晴れたらいいね〜

映画の感想+αなblogです。海外ドラマも時々。

2010年07月

開店休業中のようなBlogです。映画を中心とした感想やらのBlogとしているんですけれど、更新はあんまりな今日このごろ。
まぁ過去分はそこそこあるかなぁ。
個人のメモ代りでもあるので、ネタバレしてるかも。
また、リンク切れ等もあるかもしれませんが、めんどくさがりな管理人ゆえ、放置してます。あしからず。

プリンセスと魔法のキス

CGアニメではなく、手書きアニメでミュージカル仕立て。舞台は、アメリカのニューオリンズ。
主人公は、アフリカ系。レストランを持つのが夢で、一生懸命働いているウェイトレス。
根っからのお嬢さまやプリンセスではない。かたや、プリンスは本物の王子だけど、贅沢大好きの放蕩息子気味でして…。白人の幼なじみシャーロットが、お金持ちの娘。
どんなミラクルが、このプリンセスにはあるのか?
今風な設定の中にも、手書きアニメの美しさは目をひくなあ。
frogs3プリンセスと魔法のキス
原題:The Princess and the Frog
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
製作:ピーター・デル・ベッコ
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ、グレッグ・アーブ、ジェイソン・オレムランド
脚本:ロブ・エドワーズ、ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
ストーリースーパーバイザー:ドン・ホール
美術:ジェームズ・アーロン・フィンチ
音楽:ランディ・ニューマン
上映時間:97分
声の出演:アニカ・ノニ・ローズ、ブルーノ・カンポス、キース・デビッド、ジェニファー・ルイス、ジョン・グッドマン、ジム・カミングス、マイケル=レオン・ウーリー、テレンス・ハワード、オプラ・ウィンフリー、ジェニファー・コーディ、ピーター・バートレット、他
frogs5ニューオリンズでウェイトレスとして働く娘ティアナの夢は、自分のレストランを持つこと。ある日、幼なじみの富豪の娘・シャーロットの家で行われるパーティで得意のベニエを振舞うこととなる。そのパーティにはマルドニア王国の王子が参加することになっていたのだが、王子は魔術師ファシリエの呪いにより、カエルに姿を変えられていた。元の姿に戻すために王子に頼まれてキスをしたティアナまで、カエルに変身してしまった!
公式サイト
プリンセスと魔法のキス - goo 映画

確か時代設定は1920年代ということだったと思うんですが、さすがにその頃の人種差別はあからさまには描かれませんね。白人の地主たちは豪邸で、ティアナたちは、こじんまりなおうちであることは、描かれています。
カエルの王子様のお話が映画の中で、何度か出てきますが、元となっているのは02年に発表された「カエルになったお姫様」なんだそうです。こちらは読んでません。
frogs1邪悪な魔術師にカエルにされてしまった王子ナヴィーンは、シャーロットに借りたプリンセスの衣装を着けたティアナに出会い、キスをせがみます。
ティアナは、レストランを持たせてくれることを条件にキスをしますが、彼女までカエルになってしまい、パーティ会場の混乱の中、森に二人(二匹?)で逃げることに。
frogs4ティアナは、自立した女性として、ナヴィーンはぼんぼんというかあほぼんに近いんで、ありとキリギリスみたいな二人の冒険が、始まる。
蛍のレイやジャズ好きのワニのルイスと知り合い、魔法を解いてもらうためママ・オーディという魔術師を目指して旅にでます。
frogs8frogs7ニューオリンズという土地柄も生かして、ジャズやブルースが使われてます。
色々検索してたら、この映画の影響で、少女たちが実際のカエルとキスをして、病院行き(サルモネラ菌感染)という笑うに笑えない話も見つけました。カエルさんとキスって、ティアナじゃないけど勇気いる。
frogs2星に願いを叶えてるだけじゃダメで、夢を叶えるためには努力も必要。そんな父の教えを守り通し、がむしゃらに働いてきたティアナ。
甘やかされ、自分一人では何も出来ないナヴィーン王子だけど、今を楽しむ術は知っている。
お互いにないものをもっているわけで、ナヴィーンより厄介なのが、実はティアナ。ティアナが、なかなか気づかない必要なものは、直ぐ近くにあるのに。
ママ・オーディは、直ぐに二人をのろいから解放するわけではない。
frogs6彼女は、祭りでプリンセスである時間のシャーロットとキスをすれば、元に戻るという。
このママ・オーディのお家にある小物の雰囲気とか、パイレーツのティア・ダルマに似た雰囲気でした。
ブードゥー関連ということかしらね。
声は、お金持ちオプラさん。
この映画で、泣き所がほたるのレイ。困った…うう
万事めでたしめでたしで終わって欲しかった。ある意味、よかったねなんだけどね。
ティアナの声は、ドリームガールズで一番目立たないメンバーだったアニカさん。歌はやはり上手いですね。
らしさを感じながらも、自立している女性が気づかないものを早く気づきなさいって教えている映画でもあるのかもしれないです。
恋愛至上主義ではなく、愛する心でしょうね。
映画の中で、何度も出てくるガンボ。聞いたことあるような名前だけどってことで、検索した。
あのへんのおふくろの味のようなシチューみたい。オクラとか色々入れるようで。勉強になりましたわん。

ケース39

ブラッドリー・クーパーから、この新作DVDを!これは、日本未公開DVDスルー作品。なんでも、公開予定であったものの過激な内容があるから中止としたらしい。
日本でも知名度のあるレニー・ゼルウィガー主演なので、間違って観ちゃう人もいるだろうしねぇ。これは、わたくし向きです。
決してラブコメではないです、ホラーとかスリラー系。
case391ケース39
原題:CASE 39
監督:スティアン・アルヴァルト   
製作:スティーヴ・ゴリン、ケヴィン・ミッシャー   
脚本:レイ・ライト   
撮影:ハーゲン・ボグダンスキー   
音楽:ミヒル・ブリッチ
上映時間:109分
出演:レニー・ゼルウィガー    、ジョデル・フェルランド、ブラッドリー・クーパー、イアン・マクシェーン、ケリー・オマリー、カラム・キース・レニー、エイドリアン・レスター、ジョージア・クレイグ、シンシア・スティーヴンソン、ティファニー・ナイト、他
オーブンで焼き殺されそうになる寸前に助けられた10歳の少女リリー(リリス)が、児童専門のソーシャルワーカー、エミリーの家でしばらく暮らすことに なった。エミリーの恋人でセラピストのダグも協力し、第二の人生は平穏にスタート。だがその直後から不審死が続発し、エミリーはリリーの言動に不審を抱き 始める……(パラマウントDVD紹介ページより)

サスペンスファンの人に「観ろ〜」と言われ、「借りてる〜」と答えた私です。この人は、私をマニアックB級映画好きと思っている。(まぁそうだが…)最近、何が面白かった?っていうし答えたやつは「面白なかったやんか〜!」とよく言ってくる。
そのくせ、何観た?と聞いてくる(爆)
で、その人と面白かったと珍しく一致した「エスター」に似たところはあります。
どうしてもエスターを観た人は、比べてしまう部分はあると思う。

case395case393児童専門の社会福祉士のエミリーは、38もの案件を抱えて、多忙だった。にもかかわらず、上司は39件目の案件を置いていく。それが、リリー。
リリーは、学校でいつも居眠りをしていたり、なんかおかしいという通報によるもの。彼女の両親も、暗くどこか変な雰囲気だった。
彼女に何か引っかかるものを感じたエミリーは、自分の電話番号を教えておく。
ある夜、リリーから緊急を知らせる電話が入り、慌てて友人で刑事のマイクとリリーの家に行くと、両親がリリーをオーブンで焼き殺そうとしていた。
ここらの部分が、ショッキングでしょうか?
case392そんなこんなで、リリーに気に入られたエミリーは、一緒に住みたいと懇願され、里親が見つかるまで一緒に住むことになる。
児童虐待の多いこのごろーっていうか、昔からあったよ。
躾とのボーダーは難しい。
育児放棄と過剰保護も難しいところ。
そこら辺の問題もちょろっと顔を出させながら、エミリーやリリーの周りの色んな人が、死ぬ。
エスターのように、自らの手をかけるんではなく、これはオカルト系です。
カワイイ顔したお嬢の裏は…というのが、共通する。
この子役は、ジョデル・フェルランドですが、「サイレント・ヒル」や「ローズ・イン・タイドランド」ですでに巧さをみせてくれていたジョデル。
海ドラのスーパーナチュラル(S1-19)にも、カミソリもって出てます。
まったくホラーが似合うよ!妖艶さもあって、楽しみにしている子役さんでもあります。
どっちかというとオタフク顔なレニーさんが、この手の映画は珍しいです。
「いい人」だから、憑かれたというところでは、適役な雰囲気かも。
case394case396で、ブラッドリー・クーパーは、彼女の恋人であり心理療法士ダグ。リリーのグループセラピーなども受け持つのですが、手慣れた子供のはずのリリーに恐怖感を覚える。(リアルでもレニーとらぶらぶになった)
真夜中にハチに襲われるダグのシーンは、パニック系映画でした。
私は、ハチっていうより巨大バエにみえたんですがね。
じわじわ迫りくるエスターより、どうしても中だるみ感はあるし、結末がもうちょい緊迫感も欲しかったようななんですが、面白かったです。
ちょいグロ系やオカルトも大丈夫な人は、ぜひ!
字幕ばっかし観てて、リリーの正式名がリリスっていう点を見落としていた私は、おバカだったわ。ここで、ピンとこなくっちゃねぇ。
対決法は、あんなんでよかったんすか?っていうのは、心残りです。

アーマード 武装地帯

アクション映画かな?と思ってたんですが、クライムサスペンスだろうな。
登場人物が、男ばかりで、台詞のある女性は児童福祉局のおばちゃんだけ!出演者のほうも、なかなか豪華です。
そういや日本の3億円強奪犯は、どうしてるんだろ?亡くなってるという噂もあったり、生きててもいい加減いい年になってるよねぇ。
armored1アーマード 武装地帯
原題:Armored
監督:ニムロッド・アーントル
脚本:ジェームズ・J・シンプソン、クリス・パーカー
製作総指揮:デブラ・ジェームズ、ラッセル・ホランダー
製作:ジョシュア・ドーネン、ダン・ファラー
撮影:アンジェイ・セクラ
音楽:ジョン・マーフィ
美術:ジョン・ゲアリー・スティール
編集:アーメン・マイナシアン
上映時間:87分
出演:マット・ディロン、ジャン・レノ、ローレンス・フィッシュバーン、スキート・ウールリッチ、アマウリー・ノラスコ、アンドレ・ジャマル・キニー、マイロ・ヴィンティミリア、フレッド・ウォード、コロンバス・ショート、他
装甲トラックで現金輸送に当たる警備会社の屈強な社員たち。そこに加わった新米警備員のタイは、ある日先輩警備員のマイクから4200万ドルという大金の偽装強盗計画を持ちかけられる。真面目な男ながら、どうしてもお金に困っていたタイ は、誰も傷つけない簡単で完璧な計画というマイクの言葉を信じ、計画に参加する。ところが、現金を隠すために向かった無人のはずの廃工場で運悪くホームレ スに目撃され、やむなく射殺する事態に。犠牲者が出たことに動揺したタイの思いがけない行動で、全員が一転して窮地に陥ってしまう。(allcinemaより)
公式サイト(ソニピクDVD)
アーマード 武装地帯 - goo 映画

armored2銀行の現金輸送というのは、危険なお仕事であるというのは、最初の方で語られます。
のんきな日本人には、あまり実感がわかないものはあります。
この映画、予告で「強奪しちゃおうぜ」っていうのはわかっていたので、このチームが気分爽快にやっちゃう映画なのかなと半ば思っていたのですが、そうではなかった。「武装地帯」という邦題のおかげで、特攻野郎Aチームみたいなノリかとも思ったりしてたし。
マット・ディロンやジャン・レノ、ローレンス・フィッシュバーンの影にかくれちゃってますが、新米警備員の元イラク帰還兵のタイ(コロンバス・ショート)が主人公です。
他のメンバーは、家族がいるふうですけど描かれませんし、お金に困ってる理由とかそういうのもないです。armored3タイは、イラク戦争で勲章は受けているけれど、戦争による人殺しには強いトラウマを抱え、去年両親を亡くし二重抵当で家は差し押さえ、問題児な弟を愛し面倒見ているやさしい人としてしっかり描かれてます。
その彼の後見人として先輩としてマイクがいて、年2回ある膨大な輸送金の時を狙い、偽装強奪しようと持ちかけられる。この機会を逃すと次回はGPSを取り付けられるので、無理なのだ。
偽装強奪にでるまでは、この6人はどこかいい人で描かれてます。
ものすごーくわかりやすい伏線ばかりでの心理があって、楽でした(笑)
armored5ベインズ(モーフィアス、このイメージ強くって)が、居合わせたホームレスのおじいさんを撃ってしまうのも、散弾銃を手に入れたばかりだったりとかね。
この人が計画崩壊の元凶ですぜ。
まぁねぇ、この計画自体もどうだったんだか…。
そんなにうまくいくのかいな。
メンバーの中には、プリズン・ブレイクのスクレちゃんもいました!たまたま警告音を聞きつけた巡回警官にHEROESのピーターことマイロくん(もしくはロッキーの息子)。彼をも撃っちゃったペインズの行動時点で、完全にタイに応援目線になります。
armored6armored4この映画の脚本は、カナダの無名の新人によるもので、サム・ライミ絶賛から映画化となったそうな。
元々が、そんなワルばかりじゃないというメンバーなので、早くも良心の呵責にせめぎながらも、守りたい自分での葛藤するものもいます。
欲にかられてしまうものとか。こうなっちゃ、チーム崩壊。計画頓挫で、プランBをつくるべきでしたねぇ。
現金輸送の装甲車も、みどころかもしれないです。
日本のそれは、装甲車じゃないよね。はっきり知らないけどさぁ。その頑丈さや仕組みは、えいがのなかでもわかりますが、公式サイトの方でもよくわかるようになってました。
この敷地内で、無線がつながらない状況というのも、面白かったです。タイが元イラク帰還兵という設定であればこそな状況処理も上手い具合でした。
しかし、ジャン・レノさんは安心感のある存在というのはいいんだけど、あんまり活躍がなくて残念でした。
画面は終始男クサいので、そういうのがお好きな方は観ちゃうねぇ。ハハハ

ウルトラI LOVE YOU!

サンドラ・ブロックが、ラジー賞を受賞しちゃった作品。オスカー(しあわせの隠れ場所)とW受賞は偉業だ。
この作品、制作の方にも名前を連ねてるんですねぇ。そのことにちょっと笑ってしまったわん。
all_about_steve1ウルトラI LOVE YOU!
原題:All About Steve
監督:フィル・トレイル
脚本:キム・バーカー
製作:サンドラ・ブロック、メアリー・マクラグレン
音楽:クリストフ・ベック   
音楽監修:ジョン・フーリアン
上映時間:99分
出演:サンドラ・ブロック、ブラッドリー・クーパー、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ケン・チョン、DJクオールズ、キース・デヴィッド、ハワード・ヘッセマン、ベス・グラント、M・C・ゲイニー、ホームズ・オズボーン、他
メアリーは真っ赤なブーツが大好きな、少しエキセントリックなクロスワードパズル作家。ある日、イケメンTVカメラマンのスティーブと出会った彼女は、人 生が引っくり返るような恋に落ちる。それ以来、仕事で全国を駆け回る彼にしつこく付きまとうように! しかし、彼はメアリーを“イカレちゃん”と嫌がり、避け続ける。エスカレートしていく愛情と奇行に、ますますスティーブの心が離れていく中、アメリカ全土 を巻き込む事件が彼女の身に起こり……。

all_about_steve3だれかれ構わずしゃべりまくる彼女、それも相手の顔色とかそういうのは関係なし。
自分の頭に浮かんだ事を矢つぎ早に…。マシンガントークですね、ちょっと静かにしてくれって観てる方も思うもん。
事件が起こるとアメリカ全土を駆け回る突撃ニュース隊のカメラマンなスティーヴ。その彼を追いかけ回すっていうのは、ある意味ストーカー。実に色んな言葉を知っている彼女は、言葉の裏側っていうのはよくわかっていない。
観ていて痛々しいし、呆然としてしまう。
しかし、サンドラ姐さんは実に楽しそうなんですよね。
all-about-steve4スティーヴでなくたって、そりゃ迷惑です。彼女の博学さに目をつけたのは、キャスターのハートマンで彼がわざと行き先を告げたり、ややこしくさせてしまう。
そしてある事件の取材を追っかけていったメアリーは、巻き込まれてしまう。
ここから、ラブコメではなくなりますね。
感動的な事件の収束のあと、スティーヴが愛でも感じちゃったら、本当につまんなかったんですが、そうはいきませんでした。
all_about_steve2その代わりに、メアリーは違うものを見つけるわけです。
でもなー、なんか焦点がぼやけるんだわ。
そのあたりの粗さは、気になりますね。
サンドラ・ブロックのはじけたコメディエンヌっぷりは、やはり面白いところかも。
ブラッドリー・クーパーは、ハングオーバーでブレイクし、Valentine Day(これ観てある)やNYアイラブユ-とか、8月末公開の特攻野郎Aチームなど立て続けの出演作が公開されてます。ちょっと、要チェック俳優かな。ゴシップの方も色々書いてありました。
この映画は、彼よりトーマス・ヘイデン・チャーチがおもろかったです。

監獄島

な〜んかこれは、私は観なくてはいけない…という強迫観念で観ました。
デス・レースとルールは似てますね。だもんで、お店に並んでから、そういう気分になったら観ようとは思ってたんです。
この映画、ただのB級とはちょっと違う味付けが、面白い。
condemned1監獄島
原題:The Condemned
監督:スコット・ワイパー
製作:ジョエル・サイモン
脚本:スコット・ワイパー、ロブ・へデン
上映時間:113分
出演:スティーブ・オースティン、ヴィニー・ジョーンズ、リック・ホフマン、トーリー・マセット、マヌー・ベネット、マデリーン・ウエスト、クリストファー・ベイカー、サマンサ・ヒーリー、ルーク・ペグラー ほか
絶海の孤島に、世界各国から10人の囚人が集められた。彼らは、ある富豪のTVプロデューサーが企画する番組に、参加するために集まった死刑囚たち。その番組とは、30時間以内に最後の1人になるまで殺し合いを繰り広げ、その模様をインターネット上の番組で生中継するというもの。もし、参加者が制限時間内に全員を殺すことができなければ、足に巻きつけられた時限爆弾が爆発する。生き残った一人には自由が保障されている。島の至る所にはり巡らされたTVカメラが、彼らの殺し合いを24時間撮影。そして、カメラの向こうには、世界中からこの生中継を見ている視聴者たちが…。
公式サイト
監獄島 - goo 映画

condemned3殺し合いの様も、そりゃポイントですが、番組の製作の裏の方が重要ポイントというのが、ただのB級アクション映画だけじゃないようなところかな。
生き残り選手権の選手は、みな死刑囚で各国から集められた人たちです。
主役のコンラッドは、実はタダモンじゃないっていうのは、予想つくでしょ。そうなのよ。
このコンラッドに、“史上最凶のタフ野郎”との異名を持ち、挑発的な言動や、ビール片手に我が道を行く荒くれ者のスタイルで、アメリカ・プロレス界屈指の異端児として人気を 博し、通算6度のWWE王座を獲得したスーパースター、condemned2スティーブ・オースチンが初主演(goo映画より)つうことなんです。ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンの次なるスターを目指せなんだろうね。
プロレス界の状況は、最近とんと知らないんですが、アクションスターにはもってこいの人材でしょうね。「レスラー」にもあったけど、リング上ではある意味演技もしてるんだし。
体格もあるし、肉弾戦の迫力はありますね。
荒くれ者スタイルだったというレスラーさんだったそうですが、この映画では無駄に荒くれはしません。心のある行動を心がけておられるような雰囲気でした。
この囚人集団の中でも、特に悪役担当のマクスターリー役のヴィニー・ジョーンズも、元サッカー選手だったんだねぇ。スナッチやX-Men3にでてたそう。
condemned4囚人集団の中に、なんとまっ日本人もいてねぇ。びっくら。
日本語「殺したる〜」だっけかが聞こえたときは、なんか笑えた。アメリカ人が喜びそうな忍者っぽい動きとかしてくれます。かなり、生き残ってるので、楽しいですよ。
Masa Yamaguchiという俳優さんです。武道もやっておられたんでしょうな。そういう動きです。トニー・ジャーだったら、どうだったんだろー?なんてアホなことも頭をよぎりましたわ。アハハハ ワイヤーいらずです。
でも、アメリカ人相手に「第三次世界大戦だ」は、ひいた。
公式サイトの方に、各囚人の詳しい罪状があったので、へぇ〜〜な部分もありました。映画の中では、全員にはなかったように思います。さらっとね。
島には、至る所にカメラの仕掛けがあり、なるべく死角のないようにはされてるよう。
condemned5スタッフの中には、やはり良心の呵責を感じるものもいて、葛藤する。
ネットとはいえ、リアルタイムな殺し合い配信って…、もしかするとあってもおかしくなくなるのでは?とは思います。
ルーマニアのチャウシェスク処刑映像は、吐きそうだったんだよね、この私。(ブリッジもしんどかった)
殺戮映画は好んで観てる方だと認めますが、フェイクだからというのが念頭にあってこそでしょう。不必要なほどの出血とか好きなのもそうでしょう。
プロデューサーへのインタビューを行った女性リポーターの言葉が、その集約かも。
それは、殺し合い映画を批判するんではなく、リアルな殺し合いについての批判。
このプロデューサーの感覚も、どんどん麻痺現象を起こしているのも、最後の方でわかりますね。それはあかんやろって思った。
コンラッドが、絶対不死身なのもお約束です。それでは死亡フラグはどの順なのかというのも、もちろん殺し合い映画として楽しめます。
ただの殺し合い映画だと思って観ただけに、意外なおもしろさがありました。
1年間獄中で、彼が守った秘密って、いったい何だっただろうなぁ…。

パーフェクト・ゲッタウェイ

ミラ様のサスペンスもんということで、はりきっていたのですが、なかなか私にまで順番がこなかった。レンタル本数少ないよっ。
衝撃の展開だとか、結末はしゃべるなとかいう宣伝文句があると、反対にネタバレしてるような気もしますがぁ〜。
予告で島のサバイバルぽかったので、また島かよ〜と思っていたのですが、ハワイのカウアイ島が舞台でした。カウアイ島は新婚旅行で行ったな…。ずいぶん昔だけど。
a-perfect-getaway1パーフェクト・ゲッタウェイ
原題:A Perfect Getaway
監督・脚本: デヴィッド・トゥーヒー
撮影:マーク・プラマー
音楽:ボリス・エルキス
上映時間:98分
出演:ミラ・ジョボビッチ、スティーブ・ザーン、ティモシー・オリファント、キエレ・サンチェス、他
ハネムーンでハワイを訪れたクリフとシドニーのカップル。彼らは、カウアイ島で2日間歩かないとたどり着けないという、ハワイで最も美しいと言われるビー チに行くために、原野をトレッキングしていた。そんな中、「オアフ島で新婚カップルが殺害され、犯人のカップルはカウアイ島に渡った」というニュースを聞 く。道中、ニック&ジーナ、ケイル&クレオという二組のカップルと出会ったクリフたちは、疑心暗鬼に陥るが…。
公式サイト
パーフェクト・ゲッタウェイ - goo 映画

PerfectGetaway6a_perfect_getaway5「ヒットマン」のティモシーさんもでてるじゃあーりませんか!
雰囲気違うので、この人だよなぁ、うんそうだ!になるまで、時間かかっちゃった。
らぶらぶ新婚カップルのクリフとシドニーのカップル。
この二人が、トレッキングをしながらハワイでもっとも美しいビーチを目指す途中に、式を挙げたオアフ島で殺人事件があり、その犯人たちがカウアイ島にいるという情報を聞く。
怪しげなカップル2組と遭遇し、うち1組と行動をともにするが、そのカップルもなんか変わっていることに気づく。
a-perfect-getaway3らすと30分あたりは、本当にうほっだったんですが、変な宣伝のおかげで、「やっぱしな」になってしまったじゃないか!どんでん返しサスペンスを何本も見てる観客は、そうなる運命だわ。
犯人カップルの謎が解けてから、観るとまた違う見方も出来るかもしれないです。
騙されるところが伏線だったというのを探すというね。
a_perfect_getaway4cine-perfect-getaway7ガールズトーク中のぽろり「告白」が、私は決めてでしたね。
ハワイの美しい大自然は、LOSTを思い出した。
旅行で行ったのは、ベタな観光地巡りでしたからねぇ。カウアイ島は、なんだかアマゾンみたいだなぁとアホな感想が残ってます。たぶん、ダンナなんかあんまり覚えてないんじゃない?時差ぼけきつかったし。
後半のアクションは、面白かったです。
この映画、たまに音でびっくりさせるようなところが時々あって、忘れた頃にあったので、それだけはびっくりしたなぁ。
島というところは、密室より自由はきくけど、密室に近いものがあるので、これからもサスペンスにはおおいに登場しそうですね。特に、南の島は風景もキレイだし、殺人とか殺伐したものと雄大な大自然というコントラストもまたうけるのかも。
そろそろ監獄島も、観ないとな(笑)

猛暑満開の8月の新作DVDはな〜んだ?エビさん〜〜♪

Inception-Poster暑中お見舞い申し上げます。
PCの調子が悪くって、無駄に時間を食ってます。たいしたことはないんですがねぇ。
わたし、暑いときこそ映画館避暑と思うのですが、毎年、ソコに行き着くまでが溶けてしまうのか、映画館に行く回数ががた落ちの傾向です。
「インセプション」も、先行上映にいったるぞ!と思ってたのですが、惰眠を選んでしまいました。ひどく疲れていたので、この手の映画は、勢いおあるときに観なくっちゃね。お子様&ファミリー向け映画が多く上映されるこの時期に、なかなか渋いね!
8月の新作DVDは、私が待ってたアレが出ます♪春の上映映画が多く出ますので、観たのもあるじょ〜。お盆だし、月の半ばはあまり出ないですね。
8/4
アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]アリス・イン・ワンダーランド
出演:ジョニー・デップ
販売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
発売日:2010-08-04
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
これは、3Dで鑑賞済みなのです。が、この映像は2Dでじっくら観たいなって思いますね。
50歳の恋愛白書 [DVD]50歳の恋愛白書 [DVD]
出演:ロビン・ライト・ペン
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010-08-04
クチコミを見る
そういうお年頃です…。
キアヌって、おば専?
8/6
新しい人生のはじめかた [DVD]新しい人生のはじめかた [DVD]
出演:ダスティン・ホフマン
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2010-08-06
クチコミを見る
これもその路線??エマ・トンプソンがダスティ・ホフマンにラブコールしての共演とか。
ゴールデンスランバー [Blu-ray]ゴールデンスランバー [Blu-ray]
出演:堺雅人
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2010-08-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
なにげに堺雅人ふぁんでしょう。観なくっちゃ!
コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [Blu-ray]
出演:キース・デヴィッド(劇団ひとり)
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2010-08-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
映画館でも、DVDの予告でも何度も観て、しっかりインプットされてしまってます。
スノープリンス 禁じられた恋のメロディ [DVD]
スノープリンス 禁じられた恋のメロディ [DVD]
クチコミを見る
これ、映画秘宝だっけかでぼろくそ書かれてました。勇気があったら誰か観てよ…(自分は見ないのか?)
8/11
月に囚われた男 [Blu-ray]月に囚われた男 [Blu-ray]
出演:ケヴィン・スペイシー(ガーティの声)
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010-08-11
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
コレ観たい〜〜!!必ず観ます。
で、もう一発!
第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
出演:シャールト・コプリー
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010-08-11
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
これは、観ました!で、予約もしてます!
観た映画ですが、おうちで観るのが楽しみで仕方がないんです。

<2週間とぶ>

8/25
17歳の肖像 コレクターズ・エディション [DVD]17歳の肖像 コレクターズ・エディション [DVD]
出演:ドミニク・クーパー
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010-08-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
これも、ぜひ観たい映画ですね。
キャリー・マリガンは要チェックです。
タイタンの戦い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)タイタンの戦い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
出演:サム・ワーシントン
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010-08-25
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
これも、2Dで鑑賞済みです。この前、パーシー・ジャクソン〜を観たのでまた観たいです。秋に3Dの初ソフトがでるようですが、こちらは対応機器がござんせん。

8/27
ニューヨーク, アイラブユー [DVD]ニューヨーク, アイラブユー [DVD]
販売元:Amuse Soft Entertainment =dvd=
発売日:2010-08-27
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
コレ観たかったなぁ。そういえば、オーランドくんご結婚されたそうで。しあわせになってね(レゴラスは私の王子♪)
ルドandクルシ [DVD]ルドandクルシ [DVD]
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル
販売元:東北新社
発売日:2010-08-27
クチコミを見る
この映画も、観に行くつもりだったのに、行けなかった(ToT)
ガエルとディエゴ・ルナという共演は、あたしらはずせへん(「ら」って他は誰ぇ?・ふふふ)
マイレージ、マイライフ [DVD]マイレージ、マイライフ [DVD]
出演:ジョージ・クルーニー
販売元:角川映画
発売日:2010-08-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
これも劇場鑑賞済み

またも、劇場未公開というやつも色々観ると思います。( ̄ー ̄)ニヤリ

あのねー
present_tshirtsこれ!ホームズのBDを買ってしまい、応募しちゃった!
その場でわかるのよ。
当たりました!
第9地区のバージョン♪♪
久しぶりに懸賞に当たったわっ。
宝くじもかっておけばよかったなぁ…
ワーナーの策略にまんまとはまった私です。

ヴィクトリア女王 世紀の愛

コスプレもん大好きな私としては、早く観たかった!
アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞していますんで、これも見所ですね。
ヴィクトリア女王の治世は、イギリスの黄金期とも言われる時代で、在位64年と長い!
夫アルバートは、42歳で病死してますんで、半分は未亡人だったため喪服のイメージも強いお方です。そう、喪服を着通すほど、愛してたのねー。
Victoria1ヴィクトリア女王 世紀の愛
原題:The Young Victoria
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
製作:マーティン・スコセッシ 、グレアム・キング 、ティム・ヘディントン 、 セーラ・ファーガシン
脚本:ジュリアン・フェロウズ
撮影:ハーゲン・ボグダンスキー
音楽:アイラン・エシュケリ
音楽監修:モーリーン・クロウ
衣装:サンディ・パウエル
編集:マット・ガーナー / ジル・ビルコック
上映時間:100分
出演:エミリー・ブラント、ルパート・フレンド、ポール・ベタニー、ミランダ・リチャードソン、ジム・ブロードベント、マーク・ストロング、トーマス・クレッチマン、イェスパー・クリステンセン、ハリエット・ウォルター、ジュリアン・グローヴァー、マイケル・マロニー、ミケーラ・ブルックス、他
18世紀の英国。ウィリアム王の姪ヴィクトリアは王位継承者として権力争いの真っ只中にいた。実母であるケント公爵夫人でさえ野望を抱く愛人のコンロイと 共に娘を操ろうとするが、。ヴィクトリアは断固として摂政政治を拒否する。18歳で即位した年若い新女王が頼りにしたのは首相のメルバーン卿だった。さら に、政略結婚を企むベルギー国王が従弟のアルバートを送り込むが、2人は互いに一目で恋に落ちるのだった。
公式サイト
ヴィクトリア女王 世紀の愛 - goo 映画

視点はこの二人の愛情に注がれているので、何したとかそういうのは、あんまり描かれてはいないです。政治家との権力や陰謀についてはありますけどね。
Victoria3この映画の製作には、マーティン・スコセッシ監督も携わってますが、英国第二王子アンドリュー王子の元妃セーラ・ファーガソンも名前を連ねています。彼女こそ、映画の提案者のようです。プリンセスである彼女の娘も戴冠式の女官役として出演してるそうな。
まー今の英国王室は、スキャンダルまみれでちょっと検索しただけで、おもろい話題がでてきますな。面白おかしく書き立てているせいもあるでしょう。
英国に限らず、欧米諸国のロイヤルファミリーには醜聞がつきもん。日本だって、平安時代とかにゃー色々あった。今は、おとなしいもんです。
映画からそれてしまった。

Victoria4女王の道を約束された少女は、身を守るために階段は大人の手を引かれて上り下りするとか、母親と同じ部屋で寝るとか、監視下に置かれた自由のきかない日々を過ごしており、挙句に母の愛人でもある個人秘書コンロイと母親に、摂政政治認証のサインを求められたりしていた。
そんな折に、お互いの叔父でもあるベルギー国王の策略で、アルバートを彼女と出会わせる。
Victoria6背景に、そういった策略があったのにも関わらず、二人の間にはそうではないものが芽生え、文通を通し、より親しくなっていく。
あそこに行きたいから、行くって事の出来ないお方たちです。
今では、すっかり廃れてしまった手紙のやりとりっていうのが、いいね。
手紙っていうのは、届くまでに時間がかかるし、返事をもらえるまでにも時間がかかる。
メールが半日来ない…と目くじらたてるような事は、ありえへん。
時間の醗酵っていうのを知らない世代の人は、ちょっと可哀想にも思いますね。
Victoria5即位後、首相のメルバーン卿がコンロイを遠ざけようと画策、そしてそのメルバーン卿も失脚したとき、彼女はスキャンダルにまみれてしまう。
そんなとき、彼女はアルバートにプロポーズを。
(女王にプロポーズはできない)
ヴィクトリアとアルバートの結婚式で、彼女が身につけたのが、純白のウェディングドレス。この結婚式で、ウェディングドレスは白というのが定番になったようです。
Victoria2Victoria7当時ってやはり女性の地位は低いもの。たとえ女王といえど、男目線ってそうでしょう。
らぶらぶ夫妻にも、危機はある。
なまじっかアルバートくん、凡庸な男じゃなかったから、口出ししたくなるわなー。
そんな事も乗り越えて…というところで終わります。
らぶらぶだっただけに、二人は子だくさんで、9人も王子王女がいた。
やっぱし、コスの本格度は並々ならぬものがありますね。
アルバート役のルパート・フレンドは、キーラ・ナイトレイの彼氏として有名ですが、マリー・アントワネットのフェルゼン役やプライドと偏見のウィッカム役でも、縞模様のパジャマの少年も観てます。
そりゃー、イケメンですよ♪日本では、DVDスルーもどうかわかんないですが、主演作も色々あるようなので観たいですなぁ。
メルバーン卿のポール・ベタニーは、意外とわかりにくい。だって、わりと毒気の少ない役なんだもん。彼は、どこかクセがある役が好きなんです。
ストーリーとしては、恋愛ものには切なさがないとどうもダメな私なんで、ふぅ〜んって感じでしたね。でも、コス物は異常に気になってしまいます。歴史的な事件(戦争とか)とか入っているとまた気分が盛り上がったかもしれないんですけど、ここらへんではないからなぁ。
宮殿のお庭はキレイだったし、目の保養度は高かったです。

しあわせの隠れ場所

これも、観たかったんですよね。
実話であることと、サンドラ姐さんがかなり肝の据わったかあちゃんで、スポーツ選手ものというくらいで臨みました。そうそう、この映画で、サンドラ・ブロックが主演女優賞を総ナメしてたのも知ってるわよ。
泣かされちった。いい人が多くって!
スポーツ選手の実話なんですが、彼はまだ新人の域なんですよねぇ。びっくり!今年24歳です。
うちの子と年が変わらない!(^◇^;)後から、それを知り、彼の過去にまた涙。
blind-side1しあわせの隠れ場所
原題:The Blind Side
監督・脚本:ジョン・リー・ハンコック
製作:ギル・ネッター、アンドリュー・A・コソボ、ブロデリック・ジョンソン、マイケル・ルイス
製作総指揮:モリー・スミス、ティモシー・M・ボーン、アーウィン・ストフ
原作: マイケル・ルイス『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』
撮影:アラー・キビロ
美術:マイケル・コレンブリス
編集:マーク・リボルシー
音楽:カーター・バーウェル
上映時間:126分
出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン、他
夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜、Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが、家や豊かな食事に感謝するマイケルから、幸せとは何かを教えられていく。やがて、マイケルはアメリカン・フットボールの選手として頭角を表すようになり…。
公式サイト
しあわせの隠れ場所 - goo 映画

原題のThe Blind Sideっていうのは、アメフトの用語だったんですね。
アメフトは、さっぱりわからなくって、ラグビーに似たような感じなんだろうけど…。そのラグビーもようわからんし。
アメリカでは、サッカーより人気ありますよね。
広い国土がある国のスポーツな気はする。

blind-side5実話とは多少違う点もあるんでしょうが、マイケルも彼の後見をするテューイ一家も、いい人揃いです。嫌味ではなくね。
運命のように彼を車に乗せちゃう。
マイケルがこの学校に来たのも、彼を泊めてやっていた人の善意があってこそだし、学力のない彼を受け入れた学校も、ある種善意。教師も、協力的。
なにより、マイケルの性格がいいです。保護本能が強いのもそうだけど、劣悪な環境の中で育ちながらも、ギャングに染まらず生きている。学校にも「わからない」といいながらも、授業を受けている。裕福な人々を羨んで皮肉な目をもってるわけでもないし、体の大きさや力を誇示するわけでもない。
blind-side8新しい学校の中で、笑顔もあまり見せることのなかった彼が、段々と笑顔も取り戻していく様は、観ていてやはり幸せな気分になる。
ベッドで寝るのははじめて…というところとか、胸がつまってしまったし、彼の過去の話にはうっとなった。
テューイ家の子供たちも、まっすぐなんですよね。お姉ちゃんなんかは同じくらいの歳で、それこそハイソな奥様方の危惧のような事とか、娘自身も嫌がったりする場合が多いケースの方が普通な感じがするんです。そういう年頃だからね。
すっと受け入れているのが、すごい。親の背中を観てるってことでしょうか。
弟SJは、難なく兄のように慕ってもいるし、コーチより優秀なコーチです。このSJを車に乗せ、事故したときも、アン・リーは事故は誰にだってあるものとして、一切責めていない。
そのあと、SJを守り最小限の怪我で済ませたのは、マイケルのおかげというのも、スバらしい。
まぁ、出来過ぎといっちゃ元も子もないんだけど、それでも、酔わせるくらいにしあわせな気分になりますね。こんないい家族観るとね。
blind-side4blind-side7←左が映画での家族で、右が実際の家族写真ですが、いい絆があるんだろうなって思えます。
そんな家族にも危機があって、アメフトの奨学金をもらうにあたりの尋問で、あの家族が彼を利用しているんじゃないかと尋問官はぶつけるんですね。
映画を観ていると、そんなわけないでしょっ!となるのですが、乗り越えなくてはいけないところだったでしょう。
そりゃーね、多少誇張しての出来過ぎ家族なんでしょうけど、これだけねやさしい気分にさせてくれるのは、いいことだと思うんです。
それを否定するのも、意見それぞれ。
私自身は、気分よく観られました。
サンドラ・ブロックの主演女優賞は、恵まれた役ではあったなと思いますが、素敵なママでした。スラムのギャングにも、言い返すところが、またいい。
blind-side3blind-side2アメフトの有名コーチたちも実名でご出演だったそうで、その辺は、ようわからん世界ですが。
やさしい気分になって、安眠できます。
マイケルの色んな過去ー母親のこと散り散りになった兄弟のこととか、どうなったのかなとは思いますが、マイケルは幸せになって欲しい。
映画の最後に、マイケルと同じような環境の若者が、運動の才能などを持ち合わせていながら、ギャング抗争などに巻き込まれ、命を落とすものも多いということ…。
貧困ー心まで貧しくなっていくのは哀しいですが、そういう人の方が多いし、実際それは私の範囲で理解できますね。うん。

カプリコン1

この映画は、題名は知っていましたが未見でした。
MOVIE-DICの白くじらさんから第 11回ブログ DE ロードショーのお誘いを受けていて、すっかり日付を思い違いしてしまってまして…。用意してあったのにぃ〜〜〜
やむなく地方ロード-ショーのため遅れてということにして、ようやく参加させてもらいました。(^◇^;)
あほやね。意味ないわぁ〜と悔しがる私。

映画の方は、ジャケからしてSFだぁ〜〜♪と思い込んでました。実際、SFコーナーにあったんですよ。SF主体というより、サスペンスと航空アクションにサバイバルと陰謀となかなか面白い内容となってました。
Capricorn13カプリコン1
原題:Capricorn One
監督:ピーター・ハイアムズ
製作:ポール・ラザルス3世
上映時間:129分
出演:ジェームズ・ブローリン、ブレンダ・バッカロ、ハル・ホルブルック、テリー・サバラス、エリオット・グールド、サム・ウォーターストン、O・J・シンプソン、カレン・ブラック、他
東の空が赤く染まり、やがて朝日が1日の始まりを告げようとしている中、人類史上初の有人火星宇宙船カプリコン・1の打ち上げが目前に迫っていた。カプリコン・1には、ブルーベーカー(ジェームズ・ブローリン)、ウィリス(サム・ウォーターストン)、そしてウォーカー(O・J・シンプソン)らが乗り組んでいる。発射5分前、突然カプリコン・1のハッチが開き、1人の男が乗組員3人を船外に連れ出し、ヒューストンより3人をジェット機で連れ去った。capricorn14そして5 分後、カプリコン・1は、人々の見守る中、有人宇宙船の名の下に火星へ向かって飛び立つ。一方、3人を乗せたジェット機は砂漠にある格納庫のわきに着陸した。そしてそこには、NASAのケラウェイ所長(H・ホルブルック)がいた。驚く3人に向かって、彼はカプリコン・1の生命維持装置に故障が発見されたが、我国の議会や世論を今一度宇宙計画へ目を向けさせるには、今さら計画の中止は出来なかった、という事実を告げる。そして3人は、もしさからえば家族の安全は保証出来ないという脅迫の中、格納庫にある火星表面のセット・ステージで世紀の大芝居を決行する。そしてそれが宇宙中継の形で、全世界にTV放送された。よろこぶブルーベーカーの妻(ブレンダ・ヴァッカロ)達。だが、家族と3人の宇宙飛行士との交信の内容に疑問を持ち出した男が1人いた。新聞記者のコールフィールド(エリオット・グールド)だ。何かがある、と探る彼。そんな彼に忍びよるNASAの魔の手--。しかし、無事、“火星着陸"をやってのけたカプリコン・1が、大気圏再突入の際、事故で消滅するという事態が発生--。これに感づいたブルーベーカーら3人は、消滅(=3人の死)に身の危険を感じ、格納庫より脱出する。そして3人は…、コールフィールドは。
カプリコン・1(1977) - goo 映画

BS-hiで今スターウォーズ特集してますね。私、すっかり忘れていて、Ep1を録画し損ねました。ハイビジョン放送だから、DVD持ってるけど録り直してみたかった。
ちょびっとSF脳に気分が傾いているなかでだったんですが、これはSF系ではないなと。

capricorn11前半と後半では、趣が変わってくるのもまた面白かったです。
ケラウェイ所長が、胡散臭いなぁと思っていたのはあたりでした。
アメリカ万歳な映画ではなく、NASAや政府の茶番劇をついてますもん。
終わり方も、色んな想像をさせてくれます。
宇宙開発というものは、大金がかかります。そしてそれは、夢のようなものでもあるんですよね。

3人は、砂漠の中の基地で缶詰になり、火星着地の演技まで!
宇宙基地の方では、通信記録の数値がなんか変だと気づく男がいた。再三にわたる所長への疑問も、却下。そのことを友人で新聞記者のコールフィールドに告げた直後、失踪する。
コールフィールドが動き出したあたりから、俄然サスペンス色が強くなり、目が離せない状態でしたね。
Capricorn12当初、着水予想地点に早めに行って、救助されるというシナリオ書きだったのですが、シールド消失により消滅という事になり、3人は身の危険を察知。
この展開は予想外で、ハラハラしました。
ジェットで逃げたものの燃料不足で、砂漠の真ん中に着地。ここからサバイバル。
コールフィールドの方も、いわれない麻薬所持で拘束されたり、邪魔が入る。
農薬散布のおっちゃんが、テリー・サバラスだったとは、気づかなかったなぁ。帽子かぶってるからか?
砂漠のあの風景は、「ヒルズ・ハブ・アイズ」を思い出しました。ガソリンスタンドまででてくるしぃ!ちがったっけ?
ガラガラヘビやサソリもでてきて、びびった。(相変わらずヘビがダメ)
後半は一気に加速で、面白かった。
77年の公開となってますが、もっと昔にこの原案はあったそうで、政府を貶める内容でもあるし、GOがなかなかかからなかったそう。
NASAも、試写を観て協力を拒否ったという逸話もありますね。(わかる気はする)
映画の中で、色んな事が出来るようになった今、本当に「どやねん?」っていうのはあるよね。
宇宙への夢は、SF映画で今んとこ充足されてます。どう考えたって、生きてる間に宇宙旅行なんて出来ひんも〜ん。
この映画の題名を知っていたのは、カプリコンって星座やな(山羊座)っていうのと、amazonのおすすめでしたね。
面白かったです。
第 11回ブログ DE ロードショーのお誘いで見る事が出来てよかったなって思いました。

インビクタス/負けざる者たち

この映画も、映画館で見に行きたかった作品です。2月頃は色々あったさ。
先月からの南アフリカでのサッカーW杯の興奮の余韻が、まだまだ残っておられる方もいるでしょう。
こちらは、95年に行われたラグビーのW杯でした。
ちっとも知らなかったねぇ。こんな劇的な実話があったなんてね。
その大会を背景に、マンデラさんの人となりを映画にしたもんといっていいでしょうね。
ネルソン・マンデラさんについては、「マンデラの名もなき看守」でちょっとお勉強してあってよかった。あの映画もイイ映画でした。
南アフリカについては、サッカーW杯で色んな報道もされていたようです。その辺の現実は、追求しますまい。あたしゃー「第9地区」で観たような風景があって、コーフンした(笑・やはりミーハーなのよ)
invictus2インビクタス/負けざる者たち
原題:Invictus
監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド、ロリー・マクレアリー、ロバート・ローレンツ、メイス・ニューフェルド
製作総指揮:モーガン・フリーマン、ティム・ムーア、ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム
原作:ジョン・カーリン
脚本:アンソニー・ペッカム
撮影:トム・スターン
美術:ジェームズ・J・ムラカミ
編集:ジョエル・コックス、ゲイリー・D・ローチ
上映時間:134分
出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ、他
1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれない…と。
公式サイト
インビクタス/負けざる者たち - goo 映画

invictus6これは、ワーナーの策略にはまりBlu-rayを購入してしまいました。本編DVDのオマケ付きだし。
観ている間は、すっかり忘れていたのですが、クリント・イーストウッド監督にはずれナシの法則に従い、買ったんだった。
マンデラという人が、指導者として印象深い人間だったからかな。
自身が、27年もの投獄生活を送ることになったのは、白人の差別からあったのにもかかわらず、復讐的行為なんぞ一切せず、国として手をつなぐことを求めた。
元々ラグビーというスポーツは、複雑なルールなどで、白人の富裕層のするものとされ、貧困層はサッカーを支持していたよう。
また、南アのチーム自体に黒人はチェスタしかおらず、黒人たちは相手チームの応援をすることが多かったようです。
マンデラの周辺も、テロ等を意識してかなりの警護体制だったことも伺い知ることが出来ました。
マンデラの過密スケジュールに、警護の者がぼやくほど。
そんなマンデラも、当時の家族とは縁が薄かったのが、ちらっと描かれていました。
国旗や国歌のこととか、脱アパルトヘイトの国づくりの問題も、さらっとしながらも教えてもらいました。
そう、さらっと短い時間に教えてくれるものが多いのが、クリント・イーストウッド監督の映画だよ。
その人の背景とか性格とか、心情とかもね。
invictus4国の恥とまでいわれていたラグビー・チーム「スプリングボクス」。彼らを通じて、国民の統一意識の高揚をはかろうとしたといってもいいでしょ。
国の恥というけれど、このW杯の日本の記録的大敗はどうよ。
何気に車中で語られていたけど、唖然とした。
マンデラは、キャプテンのフランソワをお茶に招きます。
フランソワの父親は、典型的な白人意識の強い人間のように描かれていました。
オーストラリアに勝って…というとこらへんで、特に思ったんですけど、チームをどうやってフランソワがひっぱったのかという点においては、ちょっと描写があっさりしてたような気もする。
あくまで、マンデラさんが主人公ってことだ。の割に、マット・デイモンが前に出たポスターやジャケだよなぁと思うのです。マンデラ氏の意向もあるのかなぁ。
Invictus3invictus5まっと・でいもんさん、今回はマッチョなスポーツマンです。スタントがほとんどないので、耐えうる体作りとのことですが、俳優さんは、大変です。
インフォーマント!では、メタボにしてましたからねぇ。(この映画は、見事に寝てしまいました)
この弱体チームだったスプリングボクスが、どこまで勝ち進むかっていうのは、事実だからネタバレじゃないと思う。そう、この映画のあらすじ自体、実際にあったことなんだから、最後まで書いてもなんらネタバレじゃないんだよね。
Invictus1NZのオールブラックスとの決勝戦は延長戦にまでなり、これだけでも劇的な試合ですよ。
試合シーンが、少ないと思ったんだけど、この試合のシーンのために時間をとってあったかと思うほど、決勝戦は長く割いてました。
決勝戦が始まる前に、低空飛行する飛行機がやってくる。機長が「ここからの責任は、すべて自分に」なんて会話もあったり、その前に試合前の競技場を見る今までで来なかった人物がクローズアップされてたりしたんで、一瞬ドキっともしたのですが、その機体のおなか(?)には、「GOOD LUCK BOKKE」(BOKKEはスプリングボクスのこと)。粋だわっ。これも実話だそうですね。
劇的試合の後の高揚感とすっきり感で、映画はおわるので気分がいいです。
でもな、未だにマンデラさんの思い描いたであろう国家にはなかなか進んではいないであろう現実は、厳invictus7しいです。
都市部とかマンデラの公邸やフランソワの家などは、欧米諸国の雰囲気ですけど、一歩スラムの立ち並ぶ地区は、まんま第9地区のあのエイリアン地区と変わらないんですよ。
そうやって、今度また第9地区を観ると(8/11セル)、深みにはまりそうだと思いましたよ。(^◇^;)
マンデラ役のモーガン・フリーマンは、製作の方にも名前があり、彼自身がイーストウッド監督に脚本を持ち込んだ。
当初は、自伝を映画化だったようです。マンデラ氏も誰にやってもらいたいかというとモーガン・フリーマンだったわけで、何とも言えない配役ですね。こうあるべきというようなキャスティングは、あるようで少ないでしょうに。
特典はすべてまだ観ていないのですが、短編ドキュメンタリー 「The Eastwood Factor」で、気がついたこと…私、母親が観てた西部劇映画ってイーストウッドのもだわ!ローハイドも観たわ。話の筋は、さっぱり覚えてないのですけどねぇ。あとピアノを弾くイーストウッドは、えらく新鮮でした。
やっぱり、イーストウッド監督作品は、ハズレがないという法則は、当たっていた。

※追記 7/18は、偶然にもマンデラさんの92歳のお誕生日でした。お元気そうでよかったです。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

設定が、面白そうだったので、気になってた作品。
先に「タイタンの戦い」を観ているので、馴染みやすく観られた。ギリシャ神話を今風にしちゃうとこうかもしんないなぁと思えます。
誰がなんと言おうと、今、世界の中心的な国はアメリカだしねぇ。(もうちょっとすると、中国やインドになるかもね)神々は、時代によって栄えている地域に暮らすらしい。
percy9パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
原題:Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief
監督:クリス・コロンバス
製作:カレン・ローゼンフェルト、クリス・コロンバス、マイケル・バーナサン、マーク・ラドクリフ
製作総指揮:トーマス・M・ハメル、グレッグ・ムーラディアン、ガイ・オゼアリー、マーク・モーガン
原作:リック・リオーダン『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』第1部『盗まれた雷撃』
脚本:クレイグ・ティトリー
撮影:スティーブン・ゴールドブラット
美術:ハワード・カミングス
編集:ピーター・ホーネス
音楽:クリストファー・ベック
上映時間:121分
出演:ローガン・ラーマン、ブランドン・T・ジャクソン、アレクサンドラ・ダダリオ、ショーン・ビーン、ピアース・ブロスナン、スティーブ・クーガン、ジェイク・アベル、ロザリオ・ドーソン、キャサリン・キーナー、ケビン・マクキッド、ジョー・パントリアーノ、ユマ・サーマン、他
percy517歳のパーシーは美術館での怪物に襲われたのを機に、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。しかも彼は海神ポセイドンの息子で、全能の神ゼウスの最強武 器である稲妻を盗んだ嫌疑をかけられているというのだ。そしてそのせいでパーシーの母親は冥界の神ハデスにさらわれてしまった。パーシーは身に覚えのない 嫌疑を晴らし母親を助けるべく、親友で半人半獣のグローバー、アテナの娘・アナベスと共にハデスの元へと向かうが……
公式サイト
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 - goo 映画


パーシー・ジャクソンのパーシーはペルセウスから来てる名前なんだそうです。
ペルセウスについては、リメイク前のタイタンの戦い(1981)の方が、今年公開版より「らしい」と思う。
彼も、言うなりゃデミゴッド。
公開順に観てないで、逆でよかったなと思いますね。
難読症気味で、ADHD(注意欠陥多動性障害)なんじゃないかというパーシー、それは特別な生まれであったから。
親友グローバーは両足が悪く松葉杖をつき、ブルナー先生は車いす。これにもワケがあった。
percy2博物館でブルナー先生から、ギリシャ神話について説明を受け見学をしているとき、英語の代用教員からパーシーは突然襲われ、ブルナー先生とグローバーから、突然「神と人間の混血ーデミゴッド」といわれ、デミゴッド訓練所に避難させられる。
そこに入るまでに、母親を冥界の神ハデスにさらわれてしまう。

percy3ゼウス・ポセイドン・ヘデスは三兄弟。でも、仲良しじゃない。力はあるので、スリートップともいう。
ゼウスは自信の最大の武器稲妻を盗まれ、お怒り。
神ではなく子供の仕業とし、海の神ポセイドンに「おまえの子ちゃうか〜〜〜、14日後の夏至までに返さへんかったら、戦争っ!」ということになっちゃった。
冥界の神ヘデスも、こんなとこにいとぅない!稲妻をもろて仕返ししたるっ!ということで、パーシーを狙っている。
(なんで神々は関西弁になったんだろ)
percy6デミゴッドの父母である神々と子供は、ゼウスが人間らしなったらアカンっと親子が会うことを禁じてしまった。
そのため、パーシーも他のデミゴッドたちは片親しか知らない。
デミゴッドは、著名人の中にも存在してるとか…、ふぅんマイケルもそうだったかもね。
3トップのお子なので、パワーもあるようです。親の神の個性を強く受け継ぐのもデミゴッドの特徴だそう。
訓練所で、アテナの娘アナベスと自分の守護だという半人半山羊のグローバーとともに、こっそり疑いを晴らし、母を取り戻すためハデスの元に向かおうと旅立つことに。仲良くなったヘルメスの息子ルークに、盾と空飛ぶコンバースをもらう。
ここからアメリカ横断ロードムービー。アトランタやナッシュビル、ベガスにハリウッド。
percy4エムおばさんは、メドゥサだったりね。
一番キレイなメドゥサじゃないかしらん。
ユマ・サーマンは、楽しんでるなぁと思った。
iphoneを鏡代わりっていうのも今風。
しっかりその後の使い道にも、しとりまんがな。
ヘビの苦手な私、今年版のタイタンのメドゥサよりは、ガマンできたのは、画面が小さかったからかな?
吹替えが木村佳乃さんということで、後でちょっと聞いてみよかなー。
「告白」の母親がよかったから、気にしてみました。
percy1パーシーのローガンくんは、「3時10分、決断のとき」の息子だったんだね。どっかで観たっと思ったよ。子役でも色々でていて、「バタフライ・エフェクト」のアシュトンの少年時代は彼だったそう。若いけどキャリアあるのね。覚えておこう(笑)
ルークのジェイク・アベルくんも、どっかで観たけど思い出せんと思ったら、S4のスパナチュの異母兄弟で一回出てたのよ(アダム役)。これ、記事書いてへんなぁ。
グローバーのブランドン・T・ジャクソンは、トロピックサンダーに出てたし。
ポセイドンのケビン・マクキッドは、ROMAでしょ。
percy8思ったより出番の少なかった元007もケンタウルスでてるし、ボロミアだって(私的にショーン・ビーンはコレ)。
鬼ばばだってやるキャサリン・キーナーと、ワキの大人たちはがっつりしてる。
ハデスの嫁はんペルセポネはロザリオ・ドーソンで、何気にお色気担当な気もします。
そうそうハデスも、普通の格好はロックスター風(ミック・ジャガー風らしい)で、パンク系でもないけど地獄にマッチ。
そういう遊んでるんじゃないのか?と思うような雰囲気も楽しかった。
盾や鎧に兜は、トロイや300をほうふつするし。
会社の映画好きのおっちゃんは、お子様向きだったと嘆いてたんですが、私はかなり楽しませてもらいましたね。
VFXも迫力出てました。
ギリシャ神話に入門にも、興味がもてるならいいんじゃないかなって思います。
レンタルBlu-rayは、特典も色々観ることが出来ました。

ニンジャ・アサシン

ははは!忍者じゃなくって、ニンジャ。NINJAだよ。
日本人にお馴染みの忍者は、頭から離れましょう。
冒頭に大坂でやくざ屋さんっぽい人たちが、襲撃されるのですが、大阪やのに、やくざやのに英語しゃべってはりますねん。入れ墨もなんかあか抜けないし。
ここで、方向転換したので、観られましたよ!アジアンな方たちは、韓流の人が多いです。
ninja1ニンジャ・アサシン
原題:Ninja Assassin
監督:ジェームズ・マクティーグ
製作:ジョエル・シルバー、ラリー・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー、グラント・ヒル
製作総指揮:トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、ウィリアム・フェイ
原案:マシュー・サンド
脚本:マシュー・サンド、J・マイケル・ストラジンスキー
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
音楽:アイラン・エシュケリ
美術:グレイアム・グレイス・ウォーカー
編集:ジャン・ガンジアーノ、ジョゼフ・ジェット・サリー
上映時間:99分
出演:Rain(ピ)、ナオミ・ハリス、ベン・マイルズ、ショー・コスギ、リック・ユーン、他
存在そのものが伝説の暗殺集団"小角(おづぬ)の一族"に育てられた最強の暗殺者、雷蔵。彼は仲間すら情け容赦なく処刑する一族に疑問を抱き、抜け忍と なった。ユーロポールの科学捜査官ミカは、政治家の暗殺と莫大な金の動きが不自然にリンクしていることに気付く。影の暗殺集団の存在を知ったミカは小角の 一族に命を狙われるが、間一髪のところで雷蔵に救われる。そして、ヨーロッパを舞台にした命がけのチェイスが始まった…。
公式サイト
ニンジャ・アサシン - goo 映画

ninja6監督さんって、Vフォーヴェンデッタの方だったんですねぇ。
痛いシーンが多いわけだ。それも、主人公が痛めつけられる。いくらなんでも、もうアカンやろーくらいに、切りつけられたりする。
ninja2肉体欠損、血しぶき、横割り、縦割りとまぁ、ピ(RAIN)目当てで観た人は残酷描写でびっくりするんでない?
ここんとこファミリーモードなものが続いていたせいもあって、私はケケケとなったけどね。
ストーリーはあってないようなもん?
私なんかは、祖父や父が時代劇好きだったから、昔の時代劇はよう見てます。忍者も、その中で自然に入ってるしさぁ。
お子様向けでは、実写版「赤影」なんか好きでしたし、マンガやアニメも。
忍者としての雰囲気をいれて、ワールドワイドにしてるんだろうというのは、修行シーンで欧米顔の子も何人かいた。
あえてねぇ、ツッコミは全部書けないですね。だって多すぎるもんなー(爆)
修行シーンでは、何気に精神修養的なもんもあったり、忍者発祥JAPANを意識したところは、随所にありました。傷まで治せる力までつくんかいっ。
刀に手裏剣も健在だし。(ルパンの五右衛門もまっつあおな切れ味)
ninja5ninja4流スターのピ(Rain)も、体作りは入念にされたそうです。細身だけど、腹筋われもして筋肉はつけてますね。
日本でもファンは多い方なんでしょうけど…(これ以上言いますまい)
日本人が、外国語映画に出演する機会が、中国や韓国の人より不利なのは、言葉の問題が大きいところもあるそうで。
なかなか発音がねぇ、日本人英語からぬけらんねぇんだな。
ninja3とりあえず、全体的なヒロインとしてナオミ・ハリスさんだけど、パイレーツでのティア・ダルマが記憶に残ってますね。メイクのせいもあるけどさ。
小角一族のボス(ボスって…)は、ショー・コスギ。
雷蔵の兄弟子や少年時代やその初恋の相手のような姉妹弟子とか、重要な役どころは、韓国俳優だし、コインランドリーのおばちゃんが観ていたTVドラマは、韓流時代もんだったように思います。
小角さんちの館は、いったいどこの国にあったんだろー??
傷だらけの雷蔵をドイツから運んでったし、あの後ミカたちが襲撃できたんだし、ヨーロッパにあんな日本+アジアンな館が、ヨーロッパ大陸にあったんだろーね。ハハハ
一人でバタバタと殺しまくる雷蔵に、ストレス解消の一本でした。
(とんでも和テイストも笑えたし)

レポゼッション・メン

サービス・デーだ!もう一本と欲張って、これを見ました。
新シネコンに行けたら、迷いなく「ハング・オーバー」観てたかな。
「アデル」と悩んで、そりゃージュード・ロウで、目の保養かなぁーという心の意見に従いました。彼のアクションものって、珍しいような気のする最近だしね。
久しぶりに「血」も観たぁ。立て続けにファミリー映画だもん。
repo2レポゼッション・メン
原題:Repo Men
監督:ミゲル・サポクニック
脚本:エリック・ガルシア、ガレット・ガーナー
原作:エリック・ガルシア
製作:メアリー・パレント、スコット・ストゥーバー
撮影:エンリケ・シャディアック
上映時間:111分
出演:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーブ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、他
人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミー(ジュード・ロウ)は腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが、ある出来事によって人工心臓を埋め込まれてしまう。多額の借金を背負い追われる身になった彼は、謎の女性債務者ベス(アリシー・ブラガ)と出会う。
公式サイト
レポゼッション・メン - goo 映画

最近多い近未来モノ。
どこかアジアを盛り込んだところは、ブレードランナーからの影響ありますね。
BBQパーティのジュードのエプロンは、一番上にどでかく「愛」って書いてあって、各国語の愛の意味の単語があったような気がします。
欧米人にとって、漢字とかってクールにみえるのかしらん?
Repo3repo4この映画の検索をしてたら、ジュードのM字○ゲっていうのを見かけまくりでした。
だろうがなんだろうが、それでもやっぱりハンサムなお顔立ちです。
アクションの映えも麗しかったです。
レポ・メンって回収人。ローンが支払えなくなったら差し押さえってことなんだけど、命の問題も軽い軽い。
彼らのボス、フランクは不動産回収みたいな感覚に思える。
回収して、採算がとれるってことは、使い回しなの?
彼の同級生(年の差はある)で仕事の相棒でもあるジェイクとの友情も軸にあって、彼の妻子はあんまり関係ないよなー。
repo5女性の方は、ベスという10カ所にも人工臓器のある女性との方が強くなっちゃう。
ベスは、歌手であるので喉や耳、そして目も人工臓器。これは整形の感覚だわな。
(生殖器はなんのために増強したんだ??、もしかしてホントはもっと歳がいってるとか…)
内容的には、忘れてしまうかも…って感じ。
衝撃のエンディングーな〜んて謳い文句もあったりするけど、まぁその伏線はちょろっとあったんで、もしかしたらっていうのはありました。
衝撃になる前に、必ず伏線があるだろうって思うわよ。
いかんなぁと思いつつ、気にしますもん。
もしかしたらがそうなっちゃうと、別にびっくりもしないわけです。
repo6私は、ジュードのM字よか気になったのが、円形脱毛。
回収時の傷だと思おうとしたりしたんだけど…。
気になる、きになる、キニナル。
そこばっか観てしまいました
(^◇^;)
臓器の回収なので、ちょっとエグめのシーンも多いです。
最後の方で、レミーとベスが、人工臓器の登録抹消を行うシーンは、行為してないのに妙にエロかったです。
レミーが、ある事故により人工臓器を埋め込まれ、追われる立場にもなってしまうのは、何かの罠のようでサスペンスは盛り上がる。
この時代での金額がどれくらいのものかわかんないけど、みんな人工臓器をたくさん入れてるんですねぇ。闇の売買人もいるようだし。
スキャンすると、体に何を入れていてちゃんと返済しているかわかるのも、すごいな。
整形しているのがスキャンしてわかるような機械があったら、たくさん困る人いるでしょうね。
最終的に思ったこと、ジェイクとレミーの関係って、やばいぞ(爆)
レミーは、友情かもしんないけど、ジェイクってどこか愛情の方が大きいような。彼の家族は出てこなかったし、あらぬ想像が膨らんで帰途についてしまいました。
repo7ボス役のリーヴさん、スパイアニマル・Gフォースを観たとこなんで、モルモット顔だなぁとしみじみ。
変な爪とかはでてこなかったですけどね。

週末バテていたので、もしかしたら寝るかもっていう危惧があったのですが、起きてました。
こういうトンデモ設定なものは、見慣れているせいか
(;゜0゜) ぎく
意外と楽しく観られたなぁ。
髪の毛は気になるもののハンサムなのは、ポイント高いわ。(^▽^) ハッハッハ
映画鑑賞の感想のBlogです。たまに、海ドラ。ぼやき。
個人の感想メモなので、ネタバレはしてしまってるかも…。
ジャンルは雑食。娯楽大作からB級となんでも観てるつもり。
視点はミーハー♪
Profile

ちゃぴちゃぴ

京都府在住。妖怪・珍獣の域?
お家で映画、たまに映画館。
ジャンルは、特に関係なく観てます。海外ドラマ(欧米)も好き。
男前には目がないです。

Archives
記事検索
映画題名索引
    

    

    

    

    

    

    

      

    



数字
 
月別アーカイブ
ギャラリー
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • BLEACH (2018)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト (IMAX・字幕)
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • バーフバリ 伝説誕生〜王の凱旋〜王の凱旋完全版
  • シェイプ・オブ・ウォーター
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセスカウンター

    Commentsありがとう!
    TagCloud
    映画情報主な仕入れ先
    allcinema
    amazon
    映画.com
    シネマトゥデイ
    象のロケット
    Movie Walker
    IMDb
    goo映画
    各配給先及び販売元
    各映画館
    海外ポスターサイト
    QRコード
    QRコード
    楽天市場
    小鳥頭同盟
    小鳥頭同盟すぐに忘れる私です。コメント・TB・ご訪問…すみません。こんな頭を笑って許して!バナーをクリック!
    • ライブドアブログ