑事 ゆれる ギャラクシー★クエスト キンキーブーツ ワールド・トレード・センター 地獄の変異 ファイナルデッドコースター イルマーレ(06’アメリカ)SAYURI デスノート前編 県庁の星 ザ・センチネル 陰謀の星条旗 ローズ・イン・タイドランド 16ブロック 日本沈没 下妻物語 マッチポイント ワイルド・スピード インファナル・アフェア掘.ぅ鵐侫.淵襦Ε▲侫Д↓供.疋蝓璽爛轡奪 エピソード 1/2 硫黄島からの手紙

3月 27 借りまくり月間。血みどろ変態月間でもある。
運命の女 死霊のはらわた ナチョリブレ覆面の神様 サウスパーク dot.ドット SAW3 呪い村436 EMPIREエンパイア 記憶の棘 ホステル トラブル★マリッジ〜カレと私とデュプリーの場合〜 トゥモロー・ワールド グッド・ガール バッド・ガール DEATH NOTE デスノート the Last name 愛より強く カポーティ フラガール ツイステッド イントゥ・ザ・ブルー ディック&ジェーン ジョルジュ・バタイユ ママン 氷の微笑2 ディセント 薬指の標本 ルイーズに訪れた恋は・・・ 7セカンズ もしも昨日が選べたら

4月 26 イケメン月間だと思うが、キリアン月間な気もする。
アナポリス青春の誓い ヘイヴン堕ちた楽園 ブラッド・ダイヤモンド カオス 麦の穂をゆらす風 時をかける少女(2006)  スネーク・フライト プラダを着た悪魔 アマロ神父の罪 ハニー&ダーリン チームアメリカ★ワールドポリス リトル・ダンサー フェイス/オフ ヘヴン 家の鍵 きみに読む物語 バットマン・ビギンズ ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ テキサス・チェーンソー・ビギニング 死霊のはらわた2 すべてはその朝始まった パニック・フライト 乙女の祈り 青い棘 パフューム〜ある人殺しの物語〜 28日後

5月 22 引き続きイケメン月間、でもジェームズ・フランコですよね。
パプリカ パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド シャーロットのおくりもの 007 カジノ・ロワイヤル(2006) インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン ドクター・フー(2005)Vol.1 愛の嵐 手紙 SONNY/ソニー 欲望のニューオーリンズ カレンダー・ガールズ バレエ・カンパニー ブギーナイツ ブラック・ダリア ウィンター・ソング ハンニバル・ライジング スパイダーマン3 レオポルド・ブルームへの手紙 ダイ・ハード 父親たちの星条旗 キング罪の王 裸の天使

6月 18 映画館強化。好きな映画が異常に多い
ビハインド・ザ・サン モーツァルトとクジラ ドリームガールズ ラッキーナンバー7 アポカリプト 300《スリーハンドレッド》 守護神 ホワイト・ライズ タイムライン FAKE ID 大奥 アメリカン・ヒストリーX あるいは裏切りという名の犬 ロック・スター リトル・ミス・サンシャイン トリスタンとイゾルデ ザ・シューター/極大射程 武士の一分

7月 21 特に、個性がない月なような気がします。
レジェンド・オブ・パイレーツ Conversations(s)/カンバセーションズ アナザーエフェクト フリーダムランド 幸せのちから リプリー ハイスクール・ミュージカル ハッピーフィート どろろ マリー・アントワネット 今宵、フィッツジェラルド劇場で unknown/アンノウン イン・グッド・カンパニー モンスター・ハウス ハリウッド的殺人事件 最`愛'絶叫計画 Gガール 11:14 ゲド戦記 プリズン・フリーク ダイ・ハード4.0

8月 23 好きな映画が多い、なかでも善きソナ、ブラック・ブックは出色!
ステップ・アップ ブラックブック さくらん ゴーストライダー トランスフォーマー アザーズ アホリックス バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 パイレーツ・オブ・バルト1&2 ニック・オブ・タイム メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 鉄コン筋クリート 口裂け女 ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド イカとクジラ ホリデイ エクステ 毛皮のエロス デジャヴ ナイトミュージアム ボビー 善き人のためのソナタ 世界最速のインディアン

9月 15 プリズン&スパナチュで、映画本数は少なめ
ア・フュー・グッドメン アルティメット ドリーマーズ 大帝の剣 穴/HOLES 終わりで始まりの4日間 スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい ザ・デジャヴ スパイラル・バイオレンス パフューム〜ある人殺しの物語(DVD) サンキュースモーキング  ポイント45 ラブソングができるまで サンシャイン2057 ユージュアル・サスペクツ

10月 12 スパナチュにはまってた(笑)映画は、ほとんど好きな映画ばかりです
GOAL!2 クィーン パリ、ジュテーム リーピング 輝ける女たち ロッキー(1976) ロッキー・ザ・ファイナル ラストキング・オブ・スコットランド 恋愛睡眠のすすめ アンフェアthe movie キャリー スリーピー・ホロウ

11月 15 風邪ひいたけど、内容は満足な月。ヘアーとボーンはオススメ!
アドレナリン ヘアスプレー ボーン・アルティメイタム マイ・プライベート・アイダホ ハリーポッターと不死鳥の騎士団 レミーのおいしいレストラン スウィート・ノーベンバー 敬愛なるベートーヴェン ラッキー・ユー アモーレス・ペロス あるスキャンダルの覚え書き フランシスコの二人の息子 シュレック3 ゾディアック バベル

12月 18 新作がおおいなぁ…。ホラーがなぜか多い。
ボルベール<帰郷> ゴースト・ハウス リンガー!替え玉★選手権 オーシャンズ13 いけにえ ブラッド リトル・チルドレン スパニッシュ・アパートメント エバン・オールマイティ 舞妓Haaaan!!! ALWAYS続・三丁目の夕日 女帝エンペラー The Last Day 変人村 鉄板英雄伝説 ブリッジ ゲゲゲの鬼太郎(2007・実写版)グリース 

来年も、よろしくお願いしますねっ               

ボルベール<帰郷>

元旦セル&レンタル開始ですが…
並んでたんですね〜。お先に借りました!
観たかったんですよ。
よかったですよぉ〜。
ボルベール(帰郷) コレクターズ・エディションボルベール<帰郷> 
原題:Volver(2006・スペイン)
監督・脚本: ペドロ・アルモドバル
上映時間:120分
キャスト:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、チュス・ランプレアヴェ、ヨアンナ・コバ、他

失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は勢いあまって父親を殺してしま う。愛娘を守るため、ライムンダは必死に事件の隠蔽を図るが、その最中に「故郷の叔母が死んだ」と知らせが入る。一方、葬儀のため帰郷したライムンダの姉 ソーレは、大昔に火事で死んだ姉妹の母の亡霊が、1人暮らしだった叔母をこっそり世話していた、という奇妙な噂を聞く。
ボルベール<帰郷> - goo 映画
シネマトゥディ その1その2
公式ページ(ペネロペの唄が聴けます)

この映画、

「男」が、どいつもこいつも、
まったく、どうしようもないっ!


Volver3でもって、影が薄〜〜〜(爆)
カンヌで、この映画に出てくる女優さん6人に「女優賞」をあげたくらいですからぁ。(ペネロペに母・姉・娘・隣人・叔母役の人)
監督も、おねえなんじゃなかったっけ??(笑)

サスペンスな事件が背後にありながら、暖かい。
コミカルさとユーモラスさも。
画面は原色も。
でも、それ以上に女優さんたちがいいし、けばけばしくはないのよね。
Volver4ペネロペさんは、相変わらずおキレイです。
目力でまくってます。
でもって、めりはりボディ。
私も、つい胸の谷間に目がいってしまいましたよ(笑)
ちなみにお尻は、付け尻したそうです。
若くして母になった女であるから。
彼女ばかりが、クローズアップされますが、
他の4人の女優さんも素敵ですよ。
女性を描かせたら随一というアルマドバル監督ですが、
おんなのパワーや強さがありますねぇ。
母は強いんです!
したたかで、結束しちゃうと最強よね。
スペインの暮らしみたいなのが、垣間見れる感じ、
スペイン語が心地よかったし。
Volver2映画の中で、タンゴ「ボルベール」をペネロペが、唄うシーンがあります。
なかなかこれが、味があってよかったのよ。

まず、ライムンダの夫が娘に酔ってやらしー視線…。
事件がおきちゃう。「血のつながりがないから」と無理に犯されそうになった娘は父親を包丁で刺し殺してしまう…。
事情を聞いたライムンダは隠匿に…
こう書くともうサスペンスでしょ?
夫に未練やらはさほど感じられないのが、コワイとこ(笑)
でも、呆然とする様や死体の片付けシーンは、リアルな感情が出ていた。
このことは、母娘の二人だけの秘密で、姉にも言わない。
こんなことがあって、懇意にしていた叔母の葬儀にも行けず
姉ソーラ一人に頼む。
叔母の向かいの家のアグスティーナが、叔母の生前からパンの世話やらつくしていて、葬儀の取り仕切りもやってくれてた。
ここで、故郷ラ・マンチャの村のおばさんたち…、怖いなぁ(笑)
死んだはずの母が、叔母の世話をしていたんじゃないかっていう話をするのよね〜。
アグスティーナは、ヒッピーだった母が失踪してて、なんとか逢いたいの。彼女も末期ガンで余命幾ばくもない事が後でわかる。

もう、あらすじを追うのはやめておこっと。

男が、まったく存在感が薄く、罪な存在。

Volver5死んだはずの母と再会は、
あ〜わかるわぁ〜〜
なんとなくだけど、わかるわぁ〜〜
なの。

とにかく、そうなの。女なら、わかるかも。
輪廻というかなんつうか…。
人が死んでるんだけど、事件の匂いがしないのがスゴイなぁ。
Volver1女の生活臭も、ばりばりにきいていると思う。
料理して、髪の毛染めたり、おしっこしたり(男性、必見??)ぼさぼさ髪だったり
買い物したり、お墓の掃除に仕事…。
ペネロペさんに、掃除婦さんの姿は似合わなかったけどねぇ。
女性賛歌の映画っていうのがすごくよくわかる気がしたわ。
年の瀬に、イイ映画観た。
恋愛臭がないのも、いい。

08年1月に観たい(新作)DVD

奥様、お正月支度は進んでますでしょうか?
あたしゃ、年賀状もまだ印刷できてません。
あっ☆という間に、もうこの時期です。
先月書いたように、1月1日開始の二作は、外せません。
ふふ、既にGET
これね
ボルベール 帰郷



プレステージ
では、以後のをいってみよ〜


1/9
キサラギ
う〜ん、別にいいんだけど…
お嬢が小栗旬が最近好きだし、借りちゃいそうです







1/11
TAXi4
これは、説明はあまりいらないですね。 楽しんじゃいたい!







ブラック・スネーク・モーン 
孤独なブルース・ミュージシャンにサミュエル親父、セックス依存症の少女にクリスティーナ・リッチ。
孤独な彼が、彼女を治療?
ジャスティン・ティンバレークも、出ています。





プロヴァンスの贈りもの
監督はリドリー・スコット。ラッセル・クロウ主演。
大人の恋の話らしい。
風景が美しい。





ネバー・サレンダー 肉弾凶器
元海兵隊員の怒りの追跡〜らしい。
アクションとハデな爆破がウリ。
こーゆーの好きだしねぇ。






1/23
ハイスクール・ミュージカル2
これは、観たいの(笑)
07年って、音楽映画やダンス映画をたくさん観たように思う。
楽しいですね、これは!
ザックのファンは、必見。(私は友達のこが好き)




1/25

アーサーとミニモイの不思議な国 
ファンタジー映画が、最近多いです。
これは、イマイチな評判ですが、やっぱり観ますよ〜。






ROME[ローマ]
ミニシリーズの海ドラ!見応えあるらしいよ。
レンタルは今回1〜3巻。(全22話順次レンタル、セルは3月)
エンパイアも観てることだし、それ以前の物語で
興味アルなぁ。
ちなみに、制作費は200億円超え。R-15。
残酷シーン&セクシーあり。ケーブルTVのドラマだもん。WOWOWで再放送してるんで、HDDに録りための予約しちゃったんだけど、DVDで自分の部屋で観た方がいいかも(笑)

魔笛
英国の天才“ケネス・ブラナー”監督が世界史に残るモーツァルトの最高傑作オペラを、斬新なストーリー・テリングと驚異のビジュアルマジックによって完全映画化!舞台を第一次大戦前夜のヨーロッパに移し、魔法の笛に導かれて出会った恋人たちの奇跡の愛の物語を描く。息継ぎすら忘れてしまう長まわしで始まる冒頭のカットは必見!
↑ とamazonに書いてあった。 ちょっと観たい!

ラッシュアワー3
これは、面白そうだし。
意外とジャッキーの映画は観ていないんですよね〜、私。






こんなもんかな??
もう、でてるのですが
キッドナップ
海ドラ。誘拐解決もん。3枚で終わりだし。







LOST シーズン3
これも、既にレンタル開始されてますが、まだシーズン2見終わってないのよね。そのくせ、実は偶然にもシーズン3の最終回を見てしまったのよ。
シーズン3は、ロドリゴ・サントロが出てくるの。うふ
でも、アタシはソーヤも好きだしなぁ。




映画館上映の方も、
ジョニデの新作やAVP2とかフィギアスケーターとかあるしね。
でも、エイリアンはとっても苦手ちゅうか、ビビってるんで、見ないと思う。
1の方は、なんとかWOWOWで観た。
大丈夫だったけど(笑)
ジョニデの新作は、前売りもかって準備してますわよ!ほほほ
ナショナル・トレジャーは、肩の凝らない娯楽作品だしなぁ
ウィル・スミスは、DVDでいいみたいだね。
3月が、DVDも見たいのでるし、映画館も観たそうなのがあるみたいなの。
大変だな〜って今から心配よ。

注目(BlogPet)

きのう、リン注目しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

ゴースト・ハウス

サム・ライミが製作のホラー。監督は「The Eye」の双子の監督。
主演は、「パニック・ルーム」のクリステン・スチュワート。
原題:THE MESSENGERS
監督:ダニー・パン , オキサイド・パン
収録時間:90分
レンタル開始日:2007-12-21
大都会シカゴを離れ、ノース・ダコタの人里離れた農場に引っ越してきたソロモン一家。失業中の 父ロイ(ディラン・マクダーモット)はここでのヒマワリ栽培に賭ける一方、家族の心をバラバラにした問題児の長女ジェス(クリステン・スチュワート)の存 在に頭を痛めていた。そんな中、ジェスは家の中で怪現象の数々に遭遇し始める。
シネマトゥディより
ゴースト・ハウス - goo 映画

たぶん、観やすい方。
怖さというかびっくりというか、音の効果がドキドキ。
怖いモノの正体は、意外と怖さのないもので、
それまでにくるゾゾッ、「来るぞ来るぞ」っていう怖さです。
最近は、視覚的な残虐さとか、残酷さや醜悪さの勝ったホラーが多かった。
どちらかというと昔の雰囲気な怖さを狙ってるような気もしたんですが、逆に新鮮だった。

冒頭から、ある一家の襲われるシーン、誰も助からない。そして、その襲うものの正体は明らかにされてないのがミソ。
この家に初めからナニカが住み着いていて
それが…と思ったのですが、そうじゃなかった。
ちょっとだけ、そういう捻りワザ(笑)
家族の中での少女の位置の微妙さ。年の離れた喋らない弟。
シカゴからこんな田舎になんで引っ越しに来たか
この家族も、なにかをもっていて、その秘密は少しずつしか明らかにされていかない。

隣の家がない…つう広大な田舎。
そう、家には「いる」のよゴーストがね。
でも、両親はとりあってくれない。
ジョンという農作業手伝いの男が、彼女の味方になるのかと思ったらそうじゃなかったしぃ。
カラスは凶暴で、怖かったなぁ。

私は、そこそこ楽しめたのですが、
この家族は誰も命を落とさないし、血みどろもたいしてないんで
ホラー上級者には、つまんないかも。
ホラーのちょい苦手そうな女の子とおうちデートで、観るくらいには丁度いいかもね。
長さもみじかいし。

リンガー!替え玉★選手権

「ゴーストハウス」も観たんですが、先にこっちをあげますね。
この映画は、障害者ネタみたいだったので、スルーと思ったのですが
意外と評判がイイみたいなので、観ることにしました。
原題:THE RINGER
監督:バリー・ブラウスタイン
収録時間:95分
レンタル開始日:2007-12-05
気のいい会社員スティーブは、ひょんなことから大金が必要になる。そんな時、ギャンブルの借金で首が回らなくなっていたスティーブの叔父ゲイリーが、とん でもないことを思いつく。スティーブが知的発達障害者のフリをして、スペシャル・オリンピックスに出場し、勝って一山儲けようというのだ。渋々引き受けた スティーブは、ジェフィという名前で大会に参加。そこで出会ったボランティアスタッフのリンに一目惚れしてしまう。
リンガー! 替え玉★選手権 - goo 映画

障害者の出てくる映画は、なんだかんだと観てる方なんですが、
あざとさとか気になったりするんですよね。
邦画は、特に扱いが下手だと思います。
それだけ、難しいテーマだし、ナーバスにならざるえない点はあります。
この映画の障害者は、主に知的なものが主です。

この映画は、あらすじだけ読むと、非常にコワイ(笑)
だから、スルーにしようかとも思ったのよねっ。
しかしながら、ジェフィ(スティーブ)は常に良心の呵責に悩んでます。
その上で、彼らととても仲良くなってしまう。
全体の雰囲気が、非常にイイ感じで明るくって観やすい。
それでいて、色々と考えさせられる点は、やはり評価されるんでしょうねぇ。
こういうデリケートな問題を扱ってるがゆえに、設定が重要。
主人公は、根が「いい人」なんです。
お金が必要になったのも、「いい人」がゆえだし。
障害者の中に「セレブ」なやつをもうけることで、障害者=弱者という公式を崩れさせてる。
また、障害者中心の世界にしちゃってる。
障害者たちは、彼が「特別」なメンバーでないことを見抜いた上で、仲間にしている。
などなど、よくできていたと思います。
お涙ちょうだいじゃなく、くすくすっと笑えるくらいの明るさが救い。
おバカ映画のテイストでありながら、ほんわりかな?
まぁ、ある種「あざとい」のはエンディングかもしれないですが
それでも、見終わった後はスッキリした感じがありました。
ジェフィと障害者との交流は、現実そうはいかないにせよ、無理なくみられました。

ふっと、考えさせられるものがあります。

ウォーターガンで、大騒ぎのシーンは楽しかったです。
「構え」とかみえない「壁」とか、そういうものが「特別」にしちゃってるんじゃないでしょうか?

障害を持つ人に対し、異常に美化したり持ち上げたり…でもって、かわいそうにしたり…そんな映画があざといんですわ。
名作といわれるもんもありますけどねぇ。うん。

オーシャンズ13

メリー・クリスマス

よいクリスマスを過ごされたことと思います。
(つうことにしてよね・笑)
そう、アタシはケーキが食べられる幸せな日
この二日の休日で、相当また太ったんじゃないだろうか??

やっとこのDVDが借りられました。
原題:Ocean's Thirteen
監督:スティーブン・ソダーバーグ
収録時間:122分
レンタル開始日:2007-12-19
“オーシャンズ”のメンバーの1人、ルーベンが心筋梗塞で倒れた。原因は世界的なホテル王ウィリー・バンクの裏切り。だまされ、切り捨てられたショックで 病に伏せたのだ。ルーベンの病床にかけつけたオーシャンやラスティーたちは、仇をとるべく行動を開始。狙う先は、バンクが新たにラスベガスに建設するカジ ノホテルだ。最新鋭のセキュリティに守られたこの場所で、バンクの全てを奪うための戦いが開始された…!!
オーシャンズ13 - goo 映画
公式サイト
oc134
年末特番TVみたいな映画だよね。
お祭り映画だよね〜。
豪華な俳優さん揃いです。

先回のオーシャンズ12が、観客置いてけぼり〜な感が強かったんで
あんまり期待していなかったんですが、特番だし観ないとみたいなノリでいきました。
oc135今回は、ジュリア・ロバーツも、キャサゼタも出番なし。
それが善かったように思います。
彼女たちは、ギャラも高いしワガママだし(洋服が〜とかさ)
男ばっかで、ぎゃーぎゃーやってる方が面白いよ。
「オーシャンズ」の面々のキャラも、それぞれにたっていて、楽しかった。
すっかり誰が何が得意かなんて忘れちゃってますけど…。
三作のなかでは一番、個々に見せ場があったような気もします。
これも、お祭り映画なんだから、深いことは気にしないで
楽しんじゃったもん勝ち!
oc133やはりマット・デイモンは、良い味だしてました。
付け鼻までして!「ボーン」シリーズとはエライ違い。
この辺のふろしきが広いですよね。
対するエレン・パーキンもよかったな。
相変わらずのジョージとブラピの掛け合い漫才も、面白かったです。
ケイシー・アフレック とスコット・カーンの双子役も、面白かったけどね。
じいちゃんたちも、すっとぼけてよかったよ、相変わらず。
まったく先回のオーシャンズ12は、なんかよくわからんうちに終わったって感じだったんだけど、今回は、手口がよくわかったし。
変装も楽しかった。
やっぱ、舞台がベガスっていうとこがいいな。
oc138俳優さんが楽しそうっていうのも、ある意味面白い。
アル・パチーノも、楽しそうだったもん。
ドン・チードルは、どうも「ホテル・ルワンダ」が私の中で強くって、エディ・マーフィーに見えてきてしまった(笑)




oc137うん、やっぱしこの方も出てたのよ(爆)
記憶は正しかったのだわ。
この方のイメージは、かなり変な方向にいってしまってます。(ヴァンサン・カッセルさんです)
参考記事→ココ

娯楽に徹して観るのには、最適な雰囲気です。
そうそう、アルさんのホテルのオープニングの催しで
和太鼓のショーもしてましたが、「SUMOUショー」もしてたんだよね。
日本文化っていうのは、セレブでは「おされ」なんでしょうか??
そのお相撲さんは、曙サンでした。
結末も、安心してみられるんで気楽でいいです。

oc132<豪華な出演者>
ジョージ・クルーニー (ダニエル・オーシャン)
ブラッド・ピット (ラスティ・ライアン)
マット・デイモン (ライナス・コールドウェル)
アル・パチーノ (ウィリー・バンクス)
バーニー・マック (フランク・キャットン)
アンディ・ガルシア (テリー・ベネディクト)
ケイシー・アフレック (バージル・モロイ)
スコット・カーン (ターク・モロイ)
カール・ライナー (ソール・ブルーム)
ドン・チードル (バシャー・ター)
シャオボー・クィン (イエン)
エディ・ジェイミソン (リビングストン・デル)
エリオット・グールド (ルーベン・ティシュコフ)
エレン・バーキン (アビゲイル・スポンダー)
ヴァンサン・カッセル(フランソワ・トゥルアー “ナイト・フォックス”)
セリーヌ・ディオン (セリーヌ・ディオン)
曙太郎 (力士)

いけにえ

なんたって、ジェンセンですだ
それだけの理由で、観てみました。
今年の秋は、でれ〜とはまってましたねぇ(=^_^;=) デヘデヘ
ジャケ写&題名の割に、そんなにも、グロくないです。
スパナチュのほうが、怖いと思う。
原題:Devour(2005/日本未公開)
監督:デヴィッド・ウィンクラー
出演:ジェンセン・アクレス、アラン・アクレス、シャニン・ソサモン、ドミニク・スウェイン、ウィリアム・サドラー、マーティン・カミンズ
収録時間:90分
レンタル開始日:2005-10-05
ジェイクは友人から薦められたインターネットゲームをやり始める。しかし、それ以降悪夢のような映像が彼女の脳裏によぎり、やがてそれは現実のものとなる。

評価はあんまりよくないです。
しかし、ジェンセンファンには、出ずっぱりのジェンセンに癒される(え〜?)
Devour1← こんなアップがいっぱいです(笑)
まつげくるりんだわ〜なんて私も観てましたけど。
役的には、ワイルドなタイプじゃなくて、どちらかというとまじめな学生さんです。
そんな感じも、なかなか似合ってました。
友人から勧められたネットゲームから、とんでもないことが起きて、恐怖に…。
調べていくうちに…、自分の隠された過去も暴かれていくというような感じ。
悪魔がからんできて、もろ「スパナチュ」の世界です。
でも、この映画の中では、ハンターでもなく、立場が違う。
この映画の評価が悪いのは、脚本の緻密さが欠けてるように思う。
友人たちのキャラ立ちもいまいちだし、背景がもっと欲しかったな。
ストーリーラインは、そこそこホラーとして行けると思うんだけど…。
低予算の映画のようなので、しゃーないですよね。
Devour3また、無名の俳優さんばっかなんで、DVDスルーになっちゃいますね。
血みどろなグロも、意外と少ないし、お約束のエロも炸裂してないです(笑)何やっても、ジェンさんは、SEXYでしたけどねぇ…
女性の裸もバックヌードくらい、SEXシーンもあるけど、着衣だったりする。
まぁ、前日の「ブラッド」はハデに脱いでましたからねぇ。

Devour2見所は、アクレス親子がほんとうに親子役で出演してる。
それが観たかったのもあります。
こんな完璧な男前の人の父ちゃんの顔が見たい…
顔立ちは、そんなに似てないのですが目の色が同じね、やっぱ。
YouTube
← アメリカの方のジャケも、もう一つですが、日本よりマシ??

B級インディーズホラーとして、観るならば、そこそこ観られますよ。
ホラーだけど、イケメン鑑賞にもなります。


ジェンセンは、映画で観てみたい俳優さんなんですが、(顔とかだけじゃなくて、意外と化けそうな感じがする匂いがあるんで)

10inchesスパナチュの合間に、とんでもない恰好をして、インディーズ映画に出てました。
TEN INCH HERO」という映画。
日本での公開は、???なんですが、DVDになったら絶対観ますよ(爆)
なんせ、タンポン持ってます…。
これは、まずまずの評判ですけどね…。
では、YouTubeいってみよ〜

ブラッド

きゃははは、血みどろ映画〜。今年最後かな??
イケメンが出てるっていう部分に、目が光ってしまったんですが(笑)
流血シーン、残酷シーンがあるので嫌悪感を催す人は観るなって
初めに「おことわり」がありました。
確かに、流血とか多いんで、ご注意を。でも、もっとすごいのがあるから
注意書きほどじゃなかったとも思えますけどね…。
私は、もちろん平気でした…
原題:RISE : BLOOD HUNTER
監督:セバスチャン・グティエレス
収録時間:98分
レンタル開始日:2007-12-21
ある日、セイディー(ルーシー・リュー)がカルト集団の記事絡みで取材した少女の死体が路地裏で発見される。彼女はその少女の件で同僚の部屋を訪ねるが、 そこにいた見知らぬ男(ジェームズ・ダーシー)に拉致されてしまう。ヴァンパイア集団のアジトである豪邸に連れ込まれた彼女は、彼らの餌食になってしまう が……。
シネマトゥデイより
ブラッド - goo 映画
公式HP

主人公の女性が、自分の意志とは関係なくヴァンパイアにされ、
ヴァンパイアの身の上でありながら、同じバンパイアたちに復讐していくという筋書きでございまする。
製作は「ゴースト・ハウスピクチャーズ」。サム・ライミが関わっています。
マリリン・マリソンが、バーテンダー役ででてます。気がついてなかったです。
別に、ヴァンパイアの役じゃなかった。そのまんまでも、かなり変な方ですけど。
blood1なぜ、ルーシーなのかわかんないんですけどね…
あと、ヴァンパイアに付きものの、「牙」はない。
道具で、シュッパーとかっ切って、チュパチュパ。
顔中、血みどろになって、食事するの。
舞台は、現代だし、クラシカルなドラキュラ風ではないということですなぁ。

ホラーと一言で片付けられない要素も、多い映画です。

不死身な身体で、人間の血を渇望してしまう本能に悩みまくるヒロインは、ヒーローものを彷彿しました。
また、娘を殺された刑事との友情もある。
どこか、サスペンスな雰囲気もあるし。
ヴァンパイアのヴァンパイアハンターは、アクション要素もあります。
もちろんこーゆー映画にお約束の無駄脱ぎも多い。
全裸逆さづりなんかもあったりするし(笑・血抜きですよ)
血みどろは、割とイケる口ですが、この辺ぐらいの加減の方が好みです。
食事のための血みどろっていうのが、許せるのか?
ただ、切り刻んでの血みどろは、美しくなくって(え?)好きじゃないのよね。
戦いの血みどろも許せる(え?)
悪魔・怨霊・怪物・動物系とかのクリチャーも許せる。
狂気の人間の快楽殺人のみってぇのが許せない。キライだ。
とまぁ、私なりにも許容範囲があるのだわさ。

blood2彼女の武器は、ボーガンです。
これについての説明は少なかったな。
「スパナチュ」では、首をちょん切らないとダメでしたねぇ。

彼女を助けた人物の説明や背景も、少ない。
原題が「RISE」なんで、続きがあるんでしょうか?
blood3彼女を理解する刑事さんは、ファンタスティック・フォーの岩石男さん。
自分では死ねない彼女が、ビショップをやっつけたら
私を殺して…と頼む。
ここら辺の二人の感情は、よくできてました。


blood5で、イケメンって誰や?
たぶんビショップ役のジェームズ・ダーシーでしょうね。
まぁそこそこヴァンパイアとしては、甘く及第点をあげましょう。
「ドット・ジ・アイ」とか「マスター・アンド・コマンダー」とか出てました。
画像がいいのが見つかんなくって。
好みのタイプでは、なかった(爆)

blood4ホラーの流血とか大好きな人には、もの足らないかもしれないけれど
話的には、盛りだくさんで結構面白く観られました。
この手の映画のよいところは、100分ないってことよねっ!


日本のDVDジャケは、異様におどろおどろしてるけど
← 向こうのポスターとかは、なんだかジャパニーズホラーに見えちゃう(笑)
やっぱし、アジア顔だもんな〜。


逃亡(BlogPet)

プクは、証言を逃亡しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

リトル・チルドレン

リトル・チルドレンっていうのは、「オトナになりきれれない大人たち」のことを言うのだそうです。
出てくる主要キャラは、みんなどこか欠落している。
大人になりきれない…なんとなく思い当たる節もあったりして。
原題:Little Children
監督:トッド・フィールド
収録時間:137分
レンタル開始日:2007-12-21
郊外の街に住む主婦サラは、いつも娘を遊ばせに来る公園での主婦付き合いに飽き飽きしていた。そんなある日、司法試験勉強中の“主夫”ブラッドが息子と公 園にやってくる。互いの存在に興味を抱いた2人は、子供をダシにして市民プールで毎日会うようになる。そんな中、子供への性犯罪で服役していたロニーが釈 放され、街に帰ってくる。ブラッドの友人で元警官のラリーはこれに過敏に反応、ロニーと老母への執拗な嫌がらせを開始するが…。
リトル・チルドレン - goo 映画
公式HP
eiga.com注目映画特集
シネマトゥディ

不倫のドロドロだけの映画ではないです。
夫はそこそこ会社で地位もあり、家もなかなか立派で、
でも何か満たされない…
主婦たちの会話には、ついていけないし…
(すごくわかるわっ、私も韓国ドラマにはついていけないもの、アメドラならいけますけど・笑)
littlec2サラとブラッドが、何かをお互いに感じ惹かれ合うのは
自然だけど、そこから先にはなかなか進めないという描写が丁寧でした。
二人の間には、お互いの子供たちがいるわけだもの。
なぜ二人が自分の今の状況に満たされていないかという点や
なぜ惹かれるか…そこらへんも観てる方は納得出来るものがありました。
ちょっとしたいたずらな雨が、一気に加速に導いて
不倫におぼれる。
平行して描かれるのが、性的変態者ロニーとそれを嫌悪する元警官ラリー。
元警官のラリーは、ブラッドと友人であるという関係。
この二人も、欠落した人間たちです。
サラの夫も、エロサイトにはまってます。
ブラッドの妻キャシーも、一番まともな大人のようですが、実は夫をみてないと思う。
後半の展開は、面白かったです。

littlec3配役の妙というか
ケイトが眉もぼさぼさだし、体型もゆるめだし
いかにもいかにもイケてない主婦ぽいのに
ブラッドの妻役はジェニファー・コネリーで
颯爽とした美しい妻という対比が、際だってる。
あちこちでもそんな風に書かれていて、みんな考えることは同じなんだなぁ。
情事のシーンも、結構あるんですが、シーンの各時間は短めの割に、激しく映ります。
ケイト・ウィンスレット体当たり〜。完璧ボディじゃないところが、逆にリアルさと熱さを感じました。
この激しい情事も、見所になってますけどね。この二人にとっては、精神的にも重要な出来事でもあるし、はずせません。

littlec4変質者のジャッキー・アール・ヘイリーが、いいです。
前半からキモさ満開で、母とのやりとりは喜劇。
でも、最後の母の死の取り乱しは、絶品。
アカデミー賞助演男優賞にノミニーされていたそうです。(ケイトは主演女優賞にノミネート)
プールでの変度もかなりだったし、女性とのデートも!
おっさんなんだけど、「ママが死んじゃった」と泣く様は、3歳の子供みたいでした。
(この人の作品をImdbで探してみたら、「パートリッジ・ファミリー」なんて、ある年齢以上の人しかわからないような音楽海ドラ見つけてしまったよぉ(爆)

ブラッド役のパトリック・ウィルソンは、どこかで観たけど思い出せなかった。
オペラ座の怪人」のラウルだった。そうだっけ?ジェラルド・バトラーよりも、たしか歌上手かったよねぇ(笑)
ハードキャンディ 」は、もっとおっさんに…みえたんだけどな。

最後が、意外にストレートにすんなりとした結末なので、もの足らないような雰囲気もあります。そこらへんが、好き嫌いの分かれ道かな?
私は、好きなんですけど。

不倫とかいうのは置いておいて、考えるところも多い映画でした。
littlec1海外のポスターが、色っぽかったんで載せておきますね。
(=^^=) ニョホホホ

主人公は僕だった

気前よくサインをくれないセレブトップ(爆)のウィル・フェレル主演どす。
彼の出演作は、何本か観てますが、すべてコテコテのコメディ。
なにげに劇場で観たいお正月映画「俺たちフィギュアスケーター」は
楽しみなんですが、京都は予定がナイ?ようなの(涙)
この映画は、そんなおバカなコメディとは一線を画す映画でした。
原題:STRANGER THAN FICTION
監督:マーク・フォースター
収録時間:113分
レンタル開始日:2007-12-19
平凡で面白みのない男、ハロルド。国税庁の会計検査官である彼は、過去12年間、毎日決まりきった生活を送っている。しかしある朝、ハロルドの頭の中に、 彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り込んできた。それからというもの、その声はハロルドの頭にたびたび響くようになる。彼女によれば彼はどうも小 説の主人公のようで、しかも彼に死が近づいていることもほのめかしていた。それから自分の運命を変えようとするハロルドの奮闘が始まった。
主人公は僕だった - goo 映画

もう、これは設定のうまさでしょうねぇ。
ちょっとしたオトナのファンタジー。
線や数字・文字のCGがおしゃれっぽい。
俳優も安定感のあるメンツです。
boku1ウィルも、おちゃらけた風ではなく、どちらかというと表情があんまりない感じで、歩数を数えたりするおもしろみのない男を出してます。
悲劇小説家であるカレン・アイフル(エマ)と彼女の声が聞こえるハロルド・クリック(ウィル)の絡みは、後半。
それまでは、この声に悩むハロルドがヒルバート教授(ダスティン)に色々相談に行き、変わっていくんです。
そう「死」を匂わす文章があったから…。
彼の決まり切った生活の中で、今までなかった「愛」まで知るところとなってしまう。
boku2最悪の出会いをしたアナ(マギー)だけど、彼女とのやりとりはイイ感じ。
マギー・ギレンホールは、ジェイクの姉ちゃん。地味な感じだよね。
でも、非常に好感度は高いんじゃないでしょうか。
地味だけど、なにかしらあるような雰囲気は、マッチしていたし。恋の発展にも無理がなく観られてよかったです。
boku5恋のいきさつも自然に発展して、会話も面白い。
ハロルドがギターを弾いてのくだりは、いいなぁ。
マギーとウィルの顔が直近してると、ものすごくマギー・ギレンホールの顔が小さく見える。
やっぱ、ウィル・フェレルって、顔でかいよなぁ(笑)
(ものすごく好きじゃない顔なのよ、ウィルは!・爆)
ハロルドは、アイフルが書いている…と確信して、彼女に「自分を死なせないように」談判に行き、タイプされてない原稿をみせてもらい、文学として「自分の死」を頼むわけですが…。
そもそもアイフルの小説は、主人公が必ず死ぬという悲劇ばかりで
彼も死ぬ運命??と、小説の中でも匂わすわけですよ、
そうなると私は、いったいどんな死に方なんだろうなぁって、ワクワクしてきちゃいます。
この映画としてのオチのつけ方というのも、色々好みがわかれているようです。
私は、映画のオチで良いと思う。
そうすることで、彼の変化がよくわかるもの。
boku4また心にほんわりこないですよ。

アイフルの助手が、クィーン・ラティファ姐御です。彼女も、歌も歌わないし、大口開けて笑わないし、タクシーをぶっ飛ばしたりもしない。抑えた感じで、編集者をしてます。
この彼女は、太った女性というより、大柄な女性って感じに見えたから不思議ね。
boku3エマとダスティンを観てたら、共演していた「エンジェルス・イン・アメリカ」という短編ドラマを思い出しました。
見応えのあるドラマだったので、お暇なときにどーぞ。


実のところ、今日はすんごく眠くってさ〜、寝そうだったの。ハデな展開は少ないです。
アイフルの想像の世界は、びっくりしたけどね。
後半からは、ちょっと眠れませんでしたけどね。きゃはは
この誰かの声で本のように説明されてるっていうのは、頭の中での妄想で「あ〜わかるわかる」だったんだけど、新鮮でした。
自分の存在というものが、見えない力で動かされているような気分になる…
そう感じたことのある人は、意外に多いんじゃないかと思います。
この映画の場合、どこか超常現象のようで、それがきっかけで変化していく主人公。
自転車の男の子の様子が、ちょこちょこっとあるのもうまくつながっていたし、この男の子の描写がはいってきても、違和感もなかった。
また、思いの外、腕時計が重要アイテムでした。まぁ、重要だろうなぁとは思っていたのですが、そこまで重要だとは思わなかったわぁ。

うまくまとまっていて、観た後ももやもやせずにすんでます。
それぞれの心模様が、ものすごくほわぁ〜とさせてくれました。

スパニッシュ・アパートメント

前に、どこかで「よかった」という評を読んで、気になっていたものの
オドレィ・トトゥが「不思議ちゃん」だったら、嫌だなぁ〜と
旧作まで待ってて、忘れてた作品。
オドレイは、ゲストみたいだなぁ(笑)
原題:L'Auberge Espagnole(02,フランス映画、04,日本公開)
監督:セドリック・クラピッシュ
収録時間:122分
レンタル開始日:2004-08-06
学生生活最後の年を過ごすため、グザヴィエ(ロマン・デュリス)は恋人のマルティーヌ(オドレイ・トトゥ)を残し、スペイン語の習得のためにバルセロナへ 旅立つ。彼が暮らすことにしたのは、国籍も多様な若者が部屋をシェアする旧市街のアパート。友情や恋愛、医師の妻アン・ソフィーとの不倫。ヨーロッパの縮 図のような場所で、仲間たちとの連帯が生まれ、グザヴィエは自分の道を見つけていく。青春の一瞬の輝きを描いたコメディー。
スパニッシュ・アパートメント - goo 映画

↑ なんでかしらん?
せっかく書いた記事が↑までしかUP出来てなかった

気を取り直して、再度…

フランス人の彼が、イギリス、ドイツ、イタリア、デンマーク、スペインの男女との生活です。
ヨーロッパの縮図のようなアパートの同居人。
直訳すれば「スペインの宿屋」だが、フランスでは俗語で「混乱」「ゴチャゴチャ」という意味があるらしいです。本人も、映画の中で語っています。
まったくもって、「若者」〜〜。
一緒にTV観たり、ご飯食べたり、飲んだり、歌ったり、ハッパやってみたり、恋に悩んだり、議論したり、勉強したり…
飛び交う言語は、様々だけど、英語がやっぱりハバきかせてる。
スペイン現地人との交流もあるけれど、この映画での舞台はアパート。
ヨーロッパなんだろうな。
スペインという土地柄か、明るい雰囲気。
楽しそう!これにつきます。
留学したくなる映画でしょうね。
スペイン観光も、ちょっと映画の中で出来ます(笑)
人生の中で、無駄にとも思えるこの騒ぎが、何かを見いだすというのを描いているのかな?
人生のサマータイム。
いまや人生の秋ともたとえられるような時期に来ちゃった私だけど
若い頃って、私なりにハメ外してましたねぇ(注:たいしたことしてないです)
あれは、無駄じゃないって思うようにしてますよ〜。
若いウチに、こういう留学とかの体験は機会があればするべきかなぁ。
留学しておけばよかったなぁ。
ついでに、欧米ハンサムでもみつけるべきでした(爆)

アメリカ青春ものほどは、スピード感はないですが
青春ドラマとして、すっきり感で観られるフランス映画ですなあ。
で、愛すべきアパートの同居人たちなんですが、
その後どうしたのか気になっちゃいます。
ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2
という、彼らの5年後を描いた続編映画がありました。
またそのうち、観たいなぁ。
そこそこデキも続編にしては、よいような感じです。
アメリのイメージで、少々苦手なオドレイさんは、この映画では添え物な役回りで
フツーの女の子でした。


若いって、特権だよなっ!うん
いかんいかん!こんな台詞吐くと、おばあさんになっちゃうわん。

海賊がお宝つきでキタ━━━(゜∀゜)━━━!!

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット (初回限定)
そうである。 コレクターズセット…
これだけ一週間ほど発売延期になってたの。
 昨日到着しました。
 本が予想外にしっかりしたヤツでした。
重たいセットだったよ
 まぁこのセットを購入した人は、ファンかプレミア価格狙いの商い屋でしょう。
 通常のバージョンとどう『得』か?というのが、私の関心。
 ちゅうか、たいしてディスクの方を観てない(笑)
 すぐ3枚も観られねぇよ。

 ゲッ☆と思ったのが、二枚組と同じな本編。
 DTSじゃないのよっ。
 長い作品だからしかたないのかも。
前作まではDTS仕様なだけに残念。
 音声解説もなし。 つまんないなぁ。

BDで迫力は楽しめって事かな?ちぇっ☆彡
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (Blu-ray Disc)

 このバージョン(コレクターズ)のみの特典ディスクは、まあまあ面白かったよ。
 ザザッと特典を観たところ今回は映画(映像)づくりの方に焦点かな〜。
 俳優のインタビューは少なめ。
 本編は今夜みるわ〜。
 映画館で観てあるから、余裕こいてます。
 新たな発見があるといいな。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ