晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2008年03月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

ライラの冒険 黄金の羅針盤

やっと…です。
この休日に行かないと、次の休日は「クローバーフィールド」だぜぇ〜
と、気持ちがなっちゃいそうだし(爆)
でも、空いていて、気楽でよかったですわ。
映画館には悪いのですが、どーも混んだ映画館って苦手なんですよね。
さて、ライラは原作本も買ってしまいましたが、途中までしか読んでない。
パラレルワールドなだけに設定が、頭になかなか浮かばず
時間がかかるので挫折した!
なんせ、読書に対しては「いらち」ゆえ…サクサク読めないとダメなのよ。
推理小説も、だから苦手。老けてから(笑)、一層顕著。
というわけで、なんとか初期設定は飲み込んでたので、とまどいはなかったです。

Lyra1ライラの冒険 黄金の羅針盤

原題:THE GOLDEN COMPASS
監督・脚本:クリス・ワイツ
原作:フィリップ・プルマン
撮影ヘンリー・ブラハム
音楽:アレクサンドル・デプラ
上映時間: 112分
キャスト:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオット、他
我々の暮らす世界とは似て非なる平行世界のイギリス・オックスフォード。ジョーダン学寮で育てられた孤児のライラは、ダイモンのパンタライモンや親友ロジャーらと共に、騒がしい日々を送っていた。しかし街では次々と子どもが連れ去られる事件が発生し、親友ロジャーも姿を消してしまう。そしてライラ自身もコールター夫人に連れられジョーダン学寮から旅立つことに。旅立ちの日、彼女は学寮長から黄金色の真理計を手渡され……。
Lyra4公式サイト
←のブログパーツが便利です(しばらくは貼っておきます)
ライラの冒険 黄金の羅針盤 - goo 映画
Yahoo!特集
シネマトゥディ


Lyra8映像が、凝ってたしキレイでした。
ダイモンのCGは、本当に凝ってますね。特に子供は、クルクル変わるから。
話の内容の方は、イマイチな評判も多いです。
そーですねぇ、私が読んだとこだけでも、
大河ドラマの総集編か?と思うような作りでしたなぁ。
文庫本上下巻の長さだし、仕方がないとは思うのですよ。
三部作にしますからねっ、そのつもりで観てねっていう感じの始まり方でしたが
まぁそのほうが親切ではありますね。

Lyra2見所は、ダイモンのCG・ニコール・キッドマンの悪い女っぷり・白クマさん(ヨロイグマだよなー)かな?
主役のライラは、賢い少女だけどどこか大人の駆け引きを知ってるようなとこがあるよね。手放しでカワイイ子ではない。
だから、ダコタ・ブルー・リチャーズでいいと思う。
総集編ぽいつくりが、登場人物に感情を持って行きにくくって、ライラの「選ばれしもの」という雰囲気が強くないのが惜しいなぁ。

Lyra7Lyra3う〜ん、文句ばっかり書いてるみたいだけど、そうでもないです。
イオレクに関しては、人間くさいとこやイアン・マッケランの声&雄叫びとかツボでした。
イオレクの一騎打ちは、吠え声もあいまって、迫力を感じました。

Lyra5ニコール・キッドマンのコールター夫人は、原作者が彼女を意識して描いたというだけに、はまってると思います。
果たして、彼女は真に悪人なのか?
自分のダイモンの横っ面をパシッ☆としたり、気性は激しいですが…

ライラが聞かされている両親の死についても、彼女がライラを引き取る際も、もう少し詳しく読んだ記憶があったので、ん?
ゴブラーという組織についても、段々にわかってくるのかなぁ?

案外、子供の方が柔軟で、こういうのは理解しやすいんじゃないかと…汗
自分の頭の想像のなさに、ほんとショックですよ。
lira11アスリエル卿の出番は、少なくって、
次回持ち越しみたいです…つまんねぇ
彼のダイモンがまたカッコいいですね。
アスリエルって言うのが、頭の中でなぜかアリエスになってしまう…。ちなみにコールターはコールタールになっちゃうのよ、私。


lyra10ライラを守るものー魔女の出番も、あんまりなくって…
でも、エヴァ・グリーンは化粧がけばくなくって
なんともいえないあの雰囲気…魔女ぽい〜



Lyra6イオレクの友人でもあり、ライラを守るスコーズビーは、カウボーイのような役回り。
サム・エリオットが、GoodJob!
存在感がありますねぇ。
彼も出番は少なかったと思うのですが、
しっかと焼き付きました。
この一作目だけでは、謎が多く、すごく感想が書きにくい。
ともあれ、次作も観に行きます。
こういう映画は、やはり映画館がいいですね。

Lyra9






素粒子

変わった題でしょ。
それにつられ、ドイツ映画だったので、つい借りて…
HDDにほったらかされてました。
ヨーロッパ系映画は、好きな方です。
原題:ELEMENTARTEILCHEN
英題:ATOMISED

監督:オスカー・レーラー
収録時間:113分
レンタル開始日:2007-11-21
20世紀末のドイツ。異父兄弟のブルーノとミヒャエルは、性に奔放な母に養育を放棄され、それぞれ父方の祖母のもとで育てられ正反対の人間に成長してい く。国語教師となった兄ブルーノは、妻子がありながら満たされることのない性的衝動を抑えられず女性を求めて彷徨い続ける。一方、弟ミヒャエルは女性に関 心を持てぬまま学究に没頭、天才的な数学者となる。やがてそんな2人に転機が訪れ、それぞれに本当の愛に巡りあうのだが…。
allcinemaより
公式サイト

※「素粒子」とは?
物理学用語のひとつ。物質の構造を分子・原子・原子核と分けて見たとき、原子核の次に来る粒子をいう。物質の最小単位とされている。
と、公式サイトに書いてあった。
この原作小説は、ヨーロッパでベストセラーだったらしい。
「性」の問題を異父兄弟の対極的なちがいで描いてる点もあって
多少、そのシーンも多いほうかと思われますが、
そうたいしたことない(今年に入って、エロ系多いからなぁ、そう思うのかな?)

ATOMISED3この異父兄弟、兄13歳の時に初対面する兄弟なんですが
兄弟という絆、親の愛情をうけなかった者同士の不思議なつながりがあるように思えました。
兄弟共々、愛に対する転機をむかえ、それが綴られた映画ですが、どちらも幸せなような悲劇の要素があります。
原作は、映画よりネガティブな結末だったとのこと。
後から、後からじんわりくる映画の部類です。

ATOMISED4この二人の主人公は、性に関して極端に違う、でも共通して言えるのは異性からは遠ざけられそうな人だ。
兄は、一応結婚して子供もいたが、子供にも愛情が感じられない。離婚して、色々あって運命の人に出会うわけだが、この色々が大変だ。
彼の運命の人をやったのは、「善き人のためのソナタ」でクリスタを演じた女優さんでした。兄役の人も、esとか「ミュンヘン」にもでてるし、ドイツでは有名な俳優さん。
彼らのエピソードの結末は、哀しいのですが、彼自身は幸せであったような結末です。
この兄のエピは、彼ら兄弟の育った環境のことやら、性解放運動のことやら、心の病やら、どきっとする問題が多い。
ATOMISED2ATOMISED5弟は、感情を表に出さない天才学者。表に出さないというより、感情の表現ができないよう。特に女性には…。
そんな彼が、思い出したのは幼なじみで、内心ずっと好きだった彼女。
この彼女には、ジェイソン・ボーンの愛したマリーをやったフランカ・ポテンテ。(ボーン・アイディンティティ/ボーン・スプレマシー)
弟役も、ドイツで人気の人らしい。俳優は、ドイツで有名な人ばかりのようですな。

笑えそうに軽くなってる映画であるのだけれども、実際はそうではなく、笑うに笑えない。重い目の映画ではないかな?
そこらへんが、上手くて!
素粒子との関わりは、映画でみて、うまく言えないから(爆)
ATOMISED1←原作本のカバーじゃないかなぁ
スキャンダラスな内容で、うけたらしいです。
素粒子のこととか、映画よりもつっこんでかかれてるようです。
物理系の話は、理解の範疇じゃないんですが(笑)
結末の違いは読んでみたいです。



海を飛ぶ夢

この映画、以前から予告で気になっていた。
当時、新作はあまり借りない主義だったからねぇ。(ウソみたいでしょ)
後回しにすると、こういうことになるのらっ!
ハビエル・バルデムが、「ノーカントリー」で一般的に有名になってしまったが
「ノーカントリー」は、まだ観ていないし、私にとっちゃー
ハモンハモン」での、全裸でぶらぶらしながら闘牛してた濃い顔の人である!
濃い顔は、変わらずですが、すごい老けメイクです。
3作続けて、スペイン語映画ですねぇ、偶然なんですが…(笑)
話は。「泣ける映画」のとこにあっただけあって、かなりじーんときました。
原題:Mar adentro 英題:The Sea Inside(04’スペイン)
監督:アレハンドロ・アメナーバル
収録時間:121分
レンタル開始日:2005-10-05
海の事故で、首から下が不随となったラモン・サンペドロは、26年間をベッドの上で過ごし、その年、自ら命を絶つ決断をする。人権支援団体で働くジェネ は、ラモンの死を合法にするため、弁護士のフリアの協力を仰ぐ。法廷へ出る準備を進め、ラモンの話を聞くうちに、フリアは強く彼に惹かれていった。ある日 フリアは、ラモンの家で発作に倒れる。不治の病に冒されたフリアは、やがて自らも死を望み、ラモンの死を手伝う約束をする。
海を飛ぶ夢 - goo 映画

実在の人物ラモン・サンペドロの手記「レターズ・フロム・ヘル(Cartas Desde El Infierno/letters from Hell)」が、元になっています。
テーマが、「生」と「死」に関わることで、尊厳死について。
非常に重たいテーマです。
私も、父の死を目の前で体感し、母の認知症に十年以上。
自分も、「死」について考えない事もない年齢です。
人間なんて、明日死ぬかもしれないと痛感します。

umitobbi2umitobi4彼自身の視線からでなく、色々な視線からこの問題について考えられるようなつくりになっていたのじゃないでしょうか。
この問題だけでなく、愛する事についても色んな面をみせてくれました。
女性たちとの愛はもちろん、家族の様子も丹念だし
家族間は、ときおりコミカルでもあり、テーマの重さを緩和させてるようにも。
ちょっとした仕草が、気持ちとして伝わってくる。
とりわけラモンは、顔だけ。ハビエルさん、すごい目力!
彼の想像シーンは、秀逸です。
美しいです。
umitobi3

生きる権利と義務で生きるの感覚の差異。
誰しも、
もし自分が認知症や植物人間にもしなったら、
尊厳死させて欲しいと思っていると思う。
ラストのフリアが、脳血管痴呆症でジュネもわからなくなった様子を見て
どうしても、母親を重ね合わせてみてしまう。
もっと進んだ状況でもある母…、
望んでいたことなのだろうか?
出来る限り、亡くなった父の意志のようにしてあげたいと思ってるのですが…。
たまにみせる笑顔が消えないようにと。
そんなことを考えていたら、私にとっては泣ける映画ではなかった。
しかしながら、この映画は観た方がいい映画だとは、思います。
umitobi1

パンズ・ラビリンス

やっと観られました…映画館で観たかった作品です。
ファンタジーの部類に入ってはいるものの、
現実の世界の部分が、非常に重要だと思うので、ファンタジーとしてよいものやら
難しいですね。
ファンタジーというと明るいイメージやお子様優先などのイメージが、なんとなくあるけれど、これはもぉ全編暗いし、クリチャーは夜泣きしそう(笑)
大人専用ですね。
どこか、反戦的・ファシズムへの批判的な意味合いも強く感じる。
大尉の行う残酷シーンは容赦がない。哀しみをあおります。
観る人によって、感想が極端に割れているというのもわからないでもないです。
私は、キタ…よ。
いつものことながら、多少ネタバレ気味でいきます。
原題:El laberinto del fauno 英題:Pan's Labyrinth
監督:ギレルモ・デル・トロ
制作国:メキシコ・スペイン・アメリカ
収録時間:119分
レンタル開始日:2008-03-26
1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダ ル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこ ではパン(牧神)が王女の帰還を待っていた。オフェリアは魔法の王国に戻るために3つの試練を与えられるのだった。
パンズ・ラビリンス - goo 映画
公式サイト

PAN'S12006年のアカデミー賞の撮影賞・美術賞・メイクアップ賞をとっています。
外国語映画賞には、次点(善きソナがとったの)
そのほか、色々な賞を取って評価を受けています。
オトナと子供のはざまで、揺れ動く少女の話ではあります。
そのオトナの世界というものが、あまりにも残酷。
そこから逃避したいと思う気持ちから、彼女の世界を創りだしてしまった悲劇という説もあります(それが主に流れてるかなぁ)

母の再婚相手のビダル大尉の駐屯する山奥に、二人が向かうところからはじまり、オフェリアは車中でおとぎ話を読んでいる。
彼女は、どうも義父が好きになれない。
PAN'S6段々にわかってくるが、本当に人の心をどこかに忘れてきたような冷酷な人物。
ひげそり時には、ジャズをかけながらするような粋人なところもあるけれど
臨月の母の体調が悪く、もしもの時は赤ん坊だけ助けろ…である。
だいたい、男の子が生まれるときは父親が側にいなければならない…と臨月の妻を旅行に出すのが、勝手すぎる。男の子が生まれると信じ込んでるし(男の子だったけどね)ムカつきすぎました、この人には(爆)
平気で、罪もない人を殺すし!(このへん残酷映画ちっく・笑)
母親も、生きていくために再婚したんだろうと思う。
「大人になればわかるわ…」ってね、何度も自分に諭すようにも言ってたし。
PAN'S5弱いとされる女の代表が母親カルメンであれば、それを逆手にとったのが使用人メルセデス。
ビダル大尉の女中頭のような仕事に就きながら、実はゲリラ軍の内通者。
オフェリアも、彼女のそんな一面を知りながら、口外しない。
メルセデスは、オフェリアの心の痛みを一番理解し、よき話し相手として、二人は心を近づけあっていく。
床に伏しがちな母親に代わり、彼女がオフェリアの心の親代わりになっていたのかもしれない。
PAN'S3
こんな過酷な現実部分があって、車中で読んでいたおとぎ話とリンクするような森があり、ラビリンスがあった。
彼女の体験するファンタジー部分は、彼女の世界なのかどうなのかは
完全に観る側の判断に委ねられてる。これが、わけがわからないような感覚になってしまう方があるようです。
私自身は、両方とってるけれど…。
PAN'S4彼女の部屋に残されたチョークの跡は、やっぱりこういう世界があったと
しかしながら、あの結果がないと行けない世界であると…。(はっきり書けなくてつらい)
観た後、少し残りそうな感じがします。
これは、購入DVDなので、音声解説や特典を観たら、またチガウ考えも出てくるかなぁ??


PAN'S7パン(牧神)は、なんだっけかのファンタジーはかわいかったんですが、
ちっともかわいくないんだよな〜。ちょっと恐いゾ。
まるきりCGではなく、ダグ・ジョーンズという人。
ペイルマンっていう手に目玉がある子供を食べる怪物も彼だそう。
どこかで聞いた名前だなぁ〜、最近ではF4のシルバーサーファーもやったそう。背が高い!
妖精も、ディズニーのを想像するといかんね。
ナナフシ(バッタ・カマキリ系)から変化していく。
PAN'S7←これよペイルマン!
インパクトあるよねぇ。
他に巨大カエルやマンドゴラの根(これもなんかで観た・アニメかしら?なんだったけ?)
かわゆいクリチャーなんかでてこないよっ(笑)
メルセデスがオフェリアに歌う、歌詞を忘れた子守歌のハミングも、印象的でした。

哀しいのかなんなのかよくわからない不思議な感情が、自分を埋め尽くした。
満足感はかなり高い映画でした。
万人には、勧めかねるところもありますが、映画ファンは観て損のない映画だと思う。
スペインって、明るいイメージがあるけれど、こういう暗い部分もあったのだと
「サルバードールの朝」にせよ、考えてしまった。
PAN'S2




代弁(BlogPet)

きのうはセリ〜ヌと世間へ代弁するつもりだった。
それできょうプクが根底一騎打ちされた!

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

サルバドールの朝

26日は、「パンズ・ラビリンス」を観ますが
今日は、どうしよう?
地球外生命体捕獲」と迷ったのですが
(異星人に血みどろの復讐を挑む男たち・ケケケ)
こっちにしました。実話を元にした映画です。
うっ、久々に涙が出た…

原題:SALVADOR
監督:マヌエル・ウエルガ
収録時間:128分
レンタル開始日:2008-03-26
1970年代初頭、フランコ独裁政権末期のスペインで、正義と自由を信じ、世界は変えられると理想に燃えていた青年サルバドールは、仲間たちと反体制運動 に身を投じていた。資金調達のため銀行強盗を繰り返す彼らに警察の捜査の手が伸び、サルバドールは逮捕されるが、それは激しい銃撃戦の果てだった。瀕死の 重傷を負いながらも一命をとりとめた彼が放った銃弾で警官が命を落とし、サルバドールは死刑を宣告される。
サルバドールの朝 - goo 映画
公式サイト

サルバドールが、捕まるところから始まり、弁護士にこれまでの話をしていく中で
彼の運動のことや、家族や恋の話が語られていく。
そして、刑の執行の決定からは、どんどん感情が移っちゃいました。
SALVADOR2彼らの活動に関しては、「若さゆえ怖いモノなし」。
独裁政権下のなかで、自由を求めた気持ちはわからんでもない。
運動資金稼ぎに、武装銀行強盗はないだろー。
(銀行強盗といえば、プリズン・ブレイク…ぷっ)
元恋人まで、窮地にさらすこともしてしまうし。
そんなわけで、彼には比較的、同調な気持ちがわいてなかったのだが、
収監されてからはちがってきた。

初めの頃の運動の様子やらは、昔の日本の過激派学生運動のそれを思い出して、映像を見てしまった。
私も、学生運動華やかし頃は、映像でしか知らない。
ちょうどそういう年頃の親戚もいなかったし…。
政治的な面は深くわからんし、70年初期のスペインの情勢もしらない。
なにより、関心の薄いぼっ〜とした人間です
感想記事を書くに、ちょいちょいとネットで観た程度なもんで、
深く追求しないでね(笑)

彼の弁護に当たる人物アラウが、熱いひとで
彼の根底には、サルバドールと表現はちがうにせよ同じ思いがあったと思われる。
親身になって、彼を弁護する様は、観てる方にも伝わり、段々のせられていく。
警官への銃弾には、サルバドールが放った銃弾の他に、他の警官の銃弾が含まれていたことを、警察(政府)は調べ直す事もせず、闇に葬ろうとしていたことがわかる。
サルバドールの姉妹たちも、彼を愛している。
SALVADOR1彼の担当の看守ヘススとのいきさつも、よかった。
看守は、当初「警官殺し」ということで、サルバドールのことをよく思っていなかったのだが、徐々に変化していく。
批難気味にサルバドールを観ていた自分と 重なっていくような思いがした。
弁護士アラウたちの必死の努力の甲斐もなく、死刑の執行となる。
彼への極刑は、「見せしめ」。
彼は、「いけにえ」。
恩赦はあるだろうか?恩赦になって欲しい…そんな想いが痛切にくる。
この辺から、涙腺にきました…
口に出して、それぞれの思いは朗々と語られないものの
彼の前で、涙は見せられない姉妹たちや
「すぐあえるよね」などの最後まで希望を持った家族のやりとりは、
辛いものがある。
スペインの死刑のやり方は、痛そうです…。
看守ヘススのあの言葉は、みんなの代弁でした。
彼の死は、無駄ではなく、人々の政治への関心を呼び戻したということは
遅すぎるけれど、彼の思う自由への一歩にはなったのかもしれません。
でも、あまりに代償は大きい。
家族たちは、今もサルバドールへの再審請求をしているそう。
地味だけど、よかったです。
うん。
最近、すぐ泣く私がさぁ、あまりに泣けなくなって、どうしようって想っていたところなので、泣けたことが嬉しくもあったという変な想いもあります。

さて、26日は、同じくスペインもん。だから、スペイン映画にしたっていうのもあります。
1944年スペイン内戦の時代のお話「パンズ・ラビリンス」観ます。

4月に観たい(かもな)新作DVD

ライラがまだ観に行けてない…
(テンプレも春にしたいのに…)
映画館でぜひ観たい映画が、またあるのよね。
困った!(「クローバーフィールド」「ヒットマン」「スパイダーウィック〜」「つぐない」などなど)
3月の分も、モレモレです。観られてないDVD多し…
4月は、なんたって「ヘアスプレー」、楽しみです♪鑑賞後のあのHAPPY気分は、忘れられないです。
ほんでは〜

4/4
ヘアスプレー

映画館での鑑賞は⇒ここ
ベタ褒めです。当然予約済
配役が、絶妙です!
ニッキーの笑顔は、ほんとにいいです。
ジョントラさんとミッシェルが怪演。



マイティ・ハート/愛と絆

アンジー姐さん主演。制作は、ブラピ。
地味な社会派系。実話ベース。

ナンバー23

これは、いまいちな評判でしたが、予告は善くできてた(笑)

4/10

キングダム/見えざる敵

これは、絶対観たいです!!
私、好きそうでしょっ。

4/11

ベオウルフ/呪われし勇者

こういうフルCGは、私、実は苦手なんじゃないかな?
2Dアニメの方がすきだと思う。
怖い目の描写が、技術で瞬きとか改善されてるそう。

4/18

クローズZERO

実は…、観に行きたかった。
予告を散々見せられたせいもあるけどね。
不良のお兄ちゃんたちには、憧れてしまう癖がある…(元ヤンではありませんが…元ヤン疑惑がある私・爆)

4/23

ボビーZ

ポール・ウォーカーです!
劇場公開は、いつの間にか終わってたよ…
服役中の元海兵隊員が、囮捜査官に!
たのしそー


4/24

アイ・アム・レジェンド

ゾンビ映画でしょ!
最近の予告は、そうなってた。
劇場で観た予告は、もっと違う期待したよね。

4/25

ディスタービア

インディジョーンズが控えているシャイアくん。
スリラー。観たい観たいっ!

アニメの大作?
4/2
ルパン三世 GREEN vs RED

やっぱし、山田康夫サンがいい…
栗貫も慣れたんだけどね。
40周年記念のOVA作品です。
内容は、TVsp版とは違うルパンワールドらしいので、観たいなぁ…

海外ドラマ
HEROES / ヒーローズ DVD-BOX 2
(セルBOXは5/15、実はまだ予約もしてませんが)
続きが観たい…
はい、Vol.6まで観ましたよ…グラインドハウスにどっぷりしながら、根性!おかげで、ROMAが進んでない。
他のDVDも観られない状態。

レンタル先行なんで
3/27 Vol.7〜9
4/10 Vol.10〜11
絶対、誘惑に負けて借りそうです

たぶん、私は手が回らないんですが ↓
4/4
BONES ―骨は語る―

一回目だけを、なんかの付録DVDで観ました。
面白かった。



4/23
ゴースト ~天国からのささやき

これはぁ、第一回のゲストがウェントワース・ミラーなんで…
癒し系のドラマ。個人的には、物足らず(笑)
ウェントくん目当てなら
今月号の「DVDvision」 0の付録で十分。私は違う雑誌の付録で観ましたが…(やっぱし観ている…)
Tバッグの意外な一面(笑)は、劇場で「ヒットマン」を!ケラケラ

<オマケ>
3月のぶん
3/26
サルバドールの朝
ラスト30分、涙が止まらない。
実話を元にした衝撃と感動ストーリ!
不当な裁判で死を求刑された青年が闘った最後の日々─(amazonに書いてあった)
スペイン映画。
青い棘」「グッバイ、レーニン」のダニエル・ブリュール。青年の悲劇らしい。ちょっと、クサいコピーが気になったが、すごく観たいです。パンズ・ラビリンスと同じ日なんだよな〜。

グラインドハウスU.S.A.公開版&フェイク予告

グラインドハウス Grindhouse (Final) ポスター フレーム セット 送料無料グラインドハウス Grindhouse
上映時間:191分
デス・プルーフ&プラネット・テラーの監督さんや出演者やらは、前の記事を参考にしてね。
デス・プルーフ … こっち
プラネット・テラー…この近所
上映の順番は、プラネット・テラーが先なの。

デスの方は、あのダンスがなかったり、気持ちうだうだトークが少なくなっている分、テンポが速くなったように思えた。
トーク部分がすくなってるから、見やすいんだけど、人物についても薄くなってるかもしれない。
プラネットの女医と保安官出てましたねぇ。
プラネット観た後に観ると、ローズがジュリアに「にせもののブロンド」とかいわれてるのが、なぜか笑えた。
でも、このバージョン無駄なくっていい感じ。

プラネットの方も、も一つテンポが速い。ちょこちょこっとカットされてますね。
BBQソースの話も少し減ってたような気もする。

二本続けて観て、やっぱり面白かったです。但し、時間の拘束性が強いんで、実家に帰ってきて観て正解でした。
まだ、特典のインタビューやらメイキングや音声解説が、じぇんじぇん手つかず。
二本続けてで、一本分のお値段の上映って、いいなぁ…。
このバージョンのDVDは、アメリカでも発売されてないんで
今のとこ激レアもんだそうですよん。
(と、購入仲間を増やしたいあたし。ジェネオンの回し者かいっ!)

フェイクの予告が凄くよくできていて、おもろかったです!
本編、制作して欲しいっす。
もち、グラインドハウスですから、ホラー系人殺し系よ。
(hiroくん、( ̄○ ̄)/ オマター Youtubeつき)

マチェーテ
原題 Machete
監督 - ロバート・ロドリゲス
出演 - ダニー・トレホ、ジェフ・フェイヒー、チーチ・マリン
★『マチェーテ』本編を制作することが発表された。(6月から撮影らしい??)
罠にはめられた復讐するオッサン♪人殺し神父も。

ナチ親衛隊の狼女
原題 Werewolf Women of the SS
監督 - ロブ・ゾンビ
出演 - ウド・キア、シビル・ダニング、シェリ・ムーン・ゾンビ、ニコラス・ケイジ
そーなんです、↑ ニコラス・ケイジがかなり怪しい…謎の中国人みたいなイメージ受けたよ、あたしゃ。

Don't/ドント
原題 Don't
監督 - エドガー・ライト
出演 - マシュー・マクファディン、ケイティ・メルア、ジェイソン・アイザックス
個人的に、すごく気に入った!
ホラー系スプラッタ系のいろんなんが混ざり合ってる。

感謝祭
原題 Thanksgiving
監督 - イーライ・ロス
出演 - ジョーダン・ラッド、マイケル・ビーン、ジェフ・フェイヒー、ティム・ロビンス
13日の金曜日とか、それ系。(^O^)きゃはは
でも、笑える…

↓ Youtubeは、上の順番に入ってます。

プラネット・テラーinグラインドハウス

はっははー(=´∇`=) ニャン♪
今日は、とりあえずプラネット・テラーを!日本公開バージョンです。
ほんとゾンビ映画なのよね〜。
おねえちゃんがとにかくカッコいい
原題:GRINDHOUSE/ PLANET TERROR
監督:ロバート・ロドリゲス
収録時間:105分
レンタル開始日:2008-03-21
↓ ネタバレ気味… ↓
米軍のマルドゥーン部隊長(ブルース・ウィリス)と科学者アビー(ナヴィーン・アンドリュース)のたくらみから、テキサスの田舎町に生物化学兵器が噴射され、謎のウイルスがまん延、人々を“シッコ(感染者)”に変えてしまう。 ゴーゴーダンサーのチェリー(ローズ・マッゴーワン)は、2週間前に別れた恋人レイ(フレディ・ロドリゲス)と再会する。しかし、彼とドライブ中 事故に遭いpt6ゾンビ化した“シッコ”たちに襲われ、片足を食いちぎられてしまう。一方、女医のダコタ(マーリー・シェルトン)は横暴な夫ブロック医師(ジョ シュ・ブローリン)を捨てて息子とともにレズビアンの恋人と逃げる準備をしていた。 街中に“シッコ”があふれだす。そこで大活躍し出すのがゴーゴーダンサー、チェリーの元恋人レイ。このレイが“ただもの”ではなかった。レイは生き残った人々のリーダーとして“シッコ”と戦いながら逃避行する。食いちぎられたひざ下にマシンガンを装着して、ビキニとミニスカ姿で戦うゴーゴーダンサーのチェリー。さらに、ガーターベルトに差したピストル代わりの注射器を振り回す女医のダコタ。ヒロインたちもついに戦い始める。
Yahoo!特集より(公式サイトより充実?)
プラネット・テラー in グラインドハウス - goo 映画
デス・プルーフinグラインドハウスのmy記事→ココ

macheteいきなりフェイクな予告から始まった〜
「マチェ−テ(Machete)」ね。
このフェイク予告については、後日US版について記事にはしたいと思ってますので、そのときに…



さて〜、正直、楽しかったです!(楽しい?)
pt1ゾンビさんたちの造型うんぬんがどうのこうのっていうんじゃなくって
逃亡に至る過程と逃亡の様子が主にくるんで、テンポがよくっていいんです。
あっ、ゾンビさんじゃなくって感染者ですなぁ、正しくは!死んでないんだもの。
シッコって言うのね…う〜ん「お」って付けたくなるわぁ〜
pt3へんな内蔵系や膿系が、ぶしゅ〜っていうのも、なんか好きだし
人間裂きやら、脳みそぶっとびやら…
(* ̄∇ ̄*) エヘヘ
もちろん、血液・体液も…(f^^) ボリボリ
笑えるグロ描写は、好きですねぇ。

デス・プルーフも、かなりなもんだったので、好きですが
こっちの方が、より好きかな。

pt2ブルース・ウィリスも、銃もって登場してますが、霞んでます。
おねえちゃんにはかなわない!
でも、おじさん、悪役だけど楽しそうです。
タラ監督も、楽しそうでしたけどねぇ。

私は、かなり好きな映画に入りますが、好みは分れるでしょうねぇ。
pt6全編、傷入りのフィルムの雰囲気と、ところどころ、おかしな編集だったり
ラブラブHシーンの最高潮で、「一巻紛失」のおわびクレジットが入ったり
吹き出しちゃった!(^○^) アハハ
その効果で、場面変化が強引でもOKだもんね。

pt4LOSTのサイードさん、またも登場。
このとき、なんだか太ってるんだよな〜。(一番右)
ブレイブ・ワンの時は、そうでもなかったけど。
レイ役のフレディ・ロドリゲスの顔が小さいから?
彼は、おいしい役でしたねぇ。
チェリーが、立ち上がるまでは、ひとり奮闘してました。

pt7デス・プルーフとのLINKがあったそうです。
カーステレオから、「DJジャングル・ジュリア追悼の曲〜」っていうのが流れた。これは、一瞬。
スタント・マイクが入院していた病院に、注射器女医と保安官アールがいたんだって。これは、また観てみるわ!


pt5とにかく、チェリーの足のマシンガンは
カッコいいっす。
チェリーの足のマシンガンって、CGかな?
ハイテク技術を使っていながら、フィルムは昔風。これがよかったですね。

ダコタ女医の目の回り…アイライン・マスカラがにじんで、ゾンビみたい。
彼女、ゾンビ化するのかと思ったら、ダンナだったしっ!
最後も、涙のお別れもあって、盛り上がりました。

pt8pt9
特典とか、休日に観ますね。
HEROESもあと一巻のこってるし、26日は「パンズ・ラビリンス」でしょ。
忙しいわぁ〜。
お彼岸行事もあるし、
お嬢の入学式もあるしなぁ。

「ライラの冒険」はいつ観に行こうかしらんらん??

( ̄_ ̄|||) どよ〜ん

レンタルショップに、一泊だから「フライボーイズ」を仕事帰りに返却に行き
「SAW4」があったらいいなーと思ったのに、…なかった。
みなさん、こーゆー映画、ほんまに好きなのぉ?(笑)
ほんでね、今日は「グラインドハウス」が届いているはずぅ〜と、
るんるん♪帰ったら
届いていたのは「HEROES」でした!( ̄ ̄ロ ̄ ̄;;)
明日か…。メール来てました(ちょっと安心した)
確認してなかったなぁ〜(発送MAILはきちんと最後まで読みましょう…)
つうことで、「HEROES」観ます…

観たかったなー、「プラネット・テラー」(しょぼん…)

グラインドハウス コンプリートBOX 【初回限定生産】
gh1gh2
特典も多いし、好きな方は損はないと思うよ。レンタルでは観られないUS版やフェイク予告などもあるし。別々に買うより得な気がします。
あくまでも、この手の映画が好きな人ですけどね。

フライボーイズ

( ̄○ ̄)/ オマター イケメンだよー
ジェームズ・フランコ主演です!
恒例「観たい映画」に入れるのを忘れてたんですよぉ。
でも、イケメンフェチより、この映画は飛行機好きな方に、たまらん映画だと思います!
flyboys2フライボーイズ
原題:FLYBOYS
監督: トニー・ビル
製作: ディーン・デヴリン / マーク・フライドマン
脚本: デヴィッド・S・ウォード
上映時間:138分
レンタル開始日:3月21日
キャスト:ジェームズ・フランコ、ジャン・レノ、マーティン・ヘンダーソン、ジェニファー・デッカー、タイラー・ラビーン、アブダル・サリス、デヴィッド・エリソン、他
第一次世界大戦下の1916年。農場を差し押さえられ、州外への退去を余儀なくされたローリン グス(ジェームズ・フランコ)は、フランスのラファイエット戦闘機隊に参加することに。そこで同じくアメリカからやって来た仲間たちと出会った彼は、司令 官のセノール大佐(ジャン・レノ)の下、パイロットとしてのトレーニングを受ける。
シネマトゥディより
公式サイト
フライボーイズ - goo 映画

fly実話ベースの映画です。
ラファイエット戦闘機隊というアメリカ人のみの航空隊。
メンバーは様々で、主人公のローリングスは元々はカウボーイ。
ジャケ写でもわかると思うんですが、なんせ第一次世界大戦時、風防ガラスなんてないです。撃たれたら…ですよ。
パラシュートもない。うまく不時着できればいいけど、燃えて墜ちるしかない。
flyboys9flyboys4入隊して、飛行機に乗ったら3〜6週間の寿命なんて言われます…

「英雄」になるんだ…とかいう言葉もあったり、ドイツ軍は徹底的に悪者ですから
そのへん戦争賛美ともとれそうな部分も、なきにしもあらずな点をのぞくと、かなりよくできた映画じゃないかなぁ。
flyboys8ドラマ部分に恋愛や友情もあり、みやすいです。
とにかくCGも使っての空中戦は、見所です。
意外と騎士道みたいなところもあったりして、攻撃ばっかでもないところも。
銃撃されないように、飛び方もかなりフクザツでもあります。
映画館で観たら、きっとかなりの迫力だっただろうなぁ。DVDでも、かなり迫力はあっただけに、ちょっと残念です。
このへんが飛行機好きさんは、かなりそそるらしい。
flyboys1複葉機でのフクザツな空中戦っていうのは、映画であんまりなかったようです。
久しぶりに二時間越えの映画でしたが、飽きなかった。
トップガン」とか海軍士官生の成長物語に通じるものがあったのは否めない。
ただ、時代背景が昔であり、場所もフランスというところが、ちがってみえる。
訓練も、木型を使ったり昔風でハイテクじゃないところが、またいいです。

flyboys3こういったもんにお約束の恋愛は、淡い目。
友情の方が、おもしろいかな?
色んなタイプや出の人がいて、それぞれに個性が出ていた感じ。
今の家柄のよい坊ちゃんとは、ひと味ちがうからね。
黒人だって、とても差別されていた時代です。
フランスは、黒人にやさしいと言ってましたねぇ。
初めは、多少浮かれ気分だった新人たちも、訓練でない処女飛行から
同期生を失っていく。
戦争ということを肌で実感していく。
flyboys7先輩や上官の冷たい態度も、彼らがパイロットとして成長して行くにつれ、徐々にうち解けていく。
戦闘の仕方も、段々フォローしあったり、初めの頃とは格段に進歩していくところも、映画としてよくできていたと思います。

あら見た顔だ!
と思ったら、ジャン・レノさんでした(笑)




flyboys6厳しい先輩キャシディも、どこか謎めいてはいたけれど
同期をすべて戦死で失って、
闘う意味を同期の復讐にもっていってた。
ローリングスに、どこか自分と同じ匂いを嗅ぎとって
厳しくしながらも、色々教えていたよう。
雰囲気のある感じで、よかったですねー。
あの一騎打ちは、よかったなぁ。最期もあっぱれでした。

flyboys10ふふ、ジェームズ・フランコは、男前です。
まぁ、「トリスタントイゾルテ」ほどではなかったですけどねー。
制服フェチも、満足(爆)
(←なんで、画像がでかいんだ)
この映画を撮るために、飛行免許も取得したそうです。

日本の特攻隊の雰囲気も漂ってるようにも思うな。
死を覚悟してるっていうところがね。(「男たちの大和」よりはかなりオススメします。「僕は君のためにこそ死ににいく」なんかみてないけどダメよ)
でも、アメリカ映画なせいか湿度が少なくって、「泣け」度が控えめでありがたかったです。
戦争を礼讃する気は、さらさらないけど、見応えはありました。
公開が、今じゃなかったら、もっと話題になっていたはず。
ちょっと時代が違ったかなー。
制作費70億円っていうのは、ダテではなかったことはたしかですね。
flyboys5

待つ女

くぅっ〜〜〜19日の新着DVDは借りられず…
SAW4もバイハザ3も、出払ってました…
っていうか、それ以前に
♪財布を忘れた、陽気なちゃぴちゃぴさん(サザエさんの節でいってくらさい)
準新作のこれでもあげておきますわぁ。
原題:7 ANS(06/仏・日本公開07.10)
監督:ジャン=パスカル・アトゥ
収録時間:86分
メイテは週に2度、服役中の夫ヴァンサンに面会に行く。汚れた衣類を持ち帰って洗濯し丁寧にアイロンをかけ、仕上げに愛用の香水を振りかけ次の面会日に持 参するのだ。心待ちにしている最愛の夫との束の間の逢瀬だが、常に看守の目があり、結局はやるせない思いのまま別れを告げるしかない。ある日、見知らぬ若 い男が刑務所を後にするメイテを呼び止める。ジャンと名のるその男は彼女をしつこく誘い、車に乗せるのだった。しつこく言い寄るジャンに、マイテはいつしか身を委ねてしまい……。
待つ女 - goo 映画
公式サイト
シネマトゥディ

あたし、演歌は聴かないんですが、「待っている女」っていう五木ひろしの唄を思い出しちまった…(ココ MIDIがなります・調べんなよぉ)(f^^)
あっ、それよかトシがばれますなぁ。ばらしてるからいいか…

フランス映画らしい雰囲気のある映画でした。決して演歌調ではありませぬ。
どういう刑かはあきらかにされてはいないけれど、とにかく7年の刑。
官能ラブストーリーとかって銘もあるようだけど、それを期待すると肩すかしです。
(期待してなかったですしっ・爆)
ダンナの洗濯物に残った残り香を嗅ぎながら寝たり、看守の目を盗んでパンティを渡してみたりと、そっちの方向へのやるせないであろう彼女の心象は、よくでてました。
で、あるオトコと関係を車の中でもつに至るのだけど、さほど感じてはいない。
誘われるまま関係をもっていくけれど、ダンナに勘づかれてくんだよね〜。
そこから、急展開してく。
ゲランの香水が、ヒント。
ダンナも、悶々で大変(笑)屈折してるよなぁ。
そして、言いよるオトコの正体が、囚人の弟ではなく本当は看守であった事がミソね。
このあたりの展開の仕方が、フランス映画だにゃ〜って思う。
ふふふ

ハリウッドに慣れてしまってるとちんたらしてると感じるかもしれないです。
まぁ、エロシーンはそれなりに何度かあります。
この女優さん(ヴァレリー・ドンゼッリ)、色っぽいです。
だもんで、ダンナの体臭の残り香を楽しんでる様は似合って見えるんですよねぇ。
悶々としてるのがよくわかる。

このダンナ(ブリュノ・トデスキーニ)も、なかなかいい男でした。
フランスのプリズンの様子も、ちょっと出てきますが、「プリズン・ブレイク」みたいな無法地帯の雰囲気ではなかったです。
もぉちょっとこぎれいにみえた(あくまで「みえた」)。
原題の7 ANSは7年って言う意味らしいです。
若い嫁が、7年も!いまどき、貞淑です…(じゃなかったけどね)
時間もコンパクトなので、ちょっとした暇つぶしとフランス映画のエロっぽさにふれるのには、ちょうどいい長さかもしれないです。

は警戒するつもりだった(BlogPet)

プクは警戒するつもりだった。
でも、一緒ー!
だけど、サティーンで満足参しなかったよ。
だけど、ナイトメアと変更しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「プク」が書きました。

ドS必見だろーけど…

密室・拷問もん…
キャプティビティ (特別編)
英題:    CAPTIVITY
監督:ローランド・ジョフィ
脚本:ラリー・コーエン / ジョセフ・トュラ
キャスト:エリシャ・カスバート、ダニエル・ギリーズ、マイケル・ハーネイ、ラズ・アロンソ、マギー・ダモン、プルイット・テイラー・ヴィンス、他
数々のファッション誌の表紙を飾るトップモデルのジェニファー。ある日、目覚めると、そこは見知らぬ部屋のベッドの上。コンクリートの壁で覆われ、出口は おろか窓がひとつもなく、巨大なジェニファーのポスターと花が飾られていた。その薄暗い空間は、完全な密室。何者かによってこの部屋に閉じ込められたこと を悟ったジェニファーがパニックに陥ったその時、部屋の中に置かれたテレビから自宅の盗撮映像が映し出された…。


これを途中まで観た。
なんせ、90分もナイ映画です。(86分だったかな?)
主演は、「24」のウザキャラのキムことエリシャ・カスバート。
だけどなぁ、目玉・臓物ミキサーがけを無理やり飲ます…
そこで、リタイアしてしまいました。
体調のいいときに、TRYしたいっすね〜(TRYするのかっ!)
この監督、悪趣味だわぁ〜
脚本が「フォーン・ブース」の人だからって思ったんだけどさぁ。
(TOT) ダー
きをつけてくらさい…
あたし、血まみれ映画好きな方ですが、拷問系は程度があるようですわ。
ご報告まで…
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ