晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2008年10月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

美しすぎる母

実話ベースなんですよねぇ。
見るのをどうしようかと、躊躇したんですがねぇ
(私も息子をもつ母です)
以前、フランス映画の「ママン」を観て、どよ〜んとしたしねぇ。
エロさでは、「ママン」のほうがすごかったし、男の子もイケメンです。
ママンがヘンタイ系なら、こっちは狂気系ですねぇ。
感情移入をどこにもっていけばいいのか?誰にももっていけないです。
ただ、異様にもっていきどころを間違えた人たちが、映画の中にいる。
原題:Savage Grace
監督:トム・ケイリン
収録時間:97分
レンタル開始日:2008-10-24
貧しい家庭に育ったバーバラは幼い頃から金持ちの男と結婚することが幸せになる道と母に教え込まれていた。その教えどおり大富豪のブルックスと結婚し息子 のトニーをもうける。しかし、上流階級の一員として認められたいバーバラが社交に熱中する傍らでブルックスの心は次第に冷え、やがて年若い恋人のもとに去 るのだった。取り残された母と息子は依存と偏愛の果てに悲劇的な終焉に向かって突き進んで行く。
公式サイト
美しすぎる母 - goo 映画

savagegrace2savagegrace3この絵映画の背景に流れるものは、上流階級のお暮らしと、上流でないとこからきた妻のギャップがあります。
社交界で、必死で認めてもらおうとする妻、偉大な祖父の呪縛から逃れられない夫。冒頭から、この夫婦の危機感があふれてます。
この一家、あっちこっちとまぁよく引っ越す。スペインだったりフランスだったりイギリスだったり。
savagegrace8別に働かなくても、お金に困ることもない生活というのが、憧れますがぁ
もしそうなったら、ナニをやっていいのかわかんないです。
誰それを招いてディナーだとかそういうのって、めんどくさ(爆)
会社や町内会のつきあいと さほど変わりないんじゃないですかねぇ。
広いようで狭い世界に陥っちゃうんでしょうね。

息子トニーいわく、明るく暖かい母と暗く冷たい父。
結婚生活が破綻した時、均衡が破れてしまい、破滅へと進んでいくしかなかったのかもしれません。

savagegrace6近親相姦のほか同性愛もたくさん描かれてますが、行為自体はさほど映像になっていないので、エロさは少なめです。
(残念でした・爆)
そっちのほうが、観たいんなら「ママン」みなさい
ハハハ
疲れますよ。

問題は、これが実在の人物だったということですねぇ。
savagegrace4息子は母を刺し、その傍らで食事をケイタリングし、食べているところに救急隊が到着する。
もう見るからに狂ってる。彼は精神を病んでの行動と見なされ、精神病の刑務所に入り、出所後は、アメリカの祖母(バーバラの母)の元で保護を受けるが、その祖母も刺してしまう。(祖母は一命を取り留める)
彼は、刑務所でビニール袋をかぶり自殺。という事実もあります。
で、父親はなにを彼にしてやったのだろう??
なんにもしなかったんだろうね。
あの父親も、愛情を注ぐ事を彼らにするすべを知らなかったような人間でした。

タブーな題材なんですが、母と息子の危険な愛情のもつれというよりは
狂っていく人たちという印象が強かったです。

savagegrace5俳優さんたちは、これまた熱演でしたね。
ブーリン家にもでていたエディくん、そばかすが印象的ですが
ナイーブな青年を好演。ジュリアン・ムーアと雰囲気の似たところがあるんで、どことなく親子に見えるのもいい(白い肌とかね)
クライマックスのあたりは、狂気じみていてよかったです。

savagegrace7あと、この前から注目のヒュー・ダンシーが、バイセクシャルな男性で出てました。
ゲイなんですが、バーバラと関係しトニーと3人でベッドになんていうシーンもありです。

ちょっとなよっとした仕草とか、上手よん。






てなわけで、万人に受け入れがたい映画ですが、なんだか、タブーを描くというよりも、人間の中の狂った部分が極端に出てる人たちの映画な様な感じ。
おぞましい〜っていうより、この人たち狂ってるし…みたいにみられました。
savagegrace1savagegrace9






容疑者Xの献身

実のところ、評判がよかったのは知っていましたが、観るつもりではありませんでした。
観ようと思っていたのが、時間調整できなくって「ついでに観た」が正しいです。
でも、ドラマの映画化のなかでは、群を抜いてのデキ!面白かった。
ドラマを見ていなくても、大丈夫!
湯川教授と刑事たちの人間関係がわかってなくても、わかるしくみになってるし、推理よりも、彼ら以外の人間のドラマに重きがいっている映画になっていました。

yougisyax6容疑者χの献身

監督:西谷弘
脚本:福田靖
製作:亀山千広
企画:大多亮
原作:東野圭吾
音楽:福山雅治、菅野祐悟
撮影:山本英夫
出演:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、ダンカン、長塚圭史、金澤美穂、益岡徹、林泰文、渡辺いっけい、品川祐、真矢みき、松雪泰子、堤真一、他
上映時間:128分
天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた…。
yougisyax3公式サイト
容疑者Xの献身 - goo 映画

TVドラマ「ガリレオ」は、半分以上観てると思います。
この前のスペシャルも録画で観たよん。北村一輝も好きなのね、あたし。
原作は、一冊も読んでません。
映画の原作は、直木賞や本格ミステリー大賞など受賞しています。

不覚にも、涙してしまったのだ。
yougisyax2ガリレオのシリーズ映画化ではあるけれど、題名にガリレオの文字はナシ。
主役は、福山サンだけど、実は堤真一ですね。
堤真一演じる石神は、高校の数学教師ではあるが、湯川教授に「本物の天才」といわしめるほどの人。親が、寝たきりになり大学に残れなかったというわけです。
さえない風体のおっさんです。
数学の天才と言えば、彼はドラマ「ヤマトナデシコ」でも演じてましたけどね。
そのせいか、私自身、違和感なく観られました。
おちゃらけ堤さんも好きだけど、こういう堤さんもいい。
上手いなぁで、涙になっちゃったのよ。のせられました。

yougisyax1湯川の口癖、「実に、おもしろい」だったんだよねー。
TVのほうは、物理学的事件解明と湯川と柴崎コウの内海刑事とのやりとりの軽妙さが前にでてたおもしろさだったんですが、
それもあるけど、後ろに下がって、テンポ付け程度で、石神と松雪泰子の靖子との関係の方が、前にきたつくりが、とても好感が持てました。
最初に、靖子と娘美里が殺し、殺人の隠蔽工作を石神がやったことは、観てる方はわかるのね。
なぜというのが、問題で、湯川さんも事件の全容がつかめても、公式に当てはめてしまうと答えの出せない「愛」というものに困り果てた。

yougisyax4数学者と物理学者の思考経路の違いとかも、盛り込んであって
2時間飽きる暇もなく、観られました。
私自身、数学も物理も大の苦手。
高校1〜2年の時の数学の先生は女性(おばさん)で、???な授業。3年になって男(おじさん)の先生になり、少し考えることができた(笑)
物理の先生は、授業よりもぉ、通学のバスが一緒でね、いっつも鼻ほじってたのしか覚えてない。
福山サンみたいな物理の先生だったら…と、今でも思いますよ(爆)
そうよ、私、福山雅治好きだもん
声が好きね
あと、口角のあがる唇も好きですね。アンバランスで。
オープンなエロ話が、また気に入ってしまった原因だけど。
うちのお嬢に言わせると、「ナニをやっても福山雅治」なんですが、
(キムタクというときもある)
この映画に関しては、そうでもなかったような気もします(ひいき?)。

yougisyax5やっぱり、堤真一と石神の論理的に唯一できなかった「愛」の物語が、面白かったですね。
いい具合に、KOH+の「最愛」が流れて、石神目線なこの詩は、なんで福山サン唄わなかったんだろ?
女性の声が欲しかったからって、言ってたようだけど。
福山サンで聞きたいですねぇ。

ナニかを相手に求めるうちは、本物の愛じゃないようなことを言っていたのは誰だっけ?
題名の中の「献身」というのが、すごく効いてくるラストだったのですが、
反面、苦さもあり、石神の号泣はヒロイックにもなれなかった哀しさも感じた。
無償にみえる演技っていうのも、なかなか出来そうで出来ないような気もします。

たぶん、原作がしっかりしていて、その原作になるべく忠実に描こうと努めた分、
面白くなった映画なんじゃないかなぁ。

先にも書きましたが、ドラマの映画化以上のものに思う。
俳優やドラマ人気だけじゃなかったですね。
(予約投稿)

ブーリン家の姉妹

コスプレ映画は、好きなんですよね。
夏に、「エリザベス」「エリザベスGA」も続けてみたことだし、
そのプリクエともいうべきこの映画、観なくっちゃ!
久々のレディース・デーで、7〜8割は女性でした。このときばかりは、女に生まれててよかったなぁと思う(おおげさな)。
イングランド版大奥っていう感じもしないではないけれど…(爆)
boleyngirl1
ブーリン家の姉妹

原題:The Other Boleyn Girl
監督:ジャスティン・チャドウィック
脚本:ピーター・モーガン
製作総指揮:スコット・ルーディン、デビッド・M・トンプソン
製作:アリソン・オーウェン
原作:フィリッパ・グレゴリー
撮影:キーラン・マクギガン
音楽:ポール・カンテロン
美術:ジョン=ポール・ケリー
出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、マーク・ライアンス、クリスティン・スコット・トーマス、デビッド・モリッシー、ベネディクト・カンバーバッチ、オリバー・コールマン、アナ・トレント、エディ・レッドメイン、他
上映時間:115分
16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。 ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、妹に栄誉を奪われ たアンは一時フランスへ追放されるが、やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を狙って策略を巡らすのだった。
ブーリン家の姉妹 - goo 映画
公式サイト

boleyngirl2この映画を観た後で、「エリザベス」を観たら、もうちょっとよくわかってたかもしれないですねぇ。
アンは、小悪魔的なイメージがついていて、
スカさんの方が?っていうイメージは、私もありました。
でも、ナタリーで正解でした。
観た人は、みんなそう思ってると思う。
この姉妹のお父さんは、新興貴族なので、さほど裕福な暮らしはしていない。
お母さんが、王の側近でもあるノーフォーク公爵の姉で、「愛」で裕福でないブーリン家に嫁いだわけです。
ノーフォーク公爵と父親が、ブーリン家の姉妹を男の子が生まれない王の愛人にし、両家の繁栄を画策したのが、はじまり。
利発なアンを差しだそうとし、アンもそれにのったわけで、彼女の運命はそこで方向付けられたのかもしれない。
boleyngirl3しかし、王が選んだのはメアリー。
メアリーは、すでに結婚していたのにもかかわらず、である。
一家総出で、宮廷に行くことを命じられ、一家の暮らしは激変。
母親だけは、どこか醒めてます。
王の愛人になるはずだったアンは、許嫁のあるヘンリー(ノーサンバランドン公爵)と恋人関係に陥り、秘密の結婚をし、許嫁のある彼であるため別れさせられフランスにいくことに。
この件をアンを想い、親に告げたのはメアリーで、逆にアンの憎悪を招いていた。王の愛人の件では嫉妬もあり、姉妹関係はぎくしゃくしていく。
boleyngirl4boleyngirl7
てな具合で、姉妹を中心に、憎悪と嫉妬と愛に陰謀がからんで、飽きない内容になってました。

フランスから帰ったアンは、「じらす」事で王を思うがまま操ってましたねぇ。
アンは、愛人ではなく王妃の座を得ることを、妹の例を見て思ったのかな。
寵愛がなくなれば、子供を産んでも私生児。
離婚を認めないカトリックから、イギリス国教会を成立させたのは、アン。
ローマから離れることで、イングランドはヨーロッパ諸国から異例の存在となってくわけで、敵も多くなる。
「エリザベスGA」でのスペインとの確執も、わかりやすくなる。

boleyngirl5boleyngirl6冒頭、仲のよいブーリン家の子供たち(姉妹と弟)が描かれ、彼女たちの行く末を考えると、哀しい。
特に、弟のジョージはかわいそう。大嫌いな王妃の侍女ジェーンと政略結婚させられ、姉アンの無理な頼みと指一本触らぬ夫への恨みから、残酷な末路をたどらされてしまう。
この件は、アンも末路に導いてしまう。
映画では描かれなかったけれど、そこにはきっと政略的宗教的陰謀があったはずだと思う。
boleyngirl9
アンは、聡明さと美しさで王の愛を得ようとしたが、メアリーは、人柄で得ようとし、最後まで王の信頼は彼女にはあった。そこらへんがアンにはなかったもの。
でも、姉妹は表裏一体をなしていたと…。

姉妹の葛藤とか、感情のもつれかたが、おもしろかったですねぇ。
豪華な衣装やセットも、よかったです。
boleyngirl8ナタリーとスカさんは、もちろんよかったです、
エリック・バナも、王らしい威厳もありながら、「世継ぎ」と女にふりまわされる男でした。
脇に徹してたというようなインタビュー記事を読みましたが、そんな感じでしたねぇ。
ジョージのジム・スタージェスは、「ラスベガスをぶっつぶせ」、12月にDVDの「アクロス・ザ・ユニバース」での主演がありますが、フレッシュな魅力でした。
メアリーの最初の夫ウィリアム・ケアリー役は、「つぐない」のチョコレート王。ジョージの嫌いな妻ジェーン役が、やはり「つぐない」のローラ。
くすっと笑えてしまいました。最初の夫は、ちぃーとかわいそうだったんですがね。 
ジェーンは、いけ好かんタイプな女性です。ジョージ曰く「へびみたい」だったし(爆)
諸悪の根源、振り回しまくりのノーフォーク公爵は、観だした英ドラ「ステート・オブ・プレイ」のスティーブン議員だったりするし。
メアリーを幸せにする次の夫ウィリアム・スタフォード(またウィリアムかい)役は、そのうち観る予定の「美しい母」の問題の息子役のエディ・レッドメイン(グッド・シェパード、エリザベスGAにも出てた)。そばかすが多いのよね。
あげだしたら、まだまだあるんですが、なかなか豪華なメンツ、若手の起用も多くて、楽しみもありました。

こういう大河的なコスプレは、やっぱし好きだわぁ。
面白かったです。
エリザベスよりは、彼女たちの立場的にも、個人同士の葛藤に焦点がいってるかな。

この後、ヘンリー8世は懲りずにあと4回結婚して、合計6人の王妃を迎えました。
3回目の結婚でエドワード6世をもうけたものの、夭折し、最初の妻キャサリンの娘メアリーが女王となり、次いでアンの娘エリザベス1世が誕生という次第でございます。
パンフ買ったんですが、それに相関図(DIAGRAM)がありまして(公式サイトにもあります)、
アン・メアリー・ヘンリー・ウィリアム・キャサリン・エリザベス・ジェーン・トマス…みんな二名以上いるんですけど…。
ジョージだけだったわ、一人だったの。ややこしいです。

ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜 1〜3話まで観た

これね、NHKBS2で毎週水曜日23:00からやっております。
29日(水)は、第四回になるの。(全六回)
2009年公開予定で、ハリウッド映画化中〜♪
stateofplay001ステート・オブ・プレイ
原題:STATE OF PLAY(2003/BBC)
製作:ポ−ル・アボット
監督:デビッド・イェーツ
出演:ジョン・シム、デビッド・モリッシー、ケリー・マクドナルド、ビル・ナイ、ポリー・ウォーカー、フィリップ・グレニスター、ジェームズ・マカヴォイ、マーク・ウォーレン、他
NHK公式サイト

ーつかみ導入部ー一回目のさわり(笑)
stateofplay2stateofplay3イギリス、ロンドン。15歳の黒人少年ケルビンが射殺された。目撃者のバイク便の運転手も撃たれ、犯人は姿を消す。同 じころ、地下鉄の駅で線路に転落した女性が亡くなる。政府のエネルギー特別委員会の調査官ソニアだった。委員長をつとめる国会議員スティーブン・コリン(デビッド・モリッシー)は記者会見 で弔辞を述べるが、ひどく泣き崩れたため記者たちがざわめく。ヘラルド紙の編集部長キャメロン(ビル・ナイ)と記者のカル・マカフリー(ジョン・シム)らは、ソニアの死はスティーブンとの不倫が関係しているのではないかと取材を始める。カルは昔スティーブンの選挙キャンペーンマネージャーをやったことがあり、そのつながりを使って彼から情報を得ようとする。カルの同僚デラは、ソニアが死んだ日に、ケルビン少年が何者かに射殺され、そのケルビンが、殺される前にソニアの携帯 に電話をしていたことをつきとめる。デラ(ケリー・マクドナルド)は警部補になりたてのブラウンと情報交換することを約束。そこで警察がケルビンは麻薬の売人だったのではないかと 疑っていることを知る。
第1話スキャンダル
第2話謎のメッセージ
第3話狙われたジャーナリスト
エピガイは、NHKのサイトにあります。

事件の概要は、↑のようなものなんですが、二つの何ら関係のないような殺人が
つながって、とんでもない裏がありそうな気配に。

第一回目から、展開が早い!顔見世興行みたいな人物紹介しながら、どんどん進んじゃう。
レギュラーになるのかと思ったブラウン刑事なんか、一回目で殺されちゃう、いい人そうだったのにな(爆)
ちょうど真ん中まできたのですが、大人の恋愛も入ってきました(笑)
これでまた、ややこしくなりそうですな。カルさん意外と軽い(シャレにもならん)。
stateofplay4当初は、カルとデラの二人が調べていたのですが、5人のチームとなります。
編集長キャメロンは、自分が表立っては動きませんが、まとめ役として動きながら、ジャーナリストの血は騒いでますね。
ビルさんが出てるから観たっていうのは、そうなんですよん。

stこのチームに、フリーの記者として参加するのがダン。これが、ジェームズ・マカヴォイ。実は、編集長の息子。でも、周囲には内緒。(カルは知ってる)
なかなかフットワークが軽く、いい仕事しはります。脇役に徹してますね。(売れっ子になる前だし)カル役のジョン・シムも、デラのケリー・マクドナルドも小柄なんで、チームでいる時は、さほど小柄にはみえないけど、ビル・ナイと出ると…チビだね(爆)
まぁ、正直、彼が出てるんで観たっていうのも、あります。
デラのケリーさん、どっかで観た!と思ったら、
トレインスポッティングのディスコでユアンが仲良くなる女子高生だったわぁ。
stateofplay5あと、めちゃウケしたキャラのドミニク・フォイ(名前からして…)。マーク・ウォーレンなんだけど。
ナニかにつながる重要人物っぽいんだけど、やたら軽いし、ケバい。
ウォンテッド」で修理屋っていって、殴りまくりの人。
このドラマでは、ジェームズ・マカヴォイに、ちょびっと言葉でいじめられて(?)いた。以降どう動くのかしら?
どんどん違う方へむかってますからねぇ。警察も介入できないような事になってきてるし、キーのHITMANも殺されるし。

三話まで観たところで、一応役キャラがつかめてきたんで、映画版はどうなのか?
当初、ブラピ&E.ノートンだったんだよねー。(カルとスティーヴンの役・ファイトクラブのコンビだじょー)
それで、すごく覚えていて、この二人が降板してしまい、ラッセル・クロウとベン・アフレックになった。ビル・ナイの役はヘレン・ミレン女王がするそう。
デラの役は、レイチェル・マクアダムス。
スティーヴンって、どこかぬけてる印象が今あるんで、キレものっぽいノートンよりいいような気もする。ベンアフさんって、鈍重って感じだもん。
ラッセル・クロウは、アウトローっぽい刑事のイメージがあるんで、
まぁいいかなー。
6時間ほどあるドラマを、2時間くらいの映画にするんだから、どこまで凝縮されるのかなぁ?
映画になったら、日本でもDVDが出るかもね。
UK版のジャケは上のんですが、US版は、ビル・ナイやジェーマカさんの4枚看板になってた。

地球最後の男たち

こういうの観て欲しかったんでしょ。(笑)
人が地雷映画観るのを…!トランスフォーマー社の作品ですしね。
ところがっどっこい、拾いものB級でした。
あの地球最後のなんたらな映画とは、趣ちがいますんで。
絶対、違うしっ!
狂気の世界です。
どっちかというと「28シリーズ」の雰囲気もあるし、ジャケと邦題に惑わされてはなりませぬ。
嫌いな人は観ないでよろしい。出血は多いです。
監督さんが、3人で3部構成となってます。(脚本も各自担当)
ψ(`∇´)ψ うきょきょきょ
収録時間:104分
レンタル開始日:2008-10-03
大晦日。一年の終わりを迎え、誰もが新年への思いを馳せるこの日、テレビ、ラジオ、携帯電話など、あらゆるメディアが何 者かによってジャックされる事件が発生。突如として街から人がいなくなり、一夜にして世界は変わり果ててしまった。高層ビルから立ち上る黒煙、動かなく なったsignal2自動車、そして時折聞こえる断末魔の叫び・・・。
あの時、一体何があったというのか。そして、通信網を麻痺させ、未だ発信されているこの奇 妙な信号は何なのか。恋人の行方がわからないまま何も出来ずにいたベンは、意を決して街へ飛び出した。そこで彼が見たのは、あちこちに遺体の転がる想像を 超えた惨い世界。奇跡的に生き残ったクラークという男と共に、ベンは恋人の生存を信じて旅に出るが、悲劇はこれだけでは終わらなかった・・・。
トランスフォーマーサイト作品紹介より








signal3冒頭から、おもっくそスプラッタ!これは、TV映画という設定でしたが…
不倫関係にある恋人マヤとベン。
情事が激しかったからどうかは知りませんが、うっかり寝過ごしてしまった二人は、TVがおかしいことに気づく。そして、夫に電話しようとすると通じない。携帯も家デンも。変な信号音が…
アパートにたどり着くまでに、マヤはナニカがおかしいことに…
人々が、喧嘩をし合い、あげく殺し合いです。
嫉妬深い夫ルイスとその友人たちが家にいて、夫が友人を殴り殺してしまう。
signal5マヤは、向かいに身を隠すが、向かいの女性は誰かに殺されてしまう。そのまま身を潜める。
このまた、ルイスが不死身な男でねぇ。
なぜか、腕っぷしが強いし。
不気味だし。
妻マヤに対するしつこさといったらないよぉ。
ベンが、マヤの相手とわかり、なぜか自分の車に殴りつけて乗せてくし(笑)
誰が、まともなのかもさっぱりわからなくなってくる。
signal6この異常な現象の原因というものも、「たぶん」でしかないのよ(笑)
でもって、何のために誰が?というのもないとこがミソ。
TVや電話という媒体から発せられる信号で、頭の中になにか命令しちゃうようです。神経が狂っちゃうんですね。この信号をどれくらい見たり聞いたりするとなるかというのが不明だし。いたってまともだと本人たちは思ってるし。
なんか会話とかズレたりしてね。
このへんが、気をひいてしまった。
核になるのは、マヤとベンとルイスの三角関係。
signal4年越しパーティをするのっていう女性の家でのくだりが二部で、
ここらへんはちょっとゆるめ。お笑いどころは多いです。
タバコをくれっていう生首だの死んじゃった人に
パーティのとんがり帽子かぶせてたり。
人間の狂ってる様が、おもっくそ描かれてる。
殺されるから、まともな人間までも凶器をもって、自己防衛。
殺されかけたら、殺さないと身が持たない。よって殺人を犯す。
まともな人間であろう人も、狂ってくるわけです。

signal1三人でリレーのようにつなげた物語だけど、破綻もなく
色合いが変わったことで、インパクトになってるかも。

カルトな映画の好きな人は、観て損はないと思うんですが、
そうじゃない人には、保証しません(爆)

ホラーの味付けに愛をからませて、中途半端にならずにうまくいった例かな。
あと、人間の深層心理の怖さを露呈した映画なのかもね。

ちなみに、エロは少ない。イケメンも期待できないです(爆)

スライサー

これは、映画館で上映されてない。
原作は、スティーヴン・キング。キングの未公開もん(TVドラマも)が、先月数本新作でレンタルショップに並んでてね、そのうちの一本。
当たり外れがあるんで、様子見してた(笑)
TVドラマでのものは、長いんだよね〜。
(ゴールデン・イヤーズ、ザ・スタンド、ランゴリアーズ)
ジャケから、あやしいこの作品。どうも、続編らしくって、
「マングラー」という洗濯プレス機の話のつづき。そう、映画の中でも出てましたよこの話。
原題:THE MANGLER REBORN
監督:マット・カニンガム , エリック・ガードナー
収録時間:83分
レンタル開始日:2008-09-05

Story
バラバラに破壊された機械の部品に取り憑かれた男の恐怖を描く、スティーヴン・キング原作のソリッドスリラー。究極の殺人マシーンを完成させた男は、機械を動かすために人間の血を求めて殺戮を繰り返す。悪魔が乗り移った殺人機が次々と人々を襲う。(詳細こちら


manglerreborn2配管工が、仕事もせずに、思い詰めたように機械を作り直しはじめ…
もう、取り憑かれですね。
このオジサンも、結局機械になっちゃってるんだものね。

このオジサン、無表情で怖いんだよぉ〜〜
配管修理のおうちに行っては、そこんちの奥さんとかを
先がゴムのハンマーでごつんと一撃させて、生け捕りしてくるんですが、
この先ゴムハンマー…、会社で1〜2年前に仕事してたお部屋にありましてね。
私の肩たたきの友だったので、笑った。彼が使用のものよりは小ぶりですけど。
久しぶりに先日、そこで仕事してて、やっぱし肩をコンコンしてたんですけどねぇ。
適度に弾力と重みがあるんで、力を入れなくても、それなりに効果があったような気もする。
あんまりこったら、裁ちばさみの柄のほうがいいけど…
manglerreborn3あ〜映画とちっとも関係ないっす。
そんなゴム製ハンマーでも、力を入れたら気絶させることは出来るんでしょう。
(肩こり用具としてしか、考えたことなかった、なのになぜ仕事場にあるのか?と思うよね。昔は、箱たたき(?)に使用することがあったんだけど、今は無用の用具です)

このおっさん、家も大改造しちゃって、窓は煉瓦で閉め切って、ドアは開けたら最後、鍵がないと出られないーねずみ取り方式になってる。
各部屋はドアノブがなくなり、鍵だけ。

行方不明者も多発したはずなのに…とか、そういうツッコミは不要。

ほとんどが、オッサンの家でおこる恐怖です。
このオッサンが、怖いのですが、観てるうちに、なんか笑えるのよ。
泥棒にこの家に入ってしまった親子が、泥棒のくせに人助けをしようとして
ぬかるみにはまってく。
manglerreborn4
機械のやることは、後半も後半でしか明かされず、悲鳴ばっかですので
さほど、グロくはないと思うのですが、グロいかな(笑)
血まみれだしねぇ。
土曜日は、仕事だったのですが、用があって実家に行かねばならず、電車の中で「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観てたのですが、途中から爆睡してしまいました。実家についてから、一段落してコレ観だして、しっかり観ちゃった。
あたしって、やっぱし残酷ね。まぁあの映画は、当初から食指が動かない映画ではあったのですけどね。
manglerreborn1機械というもん、この機械なんて、コンピューター系ではないから特に無機質な雰囲気なんだけど、
悪魔ですよ。
(^O^)きゃはは

←日本のジャケより、こっちのほうが不気味だってば!

ライオンズ・ゲートは、この手の映画(SAWとか)をいっぱい作ってます。
HPで、その手の予告をいっぱい観てしまいました。

11月に出る新作DVD。初夏〜夏公開の作品揃い♪

あ〜もうこの時期ですか、もうすぐ11月になるんですよ。
オコタの季節ですよ。
チョコレートの季節なんですよね♪
(今日食べた「メルティキス」のダークラムはおいしかった)
初夏から夏公開の娯楽作品が、11月は揃いましたねぇ。
私的に必見もんもあるわよ。(ちょっとオススメしたい)
劇場公開映画は、やっぱ「レッド・クリフpart.1」ですか?
「トロピック・サンダー」も観たいわぁ。
海ドラ「HEROES」S2は、のんびり観ます。スパナチュは、完食しました!
ほんでは
11/5

ファクトリー・ガール
ファクトリー・ガール
シエナ・ミラーは、あんまり…なんだけどね。ボブ・ディランからの横やりで、ヘイデンくんの台詞とか出番は変更があったようで、ヘイデンくんはお気に召していないらしい。別れたからじゃないの?ハハハ

11/7

JUNO/ジュノ <特別編>
JUNO/ジュノ
これは、観に行くつもりだったのに…。
とにかく、やたら評判のいいこの映画は、外せないです。


幻影師 アイゼンハイム
幻影師 アイゼンハイム セルは11/21
エドワード・ノートン主演。妙にそそられます。

さよなら。いつかわかること
さよなら。いつかわかること
妙に気になる一本です。ジョン・キューザック主演。奥さんが兵士で…。
戦死を娘たちにどう伝えるか…。

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】
インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国
これは、映画館で鑑賞済み
一応、観てない人には目玉になると思います。ノリで楽しむ映画。
で、一作目がよかったなー、いや二作目とか言うのよ。ケケケ
Xファイルも公開なんですが、これ観たからいいわ。(重大なネタバレだね)

11/14
イースタン・プロミス
イースタン・プロミス
これも鑑賞済みなんですが(なんで画像でかいんだ!)
だって、これは観てよ〜!!ヴィゴが、もう痺れるくらい渋いっ!
サウナでの全裸格闘は、色んな意味で必見!!
アクションは迫力あります。チンブラも衝撃ですが。
ヴァンサン・カッセルも、がんばってます。

11/19
スピード・レーサー MACH5 プレミアムBOX(2枚組) (初回限定生産)
スピード・レーサー MACH5
これは、苦い思い出が…。あんまりほじくらないでくださいね(笑)
はい、どうであれ、観ます。

11/21


ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 2-Disc・スペシャル・エディション
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
これも、劇場で観てます
ベン・バーンズ

ミラクル7号
ミラクル7号
アジア系の映画ですけど…、かわいいんだもん

西の魔女が死んだ 特別版 【初回限定生産2枚組】
西の魔女が死んだ
邦画なんですが、サチ・パーカーが出てることと
「魔女」が西洋っぽいふんいきだよね。


11/28
アフタースクール
アフタースクール
意外な秀作らしいですよ。
大泉洋は好き。

REC/レック スペシャル・エディション
REC/レック
スペイン発、「クローバーフィールド」系のゆれゆれパニック・ムービー
そそる…

いのちの食べかた
いのちの食べかた
食べることには、執着心があるので、なやみますね。

へんな特集
ハリポの新作が上映予定だったせいか、ダニエルくんのDVDが2本ありましたよ。
マイ・ボーイ・ジャック 11/7 ←ひげが似合わないんだけどね
ディセンバー・ボーイズ 11/19 ←いわゆる青い春もんです

珍品?
11/5にでるのが
少林少女 コレクターズ・エディション
少林少女
(あまり興味がない)

11/7にでるのが、キスおばさん主演
少林老女
少林老女

譜めくりの女

フランスの愛憎混じったサスペンス。
ちょっと、怖いよ。監督は、日本の能とか邦画を参考にしたようですよ。
だって、主演の表情がわかんないのよね。台詞も少ない。
知らず知らずのうちに、どんどん沼に足をとられていくピアニスト。
静かな中に潜む残酷さ。
このピアニスト役の女性、この前観た「地上5センチの恋心」の人とは、同じには思えないですよ。おばちゃんしてません(笑)
収録時間:81分
レンタル開始日:2008-10-24
ピアニストを夢見て一途に励んできた少女メラニーはコンセルヴァトワールの入試に臨むが、憧れの人気ピアニストでもある審査員アリアーヌの無神経さに深く 傷つき、自ら夢を封印する。数年後、息子の子守として再会したアリアーヌはもちろんメラニーを覚えていない。万事そつなくこなすメラニーを気に入ったアリ アーヌは、彼女に譜めくり役を依頼する。やがてメラニーはアリアーヌにとって掛け替えのない存在になってゆく。
譜めくりの女 - goo 映画
公式サイト
監督インタビュー

少女メラニーと成人メラニーの雰囲気が、また上手くかみ合っていました。
内面の根性が、ちょっと違うぞっていうのがよく出てました。
自分の夢をいい加減な態度で審査していたアリアーヌのせいで、演奏ができなくなってしまい、夢をみることをやめてしまったメラニー。
こういう少女が、思い込みしたら怖いのよ。
tourneuse5
十数年後、大人になったメラニーは、アリアーヌの夫の弁護士事務所に実習生として、勤務する。
彼の息子のトリスタンの子守を捜していると聞いた彼女は、実習期間も終わったので、行く事に。

彼女が、どこまで計算していたのか、調べていたのかは、何も説明がないしわからない。
復讐にむかったのか、偶然なのかもわからない。
ある復讐劇だと予備知識がなく観たら、もっと怖かったかも。
心理的なものが多く、計画してうまくいくというのは、難しそう。

tourneuse1譜めくりというのは、演奏を左右してしまうほどの重要な役割でありながら
まったくの黒子です。
演奏家にとっては、タイミングが合う合わないがあるんでしょうね。
アリアーヌは、数年前の交通事故以来、精神状態が不安定で、「あがり」症がとてもひどくなってしまい、支えが必要だった。
楽譜が読めるから、練習の時に譜めくりを手伝って以来、アリアーヌの絶大な信用を得る。彼女がいないと演奏が出来なくなるほどに…。
メラニーは、単にアリアーヌに対して憧れをもったファンのように、接することがあるので、観てる方も多少混乱してくる。もしかして、愛?
たぶん、それもあったんだと思えてくる。
tourneuse4彼女の魔の手は、まず息子の方に…。
プールで、あわや溺れさせる寸前まで、もっていっちゃうし。彼のかわいがっていた鳥の残酷な話も、彼女の残酷さが垣間見られるところ。

この一家を、じわじわと崩壊させていく。

心理的な追い詰めであるので、人間の心の中なんて、うまくそこまで操作できるんだろうか?
と、下世話に思えてくるのですが、
そのへんはノリで観ちゃった。
tourneuse2tourneuse3
少し同性愛的な雰囲気を持たせたところも、フランスらしいドロドロさ加減かもしれないですな。

彼女に手を出そうとしたチェロリストの男性には、こわい一撃でした。
それ以外は、体を痛めつけることは直接やらず、じわじわなんだもの。
彼女が罪に問われるようなことは、何一つない。
うまくいきすぎな感も、ぬぐえない。(何度も似たようなこと書いてるな)
そこら辺惜しいなぁとは、思うものの、
tourneuse6こういう女を本気で怒らせると怖いんだからっっていう湿度の高いお話よ。
彼女は、新しい人生を歩むことが出来るのか心配ですねぇ。
燃え尽き症候群になりそーですよ。

あの一家も、今までのような平和な暮らしは望めないしね。

ハンティング・パーティ

たぶん、DVDから副題が付いたんじゃないかと思います。
ーCIAの陰謀ーってね。
社会派の題材でありながら、すごくコミカルな雰囲気とテンポがあって
観やすい。主演がリチャード・ギアだもんね。重々しくはならないもの。
戦争のドンパチ映像は、控えめです。冒頭だけやね。
この物語は、「まさか」と思う部分が真実だとことわってます…
原題:The Hunting Party
監督:リチャード・シェパード
収録時間:103分
レンタル開始日:2008-10-24
かつて紛争地域から、伝説的なレポートを送り届けていたサイモンとカメラマンのダック。しかしある事件がもとでサイモンは仕事をクビになる。一方、本国に 戻ったダックは出世していた。その二人が数年ぶりにボスニアのサラエボで再会する。「大きなネタ」を持っていると言うサイモン。それは虐殺事件の首謀者で あり、戦争犯罪人フォックスの情報だった。フォックスを求めて、彼らは危険地帯へと足を踏み入れる…。
ハンティング・パーティ - goo 映画

huntingparty52000年の実録記事 What I Did on My Summer Vacation(by:スコット・アンダーソン)が原案らしい。
フォックスは、ラドヴァン・カラジッチがモデルで、3人の記者の人物設定とかは、実在とはちがい、本当は5人らしい。
戦犯で、500万ドルの懸賞金が付いたフォックスのインタビューをとり、そのあとは生け捕りしようともくろんでたんですが、
追いかけるうちに、「裏」を知るように…っていうことですな。

huntingparty2huntingparty3






リチャード・ギアの若作りが、お上手。
その後が、老けすぎってことかな?

サラエボ関係の映画も、観てますが、いまひとつ深くよくわかっていないというのが、実情です。
(^^ゞ
huntingparty49年間、生死をわかちあいながら、戦場リポーターとカメラマンという間柄のサイモンとダック。その後、生放送での失敗から一線を退いたサイモン、昇進したダックの再会は、立場が変わったものの奥に流れる友情は変わらなかったようです。
そして、トップスタジオカメラマンとなってしまったダックも、現場への熱い感情は捨てきれなかったようで、サイモンの言葉にのってしまう。
居合わせたいや盗み聞きした新人プロデューサー(副社長の息子)ベンも、ついていく。このベンくん、ヘナだったんですが、過酷な中でどんどん度胸が据わっていきます。
huntingparty6
ほんまに、殺されそうになったりするんだもん。

華なのかなと思ったダイアン・クルーガは、暗い場面でちらっとだけ
なんかもったいないような出番でした。

深刻な社会派映画は、こころにずっしりというのはよくわかる。
この映画は、どこかエンタメ性があり、よくできていると思いますねぇ。
私みたいな、新聞のみだしで、新聞読んだつもりになっているような軽い人間には、ありがたい作品ですわ。
huntingparty1
実際、サラエボの空港以降は、事実ではないそうです。
とても、爽快な終わり方だったんですけど。
カラジッチは、今年の夏になって逮捕されたそうです。やはり、CIAによって守られてた発言もあるそうです。
当然、本国もCIAも否定しているんですが…。

事実は記事や映画のように、そうだったんだろうと思いますよね。
この映画の公開も、あながちエンタメではなかったのかも。

何が正しくて、何が悪いのか…
それを判断することは、難しい。
ただ、戦争という人間同士の公的殺人ゲームと侵略ゲームは、許せない。

リベリオンー反逆者ー

なんで?といわれそうなんですが…
観てなかったんですよね。
マトリックスのまがいもんだと前は思ってて、そうじゃなくて面白いよって聞いてからも
なかなか機会を逃してまして…
かっこよかったっすね。
わかりやすいストーリーラインが、よかった。
クリスチャン・ベールといえば、「ダークナイト」!DVD予約(12/10)しましたって!
映画館で、もう一回観たかったよ…(T_T)シクシク
原題:Equilibrium
監督:カート・ウィマー
収録時間:107分
レンタル開始日:2003-10-24
第3次世界大戦後、生き残った指導者たちは戦争勃発の要因となる人間のあらゆる感情を抑止させるべく、精神に作用する薬を開発。これを国民に毎日投薬し、 徹底した管理国家体制を敷いた。そして反乱者は、クラリック(聖職者)の称号を持つプレストンを中心とした警察に、厳しく処罰されるのだった。銃を用いた 武道ガン=カタの達人でもあるプレストンは、冷徹に任務を遂行する非情の殺人マシーン。しかしある日、封じていたはずの感情に目覚めたプレストンは、国家 に疑いを抱くようになる……。
リベリオン(2002) - goo 映画

equilibrium8仮想社会よりか、近未来社会のほうがわかりやすいわよ。
戦争の原因となる「怒り」。怒りは、感情からくるもの。
戦争をなくす代償として、感情をなくす薬を人間は打つようになった。
ブレストンは、最強のガン=カタの達人で、反乱者を取り締まるクラリック。
あることから、同僚のパートリッジが感情を持っていることに気づく。
彼を、処刑したものの、「何か」が彼の中から変わっていった…つうことですがぁ
パートリッジは、ショーン・ビーンではありませんかぁ。
ということで、ノリノリになってきました(単純…)後半には、マホーンも出てきたし。
リンク兄は、気づかなかったですがねぇ。
equilibrium5
equilibrium3







ガン=カタというのは、耳にしていたんですが、この映画なんですね。
ガン=カタを身につけているものは、弾が当たらなくて当たり前ということを説明してくれまして、ありがとうでした(爆)
ありえねぇ〜〜〜といわないで済みます。
(-^〇^-) ハハハハ
っていうか、以降の映画でなんぼ降る弾でも主人公に当たらないっていうのは、みんなガン=カタを身につけていたと考えてあげた方がいいかいな??
後半の人殺しっぷりは、すごいですね。
ウォンテッドのクライマックスに、ちょびっと似てましたが、
こっちの方が「型」っぽいです。(弾が曲がらんしね)
equilibrium4
アクションのキレと無感情を演出する俳優が、面白かった。
クリスチャン・ベールは、こういう役が似合いますねぇ。

あの副総裁も、感情を持ってることは段々みえていて、コイツがおかしいぞ
っていうのは、予想ついてたんですが、
ファーザーはまたコンピューターだったらどうしようと一瞬思ってしまった(爆)

彼の子供たちが、感情のないアブナイ子みたいだったんですが、
むっちゃ拍子抜けしちゃったけど、ほっとした。
でも、子供の方がある意味考えてますよ。


equilibrium6パートリッジの後釜のパートナーのブラントは
無感情とは言い難く、惜しかったなぁ。

熱すぎますしぃ、上の職級を狙う発言は
感情ありすぎなんじゃないですかねぇ。
後の彼の処遇は、予想外だったぁ。


equilibrium7色気のほうは、あんまり存在しない映画でした。
ふっと疑問…子供を作る時って、あんまり…だろうなぁと…
余計なお世話でしょうか??
ガタカのような子孫繁栄のしくみだったりしてね。
変なとこが、つっこみたくなった私です。

アクションで、楽しめたのでよかったです。
旧作も、観てない映画多くって…。
でも、明日は、10月の新作DVDラッシュです。(レンタルショップは一日早く並ぶから)新しいもん好きでもあるし(^◇^;)
何が借りられるかなぁ〜〜
equilibrium1equilibrium2







地上5センチの恋心

これ、なかなかよかったですよ。
描き方は、やっぱりフランス映画っぽい。
主人公のおばちゃんが、ジョセフィン・ベーカーの歌を唄いながら、踊り舞い上がっていったり
昭和の映画を思い出す雰囲気がなんともいえません。
原題:ODETTE TOULEMONDE
監督:エリック=エマニュエル・シュミット
収録時間:100分
レンタル開始日:2008-09-26
昼間はデパートの化粧品売場で働き、夜はレビュー用の羽飾り作りの内職をしながら二人の子どもと暮らす未亡人オデットの楽しみは、大好きなロマンス小説を 読む事。憧れの人気作家バルタザール・バルザンのサイン会があると聞けば、思い切りめかし込んで駆け、ファンレターを手渡すのだった。一方、批評家に酷評 され、妻には浮気されて落ち込むバルタザールは、“イチ”ファンであるオデットに救いを求めるのだった…。
地上5センチの恋心 - goo 映画
公式サイト

odette6舞台は、フランスじゃなくってベルギー。
なんで、5センチなのかなぁ?もっと舞い上がっちゃうのに(笑)
夢見る少女のような面持ちで、小説に没頭する彼女。
彼女の息子と娘もキャラが濃いっ!
優しい美容師の息子は、ゲイ。
娘は、失業中でお世辞にもかわいくない。ぶすーっとしてるんだよね。その娘の腐れ縁の足のクサイ男が住み着いていたり、そう広くもないアパートの人口密度が高い。お向かいの夫婦は、スワッピングパーティにいったりするし、ダンナはマッチョ。彼女たちの部屋も独特の雰囲気。
オデットはいわばデパガ(ガールじゃないけど)。化粧品売り場にお勤め。
そこのブラ売り場に勤めるとガンになるという噂も。

odette4odette3一方、バルタザールは、美人の妻がいるけれど仮面夫婦だな。
恋愛小説家なんで、サイン会には女性ばかり。
テキトーに相づち打ちながら、こなしてます。
若いキレイなおねーさんと浮気中に、TVで自分の書評を聞いた彼は落ち込み、追い打ちをかけるように、その批評家と妻がデキていたことをしり、自殺未遂をおこす。そんなときに、オデットのファンレターを読み、彼女の家に住み着く。
彼女には、どこか癒しのちからがあり、彼女たちの生活のなかで、幸せを感じるようになる。
odette5彼女は、自殺しようとした時に彼の小説に癒され、以来、彼の小説の大ファン。
10年前になくなった夫を想い、男を引き入れたことはそれまでなかった。
また、少し気持ちが近づいたからって、彼の誘いを断固として拒んだ。
このへんが、よくあるすぐ寝る女でなくって、好感。(同じオバサンなんでねぇ…ハハ)

odette1デパート内では、彼女のバルタザールファンは、有名で、彼女の家に彼が居候して、嫉妬の矛先に変わってしまったりなどのエピソードも、興味深かった。

彼女にとって、いいものはイイであって、ノーベル文学賞なんて価値も関係ない。
そのへんの気持ちよさが、いいなぁ。
そう
 イケメンはいい!
って、これからも胸をはって言いたいですね。(^▽^) ハッハッハ
この前、ベン・バーンズの「ドリアン・グレイ〜」のスチール写真を見て
きゃぁっ〜〜〜
冷たそうでいいなぁと思ってしまった次第です。いつものキメ顔でしたがねぇ。
ところどころ笑えるし、彼女のダンスはカワイイ(特にお尻のふり具合)
ラブコメになってくるのですが、フランス風の味付けがよろし。ほわぁ〜という感じかなぁ。やはり、オトナのラブコメっていう風情かしらね。

幸せになるための27のドレス

心が揺れた映画(イントゥ・ザ・ワイルド)を観た後は、軽いものの方がいい。
というわけで、こいつを観ました。
グレアナは、数回観て、以来観ておりませんが、早くもロマコメの女王の勢いのキャサリン・ハイグル主演の映画。
私はジェームズ・マーズデンのふつーの男性っぷりが観たかった。
原題:27 DRESSES
監督:アン・フレッチャー
収録時間:111分
レンタル開始日:2008-10-16
他人の結婚式を成功させることに生きがいと使命感を感じるジェーン(キャサリン・ハイグル)。そんな彼女が密かに思いを寄せるのは、優しい上司のジョージ (エドワード・バーンズ)。しかし、彼はジェーンの妹で美人モデルのテス(マリン・アッカーマン)と知り合い、短期間の交際を経て結婚することになってし まう。そんな彼女に、地元新聞で結婚式の取材記事を書いているケビン(ジェームズ・マーズデン)が目をつける。結婚記事の仕事に飽き飽きしていたケビンは、ジェーンのブライド・メイド人生を記事にし、それを手柄に部署から抜け出そうとしたのだ。しかし、取材を続けるうちにジェーンに惹かれるようになり…。
幸せになるための27のドレス - goo 映画
公式サイト

27dresse3スタッフは、プラダを着た悪魔つうことで、恋より女性の生き方?とも思ったんだけど、安全なロマコメ。
安心してみられましたね。

ジェーンは、NOといえない女性。
ジョージのことが好きでも、気がついてもらえない。
でも、ジョージって、私はそんなに魅力的でもなかったんですがねぇ。
そりゃ、ケビンの方が何倍も男前ですぜ!
27dresse2突然、NYに帰ってきた妹テスと彼は恋に落ちてしまう。
いつも、側にいる自分には、情熱のひとかけらも見せないのに…
うぁー辛っ★
痛い女性ですね。
このジョージも、あほね。
ブライドメイドっていう役割は、日本ではそんなに普及してないと思う。
確か「いつか眠りにつく前に」もそうでした。
27のドレスっていうのは、ブライドメイドで着たドレスの枚数。
当初、このジェーンの仕事はウェディングプランナーかとも思いました。
27dresse1ある結婚式で、ケビンと知り合うんだけど、
そこらへんも、よくあるパターン。

なんだかんだあって、自分の生き方すらも、疑問に思うようになるジェーン。
それは、憎まれ口をたたいたり、皮肉ばっかりいうし、気持ちの接点のなさそうなケビンがきづかせてくれたようなもの。


27dresse4二人の乗った車にアクシデントがあり、田舎のバーで飲み、自分を忘れ、二人で騒ぎまくり、いつしか彼の奥底の優しさに気づき、うまくいきそうな矢先に、また恋の障害ときたもんだ。

裏切られないこの筋書きは、ほんと安心。

ジェームズ・マーズデンの唄も少し聴けました。
ふつーの男性で、よかったです。
(-^〇^-) ハハハハ
あの酒場のシーンは、楽しそうでした。
心底悪者も出てこないしね。

当然と言えば、殺人もないしね(爆)
たまには、こういう映画もいいです。

イントゥ・ザ・ワイルド

この映画、映画館で観るのはあきらめていたのだが、お昼の回になったし
10/24で上映終了なので、最優先で観に行った。
予告を観て、ピピッときた映画なんですよね。
この荒涼感あふるる大自然を映画館でみないでどうする?みたいな気持ちで…。
監督のショーン・ペンにも主演のエミール・ハーシュにも、興味はなかったんです。
ノンフィクションで、原作は「荒野へ」。
荒野の罠に落ちてしまった彼の旅の結末も、一応知っていました。
観た後に、余韻がくる映画でした。
intothewild1
イントゥ・ザ・ワイルド

原題:Into the Wild
監督・脚本:ショーン・ペン
製作総指揮:デビッド・ブロッカー、フランク・ヒルデブランド、ジョン・J・ケリー
製作:アート・リンソン、ショーン・ペン、ウィリアム・ポーラッド
原作:ジョン・クラカワー
撮影:エリック・ゴーティエ
音楽:マイケル・ブルック、カキ・キング、エディー・べダー
出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリーン・キーナー、ビンス・ボーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホルブルック、他
上映時間:140分
intothewild61990年夏、アトランタの大学を優秀な成績で卒業した22歳のクリスは、将来へ期待を寄せる家族も貯金も投げ打って、中古のダットサンで旅に出る。やがてその愛車さえも乗り捨て、アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへとたった一人で移動を続け、途中、忘れ難い出会いと別れを繰り返して行く。文明に毒されることなく自由に生きようと決意した彼が最終的に目指したのは遙か北、アラスカの荒野だった。
公式サイト
イントゥ・ザ・ワイルド - goo 映画

クリスは、なぜに旅立ったか?
家族も社会も捨てて。

アラスカでの彼とそれまでの旅の軌跡が、交差するような構成なんですが
混乱したりすることはなかったです。
観ていくうちに、彼はただの「逃避」なんじゃないかとか、頭の中をぐるぐるまわりました。
物質を捨て去るーお金まで燃やしてしまう。
ゼロから始めた旅。
アラスカにたどり着くまでに、色んな人との出会いがあり、別れがある。
その中で、彼は受け入れられ、相手に何かを与えていることを知っていたのだろうか?
intothewild2彼の心の中に、大きく影を落としていたものは、両親である。
冒頭、大学の卒業式で、幸せなファミリーのように映った。しかし、実際はケンカの絶えない両親と彼ら夫婦の秘密があった。
兄の気持ちがわかる妹カリーンの語りを使うことは、とてもよかった。
皮肉なことに、クリスの失踪から、同じ痛みをもつ両親の絆は違うものに変わっていく。
母親の気持ちというものが、痛いくらいでした。

intothewild9恵まれた物質の中に住む私にとって、あれもこれも捨てられたもんじゃない(笑)
一人で、ぼっーとしているのは好きだけれど、生きるために自然と対峙し続けるというのは、まぁ苦手(笑)サバイバル生活のできない人間だと思ってます。一番に死ぬタイプだな。
一人でいるのが好きでも、妙に寂しがり屋だしね。

映像は壮大感があるし、音楽がすごくいい。映像に合ってる。そのせいか、目をつぶりたくなったことは告白しときます。ハハハ
ショーン・ペンの神経質そうな…っていうのが、繊細な…という見方に変わったな。
主演のエミールくんも、素晴らしかったです。
顔つきが段々変わっていくんです。
18?の減量をしたという(私もしなあかんのやけど)
なんかね、彼のおかげで、無謀な若者には見えなくなったとこもあるのよ。
それまでの役って、無謀な若者しか見てないんだけどね(アルファ・ドッグ)。
これって、上手いんじゃない?
intothewild5intothewild3脇のキャラも個性的で、ヒッピーの夫婦、おおらかな農場主、ヒッピーのコミュニティに住む彼に恋する少女、彼と友情以上のものを育む孤独な老人。この老人ロンのエピソードは印象的でした。
また、後に彼がアラスカで孤独になった姿と少し重なる。

多少、好みがわかれそうなとこもあるんだけど、観てよかったなー。
地味な作品だし、お客さん少なめだったのですが、エンドロールが終わるまで、一人も退席しなかった。私ももちろんたてなかったし。
このへんのところ、ぜひ参考にしてください。
intothewild7intothewild8




大きい方が、御本人の写真。カメラの中に残っていたそうです。

小さめの画像がエミールくん。

原作を探しに行ってくるつもり。


幸福が現実となるのは
それを誰かと分ち合った時だ
ぼくの一生は幸せだった
みんなに神のご加護を!
ーChristopher McCandless-

続きを読む

イーグル・アイ

公開日に観て来ちゃった。
アクションがたたみかけるようにつづく緊張感のある映画。
公開週にいかないと、とっても変な時間に上映…っていう目に、
何度か遭遇すると早く行かなきゃって思ってしまう。
予告だけでは、ちっともわからなかった謎の指令。
ちょっと映画を見出すと読めてきた。ネタバレは、公開間もないから避けたいとこだけど、書けないやん…
eagleeye1
イーグル・アイ

原題:Eagle Eye
監督:D・J・カルーソ
脚本:ジョン・グレン、トラビス・アダム・ライト、ヒラリー・サイツ、ダン・マクダーモット
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、エドワード・L・マクドネル
製作:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、パトリック・クローリー
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ブライアン・タイラー
美術:トム・サンダース
原案:ダン・マクダーモット
出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントン、他
上映時間:118分
「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」突然かかってきた1本の電話。その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務 係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。アリアという謎の女性に引き合わされたまったく面識のない男と女。彼らの愛するものを奪 い、目的も知らせぬまま、次々と指示を伝え秒単位で行動させていくアリアは、二人を戻ることのできない恐怖へと巻き込んでいく…。
イーグル・アイ - goo 映画
公式サイト

eagleeye2冒頭、アフガンのあぶなそうなお話で、「きみのためなら千回でも」の宣伝?かと思った。男の子が二人出ていたせいもあるんだけどね。
なんだか投げやりに人生を送ってるような冴えない男ジェリー。
一人息子サムをこよなく愛するシングルマザーのレイチェル。
接点もない二人が、自分の愛する者のために無理難題な指令をこなさざるえなくなって…、それは、とんでもない計画の遂行に。つうかんじ?

eagleeye7キーポイントは、ジェリーには出来のよい空軍勤務の双子の兄イーサンがいた事。そして彼が、交通事故で亡くなった。
監視システム。うちの近所にもあるんだろうか??
コンピュータ制御。

観たことのあるような映画の内容ではあります。
FBIからは、テロリストのように疑われ、逃げることを余儀なくされ、どこを走っていても、指令者は「見ている」。
eagleeye4指令の遂行のために、信号がすべて青に変わったり、電光掲示板が指令の文字になったり…このへんで、指令者の予想がついてくる。
ありえんだろーというのが前提になってくるもの。
ありえんといえば、「ウォンテッド」のありえなさは、つきぬけたようなありえなさ。
絶対、無理〜っていう。(回復風呂には入りたいですな)
この映画のありえなさは、どこか保守的な感じがする。
それでも、二時間近く絶え間なくつづく緊張感は、
面白かった。
カーチェイスや電車、銃、肉弾戦、様々なアクションが用意されてる。

自由の国アメリカのはずだけど、携帯電話の傍受やハッキングは、TVドラマでも映画でも扱われているし、実際、そうなんだろうと思わざる得ないですねぇ。
監視されてる?…これは、恐ろしい。

eagleeye3なぜこの二人が選ばれたのかは、最後の方で明らかになっていくけど、
なんぼ双子でも…と思っちゃう。

シャイア・ラブーフは、どこか普通の青年っぽさがウリなんでしょう。
この映画で、もしかすると学生じゃないのは初めてかな?お笑いもなかったし。
ぜひ彼は、警察沙汰じゃない話題で賑わせて欲しいと思う。
ミッシェル・モナハンと恋には至らなかったのも、当然ですけど(笑)

eagleeye6eagleeye5







脇も、ビリー・ボブ・ソートン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリスなど、がっつり。
ビリーおじさんは、イイ役でしたな(笑)
マイケル・チクリスは、えっとなんだっけ、何に出てたっけ?今年見たやつ…って悶々とした。
ファンタスティック4だった。
ロザリオ・ドーソンも、もっとアクションするかと思ったら、意外と控えめ。

絶対、最後、死んだと思ったら、死んでなかったなぁ。
ハリウッド的でございました。
この監督さん「ディスタービア」もそうだったけど、緊張の持続は上手ね。
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ